議事ロックス -地方議会議事録検索-


群馬県 太田市

平成19年 3月定例会−03月09日-06号




平成19年 3月定例会

      平成19年3月太田市議会定例会会議録(第6日)

平成19年3月9日(金曜日)
 〇出席議員 72名
        1番  高 橋 孝太郎          2番  福 島 戈 吉
        3番  水 野 正 己          4番  高 田 勝 浩
        5番  室 田 尚 利          6番  藤 生 昌 弘
        7番  青 木   猛          8番  福 井 宣 勝
        9番  山 田 隆 史         10番  高 橋 美 博
       11番  山 鹿 幸 男         12番  星 野 一 広
       13番  木 村 康 夫         14番  江 原 貞 夫
       15番  河 田 雄 晃         16番  町 田 正 行
       17番  越 塚 順 一         18番  遠 坂 幸 雄
       19番  小 林 人 志         20番  井 野 文 人
       21番  武 藤   泰         22番  荒 井 昭 男
       23番  半 田   栄         24番  内 田 忠 男
       25番  五十嵐 文 子         26番  小 暮 広 司
       27番  根 岸   昇         28番  岩 松 孝 壽
       29番  栗 原 宏 吉         30番  松 永 綾 夫
       31番  小 林 邦 男         32番  深 澤 直 久
       33番  市 川 隆 康         34番  荻 原 一 雄
       35番  尾 内 謙 一         36番  小 林 佐登子
       37番  濱 田 光 雄         38番  白 石 さと子
       39番  小 林 耕 作         40番  正 田 恭 子
       41番  新 島 近 夫         42番  富 田 泰 好
       43番  川 鍋   栄         44番  橋 本   寛
       45番  永 田 洋 治         46番  富宇賀   肇
       47番  荻 原 源次郎         48番  飯 塚 勝 雄
       49番  加 藤 光 夫         50番  栗 原 忠 男
       51番  斉 藤 幸 拓         52番  伊 藤   薫
       53番  斎 藤 光 男         54番  福 田 義 雄
       55番  上 村 信 行         56番  茂 木 義 市
       57番  岩 瀬   卓         58番  太 田 けい子
       59番  小 俣 雄 治         60番  楢 原   宏
       61番  栗 田 斌 之         62番  今 井 慶 聚
       63番  田 端 卓 男         64番  稲 葉 征 一
       65番  河 野   博         66番  浜 野 東 明
       67番  山 口 淳 一         68番  本 田 一 代
       69番  佐 藤 孝 夫         70番  中 島 貞 夫
       71番  天 笠 巻 司         72番  清 水 保 司
 〇説明のため出席した者
   市長       清 水 聖 義     助役       林   弘 二
   収入役      清 水 計 男     教育長      相 澤 邦 衛
   水道事業管理者  小 川   卓     企画部長     小 暮 和 好
   総務部長     竹 吉   弘     市民生活部長   浅 海 崇 夫
   地域振興部長   石 川 典 良     健康福祉部長   早 川 充 彦
   産業経済部長   久保田 幹 雄     環境部長     金 子 一 男
   都市づくり部長  土 田 隆 一     都市整備部長   大 槻 重 吉
   土地開発部長   桑 子 秀 夫     行政事業部長   天 笠   彰
   消防長      石 原 康 男     水道局長     小宮山 善 洋
   教育部長     岡 島 幸 雄     監査委員事務局長 石 井 俊 夫
   企画担当     岩 崎 信 廣     総務担当     塚 越 敏 行
   総務課長     茂 木 正 則
 〇事務局職員出席者
   事務局長     吉 田   稠     議会総務課長   八 代 敏 彦
   議会事務局参事(議事調査課長)      議事調査課議事係長板 橋 信 一
            石 川   茂
   議会調査課係長代理高 島 賢 二


          議 事 日 程(第6号)
                             平成19年3月9日午前9時30分開議
                             太田市議会議長    荒 井 昭 男
第 1 議案の訂正の件
    議案第19号 東毛広域市町村圏振興整備組合の規約変更に関する協議について
第 2 議案の撤回の件
    議案第40号 太田市立商業高等学校の授業料等徴収に関する条例の一部改正について
第 3 議案第19号 東毛広域市町村圏振興整備組合の規約変更に関する協議───────────┐
           について                                │
    議案第20号 群馬県市町村会館管理組合規約の変更について               │
    議案第23号 太田市副市長の定数を定める条例の制定について              │
    議案第24号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例           │
           の整理に関する条例の制定について                    │
    議案第25号 太田市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制           │
           定について                               │
    議案第26号 太田市事務分掌条例の一部改正について                  │
    議案第27号 太田市職員定数条例の一部改正について         (総企委審査報告)│
    議案第28号 太田市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正           │
           について                                │
    議案第30号 太田市特別職の職員の報酬、費用弁償等の特例に関する           │
           条例の廃止について                           │
    議案第31号 太田市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正につ           │
           いて                                  │
    議案第32号 太田市手数料条例の一部改正について                   │
    議案第33号 太田市スポーツ振興基金条例等の廃止について               │
    議案第34号 太田市行政財産使用料条例の一部改正について───────────────┘
第 4 議案第35号 太田市福祉医療費支給に関する条例の一部改正について───────────┐
    議案第36号 尾島町国民健康保険税条例の一部改正について               │
    議案第37号 新田町国民健康保険税条例の一部改正について               │
    議案第38号 藪塚本町国民健康保険税条例の一部改正について              │
    議案第39号 学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条           │
           例の整理に関する条例の制定について          (教福委審査報告)│
    議案第40号 太田市立商業高等学校の授業料等徴収に関する条例の一           │
           部改正について                             │
    議案第41号 太田市公民館条例の一部改正について                   │
    議案第42号 太田市生涯学習センター条例の一部改正について              │
    議案第43号 太田市茶会所「大光庵」条例の一部改正について──────────────┘
第 5 議案第21号 太田市外三町広域清掃組合の規約変更に関する協議につ───────────┐
           いて                                  │
    議案第22号 群馬県市町村総合事務組合の規約変更に関する協議につ           │
           いて                         (市経委審査報告)│
    議案第44号 太田市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部           │
           改正について                              │
    議案第50号 平成18年度太田市農業共済事業の農作物・畑作物・園           │
           芸施設無事戻しについて─────────────────────────┘
第 6 議案第45号 太田市開発審査会条例の制定について───────────────────┐
    議案第46号 太田市道路占用料徴収条例の制定について                 │
    議案第47号 太田市公共物使用等に関する条例の制定について     (都建委審査報告)│
    議案第48号 太田市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について          │
    議案第49号 太田市公営企業職員定数条例の一部改正について              │
    議案第52号 市道路線の廃止及び認定について─────────────────────┘
第 7 議案第29号 太田市特別職の職員の報酬、費用弁償等に関する条例の一
           部改正について────────────────────(総企委審査報告)
第 8 議案第 9号 平成19年度太田市一般会計予算について─────────────────┐
    議案第10号 平成19年度太田市国民健康保険特別会計予算について           │
    議案第11号 平成19年度太田市住宅新築資金等貸付特別会計予算につ          │
           いて                                  │
    議案第12号 平成19年度太田市老人保健特別会計予算について             │
    議案第13号 平成19年度太田市八王子山墓園特別会計予算について  (予特委審査報告)│
    議案第14号 平成19年度太田市介護保険特別会計予算について             │
    議案第15号 平成19年度太田市藪塚本町介護老人保健施設特別会計予          │
           算について                               │
    議案第16号 平成19年度太田市農業共済事業特別会計予算について           │
    議案第17号 平成19年度太田市水道事業会計予算について               │
    議案第18号 平成19年度太田市下水道事業会計予算について──────────────┘
第 9 請願第25号 子どもの医療費助成制度の拡充を求めることについて───(教福委審査報告)
第10 議案第53号 平成18年度太田市一般会計補正予算(第6号)について
第11 議案第54号 財産の取得について
第12 議案第55号 (仮称)ものづくり教育研究施設建築工事請負契約締結について
第13 議会議案第1号 太田市議会議員選挙に関する決議
第14 閉会中継続審査の件
第15 特別委員会継続調査の件
第16 特定事件の閉会中継続調査の付託

          本日の会議に付した事件

議事日程に同じ


     ◎ 開     議

                                      午前9時30分開議
○議長(荒井昭男) これより本日の会議を開きます。

     ◎ 諸 般 報 告

○議長(荒井昭男) 議事に入る前に、事務局長より諸般の報告をいたさせます。
◎事務局長(吉田稠) ご報告申し上げます。
 最初に、監査委員からの報告でございますが、今定例会開会後、議長あてに報告がございましたのは、議会事務局、市民生活部、産業経済部及び環境部の定期監査並びに1月分の例月出納検査結果報告でございます。以上のことにつきましては、その都度、写しを配付してございますので、ご了承いただきたいと思います。
 以上でございます。
○議長(荒井昭男) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付申し上げたとおりであります。その順序により会議を進めたいと思いますので、ご了承願います。
 日程に入ります。

     ◎ 議案の訂正の件

 議案第19号 東毛広域市町村圏振興整備組合の規約変更に関する協議について
○議長(荒井昭男) 日程第1、議案の訂正の件を議題といたします。

     ◎ 訂正理由の説明

○議長(荒井昭男) 直ちに理事者から訂正理由の説明を求めます。
 小暮企画部長。
◎企画部長(小暮和好) 議案書の5ページの訂正につきましてご説明させていただきます。
 議案第19号 東毛広域市町村圏振興整備組合の規約変更に関する協議について、当組合の構成市であります館林市におきまして、2月28日の臨時議会で市長の辞職が許可され、助役が市長職務代理者に指定されたことから議案書を訂正いたしたく、お願いいたすものでございます。
 館林市の中島勝敬市長は、入院加療のため、1月15日から助役が市長職務代理者を務めておりましたが、本議案の上程時には職務復帰を果たす予定でございました。しかしながら、2月14日には市長職務代理者の期間が延長され、このたび健康上の問題から辞職の運びになったものと推測されます。つきましては、東毛広域市町村圏振興整備組合の規約変更に関する協議書の「館林市長中島勝敬」を「館林市長職務代理者館林市助役田村英敏」に訂正するものでございます。
 以上でございますが、ご理解を賜りますようお願い申し上げます。
○議長(荒井昭男) お諮りいたします。
 本件については、これを承認することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) ご異議なしと認めます。
 よって、本件については、これを承認することに決定いたしました。

     ◎ 議案の撤回の件

 議案第40号 太田市立商業高等学校の授業料等徴収に関する条例の一部改正について
○議長(荒井昭男) 日程第2、議案の撤回の件を議題といたします。

     ◎ 撤回理由の説明

○議長(荒井昭男) 直ちに理事者から撤回理由の説明を求めます。
 岡島教育部長。
◎教育部長(岡島幸雄) 議案第40号を撤回していただきたくお願いを申し上げます。
 議案第40号 太田市立商業高等学校の授業料等徴収に関する条例の一部改正については、地方財政計画や諸情勢を勘案いたしまして、3月定例市議会に審議をお願いしておりました。
 群馬県におきましても、県立高等学校の授業料の値上げにつきまして、定例県議会に上程されておりましたが、改正される見通しが極めて厳しい状況となっておる次第であります。
 つきましては、このような状況でありますので、県立高等学校との授業料の均衡を図ることなど、諸般の事情により本議案を撤回していただきたく撤回請求書を提出させていただいた次第であります。
 以上、ご説明申し上げましたが、よろしくご理解賜わりますようお願い申し上げます。
○議長(荒井昭男) お諮りいたします。
 本件については、これを承認することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) ご異議なしと認めます。
 よって、本件については、これを承認することに決定いたしました。
 ただいま議案第40号の撤回が承認されました、お手元に配付の議事日程から議案第40号を削除いたします。あわせて、お手元に配付の教育福祉委員長報告書の該当箇所を削除願います。

     ◎ 委 員 長 報 告

                委 員 会 審 査 報 告 書
 本委員会に付託の事件を審査の結果、下記のとおり決定したから会議規則第102条の規定により報告します。
                                     平成19年2月28日
太田市議会議長
  荒 井 昭 男  様
                             総務企画常任委員長  岩 松 孝 壽
                       記

┌──────┬───────────────────────────────┬─────┐
│ 事件の番号 │       件               名       │議決の結果│
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第19号│東毛広域市町村圏振興整備組合の規約変更に関する協議について  │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第20号│群馬県市町村会館管理組合規約の変更について          │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第23号│太田市副市長の定数を定める条例の制定について         │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第24号│地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関す│ 原案可決 │
│      │る条例の制定について                     │     │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第25号│太田市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定について │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第26号│太田市事務分掌条例の一部改正について             │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第27号│太田市職員定数条例の一部改正について             │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第28号│太田市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正について  │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第30号│太田市特別職の職員の報酬、費用弁償等の特例に関する条例の廃止に│ 原案可決 │
│      │ついて                            │     │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第31号│太田市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について    │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第32号│太田市手数料条例の一部改正について              │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第33号│太田市スポーツ振興基金条例等の廃止について          │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第34号│太田市行政財産使用料条例の一部改正について          │ 原案可決 │
└──────┴───────────────────────────────┴─────┘
○議長(荒井昭男) 日程第3、議案第19号、議案第20号及び議案第23号から議案第28号まで、並びに議案第30号から議案第34号までの13議案を一括議題といたします。
 13議案は、総務企画委員会に付託いたしたものであります。
 審査報告書の朗読を省略し、直ちに岩松孝壽委員長から報告を求めます。
◎総務企画委員長(岩松孝壽) ご指名によりまして、総務企画委員長報告を申し上げます。
 去る2月21日に本委員会に付託されました議案第19号、第20号及び議案第23号から議案第28号並びに議案第30号から議案第34号の13議案につきまして、審査の経過と結果をご報告申し上げます。
 本委員会は、2月28日に委員及び執行者の出席のもとに委員会を開催し、付託事件の審査を行いました。議案の内容及び提案理由につきましては、2月16日の本会議において説明がありましたが、今回の審査に当たり、再度執行者より詳細な説明を受け、慎重に審査を行ったものであります。
 初めに、議案第19号 東毛広域市町村圏振興整備組合の規約変更に関する協議についてご報告申し上げます。本案につきましては、先ほど議案の訂正が承認されたところでありますが、2月28日、議長より議案の訂正請求が提出された旨の通知を受け審査に当たり、本委員会において訂正を承認すべきものといたしましたので、訂正請求書に記載の訂正後の議案を審査したものであります。その内容は、平成19年4月1日に施行されます地方自治法の一部を改正する法律による収入役制度の廃止などに伴い、組合の規約中の「収入役」を「会計管理者」に改めるなどの規定の整備を行うものであります。
 委員からは特に質疑もなく、挙手により採決を行った結果、賛成全員により本案は可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第20号 群馬県市町村会館管理組合規約の変更についてご報告申し上げます。本案は、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う収入役制度の廃止並びに榛名町が高崎市に編入されたことに伴い、本市が加入している群馬県市町村会館管理組合の規約を変更するものであります。
 委員からは特に質疑もなく、挙手により採決を行った結果、賛成全員により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第23号 太田市副市長の定数を定める条例の制定についてご報告申し上げます。本案は、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い、市町村においては助役にかえて副市町村長を置くこととされ、その定数は条例で定めることとされたため、法律の規定に基づき本市の副市長の定数を1人と定める条例を制定しようとするものであります。
 委員からの主な質疑を申し上げますと、助役にかわり副市長を定めることで、新しく置かれる副市長の権限に変わりはないのかとの質疑があり、このことについては、収入役が廃止されるなどのことから、一定権限を助役に付加したという意味での改正が行われていると認識しているが、一定権限を長がどのように判断をして委任をするかは今のところ決定はしていないとのことでありました。
 挙手により採決を行った結果、賛成全員により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第24号 地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてご報告申し上げます。本案は、地方自治法の一部を改正する法律の施行に伴い、本市の条例において副市長の定数を定める条例、収入役制度の廃止、吏員制度の廃止、監査委員の定数の改正などの関連する条例の整理に関する条例を制定するものであります。
 委員からの主な質疑を申し上げますと、まず、監査委員の定数を削除するということであるが、現時点での監査委員の増加についてどのように考えているのかとの質疑があり、このことについては、現在の体制を継続していきたいとのことであります。また、収入役の廃止後に置かれる会計管理者の職位のこと、吏員制度の廃止による一般事務職と現業職の人事、給与上の扱いのこと、職員団体登録のことなどの質疑がありました。
 挙手により採決を行った結果、賛成全員により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第25号 太田市人事行政の運営等の状況の公表に関する条例の制定についてご報告申し上げます。本案は、地方公務員法の一部改正に伴い、地方公共団体の人事行政の公正かつ透明な運営を確保するため、公表の対象を人事行政全般と広げ、これまでの自主的な公表という位置づけから法律上の責務とされたことにより、本市の人事行政の運営等の状況の公表について必要な事項を定めるため条例を制定するものであります。
 委員からの主な質疑を申し上げますと、職員の分限及び懲戒処分の状況については、職員の氏名まで含めた公表と考えているのかとの質疑があり、このことについては、以前より懲戒処分については、処分をした段階で氏名等の公表をしていることから、本条例における公表は統計上の数字の公表になると考えているとのことでありました。また、報告事項について、今までの内容と大きく変わる点はないのかとの質疑があり、このことについては、今までの報告の内容がさらに充実し項目がふえるという部分が変わるところであるとのことでありました。さらに、査定昇給のことについての要望がありました。
 挙手により採決を行った結果、賛成全員により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第26号 太田市事務分掌条例の一部改正についてご報告申し上げます。本案は、税の滞納整理はもとより、本市の福祉、住宅、教育、商工及び下水道など収納金の高額で困難な滞納事案を解決するための組織強化として、新たに公金収納推進部を設けるため本条例の一部を改正するものであります。
 委員からは、滞納整理担当及び納税課職員の公金収納対策推進部への移管のこと、公金収納対策推進部の人員数のことなどの質疑がありました。
 挙手により採決を行った結果、賛成全員により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第27号 太田市職員定数条例の一部改正についてご報告申し上げます。本案は、職員の定員適正化計画に基づき職員実数は減員していることから、組織機構の改正による人員の増減幅を考慮しながら、実態に即した職員定数に改正しようとするものであります。
 委員からの質疑を申し上げますと、職員の減員を極力抑えて政府の国際公約に見合う労働時間の短縮と有給休暇の取得に向け、職員の減員計画の中止ということも必要ではないかとの質疑があり、このことについては、業務の合理化により職務に専念する時間をしっかりと設定し、職員が有給休暇の取得率を徐々に上げられるよう人事管理上での努力を重ねることにより、職員削減計画のとおり削減していきたいとのことでありました。
 挙手により採決を行った結果、賛成多数により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第28号 太田市職員の勤務時間、休暇等に関する条例の一部改正についてご報告申し上げます。本案は、民間企業の通常の勤務形態において、有給の休息時間に相当する制度が普及していないことなどから、国の休息時間の廃止に伴い本市においても社会情勢をかんがみ、休息時間の見直しを図るため、条例の一部を改正しようとするものであります。
 委員からの主な質疑を申し上げます。まず、仕事を効率的に行うため、15分程度の休息時間は設けた方がよいのではないかとの質疑があり、このことについては、8時間の勤務時間は担保されるべきであり、連続の勤務時間の中で職員がみずからの判断で必要に応じて水分補給を行うなどのことが考えられるとのことでありました。また、現行の実労働時間は7.5時間であり、休息時間を30分短縮したことにより実労働時間が30分ふえた場合に給料の増額ということも検討に値するのではないかとの質疑があり、このことについては、職員の給料については、勤務時間は8時間ということで設定されているとのことでありました。さらに、労働組合との交渉のこと、藪塚本町医療センターの勤務実態のことなどの質疑がありました。
 挙手により採決を行った結果、賛成多数により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第30号 太田市特別職の職員の報酬、費用弁償等の特例に関する条例の廃止についてご報告申し上げます。本案は、条例により特例を定め適用しておりました合併後の市議会議員の在任特例期間における報酬について、議員の在任特例の期間が本年3月27日をもって満了することから、本条例を廃止するものであります。
 委員からは特に質疑もなく、挙手により採決を行った結果、賛成全員により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第31号 太田市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正についてご報告申し上げます。本案は、昨年8月の人事院の勧告により、地域手当の支給割合の引き上げ、管理職手当の定率制から定額制への改正、3人目以降の扶養親族に対する扶養手当の引き上げを主な実施事項として、平成19年度から給与改正が実施されることから、本市においても国家公務員に準じて一般職の職員の給与に関する条例の一部を改正するものであります。
 委員からの主な質疑を申し上げますと、国あるいは県市町村課からは、その職の中位の管理職手当を定額化するという指導がされているが、定額化を行った場合に管理職手当の総額にどの程度影響が生じるのかとの質疑があり、このことについては、各級ごとに現在試算を行っているところであるが、管理職手当の総支給額は年度ごとに徐々に減少し、平成23年3月までは減じていく試算であり、23年4月以降は、その値が下げどまり一定で推移していくという方向で見ているとのことでありました。さらに、成績給の運用状況のこと、管理職手当の定額化の支給開始時期のことなどの質疑がありました。
 挙手により採決を行った結果、賛成多数により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第32号 太田市手数料条例の一部改正についてご報告申し上げます。本案は、国、県及び市の建築物の審査手数料を徴収することができる旨の国土交通省通知による手数料の追加及び建築基準法の一部改正に伴い、耐震偽装事件の再発防止、建築物の安全性の確保を目的に、構造計算適合性判定を要する建築物にかかわる手数料の追加並びに特例市への移行による計量事務の移譲に伴う計量関係事務手数料を新たに規定するため、条例の一部を改正するものであります。
 委員からは特に質疑もなく、挙手により採決を行った結果、賛成全員により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第33号 太田市スポーツ振興基金条例等の廃止についてご報告申し上げます。本案は、合併時の事務調整により基金の統廃合による整理を図り運用してまいりましたが、合併2年目を経過した現状においてさらに整理を図り、活用実績や残高等を勘案し、個々に見直しを行った結果、13の基金について少額あるいは所期の目的を果たしたということで、本条例によりこれらの基金条例の廃止を行うものであります。
 委員からの主な質疑を申し上げますと、太田市ふるさと創生基金については、いろいろな活用実績があるように思えるが、この時期になぜ廃止するのかとの質疑があり、このことについては、平成元年に旧尾島町、平成2年に旧藪塚本町で設置された基金で期間的にかなり経過をしていることから、残高も考慮し廃止をするとのことでありました。また、太田市農業後継者育成基金の当初の金額と残高についての質疑がありました。
 挙手により採決を行った結果、賛成多数により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第34号 太田市行政財産使用料条例の一部改正についてご報告申し上げます。本案は、地方自治法の一部改正に伴う、条例中の根拠条文の整合を図るとともに、旧1市3町の道路占用料の統一化に伴う条例の統廃合により廃止することになる条例名を削除し、新たに制定する条例名を加えるため本条例の一部を改正するものであります。
 委員からは特に質疑もなく、挙手により採決を行った結果、賛成全員により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、本委員会に付託されました13議案につきまして、審査の経過と結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議の上、ご賛同を賜りますようお願い申し上げまして委員長報告といたします。

     ◎ 質 疑(終局)

○議長(荒井昭男) これより質疑に入ります。
 ただいまの委員長報告に対し、ご質疑ありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 別にご質疑もないようですから、以上で質疑を打ち切ります。

     ◎ 討     論

○議長(荒井昭男) 議事の都合により、議案第19号、議案第20号及び議案第23号から議案第28号まで、並びに議案第30号から議案第34号までの13議案についての討論は一括とし、採決は議案ごとといたします。
 それでは、討論に入ります。
 討論の通告がありますので、順次発言を許します。
 最初に、3番水野正己議員。
◆3番(水野正己) 日本共産党の水野正己です。議案第31号に対する反対討論を行わせていただきます。
 本案は、2006年の人事院勧告に基づき、地域手当を現行の1%から2%へ増額、増率、管理職手当の定額化、そして扶養手当のうち扶養親族3人目以降の手当を現行の5,000円から6,000円へと増額を図る内容を含むものとなっております。地域手当の改定は条例改定ではなく規則改定で行うとされますが、既に昨年から地域経済に甚大な影響を与える本市の職員の給与が大幅に削減されたもとで、また、地域手当の原資とされる成績給の導入実施も運用は事実上凍結されていることを考えれば、給与水準の一定の回復に当たるものとなります。さらに、管理職手当の定額化については、事実上給与の削減につながる管理職も相当数予想されながら、いまだに定額となる管理職手当の額も決まらず、また一口に管理職と言っても、職責に応じて一律に負担と責任が決まるものではなく、部署とその職責、人員規模によっても、また勤務年数と経験によって、それぞれの管理職が果たす役割と責任はおのずから変わってくるものです。
 議案第27号で、今後の職員の減員計画につながる職員定数条例の改定も提案されているもとで、また、民間の管理職手当の定額制こそが是正されるべきであり、本市を含めた公務員の管理職手当の定率制こそが存続、普及されるべきものであります。
 以上、反対の理由を申し上げて討論を終わります。
○議長(荒井昭男) 次に、42番富田泰好議員。
◆42番(富田泰好) 公明クラブの富田泰好であります。
 議案第31号 太田市一般職の職員の給与に関する条例の一部改正について、賛成の立場から討論させていただきます。本案は、平成18年度の人事院勧告に基づき、同条例の一部に所要の改正を行うものであります。言うまでもなく、人事院勧告は、国家公務員の給与、勤務条件に対する制度でありますが、地方公務員においても、国及び他の地方公共団体の職員並びに民間企業従事者の事情を考慮し、所要の措置が講じられなければならないとされているものであります。したがって、職員の給与、勤務条件が人事院勧告に準じて措置されることは当然であります。
 本年度の勧告につきましては、主に給与構造改革等に関連する勧告が行われ、地域手当の支給率の段階的な引き上げ、管理職手当に関し定率制から定額制への移行及び扶養手当における3人目以降の子の手当額の引き上げの3点についての所要の措置を講ずるよう勧告されているものであります。本案は、このような勧告を受けて、ただいま申し上げた3点の改正を行うこととして提案されたものであり、この改正が広く市民の納得と理解が得られるものであるとともに、地方公務員法の趣旨にも合致するものと考えます。
 地方財政を取り巻く状況が依然として厳しい中、現在、公務員制度改革の一環として給与構造改革が計画的に進められているところであります。
 職員におかれましては、この制度改革の趣旨を十分理解されるようお願いするとともに、執行者におかれましては、今後とも職員の士気を低下させることのないよう一層の指導に努められ、市民サービスのますますの充実が図られるよう強く要請し、私の賛成討論とさせていただきます。

     ◎ 討 論 終 局

○議長(荒井昭男) 以上で通告による討論は終わりました。
 他に討論はありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 他に討論もないようですから、以上で討論を打ち切ります。

     ◎ 表     決

○議長(荒井昭男) これより採決いたします。
 最初に、議案第19号を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第20号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第23号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第24号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第25号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第26号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第27号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 多 数)
○議長(荒井昭男) 起立多数、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第28号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 多 数)
○議長(荒井昭男) 起立多数、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第30号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第31号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 多 数)
○議長(荒井昭男) 起立多数、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第32号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第33号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 多 数)
○議長(荒井昭男) 起立多数、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第34号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。

     ◎ 委 員 長 報 告

                委 員 会 審 査 報 告 書
 本委員会に付託の事件を審査の結果、下記のとおり決定したから会議規則第102条の規定により報告します。
                                     平成19年2月28日
太田市議会議長
  荒 井 昭 男  様
                             教育福祉常任委員長  白 石 さと子
                       記

┌──────┬───────────────────────────────┬─────┐
│ 事件の番号 │       件               名       │議決の結果│
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第35号│太田市福祉医療費支給に関する条例の一部改正について      │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第36号│尾島町国民健康保険税条例の一部改正について          │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第37号│新田町国民健康保険税条例の一部改正について          │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第38号│藪塚本町国民健康保険税条例の一部改正について         │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第39号│学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関│ 原案可決 │
│      │する条例の制定について                    │     │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第40号│太田市立商業高等学校の授業料等徴収に関する条例の一部改正につい│ 原案可決 │
│      │て                              │     │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第41号│太田市公民館条例の一部改正について              │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第42号│太田市生涯学習センター条例の一部改正について         │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第43号│太田市茶会所「大光庵」条例の一部改正について         │ 原案可決 │
└──────┴───────────────────────────────┴─────┘
○議長(荒井昭男) 次に、日程第4、先ほど議案の撤回が承認されました議案第40号を除く、議案第35号から議案第39号まで並びに議案第41号から議案第43号までの8議案を一括議題といたします。
 8議案は、教育福祉委員会に付託いたしたものであります。
 審査報告書の朗読を省略し、直ちに白石さと子委員長から報告を求めます。
◎教育福祉委員長(白石さと子) ご指名によりまして、教育福祉委員長報告を申し上げます。
 去る2月21日に本委員会に議案第35号から第43号までの9議案が付託されましたが、議案第40号につきましては、先ほど撤回が承認されましたので、議案第35号から第39号まで、及び議案第41号から43号までの8議案につきまして、審査の経過と結果をご報告申し上げます。
 本委員会は、2月28日に委員全員及び執行者の出席のもとに委員会を開催いたしました。各議案の内容及びその提案理由につきましては、2月16日の本会議において説明を受けましたが、委員会で改めて詳細な説明を受け、慎重に審査を行ったものであります。
 初めに、議案第35号 太田市福祉医療費支給に関する条例の一部改正についてご報告申し上げます。本案は、県の療育手帳事務取扱要領の一部改正に伴い、療育手帳の障がい程度の区分の表記が改正されたため、条例中に規定する表記との整合を図るとともに、結核予防法が廃止されたことに伴い、条例第3条第2項第3号中の「又は結核予防法」を削除するものであります。
 委員からは特に質疑もなく、挙手により採決を行った結果、委員全員の賛成により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次の議案第36号から第38号までの3議案につきましては、関連があることから、執行者の説明、委員の質疑は一括とし、採決は議案ごとといたしまして審査を行いました。
 それでは、議案第36号 尾島町国民健康保険税条例の一部改正について、議案第37号 新田町国民健康保険税条例の一部改正について、議案第38号 藪塚本町国民健康保険税条例の一部改正についてご報告申し上げます。
 3議案につきましては同様の改正でございまして、国民健康保険税につきましては合併により不均一課税を適用しておりますが、合併後の5年間で均一化を図ることとしておりまして、まず、平成18年度に旧3町の税率を一本化したところでありますが、今回の改正につきましては、太田市国民健康保険運営協議会の答申を尊重し、旧3町の税率等を段階的に改正するものであります。
 委員からの主な質疑、要望を申し上げますと、旧太田市においても、旧尾島町、旧新田町のように国保税の徴収率が高ければ、今回改正する必要がなかったと考えているが、旧太田市では何か別の理由があったのかとの質疑があり、このことについては、確かに合併当時の旧4市町の国保税の徴収率についてはそれぞれの団体の事情の中で差があったが、徴収率について、県下全体を見ても都市部については町村部よりやや低いという状況であり、旧太田市に特別な理由があったわけではないと考えているとのことでありました。
 また、滞納対策として公金収納推進部が4月に設置される予定だが、国保税の滞納が減少すれば、旧太田市の税率に合わせることなく国保の運営ができるものと考えていることから、ぜひ収納率を上げていただきたいとの要望がありました。
 それでは、3議案の審査の結果について申し上げます。
 初めに、議案第36号について、挙手により採決を行った結果、賛成多数により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第37号について、挙手により採決を行った結果、賛成多数により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第38号について、挙手により採決を行った結果、賛成多数により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第39号 学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてご報告申し上げます。本案は、学校教育法等の一部を改正する法律によりまして、現在の盲学校、聾学校、養護学校の区分がなくなり、障がいの種別を超えた特別支援学校に一本化されることから、本市の関係4条例の関係条文の規定の整理を行うものであります。
 委員からは特に質疑もなく、挙手により採決を行った結果、委員全員の賛成により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第41号 太田市公民館条例の一部改正についてご報告申し上げます。本案は、社会教育総合センターの附属施設使用料について、センターの利用を許可する際に把握することが困難なことから、利用後に徴収することができるよう、ただし書きを加えるものであります。
 委員からは質疑もなく、挙手により採決を行った結果、委員全員の賛成により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第42号 太田市生涯学習センター条例の一部改正についてご報告申し上げます。本案は、先ほどの公民館条例と同様に、設備使用料について利用後に徴収することができるよう、ただし書きを加えるとともに、特別の設備等を設ける場合の電気、ガスの使用料の規定を追加するものであります。
 委員からは特に質疑もなく、挙手により採決を行った結果、委員全員の賛成により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第43号 太田市茶会所「大光庵」条例の一部改正についてご報告申し上げます。本案は、施設利用の適正化を図るため、使用料の還付、不還付の規定を追加するものであります。
 委員からの主な質疑を申し上げますと、還付、不還付の規定を加えた理由について質疑があり、このことについては、これまで具体的な事例は発生していないが、今後、還付、不還付の事例も想定されることから、利用者にとって不利益にならないよう運営をしていくためであるとのことでありました。また、「大光庵」については、市外からの利用もあると思うが、還付と認められた場合の還付方法について聞きたいとの質疑があり、このことについては、個人口座に振り込むという形を考えているとのことでありました。さらに、使用料の料金体系のことなどの質疑がありました。
 挙手により採決を行った結果、委員全員の賛成により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、本委員会に付託されました議案第35号から第39号まで、及び議案第41号から43号までの8議案につきまして、審査の経過と結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議の上、ご賛同賜わりますようお願い申し上げまして委員長報告といたします。

     ◎ 質 疑(終局)

○議長(荒井昭男) これより質疑に入ります。
 ただいまの委員長報告に対し、ご質疑ありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 別にご質疑もないようですから、以上で質疑を打ち切ります。

     ◎ 討 論(終局)

○議長(荒井昭男) 議事の都合により、議案第35号から議案第39号まで並びに議案第41号から議案第43号までの8議案についての討論は一括とし、採決は議案ごとといたします。
 それでは、討論に入ります。
 討論ありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 別に討論もないようですから、以上で討論を打ち切ります。

     ◎ 表     決

○議長(荒井昭男) これより採決いたします。
 最初に、議案第35号を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第36号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 多 数)
○議長(荒井昭男) 起立多数、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第37号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 多 数)
○議長(荒井昭男) 起立多数、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第38号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 多 数)
○議長(荒井昭男) 起立多数、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第39号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第41号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第42号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第43号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。

     ◎ 委 員 長 報 告

                委 員 会 審 査 報 告 書
 本委員会に付託の事件を審査の結果、下記のとおり決定したから会議規則第102条の規定により報告します。
                                      平成19年3月1日
太田市議会議長
  荒 井 昭 男  様
                             市民経済常任委員長  松 永 綾 夫
                       記

┌──────┬───────────────────────────────┬─────┐
│ 事件の番号 │       件               名       │議決の結果│
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第21号│太田市外三町広域清掃組合の規約変更に関する協議について    │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第22号│群馬県市町村総合事務組合の規約変更に関する協議について    │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第44号│太田市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部改正について│ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第50号│平成18年度太田市農業共済事業の農作物・畑作物・園芸施設無事戻│ 原案可決 │
│      │しについて                          │     │
└──────┴───────────────────────────────┴─────┘
○議長(荒井昭男) 次に、日程第5、議案第21号、議案第22号、議案第44号及び議案第50号の4議案を議題といたします。
 4議案は、市民経済委員会に付託いたしたものであります。
 審査報告書の朗読を省略し、直ちに松永綾夫委員長から報告を求めます。
◎市民経済委員長(松永綾夫) ご指名によりまして、市民経済委員長報告を申し上げます。
 去る2月21日に本委員会に付託されました議案第21号、第22号、第44号及び第50号の4議案につきまして、審査の経過と結果をご報告申し上げます。
 本委員会は、3月1日に委員全員及び執行者の出席のもとに委員会を開催し審査を行いました。提案理由及び議案の内容につきましては、2月16日の本会議において説明を受けたとおりでありますが、今回の審査に当たり、再度執行者より詳細な説明を受け、慎重に審査を行ったものであります。
 初めに、議案第21号 太田市外三町広域清掃組合の規約変更に関する協議についてご報告を申し上げます。本案は、地方自治法の一部改正による収入役制度の廃止などに伴い、本規約中の「収入役」を「会計管理者」に、「吏員その他職員」を「職員」に改めるとともに、執行機関の組織に置く「副管理者」を「副管理者3人」と改めるため、本規約の一部を変更するものであります。
 委員からは特に質疑もなく、挙手により採決を行った結果、賛成全員により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第22号 群馬県市町村総合事務組合の規約変更に関する協議についてご報告を申し上げます。本案は、地方自治法の一部改正による収入役制度の廃止などに伴い、規約中の「収入役」を「会計管理者」に、「吏員」を「職員」に改めるとともに、本事務組合を構成する事務組合及び共済組合の解散等に伴い所要の変更を行うものであります。
 委員からは特に質疑もなく、挙手により採決を行った結果、賛成全員により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第44号 太田市消防本部及び消防署の設置等に関する条例の一部改正についてご報告を申し上げます。本案は、新生太田総合計画に基づいた消防組織再編構想により、旧太田市の区域を統括する太田消防署を中央消防署と東部消防署に再編し、旧3町の区域を統括する3消防署を西部消防署に統合することにより、太田市内を4消防署から3消防署に再編し、消防体制の整備と消防力の充実強化を図るため、本条例の一部を改正するものであります。
 委員からは特に質疑もなく、挙手により採決を行った結果、賛成全員により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第50号 平成18年度太田市農業共済事業の農作物・畑作物・園芸施設無事戻しについてご報告を申し上げます。本案は、農業共済事業において本市と共済関係の存する者で、平成15年度、16年度、17年度の3カ年中、被害のなかった農家に対して無事戻金を支払うものであります。無事戻金対象農家総数は2060戸、支払い総額711万円とのことであります。
 委員からは特に質疑もなく、挙手により採決を行った結果、賛成全員により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、本委員会に付託されました4議案につきまして、審査の経過と結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議の上、ご賛同賜わりますようお願いを申し上げまして、委員長報告といたします。

     ◎ 質 疑(終局)

○議長(荒井昭男) これより質疑に入ります。
 ただいまの委員長報告に対し、ご質疑ありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 別にご質疑もないようですから、以上で質疑を打ち切ります。

     ◎ 討 論(終局)

○議長(荒井昭男) 議事の都合により、議案第21号、議案第22号、議案第44号及び議案第50号の4議案についての討論は一括とし、採決は議案ごとといたします。
 それでは、討論に入ります。
 討論ありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 別に討論もないようですから、以上で討論を打ち切ります。

     ◎ 表     決

○議長(荒井昭男) これより採決いたします。
 最初に、議案第21号を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第22号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第44号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第50号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。

     ◎ 委 員 長 報 告

                委 員 会 審 査 報 告 書
 本委員会に付託の事件を審査の結果、下記のとおり決定したから会議規則第102条の規定により報告します。
                                      平成19年3月1日
太田市議会議長
  荒 井 昭 男  様
                             都市建設常任委員長  荻 原 源次郎
                       記
┌──────┬───────────────────────────────┬─────┐
│ 事件の番号 │       件               名       │議決の結果│
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第45号│太田市開発審査会条例の制定について              │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第46号│太田市道路占用料徴収条例の制定について            │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第47号│太田市公共物使用等に関する条例の制定について         │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第48号│太田市水道事業の設置等に関する条例の一部改正について     │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第49号│太田市公営企業職員定数条例の一部改正について         │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第52号│市道路線の廃止及び認定について                │ 原案可決 │
└──────┴───────────────────────────────┴─────┘
○議長(荒井昭男) 次に、日程第6、議案第45号から第49号まで及び議案第52号の6議案を一括議題といたします。
 6議案は、都市建設委員会に付託いたしたものであります。
 審査報告書の朗読を省略し、直ちに荻原源次郎委員長から報告を求めます。
◎都市建設委員長報告(荻原源次郎) ご指名によりまして、都市建設委員長報告を申し上げます。
 去る2月21日に本委員会に付託されました議案第45号から第49号及び議案第52号の6議案につきまして、審査の経過と結果をご報告申し上げます。
 本委員会は、3月1日に委員全員及び執行者の出席のもとに委員会を開催し審査を行いました。提案理由及び議案の内容につきましては、2月16日の本会議においてそれぞれ説明を受けたとおりでありますが、今回の審査に当たり、再度執行者より詳細な説明を受け、慎重に審査を行ったものであります。
 それでは初めに、議案第45号 太田市開発審査会条例の制定についてご報告申し上げます。本案は、平成19年4月1日から本市が特例市に移行することに伴い、都市計画法第78条の規定により、開発審査会を設置する必要があるため、この開発審査会の組織及び運営について必要な事項を定める条例を制定しようとするものであります。
 委員からの質疑は特になく、挙手により採決を行った結果、賛成全員により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 続きまして、議案第46号 太田市道路占用料徴収条例の制定についてご報告申し上げます。本案は、現在、道路占用料についてそれぞれ適用させている合併前の旧4市町の条例の一元化を図るとともに、改正から相当の期間が経過して、最近の占用の形態や地価の状況等にそぐわない点が生じている占用料の額を見直し、道路法施行令に定める市の区域の占用料に合わせた額に変更するため、新たに条例を制定しようとするものであります。
 委員からの質疑は特になく、挙手により採決を行った結果、賛成全員により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 続きまして、議案第47号 太田市公共物使用等に関する条例の制定についてご報告申し上げます。本案は、現在、道路占用料と同様に、合併前の旧4市町のそれぞれの条例を適用させている公共物の使用について、平成19年4月1日から一元化を図るとともに、公共物の使用料や許可期間などについて見直しを行い、県内他市との整合性を図り、本市の公共物を円滑に管理するため、新たに条例を制定しようとするものであります。
 委員からの質疑は特になく、挙手により採決を行った結果、賛成全員により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 続きまして、議案第48号 太田市水道事業の設置等に関する条例の一部改正についてご報告申し上げます。本案は、水道局において、公営企業としての効率的な事業執行を目指して平成19年4月1日から実施する包括業務委託により職員数が減員することに伴い、水道事業に管理者を置かないこととするため条例を改正するもので、さらに附則において関係する条例の規定の整備等を行うものであります。
 委員からの質疑は特になく、挙手により採決を行った結果、賛成全員により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 続きまして、議案第49号 太田市公営企業職員定数条例の一部改正についてご報告申し上げます。本案は、平成19年4月1日から実施する水道局の包括業務委託により職員数が減員することに伴い、企業職員定数をより現状に合わせたものとするため、現行の58人から40人に改めるものであります。
 委員からの質疑は特になく、挙手により採決を行った結果、賛成全員により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 続きまして、議案第52号 市道路線の廃止及び認定についてご報告申し上げます。本案は、市道路線について、道路法第10条の規定による廃止及び同法第8条の規定による認定を行うため、議会の議決を求めるものであります。
 本案において、尾島親水公園築造に伴う路線の一部廃止及び廃止区間を除く区間の再認定、太田駅南北自由通路新設に伴う路線認定、民間開発に伴う路線の廃止及び認定など、市道11路線の廃止及び79路線の認定を行うものであります。
 委員からの質疑は特になく、挙手により採決を行った結果、賛成全員により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、本委員会に付託されました議案第45号から第49号及び議案第52号の6議案につきまして、審査の経過と結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議の上、ご賛同を賜りますようお願い申し上げまして、委員長報告といたします。

     ◎ 質 疑(終局)

○議長(荒井昭男) これより質疑に入ります。
 ただいまの委員長報告に対し、ご質疑ありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 別にご質疑もないようですから、以上で質疑を打ち切ります。

     ◎ 討 論(終局)

○議長(荒井昭男) 議事の都合により、議案第45号から第49号まで及び議案第52号の6議案についての討論は一括とし、採決は議案ごとといたします。
 それでは、討論に入ります。
 討論ありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 別に討論もないようですから、以上で討論を打ち切ります。

     ◎ 表     決

○議長(荒井昭男) これより採決いたします。
 最初に、議案第45号を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第46号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第47号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第48号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第49号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 多 数)
○議長(荒井昭男) 起立多数、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第52号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。

     ◎ 委 員 長 報 告

                委 員 会 審 査 報 告 書
 本委員会に付託の事件を審査の結果、下記のとおり決定したから会議規則第102条の規定により報告します。
                                     平成19年2月28日
太田市議会議長
  荒 井 昭 男  様
                             総務企画常任委員長  岩 松 孝 壽
                       記

┌──────┬───────────────────────────────┬─────┐
│ 事件の番号 │       件               名       │議決の結果│
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第29号│太田市特別職の職員の報酬、費用弁償等に関する条例の一部改正につ│ 原案可決 │
│      │いて                             │     │
└──────┴───────────────────────────────┴─────┘

○議長(荒井昭男) 次に、日程第7、議案第29号を議題といたします。
 本議案は、総務企画委員会に付託いたしたものであります。
 審査報告書の朗読を省略し、直ちに岩松孝壽委員長から報告を求めます。
◎総務企画委員長(岩松孝壽) ご指名によりまして、総務企画委員長報告を申し上げます。
 去る2月21日に本委員会に付託されました議案第29号につきまして、審査の経過と結果をご報告申し上げます。
 本委員会は、2月28日に委員及び執行者の出席のもとに委員会を開催し、付託事件の審査を行いました。議案の内容及び提案理由につきましては、2月16日の本会議において説明がありましたが、今回の審査に当たり、再度執行者より詳細な説明を受け、慎重に審査を行ったものであります。
 それでは、議案第29号 太田市特別職の職員の報酬、費用弁償等に関する条例の一部改正についてご報告申し上げます。本案は、先ほどの開発審査会の設置による審査会の委員の報酬の追加並びに学校教育法等の一部を改正する法律の施行に伴い、従来の盲学校、聾学校及び養護学校は、平成19年4月1日より特別支援学校になることから、関係条文の改正をしようとするものであります。
 委員からは特に質疑もなく、挙手により採決を行った結果、賛成全員により本案は原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上、本委員会に付託されました議案第29号につきまして、審査の経過と結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議の上、ご賛同を賜りますようお願い申し上げまして、委員長報告といたします。

     ◎ 質 疑(終局)

○議長(荒井昭男) これより質疑に入ります。
 ただいまの委員長報告に対し、ご質疑ありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 別にご質疑もないようですから、以上で質疑を打ち切ります。

     ◎ 討 論(終局)

○議長(荒井昭男) これより、討論に入ります。
 討論ありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 別に討論もないようですから、以上で討論を打ち切ります。

     ◎ 表     決

○議長(荒井昭男) これより採決いたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。

     ◎ 休     憩

                                     午前10時39分休憩
○議長(荒井昭男) この際、暫時休憩いたします。

     ◎ 再     開

                                      午前11時5分再開
○議長(荒井昭男) 休憩前に引き続き会議を開きます。

     ◎ 委 員 長 報 告

                委 員 会 審 査 報 告 書
 本委員会に付託の事件を審査の結果、下記のとおり決定したから会議規則第102条の規定により報告します。
                                      平成19年3月6日
太田市議会議長
  荒 井 昭 男  様
                               予算特別委員長  栗 田 斌 之
                       記

┌──────┬───────────────────────────────┬─────┐
│ 事件の番号 │       件               名       │議決の結果│
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第 9号│平成19年度太田市一般会計予算について            │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第10号│平成19年度太田市国民健康保険特別会計予算について      │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第11号│平成19年度太田市住宅新築資金等貸付特別会計予算について   │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第12号│平成19年度太田市老人保健特別会計予算について        │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第13号│平成19年度太田市八王子山墓園特別会計予算について      │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第14号│平成19年度太田市介護保険特別会計予算について        │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第15号│平成19年度太田市藪塚本町介護老人保健施設特別会計予算について│ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第16号│平成19年度太田市農業共済事業特別会計予算について      │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第17号│平成19年度太田市水道事業会計予算について          │ 原案可決 │
├──────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第18号│平成19年度太田市下水道事業会計予算について         │ 原案可決 │
└──────┴───────────────────────────────┴─────┘
○議長(荒井昭男) 次に、日程第8、議案第9号から第18号までの10議案を一括議題といたします。
 10議案は、予算特別委員会に付託いたしたものであります。
 審査報告書の朗読を省略し、直ちに栗田斌之委員長から報告を求めます。
◎予算特別委員長(栗田斌之) 報告する前に、きょう公立高校の授業料の件について撤回されました。きょうは公立高校の生徒たちが試験の2日目でございます。希望を胸に一生懸命努力されていることと思います。また、今定例会を最後に退職される職員の皆さん、お疲れさまでございました。これからも新太田市のために頑張っていただきたいと思います。
 それでは、ご指名によりまして、予算特別委員会の委員長報告を申し上げます。
 去る2月26日、本会議において付託されました議案第9号から第18号までの10議案、すなわち平成19年度太田市一般会計予算及び7つの特別会計予算並びに2つの公営企業会計予算につきまして、順次審査の経過と結果をご報告申し上げます。
 本委員会は、3月2日、5日及び6日の3日間にわたり、委員全員及び執行者の出席のもとに慎重に審査を行いました。なお、審査の詳細な内容につきましては、後日会議の記録が配付されますので、よろしくお願い申し上げます。
 それでは、予算審査における主な質疑、意見及び要望等を順次ご報告申し上げます。
 最初に、一般会計の歳入につきましては、滞納繰り越しの収納に当たり、来年度組織される公金収納推進部内に債権管理機構等を設置し、差し押さえ等の業務を行うことはできないか、また、滞納整理に対する決意を確認したいとの質疑があり、このことについては、債権管理機構については今後研究していきたいとのことでありました。また、強制執行権の行使により差し押さえ、公売等を積極的に行うこと等により、総計で約85億円に上る滞納額を地道に削減していくという姿勢を強く持ち続けていきたいとのことでありました。
 さらに、市民の奉仕者たる職員のやる気を引き出すインセティブ予算制の導入による予算編成のこと、税源移譲に関する所得税と住民税の税率変更の周知徹底のこと、市内におけるたばこ販売の現状のこと、住宅家賃滞納対策としての訴訟の状況のこと、住民基本台帳カードの発行増に向けた取り組みのこと、廃棄物処理手数料の減少要因のこと、まちづくり交付金の交付基準のこと、広報等への広告掲載の考え方のこと、合併特例債の対象事業のこと、地方交付税及び臨時財政対策債へ対応するための抜本的改革のことなど、多くの質疑、要望がなされました。
 次に、歳出について申し上げます。まず、2款総務費につきましては、職員数、人件費の推移、職員体制等について質疑があり、このことについては、正規職員、行政管理公社職員、NPO等への委託、さらにはアウトソーシングなど多面的な要素があり、現在調査している過去の実人件費の削減状況の結果を実質的にとらえ、今後の人件費の削減につなげていきたい。また、人件費が政策そのものという場合もあるため、人件費の性格づけや分析を実施し、議会に報告したいとのことでした。さらに、人件費を削減して新規事業を実施するという考え方は短絡的であり、さまざまな立場の職員が行政にかかわっている中で、実人件費の費用対効果を検討されたいとの要望がなされました。
 また、1%まちづくり事業については、本年度の予算執行率が低いことから、市民が実施しやすいような採択基準の見直し等に関する質疑があり、このことについては実績報告書等を検証し、採択基準については実態に合わせて弾力化を図り、事務処理についても申請者の負担を軽減するために簡略化するとともに、各総合支所や行政センターにおいても提案者のサポート体制を整えたいとのことでありました。さらに、職員研修の内容に関すること、各課のホームページ更新に関すること、交通指導員の人数及び報酬に関すること、市民憲章の推進及び市内施設における市章の更新に関することなど、多くの質疑、意見、要望がなされました。
 次に、3款民生費につきましては、障害者自立支援事業について、本年度における事業実施の中での苦情や要望についての質疑があり、このことについては、施設からは施設運営費、利用者からは利用料が高いという話などが障がい者団体を通して寄せられており、新年度予算においては、利用者負担を現在の2分の1から4分の1に軽減するための利用者負担軽減助成金を計上しているとのことでありました。
 また、認可外保育施設支援事業補助金の交付対象となる施設の予定数について質疑があり、このことについては5施設を予定しているとのことでありました。さらに、関連して十分な保育士の確保をお願いしたいとの要望がなされました。さらに、緊急通報システム関係機器使用料に関すること、シルバー人材センターの組織及び運営に関すること、新田地域活動支援センターに関すること、保育園の待機児童に関することなど、多くの質疑、意見、要望がなされました。
 次に、4款衛生費につきましては、市民の健康を守る保健事業に関係して、救急高度医療施設の建設に向けた今後の取り組みについての質疑があり、このことについては、市民の健康と安全のために2次救急に対応した施設を整備する方針であるが、臨床研修制度による全国的な医師不足や県の地域医療計画による設置可能ベッド数等の影響もあり、地域の救急医療のあり方と充実について関係機関と協議、検討を行っていきたいとのことでありました。
 また、環境衛生に関係して、ごみ減量化の推進状況と今後の取り組みについての質疑があり、このことについては、分別収集やミックスペーパー等、市民の協力により3割減量に向けて順調に推移をしているが、今後はレジ袋等の廃棄されているプラスチック類も資源として回収することで、さらなる減量とリサイクルに努めるとともに、市民に対するそのわかりやすい回収方法の検討と十分な周知を行い、来年度中の実施を考えているとのことでありました。
 さらに、ごみ減量について市民に対する積極的な啓発活動の推進のこと、平日夜間急病診療所の現状のこと、環境フェアの開催状況と市民への環境意識の啓発のこと、戸別浄化槽事業の積極的な推進のこと、機能回復を目的としたリハビリ施設の現状のこと、渡良瀬川鉱毒への取り組みの現状と鉱毒史の編さん状況のこと、使いやすい不燃ごみ袋の検討のこと、ミックスペーパーのわかりやすい表示の検討のこと、廃プラ処理プラント建設による資源化の推進のこと、灰溶融炉の稼働状況と生成されたスラグの活用状況のことなど、多くの質疑、要望がなされました。
 次に、5款労働費につきましては、ヤング・アタックおおたの現状と女性の再就職等市民への就労支援のこと、庁舎内に設置されているパートコーナーの閉鎖に伴う市民への影響のことについての質疑、要望がなされました。
 次に、6款農林水産業費につきましては、畜産環境対策及び畜産臭気対策の今後の取り組みについての質疑があり、このことについては、畜産臭気等対策会議を設置して、多面的な検討やモデル事業を実施しているが、今後も地域住民や畜産事業者と協議をした中で、費用対効果を念頭に置き、効果の見込まれる事業を効率的に実施していきたいとのことでありました。
 さらに、農産物のおおたんブランド創設による地域農業の活性化のこと、認定農業者及び集落営農組織の拡大に向けた取り組みのこと、学校給食への太田産ゴロピカリの導入予定と地産地消の推進のこと、道の駅建設計画の今後の見通しのこと、被害拡大が懸念されるイノシシ対策のことなど、多くの質疑、要望がなされました。
 次に、7款商工費につきましては、市内の工業団地の販売状況と北部大規模開発予定地の工業団地造成に向けた今後の見通しのことについての質疑があり、このことについては、現在販売している4工業団地における未分譲地は約2割であり、それも県企業局と契約に向けた交渉中のため、希望者に紹介をする用地がない状況にあり、今後は本市における北関東自動車道の開通に伴い、北部大規模開発予定地を工業団地として造成し、販売をしていきたいとのことでありました。
 さらに、観光資源の有効活用と観光施策の積極的な推進のこと、呑龍公園の整備計画のこと、合併前の旧名称になっている観光案内板等への対応のこと、消費生活センターの現状とトラブルの未然防止に向けた市民への啓発のことなど、多くの質疑、要望がなされました。
 次に、8款土木費につきましては、尾島地区4河川については、長い歴史の中で地区住民による除草作業を行ってきたところであるが、高齢化に伴い作業が困難になってきたことから、今後は市において維持管理をしていただけないかとの質疑があり、このことについては、これまで地域の方が一生懸命地域の安全のため除草事業等に取り組んでいたが、河川の管理については国、県、市が関係していることから、そうした事実を踏まえ改善が図られるよう努力していきたいとのことでありました。
 また、北部運動公園完成時に想定される周辺道路の渋滞対策について質疑があり、このことについては、地元関係者からの迂回路線についての意見を尊重し、対策を講じていきたいと考えているが、北部大規模開発の土地等を臨時駐車場として利用し、全体の交通渋滞を緩和するなどし、地域の方に迷惑のかからないような体制づくりを研究していきたいとのことでありました。さらに、太田東部幹線の整備については市民から多くの意見や要望があり、大変な事業であると認識しているが、関係地区へのきめ細かな説明をお願いするとの要望がありました。
 そのほか、土木関係業務における環境基本計画との連携のこと、狭あい道路整備事業の手法のこと、政府の道路特定財源の一般財源化に対する本市の考えと対応のこと、陳情道路の整備順序の基準のこと、北関東自動車道の南側道路の側溝のふたの設置時期と危険箇所の対応のこと、民間主導による優良建築物等整備事業の補助条件及びそれに伴う借り上げ住宅の借り上げ要件と家賃のこと、公園の安全点検の実施状況とホームレス対策のこと、北部運動公園整備事業と北部大規模開発における桜の一体的植栽の考えのことなど、多くの質疑、要望がなされました。
 次に、9款消防費につきましては、消防団における無線機器の配備状況と今後の対応についての質疑があり、このことについては、各消防団には受令機が配備され、災害時等の現場案内等の通信指令課から流れる無線をすべて受信できる体制となっているが、現状では車両同士による無線交信については同一消防団内の車両間のみでの交信しかできない状態であり、今後はすべて交信できる無線機器の統一化に向け整備していきたいとのことでありました。
 さらに、藪塚分署及び九合分署の概要と職員体制のこと、薬剤投与の資格を持つ救急救命士のこと、河川敷等における消火活動のこと、緊急援助隊活動費の取り扱いのこと、消防団のラッパ隊の今後のこと、消防団車庫詰所の新築に伴う外トイレの設置のこと、消防団員の確保と消防職員OBの活用のこと、女性防火クラブの活動内容のこと、消防自動車等の更新と廃車後の利用状況のこと、火の見及び半鐘の現状と利活用のこと、自主防災事業の概要のことなど、多くの質疑、要望がなされました。
 次に、10款教育費につきましては、教育文化の向上が施政方針にうたわれているが、小中学校の施設整備における現場の声をどのように反映させ、どのようなところに重点を置くのかとの質疑があり、このことについては、よりよい教育環境の重要性については十分考えているが、各学校からの要望も多いことから、必要度の高い順に整理し、限られた財源の中でのハード、ソフト、両面の教育環境を整えるべく努力してまいりたいとのことでありました。
 また、今回学校に配置される青色パトロールカーの活用方法についての質疑があり、このことについては、教職員、学校関係者だけではなく、PTA、防犯委員により地域の防犯を担っていただくことも含めて、これからも地域と学校による協議を重ね、児童生徒の安全の確保に努めてまいりたいとのことでありました。
 また、小中学校におけるパソコン教育を通じて、インターネットによる外部との情報のやりとりに対する注意はどのように図られているのかとの質疑があり、このことについては、インターネットを利用した犯罪に巻き込まれるような事例もあることから、個人情報やセキュリティーの問題等について授業の中で特に力を入れた指導を行い、パソコン知識の向上を図りたいとのことでありました。
 さらに、金山城跡に係る環境整備の進捗と成果のこと、放課後子どもプランに対する取り組みのこと、外国人児童生徒日本語指導事業の現状のこと、スクールバスの運行状況のこと、外部指導者への報酬のこと、教育支援隊の成果と今後のこと、学力向上対策による成果のこと、小中学校における図書数と購入基準のこと、商業高校への民間校長登用のこと、小中学校への介助員の配置のこと、公立幼稚園の3歳児保育の受け入れの早期実現のこと、人間国宝美術館建設計画のこと、金山城跡整備計画のこと、成人式の実施状況のこと、給食センターの民間委託の概要のことなど、多くの質疑、意見、要望がなされました。
 次に、国民健康保険特別会計につきましては、国保税の収納率のことについて質疑があり、このことについては、現年度分の市税収納率が90%を超えているのに対して、国保税収納率は80%にとどまっており、今後は収納率向上のため、現年度の滞納整理に力を入れるとともに、滞納繰越額の整理にも取り組んでいきたいとのことでありました。さらに、悪質な滞納者に対する財産差し押さえ等の方法についてどう考えるか質疑があり、このことについては、現在、国税還付金や預貯金など債権の差し押さえに力を入れているが、非常に効果的であり、今後も積極的に行いたいとのことでありました。
 次に、介護保険特別会計につきましては、介護予防事業について質疑があり、このことについては、介護給付費の抑制を図るため本年度から地域支援事業の中で行うこととなった事業で、その内容は、今後介護認定されることが予想される高齢者を対象に、運動機能向上、栄養改善、口腔ケアなどの事業を行う特定高齢者施策事業と一般の高齢者に対する認知症予防、転倒骨折予防、健康体操などを行う一般高齢者施策事業があるとのことでありました。さらに、新規の介護認定の方法についての質疑がありました。
 次に、農業共済事業特別会計につきましては、農業共済事業の運営組織の現状と今後の見通しのことについての質疑がありました。
 次に、水道事業会計につきましては、県の用水供給事業である新田山田水道からの給水量が必要とする量に対し過大なのではないかとの質疑があり、このことについては、今後も県に対して実態に合った給水量を要望していきたい。また、供給単価も他の用水供給事業と比較をして高価であることから、県内を平準化し現在の単価を下げてもらえるよう引き続き要望をしていきたいとのことでありました。
 次に、下水道事業等会計につきましては、農業集落排水事業の今後の事業計画についての質疑がありました。
 その他、平成19年度における臨時財政対策債の償還利子返済額のこと、合併特例債事業の件数のこと、地方債の措置における高金利の負担を引き下げる対策のこと、市民債の発行予定と内容のことについての質疑がなされました。
 次に、ただいま申し上げてまいりました多くの意見、質問及び要望を踏まえての総括質疑について申し上げます。
 国と地方を合わせた長期債務が平成19年度末には773兆円に達し、国は歳出削減をさらに徹底すると考えられ、当然地方交付税も削減されていく中での歳入歳出両面からの予算編成に関する質疑があり、このことについては、歳出においては行政効率化委員会の提案を尊重した経常経費等の削減等に積極的に取り組むことと、歳入においては企業立地の促進及び公金収納推進部の収納対策推進により税収等を確保すること、これによって歳入歳出規模を堅持していきたいとのことでありました。
 また、少子化対策に関連して第3子以降の子育て支援策に関する質疑があり、このことについては、これまでの国の少子化対策はどこまで効果があったのか疑問であり、少子化には歯どめがかかっておらず、国や県の子育て支援策を誘発するため、市民や保護者にわかりやすくインパクトの強い第3子以降子育て費の無料化を考えたものであり、議会の協力のもと推進していきたいとのことでありました。
 さらに、非正規雇用職員の賃金の現状と課題のこと、認定農業者に対する支援のこと、太田市土地開発公社の宅地分譲のこと、学童保育と放課後子どもプランのこと、教育再生会議の提言に係る本市の考え方のことなどについて質疑、要望がなされました。
 次に、討論につきましてご報告申し上げます。
 まず、学校給食への太田産ゴロピカリの全校導入や地元産農作物の利用拡大のこと、学童保育に取り組む姿勢と児童館の新規建設など評価すべき点も幾つかあるが、旧3町分の国保税の連続引き上げ、介護保険の制度改定に対応する減免制度が有効に機能していないこと、不要不急の公園整備や記念館、美術館の建設計画、コスト論優先による水道事業の業務委託等々、慎重かつ冷静な予算執行を求め反対であるとの討論がありました。
 これに対して、新年度予算は厳しい財政状況の中、バランスのとれた予算であるととらえており、その編成に当たっては、合併効果を市民満足度につなげる予算と位置づけ、5つの基本方針を定め、この方針に基づき財源の有効配分を行ったとのことから、予算の中に具体的な特徴が出ており、めり張りのある市民の目線に立った予算であると評価している。財政調整基金残高の減少、市債残高の増加を危惧するところではあるが、今後も市民の目線に立った行政運営を推進するとともに、行財政改革を着実に実行し、地方分権の時代にふさわしい自立できるまちづくり、元気なまちづくりを目指し、さらなる施策の展開を期待しており、予算特別委員会における委員の意見、要望等を今後の予算執行の中で確実に反映していただくことを要望し、賛成するとの討論がありました。
 議案ごとに挙手により採決を行った結果、議案第9号、議案第10号、議案第14号及び議案第17号の4議案については、それぞれ賛成多数により、また、議案第11号から第13号まで及び議案第15号、議案第16号並びに議案第18号の6議案については、それぞれ賛成全員により可決すべきものと決定いたしました。
 さらに、執行者におかれましては、本委員会における審査内容を今後の行政執行の中に積極的に生かしていただき、市民に夢と希望を与える市政運営を図っていただくよう、一層のご努力を要望いたします。
 以上、予算特別委員会の審査内容を申し上げましたが、よろしくご審議の上、ご賛同を賜りますようお願い申し上げまして、委員長報告といたします。

     ◎ 質 疑(終局)

○議長(荒井昭男) これより質疑に入ります。
 ただいまの委員長報告に対し、ご質疑ありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 別にご質疑もないようですから、以上で質疑を打ち切ります。

     ◎ 討     論

○議長(荒井昭男) 議事の都合により、議案第9号から第18号までの10議案についての討論は一括とし、採決は議案ごとといたします。
 それでは、討論に入ります。
 討論の通告がありますので、順次発言を許します。
 最初に、36番小林佐登子議員。
◆36番(小林佐登子) 日本共産党の小林佐登子です。議案第9号 平成19年度太田市一般会計予算、議案第10号 平成19年度太田市国民健康保険特別会計予算、議案第14号 平成19年度太田市介護保険特別会計予算、議案第17号 平成19年度太田市水道事業会計予算における主な問題点を指摘いたしまして、反対討論を行わせていただきます。
 まず初めに、一般会計予算ですが、歳入の市税では今年度対比で32億5,000万円の増収を見込んでいます。新年度は、政府・与党による今年度以上の地方財政破壊の自治体攻撃とも言える三位一体改革とそれに伴う税源移譲が実施されます。今年度、2006年度からの個人市民税の控除の縮小、廃止、定率減税の半減などにより既に大きな痛みを押しつけられている市民に、さらに定率減税の全廃によって、個人市民税では19億円余りの増収、すなわち増税を見込んでいることを指摘させていただきます。
 地方税法改定を受けてのものではありますけれども、市税は本市独自で決められるものであり、この間の政府による連続する増税、負担増を押しつけられてきた市民にさらに追い打ちをかけるような市民税増税は深刻かつ重大な問題であり、認められるものではありません。しかしながら、廃止される所得譲与税を含む地方譲与税、今年度より減収が見込まれる地方消費税交付金、地方特例交付金、地方交付税など、三位一体改革による税源移譲の影響を差し引いても、市税は今年度対比で実質9億6,000万円の増収が見込まれることになります。
 とりわけ法人市民税では、今年度対比で約8億4,000万円の増を見込んでいます。政府による庶民大増税と大企業減税の逆立ち税制のもとで、リストラを強めながらもうけをため込んでいる大企業に社会的責任を果たさせ、逆立ち税制を正せば、どれほどの税収を確保できるか、どれほど地方財政が健全化するかがうかがわれます。なお、法人市民税の増収分8億4,000万円と税源移譲の影響を差し引いても、個人市民税では本年度対比の実質で1億2,000万円の増収、すなわち増税となります。新年度予算は、こうした庶民増税によって増収となる市民税をどう市民に還元するのかが鋭く問われることになります。
 次に、歳出における評価できる点と問題点を指摘させていただきます。
 総務費では、法的に私学である英語教育特区校への補助金7億円余りを既に支出していますが、新年度は同校への市職員の派遣を中止することが既に発表されています。しかし、同校が名実ともに私学と広範な市民、県民から認められるためには、有償なら年額1,300万円相当となる市有地の無償貸し付けは直ちに改めることが急がれます。
 民生費では、今年度までの全国の他市町村に誇れる無認可保育園への市単独補助金に加えて、新年度では無認可保育園、幼稚園も含めて第2子以降の保育料軽減の実施が先日の総括質疑でも明らかにされています。また、市内4カ所の老人福祉センターでのNPOサポーターズ委託料も、昨年10月に群馬の最低賃金が時給654円に2円引き上げられたことを受け、本市でも2円引き上げ、時給655円とされましたが、依然として最低賃金より1円高いだけです。時給655円で1日8時間勤務、月に20日間働いても年間125万円ほどの収入にしかなりません。NPOサポーターズへの委託は、市職員の減員とあわせて行われているものですけれども、年間125万円の収入では、まさに働いても働いても貧困から抜け出せないワーキングプアの増加に本市が拍車をかけていることにもなってしまいます。
 次に、障害者福祉費では、今年度から施行された障害者自立支援法による1割の利用者負担に対する国、県の負担軽減制度の実施により、本市でも一定の予算支出が行われる見込みです。しかし、国、県の負担軽減策でも、一昨年までの支援費制度に比べると、やはり負担増となった人が残ります。こうした人たちの中で、とりわけ低所得者への本市独自の負担軽減の実施が強く求められるところです。
 衛生費では、合併後、高齢者向けの基本健診を医療機関での個別健診に移行したことで招いた受診率の低下を改善するための地域ごとの集団健診の再開も行われないことは、早期発見、早期治療による医療費の節減にも逆行するものと言えます。
 土木費では、優良建築物等整備事業補助金として5,700万円余りが計上されています。この対象となる再開発ビルの一部を本市が市営住宅として借り上げられることが既に発表されています。日本共産党は、市営住宅をふやすこと自体は反対しませんが、しかし、この再開発ビルを市営住宅として借り上げたとしても、家賃の定額化が図れるか懸念が残るところです。本当に住宅困窮者を支えるのなら、家賃の低額化が期待できる既にある民間賃貸住宅の借り上げこそ有効だと指摘をさせていただきます。
 さらに、教育費では、学校給食への太田産ゴロピカリの全校導入や地元農産物利用が拡大されたこと、尾島地区3校の学校給食をセンター方式から自校調理方式に切りかえる点は大いに評価できるところです。しかしながら、木崎小学校や同校の体育館の老朽化によるコンクリートの壁の亀裂、損傷による漏水、床のゆがみなどの改修は、今年度から体育館の改修が始まっているのみで、校舎の改修は2016年度以降の計画という状況です。
 本予算案は、日本共産党として積極的に評価できる施策も含まれておりますけれども、不要不急の大型開発型公共事業費も計上されていること、政府の相次ぐ増税、負担増から市民生活を守る有効かつ具体的な施策が不十分なこと、政府言いなりとも言える市民増税が行われたことも重大な問題として、あわせて指摘をさせていただきます。
 次に、国民健康保険特別会計予算ですが、この間の小泉内閣の構造改革によって痛みを押しつけられ続けてきた低所得の国保加入者にとって、何より求められる国保税や医療費の自己負担の減免は制度化されないままです。また、2006年度から2010年度までの5年間連続の旧3町の国保税値上げ計画が始まり、今年度に続く2年連続の国保税値上げを見込んでいること、国保税統一というのなら、高過ぎる旧太田の国保税こそ引き下げるべきでありながら、基金をふやしながら負担増だけを実行し、医療費節減に効果が期待できる施策を提案しても実施されないという重大な問題を残したままです。
 また、介護保険特別会計予算では、2005年10月から施行された介護保険法による負担増、昨年から市民税増税に伴う負担増に対して、高齢者と家族の負担を軽減するための施策の不十分さを指摘せざるを得ません。厚生労働大臣が自治体の減免には干渉しないと明言しているにもかかわらず、相変わらず厚生労働省は県を通じて自治体の独自減免に対する攻撃を続けている中で、それでも本市は制度発足当初からの減免は堅持をしておりますけれども、まだまだ抜本的な軽減にはなっていません。先日の総括質疑における減免の拡充について、もう1度拡充の方向で考え直すという市長答弁が早急に実現されることを強く要望するものです。しかし、食費、給食費の自己負担化による負担増、昨年度からの税制改定による市民税増税に伴う負担増という二重、三重の負担増に対する市独自の軽減措置が行われないままであることを強く指摘させていただきます。
 また、水道事業会計予算では、新年度からの水道事業の包括業務委託に伴うものとなっております。市民の命にかかわる水道水を、安全に安定的に継続して供給するという水道事業の性格を考えた場合、一民間業者が長期間継続して事業を続けることから、事実上の水道事業の民営化につながる大きな懸念をぬぐい切れません。これまで培ってきた水道事業にかかわるノウハウ、技術が水道局から民間業者に移行してしまうことにつながります。水道局職員による管理体制を維持するといっても、今後の水道局職員の減員計画も示されており、包括業務委託のもとでは一層強化が求められる水道局職員の管理体制の強化も、その保障は心もとないものとなります。市民の命と生活に直結する水道事業の包括業務委託を受けての本予算にはとても賛成できるものではありません。
 以上、2007年度一般会計、国保会計、介護保険会計、水道事業会計予算におけます重大かつ主要な問題点を指摘させていただきまして、反対討論を終わります。
○議長(荒井昭男) 次に、14番江原貞夫議員。
◆14番(江原貞夫) 新田クラブの江原貞夫です。議案第9号から第18号の10議案、すなわち平成19年度太田市各会計予算案につきまして、原案に賛成の立場で討論をさせていただきます。
 我が国の経済は企業部門の好調さが家計部門へ波及し、民間需要中心の回復が続くものと見込まれているものの、地方においては景気回復の実感は乏しく、市財政は依然として厳しい状況にあります。また、所得税から個人市民税への税源移譲が実施され、地方公共団体は自らの責任と判断で行政運営を行わなければならない重要な時期に直面しております。
 こうした中、提案された平成19年度予算は、一般会計が前年度比0.2%減の699億1,000万円となっておりますが、7つの特別会計、水道事業会計及び下水道事業等会計を合計すると、前年度比1.6%増の1,296億8,121万3,000円となっております。
 予算編成に当たっては、合併効果を市民満足度につなげる予算と位置づけ、5つの基本方針を定め、この方針に基づき限られた財源を有効的かつ効率的に配分したとのことであります。その結果として、今回の予算は厳しい財政状況の中ではありますが、市民の目線に立っためり張りのあるものであると評価するところであります。
 その理由としては、1点目には、市民満足度調査結果等の予算への反映であります。道路整備事業、消防防災事業及び義務教育経費への重点配分であり、特に市民生活に欠かせない道路維持経費の補修工事費の増額や狭あい道路整備事業の新設など、市民の声を予算に反映させたものであるとのことであります。
 2点目は、市民の安全安心事業への重点配分であります。特に小中学校校舎等の耐震、耐力度調査事業の実施、全国でも珍しい青色回転灯つきパトロール車の小中学校全校への配置、さらにはスクールバスの拡充など、児童生徒の安全確保に努めた予算であり、評価できるものであります。
 3点目は、国の交付金の積極的な活用であります。まちづくり交付金を有効活用し、平成18年度からの5カ年事業として実施する太田市中心市街地地区のまちづくり事業と地域住宅交付金を活用した市営住宅建設事業が予算化されており、将来の太田市を見据えた事業としての着実な推進を要望するところであります。
 また、ものづくり教育研究施設建設事業における群馬大学工学部生産システム工学科の誘致は、地場産業の振興はもとより、学生のまちとして、そして市民の交流の場として、中心市街地の活性化が図られることが期待されます。
 4点目は、収納対策の強化と企業誘致施策による自主財源の確保であります。市全体の公金滞納総額は約85億円にも上り、その対応は極めて重要であります。新たに公金収納推進部を設置するとのことであり、公平性と自主税財源の確保の面からも積極的な取り組みを期待するものであります。
 また、工業団地用地取得助成金については、企業誘致の促進はもちろんのこと、雇用の創出と安定した
自主財源の確保につながるものであり、大いに評価するところであります。
 反面、危惧する点もあることは事実であります。まず、財政調整基金からの繰り入れであります。今回の繰入額は26億8,300万円となっており、基金残高の減少を心配するところであります。言うまでもなく、財政調整基金は不測の事態に備える市の貯金であり、将来の財政運営を見据えながら適正な基金額の確保に努めるとともに、その取り崩しについては慎重な対応をお願いするものであります。
 次に、市債でありますが、予算書に示されている一般会計の平成19年度末市債残高見込み額は783億1,481万8,000円となっており、市債残高の増加が危惧されるところであります。財源確保の面から、合併特例債を含めた市債の発行に頼らざるを得ないところは理解できますが、真に必要な発行額にとどめ、本市の基本姿勢である償還元金を超えない市債の発行を堅持し、市債残高の縮減に努めることを強く要望するものであります。
 以上、評価できる点及び危惧する点を申し上げましたが、平成19年度各会計予算は全体的にめり張りがあり、厳しい財政状況の中、限られた財源を有効配分した調和のとれた予算であると評価するとともに、今後も市民の目線に立った行政運営を推進するとともに、行財政改革を着実に実行し、地方分権の時代にふさわしい自立できるまちづくり、元気なまちづくりを目指してのさらなる施策を展開されるよう求めるものであります。
 なお、執行者におかれましては、今回の予算審議を通じて出された多くの意見、要望等を今後も予算執行の中で確実に反映されることを強く要望し、平成19年度各会計予算に対する賛成討論とさせていただきます。

     ◎ 討 論 終 局

○議長(荒井昭男) 以上で通告による討論は終わりました。
 他に討論ありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 他に討論もないようですから、以上で討論を打ち切ります。

     ◎ 表     決

○議長(荒井昭男) これより採決いたします。
 最初に、議案第9号を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 多 数)
○議長(荒井昭男) 起立多数、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第10号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 多 数)
○議長(荒井昭男) 起立多数、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第11号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第12号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第13号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第14号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 多 数)
○議長(荒井昭男) 起立多数、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第15号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第16号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第17号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 多 数)
○議長(荒井昭男) 起立多数、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。
 次に、議案第18号の採決をいたします。
 本案を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は委員長報告のとおり決定いたしました。

     ◎ 委 員 長 報 告

                請 願 審 査 報 告 書
 本委員会に付託の事件を審査の結果、下記のとおり決定したから会議規則第136条の規定により報告します。
                                     平成19年2月28日
太田市議会議長
  荒 井 昭 男  様
                             教育福祉常任委員長  白 石 さと子
                       記
┌──────┬────────────────────┬─────────────┬────┐
│ 受理番号 │    件          名    │  請願者の住所・氏名  │審査結果│
├──────┼────────────────────┼─────────────┼────┤
│請願第25号│子どもの医療費助成制度の拡充を求めること│新日本婦人の会太田支部  │ 不採択 │
│      │について                │支部長 嶋津  洋子   │    │
└──────┴────────────────────┴─────────────┴────┘
○議長(荒井昭男) 次に、日程第9、請願第25号を議題といたします。
 本件は教育福祉委員会に付託いたしたものであります。
 審査報告書の朗読を省略し、直ちに白石さと子委員長から報告を求めます。
◎教育福祉委員長(白石さと子) ご指名によりまして、教育福祉委員会に付託されました請願第25号につきまして、審査の経過と結果についてご報告申し上げます。
 本委員会は、2月28日に委員全員及び執行者出席のもとに委員会を開催し、審査を行いました。
 請願の趣旨につきましては、今定例会初日に配付されました請願文書表のとおりでありますが、審査に当たり紹介議員から追加資料等による説明を受けた後、執行者からも本市の現状について説明を受け、慎重に審査を行ったものであります。
 委員から特に質疑、意見もなく、採択について挙手により採決を行った結果、挙手少数により不採択とすることに決定いたしました。
 以上、本委員会に付託されました請願第25号につきまして、審査の経過と結果をご報告申し上げましたが、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げまして、委員長報告といたします。

     ◎ 質 疑(終局)

○議長(荒井昭男) これより質疑に入ります。
 ただいまの委員長報告に対し、ご質疑ありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 別にご質疑もないようですから、以上で質疑を打ち切ります。

     ◎ 討 論(終局)

○議長(荒井昭男) これより討論に入ります。
 討論ありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 別に討論もないようですから、以上で討論を打ち切ります。

     ◎ 表     決

○議長(荒井昭男) これより採決いたします。
 本件を委員長報告のとおり決定することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 多 数)
○議長(荒井昭男) 起立多数、よって本件は委員長報告のとおり決定いたしました。

     ◎ 議 案 上 程

 議案第53号 平成18年度太田市一般会計補正予算(第6号)について
○議長(荒井昭男) 次に、日程第10、議案第53号を議題といたします。

     ◎ 提案理由の説明

○議長(荒井昭男) 朗読を省略し、直ちに理事者から提案理由の説明を求めます。
 竹吉総務部長。
◎総務部長(竹吉弘) 議案第53号 平成18年度太田市一般会計補正予算(第6号)について、提案理由のご説明を申し上げます。
 別冊の補正予算書の3ページをお願いいたします。第1条につきましては、債務負担行為の追加を行うものであります。内容につきましては、4ページの第1表をごらんいただければと思います。国営附帯県営農地防災事業(渡良瀬川中央地区2期地区)につきまして、平成19年度に予定していました工事の一部を前倒しして、平成18年度から着手するために債務負担行為を設定するものであります。これは、議案書送付以降、国における平成18年度補正予算の内示がありまして、それに対応するため予算措置を行うものであります。県におきましても、今2月定例会に議案を上程し、同様な対応を行うものであります。本事業の概要につきましては、平成14年度から平成20年度までの間での7カ年の継続事業でありまして、全体事業費が約42億5,000万円、主に宝泉遊水池及び排水路の整備を行うものであります。
 以上、平成18年度太田市一般会計補正予算(第6号)につきまして提案理由の説明を終わりますが、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願いを申し上げます。

     ◎ 休     憩

                                       午後0時3分休憩
○議長(荒井昭男) この際、暫時休憩いたします。

     ◎ 再     開

                                       午後0時4分再開
○議長(荒井昭男) 休憩前に引き続き会議を開きます。

     ◎ 質 疑(終局)

○議長(荒井昭男) これより質疑に入ります。
 ただいまの説明に対し、ご質疑ありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 別にご質疑もないようですから、以上で質疑を打ち切ります。

     ◎ 委員会付託の省略

○議長(荒井昭男) お諮りいたします。
 本案につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会への付託を省略いたしたいと思います。
 これにご異議ありませんか。
     (「異議なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) ご異議なしと認めます。
 よって、本案につきましては、委員会への付託を省略することに決定いたしました。

     ◎ 討 論(終局)

○議長(荒井昭男) これより討論に入ります。
 討論はありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 別に討論もないようですから、以上で討論を打ち切ります。

     ◎ 表     決

○議長(荒井昭男) これより採決いたします。
 本案を原案のとおり可決することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は原案のとおり可決されました。

     ◎ 議 案 上 程

 議案第54号 財産の取得について
○議長(荒井昭男) 次に、日程第11、議案第54号を議題といたします。

     ◎ 提案理由の説明

○議長(荒井昭男) 朗読を省略し、直ちに理事者から提案理由の説明を求めます。
 岡島教育部長。
◎教育部長(岡島幸雄) 議案第54号 財産の取得について、学校給食用食器の購入に係る契約締結につきまして提案理由のご説明を申し上げます。
 議案書その2の2ページをお開き願います。本案は、単独調理場方式の学校における給食用食器一式を購入するものであります。学校給食で使用しております樹脂製食器は、1,000回程度が安全的な使用回数とされております。学校給食は年間約200回実施しておりますので、約5年間が目安となります。現在の食器は平成14年度に購入し、平成18年度末で5年が経過いたしますので、更新するものであります。これにより、安心かつ安全な学校給食の提供及び食環境の整備が図られます。つきましては、この購入により財産取得が生じますので、本議会の承認をお願いするものでございます。
 それでは、議案の内容についてご説明を申し上げます。1の取得財産は、学校給食用食器一式、おわん、深皿、小皿の3種類でございます。2の取得目的でございますが、安心で安全な学校給食の実現のためであります。3の取得予定価格は、総額2,955万5,725円で、その内訳は、小学校分2,007万1,800円、中学校分919万9,575円、養護学校分28万4,350円であります。4の取得方法は指名競争入札です。5の契約の相手方は、群馬県高崎市中居町2丁目6番地2号、日本調理器株式会社群馬営業所所長関根実であります。
 取得財産の概要につきましては、議案書3ページの附属資料をごらんいただきたいと思います。給食用食器一式として、おわん、深皿、小皿の3種類であり、単独調理場方式の小学校21校、中学校12校、養護学校の合わせて34校に納入するものであります。購入数は1万7,670セット、履行期間は本年3月31日までであります。入札参加業者は記載のとおり14社であります。
 以上、議案第54号につきましてご説明申し上げましたが、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。

     ◎ 休     憩

                                       午後0時8分休憩
○議長(荒井昭男) この際、暫時休憩いたします。

     ◎ 再     開

                                       午後0時9分再開
○議長(荒井昭男) 休憩前に引き続き会議を開きます。

     ◎ 質 疑(終局)

○議長(荒井昭男) これより質疑に入ります。
 ただいまの説明に対し、ご質疑ありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 別にご質疑もないようですから、以上で質疑を打ち切ります。

     ◎ 委員会付託の省略

○議長(荒井昭男) お諮りいたします。
 本案につきましては、会議規則第37条第2項の規定により委員会への付託を省略いたしたいと思います。
 これにご異議ありませんか。
     (「異議なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) ご異議なしと認めます。
 よって、本案につきましては、委員会への付託を省略することに決定いたしました。

     ◎ 討 論(終局)

○議長(荒井昭男) これより討論に入ります。
 討論ありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 別に討論もないようですから、以上で討論を打ち切ります。

     ◎ 表     決

○議長(荒井昭男) これより採決いたします。
 本案を原案のとおり可決することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は原案のとおり可決されました。

     ◎ 議 案 上 程

 議案第55号 (仮称)ものづくり教育研究施設建築工事請負契約締結について
○議長(荒井昭男) 次に、日程第12、議案第55号を議題といたします。

     ◎ 提案理由の説明

○議長(荒井昭男) 朗読を省略し、直ちに理事者から提案理由の説明を求めます。
 小暮企画部長。
◎企画部長(小暮和好) 議案第55号 (仮称)ものづくり教育研究施設建築工事請負契約について提案理由のご説明を申し上げます。
 議案書その2の4ページをお開きいただきたいと思います。(仮称)ものづくり教育研究施設は、本市の産業基盤でありますものづくり産業の発展及び中心市街地の活性化を図り、高度な専門知識を有する教育研究機関、群馬大学工学部生産システム工学科を本施設の中に誘致し、産学官連携による地場産業に直決した共同研究開発や人材育成を推進することを目的として建設しようとするものでございます。なお、本案の上程に当たり、去る2月28日に条件つき一般競争入札を執行いたしたものであります。
 それでは、議案の内容につきましてご説明申し上げます。目的でございますが、(仮称)ものづくり教育研究施設の本体建築工事でございます。工事場所は太田市本町29番1地内で、契約方法は条件つき一般競争入札といたし、契約金額は税込み8億8,200万円で、契約の相手方は関東・石川・石橋特定建設工事共同企業体でございまして、代表企業は関東建設工業株式会社でございます。
 続きまして、5ページの附属資料につきましてご説明申し上げます。1の工事の概要でございますが、構造は鉄骨づくり地下1階、地上5階建て、規模は建築面積1,812平方メートル、延べ床面積は7,136平方メートルで、面積等それぞれの数値は建築基準法上の数値となっております。次に、2の工期でございますが、平成18、平成19年度の継続事業で着工予定日は議会議決の日の翌日、完成予定日は平成20年2月15日となっております。3のその他でございますが、条件つき一般競争入札参加者は記載のとおり7社でございます。
 次に、図面をごらんいただきたいと思います。まず、1ページの透視図のとおり、本施設は公園機能を生かした緑豊かな施設にする予定でございます。
 次に、資料の2ページ、3ページ、4ページでございますけれども、配置案内図、各階平面図につきましてご説明申し上げます。建物は、敷地内南東にL字型に配置し、周辺地域の日照に配慮し、敷地中央及び西側には交流広場あるいはゲートボール場等を設け、市民も利用できる施設に配慮いたしたものでございます。L字型建物の東に面する部分が大学院研究棟でございますが、地下1階から地上1階にかけては駐車場となっております。また、2階から5階に事務ステーションあるいは居室、開発研究室、実験室等を配置いたし、本市が期待する金型産業を中心とするものづくりに主眼を置いた高度な技術の研究、人材育成等に寄与いたすものでございます。L字型建物の南に面する部分が産学研究棟でございます。1階に機械工作室、市民ロビー、2階には市民交流室、3階に市民ワークショップ、市民テラス、産学共同研究室、4階に市民セミナー室、5階には各種計測室等を配置し、地元産業の技術振興及び研究開発に直結した事業ができるよう配慮いたしております。また、市民の講演会や市民講座、市民集会等の利用についても積極的に活用していただきたいと考えております。
 次に、5ページにつきましては、東西南北の立面図でございます。これまで構造を地下1階、地上5階建てとご説明申し上げてまいりましたが、資料のとおり、外観は地上4階建てでございますけれども、一部中2階があるため、建築基準法上では地下1階、地上5階建てとなっております。
 以上でございますが、よろしくご審議くださいまして、ご賛同賜りますようお願い申し上げます。

     ◎ 休     憩

                                      午後0時15分休憩
○議長(荒井昭男) この際、暫時休憩いたします。

     ◎ 再     開

                                      午後0時16分再開
○議長(荒井昭男) 休憩前に引き続き会議を開きます。

     ◎ 質     疑

○議長(荒井昭男) これより質疑に入ります。
 質疑の通告がありますので、発言を許します。
 20番井野文人議員。
◆20番(井野文人) 日本共産党の井野文人です。通告を受け付けていただきましたので、議案第55号 (仮称)ものづくり教育研究施設建築工事請負契約締結について議案質疑をさせていただきます。反対ということではなく、極めて短期間に国立大学の誘致が決まったということに関連しまして、確認の意味で何点か企画部長にお伺いしたいと思います。
 本件は、地方財政法の関係で全体の事業計画として出されております14億8,000万円で本市がキャンパス整備を行い、独立行政法人群馬大学が38年間という超長期ローン、平凡な言葉で言えば、そういう期間で家賃、地代、金利相当額を本市に対して支払うことになると聞いておりますが、その内容については、以前の質問のときも大学側と調整中とのことでありますので、内容がわかり次第公表していただくことにしまして、企画部長に何点か関連質問をさせていただきます。
 2月28日に実施されました条件つき一般競争入札、これは昨年12月末から全面導入されているわけですが、条件つきのその条件とは何か、具体的にあれば教えていただきたいと思います。
 2番目は、予定価格に対する落札率が非常に高く、指名競争入札時代くらいの水準かと思われます。97.78%になっています。また、本件に関して最低制限価格は設定されたかどうか、また事前公表されたかどうか、お伺いしたいと思います。また、あわせて落札業者以外の6グループの入札価格もわかれば教えていただきたいと思います。
 3番目に、前橋、伊勢崎、館林など、市外業者を含む7つのグループが入札に参加しておりますが、すべてのグループがJV、ジョイントベンチャー方式で参加しております。ちょっと奇怪な感じもしましたので、これは本市の側の意向なのか、特にJVに対して特定の条件を設定しているかどうか、お伺いしたいと思います。
 4番目に、今回の請負契約の範囲ですが、通常、学校などでも建物本体、電気設備、機械設備などは分離発注されているケースが多いわけですが、本件は特に大学の工学部の研究棟ということですので、試験研究用の機器の設置や更新、入れかえなどを考えますと、一般建物以上に電気、機械、設備などのフレキシビリティーが求められ、分離発注が必須だと思われますが、どのような形態をとっているのか、以上4点についてお伺いし、1回目の質疑といたします。
○議長(荒井昭男) 小暮企画部長。
◎企画部長(小暮和好) ご答弁申し上げます。まず、条件つき競争入札のことでございますが、本件の工事請負につきましては、地域の産業界から強い要望もあり、地域産業の発展の基礎となり得る教育や研究、人材育成を目指すものでございます。このことは、本地域の建設業界にとっても大きな活力となるため、また本工事が工期的にも1年未満という中、各建設企業の組織力と技術力を結集して取り組んでいただき、早期の完成を目指すためJVを条件として設定いたしたわけでございます。
 条件の内容は、本市に本社、支店等のある東毛地域の建築Aクラス企業のジョイントを条件といたしたものでございます。このことは、1社がすべてを請け負うことでなく、総力を挙げての取り組みにより建築産業界の活力を生み出すものと考えたものでございます。
 次に、予定価格の落札率は97.7%でありますが、これは設計段階から時間もタイトでありまして、コストにつきましても同様の他の建築物に比べるとかなり絞られた予定価格、設計金額となっており、妥当な落札率と考えております。最低価格につきましては、国のガイドラインは予定価格の85%から3分の2程度が望ましいとされておりますが、本市は入札審査委員会におきまして予定価格の66.7%と内規にて定めております。本工事は本体工事のみの発注でありまして、地域産業の活性化を図るためにも設備工事等は分離発注を行う予定でございます。3月28日に設備関係の工事を入札する予定となっております。
 以上でございますが、よろしくご理解賜りますようお願い申し上げます。
○議長(荒井昭男) 井野文人議員。
◆20番(井野文人) 再度、企画部長に関連で伺いたいと思います。初めに、12月補正で1億円が設計費、その他で計上されましたが、今回の建築工事費、答弁で本体工事ということでしたが、8億8,200万円です。総事業費は14億8,000万円と伺っておりますので、差し引き4億9,800万円、この約5億円が電気設備、機械設備、あるいはキャンパス内の外構工事、ゲートボール場や遊歩道も絵にかかれておりますが、そうしたものの整備費等を考えればよろしいのか、あるいは加えて東本町2号公園の整備まで含んでおるのか、1点目としてお伺いしたいと思います。
 2点目は、群馬大学の工学部生産システム工学科の誘致に当たり、以前の質問でも、地元産業界もそれにふさわしい支援をすべきではないかというお話をしましたが、10億円とか15億円規模の研究用機器の寄贈という話を仄聞しているわけですが、具体的にいつごろどんな形で行われるのか、また、この金額はいわゆるメーカー的に言えば標準価格なのか、メーカーネット価格なのか、そこら辺がわかればお示しいただきたいと思います。
 3番目は、そろそろ国立大学の合格者の発表時期だと思われますが、生産システム工学部の倍率が大変高いという市長答弁もございましたが、応募者数や合格者数がわかればお示しいただきたいと思います。また、私が特に関心を持っております夜間コースに社会人枠がございましたが、その結果、社会人枠で何人が合格して、地元の企業で働きながら学ぶ人が本当に選抜されているのかどうかということでお聞きしたいと思います。
 また、この4月からは、キャンパスが完成していませんから、群大の本校舎、荒牧キャンパスの方が中心になると思いますが、一部はこちらでと聞いておりますが、4月からの教育研究体制と1年後この建物が完成した後の教育体制、どういう教授や助教授がグループ分けして体制ができるのか、現在の時点でわかる範囲でお聞きしたいと思います。
 最後に、去る2月19日に群馬大学の学長と清水市長が商工会議所の会頭立ち合いのもとで調印されました群馬大学、太田市相互友好協力に関する包括協定というものが各議員にも文書報告されました。今後の構想についてどのようなお考えかをお伺いして、質疑を終わりたいと思います。
○議長(荒井昭男) 小暮企画部長。
◎企画部長(小暮和好) 2回目のご答弁を申し上げます。予算総額14億8,000万円のうち、工事費は14億4,000万円でありまして、この工事費は本体工事あるいは設備外構工事等を含めた工事費予算でありまして、都市公園のつけかえにつきましては事業担当課にお願いする予定でございます。
 地元や産業界の支援につきましては、地元商店街を中心とした支援協力会が設置されまして、図書販売や住宅のあっせん、あるいはお弁当等が販売される予定でございます。産業界の支援につきましては、群馬大学側から現在約10億円に上る研究機器のリストアップがなされまして、各企業やメーカーからも寄附の申し出がありまして、現在調整中でございます。また、太田商工会議所といたしましても、地域産業の振興に係る開発研究や人材育成のために独自の支援を検討していただいておるところでございます。
 群馬大学工学部生産システム工学科の入試状況及び職員体制でございますが、まず、昼間部、昼間の前期が応募者数は86名で合格者は23名、倍率が3.9倍となっております。また、高校からの推薦入学者は24名となっております。そして、後期につきましては、定員4名のところ応募者は82名ありまして、倍率は20.5倍で、試験日はこれから3月12日、そして3月22日が発表と聞いております。そして、夜間部の前期応募者数は53名でございまして、合格者は5名、倍率は17.7倍となっております。ご質問にもありました社会人枠、応募者数は19名で、合格者は15名でございます。そして、高校からの推薦入学者は13名が合格いたしております。後期の定員枠は4名で、応募者数は155名で、倍率は38.8倍となっております。また、教職員体制の関係でございますが、平成19年度につきましては、夜間部になりますけれども、常駐の教員が2名、常駐の助教授が2名、そして事務職2名体制と聞いております。平成20年度は教職員を含めまして28名程度の体制で臨みたいということで聞いてございます。いずれにいたしましても、群馬大学側も全国的に注目されている組織改編であったこと、教育の品質を高めるべく産学官連携を基軸にしておりまして、そのようなことを踏まえて今後も推進していく予定となっております。
 なお、最後の包括協定の具体的な構想でございますが、協定書の附帯事項に基づき、現在、群馬大学工学部で推進しております工学クラブの本市での推進、あるいは出前講座や市民を対象にした理科のおもしろ工学教室などを検討いたしておるところでございます。
 以上でございますが、このように産業界や大学、行政が一体となって連携いたし、産業技術の発展や人材育成に向けての一体感を持って推進いたしてまいりたいと思っておりますので、今後ともよろしくご指導を賜りながら、ご理解賜りますようお願い申し上げます。

     ◎ 質 疑 終 局

○議長(荒井昭男) 以上で通告による質疑は終わりました。
 他にご質疑ありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 他にご質疑もないようですから、以上で質疑を打ち切ります。

     ◎ 委員会付託の省略

○議長(荒井昭男) お諮りいたします。
 本案につきましては、会議規則第37条第2項の規定により委員会への付託を省略いたしたいと思います。
 これにご異議ありませんか。
     (「異議なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) ご異議なしと認めます。
 よって、本案につきましては、委員会への付託を省略することに決定いたしました。

     ◎ 討 論(終局)

○議長(荒井昭男) これより討論に入ります。
 討論ありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 別に討論もないようですから、以上で討論を打ち切ります。

     ◎ 表     決

○議長(荒井昭男) これより採決いたします。
 本案を原案のとおり可決することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は原案のとおり可決されました。

     ◎ 議 案 上 程

 議会議案第1号 太田市議会議員選挙に関する決議
○議長(荒井昭男) 日程第13、議会議案第1号を議題といたします。

     ◎ 提案理由の説明

○議長(荒井昭男) 朗読を省略し、直ちに提出者から提案理由の説明を求めます。
 64番稲葉征一議員。
◎64番(稲葉征一) 議会議案第1号 太田市議会議員選挙に関する決議について提案理由の説明を申し上げます。
 お手元の議案書をごらんいただきたいと思います。本案の提出者は、私、稲葉征一、賛成者は栗原忠男、川鍋栄、山田隆史、内田忠男、白石さと子、伊藤薫、楢原宏、田端卓男、河野博、本田一代及び佐藤孝夫であります。
 本案は、本年4月22日執行の太田市議会議員選挙に向け、太田市議会の総意として、正しい選挙活動の実践について決議を行うものであります。選挙が市民1人1人の自由な意思により公正かつ的確に執行されることは民主政治の基盤であり、住民にとって身近である地方自治体の選挙においては特に厳正な実施が求められております。これまでも、公職選挙法に基づく市条例において、選挙運動用自動車の使用及びポスターの作成に関しての公費負担が定められ、明るくきれいな選挙のための制度が実施されており、また、さらに選挙公報の発行など選挙制度の重要性にかんがみた制度の充実が行われております。こうした中、我々は、太田市民の代表者たるにふさわしく、法令の遵守はもとより、公職選挙法にのっとり正々堂々と選挙活動を実践しようとの決意を内外に示そうとするものであります。
 以上、本決議案につきまして提案理由の説明を申し上げましたが、よろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願いを申し上げます。

     ◎ 質 疑(終局)

○議長(荒井昭男) これより質疑に入ります。
 ただいまの説明に対し、ご質疑ありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 別にご質疑もないようですから、以上で質疑を打ち切ります。

     ◎ 委員会付託の省略

○議長(荒井昭男) お諮りいたします。
 本案につきましては、会議規則第37条第2項の規定により、委員会への付託を省略いたしたいと思います。
 これにご異議ありませんか。
     (「異議なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) ご異議なしと認めます。
 よって、本案につきましては、委員会への付託を省略することに決定いたしました。

     ◎ 討 論(終局)

○議長(荒井昭男) これより討論に入ります。
 討論ありませんか。
     (「なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) 別に討論もないようですから、以上で討論を打ち切ります。

     ◎ 表     決

○議長(荒井昭男) これより採決いたします。
 本案を原案のとおり可決することに賛成の方は起立願います。
     (起 立 全 員)
○議長(荒井昭男) 起立全員、よって本案は原案のとおり可決されました。

     ◎ 字句等の整理委任

○議長(荒井昭男) お諮りいたします。
 ただいま決議文が議決されましたが、字句、その他整理を要するものにつきましては、その整理を議長に委任されたいと思います。
 これにご異議ありませんか。
     (「異議なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) ご異議なしと認めます。
 よって、字句、その他の整理は議長に委任することに決定いたしました。

     ◎ 閉会中継続審査の件

              閉 会 中 継 続 審 査 申 出 書
 本委員会は、調査中の事件について下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したから、会議規則第103条の規定により申し出ます。
                                      平成19年3月8日
太田市議会議長
  荒 井 昭 男  様
                             市民経済常任委員長  松 永 綾 夫
                       記
1 事  件 請願第21号 行き詰ったWTOに代わる、食糧主権にもとづく貿易ルールと農業・食糧政策の確立を求めることについて
       請願第22号 「品目横断的経営安定対策」と米価下落対策にかかわることについて
       請願第23号 地域農林水産業活性化を図るための「地産地消自治体宣言」を求めることについて
2 理  由 なお検討を要するため

○議長(荒井昭男) 次に、日程第14、閉会中の継続審査の件を議題といたします。
 市民経済委員長から、目下、委員会において審査中の事件につき、会議規則第103条の規定によりお手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。
 お諮りいたします。
 委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) ご異議なしと認めます。
 よって委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決定いたしました。

     ◎ 特別委員会継続調査の件

              閉 会 中 継 続 調 査 申 出 書
 本委員会は、調査中の事件について下記により閉会中もなお継続審査を要するものと決定したから、会議規則第103条の規定により申し出ます。
                                      平成19年3月8日
太田市議会議長
  荒 井 昭 男  様
                         駅周辺整備等調査特別委員長  小 俣 雄 治
                       記
1 事  件 太田駅周辺の市街地周辺整備事業及び連続立体交差事業並びに市内各駅の周辺整備等に係る諸政策について調査研究し、その有機的かつ総合的な施策に資することについて
2 理  由 なお継続調査を要するため

○議長(荒井昭男) 次に、日程第15、特別委員会継続調査の件を議題といたします。
 駅周辺整備等調査特別委員長から、目下、委員会において調査中の事件につき、会議規則第103条の規定によりお手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。
 お諮りいたします。
 委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) ご異議なしと認めます。
 よって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決定いたしました。

     ◎ 特定事件の閉会中継続調査の付託

            閉 会 中 継 続 調 査 申 出 一 覧 表
┌─────────┬───────────────────────────────────┐
│ 委 員 会 名 │         件               名         │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│ 議会運営委員会 │ 1 議会の運営に関する事項について                 │
│         │ 2 議会の会議規則、委員会に関する条例等に関する事項について    │
│         │ 3 議長の諮問に関する事項について                 │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│ 総務企画委員会 │ 1 市行政の総合企画のことについて                 │
│         │ 2 行政改革の推進のことについて                  │
│         │ 3 行財政運営と市有財産管理のことについて             │
│         │ 4 市税等の適正な課税と収納のことについて             │
│         │ 5 各総合支所との連携と地域コミュニティのことについて       │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│ 教育福祉委員会 │ 1 高齢者福祉と介護保険のことについて               │
│         │ 2 障がい者福祉と国民健康保険、保健福祉のことについて       │
│         │ 3 学習環境の整備と教育施設のことについて             │
│         │ 4 青少年の健全育成と児童福祉のことについて            │
│         │ 5 文化財の保全活用と生涯学習のことについて            │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│ 市民経済委員会 │ 1 住民サービスの向上と市民生活の支援・相談のことについて     │
│         │ 2 防犯・防災対策と公共交通体系のことについて           │
│         │ 3 文化、スポーツ及び芸術施策のことについて            │
│         │ 4 農業施策と環境整備のことについて                │
│         │ 5 商業・観光施策並びに工業・労政施策のことについて        │
│         │ 6 環境の保全と衛生施設の設備、維持管理のことについて       │
│         │ 7 下水道の整備、維持管理のことについて              │
│         │ 8 消防・救急体制のことについて                  │
├─────────┼───────────────────────────────────┤
│ 都市建設委員会 │ 1 都市計画の策定と区画整理等の基盤整備のことについて       │
│         │ 2 道路、住宅の整備、維持管理並びに公園整備のことについて     │
│         │ 3 公有地の拡大と取得のことについて                │
│         │ 4 公園及び施設の維持管理のことについて              │
│         │ 5 水道事業のことについて                     │
└─────────┴───────────────────────────────────┘
○議長(荒井昭男) 次に、日程第16、特定事件の閉会中の継続調査の付託を議題といたします。
 議会運営委員長及び各常任委員長から、目下、委員会において調査中の事件につき、会議規則第103条の規定によりお手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。
 お諮りいたします。
 各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することにご異議ありませんか。
     (「異議なし」の声あり)
○議長(荒井昭男) ご異議なしと認めます。
 よって各委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決定いたしました。

     ◎ 議長あいさつ

○議長(荒井昭男) 閉会に当たり、ごあいさつを申し上げます。
 本3月定例会は先月15日に初日を迎え、以降本日までの23日間にわたり開催されました。この間、皆様には平成19年度当初予算を初めとする数多くの重要案件を本会議及び委員会において熱心にご審議いただき、本日ここに無事閉会の運びとなった次第でございます。ここで、議長として議員各位の多大なるご協力と執行者各位のご努力に対しまして、深く敬意を表したいと存じます。
 ご案内のように、本定例会は来月に我々市議会議員の選挙を控えるという大変慌ただしい中での開催となりましたが、総括質疑を初め予算あるいは条例等のご審議を通じ、議員各位から慎重な意見、提言をいただきました。そこで、執行者の皆さんへのお願いでありますが、本定例会において成立を見ました議案等につきましては、議会における意見や要望を十分に尊重いただき、これからの市政運営に反映されますとともに、今後より一層のご努力を期待するものであります。
 在任期間によります任期も残すところあと半月となりましたが、この2年間我々市議会では、全議員が一致協力のもと本市のさらなる発展に向け全力を持って取り組んでまいりました。この間、執行者各位には絶大なるご支援をいただいたところでありまして、厚く感謝申し上げます。そして、この3月末をもって退職される執行者の皆様におかれましては、長年にわたり市政の発展のために絶大なるご尽力をいただいたところでありまして、これまでのご労苦、その輝かしいご功績に対し市議会を代表して深甚なる謝意を表す次第でございます。
 結びに、議員及び執行者各位、今後ますますのご活躍とご健勝をご祈念申し上げまして、閉会のごあいさつとさせていただきます。まことにありがとうございました。

     ◎ 市長あいさつ

○議長(荒井昭男) 続きまして、市長からごあいさつがあります。
 清水市長。
◎市長(清水聖義) 3月定例会の閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。
 去る2月15日から本日までの23日間、大変長い間審議をいただきました。平成19年度の一般会計、各特別会計、水道事業会計及び下水道事業等会計、多くの議案について慎重かつ熱心にご審議をいただきまして、可決をいただきました。本当にありがとうございました。
 税制が変わり、税のフラット化、いわゆる所得税から住民税への移行、地方の自立、地方の考え方を尊重するというような地方自治の体制に変わりつつあります。いろいろなまちが経営難で非常に大変な状況でありますが、我々は議員の皆さん方と一緒に、太田のまちはそういうことのないような体制で経営をしていけるまちにしていきたいと考えております。
 合併してもう2年目が過ぎようとしています。特に議員の皆さん方には大変お世話になり、いろいろな問題点がありながらも、各まちの特徴を生かした新生太田市をつくっていこうという一致団結した気持ちの中で新太田市が発足しました。そしてまた、2年前に私も初代の市長として推挙を受けて、2年間皆さん方と仕事をやらせていただいてきました。今思い出すと、いろいろなものが頭の中によぎっております。
 特例期間ということで、73名の議員の皆さん方と仕事をやれたことも大変に思い出に残ることであります。在任特例ということで、残念ながら今月の末で議員の任期も終わるわけでありますけれども、これは本当にありきたりの言葉でありますけれども、ぜひ今後とも太田市の長い将来をみんなで見守り、みんなで結束して育てていけるような環境づくりを、執行者も議員の皆さん方もやっていくことが一番だと思っています。
 中でも、引退をされる議員の皆さん方もいるわけであります。お世話になりましたけれども、今後とも市政を本当に温かく見詰めていただき、アドバイスをいただければ大変ありがたいと思います。また、今度の市議会の選挙で戦われる議員さんたちもおるわけであります。戦いはやはりなかなか厳しいものがあります。1人1人勝ち上がるというのは多くの力と情熱を要するわけでありますが、ぜひ十分に戦って、次に来るときはこの議場も大きな変わり方をしていると思いますが、またぜひその席に着いていただいて、お互いに議論を戦わせていけるような環境になればと、ぜひ頑張ってほしいと心から思っております。
 終わりになりますけれども、新生太田市2年、まだ本当によちよち歩きであります。皆さん方と一緒にいいまちをつくる。今年度の予算もその方向で決められたわけでありますけれども、執行者としても皆さん方のいろいろな意見を十分にしんしゃくをしながら、経営努力をしてまいることをお約束し、皆さん方のご健勝を心からお祈り申し上げまして、ごあいさつにさせていただきます。本当にありがとうございました。

     ◎ 閉     会

○議長(荒井昭男) 以上をもちまして今定例会の議事すべてを終了いたしましたので、これをもって閉会いたします。
                                      午後0時46分閉会



      地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。


        太田市議会議長    荒   井   昭   男


        太田市議会副議長   小   林   邦   男


        太田市議会議員    武   藤       泰


        太田市議会議員    半   田       栄