議事ロックス -地方議会議事録検索-


群馬県 桐生市

平成20年  6月定例会 一般質問通告一覧表 一般質問通告一覧表




平成20年  6月定例会 一般質問通告一覧表 − 一般質問通告一覧表










一 般 質 問 通 告 一 覧 表







※議員1人の持ち時間は、質問・答弁を含めて40分以内
※質問・答弁方式は、A 一括質問・一括答弁方式
              B 一括質問・一括答弁方式と一問一答方式の併用(一問一答の質問項目番号に○)
              C 一問一答方式







順序
議 席 番 号
議 員 氏 名
方           式
答 弁 を
求める者


件     名
質 問 項 目
要           旨



   9番
  田 島 忠 一
   C     方     式
 


1 公民館の運
  営について





2 桐生市で所
  有している
  車両につい
  て









3 滞納対策に
  ついて
1 公民館の現状

2 公民館の運営方法

3 公民館併設出張所
  について

1 管理運行している
  車両の現状につい
  て

2 車両の管理体制に
  ついて

3 定期点検と車検に
  ついて

4 使用済み車両につ
  いて

1 滞納者に対する差
  し押えについて

2 差し押え物件の処
  分について

3 インターネット公
  売について
(質問項目と同じ)
市  長
副 市 長
教 育 長
部  長



  26番
  細 谷 昌 弘
   C     方     式
 


1 特養の新設
  について







2 桐生市の治
  山治水につ
  いて



3 歴史(文化)
  遺産の活用
  について 
1 特養の歴史につい
  て

2 各施設の現状と見
  通しについて

3 開設、運営につい
  て

1 桐生市の森林整備
  について

2 桐生川・渡良瀬川
  について

1 七福神めぐり、民
  話と山岳信仰につ
  いて
・いつ始まった制度なのか、又現有施設の
 変遷と新設の経緯、所在地と数

・入居者数、待機者数、今後の見通し


・必要条件と問題点(現在と将来)


・桐生市の森林整備について


・橋の修理と川の清掃について


・観光資源としてどの様に宣伝しているの
 か、又来訪者数は把握しているのか
市  長
部  長



   3番
  小野田 淳 二
   C     方     式
 


1 市政に功労
  のあった方
  々への処遇




2 桐生が岡遊
  園地




3 市税
1 市が行っている顕
  彰・表彰について

2 名誉市民について



1 駐車場問題につい
  て

2 物産展の開催につ
  いて

1 固定資産税につい
  て
・種類は
・基準は

・条例に規定された「礼遇」の具体的内容
 は
・称号贈呈に対する市長の考え方

・駐車場の現況について
・学校校庭の活用について

・集客力の見込める施設における物産販売
 について

・地区ごとの調査対象件数について
・今後の調査予定について
・是正案件への対処方針について
市  長
部  長



  19番
  周 東 照 二
   C     方     式
 


1 下水道など
  による環境
  保全


2 広報広聴




3 都市基盤の
  整備
1 汚水処理計画の見
  直しについて



1 広報きりゅうにつ
  いて



1 都市公園などの公
  衆トイレについて
・計画見直しの経緯と新汚水処理計画の概
 要について
・新しい汚水処理計画の今後の進め方につ
 いて

・月1回とした経緯と効果、市民の反応に
 ついて
・広告掲載と紙面構成や文字の大きさにつ
 いて

・公園内の公衆トイレ設置の基本方針と水
 洗化改修の方針について
・鷹ノ巣1号公園のトイレ改修後の管理と
 今後の公園のトイレ水洗化改修予定につ
 いて
市  長
部  長
支 所 長



  12番
  近 藤 健 司
   A     方     式
 


1 行財政改革



2 産業振興


3 教育
1 20年度残業・休
  日出勤手当


1 企業の動向調査


1 教育施設の耐震改
  修




2 学校給食




3 公民館の運営方式
・過去との比較について
・人件費削減の基本的な考え方と手段方策
 について

・企業訪問専門の職員配置に対する考え方
 について

・政府の動向の詳細及び財政的な裏付けな
 らびに他の自治体の動向について
・小中学校・公民館・幼稚園・共同調理場
 の耐震工事の前倒し変更についての教育
 委員会の考え方について

・給食献立の複数献立の基本的な考え方
 (桐生地域5献立の必要性と根拠)
・物価高騰と給食費の影響ならびに栄養価
 の問題について

・曜日別、時間帯別の利用頻度について
・社会教育主事の育成ならびに運営の自治
 会委託化への考え方について 
市  長
副 市 長
教 育 長
部  長



  27番
  小 滝 芳 江
   C     方     式
 


1 地球温暖化
  防止の観点
  からのごみ
  減量につい
  て


2 非正規職員
  について




3 桐生市の財
  政について
1 生ごみの分別収集
  について


2 資源ごみのコンテ
  ナ収集について

1 非正規職員の現況
  について

2 非正規職員の今後
  の待遇について

1 市民の「第二の夕
  張市」になる心配
  を払拭することに
  ついて

2 ガソリン税の暫定
  税率廃止の影響に
  ついて
・境野水処理センターの利用について
・ごみ減量化推進協議会の議論について
・生ごみの総量について

・資源ごみの収集、処理方法について
・コンテナ収集の考え方について

(以下質問項目と同じ)
市  長
部  長



  10番
  星 野 定 利
   C     方     式
 


1 桐生市の活
  性化につい
  て
1 昼休み1時間のア
  ンケートはとるの
  か

2 市長の清掃旗振り
  はあるのか


3 職員の隣接市実習
  をやる気があるか

4 桐生が岡動物園有
  料化アンケートは
  とるのか

5 空き店舗対策はあ
  るのか


6 市の教育の現状と
  将来像

7 厚生病院について

8 産官学連携につい
  て
・近隣商店街の経済効果と職員の活性化の
 ために


・清掃と躾は一流の条件
  市長が変われば市と市職員が変わる。
  市職員が変われば市民も変わる

・“井の中の蛙”比べなければ進歩なし
  活性化の原点(行政視察しかり)

・桐生市民は全員無料、75%の市外県外
 者の大人だけ僅かの有料。それでも反対
 か

・このままでは商店街が危ない。協働型参
 画社会で何とかならないか。支援・協力
 求む

・地域住民の応援で三位一体の教育を
  コミュニティースクールの検討は

・市長の英断で医師の待遇改善を

・産学官推進室は市の活性化のため群大工
 学部の人的パワーを如何に考えるか
市  長
副 市 長
教 育 長
部  長



  31番
  西 牧 秀 乗
   C     方     式
 


1 総務








2 教育











3 支所


4 都市整備 
1 国旗の取扱いにつ
  いて

2 職員研修について



3 各種委員について

1 国旗の取扱いにつ
  いて


2 学校評議員につい
  て



3 家庭教育支援チー
  ムについて

1 支所の再利用につ
  いて

1 動物園について 
・本市の行事においてどのような状況なの
 か

・自治大学校に、今までどのくらいの人が
 行き、ここ近年ではいつ、何人くらい行
 ったのか

・各種委員の実情について

・学校における取扱いや行事ではどのよう
 になっているのか。又学習指導要領に伴
 いどのように教員に指導しているのか

・各学校の評議員の現状はどのような人が
 なっているのか。任命が学校長であるが、
 その学校を評価する人が評価される人の
 任命で厳しく評価できるのか

・モデル事業に対してどのように対応した
 のか

・黒保根支所の再利用と産業誘致について


・動物園の運営について 
市  長
副 市 長
教 育 長
部  長



  21番
  岡 部 純 朗
   A     方     式
 


1 都市整備


2 総合政策
1 新両国橋開通後の
  整備について

1 清流中学校開設後
  の跡利用について

2 合併問題について
・境野町側、菱町側の取付け道路拡幅工事
 予定の位置付け順位について

・北中学校、菱中学校及び旧女子高校など
 の跡について当局の今後の方針は

・桐生・みどり市連携・交流事業状況につ
 いて、どのような成果があるか
・現在(仮称)桐生西消防署を建設してい
 るが、みどり市長から名称の件で要望が
 あったか
・人材交流を含めた水質検査を実施してい
 るが、応分の負担についての問題はない
 か
・税務・建設部門では何を主体作業として
 いるのか
・みどり市の議員・市民からの発言につい
 て
・清掃センター、し尿処理施設、斎場など、
 迷惑施設の広域行政時の負担について
・各種団体から出ている合併要望について
市  長
副 市 長
部  長
局  長
消 防 長


10
  15番
  井 田 泰 彦
   C     方     式
 


1 農業振興


























2 地産地消・
  PR










3 水道
1 農業従事者の推移

2 農家戸数の別

3 有機農法の推進に
  関する法律につい
  て

4 環境保全型農業、
  有機農法支援につ
  いて

5 有機栽培農産物に
  よるブランド戦略

6 遊休農地活用

7 認定農業者制度に
  ついて

8 農業法人等の設立
  について


9 農業委員会の役割
  について

1 特産物のPRにつ
  いて

2 市内小売店に対す
  る地産地消の推進
  の働きかけについ
  て

3 新里町農産物直売
  所・農産物直売所
  やまびこの状況

1 塩素で死滅しない
  原虫類対策
・農業従事者の推移

・専業、兼業第1、2種、自給的の別

・法律、基本的な方針の概要



・市としてどの様な支援を考えるか



・有機農法支援によるブランド創設


・農地貸出しや就農体験の場として

・概要、市内各3地区での認定農業者数


・新規就農の推進、担い手育成、ブランド
 強化などの観点から行政として何らかの
 支援をする考えはあるか

・どの様な事をしているのか


・どの様な取組みをしているか


・何か取組んでいるか




・運営方法、利用者数の推移、売上高、ア
 ンテナショップとしての役割


・クリプトスポリジウム、ジアルジア等そ
 れぞれの施設でどの様に対策しているか
市  長
副 市 長
部  長
局  長
支 所 長


11
   4番
  福 田 光 雄
   A     方     式
 


1 自然観察の
  森について

















2 川内南小学
  校付近の道
  路整備につ
  いて






3 国・県の出
  先機関につ
  いて





4 ごみとリサ
  イクルと産
  業廃棄物に
  ついて















5 市民に分か
  り易い市役
  所へ
1 近年の入園者の推
  移やネイチャーセ
  ンターの入館者数

2 自然観察会や展示
  会などの開催状況

3 自然観察の森の運
  営委員会の状況

4 ボランティアの人
  数やその問題点な
  ど

5 自然観察の森を学
  校が活用すること
  に対しての教育委
  員会としての考え

1 川内南小学校西門
  に向かって左北方
  向の歩道の拡幅に
  ついて

2 ガソリンスタンド
  付近と商店がある
  交差点の整備につ
  いて

1 桐生市にある国や
  県の出先機関の実
  情について

2 繊維工業試験場が
  桐生にあるという
  ことの意味

1 食品などの廃棄物
  の桐生市の現況

2 家電4品目や不法
  投棄の現況と問題
  点

3 家庭用パソコンの
  リサイクルの本市
  の状況

4 大量ごみなどの保
  管などの現況を把
  握しているか

5 不法投棄に対する
  当局の対応や改革
  について

1 7階から1階に子
  育て支援課その他
  が移動したが今ま
  でと比較して利用
  者の評判はどう
  か。又税の証明コ
  ーナーやフロアー
  スタッフの状況は
  どうか
(質問項目と同じ)
市  長
教 育 長
部  長


12
   5番
  庭 山 由 紀
   C     方     式
 


1 中央中学校
  の教育環境
  と昭和小学
  校への配慮











2 子育て日本
  一を目指し
  ている成果
  と課題








3 情報公開に
  ついて





4 補助金につ
  いて
1 校外での部活動に
  ついて

2 3月議会の答弁と
  現状の違い

3 水泳を授業に取り
  入れる意義につい
  て

4 教育委員会に寄せ
  られている期待と
  信頼の認識につい
  て

1 市長就任1年で行
  った子育て支援政
  策とその成果

2 子育て世代を桐生
  に呼び込むための
  問題点と課題

3 具体的施策につい
  て


1 情報公開制度をめ
  ぐる「公文書」の
  定義

2 行政文書の作成に
  関わる確認

1 補助金の見直しに
  ついて

2 補助金の監査につ
  いて 
・校外での部活動の状況


・校外での部活動の検討はいつから行われ
 ていたか

・統合前まで行われていた水泳の授業が統
 合後できなくなったことについて


・すばらしい中学校を作るということで中
 学校を閉校した地域・保護者と教育委員
 会を信じてゲタを預けた地域・保護者へ
 の対応について

・どれだけの子育て世代が桐生に移住した
 か


・近隣のマンモス学校地域との比較



・特に若い世代がどのようなまちに魅力を
 持ち、移住するきっかけとなりうると考
 えているか。具体的施策について

・「公文書」とは何か。情報公開制度の目
 的と「公文書」の範囲について


・行政文書の管理方策に関するガイドライ
 ンについて

・自治体が補助金を支給する目的、補助の
 基準、補助金の継続年数などについて

・監査の目的と役割。領収書を添付しない
 団体監査報告への疑問 
市  長
副 市 長
教 育 長
部  長


13
   2番
  森 山 享 大
   C     方     式
 


1 子育て支援


2 教育


3 環境


4 財源確保


5 企画
1 放課後児童クラブ


1 幼保小連携


1 CO2ダイエット
  宣言

1 ネーミングライツ
  及び広告掲載事業

1 オリジナルマスコ
  ット作成 
・市内放課後児童クラブの保育料及び保育
 時間などの格差について

・「小1プロブレム」に対する桐生市の考
 え方及び対応策について

・市ホームページ掲載後の市民からの反響
 と今後の取組みについて

・市広告掲載等調整委員会での検討結果及
 び進捗状況について

・桐生市オリジナルマスコットの有用性に
 ついて 
市  長
副 市 長
教 育 長
部  長


14
  16番
  相 沢 崇 文
   A     方     式
 


1 市長のマニ
  フェストに
  ついて

2 産学官


3 市の外郭団
  体
1 みどり市との合併
  について


1 北関東産官学研究
  会について

1 市出資の外郭団体
  の統合について
(質問項目と同じ)
市  長
副 市 長
部  長


15
  30番
  石 井 秀 子
   B     方     式
 


1 健診・保健
  指導












2 成人保健事
  業






3 健康づくり





4 行政改革








5 省エネルギ
  ー
? 特定健診・保健指
  導

2 40歳未満の方々
  に対する健診・保
  健指導のあり方

? 地域支援事業
  (65歳から74
  歳)

? 後期高齢者
  (75歳以上)

1 検診以外の成人保
  健事業




? 大腸がん検診

1 公共・教育施設の
  健康的な職場環境
  づくり、受動喫煙
  防止について


1 公の施設の管理運
  営




? 人材の効率のよい
  活用

? 庁内の取組み

2 取組みから視える
  課題
・進捗状況


・健診内容と保健指導
・生活習慣病予防の普及啓発による予防の
 取組み

・実施状況



・健診内容とQOL確保の健康相談・指導
 の機会を提供できる体制の確保

・取組みと望める効果
・参加への働きかけ
・会場に行けない在宅者への取組み
・訪問事業
    (  部分質問中C方式に変更あり)

・容器配布

・受動喫煙対策の取組み
・職員の喫煙状況
・勤務時間内における喫煙時間
・喫煙の時間帯の設定
・非喫煙者の意見の尊重

・状況
・アウトソーシングによる効果額
・アウトソーシングによる職員数の削減効
 果
・アウトソーシングの進展の考え

・ガソリン高騰により職員の市内移動の効
 率化に向けての取組み

・状況

・取組みによる期待される効果
・本格的に取組むための効果的な配電につ
 いて
・時間外勤務の節電
・時間外勤務の各課、各係のアンバランス
・人材配置と配置数の見直しへの取組み
市  長
部  長


16
   6番
  笹 井 重 俊
   C     方     式
 


1 国民健康保
  険について












2 おりひめバ
  スについて








3 学校耐震化
  について
1 国保会計について



2 国庫支出金引上げ
  と一般会計からの
  繰入れについて



3 市民の現状を市は
  掴んでいるのか


1 運行実績


2 意見の集約



3 見直し


1 耐震化の状況



2 促進法が成立、活
  用を
・後期高齢者医療制度により75歳以上国
 保脱退、収納率低下懸念、収納率下がる
 と調整交付金減額される

・収納欠損を市債や繰上充当で手当、借金
 のツケは後年の保険税値上げ、負担ばか
 り求めれば国保は崩壊する。国保を守る
 ためには、国庫負担率引上げを求めると
 ともに一般会計からの繰入れも必要

・滞納多い世代・階層をつかんでいるか
・資格証明書/短期証の現況と推移、資格
 証明書で受診した事例は

・4月以降の乗客数や運賃収入、パスポー
 ト券発行状況などは

・アンケートなど市民の意見の集約結果は
・アンケートを実施する広報を広く行わな
 かったのはなぜか

・検討は誰がどのように行うか
・市民の参加を求めるべき

・大震災多発、こどもの生命を守ると共に
 住民避難場所として学校施設重要。学校
 施設耐震化の進捗状況は

・地震防災対策特別措置法の一部改正が今
 国会成立予定、国庫補助引上げられる。
 制度積極的活用し、前倒しで耐震化を進
 めるべき
市  長
部  長


17
  13番
  荒 木 恵 司
   A     方     式
 


1 教育





2 観光



3 環境
1 市長部局との横断
  的連携について

2 家庭教育の支援に
  ついて

1 桐生駅開発につい
  て


1 循環型社会の構築
  について
・市長部局との横断的連携について


・家庭教育の支援について


・駅構内の活性化について
・駅を核にした観光ビジョンについて
・駅からハイキングについて

・菜の花エコプロジェクトについて
市  長
副 市 長
教 育 長
部  長


18
  17番
  周 藤 雅 彦
   C     方     式
 


1 行財政改革











2 厚生病院





3 子育て支援
  と環境整備
1 機構改革の目的と
  成果

2 行財政改革方針に
  ついての考え方

3 亀山市長による行
  財政改革方針

4 行革についての説
  明責任

1 公立病院改革ガイ
  ドラインについて

2 群馬県地域医療計
  画への対応

1 「子育て都市桐生
  の実現」の進捗状
  況

2 子育て支援のため
  の組織づくり

3 保育園への第三者
  評価制度の導入

4 移譲園への対応
・目的と成果


・改革方針についての市長の考え方


・市長による改革方針


・市民への説明責任


・ガイドライン(指針)への対応と考え方


・県地域医療計画への対応と国への対応


・子育て都市桐生の実現の進捗状況



・部・課の設置


・移譲時の確認事項の確認


・移譲後の園への対応
市  長
部  長


19
  11番
  福 島 賢 一
   C     方     式
 


1 運動公園市
  道桜並木、
  歩行者天国
  実施に伴う
  地域力創出
  について





2 桐生が岡動
  物園、今後
  の運営の在
  り方につい
  て




3 おりひめバ
  ス新規路線
  の反応につ
  いて













4 桐生市街地
  内一部道路
  網の再編に
  ついて
1 地域力の創出にあ
  たり地域の盛り上
  りを待つのか、行
  政主導で行うのか

2 市内全域に存在す
  る隠れた魅力の発
  掘について行政と
  しての取組みにつ
  いて

1 桐生が岡動物園は
  現行スタイルで運
  営してゆくのか

2 現在地での継続運
  営か、他の場所へ
  の移転は考えてい
  ないのか

1 路線変更後の運行
  開始から現在に至
  るまでの乗車利用
  状況について

2 アンケート調査の
  調査項目内容につ
  いて

3 アンケート調査並
  びに利用者の意見
  を参考に見直しを
  行う場合、再度、
  公共交通を基本と
  したルート設定な
  のか

1 本一、本二地域伝
  建群指定に向けた
  都市計画道路本町
  線との兼合い

2 本一、本二地域内、
  都市計画道路の廃
  止について

3 県道(桐生・田沼
  線、桐生・伊勢崎
  線など)の一部市
  道振替えと中通り
  線の県道昇格につ
  いて
(質問項目と同じ)
市  長
副 市 長
部  長


20
  20番
  寺 口 正 宣
   C     方     式
 


1 固定資産税








2 市有施設







3 市民提案







4 未来対策
1 コンビニ納税の開
  始について

2 徴税の公平性につ
  いて

3 減免の適正執行に
  ついて

1 学校耐震の早期実
  施について

2 原油価格高騰の市
  有施設への財政的
  影響と対策につい
  て

1 おりひめバスアン
  ケートの集約と反
  映について

2 長寿センターでの
  高齢者無料入浴券
  利用状況について

1 3地区の幼児数に
  ついて 
(質問項目と同じ)
市  長
教 育 長
部  長


21
  23番
  関 根 幸 夫
   C     方     式
 


1 企業誘致に
  ついて


2 道路改良に
  ついて


3 受託事業に
  ついて
1 現状と取組みにつ
  いて


1 新里支所前交差点
  梨木・香林線の改
  良について

1 現状と課題につい
  て
・上赤坂の工業団地の現状について
・芝工業団地周辺の整備促進について
・武井工業団地西地区の現状について

・渋滞緩和対策について
・新里方面団第1分団詰所の移転について


・消防について
・斎場について
・し尿処理について
・清掃センターについて 
市  長
部  長
支 所 長


22
  18番
  河原井   始
   A     方     式
 


1 農業・林業



2 財政








3 税務




4 補助金施設
  (中学校・
  幼稚園)
1 食料自給率の向上



1 自治体財政健全化
  法







1 マルチペイメント
  ネットワークサー
  ビス


1 補助金等適正化中
  央連絡会議の決定
・地域社会の崩壊と食料自給率について
・耕作放棄地の活用について
・中山間地域について

・決算上の赤字について
・繰上充用について
・財政保障機能の強化とセットで行う事に
 ついて
・地方自治体の会計システムについて
・実質赤字の質的相違について
・決算指標の意味について
・19年度決算の見直しについて

・各税目ごとの件数と金額について
・各税目ごとに前年同期と比較しての増・
 減について
・収納率と滞納状況について

・中学校・幼稚園の跡利用について
・この改正による影響について
市  長
副 市 長
部  長
支 所 長


23
   8番
  中 田 米 蔵
   A     方     式
 


1 家庭ごみの
  有料化につ
  いて








2 後期高齢者
  医療制度の
  廃止を求め
  る




3 敬老祝い金
  の改悪につ
  いて









4 厚生病院に
  ついて

5 くらし、商
  工業の現況
  と課題につ
  いて
1 方針


2 削減額

3 袋変える必要性は
  ない

4 議会軽視


1 国保税値上げの口
  実



2 国保収納率悪化


1 20年から改悪





2 予算削減


3 太田市の施策


1 診療科目と体制


1 商業

2 工業

3 山村集落

4 生活保護
・20年10月実施、1袋80円、新里、
 黒保根地域含め統一袋とする

・行革方針では4億円の節減となるのか

・桐生市民は現状の半透明袋を望んでいる


・市議会の審議なしでスケジュール表を作
 って実施してよいのか

・後期高齢者医療制度は国民健康保険に新
 たに「支援金」という枠組みが導入され
 た。これが国保税の値上げを招き現役世
 代にも負担増となるのではないか

・75歳以上被保険者が国保から脱退した
 ことで国保税の収納率悪化につながる

・20年から敬老祝い金改悪となった。昨
 年度まで75歳以上16,000人のお
 年寄りに祝い金を支給していたものが
 80歳に引き上げ、5年毎に支給となっ
 た

・対象者激減、予算も7,900万から
 2,600万円と削減した

・太田市では桐生市と対照的に後期高齢者
 に配慮した施策を実施している

・桐生市の中核病院として必要な診療科目
 と体制について

・商業施策について

・地元企業の育成について

・山村集落機能実態調査について

・生活保護について
市  長
部  長


24
   7番
  津布久 博 人
   C     方     式
 


1 昭和小学校
  廃校を強行
  しようとす
  る問題につ
  いて












2 住民不在・
  議会軽視で
  すすめるご
  み有料化の
  問題につい
  て









3 介護保険制
  度が「3年
  に1度の見
  直し」を迎
  えるにあた
  り、市民の
  ねがいに応
  える市の介
  護事業をど
  うつくるか
1 今年10月に結論
  を出させ、11月
  に実施計画作成。
  異常なスケジュー
  ル押付け

2 小学校を維持する
  「限界基準」を決
  めるとは、一体、
  誰の発想か

3 やはり「よい中学
  校づくり」を動機
  として昭和小学校
  を潰すのではない
  か

1 指定袋導入は「税
  率0%の消費税」
  導入と同じ。単価
  も公表していない

2 指定袋の導入・値
  上げは、議会と無
  関係にできるのか

3 民意も議会も軽視
  し、「居直り」的
  に負担増政策をす
  すめる亀山市政の
  問題

1 国の税制改悪の影
  響による保険料高
  騰から市民を守る
  対策について

2 特別養護老人ホー
  ム710床に718
  人が待機する現状
  をどう解決するの
  か

3 重労働で低い報
  酬、人不足で経営
  危機に直面する介
  護現場の問題解決
  策
(質問項目と同じ)
市  長
教 育 長
部  長