議事ロックス -地方議会議事録検索-


群馬県 高崎市

平成26年  8月18日 都市集客施設調査特別委員会−08月18日-01号




平成26年 8月18日 都市集客施設調査特別委員会

  平成26年高崎市議会都市集客施設調査特別委員会会議録
  ───────────────────────────────────────────
                                 平成26年8月18日(月曜日)
  ───────────────────────────────────────────
                都市集客施設調査特別委員会次第
                                   平成26年8月18日(月)
                                    第1委員会室 午前10時
1 報告事項
(1)都市集客施設整備の進捗状況について                     (都市整備部)

2 そ の 他
  ───────────────────────────────────────────
出席委員等(11人)
  委 員 長   柴  田  和  正  君     副委員長   片  貝  喜 一 郎  君
  委  員   時  田  裕  之  君     委  員   新  保  克  佳  君
  委  員   依  田  好  明  君     委  員   飯  塚  邦  広  君
  委  員   根  岸  赴  夫  君     委  員   逆 瀬 川  義  久  君
  委  員   堀  口     順  君     委  員   柴  田  正  夫  君
  議  長   (  委     員  )     副 議 長   松  本  賢  一  君
  ───────────────────────────────────────────
欠席委員(なし)
  ───────────────────────────────────────────
説明のため出席した者
  市長      富  岡  賢  治  君   副市長     木  村  正  志  君
  副市長     松  本  泰  夫  君   総務部長    兵  藤  公  保  君
  企画調整課長  松  本     伸  君   文化課長    小  見  幸  雄  君
  財務部長    北  島     晃  君   財政課長    山  田  史  仁  君
  市民部長    桜  井  健  次  君   地域交通課長  志  田     登  君
  商工観光部長  深  澤  忠  雄  君   産業政策課長  齋  藤  逹  也  君
  商工振興課長  川  嶋  昭  人  君   観光課長    新  井     修  君
  建設部長    田  村  利  夫  君   管理課長    宮  石     修  君
  土木課長    清  水     薫  君   建築指導課長  佐  藤  伸  一  君
  開発指導課長  梅  山  和  彦  君   都市整備部長  山  口     聡  君
  都市計画課長  植  原     隆  君   景観室長    宮  下  好  史  君
  都市集客施設整備室長              産業・流通基盤整備室長
          後  閑  善  行  君           小 野 里  つ よ し  君
  市街地整備課長 武  井  利  訓  君   都市施設課長  岡  田  賢  司  君
  教育長     飯  野  眞  幸  君   教育部長    上  原  正  男  君
  スポーツ課長  塚  本  博  夫  君   中央図書館長  堀  口  則  正  君
  中央図書館次長 舩 渡 川     肇  君
  ───────────────────────────────────────────
事務局職員出席者
  事務局長    田  口  幸  夫      庶務課長    田  中  謙  一
  議事課長    佐  藤     誠      議事課議事担当係長
                                  村  上  正  和
  議事課主任主事 冨  所  秀  仁
  ───────────────────────────────────────────
△開会
 午前 9時57分開会
○委員長(柴田和正君) 時間前ですが全員そろいましたので、ただいまから都市集客施設調査特別委員会を開会いたします。
  ───────────────────────────────────────────
△諸般の報告
○委員長(柴田和正君) この際、諸般の報告を申し上げます。
 傍聴はあらかじめ許可してあります。
 以上で諸般の報告を終わります。
  ───────────────────────────────────────────
△報告事項 ・都市集客施設整備の進捗状況について
○委員長(柴田和正君) それでは、報告事項に入ります。
 都市集客施設整備の進捗状況について、説明をお願いします。
◎都市集客施設整備室長(後閑善行君) それでは、都市集客施設整備の進捗状況につきまして御報告をさせていただきます。
 初めに、東エリアの文化芸術センターについて御報告させていただきます。文化芸術センターにつきましては、今年度は基本設計に取り組んでおります。基本設計では、設計プロポーザル案を基本に大ホールの舞台形状や諸室の配置、館内の動線や音響反射板などについて検証し、日本を代表するような高性能で多機能なホールを目指して設計作業を行っております。今後につきましては、本年秋の基本設計完成と実施設計への移行を目途に検討を進めてまいるところでございます。委員の皆様方には、特別委員会や勉強会を開催し、適宜、御報告をさせていただきますのでよろしくお願いいたします。
 続きまして、都市集客施設の西エリアとなりますビジネスゾーン、高崎駅東口栄町地区市街地再開発事業について御説明をさせていただきます。本再開発事業は、昨年12月に西エリアの地権者による高崎駅東口栄町地区市街地再開発準備組合を設立し、その後、本年5月に第2回総会を開き、権利変換の考え方等について具体的な検討を進めているところでございます。今後につきましては、施設計画の検討を行いまして、第一種市街地再開発事業及び高度利用地区の指定の都市計画決定に向け、作業を進めていく予定でございます。
 次に、2番の新体育館につきまして御説明させていただきます。去る7月23日には正・副議長さんを初め、本特別委員会の皆様に御出席いただきまして、竣工式が無事終了いたしました。ありがとうございました。その後、地元への工事の説明も終了いたしまして、現在は本格的な建設工事に先立ち、隣接している鉄道事業者と工事期間中の路線の保安などについて、詳細な協議を進めているところでございます。協議が終了次第、順次作業に取りかかってまいります。また、新体育館の工事監理者につきましては、設計者の山下設計株式会社と契約を結ばせていただきました。
 以上で、都市集客施設整備の進捗状況についての御報告とさせていただきます。
○委員長(柴田和正君) 説明は終わりました。
 これから質疑に入るわけですが、質疑については項目ごとに行いたいと思います。
 最初に、都市集客施設について御質疑等がありましたらお願いします。
◆委員(逆瀬川義久君) 都市集客施設の文化芸術センターの関係で、1点ほど確認というか、お伺いしたいのですけれども、今基本設計に取り組んでいて、これから実施設計に移行ということなのですけれども、喫煙スペースというか、たばこを吸われる方に関して、どういう検討状況をされているのかということを確認しておきたいと思いますのでよろしくお願いします。
◎都市集客施設整備室長(後閑善行君) お答えいたします。
 文化芸術センターの喫煙所につきましては、劇場や官公庁、施設等での受動喫煙の防止が規定された健康増進法に基づき、適切な場所への配置を計画しているところでございます。
◆委員(逆瀬川義久君) 法律等でも適切なということのようなのですけれども、この質問の趣旨は、観客とか一般の入場者の方への喫煙スペースというのもそうなのですけれども、出演される方々や舞台スタッフの方ですとか舞台関係者に知り合いがいるもので、聞いてみると結構、喫煙率がそれなりにあるということなので、なかなか屋内の中でどうやって設けるかというのは、難しい課題かもしれないのですけれども、ぜひ今後の作業の中で、そういうスペースについても御配慮していただければ、ありがたいなというふうに考えていますのでよろしくお願いします。
◆委員(堀口順君) 2点ほどお伺いしたいと思います。東エリアの文化芸術センターのほうですけれども、最後の2行に、「今後につきましては、10月末の基本設計完成と実施設計への移行を目途に、検討を進めてまいります」とこういう形で書いてあります。ということは、もうあと1カ月ちょっとでしょうけれども、現段階でかなり基本設計は煮詰まっているというようにお聞きしているのですが、ここで以前ポイントになっていた、幾つかの民有地がございましたけれども、この辺のところも含めて今どのような状況になっているのか御説明いただきたいと思いますのでよろしくお願いします。
◎副市長(松本泰夫君) お答えさせていただきます。
 民間の所有地が3軒ございまして、これも特別委員会に報告させていただいておりますけれども、1軒につきましては、話し合いの結果、上中居の土地区画整理事業地内に移転していただけるというふうな話し合いが既に終わりまして、補償もさせていただきました。こちらのほうに今建築をしていただいているということで、お子さんの学校区が変わらないようにとかいろいろ配慮しまして、この方については、まもなく移転が終了するというところまできております。もう一軒につきましては、これも特別委員会に報告させていただきましたけれども事務所がございまして、この事務所については、そう遠からず、あそこが開発になるということで、民間の借り上げがないということもありまして、市がいずれにしても、そこはお願いしたいところでございますし、地権者も市が使うならば将来的にはいいよという話でございますので、これについて今、借り上げ料を計上させていただいていますので、その借り上げ料を活用させていただきまして、お借りしているという状況でございます。これは事業が進みましたら、現場の事務所とかそういったものに使えるということでございますので、借り上げをしていても無駄にはならないということでございます。もう一軒の方につきましては、そこに残るかどうか地権者のお考えを尊重しているわけでございますけれども、そうは言え、市のほうから今はこういう状況ですという説明を申し上げていまして、その中で移転してもいいというような意向の話が出てきておりまして、これはまだわかりませんが、できればそういう方向でお願いしたいなと思っております。これはまだ、これからの話し合いでございますのでどうなるかわかりませんけれども、いずれにしても地権者のお考えを尊重しながら、そこに残るのもいいでしょうし、あるいは再開発も進みますので、いろいろな考え方で今の事業を継続できるというようなことも含めて、いろいろな角度から今相談させていただいています。いずれにしても、市のほうの考え方について御理解をいただいているということでございますので、前向きにお話をさせていただきたいと思っております。
◆委員(堀口順君) 内容はわかりました。非常に今、地権者の方も前向きに検討していただいているということでございます。あと残り少ない期間ということで、基本設計が仕上がって実施設計に入るということです。特にここの場所は図面を見てもわかるとおり、本当にのど仏に何か突っかかっているというような状況ですから、ここが取れて非常に有効な形で、バックヤードも含めた形で基本設計をしっかりつくっていただいて、よりよいものにしていただければというふうに思います。
 もう一点よろしいですか。もう一点は、この佐藤総合設計さんが空間だとか吹き抜けだとか、こういうことが多分得意なのかなというふうに私は思っているのですけれども、いかんせんこの図面だけですから、ちょっと私にもよくわからないところがあるのですけれども、非常にその空間で宙吊りになっていたり、いろいろな形でかなりダイナミックにはなっているのですけれども、その点、逆に言うと維持管理費ですとかコスト面ですとか、その辺のところはどうなのかなと。まあ、新体育館の例もございます。ある意味では、最後の総仕上げの基本設計のところで、よくその辺は煮詰めてもらって、色の問題も含めてなのですけれども、その辺のところは、今どのような打ち合わせ等も含めてやっているのでしょうか。お聞かせ願いたいと思います。
◎都市集客施設整備室長(後閑善行君) お答えいたします。
 スタジオの位置と機能につきましては、現在、基本設計の中で動線ですとか管理面も配慮しながら総合的に検討しているところでございます。色につきましても同様でございます。
◆委員(堀口順君) 非常によく検討していただいて、やはり終わった後もメンテナンスを含めて、いろいろとかなり大規模な施設でございます。その後の費用等も含めると、その辺のところは細心の注意を払っていただいて、できるだけランニングコストが下がるような形で、なおかつ機能的なものをつくっていただきたいなと。特にもう一点、色の面もこの紅板締めの関係に関しては理解できるのですけれども、それ以外の調和の色っていうのですか、その辺のところもできるだけ高崎らしさということも含めて、色合いも含めた形で最後の詰めをしていただければというふうに思います。よろしくお願いいたします。
○委員長(柴田和正君) ほかにありませんか。────なければ質疑を終結いたします。
 次に、新体育館について御質疑等がありましたらお願いします。────なければ本件を終結いたします。
 以上で本日の報告事項を終わります。
  ───────────────────────────────────────────
△その他
○委員長(柴田和正君) 次に、その他として執行部から何かありましたらお願いします。
 なければ、この際委員の方々から執行部に対し、お聞きしたいことがありましたらお願いします。
◆委員(根岸赴夫君) 1件だけお聞かせいただきたいのですけれども、競馬場跡地についてなのですが、コンベンションを県のほうで計画しているのですけれども、先日、北双葉町、岩押町、双葉町、上中居町第1、第2、あと栄町かな、周辺6町内にアンケート調査というのが回ったのですよ。今月末までに提出してくださいといった内容なのですけれども、その内容について、県のほうでコンベンションをするに当たってかなりもめていまして、時期が大分遅れたりとか、そういったことがあるのですけれども、この辺について本市で把握している部分がありましたら、ちょっとお聞かせいただければと思います。
◎市長(富岡賢治君) アンケートあるいは説明会の状況につきましては、新聞報道だけではなくて、県からも御報告いただいております。アンケートの内容についても、おおむねこんなことを考えているという御報告をいただいております。特に意見はございませんけれども、問題はこの後、説明会でもお話をしたようでございますけれども、周辺の整備の考え方について、なるべく早く懸案をまとめて住民の方に説明をするというふうに承っておりますので、この辺については、今までもそうでござましたけれども、市としても引き続き十分意見をきちっと言って、住民の方に大きな負担とならないような配慮していただくように、今後はよく協議してまいりたいと思っているところでございます。
◆委員(根岸赴夫君) なぜこんなことを聞くかと言いますと、私はそのアンケート調査が回った上中居町第2町内に住んでいまして、町内の方に聞くとほとんどの方が実は反対なのですよね。私は別に施設自体が反対云々ということではないのですけれども、周辺の方たちは非常に不安に思っていまして、今でも競馬場通りについては、朝晩が非常に混む場所でして、渋滞や交通事故等も結構多い場所なのですよね。そういった部分で、道路面については、特に何ができても同じことだと思うのですけれども、何故、今コンベンションなのというような、非常にまた大きな声が出てきてしまっていて、周辺の人たちの不安に思っていることが、だんだん、だんだん膨らんできている状況なのかなというような感じがしているのですよね。ですから、そういう部分で、やはり市民に対して高崎市としてはできる限りのことをやっていただいていると思うのですけれども、県に対してしっかりと、もしやるとすれば本当に周辺の道路の整備を真っ先にやるぐらいの、そういった形を取っていただくというようなことで、ぜひ要求していただければなというふうに思っていますので、お願いしたいと思います。
○委員長(柴田和正君) ほかにありませんか。
  ───────────────────────────────────────────
△閉会
○委員長(柴田和正君) なければ、以上で本日の都市集客施設調査特別委員会を閉会いたします。
                                      午前10時13分閉会

高崎市議会委員会条例第30条第1項の規定によりここに署名する。
  平成26年8月18日

                  都市集客施設調査特別委員会 委 員 長  柴  田  和  正