議事ロックス -地方議会議事録検索-


群馬県 高崎市

平成26年  7月15日 市民経済常任委員会−07月15日-01号




平成26年 7月15日 市民経済常任委員会

  平成26年高崎市議会市民経済常任委員会会議録
  ───────────────────────────────────────────
                                 平成26年7月15日(火曜日)
  ───────────────────────────────────────────
                  市民経済常任委員会次第
                                   平成26年7月15日(火)
                                    第1委員会室 午前10時
1 報告事項
 (1)高崎駅周辺特別巡回について                        (市 民 部)
 (2)高崎市斎場の管理に係る指定管理者の募集について              (市 民 部)
 (3)観音山駐車場の管理に係る指定管理者の募集について             (商工観光部)
 (4)親と子の木工広場の開催について                      (農 政 部)

2 そ の 他
  ───────────────────────────────────────────
出席委員等(11人)
  委 員 長   片  貝  喜 一 郎  君     副委員長   新  保  克  佳  君
  委  員   時  田  裕  之  君     委  員   ぬ で 島  道  雄  君
  委  員   堀  口     順  君     委  員   寺  口     優  君
  委  員   小 野 里     桂  君     委  員   後  閑  太  一  君
  委  員   竹  本     誠  君
  議  長   柴  田  正  夫  君     副 議 長   松  本  賢  一  君
  ───────────────────────────────────────────
欠席委員(1人)
  委  員   田  中  英  彰  君
  ───────────────────────────────────────────
説明のため出席した者
  副市長     木  村  正  志  君   副市長     松  本  泰  夫  君
  市民部長    桜  井  健  次  君   市民生活課長  小  暮  糸  恵  君
  人権男女共同参画課長              防犯・青少年課長高  野     敦  君
          小  石  さ ち 子  君
  地域交通課長  志  田     登  君   市民課長    落  合     豊  君
  保険年金課長  岡  田  節  男  君   環境部長    今  井  伸  一  君
  環境政策課長  服  部  正  幸  君   一般廃棄物対策課長
                                  森  下  英  次  君
  産業廃棄物対策課長               環境施設整備室長石  原  正  人  君
          松  田  隆  克  君
  清掃管理課長  高  橋  健  一  君   高浜クリーンセンター所長
                                  根  岸  恵  一  君
  城南クリーンセンター所長            吉井クリーンセンター所長
          見  波     伸  君           田  丸  崇  之  君
  商工観光部長  深  澤  忠  雄  君   産業政策課長  齋  藤  逹  也  君
  商工振興課長  川  嶋  昭  人  君   観光課長    新  井     修  君
  農政部長    野  口  浩  康  君   農林課長    曽  根  光  広  君
  田園整備課長  星  野  真  澄  君   農業委員会事務局長
                                  須  川  清  孝  君
  倉渕支所地域振興課長              倉渕支所市民福祉課長
          塚  越  好  博  君           下  田  康  史  君
  倉渕支所農林建設課長              箕郷支所地域振興課長
          清  水  雅  夫  君           生  方  忠  義  君
  箕郷支所市民福祉課長              箕郷支所産業課長上  原  広  充  君
          竹  田  玲  子  君
  箕郷支所建設課長町  田  一  幸  君   群馬支所地域振興課長
                                  南  雲     明  君
  群馬支所市民福祉課長              群馬支所産業課長吉  田  俊  樹  君
          関  根  宗  浩  君
  群馬支所建設課長本  田  時  人  君   新町支所地域振興課長
                                  齋  藤  忠  男  君
  新町支所市民福祉課長              新町支所建設課長外  所  広  昭  君
          細  野  祐  一  君
  榛名支所地域振興課長              榛名支所市民福祉課長
          江  原     豊  君           関  根  英  二  君
  榛名支所産業観光課長              榛名支所建設課長吉  岡  和  雄  君
          久  保  達  也  君
  吉井支所地域振興課長              吉井支所市民福祉課長
          飯  塚  博  行  君           岡  部  重  成  君
  吉井支所産業課長田  代  有  史  君   吉井支所建設課長内  田  昌  孝  君
  ───────────────────────────────────────────
事務局職員出席者
  事務局長    田  口  幸  夫      庶務課長    田  中  謙  一
  議事課長    佐  藤     誠      議事課議事担当係長
                                  村  上  正  和
  議事課主任主事 冨  所  秀  仁
  ───────────────────────────────────────────
△開会
 午前 9時57分開会
○委員長(片貝喜一郎君) ただいまから市民経済常任委員会を開会いたします。
  ───────────────────────────────────────────
△諸般の報告
○委員長(片貝喜一郎君) この際、諸般の報告を申し上げます。
 田中英彰委員から、都合により本日の会議を欠席する旨の届け出がありました。
 なお、傍聴はあらかじめ許可してあります。
 以上で諸般の報告を終わります。
  ───────────────────────────────────────────
△報告事項 ・高崎駅周辺特別巡回について
      ・高崎市斎場の管理に係る指定管理者の募集について
      ・観音山駐車場の管理に係る指定管理者の募集について
      ・親と子の木工広場の開催について
○委員長(片貝喜一郎君) それでは、報告事項に入ります。
 本日の報告事項は4件です。
 最初に、高崎駅周辺特別巡回について説明をお願いします。
◎防犯・青少年課長(高野敦君) それでは、高崎駅周辺特別巡回について御説明を申し上げたいと思います。資料をごらんになっていただきたいと思います。
 平成24年度に高崎警察署など関係機関と連携いたしまして、特別巡回を実施いたしましたところ、青少年の問題行動が沈静化したところでございます。ただし、今年度に入りまして青少年の問題行動の兆候が見られることから、青少年の非行防止、健全育成のために、再び高崎警察署と連携いたしまして下記のとおり高崎駅周辺の特別巡回を実施するというものでございます。
 現状でございますけれども、ことしのゴールデンウィークごろから高崎駅西口ペデストリアンデッキなどで、チーマー族といわれる青少年が集団でたむろしていたり、徘徊するなどして、駅の利用者に恐怖心を与えかねない状況が続いているということでございます。多いときで30人から40人程度の青少年が集まり、10人前後の集団ごとに行動しておりまして、これから夏休みを迎え増加していくと予想されることから、特別巡回を行うというものでございます。今まで、6月から毎週土曜日に高崎警察署と防犯・青少年課、教育委員会とで巡回をしておりましたが、夏休みに入りますので強化をしていきたいというものでございます。
 巡回の概要でございますが、日時といたしまして7月、8月の土曜日の午後8時から10時までの間、場所でございますが、高崎駅周辺の主に西口東口連絡通路などでございます。
 巡回要員といたしましては、高崎市青少年補導センターの所員、こちらは防犯・青少年課の職員でございますが、及び補導員のほか高崎市教育委員会の職員及び市内の小・中学校の教員で、約20名程度で警察と連携して巡回をしていきたいと思います。
 巡回の内容でございますけれども、高崎駅周辺の状況把握ですとか、腕章を付けて複数人による見えるパトロールということで、パトロールを実施していますというような周知を青少年に図るというものでございます。
 以上で報告を終わりにいたします。この資料につきましては、本委員会終了後、全議員さんにお配りさせていただきます。
○委員長(片貝喜一郎君) 説明は終わりました。
 本件に対し、御質疑等がありましたらお願いします。
◆委員(ぬで島道雄君) この青少年の問題行動というのは、どういったことを指しているのでしょうか。
◎防犯・青少年課長(高野敦君) 今のところ、集団で徘徊するということが一番問題となっておりまして、駅の利用者に恐怖心を与えていくということが、今後考えられる問題行動だというふうに捉えております。
◆委員(ぬで島道雄君) 対象年齢は何歳ぐらいですか。
◎防犯・青少年課長(高野敦君) 一応、18歳未満の子どもさんを対象にという、今集まっているのは、大体18歳未満の子どもさんが多いということでございます。
◆委員(ぬで島道雄君) それは中学生が中心だとか、高校生あるいは中には小学生もいるとか、年齢は。
 それともう一つ、この青少年に声かけをしているわけですか、巡回をしながら何をしているのですか。
◎防犯・青少年課長(高野敦君) 年齢構成でございますが、基本的に一番多いのが、高校生の年齢の方が一番多くて、中には中学生と思われる子どもさんもいらっしゃいます。
 巡回につきましては、基本的には声かけ等は行わず、腕章を付けて、我々が見ているのだよと言うような形での巡回をしたいというふうに思っております。
◆委員(ぬで島道雄君) その問題行動というのが気になるのですけれども、やはり駅周辺を利用している市民に恐怖心を与えるということが問題行動なわけですね。それ以上進んだ恐喝とか、そういったものはないのですか。
◎防犯・青少年課長(高野敦君) 警察と一緒に今、巡回をしておりますので、警察の方がいらっしゃると基本的には、その前では非行というようなものは当然していなくて、警察のほうからも現在のところ非行とかそういう問題行動があるというような報告は受けておりません。
◆委員(堀口順君) この春から防犯・青少年課というのですか、教育委員会のほうから分かれて、今の御説明ですと、やはり中学生もいらっしゃるというようなことで、どの程度やはり各中学校でチーマーと呼ばれるようなところに属している生徒がいるのかと、その辺のところの把握の関係というのは、うまくできているのでしょうか。
◎防犯・青少年課長(高野敦君) 今現在、学校の先生方が一緒に回りますので、実際に7月5日、12日の土曜日に回っていまして、学校の先生方で自分たちの生徒がいるかどうかというのを確認していただいているところでございます。現状で各学校に何人いるかというところまでは、把握しておりません。
◆委員(堀口順君) この件に関しては、学校と緊密に連携を取っていただいて、また指導関係も含めて、ぜひしっかりと取り組んでいただきたいと思います。
◆委員(竹本誠君) 特別な巡回という形で、それに携わる方には感謝申し上げる次第でございますけれども、問題は報告されたように駅の週辺、そういうところの巡回を行うという形で、平成24年度の場合については、問題が沈静化したということなのだろうというふうに思うのですけれども、しかし駅の周辺で沈静化したとしても、それがどこかへ行ってやっているという可能性が多分にあるのかなというふうに思うのですね。そこら辺の把握を実際どうされているのかということをお聞きしたいのですけれども。それと言いますのは、人が集まるところが、うちのそばにも夜間を通してやっているところなんかも結構ございまして、そういうところで夜間でも相当いろいろな騒音、集団でいろいろなことをするという状況なんかがあらわれますから、駅のところでは沈静化したけれども、それが他へ散っている可能性があるかなというふうに思うのですけれども、そこら辺はどういうふうな状況でしょうか。
◎防犯・青少年課長(高野敦君) こちらのほうで今聞いているところでは、高崎駅以外でも少なからずあるというお話は聞いているのですけれども、今回につきましては、一番子どもたちが集まっている高崎駅を中心に巡回を行っていきたいというふうに考えております。実際にこちらのほうでは、今現在、警察のほうからはどのようなという事例は聞いてはいないところです。
◆委員(竹本誠君) ことの性格から言って、やはり市民の安全、そしてまた子どもたちの指導という点から見ますと、どれだけやってみてもやり過ぎるということはないのかなというふうに思うのですね。そうは言ってみても、実際に巡回される方は大変なものですから、そこら辺のところを効率的にやるためには、市民からの情報をいろいろ収集できるところも含めて、この実効あるものをさらに効率が図れるようなことが必要なのかというふうに思いますけれども、そこら辺の市民からの情報の問題はどういうふうにお考えでしょうか。
◎防犯・青少年課長(高野敦君) 今現在、補導員と学校の先生等で巡回をしておりますけれども、地区に防犯委員さんですとか青少年育成推進委員さんとかがいらっしゃいます。あと警察の少年補導員さんとかがいらっしゃいますので、そちらのほうで地区の情報については、多分把握をしていくものだというふうに思います。
◆委員(竹本誠君) せっかくの機会ですから、やはりこういう機会を生かしながら、ぜひその情報収集も強めていただきながら、市民全体で運動を進めていこうという、そういう機運をぜひ広げていただきたいと要望して終わります。
◆委員(小野里桂君) 確認ですけれども、これは土曜日ということですが、基本的に先ほど中学生、高校生ということで、ほかの曜日については、こういう集合とかというものは、あまりないのですか。
◎防犯・青少年課長(高野敦君) 今のところ平日等のお話は聞いていなくて、やはり特定の曜日で土曜日というふうに聞いております。
◆委員(小野里桂君) わかりました。それと、実は警察の大平前署長が、この件に関してはかなり積極的にやって、その意味ではここに平成24年度はというふうに書かれていると思うのですが、警察の協力によって一回沈静化したものが、また出てきたということは、逆に警察のほうでも少し手を抜いて巡回がなくなったということの理解でよろしいですか。
◎防犯・青少年課長(高野敦君) 警察のほうも、駅前に交番等がございますので、当然交番等からの情報があれば動くという体制にはなっておりますが、今年度以前につきましては、そういう状態が見られなかったというふうに聞いております。
◆委員(小野里桂君) ということは、警察のほうはそういう形の中で、ある程度子どもたちのそういう抑止力を考えたということでありながらも、また新たな違った集団の方々が、高崎駅に現れ始めたという理解でよろしいですか。
◎防犯・青少年課長(高野敦君) 基本的に多分、平成24年度に集団で行動していた仲間で、補導されたり、捕まったりした以外の方たちが、また集まり始めてきていると。新しい方も当然入ってきているというふうに理解しております。
◆委員(小野里桂君) 青少年の問題というのは、我々の時代でもあったように、この問題というのは本当になくなるようでなくならない問題でありまして、そういう中で皆様方がこうやって御努力している。やはり継続的な活動というのが大事なのかなと思っておりますし、今回高崎駅でやるというのは、あそこは、やはり外からいろいろなお客様が来るという場所で、そういう方々がたむろする光景というのは、高崎市の印象を悪くするということでありますので、ぜひ7月、8月は重点的にやるということでございますが、そういう意味ではもう少し警察とも連携を取りまして、高崎駅前では本当に異様な光景が見られないような形で、これは先ほど竹本委員からも御指摘がありましたように、啓蒙と一般の市民の方々の協力も必要であると思っておりますので、この努力をぜひ御期待申し上げるとともに、我々としてもそれなりの意識を持って、何らかの行動を起こしていくべきではないかと思っております。そういう意味で、大変ではありますが、夜遅くまで活動していただくことに対しまして、お礼を申し上げたいということで私の質問を終わります。
○委員長(片貝喜一郎君) ほかにありませんか。────なければ本件を終結いたします。
 次に、高崎市斎場の管理に係る指定管理者の募集について説明をお願いします。
◎市民課長(落合豊君) 高崎市斎場の管理に係る指定管理者の募集について、お手元の資料に基づき、御報告をさせていただきます。
 現斎場の指定期間が、平成27年3月末日をもって満了することから、高崎市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例に基づき、次期指定期間に係る指定管理者の候補者を選定する手続を実施するというものでございます。
 初めに、1の施設名称及び所在については高崎市斎場で、所在は高崎市寺尾町1239番地でございます。
 次に、2の指定管理者が行う主な業務の範囲でございます。(1)の火葬業務に関することのほか、記載のとおりでございます。
 次に、3の募集の方法でございますが、非公募とするものです。当該施設については、毎年1月1日、2日及び友引日を除く300日前後稼動しており、次期指定管理期間においても、当該施設を安全かつ安定的に稼動させていかなければなりません。そのため、候補者の選定に当たっては、これまでの事業実績や施設運営に必要な人材を有していること、さらに安全管理・緊急時対応の危機管理に万全な体制を整えていることなどを考慮し、現行の指定管理者を基本として、非公募により、候補者の選定を進めてまいりたいと考えております。
 裏面をごらんいただきたいと思います。4の現行の指定管理者でございますが、株式会社高崎環境保全社でございます。
 次に、5の次期指定管理の期間でございますが、平成27年4月1日から平成28年3月31日までの1年間の予定でございます。これは、新斎場の建設に伴う現斎場の残存期間となります。
 次に、6の選定に係るスケジュールでございます。申請要項等の配布は平成26年8月1日からで、申請書類の提出期日は9月5日まで、優先交渉権者の決定は10月中の予定でございます。
 最後に、指定管理者の指定でございますが、指定管理者の指定に係る議案につきましては、係る手続を経た後、議会へ上程させていただく予定でございます。
 以上、高崎市斎場の管理に係る指定管理者の募集についての報告とさせていただきます。
 なお、この資料につきましては、本委員会終了後、全議員さんに配付させていただきますので、よろしくお願いいたします。
○委員長(片貝喜一郎君) 説明は終わりました。
 本件に対し、御質疑等がありましたらお願いします。
◆委員(竹本誠君) 指定の期間が1年という形で、現行の施設の期間という形で、考え方とすればちょっとわかるような気もするのですけれども、同時に新しい斎場の管理という形になると、もうこれは無理なのだと、そういうことが前提のようにも聞こえるわけですね。そこら辺のところをちょっと。
◎市民課長(落合豊君) 施設等の規模とか内容等が大分現行と変わってきます。そのために、やはり一度、仕様書の変更等が出てきますから、新たな募集ということで考えています。
◆委員(竹本誠君) 新しいという状況ですけれども、現行で管理をされた人たちの雇用の問題というものが、どういうふうになるのか、引き続き新しいところが管理するにしてみても、そういう人の雇用が守られるのかどうなのかというところについて、御承知のように、あの斎場そのものにはいろいろな業務がございまして、そういうところで働ける分野があるのかなというふうに思うのですが、そういうところの視野はどういうふうにお考えですか。
◎市民課長(落合豊君) 一応、募集については公募、非公募の両方を検討してやっておりますので、最終的にどうなるか、ちょっと未定なところもありますが、雇用については何らかの形で図られるのでないかなと思っております。ただ、現状の会社さんということではないかなと思います。その時の応募の内容、審査によって決まるものですから、現状では現在の会社が継続ということは、まだわかりません。
◆委員(竹本誠君) 雇用が守られるというような意味合いもちょっとあったのかなというように思うのですけれども、私はそういう意味では、実際に新しい施設になって、機械などのそういう技術的な問題で、どうしても対応ができないところという部分があるかなと思うのです。そういうところも含めて、新しい管理者にしていくときには、この雇用の問題については、やはり1つの一定の枠をつくっておいて、引き続き働きたいという人は、ぜひそこに残れるような枠組みを残して、次の新しい指定管理をしていく上では、そういうところを生かしていく必要があるかなというふうに思うのですが、そこら辺のところは、そういう理解をしてよろしいですか。
◎市民課長(落合豊君) 仕様書等について、今検討中でございますので、いろいろな角度からその辺を検討したいと思います。
◆委員(竹本誠君) それぞれの生活にかかわることで、やはり一度そこを離れるとなかなか大変なものですから、そこのところについては、ぜひ雇用を守れるようにお願いをしておきたいというふうに思います。
○委員長(片貝喜一郎君) ほかにありませんか。────なければ本件を終結いたします。
 次に、観音山駐車場の管理に係る指定管理者の募集について説明をお願いします。
◎観光課長(新井修君) 観音山駐車場の管理に係る指定管理者の募集について、お手元の資料に基づき御報告いたします。
 現行の指定期間が平成27年3月末日をもって満了することから、高崎市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例に基づき、次期指定期間に係る指定管理者の候補者を選定する手続を実施するものでございます。
 初めに、1の施設名及び所在ですが、観音山駐車場、高崎市石原町2395番地2。
 次に、2の指定管理者が行う主な業務の範囲ですが、(1)の利用許可、その取り消し、その他観音山駐車場の利用に関すること、以下記載のとおりでございます。
 3の募集の方法でございますが、公募により、候補者の選定を進めてまいりたいと考えております。
 次に、4の次期指定管理の期間でございますが、平成27年4月1日から平成29年3月31日までの2年間の予定でございます。
 次に、5の選定に係るスケジュールでございますが、(1)募集要項等の配布は平成26年8月1日からで、(2)申請書類の提出期日は平成26年8月15日までとなっております。(3)優先交渉権者の決定は平成26年10月下旬の予定でございます。
 最後に、6の指定管理者の指定でございますが、指定管理者の指定に係る議案につきましては、係る手続を経た後、議会へ上程させていただきます。
 以上、観音山駐車場の管理に係る指定管理者の募集についての報告とさせていただきます。
 なお、本委員会終了後、本資料を各議員の皆様に配付させていただきますので、よろしくお願いいたします。
○委員長(片貝喜一郎君) 説明は終わりました。
 本件に対し、御質疑等がありましたらお願いします。
◆委員(小野里桂君) 確認ですけれども、先ほどの斎場の指定管理の期間については、1年ということで理由を述べていただきましたけれども、前回の指定管理の期間と今回のこの2年についての説明をお願いいたします。
◎観光課長(新井修君) 指定期間につきましては、平成28年度に開園予定の観音山公園の利用状況、それから観音山駐車場への影響等を考え、今回は平成27年4月1日から平成29年3月31日までの2年間とし、その後、指定管理の運営方法等を検討してまいりたいと考えております。
◆委員(小野里桂君) わかりました。それともう一点、現行の指定管理者は、どちらの会社がやっているのでしょうか。
◎観光課長(新井修君) 株式会社群馬流通サービスという会社でございます。
◆委員(小野里桂君) 実は、この指定管理についての駐車場は、市が指定管理料を払っていない、つまりは駐車料金として黒字であるという理解をしておりまして、この観音山公園は来場者がいないようで、意外と使われている非常に優秀な駐車場であると理解しておりまして、そういう意味で、先ほど観音山の開発によってというお話ですけれども、実際、こういう公の施設で指定管理料を払わない指定管理者がいるということを認識していただいて、その経営だとか、そういう部分のほかに、いろいろな施設によって指定管理というのは変わると思いますが、基本的に直営化して管理するというところの中では、やはりお金をかけないということで何年か前にこういう制度ができたわけでありまして、市のほうといたしましても、ぜひこういう部分のところの指定管理ができるような企業を公募によって選んでいただけることを、今後とも期待したいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。
○委員長(片貝喜一郎君) ほかにありませんか。────なければ本件を終結いたします。
 次に、親と子の木工広場の開催について説明をお願いします。
◎農林課長(曽根光広君) 親と子の木工広場の開催につきまして、御説明を申し上げます。
 この事業は、木材を使用して親子共同による作品をつくることにより、子どもの想像力を養い、木の温もりに触れながら、親子の絆を深めることを目的として、毎年、小・中学校の夏休みの時期にあわせて、地元木材関係団体の主催で実施するものでございまして、ことしも高崎会場と倉渕会場の2会場で開催するものでございます。
 まず、高崎会場ですが、今年で38回目の開催となるもので、高崎材木商組合の主催で、8月2日の土曜日、午前8時50分から、高崎市飯塚町の株式会社吉貞さんの敷地を会場として開催されます。
 対象は市内の小・中学生で、小学生の場合は保護者同伴が参加の条件となっております。参加費は無料ですが、工具類は参加者に持参してもらうようお願いをしています。完成後の作品は主催者により審査が行われ、優秀賞などの表彰が行われます。定員は300人で、申し込みは当日会場で受け付けるというものでございます。
 続きまして倉渕会場ですが、今回で28回目の開催となるもので、倉渕木材組合と群馬県建築業組合連合会倉渕支部との共催で実施されるものでございます。8月3日の日曜日、午前9時から倉渕町水沼のクラインガルテン交流館を会場として開催されます。
 対象は市内の小学生とその保護者となっております。開催概要につきましては、高崎会場と同様でございます。定員は150人で、7月24日までに倉渕支所農林建設課に申し込んでいただくこととなっております。
 なお、それぞれの主催団体が作成したチラシを添付しておりますので、後ほどごらんいただければと思います。
 以上で報告を終わりますが、この資料につきましては、本委員会終了後、全議員さんにお配りをさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。
○委員長(片貝喜一郎君) 説明は終わりました。
 本件に対し、御質疑等がありましたらお願いします。────なければ本件を終結いたします。
 以上で報告事項を終わります。
  ───────────────────────────────────────────
△その他
○委員長(片貝喜一郎君) 次に、その他として執行部から何かありましたらお願いします。
 なければ、この際委員の方々から執行部に対し、お聞きしたいことがありましたらお願いします。
  ───────────────────────────────────────────
△閉会
○委員長(片貝喜一郎君) なければ、以上で、本日の市民経済常任委員会を閉会いたします。
                                      午前10時26分閉会

高崎市議会委員会条例第30条第1項の規定によりここに署名する。
  平成26年7月15日

                      市民経済常任委員会 委 員 長  片  貝  喜 一 郎