議事ロックス -地方議会議事録検索-


群馬県 高崎市

平成26年  5月20日 保健福祉常任委員会−05月20日-01号




平成26年 5月20日 保健福祉常任委員会

  平成26年高崎市議会保健福祉常任委員会会議録
  ───────────────────────────────────────────
                                 平成26年5月20日(火曜日)
  ───────────────────────────────────────────
                  保健福祉常任委員会次第
                                   平成26年5月20日(火)
                                    第1委員会室 午前10時
1 議  題
(1)平成26年度の主な施策・事業及び事務分掌について             (福 祉 部)
                                        (保健医療部)
                                         (倉渕支所)
                                         (箕郷支所)
                                         (群馬支所)
                                         (新町支所)
                                         (榛名支所)
                                         (吉井支所)

2 報告事項
(1)風しん抗体検査後予防接種一部助成事業の実施について            (保健医療部)

3 そ の 他
  ───────────────────────────────────────────
出席委員等(11人)
  委 員 長   丸  山     覚  君     副委員長   渡  邊  幹  治  君
  委  員   清  塚  直  美  君     委  員   大  竹  隆  一  君
  委  員   白  石  隆  夫  君     委  員   後  閑  賢  二  君
  委  員   松  本  賢  一  君     委  員   木  村  純  章  君
  委  員   岩  田     寿  君     委  員   高  橋  美  幸  君
  議  長   柴  田  正  夫  君     副 議 長   (委         員)
  ───────────────────────────────────────────
欠席委員(なし)
  ───────────────────────────────────────────
説明のため出席した者
  市長      富  岡  賢  治  君   副市長     木  村  正  志  君
  福祉部長    鈴  木     潔  君   社会福祉課長  落  合  喜 久 夫  君
  指導監査課長  片  平  弘  明  君   障害福祉課長  土  谷  徹  則  君
  長寿社会課長  田  村  洋  子  君   介護保険課長  青  山  路  子  君
  福祉部子育て支援担当部長            こども家庭課長 星  野  守  弘  君
          谷  川     浩  君
  保育課長    南  雲  孝  志  君   こども発達支援センター所長
                                  笠  原  裕  美  君
  保健医療部長  歌  代  典  彦  君   保健所長    中  村  多 美 子  君
  保健所次長   長  井     章  君   保健医療総務課長吉  井     仁  君
  保健予防課長  砂  盃  美 樹 枝  君   健康課長    冨  里  郁  雄  君
  生活衛生課長  信  澤  敏  夫  君   食肉衛生検査所長静  野  直  穂  君
  倉渕支所長   飯  島     均  君   倉渕支所市民福祉課長
                                  下  田  康  史  君
  箕郷支所長   中  村  真 由 美  君   箕郷支所市民福祉課長
                                  竹  田  玲  子  君
  群馬支所長   林     進  一  君   群馬支所市民福祉課長
                                  関  根  宗  浩  君
  新町支所長   樋  口  康  弘  君   新町支所市民福祉課長
                                  細  野  祐  一  君
  榛名支所長   千  保  芳  明  君   榛名支所市民福祉課長
                                  関  根  英  二  君
  吉井支所長   吉  田     護  君   吉井支所市民福祉課長
                                  岡  部  重  成  君
  ───────────────────────────────────────────
事務局職員出席者
  局長      田  口  幸  夫      庶務課長    田  中  謙  一
  議事課長    佐  藤     誠      議事課議事担当係長
                                  村  上  正  和
  議事課主査   石  川  明  彦


  ───────────────────────────────────────────
△開会
 午前 9時57分開会
○委員長(丸山覚君) 全員おそろいですので、ただいまから保健福祉常任委員会を開会いたします。
  ───────────────────────────────────────────
△諸般の報告
○委員長(丸山覚君) この際、諸般の報告を申し上げます。
 傍聴は、あらかじめ許可してあります。
 以上で諸般の報告を終わります。
  ───────────────────────────────────────────
△委員長挨拶
○委員長(丸山覚君) 本日は、本委員会が構成され、正・副委員長互選後、初めての委員会でございますので、私から一言御挨拶を申し上げます。
 このたび委員の皆様に御推挙いただきまして、委員長を拝命いたしました丸山 覚でございます。委員の皆様、また、執行部の皆様には1年間大変お世話になりますけれども、どうかよろしくお願い申し上げます。時代は少子・超高齢化社会、また、人口減少社会ということで、大変、難しい時代に向かってまいりますけれども、市長さん先頭に本市は交流人口をふやして経済を活発にして、市民の落ち着いた生活を守るための保健医療、あるいは福祉、子育て支援に一生懸命取り組まれると思っております。さまざま難しい課題があると思いますけれども、本委員会で闊達な議論が行われまして、よりよい形で実現できますように、まずは私はしっかりと議事進行に努め、委員会の充実を図ってまいりますので、1年間大変お世話になりますが、どうぞよろしくお願いします。
  ───────────────────────────────────────────
△副委員長挨拶
○委員長(丸山覚君) 次に、副委員長に就任されました渡邊幹治副委員長から御挨拶をお願いいたします。
○副委員長(渡邊幹治君) おはようございます。このたび保健福祉常任委員会の副委員長を仰せつかりました渡邊幹治でございます。先ほどの委員長の挨拶の中にもありましたけれども、少子・高齢化の時代の中で、高齢者に対するさまざまな施策、そして子育て世代の人たちに対する支援、いろいろな課題がたくさんあると思いますけれども、そういう意味では大変重要な委員会であると認識しております。委員長を補佐して、一生懸命1年間頑張らせていただきます。よろしくお願いいたします。
  ───────────────────────────────────────────
△市長挨拶
○委員長(丸山覚君) それではここで、執行部を代表して市長から御挨拶をお願いいたします。
◎市長(富岡賢治君) 保健福祉常任委員会の開会に当たりまして一言御挨拶を申し上げます。丸山委員長さん、渡邊副委員長さんをはじめ、委員の皆様方には、大変お世話になります。どうぞよろしくお願い申し上げます。このあと、担当の部局長から本委員会の所管における今年度の主な施策・事業や事務分掌につきまして、御説明させていただきます。委員の皆様方には、特段の御指導、御協力を賜りますよう重ねてお願いを申し上げまして、甚だ簡単ではございますが、開会に当たっての御挨拶とさせていただきます。
  ───────────────────────────────────────────
△副市長挨拶
○委員長(丸山覚君) 次に、副市長から一言お願いします。
◎副市長(木村正志君) 副市長の木村でございます。1年間どうぞよろしくお願いいたします。
  ───────────────────────────────────────────
△職員紹介
○委員長(丸山覚君) 続いて、各部長から所管課長等の紹介を順次お願いいたします。
 まず、福祉部長からお願いいたします。
◎福祉部長(鈴木潔君) 自己紹介後、
 社会福祉課長          落 合 喜久夫  君
 指導監査課長          片 平 弘 明  君
 障害福祉課長          土 谷 徹 則  君
 長寿社会課長          田 村 洋 子  君
 介護保険課長          青 山 路 子  君  を紹介
○委員長(丸山覚君) 続いて、子育て支援担当部長お願いいたします。
◎福祉部子育て支援担当部長(谷川浩君) 自己紹介後、
 こども家庭課長         星 野 守 弘  君
 保育課長            南 雲 孝 志  君
 こども発達支援センター所長   笠 原 裕 美  君  を紹介
○委員長(丸山覚君) 次に、保健医療部長お願いいたします。
◎保健医療部長(歌代典彦君) 自己紹介後、
 保健所長            中 村 多美子  君
 保健所次長           長 井   章  君
 保健医療総務課長        吉 井   仁  君
 保健予防課長          砂 盃 美樹枝  君
 健康課長            冨 里 郁 雄  君
 生活衛生課長          信 澤 敏 夫  君
 食肉衛生検査所長        静 野 直 穂  君  を紹介
○委員長(丸山覚君) 次に、倉渕支所長お願いいたします。
◎倉渕支所長(飯島均君) 自己紹介後、
 市民福祉課長          下 田 康 史  君  を紹介
○委員長(丸山覚君) 次に、箕郷支所長お願いいたします。
◎箕郷支所長(中村真由美君) 自己紹介後、
 市民福祉課長          竹 田 玲 子  君  を紹介
○委員長(丸山覚君) 次に、群馬支所長お願いいたします。
◎群馬支所長(林進一君) 自己紹介後、
 市民福祉課長          関 根 宗 浩  君  を紹介
○委員長(丸山覚君) 次に、新町支所長お願いいたします。
◎新町支所長(樋口康弘君) 自己紹介後、
 市民福祉課長          細 野 祐 一  君  を紹介
○委員長(丸山覚君) 次に、榛名支所長お願いいたします。
◎榛名支所長(千保芳明君) 自己紹介後、
 市民福祉課長          関 根 英 二  君  を紹介
○委員長(丸山覚君) 次に、吉井支所長お願いいたします。
◎吉井支所長(吉田護君) 自己紹介後、
 市民福祉課長          岡 部 重 成  君  を紹介
○委員長(丸山覚君) 以上で職員の紹介は終わりました。
  ───────────────────────────────────────────
△議題 ・平成26年度の主な施策・事業及び事務分掌について
○委員長(丸山覚君) それでは、本日の議題に入ります。
 平成26年度の主な施策・事業及び事務分掌について、各部長から順次説明をお願いします。
 なお、説明は簡潔・明瞭にお願いいたします。
 それでは、福祉部長からお願いします。
◎福祉部長(鈴木潔君)それでは平成26年度の主な施策・事業及び事務分掌について説明を申し上げます。まず、福祉部でございますけれども、社会福祉課、指導監査課、障害福祉課、長寿社会課、介護保険課、この5課で構成されています。職員数は部長以下245名でございます。
 続きまして、お手元の資料の1ページをごらんいただきたいと思いますけれども、課別に申し上げますが、まず、社会福祉課ですが、社会福祉の充実といたしまして、今年度から平成30年度までの5カ年を計画期間とします第2次地域福祉計画の推進等をやってまいる所存でございます。続いて指導監査課ですが、社会福祉法人及び社会福祉施設における適正な運営管理の推進、並びにサービスの質的向上と充実推進ということでございますが、内容的に申し上げますと、社会福祉法人、介護保険施設、障害者施設、児童施設等の指導検査を通じましてサービスの向上に努めてまいりたいと考えております。次に障害福祉課ですが、障害者福祉の充実といたしまして障害者自立支援法にかわり昨年4月に施行されました障害者総合支援法に基づく事業等を実施してまいります。続きまして、長寿社会課ですが、高齢者福祉の推進ということでございますが、今年度が第5期の高齢者福祉計画の最終年に当たります。したがいまして、来年度から3カ年を計画期間といたします第6期の高齢者福祉計画を策定しながら、第5期の進行管理を行っていくということでございます。続いて1ページめくっていただきまして、介護保険課ですが、介護保険の充実ということでございますけれども、先ほど高齢者福祉計画でも申し上げましたが、これと一体的に介護保険事業計画というのを定めておりますので、やはり第6期の介護保険事業計画を策定しながら、第5期の最終年の事業を実施していくということになってございます。
 続いて、3ページでございますけれども、各課の事務分掌を申し上げます。まず、社会福祉課でございますけれども、社会福祉課の事務分掌といたしましては福祉行政の総合調整に関すること、以下記載のとおりでございます。4ページをごらんいただきます。指導監査課でございますが、社会福祉法人、社会福祉施設の指導、監査等に関すること、以下記載のとおりでございます。5ページですが、障害福祉課になりますが、身体障害者福祉に関すること、以下記載のとおりでございます。6ページをごらんいただきまして、長寿社会課でございますけれども、高齢者福祉施策の企画及び調整に関すること、以下記載のとおりでございます。8ページをごらんいただきたいと思います。介護保険課でございますけれども、介護保険事業に関すること、以下記載のとおりでございます。
 以上で平成26年度の主な施策・事業及び事務分掌の説明を終わります。よろしくお願いいたします。
○委員長(丸山覚君) 続いて、子育て支援担当部長お願いします。
◎福祉部子育て支援担当部長(谷川浩君) 子育て支援担当は、こども家庭課、こども発達支援センター、保育課を所管しております。職員は、部長以下577人です。
 9ページをごらんいただきたいと思います。子育て支援担当における平成26年度の主な施策・事業は、子育て支援事業の充実といたしまして、平成27年度から施行が予定されております、子ども・子育て支援新制度に関する事務、また放課後児童クラブ、児童館等運営事業等を実施してまいります。保育事業の充実といたしまして、保育所入所待機解消支援事業、保育所入所支援事務、保育所等緊急整備事業等を実施してまいります。発達障害児支援事業の充実といたしまして、発達障害児の早期発見、支援事務、相談支援事業等を実施してまいります。
 続きまして、11ページをごらんいただきたいと思います。事務分掌でございますが、初めにこども家庭課です。事務分掌は、子育て支援施策の企画及び調整に関すること、以下記載のとおりです。続きまして12ページをごらんください。保育課です。保育に関すること、以下記載のとおりでございます。17ページをごらんいただきたいと思います。こども発達支援センターでございます。事務分掌は、発達に特性のある子どもの相談及び支援に関すること、以下記載のとおりでございます。
 以上で平成26年度の主な施策・事業及び事務分掌の説明を終わります。よろしくお願いいたします。
○委員長(丸山覚君) 次に、保健医療部長お願いします。。
◎保健医療部長(歌代典彦君) 保健医療部は、保健医療総務課、保健予防課、健康課、生活衛生課、食肉衛生検査所で構成されており、職員は、部長以下167人です。資料は19ページからになります。
 保健医療部における平成26年度の主な施策・事業は、地域医療及び救急医療への取り組み等の7施策でございます。1番の地域医療、救急医療への取り組みでございますけれども、救急医療体制整備事業といたしまして、小児救急医療体制の整備への支援、地域医療の連携強化の促進、救急患者の受け入れ促進に対する補助事業などを総合的、継続的に実施することによりまして、救急医療体制の充実、強化を図ってまいります。2の医療等の安全確保への取り組みでございますが、医療機関や薬局等の許認可とともに適正な管理、運営のための指導・監視を適切に実施することによりまして、医療を受ける者の保護及び良質かつ適切な医療を提供する体制等の確保を図りまして、市民の健康の保持、増進に努めるというものでございます。3番の感染症、難病対策及び疾病予防の取り組みでございますけれども、こちらはエイズや結核等の検査及び患者訪問の実施などによりまして、感染症対策を推進するとともに、難病患者への支援を実施してまいります。また、予防接種事業も引き続き実施し、疾病の予防に努めてまいります。4の健康づくりへの取り組みでございます。乳幼児から高齢期までの市民を対象に各種検診、健康教室、健康相談を実施することによりまして、各地域の保健センターとともに1次予防を重視した健康づくりに努めてまいります。5の食品衛生指導への取り組みでございます。食品の営業許可、食品営業施設の監視、食品の検査等を実施いたしまして食品に起因する衛生上の危害の発生を防止し、市民の健康の保護に努めます。また、市民に対し、食品の安全に関する知識、必要な情報を積極的に提供してまいります。6の生活衛生指導、動物愛護への取り組みです。理美容所等の許認可や衛生管理対策の強化のための監視指導を実施いたしまして、市民の安心・安全な暮らしに寄与するよう努めてまいります。また、拡充いたしました動物愛護センターを中心として、市民の動物愛護精神の高揚を図るとともに、動物による人に対する侵害を防止し、人と動物の調和のとれた共生社会の実現に努めてまいります。次のページになりますけれども、7の安全な食肉供給への取り組みでございます。食肉の供給施設となります、と畜場等で検査を実施いたしまして、疾病等の異常肉を排除いたします。また、食肉の衛生的な取り扱いにつきまして、日常的な指導や衛生講習会等によりまして、従事者の衛生意識の向上に努めてまいります。
 21ページからになります。事務分掌について御説明をいたします。まず、保健医療総務課ですが、事務分掌は保健衛生行政の総合調整に関すること、以下は記載のとおりでございます。次のページ、保健予防課でございます。感染症の予防に関すること、以下は記載のとおりでございます。23ページですけれども健康課です。栄養指導に関すること、以下記載のとおりでございます。25ページになります。生活衛生課でございます。食品関係営業の許可及び監視指導に関すること、以下は記載のとおりでございます。次ページでございますけれども、食肉衛生検査所、こちらは、と畜検査及びBSE検査に関すること、以下は記載のとおりです。
 以上で平成26年度の保健医療部の主な施策・事業及び事務分掌の説明とさせていただきます。よろしくお願いいたします。
○委員長(丸山覚君) 続いて、倉渕支所長お願いします。。
◎倉渕支所長(飯島均君) 倉渕支所の本委員会の所管は市民福祉課でございますが、職員は支所長以下13人です。27ページをごらんいただきたいと思います。
 平成26年度の主な施策・事業でございますが、1は地域福祉への取り組み、2として障害者福祉への取り組み、3は子育て支援への取り組み、4は高齢者福祉・介護保険への取り組みでございますが、高齢化や単身世帯がふえる中、社会福祉協議会や民生委員さん、児童委員さんとよく連携を図りながら地域の実情に即したきめ細やかな対応を心がけてまいりたいと考えております。
 続きまして、事務分掌について御説明いたします。市民福祉課の事務分掌は、民生委員及び児童委員に関すること、以下は記載のとおりでございます。なお、網かけ部分につきましては、市民経済常任委員会の所管でございます。
 以上で平成26年度の主な施策・事業及び事務分掌の説明を終わります。よろしくお願いいたします。
○委員長(丸山覚君) 次に、箕郷支所長お願いします。。
◎箕郷支所長(中村真由美君) 箕郷支所について、御説明申し上げます。箕郷支所の当常任委員会の所管は、市民福祉課です。職員は支所長以下25人です。
 31ページをごらんください。箕郷支所における平成26年度の主な施策・事業は、1、地域福祉への取り組み、2、障害者福祉への取り組み、3、子育て支援への取り組み、4、高齢者福祉・介護保険への取り組みとなっております。3の子育て支援への取り組みでは、放課後児童クラブを箕郷では4カ所運営しておりまして、保護者が昼間家庭にいない児童を対象に健全育成の向上を図っております。
 続いて、事務分掌について御説明いたします。事務分掌は、民生委員及び児童委員に関すること、以下は記載のとおりでございます。なお、網かけ部分は市民経済常任委員会の所管となっております。
 以上で平成26年度の主な施策・事業及び事務分掌の説明を終わります。よろしくお願いいたします。
○委員長(丸山覚君) 次に、群馬支所長お願いします。
◎群馬支所長(歌代典彦君) 35ページをごらんください。群馬支所の平成26年度の主な施策・事業及び事務分掌について御説明いたします。群馬支所の当常任委員会の所管は、市民福祉課で職員は支所長以下33人です。
 平成26年度の主な施策・事業は、地域福祉への取り組み、障害者福祉への取り組み、子育て支援への取り組み、高齢者福祉・介護保険への取り組みとなっています。地域福祉への取り組みでは、社会福祉協議会群馬支所及び地区民生委員児童委員協議会活動と連携し、地域福祉の向上に努めてまいります。
 続いて、事務分掌について御説明いたします。37ページをごらんください。市民福祉課の事務分掌は、民生委員及び児童委員に関すること、以下記載のとおりでございます。なお、網かけ部分は市民経済常任委員会の所管となります。
 以上で平成26年度の主な施策・事業、事務分掌の説明を終わります。よろしくお願いいたします。
○委員長(丸山覚君) 次に、新町支所長お願いします。。
◎新町支所長(樋口康弘君) 新町支所の本委員会の所管は、市民福祉課でございます。職員は支所長以下22人でございます。39ページをお願いします。
 新町支所におけます平成26年度の主な施策・事業は、地域福祉への取り組み、障害者福祉への取り組み、子育て支援への取り組み、高齢者・介護保険への取り組みでございます。子育て支援事業といたしましては、放課後児童クラブや子育て支援センターへの支援を行ってまいります。
 続いて、事務分掌について御説明申し上げます。41ページをごらんください。事務分掌は、民生委員及び児童委員に関すること、以下は記載のとおりです。網かけ部分につきましては市民経済常任委員会の所管に関するものでございます。
 以上で平成26年度の主な施策・事業及び事務分掌の説明を終わります。よろしくお願いいたします。
○委員長(丸山覚君) 次に、榛名支所長お願いします。。
◎榛名支所長(千保芳明君) それでは榛名支所につきまして説明させていただきます。榛名支所の本委員会の所管は、市民福祉課1課でございます。職員数は支所長以下26名でございます。
 43ページをごらんいただきたいと思います。本年度の主な施策・事業でございます。4つございます。地域福祉への取り組み、障害者福祉への取り組み、児童福祉への取り組み、高齢者福祉・介護保険への取り組みでございます。このうち児童福祉への取り組みにつきましては、各小学校区に設置いたしました7つの放課後児童クラブの健全な運営を支援してまいります。
 続きまして、45ページをごらんいただきたいと思います。事務分掌につきまして説明をさせていただきます。市民福祉課でございますが、民生委員及び児童委員に関すること、以下は記載のとおりでございます。なお、網かけ部分は市民経済常任委員会の所管でございます。
 以上で説明を終わらせていただきます。よろしくお願いいたします。
○委員長(丸山覚君) 次に、吉井支所長お願いします。。
◎吉井支所長(吉田護君) 47ページをごらんください。吉井支所の本委員会の所管でございますけれども、市民福祉課で職員は支所長以下26人です。
 平成26年度の主な施策・事業の1点目は、地域福祉への取り組みとして、社会福祉協議会吉井支所及び吉井地区民生児童委員協議会と協働して、地域福祉の向上に努めてまいります。2点目は、障害福祉への取り組みとして、必要なサービスと自立のための支援を行ってまいります。3点目でございますけれども、子育て支援事業の取り組みとして、放課後児童クラブの運営の支援をしてまいります。4点目でございますが、高齢者福祉・介護保険への取り組みとして介護予防事業など各事業の実施をしてまいります。
 続きまして、事務分掌について御説明いたします。1枚おめくりください。事務分掌は、民生委員及び児童委員に関すること、以下は記載のとおりです。なお、網かけの部分につきましては、市民経済常任委員会の所管となります。
 以上で平成26年度の主な施策・事業及び事務分掌の説明を終わります。よろしくお願いいたします。
○委員長(丸山覚君) 説明は終わりました。
 本件に対し御質疑等がありましたらお願いいたします。────なければ本件を終結いたします。
 以上で本日の議題を終わります。
  ───────────────────────────────────────────
△報告事項 ・風しん抗体検査後予防接種一部助成事業の実施について
○委員長(丸山覚君) 次に、報告事項に入ります。
 風しん抗体検査後予防接種一部助成事業の実施について、説明をお願いいたします。
◎保健予防課長(砂盃美樹枝君) 風しん抗体検査後予防接種一部助成事業の実施について御報告させていただきます。配付させていただきました資料をごらんください。
 平成25年度に流行しました風しん感染者の中心は20代から40代ですが、この年代は風しんの予防接種を受ける機会が少なかった世代になります。昨年度、大人の風しん予防接種費用の一部助成を行いましたが、約8割から9割は既に抗体を持っているということから、真に予防接種が必要な人を抽出して効果的な予防接種につなげるために今年度から風しん抗体検査事業を実施しております。風しんの免疫を持たない女性が妊娠前半期に感染しますと胎児にも感染して、先天性の白内障や心臓病、難聴などの障害が見られることがあります。このことから生まれてくる赤ちゃんを風しんの感染から守るため抗体検査の結果、抗体価が低い人に風しん予防接種費用の一部を助成するというものでございます。
 1の助成対象者につきましては、風しん抗体検査事業による検査、これは血液検査になりますが、この検査の結果、抗体価の低い人を対象といたします。抗体価が低いということは十分な免疫がないため感染しやすいということです。風しん抗体検査事業は国庫補助事業で実施するもので、資料の下に参考として記載させていただきましたので、御参照ください。
 2の助成額につきましては、接種費用の約半額の麻しん風しん混合ワクチンは5,000円、風しん単独ワクチンは3,000円とさせていただきます。これは平成25年度助成と同額です。助成回数は1人1回とさせていただきます。
 4の助成期間ですが、平成26年4月1日から平成27年3月31日とさせていただきます。6月1日号の広報で周知したいと考えておりますので、対象となる方で4月、5月に既に接種された方につきましては償還払いをさせていただきます。
 5の申請方法につきましては、風しん抗体検査の結果を持参していただきまして、保健予防課または地域の保健センターの窓口で予防接種の予診票の交付申請をしていただきますが、窓口に来られない場合は検査結果や申請書等を郵送していただければ、予診票をお送りいたします。この予診票を持って市内の実施医療機関で接種していただきます。現在、風しんの流行は落ち着いておりますが、予防接種を行うことで、風しんの蔓延防止と先天性風しん症候群の予防に努めてまいりたいと考えております。なお、この報告につきましては、全ての議員の皆様に資料の配付をさせていただきます。
○委員長(丸山覚君) 説明は終わりました。
 本件に対し御質疑等がありましたらお願いいたします。────なければ本件を終結いたします。
 以上で報告事項を終わります。
  ───────────────────────────────────────────
△その他
○委員長(丸山覚君) 次に、その他として執行部から何かありましたらお願いいたします。
 なければ、この際、委員の方々から執行部に対し、お聞きしたいことがあればお願いいたします。
  ───────────────────────────────────────────
△閉会
○委員長(丸山覚君) なければ、この後、所管施設等の現地視察として、動物愛護センター、吉井保育所、吉井福祉センター、吉井障害者自立支援センター、岩鼻長寿センターを視察します。出発は、午後1時10分を予定しておりますので、時間までに議会棟南側ピロティ下に、お集まり願います。
 以上で本日の保健福祉常任委員会を閉会いたします。お疲れさまでした。
                                     午前10時32分閉会

高崎市議会委員会条例第30条第1項の規定によりここに署名する。
 平成26年5月20日

                          保健福祉常任委員会 委 員 長  丸 山  覚