議事ロックス -地方議会議事録検索-


群馬県 高崎市

平成25年 11月15日 市民経済常任委員会−11月15日-01号




平成25年 11月15日 市民経済常任委員会

  平成25年高崎市議会市民経済常任委員会会議録
  ────────────────────────────────────────────
                                平成25年11月15日(金曜日)
  ────────────────────────────────────────────
                  市民経済常任委員会次第
                                  平成25年11月15日(金)
                                     第1委員会室 午後1時
1 報告事項
(1)高崎新観光戦略懇談会の設置について                     (商工観光部)

2 その他
  ────────────────────────────────────────────
出席委員等(10人)
  委 員 長   飯  塚  邦  広  君     委  員   追  川  徳  信  君
  委  員   依  田  好  明  君     委  員   大  竹  隆  一  君
  委  員   田  角  悦  恭  君     委  員   丸  山     覚  君
  委  員   片  貝  喜 一 郎  君     委  員   木  村  純  章  君
  委  員   柴  田  正  夫  君
  議  長   小 野 里     桂  君
  ────────────────────────────────────────────
欠席委員(1人)
  副委員長   林     恒  徳  君
  ────────────────────────────────────────────
説明のため出席した者
  副市長     木  村  正  志  君   副市長     松  本  泰  夫  君
  市民部長    石  橋  達  男  君   市民生活課長  小  石  さ ち 子  君
  人権男女共同参画課長              地域交通課長  舩 渡 川     肇  君
          中  島  武  夫  君
  市民課長    落  合     豊  君   保険年金課長  桜  井  健  次  君
  環境部長    今  井  伸  一  君   環境政策課長  服  部  正  幸  君
  一般廃棄物対策課長               産業廃棄物対策課長
          森  下  英  次  君           松  田  隆  克  君
  環境施設整備室長井  艸  弓  月  君   清掃管理課長  高  橋  健  一  君
  高浜クリーンセンター所長            城南クリーンセンター所長
          根  岸  恵  一  君           大  塚  慶  明  君
  吉井クリーンセンター所長            商工観光部長  深  澤  忠  雄  君
          田  丸  崇  之  君
  産業政策課長  齋  藤  逹  也  君   産業創造館長  清  水  幸  男  君
  商工振興課長  関  根  英  二  君   観光課長    新  井     修  君
  農政部長    野  口  浩  康  君   農林課長    曽  根  光  広  君
  田園整備課長  吉  田     護  君   農業委員会事務局長
                                  須  川  清  孝  君
  倉渕支所地域振興課長              倉渕支所市民福祉課長
          濱  名     誠  君           下  田  康  史  君
  倉渕支所農林建設課長              箕郷支所地域振興課長
          萩  原     治  君           岡  本  正  彦  君
  箕郷支所市民福祉課長              箕郷支所産業課長志  村  正  彦  君
          竹  田  玲  子  君
  箕郷支所建設課長町  田  一  幸  君   群馬支所地域振興課長
                                  南  雲     明  君
  群馬支所市民福祉課長              群馬支所産業課長吉  田  俊  樹  君
          関  根  宗  浩  君
  群馬支所建設課長松  本  孝  行  君   新町支所地域振興課長
                                  齋  藤  忠  男  君
  新町支所市民福祉課長              新町支所建設課長外  所  広  昭  君
          沼     孝  英  君
  榛名支所地域振興課長              榛名支所市民福祉課長
          星  野  真  澄  君           山  口  正  好  君
  榛名支所産業観光課長              榛名支所建設課長久  米  正  昭  君
          木  暮  信  行  君
  吉井支所地域振興課長              吉井支所市民福祉課長
          飯  塚  博  行  君           岡  部  重  成  君
  吉井支所産業課長高  橋  秀  昭  君   吉井支所建設課長内  田  昌  孝  君
   ────────────────────────────────────────────
事務局職員出席者
  局長      田  口  幸  夫      庶務課長    田  中  謙  一
  議事課長    佐  藤     誠      議事課議事担当係長
                                  村  上  正  和
  議事課主任主事 茂  木  美 由 紀


  ────────────────────────────────────────────
△開会
 午後 零時57分開会
○委員長(飯塚邦広君) 定刻前でございますが、ただいまから市民経済常任委員会を開会いたします。
  ────────────────────────────────────────────
△諸般の報告
○委員長(飯塚邦広君) この際、諸般の報告を申し上げます。
 林 恒徳副委員長から都合により本日の会議を欠席する旨の届け出がありました。
 なお、傍聴はあらかじめ許可してあります。
 以上で諸般の報告を終わります。
  ────────────────────────────────────────────
△報告事項 ・高崎新観光戦略懇談会の設置について
○委員長(飯塚邦広君) それでは、報告事項に入ります。
 高崎新観光戦略懇談会の設置について、商工観光部から説明をお願いします。
◎観光課長(新井修君) お手元の配付資料に沿って説明させていただきます。このたび高崎新観光戦略懇談会を設置することになりましたので、その経緯について御報告させていただきます。
 まず、設立の趣旨でございます。富岡製糸場と絹産業遺産群の世界遺産登録を目前に控え、2020年の東京オリンピック開催が決定した現在、世界遺産登録と東京オリンピックは本市に大きな経済効果をもたらします。この効果をさらに大きなものとするためには、民間事業者や関係団体との連携を図りながら本市への誘客に向けた取り組みが必要となります。そこで高崎新観光戦略懇談会を設置し、多方面からの意見を今後の事業に反映させて本市の観光振興を推進してまいりたいというものでございます。
 次に、組織でございます。この懇談会は、観光・物産・国際交流団体、スポーツ団体、運輸鉄道事業者、経済団体、青年団体、民間企業、学識者、行政、在住外国人など、21名の委員で構成されております。
 最後に、その他といたしまして、本懇談会につきましては来年の3月までに3回程度の開催を予定しております。第1回懇談会につきましては、今月の25日月曜日に開催する予定でございます。
 以上、雑駁な説明でございますが報告とさせていただきます。なお、本委員会終了後、本資料を各議員の皆様に配付させていただきますのでよろしくお願いいたします。
○委員長(飯塚邦広君) 説明は終わりました。
 本件に対し、御質疑等がありましたらお願いします。
◆委員(木村純章君)戦略懇談会を開かれるというのは大変喜ばしいことだと思います。富岡製糸については来年の6月にうまくいけばいいあんばいになるのでしょうし、オリンピックは7年後という中で、富岡製糸は上信沿線と、ここ高崎が玄関口になると思いますので、前々からお願いをしております群馬県の各市町村との連携については、戦略懇談会、戦略ということなので、どういうふうに考えられているか、再度御説明いただけますか。
◎観光課長(新井修君) 沿線都市になります市町村とは、以前もお話させていただいたことがございますが、西上州観光連盟というところの中で、この世界遺産登録に向けた取り組みを連携してやってまいりたいということで、意見のほうは一致しているのですけれども、具体的にという話になりますと、これだという決まったものはございませんが、連携した形で来年度、その取り組みに向けた準備を今年度中から始めたいということで、先般皆さんとお集まりした中で、そのように話がまとまったというふうに伺っております。
◆委員(木村純章君) 沿線の話になると、例えば甘楽町は何を進めていくとか、富岡市は何だとか、下仁田町は何とか。それで高崎の場合には、高崎駅の中にお土産屋さんというのですかね、いわゆる群馬県のすべてがそろっているとは思うのですけれども、そういう中で、より分けて高崎は何をしていくかとか、何を売っていくかとか、そういうものも非常に大事になってくると思うのです。
 それで、この21名のメンバーは、当然世界遺産になるのとオリンピックをにらんでいくと、外国の方が見えることを想定して、タクシー業界さんとか英語が話せる人とか何々語が話せる人とかいうものを検討して、そういうものも全て含んだ戦略会議ということですか。
◎観光課長(新井修君) 幅広い分野の委員さんにさまざまな角度から御意見をいただくということで、ごらんの方に委員になっていただきました。
◆委員(木村純章君) 実は、せんだって白馬村役場さんにお邪魔をしまして、やはり白馬村のほうも冬場5万人くらいのオーストラリアからスキーのお客さんが見えるらしいのですね。そういったときに役場の観光課長が話されていたのは、成田におりて新幹線の軽井沢駅と長野駅におりるという想定のもとで、長野市と軽井沢町と連携して誘客をしていくと。要するに群馬県に例えると、高崎市が群馬県がやっていることを一手に引き受けてやっていかないと。それで振り分けですよね。そういう存在になっていただきたいと思うのですけれども、部長どうですか。
◎商工観光部長(深澤忠雄君) この新観光戦略懇談会って、ちょっと名前がいかめしいのでございますけれども、言ってみればおもてなし懇談会のような位置づけと考えていただければありがたいなと思っております。今お話が出ましたように、この中で鉄道事業者ですとかいろいろな関係の方々がいらっしゃいますけれども、今お話の出ました軽井沢ですとか、草津とか伊香保とか、こういったところとも連携をして、群馬の玄関口である高崎市がどういう形でこのチャンスを全県的に、そしてそれが最終的に高崎市の経済効果となり得るかということを十分ここで議論していただき、すぐ取り組めるものはすぐに、そして中長期的に取り組むべきものはまた別のところで十分に議論していくというような形で、今私どもは考えておるわけでございます。
◆委員(木村純章君) わかりました。しつこくてすみませんけれども、毎回部長と課長とこういうお話をさせていただいて、確認の意味でなのですけれども、7年後のオリンピックについてはまだ時間があるかと思うのですよね。富岡製糸ついても本当に各市町村も含めて、群馬県も力を入れて、今日は市長がいらっしゃらないのであれですけれども、ぐんまちゃんっていうイメージキャラクターもあるとは思うのですけれども、そういう中でくどいようですけれども、群馬県がやっているようなことをやっていかないと、この玄関口としての役割が難しいというか、単なる通過点になってしまうと困るってことは一致していると思うのです。それと何々トラベルさんってありますよね。JTBさんも含めて楽天さんとか。そういったところとも連携して、どういったお客さんがどういうもので来るかというのもぜひ、ここの民間企業に入るのかちょっとわからないのですが、メンバー構成はそちらが選ばれるので、ああじゃねえこうじゃねえと言わないですけれども、部長も課長も遊び人じゃないと思うので、私は遊び人なのでふらふらふらふらいろんなところを見ているのですけれども、そういう中で観光っていかにお金を落としてもらうかとかが大事だと思うのです。ぜひかしこまった戦略懇談会じゃなくて、トラベル会社さんからも情報を仕入れながら、群馬県の雄ですので、群馬県のお株を内緒で取りながら、しっかり取り組んでいただきたいと思います。頑張ってください。よろしくお願いします。
○委員長(飯塚邦広君) ほかにありませんか。────なければ本件を終結いたします。
 以上で報告事項を終わります。
  ────────────────────────────────────────────
△その他
○委員長(飯塚邦広君) 次に、その他として執行部から何かありましたらお願いします。
 なければ、この際委員の方々から執行部に対し、お聞きしたいことがありましたらお願いします。
◆委員(依田好明君) 農政って言うか、減反のことについてお聞きします。政府が今月6日に減反を5年後の2018年には廃止する方針というのを示したということなのですけれども、それでこれまでずっと米価の下落を抑えるためということで、減反を割り当ててきたわけなのですけれども、40年以上続けてきた減反政策というものを大転換するわけで、農家の中には不安も広がっているのですね。1反当たり1万5,000円の補助金がなければやっていけないという農家の声も聞いています。高崎市は中山間地域など、効率を上げるのは難しい地域も多いので大変だと思うのですけれども、そしてまた農業そのものが抱える問題として耕地面積が減り続け、高齢化も深刻になっていると思うのです。そこでお聞きしますけれども、高崎市における減反といいますか、平成25年度の稲作の目標面積はどれくらいになっているのでしょうか。
◎農林課長(曽根光広君) お答えいたします。
 本市の平成25年度における目標面積ということですが、平成25年度産米の生産目標面積は1,857ヘクタールというふうになっております。
◆委員(依田好明君) 減反をしない場合の全体の耕作面積はどれくらいなのでしょうか。
◎農林課長(曽根光広君) 減反をするに当たっての基礎水田面積というのがあるのですが、こちらが3,280ヘクタールというふうになっております。
◆委員(依田好明君) つまり減反を含めて耕作放棄地なんかもあるかと思うのですけれども、米づくりをしない面積というのがどんどんふえていっているわけですよね。そういうことで、農業への展望がなかなか見えにくい状況なのですけれども、新規就農者についてお伺いしたいのですけれども、今年度実施してます青年就農給付金は、今何件位申し込まれているのでしょうか。
◎農林課長(曽根光広君) 本年度の申請件数でございますが、現在20件でございます。ただ、9月の議会で補正予算を御議決いただきまして、さらに15件分の予算措置ができておりまして、現在そういった関係から給付要件等についてのお問い合わせ等をいただいている状況でございます。
◆委員(依田好明君) 今後、TPPなんかもありまして、関税が引き下げられ、それで農産物の輸入がふえるってことで、農業の環境も一層厳しくなると思うのですけれども、農業をやる人が希望を持って、あるいは意欲を持って取り組めるように進めてもらいたいと思うのですけれども、今、新規就農者っていうことなのですけれども、農家の後継者に対する施策についても、ぜひ考えていただきたいと要望しておきます。
 雇用問題について、商工観光部の範囲かと思うのですけれども、この2年余り高崎市が住環境改善助成事業とか中小企業への金融支援、そして今年度はまちなか商店リニューアル助成事業なんかを展開していただきまして、高崎市を活性化させる事業に取り組んでいただいているのを大いに評価しているのですけれども、こういった中で、働く人たちの雇用とか給与の伸びがどうなっているのかっていうのが懸念されると思うのですよね。今日の各新聞にも出ていたのですけれども、内閣府から最近の7〜9月期のGDP速報が発表されたのですけれども、雇用者の報酬は0.6%減っているのですね。それから、消費は0.1%しか伸びなかったということなのですけれども、月を追って個人消費の伸びが落ちていると思うのですよね。消費税が3%から5%に上がった1997年から、働く者の年収が70万円も減ってきている。それから非正規で働いている人がますますふえているのですよね。そういう中で、富裕層のところで少し消費が伸びているけど、一般の個人消費が伸びないのはそういうことが原因だと思うのですけれども、そこで、高崎市の全体の雇用数、そしてその正規非正規の割合はどうなっているのかをお聞きしたいのです。
◎産業政策課長(齋藤逹也君) お答えいたします。
 ハローワーク高崎管内の数字でございますけれども、9月の求職者数は、新規学卒者を除き458人で、内正規社員が279人、パートにつきましては179人、9月の就職者における正規社員の割合は61%、パート社員の割合は39%となってございます。
◆委員(依田好明君) 私は非正規の人というのをできるだけ少なくするべきだと考えているのですけれど、正規社員でもいわゆるブラック企業というのですか、そういう問題は深刻だと思うのですよね。規制すべきだと考えているのです。そこで最近、長時間労働だとか解雇だとかパワハラだとか労働をめぐるトラブルなどはふえているのでしょうか。最近の状況など掌握していましたら、よろしくお願いします。
◎産業政策課長(齋藤逹也君) お答えいたします。
 これも群馬県県民労働相談センターの平成24年度の相談件数なのですが1,567件、過去最大だった平成21年度の1,619件に次いで2番目に多い件数となってございます。そのうち解雇、退職勧告にかかわる相談は全体の10.1%、職場の人間関係に関する相談が7.3%になっております。また、高崎市が行う市民就業相談、これにつきましては平成24年度の相談件数が41件で、嫌がらせに関する相談が4件、雇用等に関する相談が4件となっており、平成23年度と比べ相談の総件数で4件増加してございます。
◆委員(依田好明君) お答えいただきましてありがとうございます。ブラック企業だけじゃないのですけれども、そういったところで職場の嫌がらせとかパワハラなどで、うつ病とかメンタルヘルスを病んでしまう事例も多くなっていると思うのですね。そうなると、その後の人生とか仕事にも大きな悪影響があるわけで、こうした雇用をめぐる取り組みを高崎市としてもぜひ強化していただきたいと思うのです。いよいよ来春には消費税増税が控えているので、今のように物価だけ上がって賃金が上がらない状況では、一般庶民の生活が大変になるばかりなので、ぜひ高崎市政をあげて、市民の生活を守る施策を進めていただきたいと思います。
○委員長(飯塚邦広君) ほかにありませんか。
  ────────────────────────────────────────────
△閉会
○委員長(飯塚邦広君) なければ、以上で、本日の市民経済常任委員会を閉会いたします。
                                      午後 1時16分閉会

高崎市議会委員会条例第30条第1項の規定によりここに署名する。
 平成25年11月15日

                      市民経済常任委員会 委 員 長  飯  塚  邦  広