議事ロックス -地方議会議事録検索-


群馬県 高崎市

平成25年  9月 定例会(第4回)−09月26日-06号




平成25年 9月 定例会(第4回)

  平成25年第4回高崎市議会定例会会議録(第6日)
  ───────────────────────────────────────────
                                 平成25年9月26日(木曜日)
  ───────────────────────────────────────────
                 議 事 日 程 (第6号)
                                平成25年9月26日午後1時開議
第 1 議案第 88号 平成24年度高崎市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定について
    議案第 89号 平成24年度高崎市水道事業会計及び高崎市公共下水道事業会計決算認定について
    議案第 93号 請負契約締結について(高崎公園・烏川緑地間人道橋築造工事)
    議案第 94号 財産の取得について(顕微鏡及び顕微鏡木箱)
    議案第 95号 高崎サウンド創造スタジオ設置及び管理に関する条例の制定について
    議案第 96号 高崎市くらぶち小栗の里設置及び管理に関する条例の制定について
    議案第 97号 高崎市職員退職手当に関する条例等の一部改正について
    議案第 98号 高崎市緑化基金条例の制定について
    議案第 99号 高崎市市税条例の一部改正について
    議案第100号 高崎市国民健康保険税条例の一部改正について
    議案第101号 高崎市子ども・子育て会議条例の制定について
    議案第102号 高崎市指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について
    議案第105号 平成25年度高崎市一般会計補正予算(第4号)
    議案第106号 平成25年度高崎市介護保険特別会計補正予算(第2号)
第 2 報告第  7号 専決処分の報告について
第 3 議案第107号 高崎市教育委員会委員の任命同意について
第 4 議案第108号 高崎市等公平委員会委員の選任同意について
第 5 議案第109号 高崎市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について
第 6 議案第110号 人権擁護委員候補者の推薦について
    議案第111号 人権擁護委員候補者の推薦について
    議案第112号 人権擁護委員候補者の推薦について
第 7 議員提出第8号議案 議員派遣について(金沢市との都市間交流)
    議員提出第9号議案 議員派遣について(議会活性化調査検討委員会行政視察)
第 8 委員会の閉会中の継続調査について
  ───────────────────────────────────────────
本日の会議に付した事件
(議事日程に同じ)
  ───────────────────────────────────────────
出席議員(40人)
     1番   林     恒  徳  君      3番   追  川  徳  信  君
     4番   時  田  裕  之  君      5番   新  保  克  佳  君
     6番   依  田  好  明  君      7番   清  塚  直  美  君
     8番   ぬ で 島  道  雄  君      9番   大  竹  隆  一  君
    10番   飯  塚  邦  広  君     11番   白  石  隆  夫  君
    12番   渡  邊  幹  治  君     13番   田  角  悦  恭  君
    14番   根  岸  赴  夫  君     15番   逆 瀬 川  義  久  君
    16番   長  壁  真  樹  君     17番   高  井  俊 一 郎  君
    18番   丸  山     覚  君     19番   堀  口     順  君
    20番   片  貝  喜 一 郎  君     21番   後  閑  太  一  君
    22番   柄  沢  高  男  君     23番   青  柳     隆  君
    24番   後  閑  賢  二  君     25番   松  本  賢  一  君
    26番   三  島  久 美 子  君     27番   寺  口     優  君
    28番   石  川     徹  君     29番   木  村  純  章  君
    30番   山  田  行  雄  君     31番   岩  田     寿  君
    32番   小 野 里     桂  君     33番   丸  山  和  久  君
    34番   田  中  英  彰  君     35番   高  橋  美 奈 雄  君
    36番   高  橋  美  幸  君     37番   柴  田  正  夫  君
    38番   竹  本     誠  君     39番   柴  田  和  正  君
    40番   田  中  治  男  君     41番   木  暮  孝  夫  君
  ───────────────────────────────────────────
欠席議員(なし)
  ───────────────────────────────────────────
説明のため出席した者
  市長      富  岡  賢  治  君   副市長     木  村  正  志  君
  副市長     松  本  泰  夫  君   総務部長    植  原  佳  彦  君
  財務部長    北  島     晃  君   市民部長    石  橋  達  男  君
  福祉部長    深  澤     武  君   福祉部子育て支援担当部長
                                  谷  川     浩  君
  保健医療部長  鈴  木     潔  君   環境部長    今  井  伸  一  君
  商工観光部長  深  澤  忠  雄  君   農政部長    野  口  浩  康  君
  建設部長    田  村  利  夫  君   都市整備部長  山  口     聡  君
  倉渕支所長   飯  島     均  君   箕郷支所長   坂  田  隆  明  君
  群馬支所長   歌  代  典  彦  君   新町支所長   藤  本  和  子  君
  榛名支所長   峯  岸  貴 美 次  君   吉井支所長   大  谷  則  之  君
  会計管理者   堀  口  則  正  君   教育長     飯  野  眞  幸  君
  教育部長    上  原  正  男  君   中央図書館長  横  手  卓  敏  君
  教育部学校教育担当部長             選挙管理委員会事務局長(併任)
          戸  塚  太  重  君           植  原  佳  彦  君
  代表監査委員  村  上  次  男  君   監査委員事務局長岡  田  秀  祐  君
  上下水道事業管理者               水道局長    清  塚  隆  弘  君
          石  綿  和  夫  君
  下水道局長   清  水     豊  君   消防局長    眞  下  和  宏  君
  生活衛生課長  信  澤  敏  夫  君   箕郷支所建設課長町  田  一  幸  君
  ───────────────────────────────────────────
事務局職員出席者
  局長      田  口  幸  夫      庶務課長    田  中  謙  一
  議事課長    佐  藤     誠      議事課議事担当係長
                                  村  上  正  和
  議事課主任主事 冨  所  秀  仁      議事課主任主事 野  口     洋
  ───────────────────────────────────────────
△開議
 午後 1時00分開議
○議長(小野里桂君) これより本日の会議を開きます。
 本日の会議は、議席に配付いたしました議事日程(第6号)に基づき議事を進めます。
  ───────────────────────────────────────────
△日程第1 議案第 88号 平成24年度高崎市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定について
      議案第 89号 平成24年度高崎市水道事業会計及び高崎市公共下水道事業会計決算認定について
      議案第 93号 請負契約締結について(高崎公園・烏川緑地間人道橋築造工事)
      議案第 94号 財産の取得について(顕微鏡及び顕微鏡木箱)
      議案第 95号 高崎サウンド創造スタジオ設置及び管理に関する条例の制定について
      議案第 96号 高崎市くらぶち小栗の里設置及び管理に関する条例の制定について
      議案第 97号 高崎市職員退職手当に関する条例等の一部改正について
      議案第 98号 高崎市緑化基金条例の制定について
      議案第 99号 高崎市市税条例の一部改正について
      議案第100号 高崎市国民健康保険税条例の一部改正について
      議案第101号 高崎市子ども・子育て会議条例の制定について
      議案第102号 高崎市指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について
      議案第105号 平成25年度高崎市一般会計補正予算(第4号)
      議案第106号 平成25年度高崎市介護保険特別会計補正予算(第2号)
○議長(小野里桂君) 日程第1、議案第88号 平成24年度高崎市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定について、議案第89号 平成24年度高崎市水道事業会計及び高崎市公共下水道事業会計決算認定について、議案第93号 請負契約締結について(高崎公園・烏川緑地間人道橋築造工事)から議案第102号 高崎市指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について、議案第105号 平成25年度高崎市一般会計補正予算(第4号)及び議案第106号 平成25年度高崎市介護保険特別会計補正予算(第2号)、以上14議案を一括して議題といたします。
 本案は、去る9月4日、総務教育、保健福祉、市民経済、建設水道の各常任委員会及び都市集客施設調査特別委員会にそれぞれ付託いたしました。
 このほど審査を終了し、各委員長から審査報告書が提出されましたので、報告を求めます。
        ───────────────────────────────
                                      平成25年9月26日
 高崎市議会議長  小野里   桂 様

                      総務教育常任委員会委員長     ぬで島 道 雄
                      保健福祉常任委員会委員長     逆瀬川 義 久
                      市民経済常任委員会委員長     飯 塚 邦 広
                      建設水道常任委員会委員長     青 柳   隆
                      都市集客施設調査特別委員会委員長 柴 田 正 夫

     委員会の審査報告書
 平成25年9月4日に委員会付託された下記案件を審査の結果、別紙のとおり決定したので会議規則第109条の規定により報告します。
                       記
 議案第 88号 平成24年度高崎市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定について
 議案第 89号 平成24年度高崎市水道事業会計及び高崎市公共下水道事業会計決算認定について
 議案第 93号 請負契約締結について(高崎公園・烏川緑地間人道橋築造工事)
 議案第 94号 財産の取得について(顕微鏡及び顕微鏡木箱)
 議案第 95号 高崎サウンド創造スタジオ設置及び管理に関する条例の制定について
 議案第 96号 高崎市くらぶち小栗の里設置及び管理に関する条例の制定について
 議案第 97号 高崎市職員退職手当に関する条例等の一部改正について
 議案第 98号 高崎市緑化基金条例の制定について
 議案第 99号 高崎市市税条例の一部改正について
 議案第100号 高崎市国民健康保険税条例の一部改正について
 議案第101号 高崎市子ども・子育て会議条例の制定について
 議案第102号 高崎市指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について
 議案第105号 平成25年度高崎市一般会計補正予算(第4号)
 議案第106号 平成25年度高崎市介護保険特別会計補正予算(第2号)
        ───────────────────────────────
                  付託議案の委員会審査結果
〇 総務教育常任委員会
┌───────┬───────────────────────────────┬─────┐
│ 議 案 番 号 │       件                 名      │ 審査結果 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│ 議案第88号 │平成24年度高崎市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定について│ 賛成多数 │
│       │(所管部分)                         │ 可  決 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│ 議案第94号 │財産の取得について(顕微鏡及び顕微鏡木箱)          │ 全会一致 │
│       │                               │ 可  決 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│ 議案第95号 │高崎サウンド創造スタジオ設置及び管理に関する条例の制定について│ 全会一致 │
│       │                               │ 可  決 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│ 議案第96号 │高崎市くらぶち小栗の里設置及び管理に関する条例の制定について │ 全会一致 │
│       │                               │ 可  決 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│ 議案第97号 │高崎市職員退職手当に関する条例等の一部改正について      │ 賛成多数 │
│       │                               │ 可  決 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│ 議案第99号 │高崎市市税条例の一部改正について               │ 全会一致 │
│       │                               │ 可  決 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第105号│平成25年度高崎市一般会計補正予算(第4号)(所管部分)   │ 全会一致 │
│       │                               │ 可  決 │
└───────┴───────────────────────────────┴─────┘
〇 保健福祉常任委員会
┌───────┬───────────────────────────────┬─────┐
│ 議 案 番 号 │       件                 名      │ 審査結果 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│ 議案第88号 │平成24年度高崎市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定について│ 賛成多数 │
│       │(所管部分)                         │ 可  決 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第101号│高崎市子ども・子育て会議条例の制定について          │ 全会一致 │
│       │                               │ 可  決 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第102号│高崎市指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営に関する│ 全会一致 │
│       │基準を定める条例の一部改正について              │ 可  決 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第105号│平成25年度高崎市一般会計補正予算(第4号)(所管部分)   │ 全会一致 │
│       │                               │ 可  決 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第106号│平成25年度高崎市介護保険特別会計補正予算(第2号)     │ 全会一致 │
│       │                               │ 可  決 │
└───────┴───────────────────────────────┴─────┘
〇 市民経済常任委員会
┌───────┬───────────────────────────────┬─────┐
│ 議 案 番 号 │       件                 名      │ 審査結果 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│ 議案第88号 │平成24年度高崎市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定について│ 賛成多数 │
│       │(所管部分)                         │ 可  決 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第100号│高崎市国民健康保険税条例の一部改正について          │ 全会一致 │
│       │                               │ 可  決 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第105号│平成25年度高崎市一般会計補正予算(第4号)(所管部分)   │ 全会一致 │
│       │                               │ 可  決 │
└───────┴───────────────────────────────┴─────┘
〇 建設水道常任委員会
┌───────┬───────────────────────────────┬─────┐
│ 議 案 番 号 │       件                 名      │ 審査結果 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│ 議案第88号 │平成24年度高崎市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定について│ 全会一致 │
│       │(所管部分)                         │ 可  決 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│ 議案第89号 │平成24年度高崎市水道事業会計及び高崎市公共下水道事業会計決算│ 全会一致 │
│       │認定について                         │ 可  決 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│ 議案第93号 │請負契約締結について(高崎公園・烏川緑地間人道橋築造工事)  │ 全会一致 │
│       │                               │ 可  決 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│ 議案第98号 │高崎市緑化基金条例の制定について               │ 全会一致 │
│       │                               │ 可  決 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第105号│平成25年度高崎市一般会計補正予算(第4号)(所管部分)   │ 全会一致 │
│       │                               │ 可  決 │
└───────┴───────────────────────────────┴─────┘
〇 都市集客施設調査特別委員会
┌───────┬───────────────────────────────┬─────┐
│ 議 案 番 号 │       件                 名      │ 審査結果 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│ 議案第88号 │平成24年度高崎市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定について│ 賛成多数 │
│       │(所管部分)                         │ 可  決 │
├───────┼───────────────────────────────┼─────┤
│議案第105号│平成25年度高崎市一般会計補正予算(第4号)(所管部分)   │ 全会一致 │
│       │                               │ 可  決 │
└───────┴───────────────────────────────┴─────┘
        ───────────────────────────────
                 (総務教育常任委員会委員長 ぬで島道雄君登壇)
◎総務教育常任委員会委員長(ぬで島道雄君) ただいま議題となりました議案第88号 平成24年度高崎市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定についての所管部分、議案第94号 財産の取得について(顕微鏡及び顕微鏡木箱)から議案第97号 高崎市職員退職手当に関する条例等の一部改正について、議案第99号 高崎市市税条例の一部改正について及び議案第105号 平成25年度高崎市一般会計補正予算(第4号)の所管部分、以上7議案について、去る9月4日の本会議において本委員会に付託され、9月13日午前10時から審査を行ったものです。
 それでは、審査の概要を御報告いたします。
 議案第88号の所管部分、一般会計、歳入17款財産収入2項財産売払収入では、近年より多額になっている土地売払収入の内訳について質疑があり、管財課や各支所分の用途廃止道路などの売り払いのほか、平成24年度はスマートインターチェンジの事業区分の変更に伴い、本市が取得した土地を東日本高速道路株式会社に売り払った分があるとの答弁がありました。
 21款諸収入5項雑入では、学校等給食事業収入の収入未済額が増加しているが、今までよりさらに一歩踏み込んだ対策は考えているのかとの質疑があり、弁護士等と相談しながら強い督促を行っている。今後コンビニでの支払い等も含め、ソフト、ハードの両方を駆使して少しでも減らす努力を続けなければいけないと考えているとの答弁がありました。
 続いて、歳出について申し上げます。2款総務費1項総務管理費では、心の病によって休職している職員へのケアについて質疑があり、職場復帰のためのプログラムを用意しており、ならし勤務など各段階に応じたサポートを行っているとの答弁がありました。
 2項文化振興費では、群馬音楽センターのトイレ改修工事により問題は改善されたのかとの質疑があり、高齢者や障害者に配慮したトイレを増設して明るく清潔なトイレとなり、施設のイメージが向上した。また、従来は公演の休憩中にトイレに入れなかった方がいたが、現在では全員が客席まで戻れるようになり、好評であるとの答弁がありました。
 10款教育費2項小学校費及び3項中学校費では、耐震補強工事の進捗状況について質疑があり、平成25年4月1日時点で75.5%の進捗率であり、82棟が残っているとの答弁がありました。
 7項社会教育費では、歴史的建造物調査の内容と成果について質疑があり、旧新町屑糸紡績所の各建造物について、現地での実測調査をもとに平面図、断面図を作成するとともに、昔の図面の資料調査などを行って各建造物の建築年代等を把握することができ、今後の紡績所の保存と活用に向けて大きく前進したとの答弁がありました。
 次に、議案第95号では、新聞報道されているスタジオの名称に個人名が入っていることについて質疑があり、より親しみを持てるよう、通称を予定している旨のお知らせをした。また、名前が前面に出ることでプロミュージシャンからの信頼を得て、利用促進拡大が図れると考えているとの答弁がありました。
 続いて、議案第96号では、小栗公をどのように顕彰して売り出していくのかとの質疑があり、東善寺などに人が回るための拠点の施設と位置づけている。さらに、倉渕の自然などと連携して観光面を盛り上げていきたいとの答弁がありました。
 次に、議案第97号では、なぜ国家公務員の退職手当に準じなければならないのかとの質疑があり、情勢適応の原則や均衡の原則に従い、従来から国、県の対応に準じて所定の改定を行っており、今回の退職手当の拡充についても、国、県の改定状況を踏まえた上で、本市として自主的な判断に基づき改正するものであるとの答弁がありました。
 続いて、議案第105号の所管部分、歳出10款教育費では、小・中学校へのエアコンの設置工事は全て市内業者で対応するのかとの質疑があり、市内の業者にできるだけするというのは変わらない方針であり、それに基づいて入札等を行いたいとの答弁がありました。
 以上が質疑・答弁の主な内容であります。
 続いて、採決の結果について御報告をいたします。議案第88号の所管部分は、起立採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。
 続いて、議案第94号、議案第95号、議案第96号、議案第99号及び議案第105号の所管部分は、起立採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。また、議案第97号は、起立採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、本委員会における審査の概要と結果を述べまして、報告といたします。
                 (保健福祉常任委員会委員長 逆瀬川義久君登壇)
◎保健福祉常任委員会委員長(逆瀬川義久君) ただいま議題となりました議案第88号 平成24年度高崎市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定についての所管部分、議案第101号 高崎市子ども・子育て会議条例の制定について、議案第102号 高崎市指定障害福祉サービスの事業等の人員、設備及び運営に関する基準を定める条例の一部改正について、議案第105号 平成25年度高崎市一般会計補正予算(第4号)の所管部分及び議案第106号 平成25年度高崎市介護保険特別会計補正予算(第2号)、以上5議案については、去る9月4日の本会議において本委員会に付託され、9月17日午前10時から審査を行ったものです。
 それでは、審査の概要と結果を御報告いたします。
 議案第88号の所管部分、一般会計、歳入14款使用料及び手数料1項使用料では、保健所の駐車場使用料の前年比2割減の理由について質疑があり、利用料金、利用時間の変更はなく、買い物等で街中を利用する人の減少によるとの答弁がありました。
 続いて、歳出について申し上げます。2款総務費1項総務管理費では、返還金の意味及び子ども手当国庫負担金返還金が多額の理由について質疑があり、国庫支出金については、当年度の実績により翌年度に過不足を精算するものであり、交付金額が実績を下回れば返還することになる。子ども手当国庫負担金返還金は、平成23年10月に子ども手当特別措置法が施行されたことに伴う支給額の変更により新規申請が必要となったが、受給者が申請手続をしなかったため、返還したものであるとの答弁がありました。
 3款民生費1項社会福祉費では、ハーモニー高崎ケアセンターの指定管理料の算定基準及び利用人数について質疑があり、ハーモニー高崎ケアセンターは3施設で構成されており、29人の人件費、事務費、事業運営経費、光熱水費及び施設の保守に係る経費であり、平成24年度の利用者は3施設合計で約3万5,000人との答弁がありました。
 3項高齢者福祉費では、敬老祝金と敬老会運営補助金について合わせて1億5,000万円を超えており、年々対象者がふえていく中で抜本的な見直しについて質疑があり、他市の状況を調査したり、第5期の介護保険事業計画の際にも介護保険協議会で議論していただいたりしているが、100歳まで長く生きてきた方への敬意を払う意味でも、すぐにやめるということはできないが、各市の状況やいろいろな人の意見を聞きながら慎重に取り扱っていきたいとの答弁がありました。
 また、高齢者社会参加促進補助金の内容について質疑があり、高齢者が積極的に社会参加し、交流を深めるための事業を行うための補助で、70歳以上のひとり暮らしで閉じこもりがちな人への声かけ運動などに取り組んでいるとの答弁がありました。
 また、高齢者買い物支援事業について、実施内容と利用者の現状及び成果について質疑があり、移動販売事業者への補助と倉渕地域買い物支援事業であり、移動販売事業では、24年度末で9事業者へ補助を行っており、週に1回から3回、1回に10カ所から15カ所程度回っていただき、1日10人から30人程度利用し好評を得ているが、倉渕地域買い物支援事業では、過疎地有償運送事業として実施し、23人の登録があり、運行回数は4回、延べ8人の利用で低調だったとの答弁がありました。
 4款衛生費1項保健衛生総務費では、多野藤岡医療事務組合負担金について、内容及び今後の方向性について質疑があり、藤岡市にある公立藤岡総合病院への補助金で、藤岡市、高崎市、神流町、上野村の4市町村で構成しており、吉井の合併に伴い加入している。高崎市では6.2%、3,500万円ほど負担している。今後については、検討課題として認識しているが、組合全体の問題でもあり、脱退や解散をする場合には、加入団体の負担についても協議する必要があるので、将来的には検討していきたいとの答弁がありました。
 また、不妊治療費助成金、特定不妊治療費助成金について、申請者の妊娠件数について質疑があり、不妊治療費助成金は、申請者454人のうち89人、特定不妊治療費助成金は、申請者668人のうち、実質の申請者372人のうち138人、合計で227人が妊娠に至ったとの答弁がありました。
 また、ピロリ検診委託料と胃がんリスク検診委託料について、先進都市としての今後の取り組みについて質疑があり、胃がんの関係は、バリウム検診、ABC検診、二十歳のピロリ等があるが、2次予防としての早期発見、早期治療の柱としてはバリウムを継続し、疾病予防という点では、ピロリ検診等で除菌していくことは非常に重要だと考えるので、あわせて拡充していきたいとの答弁がありました。
 次に、議案第101号では、条例案を作成するに当たって関係者の意見聴取について質疑があり、審議会の組織運営についてということで、条例作成に当たっては、行政外部からの特別な意見聴取は行っていないとの答弁がありました。
 次に、議案第102号では、条例の一部改正の背景について質疑があり、施設の利用が大幅にふえているが、通所支援施設が存在せず、距離的に遠くなるという理由から、利用困難な障害児がいる。これを解消するために、介護保険施設で障害児の通所支援事業を可能とするために改正するものであるとの答弁がありました。
 次に、議案第105号の所管部分、歳出3款民生費では、保育士等処遇改善臨時特例事業費補助金の内容について質疑があり、国において、待機児童の早期解決を図るため、保育士の人材確保対策を推進する一環として、保育士の処遇改善に対して補助金を交付するものであるとの答弁がありました。
 次に、議案第106号の歳出では、認知症医療支援診療所(仮称)地域連携モデル事業の概要について質疑があり、本年7月に国により示されたモデル事業で、認知症の人への早期診断、早期対応を行う認知症医療支援診療所での試行的実施を通じて、地域での認知症への対応力を高めていくものであるとの答弁がありました。
 以上が質疑・答弁の主な内容であります。
 続いて、採決の結果について申し上げます。議案第88号の所管部分は、起立採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。また、議案第101号、議案第102号、議案第105号の所管部分及び議案第106号は、起立採決の結果、いずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、本委員会における審査の概要と結果を述べまして、報告といたします。
                 (市民経済常任委員会委員長 飯塚邦広君登壇)
◎市民経済常任委員会委員長(飯塚邦広君) ただいま議題となりました議案第88号 平成24年度高崎市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定についての所管部分、議案第100号 高崎市国民健康保険税条例の一部改正について及び議案第105号 平成25年度高崎市一般会計補正予算(第4号)の所管部分、以上3議案については、去る9月4日の本会議において本委員会に付託され、9月18日午前10時から審査を行ったものです。
 それでは、審査の概要と結果を御報告いたします。
 議案第88号の所管部分、一般会計、歳入16款県支出金3項委託金では、首都圏自然歩道管理の内容について質疑があり、別名関東ふれあいの道と呼ばれ、1都6県を周遊する総延長1,799キロメートルの長距離自然歩道であり、保全及び利用者の安全に資することを目的に、草刈り及び小規模修繕について、高崎市内のコースの一部を群馬県から委託されている事業であるとの答弁がありました。
 21款諸収入3項貸付金元利収入では、商工費貸付金元利収入の金額が大きいが、一般会計と切り離し、別会計としたらどうかとの質疑があり、本市においては、収益事業か法律で定められている事業を特別会計としている。予算規模等も変わってくるため、政策的な部分も含めて検討し対応したいとの答弁がありました。
 続いて、歳出について申し上げます。2款総務費1項総務管理費では、北高崎駅北口、井野駅東口では券売機、改札機も高崎市が費用負担しているが、JRに半額負担してもらうなど見直しが必要と考えるが、交渉の経緯はとの質疑があり、毎年JRに対して要望しているが、市の請願に基づき設置したものであるため、費用は全額市の負担であるとして、よい回答が得られない状況が続いている。これからも粘り強く交渉していきたいとの答弁がありました。
 3款民生費1項社会福祉費では、DV被害者支援補助金の内容と相談件数について質疑があり、加害者からの追求により生死にかかわるおそれがあり、緊急に住居を移さざるを得ない状況になった被害者に対してその移転費用の一部を補助するもので、平成24年度の相談件数は67件であったとの答弁がありました。
 4款衛生費2項環境衛生費では、放射線測定器を榛名湖に観光客に見える形で設置する考えはとの質疑があり、放射線の測定については、高崎市は120カ所以上実施している。榛名湖についても、数値をホームページでお知らせしているが、現地での表示は今のところしていないとの答弁がありました。
 3項清掃費では、ごみ減量化推進事業について、ごみの総量を減らす方法はとの質疑があり、生ごみの8割が水分であるため、よく水を切って捨てることや、生ごみ処理機、コンポスト等で堆肥化し、家庭菜園等で使用していただくこと、またスーパー等でも実施しているリサイクルコーナーを活用することも効果的であるとの答弁がありました。
 また、城南クリーンセンターにおける施設運転管理委託の状況と老朽化の現状について質疑があり、平成23年度に競争入札により落札した業者に委託し、7名で運転管理を行っている。平成5年より20年稼働しているため、近年老朽化に伴う故障が目立つようになってきたが、綿密な巡視、点検による部品の交換等、定期的な維持管理により機能維持をしているとの答弁がありました。
 6款農林水産業費2項林業費では、有害鳥獣捕獲業務委託料の増加の内容と成果について質疑があり、前年度と比べ120万円の増加となっているが、捕獲頭数の増加が要因となっている。捕獲頭数を見ても、委託の成果が上がっていると考えるとの答弁がありました。
 7款商工費1項商工費では、ビジネス立地奨励金及び産業立地振興奨励金の内容について質疑があり、ビジネス立地奨励金については、操車場跡地に立地した株式会社原田と原株式会社の2社に事業用地取得費の3割を交付した。また、産業立地振興奨励金については、平成24年度は12社に交付し、このうち市外からの企業立地は7社であったとの答弁がありました。
 続いて、国民健康保険事業特別会計では、ジェネリック医薬品の差額通知について質疑があり、増加を続けている医療費の削減と被保険者の個人負担の軽減のため、平成24年度より群馬県国民健康保険団体連合会へ委託し、一定の基準を満たす被保険者へ代替可能なジェネリック医薬品との差額通知を年に2回ほど発送しているとの答弁がありました。
 次に、議案第105号の所管部分、歳出7款商工費1項商工費では、まちなか回遊性向上事業の備品購入費の具体的な内容について質疑があり、高チャリのサイクルポートを利用者数の多い高崎駅西口ペデストリアンデッキなど3カ所に増設、もてなし広場など4カ所に新設する予定で、サイクルラックを62台分とサイドパネル11台分を計上したとの答弁がありました。
 続いて、採決の結果について御報告いたします。議案第88号の所管部分は、起立採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。また、議案第100号及び議案第105号は、起立採決の結果、いずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、本委員会における審査の概要と結果を述べまして、報告といたします。
                 (建設水道常任委員会委員長 青柳 隆君登壇)
◎建設水道常任委員会委員長(青柳隆君) ただいま議題となりました議案第88号 平成24年度高崎市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定についての所管部分、議案第89号 平成24年度高崎市水道事業会計及び高崎市公共下水道事業会計決算認定について、議案第93号 請負契約締結について(高崎公園・烏川緑地間人道橋築造工事)、議案第98号 高崎市緑化基金条例の制定について及び議案第105号 平成25年度高崎市一般会計補正予算(第4号)の所管部分、以上5議案については、去る9月4日の本会議において本委員会に付託され、9月19日午前10時から審査を行ったものです。
 それでは、審査の概要と結果を御報告いたします。
 議案第88号の所管部分、一般会計、歳入14款使用料及び手数料1項使用料では、住宅使用料滞納繰越分の収入未済額に対する今後の対応について質疑があり、現在滞納している世帯であっても、納付意識がある世帯については、入居者との面談を行い、分納や猶予を認めるなどの対応をとるが、納付の意識が希薄な世帯については、明け渡し請求などの法的手段も視野に入れて対応したいとの答弁がありました。
 続いて、歳出について申し上げます。4款衛生費2項環境衛生費では、上水道安全対策事業について、どのような対策を行っているのかとの質疑があり、緊急時に市内各地域の給水区域間で相互融通を図れるよう相互連絡管の整備を行ったり、地震等の災害時に水道水を確保するための緊急遮断弁の設置工事を行っているとの答弁がありました。
 8款土木費3項都市計画費では、区画整理事業の進捗率及び平均事業年数について質疑があり、13地区で進捗率は71.7%であり、平均事業年数は約22年であるとの答弁がありました。
 さらに、今後事業を進捗させていくための対応について質疑があり、計画の見直しを図り、全体の事業費を圧縮したこともあるが、将来的には直接施行なども考えていきたい。また、進めなくてはいけない事業については、予算をつけて事業の促進を図っていく必要があると考えているとの答弁がありました。
 4項住宅費では、多機能型住居整備事業について、今後どのような施設になっていくのかとの質疑があり、中心市街地にある市有地を活用し、住宅や長寿センター、子ども預かり施設、小規模多機能型居宅介護施設、地域密着型の特別養護老人ホームなどを備えた複合施設を整備するものである。施設ができることで、中心市街地の居住人口の増加とにぎわいの創設につながるものと考えているとの答弁がありました。
 財産に関する調書では、公営住宅の面積が減っているのはなぜかとの質疑があり、過去に合筆、分筆などを行った公営住宅の敷地について、財産台帳の整備をしたためであるとの答弁がありました。
 続いて、議案第89号 水道事業会計では、浄水場施設の防犯対策について質疑があり、若田浄水場において24時間体制で集中管理を行っており、無人の浄水場においては、警報等により、すぐに職員が現場に向かえる体制になっているとの答弁がありました。
 次に、議案第93号では、人道橋の転落防止策について質疑があり、道路橋仕様書という基準に従い、1.1メートルの手すりの設置を予定しているとの答弁がありました。
 さらに、人道橋の強度や安全対策について質疑があり、強度については、橋の上を人が埋め尽くしても大丈夫な設計となっており、また設置場所は烏川の計画高水位より上になるため、洪水等の場合でも大丈夫であるとの答弁がありました。
 次に、議案第98号では、緑化基金として蓄えたものは将来的にどのように使っていくのかとの質疑があり、この基金を活用した具体的な緑化推進策については、適切かつ効果的な活用方法を今後検討していきたいとの答弁がありました。
 次に、議案第105号の所管部分、歳出8款土木費3項都市計画費では、ケルナー広場における遊具の安全基準について質疑があり、子どもの危機管理能力を養うための遊具であるため、国や委託業者等と協議をしながら利用方法を検討し、設置していきたいとの答弁がありました。
 以上が質疑・答弁の主な内容であります。
 続いて、採決の結果について御報告いたします。議案第88号の所管部分及び議案第89号は、起立採決の結果、いずれも全会一致をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。また、議案第93号、議案第98号及び議案第105号の所管部分は、起立採決の結果、いずれも全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、本委員会における審査の概要と結果を述べまして、報告といたします。
                 (都市集客施設調査特別委員会委員長 柴田正夫君登壇)
◎都市集客施設調査特別委員会委員長(柴田正夫君) ただいま議題となりました議案第88号 平成24年度高崎市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定についての所管部分及び議案第105号 平成25年度高崎市一般会計補正予算(第4号)の所管部分、以上2議案については、去る9月4日の本会議において本委員会に付託され、9月20日午前10時から審査を行ったものです。
 それでは、審査の概要と結果を御報告いたします。
 議案第88号の所管部分、歳出8款土木費3項都市計画費では、再開発事業支援委託料が当初予算の1,550万円より少ない787万5,000円だったが、その理由と委託先の企業や委託内容について質疑があり、委託先は株式会社アール・アイ・エーという東京の再開発大手のコンサルタントで、都市集客施設のビジネスゾーンを再開発事業で整備する予定のため、施設構成や規模の算定、概略資金計画及び権利変換計画の検討、整理を委託した。また、事業スケジュールの概略やリーシング調査、合意形成へ向けた勉強会等を実施した。金額については、進捗状況等により減少したものであるとの答弁がありました。
 また、都市集客施設整備支援委託料はどういう会社に委託しているのかとの質疑があり、新都市創造株式会社という高崎のコンサルタント会社であるとの答弁がありました。
 次に、議案第105号の所管部分、歳出8款土木費3項都市計画費では、都市集客施設整備事業の基本設計委託料は高崎駅東口に建設予定の施設の委託料かとの質疑があり、過日の都市集客施設調査特別委員会で都市集客施設基本計画が決定したので、その集客施設の東側の音楽ホール部分の基本設計委託料であるとの答弁がありました。
 債務負担行為補正の都市集客施設基本設計委託料では、7,341万9,000円から1億35万5,000円に増額している理由について質疑があり、この基本設計委託料は今年度分と来年度分の2カ年にわたる事業としての予算であり、平成26年度分の支出が今年度当初では7,341万9,000円だったが、委託料の増加により1億35万5,000円と変更になったことから、補正するものであるとの答弁がありました。
 また、どのくらいの平米数を予定しての計算となっているのかとの質疑があり、基本計画にあるように2万5,000平米の予定であるとの答弁がありました。
 また、西側ゾーンは1年おくれということだが、東西が一体的な形というのが基本であり、好ましいと思うが、今回の基本設計の金額に関して、一体的なイメージということが含まれているのかとの質疑があり、基本計画の中に、東と西は一体的に建築物の意匠、デザインをそろえてつくるということが明記してあるとの答弁がありました。
 以上が質疑・答弁の主な内容であります。
 続いて、採決の結果について申し上げます。議案第88号の所管部分は、起立採決の結果、賛成多数をもって原案のとおり認定すべきものと決しました。また、議案第105号の所管部分は、起立採決の結果、全会一致をもって原案のとおり可決すべきものと決しました。
 以上、本委員会における審査の概要と結果を述べまして、報告といたします。
○議長(小野里桂君) 各委員長の報告は終わりました。
 これより各委員長の報告に対する質疑に入ります。ありませんか。────質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。ありませんか。
                 (6番 依田好明君登壇)
◆6番(依田好明君) 6番 依田好明です。ただいま議題となりました議案第88号 平成24年度高崎市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定についてと議案第97号 高崎市職員退職手当に関する条例等の一部改正についての2議案に対して、日本共産党市議団を代表して反対討論をいたします。
 まず、議案第88号 平成24年度高崎市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定についてです。第1は、国が進める地方財政計画を無批判に受け入れ、開発を優先し、福祉や暮らしを守る施策については後回しになっています。例えば都市集客施設は、一大プロジェクトと言われていますが、事業の全体計画が明らかにならないまま走り出しています。施設の音楽ホールや体育館は市民に待ち望まれているものですが、計画の過程で事業が過大なものになりつつあり、今後の財政を考えた場合、他の施策への影響などを懸念するものです。
 また、民間資金を有効に活用しながら事業を進めるということですが、この点もなかなか明らかにならないまま計画が進行することで果たしてよいのか疑問です。民間活力を導入するということが事業の重要な部分であるとすれば、この点はもっと丁寧に行う必要があったのではないでしょうか。しかも、この民間資金の活用という点では、多くの先進地で失敗例が多々あり、十分な検討が求められるものです。
 都市集客施設建設につながるスマートインター整備では、地元住民にどれだけ十分な説明が行われたのか、とりわけ事業全体の計画、スマートインター周辺の開発で工業専用地区の用途問題など地元住民との摩擦は避けられません。また、今後沿線の開発をめぐっても住民とのトラブルが懸念されます。開発に当たっては、その全体構想を住民によく説明し、その合意形成が求められます。土地区画整理事業や開発などは、住民合意を大切にすべきと考えます。
 第2は、定員管理のもと、職員数の削減が続き、職員の働き方でやりくりが大変になり、市民サービスの低下にもつながってきております。例えば生活保護受給者がふえ続ける中、本来であれば確保すべき職員数が不足し、過重な負担が強いられています。その影響が他の部門に影響して、そこの人員が削減される場合があります。
 また、非正規雇用の拡大など住民サービスを進めるための専門職の配置にも課題が残ります。ワーキングプアの解決や障害者雇用の法定数確保など、働かせ方の改善は本来公共が率先して手本を示すべきであり、長期継続雇用している人は正規職員での処遇を目指すべきであります。国家公務員の給与7.8%削減に連動してことし7月からは職員給与削減も実施されています。本市が社会的責任を果たすために、雇用の拡大、賃金の上昇、労働時間短縮などで努力し、勤労者の生活を充実し、社会の安定や持続的な経済発展の実現のために努力することを求めるものです。
 第3は、高崎市国民健康保険事業特別会計です。前年度の剰余が22億円余り、基金も29億円に達する状況でしたが、年度内の国保税引き下げは見送られ、25年度からの実施になりました。その結果、24年度決算でも14億円余りの黒字になり、基金残高は36億円余りになりました。県内の他市では、安中市、前橋市など一般会計をつぎ込み、極力国保税を引き下げる努力をしているところから見ても、雲泥の差があります。平成20年度国保税引き上げ以来、県内12市の国保税と比べ、高崎市の国保税の高さが低所得者を苦しめてきたと言わざるを得ません。
 また、1年以上の国保税滞納者は悪質滞納者として、平成24年7月現在、2,500世帯以上に資格証明書が発行されました。厚生労働省は、悪質滞納者であると市が証明しない限り資格証明書の発行はできないとしており、連絡がつかないからといって機械的に資格証明書を発行すべきではありません。経済状況の悪化の中で、国保税滞納が約1万人に及ぶ現状を踏まえて対応すべきです。こういう状況の中で、国保財政充実のために国や県に財源の負担を強く求めることを要望します。また、国保の広域化についても市長が明確に反対表明することを求めるものです。
 第4は、高崎市介護保険特別会計であります。平成24年度からの介護保険料改定で基準額が1万2,000円アップし、保険料収入全体でも13億円弱の増額となりました。財政安定化基金からの取り崩しをもっとふやし、介護保険料の引き上げ幅を抑制することも可能でした。
 保険料の問題だけでなく、介護の内容でも、保険あって介護なしと言われるように、特養老人ホーム待機者がふえ続け、施設介護も居宅介護も深刻です。高齢化と貧困化の進展で介護の問題も大変厳しくなっております。介護保険制度の今後の方向も利用者の負担増と軽度者の切り捨てが検討されており、利用者や事業者、介護現場で働く人たちにもさまざまな影響を及ぼしています。特に要支援者は介護保険から除外する方向が打ち出されています。国庫負担の拡大が不可欠であるわけですが、本市も介護の質と量の維持拡大に一層努めるよう求めるものです。
 第6は、後期高齢者医療特別会計です。私たちは、年齢によって医療を差別する後期高齢者医療制度はそもそもなくすしかないという立場です。昨年4月から保険料が1人当たり平均年約9,000円引き上げられ、大幅な負担増でした。高齢者にますます重い負担を強いる実態が浮き彫りになっており、こういう制度は速やかに廃止するしかありません。
 なお、住環境改善助成制度の継続や中小企業への支援助成制度など市民の暮らしを守る施策については評価をしますが、6項目にわたって申し述べてきましたように、議案第88号 平成24年度高崎市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定については賛成できません。
 次に、議案第97号 高崎市職員退職手当に関する条例等の一部改正についてであります。これは、国民に消費税増税を押しつけるための身を切る改革の一環として打ち出された国の制度に追随するものです。提案理由にもありますように、官民格差を理由に退職給付を引き下げることが狙いであります。職員と給与の削減を進め、サービス残業を蔓延させ、非正規職員をふやす方向と一体のものとも言えます。
 また、早期退職のインセンティブを拡大するという中で、募集という形をとりながら対象者を絞るわけで、結局は退職勧奨を強く迫る場合があると考えます。本市が社会的責任を果たすために、雇用の拡大、賃金の上昇、労働時間短縮などの努力を求める立場であり、本条例の一部改正は職員の士気を低下させかねないものと懸念するものです。したがいまして、議案第97号 高崎市職員退職手当に関する条例等の一部改正についても賛成できません。
 以上、議案第88号 平成24年度高崎市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定についてと議案第97号 高崎市職員退職手当に関する条例等の一部改正についての2議案に対する日本共産党市議団を代表しての反対討論を終わります。
                 (20番 片貝喜一郎君登壇)
◆20番(片貝喜一郎君) 議席番号20番 片貝喜一郎です。ただいま議題となっております議案第88号 平成24年度高崎市一般会計及び特別会計歳入歳出決算認定について及び議案第89号 平成24年度高崎市水道事業会計及び高崎市公共下水道事業会計決算認定について、以上2議案について、新風会を代表いたしまして賛成の討論をいたします。
 昨年末からことしの前半にかけ、ヨーロッパでは政府債務危機をめぐる緊張が和らいだものの、南欧諸国を中心に財政緊縮と景気低迷の悪循環から依然脱出できずにいる一方、アメリカでは財政問題の影響が残る中でも雇用や住宅市場に明るい動きが見られ、金融市場も盛り上がりを見せています。他方、中国では一時拡大店舗が持ち直す動きも見られましたが、その後はやや不透明な状況となっております。このような世界経済全体として見ると、弱い回復が続いていますが、日本を含め一部では底がたさも見られるなど、先進国間、新興国間それぞれでも景気にばらつきが目立つようになってまいりました。
 一方、我が国においても、平成24年度は年末に再登板した自民党、安倍政権の肝いり施策、アベノミクスにより、長引くデフレからの脱却に官民挙げて取り組み、幾分かの明るい見通しが語られるようになってまいりました。また、先日決定した2020年の東京オリンピック開催によって、さらなる経済効果が期待されているところであります。
 しかし、急速な少子化、高齢化による人口減少、右肩下がりの社会構造の中、未来に向けて抜本的な解決策は示されておらず、社会保障関係費が増加の一途をたどるなど、厳しい財政状況は依然として続いております。こうした状況のもと、本市では日本全国の都市間競争を勝ち抜いていくために新しい高崎の政策を積極的に推進し、大胆でスピード感のある都市経営を進めてこられました。
 それでは、賛成の理由を順次述べてまいります。歳入におきましては、平成21年度より進めてこられた収入歩合が着実に改善をされ、平成23年度では91.55%であったものが平成24年度では92.63%となり、1.08%もの向上は過去最高の伸び率でありました。その全庁的な取り組みに対してまず評価をいたします。
 歳出につきましては、新しい高崎の基本施策に沿って、まず初めに「教育と人づくり」の面では、幼稚園に通う第3子以降の園児の保育料完全無料化の実施、教育施設整備では、耐震化の早期完了の推進はもとより、校舎建築、自校方式給食室の整備等、教育環境の充実も図られました。
 「産業の振興」の面では、ビジネス誘致支援事業として、ビジネス誘致キャンペーンの開催、産業立地の促進のための誘致奨励金の交付、商業施策につきましては、小口資金融資保証料補助を全額補助に拡充するとともに、創業者融資保証料の全額補助など利子補給制度創設により、金融面からの新しいビジネス活性化緊急対策を総合的に推進されました。農業施策では、高崎市内産農畜産物の販売会、百貨店等におけるキャンペーンや即売会の開催、地産多消推進事業として、ぐるなびの活用により、本市の農産物を県内外にアピールするなど新しい試みも評価するところであります。
 「文化と歴史を活かした創造的な高崎」については、まちなか音楽活動助成事業の創設、文化芸術活動、歴史文化遺産と産業が相乗的な効果を発揮できるよう取り組んでいただきました。また、地域の伝統芸能に対する修繕費補助の創設も活動の継続の視点から評価をいたします。
 次に、「やさしい眼差しに満ちた市政」ですが、子どもから高齢者、障害のある方が安心して暮らせる都市を目指して、子育て支援としてブックスタート事業の市内全域の拡充、吉井地域の施設整備、改築への着手、老人福祉施設等の施設整備への支援、新たな高齢者買い物支援事業などを実施していただき、身近な問題解決に努められました。
 「合併した地域の個性を活かした魅力づくり」ですが、榛名山、榛名湖を生かしたスポーツイベント開催への準備、小栗の里整備事業の着手など、地域活性化推進策も評価をいたします。
 次に、「安心・安全な地域づくり」ですが、放射性物質への対応として、監視体制の強化はもとより、防災頭巾配布による子どもたちの防災意識の啓発、災害発生時の安全保障の推進につきましては、いち早く取り組んでいただきました。住環境改善助成金や太陽光発電システム補助の継続など、快適な住環境への取り組みは評価するところであります。
 最後に、「大勢の人が歩き、賑わう街」についてですが、都市基盤整備の推進、道路橋梁等の長寿命化事業の推進、さらに新体育館建設に向けた設計着手、恒常的な施策と新規事業の着実な推進は多くの市民が願うところであります。また、各種イベントや地域団体が実施する活動支援につきましては大いに評価をいたします。
 以上、7つの基本政策は市民目線に基づいたわかりやすい主要施策であり、財政面につきましても、健全化判断比率、資金不足比率、実質公債費比率において健全性の確保、改善が見られております。
 次に、水道事業、公共下水道事業ですが、ともに市民生活に不可欠なライフラインであることを認識され、水道事業については、総延長2,415キロメートルの維持管理を考え、良質な水道水の安定供給のさらなる充実を図るべく、建設改良工事及び保全工事を行っていただきました。
 公共下水道事業については、総延長1,400キロメートル、普及率71.2%の現状の中、雨水対策事業として17件の工事を行い、常盤町雨水ポンプ場建設工事にも着手をしていただきました。災害に強い水道づくり、放射性物質を含んだ下水汚泥の適切な処理については、大いに評価をいたします。
 以上申し上げましたとおり、第5次総合計画もいよいよ後期に入ります。より市民目線で職員一丸となって行政運営を行っていただくことを切望し、議案第88号及び議案第89号の2議案について、新風会を代表いたしましての賛成討論といたします。
○議長(小野里桂君) ほかにありませんか。────討論を終結いたします。
 この際、お諮りいたします。30番 山田行雄議員から、採決時の起立が困難であるため、挙手をもって起立にかえたい旨の申し出がありましたので、これを許可したいと思います。これに御異議ありませんか。
                 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野里桂君) 御異議なしと認めます。
 よって、お諮りのとおりの対応とさせていただきます。
 これより採決を行います。
 最初に、議案第88号を起立により採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は認定であります。
 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
                 (賛成者起立)
○議長(小野里桂君) 起立多数であります。
 よって、議案第88号は委員長の報告のとおりこれを認定することに決しました。
 次に、議案第89号を採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は認定であります。
 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。
                 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野里桂君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第89号は委員長の報告のとおりこれを認定することに決しました。
 次に、議案第93号から議案第96号、以上4議案を一括して採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は、いずれも原案可決であります。
 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。
                 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野里桂君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第93号、議案第94号、議案第95号及び議案第96号は、いずれも委員長の報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第97号を起立により採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は、原案可決であります。
 本案は、委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。
                 (賛成者起立)
○議長(小野里桂君) 起立多数であります。
 よって、議案第97号は委員長の報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第98号から議案第102号、議案第105号及び議案第106号、以上7議案を一括して採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は、いずれも原案可決であります。
 本案は、委員長の報告のとおり決することに御異議ありませんか。
                 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野里桂君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第98号、議案第99号、議案第100号、議案第101号、議案第102号、議案第105号及び議案第106号は、いずれも委員長の報告のとおり原案可決されました。
  ───────────────────────────────────────────
△日程第2 報告第7号 専決処分の報告について
○議長(小野里桂君) 日程第2、報告第7号 専決処分の報告についてを議題といたします。
 当局の説明を求めます。
                 (箕郷支所建設課長 町田一幸君登壇)
◎箕郷支所建設課長(町田一幸君) ただいま議題となりました報告第7号のうち専決第8号について御説明申し上げます。
 議案書3ページをごらんください。本件は、地方自治法第180条第1項の規定により、議会の議決により市長において専決処分することができる事項として指定された権原に基づき、市道管理に係る損害賠償に関する和解及びその損害賠償の額について平成25年9月10日に専決処分したもので、同条第2項の規定により御報告するものです。
 それでは、内容について御説明申し上げます。議案書4ページをごらんください。この事故は、平成25年7月10日午後9時ごろ、高崎市箕郷町白川1474番1地先市道において、高崎市箕郷町にお住まいの方が運転する軽乗用車が路面の破損箇所に車輪を落とし、当該車両を破損したものです。
 和解事項としましては、高崎市長を甲、高崎市箕郷町にお住まいの方を乙とし、過失割合は甲を50%、乙を50%として、甲は乙に対して車両修理費2万2,600円の50%相当額1万1,300円を支払うというものです。また、甲及び乙は本件について今後いかなる事情が生じても一切異議請求の申し立てをしないというものです。なお、損害賠償の額は1万1,300円です。
 以上、まことに簡単ではございますが、専決処分の報告とさせていただきます。今後も道路を良好な状態に保つことに努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いを申し上げます。
                 (生活衛生課長 信澤敏夫君登壇)
◎生活衛生課長(信澤敏夫君) ただいま議題となりました報告第7号、専決第9号について御説明申し上げます。
 議案書の7ページをごらんください。本件は、地方自治法第180条第1項の規定により、議会の議決により市長において専決処分できる事項として指定された権原に基づき、交通事故による損害賠償に関する和解及び損害賠償の額について平成25年9月13日に専決処分させていただきましたので、同条第2項の規定により御報告するものでございます。
 内容につきまして御説明申し上げます。8ページをごらんください。この事故は、平成25年6月28日午後4時8分ごろ、高崎市中里見町367番地1地先の一般国道406号において、生活衛生課職員の運転する軽貨物自動車が通行中の吾妻郡長野原町にお住まいの方が所有する小型乗用車に追突し、車両を破損したものでございます。
 和解事項として、高崎市長を甲、吾妻郡長野原町にお住まいの方を乙として、甲は乙に対し車両修繕費20万2,278円及び代車費用7万9,800円を支払うものです。また、甲及び乙は本件について今後いかなる事情が生じても一切異議申し立てをしないというものでございます。なお、損害賠償の額は28万2,078円でございます。
 以上、まことに簡単ですが、専決処分の報告とさせていただきます。今後とも全職員交通事故の重大性を再認識し、より一層安全運転に対する自覚を持つよう心がけ、事故防止に努めてまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします。
○議長(小野里桂君) 説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。ありませんか。────質疑を終結いたします。
  ───────────────────────────────────────────
△日程第3 議案第107号 高崎市教育委員会委員の任命同意について
○議長(小野里桂君) 日程第3、議案第107号 高崎市教育委員会委員の任命同意についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
                 (副市長 木村正志君登壇)
◎副市長(木村正志君) ただいま議題となりました議案第107号 高崎市教育委員会委員の任命同意につきまして提案理由の御説明を申し上げます。
 議案書(2)の11ページをお開きいただきたいと思います。本案は、平成25年10月1日をもって任期満了となります高崎市教育委員会委員、丸茂 豊さんの後任といたしまして高井和雄さんを任命いたしたく、議会の御同意をお願いするものでございます。
 高井和雄さんは、高崎市菅谷町にお住まいで、57歳でございます。昭和54年3月に日本大学文理学部を卒業後、同年4月から昭和58年2月までの間、群馬県商工信用組合に勤務をされた後、昭和58年4月に学校法人高井学園に入社をしております。平成元年4月にはみどり幼稚園の園長に就任をされまして、平成13年6月から学校法人高井学園の理事長に就任をされております。また、高崎市私立幼稚園協会の副会長、高崎市次世代育成支援対策地域協議会委員、高崎子育て応援情報サイト運営委員会委員を務められるなど、教育と子育ての分野におきまして幅広く御活躍をされている方でございます。
 以上、御紹介申し上げましたとおり、高井和雄さんは人格・識見とも高崎市教育委員会委員として適任であると思われますので、よろしく御審議の上、任命につきまして御同意賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(小野里桂君) 提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。ありませんか。────質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。本案は、会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
                 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野里桂君) 御異議なしと認めます。
 よって、本案は委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論に入ります。ありませんか。────討論を終結いたします。
 これより議案第107号を採決いたします。
 本案は、これに同意することに御異議ありませんか。
                 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野里桂君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第107号はこれに同意することに決しました。
  ───────────────────────────────────────────
△日程第4 議案第108号 高崎市等公平委員会委員の選任同意について
○議長(小野里桂君) 日程第4、議案第108号 高崎市等公平委員会委員の選任同意についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
                 (副市長 木村正志君登壇)
◎副市長(木村正志君) ただいま議題となりました議案第108号 高崎市等公平委員会委員の選任同意につきまして提案理由の御説明を申し上げます。
 13ページをお開きいただきたいと思います。本案は、平成25年10月3日をもちまして任期満了となります高崎市等公平委員会委員、山本貞文さんの後任といたしまして柳 敏明さんを選任いたしたく、議会の御同意をお願いするものでございます。
 柳 敏明さんは、高崎市倉賀野町にお住まいで、66歳でございます。昭和41年3月に群馬県立藤岡高等学校を卒業後、同年4月に国家公務員として採用され、税務大学校での研修を経まして、昭和42年3月から平成17年7月までの間、関東信越国税局管内の税務署におきまして、主に所得税に関する税務指導や税務相談、税務調査等の業務に従事をされております。平成17年7月から2年間、関東信越国税局税務相談室の相談官として勤務をされまして、国家公務員を退職された後は、豊富な税務経験を生かしまして、平成19年8月から税理士の登録をされているところでございます。
 以上、御紹介申し上げましたとおり、柳 敏明さんは人格・識見とも高崎市等公平委員会委員として適任であると思われますので、よろしく御審議の上、選任につきまして御同意賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(小野里桂君) 提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。ありませんか。────質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。本案は、会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
                 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野里桂君) 御異議なしと認めます。
 よって、本案は委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論に入ります。ありませんか。────討論を終結いたします。
 これより議案第108号を採決いたします。
 本案は、これに同意することに御異議ありませんか。
                 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野里桂君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第108号はこれに同意することに決しました。
  ───────────────────────────────────────────
△日程第5 議案第109号 高崎市固定資産評価審査委員会委員の選任同意について
○議長(小野里桂君) 日程第5、議案第109号 高崎市固定資産評価審査委員会委員の選任同意についてを議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
                 (副市長 木村正志君登壇)
◎副市長(木村正志君) ただいま議題となりました議案第109号 高崎市固定資産評価審査委員会委員の選任同意につきまして提案理由の御説明を申し上げます。
 15ページをお開きいただきたいと思います。本案は、平成25年10月31日をもって任期満了となります高崎市固定資産評価審査委員会委員、戸枝太幹さんを引き続き同委員に選任いたしたく、議会の御同意をお願いするものでございます。
 戸枝太幹さんは、高崎市片岡町にお住まいで、69歳でございます。昭和43年3月に中央大学法学部を卒業後、昭和48年4月に弁護士事務所を開業され、群馬弁護士会会長を務められたほか、現在群馬県精神医療審査会会長、群馬県国民健康保険審査会会長、群馬県後期高齢者医療審査会会長、高崎市個人情報保護審議会委員などを務められており、司法及び行政の分野において幅広く御活躍をいただいております。
 以上、御紹介申し上げましたとおり、戸枝太幹さんは人格・識見とも高崎市固定資産評価審査委員会委員として適任であると思われますので、よろしく御審議の上、選任につきまして御同意賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(小野里桂君) 提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。ありませんか。────質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。本案は、会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
                 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野里桂君) 御異議なしと認めます。
 よって、本案は委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論に入ります。ありませんか。────討論を終結いたします。
 これより議案第109号を採決いたします。
 本案は、これに同意することに御異議ありませんか。
                 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野里桂君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第109号はこれに同意することに決しました。
  ───────────────────────────────────────────
△日程第6 議案第110号 人権擁護委員候補者の推薦について
      議案第111号 人権擁護委員候補者の推薦について
      議案第112号 人権擁護委員候補者の推薦について
○議長(小野里桂君) 日程第6、議案第110号 人権擁護委員候補者の推薦についてから議案第112号 人権擁護委員候補者の推薦について、以上3議案を一括して議題といたします。
 提案理由の説明を求めます。
                 (副市長 木村正志君登壇)
◎副市長(木村正志君) ただいま議題となりました議案第110号から議案第112号までの3議案につきまして一括して提案理由の御説明を申し上げます。
 初めに、議案第110号 人権擁護委員候補者の推薦につきまして提案理由の御説明を申し上げます。17ページをお開きいただきたいと思います。本案は、平成25年12月31日をもって任期満了となります人権擁護委員、野口 豊さんを再び人権擁護委員候補者として推薦いたしたく、議会の御同意をお願いするものでございます。
 野口 豊さんは、高崎市江木町にお住まいで、70歳でございます。昭和42年3月に中央大学法学部を卒業され、東京都内の法律事務所に勤務をされた後、昭和56年4月に高崎市内に野口豊法律事務所を開設され、現在に至っております。これまでの間、群馬県景観審議会会長、日本司法支援センター群馬地方事務所長などを務められたほか、現在は前橋家庭裁判所家事調停委員を務められておりまして、平成13年12月から人権擁護委員をお願いしているところでございます。
 続きまして、議案第111号 人権擁護委員候補者の推薦につきまして提案理由の御説明を申し上げます。19ページをお開きいただきたいと思います。本案は、平成25年12月31日をもって任期満了となります人権擁護委員、滝沢信子さんを再び人権擁護委員候補者として推薦いたしたく、議会の御同意をお願いするものでございます。
 滝沢信子さんは、高崎市日光町にお住まいで、70歳でございます。昭和40年3月に群馬大学学芸学部を卒業後、同年4月に中学校の教師として勤務され、高崎市立南八幡小学校教頭、高崎市立中居小学校校長などを歴任し、平成15年3月に教員を退職されてからは高崎市の井野児童館長として5年間、地域の子育て支援に御尽力いただきまして、平成17年1月から人権擁護委員をお願いしているところでございます。
 続きまして、議案第112号 人権擁護委員候補者の推薦につきまして提案理由の御説明を申し上げます。21ページをお開きいただきたいと思います。本案は、平成25年12月31日をもって任期満了となります人権擁護委員、佐藤瑞惠さんを再び人権擁護委員候補者として推薦いたしたく、議会の御同意をお願いするものでございます。
 佐藤瑞惠さんは、高崎市箕郷町生原にお住まいで、70歳でございます。昭和40年3月に群馬大学学芸学部を卒業後、同年4月に小学校の教諭として勤務をされまして、群馬郡倉渕村立東小学校教頭、群馬郡榛名町立第四小学校校長、榛名町同和推進協議会副会長などを歴任いたしまして、平成15年3月に教員を退職された後、平成17年1月から人権擁護委員をお願いしているところでございます。
 以上、御紹介申し上げました野口 豊さん、滝沢信子さん、佐藤瑞惠さんにつきましては、いずれも人権擁護委員として人格・識見とも適任であると思われますので、推薦につきましてよろしく御審議の上、御同意賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(小野里桂君) 提案理由の説明は終わりました。
 これより質疑に入ります。ありませんか。────質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。本案は、会議規則第36条第3項の規定により委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
                 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野里桂君) 御異議なしと認めます。
 よって、本案は委員会付託を省略することに決しました。
 これより討論、採決に入るわけですが、討論、採決については議案ごとに行います。
 最初に、議案第110号について討論はありませんか。────討論を終結いたします。
 これより議案第110号を採決いたします。
 本案は、これに同意することに御異議ありませんか。
                 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野里桂君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第110号はこれに同意することに決しました。
 次に、議案第111号について討論はありませんか。────討論を終結いたします。
 これより議案第111号を採決いたします。
 本案は、これに同意することに御異議ありませんか。
                 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野里桂君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第111号はこれに同意することに決しました。
 次に、議案第112号について討論はありませんか。────討論を終結いたします。
 これより議案第112号を採決いたします。
 本案は、これに同意することに御異議ありませんか。
                 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野里桂君) 御異議なしと認めます。
 よって、議案第112号はこれに同意することに決しました。
  ───────────────────────────────────────────
△日程第7 議員提出第8号議案 議員派遣について(金沢市との都市間交流)
      議員提出第9号議案 議員派遣について(議会活性化調査検討委員会行政視察)
○議長(小野里桂君) 日程第7、議員提出第8号議案 議員派遣について(金沢市との都市間交流)及び議員提出第9号議案 議員派遣について(議会活性化調査検討委員会行政視察)、以上2議案を一括して議題といたします。
 本案は、追川徳信議員外10人から提出されたもので、会議規則第166条の規定により議員を派遣するものであります。
 第8号議案は、各派代表者会議において決定する12人以内の議員を本年10月28日、29日の両日、石川県金沢市に、第9号議案は、議会活性化調査検討委員会に所属する議員を本年11月18日、長野県松本市にそれぞれ派遣するものであります。
        ───────────────────────────────
                                       議員提出第8号議案
   議員派遣について
  標記議員派遣を次のとおり行うものとする。
   平成25年9月26日
                            提出者
                            高崎市議会議員  追 川 徳 信
                               〃     白 石 隆 夫
                               〃     田 角 悦 恭
                               〃     逆瀬川 義 久
                               〃     柄 沢 高 男
                               〃     松 本 賢 一
                               〃     三 島 久美子
                               〃     木 村 純 章
                               〃     柴 田 正 夫
                               〃     竹 本   誠
                               〃     木 暮 孝 夫

    議員派遣について
  会議規則第166条の規定により、次のとおり議員を派遣する。
 1 金沢市との都市間交流
  (1)派遣目的 友好交流都市である金沢市との都市間交流の推進や北陸新幹線の開業に伴う観光集客
          都市としての各種取り組みに関する協議を行うため
  (2)派遣場所 石川県金沢市
  (3)派遣期間 平成25年10月28日から29日
  (4)派遣議員 各派代表者会議において決定する12人以内の議員
        ───────────────────────────────
                                       議員提出第9号議案
   議員派遣について
  標記議員派遣を次のとおり行うものとする。
   平成25年9月26日
                            提出者
                            高崎市議会議員  追 川 徳 信
                               〃     白 石 隆 夫
                               〃     田 角 悦 恭
                               〃     逆瀬川 義 久
                               〃     柄 沢 高 男
                               〃     松 本 賢 一
                               〃     三 島 久美子
                               〃     木 村 純 章
                               〃     柴 田 正 夫
                               〃     竹 本   誠
                               〃     木 暮 孝 夫

    議員派遣について
  会議規則第166条の規定により、次のとおり議員を派遣する。
 1 議会活性化調査検討委員会行政視察
  (1)派遣目的 議会活性化に関する調査
  (2)派遣場所 長野県松本市
  (3)派遣期間 平成25年11月18日
  (4)派遣議員 議会活性化調査検討委員会に所属する議員
        ───────────────────────────────
○議長(小野里桂君) お諮りいたします。
 本案は、会議規則第36条第3項の規定により提出者の説明及び委員会付託を省略したいと思います。これに御異議ありませんか。
                 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野里桂君) 御異議なしと認めます。
 よって、本案は提出者の説明及び委員会付託を省略することに決しました。
 これより質疑に入ります。ありませんか。────質疑を終結いたします。
 これより討論に入ります。ありませんか。────討論を終結いたします。
 これより議員提出第8号議案及び議員提出第9号議案、以上2議案を一括して採決いたします。
 本案は、原案のとおり決することに御異議ありませんか。
                 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野里桂君) 御異議なしと認めます。
 よって、議員提出第8号議案及び議員提出第9号議案は原案のとおり可決されました。
  ───────────────────────────────────────────
△日程第8 委員会の閉会中の継続調査について
○議長(小野里桂君) 日程第8、委員会の閉会中の継続調査についてを議題といたします。
 各委員長から、目下調査中の事件について、会議規則第110条の規定により、議席に配付のとおり閉会中の継続調査の申し出がありました。
        ───────────────────────────────
                                       平成25年9月26日
  高崎市議会議長  小野里   桂 様

                      総務教育常任委員会委員長    ぬで島 道 雄
                      保健福祉常任委員会委員長    逆瀬川 義 久
                      市民経済常任委員会委員長    飯 塚 邦 広
                      建設水道常任委員会委員長    青 柳   隆
                      議会運営委員会委員長      柄 沢 高 男

   委員会の閉会中の継続調査申出書
 本委員会は、下記の事件について閉会中もなお継続調査を要するものと決定したので、会議規則第110条の規定により申し出ます。
                       記
1 件 名
 総務教育常任委員会
  (1) 市行政事務の合理化について
  (2) 広域都市行政について
  (3) 地域振興について
  (4) 自主財源の確保及び財政の健全化について
  (5) 市有財産の管理状況について
  (6) 非常備消防について
  (7) 教育の振興について
  (8) 教育施設の整備促進について
  (9) 各支所に係る所管部分について
  (10)その他本委員会の所管に属する事項について
 保健福祉常任委員会
  (1) 社会福祉の充実及び施設の拡充について
  (2) 保健衛生及び健康の増進について
  (3) 介護保険の運営状況について
  (4) 各支所に係る所管部分について
  (5) その他本委員会の所管に属する事項について
 市民経済常任委員会
  (1) 交通政策について
  (2) 国民健康保険及び国民年金事務の運営状況について
  (3) 環境政策及び廃棄物対策について
  (4) 清掃事業について
  (5) 商工業及び観光の振興対策について
  (6) 農林水産業の振興対策について
  (7) 各支所に係る所管部分について
  (8) その他本委員会の所管に属する事項について
 建設水道常任委員会
  (1) 道路橋りょうその他土木事業の整備促進について
  (2) 建築行政について
  (3) 住宅の管理状況について
  (4) 都市計画事業の促進について
  (5) 再開発事業及び区画整理事業について
  (6) 上・下水道対策について
  (7) 各支所に係る所管部分について
  (8) その他本委員会の所管に属する事項について
 議会運営委員会
  (1) 議会運営に関する事項について
  (2) 議会の会議規則、委員会条例等に関する事項について
  (3) 議長の諮問に関する事項について
2 理 由
  諸般の情勢から、なお、引き続き調査する必要があるものと認める。
        ───────────────────────────────
○議長(小野里桂君) お諮りいたします。
 各委員長からの申し出のとおり閉会中の継続調査に付することに御異議ありませんか。
                 (「異議なし」と呼ぶ者あり)
○議長(小野里桂君) 御異議なしと認めます。
 よって、各委員長からの申し出のとおり閉会中の継続調査に付することに決しました。
  ───────────────────────────────────────────
△市長挨拶
○議長(小野里桂君) 以上で本日の日程及び今期定例会に付議された案件の審議は全て終了いたしました。
 この際、市長から発言を求められておりますので、これを許します。
                 (市長 富岡賢治君登壇)
◎市長(富岡賢治君) 平成25年第4回高崎市議会定例会の閉会に当たりまして、一言御挨拶申し上げます。
 本定例会におきましては、報告1件、平成24年度高崎市一般会計及び特別会計歳入歳出決算を初め平成25年度高崎市一般会計補正予算、教育委員、公平委員、固定資産評価審査委員の選任同意、人権擁護委員候補者の推薦など議案25件を上程させていただきましたところ、議員の皆様には、熱心な御審議の上、御議決、御同意を賜りまして、まことにありがとうございました。この場をおかりいたしまして、心から厚く御礼を申し上げる次第でございます。
 また、一般質問、各常任委員会におきましては、皆様方から多くの貴重な御意見や御指摘をいただきましたので、今後の市政運営に適切に反映させてまいりたいと考えております。
 皆様方には、23日間本当に御苦労さまでございました。重ねて心から厚く御礼を申し上げまして、甚だ簡単ではございますが、お礼の御挨拶とさせていただきます。ありがとうございました。
○議長(小野里桂君) 市長の挨拶は終わりました。
  ───────────────────────────────────────────
△閉会
○議長(小野里桂君) これにて平成25年第4回高崎市議会定例会を閉会いたします。
                                      午後 2時25分閉会



地方自治法第123条第2項の規定によりここに署名する。
 平成25年9月26日

                             高崎市議会議長  小 野 里     桂

                                副 議 長  石  川     徹

                                議  員  根  岸  赴  夫

                                議  員  柴  田  正  夫