議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 高根沢町

目次 03月08日−01号




平成16年  3月 定例会(第297回) − 03月08日−01号










平成16年  3月 定例会(第297回)



高根沢町告示第23号

  第297回高根沢町議会定例会を、次のとおり招集する。

   平成16年2月27日

                           高根沢町長  高橋克法

   1 期日  平成16年3月8日

   2 場所  高根沢町議会議場

            ◯応招・不応招議員

応招議員(22名)

    1番  奥島 茂君       2番  小林栄治君

    3番  加藤貞夫君       4番  斎藤満則君

    5番  金子裕一君       6番  斎藤 勝君

    7番  神林秀治君       8番  古郡康雄君

    9番  綱川秀夫君      10番  森 弘子君

   11番  松本 潔君      12番  野中昭一君

   13番  古口隆之君      14番  小川和男君

   15番  鈴木保夫君      16番  室井一昭君

   17番  鈴木利二君      18番  赤羽功充君

   19番  瀧田昌宏君      20番  阿久津信男君

   21番  川俣恭壽君      22番  小堀 恪君

不応招議員(なし)

          第297回高根沢町議会定例会

議事日程(第1号)

               平成16年3月8日(月)午前10時開議

第1  会議録署名議員の指名について

第2  会期の決定について

第3  議案第1号 高根沢町長等の給与の減額に関する条例の制定について

第4  議案第2号 高根沢町教育委員会教育長の給与の減額に関する条例の制定について

第5  議案第3号 高根沢町太田地区コミュニティセンターの設置、管理及び使用条例の廃止について

第6  議案第4号 高根沢町公告式条例の一部改正について

第7  議案第5号 平成15年度高根沢町一般会計補正予算議決について

第8  議案第6号 平成15年度高根沢町宝積寺駅西第一土地区画整理事業特別会計補正予算議決について

第9  議案第7号 平成15年度高根沢町公共下水道事業特別会計補正予算議決について

第10 議案第8号 平成15年度高根沢町農業集落排水事業特別会計補正予算議決について

第11 議案第9号 平成15年度高根沢町水道事業会計補正予算議決について

第12 議案第10号 平成16年度高根沢町一般会計予算議決について

第13 議案第11号 平成16年度高根沢町国民健康保険特別会計予算議決について

第14 議案第12号 平成16年度高根沢町老人保健特別会計予算議決について

第15 議案第13号 平成16年度高根沢町介護保険特別会計予算議決について

第16 議案第14号 平成16年度高根沢町宝積寺駅西第一土地区画整理事業特別会計予算議決について

第17 議案第15号 平成16年度高根沢町公共下水道事業特別会計予算議決について

第18 議案第16号 平成16年度高根沢町農業集落排水事業特別会計予算議決について

第19 議案第17号 平成16年度高根沢町水道事業会計予算議決について

第20 議案第18号 町道の認定について

第21 議案第19号 下水道資源化工場施設の建設及び維持管理に関する事務の委託に関する規約の変更について

第22 議案第20号 栃木県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び栃木県市町村職員退職手当組合規約の変更について

第23 議案第21号 栃木県町村議会議員公務災害補償等組合規約の一部改正について

第24 請願・陳情について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(21名)

     1番  奥島 茂君      2番  小林栄治君

     3番  加藤貞夫君      4番  斎藤満則君

     5番  金子裕一君      6番  斎藤 勝君

     7番  神林秀治君      8番  古郡康雄君

     9番  綱川秀夫君     10番  森 弘子君

    11番  松本 潔君     12番  野中昭一君

    13番  古口隆之君     14番  小川和男君

    15番  鈴木保夫君     16番  室井一昭君

    17番  鈴木利二君     19番  瀧田昌宏君

    20番  阿久津信男君    21番  川俣恭壽君

    22番  小堀 恪君

欠席議員(1名)

    18番  赤羽功充君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

  町長        高橋克法君  助役        菊地三夫君

  収入役       小川征男君  総務課長      若色行雄君

  企画課長      古口 一君  産業振興課長    古口忠道君

  住民課長      大野 稔君  環境課長      小林秀男君

  健康福祉課長    阿久津正道君 税務課長      桑木二三夫君

  都市計画課長    小林 仲君  建設課長      見目光史君

  水道課長      瀧 信夫君  下水道課長     栗原光隆君

  教育長       加藤 哲君  学校教育課長    佐藤省三君

  生涯学習課長    板橋秀男君  監査委員事務局長  小堀政二君

  農業委員会事務局長 荻原卓朗君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した者の職氏名

  議会事務局長    渡辺悦夫   書記        真壁信夫

  書記        吉葉恵子



△開会 午前10時00分



△開会及び開議の宣告



○議長(鈴木利二君) ただいまの出席議員数は20人です。定足数に達しておりますので、ただいまから第297回高根沢町議会定例会を開会します。

 直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(鈴木利二君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりです。

 地方自治法第121条の規定により、説明のため議場に出席を求めました者の職・氏名はお手元に配付したとおりです。

 本定例会の書記は、渡辺事務局長並びに真壁書記、吉葉書記です。

 ここで本日の議事日程を事務局長に朗読させます。

 事務局長。

     〔事務局長朗読〕



○議長(鈴木利二君) それでは、これから議事日程に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(鈴木利二君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により、3番議員、加藤貞夫君、4番議員、斎藤満則君を指名します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(鈴木利二君) 日程第2、会期の決定についてを議題とします。

 会期については、去る2月27日の議会運営委員会において、本日から3月18日までの11日間とすることに意見の一致を得ました。

 お諮りをします。

 本定例会の会期は、本日から3月18日までの11日間にしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 異議なしと認めます。

 したがって、会期は本日から3月18日までの11日間に決定しました。

 なお、会期中の日程は、別紙お手元に配付したとおり決定しますので、ご協力をお願いいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△平成16年度町政運営基本方針並びに予算編成について



○議長(鈴木利二君) ここで、議案を上程する前に、町長より平成16年度町政運営基本方針並びに予算編成についての発言を求められていますので、これを許可します。

 町長、高橋克法君。

     〔町長 高橋克法君 登壇〕



◎町長(高橋克法君) 第297回高根沢町議会定例会の開会に当たり、平成16年度の町政運営基本方針並びに予算編成につきまして、私の所信を述べさせていただきます。

 昨年1年間を振り返ってみますと、内外ともに変革・激動の年でありましたが、本町においては、議員各位を初め町民の皆様の温かいご支援、ご協力によりまして諸事業を順調に進めることができましたことに対し、まずもって御礼を申し上げます。

 皆様もご承知のとおり、国においては、「財政改革なくして日本の再生と発展はない」との小泉総理大臣の施政方針の言葉をかりるまでもなく、その厳しい財政状況を反映し、平成16年度以降、三位一体改革を本格的に進めようとしています。

 具体的には、所得譲与税の創設による地方への税源移譲が盛り込まれた反面、国庫補助金・負担金の廃止・縮小と地方交付税の大幅削減等、地方自治体にとっては非常に厳しい財政環境にさらされることが予想されます。

 こうした状況下にあって、私たち地方自治体は、限られ「ひと・もの・かね」つまり持ち得る資源を最大限に活用しながら、この局面に相対していかなければならないと考えています。

 今、地方自治体には次世代のために「自立した町のかたち」をつくり出す力が試される時代を迎えています。また、先ほど申し上げましたとおり、厳しい財政環境にもさらされています。こうした中にあって、自立を支える力の根源は、町民の皆様であり、行政と町民の皆様との協働によってのみ、厳しい時代を切り拓き、生き抜くまちづくりの力を生み出すことができるものと考えます。

 平成15年度は、この「自立と協働」を目標に「民」の活力の導入、つまり、町民の皆様の力を得て、行政では補うことができない部分、行政の枠にはまった展開では手が届きにくい部分の事業展開に向けた一歩を踏み出した年でありました。NPOやボランティア団体、さらに地域で独創的な活動をされている皆さんのご支援、ご協力を得ながら21世紀に求められる住民主導型のまちづくりのシステム構築に向けて官も民も動き出した年といっても過言ではないと考えます。

 私は、こうした状況を踏まえ、平成16年度においては、この「自立と協働」というキーワードをさらに確固たるものとして位置づけ、新しいまちづくりに向けた行政課題の解決に取り組んでまいりたいと考えております。

 地方分権一括法の施行後、行政主導のまちづくりから、住民主導のまちづくりへと行政スタイルは大きく変化してきています。私自身も、就任後間もなくから「行政主導のまちづくりから住民主導のまちづくりへ」を基本として行政運営を行ってまいりました。その結果、平成15年度だけを振り返ってみましても「次世代育成地域行動計画策定」「フリースペースひよこの家」「エコハウス」といった事業を初め、さまざまな行政事務事業において住民の皆さんの自発的参加と行政との協働によって一定の成果を得ることができたと自負しております。

 しかし、先ほどから申し上げているとおり、地方自治体、あるいは、そこで暮らす住民の皆さんにとって厳しい時代を生き抜くためには、地域や団体が単独で行ってきた事業における行政との協働にとどまっていてはならないと考えます。より多様化、複雑化する社会ニーズに対応した「公」の部分をともに担っていく「協働」の仕組みづくりが必要であると同時に、行政と住民の皆さんの意識改革が必要であると考えます。

 かつての農村には「結」という制度が存在しました。農作業や地域の資源を共同で管理し、互助・相互扶助の精神によって、地域社会を維持・発展させてきたのです。

 戦後、高度成長の過程において、都市部を中心に家族や地域の機能が低下し「生活を支える公共サービスはすべて行政が行うもの」という意識に行政も住民も互いにもたれ合うようになり、この「結の心」は失われてしまいました。今、この厳しい時代を生き抜くために、もう一度この「結の心」を取り戻し、新たな「公」を担う住民の皆さんと行政との取り組みを始めたい。

 高根沢町の大地にまかれた種は、芽を出し、枝葉を広げつつあります。この大地にもう一度「結の心」という肥料をまいて大きな樹に育てていきたい、そして、高根沢の未来という畑を耕し続けていきたい……、そう考えています。

 続きまして、平成16年度当初予算の規模並びに編成に当たっての基本的な考え方について、ご説明申し上げます。

 まず、一般会計予算総額は86億2,100万円であり、平成15年度当初予算の81億9,900万円と比較いたしますと4億2,200万円の増額、率にして5.15%の伸びを示しております。

 まず、歳入につきましては、財源の柱となります町税のうち、町民税が対前年度比1.2%のマイナスとなっていますが、固定資産税が4.5%、都市計画税が8.7%それぞれ増加したことから、全体では8,607万3,000円、2.2%のプラスとなっています。

 また、平成15年度の税制改正で創設されました配当割交付金や株式等譲渡所得割交付金を計上するとともに、補助金削減の代替措置とされる所得譲与税を計上いたしました。

 さらに、財源として大きな比率を占めます地方交付税につきましては、従来の地方交付税の財源保障機能全般の見直しにより、1億2,000万円の減額、前年比16.0%のマイナスとなりました。

 国庫支出金につきましては、「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2003」(平成15年6月27日閣議決定)に基づき、平成16年度予算においては地方公共団体に対する国庫補助負担金について1兆円規模の廃止・縮減等を行うことによる影響から、児童保護費負担金のうち、公立保育園運営費や介護保険事務交付金等が一般財源化されたことに伴い、1億1,787万7,000円の減額、対前年度比20.1%のマイナスとなりました。

 県支出金につきましては、平成16年度から畜産基盤再編総合整備事業を行うことによる補助金が新たに加わり、全体で6,813万6,000円の増額、対前年度比18.9%のプラスとなりました。

 さらに町債につきましては、起債借入額が公債費を上回らないよう措置することといたしましたが、平成7年度、8年度において恒久的な減税による減収に対する「減税ほてん債」の借換債4億円を計上したことにより、3億4,600万円の増額、対前年度比39.0%のプラスと大幅な増加となりました。

 以上、申し上げましたとおり平成16年度の予算編成を行った結果、減税ほてん債の借換経費を除いた実質ベースの一般会計規模は82億2,210万円となり、対前年度比0.27%の増となっております。

 なお、歳出につきましては、後ほど主要事業の概要の中で述べさせていただくことといたします。

 次に、各特別会計の予算額と前年度当初予算との比較につきましては、国民健康保険特別会計は、20億7,619万4,000円、4.70%のプラス、老人保健特別会計は22億359万5,000円、4.06%のマイナスとなっております。また、介護保険特別会計につきましては、11億2,515万1,000円、6.96%のプラスとなっており、これは保険給付費の増加が予想されることに伴う増額であります。

 続きまして、宝積寺駅西第一土地区画整理事業特別会計は3億6,332万9,000円、6.15%のマイナス、公共下水道事業特別会計につきましては、下水道建設費の増加に伴い7億4,004万4,000円、11.55%のプラス、さらに農業集落排水事業特別会計につきましては1億2,487万4,000円、1.89%のプラスとなっております。

 最後に、水道事業会計につきましては、収益的収支と資本的収支を合わせた実質的な予算規模は8億5,643万1,000円となり、21.76%のマイナスとなっております。

 以上申し上げましたとおり、8会計を合わせました新年度の予算総額は160億7,461万8,000円となり、対前年度比3億837万6,000円の増額、率にしますと1.96%の伸びとなりました。

 ご承知のとおり、三位一体の改革に伴う国庫補助負担金の廃止、削減や地方交付税の機能縮小、さらに、年度間調整財源の活用にも限りがあるなど、これまで以上に財源の確保が困難な状況となっています。だからこそ、先ほど所信で述べさせていただきましたとおり、住民の皆さんと行政がともに手を携え、知恵を出し合いながら新たな地域づくり、町づくりに邁進しなければならないときを迎えているのではないでしょうか。

 地域の自立と協働による新たな地域づくりを進めるためにも、従来の慣習にとらわれず、住民の皆さんから「町は変わった。自分たちも変わらなければ……」と考えていただけるよう、職員一人ひとりの工夫やアイデアを盛り込んだ予算編成となったと考えております。

 続きまして、平成16年度の主な事業につきまして、その概要を述べさせていただきます。

 まず、総務企画部門では、7月に予定されております参議院議員選挙と12月に任期満了となります栃木県知事選挙費用を計上いたしました。また、第7分団と第8分団に高性能真空ポンプを装着した消防ポンプ車を導入するための経費、消火栓設置事業費、チャイルドシート購入補助等安全なまちづくりを進めるために必要な経費を計上いたしました。

 次に、住民・福祉部門においては、平成15年度から整備を進めております子育て支援拠点施設の早期竣工を目指して事業を推進するとともに、今、子供たちの置かれている環境が著しく変化していることを踏まえて、地域住民の皆さん主導による子育て支援対策及び子育て支援ネットワークの構築を進めてまいります。

 さらに、たから保育園における給食の民間委託や新設されるひだまり保育園の運用等、積極的なアウトソーシングの活用による子育て支援施策の充実に努めてまいります。

 保健・環境部門については、これまで住民の皆さんの主体的な活動によって実施されてきた環境保全活動を一層促進するとともに、次代を担う子供たちの自然を大切にする心を育てていくために、エコハウスにおける環境学習活動の充実を図ってまいります。

 続きまして、生活関連部門では、強く住民の皆さんから要望されている下水道整備を積極的に推進するために、必要な予算をできる限り計上させていただき、快適な生活環境の確保と河川水質の保全に努めてまいることといたしました。

 次に、産業関連では、引き続き宝積寺東口整備事業を積極的に推進してまいりますが、平成16年度においては、駅前広場用地の確保、交流拠点施設の移築、さらに連絡橋等の設計を進めるために必要な経費を計上させていただくとともに、駅東口整備に係る住民の皆さんの活動を支援させていただくために助成事業経費を計上させていただきました。

 農業関連につきましては、継続してこれまで同様に農業振興施策の充実に努めるとともに、畜産基盤再編総合事業を計上させていただき、飼料基盤、農業用施設等の整備と同時に、担い手にとって魅力ある畜産業の確立に努めてまいります。

 続きまして、教育関連では、昨年度開設いたしました不登校児童生徒適応教室「フリースペースひよこの家」の運営が軌道に乗ってきたことから、これまで以上に子供たちの社会的自立を総合的に支援する「場」また「子供たちの居場所」としての機能充実を図ってまいりたいと考えております。

 また、社会教育関連では、引き続き学社融合コーディネーターを設置するとともに、これまで福祉サイドと生涯学習サイドで行っていた子育て関連事業を体系的に整理することによって、家庭・地域・幼保学校・企業が一体となった子育て支援ネットワークづくりを進めてまいります。

 先哲の言葉に「悲観主義は気分によるものだけれども、楽観主義は強い意志によるものである」という言葉があります。未来を悲観する根拠などありません。見ない夢は決して実現することはないのです。

 理想を実現するために大切なことは、未来を切り拓こう、未来を築こうとする強い意志を持ち、知恵と情熱とロマンを持って、いかなる障害にもくじけることなく断固として初志を貫くことだと考えます。

 そのためにも、私は常に先頭に立って行動し、今、高根沢町に起こりつつある新しい時代の流れを確かなものとしていくために、全力を傾けてまいりたいと考えております。

 以上、平成16年度の町政運営の基本方針並びに予算編成に関する概要を述べさせていただきましたが、議員各位におかれましては、よろしくご理解賜りますようお願い申し上げますとともに、引き続き変わらぬご支援・ご協力を賜りますようお願い申し上げ、私の所信といたします。

 よろしくお願い申し上げます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の一括上程について



○議長(鈴木利二君) それでは、議案を上程いたします。

 日程第3、町長提出議案第1号 高根沢町長等の給与の減額に関する条例の制定について、日程第4、町長提出議案第2号 高根沢町教育委員会教育長の給与の減額に関する条例の制定についての2議案を一括上程したいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 異議なしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号、議案第2号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(鈴木利二君) したがって、町長提出議案第1号、第2号の2議案を一括上程し、議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 町長、高橋克法君。

     〔町長 高橋克法君 登壇〕



◎町長(高橋克法君) それでは、議案第1号及び議案第2号の2議案についてご説明申し上げます。

 議案第1号 高根沢町長等の給与の減額に関する条例の制定について、及び議案第2号 高根沢町教育委員会教育長の給与の減額に関する条例の制定についてでありますが、いずれも社会情勢を考慮し、引き続き平成16年4月1日から平成17年3月31日までの間、町長等の給料月額の5%に当たる額を減額しようとするものであります。

 なお、内容につきましては、総務課長より説明をさせます。



○議長(鈴木利二君) 総務課長、若色行雄君。



◎総務課長(若色行雄君) それでは、議案第1号及び議案第2号につきましてご説明申し上げます。

 議案書の中では2ページと4ページになります。

 いずれの議案につきましても、2条によって構成されておりまして、1条は給料についてであります。1号におきましては町長、助役、収入役、2号におきましては教育長についてでございます。いずれも平成16年4月1日から平成17年3月31日までの間、給料月額を5%減額するというものでありまして、具体的には、町長が給与月額79万円から75万500円に、また助役につきましては62万円から58万9,000円に、収入役につきましては59万円から56万500円に、教育長につきましては57万5,000円から54万6,250円にするものでございます。

 2条は、1号について期末手当、2号については期末手当及び勤勉手当について、この算定に用います給料月額を1条によって減額された給料月額に変えて用いるということでございます。

 附則は、いずれも平成16年4月1日から施行し、平成17年3月31日限り、その効力を失うとするものでございます。

 以上でご説明を終わらせていただきます。



○議長(鈴木利二君) 提案理由の説明が終わりました。

 これから2議案について質疑を行います。

 質疑はありませんか。

 9番、綱川秀夫君。



◆9番(綱川秀夫君) おはようございます。お世話になります。

 早速なんですけれども、社会の現状に基づいてというような、こういう言葉ではなかったかもしれないですけれども、エラーとか失態があって減額するということではないと理解はしているんですけれども、5%という数字がどのような観点から出された数字なのか、言っていただければと思って質問してみました。



○議長(鈴木利二君) 総務課長、若色行雄君。



◎総務課長(若色行雄君) ただいまの件でございますけれども、減額につきましては、必ずしも何パーセントというのが適当か否かという議論はちょっと難しいお話だというふうに考えております。平成15年度におきましても5%の減額という中でそれぞれ、15年度につきましては不登校児童生徒の整備のために充当というふうなことで進めてきた経緯がございますけれども、16年度につきましても同様に5%という設定をいたしまして、先ほどございましたように財政状況に合わせたというふうな形での減額でございます。

 以上でございます。



○議長(鈴木利二君) 9番、綱川秀夫君。



◆9番(綱川秀夫君) 設定がどういう指数でという、物価スライドなどという言葉が出なかったんで、私は理解していないんですけれども、当然この後ろには職員とか議員の値下げというような形もあるんだと思っているんですけれども、そこまでの答弁はできませんか。



○議長(鈴木利二君) 町長、高橋克法君。



◎町長(高橋克法君) 職員につきましては、減額というような措置はとっておりません。ただ、これは人事院勧告に基づいて地方公務員等の給与、我々も連動いたしますけれども、皆様も連動いたしていると思いますが、期末手当等につきましてはですね、そういうのは変更になっておりますが、今回議案で上程をいたしましたような形での職員の減額ということは、現在のところ考えておらないところであります。また、議会議員の皆様の給与等につきましては、これは議会議員の皆様ご自身が決めることでありますので、私どもが言及するものではないと考えております。

 以上です。



○議長(鈴木利二君) ほかにありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

 続いて、討論を行います。

 反対討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 賛成討論はありません。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから本案を採決します。

 町長提出議案第1号 高根沢町長等の給与の減額に関する条例の制定については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(鈴木利二君) 起立多数です。

 したがって、町長提出議案第1号は原案のとおり可決されました。

 町長提出議案第2号 高根沢町教育委員会教育長の給与の減額に関する条例の制定については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(鈴木利二君) 起立多数です。

 したがって、町長提出議案第2号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第3号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(鈴木利二君) 日程第5、町長提出議案第3号 高根沢町太田地区コミュニティセンターの設置、管理及び使用条例の廃止についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 町長、高橋克法君。

     〔町長 高橋克法君 登壇〕



◎町長(高橋克法君) それでは、議案第3号 高根沢町太田地区コミュニティセンターの設置、管理及び使用条例の廃止についてご説明申し上げます。

 本案は高根沢町太田地区コミュニティセンターが所期の目的を達成したことに伴い、条例を廃止しようとするものであります。

 なお、内容につきましては、生涯学習課長より説明をさせます。



○議長(鈴木利二君) 生涯学習課長、板橋秀男君。



◎生涯学習課長(板橋秀男君) 議案第3号 高根沢町太田地区コミュニティセンターの設置、管理及び使用条例の廃止についてご説明いたします。

 太田コミュニティセンターは、昭和47年に積極的なコミュニティ活動を展開していた太田地区にコミュニティ活動の中心的施設として建設され、地域の集いと各地の学習活動に活用されてまいりましたが、築30年の経過、社会情勢の変化、施設面での機能も時代の変化にそぐわなくなってきており、また、当初の施設建設の目的も達し得たと思われ、建物自体も町民に広く供用する行政財産としては適さないと判断し、コミュニティセンターの設置条例を廃止するものであります。

 なお、設置条例を廃止した後は、町の普通財産として管理し、将来予想されます地区の生涯学習センター的施設建設や解体処分までの当分の間、現在入居しております公益団体である社団法人シルバー人材センターや土地改良に施設の管理をお願いする予定であります。

 会議室の利用でありますが、近年の利用状況は、利用の90%がシルバー、土地改良、町関連団体でありまして、一般利用者は年に数回でございます。他の施設の活用で行っていきたいと考えております。

 また、建物施設は会議室も含め、現状のまま維持管理をお願いする予定なので、会議室のあり方、使用方法は今後管理委託団体と話し合って地域住民には不便を来さないようにしたいと考えております。

 以上です。



○議長(鈴木利二君) 提案理由の説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

 9番、綱川秀夫君。



◆9番(綱川秀夫君) 私もあの場所では友人の結婚式などに参加して利用させていただいた一人ですけれども、ただ一つ、この前の議会のときに斎藤勝議員からあったように、大きな建物とそれと公共の建物は地震などの対策のチェックがしてあるかどうかというのを聞きたいのですけれども。



○議長(鈴木利二君) 生涯学習課長、板橋秀男君。



◎生涯学習課長(板橋秀男君) 現在において耐震診断の調査の方は行っておりません。

 以上です。



○議長(鈴木利二君) 14番、小川和男君。



◆14番(小川和男君) 3点、お伺いしたいと思います。

 この建物をシルバー、あるいは土地改良の方にお貸しするという話でございますけれども、維持管理の費用というものはどの程度お考えなのか。それから、町が所有者になります。管理者はシルバーと土地改良の方になるのだと思うのですが、所有者と管理者の間の責任範囲、これの整理はできているのかどうかをお伺いいたします。

 もう1点は、建物は築30年というお話でございましたけれども、あと何年ほど残っているのかという、耐用年数の話でございますので、当分の間お貸しするようなお話でございますけれども、その当分の間の期間をご提示いただきたいと思います。

 以上です。



○議長(鈴木利二君) 生涯学習課長、板橋秀男君。



◎生涯学習課長(板橋秀男君) ただいまのご質問の維持関係でございますが、年間、平成16年度予想でございますが、維持管理の方は170万円程度かかるものと推測されます。主なものは、電気料、水道、ガス、浄化槽、電気工作物の保守管理費でございますが、これらの必要経費の8割方が電気料でございます。電気料は1年前の実電量をもとに基礎額が計算されますので、前年において電気料が少なくなりますと、それに基づいてその次の年は電気料の定額の部分が、基礎額の部分が安く設定をされます。現在のところは毎月8万円が定額の基本料金でございます。16年度においては、それが使用の頻度によって6万円ということになっております。それを換算いたしますと、平成16年度は170万円程度が全体でかかるものと考えられます。また、その維持管理費の負担でございますが、シルバー人材、土地改良とも、ともども公益団体でございまして、隣接市町村においても、例えば芳賀町においても上稲毛田小学校の跡地、そのものを使っております。その入居者の方が施設の維持管理費を支払って、入居費用の方は無料となっております。町においても同等に事務を進めていきたいと考えております。

 また、管理の責任でございますが、普通財産に持っていっても町の財産でございますので、建物に関しては、責任はあくまでも町側にあるものと考えております。

 耐用年数でございますが、RCづくりでございますので、法定耐用年数は50年でございます。実質的には30年でございますが、つくりそのものの影響かと思われますが、老朽化の方はかなりのものと判断されます。

 また、その期間でございますが、今後、合併等が先にありますので、合併等の動向を見きわめながら判断をしていきたいと考えております。

 以上です。



○議長(鈴木利二君) ほかにありませんか。

 14番、小川和男君。



◆14番(小川和男君) 2点だけ改めてお願いしたいんですが、町シルバーと町の土地改良は管理する場合に善意をもって管理するというようなことをご認識なされているのかどうかであります。それが1つ。

 それと、もう一つは、管理中においての災害、あるいは被災は、町で責任を持つというふうに理解していてよろしいのかどうかをお伺いさせていただきます。



○議長(鈴木利二君) 生涯学習課長、板橋秀男君。



◎生涯学習課長(板橋秀男君) 受託の方のシルバー人材センターさん、土地改良は、善意のもとで認識をされているかどうかということでございますが、既に話し合いの中でもって、相手方、シルバーさん、また土地改良の方から、これらの要望を強くされたものでございまして、善意なものと認識しております。

 また、災害に関してでございますが、維持管理を行う途中でもって軽微な修繕の箇所等は一切お任せをいたしまして、建物等の存続にかかわりのある災害等、または修繕等に関しては、町と相談の上、改善等を行っていきたいと考えております。

 以上です。

     〔「議長、暫時休憩をお願いします」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 暫時休憩します。



△休憩 午前10時37分



△再開 午前10時39分



○議長(鈴木利二君) 再開します。

 そのほか質問ありませんか。

 9番、綱川秀夫君。



◆9番(綱川秀夫君) 今質問した中で、50年の耐用年数のまだ30年だというんですから心配はないかなと思うんですけれども、やはり私はチェックしてということがあった方がいいと思うんですけれども、その考えはありますか。



○議長(鈴木利二君) 生涯学習課長、板橋秀男君。



◎生涯学習課長(板橋秀男君) その社会教育施設の方もできることならば耐震診断の方を施設すべて行っていきたいと考えております。そのときに、そのコミュニティセンターそのものも含めていきたいと考えております。



○議長(鈴木利二君) ほかにありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

 続いて、討論を行います。

 反対討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 賛成討論はありません。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから本案を採決します。

 町長提出議案第3号 高根沢太田地区コミュニティセンターの設置、管理及び使用条例の廃止については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(鈴木利二君) 起立全員です。

 したがって、町長提出議案第3号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第4号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(鈴木利二君) 日程第6、町長提出議案第4号 高根沢町公告式条例の一部改正についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 町長、高橋克法君。

     〔町長 高橋克法君 登壇〕



◎町長(高橋克法君) それでは、議案第4号 高根沢町公告式条例の一部改正についてご説明申し上げます。

 本案は、高根沢町太田地区コミュニティセンターの設置管理及び使用条例の廃止に伴い、条例の一部を改正しようとするものであります。

 なお、内容につきましては、総務課長より説明をさせます。



○議長(鈴木利二君) 総務課長、若色行雄君。



◎総務課長(若色行雄君) それでは、議案第4号 高根沢町公告式条例の一部を改正する条例につきましてご説明申し上げます。

 8ページになります。

 ただいまの議案第3号におきまして、高根沢町太田地区コミュニティセンターの設置、管理及び使用条例を廃止する条例を受けまして、現在3カ所あります条例の掲示場のうち、高根沢町太田地区コミュニティセンター前掲示場につきまして、場所に変更はございませんけれども、その名称を高根沢町農業技術センター前掲示場と改めるものでございます。

 附則において平成16年4月1日から施行するものでございます。

 以上で説明を終わらせていただきます。



○議長(鈴木利二君) 提案理由の説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

 続いて、討論を行います。

 反対討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 賛成討論はありません。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから本案を採決します。

 町長提出議案第4号 高根沢町公告式条例の一部改正については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(鈴木利二君) 起立全員です。

 したがって、町長提出議案第4号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の一括上程について



○議長(鈴木利二君) 日程第7、町長提出議案第5号 平成15年度高根沢町一般会計補正予算議決について、日程第8、町長提出議案第6号 平成15年度高根沢町宝積寺駅西第一土地区画整理事業特別会計補正予算議決について、日程第9、町長提出議案第7号 平成15年度高根沢町公共下水道事業特別会計補正予算議決について、日程第10、町長提出議案第8号 平成15年度高根沢町農業集落排水事業特別会計補正予算議決について、日程第11、町長提出議案第9号 平成15年度高根沢町水道事業会計補正予算議決についての5議案を一括上程したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 異議なしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第5号〜議案第9号の上程、説明、質疑、委員会付託



○議長(鈴木利二君) したがって、町長提出議案第5号、6号、7号、8号及び9号の5議案を一括上程し、議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 町長、高橋克法君。

     〔町長 高橋克法君 登壇〕



◎町長(高橋克法君) それでは、議案第5号から議案第9号までの5議案につきましてご説明申し上げます。

 まず、議案第5号 平成15年度高根沢町一般会計補正予算議決についてであります。

 今回の補正予算は、清掃費、農業費及び都市計画費が主なものであり、歳入歳出の補正額は1億1,415万1,000円の減額となり、補正後の歳入歳出予算の総額をそれぞれ85億1,039万9,000円としようとするものであります。

 議案第6号 平成15年度高根沢町宝積寺駅西第一土地区画整理事業特別会計補正予算議決についてであります。

 今回の補正予算は、区画整理事業費の補正であり、歳入歳出の補正額は500万円の減額となり、補正後の歳入歳出予算の総額をそれぞれ3億5,288万1,000円としようとするものであります。

 議案第7号 平成15年度高根沢町公共下水道事業特別会計補正予算議決についてであります。

 今回の補正予算は、下水道建設費の繰り越しに伴い、繰越明許費費922万5,000円を計上しようとするものであります。

 次に、議案第8号 平成15年度高根沢町農業集落排水事業特別会計補正予算議決についてであります。

 今回の補正予算は、総務管理費の補正であり、歳入歳出予算の総額は3万円の減額となり、補正後の歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億960万3,000円としようとするものであります。

 次に、議案第9号 平成15年度高根沢町水道事業会計補正予算議決についてであります。

 今回の補正予算は、資本的収入につきましては、負担金の補正であり、500万円を減額し、収入総額を3億4,117万4,000円とし、資本的支出につきましては、建設改良費の補正であり、収入と同じ500万円を減額し、支出総額を8億1,800万1,000円としようとするものであります。

 各会計の内容につきましては、一般会計を企画課長に、宝積寺駅西第一土地区画整理事業特別会計を都市計画課長に、公共下水道事業特別会計及び農業集落排水事業特別会計を下水道課長に、水道事業会計を水道課長に、それぞれ説明をさせます。



○議長(鈴木利二君) 企画課長、古口一君。



◎企画課長(古口一君) それでは、議案第5号 平成15年度高根沢町一般会計補正予算議決についてご説明申し上げます。

 補正予算書の1ページになります。今回の補正は第8号になります。

 その内容は、まず第1条 歳入歳出予算の補正でありますが、今回は1億1,415万1,000円を減額するもので、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ85億1,039万9,000円にするものでございます。

 その補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、第1表歳入歳出予算補正においてご説明申し上げます。

 2条につきましては、繰越明許費の設定であります。地方自治法第213条第1項の規定により翌年度に繰り越しして使用することができる経費、繰越明許費については、第2表繰越明許費においてご説明申し上げます。

 第3条は地方債の補正でありますが、今回は変更のみでありまして、その内容につきましては、第3表地方債補正においてご説明申し上げます。

 2ページに記載されております第1表歳入歳出予算補正についてご説明申し上げます。

 まず、歳入でありますが、1款町税につきましては324万4,000円の減額であります。その内訳は1項町民税が1,600万円の減額、これは現年課税分が1,900万円の減額、それに対して滞納繰越分が300万円の増額ということでございます。2項固定資産税につきましては1,300万円の増額ということで、これは滞納繰越分の増額でございます。6項入湯税につきましては64万4,000円の減額であります。現年課税分でございます。7項都市計画税につきましては40万円増額でございます。滞納繰越分でございます。

 10款分担金及び負担金につきましては、30万9,000円の減額をしようとするものでありまして、その内訳は、1項分担金が25万5,000円の減額、これは農業整備事業分担金でございます。2項負担金につきましては5万4,000円の減額でございます。

 12款国庫支出金につきましては55万円の追加ということでございます。その内訳として2項の国庫補助金が54万2,000円の追加、3項委託金が8,000円の追加というものでございます。

 13款県支出金につきましては、1,301万5,000円の減額であります。その内訳は、2項の県補助金が1,300万1,000円の減額でありまして、主なものといたしましては、県単首都圏農業パワーアップ事業費補助金の1,239万7,000円の減額でございます。3項委託金につきましては1万4,000円の減額。

 14款財産収入につきましては、項は財産運用収入でありますが、これのみでありまして51万円の追加ということで、基金利子分でございます。

 つづいて、15款寄附金でありますが、項も同じ寄附金でありまして、430万6,000円の追加でございます。

 16款繰入金、今回は2項の基金繰入金のみでありまして、3,559万円の減額、これは財政調整基金の繰入金のみでございます。

 18款諸収入につきましては2,204万1,000円の追加でありまして、その内容は1項の延滞金加算金及び過料が130万円の追加、これは町税延滞金でございます。4項雑入につきましては2,074万1,000円の追加であります。主なものといたしますと南部地区給水工事補助金返還金等でございます。

 19款町債、項も同じでありますが8,940万円の減額であります。この内容につきましては、第3表の中でご説明申し上げます。

 以上、合計では1億1,415万1,000円の減額ということでございます。

 続きまして、4ページに記載されております歳出でありますが、まず、1款総務費につきましては14万円の追加。内訳といたしますと1項の総務管理費が50万1,000円の追加、基金積立金が主なものでございます。2項企画費については36万6,000円の減額、広域負担金でございます。6項統計調査費につきましては5,000円の追加でございます。

 3款民生費につきましては106万3,000円の追加でありまして、内訳は1項の社会福祉費が111万5,000円の追加でありまして、これは14年度の在宅福祉事業費補助金の返還金等でございます。2項の児童福祉費につきましては5万2,000円の減額でございます。

 4款衛生費につきましては960万7,000円の減額になります。内訳は1項の保健衛生費が37万1,000円、2項の清掃費が923万6,000円の減額ということで、いずれも広域組合の負担金の減額になっております。

 6項の農林水産業費につきましては897万7,000円の減額であります。内訳としては1項の農業費が896万7,000円の減額、これは歳入で申し上げました県単首都圏農業パワーアップ推進事業費補助等でございます。2項の林業費につきましては1万円の減額であります。

 7款の商工費、これは項も同じでありまして55万3,000円の追加でございます。

 8款土木費につきましては8,631万7,000円の減額でございます。その内容は、2項の道路橋梁費が657万7,000円の減額であります。町道の額の確定に伴う減額でございます。4項の都市計画費につきましては7,974万円の減額でありますが、宝積寺駅東口整備事業の中の用地取得費等の減額、あるいは区画整理事業特別会計の繰出金の増額等の相殺に基づいてこの金額になったわけでございます。

 9款消防費につきましては、項も同じでありまして800万6,000円の減額で、広域行政組合の負担金の減額に伴うものでございます。

 10款教育費につきましては300万円の減額であります。その内訳は、金額的には4項の社会教育費のみであります。国際交流協会補助金の減額分でございます。

 以上、歳出合計いたしますと1億1,415万1,000円の減額とするものでございます。

 続いて、5ページに記載されております第2表繰越明許費であります。今回3件の繰越明許費を計上させていただきました。

 まず、1つ目が8款土木費、2項道路橋梁費であります。事業名が道路改良費であります。金額が1,110万円ということで、これは町道350号線、これは宝積寺の小口材木店南側の道路です。これについては用地交渉に不測の日数を要したため工事が年度内に終了しないことに伴い、繰越明許費するものでございます。

 続いて、8款4項都市計画費、仁井田中央通り整備事業費であります。5,740万8,000円でありますが、これは電柱の移転に不測の日数を要し、工事が年度内に終了しないことに伴うものでございます。

 続いて、同じ8款4項の宝積寺駅東口整備事業費でありますが、9,900万円でございます。これは地権者の移転先の選定に不測の日数を要し、工事が年度内に終了しないことに伴うものございます。

 続きまして、6ページに記載されております第3表地方債補正であります。変更のみであります。3つの事業について変更するものであります。

 まず、1つ目が道路改良事業であります。限度額を7,180万円から6,240万円に、940万円を減額するというものでありまして、その内容は町道436号線、これは亀梨から南那須町に抜ける町道でありますが、入札等による減額に伴うもので、こちらの方が670万円の減、それから354号線、これは御料牧場北側の町道でありますが、こちらについては270万円の減ということでございます。

 続いて、街路整備事業につきましては、限度額を3,500万円から3,250万円、250万円の減額をするものでございます。これは仁井田中央通りについてでありまして、その内容については相続等で用地の購入ができなかったことに伴う減額ということでございます。

 3番目が宝積寺駅東口整備事業でありまして、限度額を3億4,480万円から2億6,730万7,750万円の減額をするものでございます。合計いたしますと8,940万円の減額になるというものでございます。

 詳細につきましては、予算に関する説明書に記載されているとおりでございます。

 以上で一般会計についてご説明を終わらせていただきます。



○議長(鈴木利二君) 都市計画課長、小林仲君。



◎都市計画課長(小林仲君) 議案第6号 平成15年度高根沢町宝積寺駅西第一土地区画整理事業特別会計補正案(第5号)についてご説明申し上げます。

 補正予算書23ページから記載されております。

 第1条の歳入歳出予算の補正でございますが、歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ500万円を減額し、歳入歳出予算を3億5,288万1,000円とするものであります。

 歳入歳出予算の補正の款項の区分及び金額につきましては第1表でご説明申し上げます。

 第2条の繰越明許費については第2表でご説明申し上げます。

 次ページの第1表歳入歳出予算補正で、歳入についてでありますが、3款財産収入、1項財産売払収入1,866万5,000円の減額は、保留地の売り払いができなかったことによる減額でございます。

 4款繰入金、1項一般会計繰入金1,366万5,000円は、財産収入減に伴います繰り入れを一般会計からお願いするものでございます。その結果、歳入補正500万円の減額で歳入合計を3億5,288万1,000円とするものであります。

 また、歳出でありますが、2款事業費、1項区画整理事業費を500万円減額し、歳出合計を歳入と同じくするものであります。減額の主な事業内容は、道路築造工事延長減に伴う水道布設替え負担金であります。

 続きまして、第2表繰越明許費であります。2款事業費、1項区画整理事業費、事業名、同じ区画整理事業費1億7,809万5,000円を繰り越すものでございます。これらの主な原因は、仮換地案等の関係地権者等の調整のために不測の日数を要してしまい、家屋の移転補償10件、並びに道路築造工事2カ所分を翌年度へ繰り越すこととなったものによるものでございます。

 詳細については、予算に関する説明書のとおりでございますので、以上で説明を終わります。



○議長(鈴木利二君) 下水道課長、栗原光隆君。



◎下水道課長(栗原光隆君) 議案第7号 平成15年度高根沢町公共下水道事業特別会計補正予算議決についてご説明申し上げます。

 31ページの記載の内容になります。

 今回補正第5号でございます。繰越明許費でありますが、第1条、翌年度に繰り越して使用することができる経費につきましては、第1表でご説明申し上げます。

 32ページになります。第1表繰越明許費でございます。2款下水道建設費、1項下水道建設費、事業名、下水道建設事業でありまして、金額を922万5,000円を繰り越すものでございます。これらは県に委託しております下水道資源化工場建設に伴う委託費でありまして、周辺整備に対する地元要望等の協議時間を要したための繰り越し、また、下水道管埋設に伴うJRとの協議に時間を要したために工事請負費等を繰り越すものでございます。

 続きまして、議案第8号 平成15年度高根沢町農業集落排水事業特別会計補正予算議決についてご説明申し上げます。

 33ページの記載の内容になります。

 今回、補正4号でございます。第1条の歳入歳出予算の補正でありますが、総額からそれぞれ3万円を減額し、総額を歳入歳出それぞれ1億960万3,000円とするものでございます。

 補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、第1表でご説明申し上げます。

 34ページになります。まず、歳入でございます。1款分担金及び負担金、1項分担金、補正額30万円の減額でございます。これは受益者分担金の減額でございます。

 3款繰入金、1項一般会計繰入金、27万円の増額でございまして、これは先ほどの受益者分担金の減額に伴う一般会計からの繰り入れでございます。

 次に、歳出でございます。

 1款総務費、1項総務管理費でございまして、補正額3万円の減額でございます。これは受益者分担金の減額に伴いまして報償金を減額するものでございます。

 詳細につきましては、予算に関する説明書に記載のとおりでございます。

 以上で説明を終わります。



○議長(鈴木利二君) 水道課長、瀧信夫君。



◎水道課長(瀧信夫君) それでは、議案第9号 平成15年度高根沢町水道事業会計補正予算(第4号)の内容についてご説明申し上げます。

 今回の補正は、資本的収入及び支出それぞれ500万円を減額するものであります。

 歳入の負担金500万円につきましては、駅西区画整理事業の事業会計からの負担金の減額を減額するものであります。

 それから、支出につきましては、建設改良費、水道管の布設替え工事でありますが、区画整理事業量の減少に伴いましてそれを減額するものであります。

 以上で説明を終わります。



○議長(鈴木利二君) 提案理由の説明が終わりました。

 これから5議案について質疑を行います。質疑はありませんか。

 9番、綱川秀夫君。



◆9番(綱川秀夫君) 小口木材の南側の道路に関してなんですけれども、事業内に終わらないというような話なんですけれども、東北本線の拡幅もこの中に入っているのですか。それと、いつごろに完成予定になるかということ。

 もう一つは、農集排の補正ですけれども、受益者から入るお金が少なくなるので補正をしますよということなんだけれども、町からまた支出されるということは、どんなことで入らなかったんだか、内容をもうちょっと詳しく説明してほしいです。

 以上。



○議長(鈴木利二君) 建設課長、見目光史君。



◎建設課長(見目光史君) ただいまのご質問でございますが、まず、町道350号線でございます。小口材木屋さんの南側でございますが、JR東北本線につきましては、JRと交渉中でございまして、今回繰り越しをお願いしているところは線路から西側でございます。約55メートルございますが、この道路用地取得に不測の日数を要してしまったため繰り越しをお願いしているものでございます。

 完成でございますが、ただいまこの55メートルにつきましては7月末を完成予定といたしております。

 以上でございます。



○議長(鈴木利二君) 下水道課長、栗原光隆君。



◎下水道課長(栗原光隆君) 先ほどの受益者分担金の詳しい内容ということで、ご説明申し上げます。

 これは当初、加入者1名が出るということで1件分、30万円ということで予定をしておりましたが、接続がないという、実際になかったということで、減額するものでございます。

 以上でございます。



○議長(鈴木利二君) 11番、松本潔君。



◆11番(松本潔君) 一般会計のまちづくり推進費の9,164万4,000円の減額でありますが、私の考え違いかもしれないんですが、基本的にこの予算から落とすということは、これはもうやらないという考え方に基づいて減額というのはあるんだと思っております。当然これが引き続き来年もやるというような場合には、繰越明許費か事故繰り越しで財源確保をして、翌年に移していくというのが基本的な財政の仕組みだと思っているんですが、先ほどの説明では地権者の移転先がまだ決まらないから減額するというようなお話であるとするならば、事業を今後とも継続するのであれば繰越明許費でやるのが筋じゃないかと思うのですが、いかがでしょうか。



○議長(鈴木利二君) 都市計画課長、小林仲君。



◎都市計画課長(小林仲君) ただいまのちょっ蔵の道の事業でございますが、当初、私ども全体が地権者全員の地方特定道路で採択を受けてやってきました。その結果、途中からまちづくり総合支援事業の方に、一番奥の金村弘様、また、要は直接道路にかからない2件の方がございます。その関係がまちづくり総合支援事業で対応するような協議に調いまして、本年度直接道路にかかりませんので、その分を減額させてもらったのと、あと、どうしても単年度で地方特定はやるというのが基本でございますので、未相続関係者5名がございます。要は相続ができないような状況の方がございます。その方の分を減額させてもらったものでございます。ですから地方特定道路として繰越をもちまして続けてやらせていただきたいと思います。

 以上でございます。



○議長(鈴木利二君) 11番、松本潔君。



◆11番(松本潔君) 何か答弁がよくわからないんだけれども、一部については繰り越しをして、もともと事業自体が、つくり方の事業の種類が変わったから、それについては事業を減額すると。そうすると事業が変わったというのは、この前の、今回ではなくて12月なり、9月なりに増額補正をしていなければならないですよね。それによって、それがまだ完了していなければその部分については繰越明許になってきちっと数字が上がっていなければならないんですね。その辺の関係はどういうふうになっているんですか。



○議長(鈴木利二君) 都市計画課長、小林仲君。



◎都市計画課長(小林仲君) 大変失礼しました。

 先ほどの地権者2名、並びに未相続者につきましては、年度を変えて地方特定ではなく、まちづくり総合支援事業としてやっていくということで、減額をさせてもらったものでございます。



○議長(鈴木利二君) 11番、松本潔君。



◆11番(松本潔君) そうすると、平成15年度はその事業そのものを打ち切って、16年度から新しい事業として予算を組んでいくということなんですね。そうすると平成15年度に組んだ事業と平成16年度に新しい事業につくり変えるわけですから、それのメリット、デメリットというのは、何か財源的に意味があってそういう切りかえになるのかどうか、ちょっと伺いたいと思います。



○議長(鈴木利二君) 小林仲君。



◎都市計画課長(小林仲君) まず最初に、先ほど申し上げましたように地方特定道路整備事業においては道路だけを整備するという観点でございましたので、先ほど申し上げましたように金村さんなど直接道路にかからない方についてはその事業から対象外という形が1つはございます。もう一つは、それに伴いましてまちづくり総合支援事業がこれから交付金制度になります。そのために現在3分の1の補助が4割補助になる予定で、今新年度において交付金事業として採択を受けたいという形でいっております。

 以上です。



○議長(鈴木利二君) ほかにありませんか。

 10番、森弘子君。



◆10番(森弘子君) 宝積寺駅西第一土地区画整理事業の特別会計補正予算についてお伺いいたします。

 まず、25ページの繰越明許費、毎年毎年、補正の段階で繰越明許費という形でこのように多額のお金が繰り越しされて、今年度もまた約1億7,800万円ほど繰越明許費という形でされているんですけれども、これは仮換地指定をする際に、同意を得られないまま予算を組む、ここに問題があるんじゃないかと思うんですけれども、やはり仮換地指定をするということは、ある程度地権者の同意をしないとできないと思うのですけれども、その辺、仮換地指定にまず問題があるのではないかと思うのですけれども、このように多額に繰り越しをする事業について、あと仮換地指定についてお伺いします。

 それから、30ページの3款財産収入、財産売払収入の件で保留地処分金が1,866万5,000円、これは減額。保留地が売れなかったということなんですけれども、保留地が売れないというのはさらに出てくると思うのですけれども、何区画予定していて、このように今回減額になったのかお伺いいたします。



○議長(鈴木利二君) 町長、高橋克法君。



◎町長(高橋克法君) 事業を執行する場合には、ご協力をいただけるという前提で予算措置というものがありませんと私ども交渉ができないわけであります。しかし、予算措置をして交渉に当たるわけですが、森議員もご存じのように区画整理事業と申しますのは、それぞれの権利者の方々が、それぞれのご家庭なりにいろいろな事情を抱えていらっしゃって、にわかには賛成ということにならない方々もいらっしゃることも事実であります。

 そういうことで、私どもの予算というのは単年度主義なものですから、どうしてもいろいろな事情があって賛成をしていただけない方々に対しまして、1年間で何とか賛成をしていただけるという保証はどこにもなく、我々はご理解いただけるように最大限の努力を続けてまいりますけれども、繰越明許費というような事態になっております。これはご指摘のとおり、毎年繰越明許費というような形で議会の皆様にご説明をし、ご理解を賜っているわけでありますが、その辺の事情のところをよろしくご理解いただけるようにお願いしたいと同時に、もう一つは、私どももいろんな事情、本当に私どもが理解をできるような相続の問題ですとか、そのほかいろいろ老後への不安ですかとかという問題がございます。我々は誠心誠意、真摯な気持ちでお話を申し上げ、ご理解いただけるように努力をしておりますけれども、幸い反対であるというか、賛成はできないという地権者の方々の中にも、少しずつご理解を賜れるような空気が醸成をされてきたというような状況に最近なってまいりました。しかし、それでもすぐに契約というような事態にはならないわけでありまして、そういう意味でも繰越明許費をお願い申し上げたいというふうに思っております。

 また、保留地の処分金でありますが、今ご説明を申し上げましたように、地権者の同意を最後まで完全に得られないという状況から保留地自体が造成をできないということで今回の減額をお願い申し上げている。ですから、ご理解賜りたいのは保留地があるんだけれども売れないんじゃないんです。保留地がまだ造成をされていない、年度当初では保留地を造成して売却というような方向で計画を練っておりましたけれども、保留地自体が造成をできなかったということで、今回減額をお願いしているわけでありまして、保留地があって売れないというのは大変これは将来にわたって大きな問題を残すわけでありますけれども、そういう事態ではないということだけはご理解を賜りたいと思います。

 詳しくはまた都市計画課長からご説明申し上げます。



○議長(鈴木利二君) 都市計画課長、小林仲君。



◎都市計画課長(小林仲君) 全体的に繰り越しをお願いするものは基本的に町長がお話申し上げたとおりでございまして、私ども職員も一生懸命お話を申し上げ、ご協力を賜っているところでございます。

 また、保留地処分につきましては、本年度予定しておりました結局仮換地先の付け保留地が主でおります。その方の同意が得られなくて繰り越ししている状況で収入が見込めなくなったという状況でございます。

 以上でございます。



○議長(鈴木利二君) ほかにありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっています町長提出議案第5号は関係常任委員会に、6号、7号、8号及び9号は建設産業常任委員会に、それぞれ付託することにしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 異議なしと認めます。

 したがって、町長提出議案第5号は関係常任委員会に、6号、7号、8号及び9号は建設産業常任委員会にそれぞれ付託することに決定しました。

 ここで暫時休憩いたします。

 再開は11時半にいたします。



△休憩 午前11時19分



△再開 午前11時30分



○議長(鈴木利二君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案の一括上程について



○議長(鈴木利二君) 日程第12、町長提出議案第10号 平成16年度高根沢町一般会計予算議決について、日程第13、町長提出議案第11号 平成16年度高根沢町国民健康保険特別会計予算議決について、日程第14、町長提出議案第12号 平成16年度高根沢町老人保健特別会計予算議決について、日程第15、町長提出議案第13号 平成16年度高根沢町介護保険特別会計予算議決について、日程第16、町長提出議案第14号 平成16年度高根沢町宝積寺駅西第一土地区画整理事業特別会計予算議決について、日程第17、町長提出議案第15号 平成16年度高根沢町公共下水道事業特別会計予算議決について、日程第18、町長提出議案第16号 平成16年度高根沢町農業集落排水事業特別会計予算議決について、日程第19、町長提出議案第17号 平成16年度高根沢町水道事業会計予算議決についての8議案を一括上程したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 異議なしと認めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第10号〜議案第17号の上程、説明、質疑、委員会付託



○議長(鈴木利二君) したがって、町長提出議案第10号、11号、12号、13号、14号、15号、16号及び17号の8議案を一括上程し、議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 町長、高橋克法君。

     〔町長 高橋克法君 登壇〕



◎町長(高橋克法君) それでは、議案第10号から議案第17号までの8議案につきましてご説明申し上げます。

 まず、議案第10号 平成16年度高根沢町一般会計予算議決についてであります。

 本案は、先ほど予算編成の基本的な考え方の中で申し上げましたとおりであり、歳入歳出の予算の総額をそれぞれ86億2,100万円としようとするものです。

 次に、議案第11号 平成16年度高根沢町国民健康保険特別会計予算議決についてでありますが、歳入歳出予算の総額をそれぞれ20億7,619万4,000円としようとするものです。

 次に、議案第12号 平成16年度高根沢町老人保健特別会計予算議決についてでありますが、歳入歳出予算の総額をそれぞれ22億359万5,000円としようとするものです。

 次に、議案第13号 平成16年度高根沢町介護保険特別会計予算議決についてでありますが、歳入歳出予算の総額をそれぞれ11億2,515万1,000円としようとするものです。

 次に、議案第14号 平成16年度高根沢町宝積寺駅西第一土地区画整理事業特別会計予算議決についてでありますが、歳入歳出予算の総額をそれぞれ3億6,332万9,000円としようとするものです。

 次に、議案第15号 平成16年度高根沢町公共下水道事業特別会計予算議決についてでありますが、歳入歳出予算の総額をそれぞれ7億404万4,000円としようとするものです。

 次に、議案第16号 平成16年度高根沢町農業集落排水事業特別会計予算議決についてでありますが、歳入歳出予算の総額をそれぞれ1億2,487万4,000円としようとするものです。

 次に、議案第17号 平成16年度高根沢町水道事業会計予算議決についてでありますが、収益的支出と資本的支出を合わせた実質的な歳出予算規模を8億5,643万1,000円としようとするものです。

 以上、8会計の新年度予算でありますが、内容につきましては、一般会計を企画課長に、国民健康保険特別会計及び老人保健特別会計を住民課長に、介護保険特別会計を健康福祉課長に、宝積寺駅西第一土地区画整理事業特別会計を都市計画課長に、公共下水道事業特別会計及び農業集落排水事業特別会計を下水道課長に、水道事業会計を水道課長に、それぞれ説明をさせます。



○議長(鈴木利二君) 企画課長、古口一君。



◎企画課長(古口一君) それでは、議案第10号 平成16年度高根沢町一般会計予算議決についてご説明申し上げます。

 16年度の予算書の1ページになります。

 まず、1条において、歳入歳出予算の総額を86億2,100万円と定めるものでありまして、その款項の区分及び当該区分ごとの金額については、第1表歳入歳出予算においてご説明申し上げます。

 2条は債務負担行為についてでありまして、地方自治法第214条の規定により債務を負担する行為をすることができる事項、期間及び限度額については、第2表債務負担行為においてご説明申し上げます。

 3条は地方債についてでありまして、地方自治法第230条第1項の規定により起こすことができる地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法については、第3表地方債においてご説明申し上げます。

 第4条は、一時借入金であります。地方自治法第235条の3第2項の規定による一時借入金の借り入れの最高額は5億円とするものでございます。

 第5条は歳出予算の流用についてであります。地方自治法第220条第2項ただし書きの規定、これは項を超えて流用することができないということでありますが、予算の中で定めることによって流用できる額については、こちらに記載されております各項に計上した給料、職員手当及び共済費に係る予算額に過不足が生じた場合における同一款内でのこれらの経費の各項の間の流用と規定したわけであります。

 それでは、2ページに記載されております第1表歳入歳出予算についてご説明申し上げます。

 まず、歳入であります。

 1款町税につきましては39億5,384万4,000円でございまして、15年度と比較いたしますと8,607万3,000円の増、率にいたしますと2.23%の増となります。その内訳は、1項町民税につきましては17億3,466万円でありまして、15年度と比較しますと2,056万2,000円の減、率では1.17%の減になります。2項固定資産税につきましては18億6,898万2,000円でありまして、15年度と比較いたしますと8,101万1,000円の増、率では4.53%の増となります。3項軽自動車税でありますが、4,261万6,000円でありまして、15年度と比較しますと69万5,000円、率では1.66%の増となります。4項町たばこ税は1億7,918万6,000円でありまして、15年度と比較しますと1,790万8,000円、率では11.10%の増となります。5項特別土地保有税は2,000円の計上であります。15年度と比較しますと5万2,000円の減、率では96.36%の減となります。6項入湯税は1,436万3,000円で、15年度と比較しますと206万3,000円の減で、率では12.56%の減となります。7項都市計画税は1億1,403万5,000円でありまして、15年度と比較しますと913万6,000円、率では8.71%の増となります。

 続いて、2款地方譲与税でありますが、2億800万円を計上いたしました。まず、1項は所得譲与税でありますが、これは三位一体の改革により税源移譲の暫定措置として創設されるものでありまして、16年度は5,000万円を計上しております。皆増という形になります。2項自動車重量譲与税は1億円の計上で、15年度と比較いたしますと300万円の増、率では3.09%の増となります。3項地方道路譲与税は5,800万円でありまして、15年度と同額でございます。

 3款利子割交付金、項も同じでありまして、こちらについては2,900万円の計上であります。15年度と比べますと600万円の減、率では1.10%の減となります。

 4款配当割交付金、項も同じでありますが、これは次の5款の株式等譲渡所得割交付金と合わせて15年度の税制改正により創設された交付金でございます。4款の利子割交付金は342万円、5款の株式等譲渡所得割交付金は255万1,000円の計上となります。

 6款地方消費税交付金は、項も同じでありまして、2億5,000万円の計上でございます。15年度と比較しますと5,200万円の増、率では26.26%の増となっております。

 7款ゴルフ場利用税交付金、項も同じで2,800万円でありまして、15年度と比較しますと400万円の減、率では12.50%の減となっております。

 8款自動車取得税交付金は、項も同じで、1億円を計上いたしました。15年度と比較しますと200万円、率では2.04%の増となります。

 9款地方特例交付金につきましては、項も同じで、1億8,000万円を計上いたしました。15年度と比較しますと3,400万円、率では23.29%の増となります。

 10款地方交付税につきましては、項も同じでありまして、6億3,000万円の計上でございます。内訳としましては、普通交付税が5億3,000万円、特別交付税が1億円でございます。15年度と比較しますと1億2,000万円の減、率では16.00%の減となります。

 11款交通安全対策特別交付金、項も同じでありまして560万円の計上で、15年度と比較しますと20万円、率では3.45%の減となります。

 12款分担金及び負担金は1億4,845万円の計上であります。15年度と比較しますと140万8,000円、率では0.94%の減となります。内訳といたしましては、1項の分担金が517万5,000円、15年度と比較しますと378万円、率で42.21%の減となります。2項の負担金は1億4,327万5,000円でありまして、15年度と比較いたしますと237万2,000円、率では1.68%の増となります。

 13款使用料及び手数料につきましては9,382万5,000円で、15年度と比較しますと76万1,000円、率では0.80%の減となります。その内訳は、1項の使用料が3,430万3,000円で、15年度と比較しますと52万3,000円、率では1.50%の減となります。2項の手数料は5,952万2,000円で、15年度と比較しますと23万8,000円、率では0.40%の減でございます。

 14款国庫支出金につきましては4億6,854万3,000円、15年度と比較しますと1億1,787万7,000円の減、率では20.10%の減となります。内訳といたしますと、1項の国庫負担金が1億7,974万円で15年度と比較すると2,161万9,000円、率では10.74%の減。2項の国庫補助金が2億8,006万3,000円で、9,415万1,000円の前年度比減で、率では25.16%の減となります。3項委託金については874万円で、15年度に比較いたしますと210万7,000円、率では19.42%の減となります。

 15款県支出金につきましては4億2,784万円で、15年度と比較しますと6,813万6,000円の増、率では18.94%の増となります。内訳といたしまして、1項県負担金は5,510万1,000円で、15年度と比較しますと2,142万9,000円の減、率では28.00%の減となります。2項県補助金は3億885万8,000円で、15年度と比較しますと7,472万円の増、率では31.91%の増となります。3項委託金は6,388万1,000円となり、15年度と比較しますと1,484万5,000円、率では30.27%の増となります。

 16款財産収入は1,495万6,000円で、15年度と比較しますと43万2,000円の減、率では2.81%の減となります。内訳は、1項の財産運用収入が709万2,000円、15年度と比較すると93万円、率では15.09%の増。2項財産売払収入は786万4,000円で15年度と比較しますと136万2,000円、率では14.76%の減でございます。

 17款寄附金にきましては、項も同じで300万円で、15年度と同額でございます。

 18款繰入金は2億7,290万6,000円で、15年度と比較しますと2,892万6,000円、率では11.86%の増となります。内訳として、1項特別会計繰入金は2,000円で、15年度と比べると1,000円の増、100%の増という形になります。2項基金繰入金は2億7,290万4,000円で、15年度と比較しますと2,892万5,000円、率では11.86%の増となります。

 19款繰越金、項も同じでありますが、こちらは1億5,000万円で、15年度と同額でございます。

 20款諸収入は4億1,866万5,000円で、15年度と比較しますと342万8,000円、率では0.81%の減。その内訳は、1項の延滞金加算金及び過料で80万1,000円で、15年度と比較しますと30万円、率では59.88%の増。2項町預金利子でありますが、こちらは20万円で、15年度と比較いたしますと10万円の増で、率では100%増となります。3項貸付金元利収入は2億1,500万円で、15年度と比較しますと1,000円の減でございます。率は同額で0.00%の減という形になります。4項雑入でありますが2億266万4,000円で15年度と比較しますと382万7,000円、率では1.85%の減となります。

 21款町債、項も同じでありますが12億3,240万円でありまして、15年度と比較いたしますと3億4,600万円、率では39.03%の増となります。

 歳入合計は86億2,100万円でありまして、15年度と比較いたしますと4億2,200万円、率では5.15%の増となります。

 続きまして、歳出の方であります。

 1款議会費、項も同じであります。1億3,007万7,000円で、15年度と比較いたしますと551万4,000円、率では4.07%の減でございます。

 2款総務費は10億3,792万8,000円で、15年度と比較いたしますと1億133万5,000円、率では10.82%の増でございます。内訳は1項の総務管理費が5億5,681万4,000円、15年度と比較いたしますと5,101万7,000円、率では10.09%の増となっております。2項企画費については1億5,547万5,000円で、15年度と比較いたしますと1,974万9,000円の増、率では14.55%の増となります。3項徴税費は1億9,186万4,000円で、15年度と比較しますと2,094万7,000円の増であります。率では12.26%の増となります。4項戸籍住民基本台帳費は8,005万4,000円で、15年度と比較しますと629万2,000円、率では7.29%の減。5項選挙費については2,737万1,000円で、15年度と比較しますと1,303万6,000円、率では90.94%の増となっております。6項統計調査費は392万3,000円で、15年度と比較いたしますと316万9,000円、率では420.29%の増となります。7項の監査委員費については2,242万7,000円で、15年度と比較いたしますと29万1,000円の減で、率にいたしますと1.28%の減となります。

 3款民生費は16億9,519万2,000円で、15年度と比較いたしますと1億3,801万8,000円、率では8.80%の増となります。内訳として、1項の社会福祉費は8億3,753万6,000円で、15年度と比較しますと3,566万6,000円、率では4.45%の増。2項児童福祉は8億5,765万5,000円で、15年度と比較しますと1億235万2,000円、率では13.55%の増となります。3項の災害救助費は1,000円の計上で15年度と同額であります。

 4款衛生費は8億2,966万9,000円で、15年度と比較しますと1億405万3,000円の減、率では11.14%の減となります。その内容は、1項の保健衛生費が4億3,266万6,000円で、15年度と比較しますと1億1,280万8,000円、率では20.68%の減となります。2項清掃費は3億9,700万3,000円で、15年度と比較しますと875万5,000円、率では2.26%の増でございます。

 5款労働費は1項の労働諸費のみでありまして1,272万6,000円で、15年度と比較しますと270万3,000円、率では26.97%の増となります。

 6款農林水産業費は4億8,542万8,000円で、15年度と比較すると1,592万4,000円、率では3.39%の増。その内訳は、1項の農業費が4億7,674万4,000円で、15年度と比較しますと1,482万6,000円、率では3.21%の増。2項林業費は864万4,000円となり、15年度と比較しますと109万8,000円、率では14.55%の増。3項水産業費は4万円で15年度と同額であります。

 7款商工費につきましては、項も同じでありまして2億5,120万2,000円で、15年度と比べますと2,818万6,000円、率では12.64%の増となります。

 続いて、8款土木費でありますが、11億7,439万9,000円で、15年度と比較しますと2億5,023万2,000円の減額で、率にいたしますと17.56%の減となります。内訳として、1項の土木管理費は7,769万9,000円で、15年度と比較しますと1,068万3,000円の減、率では12.09%の減となっております。2項道路橋梁費は1億274万1,000円で、15年度と比較すると6,239万2,000円、率では37.78%の減であります。3項河川費は135万7,000円で、15年度と比較しますと69万1,000円の減、率では33.74%の減となっております。4項都市計画費は9億8,531万1,000円で、15年度と比較しますと1億7,078万7,000円、率では14.77%の減となっております。5項住宅費は729万1,000円で、15年度と比較しますと567万9,000円、率では43.79%の減となっております。

 9款消防費は1項の消防費のみでありまして、4億3,065万3,000円であります。15年度と比較すると763万7,000円の増、率では1.81%の増となっております。

 10款教育費は12億9,236万6,000円で、15年度と比較しますと1億308万8,000円、率では8.67%の増となっております。内訳は、1項の教育総務費が1億5,253万5,000円で、15年度と比較しますと101万2,000円、率では0.66%の減。2項小学校費は1億9,183万円で、15年度と比較しますと3,455万5,000円、率では15.26%の減でございます。3項中学校費は2億5,059万9,000円、15年度と比較しますと1億5,933万円、率にしますと174.57%の増となっております。4項社会教育費は3億9,458万9,000円で、15年度と比較しますと1,850万7,000円の減、率では4.48%の減となっております。5項保健体育費は3億281万3,000円で、15年度と比較しますと216万8,000円、率では0.71%の減となっております。

 11款災害復旧費は4,000円で、15年度と同額であります。内訳は、1項の農林水産施設災害復旧費が2,000円、2項の公共土木施設災害復旧費が2,000円で15年度と同額であります。

 12款公債費、項も同じ公債費でありますが、12億7,135万6,000円で、15年度と比較しますと3億8,490万8,000円、率にいたしますと43.42%の増となっております。

 13款予備費については項も同じで1,000万円の計上であります。15年度と同額であります。

 歳出合計は歳入と同額86億2,100万円でございます。

 続きまして、7ページに記載されております第2表債務負担行為についてご説明申し上げます。

 16年度においては、こちらに記載されてある6件について設定するものであります。まず、1つ目が職員健康診断業務であります。期間は平成16年度から平成17年度までということで、2年間でありまして、限度額は200万円。住民基本台帳システム機器リース料は平成16年度から平成20年度までの5年間で2,700万円。

 次が、訂正をお願いしたいんですが、住民健康診査業務の「審」の字が間違ってございました。診断の診に訂正をお願いしたいと思います。期間は平成16年度から平成17年度までで3,737万2,000円を限度とするものであります。

 農林漁業金融公庫資金利子補給は、平成16年度から平成37年度まで、22年間について限度額を141万9,000円とするものであります。農業整備事業に係る受益者の事業資金借り入れに対する債務については、平成16年度から平成26年度までの11年間で、限度額を870万円とするものであります。

 最後に、商工会館建設事業費補助でありますが、平成16年度から平成18年度までの3年間で2,947万5,000円を限度とするものでございます。

 続きまして、8ページに記載されております第3表地方債についてご説明申し上げます。

 今回は8件であります。まず、1件目が上水道未支給地域解消事業でありまして、限度額を5,310万円、起債の方法は普通貸借または証券発行であります。利率については5.0%以内、ただし、利率見直し方式で借り入れる政府資金及び公営企業金融公庫資金に沿って利率の見直しを行った後においては当該見直し後の利率ということであります。

 償還の方法につきましては、借り入れの日から30年以内とし、その他については借入先の融資条件による。ただし、町財政の都合により据え置き期間及び償還期間を短縮し、期限を短縮し、もしくは繰上償還または低利に借りかえることができるというものであります。

 起債の方法、利率、償還の方法については、以下の起債目的においても同様でありますので、それ以降は省略させていただきます。減税補てん債については限度額6,000万円、道路改良事業については限度額3,510万円、街路整備事業については限度額1,800万円、宝積寺駅東口整備事業については限度額1億8,620万円、阿久津中学校特別教室等増築事業については限度額1億円、臨時財政対策債は限度額3億8,000万円、借換債は限度額4億円とするものでございます。

 以下、詳細については予算に関する説明書に記載されているとおりであります。

 以上で、一般会計の説明を終わらせていただきます。



○議長(鈴木利二君) ここで暫時休憩します。

 再開は1時といたします。



△休憩 午後零時03分



△再開 午後零時58分



○議長(鈴木利二君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 住民課長、大野稔君。



◎住民課長(大野稔君) 続きまして、議案第11号 平成16年度高根沢町国民健康保険特別会計予算議決についてご説明申し上げます。

 153ページになります。第1表歳入歳出予算でありますが、歳入歳出それぞれ20億7,619万4,000円とするもので、歳入歳出予算の款項の区分及び金額は第1表でご説明を申し上げます。

 第2条は、一時借入金でございます。一時借入金の借り入れの最高額は6,000万円とするものでございます。

 第3条は、歳出予算の流用でございます。これは款項に計上された予算額に過不足を生じた場合、同一管内での経費の各項の款の流用についてを定めたものでございます。

 次に、154ページになりますが、第1表歳入歳出予算をご説明申し上げます。

 まず、歳入でございますが、1款国民健康保険税、1項も同じで国民健康保険税8億1,215万9,000円でございます。これは、この中には介護保険第2号被保険者の介護給付金課税分も含まれております。

 2款一部負担金でございます。項も同じでございますが、4,000円でございます。これは項目存置ということでございます。

 3款使用料及び手数料、これは項も同じで手数料でございますが35万円、これは税の督促手数料でございます。

 4款国庫支出金、1項国庫負担金6億1,477万5,000円ですが、これは一般被保険者の療養給付費の医療給付分、介護給付分及び高額医療費共同事業に係る国の負担分でございます。2項の国庫補助金5,972万5,000円は、財政調整交付金でございます。

 5款療養給付費等交付金、項も同じでございますが、3億6,004万8,000円でございます。これは退職被保険者の療養給付費等に係るルール分の交付金でございます。

 6款県支出金、1項県負担金887万9,000円は高額医療費共同事業に係る県の負担分、国庫負担分とこれは同額になっております。2項県補助金、1,000円は項目存置でございます。

 7款共同事業交付金、項も同じでございます。2,000万円、これは1件70万円以上の高額医療費に対する共同事業交付金でございます。

 8款財産収入、項も同じでございます。1項財産運用収入24万円です。これは基金の利子でございます。

 9款寄附金、同じく項も同じで1,000円でございますが、これは項目存置でございます。

 10款繰入金、1項他会計繰入金1億9,742万2,000円でございます。1項他会計繰入金は5,762万3,000円、一般会計からの繰入金でございます。2項基金繰入金1億3,979万9,000円、これは財政調整基金からの繰入金でございます。

 11款繰越金、項も同じでございます。2,000円、これは項目存置でございます。

 12款諸収入、1項延滞金加算金及び過料、項は258万9,000円ですが、1項につきましては5,000円の項目存置でございます。2項預金利子、これも項目存置です。3項の雑入でございますが、258万3,000円は一般被保険者第三者納付金等でございます。

 以上、歳入合計が20億7,619万4,000円でございます。

 次に、歳出でございますが、156ページになります。

 歳出でございます。1款総務費1,604万円でございます。1項総務管理費838万5,000円、2項徴税費736万7,000円等につきましては、国保に係る事務費及び国保税に係る賦課徴収事務費等でございます。3項運営協議会費でございます。28万8,000円です。

 2款保険給付費でございますけれども、これは医療費、出産育児一時金、葬祭費等でございまして、13億9,252万5,000円でございます。1項の療養諸費12億4,670万3,000円、これは一般被保険者、退職被保険者等の療養給付費でございます。2項高額療養費1億2,000万2,000円でございます。3項の移送費につきましては2万円、4項出産育児諸費については1,500万円、これは昨年度と同じ50人分を見込んでおります。3項葬祭諸費1,080万円、これは180人分を見込んでおります。

 3款老人保健拠出金、項も同じですが、4億4,959万2,000円、国保老人分の支払基金への拠出金でございます。

 4款介護納付金、これも項も同じでございます。1億5,223万2,000円、これは厚生労働省より示された概算納付金でございます。

 5款共同事業拠出金、項も同じでございます。3,566万1,000円、高額医療費に係る拠出金でございます。

 6款保健施設費、項も同じでございます。885万円、保険衛生普及費等でございます。

 7款積立金、項も同じでございます。24万円は基金積立金の利子分でございます。

 8款公債費につきましては項目存置でございます。1,000円です。

 9款諸支出金、項も同じでございますが、1項償還金及び還付加算金105万3,000円、これは一般被保険者保険税還付金を見込んだものでございます。

 10款予備費2,000万円、項も同じ2,000万円でございます。

 以上歳出合計が20億7,619万4,000円でございます。

 なお、前年度比較しますと4.7%の伸びでございます。

 以下、詳細につきましては、予算に関する説明書に記載されているとおりでございます。

 次に、老保会計ですが、177ページになりますので、お開きいただきたいと思います。

 177ページでございますが、続きまして、議案第12号 平成16年度高根沢町老人保健特別会計予算の議決についてでございます。

 第1条は、歳入歳出予算でありまして、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ22億359万5,000円とするもので、歳入歳出予算の款項の区分及び金額は第1表でご説明申し上げます。

 第2条、歳入歳出の流用は、款に計上された予算額に過不足が生じた場合、同一款内でのこれらの経費の流用ができることを定めたものでございます。

 次に、178ページになりますが、第1表歳入歳出予算をご説明申し上げます。

 歳入でございますが、1款支払基金交付金、項も同じでございます。13億1,189万1,000円、支払基金からのルール分で医療費交付金でございます。

 2款国庫支出金5億7,171万3,000円、1項国庫負担金5億7,111万3,000円、これは公費の医療費負担金でございます。2項の国庫補助金60万円は事務費の補助でございます。

 3款県支出金、項も同じでございまして、県負担金1億4,277万7,000円です。これは公費の医療費の負担分でございます。

 4款繰入金、項も同じでございまして、一般会計繰入金1億7,720万7,000円です。

 5款繰越金、項も同じで繰越金で、1,000円は項目存置でございます。

 6款諸収入6,000円、1項延滞金及び加算金は2,000円、2項の預金利子1,000円、3項雑入は3,000円、いずれもこれらは項目存置でございます。

 以上、歳入合計が22億359万5,000円でございます。

 続きまして、歳出でございますが、1款の総務費、1項総務管理費ですが、項も同じ1,503万4,000円は職員給与費、事務費等でございます。

 2款の医療諸費、項も同じ医療諸費は21億6,855万8,000円、医療給付費、医療支給費等でございます。

 3款の諸支出金は3,000円、1項償還金は2,000円、2項の繰出金は1,000円で、いずれも科目存置でございます。

 4款予備費は、項も同じで2,000万円でございます。

 以上、歳出合計が22億359万5,000円でございます。

 なお、歳出の前年度に対しまして4.06%の減となっております。

 以下、詳細につきましては、予算に関する説明書に記載されているとおりでございます。

 以上で説明を終わります。



○議長(鈴木利二君) 健康福祉課長、阿久津正道君。



◎健康福祉課長(阿久津正道君) 続きまして、議案第13号 平成16年度高根沢町介護保険特別会計予算議決についてご説明申し上げます。

 予算書の195ページからになります。

 第1条、歳入歳出予算でありまして、歳入歳出予算の総額は歳入歳出それぞれ11億2,515万1,000円とするもので、歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額は、次のページ、第1表歳入歳出予算によりご説明させていただきます。

 第2条、歳出予算の流用についてご説明します。

 保険給付費の款項に計上した予算額に過不足が生じた場合における同一款内での流用ができるということを定めたものでございます。

 続きまして、196ページになります。

 第1表歳入歳出予算でありますが、歳入からご説明させていただきます。

 1款保険料、1項介護保険料1億8,118万7,000円で、これは第1号被保険者保険料であります。

 2款使用料及び手数料、1項手数料2万円で、これは督促手数料であります。

 3款国庫支出金、1項国庫負担金2億1,761万2,000円で、これは介護給付費負担金であります。2項国庫補助金6,528万3,000円でこれは調整交付金であります。

 4款支払基金交付金、1項支払基金交付金3億4,817万9,000円で、これは介護給付費交付金であります。

 5款県支出金、1項県負担金1億3,600万7,000円で、これは介護給付費負担金であります。

 6款財産収入、1項財産運用収入3万1,000円で、これは介護給付費準備基金の利子であります。

 7款繰入金、1項一般会計繰入金1億6,894万7,000円で、これは介護給付費繰入金とその他一般会計繰入金給付費であります。2項基金繰入金487万7,000円で、これは介護給付費準備基金繰入金であります。

 8款繰越金、1項繰越金300万円であります。

 9款諸収入、1項延滞金、加算金及び過料3,000円、2項預金利子1,000円、3項雑入4,000円で、いずれも項目のみであります。

 以上が歳入合計11億2,515万1,000円とするものであります。

 続きまして、下の197ページ、歳出であります。

 1款総務管理費、1項総務管理費1,727万1,000円で、これは職員給与費と一般管理事務費であります。2項徴収費287万8,000円で、これは賦課徴収費であります。3項介護認定審査会費1,239万9,000円で、これは会議認定審査会費と認定調査等の諸費であります。4項趣旨普及費で42万円であります。

 2款保険給付費、1項介護サービス等諸費10億6,834万3,000円で、これは居宅施設介護サービス給付費、福祉用具購入費、住宅改修費、計画給付費であります。2項支援サービス等諸費1,306万円で、内容は同じものであります。3項その他諸費135万7,000円で介護給付費請求書の審査支払手数料です。4項高額介護サービス等諸費530万円で、これは高額介護及び居宅支援サービス費であります。

 3款財政安定化基金拠出金、1項財政安定化基金拠出金109万1,000円で、これは介護保険の財源不足を補うため、県が設置している基金に拠出するものであります。

 4款基金積立金、1項同じく基金積立金3万2,000円で、これは介護給付準備基金への積み立てをさせております。

 5款予備費、1項予備費300万円です。

 以上、歳出合計11億2,515万1,000円とするものであります。

 なお、以下のページからは、予算に関する説明書が記載されておりますので詳細はごらんいただきたいと思います。

 以上で説明を終わります。



○議長(鈴木利二君) 都市計画課長、小林仲君。



◎都市計画課長(小林仲君) 議案第14号 平成16年度高根沢町宝積寺駅西第一土地区画整理事業特別会計予算議決についてご説明申し上げます。

 予算書、219ページでございます。

 第1条、歳入歳出予算でありますが、総額を歳入歳出それぞれ3億6,332万9,000円と定めるものであります。予算の款項の区分及び区分ごとの金額につきましては、第1表でご説明申し上げます。

 第2条、地方債の起債の目的、限度額、起債の方法、利率及び償還の方法は第2表でご説明申し上げます。

 第3条、一時借入金は、一時借入金の借り入れの最高額を1億円と定めるものでございます。

 次ページの第1表歳入歳出予算についてご説明申し上げます。

 まず、歳入でございますが、1款国庫支出金、1項国庫補助金8,260万円は基本事業補助及び交付金B型の補助を見込んだものでございます。

 2款県支出金、1項県補助金500万円は国庫補助の相当分の30分の1を見込んだものでございます。

 3款財産収入、1項財産売払収入980万7,000円は3カ所の保留地処分の収入を見込むものでございます。

 4款繰入金、1項一般会計繰入金は1億6,592万1,000円の繰り入れをお願いするものでございます。

 5款繰越金は、項も同じで項目存置でございます。

 6款町債、項も同じで1億円の事業費の収入を見込むものでございます。

 以上、歳入合計を3億6,332万9,000円とするものでございます。

 続きまして、歳出でございますが、1款1項総務管理費4,706万8,000円は、職員給与費、一般管理費でございます。

 2款事業費、1項区画整理事業費3億1,383万7,000円は、建物移転、道路築造、宅地造成工事等が主な内容でございます。

 3款公債費、これも同じで242万4,000円は地方債の償還金でございます。

 以上、歳出合計は3億6,332万9,000円とするものでありまして、15年度と比較いたしますと2,381万9,000円の減で、6.15%の減額予算でございます。

 第2表の地方債の限度額を1億円に設定するものでございます。

 起債の目的は、土地区画整理事業として限度額を1億円とするもので、起債の方法は普通貸借、または証券発行とし、利率は5.0%以内、償還の方法は借り入れの日から30年以内とし、その他については借入先の融資条件による。ただし、町財政の都合により、据え置き期間及び償還期間を短縮し、もしくは繰上償還、または低利に借りかえすることができるものと定めるものでございます。

 以下、予算に関する説明書のとおりでございますので、以上で説明を終わります。



○議長(鈴木利二君) 下水道課長、栗原光隆君。



◎下水道課長(栗原光隆君) それでは、議案第15号 平成16年度高根沢町公共下水道事業特別会計予算議決についてご説明申し上げます。

 239ページになります。

 まず、歳入歳出予算でありますが、第1条、歳入歳出予算の総額はそれぞれ7億4,004万4,000円と定めるものであります。歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額につきましては、第1表でご説明申し上げます。

 第2条、債務負担行為でありますが、これは第2表でご説明申し上げます。

 第3条、地方債でありますが、第3表でご説明申し上げます。

 第4条、一時借入金でありますが、借り入れの最高額は1億円と定めるものでございます。

 次に、240ページの内容についてご説明申し上げます。

 第1表歳入歳出予算でありますが、まず歳入でございます。

 1款分担金及び負担金、1項負担金で2,772万3,000円、これは受益者負担金であります。

 2款使用料及び手数料4,930万円でありまして、内訳といたしまして、1項使用料4,900万円、これは下水道使用料でございます。2項手数料30万円、これは排水設備の検査手数料及び指定工事店指定手数料でございます。

 3款国庫支出金、1項国庫補助金1億4,040万4,000円でありまして、管渠築造工事に伴う補助金でございます。

 4款繰入金、1項一般会計繰入金3億1,087万4,000円でございます。

 5款繰越金、1項繰越金100万円でございます。

 6款諸収入、1項雑入14万3,000円でございまして、これはアクアセンター内のJR線下補償費でございます。

 7款町債、1項町債1億7,460万円でございます。

 次に、241ページの内容についてご説明申し上げます。

 歳出でございます。

 1款下水道管理費で1億2,383万6,000円であります。内訳といたしまして、1項総務管理費5,684万2,000円でございまして、これは人件費及び事務費等でございます。2項施設管理費6,699万4,000円、これは処理場の維持管理費等でございます。

 2款下水道建設費、1項下水道建設費3億6,033万7,000円、これは管渠工事費及び委託料等でございます。

 3款公債費、1項も同じでございまして、2億1,887万1,000円、これは起債の償還金でございます。

 4款予備費、項も同じで100万円でございます。

 次に、242ページでございます。

 第2表債務負担行為ですが、事項につきましては、水洗便所改造資金融資あっせんに係る利子補給でございます。期間につきましては平成16年度から平成19年度まででおります。限度額が12万円とするものでございます。

 次に、243ページでございます。第3表地方債です。起債の目的は公共下水道事業で、限度額を1億7,460万円に設定するものであります。起債の方法は普通貸借、または証券発行でございます。利率5%以内、償還の方法につきましては記載のとおりでございます。

 以下、詳細につきましては、予算に関する説明書に記載のとおりでございます。

 続きまして、議案第16号 平成16年度高根沢町農業集落排水事業特別会計予算議決についてご説明申し上げます。

 265ページになります。

 まず、第1条、歳入歳出予算でありますが、歳入歳出それぞれ1億2,487万4,000円と定めるものでございます。歳入歳出予算の款項の区分及び当該区分ごとの金額につきましては、第1表でご説明申し上げます。

 第2条、一時借入金でありますが、借り入れの最高額を5,000万円と定めるものであります。

 次に、266ページの内容についてご説明申し上げます。

 第1表歳入歳出予算でありますが、まず歳入でございます。

 1款分担金及び負担金、1項分担金1,000円、これは項目のみでございます。

 2款使用料及び手数料、1項使用料2,580万2,000円、これは排水処理施設の使用料でございます。

 3款財産収入、1項財産売払収入8万4,000円、これは16年度からコンポストを売り払う予定でございまして、それの収入を見込んだものでございます。

 4款繰入金、1項一般会計繰入金9,798万7,000円でございます。

 5款繰越金、項も同じで金額は100万円でございます。

 次に歳出でございます。1項総務費3,444万円で、内訳といたしまして1項総務管理費が963万円でございます。これは人件費及び事務費が主なものでございます。

 2項施設管理費2,481万円、これは東部地区水処理センター等の維持管理費が主なものでございます。

 2款公債費、1項公債費8,943万4,000円、起債の償還金でございます。

 3款予備費、項も同じでございまして100万円でございます。

 詳細につきましては、予算に関する説明書に記載のとおりでございます。

 以上で説明を終わりにします。



○議長(鈴木利二君) 水道課長、瀧信夫君。



◎水道課長(瀧信夫君) それでは、議案第17号 平成16年度高根沢町水道事業会計予算の内容についてご説明申し上げます。

 283ページからになります。

 まず、業務の予定量でございます。第2条でありますが、給水戸数、これにつきましては、9,684戸であります。それから年間給水量222万8,000立米でございます。これらにつきましては、1戸当たりにしますと大体年間で230立米、1日当たり630リッターの供給を見込んでいるところであります。

 なお、給水量につきましては、対前年比2%減を予定しております。これらにつきましては、節水機器等の普及に伴います給水量が減少傾向にある部分を見込んだものであります。

 次に、主な建設改良事業でありますけれども、未普及地域解消事業2億3,280万円、これにつきましては、北部地区の国庫補助対象の事業を見込んだものであります。

 それから、配水管布設工事1億5,380万円、これにつきましては、単独でありますが、西部地区を見込んだものでありまして、事業量にしますと約13キロメートル、消火栓26基を見込んでいるものであります。

 なお、前年比にしますと57%の予算ということでございます。

 次に、収益的収入及び支出でございます。収入につきましては、水道事業収入5億4,509万4,000円であります。このうち営業収益でありますが4億6,834万2,000円、これは水道料金等の収入でございます。それから、営業外収益6,334万9,000円、これらにつきましては他会計からの補助でルール分に基づくものでございます。第3項の東部地区簡易水道事業収益1,340万1,000円、これにつきましても水道料金の収入であります。第4項特別利益につきましては、科目を載せたもので2,000円でございます。

 次に、支出であります。水道事業費用4億8,335万6,000円でありますが、内訳につきましては営業費用3億7,068万4,000円、これにつきましては、原水及び浄水費として約8,300万円、それから配水経費として2,689万円、人件費8,300万円、減価償却費1億7,342万円程度を見込んだものでございます。

 次に、営業外費用につきましては8,258万2,000円、これは企業債の利子等でございます。

 それから、東部地区簡易水道事業費用につきましては2,895万2,000円でありますが、このうち減価償却費2,270万円、浄水費用等について624万円ほど見込んだものでございます。特別損益につきましては13万8,000円、不納欠損分11名分を見込んだものでございます。予備費については100万円であります。収入から支出を差し引きしますと、単純に6,173万8,000円のプラスということでございます。

 次に、資本的収入及び支出であります。資本的収入、総額が2億6,601万3,000円であります。なお、資本的支出5億7,336万円でありまして、不足する3億432万3,000円につきましては、消費税及び地方消費税資本収支調整額の過年度分754万3,000円、当該年度分1,729万4,000円、それから内部留保資金、過年度分1億274万7,000円、当年度分8,101万4,000円、減債積立金9,572万5,000円で補てんをするものでございます。

 資本的収入の内容でありますが、企業債5,000万円を見込んでおります。それから出資金1億704万円でありますが、これらにつきましてはルールに基づいて国庫対象額の2分の1、それから国庫対象外の20%、仁井田簡水の起債の償還に対する2分の1というようなことでルール化された部分から一般会計の方からも出資を求めるものであります。

 それから、第3項負担金5,579万円でありますが、これについては消火栓26基のほか、仁井田中央通り区画整理事業、下水工事に伴う配水管の布設替え、こういった負担金をまとめたものでございます。

 第4国庫補助金5,318万円、これにつきましては未普及地域拡大に伴います国庫補助金でございます。

 それから、県補助金、県負担金、固定資産売却代金等については科目存置でございます。

 次に、資本的支出の内訳でございますが、次のページになります。建設改良工事4億7,461万1,000円、企業債の償還金9,572万5,000円、これは元金の部分でありますけれども、見込んだものでございます。

 次に、第5条、企業債でございますが、5,000万円を限度額として見込んでおります。

 次に、第6条、一時借入金でありますが、1億円と定めるものでございます。

 次に、第7条、各項の経費の金額の流用でありますが、10万円以内というふうに定めるものであります。

 第8条、議会の議決を経なければ流用できない経費、これについては職員給与費6,253万7,000円、交際費5万円と定めるものであります。

 それから、他会計の補助につきましては、水道未普及地解消事業のため、国、県の会計からの補助でありますが、これは国庫分だけで5,318万円とするものであります。

 それから第10条、棚卸資産の購入限度額は700万円と定めるものであります。

 以下、詳細の内容については説明書記載のとおりでございます。

 以上で説明を終わります。



○議長(鈴木利二君) 提案理由の説明が終わりました。

 これから8議案について質疑を行います。

 質疑はありませんか。

 9番、綱川秀夫君。



◆9番(綱川秀夫君) 企画の方に一番先に聞きたいんですけれども、立ち上げ方、根拠というか、たばこ税で1億7,000万円ぐらい予定していて、あと湯税がちょっと数字忘れたが、去年より2けたの減という形になっているようですけれども、その根拠なるものがどんなものであったのかという形と、あとは駅西の区画整理関係のことなんですけれども、これは年々やはりおくれているなと思って、これは5年の先送りだからしようがないかなという形は自分の中でも我慢できるんですけれども、町長が一番先に言い出したんだと思っているんですけれども、医者がたくさんある中でも目医者がないという形なんで、私はあそこの保留地を早くつくってそこへ誘致したらどうかというような質問をしたと思うんですけれども、だけれどこれ目安というか今度も保留地処分が1,000万以下だということになると、付け保留地しかないのかなと思うので、その予定がいつごろつくのかというのは、これ予算には関係ないと言われるかもしれないですけれども、できたら、その2点です。



○議長(鈴木利二君) 企画課長、古口一君。



◎企画課長(古口一君) 予算の組み方としてたばこ税、それと入湯税がどういう積算根拠であるのかということでありますが、これについては過去のデータ、流れといいますか、その実績に基づいてそれを類推するという形での積算ということでご理解いただきたいと思います。



○議長(鈴木利二君) 都市計画課長、小林仲君。



◎都市計画課長(小林仲君) ただいまの駅西区画整理事業におきまして歳入の財産売払の関係、また処分についてでございますが、それから、議員さん質問のとおり保留地処分も付け保留地を3カ所想定しておりまして、従来の本来でいいます保留地処分といいまして、宅地分譲の保留地ではございませんので、今年度においては、そのような付け保留地で収入を見込んでいる状況でございます。

 以上です。



○議長(鈴木利二君) そのほかありませんか。

 9番、綱川秀夫君。



◆9番(綱川秀夫君) 先の方の件ですが、たばこは今までの経過に基づいてという話ですけれども、今は厳しくなって、室内ではたばこは、役場であっても自転車置き場のところで吸っているとかいう形、学校では学校敷地内では吸えないという中で、大丈夫なのかなと私は思うのですけれども、大丈夫だということでしたんでしょうけれども、ちょっと疑問を感じますので、もうちょっと踏み込んで欲しいです。また、元気あっぷむらからの湯税だと思うのですけれども、なぜこんなに落ちちゃうのかなと、前からというと、お湯は結構落ちていたのか知らないですけれども、普通より元気アップという感じで、ほかのより落ちていないという数字に聞いていたのに、今回は随分落ちたなと、アップアップしているのかなと思って、それが向こうからの報告なんですか。

 それと、2つ目の方では、答えはいただいたけれども、やはり付け保留地でないということなんで、1年1年度の予算だと町長もさっき言っていたようなんで、これ見通しはこの場では言えないですか。



○議長(鈴木利二君) 税務課長、桑木二三夫君。



◎税務課長(桑木二三夫君) ただいまの質問で、まず、町たばこ税でございますが、先ほど企画課長が申し上げましたように、本数につきましては、過去の実績に基づいて出しております。ただ、昨年の15年度の税制改正で、昨年7月にたばこ税の税率が改正になりましたので、その分で多分綱川議員さんが思っているより、前年より増額という形になっております。

 それから、入湯税につきましては、東雲ゴルフクラブ、それから元気あっぷむら、2カ所から申告をいただいているわけなんですけれども、元気あっぷむらの日帰りの入湯者が減っているというような状況でございます。



○議長(鈴木利二君) 企画課長、古口一君。



◎企画課長(古口一君) 入湯税についてですが、これは大きく元気あっぷむらと東雲ゴルフクラブの2つがあるんですが、大きく影響してくるのは元気あっぷむらの入湯税だと思います。過去の税額を見てまいりますと、10年度については税額が2,058万5,000円、11年度が1,962万6,000円、12年度が1,811万5,000円、13年度が1,656万3,000円、14年度が1,567万8,000円、15年度についてはまだ出ていないんですが、8%ぐらい下がる見込みであるということで、こういった中でのデータの積み上げということでご理解いただきたいと思います。



○議長(鈴木利二君) 都市計画課長、小林仲君。



◎都市計画課長(小林仲君) 本来の保留地処分の計画につきましては、現在の都市計画道路との整備並びに道路築造工事の整備状況から見ますと18年、19年を目安に事業を実施している最中でございます。

 以上です。



○議長(鈴木利二君) そのほかありませんか。

 14番、小川和男君。



◆14番(小川和男君) 3点ほどお伺いさせていただきます。

 1つ目は、2款1項7目の交通対策費の中でございます。先ほど予算編成の基本的な考え方で町長がこうおっしゃっておりました。「住民の皆さんから町は変わった。自分たちも変わらなければと考えていただけるように」ということでありましたので、あえて質問させていただくわけでございますけれども、交通安全対策の面から、運転中の携帯電話使用による交通事故が多くなっているのは周知のとおりでございますけれども、町民の方からことからこんなことを言われたのです。「町の職員の人にあるんだけれども、役場の行き帰り、それから公務中を含めて携帯電話の使用の姿が見受けられるんだけれども、どうなっているんですか」という話でございました。このことについてお考えをいただきたいと思います。

 例えば携帯電話をとって話をしなくても、イヤホンのストラップとかというのもあるそうでございます。そんなことも含めてどのようにされるかをお伺いいたします。

 それから、2点目は、4款1項3目の環境衛生費の中で、家庭用生活雑排水浸透槽の浄化施設の導入ということがございますけれども、これらのことは市街地での話になるんだろうと思うのですが、このことのシステムの効果とか能力とかはどんなふうになっているのかということをお聞かせいただきたいと思います。

 3点目でございますが、10款4項5目町民ホール運営費でございます。町民ホール事業でございますけれども、全協でご説明をいただきましたように、これは町民の参加による運営をしたいということでの話がございましたけれども、それでは町民参加はどんな形で、どんな範囲から人員を選んでお願いするのか、そしてどんな形で参加させていくのかというところをお答えいただければとお思います。

 以上、3点でございます。よろしくお願いいたします。



○議長(鈴木利二君) 町長、高橋克法君。



◎町長(高橋克法君) まず、運転中の携帯電話でありますが、小川議員おっしゃるとおり、携帯電話の運転中の使用による事故が非常に危険性、または件数ともふえているということで、気をつけなければならないところであります。これにつきましては、町の交通安全の運転の管理者、これは総務課長がなっておりますから、そちらの方からご答弁を申し上げたいと思いますが、たしかストラップによる通話も同じようにだめなんだと思いますね、ストラップをつけたからといっても許されるものではないのではないかというふうに私は認識していますけれども、それも含めまして総務課長の方からご答弁申し上げます。

 それから、市街地におけるいわゆる地獄だめの対策、これは1年ほど前だったでしょうか、松本議員の方からご質問をいただきまして、我々すぐに検討に着手をいたしまして、実は1年間の実証試験の後に今回予算化をさせていただきました。確証をつかんだ後ということになります。これは環境課長の方から詳しくご説明を申し上げます。

 それから、町民ホールの運営につきましても、これも松本議員の方からかつてご質問をいただきまして、平たく簡単にいいますと、町が支援することによって町民による興行師という言葉が正しいかどうかわかりませんけれども、そういった町民の皆さんが主人公となった町民ホール企画ができないかというようなことの発想で始まったんですが、残念ながら1年間いろいろ試行錯誤してまいりましたけれども、公募をいたしましたが、実は公募による応募がなかったというようなそういう実態がありまして、これは試行錯誤を続けているんですけれども、予算が1年度の単年度主義なんで、1年、1年でということになってしまうんですが、これはたしかあしたの質問にも項目がございました。松本議員だったでしょうか。そちらの方で詳しくご答弁を申し上げる予定にはしているんですが、私自身の感覚からいいますと、単年度主義の1年ということはいたし方ないんですけれども、これに関しては2年なり3年なりのスパンをいただかないと、少し町民の皆さんのこれまでに経験したことのない分野なものですから、町民の皆様の熟度というものもなかなか上がってこないし、我々の側の熟度も上がらないのかなと。しかし、1年間試行錯誤してまいりまして、いろいろなこともわかってまいりました。その辺も踏まえて2年度もチャレンジをするわけなんですけれども、この辺についても予算査定の段階で十分な議論をしておりますから、教育長なり、生涯学習課長なりからの答弁を申し上げたいと思います。

 以上です。



○議長(鈴木利二君) 総務課長、若色行雄君。



◎総務課長(若色行雄君) まず、第1点目の走行中における携帯電話の使用ということでございますけれども、走行中におけます携帯電話の使用につきましては、全体的な傾向といたしまして、最近かなりふえてきているというふうな感じを私自身も持っているところでございます。ただいま職員の通勤途中、それから公務中というふうなことでのお話ですけれども、私自身は直接目にしたことはございませんけれども、そういうふうなお話が一般の方からあるということは、実際行われているんだろうというふうに理解をしているとところでございます。

 もとより職員におきましては、すべてのルールやマナーにつきましては、率先垂範してこれを遵守するというのが立場であろうと思いますので、今回の携帯電話の使用につきましても、少なくともこれは間違いなく行わないようにというふうなことで、早速全職員に注意を促したい。また、会議等の折にこういう部分のお話もしたいというふうに考えております。

 また、運転中でもお話できるような装置というふうなことでお話がございましたけれども、やはりそういう中にありましても、集中力というのは多分に途切れるんだろうというふうなふうに思いますので、携帯電話にはドライブモードというふうな機能もあるようですので、そういうものの活用とか、あるいは完全に安全な場所にとめてから電話を使用するというふうなことでの安全運転への最大限の注意というふうなことを図っていきたいというふうに思っております。

 また、町全体のお話としましても、広報等を通じまして、そういうふうな意識啓発等も行っていきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(鈴木利二君) 環境課長、小林秀男君。



◎環境課長(小林秀男君) 家庭用生活雑排水の浸透槽浄化システム導入の補助につきましてご説明申し上げます。

 このシステムは、市街化区域内において浸透槽、通称地獄だめと言っておりますが、こういったものを掘りまして、生活雑排水を浸透処理している皆様方が油等によりまして目詰まりなどを起こしまして、浸透能力が落ちてしまいまして、その対応にお困りになっている町民の方々を何とかしようということで、緊急避難的な措置ということで立ち上げてみたわけでございます。

 この浄化槽のシステムといいますのは、天然の土壌菌から構成されます微生物を用いまして固形老廃物を二酸化炭素と水に分解いたしまして、土壌の目詰まりを解消及び予防をいたします。したがいまして、浸透槽の浸透能力が確保されるほか、水質の保全にもつながるというものでございまして、先ほど町長から申し上げましたように、前々からこういった問題につきましては、先ほど町長から話がありました松本議員、あと加藤議員なりいろいろ質問がありまして、昨年1年間モニター制度ということでやろうかなと思っておりましたが、幸いなことに、この高根沢町におきまして、ある東京にある会社でございますが、5件ほどモニター制度を行っておりまして、随分その内容も効果があるというようなことで、1年間研究してみました結果、その会社のものが一番いいんじゃないかというようなことに結論が達しましたものですから、今回補助事業ということで立ち上げたものでございます。

 範囲につきましては、市街化区域内の下水道未整備地区内と、あとは下水道の認可区域おきましても、おおむね2年以内に下水道の供用開始が見込まれないというような地域に対しまして適用していきたいと考えております。

 以上でございます。



○議長(鈴木利二君) 生涯学習課長、板橋秀男君。



◎生涯学習課長(板橋秀男君) 町民ホールの関係でございますが、公共施設のホールのあり方については日本全国津々浦々で、芸術の見る目を育てるための本格公演か、または市民のホールとしての市民参加型の運営かということで議論をされているところあります。高根沢町においては、町長の運営の方針どおり、行政主導から住民主導へのまちづくりをモットーに市民参加、住民参加のホールにしようということで企画いたしました。

 現在、地域において社会貢献活動を積極的に行われている方々、または文化ホール事業に対して造詣の深い方々、合計18名を運営委員として選定いたしまして、20代から60代まで幅の広い人たちでございますが、運営からまた企画、そしてまたは委員としてではなくスタッフとしてまで活動していただく方々であります。

 また、運営委員のそれぞれのネットワーク、さらには企画事業により募集する実行委員会の委員、それをまたサポートするボランティアさん、だんだんと輪を広げ、1人でも多くの住民が関与できるような事業運営体制、手づくりのホール事業ということで今取り組んでいるところでございます。

 以上です。



○議長(鈴木利二君) 14番、小川和男君。



◆14番(小川和男君) それでは、交通安全対策の面からの携帯電話でございますけれども、広報を通してということがございましたけれども、4月なり5月だったでしょうか、交通安全運動がございますね。そういった中での啓蒙等は考えられないかどうかというのと。それから、公務中で多分電話を受けている背景は、課か何かからきっとかかっていくのかなというふうには思うわけですけれども、そういったことはもうしないんだということをお互いに、まず到着したであろうということを予測してかけるんだったらそういうこともやめることもできるんだろうと思うものですから、その辺のところをもう一度お願いしたいと思います。

 それから、生活雑排水でのことは、北区の皆さんを含めて苦しんでいる町民がいるわけです。そのことを思うと、効果があるんでしたら枠拡大をお願いできないかどうか、このことをお尋ねしたいと思います。2点お願いいたします。



○議長(鈴木利二君) 総務課長、若色行雄君。



◎総務課長(若色行雄君) ただいまの携帯電話の件でございますけれども、お話ありましたように、交通安全運動というような中での取り上げというふうなことにつきましては、安全対策室の担当の方とも十分協議をいたしまして、そういう啓蒙ができるような方向に進めてみたいというふうに思います。

 それから、公務中の携帯電話といいますのは、余り多くないんだろうと思いますけれども、庁内ちょっと当たってみまして、どういう場面で外に出ている職員に、あるいは運転中の職員に携帯電話をかける機会があるのか、また必要性があるのかというふうなところを再確認してみまして、今お話ありましたように、運転中に携帯電話をとったりとするようなことがないように十分対策をしてまいりたいというふうに考えております。



○議長(鈴木利二君) 環境課長、小林秀男君。



◎環境課長(小林秀男君) 補助の拡大は可能かということでございますが、平成16年度におきましては、試行的な取り組みという意味でありましたけれども、担当課といたしましては、今後の町民の皆様方の要望とか、下水道事業の進捗状況等も勘案しまして、検討してまいりたいというふうに考えております。



○議長(鈴木利二君) ほかにありませんか。

 2番、小林栄治君。



◆2番(小林栄治君) 一般会計全般について質問させていただきます。

 地方交付税が1億2,000万円減額とか、地方債の発行によって大変な予算案を作成なされているところではございますが、特に最近問題になっているのは、食の問題がございます。ご存じのように兵庫県や京都や西日本の方で鳥インフルエンザの問題がたくさん起きておりますし、また、BSEの関係で吉野家さんの牛丼が販売中止になったとかといろいろございますけれども、要するに食というものに関してひどく敏感になっております。

 そういった中、新しい米政策大綱やこの町も進めている地産地消を含めまして、農業予算に、新しい米政策大綱の地産地消に絡み予算の工夫がどのようにされたのかまずお尋ねしたいと思います。

 それから、一般質問でも質問させていただいたことがございますけれども、団体の補助金の見直しということを質問いたしましたが、この辺、やはりことしの予算計上に当たりまして、どのように配慮されたのかお伺いいたします。

 それから、情報管理費の中に町内ネットワークシステム事業というのがございますけれども、現在、パソコンによって全部結ばれておりますけれども、この事業効果というのをこの予算上でどのように判断して取り組まれているかお伺いします。

 もう1点は、義務的経費、人件費といってもいいかもしれませんけれども、予算額の約20%が人件費であるということで、この20%が多いのか少ないのかわかりませんけれども、他町との比較も含めて、相当人件費の削減には努力されていると思いますけれども、この辺の判断、町全体事業運営の中の人件費というのはどのくらいなのが妥当なのか、その辺おわかりになりましたら、全般的で結構でございますので、よろしくお願いいたします。

 以上です。



○議長(鈴木利二君) 町長、高橋克法君。



◎町長(高橋克法君) いわゆる食と農の部分で地産地消という言葉でよろしいのかと思いますけれども、そちらの部分の予算ということでありました。

 実は、予算査定の段階で大変時間を割いて議論をした部分でもあります。つまり高根沢町の地産地消を現在の取り組みからもっと広げていこうということで、産業振興課がまず中心となりまして今進めているのですが、正直申し上げて3月の今回の議会に提出した当初予算の段階では、私は予算をカットいたしました。なぜならば、その予算を執行するに当たっての背景といいますか、基盤といいますか、これがまだ不十分であったからであります。

 つまり小林議員がご指摘になられますような食と農という問題は、産業振興課だけが取り組む問題ではありません。極論をすれば高根沢町役場全庁を挙げて取り組まなければならない問題、そのくらい重大な問題なんです。このまま当初予算で議会の皆様にお願いをするということをもし今回した場合には、産業振興課のみが突出をし、ほかの課がその同程度まで熟度が上がっていないという状況で残念ながら今あるわけでありまして、このまま予算を執行した場合には、産業振興課が頑張ってつけた予算だからしようがないからやるとかということになりかねない、これは縦割行政の弊害であります。

 ですから私自身は、産業振興課のみならず、全庁に対して指示をいたしましたのは、この問題についてもっと強力なネットワークをつくり、そしてすべての役場職員が同じレベルに達した上で、そして食と農、地産地消に予算を大胆に執行していきたい。幸いなことにこの予算というのは、町単独予算でありますので、補助云々というものが絡んでまいりませんから、このネットワーク体制ができ上がり次第、6月ないしは9月でも体制ができ上がり次第、また議会の皆様にお願いをしなければならないというふうに考えているところであります。

 そのようなことで食と農、地産地消に関しましては、16年度は当初予算においてはこれまでの積み重ねにさらに大きく積み重ねるような内容にはなっておりませんけれども、着々と内部においてその準備が進んでいて、当初にはまだまだ不十分な準備段階であるというふうな判断を私がいたしましたので、予算は上程をいたしませんでした。

 補助金、人件費、庁内ネットワークについては、それぞれ担当課長から答弁申し上げます。

     〔「議長、休憩をお願いします」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 暫時休憩します。



△休憩 午後2時04分



△再開 午後2時07分



○議長(鈴木利二君) 再開します。

 企画課長、古口一君。



◎企画課長(古口一君) 3点ほどありました。

 まず、1点目が補助金の見直しについてでありますが、これは一般質問でございますので、そちらの方で答えさせていただくということでよろしいでしょうか。

 2点目が庁内ネットワークというか、LANですね、これについての効果ということでありますけれども、ネットワーク化したことによりまして、まず1つは、ほかからの情報が瞬時にとれる。かつ今までは紙ベースというか、印刷物で情報をとっていたものがこちらでとれるようになったということでありまして、さらには中のそれぞれの職員間ではスケジュール管理であるとか、あるいは会議室等の施設の使用状況とか、そういったものがそこで把握できるということで、これをお金に換算するということになると、ちょっと厳しいのですが、16年度のこの費用は学校も含まれているのでちょっと大きいのですが、899万円ほどのせておりますけれども、それに見合う以上の効果があると思っております。

 3点目が人件費でありますが、人件費につきましては、16年度は予算書の151ページに載っておりますけれども、15年度が21.4%だったのが19.8%ということで、年々人件費に占める割合は減ってきていると思っております。手元には14年度の県内の人件費の平均が載っている、そういう資料がありますけれども、それで見ますと県内の町村の平均は23.0%ということで、高根沢町は人件費はほかと比べると非常に小さいというか、平均よりも低いという認識を持っております。

 以上です。



○議長(鈴木利二君) ほかにありませんか。

 10番、森弘子君。



◆10番(森弘子君) それでは、3会計にわたってお伺いいたします。

 まず、一般会計の中で1項総務管理費、9目諸費の中で、区長報酬のほかに区長事務交付金というのがこれまで約393万円計上されていたんですけれども、今回区長事務交付金が廃止というになったんですけれども、なぜ廃止になったか。また、廃止にすることによってどのような弊害とか、障害とか、地域に区長にかわって何か町役場の職員が出向いてやるとか、何かそういう対策がされているのかどうか。

 それから、駅西第一土地区画整理事業の中で、先ほどもお話が出たんですけれども、15年度の一般会計補正予算の中にも出され、また、今回も質問するんですけれども、財産売払収入の中で保留地処分金、15年度の補正予算の中の町長の答弁によりますと、私一般保留地の方の処分金として勘違いしていたんですけれども、それは今年度の予算の中でも一般保留地ではなくて、付け保留地の処分金ということで980万7,000円ということですけれども、この付け保留地というのは、もともとは自分の土地なんでしょうか、もともとは自分の土地であってその人が減歩できない、過小宅地の場合、あとはお金で清算しないかわりに付け保留地をその人の部分は自分で買い取るとか、それが付け保留地だと思うんですけれども、昨年度の実績を見ますと、なかなか付け保留地の場合には地権者等に納得してもらえなければ造成もできないし、造成に当たる部分の付け保留地もできない、また、付け保留地されている、動かなくても付け保留地されている方々も納得できなければこの付け保留地処分金というのはさらに計上してもなかなかお金にはなってこない部分だと思うのですけれども、その辺、どのように考えているのか。また今回980万7,000円は何人の地権者で、坪当たりどのくらいを見越してこの予算を計上したのかということと。

 あと、3点目は公共下水道特別会計の中で、これも交付金の中に入っているんですけれども、負担金補助及び交付金の中で石神開田組合負担金というのが30万7,000円、これ毎年計上されて、ちょっと問題あったことだと思うのですけれども、廃止になった経過、どのようなことで今回この30万7,000円、今まで石神開田組合さんに払っていて交付金をやめにしたのか、そのやめにした根拠、それをお伺いします。

 あと、その公共下水道特別会計の中で、今年度下水道水処理施設建設事業委託料として水処理施設増設詳細設計が1,000万円計上されているんですけれども、これはどういう内容のものかお伺いいたします。



○議長(鈴木利二君) 町長、高橋克法君。



◎町長(高橋克法君) 順番ちょっと逆になりますけれども、石神開田組合の件につきましては、あす綱川議員の方からの質問予定になっておりますので、そちらの方で答弁をするということでよろしいでしょうか、議長。



○議長(鈴木利二君) はい。



◎町長(高橋克法君) それから、区画整理保留地、付け保留地の問題ですが、これは何十回も申し上げて恐縮ですが、地域を面としてとらえ、その面、地域の中にお住まいの方々または権利を持っている方々が、その面である地域全体の価値を高めるために、それぞれが、それぞれの能力に応じて負担をしていくという区画整理事業の大原則がありますので、そういうことでご理解をいただくしかないということであります。

 区長事務交付金の経緯につきましては、これは事務事業評価等の作業の中で浮かび上がってきた問題ですから担当課長の方から答弁申し上げますし、それから付け保留地についての詳しい答弁はまた都市計画課長から、水処理施設についての設計の予算、これについても下水道課長の方から詳しく申し上げたいと思います。

 以上です。



○議長(鈴木利二君) 総務課長、若色行雄君。



◎総務課長(若色行雄君) それでは、区長事務交付金が廃止されたというふうなことにつきましてご説明申し上げたいと思います。

 従来、区長事務交付金ということで均等割、それから世帯割というふうなことで、それぞれ行政区の方にあったわけでございますけれども、16年度につきましては、従来区長さんに行っていただきました広報ですとか、その他いろいろな配布物の配布等非常にお手を煩わせていたというふうな部分があるわけでございます。そういう部分につきましては、本来の区長さんの仕事の見直しというふうな中で、これから新しいまちづくり、住民から持ち上がってくるようなまちづくりを進めるという中で、区長さんにはそういう部分のところを大きく担っていただこうというふうなことで、配布物につきましてはそれぞれ各担当のところで新聞折込というふうな予算を計上いたしまして、16年度から対応することになったというふうなことでございます。

 以上でございます。



○議長(鈴木利二君) 都市計画課長、小林仲君。



◎都市計画課長(小林仲君) 保留地処分金の付け保留地につきましてご説明申し上げます。

 16年度は3カ所で、面積におきましては126平米を予定しておりまして、980万円を見込んでいるわけでございます。これにつきましては、条件つき付け保留地でございますので、保留地処分の70%、平米当たり7万円を想定しております。

 以上です。



○議長(鈴木利二君) 下水道課長、栗原光隆君。



◎下水道課長(栗原光隆君) 下水道水処理施設の委託料に関しましてご説明申し上げます。

 15年度中に認可拡大、これは公共下水道の認可拡大ですけれども、この認可拡大に伴う下水道の関係地域がふえること、また、仁井田地区の処理能力も満杯の状況ということから、増設を17年度から実施をしたいというふうに考えてございます。これはあくまでも宝積寺アクアセンターと仁井田水処理センターの両方の増設を考慮しまして、16年度に増設の設計を委託料として計上させていただいたものでございます。

 以上でございます。



○議長(鈴木利二君) 10番、森弘子君。



◆10番(森弘子君) 区長事務交付金ということで、今まで区長さんが町からの文書類などを班長さんを通じて渡していた経緯がありますけれども、広報関係というと町の毎月発行される広報、また議会だよりが新聞折り込みということで、行政区に入ってない人は今まで町の広報関係が手元にわたらなかったですけれども、新聞折り込みということで、だれでもがそういう町の印刷物は見れるんですけれども、あとはほかにももろもろ町から広報物は来ていたと思うのですけれども、そういうのは今後一切やめるとうわけではないでしょうから、そういうのはある程度区長の手を煩わせる部分もあると思うのですけれども、それは区長がボランティア的な感じでやっていくという形でされていくのか、また区長さんの方も今回廃止されることによってどのような反応があったのかお聞きします。

 それから、今、公共下水道の説明を受けたんですけれども、認可拡大に伴って関係地域がふえるということですけれども、アクアセンターの方の施設の増設設計というのはちょっとよくわからないんですけれども、アクアセンターは多分7基か8基あって、まだ2基ぐらいしか稼動していないと思うんです。その辺が今の説明でわからなかったものですから、もう一度その部分について説明できればありがたいんですけれども、アクアセンターはまだまだこれから、加入者をふやさなければ、あれだけ膨大なお金をかけていて赤字になってしまう施設じゃないかというのが懸念される部分ですので、今回の施設、仁井田とも一緒だということなんですけれども、アクアセンター関しては今の説明だとよくわからないものですから、もう一度詳しい説明をお願いいたします。



○議長(鈴木利二君) 町長、高橋克法君。



◎町長(高橋克法君) 下水道ですが、仁井田の方につきましては、15年度今年度仁井田地内の管渠布設を積極的に行ってまいりましたので、実際に処理能力がもうそろそろ超えてしまうというような事態が目前に迫っております。ですから、その準備を始めるということですね。

 それから、アクアセンターにつきましても、議会の皆様にご説明を既に申し上げましたとおり、住環境整備の手法について原則は区画整理としながらも、その区画整理事業では長い年月がかかってしまうという現実に対処するために、宝積寺駅の東側の地区に関しましては、あくまでも区画整理は原則としながらも、これは数10年後の将来ということに待たざるを得ないという現実から、とりあえず緊急避難的に下水管の布設を優先していこうという方針に転換いたしましたので、当然それに対して対処しなければなりません。つまり現在アクアセンターにある処理施設では能力を超えてしまうという見通しが立ったものですから、その準備を始めたい。決して来年度その新たな処理施設をつくるということではなくて、そのための準備を始めたいというようなことであろうと考えております。計数的なことにつきましては、下水道課長から詳しく申し上げたいと思います。

 区長事務交付金につきまして、これは区長様方と具体的な折衝、話し合い、またお互いの合意というんでしょうか、共通認識、この辺のところは総務課で積み上げてまいりましたので、詳しくもその辺は総務課長から申し上げたいと思います。



○議長(鈴木利二君) 総務課長、若色行雄君。



◎総務課長(若色行雄君) 区長事務交付金の廃止の件につきましての2回目のご質問に対してでございますけれども、配布物につきましては、広報、議会だより以外にも配布物それぞれの部署で持っているわけですけれども、その辺につきましても、おのおの予算措置をしていると、新聞折り込みによる予算措置をしているということでございます。

 ただ、年間を通してゼロになるかといいますと、ならない部分も出てくるかとも思いますけれども、それにつきましても、総務課の方では多少予備費というようなことで対応も考えております。

 それから、区長さんの方との合意というふうなことでございますけれども、これは早くから区長さんとの会議の中で趣旨の説明を十分させていただきまして、ご理解をいただいているというふうに認識しております。

 ただ、区長さんの反応ということにつきましては、それぞれ区長さん大勢いらっしゃいますので、皆さん同じということではなくて、中にはそういう配布物の手間といいますかね、そういう部分がなくなって助かるというふうな方もいらっしゃいますし、中には若干、今までそういう配布をしたときに、各班長さんのところに歩いたときにお話ができたんだけれどなんていうふうな意見も耳にした経緯はございます。いずれにしても、そういうことも含めまして、これから新年度始まりましたら区長さんとの会議の中で、区長さんと行政の新しいあり方というふうなものにつきまして、早くから十分な協議を進めていきたいというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(鈴木利二君) 下水道課長、栗原光隆君。



◎下水道課長(栗原光隆君) 先ほどの件ですが、町長の方からも説明がありましたとおり、仁井田水処理センターの関連につきましては、15年度管渠築造工事がかなり進んでまいりました。これに伴いまして、最終的な仁井田水処理センターの計画というものが、これは最終沈殿池ですけれども、2基計画されておりますけれども、1基のみしかまだ工事が済んでございません。宝積寺アクアセンターにつきましては、4基の計画でありますけれども、今現在1基の半分しか稼動していないというふうな状況でございます。実質的な細かい計数等は今持ち合わせておりませんけれども、この認可拡大とか、管渠築造の整備に伴いまして、下水道事業団とも密に調整を行いながら下水道事業団のご指導を得ながら今回計上させていただくという形になりましたので、ご理解のほどお願いしたいと思います。

 以上でございます。



○議長(鈴木利二君) ほかに質疑はありませんか。

 9番、綱川秀夫君。



◆9番(綱川秀夫君) 公用車の件で、見ている人の小川君が質問したもんですから、私も隣の氏家町の一般質問を傍聴に行って感じたこと等を踏まえて質問します。

 公用車は氏家等の話では防犯車とかというステッカーをつけて回っているというような話ですけれども、高根沢の方ではどんなステッカーをつけて、どんな方向づけをしているのかお答えください。



○議長(鈴木利二君) 総務課長、若色行雄君。



◎総務課長(若色行雄君) ただいまのご質問でございますが、総務課の安全対策室で使用しております車につきましては、何かそういうものがあったような感じはしておりますので、ちょっと正確なところを調べて、また改めてご報告申し上げたいと思います。

 以上でございます。



○議長(鈴木利二君) これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっています町長提出議案第10号は、関係常任委員会に、11号、12号及び13号は住民常任委員会に、14号、15号、16号及び17号は建設産業常任委員会にそれぞれ付託することにしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) したがって、町長提出議案第10号は関係常任委員会に、11号、12号及び13号は住民常任委員会に、14号、15号、16号及び17号は建設産業常任委員会にそれぞれ付託することに決定しました。

 ここで暫時休憩いたします。

 再開は2時40分とします。



△休憩 午後2時27分



△再開 午後2時40分



○議長(鈴木利二君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

 ここで総務課長の方から答弁があります。

 総務課長、若色行雄君。



◎総務課長(若色行雄君) 先ほど綱川議員から公用車に防犯のステッカーを張ってあるのかというようなご質問でございましたけれども、休憩時間中にちょっと調べてみましたところ、安全対策室の交通指導車には車載看板といいまして、屋根の上に看板をつけておりまして、そこには、まず1つが、飲酒運転追放、交通安全等防犯は家庭からという標語、それから交通安全というふうなことで、三方にそれぞれ今申し上げました内容の看板を掲げているということでございまして、綱川議員おっしゃられますようなステッカーについては公用車については現在のところ貼付しておりませんでした。

 以上でございます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第18号の上程、説明、質疑、委員会付託



○議長(鈴木利二君) 日程第20、町長提出議案第18号 町道の認定についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 町長、高橋克法君。

     〔町長 高橋克法君 登壇〕



◎町長(高橋克法君) それでは、議案第18号 町道の認定についてご説明申し上げます。

 本案は、仁井田・鴻野山バイパス開通による旧道移管に伴い、当該道路を町道561号線として認定しようとするものであり、道路法第8条第2項の規定に基づき議会の議決を求めるものであります。

 なお、内容につきましては、建設課長より説明をさせます。



○議長(鈴木利二君) 建設課長、見目光史君。



◎建設課長(見目光史君) それでは、議案第18号 町道の認定につきまして説明をいたします。

 別冊調書、高根沢町町道認定調書をごらんください。

 路線名でございますが、町道561号線、起点は高根沢町大字文挾、伏久原114番の6先、高根沢商業高校入り口のところでございます。終点は高根沢町大字文挾字雁又久保822番地の3先、南那須町大字鴻野山に隣接するところでございます。

 総延長は1,720.0メートル、実延長も同じでございます。幅員は7.6メートルから10.5メートルでございます。

 次のページに位置図がございます。

 以上で説明を終わります。



○議長(鈴木利二君) 提案理由の説明が終わりました。

 質疑はありませんか。

 16番、室井一昭君。



◆16番(室井一昭君) 認定については別段問題はありませんが、移管時の整備状況についてちょっとお聞きしたいんです。

 それは、7年か8年ぐらい前になるんですけれども、市の堀に出るところの両側の側溝なんですけれども、ここで北小の子供が車をよけるときに側溝に落ちたというんですね。父兄からの申し入れがあったので、急いで矢板土木へ行って話しましたら、じゃふたをしようということで、ふたをずっとしているんです。かなりのメーターしてあるんです。この移管のときに、その整備状況でその側溝なりあるいは表面の舗装なり、問題がない状態で、これから先、町費の持ち出しがなくても済むかどうかちょっとお聞きしたい。



○議長(鈴木利二君) 建設課長、見目光史君。



◎建設課長(見目光史君) 町道移管でございますが、実は昨年末でございましたが、矢板土木事務所担当と町の担当で、細かく現地調査を行いまして、今回町道移管になる箇所でございます。ここで、町で要望事項等というものを作成をいたしまして、土木事務所の方へお願いしてございます。それで土木事務所の方では、今回町の方で町道認定後につきましても上級機関ということで、県道の上に町道が乗っかっているような形になるわけでございますが、あくまでも県の方で責任を持ちまして町の方でお願いしてございます補修箇所につきましては完了した後、知事と高根沢町長の間で移管の文書による引き継ぎ、引き受け、署名捺印の上、作成をすると。そこで初めて県道から町道へ移管になるわけでございまして、ただいまご指摘のようなところがございました場合には、県の方でこれは責任を持って直すということで取り交わしてございます。

 なお、さらに、室井議員さんの指摘箇所でございますが、県の方へ確認をしたいと思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(鈴木利二君) よろしいですか。

 そのほか、ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

 ただいま議題となっています町長提出議案第18号は建設産業常任委員会に付託することにしたいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 異議となしと認めます。

 したがって、町長提出議案第18号は建設産業常任委員会に付託することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第19号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(鈴木利二君) 日程第21、町長提出議案第19号 下水道資源化工場施設の建設及び維持管理に関する事務の委託に関する規約の変更についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 町長、高橋克法君。

     〔町長 高橋克法君 登壇〕



◎町長(高橋克法君) それでは、議案第19号 下水道資源化工場施設の建設及び維持管理に関する事務の委託に関する規約の変更についてご説明申し上げます。

 本案は、下水道資源化工場施設の建設及び維持管理に関する委託事務の範囲が変更となることに伴い、地方自治第252条の14第2項の規定に基づき、同規約の一部を変更しようとするものです。

 なお、内容につきましては、下水道課長より説明をさせます。



○議長(鈴木利二君) 下水道課長、栗原光隆君。



◎下水道課長(栗原光隆君) それでは、議案第19号 下水道資源化工場施設の建設及び維持管理に関する事務の委託に関する規約の変更についてご説明申し上げます。

 24ページになるわけでございます。

 今回の規約変更は、第1条の改正でありまして、これは現在公共下水道事業及び流域下水道事業から生ずる汚泥の処理に供するため、宇都宮市を初めとする15の関連市町村と栃木県と共同して設置を進めています下水道資源化工場施設に関しまして、今回新たに7町、これは茂木町、市貝町、芳賀町、喜連川町、藤原町、黒羽町、那須町が加わりまして、関連市町村数を22と変更するものでございます。

 なお、附則ですが、この規約は栃木県と関連市町村との協議が成立した日から施行するとしたものでございます。

 以上で説明を終わります。



○議長(鈴木利二君) 提案理由の説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

 続いて、討論を行います。

 反対討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 賛成討論はありません。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから本案を採決します。

 町長提出議案第19号 下水道資源化工場施設の建設及び維持管理に関する事務の委託に関する規約の変更については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(鈴木利二君) 起立全員です。

 したがって、町長提出議案第19号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第20号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(鈴木利二君) 日程第22、町長提出議案第20号 栃木県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び栃木県市町村職員退職手当組合規約の変更についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 町長、高橋克法君。

     〔町長 高橋克法君 登壇〕



◎町長(高橋克法君) それでは、議案第20号 栃木県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び栃木県市町村職員退職手当組合規約の変更についてご説明申し上げます。

 本案は、栃木県市町村退職手当組合を組織する団体の数が平成16年4月1日から変更となることに伴い、地方自治法第286条第1項の規定に基づき同規約の一部を改正しようとするものです。

 なお、内容につきましては総務課長より説明をさせます。



○議長(鈴木利二君) 総務課長、若色行雄君。



◎総務課長(若色行雄君) それでは、議案第20号 栃木県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び栃木県市町村職員退職手当組合規約の変更につきまして説明をさせていただきます。

 25ページから27ページになります。

 これは佐野市、田沼町、葛生町の1市2町によります合併が平成17年2月に予定されていることを受けまして、これまで未加入でありました佐野地区広域消防組合、佐野地区衛生施設組合から平成16年4月1日より当該退職手当組合に加入したい旨の申し出があったことから、3団体の加入により退職手当組合構成団体の数の増加及び規約の一部変更が必要になったために地方自治法第286条の第1項の規定によりまして関係地方公共団体の協議が求められるものであります。

 なお、当該協議には構成全市町村の議会の議決を必要とするための議案上程でありまして、別表1の組合市町村の市の区分欄に佐野市を加え、市町村の一部事務組合の欄に佐野地区広域消防組合及び佐野地区衛生施設組合を、別表2の選挙区及び議員定数記載の分におきましても、それぞれの該当区に関係団体を追加するものであります。

 なお、附則におきまして、栃木県知事の許可のあった日から施行し、改正後の当該規定は平成16年4月1日から適用するとするものでございます。

 以上で説明を終わらせていただきます。



○議長(鈴木利二君) 提案理由の説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

 続いて、討論を行います。

 反対討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 賛成討論はありません。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから本案を採決します。

 町長提出議案第20号 栃木県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の増加及び栃木県市町村職員退職手当組合規約の変更については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(鈴木利二君) 起立全員です。

 したがって、町長提出議案第20号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第21号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(鈴木利二君) 日程第23、町長提出議案第21号 栃木県町村議会議員公務災害補償等組合規約の一部改正についてを議題とします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 町長、高橋克法君。

     〔町長 高橋克法君 登壇〕



◎町長(高橋克法君) それでは、最後に、議案第21号 栃木県町村議会議員公務災害補償等組合規約の一部改正についてご説明申し上げます。

 本案は、栃木県町村議会議員公務災害補償等組合に加入する議員の範囲が変更となったこと及び脱退に関する準備金及び負担金の取り扱いが整備されたことに伴い、地方自治法第286条第1項の規定に基づき、同規約の一部を改正しようとするものです。

 なお、内容につきましては、総務課長より説明をさせます。



○議長(鈴木利二君) 総務課長、若色行雄君。



◎総務課長(若色行雄君) それでは、栃木県町村議会議員公務災害補償等組合規約の一部改正につきまして説明をさせていただきます。

 29ページ、30ページをお開きいただきたいと思います。

 今回の一部改正は、全国的な市町村合併の動きの中、栃木県町村議会議員公務災害補償等組合と契約約款により組合町村議員の公務災害補償等に関する資金を管理し、補償責任の共済機関としての機能を果たしています町村議会公務災害補償等組合連合会の規約の一部が改正され、当連合会に加入することのできる議員の範囲に町村を市とする処分のあった場合の当該市の議会議員や市町村の議会議員が兼ねる特別地方公共団体の議会議員を含める改正がなされたこと、さらには、町村議会議員の公務災害補償等資金の支払いに関する契約約款及び連合会業務規定の一部改正により町村を市とする処分があった場合の組合を脱退する町村と加入する市の準備積立金の整備がなされたことに伴うものでありまして、この改正には関係地方公共団体の協議並びに議会の議決が必要なための上程でありますが、その内容につきましては、改正前、改正後の表に基づき詳細な説明をさせていただきます。

 まず、第1条は文言の整理で「町村議会議員」を「町村議会議員等」に改め、「町村財政」を「町村等財政」とし、新たに第1条の2を追加して、町村議会議員等の範囲を明示し、従来の町村の議会議員に加えて、合併等により町村が市となった場合における当該市の議会議員なども加え、合併しても従来どおり組合員でいることができる旨を規定しているものであります。

 また、3条及び第16条第1項におきましても「町村」を「町村等」に改め、第16条第2項では、合併により一度当該組合を脱退する形をとり、新市移行により再加入する際には、準備積立金の納付を要しないことを規定し、17条では脱退の際の準備積立金の負担金については当該組合が互助の考えに立脚いたしまして、等の理由から脱退の際の清算を行わないとしております。

 なお、附則としまして、この規約は栃木県知事の許可のあった日から施行し、平成16年4月1日から適用するとするものであります。

 以上で説明を終わらせていただきます。



○議長(鈴木利二君) 提案理由の説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 質疑なしと認めます。

 続いて、討論を行います。

 反対討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 賛成討論はありません。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから本案を採決します。

 町長提出議案第21号 栃木県町村議会議員公務災害補償等組合規約の一部改正については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(鈴木利二君) 起立全員です。

 したがって、町長提出議案第21号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△請願・陳情について



○議長(鈴木利二君) 日程第24、請願・陳情についてを議題とします。

 事務局長に説明をさせます。

 事務局長。



◎事務局長(渡辺悦夫君) 請願・陳情の内容についてご説明いたします。

 受理番号21号 容器包装リサイクル法の見直しを求める意見書提出に関する陳情書でございます。

 提出者は栃木県宇都宮市錦2丁目11番21号、容器包装リサイクル法の改正を求める全国ネットワーク、生活クラブ生活協同組合宇都宮北支部実行委員会、実行委員長、山田丈子氏であります。

 内容につきましては、容器包装リサイクル法を改正し、収集、分別、保管の費用を製品の価格に含めること、リデュース、リュース、リサイクルの優先順位で推進するさまざまな手法を盛り込むこと。

 以上の事項を基本とする容器包装リサイクル法の見直しを求める意見書を国会及び関係行政庁に提出願いたいというものです。

 続きまして、受理番号22号 サッカー専用グラウンドの新設に関する請願書でございます。

 野中昭一議員が紹介議員となり、提出者は塩谷郡高根沢町石末2802-2、高根沢町サッカー協会理事長、渡辺正美氏であります。

 内容につきましては、専用グラウンドの必要性を感じ、小・中学生に一日も早く専用のサッカーグラウンドを実現させていただきたいというものです。

 続きまして、受理番号23号 高根沢町における眼科医誘致のための陳情書です。

 提出者は栃木県高根沢町宝石台1丁目10番11、公明党高根沢支部長、松本潔氏であります。

 内容につきましては、早期に眼科医への誘致が実現できるよう積極的な取り組みと開業医が誘致できるまでの間、出張眼科医による定期診療ができるよう対策を講じてほしいというものです。

 以上です。



○議長(鈴木利二君) 内容の説明が終わりました。

 お諮りします。

 ただいま議題となっている受理番号21号、受理番号23号は住民常任委員会に、受理番号22号は教育常任委員会にそれぞれ付託したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(鈴木利二君) 異議なしと認めます。

 したがって、受理番号21号、受理番号23号は住民常任委員会に、受理番号22号は教育常任委員会にそれぞれ付託することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(鈴木利二君) 以上で本日の日程は全部終了しました。

 本日は、これで散会いたします。



△散会 午後3時00分