議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 高根沢町

目次 06月24日−01号




平成27年  6月 臨時会(第367回) − 06月24日−01号










平成27年  6月 臨時会(第367回)



高根沢町告示第95号

 第367回高根沢町議会臨時会を、次のとおり招集する。

  平成27年6月18日

                            高根沢町長  加藤公博

 1 期日  平成27年6月24日

 2 場所  高根沢町議会議場

 3 付議事件

   (1)平成27年度高根沢町一般会計補正予算議決について

            ◯応招・不応招議員

応招議員(17名)

     1番  佐藤晴彦君       2番  鈴木伊佐雄君

     3番  渡邉 俊君       4番  中山喜美一君

     5番  加藤 章君       6番  齋藤武男君

     7番  川面充子君       8番  梅村達美君

     9番  齋藤誠治君      10番  横須賀忠利君

    11番  小林栄治君      12番  加藤貞夫君

    13番  森 弘子君      14番  松本 潔君

    15番  野中昭一君      16番  鈴木利二君

    17番  阿久津信男君

不応招議員(なし)

          第367回高根沢町議会臨時会

議事日程(第1号)

                   平成27年6月24日(水)午前10時開会

第1 会議録署名議員の指名について

第2 会期の決定について

第3 議案第1号 平成27年度高根沢町一般会計補正予算議決について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(17名)

     1番  佐藤晴彦君      2番  鈴木伊佐雄君

     3番  渡邉 俊君      4番  中山喜美一君

     5番  加藤 章君      6番  齋藤武男君

     7番  川面充子君      8番  梅村達美君

     9番  齋藤誠治君     10番  横須賀忠利君

    11番  小林栄治君     12番  加藤貞夫君

    13番  森 弘子君     14番  松本 潔君

    15番  野中昭一君     16番  鈴木利二君

    17番  阿久津信男君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条第1項の規定により説明のため出席した者の職氏名

 町長       加藤公博君   会計管理者    齋藤耕太郎君

 総務課長     加藤敦史君   夢咲くまちづくり推進課長

                           牧野雄一君

 企画課長     菊地房男君   地域安全課長   福田光久君

 住民課長     鈴木晴久君   税務課長     阿久津 靖君

 健康福祉課長   荻原敏子君   環境課長     金澤公二君

 都市整備課長   鈴木 忠君   上下水道課長   糸井鉄夫君

 産業課長     小菅真守君   教育長      小堀康典君

 こどもみらい課長 阿久津径行君  生涯学習課長   戸井田和明君

 監査委員事務局長兼選挙管理委員会書記長

          若色三男君

                  農業委員会事務局長

                           山野井紀泰君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した者の職氏名

 議会事務局長   小池哲也    書記       古口節子

 書記       阿見有子



△開会 午前10時00分



△開会及び開議の宣告



○議長(加藤貞夫君) おはようございます。

 ただいまの出席議員数は17人です。定足数に達しておりますので、ただいまから第367回高根沢町議会臨時会を開会します。

 直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(加藤貞夫君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりです。

 地方自治法第121条第1項の規定により、説明のため議場に出席を求めました者の職・氏名はお手元に配付したとおりです。

 本臨時会の書記は、小池事務局長、古口書記及び阿見書記です。

 それでは、これから議事日程に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(加藤貞夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により、1番議員、佐藤晴彦君、2番議員、鈴木伊佐雄君を指名します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(加藤貞夫君) 日程第2、会期の決定についてを議題とします。

 会期については、本日の議会運営委員会において、本日1日限りとすることに意見の一致を得ました。

 お諮りします。

 本臨時会の会期は、本日1日限りとしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤貞夫君) 異議なしと認めます。

 したがって、会期は本日1日限りとすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(加藤貞夫君) それでは、議案を上程します。

 日程第3、町長提出議案第1号 平成27年度高根沢町一般会計補正予算議決についてを議題とします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。

 町長、加藤公博君。

     〔町長 加藤公博君 登壇〕



◎町長(加藤公博君) それでは、議案第1号 平成27年度高根沢町一般会計補正予算議決についてご説明申し上げます。

 今回の補正予算は、法人町民税の還付金であり、これらの財源となります歳入として基金繰入金を計上いたしました。

 以上の結果、歳入歳出予算の補正額は1億4,000万円の追加となり、補正後の歳入歳出予算の総額をそれぞれ98億1,622万円にしようとするものです。

 なお、内容につきましては、企画課長から説明をさせます。



○議長(加藤貞夫君) 企画課長、菊地房男君。



◎企画課長(菊地房男君) 議案第1号 平成27年度高根沢町一般会計補正予算議決について、その内容をご説明申し上げます。

 別冊の補正予算書1ページをご覧いただきたいと思います。

 今回の補正は(第3号)となります。

 第1条は、歳入歳出予算の補正であり、歳入歳出それぞれ1億4,000万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ98億1,622万円とするもので、その内容につきましては「第1表 歳入歳出予算補正」でご説明申し上げます。

 次のページになります。

 第1表、歳入歳出補正予算であります。

 まず、歳入ですが、18款繰入金、2項基金繰入金1億4,000万円の追加で、財政調整基金繰入金であります。

 続きまして、歳出になります。2款総務費、2項徴税費1億4,000万円の追加で、税務総務事務費の過年度還付金であります。

 以下、詳細につきましては、予算に関する説明書に記載のとおりであります。

 以上で説明を終わります。



○議長(加藤貞夫君) 提案理由の説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑ありませんか。

 14番、松本潔君。



◆14番(松本潔君) 先ほど全員協議会で詳細については伺ったんでありますが、本会議においても町民の方々、そういう税金が発生している理由を議事録を通して詳細に言っておくことも必要と考えられますので、あらためて質問をしておきたいと思います。

 今回の補正は、平成16年6月に国税局が国税調査に入って、5年間の追徴税額を確定した。その追徴税額に対して法人住民税は本税の16.6%課税となります。それによって、本税が9,449万9,800円、さらには延滞金が484万6,400円、これを町として支給納付した。しかし、裁判に負けてこれを全額回収する。さらに、既に徴収した分だけではなくて還付加算金、回収事務で利息がかかりますから、それが4,345万3,200円、合わせて1億4,279万9,400円の還付が発生したという形。

 町としては、この金額、非常に大きいです。ですから、税制上の問題としては全く問題ないんですが、その影響の強さから、全協のときに企画課長から説明があったように、一方的に返すだけではなくて、行く行くは地方交付税によって、また特別交付税によって補填をさせるというような説明がありました。

 そういう仕組みの中で、やはりこういったことが今後とも起きてくる可能性があるとすれば、やはり国に対して税制緩和というような要望をしていかなければならないと思っております。そういう意味で、この今回の還付というのは非常に地方自治体においても大きな影響を与えるものですから、今後の対応として、今後こういったことが起きた場合の国等に対する要望、こういったものをどういうふうにしていくのか、ぜひ町長の見解を伺いたいと思います。



○議長(加藤貞夫君) 町長、加藤公博君。



◎町長(加藤公博君) 今回の法人町民税の還付につきましては、国税当局が適正な課税だという判断をして企業に課税をしたわけでありますけれども、当然、企業側が異議申し立てをし、そしてそれが却下された流れの中で裁判に持ち込み、そして企業側が勝訴をしたということ、国税の見解が間違っていたという結果になった事例だと思います。

 やはり、こういったことによって、本町においては、もうかなり年数のたったものであっても、こういうことで還付をしなければならないという事例になってしまうわけでありますから、こういったことが今後起きることがやはりないとは言い切れない。

 そうなるであるならば、やはり地方の自治体の財政を影響度が大きいこういう事例について、今、松本議員ご指摘のように、本町の財政を預かる者として、県また国、そういったところへ緩和措置というものをどうやって考えていくのかということを、1つの事例として報告させていただきながら対応を図っていきたい、そんなふうに思っております。



○議長(加藤貞夫君) ほかに質疑ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤貞夫君) 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

 続いて討論を行います。

 反対討論ありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤貞夫君) 賛成討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤貞夫君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから本案を採決します。

 町長提出議案第1号 平成27年度高根沢町一般会計補正予算議決については、原案のとおり承認することに賛成の方は起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(加藤貞夫君) 起立全員です。

 したがって、町長提出議案第1号は原案のとおり可決することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(加藤貞夫君) 続いて、お諮りします。

 次期議会の会期日程等、議会運営に関する事項及び議長の諮問に関する事項についてを日程に追加し、議題としたいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤貞夫君) 異議なしと認めます。

 したがって、次期議会の会期日程等、議会運営に関する事項及び議長の諮問に関する事項についてを日程に追加し、議題とします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続調査の申し出について



○議長(加藤貞夫君) 議会運営委員長から高根沢町議会会議規則第74条の規定により、次期議会の会期日程等、議会運営に関する事項及び議長の諮問に関する事項については、閉会中の継続調査にしたいとの申し出がありました。

 申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(加藤貞夫君) 異議なしと認めます。

 したがって、次期議会の会期日程等、議会運営に関する事項及び議長の諮問に関する事項については、議会運営委員会の閉会中の継続調査とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(加藤貞夫君) これで本日の日程は全部終了しました。

 会議を閉じます。

 以上で、第367回高根沢町議会臨時会を閉会します。

 大変ご苦労さまでした。



△閉会 午前10時10分

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

 平成27年 8月14日

  高根沢町議会議長      加藤貞夫

        署名議員    佐藤晴彦

        署名議員    鈴木伊佐雄