議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 高根沢町

平成23年  7月 臨時会(第343回) 07月27日−01号




平成23年  7月 臨時会(第343回) − 07月27日−01号










平成23年  7月 臨時会(第343回)



高根沢町告示第104号

 第343回高根沢町議会臨時会を、次のとおり招集する。

  平成23年7月21日

                        高根沢町長  高橋克法

 1 期日    平成23年7月27日

 2 場所    高根沢町議会議場

 3 付議事件

   (1)平成23年度高根沢町一般会計補正予算議決について

             ◯応招・不応招議員

応招議員(16名)

     1番  川面充子君       2番  大橋守昭君

     3番  梅村達美君       4番  齋藤誠治君

     5番  大森君子君       6番  横須賀忠利君

     7番  仙波清之君       8番  小林栄治君

     9番  加藤貞夫君      10番  齋藤満則君

    12番  森 弘子君      13番  松本 潔君

    14番  野中昭一君      15番  鈴木保夫君

    16番  鈴木利二君      17番  阿久津信男君

不応招議員(なし)

          第343回高根沢町議会臨時会

議事日程(第1号)

               平成23年7月27日(水)午前10時開議

第1 会議録署名議員の指名について

第2 会期の決定について

第3 議案第1号 平成23年度高根沢町一般会計補正予算議決について(町長提出)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(16名)

     1番  川面充子君      2番  大橋守昭君

     3番  梅村達美君      4番  齋藤誠治君

     5番  大森君子君      6番  横須賀忠利君

     7番  仙波清之君      8番  小林栄治君

     9番  加藤貞夫君     10番  齋藤満則君

    12番  森 弘子君     13番  松本 潔君

    14番  野中昭一君     15番  鈴木保夫君

    16番  鈴木利二君     17番  阿久津信男君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

 町長        高橋克法君   副町長       加藤公博君

 会計管理者     小林美香子君  総務企画部長    荒井宏行君

 住民生活部長兼税務課長       建設産業部長    栗原光隆君

           小林秀男君

 総務課長      鈴木 忠君   企画課長      牧野雄一君

 地域安全課長    渡辺 登君   住民課長      菊地房男君

 健康福祉課長    鈴木繁樹君   環境課長      小池哲也君

 都市整備課長    鈴木晴久君   上下水道課長    阿久津光男君

 産業課長      矢野雄二君   教育長       手塚章文君

 教育部長兼生涯学習課長       こどもみらい課長  阿久津 正君

           阿久津正道君

 監査委員事務局長  石川正佳君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した者の職氏名

 議会事務局長    西村博文    書記        長谷川博一

 書記        齋藤亜希子



△開会 午前10時00分



△開会及び開議の宣告



○議長(松本潔君) おはようございます。

 ただいまの出席議員数は16人です。定足数に達しておりますので、ただいまから第343回高根沢町議会臨時会を開催します。

 直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(松本潔君) 本日の議事日程は、あらかじめお手元に配付したとおりです。

 地方自治法第121条の規定により、説明のため議場に出席を求めました者の職・氏名は、お手元に配付したとおりです。

 本臨時会の書記は、西村事務局長、長谷川書記並びに齋藤書記です。

 ここで本日の議事日程を事務局長に朗読させます。

 西村事務局長。

     〔事務局長朗読〕



○議長(松本潔君) それでは、これから議事日程に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(松本潔君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第117条の規定により、3番議員、梅村達美君、4番議員、齋藤誠治君を指名します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(松本潔君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 会期については、先ほど開催しました議会運営委員会において、本日1日限りとすることに意見の一致を得ました。

 お諮りします。

 本臨時会の会期は、本日1日限りとしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本潔君) 異議なしと認めます。

 したがって、会期は本日1日限りとすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(松本潔君) それでは、議案を上程いたします。

 日程第3、町長提出議案第1号 平成23年度高根沢町一般会計補正予算議決についてを議題といたします。

 本案について、提案理由の説明を求めます。

 町長、高橋克法君。

     〔町長 高橋克法君 登壇〕



◎町長(高橋克法君) それでは、議案第1号 平成23年度高根沢町一般会計補正予算議決についてご説明申し上げます。

 今回の補正予算は、文教施設災害復旧費及び債務負担行為の追加であり、文教施設災害復旧費の財源となります歳入として、基金繰入金を計上いたしました。以上の結果、歳入歳出の補正額は4,411万2,000円の追加となり、補正後の歳入歳出予算の総額をそれぞれ101億6,199万2,000円にしようとするものであります。

 なお、内容につきましては総務企画部長に説明をさせます。



○議長(松本潔君) 総務企画部長、荒井宏行君。



◎総務企画部長(荒井宏行君) 議案第1号 平成23年度高根沢町一般会計補正予算についてご説明申し上げます。

 別冊の補正予算書1ページになります。

 今回は第3号でございまして、その内容は、まず第1条歳入歳出予算の補正であり、歳入歳出それぞれ4,411万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ101億6,199万2,000円とするものでございます。

 その款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額につきましては、第1表においてご説明申し上げます。

 第2条は債務負担行為の追加でございまして、第2表でご説明申し上げます。

 2ページになります。

 第1表、歳入歳出予算補正でございます。

 まず、歳入でございますけれども、18款繰入金、2項基金繰入金につきましては4,411万2,000円の追加でございまして、財政調整基金繰入金でございます。

 続きまして、歳出でございます。

 11款災害復旧費、4項文教施設災害復旧費は4,411万2,000円の追加でございまして、阿久津小学校設計委託及び仮設校舎リースでございます。

 続きまして、3ページ、第2表、債務負担行為補正についてご説明申し上げます。

 今回は追加1件でございまして、阿久津小学校災害復旧設計管理業務でございまして、期間が平成24年度から25年度までで、限度額を1億5,200万円とするものでございます。

 以下、詳細につきましては予算に関する説明書のとおりでございます。

 以上で説明を終わります。



○議長(松本潔君) 提案理由の説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

 12番、森弘子君。



◆12番(森弘子君) 今回のは7月20日の全員協議会の中でも説明がありましたように、阿久津小学校の新築、新しく学校を建てていくということの中での今回債務負担行為補正ということで出されているんですけれども、その中で歳出、今回は災害復旧の中での設計委託及び仮設校舎リースが約4,411万2,000円、私が質問したいところは阿久津小学校仮設校舎のリースにおいてなんですけれども、これは何点か質問させていただきます。

 まず、専決処分が前にあって、議会の中で不承認というのがこれまでの経緯の中でありましたけれども、その中で大きく問題となったのが、阿久津小学校のほうの仮設校舎、低学年における仮設校舎の問題が、専決処分の中でも大きく問題とされました。

 それで、今回は阿久津小学校仮設校舎リース代として2,011万2,000円計上されました。専決処分の、以前低学年の仮設校舎工事請負契約としては1億2,000万円、前の専決の中では工事請負ということで金額がされたんですけれども、今回のこの2,011万2,000円、これにおきましては前にも問題になったように、これにおきましては見積もりをきちんと何社か取っているのかどうか。この金額の裏づけはどのようなことでこのお金が出たのであるか。

 それで、前には専決処分の中では契約金額が約、以前は9,920万円、ただ1社しか、神谷建設1社しか取っていない、それも見積もりがなかったということでありますので、まず見積もりは何社から取って、このような金額はどのような中で提示されたのか。

 それから、前にも私が質問したように、工事契約がリース、今回もリースという形なんですけれども、仮設校舎が完成してから、仮設校舎が工事着工して完成したのが、低学年の場合には5月26日完成したのですけれども、その後の5月27日に契約という形で前の低学年の仮設校舎はされたのですけれども、今回はどのようなことの中で契約がされようとしているのか、その点お伺いいたします。



○議長(松本潔君) 答弁を求めます。

 教育部長、阿久津正道君。



◎教育部長兼生涯学習課長(阿久津正道君) それではお答えいたします。

 まず最初に、仮設校舎の建築に当たり見積書を取ったかということなんですが、私どもで今回の積算におきまして、これから業者等も当然選考し、やっていきますので、今回の部分の中では前回の既設、今建っています仮設校舎同様の単価等を見まして、今回保健室とか職員室等もふえますので、その分の面積がふえますので、大きくなった分ということではかりました。前回のときは1億2,000万円ということでの皆さんにご提示があったと思うんですが、今回積算しましたところ、約1億8,000万円からの数字になるということで私どもで積算いたしましたので、そのような形にしてございます。

 それからもう一つ、使用期間ですが、この前の全協のときもお示ししましたように、でき得るだけ早く子供たちにも使って、安心したところに行ってもらいたいというような思いもありますので、今回については今これからご説明しますが、使用期間を全体で27カ月程度で済ませたい。今年についてはその3カ月分、1、2、3ということになりますね。12月中に終わらせて、1月から使用できるような形のものが一番いいかなということで、今回の3カ月分のリース代2,000万円になるというようなことでご理解をいただきたいと思います。

 以上です。



○議長(松本潔君) 12番、森弘子君。



◆12番(森弘子君) 以前、専決処分が不承認になった経緯の中では、この仮設校舎の不明瞭な契約及びそれから金額の提示の仕方とか、契約が工事終わってからと、このようなのはやっぱり納得できないんじゃないかという声もたくさんありました。

 そういう中で、今回は今の答弁でありますと、今後見積もりもとっていき、契約の中で積算見積もりも1億8,000万円、それは特別室が今後ふえるからそうなるんですけれども、私が今度再質問させていただくのは、何社か見積もりを取って、前には本当に1社しか取っていなかったので、その中で見積もりを取りながらどこの業者にリースをするかということなんですけれども、前にもありましたようにやっぱりきちんと契約、幾らリースであっても完成してから契約ということはあり得ない話だと思うんですけれども、今回はどのように考えているのか、それだけお伺いいたします。



○議長(松本潔君) 教育部長、阿久津正道君。



◎教育部長兼生涯学習課長(阿久津正道君) 当然、前回のほうで皆さんのほうからのお話がありましたので、競争による入札等をかけまして業者を選定するというようなことになりますので、皆さんのご不審等については払拭できるものと思っております。

 以上です。



○議長(松本潔君) 完成してから契約というのはおかしいと言っているんだけど。それについて答弁してね。

 教育部長、阿久津正道君。



◎教育部長兼生涯学習課長(阿久津正道君) 申しわけありません、答弁間違えました。

 実際、今回業者さん等を選考できて、それから建設、リースに入るというようなことになりますので、前回とは違ったものだということでのご認識をお願いしたいと思います。

     〔「答えになってないよ」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本潔君) 教育部長、阿久津正道君。



◎教育部長兼生涯学習課長(阿久津正道君) 申しわけありません。契約についてはこれから、この前の全協のときもお示ししましたが、内容等についての公告等を行いまして、早ければ9月、10月に実施を行いまして、12月の完成に間に合うというようなことでの進め方をしていきたいと思っております。

     〔「議長、すみません、休憩ください」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本潔君) 暫時休憩します。



△休憩 午前10時11分



△再開 午前10時12分



○議長(松本潔君) 再開します。

 教育部長、阿久津正道君。



◎教育部長兼生涯学習課長(阿久津正道君) 申しわけありません。当然、私ども今持っているものはリース契約等での内容を持っておりますが、内容を熟知したリース会社また業者さんというもののセットの入札になると思いますので、これからのものについては、当然に建築物またその後のリースの契約等においても理解できているということのリース会社とか業者と附随した形のところが、今回のものを契約をしていただけるような形になると思われます。

 以上です。

     〔「すみません、休憩」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本潔君) 休憩します。



△休憩 午前10時13分



△再開 午前10時14分



○議長(松本潔君) 再開します。

 こどもみらい課長、阿久津正君。



◎こどもみらい課長(阿久津正君) 仮設校舎につきましては、あくまでも借りるということになりますので、あくまで持ち主はリース会社にずっとありますので、これは設置工事、いわゆるプレハブが完成してから賃貸契約ということになりますので、いわゆる工事の請負とは若干そこの点で大きく異なっておりますので、完成してからの賃貸契約を締結するということになりますので、ご理解いただきたいと思います。



○議長(松本潔君) 6番、横須賀忠利君。



◆6番(横須賀忠利君) 設計変更の内容について、先ほどの大きく変わった理由。あと、今回の規模、どのように変更の規模かな。なぜかといったら、今大きくなった理由。ただ大きくなった理由という、さっき言葉を聞いたので、ただ大きくなった理由というだけじゃ、それはちょっと説明になっていないので。

 あとちょっと、もう一度聞きたいのは、仮設でも建築でも公共施設の中に建てるのと他人の占有地に建てるのとこれはまた違うので、これはまた質問にはしませんが、その辺は部長によく理解してもらって説明してもらわないと。自分もまだ定かでないんですけれども、よく行政の一環として言えば、議員はすべて町長には申しわけないんだけども、案としてはいいものでも反対をせざるを得ないものがあるもので、ただ理解のできるように説明してもらわないと。ただそれだけですよね。やることに対して議員さんはだれもが反対はしないと思うんですよ。ただ、理解できるような方法をもって説明してもらわないと。

 ただ先ほども、だから今自分で聞きたいのは、今回の設計変更の規模、ただ大きくなったというんじゃなくて、その中身を説明してもらわないと。



○議長(松本潔君) 設計変更じゃないでしょう。

     〔「変更はしていないでしょう」と呼ぶ者あり〕



◆6番(横須賀忠利君) すみません、設計変更じゃなくて。

     〔「設計変更なんてあり得ません」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本潔君) まだ設計も何もやっていないですから。



◆6番(横須賀忠利君) 今、言葉を間違えたんですけど。それは訂正します。



○議長(松本潔君) 大きくなったというのは、事業費が大きくなった理由について確認をしたいということでいいんですか。



◆6番(横須賀忠利君) はい。



○議長(松本潔君) そういうことで、答弁を求めます。

 こどもみらい課長、阿久津正君。



◎こどもみらい課長(阿久津正君) 最初の1回目の既設校舎から今回大きくなった理由ということでございますが、前回につきましては一応延べ床が1,500平米で、基本的には1年生から3年生の9クラス分、プラス昇降口でありますとかそういったことで、以前にも説明しているとおりでございますけれども、今回につきましては4年生から6年生分、いわゆる9クラス相当分プラス特別支援学級分、それから特別教室ですね、理科室でありますとか図書室でありますとかパソコンルームでありますとか。それから職員室、あと配膳室、こういったものが入りますので、当然的に大きくなりまして、今のところ予定している面積で2,000平米を超える程度のものを一応考えておりまして、予算規模的には前回と同じような考え方で単価は乗せさせていただいております。

 以上です。



○議長(松本潔君) 6番、横須賀忠利君。



◆6番(横須賀忠利君) この中に安全面に関しては、これは問題はないんですかね、こういう数字が出ていて。というのは今回できている仮設問題、仮設できているもの、阿久津小学校、日常調査の中で自分として確認したところ、何かちょっと不安定なところがあるので、設計の中には万全なものを備えてもらわないと困りますので、これにおいては問題はないと見てもいいわけですか。



○議長(松本潔君) 答弁を求めます。

 こどもみらい課長、阿久津正君。



◎こどもみらい課長(阿久津正君) まだ設計には入っておりませんが、その辺は横須賀議員ご指摘のとおり、安全面には最大限の配慮をしていきたいというふうに考えておりますので、ひとつよろしくお願いいたします。



○議長(松本潔君) そのほかございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本潔君) それでは、質疑なしと認めます。

 これで質疑を終わります。

 続いて、討論及び採決を行います。

 町長提出議案第1号 平成23年度高根沢町一般会計補正予算議決について、本案の討論を行います。

 反対討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本潔君) 続いて賛成討論はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本潔君) 討論なしと認めます。

 これで討論を終わります。

 これから本案を採決します。

 町長提出議案第1号 平成23年度高根沢町一般会計補正予算議決については、原案のとおり決定することに賛成の方は起立願います。

     〔賛成者起立〕



○議長(松本潔君) 起立全員です。

 したがって、町長提出議案第1号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(松本潔君) お諮りします。

 次期議会の会期日程と議会運営に関する事項及び議長の諮問に関する事項について日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本潔君) 異議なしと認めます。

 したがって、次期議会の会期日程と議会運営に関する事項及び議長の諮問に関する事項についてを日程に追加し、議題といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続調査の申し出について



○議長(松本潔君) 議会運営委員長から、高根沢町議会会議規則第74条の規定により、次期議会の会期日程と議会運営に関する事項及び議長の諮問に関する事項については、閉会中の継続調査にしたいとの申し出がありました。

 申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(松本潔君) 異議なしと認めます。

 したがって、次期議会の会期日程と議会運営に関する事項及び議長の諮問に関する事項については、議会運営委員会の閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(松本潔君) これで本日の日程は全部終了いたしました。

 会議を閉じます。

 以上で第343回高根沢町議会臨時会を閉会します。

 ご苦労さまでございました。



△閉会 午前10時20分

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

  平成23年9月30日

   高根沢町議会議長      松本 潔

         署名議員    梅村達美

         署名議員    齋藤誠治