議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 市貝町

平成23年  3月 定例会(第2回) 03月08日−04号




平成23年  3月 定例会(第2回) − 03月08日−04号









平成23年  3月 定例会(第2回)



      平成23年第2回市貝町議会定例会(第4号)

             平成23年3月8日(火曜日)午前10時開議

出席議員(12名)

    1番  山川英男君    2番  小泉栄一君

    3番  大塚 進君    5番  高徳義男君

    6番  和久和夫君    7番  飯田資雄君

    8番  石川信市君    9番  高木研一君

   10番  柳 昭示君   11番  高根沢 明君

   12番  皆川和之君   13番  福山雅樹君

欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のための出席者

 町長        入野正明君  教育長       大貫宏衛君

 総務企画課長    添田眞一君  税務課長      永島 豊君

 町民福祉課長    山内好幸君  農林商工課長    神野正明君

 建設課長      簗 喜一君  学校教育課長    高橋信之君

 生涯学習課長    桧山義信君  出納室長      鈴木和子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本会議の書記

 事務局長      押久保秀雄君 次長        石川 忍君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

付議事件

  別紙のとおり

開議宣告

  午前10時00分

            議事日程(第4号)

第1 議案第20号 平成23年度市貝町一般会計予算について(質疑・付託)

第2 議案第21号 平成23年度市貝町国民健康保険特別会計予算について(質疑・付託)

第3 議案第22号 平成23年度市貝町後期高齢者医療特別会計予算について(質疑・付託)

第4 議案第23号 平成23年度市貝町介護保険特別会計予算について(質疑・付託)

第5 議案第24号 平成23年度市貝町農業集落排水事業特別会計予算について(質疑・付託)

第6 議案第25号 平成23年度市貝町公共下水道事業特別会計予算について(質疑・付託)

第7 議案第26号 平成23年度市貝町奨学金貸与費特別会計予算について(質疑・付託)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(石川信市君) 

 ただいま出席している議員は12名であります。定足数に達しておりますので、直ちに本日の会議を開きます。

                        (午前10時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第20号の質疑、委員会付託



○議長(石川信市君) 

 日程第1、議案第20号「平成23年度市貝町一般会計予算について」を議題といたします。

 本案については、さきに町長の説明が終わっておりますので、これから質疑を行います。

 なお、質疑の際は、ページ数を述べてください。

 12番、皆川和之君。



◆12番(皆川和之君) 

 12番、皆川です。

 予算の審議に際しまして、総体的に関係しますので、最初に質問したいと思います。というのは、分掌事務と予算の関連について聞きたいんですけれども、今回、庁内の機構改革、そんなふうな意味合いから、従来の町民福祉課を二分して、町民くらし課ですか、そんなふうな形できましたね。それに伴って、今まで保育所関係、民生関係だったものが、今度は教育委員会のほうに移管になるという話。そうしますと、それに伴ってこの予算、今年度というか23年度予算の関連はどうなっているのか、ちょっとお聞きしたいんです。

 まず初めに、今度新設されました町民くらし課、それと社会福祉課、何だっけもう一つは、ちょっとおかしくなっちゃったけれども、従来の町民福祉課を町民くらし課、それと健康福祉課に二分されましたね。新しく新設されたわけですけれども、この予算の範囲と、それから教育委員会の学校教育課がこども未来課に改まって、それに伴って従来の保育所関係も、この教育委員会のほうに、事務が分掌事務として移管されることになりました。

 それに伴う予算ですね、何ページの何款何項何目がそれに該当するのか、まずその辺についてお聞きしたいと思います。



○議長(石川信市君) 

 添田総務企画課長。



◎総務企画課長(添田眞一君) 

 ただいまのお尋ねについてご説明申し上げたいと思います。

 まず、町民福祉課を町民くらし課と、それから健康福祉課に分割したわけでございますが、その中の所掌事務としては、町民くらし課については、戸籍関係、国保関係、それから生活環境という形になります。ですので、この中の項目では、主に総務費と衛生費ですか、そういう形になると思います。それから、特別会計でございます。

 それから、健康福祉課のほうについては民生費でございますが、民生費とそれから衛生費の中で予防ですね……



○議長(石川信市君) 

 すみません、何款何項ってちょっとそこまで……



◎総務企画課長(添田眞一君) 

 はい、わかりました。申しわけございません。

 それでは、最初から申し上げます。

 まず、2款の総務費からでございますが、総務費のうち、この中でいきますと34ページ、2款総務費の34ページ、3項「戸籍住民基本台帳費」については町民くらし課になります。

 続いて、3款「民生費」、1項5目「人権保護対策費」、ページ42ページ、申しわけありません、42ページと41ページ、その前の段階にいきますね、4目「国民年金事務費」、それから5目「人権保護対策費」、これについては町民くらし課でございます。

 続きまして、4款「衛生費」、48ページ、1項「保健衛生費」、4目「環境衛生費」、これについては町民くらし課になります。

 続きまして、今は48ページでございますが、49ページ、5目「公害対策費」、それから50ページ、4款「衛生費」、2項「清掃費」、これについては町民くらし課になります。

 それでは、続いて、38ページ、戻りますが、「民生費」、1項「社会福祉費」の1項「社会福祉総務費」、38ページでございますが、38、39、2目「心身障害者福祉費」、40ページ、「老人福祉費」については健康福祉課になります。

 42ページ、3款「民生費」、「児童福祉費」のところでございますが、2項「児童福祉費」、3目「母子福祉費」、それから45ページ、「子ども医療費」、6目「妊産婦医療費」、それから4款「衛生費」、「保健衛生費」、「保健衛生総務費」、「予防費」。続いて、47ページ、「結核対策費」ここまでは健康福祉課になります。

 続いて、49ページ、6目「保健福祉センター費」についても保健福祉課所管になります。

 戻りまして、42ページ、3款「民生費」、2項「児童福祉費」のうち、1目「児童福祉総務費」、2目「児童措置費」、4目「保育所費」につきましては、教育委員会所管のこども未来課に所管が変わります。

 以上でございます。



○議長(石川信市君) 

 12番、皆川和之君。



◆12番(皆川和之君) 

 12番、皆川です。

 大変細かい説明でわかりました。ありがとうございました。

 地方改革に伴って、新たに課が設置され、あるいは分掌事務が移管された、そんな形で大分機構が変わるわけですよね、23年度から。そうしますと、これは私が今質問したんで答えがあったわけですけれども、この種の説明というのは、当初の予算説明の中であってしかるべきだと思うんですよ。

 町長、ちょっと親切味が足りないんじゃないんですか。これだけ機構改革って、今みんなわかんねえ人が聞かなかったらば、こんな大切なことを、初めから予算説明の中で、この課に対しての所管事務は、こういうふうに基づいてやるんだよっていう、そのぐらいの説明がなかったら、ちょっとやってもらってどうしようもないんで、見方によっては議会軽視ともとれる態度。だから、いろんな蛇足・駄弁とは言わないけれども、結構しゃべっている口は町長多いけれども、肝心なことを言ってねえのかね。こういうことを今後気をつけて、必要なことは実際に質問されるまでもなく、議会において説明の段階でするぐらいの、やはり緊張感を持ってこれから当たってもらいたいと思います、私は。

 そういうことで、ちょっと次に移りますけれども、今の予算を見てもいろいろ難しいところがあるんですよ。特に、民生費の中で社会教育委員会の属するあれが出てきましたね、民生費の例えば2款ですね、2款の児童福祉費の中で、児童福祉総務費から措置費、これが教育委員会、そして母子福祉費を抜いて保育所ですか、これが教育委員会に属する。しかし、母子福祉なんかは健康福祉課、あるいは子ども医療、妊産婦医療、これは健康福祉課に分割するところなんで、同じ款項の中で2つの課に属しているわけですよね。片や片方ある一定までは健康福祉課、従来の町民福祉課で受け持った分を健康福祉課のほうで今度は担当する。

 そして、児童福祉とか、あるいは保育所関係は教育委員会のほうに行くという、なかなかやっていることというのは難しいと思うんですよ。まして、今度新年度から変われば、分割付託というのは大体予算にしても決算にしても、付託委員会に分割されるのが普通になっていますからね、そうしますと、委員会じゃ戸惑っちゃうんだよね、同じ款の中で、あるいは項の中で、もう2つに分かれるような形でしょう。だから、これはできれば教育委員会なら教育委員会のほうに持っていくような形の予算を組めればいいんですけれども、やはり自治法の規定によって、そうはいかないわけですね、これ。

 だから、自治法の第9章第2節の第210条から予算に関する規定がありますね、いろいろ。そして、それを補うための地方自治の施行規定というのがありますね。そうすると、その施行規定の15条から予算に関する項目が、いっぱいここに載っているわけですね。だから、例えば歳入であれば、第1款は町税である、町税とは限らない、県税あるいは市税ということになるけれども、要するに地方税ね。それは第1款はこんなことで、第2款は地方税といろいろありますけれども、そんなふうに規定されているわけね。歳出においても、第1款では議会費、第2款総務費、それもずっと第14款ぐらいまであるのかな、いろいろ規定されていますね。項もそうだし、目もそうだし、説明したって、やはり28項目ぐらいですか、あれは。やっぱりこれ規定されているんだね。だから、そうすると勝手な予算とか項目は計上することはできないわけね、当然。縛りがあるんだから。だから、教育行政でやっても、その福祉関係なんかは教育のほうに持っていけないんだよね、4条は。だから、予算の裏づけの伴わないような今回の課の編成あるいは所管事務の割り振りというのは、ちょっとやっぱり異常だと私は思うんです。

 それとも設置条例で、この前のあれで1月の臨時議会で可決されますんで、これはもうどうしようもないことなんだけれども、町長の理想はわかりますよ、やはりみんなそうやって教育のほうに重点を置いてという気持ちはわかりますけれども、現状はまだまだ子供は、教育よりも児童福祉って言うぐらいだから、福祉のほうの比重は重いんだよね、そんなふうな感じが私はします。そのことだけちょっと指摘しておきます。

 それと同時に、これ設置条例でこの前出されました1月19日提出の臨時議会で、議案第1号ですね、今までの町民福祉課をくらし課と健康福祉課に分ける。それで、その分掌事務もいろいろ書いてあります。だから、出された議案の中で新旧対照表もあって、どんなものがどうなったかということも、これ見ればわかりますけれども、その予算の裏づけは今説明聞いておく。分掌というのは条例のあれだからね。ちょっとそれだけではこの予算の配分のあれがわからなかったから質問したわけですけれども。

 それと同時にもう1点、これは教育委員会関係なんですが、これは条例でなくて規則だから議会の議決は必要ない。確かに議会の議決は必要ありません。だけれども、それに伴う教育委員会が受け持っている分掌事務というのはあるよね。それに対して、国のほうの知る権利はあるわけですよ。だけれども、一切これ議員には知られていない。私は、教育委員会にお願いしてこれもらったんだけれども、市貝町教育委員会教委規則第1号ってなっていますけれども、市貝町教育委員会事務組織規約の一部改正をする規則を次のように定めるということで、1月26日に教育委員会でいろいろ審議されたと思うんですよね。それで、その中で学校教育課をこども未来課、そして名改め、教育の振興係、それをこども育成係に加え、今までの文化係を削るというようなことで、教育委員会でいろいろ討議されて決定されていますよね、規則として。その中に、教育振興では教育振興担当していろいろなことがあって、これは10項目ですか。それで、子ども育成担当、育成係のほうでは、1から今度22の項目があるんですよね。生涯学習課においても、いろいろ3つの部分に分かれていますけれども、そんなことでいろいろ改正がされているものがここに載っています。

 その新旧対照表の対照の中で、今まで学校担当係で担当していたものが13項目だったんですよね。それに対して今度は保育所関係が、さっき言われた児童福祉とか措置とか何とかいろいろ予算を伴った項目が出ましたけれども、それによって14から22まで項目がふえているわけね。その中には児童福祉手当及び特別児童扶養手当等に関することとか、児童虐待に関することとか、育児手当に関することがいろいろあって、その中の一つには保育所に関すること云々ということになっている。実際にふえているわけですよね、項目が。さっき言った文化係は廃止するということになって、これは新たに担当がかわって、これ載っていますけれども、こういうことはやっぱり議会でも知る権利があるわけですよね。そうすると、町の執行部でも、あるいは教育委員会って言えばいいかもしれないけれども、情報公開する義務があるわけですよね、これは。何も隠したりする話じゃないんでね。そんなふうな閉鎖的なあれはちょっとどうかと思うんで、これは議員全部に配付するように私要望します。今後の議会活動の中でも必要なことだと思いますからね。ぜひご配慮をお願いしたいと思います。

 以上です。ご意見があったら言ってください。



○議長(石川信市君) 

 ほかに質疑ございませんか。

 13番、福山雅樹君。



◆13番(福山雅樹君) 

 一般会計についてですね。



○議長(石川信市君) 

 そうです。



◆13番(福山雅樹君) 

 余り声がないと通過しちゃいますから質問します。福山です。

 ページ数では94ページ、地方債について質問します。

 ここに21年度、22年度、23年度のいわゆる地方債の残高についての数値が示されていますけれども、要するに一番左の前々年度というのが21年、決算の数字ですね。前年度末現在高は見込み額で22年の見込み、こういうことですが、起債額が必要に応じて積み重ねられまして、現在決算が終わっているものとしては元金のほうで48億2,000万円、それから利子で5億のものが残っております。町長として、ここに出ている22年度、23年度の見込みについては、縮小並びに横ばいという見込みがなされていますけれども、私は必要あって起債、地方債がふえてきているんですけれども、今後希望するのは、余り県内でも借金の多い行政・市貝町ということになっていますので、そういう比較対象だけでなく、町政に対する影響は非常に大きいものを持っていると思います。

 そういう意味において、やはり起債の厳密な評価、見通しというものを続けてもらいたいと思いますけれども、今後、起債額の総枠を、残高の総枠をどのくらいの枠に、近未来ですか、短期的あるいは中期的に考えていらっしゃるかお聞きしたいと思います。



○議長(石川信市君) 

 入野町長。



◎町長(入野正明君) 

 福山議員の地方債の残高をどれくらいの規模にという質問でございますが、ご指摘のとおり市貝町は実質公債比率で昨年度、昨年度といいますか、21年度決算で最悪の数字をまた継続してしまったわけなんですが、今年度は極力地方債を借り入れしない予算編成に担当課の係長も懸命に努力していただきまして、どうにか実質公債費比率を14%台に改善できたというのが、今回の成果だと思うんですけれども、議員ご承知のとおり、平成18年からだったと思うんですが、芳賀台の償還が始まりまして、25年で償還が終わるわけでございます。そして、公債費の推移をちょっと見てみますと、平成18年、やはり芳賀台償還開始したころが55億で推移して、19年に52億、20年から49億をということで一貫して下がってまいりました。今後も下がって、一番今回厳しい予算だったんですが、今回も下げていますんで、来年度は道の駅の大規模工事もなくなりますので、さらに下がっていくものと思っています。

 ですから、このまま推移していくと、40億半ばぐらいでちょうど持っていけるのかなと思っています。単年度の実質公債費比率は、既に13%台に改善しています。ですから、3年度平均で実質公債費比率が計算されていますので、当初予算で14.幾つですから、来年度の当初予算では14%前半から13%後半台、町民の皆さんには、期待していただけるようないい数字に持っていけるのかなと思っています。規模としては、大体45億前後で今のところ考えているといいますか、そんなような予想を立てているところでございます。



○議長(石川信市君) 

 13番、福山雅樹君。



◆13番(福山雅樹君) 

 13番、福山です。

 今の説明で大体の傾向のことはわかりましたけれども、私は結局過去のデータを調べますと、いわゆる公債を発行して、起債をして借金して、その償還の額が多いわけですね。そのために大変利子がかさむわけです。その利子が、調べますと大体毎年9,000万、大体過去の5年間、平成17年から平成21年までの決算ベースの実績で平均9,000万の利子を払っています。こういうことになりますと、事業をやるのもいいんですが、だんだん町制をしいてから年限がたちますと、効果の発現率の低いものに手を出しがちな傾向になっていくと思うんです。要するに、初期的にはインフラを整備する必要性の高いものに投資するわけですが、だんだん必要性から、楽しみとか、そういう豊かな面の傾向には向かうわけですけれども、実質的効果のところが薄らいでいく傾向にあるかと思います。そういうことから考えますと、大体9,000万の利子というものを払っているときの借金の元金は、町長も今言われましたけれども、55億という水準でございますので、それを42−43億とか40億に減らしていくことによって、毎年9,000万の払っている利子が6,000万とか7,000万に下がりますと、2−3千万の実質的なお金が浮いてくるわけです。その2−3千万のお金が浮くと、町単でやる現道舗装など、1本100万円ぐらいものが20本から30本できるという単純計算もできるわけで、あるいはほかのものにも活用できるわけですから、利子を考えないと、何とか町税で回転がつくからといって起債をふやしますと、例えば50億とか55億に持っていきますと利子が1億近く、正確には9,000万毎年あるわけですよね。9,000万の利子を払うということ自体は、だれが考えても必要悪であることはわかるわけです。

 そういう意味において、今後とも起債についての厳密な評価というか、見通しを持ってやっていただきたいんですが、私は利子から考えて、9,000万の払っている利子を6,000万ぐらいにすれば、3,000万の現在の一般予算の町単の事業というのは、物すごく立派なものができるという逆計算をしてみたんですけれども、そういうようなことに対する町長の今後の見通し、方針をお聞きしたいと思います。これ1つの提案ですからね。



○議長(石川信市君) 

 入野町長。



◎町長(入野正明君) 

 福山議員のおっしゃるとおり、利子が高い元金を借りていて、そしてその利子を払っているお金というのは非常に町民の政策経費から考えれば、機会費用がそちらに行っているということで、効果的に使われていないということはご指摘のとおりでございます。

 高利の地方債、公債ですね、これを償還していくということは大事なことでございまして、ただ契約内容にいろいろ制約されているので、繰上償還というのはなかなか難しいんだと思うんです。

 昨日も総務企画課長のほうから細かい、今年度3本でしたね、3本該当して2本ということでございまして、そういうことをやってきたと思うんですが、バブル崩壊後もう大分借りかえが済んでいまして、新たに高利のものというのが、高い金利のものがなくなってきている現状で、繰上償還も財源が必要な部分もございましてなかなか難しいわけですが、財源があれば、昨日も申し上げましたけれども、高利のもの金利の高いものについて、財源を準備した上でしっかりと繰上償還をしていきたいと思っています。

 あと、もう一つ関連ですけれども、いよいよ新規の事業ができなくなってくるような、地方自治体全国同じような財政状況にございまして、そういう中で長寿命化というのが必要になってくると思うんですね。できるだけ新規の大型の事業はやらないで、今議員ご指摘のとおり現道舗装とか、あるいは長寿命化で定期的な予防・点検をしながら施設の耐用年数のほうをしっかりと保っていきたいと思っています。

 以上です。



○議長(石川信市君) 

 13番、福山雅樹君。



◆13番(福山雅樹君) 

 13番、福山です。

 従来、大型の補助金を伴う事業をやってまいりました。運動公園とか、あるいは芝ざくらとか道の駅、あるいは国策的な芳賀台の水の問題もありましたけれども、避けられない問題もありましたけれども、やはり補助金をもらえるからという大上段にかぶった発想でやりますと、必ず補助金には5割から6割の応益負担の町の負担が絡みますからね、補助金がもらえるという名のもとに、いけいけどんどんの思想がなきにしもあったと思いますので、今後については、事業についての、特に大型は効果があるものがそんなに転がっているわけはないと思われますので、その辺についての事業に起債に対する国策の補助金をもらうことについての厳密な審査というのは、町長どのように考えられますか、その辺を希望しておきます。



○議長(石川信市君) 

 入野町長。



◎町長(入野正明君) 

 福山議員の質問は、非常に町のこれからについて私どもが考えている線に沿うような発言でございました。

 まず、今まで地方公共団体、全国の自治体がどういう形で借金をしてきたかいといいますと、景気低迷の中で、もう本当に小泉首相の前あたりから景気を浮揚するためにケインズ経済学ですね、借金をしてそれを公共事業に持っていくというケインズ経済学に従ってやってきたわけなんですが、どうもうまくいかないということで見直しが始まって、新たな政権ができてきたんだと思うんですけれども、そういう中で大型な公共事業をすると、町の持ち出しが半分も出るということで、昨日は高根沢議員からご指摘をいただいた点がございますけれども、できるだけ補助率の高いもの、そしてしかも町にとって、町民にとって必要なもの、しっかりと自分の中では精査しながらやっていこうと思っています。

 市貝町もいよいよ合併を視野に入れてきていますので、当面、隣接の町にあるような類似の公共施設をつくらないということを頭の中に原則入れておりまして、今回両側に道の駅ありながらつくったわけですが、直売所にこれを集約して、北部の農家の皆さんに少しでも追加的な所得をいただければいいなという考えで直売所はつくらせていただきましたが、今後はできるだけ広域を見回しながら、あるものはつくらないで現状のまま公共事業は、公共事業をなくしちゃうと、地元の中小事業者も雇用しているわけですから、そういう意味で町の中の資金の循環がなくなってしまうので、維持補修ということで、あとは先程申し上げましたが、長寿命化ということでしっかり対応していきたいと思っています。

 まとめますが、大型公共事業についてはできるだけ補助率の高いもの、目ざとく省庁のホームページを見ながらあるいは中央省庁に出かけながらとってまいりたいと思っています。しかも、町民の福祉に役立つものということで考えております。



○議長(石川信市君) 

 ほかに質疑ございませんか。

 3番、大塚進君。



◆3番(大塚進君) 

 3番、大塚。

 25ページ、2款1項1目の中で、新規に事業として地域安全・安心対策ということで説明ありましたが、警察を退職された方ということで、どのような方が、また常勤なのか非常勤なのか、また仕事の内容をもっと詳しく説明をお願いいたします。

 それと、2点ほどお願いいたします。

 30ページ、2款1項6目15節の「負担金補助金」の中で、真岡線のあれなんですが、前年よりそれぞれ増額になっております。その増額になったわけを説明お願いいたします。

 よろしくお願いします。



○議長(石川信市君) 

 添田総務企画課長。



◎総務企画課長(添田眞一君) 

 それでは、ただいまのご質問についてご説明申し上げたいと思います。

 まず、安全・安心対策委員の設置の件でございますが、この方については警察のOBの方をお願いする予定でおります。県警本部のほうに推薦を依頼しているところでございます。仕事の内容でございますが、やはり行政を、現在のところいろんな状態が発生するわけでございます。特に近年、市貝町では観光事業に力を入れておりまして、芝ざくら祭りでは30万人という、たくさんのお客さんがお見えになります。それから、市貝温泉でも年間10万人以上の利用がある、当然人が集まるところにいろいろなトラブルが発生するというふうなことがありますので、その専門の方に十分、初期の対応を誤るといろいろな問題が起きると思いますので、そういうふうな対応もお願いするということ。

 そのほかに、現在小学校の下校の際にスクールガードをお願いしている形があります。それらも今まで、これまでもやっていただいておりますが、1人の方に、やはり夕方は巡回してもらうと、専用の車でまた別に巡回してもらうというふうなことで、現在総務課のほうに在籍していただく考えです。

 それで、各温泉とか学校とか保育所とか公園とか、いろんなところを巡回していただく。また、そういうふうなことでトラブルが発生した場合には、適宜な初期対応をお願いするというふうな考えで、常勤でお願いするということで考えているところでございます。

 それから、真岡線の補助金の額でございますが、まず1点、真岡線の機動輸送対策事業補助金について申し上げます。この真岡線機動輸送対策事業でございますが、これについてはまくら木の交換、このPCまくら木、木のまくら木ではなくてPCまくら木に強度がありますが、そちらのほうに1,500本、もちろん木製のまくら木もこれまでどおり1,000本とか、それから踏切安全の機器の更新とか、そういう事業を行っていくということでございますので、これらについてこの事業に対し、本町では13%が相当負担額というふうなことでこの金額になっているわけでございます。

 もう1点、真岡鉄道経営安定化補助金でございますが、これはやはり鉄道事業の損失を沿線自治体と県で補てんするわけでございます。市貝町の負担は出資割合ということでございますので、150株、5.66%が全株の2,650株の中5.66%相当額でございますので、それについてはそのようなことで損失補てんについて考えております。

 それから、経営支援については、やはり輸送対策事業の会社負担分の支援も行っているわけでございます。この会社支援と合わせまして244万7,000円、真岡鉄道経営安定化補助金ということで、23年度補助したいというふうに考えているところでございます。

 以上でございます。



○議長(石川信市君) 

 5番、高徳義男君。



◆5番(高徳義男君) 

 5番、高徳です。

 ページ数では18ページになろうかと思うんですが、15款2項2目3節の「老人福祉費補助金」の一番下の「介護施設開設準備経費助成特別対策事業交付金」、とりあえずこれの内容をお伺いいたします。

 本日の下野新聞等に報道されておりますが、入野町長の説明でも、市塙地内に認知症における介護施設ができると、こういうような新聞報道もありました。多分この事業交付金は、それに伴うのではないかなと考えておりますが、それについての内容をお伺いします。



○議長(石川信市君) 

 山内町民福祉課長。



◎町民福祉課長(山内好幸君) 

 ただいまのご質問にお答えいたします。

 平成23年度の事業で、市貝町にも高齢者認知症のためのグループホームの施設整備を民間の力をかりまして、国庫補助を導入し整備しようとしているこの計画でございますが、この整備する費用とは別に、今度は整備された段階でその準備費用といたしまして、このグループホームは1ユニット9床なんですけれども、9つのベッド数ですね、それが2ユニットですので、全部で18のベッド数がございます。そして、国のほうからは準備金ということで、1床当たり60万円の事務的経費ですね、準備費用が出ます。それがこの金額でございます。18床掛ける1床当たり60万円という費用で1,080万円というものでございます。準備経費でございます。

 以上です。



○議長(石川信市君) 

 5番、高徳義男君。



◆5番(高徳義男君) 

 それに関連します質問ですけれども、23年度については、そういった介護施設等についての町単独での補助金あるいはそういう助成金、町長は各分野においての補助金、いろいろな面で抑制、削減したいというようなことも考えておるんですけれども、そういう福祉施設における今後の補助金等に対して、町長はどういうふうに考えているのかお尋ねいたします。



○議長(石川信市君) 

 入野町長。



◎町長(入野正明君) 

 市貝町の高齢化率は、既に21%に達しておりまして非常に高い率になっています。特に地域的には、恐らく小貝地区では30%を超えているところもあるのかなということでございまして、ひとり暮らしのお年寄りの方、また、お子さんがいらっしゃいますが、県外に出ている方がいらっしゃいまして、そういう介護施設に入れないで待機している方もいるということでございます。

 市貝町では、そういう方が町外に出ていらっしゃる方もおられまして、できるだけ住みなれたところで、同じ風景を見ながら、健康に元気で介護施設で保養していただきたいと思っておりますので、当町において、そういう介護施設を建設するに当たりまして、また既存の施設において増床する場合には、できるだけ業者の負担を軽くしたいということを思っているわけでございますが、国と県と町ということで、ある程度補助率が定められておりますので、それに従って対応していきたいと思います。

 その他、運営費とか土地取得とかそういう面につきましては、昨日もございましたが、企業誘致促進条例というものを制定いたしましたので、そういうものを使いながら、できるだけ介護施設などが導入しやすいような周辺環境整備をしていきたいと思っております。



○議長(石川信市君) 

 ほかに質疑ございませんか。

 11番、高根沢明君。



◆11番(高根沢明君) 

 私も地方債の町のスタンス、これは町長とも昨年来から頻繁に個人的にお話ししているんですけれども、やはり今、与党の流れは出血サービス的な部分、ご承知のとおり本当に今国債を増発しての、2月にも補正で4,000万入ってきている、これは考えられない状況にある。一昨年も言いましたけれども、この流れがあって来ております。それを若干当て込みながらやっておるんですけれども、平成20年の一昨年のワーストランキングでは、市貝町は621ぐらいになっています。昨年度のワーストランキング全国自治体178、1,680と今カウントしております。その中では15.7というのは、今全国の自治体で公債実質比率15.7というのは、12自治体あるんですね。0.5ポイント下げたんですけれども、全国の自治体も努力して下げているから、ことしは逆に上に行っちゃったですね、悪いほうへと近づいてしまったという経緯もあるんです。

 しかしながら、私はそれだけで萎縮することはないと。粛々と今ワクチンだとか、すべて手を打っていらっしゃるんで、やはり緊縮財政をかんがみながら、最低限度の福祉なり何なり学校教育の整備とか、そういう部分では積極的に入野町政においては努力されている、これは評価すべきところだと私は考えております。

 市貝町のある大きい法人も、10月に今月3月の純利益の見通しの上方修正をやっております。当初500億という見通しを立てておりましたが、530億を見込むということで、3月決算においては、そういう見方も出ております。

 あと1つ、先程町長が触れられましたように、水利事業を芳賀台25年に七千数百万がなくなります。やはりある程度大きいものは、その償還が終わる25年、平成25年、ここらあたりからの計画に入るのではないか、大きなスタンスとして考えております。ですから、そこに集約していけばいいのではないかと、このように考えております。

 栃木県では今、野木町というのはたった3%台行っていますから、その次が壬生町というような、その3位が芳賀町、お隣でございますけれども、実質公債費比率においては低うございますけれども、やっぱりその数字は追っていかなければならないが、いささかも住民サービスは怠ってはならないと私は考えております。

 芳賀台で言えば、平成29年には負担しております償還弁済的な部分も、やっぱり七千数百万あります。そういうことで、合わせれば1億5,000万ぐらいのやつが視野に入っているわけです。ですから、中・長期の計画を立てながらやるべきであろうと、このように思っております。また、先程触れました法人のあり方の法人税においては、町長にも個人的に言いましたけれども、いつまでも依存という形じゃなくて、やはり1割なり2割、できれば3分の1ぐらいは、財政通しての基金積み立てに回すべき考え方をいよいよ持っていただきたいなと、そして財政運営をやっていただきたいというのが私の考えであります。

 ただ、私が前から考えておりましたけれども、168本ぐらいの地方債を抱えておりまして、そのころは町民1人当たり46万ぐらいの負担でありましたが、今大体百四十数本に入ってきたと。そして赤羽、また市貝小を含めた学校の償還が数年前に終わった。そして、ここへ来て繰上償還のための、国のほうが、6%以上の利息の高い基準のところは借りかえで結構ですよと、町のほうが数年前に設定してくれて、数本返したということもございます。萎縮することなく、全体のバランスの中で、中・長期的な視点をとらえた戦略的な行政運営を町長には望みまして、私はお答えというよりご提案申し上げて、その部分においても町長の考え方をひとつ述べていただければありがたい、このように思います。



○議長(石川信市君) 

 入野町長。



◎町長(入野正明君) 

 今、高根沢議員から、市貝町の公債費を中心としました、町財政のあり方、事業のあり方についてご質問いただきました。今回、市貝町は、当初予算で14.6ということで1.1ポイント改善したわけで、担当係長の努力、また課長の努力によるものが大きいんですけれども、先程もお話し申し上げましたが、市貝町の場合、元金と利子を今後どのように推移していくかということで、ある程度シミュレーションをしております。大体23年度で55億ぐらいなんですが、先程も議員ご指摘のとおり、25年に芳賀台の大体主なものが償還になりまして、26年から何と元利合わせて40億を切る形になっています。27年からは35億、29年あたり、合併しなければですけれども、合併は視野に入っていますが、29年あたりから30を切るような形で推移しているのが実情でございまして、実質公債費比率の算式を見ますと、基金が分子から引けますので、分子が小さくなれば地方債も少なくして、分子が大きいと実質公債費比率は大きくなっちゃうんですが、割り算しますんで。分子の借金が少なくなって、さらに基金が分子から引ければ、実質公債費比率は著しく低下してしいくわけで、来年、再来年度にはもうワースト1から脱却、来年あたりから脱却の、ある程度の見通しを立てながら財政運営をしていきたいと思うんです。

 そういう中で今議員ご指摘のとおり、市貝町内には雇用している業者があるわけで、やはり自転車操業じゃありませんけれども、きちっと事業を出していかないと雇用の場が失われるということもございまして、できるだけ大きな額じゃなくて、細かく事業を出しながらやっていきたいと思います。その際、今学校の話が出ましたが、学校の修繕がたくさん今回滞っている部分がございます。そういう面を道の駅の建設が終わる来年度から、教育関係、福祉のほうに、あるいは道路の通学路の問題もございますけれども、そういうところに必要なものをどんどん充当していきたいと思っておりまして、潤いのあるまちづくりといいますか、全部1カ所に占めていって、ほかを枯らしていくんじゃなくて、反対に大きなものを全部とめて、地域の全域に広がるような格好で事業を展開していきながら、細かな事業を展開していきながら、潤いのあるまちづくり、心だけじゃなくてそういう雇用の面でも、潤いのあるまちづくりを心がけてやっていきたいと思っております。



○議長(石川信市君) 

 ここで暫時休憩いたします。

 再開は11時20分とします。

                        (午前11時04分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(石川信市君) 

 再開いたします。

                        (午前11時19分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(石川信市君) 

 1番、山川英男君。



◆1番(山川英男君) 

 1番、山川です。

 ページ58ページ、7款1項2目19節になりますか、今度新たに商品券の窓口が商工会に移動して行うことになりますが、これに対して、恐らくこれが実行されますと、町民の方々に、どうして今度商工会でやるのということを聞かれると思うんですね。ですから、それに対するきちっとした説明ができるように、その目的、そういうものをお伺いいたします。

 そして、これ390万になっておりますが、この内訳等もお伺いいたします。

 あと、84ページ、10款5項2目13節になります「委託料」、この中で総合公園管理委託料、また北運動場管理委託料がありますが、年間このぐらいの金額で維持管理ができているということは非常にいいかなと思うんですが、それでは総合運動公園等を初めとするその利用頻度、どのくらい利用されているか、また今後課題は何なのか、それをあわせて伺います。

 もう一つ、85ページ、次のページですね、11款の13節に「災害復旧」がありますが、これは恐らく小峰地内の山の地すべり等だと思うんですが、これも長く計上されていて委託がされておりますが、今の現状どのようになっているか、これを説明を求めます。お願いいたします。



○議長(石川信市君) 

 神野農林商工課長。



◎農林商工課長(神野正明君) 

 それでは、商品券の補助金につきましてご説明をいたします。

 商品券につきましては、平成14年から町のほうの事業ということで、これはメリットとして、町が商品券を行うことのメリットということで、町でほかではやっていない町独自の商工振興対策として、対外的にアピールできるというようなことから始まったものでございます。

 そういったことに対して、今度商品券を商工会でやったらどうかというような話し合いを従来から持たせていただきまして、そのメリットということでございますけれども、商工会の創意工夫ですね、独自の販売戦略、そういったことができるんじゃないかと。

 例えば極端な話でございますけれども、お店で商品券を発売できる、そしてそこで使えると、すぐに使えるというような特殊な理由がありますけれども、そういった利便性、それとか事業の明確化が図れると。また、みずから事業を実施することで、事業者に対する責任感とかやる気ですね、それも喚起できるんじゃないかと。また、商工会独自にプレミアを上乗せできるんじゃないか、そして、より利用価値を高めることもできるんじゃないか。また、中小小売店の活性化のための商品券でございますので、各商店の取り組みが活性化できるんじゃないかと。それとあと、イベントに景品とか商品、そういったものとして利用もできるんではないでしょうかというようなもろもろの検討をしまして、商工会のほうでやっていただくということでなったわけでございます。内容につきましては、額面販売金額3,000万です。それの10%とプラス事務費を90万、これを補助するということで考えております。

 よろしくお願いいたします。



○議長(石川信市君) 

 桧山生涯学習課長。



◎生涯学習課長(桧山義信君) 

 それでは、ただいまのご質問に対してご説明申し上げます。

 北部運動場、それと城見ケ丘運動公園の管理経費につきましては、予算に計上した範囲の中で、今までもその範囲の中で管理ができておりまして、新年度においても、その予算の中でやっていけるものと思っております。ただ、本年度については夏の猛暑がございまして、城見ケ丘運動公園について、平年より若干余計にかかっている部分があるんではないかということでございますけれども、そういう特別な事情がなければ、その中でできるものと思ってございます。

 それとあと、年間の利用状況ということなんですけれども、北部運動場につきましては、これは平成21年度の決算のほうの執行状況報告書にも載っておるんですけれども、年間で169件、3,088名の方の利用ということでございます。内容につきましては、サッカー、野球、ソフトボールのそれぞれの練習や試合というものが主になっているところでございます。

 それと城見ケ丘運動公園につきましては、平成21年度の実績で620件、1万6,998人の利用でございます。これにつきましては、サッカー場については各種大会、小学校・中学校あたりの各種大会が主なものとなってございますけれども、本年度につきましては、J2に登録してあります栃木SCが練習会場で使っているということで、大変管理が行き届いているというふうな評価をいただいているところでございます。

 そのほか、グラウンドの周りにターゲットバードグラウンドゴルフ場がございまして、そちらのほうの利用が大変多いということでございます。特に今年度につきましては、11月にターゲットバードゴルフの関東甲信越大会が開かれた。また、新年度におきましては全国スポーツレクリエーション大会のターゲットバードゴルフ場の会場になっているということでございまして、関東地方各都県からの利用者も相当多いということで、スポーツに対する関心が、今後深まるんではいかというふうに感じてございます。

 なお、その大会が終わった後も、ターゲットバードゴルフの全国大会が2回ほど予定されているということでございますので、そういう機会をとらえて、スポーツの振興に努めてまいりたいと思っております。

 以上です。



○議長(石川信市君) 

 簗建設課長。



◎建設課長(簗喜一君) 

 11款2項1目の13節の「委託料」で、地すべり・地下水等の観測業務委託という件でございますけれども、これは完了しまして、22年度に予算をいただきまして観測をしました。水位計とか、そういうことでの観測というふうなことでございますけれども、実質の数値的なもの、基準が一応目標安全基準というのがありまして、1.12というような数字が、それ以上クリアできればということなんですけれども、22年度につきましては1.114、わずかなんですけれども、数字が上がっていないというふうなことで、継続して観測したのが安全だろうというようなご指導もありましたので、入梅時期ですね、6月ごろから約5カ月間、22年と同じような内容で、また継続して観測をしていったほうが安全だろうというふうなことでございましたので、どのような状況かというか、あくまでも数字でしかわかりませんので、そういうことでもう1年継続というふうなことで、今回の予算計上ということでお願いしたわけでございます。よろしくお願いしたいと思います。



○議長(石川信市君) 

 ほかに質疑ございませんか。

 2番、小泉栄一君。



◆2番(小泉栄一君) 

 2番、小泉です。

 ページ数が65ページです。8款4項2目の「公園費」、13節の「委託料」335万7,000円、「公園管理委託料」とありますけれども、この辺の部分的にどことどこというような話ではないんですけれども、一応この辺の詳細な説明を求めます。

 それと66ページ、これは8款5項の13節の「委託料」、これは多分町営住宅、小貝、赤羽も含まれているんでしょうけれども、委託料ほかずっと雑排水処理維持管理委託料とか、この辺の説明をいまひとつお願いします。

 14節の敷地の「賃借料」268万円、これに関しても詳細、15節の400万円の「工事請負費」に関しましてどのような工事をするのか、その辺の説明もいただければと思います。よろしくお願いします。



○議長(石川信市君) 

 簗建設課長。



◎建設課長(簗喜一君) 

 ただいまのご質問の中で、順を追って説明したいと思います。

 まず、65ページの「公園管理費」ですか、これの13節の内訳ですね、内容でよろしいんですか。これにつきましては、主立ったものは役場の敷地内にありますさわやか広場の管理、また赤羽公園ということで、工業団地のところにありますシーアイ化成の南側の公園、あと花王さんの赤羽西公園ということの公園の管理ということで、主なものといたしましては遊具ですね、また樹木、草刈りやトイレの清掃など、合わせまして8件分というようなことで予算を計上してございます。

 次は、住宅のほうの管理というか委託費から申し上げますけれども、まず小貝南雑排水処理施設維持管理ということで、年4回ほど保守点検管理、また浄化槽の清掃などもお願いしている小貝南団地の1件ですね。あとは、遊具施設関係で赤羽団地の2カ所、小貝南団地の1カ所ということで、年に1回点検を行っていただいております。

 あと、そのほかにこれは入退去に伴いまして、ない場合には支出ないかと思いますけれども、ふすま等の張りかえ、こういうこともこの委託の中で行っているということでございます。あとは網戸、そういうやつ。

 あと、やはり入居した際に、入居というか退去した場合ですね、なかなか入居がないという場合も、二、三カ月続く場合もあると思いますので、そういうときには部屋をあけ閉めというか、清掃とか何かも必要になってきますので、そういう清掃業務の委託もお願いするということで、この中に含まれてございます。

 次に、14節の「使用料及び賃借料」ですか、前年度より若干単価のほうが上がっておりますけれども、これにつきましては、従来であれば整地分というか現在の建物が建っているところ、これが平成7年から単価的に120円でお願いしていたということで、それ以降というか、ずっと120円で平米当たりはお願いしていました。しかし、やはり今宅地というか建物が建っているところが、土地の評価、地価が上がってきているというようなことで、それもやむを得ないのかなということで、本来であればもっと値上げをさせてあげたほうがいいのかなということもありますけれども、ほかの場所とのバランスもありますので、23年度につきましては、10円だけ上げさせていただいたという経過で、120円が130円になったというようなことで、1万9,417平方メートルですね、10円アップというようなことで若干上がってございます。

 未整地分ということで使われていない場所、これについては従来どおり30円というようなことで借りているということでございます。

 あと、15節の「工事請負」ですか、この内容でございますが、これにつきましては赤羽団地の建物の改修工事というようなことで、これは社会資本整備総合交付金の事業の補助金の一つというようなことで、国のほうで45%支出される予定でございますけれども、この交付金に基づきまして、大変なテラス部分ですね、サゲの部分が傷んできているというふうなことがございますので、年次計画の中で、23年から実施していきたいというふうなことで県のほうに申請をしているところでございまして、その交付金がいただける、補助金がいただけるというふうなことでございますので、当初4棟ですね、16世帯、現在60世帯ありますので、26年までには完了するかなというような予定で、テラス部分の改修を行いたいということで計上しているものでございます。

 以上です。よろしくお願いします。



○議長(石川信市君) 

 2番、小泉栄一君。



◆2番(小泉栄一君) 

 2番、小泉です。

 私が今、この公園の委託料の質問をしたのは、さわやか広場等々は非常に利用頻度が高いと思うんですけれども、赤羽の2つあるんですけれども、この辺の使用頻度が非常にないんじゃないかな、もうゼロに等しいのかなというような感じがしているんですね。そうしますと、例えばトイレなんかも昔のぽっとん便所だと思うんですね。だからニーズにもあるように、赤羽地区には非常に公園があるんですけれども、今見ると利用頻度がゼロに近いのかなというような感じがあるもんですから、何か1つ手だてがあればなと私も思っているんですけれども、これはもちろん樹木の伐採とか、そういう費用も当然かかることですけれども、屋外トイレ等においても、ある意味で改修したらどうかなというような考えも私は持っております。

 あと、小貝の町営住宅ですか、これは多分水洗化にはまだなっていないわけですよね。当然、公共下水も区域外になってしまったもんですから、やはり使い勝手よくしますように、あの集中の合併浄化槽を設置するような方向性を見出してやって、もちろん今住んでいる町営住宅の住民の環境的なことを考えてやって、ひとつ整備もしてはどうかなというような考えがあったもんですから質問しました。よろしくお願いします。



○議長(石川信市君) 

 簗建設課長。



◎建設課長(簗喜一君) 

 赤羽の公園の利用等につきましても、ことしきめ細かな補正予算で対応しました赤羽公園という最初にできたほうの公園、これにつきましては木の伐採でまず環境をよくしたと。確かに、いろんな議員さんのほうからも指摘というか質問等もありまして、今年度で立ち木の暗がりの解消をし、ただいま作業を進めて、間もなく終わろうかと思います。

 あと、西公園のほうのトイレについても、やはり簡易のトイレというふうなことでございますので、遊具等についてはそれなりにあるかと思うんですけれども、その辺のところもこれから改善すべきか、または公共下水等も上赤羽地区が行けば、またそのとき検討されるのかなというようなことでございますので、これは検討させていただきたいということでお願いしたいと思います。



○議長(石川信市君) 

 入野町長。



◎町長(入野正明君) 

 公園がありまして利用頻度が少ないというのは、やはり今の形状を見ますと、こんもりとした暗がりになっていまして防犯上も悪いし、また花王株式会社の固有名詞出して申しわけありませんが、近隣の企業からも駐車場の周辺が薄暗いということでお話がございまして、今回樹木伐採させていただきました。やはり小さいお子さんがいらっしゃれば、トイレ等の利用も頻繁になるかと思いますので、南団地が今簡易水洗ですが、合併浄化槽ということも考えられますから、できるだけ利用者につきましてトイレを改修する方向で、財政の状況を照らし合わせながら検討していきたいと思います。



○議長(石川信市君) 

 よろしいですか。

 ほかに質疑ございませんか。

 10番、柳昭示君。



◆10番(柳昭示君) 

 ないと終わりになっちゃうから、最後に1つだけ聞いておきます。

 ページで56ページ、「農業費」、7目の「地域振興施設整備事業費」ということで、ここの報酬として2万8,000円、まちづくり交付金評価委員報酬というのがある。この評価委員という者の職務内容、どういうことをやる人なのか。それと、その人の身分の位置づけなんですが、これが非常勤の特別職という扱いなのかどうか。

 それから、15節の「工事請負費」1億8,259万、多分これ道の駅だとは思うんですけれども、工事の内容についてお尋ねしたいと思います。金額はいいからね、その内訳は。事業の内容。



○議長(石川信市君) 

 神野農林商工課長。



◎農林商工課長(神野正明君) 

 それでは、順を追ってお答えいたします。

 まず報酬ですね、1節の「委員報酬」でございます。これにつきましては実は、この道の駅の事業がまちづくり交付金を使って実施してございます。このまちづくり交付金の要件といいますか、これにつきましては事後評価をしなきゃならないという決まりがございます。そういった形で事後評価をやる、その委員でございます。この委員につきましては、学識経験として大学の教授程度の知識を有する方という方を入れてくださいということで、全員で大体4名を予定してございます。当然議会のほうの議員さんも入ってもらいますけれども、そういった方を交えまして4名で考えてございます。

 それに、15節の工事請負費でございます。工事請負費につきましては、まず建物の周辺整備工事がございます。イベント広場側として4,770平米、建物側として5,905平米の周辺整備の工事費、それに緑地整備工事、緑地帯の部分ですね、それについてアスファルト舗装や、あと中低木を植栽する、そういった緑地整備です、これが1万4,675平米ほどございます。

 それに町おこしセンター、これは一般質問でありましたように、商工業者のほうの建物という形で考えておりますが、町おこしセンターの建築費1棟、面積にしまして194.4平米を考えてございます。

 それと、目玉になります農産物直売所については、340.2平米を考えてございます。それに、ふれあいスペース、これを整備しようということで考えてございます。面積が412平米でございます。これらが工事請負の中身でございます。

 以上でございます。



○議長(石川信市君) 

 10番、柳昭示君。



◆10番(柳昭示君) 

 今聞いたところで、まだちょっと答えがわからないのがあるんだよね。学識経験者4名でやると。これは、委員会という組織をつくってやるとすれば、委員長がいたり、その代行者、副委員長とかあるわけだよな。そういう人がいるとすれば、その報酬の額が違うでしょう、恐らく、役職によって。それはどんなふうになっているの。だから、その人らの身分はどうなんですかと私聞いたのは、それらについての説明はなかったんだよな。



○議長(石川信市君) 

 神野農林商工課長。



◎農林商工課長(神野正明君) 

 大変失礼しました。一応、委員長を1名、5,000円の報酬を考えてございます。それに委員として有償委員ですね、お金を出して呼ぶ委員として2名で、4,500円を考えております。

 あと、無償といいますか、報酬を出せない方が1名を考えてございます。それが議会代表と、出せないというか、その役職でお願いしたいというふうに考えている方が1名ということでございます。

 以上でございます。



○議長(石川信市君) 

 10番、柳昭示君。



◆10番(柳昭示君) 

 私聞いているのと違うんだよ。それもいいんだけれども、これは非常勤の特別職にするんですかっておれ聞いているんですけれども、それの返答がないんだよな。そうなのけって。



○議長(石川信市君) 

 神野農林商工課長。



◎農林商工課長(神野正明君) 

 すみません、非常勤の特別職には該当しないといいますか、考えてございません。



○議長(石川信市君) 

 今3回目になりますが、答弁が得られなかったので。10番、柳昭示君。



◆10番(柳昭示君) 

 さっきのは私の質問に答えてないから、おれ聞いてるんだからね。それは、私の質問に答えたほかに聞いているならいいんだけれども、答えていないから、おれは聞いているの。今の答えでは、非常勤の特別職に入らないよって言った。じゃ、どういう形でこの人を置くんですか。報酬を払うんだから、それなりの位置づけがなくちゃならないわけですよ、この人らに対して。ましてや学識経験者で大学の教授とかって、1,000人のまちづくりの問題じゃないけれども、そういう人は最初に置いたやつは、これは無報酬でやるんだよっていう町長の考え方でやった。今度の場合は、これは報酬を払うんだよ。だから、町としてはどういう身分に位置づけするんですかって。それをはっきりしてもらわないと、これ問題があるんですよ、実際は。それをはっきりしてもらいたい。



○議長(石川信市君) 

 神野農林商工課長。



◎農林商工課長(神野正明君) 

 このまちづくり事業につきましては、先程も申し上げましたように、その事後評価というものをしなければならないというような形で示されております。そういうことなので、評価委員を選任して評価していただくというふうに考えておりますので、今後検討してまいりたいと思います。



○議長(石川信市君) 

 ここで暫時休憩いたします。

 再開は午後1時とします。

                        (午前11時55分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(石川信市君) 

 再開いたします。

                         (午後1時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(石川信市君) 

 引き続き、質疑を行います。

 答弁を求めます。

 神野農林商工課長。



◎農林商工課長(神野正明君) 

 最初に、訂正をさせていただくことをお許しいただきたいと思います。

 私、先程、非常勤の特別職じゃないというふうに言いましたけれども、この件につきましては、非常勤の特別職という位置づけで委員をお願いしたいというふうに考えております。

 というのは、今回まちづくり交付金につきましては、先程言いましたように事後評価ということで評価をいたします。審議会での諮問の答申という形を行っていただくということを考えております。そういうことで、非常勤職員の特別職ということで、報酬等につきましては、市貝町特別職職員の非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一番はみ出しの部分ですね、下にありますこの表に定めない云々ありまして、この他関係委員及びこれらに属するものの報酬は、日額1万1,000円以内において、それぞれ町長が定める額とするということを準用しまして、5,000円なりの報酬を考えているということであります。これは他町の状況を調査しまして、そういう形で考えたものでございます。

 以上でございます。



○議長(石川信市君) 

 神野農林商工課長。



◎農林商工課長(神野正明君) 

 表の一番最後の部分にございます。



○議長(石川信市君) 

 10番、柳昭示君。



◆10番(柳昭示君) 

 条例の分厚いで一番最後にあるが、これはこれからもですよ、こういう新しくできたものについて、すべてこの項を準用してやるということになりますと、これは乱用する形になりますからね、実際。これは本来は条例で、例えば委員長は日額幾ら、副がいるんだとしたら副幾らと、そういうふうに決めるべきことであって、これらの定めのないもの云々ということは、これらの特別な事情のときに許されるんであって、これが1年こっきりの話だと言うならそれでもいいでしょう。これが続くとすれば、これはそれなりの手順を踏んでやるべきである。じゃ、これからやるとき、全部それをこの項をつくってやればいいんだと。嘱託員だってそうでしょう、私聞かなかったが、総務のやつだって地域安全云々というのは、あれは嘱託でしょう、恐らく。だと思っているんだよ、おれ。それだって月額が幾らだ、20万円以内。恐らくこれを使うんでしょうよ、多分。だから、それをむやみに乱用する形になっちゃうんだよ、どうしたって、やるやつは。そうじゃなくて、本来はきちっと条例で定めるべきなの。だから、私は、今回これでやるんだよと言われればそれまでだけれども、これからは、そういうことをやるときには十分に留意して、きちんと条例とその方針がぴったり合うような形でやってくれなくちゃ困る。これは注文つけておきますよ、私は本当に。これみんなそうですから、そんなになっちゃうから。



○議長(石川信市君) 

 ただいまのは要望、強く要望するということでね。執行部も重く受けとめて、今後対応していただきたいと思います。

 ほかに質疑ございませんか。

 5番、高徳義男君。



◆5番(高徳義男君) 

 5番、高徳です。

 ページでは、48ページになります。

 4款1項4目13節の「委託料」の件でお伺いしたいと思いますが、ごみの投棄はいろいろ社会問題になって、非常な迷惑をこうむっている、かけているような状況でございます。

 不法投棄防止看板設置点検及び散乱ごみ清掃作業委託料、これ60万計上してあるわけなんですが、本町には廃棄物監視員さん2名、随分お骨折りしておられるようですけれども、こういう委託料と監視員さんのかかわり方、まずお伺いしたいと思います。



○議長(石川信市君) 

 山内町民福祉課長。



◎町民福祉課長(山内好幸君) 

 ただいまのご質問についてお答え申し上げます。

 4款1項4目の13節の関係なんですけれども、不法投棄防止の看板設置とその点検及び散乱ごみの清掃作業委託ですね、それと廃棄物監視員、市貝町には現在2名おいでになりますけれども、このかかわりは、この部分ではございません。13節の委託料に関しましては、まず不法投棄防止の看板、それと散乱ごみの清掃ですね、これは例年ですとシルバー人材センターのほうに業務委託をしておりまして、ほぼ年間を通して町内全域にわたりまして、沿道沿いに散乱されたごみなど収集し、あるいは場合によっては、粗大ごみとか廃棄された家電製品などもあるわけなんですが、こういうものも清掃作業の一環として行ってもらっているものでございます。主に6月から2月ぐらいまでの期間は、重点を置いて、このとき清掃をしていただいてもらっています。

 それと、4款1項4目の1節に廃棄物監視員の報酬がございます。先程も申し上げましたが、廃棄物監視員は現在2名おりまして、この2名で、うち1名が主に北部地区を、そしてもう1名が、市貝町の中南部地区を主に監視を行ってもらっています。

 また、監視と同時にこの方たちには月に、これは内規でありますけれども、10日間以上、やはり年中監視業務として町内を監視してもらっているわけですから、ごみの散乱場所等なんかもよく把握しておりまして、そういう部分で散乱されたごみ、不法投棄されたごみがあれば、それを回収もしてもらっています。ある程度回収したごみは、廃棄物監視員の手によりまして中部環境衛生事務組合ですね、こちらのほうに運搬もお願いしているというような状況でありまして、廃棄物監視員には月6万円、1カ月6万円、年間72万円、この金額をお2人に合わせて年間144万円お支払いして、そういう不法投棄防止にいろいろと活動してもらっているという状況でございます。

 以上でございます。



○議長(石川信市君) 

 ほかに質疑ございませんか。

 6番、和久和夫君。



◆6番(和久和夫君) 

 農業関係のほうでちょっと伺っておきたいんですが、ページ51、6款1項1目の農業委員会の経費の中で、19節の「負担金補助及び交付金」の中の市貝町の農業後継者相談事業、これ60万ほどになっていますけれども、内容と成果がどのくらい上がっているか、改めてひとつ伺っておきたいと思います。

 それと、52ページになりますけれども、イノシシ関係のことなんですね。これは53ページにもわたってなりますけれども、今までイノシシが出なかったところまでイノシシが今出ている。ちょうど私のブドウ園にまで来ているというふうな状態なんですね。「減った減った」と言われていても、実際問題として本当に減っているのか。

 それから、この間イノシシをそういったことで、本当に本気になって取り組んでいる方々、この方々と会っていろいろ話し聞いたんですね。たまたま彼らはビデオで撮影していまして、詳しくいわゆるしとめる場所、やり方を見せてもらいました。まず、やりで突いて、そしてしとめて、できるだけ傷をつけないで頸動脈を切ってやるということで、やりが曲がってしまうぐらいのやつなんですね。60キロを超えると、まともに人間ぶつかりますと人間のほうがやられてしまうくらいのことなんで、彼らもかなり本気になって取り組んでいるのを見て、なるほどさすがなれているだけあって大したもんだなと思って、ある意味では関心したんですが、そういった点でいろいろ苦労してやっているということもあります。

 それで、イノシシ指導者礼が1万と、それからイノシシ駆除関係の報酬費が15万と、ちょっと少ないかなという気がするんですね。それと、53ページには、19節「負担金補助及び交付金」の中のイノシシ被害防止対策補助金が20万かかりますよね。これで北部地区の、ほとんど北部だと思うんですが、足りるんですかね、これ。どう見ても、それでなくても農業が後継者不足、それからお年寄りが中心になってやっているような状態で、これ以上いじめられていると、もういいかげんはっきり言ってやらないよという形の問題も起こってくるもんですから、この点どういうものか、ちょっとお尋ねしておきたいと思います。

 それと、あと1つ、カラスとカモの問題なんですね。これ一番の問題は、田植えが終わって、その後でえらい目に遭うもんですから、皆さんそれで特にカモ、それからカラスはとにかくどうしようもないということで、皆さんいろいろ対策していると思うんですが、結局費用からすると12万円ぐらいしかないわけですよね。だから、そういった点で、これをもう少し効率を上げるような方法を含めて、ちょっとその点についてお尋ねをしておきたい。

 それともう1点、ページ53、19節の同じく「負担金補助及び交付金」の中の「パイプハウス設置補助金」というのが148万ありますね。これは道の駅関係でこういったものをふやしたのかなという感じもするんですが、道の駅を盛り立てていく場合に、この程度の関係で本当に役立つのかどうか。

 もう一つ、有機堆肥購入補助金というのが12万5,000円ありますよね。12万5,000円の助成金なんていうのを実際使おうと思ったら、これ個人1人や2人の、本気になってやろうと思ったら額なんですね。残渣をドンカメへ頼んでとかいろんな話も聞いていますけれども、何かやることがちょっと小さ過ぎるんじゃないかと。本当の意味の効果が、名前だけで出てこないんじゃないかなという気もするもんですから、その点を含めて考えをお尋ねしたいと思います。



○議長(石川信市君) 

 神野農林商工課長。



◎農林商工課長(神野正明君) 

 それでは、数点質問がございましたので、順を追いまして説明をさせていただきます。

 まず、51ページの農業委員会の後継者結婚相談員の連絡協議会の補助金でございます。これにつきましては前年度80万で、今回20万減をしまして60万円という形でございますが、内容につきましては、結婚相談員20名ほどお願いしてございまして、その方に当然パートナーを探していただく、その一助としていろいろ努力をしていただいているところでございます。

 内容としましては、結婚相談員間の情報交換会、これを年6回ほど実施してございます。それに芳賀郡内の広域的な、広域的と言いますか郡内の情報交換会を年1回。それと、これは広域的になりますが、県の東部地区ですね、市貝、茂木、那須烏山、那珂川町、そういったところの結婚相談員さんと情報交換会を年1回。それに、ふれあいパーティーということで、当事者同士がパーティーに参加していただくということを年に2回程度実施してございます。また、自主的な相談活動こういったものもやっていただいております。

 実績等について、なかなかその成果が上がらないというようなご指摘でございますが、数字的には確かに少のうございます。平成21年度、一昨年度ですね、21年度の実績で1件というのが実態でございます。今年度につきましては、まだちょっと話は聞いてございませんが、なかなか厳しい状況であるということであります。今後は、これらにつきましてどのような事業が一番いいのか、内容精査をしまして実施していきたいというふうに考えております。

 続きまして、イノシシのことでご質問いただきました。

 これは、イノシシにつきましては19年度から駆除をお願いしておりまして、19年度には16頭、20年度には33頭、21年度には10頭ほど駆除をしてございます。これは猟友会のほうにお願いをしているものでございます。

 そういうことで、数が減少しているか増加しているかということでございますが、いろいろ聞きますと、それほど増加はしていないんじゃないかと。減少はいかにしても増加はしていないんじゃないかというような話も聞かれるところでございますが、一方、道路等に出てくるというような現状がございます。

 以前は、農地を荒らすというような話がかなりありましたけれども、被害そのものは、調査しますと、農作物の被害等は減少しているように思いますが、ただ、道路とかそういうところに出てくると。車との衝突そういったものがありますというような報告は受けてございます。今後そういうことをかんがみまして、これはどっちにしても猟友会、それらを取り巻く人々のご協力がなければなかなかできませんので、それらも踏まえまして考えていただきたいというふうに思っております。

 それに、カラス、カモの駆除でございます。カラス、カモの駆除につきましては、猟友会にこれもお願いせざるを得ない状況でございます。この猟友会につきましては市貝と茂木で、茂木地区の猟友会というのがございまして、ここでやはり茂木の部分もありますし、市貝の部分もあるということで、その中での対策といいますか駆除をお願いしているところでございます。

 通常、5月下旬の3日間をお願いをずっとしていますので、ことしも5月の中・下旬あたりに、田植えが終わらないとなかなかできないものですから、田植えが終わって一段落したあたりに、カラス、カモの駆除を3日程度猟友会にお願いしたいというふうに考えてございます。

 それに、パイプハウスのご質問をいただきました。当然、パイプハウスそのもので、これだけのやつで道の駅を網羅するのは難しいんじゃないかというようなご指摘でございます。金額的には、金額的といいますか、全部で10棟のパイプハウスの整備をしていただこうというのが、今回当初で上げた分でございます。

 これにつきましては、500平米を上限面積としまして3分の1を補助したいなというふうに考えてございます。ただ、これはあくまでも当初予算でございまして、こういうことで皆様方からの要望がございまして、もっと補助してくれという形になれば、これは補正予算という形で対応できるのかなというふうに考えてございます。

 最後に、有機堆肥購入補助金についてもご質問いただきました。これはかなり少ないんじゃないかという話でございますが、ことしが最初の出だしでございますので、先行きがちょっと見えない部分もありましたので、どのぐらいできるのかなというような形で検討しましたけれども、とりあえず100トンを1番の基準として計上させていただきました。これにつきましては、2,500円という単価で今示されていると思います。1トン当たり2,500円で示されておりますので、これの2分の1を補助したいというふうに考えております。

 決して、これでたくさんなわけではないのは承知でございますけれども、そういうことでことし初めてでございますので、今後動向を見ながら、またどうしてももっとというご要望が強いとなれば、これも補正とか、そういう形でできればと考えております。

 以上でございます。



○議長(石川信市君) 

 6番、和久和夫君。



◆6番(和久和夫君) 

 やってくださることは、非常にいいことなんで結構なんですけれども、どう見ても量的にも額的にも足らない計算になるかなと思うんで、そこらのところはしっかりやっていただきたいと思います。

 それと、5月下旬で3日間予定しているということなんですが、実際問題として田植えはもっと前に終わっているんですよね。一部おくれるところがあるかもしれませんけれども、そうすると苗が活着してからでは、カモとっても意味がないんです。植えてすぐやられるから、ひどいときになると、本当によくやってくれたというほどひどくなって、植え直すという状態にまでなるわけですよ。ですから、皆さん、これ時期とあるよということなんで、仮に何町歩に分けてもいいですけれども、そういった点をちゃんと一番効果のあるときをねらってやってもらわないと、これ「やったやった」と言っても、実際に効果がなくちゃ全く意味がないんで、その点だけよくお願いしておきたいと思います。

 それと、カラスとカモとなると、皆さんほとんどカラス撃たないですよね、カモのほうがいいということで。ですから、そういった点でもよく配慮して、実際役に立つという形でこれはやっていただきたいんです。

 それと、イノシシは特に北部が大変な思いしていますんで、やる時期、もちろんいろいろ申請あれば、今、町長の判断で当然できるようになっていますから、そこらのところ要請があったらばきちんと対応して、できるだけそういった要望にこたえるという形にやっていただきたいと思うんですが、いかがですか。



○議長(石川信市君) 

 神野農林商工課長。



◎農林商工課長(神野正明君) 

 大変ご指摘ありがとうございました。そういうことを念頭に置きまして今後実施したいと思います。ありがとうございました。



○議長(石川信市君) 

 ほかに質疑ございませんか。

 9番、高木研一君。



◆9番(高木研一君) 

 1点だけお願いをいたします。

 65ページ、8款4項1目「負担金補助及び交付金」、「まちづくり情報共有協議会会費」、「市貝町木造住宅耐震診断補助金」、「市貝町木造住宅耐震改修補助金」、これを3点ほど、どういうあれで、ことしは何件あったのか等、そういう説明をひとつお願いいたします。



○議長(石川信市君) 

 簗建設課長。



◎建設課長(簗喜一君) 

 ただいまのご質問でございますけれども、この市貝町木造住宅診断助成事業というのは、昨年度から実施されている事業でございます。まず1点目は耐震診断、あとは補強計画策定とか、そういうものをつくりますと約10万ほどの補助が出るというふうなことでございます、セットでね。それで、今年度については3件分を計上してございます。

 あと1点は、市貝町木造住宅耐震改修補助というふうな、事業のほうの今度は補助になりますけれども、先程の耐震診断の結果によって、私は改修したいというふうなことであればそれなりの補助が出るということで、60万限度の補助があるというふうなことでございますので、これは限度額ね。ですから限度で120万以上を超えた場合に60万というふうなことでございますけれども、今年度については1戸分計上してございます。

 22年までは、実績が1件ですね、耐震診断1戸があったということでございますけれども、やはりこれは県のほうでも、この事業を進められておるものですから予算を計上しているということでございます。昨年度までで1件と、これは耐震診断ですか、補強ね、その程度の、補強まではいっていなかったということでございます。

 以上です。

 失礼しました、あと1点ですね。まちづくり情報交換交流会費ということでございますけれども、これにつきましては国のほうの補助ですね。まちづくり交付金というふうな事業がありますので、そういう補助をいただくための交換というか意見交換というふうな、県レベル、全国レベルでのそういう会があります。その会に入っていると、それに対しての会費を支払っているというふうなものでございます。



○議長(石川信市君) 

 ほかに質疑ございませんか。

 7番、飯田資雄君。



◆7番(飯田資雄君) 

 7番、飯田資雄。

 1ページの一般会計予算なんですが、入野町長は、今年度で2回目の予算編成でかなりなれてきたんだと思いますけれども、町長がいつも申しております福祉と教育ですか、それらを加味してかなり市貝町をよくしていくということでございますけれども、この予算の内容を見ますと、44億4,000万円のうち大体1億5,100万ぐらいは、3.2%ぐらいの増でございますが、実は道の駅建設が主なものでございます。そして、減となる主なものは教育関係の4,892万8,000円ぐらいということが災害とかそういったもので、福祉についてはかなり増額になっております。こういうあれで、これから市貝町を担う子供たちの教育が十分なのかどうかお尋ね申し上げます。

 続きまして、私は歳入について最初お伺いします。

 10ページの町税なんですが、町民税関係、個人町民税関係、所得割が昨年は4億8,000万ぐらいの見込みでありますが、ことしは4億2,900万ということで減額になっています。これは、確かに今の不況の長引く中でそういったものがあると思うんですが、これらの積算基礎的なものをお伺いいたします。

 それと、2節の滞納処分なんですが、690万ということで昨年よりはふえておりますけれども、やはり決算などを見ると、前年度では1億というようなことでかなりふえております。そういう中で徴収が、予算計上が少ないんじゃないかと思うんですが、実際、滞納処分、滞納繰り越し関係はどのくらいあるのかお伺い申し上げます。

 12ページの一番最後なんですが、10款の「地方交付税」ですか、今年度は5億1,000万ということで、3,000万ほど昨年より予算額には増額になっていますが、先日の補正6号によりますと3億2,300万円ほど出して、地方交付税が8億300万ほどになっております。こういうことからすると、もう少し予算計上にこの辺を使ってすれば、楽な予算編成ができたのではないかと。余りかたい見積もりになると大変だと思うんですが、これらの対象事業が、ことしはそれほど伸びないのかどうかお尋ね申し上げます。

 13ページの分担金の中で、分担金及び負担金ですか、1目の「民生費負担金」なんですが、保育所運営扶養者負担金滞納分として1,000円上がっておりますが、とにかく科目設置みたいな感じですけれども、実際の滞納は、その内容等についてお伺い申し上げます。

 16ページ、14款の「国庫支出金」の中の2項3目「農林水産業費」の中に「農山漁村活性化プロジェクト支援交付金」というものが、新たにことし設けられましたけれども、この事業の内容等についてお伺い申し上げます。

 18ページの県支出金の県補助金なんですが、3目の「衛生費県補助金」の中の「子宮頸がん等ワクチンの接種緊急促進事業費補助金」なんですが、これら中学生を実施対象とするというわけですが、この方法についてお伺いします。これは強制的なのか、希望によってやるのかどうかお伺い申し上げます。

 21款の18の「繰入金」なんですが、これは総額では増額7,884万5,000円ということで、前年よりかなり繰り入れておりますけれども、予算編成上かなり厳しいものがあったと思うんですけれども、やはりこれらを取り崩さなければならなかった、その要因についてお尋ね申し上げます。



○議長(石川信市君) 

 入野町長。



◎町長(入野正明君) 

 まず、私のほうから、全体的な新年度の予算の支出についての説明をさせていただきます。飯田議員が分析されたように、平成23年度の予算の支出割合を見ますと、農林水産業費が14.2%です。衛生費も10.6%増になっている中で、教育費は、対前年比90.2%ですから9.8ポイントほど低くなってきたわけです。数字的にはそういうことになっておりますけれども、やはり飯田議員も質問の中でお話になっているとおり、道の駅で2億近いお金が出るというのが、やはり一番の財政の弾力性を失わせる大きな要因になっておりまして、そのような中でも、できるだけ目指すということでやらせていただいていたのは校舎空調設備で設計業務で250万、これが次年度以降、国の補助もいただければいただいて整備していくとか、あるいは土曜自主学習教室、立志式の記念講演事業、あとは公民館・図書館・歴史民俗資料館の空調設備で一千数百万を上げておりまして、予算がかかるのはやはりハードの整備だと思うんですが、ハードの整備は抑えましたが、その他子供たちの学力や子供たちの学習環境を整えるという点では、ある程度見れたのかなと思っております。道の駅の整備が終わりました次年度からは、先程言いましたように空調設備とか、その他校舎の外壁塗装、また耐震工事も残っておりますので、そちらのほうにシフトしていきたいと思っています。

 以上です。



○議長(石川信市君) 

 永島税務課長。



◎税務課長(永島豊君) 

 それでは、ただいま質問がありました10ページの町税、一番上になりますが、個人町民税ということで質問がありました、現年度分、滞納繰越分ということになります。

 まず、現年度分ですけれども、これにつきましては、やはり今雇用情勢が非常に悪い状況でありまして、自営業の方も収入が少ない、また勤めている方につきましても、給与及びボーナスそういうものがやっぱり減少しているというような、ここ数年の状況でありますので、やはり個人住民税のほうも、当然給与等の収入が年収が少なくなれば、それにつれて納める額も少なくなりますんで、額的にどちらも合わせても5,000万近くの減収にはなるんではないかということで見込んでおります。

 これについては、他の市町村も、大体減額ということで23年度は見込んでいるようであります。内容的にちょっと申し上げますと、現年度分の中には普通徴収分と言いまして、いわゆる一般の自営業者の方とか農業の方、普通徴収、町から納付書を出して、そして4回に分けて納めてもらうというような方なんですが、その方が一応2,500名ほどおります。この4億4,000万のうち、その方が1億4,400万円が普通徴収分ということで、2,500人の方が納める額です。全体の約32%、大体3分の1を占めております。残りが普通徴収分ということで、これについては勤めている方でありまして、余り大きくない15名とか10名ぐらいの会社、小さな会社の方は特別徴収というのをなかなかやっていただけないんで、そういう方も普通徴収分に入るんですけれども、従業員がそれなりに多い会社ですね、そういう方は特別徴収と言いまして、前年度の収入に基づきまして、それを今で言うと、去年の22年中の収入によりまして、23年度に課税になって、6月から給与から天引きという形で、毎月給与から天引きされてそれを会社のほうで集めまして、町のほうへ振り込んでもらうという方が約3,300人おります。

 それで、特別徴収分については約3億200万、全体の約68%を占めております。特別徴収、普通徴収合わせまして合計5,800人の方が、町民税については均等割以上納めていただくということで、その見込みで合計4億4,600万ということで予算を計上しているところです。

 また、2節の滞納繰越分の690万、これにつきましては前年度の実績、過去の今までの決算等の収入済額によりまして予算を計上しております。21年度で申し上げますと712万ほど滞納繰越分、当然これは前年度から5年さかのぼってといいますか、5年分の滞納分を納めてもらうという方で、21年度は712万、22年度まだ終わっておりませんが、見込みでは約690万ぐらいは収入済みになる予定でありますので、ことし23年度の予算も一応その辺を考慮しまして690万ということで、一応滞納繰越分については予算を計上したということであります。

 以上でございます。



○議長(石川信市君) 

 添田総務企画課長。



◎総務企画課長(添田眞一君) 

 続いて、私のほうからご説明申し上げます。

 地方交付税の計上額をもう少し上げてはどうかというふうなご指摘をいただきました。その件についてご説明申し上げます。

 地方交付税の推移、過去10年の推移をちょっと申し上げますが、10年の間で一番多いときが平成13年の9億7,000万です。一番少ないときでございますが、普通・特別合わせまして4億4,000万でございます。かなりこの幅があります。私どもは現在想定するに、23年度は、もう少し交付税が支払われるんじゃないかというふうな予測のもとに上げさせていただきましたが、確かにご指摘のようにきっちり上げればいいわけですが、歳入欠損になってしまうと財政が破綻してしまう。あくまでも十分確実な線で計上させていただき、当然年度末にははっきりしたところで、実際には積み立てなり利用を考えさせていただきますので、確実な線で計上させていただきました。

 以上でございます。



○議長(石川信市君) 

 山内町民福祉課長。



◎町民福祉課長(山内好幸君) 

 それでは、続きまして、歳入の12款「分担金及び負担金」の中の1項1目「保育所運営費扶養義務者負担金」の中で、滞納繰越分1,000円が科目設置的に計上されております。これにつきましては、現在滞納者1名おります。この1名が、数年前に町内から益子のほうに転出した方でありまして、昨年も戸別訪問を実施しております。今後も納付に向けた働きかけを継続してまいりたいと考えております。

 なお、まだ国のほうでは予算関連法案が通っておりませんけれども、その中の子ども手当の部分だけ、今年度から保育料に充ててもいいというような内容も事前に指示されておりますので、今年度、23年度こういうような事態が発生したら、速やかに保護者と協議の上、そのような形で対応したいと考えております。

 続いて、予算書の18ページです。18ページの15款2項3目「衛生費県補助金」に計上しました子宮頸がん等ワクチン接種緊急促進事業費補助金690万円余りの接種内容でございますけれども、この子宮頸がんワクチンにつきましては、23年度は、市貝町は初年度となるわけなんですが、中学校の1年生から3年生までの女子を対象に考えております。174名の対象者を考えており、接種方法は個別接種を考えております。

 なお、24年度以降につきましては、中学1年生を対象に接種を実施したいという考えで現在進めております。

 以上でございます。



○議長(石川信市君) 

 神野農林商工課長。



◎農林商工課長(神野正明君) 

 それでは、予算書16ページでございます。14款2項3目「農林水産業費国庫補助金」でございますが、この内訳としましては農山漁村活性化プロジェクト支援交付金というものが出ています。これにつきましては、道の駅の農産物直売所340.2平米、先程説明しましたが、この建設にかかわる交付金でございまして、これは農林水産省、農水省のほうからの補助金でございまして、2分の1が交付されるものでございます。

 以上でございます。



○議長(石川信市君) 

 添田総務企画課長。



◎総務企画課長(添田眞一君) 

 それでは、ご質問の一番最後の点ですね、21ページの繰入金の額が、今年度は多いのではないかというふうなことでございます。先程交付税の件で申し上げましたが、やはり補正予算でもお願いしたところでございましたが、要するに余剰金というか交付税なりやったものについては、とりあえず基金に積み立て、そして次年度その基金を取り崩して事業を行っていくということでございます。特に本年度については、それらの事業についての歳入の手当てが若干不足していた関係上、このように基金から繰り入れて歳入等を補てんしたという形になります。

 ですので、やはり先程の地方交付税のことでございますが、十分確実な線を見込み、そして年度末になってそれが入ってくる見通しであれば、今度は基金に積み立てる。そして次年度、また基金からこの財源を捻出するという考えでおりますので、ご理解のほどよろしくお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(石川信市君) 

 ほかに質疑ございませんか。

 7番、飯田資雄君。



◆7番(飯田資雄君) 

 7番、飯田資雄。

 今度、歳出についてお伺い申し上げます。

 30ページの町の町制40周年記念式典の功労者記念品11万1,000円ということですが、これらについての記念品ですが、これら式典についてお伺い申し上げます。どのような内容で実施するのか。また、対象はどのような範囲内で行うのかお伺い申し上げます。

 次のページの31ページですか、総務の2款1項8目の「交通安全対策費」ですが、交通指導員の報酬が今年は6万ほど上がっておるようですが、これは嘱託でやっていると思うんですけれども、これらについては何年かに一度上げるようなことに基づいてのものなのか。

 また、その下の8節の「交通指導員の報酬」については、逆に、昨年は42万ということですが、ことしは29万ということで13万ほど減っておりますが、これらについての減額になった理由についてお伺いします。

 40ページの民生費ですか、3款1項3目「障害者福祉策定委託料」100万円ほど計上しておりますが、これらについてはどのような内容なのかお尋ね申し上げます。全部まとめて委託をしちゃうのかどうか、設計等について、お尋ね申し上げます。

 42ページの一番下のほうなんですが、3款民生費、2項2目の児童措置費の扶助なんですが、子ども手当ですか、ことしはかなり上がっております。零歳から3歳までが7,000円の増ということでございますが、これらの内容等について、積算基礎等についてお尋ね申し上げます。

 それと、43ページの民生費、3款2項4目中段のあれなんですが、「賃金等」で7節の「賃金」、昨年は2,222万8,000円ということですが、ことしは大分上がっております。これらについては何名ぐらいの臨時職員を採用するのか。また、現在の町の職員は何名なのかお尋ね申し上げます。

 46ページの衛生費ですけれども、4款1項1目の19節の一番下に「芳賀赤十字病院の経営支援負担金」、新たに103万8,000円ほど計上されておりますが、これらの内容等について、新しくできた事業のようですけれども、どのような内容なのかお尋ね申し上げます。

 一応そこまでお願いします。



○議長(石川信市君) 

 添田総務企画課長。



◎総務企画課長(添田眞一君) 

 それでは、お尋ねの件について、順を追ってご説明申し上げたいと存じます。

 まず、一番最初の総務費の中での30ページ、諸費でございます。諸費の中の8節「報償費」、この中で自治功労と町制施行40周年式典特別功労の記念品等というふうなことで、どのようなことを予定しているのかということでございますが、1万から1万5,000円内の記念品をまず差し上げる予定でございます。記念式典については前にご了解いただきましたが、11月の町民祭の折に、表彰を一緒に行ってまいりたいというふうに考えているところでございます。大体自治功労の方およそ15名程度、町制施行40周年特別功労の方、およそ40年にあるわけですが、10名程度の方に功労の感謝を申し上げたいというふうに考えているところでございます。

 第2点のところです。交通安全教育指導員の件でございます。交通安全交通指導員については変わりませんが、交通教育指導員について若干変わりました。まず、これは当初この芳賀地区郡内で統一された報酬、そして報償、ボーナスもですね、統一されておりましたが、市貝町の場合にはそのままずっと踏襲してきていましたが、他町の場合かなり変化してきたということで、ほかの町の例と十分整合性を図るために、まず報酬について、この報酬については規定では17万以内というふうになっておりますが、現在そういうことで14万今払っていたわけですが、新年度14万5,000円に引き上げ、そのかわり報償費はこれまで3カ月と、ボーナスは3カ月ということでございましたが、他町は2カ月ということでございましたので、報償のほうについては下げさせていただいたという形でございます。

 これらについて特別職の報酬等の項目もございますが、その範囲内で、17万以内で支払うというふうなことで、若干報酬とボーナス部分を変更させていただいたということでございます。

 以上でございます。



○議長(石川信市君) 

 山内町民福祉課長。



◎町民福祉課長(山内好幸君) 

 それでは、続きまして、歳出の41ページ。3款1項3目の中で「高齢者の総合保健福祉計画策定委託料」100万円を計上させていただきましたが、これは3年に一度見直しをする形として、平成12年からこのような計画をつくっております。内容的には、我が国では高齢化が急速に進展し、高齢者をめぐる状況も大きく変化してきている。こうした将来展望を踏まえて高齢者の自立支援と、そして尊厳の保持、これを基本とした形で制度の持続可能性を高めつつ、介護予防の推進、それと認知症ケアの推進あるいは地域ケアへの展開、こういった課題に取り組んでいくことを求められていることから、この計画の中に盛り込み、高齢社会へ総合的に対応する生活設計の指針と、そして将来展望を明らかにするという目的を持って本計画を策定する形といたしております。

 続きまして、42ページです。3款2項2目「児童措置費」の中に、20節「扶助費」ですね、子ども手当給付が載ってございます。先程も申し上げましたが、子ども手当関連法案、国のほうではまだ通っておりませんけれども、私どもの町の予算編成時点では、先程ゼロから3歳児までは2万円、それ以上については1人1万3,000円という、ご質問の中でお話ありましたけれども、私どもの予算編成時点では、まだそのようなことが明らかになっておりませんでしたので、22年度と同様な形で1人1万3,000円を基本に算定をし、この2億9,640万円を計上したところでございます。

 次に、ページ43ページになります。3款2項4目「保育所費」の中の7節の「賃金」、臨時保育士は何名いるかというご質問なんですけれども、臨時保育士は、市塙保育所が9名、杉山保育所が4名の計13名で対応しております。

 それと、続きまして、4款1項1目「保健衛生総務費」の中に、芳賀日赤病院の病院経営関係の負担金が計上されておりますけれども、これは芳賀日赤病院と関係する1市4町の自治体が、より密接な連携をとるために1市4町を代表して1名、芳賀日赤病院に職員を派遣する形を22年度から行っております。いわば、この派遣した職員の人件費分を各町で負担するということで、ことしからこの負担金を計上させていただきました。

 以上でございます。よろしくお願いします。



○議長(石川信市君) 

 ここで暫時休憩いたします。

 再開は午後2時25分とします。

                         (午後2時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(石川信市君) 

 再開いたします。

                         (午後2時18分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(石川信市君) 

 ほかに質疑ございませんか。

 7番、飯田資雄君。



◆7番(飯田資雄君) 

 7番、飯田資雄。

 68ページ、消防費なんですが、9款「消防費」、1款3目の「消防施設費」の中で消火栓設置費負担金というのが、昨年は60万ぐらい、ことしは110万負担になっておりますが、これらについては設置箇所の増なのかどうかお尋ね申し上げます。

 あと、90ページ、ウの級別職員数なんですが、6級、昨年は1名いたんですが、ことしはゼロということで、職員は給料というものがすごく自分の評価というものがあれなもんですから、今までは、6級は課長職に4年以上ということのようですけれども、入野町長はこの辺のところをもう少し下げて、2年とかその辺にする気はないのかどうか、これから課長職在職というのは、かなり短くなっていったり何かすると思います。そういったところから、この辺の改正をする気はないのかどうか、職員にもう少し優遇措置をしてはどうか。

 次のページの91ページなんですが、これは何ていいますか4級ですか、級別の標準的な職務内容の中で、課長そして課長補佐とか、係長、主幹ということになっているようですけれども、大体他の県とか町村では、主幹というのは課長の次あたりに上がってくるんですが、ここ市貝の場合には、何か主幹というのは、大分係長の下のような感じで設定されておりますが、この辺のところの改正は、する気はないのかどうかお尋ね申し上げます。



○議長(石川信市君) 

 添田総務企画課長。



◎総務企画課長(添田眞一君) 

 それでは、お尋ねの件についてご説明申し上げます。

 まず68ページ、「消防施設費」の中で、19節「負担金補助及び交付金」の中に消火栓の設置負担金がございます。これについては、消火栓のつけかえというふうな形で現在2カ所考えてございます。1カ所55万というふうな形でございますので、これらの1カ所ふえたところで行っております。

 場所的には、いろいろ道路改修等に絡んでということでございますので、刈生田地区と市塙地区1カ所ずつ予定しております。

 それから、90ページ、この1級から6級までが職員一般行政職の中の等級があります。ただいまご指摘のとおり、年数が来ればというふうなことでございますが、23年4月から勤務評価というかその評価によって、優秀な職員であれば、この等級は何年したら上に上がるということではありません。それらの評価があれば、このような順位が変わっていく。これまでは年数ということでありましたが、今後は、そこにこの評価が加味されるということでご理解いただきたいと思います。

 それから、次のページ、91ページの中に一応主幹という項目、それから課長補佐、係長、主幹というふうな項目が4級にあります。実際には、主幹というのは課長同等というふうな言われ方をしておりますが、ここでは役職名というふうな形でご認識いただきたいと思います。課長補佐、係長、そして年数がたって、実際にこの課長補佐、係長にもなっていない職員については主幹というふうな呼び方をさせていただくということです。ですから、主幹だから今度は課長職なんで6級に行くかということになりますと、先程申し上げたとおり、これから職員の人事評価、評価制度がありまして、困難な修復に向かっている職員についてであれば、それから優秀であれば、そのような年数にかかわらず上げていくと。もちろん私は係長になりたくないから下のままでいいよということになれば、幾ら年数が来ても、そのままそこにとどまるという形になろうかと思います。

 一応そういうことで、これまでもいわゆる人事評価を取り入れなさいというふうな指導がありまして、一応23年度から、この総務省の指導に従って町長のほうでぜひということで、22年度は課長職の評価をし、それから23年度からは、全職員の評価をするというふうな形で評価制度を取り入れてやっていきたいと思っておりますので、よろしくお願いします。

 以上でございます。



○議長(石川信市君) 

 ほかに質疑ございませんか。

          (発言する者なし)



○議長(石川信市君) 

 発言がありませんので、以上で質疑を終結いたします。

 ここでお諮りいたします。ただいま議題になっております議案第20号については、各常任委員会に分割付託したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石川信市君) 

 異議なしと認めます。

 したがって、本案は各常任委員会に分割付託することに決定しました。

 なお、付託区分については、お手元に配付しました分割付託区分表のとおりとし、各常任委員会に付託したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石川信市君) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第20号「平成23年度市貝町一般会計予算について」は、分割付託区分表のとおり、各常任委員会に付託することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第21号の質疑、委員会付託



○議長(石川信市君) 

 日程第2、議案第21号「平成23年度市貝町国民健康保険特別会計予算について」を議題といたします。

 本案については町長の説明が終わっておりますので、これから質疑を行います。

 13番、福山雅樹君。



◆13番(福山雅樹君) 

 13番、福山です。

 15ページの「保険給付費」、1項「療養諸費」、1目「一般被保険者療養給付費」について質問いたします。

 現在、国民健康保険税は1割負担、3割負担でございますけれども、負担の割合は当然、町民福祉課と税務課とが連携してその割合を決めていると思いますけれども、その辺のところをひとつお伺いします。

 その次に出てくる問題としては、夫婦Aさんがいたとします、そうするとAさんの夫が75歳になったとしますね、今年度。そうすると、奥さんと会計が別になりますけれども、その場合の奥様が1割負担になるか3割負担になるかという問題が起きるわけですが、その辺のところ奥さんの負担、奥さんというかその世帯ですね、世帯が3割負担でやってきていた場合に、奥さんの負担は1割になるか3割になるかというのはどういう区別で決まるかお聞きしたいと思います。



○議長(石川信市君) 

 山内町民福祉課長。



◎町民福祉課長(山内好幸君) 

 ただいまのご質問は、予算書の15ページ 、2款1項1目「一般被保険者療養給付費」についてご質問をいただきましたが、その中でも特に例を挙げて今ご質問がありました。そのご質問に対してなんですけれども、まず、ある家庭のだんなさんが75歳以上の後期高齢者であったと。世帯主が後期高齢者であったという場合には、国民健康保険料というのはかかりませんね。それで、後期高齢者保険料がかかるわけなんですが、これは年金を年額13万以上もらっていれば、年金のほうから天引きされる形になります。金額が所得に応じて段階がありますので、今現在だれだれは幾らですよということは申し上げられないんですけれども、一応そういうことでだんなさんの分は後期高齢の保険料という形で年金から天引きされると。だんなさんは後期高齢であるが、今度は配偶者、奥さんは後期高齢者に達するまでの年齢じゃなくて前期高齢者であったという場合には、世帯主のほうから何も指示がなければ、後期高齢者であるだんなさんの年金のほうから、その保険料を天引きさせていただくこととなっております。

 なお、この部分について、いや、うちの家内は年金いっぱいもらっているんだから、私の年金から引くのではなくて家内の年金のほうから引いてくれというようなお話があれば、それは奥様方の年金のほうから天引きすることはできます。

 そういうことで、一般的には、だんなさんの年金のほうから旦那さんの後期高齢の保険料と合わせて奥さんの国保分ですね、前期高齢者の国保分、医療費分、介護分、それと後期高齢分合わせていただくわけなんですけれども、これはだんなさん分、奥さん分を合わせて納付いただいたら、それをうちのほうで収納し、奥さん分については社会保険支払い基金にうちのほうから納付し、そしてだんなさん分については、後期高齢の保険料歳入のほうに入れるというようなシステムで、ちょっとややこしい部分があるんですが、いずれにしてもだんなさんの年金のほうから、前期高齢者である奥さん分の年金保険料も控除することができるということでございます。



○議長(石川信市君) 

 13番、福山雅樹君。



◆13番(福山雅樹君) 

 13番、福山です。

 後期高齢者が、市貝町には1,500人前後いるというふうに聞いているわけですが、それはそれとしてアバウトでいいんですけれども、後期高齢者にその年に移行する人が何人ぐらいいるかが、一つの私のきょうの質問のポイントなんです。74.9から75歳になられるかという人が影響を受ける質問をこれからいたすわけですけれども、結局その場合、30%の保険料をだんなさんが納めていた場合に、当然1人で30%の税金を納める収入があった場合は、だんなは後期高齢者でも3割払うわけですが、奥様は、今度一応は単体で分離しますから、国民健康保険として残るわけですから、3割でなく普通でしたら1割負担になるわけなんですよ。そうした場合に、Aさんの奥さんが1割で適切かどうかということを税務課なり、あるいは保険係が連携してそれを発現させないと、発見しなきゃならないわけですね。その発見の仕方はどうなっていますか、質問します。



○議長(石川信市君) 

 山内町民福祉課長。



◎町民福祉課長(山内好幸君) 

 ただいまのご質問にお答え申し上げます。

 まず最初の、毎年、前期高齢者から後期高齢者の、いわゆる75歳に到達する方の人数はどれぐらいいますかというお尋ねなんですけれども、私、戸籍のほうの資料を今手持ちしているわけなんですが、それを見てみますと、ここ2−3年は、大体125−126名から130名程度が毎年75歳になられているという状況がございます。

 それともう1点、その所得状況です。こういうものを適切に税務課あたりと連携しながら把握しているのかというお話なんですが、こういう保険料の算定に関しましては、税務課では各世帯・個人ごとに所得の状況をすべて把握しております。これは給与収入あるいは農業収入、その他年金、こういう収入まですべて状況を網羅しております。

 そういう中で、この保険料の計算につきましては、専用のシステムを使いまして、すべて税の情報をもとに計算しておりますので、その辺は間違いなく処理していると思っております。

 以上でございます。



○議長(石川信市君) 

 13番、福山雅樹君。



◆13番(福山雅樹君) 

 13番、福山です。

 今、課長の説明で明快な様子が伝わってきたんですが、窓口で患者が、奥さんが窓口で払う場合に、それがちょうど1年も2年もたてば、間違いなく1割が適切な奥さんは1割払うんですが、過渡期に、ちょうどだんなが75歳になったときに移行期には、今課長が言われたように明快な発現をアラームとしてつかんでいないと3割取られちゃうわけですね。そういうことがないように、細かいことは言いませんけれども、どうも市貝の場合は、それが抜けるという実例がありますので、そのアラームをしっかりつかんで、窓口で過剰納付をして後払いになるという事例もありますので、注意してもらいたい、これは要望しておきます。

 以上でございます。何か答えがあればいいですよ、言ってもらっても。要望しておきます。



○議長(石川信市君) 

 じゃ、要望として。

 ほかに質疑ありませんか。

 7番、飯田資雄君。



◆7番(飯田資雄君) 

 7番、飯田資雄。

 国保制というのは、とにかく日本は独特のあれで立派な制度だと思っております。この中で歳入関係の国保税関係なんですが、これで昨年の応能応益分の負担率と今年の負担率はどのようになっているのかお尋ね申し上げます。



○議長(石川信市君) 

 山内町民福祉課長。



◎町民福祉課長(山内好幸君) 

 まず、平成22年度の当初予算を組んだときの応益割合を申し上げます。

 これは一般被保険者医療分、後期分、そして介護分、合わせたもの、そして退職被保険者の医療費、後期分、介護分合わせたもの、すべて合わせたものの応益割合ですね。昨年は、平成22年度、当初予算編成時には37.92でした。そうしますと、当然応能分は62.08という数字が出てきます。

 その中で、ことし平成23年度の当初予算を編成するに当たりましては、さきの1月の臨時議会のときに、平成22年度まで軽減措置をしていた部分が、6割、4割という2段階で軽減措置していたものを23年度から7割、5割、2割とこの3段階での軽減措置に変更しますよと。この変更する理由につきましては、ちょうど昨年の3月末だったんですけれども、国のほうから地方における各自治体では6割、4割の軽減措置でなくて、7割、5割、2割の軽減措置を実施しなさいというような通知があったものですから、昨年の3月末に通知があったんでは、22年度内にその事務処理が対応できないというようなこともあり、23年度から市貝町を初め郡内各町は、23年度からその軽減措置を採用することになったんですが、そうなりますと軽減される方が非常にふえるわけですよね、22年度と比較して。

 簡単に言えば、軽減している分は、町で負担しなければいけないというような事態になります。しかし、これは国の制度でもって、こういうふうな軽減割合にしなさいということですので、そのふえる分の4分の3については、財政基盤のほうで国のほうから補助をいただいて対応することができる。そうすると、ふえる分の4分の1が、結局町の負担する分ということになりますけれども、そういうふうな関係もありまして、23年度は応益分が35.96になります。応能分は64.0と。被保険者の負担割合が少なくなるということですね。そういうふうな数字で23年度は試算をしましたので、よろしくお願いします。



○議長(石川信市君) 

 ほかに質疑ございませんか。

 5番、高徳義男君。



◆5番(高徳義男君) 

 5番、高徳です。

 20ページです。8款1項3目の13節「委託料」の「人間ドック検診委託料」243万円なんですが、前年度比較で63万円、今年度は当初予算でふえているわけなんですが、前年度は多分人間ドックでは補正したかと思うんですが、この243万の委託料の委託先、それと何人ぐらいの受診者を想定してこの数字が出たのかお尋ねします。



○議長(石川信市君) 

 山内町民福祉課長。



◎町民福祉課長(山内好幸君) 

 ただいま、8款1項3目「疾病予防費」の人間ドックの検診委託料についてご質問がございました。

 まず、人間ドックを受けられる医療機関なんですけれども、県内7団体ございます。医療機関名までは、頭に入っていないで申しわけありません。

 それと、まず、この予算の内訳なんですけれども、総合ドックにつきましては、1人当たりの単価2万7,000円で70名を見込み、そして一般ドックあるいは脳ドックにつきましては、単価1万8,000円で30名を見込んだものでございます。

 以上でございます。



○議長(石川信市君) 

 ほかに質疑ございませんか。

          (発言する者なし)



○議長(石川信市君) 

 発言がありませんので、以上で質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題になっております議案第21号については、総務民生常任委員会に付託したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石川信市君) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第21号「平成23年度市貝町国民健康保険特別会計予算について」は、総務民生常任委員会に付託することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第22号の質疑、委員会付託



○議長(石川信市君) 

 日程第3、議案第22号「平成23年度市貝町後期高齢者医療特別会計予算について」を議題といたします。

 本案については町長の説明が終わっておりますので、これから質疑を行います。

 質疑ございませんか。

          (発言する者なし)



○議長(石川信市君) 

 発言がありませんので、以上で質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題になっております議案第22号については、総務民生常任委員会に付託したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石川信市君) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第22号「平成23年度市貝町後期高齢者医療特別会計予算について」は、総務民生常任委員会に付託することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第23号の質疑、委員会付託



○議長(石川信市君) 

 日程第4、議案第23号「平成23年度市貝町介護保険特別会計予算について」を議題といたします。

 本案については町長の説明が終わっておりますので、これから質疑を行います。

 質疑ございませんか。

          (発言する者なし)



○議長(石川信市君) 

 発言がありませんので、以上で質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題になっております議案第23号については、総務民生常任委員会に付託したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石川信市君) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第23号「平成23年度市貝町介護保険特別会計予算について」は、総務民生常任委員会に付託することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第24号の質疑、委員会付託



○議長(石川信市君) 

 日程第5、議案第24号「平成23年度市貝町農業集落排水事業特別会計予算について」を議題といたします。

 本案については町長の説明が終わっておりますので、これから質疑を行います。

 質疑ございませんか。

          (発言する者なし)



○議長(石川信市君) 

 発言がありませんので、以上で質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題になっております議案第24号については、文教経済常任委員会に付託したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石川信市君) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第24号「平成23年度市貝町農業集落排水事業特別会計予算について」は、文教経済常任委員会に付託することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第25号の質疑、委員会付託



○議長(石川信市君) 

 日程第6、議案第25号「平成23年度市貝町公共下水道事業特別会計予算について」を議題といたします。

 本案については町長の説明が終わっておりますので、これから質疑を行います。

 1番、山川英男君。



◆1番(山川英男君) 

 1番、山川です。

 歳入なんですが、今年度は多田羅橋が完成いたしますから、これ受益者がふえると思うんですが、どのくらいふえて、どのくらいの歳入が見込まれるのかお伺いいたします。



○議長(石川信市君) 

 簗建設課長。



◎建設課長(簗喜一君) 

 ただいまのご質問でございますけれども、4月以降に多田羅橋の東側が工事が大体見通しがつきましたので、23年度からは供用開始ができるかなというような予想がつきます。それで、多田羅地区がますを設置してあるのが約76個というようなことでございます。それで、残りのうち30個、これが地域者負担分ですね、それを見込みました。76個のうち30個を見てございます。

 あと、使用料につきましてもやはり工事用ますをつけ、今度は接続してきますので、その使用料についても10個、76個のうち10個分をまず当初見込んだと。これは、状況によってはふえていく可能性がありますけれども、予算としては10個分を見込んでいます。ですから、負担金については30個、使用については10個分というようなことで、やっとおかげさまで工事等も見えてきたということでございますので、よろしくお願いしたいと思います。



○議長(石川信市君) 

 ほかに質疑ございませんか。

 10番、柳昭示君。



◆10番(柳昭示君) 

 10番、柳です。

 供用開始した区域内の加入率は、これはもう供用開始して赤羽の最初の3年は過ぎているわけですよ、実際に。どのくらいの加入率になっているのか。もし一定の期間内に入ることに、これ約束事で決まっているわけだから、もし入っていない人がいるとすれば、そういったものの加入促進というものをやっぱりやっていかないと、ずっとずるずるべったりになっちゃう。だから、せっかく金かけて施設をつくったんだから、全部に利用してもらうことが原則だからね。そこら辺のところ、どの程度になっているのかお願いします。



○議長(石川信市君) 

 簗建設課長。



◎建設課長(簗喜一君) 

 ただいまのご質問でございますけれども、やはり本管というか、管渠工事が進めば当然接続ということになってきますけれども、ここのちょっと調べたものがありますけれども、21年度については81.02%というような数字です。22年度の数字がちょっとまだ出ておりませんので、21年末で81.02%というような接続、水洗化率というような数字が出てございます。

 ちなみに、県のほうの平均で86.22、隣接ですと芳賀町で56.25、茂木で57.08、益子で74.34というような数字が出ておりますので、本町といたしましても期間等もありますので、加入の促進について努力したいと思います。

 以上です。



○議長(石川信市君) 

 ほかに質疑ございませんか。

 7番、飯田資雄君。



◆7番(飯田資雄君) 

 7番、飯田資雄。

 公共下水道というのは、文化のバロメーターとよく言われておりますけれども、確かに環境衛生上は本当に重要だと思います。ただ、一般会計から、この5ページの一番下の繰入金、毎年、年々起債償還に対して元利償還等についてはふえております。こういうものについては、普通は……



○議長(石川信市君) 

 飯田議員に申し上げます。

 委員会の所管だと思います。慣例ですのでご理解いただきたいと思います。



◆7番(飯田資雄君) 

 はい、わかりました。



○議長(石川信市君) 

 ほかに質疑ございませんか。

          (発言する者なし)



○議長(石川信市君) 

 発言がありませんので、以上で質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題になっております議案第25号については、文教経済常任委員会に付託したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石川信市君) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第25号「平成23年度市貝町公共下水道事業特別会計予算について」は、文教経済常任委員会に付託することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第26号の質疑、委員会付託



○議長(石川信市君) 

 日程第7、議案第26号「平成23年度市貝町奨学金貸与費特別会計予算について」を議題といたします。

 本案については町長の説明が終わっておりますので、これから質疑を行います。

 質疑ございませんか。

          (発言する者なし)



○議長(石川信市君) 

 発言がありませんので、以上で質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。ただいま議題になっております議案第26号については、文教経済常任委員会に付託したいと思いますが、ご異議ございませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(石川信市君) 

 異議なしと認めます。

 したがって、議案第26号「平成23年度市貝町奨学金貸与費特別会計予算について」は、文教経済常任委員会に付託することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(石川信市君) 

 以上で本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれで散会いたします。

                         (午後3時04分)