議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 下野市

平成22年 10月 臨時会(第2回) 10月25日−01号




平成22年 10月 臨時会(第2回) − 10月25日−01号









平成22年 10月 臨時会(第2回)



       平成22年第2回下野市議会臨時会 第1日

議事日程(第1号)

            平成22年10月25日(月)午前9時30分開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期の決定

日程第3 報告第18号から第19号、及び議案第61号から第64号までについて(提案理由の説明)

日程第4 報告第18号から第19号までについて(報告)

日程第5 議案第61号から第64号までについて(内容の説明、質疑、討論、採決)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(20名)

     1番  大島昌弘君      2番  高橋芳市君

     3番  石田陽一君      4番  吉田 聡君

     5番  小谷野晴夫君     6番  須藤 勇君

     7番  秋山幸男君      8番  坂村和夫君

     9番  塚原良子君     10番  若林 稔君

    11番  野田善一君     12番  高山利夫君

    13番  岩永博美君     14番  目黒民雄君

    15番  磯辺香代君     16番  松本賢一君

    17番  岡本鉄男君     18番  伊澤 剛君

    19番  大島将良君     21番  村尾光子君

欠席議員(1名)

    20番  倉井賢一君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

 市長        広瀬寿雄君   教育長       古口紀夫君

 総合政策室長    川端 昇君   総務部長      川俣一由君

 市民生活部長    大門利雄君   健康福祉部長    田中 武君

 経済建設部長    伊沢和男君   経済建設部次長   栗原幸雄君

 上下水道部長    鶴見忠造君   会計管理者     高橋敏雄君

 教育次長      篠崎雅晴君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため議場に出席した者の職氏名

 事務局長      中村精一    事務局議事課長補佐 青柳祐子



△開会 午前9時30分



△開会及び開議の宣告



○議長(岡本鉄男君) ただいまから平成22年第2回下野市議会臨時会を開会いたします。

 20番、倉井賢一君から欠席の届け出があります。

 本日の出席議員数は20人であり、会議の定足数に達しております。

 ただいまから本日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりです。

 また、地方自治法第121条の規定に基づき、本臨時会に説明のためお手元に配付したとおり出席を求めております。

 なお、報道機関から写真撮影等の申し出があります。これを許可したいと思いますが、ご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岡本鉄男君) 異議なしと認め、許可することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(岡本鉄男君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、下野市議会会議規則第80条の規定によって、7番、秋山幸男君及び8番、坂村和夫君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(岡本鉄男君) 日程第2、会期の決定を行います。

 本臨時会の会期は、お手元に配付したとおり、本日1日といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岡本鉄男君) 異議なしと認め、会期は本日1日と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第18号から第19号及び議案第61号から第64号の提案理由の説明



○議長(岡本鉄男君) 日程第3、報告第18号から第19号及び議案第61号から第64号について議題といたします。

 市長から提出された議案の概要を事務局長に朗読させます。

 事務局長。

     〔事務局長朗読〕



○議長(岡本鉄男君) 朗読が終わりました。

 提案理由の説明を求めます。

 広瀬市長。

     〔市長 広瀬寿雄君登壇〕



◎市長(広瀬寿雄君) おはようございます。

 平成22年第2回下野市議会臨時会に提出いたしました議案等の概要につきまして、ご説明申し上げます。

 今回提出いたしました議案は、専決処分の報告2件、一般会計補正予算1件、工事変更請負契約2件、財産の取得1件の計6件であります。

 議案等につきましてご説明申し上げます。

 報告第18号 専決処分の報告につきましては、仁良川地内交差点で発生しました交通事故に係る対人損害について示談が成立し、損害賠償額を決定し、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分しましたので、同条第2項の規定により報告するものであります。

 なお、本件事故に係る対物損害においては、本年の9月議会に報告いたしております。

 報告第19号 専決処分の報告につきましては、道路に設けたマンホールふたの管理瑕疵による事故に係る損害賠償額の決定及び和解について、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分しましたので、同条第2項の規定により報告するものであります。

 議案第61号 平成22年度下野市一般会計補正予算(第3号)につきましては、最近の円高による景気低迷等により、融資の金額・件数が増加したため、中小企業制度融資保証料及び預託金1億3,670万円と、花まつり開始以来水車小屋東側等については手を加えていない状況であり、今回リニューアルをし、さらに多くの来訪者を迎えること、並びに来年5月に予定されている県植樹祭の開催による天平の丘公園花まつり会場周辺の改修費として2,328万9,000円を追加するもので、追加補正額は1億6,000万円となり、予算総額を208億3,702万5,000円とするものであります。

 議案第62号 工事変更請負契約の締結につきましては、平成21年12月議会で議会の議決を経た地域振興交流施設整備事業建築工事の請負契約について、床下ピット工事等の増工により契約金額に変更が生じるので、下野市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 議案第63号 工事変更請負契約の締結につきましては、平成21年12月議会で議会の議決を経た地域振興交流施設整備事業機械設備工事の請負契約について、空調機及び給湯機工事等の増工により契約金額に変更が生じるので、下野市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により、議会の議決を求めるものであります。

 議案第64号 財産の取得につきましては、現在建設中の地域振興交流施設内の惣菜加工所及び直売物産施設等の厨房加工機器等を購入・設置するため、10月8日に指名競争入札により執行した結果、落札業者が決定となりましたので、下野市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条に規定する予定価格2,000万円以上の動産の買い入れに該当することから、議会の議決を求めるものであります。

 以上が今回提出いたしました議案等の概要であります。

 何とぞ慎重審議の上、議決いただきますようお願いをいたします。



○議長(岡本鉄男君) 提案理由の説明が終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第18号から第19号について



○議長(岡本鉄男君) 日程第4、報告第18号から第19号についてを議題といたします。

 最初に、報告第18号 専決処分の報告について、報告を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(川俣一由君) それでは、報告第18号 専決処分の報告についてご説明を申し上げます。

 次ページをごらんいただきたいと思います。

 専決第11号、専決処分書。

 地方自治法第180条第1項の規定により、平成18年1月24日議会の議決により指定された損害賠償の額の決定について、平成22年9月28日、専決処分いたしましたので、同条第2項の規定により、議会に報告するものであります。

 9月定例会において報告第17号、専決第10号で報告いたしました仁良川地内市道1−9号線、坂本商店から東へ向かっていきまして、土地改良区域内、地内交差点での事故で、前回は物損の報告でありましたが、今回は対人損害の和解及び損害賠償額が決定いたしましたので、報告をするものであります。

 事故発生年月日につきましては平成22年4月21日、発生場所は下野市仁良川1,343番地付近交差点、相手方でございますが、下野市在住女性、相手方の損害でございますが入院、通院で約4カ月程度の治療等でございまして、賠償額、市公用自賠責保険より87万7,397円で和解が成立したものであります。

 原因につきましては、下野市仁良川1,343番地付近交差点における自動車同士の衝突事故であります。

 以上、報告とさせていただきます。



○議長(岡本鉄男君) 以上で報告第18号を終わります。

 次に、報告第19号 専決処分の報告について、報告を求めます。

 経済建設部長。



◎経済建設部長(伊沢和男君) それでは、報告第19号 専決処分の報告についてご説明申し上げます。

 今回ご説明申し上げます専決処分書につきましては、市道上で発生いたしました事故について示談が成立いたしまして、損害賠償額が決定をしましたので、地方自治法第180条第1項の規定により専決処分いたしましたので、同条の2項の規定により報告するものでございます。

 専決処分書をごらんいただきたいと思います。

 事故発生年月日につきましては、平成22年7月25日午後7時ごろということでございます。

 事故発生場所につきましては、下野市花田241番地先の路上でございます。

 相手方、相手側の損害及び賠償額でございますが、小山市在住の男性でございまして、相手方の損害物件は普通自動車でございます。

 賠償額につきましては61万3,000円であります。

 事故の原因でございますけれども、西坪山工業団地からの雨水排水路の管がございまして、そこにマンホールふたが何カ所か設置してございますが、雷や雨のために管内の圧力といいますか、風圧といいますか、水圧といいますか、そういうものでマンホールのふたが持ち上げられてしまったと。そこにたまたま車両が通過して、車両の底にマンホールのふたが当たりまして、車両自体が損傷してしまったというものでございます。

 以上、報告とさせていただきます。



○議長(岡本鉄男君) 以上で報告第19号を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第61号〜議案第64号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(岡本鉄男君) 日程第5、議案第61号から第64号についてを議題といたします。

 お諮りいたします。本案については討論の通告がありません。また、委員会の付託も省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岡本鉄男君) 異議なしと認め、討論及び委員会付託を省略することに決定いたしました。

 最初に、議案第61号 平成22年度下野市一般会計補正予算(第3号)について、内容の説明を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(川俣一由君) それでは、議案第61号 平成22年度下野市一般会計補正予算(第3号)について、ご説明を申し上げます。

 第1条におきまして歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1億6,000万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ208億3,702万5,000円とするものでございます。

 次に、6ページの事項別明細書、歳入より説明をいたします。

 まず、歳入でございますが、19款2項1目財政調整基金繰入金につきましては3,000万円を繰り入れするものでございます。これにつきましては、歳出の財源に充てるというものでございます。

 21款3項1目貸付金元利収入では、1節貸付金元利収入で1億3,000万円を追加するものでございます。

 次に、歳出でございますが、7款1項2目商工業振興費では1億3,670万円を追加するもので、貸付件数が増加し12月までに不足が見込まれるため、19節負担金、補助及び交付金で中小企業制度融資保証料で670万円、21節で、貸付金で融資預託金といたしまして1億3,000万円を追加するものであります。

 次に、3目観光費では、15節工事請負費で2,328万9,000円を追加するもので、花まつりを開始して以来、水車小屋東側等につきましては手を加えず樹木等が生い茂っているため、リニューアルをし、新たな集客及び会場及び地域の活性化を図るとともに、来年の植樹祭の開催に向けて公園の整備を実施するものであります。

 14款予備費につきましては、歳入歳出の調整のため1万1,000円を追加するものであります。

 以上、簡単ですが説明にかえさせていただきます。よろしくお願いをしたいと思います。



○議長(岡本鉄男君) 内容の説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

 21番、村尾光子君。



◆21番(村尾光子君) 1点だけ伺いますが、中小企業の融資について、貸付件数が伸びているということですが、現在までにどのくらいの貸付実績でしょうか。本年度ですが。



○議長(岡本鉄男君) 経済建設部長。



◎経済建設部長(伊沢和男君) 今年度新たに9月末で66件の新規融資がございました。



○議長(岡本鉄男君) 21番、村尾光子君。



◆21番(村尾光子君) はい、わかりましたが、12月までに不足が予測できるということでの補正ですが、もう既に申し込みなど要請があるんでしょうか。どのくらいあるのでしょうか。



○議長(岡本鉄男君) 経済建設部長。



◎経済建設部長(伊沢和男君) 市内の金融機関7行ありまして、正確な件数はまだ銀行のほうから上がっておりませんけれども、数件あるということで、現在の預託金の額では賄えないということで、来年の3月までを見込んで1億3,000万円の補正をお願いするものでございます。

 以上でございます。



○議長(岡本鉄男君) ほかに質疑ありませんか。

 これで質疑を終結いたします。

 これから議案第61号について採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の方はご起立願います。

     〔起立全員〕



○議長(岡本鉄男君) 着席願います。

 起立全員です。

 よって、議案第61号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第62号 工事変更請負契約の締結について、内容の説明を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(川俣一由君) それでは、議案第62号 工事変更請負契約の締結について、ご説明を申し上げます。

 平成21年第4回下野市議会定例会において、第89号議案として議決を経ました工事請負契約の一部について、下記のとおり変更するため、議会の議決を求めるものであります。

 工事名につきましては、地域振興交流施設整備事業建築工事についてでございます。

 契約金額、変更前3億8,587万5,000円を変更後4億116万3,000円で、1,528万8,000円を増額するものでございます。

 契約相手につきましては、増渕・小林特定建設工事共同企業体でございます。

 変更する主な内容につきましては、直売物産施設及びレストラン客席部について、将来のレイアウト変更に対応できるよう、床土間コンクリートを床下ピットに変更及び床仕上げについて将来のランニングコスト削減のため、塗り板仕上げをタイル仕上げに変更するものでございます。

 そのほか、電磁厨房をガス厨房にしたことによるステンレス壁の増工、それから体験学習室の調理台の減工などに伴うものが主なものでございます。

 これにつきましては、以上で説明を終わらせていただきます。よろしくお願いしたいと思います。



○議長(岡本鉄男君) 内容の説明が終わりました。

 これから質疑を行います。

 質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岡本鉄男君) 質疑なしと認め、これで質疑を終結いたします。

 これから議案第62号について採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の方はご起立願います。

     〔起立全員〕



○議長(岡本鉄男君) 着席願います。

 起立全員です。

 よって、議案第62号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第63号 工事変更請負契約の締結について、内容の説明を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(川俣一由君) 議案第63号 工事変更請負契約の締結について、ご説明をいたします。

 平成21年第4回下野市議会定例会において、第92号議案として議決を経ました工事請負契約の一部について、下記のとおり変更するため、議会の議決を求めるものでございます。

 工事名につきましては、地域振興交流施設整備事業機械設備工事でございます。

 契約金額、変更前1億8,480万円を変更後1億9,861万8,000円で、1,381万8,000円を増額するものでございます。

 相手方は、北斗・スガマタ特定建設工事共同企業体でございます。

 変更する主な内容でございますが、軽食コーナーのテナントが決定したため空調機及び給湯機を増工するもの、各店舗の磁気厨房をガス厨房に変更したため空調機の容量を増工するもの、バックヤードと食品庫の空調機工事を追加するもの、ピット内配管により給排水工事を減工するものなどに伴うものが主なものでございます。

 以上、説明を終わらせていただきます。よろしくお願いをしたいと思います。



○議長(岡本鉄男君) 内容の説明が終わりました。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

 21番、村尾光子君。



◆21番(村尾光子君) 手続というよりは、この変更するに至った内容について、ただいまの説明では、テナントが決定した、つまり事業者が決定したということによる変更ということも1つの理由のようですが、この変更に向けた内容について決定した事業者と協議をされた結果が、こういうことでなっているのかを伺います。

 また、差し支えなかったら、事業者をお知らせください。



○議長(岡本鉄男君) 経済建設部長。



◎経済建設部長(伊沢和男君) この道の駅のテナントにつきましては公募いたしまして決定をされたことと思います。ちょっと今手元にテナントの事業者の一覧表を持っておりませんので、これについては、前にもご報告しているかとは思います。その辺はまた後日、後でご報告させていただきたい、そんなふうに思います。

 また、この変更の内容ですが、今言われましたようにテナントが決定してからどういうものを、設備を空調機等を入れるか、どういうものを扱うかによってそれは変わるということで、当初その部分を除いて発注してございましたので、テナントが決定したことによりまして追加をするというものでございます。

 以上でございます。



○議長(岡本鉄男君) ほかに質疑ありませんか。

 これで質疑を終結いたします。

 これから議案第63号について採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の方はご起立願います。

     〔起立全員〕



○議長(岡本鉄男君) 着席願います。

 起立全員です。

 よって、議案第63号は原案のとおり可決されました。

 次に、議案第64号 財産の取得について、内容の説明を求めます。

 総務部長。



◎総務部長(川俣一由君) 議案第64号 財産の取得について、ご説明を申し上げます。

 下記のとおり財産を取得することについて、下野市議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。

 まず、事業名でございますが、地域振興交流施設整備事業厨房加工機器購入。

 納入場所、薬師寺地内建設中の道の駅でございます。

 契約者、下野市長広瀬寿雄。

 契約の方法につきましては、指名競争入札でございます。

 契約金額2,709万円で、うち消費税が129万円でございます。

 契約の相手方、宇都宮市鶴田町1,611番地1、タニコー株式会社宇都宮営業所、所長飯島重雄でございます。

 購入する主なものにつきましては、直売物産施設の冷凍冷蔵ショーケース、惣菜調理室及びレストラン厨房などの冷凍冷蔵庫及びスチームコンベクションオーブンほか一式、まんじゅうと赤飯加工室、イベント用厨房、バックヤード、花卉売り場に関する各種機器一式を購入するものでございます。

 納期限は平成23年1月31日を予定してございます。

 入札状況につきましては、次ページにあります入札状況調書、消費税抜きでございますが、落札率94.68%でございます。

 なお、予定価格につきましては未公表で行いました。

 以上、簡単ですが、説明を終わらせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(岡本鉄男君) 内容の説明が終わりました。

 これから質疑を行います。質疑はありませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○議長(岡本鉄男君) 質疑なしと認め、これで質疑を終結いたします。

 これから議案第64号について採決いたします。

 本案は原案のとおり決定することに賛成の方はご起立願います。

     〔起立全員〕



○議長(岡本鉄男君) 着席願います。

 起立全員です。

 よって、議案第64号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(岡本鉄男君) 以上で本日の日程はすべて終了いたしました。

 これにて本臨時会の審議を終結いたします。

 ここで市長のあいさつを求めます。

 広瀬市長。

     〔市長 広瀬寿雄君登壇〕



◎市長(広瀬寿雄君) 本日上程させていただきました全議案計6件、慎重審議のもとご承認いただきましたこと、厚く御礼を申し上げます。

 冒頭、議案の中でも補正で制度融資の部分で追加補正を行っていただきましたけれども、マスコミ報道等でトヨタ自動車のほうで1ドルを80円に設定をし、経営方針を見直しているという情報をいただいたときに、非常に不安を覚えました。

 国内における製造業が空洞化するんではないかと、そういった状況の中で、これから日本の経済がどういった形でしっかりと再生されていくのか、そういった部分、我々地方自治体においてもどのような形で地域の経済を守っていくか、真剣に取り組まなければならないと改めて感じているところであります。

 また、ご報告になりますけれども、先週奈良のほうへ全国施設整備市町村協議会ということで出張させていただきました。

 その中で奈良文化財研究所所長の田辺所長のご講演をいただきましたけれども、田辺所長には、本市国分寺史跡審議会の会長をお務めいただいております。

 そういった中において審議会のメンバーの皆さんと奈良のほうでまたお話をさせていただいたわけですけれども、本市の歴史的資産、薬師寺、国分寺、国分尼寺、非常に有数のものであることを再確認させていただきました。こういった歴史のものをしっかりと守り、またつないでいかなくてはならないということを改めて胸に刻み、講演会のほうでも、また花まつり会場のことについても上程をさせていただきました。

 さまざまな案件、そういった部分において本市が抱えるものを最大限大きく市民の皆様の財産として有効活用すると同時に、また経済面においても安心・安全の中でできる限りの市政としての施策を展開をしていきたいというふうに考えております。

 本日、臨時会に当たりまして、本当にお忙しい中の会合、承認いただいたことを改めて厚く御礼を申し上げまして、閉会に際しますごあいさつとさせていただきます。

 ありがとうございました。



○議長(岡本鉄男君) それでは、閉会に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げます。

 本臨時会は市長から、報告2件と、平成22年度一般会計補正予算ほか3件の議案が提案されましたが、議員の皆様には慎重にご審議をいただき、原案のとおり可決されたことに心から厚く御礼を申し上げます。

 12月には定例会も控えておりますので、健康には十分注意されまして、市政発展のためますますのご活躍をご祈念申し上げまして、閉会のあいさつといたします。

 以上で、平成22年第2回下野市議会臨時会を閉会いたします。



△閉会 午前10時2分