議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 さくら市

平成13年 12月 氏家町定例会(第4回) 12月12日−01号




平成13年 12月 氏家町定例会(第4回) − 12月12日−01号









平成13年 12月 氏家町定例会(第4回)



                              氏家町告示第74号

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第101条の規定により平成13年第4回氏家町議会定例会を次のとおり招集する。

                平成13年11月28日

                        氏家町長 人見健次

 1.期日  平成13年12月12日

 2.時刻  午前10時

 3.場所  氏家町役場

                ◯応招・不応招議員

◯応招議員(20名)

      1番 楠 利明君       2番 佐藤武久君

      3番 小堀道正君       5番 菅谷一夫君

      6番 野澤専十君       7番 菊地要一君

      8番 手塚 定君       9番 見目 茂君

     10番 和知勝夫君      11番 小野都基君

     12番 黒崎 保君      13番 手塚 誠君

     15番 手塚賢二君      17番 神山幸二君

     18番 小林迪夫君      19番 粕谷伊平君

     20番 永井正二君      21番 鈴木俊一君

     22番 櫻井伸彰君      23番 橋本道夫君

◯不応招議員(なし)

          平成13年第4回氏家町議会定例会

◯議事日程(第1号)

                平成13年12月12日(水曜日)午前10時開会

第1 会議録署名議員の指名

第2 会期の決定

第3 諸般の報告

第4 閉会中継続審査の陳情第2号の審査経過と結果報告

第5 閉会中継続審査の陳情第8号の審査経過と結果報告

第6 閉会中継続審査の陳情第9号の審査経過と結果報告

第7 閉会中継続審査の陳情第10号の審査経過と結果報告

第8 閉会中継続審査の陳情第13号の審査経過と結果報告

第9 閉会中継続審査の陳情第14号の審査経過と結果報告

第10 提案理由の説明

第11 議案第1号 専決処分の承認を求めることについてに対する議案説明・質疑・討論・採決

第12 議案第2号 政治倫理の確立のための氏家町長の資産等の公開に関する条例の一部改正についてに対する議案説明・質疑・討論・採決

第13 議案第3号 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についてに対する議案説明・質疑・討論・採決

第14 議案第4号 氏家町長等の給与及び旅費に関する条例の一部改正についてに対する議案説明・質疑・討論・採決

第15 議案第5号 氏家町職員の給与に関する条例の一部改正についてに対する議案説明・質疑・討論・採決

第16 議案第6号 技能労務職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正についてに対する議案説明・質疑・討論・採決

第17 議案第7号 企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正についてに対する議案説明・質疑・討論・採決

第18 議案第8号 氏家町公共下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正についてに対する質疑・建設常任委員会付託

第19 議案第9号 平成13年度氏家町一般会計補正予算(第4号)に対する質疑・各常任委員会付託

第20 議案第10号 平成13年度氏家都市計画事業上阿久津台地土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)に対する質疑・建設常任委員会付託

第21 議案第11号 平成13年度氏家町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)に対する質疑・建設常任委員会付託

第22 議案第12号 平成13年度氏家町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)に対する質疑・建設常任委員会付託

第23 議案第13号 平成13年度氏家町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)に対する質疑・教育民生常任委員会付託

第24 議案第14号 平成13年度氏家町老人保健特別会計補正予算(第2号)に対する質疑・教育民生常任委員会付託

第25 議案第15号 平成13年度氏家町介護保険特別会計補正予算(第2号)に対する質疑・教育民生常任委員会付託

第26 議案第16号 平成13年度氏家町水道事業会計補正予算(第2号)に対する質疑・建設常任委員会付託

第27 議案第17号 町有財産の取得についてに対する質疑・教育民生常任委員会付託

第28 発議案第1号 専決事項の指定についてに対する趣旨説明・質疑・討論・採決

第29 陳情の委員会付託

第30 国会等移転推進特別委員会委員の補充選任について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 議事日程のとおり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(19名)

       1番 楠 利明君       2番 佐藤武久君

       3番 小堀道正君       5番 菅谷一夫君

       6番 野澤専十君       7番 菊地要一君

       8番 手塚 定君       9番 見目 茂君

      10番 和知勝夫君      11番 小野都基君

      12番 黒崎 保君      13番 手塚 誠君

      15番 手塚賢二君      17番 神山幸二君

      18番 小林迪夫君      19番 粕谷伊平君

      20番 永井正二君      21番 鈴木俊一君

      22番 櫻井伸彰君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(1名)

      23番 橋本道夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のための出席者

    町長      人見健次君    助役      秋元喜平君

    収入役     矢澤 功君    教育長     半田明夫君

    総務課長    鴫原 清君    企画課長    田中喜平君

    建設課長    鈴木 邁君    都市整備課長  青木克之君

    下水道課長   村上幸一郎君   農政課長    柄木田守男君

    会計課長    小倉孝夫君    税務課長    田中次男君

    住民課長    菅谷貴美子君   健康福祉課長  遠島信一君

    水道課長    北条健次君    学校教育課長  森田一仁君

    生涯学習課長  岩田光雄君    社会体育課長  佐藤敏雄君

    農業委員会            監査委員

            山本敏夫君            檜原英夫君

    事務局長             事務局長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯事務局職員出席者

    事務局長    檜原英夫君    書記      佐藤泰正君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会及び開議の宣告



○議長(小林迪夫君) ただいまから平成13年第4回氏家町議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

 本日の議事日程はお手元に配付いたしましたとおりであります。

                             (午前10時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(小林迪夫君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第 119条の規定により、17番、神山幸二君、19番、粕谷伊平君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(小林迪夫君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、去る12月4日の議会運営委員会において協議いたしました結果、本日から12月21日までの10日間と定めたいとのことであります。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は本日から12月21日までの10日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△黙祷



○議長(小林迪夫君) ここで、去る11月7日にご逝去されました江連周一議員の霊に黙祷を捧げたいと思います。一同ご起立願います。

 黙祷。

     〔黙祷〕



○議長(小林迪夫君) 黙祷を終わります。

 ご着席ください。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△故江連周一議員の追悼演説



○議長(小林迪夫君) 続いて、小野都基君より追悼演説の申し出がありますので、これを許します。

 11番、小野都基君。

     〔11番 小野都基君 登壇〕



◆11番(小野都基君) お許しを得ましたので、去る11月7日に逝去されました故江連周一議員の亡きみたまに謹んで哀悼の誠を捧げます。

 経済常任委員会所管事項視察に出発する前日、私が一身上の都合でやむなく欠席となるため打ち合わせに見え、帰り際に「元気に行ってくるよ」との言葉を残していったのに、2日後、視察先の新潟からの突然の訃報に接し、間違いではないかと疑念を持たざるを得ませんでした。きょうここに平成13年第4回定例会の議場において、私が追悼の辞を申し上げることになるとは生者必滅とは言え、無念これにすぐるものはありません。今、この議場にありし日のお姿を思い浮かべ、議員一同惜別の情けを禁じ得ない痛恨の極みであります。

 あなたは蒲須坂に生を受け、戦後の混乱期を通じて旧国鉄職員として奉職されました。平成7年4月に推されて町議会議員に初当選され、以来2期目を迎え、6年7カ月にわたり町政発展に献身的に努力をされてこられました。当選以来、同期の私たちと七光会を発足し、勉強会を重ねながら、その代表として先輩議員とのパイプ役として活躍してくださいました。そして、温厚な人柄と頑張ろう精神で議会のまとめ役としても議員一同の信望を一身に集めておられました。今となっては懐かしい思い出となってしまい、残念でなりません。

 そして、平成10年には総務常任委員会委員長、12年、議会運営委員会副委員長、本年は経済常任委員会委員長など、多くの要職を歴任されました。特に平成11年には副議長に就任され、議長であった小生に豊富な知識と豊かな人生経験から適切な助言や激励をしていただき、おかげで私は無事議長職を務めることができました。今となってはあのような助言などいただくこともかなわなくなってしまいました。

 また、あなたは地区住民の相談に積極的に応じ、持ち前の実行力を精力的に発揮し、地域の国・県道の拡幅、改善などに尽力されたことは後世に残るものであり、私たちの模範とするところでありました。

 今、本町が取り組んでいる課題に対しても、あの卓越した実行力を今後に期待するものが大きかっただけに無念さをあらわす言葉もありません。もし長寿でありましたならば、町政推進により一層のご尽瘁をいただけたであろうと思うとき、私たちはご意思を尊重して、これからの町政の発展に努力していく覚悟であります。

 あなたのご功績とご威徳をしのび、謹んで哀悼の意をあらわし、ご冥福をお祈り申し上げますとともに、天にありましても、ご遺族のご健勝と本町の発展と平安をお守りくださいますようお願いいたしまして、追悼の言葉といたします。

 平成13年12月12日、小野都基。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(小林迪夫君) 日程第3、諸般の報告をいたします。

 監査委員から、平成13年度一般会計、特別会計及び水道事業会計の8月、9月、10月分に関する現金出納検査の結果並びに平成13年度第2回定例監査の結果報告が本職あてにありましたのでご報告申し上げておきます。

 次に、地方自治法第 121条の規定により本定例会に議案の説明員として出席通知のありました者の職、氏名を一覧表としてお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

 なお、本定例会の書記は檜原事務局長と佐藤書記であります。

 経済常任委員会から委員会を開催したい旨申し出があったので、この際暫時休憩をいたします。

                             (午前10時11分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小林迪夫君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

                             (午前10時11分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小林迪夫君) ただいま経済常任委員会の委員の互選により経済常任委員長に見目茂君、副委員長に野澤専十君が就任した旨の報告が本職あてにありましたので、ご了承願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中継続審査の陳情第2号の審査経過と結果報告



○議長(小林迪夫君) 日程第4、閉会中継続審査となっております陳情第2号 塩谷広域行政のごみ処理に於けるダイオキシン削減対策の推進を求める陳情書を議題といたします。

 教育民生常任委員長から報告を求めます。

 12番、黒崎保君。

     〔教育民生常任委員長 黒崎 保君 登壇〕



◆教育民生常任委員長(黒崎保君) ご報告いたします。

 陳情第2号 塩谷広域行政のごみ処理に於けるダイオキシン削減対策の推進を求める陳情書につきましては、まだ審査が終了しておりませんので、本定例会最終日までに審査を終了しご報告を申し上げます。

 以上です。



○議長(小林迪夫君) お諮りいたします。

 ただいまの常任委員長報告は、審査が終了していないので本定例会の最終日に審査の経過と結果について報告するとのことであります。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定をいたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中継続審査の陳情第8号の審査経過と結果報告



○議長(小林迪夫君) 日程第5、閉会中継続審査となっております陳情第8号 氏家町松島地区に塩谷行政組合の大型RDF化施設を建設することに反対する陳情書を議題といたします。

 環境問題特別委員長から報告を求めます。

 21番、鈴木俊一君。

     〔環境問題特別委員長 鈴木俊一君 登壇〕



◆環境問題特別委員長(鈴木俊一君) ご報告申し上げます。

 陳情第8号 氏家町松島地区に塩谷行政組合の大型RDF化施設を建設することに反対する陳情書についての結果でございますが、まだ審査が終了しておりませんので、本定例会最終日までに審査を終了しご報告申し上げます。

 以上、ご報告終わります。



○議長(小林迪夫君) お諮りいたします。

 ただいまの委員長報告は、審査が終了していないので本定例会の最終日に審査の経過と結果について報告するとのことであります。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中継続審査の陳情第9号の審査経過と結果報告



○議長(小林迪夫君) 日程第6、閉会中継続審査となっております陳情第9号 氏家町松島地区に塩谷広域行政組合の大型RDF製造施設を建設することに反対する陳情書を議題といたします。

 環境問題特別委員長から報告を求めます。

 21番、鈴木俊一君。

     〔環境問題特別委員長 鈴木俊一君 登壇〕



◆環境問題特別委員長(鈴木俊一君) ご報告申し上げます。

 陳情第9号 氏家町松島地区に塩谷広域行政組合の大型RDF製造施設を建設することに反対する陳情書につきまして、まだ審査が終了しておりませんので、本定例会最終日までに審査を終了しご報告申し上げます。

 終わります。



○議長(小林迪夫君) お諮りいたします。

 ただいまの委員長報告は、審査が終了していないので本定例会の最終日に審査の経過と結果について報告するとのことであります。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中継続審査の陳情第10号の審査経過と結果報告



○議長(小林迪夫君) 日程第7、閉会中継続審査となっております陳情第10号 塩谷広域行政組合のRDF化施設及びごみ処理施設建設に反対する陳情書を議題といたします。

 環境問題特別委員長から報告を求めます。

 21番、鈴木俊一君。

     〔環境問題特別委員長 鈴木俊一君 登壇〕



◆環境問題特別委員長(鈴木俊一君) ご報告申し上げます。

 陳情第10号 塩谷広域行政組合のRDF化施設及びごみ処理施設建設に反対する陳情書につきましては、まだ審査が終了しておりませんので、本定例会最終日までに審査を終了しご報告申し上げます。



○議長(小林迪夫君) お諮りいたします。

 ただいまの委員長報告は、審査が終了していないので本定例会の最終日に審査の経過と結果について報告するとのことであります。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中継続審査の陳情第13号の審査経過と結果報告



○議長(小林迪夫君) 日程第8、閉会中継続審査となっております陳情第13号 ジャスコ氏家店(仮称)出店反対に関する陳情を議題といたします。

 総務常任委員長から報告を求めます。

 5番、菅谷一夫君。

     〔総務常任委員長 菅谷一夫君 登壇〕



◆総務常任委員長(菅谷一夫君) ご報告申し上げます。

 陳情第13号 ジャスコ氏家店(仮称)出店反対に関する陳情書につきまして、まだ審査が終了しておりませんので、本定例会最終日までに審査を終了しご報告申し上げます。

 以上、報告終わります。



○議長(小林迪夫君) お諮りいたします。

 ただいまの常任委員長の報告は、審査が終了していないので本定例会の最終日に審査の経過と結果について報告するとのことであります。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中継続審査の陳情第14号の審査経過と結果報告



○議長(小林迪夫君) 日程第9、閉会中継続審査となっております陳情第14号 塩谷広域の可燃ごみ処理に関する陳情を議題といたします。

 教育民生常任委員長から報告を求めます。

 12番、黒崎保君。

     〔教育民生常任委員長 黒崎 保君 登壇〕



◆教育民生常任委員長(黒崎保君) ご報告いたします。

 陳情第14号 塩谷広域の可燃ごみ処理に関する陳情につきましては、まだ審査が終了しておりませんので、本定例会最終日までに審査を終了しご報告申し上げます。

 以上、報告終わります。



○議長(小林迪夫君) お諮りいたします。

 ただいまの委員長報告は、審査が終了していないので本定例会の最終日に審査の経過と結果について報告するとのことであります。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明



○議長(小林迪夫君) 日程第10、議案第1号 専決処分の承認を求めることについてから、議案第17号 町有財産の取得についてまでの17議案を議題といたします。

 提案者から提案理由の説明を求めます。

 町長。

     〔町長 人見健次君 登壇〕



◎町長(人見健次君) 平成13年の第4回氏家町議会定例会、大変ご苦労さまでございます。12月も半ばを迎えまして、朝晩大変寒さも厳しくなってきているところでありますけれども、本定例会よろしくお願いをしたいと思います。

 先ほど小野議員から故江連周一議員の追悼の言葉があったわけでございますけれども、私も信じられないことでありましたけれども、現実に訪れたことであります。そういうことで、生前中は大変に町政発展にご尽力をいただいたわけでありまして、天国からもこれからの氏家町よろしくお願いしたいと、そういうことで心から哀悼の意を表するところであります。

 それでは、定例会の提案理由の説明を申し上げたいと思います。

 今回、提出いたしました議案は、専決処分の承認1件、条例7件、予算8件、その他の議案1件、計17件であります。

 まず議案第1号の専決処分の承認を求めることについてご説明を申し上げます。

 地方自治法第 179条第1項の規定により専決処分をしたので、同条第3項の規定により議会にこれを報告し承認を求めるものであります。

 専決第7号は、平成13年度氏家町国民健康保険特別会計補正予算(第2号)であります。

 今回の補正予算は、老人医療費拠出金に不足が生じたため、一般被保険者療養給付費 201万 3,000円を補てんし、組みかえをいたしました。

 議案第2号は、政治倫理の確立のための氏家町長の資産等の公開に関する条例の一部改正についてであります。

 本案は、商法の一部改正により額面株式の制度が廃止されたことに伴い、所要の規定の整備を行うものであります。

 議案第3号は、議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についてであります。

 国において、人事院からの一般職の国家公務員の給与改定に関する勧告にかんがみ、特別職の国家公務員についても、一般職の期末手当の支給月数の引き下げに準じて改定を行うこととなりました。氏家町においてもこの趣旨を踏まえ、特別職である議会の議員の期末手当の額の改定を行うこととし、所要の改定を行うものであります。

 議案第4号は、氏家町長等の給与及び旅費に関する条例の一部改正についてであります。

 本案は、議案第3号と同様の理由により特別職である町長等の期末手当の額の改定を行うこととし、所要の改定を行うものであります。

 議案第5号は、氏家町職員の給与に関する条例の一部改正についてであります。

 国においては、人事院からの一般職の国家公務員の給与改定に関する勧告に基づき国家公務員の給与改定を行うこととなりました。氏家町職員の給与についても、地方公務員法の趣旨を踏まえ、国家公務員に準じ期末手当の支給月数の引き下げ及び暫定的な一時金の支給を行うこととし、所要の改正を行うものであります。

 議案第6号は、技能労務職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正についてであります。

 本案は、議案第5号と同様の理由により技能労務職員の給与改定に当たり、暫定的な一時金の支給に関する規定を整備するものであります。

 議案第7号は、企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正についてであります。

 本案は、議案第5号と同様の理由により、企業職員の給与改定に当たり暫定的な一時金の支給に関する規定を整備するものであります。

 議案第8号は、氏家町公共下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正についてであります。

 本案は、氏家町公共下水道基本計画区域のうち、氏家都市計画用途指定地域以外の区域を特定環境保全公共下水道事業として整備するに当たり、その建設費の一部に充てるべき受益者分担金に関する事項を定めるため、条例の一部を改正するものであります。

 議案第9号は、平成13年度氏家町一般会計補正予算(第4号)であります。

 今回の補正予算は、既定予算額に2億 3,998万 3,000円を追加し、予算の総額を90億5,588 万 8,000円とするものであります。

 まず歳入の主なものは、1款町税で 5,042万円、12款国庫支出金で児童福祉負担金 2,267万 2,000円、13款県支出金でとちぎの園芸ジャンプアップ対策事業費補助金 1,888万 1,000円、畜産環境改善緊急対策事業費補助金 2,038万 6,000円、14款財産収入で町有地売払い収入1億 987万 8,000円、16款繰入金で老人保健特別会計繰入金 7,281万円をそれぞれ追加、基金繰入金 6,800円を減額し、それぞれ計上いたしました。

 歳出の主なものは、まず給与改定等による人件費として 4,150万 5,000円を減額し、該当科目に計上いたしました。

 次に、2款総務費で賦課徴収事務費 553万 3,000円を追加、3款民生費で保育委託料等児童福祉事業費 3,961万 4,000円、児童手当支給事業費 2,767万円、4款衛生費でインフルエンザ等予防接種事業費 957万 2,000円を追加、5款農林水産業費でとちぎの園芸ジャンプアップ対策事業費 1,854万 1,000円、畜産環境改善緊急対策事業費 2,038万 6,000円、生産調整対策指導事業費 588万 7,000円を追加、9款教育費で小学校施設補修整備事業費 700万円、公民館管理費1億 901万 7,000円を追加、11款公債費で 1,075万 2,000円を減額、それぞれ計上いたしました。

 以上が議案第9号の概要であります。

 議案第10号は、平成13年度氏家町都市計画事業上阿久津台地土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)であります。

 今回の補正予算は、既定予算額に1億 1,615万 2,000円を追加し、予算総額を4億 2,833万 6,000円とするものであります。

 まず歳入では、一般会計から繰入金 7,734万 6,000円、前年度繰越金 3,880万 6,000円を、歳出の主なものは、道路築造等事業費として1億 2,000万円を追加、しそれぞれ計上いたしました。

 議案第11号は、平成13年度氏家町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)であります。

 今回の補正予算は、既定予算額から 293万 6,000円を減額し、予算の総額を11億 9,711万9,000 円とするものであります。

 まず歳入では、一般会計から繰入金 6,719万 1,000円を減額、前年度繰越金 5,167万円、消費税還付金等 1,258万 5,000円を追加、歳出では、給与改定等による人件費 330万 5,000円を減額、施設管理事業費36万 9,000円を追加し、それぞれ計上いたしました。

 議案第12号は、平成13年度氏家町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)であります。

 今回の補正予算は、既定予算額に 226万 3,000円を追加し、予算の総額を 5,025万 4,000円とするものであります。

 まず歳入では、一般会計から繰入金 123万 1,000円、前年度繰越金 103万 2,000円を追加、歳出では、給与改定等による人件費等一般管理費として 226万 3,000円を追加、それぞれ計上いたしました。

 議案第13号は、平成13年度氏家町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)であります。

 今回の補正予算は、既定予算額に1億 1,497万 3,000円を追加し、予算の総額を20億4,645 万 4,000円とするものであります。

 まず歳主なものは、4款国庫支出金で療養給付費等負担金老人保健医療費拠出金分として2,319 万 5,000円、10款繰入金で財政調整基金繰入金 8,452万 6,000円をそれぞれ追加計上いたしました。

 歳出の主なものは、2款保険給付費で一般被保険者療養給付費 4,098万 7,000円、退職被保険者等療養給付費 3,800万円を減額、一般被保険者高額医療費 551万円、出産育児一時期510 万円を追加、3款老人保健拠出金で老人保健医療費拠出金1億 7,555万 5,000円を追加し、それぞれ計上いたしました。

 議案第14号は、平成13年度氏家町老人保健特別会計補正予算(第2号)であります。

 今回の補正予算は、既定予算額に 7,335万 3,000円を追加し、予算の総額を22億 9,385万1,000 円とするものであります。

 まず歳入では、前年度繰越金 7,335万 3,000円を追加、歳出の主なものは、一般会計への繰出金 7,281万円を追加し、それぞれ計上いたしました。

 議案第15号は、平成13年度氏家町介護保険特別会計補正予算(第2号)であります。

 今回の補正予算は、既定予算額に 3,134万 1,000円を追加し、予算の総額を9億 4,510万8,000 円とするものであります。

 まず歳入の主なものは、前年度繰越金 3,209万円を追加、歳出の主なものは基金積立金で2,742 万円を追加し、それぞれ計上いたしました。

 議案第16号は、平成13年度氏家町水道事業会計補正予算(第2号)であります。

 今回の補正予算は、予算第3条に定めた収益的収入及び支出の予算額のうちから支出予定額の第1項営業費用として原水及び浄水費1万 1,000円を補正追加し、配水及び給水費 580万 2,000円、総係費 119万 1,000円をそれぞれ減額補正し、第2項営業外費用として支払利息 213万 5,000円を追加補正するものであります。

 議案第17号は、町有財産の取得についてであります。

 老朽化に伴うのぞみ保育園とまつのみ保育園の統廃合による仮称「氏家町東保育園」建設については、平成15年4月開園を目標に検討、準備を進めております。

 本案は、新保育園建設においてゆとりある保育と将来における保育施設の町全体の整備計画及び地域的バランスを考慮し、氏家町松山地内に建設することが最適と考え、新保育園建設用地として国道 293号線沿いの市の堀用水西側に隣接する齋藤一郎氏所有の土地を取得したいので、議会の議決に付すべき契約及財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により議会の議決を求めるものであります。

 以上が、今回提出いたしました議案の概要であります。何とぞご審議の上、議決くださいますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号に対する議案説明・質疑・討論・採決



○議長(小林迪夫君) これから議案番号順に質疑に入ります。

 日程第11、議案第1号 専決処分の承認を求めることについてを議題といたします。

 議案の説明を求めます。

 住民課長。

     〔住民課長 菅谷貴美子君 登壇〕



◎住民課長(菅谷貴美子君) 議案第1号の町長提案理由に補足説明させていただきます。

 老人保健医療費拠出金につきましては、12月補正対応を想定しておりましたところでありますけれども、今般の社会経済状況の影響を受け、国民健康保険の被保険者の増加に伴い、国保老人の被保険者がふえてきており、12月支払分において不足が生じましたので、一般被保険者療養給付費から不足額 201万 3,000円を補てんし、組みかえをさせていただいたものであります。



○議長(小林迪夫君) 本案について、質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(小林迪夫君) 本案について質疑はないものと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は常任委員会の審査を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 本案について討論に入ります。

 ご意見の発表を願います。

 まず反対討論の発言を許します。

     〔発言する者なし〕



○議長(小林迪夫君) 反対討論はないものと認めます。

 次に、賛成討論の発言を許します。

     〔発言する者なし〕



○議長(小林迪夫君) 賛成討論はないものと認め、討論を終結いたします。

 これより議案第1号を採決いたします。

 本案について承認することに賛成する諸君の起立を求めます。

     〔起立全員〕



○議長(小林迪夫君) 起立全員であります。

 よって、議案第1号は承認されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第2号に対する議案説明・質疑・討論・採決



○議長(小林迪夫君) 日程第12、議案第2号 政治倫理の確立のための氏家町長の資産等の公開に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 議案の説明を求めます。

 総務課長。

     〔総務課長 鴫原 清君 登壇〕



◎総務課長(鴫原清君) 議案第2号の政治倫理の確立のための氏家町長の資産等の公開に関する条例の一部改正ということでありますが、これは先ほど町長が申し上げましたが、商法の一部改正によりまして額面株式の制度が廃止されたことに伴います規定の整備を行うというものであります。

 皆さんのお手元に現行、改正後ということで新旧対照条文がいっていると思いますが、これは2条6号中、現行が「株式及び額面金額の総額」ということになっておりましたが、これを「及び株数」ということに改正するものであります。

 以上です。



○議長(小林迪夫君) 本案について、質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(小林迪夫君) 本案に対する質疑はないものと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は常任委員会の審査を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 本案について討論に入ります。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) 討論はないものと認めます。

 これより議案第2号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

     〔起立全員〕



○議長(小林迪夫君) 起立全員であります。

 よって、議案第2号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第3号に対する議案説明・質疑・討論・採決



○議長(小林迪夫君) 日程第13、議案第3号 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 議案の説明を求めます。

 総務課長。

     〔総務課長 鴫原 清君 登壇〕



◎総務課長(鴫原清君) 議案第3号 議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正ということでありますが、これは国において、人事院からの一般職の国家公務員の給与改定、これに関する勧告ということ、これに伴いまして特別職の国家公務員についても一般職の期末手当の支給月数の引き下げに準じて改正を行うというものでありますが、氏家町においても、この趣旨を踏まえ、特別職である議会の議員の期末手当の額の改定を行うというものでございます。これは12月期末手当0.05カ月分の引き下げということでございますが、今回、調整が間に合わなかったということから、引き下げる時期を平成14年3月実施するというものであります。

 詳細につきましては、条例案新旧対照条文のとおりということでございます。よろしくお願いいたします。



○議長(小林迪夫君) 本案について、質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(小林迪夫君) 本案に対する質疑はないものと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は常任委員会の審査を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 本案について討論に入ります。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) 討論はないものと認めます。

 これより議案第3号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

     〔起立全員〕



○議長(小林迪夫君) 起立全員であります。

 よって、議案第3号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第4号に対する議案説明・質疑・討論・採決



○議長(小林迪夫君) 日程第14、議案第4号 氏家町長等の給与及び旅費に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 議案の説明を求めます。

 総務課長。

     〔総務課長 鴫原 清君 登壇〕



◎総務課長(鴫原清君) 議案第4号 氏家町長等の給与及び旅費に関する条例の一部改正についてであります。

 これは議案第3号と同様の理由によりまして、特別職である町長等の期末手当の額の改定を行うというもので、これに伴いまして所要の改正を行うものであります。

 内容につきましては、先ほど申し上げました内容と同じでございますが、新旧対照条文を参考にしていただきたいと思います。

 以上です。



○議長(小林迪夫君) 本案について、質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(小林迪夫君) 本案に対する質疑はないものと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 本案について討論に入ります。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) 討論はないものと認めます。

 これより議案第4号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

     〔起立全員〕



○議長(小林迪夫君) 起立全員であります。

 よって、議案第4号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第5号に対する議案説明・質疑・討論・採決



○議長(小林迪夫君) 日程第15、議案第5号 氏家町職員の給与に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 議案の説明を求めます。

 総務課長。

     〔総務課長 鴫原 清君 登壇〕



◎総務課長(鴫原清君) 議案第5号 氏家町職員の給与に関する条例の一部改正についてということでございますが、これは期末手当については、議案第3、4号と同様でございます。特例一時金の官民格差、これは1カ月 313円、これの12カ月分ということで年間 3,756円ということになりますが、これについても、14年の3月の時点で在職する職員に対して支給するというものであります。

 以上です。



○議長(小林迪夫君) 本案について、質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(小林迪夫君) 本案に対する質疑はないものと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は常任委員会の審査を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 本案について討論に入ります。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) 討論はないものと認めます。

 これより議案第5号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

     〔起立全員〕



○議長(小林迪夫君) 起立全員であります。

 よって、議案第5号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第6号に対する議案説明・質疑・討論・採決



○議長(小林迪夫君) 日程第16、議案第6号 技能労務職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 議案の説明を求めます。

 総務課長。

     〔総務課長 鴫原 清君 登壇〕



◎総務課長(鴫原清君) 議案第6号 技能労務職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正についてでございます。

 これは議案第5号と同様の理由によりまして、技能労務職員の給与改定に当たり、暫定的な一時金の支給に関する規定を整備するというものでございます。

 詳細につきましては、新旧対照条文のとおりでございます。



○議長(小林迪夫君) 本案について、質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(小林迪夫君) 本案に対する質疑はないものと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は常任委員会の審査を省略いたしたいと思います。これにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 本案について討論に入ります。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) 討論はないものと認めます。

 これより議案第6号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

     〔起立全員〕



○議長(小林迪夫君) 起立全員であります。

 よって、議案第6号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第7号に対する議案説明・質疑・討論・採決



○議長(小林迪夫君) 日程第17、議案第7号 企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 議案の説明を求めます。

 総務課長。

     〔総務課長 鴫原 清君 登壇〕



◎総務課長(鴫原清君) 議案第7号 企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正についてでございます。

 議案第5号と同様の理由によりまして、企業職員の給与改定に当たり暫定的な一時金の支給に関する規定を整備するというものであります。この企業職員ということについては、水道課の職員でございます。

 内容については、新旧対照条文のとおりでございます。

 以上です。



○議長(小林迪夫君) 本案について、質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(小林迪夫君) 本案に対する質疑はないものと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は常任委員会の審査を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 本案について討論に入ります。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) 討論はないものと認めます。

 これより議案第7号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

     〔起立全員〕



○議長(小林迪夫君) 起立全員であります。

 よって、議案第7号は原案のとおり可決されました。

 この際暫時休憩いたします。

 休憩時間は11時10分までといたします。

                             (午前10時52分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(小林迪夫君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。

                             (午前11時10分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第8号に対する質疑・建設常任委員会付託



○議長(小林迪夫君) 日程第18、議案第8号 氏家町公共下水道事業受益者負担に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案について質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(小林迪夫君) 本案に対する質疑はないものと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は会議規則第38条の規定により建設常任委員会に付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第8号は建設常任委員会に付託して審査することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第9号に対する質疑・各常任委員会付託



○議長(小林迪夫君) 日程第19、議案第9号 平成13年度氏家町一般会計補正予算(第4号)を議題といたします。

 本案について質疑に入ります。

 22番、櫻井伸彰君。

     〔22番 櫻井伸彰君 登壇〕



◆22番(櫻井伸彰君) 第9号中、とちぎの園芸ジャンプアップ対策事業費補助金ということで歳出歳入に計上されていますが、その内容についてまずお聞きをしたいと思います。

 町は、この園芸ジャンプアップ対策を取り入れて、施設農家の拡充なりウォーターカーテンとか大型ハウスということで、施設農家の拡充に努力をして、その成果があらわれてきましたけれども、ここへ来てこの10月ですか、町の春菊の生産農家から残留の農薬が出たというようなことで、非常に農家で心配をしている。場合によっては、出荷停止になるんじゃないかって一時そんなうわさが流れましたけれども、それはないというふうなことなんですけれども、町はジャンプアップということでいろいろな施策を行ってきましたけれども、事業主体の農協とか、あと農家の自覚が一番大切で、行政がかかわる面は少ないかもしれませんけれども、四、五年前にもニラの出荷の中から農薬が出たとか、今回また出たということで、今低農薬だとか減農薬、有機栽培というようなことが言われていますけれども、行政としてのそういう指導面、直接立ち入る部分は農協が主体ですから少ないかと思いますけれども、特に町長、施設野菜というかずっと携わってきた経験があると思いますから、そういった面から町の指導なり、今回の件についての町の対応なりをお聞きしたいと思います。



○議長(小林迪夫君) 町長。

     〔町長 人見健次君 登壇〕



◎町長(人見健次君) 櫻井議員の質問にお答えをしたいと思うんですが、園芸ジャンプアップということですが、これは県の方、国の方の補助金等でありますけれども、氏家町生産調整等々の問題がありまして、なかなか生産者各専門部の施設園芸に対する補助金等もなかなか満足にいかない状態があります。そんなことで優先順位といいますか、補助金等も県内でそういう状況があります。

 そんな中で、今春菊の農薬の濃度がちょっと強いということで市場の方から指摘があったということで私も受けて話聞きました。そんなことで、価格をある程度の期間下げて改良するという話も聞きました。

 そんなことで、そういう指導、農政課の方と農協の方の連携をとりながら進めていると思いますけれども、現実問題として出荷時期の、その春菊はすぐに加工して食べるということで農薬の濃度、抜き打ち検査ですか、そのときにそういうものが出たということの報告は来ているんですが。そんなことで今後そういうことのないように行政指導、農協、各関係機関と連携をとりながら進めていくものだと思いますので、担当課長からその旨の説明をいたさせます。



○議長(小林迪夫君) 農政課長。

     〔農政課長 柄木田守男君 登壇〕



◎農政課長(柄木田守男君) 櫻井議員の質疑に対しまして、町長答弁を補足させていただきます。

 とちぎの園芸ジャンプアップ対策事業のことですが、これは栃木県が作成しております首都圏農業推進計画、これに基づく米麦以外の園芸作物振興していこうということであります。

 今回の補正の内容ですけれども、各農家になるものと、それから農協が事業主体になるものがございます。

 まず各農家に補助対象とするものとしてはイチゴの関係なんですが、ナイアガラという施設があるんですが、これらに対する助成が 1,277万 3,000円ということでございます。これは対象農家15戸ということで、これ地面でやるんじゃなくて地上でやるというような方式でございます。それからウドのパイプハウスということで、これ新規作物ということで導入しております。これが8軒ほどありますが、これに対するものが 181万 5,000円ということで、これパイプハウスにあわせまして、地上に電熱線を埋設、気温を上げるということですね、そういったことで冬場、12月、1月について促成を施しまして出荷するという方式に対する補助の内容でございます。また、ナス農家については、15戸なんですが、これは一般のパイプハウスということで、建てかえというかそういったものでございます。それから、カーネーション農家については3戸なんですが、これは花の結束機、それから結束したものを皮というんですか、ナイロンの袋にあれするわけなんですが、そういったことで出荷していくわけなんですが、これに対するものが36万 5,000円ということです。

 それから農協の保冷庫ですが、これが事業費 1,647万 4,000円なんですが、補助金で 658万 9,000円ということでございます。

 以上が 1,854万 1,000円の補助金の内容でございます。

 なお、全体の事業費としては 2,584万 1,000円ということでして、これは補助率が、県単事業ですけれども4割補助ということで対象になっております。

 それから、残留農薬ですか、春菊については、ちょっと私お恥ずかしいんですが耳にしておりませんでした。部会と農協等とよくお話を聞きながら、そういうことのないように県の振興事務所の普及部等と相談しながら指導していきたいというふうに考えております。

 以上です。



○議長(小林迪夫君) 12番、黒崎保君。

     〔12番 黒崎 保君 登壇〕



◆12番(黒崎保君) 議案書の47ページ、今のジャンプアップのその下のところですけれども、畜産費として畜産環境改善研究対策事業として 2,038万 6,000円が計上されております。これ具体的にどういう事業なのか、今回の狂牛病問題と関係があるのかないのか、その辺のところを具体的にお聞かせ願いたいというふうに思います。



○議長(小林迪夫君) 町長。

     〔町長 人見健次君 登壇〕



◎町長(人見健次君) 黒崎議員の質問にお答えをしたいと思います。

 ただいまの畜産の環境でございますが、各畜産農家の堆肥の倉庫といいますか堆肥所が露天になっている。そして、床が土間といいますか、そういうものを一つの法律で改正されると思うんですがそんなことで、改善をするというようなことで補助金等がつくわけでありまして、そういう畜産の環境をよくするために堆肥の置き場を改善をすると、そういう補助金だと思います。詳しいことは担当課長にお願いしたいと思うんですが、そんなことで今生活環境がいろいろな角度から指摘されておりますので、そういう畜産農家に対する環境整備を国を挙げて進めていくという内容であります。



○議長(小林迪夫君) 農政課長。

     〔農政課長 柄木田守男君 登壇〕



◎農政課長(柄木田守男君) 黒崎議員の質疑に対しまして、町長答弁を補足いたします。

 家畜環境改善緊急対策事業ですけれども、これは町長が今お話いたしましたように、生活環境ということで今大分騒がれております。そういうことで、家畜排せつ管理利用法という法律が14年4月から適用されるということになります。そういったことで、屋敷でもあるんですけれども野外に野積みというんですか、そういったことをなくすということですね。そういったことで各畜産農家に堆肥舎、これを補助していくということでございます。

 今回は5件の申請でございます。事業費といたしましては 1,564万 5,000円ということで、それの2分の1の補助対象、これも県単なんですけれども、2分の1対象ということでございます。堆肥舎のほかにその運ぶあれですね、ローラーというのがあるんですが、それを入れる農家もございます。

 今、BSEですか、それとの関係は直接はございません。

 以上です。



○議長(小林迪夫君) 20番、永井正二君。

     〔20番 永井正二君 登壇〕



◆20番(永井正二君) 37ページの総務費2款4項6目ですか、氏家町町長選挙費用ということで、補正前ゼロで、今回補正が 316万 1,000円ということですが、来春町長選挙があるということは決まっておることであると思います。当然選挙事業があると、そのように思っております。当初予算になく、補正予算で今回計上されているわけですが、当然行われる事業が当初予算で計上されるべきであろうと思います。予算の編成について、少し疑問がありますのでお伺いしたいと思います。



○議長(小林迪夫君) 町長。

     〔町長 人見健次君 登壇〕



◎町長(人見健次君) 当初予算になぜ組まなかったかという話でありますが、当初の中ではいろいろと予算的にオーバーした面がありますから、そういういろいろなそれぞれの所管の調整をしながら最小限度に組んできたと。そういことで、いろいろな補正の中で組んだわけでありますけれども、内容等については総務課長から答弁いたさせます。



○議長(小林迪夫君) 総務課長。

     〔総務課長 鴫原 清君 登壇〕



◎総務課長(鴫原清君) 永井議員の質疑に対して、町長答弁の補足説明をさせていただきます。

 まずなぜ当初に組まなかったということなんですが、これはこの選挙関係ばかりでなく、すべて当初の段階においてはかなりの予算オーバーということで要求が出てきます。その中で、やはり必要に応じてその段階において組むという形を、こればかりじゃなくてすべてそういう形をとっておりますので、そんな関係で当初に組まずにその余裕というか時期を見計らって、その分ほかに本当に必要性があるものを優先的に組んでいくという形から補正という形で組ませていただきました。

 また、内容につきましては、現在になってからの方がさらに新しい内容がわかるということで、調整しながら組んだというのが現況でございます。この選挙、4月20日、たしか町長の任期ということになりますが、今回はそれに基づいて、一番町の公選法に基づいた選挙ということで議員の補欠選挙、これも同時に行うという計画でございます。



◆20番(永井正二君) 当然行われる事業においてはゼロということはないでしょう。

     〔総務課長 鴫原 清君 登壇〕



◎総務課長(鴫原清君) ゼロという形ではありませんね。当然内容については存置科目という形にはなっておりますが、やはりどうしても当初では本当にやらなくちゃならない事業があるということで、かなりの金額を何億というカット、これがありますので、一応そういうものを優先的に予算の組み方ということでは考えておりますので、そんな形をとらせていただいております。



○議長(小林迪夫君) 10番、和知勝夫君。

     〔10番 和知勝夫君 登壇〕



◆10番(和知勝夫君) 大変時間がオーバーすると思うんですが、関連した質問をさせていただきます。

 今、ジャンプアップ対策ですか、それと畜産緊急対策事業の補助金ということで説明がありましたが、今、社会情勢も非常に厳しい中、金融機関、あるいは大手ゼネコンですか、そういった企業が倒産しております。氏家町も宇信金などがこの間破綻したわけでございますが、そういったときに私も商工推進の委員長をやっているので質問させていただきたいんですが、町で今回町住宅、そういう公共事業を発注した業者が倒産したことはわかっていると思うんですが、そのようなときに、町の企業の方がかなりダメージを受けていると思います。

 そんな中で、この緊急畜産対策事業補助金ですか、こういったものを今後考えていただけるのか、また後この公共事業を入札指名するに当たって、町の町有住宅を発注するに当たって、選考審査が非常に甘いんではないかと、このように私思うんですが、その辺の選考の基準ですか、倒産しておりますからあれなんですが、今回の清水屋組の倒産に当たってどのような選考基準でもって選考したか、その辺のところを説明お願いしたいと思います。



○議長(小林迪夫君) 町長。

     〔町長 人見健次君 登壇〕



◎町長(人見健次君) 和知議員の質問にお答えをしたいと思うんですが、先日は宇信金の破綻ということで、町では一つの窓口として商工会の役員の方と話をしまして、町でできるものについては町の窓口を設けて町民のいろいろな要望について受け入れをしましょうということで、企画を窓口にして町でできるもの、あるいは商工会でできるもの、そしてそれを県・国にお願いするもの等々で、それぞれの役割分担でやりましょうということで宇信金の対応策は進めてきました。

 その後、ただいまご指摘の清水屋組さんの話が出ましたけれども、その問題についても町としても大変に大きな問題として、こういうふうな景気の低迷の中でそういう状況が起きてきたわけですが、そういう対応という話ですが、具体的な問題としてはなかなか今取り組んでいないところでありますけれども、そういう状況の中でどういう指名入札をしたのかという話でありますが、これについては助役から、担当は助役でありますので助役から答弁させますけれども、今後、そういうもので商工会との連携をさらに強化をしながら、そういうものを商工費等々で何らかの形で組めるものがあれば今後検討する余地はあると、そのように思うところであります。



○議長(小林迪夫君) 助役。

     〔助役 秋元喜平君 登壇〕



◎助役(秋元喜平君) 和知議員のご質問にお答えいたします。

 和知議員も指名業者の一人ですから、評点ですな、例えばランクづけについてはもう十分ご認識のとおりだと思うんですが、今回の倒産の業者につきましては、もちろん我々もその基準に従ってランクはつけておりますから、そのランクに従って指名をしたと。

 その倒産に至るまでの経緯の状況につきましては、私たちの聞くところによりますと、高根沢山本組との関連が非常に深かったと。突発的な事故というように判断をしておりまして、それぞれの会社の経営の内容につきましては、以前からある程度の過程を経て結果が出るんならば我々も予知はできますが、突発的なことにつきましては、何ともどうも予知が難しいと。ただ指名につきましては、そういう一つの基準に従って指名をしたということでございます。よろしいですか。



○議長(小林迪夫君) 本案に対する質疑は終わったものと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は会議規則第38条の規定により各常任委員会に付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第9号は各常任委員会に付託して審査することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第10号に対する質疑・建設常任委員会付託



○議長(小林迪夫君) 日程第20、議案第10号 平成13年度氏家都市計画事業上阿久津台地土地区画整理事業特別会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 本案について質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(小林迪夫君) 本案に対する質疑はないものと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は会議規則第38条の規定により建設常任委員会に付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第10号は建設常任委員会に付託して審査することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第11号に対する質疑・建設常任委員会付託



○議長(小林迪夫君) 日程第21、議案第11号 平成13年度氏家町公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 本案について質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(小林迪夫君) 本案に対する質疑はないものと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は会議規則第38条の規定により建設常任委員会に付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第11号は建設常任委員会に付託して審査することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第12号に対する質疑・建設常任委員会付託



○議長(小林迪夫君) 日程第22、議案第12号 平成13年度氏家町農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 本案について質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(小林迪夫君) 本案に対する質疑はないものと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は会議規則第38条の規定により建設常任委員会に付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第12号は建設常任委員会に付託して審査することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第13号に対する質疑・教育民生常任委員会付託



○議長(小林迪夫君) 日程第23、議案第13号 平成13年度氏家町国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を議題といたします。

 本案について質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(小林迪夫君) 本案に対する質疑はないものと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は会議規則第38条の規定により教育民生常任委員会に付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第13号は教育民生常任委員会に付託して審査することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第14号に対する質疑・教育民生常任委員会付託



○議長(小林迪夫君) 日程第24、議案第14号 平成13年度氏家町老人保健特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 本案について質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(小林迪夫君) 本案に対する質疑はないものと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は会議規則第38条の規定により教育民生常任委員会に付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第14号は教育民生常任委員会に付託して審査することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第15号に対する質疑・教育民生常任委員会付託



○議長(小林迪夫君) 日程第25、議案第15号 平成13年度氏家町介護保険特別会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 本案について質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(小林迪夫君) 本案に対する質疑はないものと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は会議規則第38条の規定により教育民生常任委員会に付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第15号は教育民生常任委員会に付託して審査することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第16号に対する質疑・建設常任委員会付託



○議長(小林迪夫君) 日程第26、議案第16号 平成13年度氏家町水道事業会計補正予算(第2号)を議題といたします。

 本案について質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(小林迪夫君) 本案に対する質疑はないものと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は会議規則第38条の規定により建設常任委員会に付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第16号は建設常任委員会に付託して審査することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第17号に対する質疑・教育民生常任委員会付託



○議長(小林迪夫君) 日程第27、議案第17号 町有財産の取得についてを議題といたします。

 本案について質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(小林迪夫君) 本案に対する質疑はないものと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は会議規則第38条の規定により教育民生常任委員会に付託いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、議案第17号は教育民生常任委員会に付託して審査することに決定いたしました。

 ただいままでの付託議案につきましては、各常任委員会において会期中に審査を終了し、会期第10日、すなわち12月21日の本会議において各常任委員長は審査の経過と結果について報告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△発議案第1号に対する趣旨説明・質疑・討論・採決



○議長(小林迪夫君) 日程第28、発議案第1号を議題といたします。

 提案者から趣旨の説明を求めます。

 5番、菅谷一夫君。

     〔5番 菅谷一夫君 登壇〕



◆5番(菅谷一夫君) 報告いたします。

 本案は、議会の権限に属する事項のうち、性質上迅速な処理が必要とされ、軽易な事項と認められる範囲内の損害賠償の額の決定について、地方自治法第 180条第1項の規定により町長の専決処分事項として委任するため、議会の議決を求めるものであります。

 以上、報告終わります。



○議長(小林迪夫君) 本案について質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(小林迪夫君) 本案に対する質疑はないものと認めます。

 よって、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案は常任委員会の審査を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 本案について討論に入ります。

 討論はありませんか。

     〔「なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) 討論はないものと認めます。

 これより発議案第1号を採決いたします。

 本案は原案のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

     〔起立全員〕



○議長(小林迪夫君) 起立全員であります。

 よって、発議案第1号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情の委員会付託



○議長(小林迪夫君) 日程第29、陳情の委員会付託についてを議題といたします。

 今期定例会において、本日までに受理した陳情はお手元に配付の陳情文書表のとおり、それぞれの所管の常任委員会に付託いたしますので、ご了承願います。

 なお、付託いたしました陳情につきましては、会期中に審査を終了し会期第10日、すなわち12月21日の本会議において、委員長は審査の経過と結果について報告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△国会等移転推進特別委員会委員の補充選任について



○議長(小林迪夫君) 日程第30、国会等移転推進特別委員会委員の補充選任を議題といたします。

 ただいま国会等移転推進特別委員会委員1名が欠員となっております。つきましては、氏家町議会委員会条例第6条第1項の規定により国会等移転推進特別委員会委員の補充選任を行います。

 国会等移転推進特別委員会委員に7番、菊地要一君を指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(小林迪夫君) ご異議なしと認めます。

 よって、ただいま指名いたしました7番、菊地要一君を国会等移転推進特別委員会委員に補充選任することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程について



○議長(小林迪夫君) 会期第2日の12月13日は午前10時から本会議を開き一般質問を許す予定であります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(小林迪夫君) 以上で、会期第1日の議事は終了いたしましたので、本日はこれにて散会いたします。

                             (午前11時48分)