議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 さくら市

平成25年  6月 定例会(第2回) 06月13日−03号




平成25年  6月 定例会(第2回) − 06月13日−03号









平成25年  6月 定例会(第2回)



          平成25年第2回さくら市議会定例会

◯議事日程(第3号)

                 平成25年6月13日(木曜日)午前10時開議

第1 追加議案第1号 平成25年度さくら市一般会計補正予算(第1号)に対する文教厚生常任委員長の審査結果報告・質疑・討論・採決

第2 陳情第17号 年金2.5%の削減中止を求める陳情に対する文教厚生常任委員長の審査結果報告・質疑・討論・採決

第3 陳情第18号 蒲須坂駐在所(さくら市蒲須坂156番地4)を蒲須坂駅前地に移転させることに関する陳情書に対する総務常任委員長の審査結果報告・質疑・討論・採決

第4 陳情第19号 荒川岸の崖崩れによる住宅損壊等危険防止対策に関する陳情書に対する総務常任委員長の審査結果報告・質疑・討論・採決

第5 議会運営委員会の閉会中の継続調査について

第6 各常任委員会の閉会中の継続調査について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 議事日程のとおり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(21名)

       1番 内藤 進君       2番 石原孝明君

       3番 福田克之君       4番 小菅哲男君

       5番 加藤朋子君       6番 永井孝叔君

       7番 若見孝信君       8番 五十嵐せつ子君

       9番 大橋悦男君      10番 大貫郁太郎君

      11番 楠 利明君      12番 石岡祐二君

      13番 渋井康男君      14番 鈴木恒充君

      15番 角田憲治君      16番 手塚 定君

      17番 小堀道正君      18番 佐藤武久君

      19番 黒尾和栄君      20番 小堀勇人君

      21番 矢澤 功君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のための出席者

    市長       人見健次君   副市長      角田静雄君

    総務部長     加藤誠一君   市民福祉部長   大木陽一君

    産業経済部長   小竹 享君   建設部長兼上下水道事務所長

                              永井 実君

    会計管理者兼会計課長       企画政策課長   添田和弘君

             橋本明夫君

    総務課長     高瀬則男君   財政課長     佐野朝男君

    税務課長     見目和昭君   市民福祉課長   櫻井達夫君

    保険高齢対策課長 高橋輝男君   健康増進課長   秋元 康君

    児童課長     鈴木英雄君   環境課長     田崎次男君

    市民生活課長   阿久津裕子君  農政課長     関  誠君

    商工観光課長   後藤英男君   建設課長     吉永一臣君

    都市整備課長   小森 眞君   水道課長     中田一男君

    下水道課長    木村重則君   教育長      岡田 正君

    教育次長     瀬戸浩也君   学校教育課長   君嶋福芳君

    生涯学習課長   川崎保成君   スポーツ振興課長 高山 登君

    農業委員会事務局長

             関  誠君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯事務局職員出席者

    事務局長     大山忠雄君   書記       木下秀房君

    書記       薄井昌子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(鈴木恒充君) ただいまの出席議員は21人であります。会議の定足数に達していますから、直ちに会期第9日の会議を開きます。

 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。

                             (午前10時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加議案第1号に対する文教厚生常任委員長の審査結果報告・質疑・討論・採決



○議長(鈴木恒充君) 日程第1、追加議案第1号 平成25年度さくら市一般会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 本案について、文教厚生常任委員長から報告を求めます。

 1番、内藤進君。

     〔文教厚生常任委員長 内藤 進君 登壇〕



◆文教厚生常任委員長(内藤進君) おはようございます。

 それでは、追加議案第1号 平成25年度さくら市一般会計補正予算(第1号)について、その審査の経過と結果についてご報告申し上げます。

 当委員会は、6月7日午後4時より、市役所議員控室において、全委員出席のもと文教厚生常任委員会を開催いたしました。

 議案説明のために出席を求めた者は、教育長、教育次長、学校教育課長、市民福祉部長、保険高齢対策課長であります。

 まず、本案について担当課長から議案の内容について説明を求め、審査を行いました。

 質疑の主な要旨については、次のとおりであります。

 委員より、今回の補正は労務単価の高騰により現予算では執行できない可能性があるという説明であったが、現実的には建築資材の高騰も懸念されている。その見通しをどのように考えているのかとの質疑に対し、委員指摘のとおり、労務単価のみだけではなく資材等の値上がりがあると思われるが、現状では労務単価を改正という県からの通知なので、その根拠での補正となった。今後の動向を注意深く見守っていきたいとの答弁がありました。

 また、委員より、今、東北地方での建築や土木の仕事が非常に多くなり、人と物が不足気味になっている。これによる公共工事費の影響が考えられるが、できるだけ当初予算の範囲内で事業が遂行できるよう頑張っていただきたいとの意見も出されました。

 質疑を終結、討論を省略し、採決の結果、全委員の賛成により、追加議案第1号 平成25年度さくら市一般会計補正予算(第1号)につきましては、原案どおり可決すべきものと決しました。

 以上、報告いたします。



○議長(鈴木恒充君) ただいまの委員長報告に対し、質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) 質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、討論を省略し直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(鈴木恒充君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 これより追加議案第1号を採決いたします。

 本案に対する委員長の報告は可決であります。本案について委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

     〔起立全員〕



○議長(鈴木恒充君) 起立全員であります。

 よって、追加議案第1号は委員長の報告のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情第17号に対する文教厚生常任委員長の審査結果報告・質疑・討論・採決



○議長(鈴木恒充君) 日程第2、陳情第17号 年金2.5%の削減中止を求める陳情を議題といたします。

 文教厚生常任委員長から報告を求めます。

 1番、内藤進君。

     〔文教厚生常任委員長 内藤 進君 登壇〕



◆文教厚生常任委員長(内藤進君) 陳情第17号 年金2.5%の削減中止を求める陳情について、その審査の経過と結果についてご報告申し上げます。

 本案につきましては、昨年11月に成立した法律に基づき本年10月からの実施を阻止しようという趣旨のものです。

 審査においては、各委員からさまざまな意見が出されましたが、本来公的年金の支給額は物価上昇時には増額し、物価下落時には減額することが原則でありましたが、デフレ下では名目ベースでの年金支給額が高どまりする状況となっていたため、今回その解消を図るもので、単純に年金削減の流れを意図するものではなく、給付と負担のバランス、景気の上昇を図りながら、持続可能な年金制度の確保に資するものと理解されているという結論になりました。

 審査を終結、討論なく、採決の結果、委員全員により不採択とすべきものと決しました。

 以上、報告いたします。



○議長(鈴木恒充君) ただいまの委員長報告に対し、質疑に入ります。

 質疑ございませんか。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) 質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。

 本陳情について討論に入ります。ご意見の発表を願います。

 まず、反対討論の発言を許します。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) 次に、賛成討論の発言を許します。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) 討論はないものと認め、討論を終結いたします。

 これより陳情第17号を採決いたします。

 陳情第17号に対する委員長の報告は不採択であります。陳情第17号について、委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

     〔起立全員〕



○議長(鈴木恒充君) 起立全員であります。

 よって、陳情第17号は委員長の報告のとおり不採択とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情第18号に対する総務常任委員長の審査結果報告・質疑・討論・採決



○議長(鈴木恒充君) 日程第3、陳情第18号 蒲須坂駐在所(さくら市蒲須坂156番地4)を蒲須坂駅前地に移転させることに関する陳情書を議題といたします。

 総務常任委員長から報告を求めます。

 4番、小菅哲男君。

     〔総務常任委員長 小菅哲男君 登壇〕



◆総務常任委員長(小菅哲男君) 皆さん、おはようございます。

 ご報告を申し上げます。

 本委員会に付託されました陳情第18号、蒲須坂駐在所、現さくら市蒲須坂156番地の4を蒲須坂駅前地に移転させることに関する陳情書についての審査の経過と結果につきご報告を申し上げます。

 去る6月10日午前9時、議員控室において、全委員出席のもと総務常任委員会を開催いたしました。

 議案説明のため出席を求めた者は、総務部長、会計管理者兼会計課長、企画政策課長、総務課長、財政課長、税務課長、監査委員事務局長、議会事務局長であります

 審査に入る前に現地調査を行い、地元関係者から話を聞くとともに、市担当者から市の土地の現状の説明を受けました。午前10時40分、所管事項の現地調査終了後、直ちに審査に入りました。本件に関しましては、駅の安全・安心な利用のため、駐在所を現在地から駅前に移転させることが地域全体の要望であることと、駅前市有地内に移転するスペースが確保できることなどから、陳情の願意は妥当と認められる。

 さらに、本陳情が県に対しても行われているということから、今後適切な対策が講じられることを期待し、採決の結果、委員全員の賛成により、陳情第18号は採択すべきものと決定をいたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(鈴木恒充君) ただいまの委員長報告に対し、質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) 質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。

 本陳情について討論に入ります。ご意見の発表を願います。

 まず、反対討論の発言を許します。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) 次に、賛成討論の発言を許します。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) 討論はないものと認め、討論を終結いたします。

 これより陳情第18号を採決いたします。

 陳情第18号に対する委員長の報告は採択であります。陳情第18号について、委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

     〔起立全員〕



○議長(鈴木恒充君) 起立全員であります。

 よって、陳情第18号は委員長の報告のとおり採択することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情第19号に対する総務常任委員長の審査結果報告・質疑・討論・採決



○議長(鈴木恒充君) 日程第4、陳情第19号 荒川岸の崖崩れによる住宅損壊等危険防止対策に関する陳情書を議題といたします。

 総務常任委員長から報告を求めます。

 4番、小菅哲男君。

     〔総務常任委員長 小菅哲男君 登壇〕



◆総務常任委員長(小菅哲男君) 続きまして、当委員会に付託されました陳情第19号 荒川岸の崖崩れによる住宅損壊等危険防止対策に関する陳情書について、審査の経過と結果につきご報告を申し上げます。

 この陳情についてもまず現地調査を行い、地元関係者からの話、さらに市担当者によりこれまでの経緯、市の対応などについて説明を受けました。その後、慎重に審議した結果、土砂災害警戒区域に指定されているものの、市で直接対応できるものは限られる。ただし、想定外の災害が発生している現状では、一日でも早い対策を講じてほしいという願意は妥当と認められる。

 関係機関への働きかけも含め、対策を講じていくべきものと全委員の意見の一致を見、採決の結果、委員全員の賛成により、陳情第19号は採択すべきものと決定いたしました。

 以上、報告を終わります。



○議長(鈴木恒充君) ただいまの委員長報告に対し、質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) 質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。

 本陳情について討論に入ります。ご意見の発表を願います。

 まず、反対討論の発言を許します。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) 次に、賛成討論の発言を許します。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) 討論はないものと認め、討論を終結いたします。

 これより陳情第19号を採決いたします。

 陳情第19号に対する委員長の報告は採択であります。陳情第19号について、委員長の報告のとおり決することに賛成する諸君の起立を求めます。

     〔起立全員〕



○議長(鈴木恒充君) 起立全員であります。

 よって、陳情第19号は委員長の報告のとおり採択することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議会運営委員会の閉会中の継続調査について



○議長(鈴木恒充君) 日程第5、議会運営委員会の閉会中の継続調査の件を議題といたします。

 議会運営委員長から会議規則第109条の規定によってお手元に配付しましたとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(鈴木恒充君) ご異議なしと認めます。

 よって、委員長からの申し出のとおり閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△各常任委員会の閉会中の継続調査について



○議長(鈴木恒充君) 日程第6、総務常任委員会の閉会中の継続調査、文教厚生常任委員会の閉会中の継続調査、建設経済常任委員会の閉会中の継続調査の件を一括議題といたします。

 総務常任委員長、文教厚生常任委員長、建設経済常任委員長から会議規則第109条の規定によってお手元に配付したとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。

 お諮りいたします。

 各委員長の申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(鈴木恒充君) ご異議なしと認めます。

 よって、各委員長からの申し出のとおり閉会中の継続調査とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(鈴木恒充君) 以上で、本定例会の議事は全部終了いたしました。

 これをもって平成25年第2回さくら市議会定例会を閉会いたします。

                             (午前10時15分)

    署名議員

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

      議長      鈴木恒充

      署名議員    佐藤武久

      署名議員    黒尾和栄