議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 さくら市

平成25年  6月 定例会(第2回) 06月05日−01号




平成25年  6月 定例会(第2回) − 06月05日−01号









平成25年  6月 定例会(第2回)



                             さくら市告示第85号

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第101条の規定により、平成25年第2回さくら市議会定例会を次のとおり招集する。

               平成25年5月22日

                       さくら市長 人見健次

 1.期日  平成25年6月5日

 2.場所  さくら市議会議場

                ◯応招・不応招議員

◯応招議員(21名)

       1番 内藤 進君       2番 石原孝明君

       3番 福田克之君       4番 小菅哲男君

       5番 加藤朋子君       6番 永井孝叔君

       7番 若見孝信君       8番 五十嵐せつ子君

       9番 大橋悦男君      10番 大貫郁太郎君

      11番 楠 利明君      12番 石岡祐二君

      13番 渋井康男君      14番 鈴木恒充君

      15番 角田憲治君      16番 手塚 定君

      17番 小堀道正君      18番 佐藤武久君

      19番 黒尾和栄君      20番 小堀勇人君

      21番 矢澤 功君

◯不応招議員(なし)

          平成25年第2回さくら市議会定例会

◯議事日程(第1号)

                  平成25年6月5日(水曜日)午前10時開会

第1 会議録署名議員の指名

第2 会期の決定

第3 諸般の報告

第4 提案理由の説明

第5 議案第1号 さくら市職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部改正についてに対する質疑、討論、採決

第6 議案第2号 さくら市税条例の一部改正についてに対する質疑、討論、採決

第7 議案第3号 さくら市税外収入金に係る督促手数料及び延滞金徴収に関する条例の一部改正についてに対する質疑、討論、採決

第8 議案第4号 さくら市介護保険条例の一部改正についてに対する質疑、討論、採決

第9 議案第5号 さくら市後期高齢者医療に関する条例の一部改正についてに対する質疑、討論、採決

第10 議案第6号 さくら市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正について対する質疑、討論、採決

第11 議案第7号 さくら市スポーツ推進審議会条例の一部改正についてに対する質疑、討論、採決

第12 報告第1号 平成24年度さくら市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてに対する質疑

第13 報告第2号 平成24年度さくら市一般会計事故繰越し繰越計算書の報告についてに対する質疑

第14 報告第3号 平成24年度氏家都市計画事業上阿久津台地土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてに対する質疑

第15 報告第4号 平成24年度さくら市水道事業会計予算の繰越報告についてに対する質疑

第16 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦についてに対する質疑、討論、採決

第17 陳情の委員会付託

 (追加)

第1 提案理由の説明

第2 追加議案第1号 平成25年度さくら市一般会計補正予算(第1号)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 議事日程のとおり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(21名)

       1番 内藤 進君       2番 石原孝明君

       3番 福田克之君       4番 小菅哲男君

       5番 加藤朋子君       6番 永井孝叔君

       7番 若見孝信君       8番 五十嵐せつ子君

       9番 大橋悦男君      10番 大貫郁太郎君

      11番 楠 利明君      12番 石岡祐二君

      13番 渋井康男君      14番 鈴木恒充君

      15番 角田憲治君      16番 手塚 定君

      17番 小堀道正君      18番 佐藤武久君

      19番 黒尾和栄君      20番 小堀勇人君

      21番 矢澤 功君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のための出席者

    市長       人見健次君   副市長      角田静雄君

    総務部長     加藤誠一君   市民福祉部長   大木陽一君

    産業経済部長   小竹 享君   建設部長兼上下水道事務所長

                              永井 実君

    会計管理者兼会計課長       企画政策課長   添田和弘君

             橋本明夫君

    総務課長     高瀬則男君   財政課長     佐野朝男君

    税務課長     見目和昭君   市民福祉課長   櫻井達夫君

    保険高齢対策課長 高橋輝男君   健康増進課長   秋元 康君

    児童課長     鈴木英雄君   環境課長     田崎次男君

    市民生活課長   阿久津裕子君  農政課長     関  誠君

    商工観光課長   後藤英男君   建設課長     吉永一臣君

    都市整備課長   小森 眞君   水道課長     中田一男君

    下水道課長    木村重則君   教育長      岡田 正君

    教育次長     瀬戸浩也君   学校教育課長   君嶋福芳君

    生涯学習課長   川崎保成君   スポーツ振興課長 高山 登君

    農業委員会事務局長

             関  誠君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯事務局職員出席者

    事務局長     大山忠雄君   書記       薄井昌子君

    書記       野中元子君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開会及び開議の宣告



○議長(鈴木恒充君) ただいまの出席議員は21人であります。会議の定足数に達しておりますから、本日の会議を開きます。

 ただいまから平成25年第2回さくら市議会定例会を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

                             (午前10時00分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△表彰の伝達



○議長(鈴木恒充君) この際、日程に入る前に表彰の伝達を行います。

 去る5月22日に開催されました第89回全国市議会議長会定期総会において、13番、渋井康男君、15番、角田憲治君が市議会議員在職10年以上の一般表彰を受けました。

 よって、ここに表彰の伝達を行います。

 事務局長をして指名を申し上げますので、順次登壇願います。



◎事務局長(大山忠雄君) 読み上げさせていただきます。

 まず初めに、13番、渋井康男議員、お願いします。

     〔13番 渋井康男君 登壇〕



○議長(鈴木恒充君) 表彰状、さくら市、渋井康男殿。

 あなたは市議会議員として10年、市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第89回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰をいたします。平成25年5月22日、全国市議会議長会会長、佐藤祐文。代読。

 おめでとうございます。

     〔表彰状伝達〕(拍手)



◎事務局長(大山忠雄君) 続きまして、15番、角田憲治議員、お願いします。

     〔15番 角田憲治君 登壇〕



○議長(鈴木恒充君) 表彰状、さくら市、角田憲治殿。

 あなたは市議会議員として10年、市政の振興に努められ、その功績は著しいものがありますので、第89回定期総会に当たり、本会表彰規程により表彰いたします。平成25年5月22日、全国市議会議長会会長、佐藤祐文。代読。

 おめでとうございます。

     〔表彰状伝達〕(拍手)



○議長(鈴木恒充君) それでは、市長から祝辞発言の申し出がありますので、許可いたします。

 市長。

     〔市長 人見健次君 登壇〕



◎市長(人見健次君) 一言ご挨拶を申し上げます。

 ただいまは全国議長会から渋井議員、角田議員が、10年以上議員として地域のいろいろな行政に対して、ご尽力いただいたということで表彰いただいたところであります。心からお礼とお祝いを申し上げるところであります。

 さくら市も振りかえってみますと、合併からもう8年が経過しておりまして、9年目に当たります。その合併に際しましても、いろいろな形でご尽力をいただいたと、そのように思っているところであります。

 これから、さくら市の私の一つの願いでもあります一人一人が安心・安全で幸せの実感が持てるようなさくら市をつくるようこれからやっていきたいと、そのような思いでありますので、渋井議員、角田議員におかれましても、今後さくら市発展のために、市民の皆さんのためにもよろしくお願いをしたいと、そのように思います。

 このお祝いに際しまして、一言ご挨拶を申し上げたいと思います。

 おめでとうございました。



○議長(鈴木恒充君) 次に、受賞者を代表して15番、角田憲治君から発言の申し出がありますので、許可いたします。

     〔15番 角田憲治君 登壇〕



◆15番(角田憲治君) それではですね、今回10年表彰という形で渋井議員と私が受けたわけでありますけれども、代表いたしましてご挨拶を述べさせていただきたいと思います。

 6月定例会初日の冒頭に、このような厳粛な中で表彰式を挙行くださいました鈴木議長並びに議員の皆様に心から御礼を申し上げます。

 また、先ほど市長のほうからもお言葉をいただいたわけでありますけれども、本当に恐縮するところであります。ありがとうございました。

 私も10年というふうになります。これからの10年は長く感じますけれども、過ぎ去った10年を見るとあっという間な10年だったのかなというそんな感じがしますし、この10年間の中には本当に議会も随分活性化したのかなと。合併もありましたし、旧喜連川時代は議場というのはあってなかったんですね、コの字の議場だったんです。ですから、まさに体をなしていなかった。議会だよりも喜連川時代は2回しか発行していなかったと。そんなこともありますし、そんなことも踏まえて、随分市民からいろんな不満がありますけれどもね。我々議員としては随分活性化したのかなという感じがいたします。

 私、64になるわけでありますけれども、あと10年すると74ですから、そこまで甚だもつかどうかわかりませんけれども、支持くださった市民の皆様方、そして議員の皆様方、あと七、八年執行部の皆様方にご協力いただいて、どうにか末長く勤め上げることができました。これからも市民の代弁者として、さらにさくら市発展のために精いっぱい頑張っていきたいと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 簡単ではございますけれども、代表しての挨拶とさせていただきます。本当にありがとうございました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(鈴木恒充君) それでは、議事を進めさせていただきます。

 本日の議事日程は、お手元に配付したとおりであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(鈴木恒充君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第86条の規定により18番、佐藤武久君、19番、黒尾和栄君を指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(鈴木恒充君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 今期定例会の会期は、去る5月23日の議会運営委員会において協議いたしました結果により、本日から6月13日までの9日間と定めたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(鈴木恒充君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は本日から6月13日までの9日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(鈴木恒充君) 日程第3、諸般の報告をいたします。

 監査委員から、平成24年度及び平成25年度一般会計、特別会計の平成25年4月分、平成25年度水道事業会計の平成25年4月分の現金出納検査の結果報告が本職宛てにありましたので、ご報告申し上げておきます。

 次に、地方自治法第121条の規定により、本定例会に説明のため出席を求めた者の職・氏名につきましては、お手元に配付したとおりであります。

 本定例会の書記は、大山事務局長、薄井書記、野中書記であります。

 市長から議案が提出されておりますので、事務局長をして議案名を朗読させます。

     〔事務局長 朗読〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△提案理由の説明



○議長(鈴木恒充君) 日程第4、議案第1号から諮問第1号までの7議案、4報告、1諮問について、一括議題として提案者から提案理由の説明を求めます。

 市長。

     〔市長 人見健次君 登壇〕



◎市長(人見健次君) それでは、ただいま上程されました議案等の概要について、ご説明を申し上げます。

 今回提出いたしました付議事件は、議案7件、報告4件及び諮問1件であります。

 議案第1号は、さくら市職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部改正についてであります。

 本案は、地方自治法第28条第4項の規定による職員の失職の特例規程を定めるため、所要の改正を行うものであります。

 職員が禁錮以上の刑に処せられた場合には、たとえその刑の執行を猶予された場合にあっても、何らかの手続を経ることがなく地方公務員法の規定によりその職を失うとされております。

 条例に、禁錮以上の刑に処せられた職員のうち、その刑に係る罪は過失によるもので、かつ刑の執行を猶予されたときは、情状を考慮して特に必要と認める場合、その職を失わないものとすることができる旨の失職の特例規程を設けることにより、職員の失職に関し任命権者の判断を経ることが可能となるものであります。

 議案第2号は、さくら市税条例の一部改正についてであります。

 本案は、市中金利が低下していること等を踏まえまして、国税の見直しに合わせ、地方税に係る延滞金の利率の引き下げを行うものであります。

 市民税に関する主な改正については、給付金税額控除について読みかえ規定が追加されること、公益法人等に対して財産を寄附した場合の非課税の特例について適用範囲が拡充されること、消費税率等の引き上げに伴う住宅ローン控除が4年間延長されて、控除限度額も拡充されること等であります。

 また、東日本大震災に係る改正については、読みかえ部分をあらわす規定の整備及び附則改正の項ずれに伴う規定を整備するため、所要の改正を行うものであります。

 議案第3号は、さくら市税外収入金に係る督促手数料及び延滞金徴収に関する条例の一部改正についてであります。

 本案は、地方税の見直しに合わせまして、税外収入金に係る延滞金の利率を引き下げるため、所要の改正を行うものであります。

 議案第4号は、さくら市介護保険条例の一部改正についてであります。

 本案は、地方税の見直しに合わせ、介護保険料に係る延滞金の利率を引き下げるため、所要の改正を行うものであります。

 議案第5号は、さくら市後期高齢者医療に関する条例の一部改正についてであります。

 本案は、地方税の見直しに合わせ、後期高齢者医療保険料に係る延滞金の利率を引き下げるため、所要の改正を行うものであります。

 議案第6号は、さくら市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正についてであります。

 本案は、可燃ごみを市が収集運搬する場合に、市民等が使用するごみ袋について、可燃ごみの処理施設を運営している塩谷広域行政組合管内の市町の協議によりまして、20リットル用の可燃ごみ袋を追加するため、所要の改正を行うものであります。

 議案第7号は、さくら市スポーツ推進審議会条例の一部改正についてであります。

 本案は、平成25年4月の組織改革に伴いまして、教育委員会生涯学習課スポーツ振興室から教育委員会スポーツ振興課に変更するため、所要の改正を行うものであります。

 報告第1号は、平成24年度さくら市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてであります。

 地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づき、体質強化基盤整備促進事業外11件の繰越明許費繰越計算書を報告するものであります。

 報告第2号は、平成24年度さくら市一般会計事故繰越し繰越計算書の報告についてであります。

 地方自治法施行令第150条第3項の規定に基づきまして、道路改良事業の事故繰越し事故計算書を報告するものであります。

 報告第3号は、平成24年度氏家都市計画事業上阿久津台地土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてであります。

 地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づき、上阿久津台地土地区画整理事業の繰越明許費繰越計算書を報告するものであります。

 報告第4号は、平成24年度さくら市水道事業会計予算の繰越報告についてであります。

 地方公営企業法第26条第3項の規定に基づき、さくら市水道事業会計予算の繰越計算書を報告するものであります。

 諮問第1号は、人権擁護委員候補者の推薦についてであります。

 現委員淺田滋氏は平成25年9月30日をもって任期満了となるため、新たに渡邊幸雄氏を人権擁護委員候補者に推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものであります。

 以上が、今回提出いたしました議案の概要であります。

 何とぞ慎重審議の上、議決されますようにお願いを申し上げまして、説明とさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(鈴木恒充君) あらかじめご報告申し上げておきます。

 本日の会議において発言しようとする者は、会議規則第50条の規定により議長宛てに発言通告の提出を願っており、締め切り日までに1人から通告がありました。質疑の要旨については、お手元に配付したとおりであります。

 なお、今回、会議規則第51条の規定により、通告がない発言についても許可をしますので、発言をしようとするときは挙手をお願いいたします。

 それでは、議案番号順に質疑に入ります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号に対する質疑・討論・採決



○議長(鈴木恒充君) 日程第5、議案第1号 さくら市職員の分限に関する手続及び効果に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案に対し、質疑に入ります。

 5番、加藤朋子君。



◆5番(加藤朋子君) それでは、私のほうからは議案第1号に関して、2点質問させていただきます。

 まず1つ目ですが、地方公務員法28条4項、禁錮刑以上に処された場合失職するといった縛りですが、合併後のさくら市で現在までに同様のこのような分限処分、懲戒処分を受けた職員の方はいるのかどうかということ、いれば人数を教えていただければと思います。

 それからもう一つですね。全協の中で、たしか県内でも同様の改正をしたという市町村が26市町村中8市町あったというふうにお聞きしました。鹿沼など例を挙げていただいたんですが、そのほかはどこが同様の条例改正をしたのか。できれば理由ですね、その改正までに至った理由がわかれば、これは通告していませんのでわからなければ結構ですが、その2点お願いします。



○議長(鈴木恒充君) 総務課長。



◎総務課長(高瀬則男君) ただいまの加藤議員のご質問にお答えしたいと思います。

 1点目の分限処分等を受けた職員の有無でございますけれども、さくら市においては現在まで禁錮刑以上の刑に処せられ、その刑に係る罪や過失によるもので、かつ刑の執行を猶予された職員はございません。

 2点目の県内の状況でございますけれども、8市町でございますけれども、鹿沼市のほかに下野市、那須塩原市、那須烏山市、日光市、芳賀町、那須町、茂木町の8市町でございます。いずれも特例規定を設けてございまして、文言等については今回のさくら市で改正をお願いしている条項と同じでございます。

 その中で、那須塩原市でございますけれども、職員が公務中に交通事故、死亡事故を起こしまして、裁判により禁錮刑でかつ執行猶予の判決が下りました。それに合わせて、那須塩原市のほうでは条例の改正を検討いたしまして、特例規定を設けたという経緯がございます。

 以上でございます。



○議長(鈴木恒充君) 5番、加藤朋子君。



◆5番(加藤朋子君) ありがとうございます。

 では、那須塩原は、本当にさくら市同様のケースで条例に至ったという経緯を聞かせていただきました。

 もう一つちょっとお聞きしたいことがありまして、これは通告していないのでもしおわかりにならなければ結構なんですが、例えば今回条例前ですね、条例が改正されなければ、28条4項の規定によって失職した、分限処分を受けた場合は、退職金はどうなるんですか。退職組合のほうの規定では支給されるんですか、それともされないんですか。そのあたりお伺いしたいと思います。



○議長(鈴木恒充君) 総務課長。



◎総務課長(高瀬則男君) ただいまの再質問にお答えしたいと思います。

 さくら市、栃木県内の市町で加入しております退職手当組合の条例の中では、失職あるいは懲戒免職の場合、退職手当につきましては全部または一部を支給しないことができるという規定がございます。

 懲戒免職の場合は、通例ですと退職手当は支給をされないのが現状でございます。

 失職の場合、今回の条例改正前の状況ですけれども、当人のその事件の過失の度合いによりまして、一部支給がされる場合があるのではないかというようなことをお聞きしております。

 以上でございます。



○議長(鈴木恒充君) 5番、加藤朋子君。



◆5番(加藤朋子君) それでは、重ねて今回の条例が改正されましたら、退職金のほうはどうなるのか。

 最後にしたいと思います。お願いします。



○議長(鈴木恒充君) 課長。



◎総務課長(高瀬則男君) ただいまのご質問でございますけれども、今回まだ当該職員に対する起訴の段階には至ってございません。今回条例改正をお願いしまして、追って起訴になれば、そのときはまた懲戒審議会等で、その処分なりを検討していくことになると思います。

 もし仮に失職ということであれば、それは今回の交通事故の状況を勘案しまして一部支給をするのか、あるいは全部支給をしないのかというのを検討されるものだというふうに考えております。

 以上でございます。



○議長(鈴木恒充君) ほかにございませんか。

 本案に対する質疑は終わったものと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、常任委員会の付託及び討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(鈴木恒充君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたします。

 これより議案第1号を採決いたします。

 本案に賛成する諸君の起立を求めます。

     〔起立全員〕



○議長(鈴木恒充君) 起立全員であります。

 よって、議案第1号は可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第2号に対する質疑・討論・採決



○議長(鈴木恒充君) 日程第6、議案第2号 さくら市税条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案について、質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) 本案に対する質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、常任委員会の付託及び討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(鈴木恒充君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたします。

 これより議案第2号を採決いたします。

 本案に賛成する諸君の起立を求めます。

     〔起立全員〕



○議長(鈴木恒充君) 起立全員であります。

 よって、議案第2号は可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第3号に対する質疑・討論・採決



○議長(鈴木恒充君) 日程第7、議案第3号 さくら市税外収入金に係る督促手数料及び延滞金徴収に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案について、質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) 本案に対する質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、常任委員会の付託及び討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(鈴木恒充君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたします。

 これより議案第3号を採決いたします。

 本案に賛成する諸君の起立を求めます。

     〔起立全員〕



○議長(鈴木恒充君) 起立全員であります。

 よって、議案第3号は可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第4号に対する質疑・討論・採決



○議長(鈴木恒充君) 日程第8、議案第4号 さくら市介護保険条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案について、質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) 本案に対する質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、常任委員会の付託及び討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(鈴木恒充君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたします。

 これより議案第4号を採決いたします。

 本案に賛成する諸君の起立を求めます。

     〔起立全員〕



○議長(鈴木恒充君) 起立全員であります。

 よって、議案第4号は可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第5号に対する質疑・討論・採決



○議長(鈴木恒充君) 日程第9、議案第5号 さくら市後期高齢者医療に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案について、質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) 本案に対する質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、常任委員会の付託及び討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(鈴木恒充君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたします。

 これより議案第5号を採決いたします。

 本案に賛成する諸君の起立を求めます。

     〔起立全員〕



○議長(鈴木恒充君) 起立全員であります。

 よって、議案第5号は可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第6号に対する質疑・討論・採決



○議長(鈴木恒充君) 日程第10、議案第6号 さくら市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案について、質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) 本案に対する質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、常任委員会の付託及び討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(鈴木恒充君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたします。

 これより議案第6号を採決いたします。

 本案に賛成する諸君の起立を求めます。

     〔起立全員〕



○議長(鈴木恒充君) 起立全員であります。

 よって、議案第6号は可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第7号に対する質疑・討論・採決



○議長(鈴木恒充君) 日程第11、議案第7号 さくら市スポーツ推進審議会条例の一部改正についてを議題といたします。

 本案について、質疑に入ります。

 質疑ございませんか。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) 本案に対する質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、常任委員会の付託及び討論を省略し、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(鈴木恒充君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたします。

 これより議案第7号を採決いたします。

 本案に賛成する諸君の起立を求めます。

     〔起立全員〕



○議長(鈴木恒充君) 起立全員であります。

 よって、議案第7号は可決することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第1号に対する質疑



○議長(鈴木恒充君) 日程第12、報告第1号 平成24年度さくら市一般会計繰越明許費繰越計算書の報告についてを議題といたします。

 本案について、質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) 本案に対する質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。

 以上で、報告第1号は報告を終了いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第2号に対する質疑



○議長(鈴木恒充君) 日程第13、報告第2号 平成24年度さくら市一般会計事故繰越し繰越計算書の報告についてを議題といたします。

 本案について、質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) 本案に対する質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。

 以上で、報告第2号は報告を終了いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第3号に対する質疑



○議長(鈴木恒充君) 日程第14、報告第3号 平成24年度氏家都市計画事業上阿久津台地土地区画整理事業特別会計繰越明許費繰越計算書の報告についてを議題といたします。

 本案について、質疑に入ります。

 質疑ございませんか。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) 本案に対する質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。

 以上で、報告第3号は報告を終了いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第4号に対する質疑



○議長(鈴木恒充君) 日程第15、報告第4号 平成24年度さくら市水道事業会計予算の繰越報告についてを議題といたします。

 本案について、質疑に入ります。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) 本案に対する質疑はないものと認め、質疑を終結いたします。

 以上で、報告第4号は、報告を終了いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諮問第1号に対する質疑・討論・採決



○議長(鈴木恒充君) 日程第16、諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。

 お諮りいたします。

 本案については、人事案件のため、申し合わせにより質疑を省略し、常任委員会への付託及び討論を省略して、直ちに採決に入りたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(鈴木恒充君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

 これより諮問第1号を採決いたします。

 本案については、原案のとおり推薦同意することに賛成する諸君の起立を求めます。

     〔起立全員〕



○議長(鈴木恒充君) 起立全員であります。

 よって、諮問第1号は、原案のとおり推薦に同意することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情の委員会付託



○議長(鈴木恒充君) 日程第17、陳情の委員会付託についてを議題といたします。

 今定例会において本日までに受理した陳情につきましては、お手元に配付した陳情文書表のとおりであります。

 所管の常任委員会に付託いたしますので、ご了承願います。

 付託いたしました陳情については、会期中に審査を終了し、会期第9日、すなわち6月13日の本会議において、常任委員長は審査の経過と結果について報告願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程の追加



○議長(鈴木恒充君) 市長から1件の追加議案が提出されています。

 事務局長に議案名を朗読させます。

 事務局長。

     〔事務局長 朗読〕



○議長(鈴木恒充君) お諮りいたします。

 ただいま市長から1件の追加議案が提出されました。

 これを日程に追加し、追加日程第1、提案理由の説明、追加日程第2、追加議案第1号 平成25年度さくら市一般会計補正予算(第1号)として直ちに議題にしたいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(鈴木恒充君) ご異議なしと認めます。

 よって、そのように決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加議案第1号に対する提案理由の説明



○議長(鈴木恒充君) 追加日程第1、提案者から提案理由の説明を求めます。

 市長。

     〔市長 人見健次君 登壇〕



◎市長(人見健次君) それでは、追加議案につきましてご説明を申し上げます。

 本日議運、全協におきまして審議をいただきまして、大変ありがとうございます。

 また、追加議案としてお認めをいただきまして、大変ありがとうございます。

 それでは、内容等につきましてご説明を申し上げます。

 追加議案第1号は、平成25年度さくら市一般会計補正予算(第1号)であります。

 今回の補正予算は、既定予算額に793万2,000円を追加し、予算の総額を168億3,793万2,000円とするものであります。

 歳入では、18款繰入金で、学校整備基金繰入金43万2,000円、21款市債で、南小学校増設事業債750万円を追加し、それぞれ計上いたしました。

 歳出では、10款教育費で、南小学校増設事業費793万2,000円を追加し、計上いたしました。

 第2表債務負担行為の補正は、南小学校増設工事外1件の限度額を変更するものであります。

 第3表地方債の補正は、南小学校増設事業債の限度額を変更するものであります。

 以上が、今回提出いたしました追加議案の概要であります。

 何とぞ慎重審議の上、議決されますようにお願いを申し上げまして、提案理由の説明とさせていただきます。よろしくお願いします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加議案第1号に対する質疑・文教厚生常任委員会付託



○議長(鈴木恒充君) 追加日程第2、追加議案第1号 平成25年度さくら市一般会計補正予算(第1号)を議題といたします。

 本案について、質疑に入ります。

 21番、矢澤功君。



◆21番(矢澤功君) この問題とは直接ではありませんが、労務費が上がるということで、毎年この建設工事等で年間何十億という予算が組まれるわけでありますが、その工事費の中における労務費は、職種によって、工事の種類によって割合は変わってくると思うんですが、年間、今後の歳出において、どのぐらいのこの増額が予測されるのか。

 この表から見ますと、平均で19%ぐらい労務費が上がるということが出ておりますが、その場合、これからの公共事業あるいは委託業務等において、どのぐらいの増が計算されるのか。計算されていなければ結構なんですが、そんなところをちょっとお聞きできればと思います。



○議長(鈴木恒充君) 執行部から答弁を求めます。

 財政課長。



◎財政課長(佐野朝男君) それでは、ただいまの質問にお答えしたいと思います。

 労務単価が上がるということなんですが、労務単価ですから人件費ということですね。そのほかに資材の単価等もございます。労務単価が上がったことによって、資材の単価がどの程度上がっていくかというのもまだ不透明でございます。

 したがいまして、全体的にどのぐらい上がるかということはちょっと現在の段階では試算ができておりません。

 以上でございます。



○議長(鈴木恒充君) そのほかございますか。

     〔発言する者なし〕



○議長(鈴木恒充君) それでは、本案に対する質疑は終わったものと認め、質疑を終結いたします。

 お諮りいたします。

 本案については、会議規則第36条の規定により文教厚生常任委員会に付託したいと思います。これにご異議ありませんか。

     〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(鈴木恒充君) ご異議なしと認めます。

 よって、追加議案第1号は、文教厚生常任委員会に付託して審査することに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程について



○議長(鈴木恒充君) 会期第2日の6月6日は、午前10時から本会議を開き、一般質問を許す予定であります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(鈴木恒充君) 以上で、会期第1日の議事は全部終了いたしました。

 本日はこれにて散会いたします。

 なお、この後、10時50分から全協をやりますので、よろしくお願いします。

                             (午前10時40分)