議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 さくら市

平成12年 12月 喜連川町定例会(第6回) 12月22日−04号




平成12年 12月 喜連川町定例会(第6回) − 12月22日−04号









平成12年 12月 喜連川町定例会(第6回)



         平成12年第6回喜連川町議会定例会

議事日程(第4号)

  平成12年12月22日(金曜日)午前10時開議

第1 常任委員会審査結果報告、質疑、討論

第2 議案第1号 平成12年度喜連川町一般会計補正予算

第3 議案第2号 平成12年度喜連川町水道事業会計補正予算

第4 議案第3号 喜連川町議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

第5 議案第4号 喜連川町長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定について

第6 議案第5号 喜連川町教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例の制定について

第7 議案第6号 喜連川町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について

第8 議案第7号 特別職の職員で非常勤のものの公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について

第9 議案第8号 喜連川町総合交流ターミナル設置及び運営に関する条例の制定について

第10 議案第9号 栃木県市町村消防災害補償組合規約の変更について

第11 議案第10号 字の名称の変更について

第12 議案第11号 物品売買契約の締結について

第13 議案第12号 町道路線の認定について

第14 陳情第1号 氏家町松島地区に塩谷行政組合の大型RDF化施設を建設することに反対する陳情

第15 陳情第2号 氏家町松島地区に塩谷広域行政組合の大型RDF製造施設を建設することに反対する陳情

第16 陳情第3号 塩谷広域行政組合のRDF化施設及びごみ処理施設建設に反対する陳情

第17 継続審査 激増する農産物の緊急輸入制限(セーフガード)の発動を求める意見書採択を要請する陳情

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

出席議員(16名)

   1番 渋井康男君    3番 角田憲治君

   4番 渡辺好三君    5番 中山昭三君

   6番 黒尾和栄君    7番 大久保健司君

   8番 森 喜平君    9番 小堀勇人君

  10番 大貫一夫君   11番 関 欣一君

  12番 村上光司君   13番 滝 政夫君

  14番 平塚良一君   15番 桑久保勝利君

  16番 村上正次君   17番 小川キシノ君

欠席議員(2名)

   2番 高塩睦子君   18番 佐竹敏夫君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

地方自治法第121条の規定によリ出席を求めた者の職氏名

  町長      花塚 發君    助役      軽部郷男君

  収入役     笹沼孝吉君    教育長     齋藤寿夫君

                   企画兼

  総務課長    上野正雄君    商工観光    笹沼昭司君

                   課長

  税務課長    石田邦夫君    住民課長    阿久津美智子君

                   農林課長

  健康福祉             兼農業

          角田寿男君            永井 実君

  課長               委員会

                   事務局長

                   都市整備

  建設課長    小林友徳君            榊  薫君

                   課長

  会計課長    網  栄君    水道課長    岩渕茂雄君

  学校教育             生涯学習

          神田悦夫君            赤羽邦夫君

  課長               課長

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

職務のため出席した者の職氏名

  事務局長    斉藤 功     議会書記    瀬戸浩也

  議会書記    佐野朝男

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△開議の宣告



○議長(桑久保勝利君) 皆さん、おはようございます。

 町議会へのご出席ご苦労さまでございます。

 定例会の会期も本日が最終日であります。最後までご協力をよろしくお願いいたします。

 ただいまの出席議員は16名であります。会議の定足数を超えておりますので、本会議を開会いたします。

 直ちに本日の会議を開きます。

                         (午前10時18分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△常任委員会審査結果報告、質疑、討論



○議長(桑久保勝利君) 日程第1、常任委員会の審査結果の報告を求めます。

 総務常任委員長、小堀勇人君。

     (総務常任委員長 小堀勇人君 登壇)



◆総務常任委員長(小堀勇人君) 総務常任委員会の審査結果のご報告を申し上げます。

 総務常任委員会は、12月20日午後1時30分より、5名の委員出席のもとに開催をいたしました。

 審議に先立ち、塩谷広域環境衛生センターのごみ処理施設と、道の駅の町振興施設・総合交流ターミナルの建設現場の視察を行いました。

 塩谷広域環境衛生センターにおいては、塩谷広域行政組合渡辺事務局長と黒須管理課長から、ごみ処理の現状とダイオキシン対策に伴うRDF製造施設建設計画の概要について説明を受け、その後ごみ処理施設を視察いたしました。

 ごみ処理の現状は、日量90トンから100トンのごみを1日3交代、21時間稼働で処理を行い、処理し切れない日量10トンのごみは、年間約7,000万円をかけ民間業者に委託しているとのことであり、厳しいごみ処理の現状を痛感いたしました。

 次に視察しました総合交流ターミナルは、ターミナル本館、地域食材レストラン、特産物販売所、ふるさと直売所、温熱利用八ウス等が建設中で、工期が延長され来年1月31日に完成が予定されでいるとのことですが、オープンに向け運営体制の整備を行い、多くの人々でにぎわう道の駅となるよう願うものであります。

 視察終了後、当委員会に付託されました議案の審議を行いました。

 当委員会に付託された議案は、町長提出議案第3号 喜連川町議会の議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、同議案第4号 喜連川町長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定について、同議案第5号 喜連川町教育長の給与、勤務時間その他の勤務条件に関する条例の一部を改正する条例の制定について、同議案第6号 喜連川町職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について、同議案第7号 特別職の職員で非常勤のものの公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について、同議案第9号 栃木県市町村消防災害補償組合規約の変更について、同議案第10号 字の名称の変更について、及び全員付託となりました町長提出議案第1号 平成12年度喜連川町一般会計補正予算の8件であります。

 町当局より上野総務課長、笹沼企画兼商工観光課長、石田税務課長、網会計課長の出席を求め、それぞれ議案内容の詳しい説明を受けながら慎重に審議した結果、町長提出議案第6号については賛成多数により原案を可とすることで、また、町長提出議案第1号、同議案第3号、同議案第4号、同議案第5号、同議案第7号、同議案第9号、同議案第10号については全員一致により原案を可とすることで、意見の一致を見ました。

 審議終了後、散会といたしました。

 以上、総務常任委員会の審査結果の報告といたします。



○議長(桑久保勝利君) 次に、経済建設常任委員会の審査結果の報告を求めます。

 経済建設常任委員長、森喜平君。

     (経済建設常任委員長 森 喜平君 登壇)



◆経済建設常任委員長(森喜平君) 経済建設常任委員会の審査結果報告をいたします。

 経済建設常任委員会は、12月20日午前10時より、委員全員の出席のもとで開催をいたしました。

 当委員会に付託されました議案は、町長提出議案第2号 平成12年度喜連川町水道事業会計補正予算、同議案第8号 喜連川町総合交流ターミナル設置及び運営に関する条例の制定について、同議案第11号 物品売買契約の締結について、同議案第12号 町道路線の認定について、及び全員付託となりました町長提出議案第1号 平成12年度喜連川町一般会計補正予算の5件であります。

 町当局より笹沼企画兼商工観光課長、永井農林課長兼農業委員会事務局長、小林建設課長、榊都市整備課長、岩渕水道課長の出席を求め、議案の内容の詳しい説明を受け慎重に審議した結果、町長提出議案第1号、同議案第2号、同議案第8号、同議案第11号及び同議案第12号については、いずれも原案を可とすることで委員全員の意見の一致を見ました。

 なお、今回の公共下水道事業における消費税未還付問題に関しましては、さきの新聞報道、町長からの説明もありましたが、適正な対応を求めるものであります。

 また、さきの議会より継続審査となっておりました、激増する農産物の緊急輸入制限(セーフガード)の発動を求める意見書採択を要請する陳情については、規制緩和、輸入自由化政策が推進される中で農産物の輸入が激増し、国内価格の暴落を引き起こし、生産農家に多大な被害を与えていることから、採択することで委員全員の意見の一致を見ました。

 審議終了後、現在建設中の氏家町の公営住宅草川C団地の建設現場と、道の駅を視察し、散会いたしました。

 以上、経済建設常任委員会の審査結果報告といたします。



○議長(桑久保勝利君) 次に、文教厚生常任委員会の審査結果の報告を求めます。

 文教厚生常任委員長、大久保健司君。

     (文教厚生常任委員長 大久保健司君 登壇)



◆文教厚生常任委員長(大久保健司君) 文教厚生常任委員会の審査結果をご報告申し上げます。

 文教厚生常任委員会は、審議に先立ち、12月20日午前9時30分より町内各小中学校の現状視察を行いました。各学校では独自の経営方針や教育目標を掲げ、よりよい学習環境づくり、たくましい児童の育成のために各種活動が実践されておりました。特に、2002年から完全実施される週5日制、あるいはこれからの社会を生きる子供たちに必要な力を身につけるため、これまでの教科の枠を超えた新しい教育学習としての総合的な学習の時間に対応すべく方策等について、各学校の先生たちが一丸となって取り組んでおり、生きる力の育成を目指しています。

 さらに、いじめや登校拒否については、家庭、学校、地域が一体となり、情報連絡を密にし、早期発見、早期解決が重要であることを認識され、よりよい学校づくりに努力されておりました。

 また、当町においては、校舎を初めとする教育施設整備はほぼ完了しているところではありますが、各学校からの要望説明の中で、特に河戸小学校体育館については、建築後22年が経過し、雨漏りがひどく、授業にも影響が出ていることから、早急な改修工事が必要であり、町当局において十分な予算措置をしていただきたく要望するものであります。

 午後3時30分から、佐竹敏夫議員を除く5名の委員により審議の審査を行いました。

 当委員会に付託されました議案は、全員付託となりました町長提出議案第1号 平成12年度喜連川町一般会計補正予算の1件と、陳情第1号 氏家町松島地区に塩谷行政組合の大型RDF化施設を建設することに反対する陳情、陳情第2号 氏家町松島地区に塩谷広域行政組合の大型RDF製造施設を建設することに反対する陳情、及び陳情第3号 塩谷広域行政組合のRDF化施設及びごみ処理施設建設に反対する陳情の陳情3件であります。

 町当局より斉藤教育長、神田学校教育課長、赤羽生涯学習課長、角田健康福祉課長、阿久津住民課長の出席を求め、議案の内容の詳しい説明を受けて慎重に審議した結果、町長提出第1号は、原案を可とすることで全委員の意見の一致を見ました。また、陳情第1号、陳情第2号及び陳情第3号については、慎重に審議した結果、いずれも継続審査とすることで全委員の意見の一致を見ました。

 継続審査としました理由につきましては、この反対陳情の趣旨は、ごみ処理方式の1つであるRDF化に限ってではなく、現在と同じ場所にごみ処理施設を建設することに反対するものであります。長年にわたり、ばい煙や悪臭等の生活環境による精神的苦痛を強いられてきた関係地域住民の実情、感情を察するに、本来この陳情を採択とすべきところではありますが、広域議会においては平成14年度からのダイオキシン対策として現在のごみ処理場におけるRDF化施設建設に向けて計画が進められている現状等を踏まえ、関係地区と締結をいたしました協定書を重く受けとめていただき、なおかつ協定内容を遵守していただくことを要望し、継続審査といたしました。

 さらに、この問題は文教厚生常任委員会だけの判断により解決できるものではなく、大変重要なことであり、さきの全員協議会等においても確認されているとおり、議員全員により特別委員会等を設置していただき、最善の方策を講じていただきたくお願いを申し上げます。

 以上、文教厚生常任委員会の審査結果報告といたします。



○議長(桑久保勝利君) ただいま各常任委員長から審査結果の報告がありましたが、これより各委員長に対する質疑を許します。

 16番、村上正次君。



◆16番(村上正次君) ただいま各委員長から報告があったわけでございますけれども、文教委員長に伺いたいと思います。

 ただいま文教委員長の報告によれば、慎重審議した結果、継続という報告であったわけでありますが、このようにRDFについて問題になっている、協定書が町にはあるはずであります。そして、第4条に反すると言われながら、その協定書が議会に提出になっていないことも問題であるわけでありますが、その審査の中で、そういう協定書の内容等を十分審議したのかどうか、この点を伺いたいと思います。

 そして、内容を知った上で継続にしたのかどうか、この点も伺いたいと思います。

 協定書の内容と、議会に公開すべきと思うが、その点、文教委員会ではどのように考えているのか伺いたいと思います。

 以上です。



○議長(桑久保勝利君) 文教厚生常任委員長、大久保健司君。



◆文教厚生常任委員長(大久保健司君) 村上議員さんのご質問にお答えをいたします。

 当然、話し合いの過程においては、大貫議員がたまたま持っていまして、私も持っていましたが、大貫議員がそれを朗読しまして、十分にその内容を熟知の上、協議を進めて結論を出しました。

 また、協定内容については、幾度となく全協等で町長その他から第4条の説明を受けていると思いますので、十分その肝心な内容は皆さんも把握しているものと存知上げております。

 以上でございます。



○議長(桑久保勝利君) 16番、村上正次君。



◆16番(村上正次君) ただいま委員長から、町長から報告になっているから十分把握しているのではないか、このようなことですけれども、ほかの議員さんは聡明であるからわかるかもしれませんけれども、私は協定書というのがあるはずだから、こう協定書をここへ出して、議会へ出していただいて、ちゃんと皆さんに了解していただくと。そして、私たち議員みずからも、そういう住民の立場に立った、協定書の内容を十分知らないで審議することはできないと思います。

 たまたま私はよくそういう資料をいただきたいと思って、必要な調査をするために委員会、各課へ行ってもらおうとするんですね、その協定書や何か。そうすると、これは私独自ではできませんからということなんですけれども、この辺もどのように考えているのか、委員長はそういうことをどのように受けとめているのか、この点、委員長に伺いたいと思います。

     (発言する者あり)



◆16番(村上正次君) 今、委員長では無理だということですけれども、委員長は、たまたま大貫議員が持っていたからそれを見たというんですね。だって、委員会でやるときにその内容がよくわからないで、どのような慎重審議されたのか。執行部から当然出していただくべきではないか、私はこのように思うんですけれども、その点ちょっと。



○議長(桑久保勝利君) 文教厚生常任委員長、大久保健司君。



◆文教厚生常任委員長(大久保健司君) 今おっしゃいましたように、私もその説明の中で協定書を出して、説明をしようとして持っておりました。ところが、その前に大貫議員からその協定書の内容の説明がありましたので、私はそれに準じてやったまででございます。

 当然準備はしておりました。



○議長(桑久保勝利君) 16番、村上正次君。



◆16番(村上正次君) だから、委員長が自分で持っていて、委員長はわかると思うんですけれども、各議員がそれを持っていないということはおかしいのではないか、そういうことを言うんですよ。

 それで、委員長がそれでいいというのであれば、これは委員長の考え方ですけれども、それでもいいんですか。



○議長(桑久保勝利君) 文教厚生常任委員長、大久保健司君。



◆文教厚生常任委員長(大久保健司君) 当然、陳情書の内容にしたがって審査を行いますので、その伏線の資料として私は用意しましたので、陳情書を中心に審議を行いました。

 以上です。

     (「はい、結構です」と呼ぶ者あり)



○議長(桑久保勝利君) ほかにありませんか。

     (発言する者なし)



○議長(桑久保勝利君) 質疑もないようですので、質疑を終結いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桑久保勝利君) ご異議なしと認め、各委員長に対する質疑を終結いたします。

 次に、討論を行います。

 最初に、反対討論を行います。

 16番、村上正次君。



◆16番(村上正次君) ただいま質疑した中にもありましたけれども、私は、この陳情第1号、2号、3号、氏家町松島地区に塩谷広域組合の大型RDF施設を建設することに反対する陳情3件について、ただいま質疑をしたとおり、継続することについては反対の立場から討論を行いたいと思います。

 現在の場所に広域のごみ焼却場が昭和52年に建設され、その後、昭和63年に改築されているわけであります。改築のときに、新たに公害防止に関する協定書を作成しているわけであります。

 この協定書は第1条から第11条までになっており、その第2条では、真実の原則の条項では「甲及び乙は本協定の定める事項については相互に信用、尊重し、誠実にこれを履行するものとする」このようになっております。

 また、第4条事前協議、こういう項目があるわけです。「乙の施設については今後新設、増設は絶対に認めず、乙は他の地域に移転の措置を講ずるものとし、改造等の重要な変更を加えようとするときは、乙は事前に甲と協議の上、当該施設にかかわる公害防止計画を策定し、その計画を忠実に履行するものとする」こうなっております。

 また、第11条からなる附則で、「本協定書の締結に伴い、昭和52年2月28日付の締結の公害防止に関する協定書を抹消するものとする」このようになっております。

 この協定書締結のあかしとして本書3通を作成し、甲、乙及び立会人記名捺印の上、各自1通を保有する。昭和63年12月12日。甲が第7区長、小口秀男さん、乙、塩谷広域行政組合管理者、大気弘久さん、立会人が喜連川町長塩野昌美となっております。すばらしい公害防止協定が結ばれているわけであります。この協定書に基づき履行されるべき協定書違反は、乙の方で広域行政組合にあるわけであります。

 住民の安全と健康を守る立場に立って、この3件の陳情書は当議会の名において採択すべきで、継続することに反対するものであります。

 なお、福田県知事も「ごみ処理技術は日進月歩で進んでおり、RDFは積極的に進める考えはない」このように申しております。

 私は、以上が反対の討論でございます。



○議長(桑久保勝利君) 次に、賛成討論を行います。

 3番、角田憲治君。



◆3番(角田憲治君) 私は、今定例議会に提出されました氏家町松島地区に塩谷広域行政組合のRDF施設を建設することに反対する氏家町松島行政区、小入地区公害対策委員会、及び早乙女行政区の3つの区と会から提出されている陳情を継続審査とすることに賛成をいたします。

 私は、本件について、私は私なりに地元の方々からいろいろな意見も聞いてまいりました。地元の苦しみは我々、想像を絶するはかり知れないものがあることを私は痛感をいたしましたし、そして、3つの地区の方々がそれぞれの地区の将来にわたる心配については、我々も深く理解していかなければいけないものというふうにも思っております。

 また、小入地区等で締結されている塩谷広域行政組合との協定書についても、文教厚生委員会の報告にもありましたように、極めて重く受けとめていかなければならないというふうに考えます。

 しかしながら、一方において、ごみ処理施設そのものは塩谷広域行政組合としては当然必要なものであり、当町としても同様であると考えます。議会としてもさらなる取り組みが必要と考えます。加えて、当町議会におきましても、RDF施設そのものについても反対した経緯もあります。

 私は、以上申し上げました状況も踏まえて、文教厚生常任委員会の報告にもありましたような形で議員全員による特別委員会を設定し、さらに地元の人たちとの意見交流を重ね、総合的に最終的目標は何なのかということを見きわめながら対応していくべきと考えます。いつまでも引き廷ばすのではなく、なるべく早い時期に結論を出すということも必要かと思います。

 以上、そういう状況を踏まえまして、賛成の意見を述べさせていただきました。

 以上です。



○議長(桑久保勝利君) その他ありますか。

     (発言する者なし)



○議長(桑久保勝利君) 討論もないようですので、討論を終結して直ちに採決いたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桑久保勝利君) ご異議なしと認め、採決いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第1号の採決



○議長(桑久保勝利君) 日程第2、平成12年度喜連川町一般会計補正予算(町長提出議案第1号)を採決いたします。

 原案に賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立全員)



○議長(桑久保勝利君) 起立全員。

 よって、町長提出議案第1号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第2号の採決



○議長(桑久保勝利君) 日程第3、平成12年度喜連川町水道事業会計補正予算(町長提出議案第2号)を採決いたします。

 原案に賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立全員)



○議長(桑久保勝利君) 起立全員。

 よって、町長提出議案第2号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第3号の採決



○議長(桑久保勝利君) 日程第4、喜連川町議会の議員の報酬及び費用弁償に関する条例の一部を改正する条例の制定について(町長提出議案第3号)を採決いたします。

 原案に賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立全員)



○議長(桑久保勝利君) 起立全員。

 よって、町長提出議案第3号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第4号〜議案第6号の採決



○議長(桑久保勝利君) 日程第5、喜連川町長等の給与及び旅費に関する条例の一部を改正する条例の制定について(町長提出議案第4号)から日程第7、喜連川職員の給与に関する条例の一部を改正する条例の制定について(町長提出議案第6号)までの3件を一括採決いたします。

 原案に賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立多数)



○議長(桑久保勝利君) 起立多数。

 よって、町長提出議案第4号、同議案第5号、及び同議案第6号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第7号の採決



○議長(桑久保勝利君) 日程第8、特別職の職員で非常勤のものの公務災害補償等に関する条例の一部を改正する条例の制定について(町長提出議案第7号)を採決いたします。

 原案に賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立全員)



○議長(桑久保勝利君) 起立全員。

 よって、町長提出議案第7号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第8号の採決



○議長(桑久保勝利君) 日程第9、喜連川町総合交流ターミナル設置及び連営に関する条例の制定について(町長提出議案第8号)を採決いたします。

 原案に賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立全員)



○議長(桑久保勝利君) 起立全員。

 よって、町長提出議案第8号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第9号の採決



○議長(桑久保勝利君) 日程第10、栃木県市町村消防災害補償組合規約の変更について(町長提出議案第9号)を採決いたします。

 原案に賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立全員)



○議長(桑久保勝利君) 起立全員。

 よって、町長提出議案第9号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第10号の採決



○議長(桑久保勝利君) 日程第11、字の名称の変更について(町長提出議案第10号)を採決いたします。

 原案に賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立全員)



○議長(桑久保勝利君) 起立全員。

 よって、町長提出議案第10号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第11号の採決



○議長(桑久保勝利君) 日程第12、物品売買契約の締結について(町長提出議案第11号)を採決いたします。

 原案に賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立全員)



○議長(桑久保勝利君) 起立全員。

 よって、町長提出議案第11号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第12号の採決



○議長(桑久保勝利君) 日程第13、町道路線の認定について(町長提出議案第12号)を採決いたします。

 原案に賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立全員)



○議長(桑久保勝利君) 起立全員。

 よって、町長提出議案第12号は原案のとおり可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情第1号の採決



○議長(桑久保勝利君) 日程第14、氏家町松島地区に塩谷行政組合の大型RDF化施設を建設することに反対する陳情(陳情第1号)を採決いたします。

 文教厚生常任委員長からの報告のとおり、原案を継続審査とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立多数)



○議長(桑久保勝利君) 起立多数。

 よって、本陳情については継続審査とすることに可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情第2号の採決



○議長(桑久保勝利君) 日程第15、氏家町松島地区に塩谷広域行政組合の大型RDF製造施設を建設することに反対する陳情(陳情第2号)を採決いたします。

 文教厚生常任委員長からの報告のとおり、原案を継続審査とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立多数)



○議長(桑久保勝利君) 起立多数。

 よって、本陳情については継続審査とすることに可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情第3号の採決



○議長(桑久保勝利君) 日程第16、塩谷広域行政組合のRDF化施設及びごみ処理施設建設に反対する陳情(陳情第3号)を採決いたします。

 文教厚生常任委員長からの報告のとおり、原案を継続審査とすることに賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立多数)



○議長(桑久保勝利君) 起立多数。

 よって、本陳情については継続審査とすることに可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△陳情(継続審査)の採決



○議長(桑久保勝利君) 次は、日程第17、さきの議会より継続審査となっておりました、激増する農産物の緊急輸入制限(セーフガード)の発動を求める意見書採択を要請する陳情を採決いたします。

 経済建設常任委員長からの報告のとおり、原案を採択することに賛成の諸君の起立を求めます。

     (起立全員)



○議長(桑久保勝利君) 起立全員。

 よって、本陳情については採択することに可決されました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△特別委員会の設置について



○議長(桑久保勝利君) お諮りいたします。

 塩谷広域行政組合で進めていますRDF施設建設に関しましては、先ほどの文教厚生常任委員長からの報告にもあったように、当議会としては重要な問題であります。また、15日に行われました議員全員協議会においても、特別委員会を設置し審議されるべきと協議がなされました。

 したがいまして、全議員の委員で構成する特別委員会を設置し、調査・研究をしていきたいと思いますが、ご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桑久保勝利君) ご異議なしと認めます。

 よって、全議員の委員で構成する特別委員会を設置することに決定いたしました。

 直ちに特別委員会の名称、委員長、副委員長の互選をお願いいたします。

 それでは、特別委員会の名称、委員長、副委員長が決まる間、暫時休憩といたします。

                         (午前10時57分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(桑久保勝利君) 休憩前に引き続き本会議を再開いたします。

                         (午前11時04分)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(桑久保勝利君) それでは、特別委員会の名称、委員長、副委員長の互選の結果を報告願います。

     (「議長報告」と呼ぶ者あり)



○議長(桑久保勝利君) 特別委員会の名称を発表いたします。「ごみ処理対策特別委員会」。委員長に不肖私・桑久保勝利、副委員長に関欣一、大久保健司両議員ということであります。

 ただいま報告のとおり、そのとおり決定をいたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続調査申し出について



○議長(桑久保勝利君) お諮りいたします。

 議会運営委員長、平塚良一君から、次の定例議会の会期等に関する調査の件について、閉会中の継続調査といたしたい旨の申し出がありました。

 委員長からの申し出のとおり、次の定例議会の会期等に関する調査の件について、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桑久保勝利君) ご異議なしと認めます。

 よって、委員長からの申し出のとおり、次の定例議会の会期等に関する調査の件について、閉会中の継続調査とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続調査・研究申し出について



○議長(桑久保勝利君) お諮りいたします。

 国会等移転推進特別委員会委員長、小川キシノさんから、国会等移転推進に関する調査・研究の件について、閉会中の継続調査・研究といたしたい旨の申し出がありました。

 委員長からの申し出のとおり、国会等移転推進に関する調査・研究の件について、閉会中の継続調査・研究とすることにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桑久保勝利君) ご異議なしと認めます。

 よって、委員長からの申し出のとおり、国会等移転推進に関する調査・研究の件について、閉会中の継続調査・研究とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続調査・研究・編集会議等申し出について



○議長(桑久保勝利君) お諮りいたします。

 きつれがわ議会だより編集特別委員会委員長、関欣一君から、きつれがわ議会だより編集・発行に関する件について、閉会中の継続調査・研究・編集会議等をいたしたい旨の申し出がありました。

 委員長からの申し出のとおり、きつれがわ議会だより編集・発行に関する件について、閉会中の継続調査・研究・編集会議等を行うことにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桑久保勝利君) ご異議なしと認めます。

 よって、委員長からの申し出のとおり、きつれがわ議会だより編集・発行に関する件について、閉会中の継続調査・研究・編集会議等を行うこととすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続調査・研究申し出について



○議長(桑久保勝利君) お諮りいたします。

 議会議員政治倫理検討特別委員会委員長、滝政夫君から、議会議員政治倫理に閉する調査・研究の件について、閉会中の継続調査・研究をいたしたい旨の申し出がありました。

 委員長からの申し出のとおり、議会議員政治倫理に関する調査・研究の件について、閉会中の継続調査・研究を行うことにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桑久保勝利君) ご異議なしと認めます。

 よって、委員長からの申し出のとおり、議会議員政治倫理に関する調査・研究の件について、閉会中の継続調査・研究を行うこととすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会中の継続調査・研究申し出について



○議長(桑久保勝利君) お諮りいたします。

 ごみ処理対策特別委員会副委員長、関欣一君から、ごみ処理対策に関する特別研究の件について、閉会中の継続調査・研究をいたしたい旨の申し出がありました。

 副委員長からの申し出のとおり、ごみ処理対策に関する調査・研究の件について、閉会中の継続調査・研究を行うことにご異議ございませんか。

     (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(桑久保勝利君) ご異議なしと認めます。

 よって、副委員長からの申し出のとおり、ごみ処理に関する調査・研究の件について、閉会中の継続調査・研究を行うことに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(桑久保勝利君) 以上をもって今定例会における議事日程はすべて終了いたしました。

 これをもちまして平成12年第6回喜連川町議会定例会を閉会いたします。

                         (午前11時11分)

地方自治法第123条第2項の規定により署名する。

  平成12年  月  日

       喜連川町議長

           議員

           議員