議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 那須塩原市

平成20年  8月 臨時会(第3回) 08月11日−01号




平成20年  8月 臨時会(第3回) − 08月11日−01号









平成20年  8月 臨時会(第3回)



那須塩原市告示第170号

 地方自治法(昭和22年法律第67号)第101条の規定により、平成20年第3回那須塩原市議会臨時会を次のとおり招集する。

  平成20年8月1日

                         那須塩原市長  栗川 仁

1 期日   平成20年8月11日

2 場所   那須塩原市議会議場

3 付議事件 (1) 契約の締結について

       (2) 専決処分の報告について

             ◯応招・不応招議員

応招議員(31名)

     1番    岡本真芳君      2番    岡部瑞穂君

     3番    眞壁俊郎君      5番    高久好一君

     6番    鈴木 紀君      7番    磯飛 清君

     8番    東泉富士夫君     9番    高久武男君

    10番    平山啓子君     11番    木下幸英君

    12番    早乙女順子君    13番    渡邉 穰君

    14番    玉野 宏君     15番    石川英男君

    16番    吉成伸一君     17番    中村芳隆君

    18番    君島一郎君     19番    関谷暢之君

    20番    水戸 滋君     21番    山本はるひ君

    22番    相馬 司君     23番    若松東征君

    24番    植木弘行君     25番    相馬義一君

    26番    菊地弘明君     27番    平山 英君

    28番    人見菊一君     29番    齋藤寿一君

    30番    金子哲也君     31番    松原 勇君

    32番    室井俊吾君

不応招議員(なし)

欠員(1名)

地方自治法第121条の規定に基づき出席を要求した者の職氏名

  市長       栗川 仁君   副市長      折井正幸君

  副市長      君島 寛君   教育長      井上敏和君

  企画部長     高藤昭夫君   企画情報課長   増田 徹君

  総務部長     千本木武則君  総務課長     金丸俊彦君

  財政課長     山崎 稔君   生活環境部長   松下 昇君

  環境管理課長   鈴木健司君   保健福祉部長   平山照夫君

  福祉事務所長   三森忠一君   社会福祉課長   成瀬 充君

  産業観光部長   二ノ宮栄治君  農務畜産課長   臼井郁男君

  建設部長     向井 明君   都市計画課長   柳田 篤君

  上下水道部長   江連 彰君   水道管理課長   菊地一男君

  教育部長     君島富夫君   教育総務課長   折井 章君

  選管・監査・固定資産評価     農業委員会

           田代哲夫君            枝 幸夫君

  ・公平委員会事務局長       事務局長

  塩原支所長    印南 叶君

本会議に出席した事務局職員

  議会事務局長   織田哲徳    議事課長     深堀 博

  議事調査係長   斎藤兼次    議事調査係    福田博昭

  議事調査係    高塩浩幸    議事調査係    佐藤吉将

       議案審議結果一覧表



議案番号
件名
提出者
結果


報告第18号
専決処分の報告について〔損害賠償の額の決定及び和解〕
20.8.11
市長
20.8.11
報告


議案第52号
契約の締結について
20.8.11
市長
20.8.11
可決



       平成20年第3回那須塩原市議会臨時会

議事日程(第1号)

               平成20年8月11日(月曜日)午前10時開会

日程第1 会議録署名議員の指名について

日程第2 会期の決定について

     (議会運営委員長報告、質疑)

日程第3 報告第18号 専決処分の報告について〔損害賠償の額の決定及び和解〕

            (報告)

日程第4 議案第52号 契約の締結について

            (提案説明、質疑、討論、採決)

出席議員(29名)

     1番    岡本真芳君      2番    岡部瑞穂君

     3番    眞壁俊郎君      5番    高久好一君

     7番    磯飛 清君      8番    東泉富士夫君

     9番    高久武男君     10番    平山啓子君

    11番    木下幸英君     12番    早乙女順子君

    13番    渡邉 穰君     14番    玉野 宏君

    15番    石川英男君     16番    吉成伸一君

    17番    中村芳隆君     18番    君島一郎君

    19番    関谷暢之君     20番    水戸 滋君

    22番    相馬 司君     23番    若松東征君

    24番    植木弘行君     25番    相馬義一君

    26番    菊地弘明君     27番    平山 英君

    28番    人見菊一君     29番    齋藤寿一君

    30番    金子哲也君     31番    松原 勇君

    32番    室井俊吾君

欠席議員(2名)

     6番    鈴木 紀君     21番    山本はるひ君

説明のために出席した者の職氏名

  市長       栗川 仁君   副市長      折井正幸君

  副市長      君島 寛君   教育長      井上敏和君

  企画部長     高藤昭夫君   企画情報課長   増田 徹君

  総務部長     千本木武則君  総務課長     金丸俊彦君

  財政課長     山崎 稔君   生活環境部長   松下 昇君

  環境管理課長   鈴木健司君   保健福祉部長   平山照夫君

  福祉事務所長   三森忠一君   社会福祉課長   成瀬 充君

  産業観光部長   二ノ宮栄治君  農務畜産課長   臼井郁男君

  建設部長     向井 明君   都市計画課長   柳田 篤君

  上下水道部長   江連 彰君   水道管理課長   菊地一男君

  教育部長     君島富夫君   教育総務課長   折井 章君

  選管・監査・固定資産評価     農業委員会

           田代哲夫君            枝 幸夫君

  ・公平委員会事務局長       事務局長

  塩原支所長    印南 叶君

本会議に出席した事務局職員

  議会事務局長   織田哲徳    議事課長     深堀 博

  議事調査係長   斎藤兼次    議事調査係    福田博昭

  議事調査係    高塩浩幸    議事調査係    佐藤吉将



△開会 午前10時00分



△開会及び開議の宣告



○議長(植木弘行君) おはようございます。

 本日招集となりました平成20年第3回那須塩原市議会臨時会は、議員各位のご参集をいただき、ここに開会の運びとなりました。

 本臨時会には、市長提出として2件の議案が提出されることになっております。議員各位には慎重に審議を尽くされ、また、議会運営につきましても特段のご協力をお願い申し上げまして、開会のあいさつといたします。

 ただいまから平成20年第3回那須塩原市議会臨時会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。

 ただいまの出席議員は28名であります。

 6番、鈴木紀君、21番、山本はるひ君より欠席する、13番、渡邉穰君より遅刻する旨の届け出があります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(植木弘行君) 本日の議事日程はお手元に配付のとおりであります。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(植木弘行君) 日程第1、会議録署名議員の指名について。

 会議録署名議員に

   3番 眞壁俊郎君

   5番 高久好一君

 を指名いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(植木弘行君) 市長からあいさつがあります。

 市長。

   〔市長 栗川 仁君登壇〕



◎市長(栗川仁君) おはようございます。

 8月も10日過ぎまして、暦の上では立秋を迎えましたが、まだまだ暑い日が続いております。日中も暑さに気がめいることも多々ございますが、反面、木立の緑に心が安らぎ、緑のありがたさを実感できるのは、この季節が一番ではないかというふうに感じておるところでございます。

 本日は平成20年第3回那須塩原市議会臨時会を招集させていただきましたところ、議員の皆様方には何かとお忙しい中ご出席を賜り、誠にありがとうございます。

 さて、先週8月8日に開催されました北京オリンピックでありますが、新聞等でご案内のとおり、陸上競技の1万m代表として本市出身の渋井陽子選手が出場いたしております。市といたしましては、7月に東京の練習場へ訪問し、激励を行ったところであります。15日から開始されます陸上競技には、皆さんもご声援をよろしくお願いいたします。

 このような中、今回の市議会臨時会にご提案を申し上げますのは、契約の締結について及び専決処分の報告についての2議案でございます。

 内容につきましては、この後の提案説明の中で詳細を申し上げますが、行政執行上いずれも重要な案件となりますので、よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願いを申し上げ、開会に当たりましてのごあいさつにかえさせていただきます。



○議長(植木弘行君) 市長のあいさつが終わりました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(植木弘行君) 次に、日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 本臨時会に先立ち、議会運営委員会が開催されておりますので、議会運営委員長の報告を求めます。

 20番、水戸滋君。

   〔議会運営委員長 水戸 滋君登壇〕



◆議会運営委員長(水戸滋君) おはようございます。

 議会運営委員会の報告を申し上げます。

 本臨時会における会期の日程、議案の取り扱い、その他議会運営上必要な事項を協議するため、去る8月1日午前10時より、第4委員会室において委員7名、正副議長、市長以下執行部関係者出席のもと、議会運営委員会を開催いたしました。

 まず、本臨時会の会期について申し上げます。

 会期は本日8月11日の1日限りといたします。

 本臨時会に市長より提出されます案件は、契約の締結についての案件が1件、専決処分の報告案件が1件の計2件であります。

 議案の取り扱いについては、即決扱いといたします。

 議案に対する質疑は、同一議題につき1人3回まで、時間は15分以内といたします。

 討論は、同一議題につき賛成、反対それぞれ5人まで、時間は1人10分以内といたします。

 以上が議会運営委員会における審議の結果であります。

 議員各位におかれましては、ご賛同の上、円滑な議会運営にご協力を賜りますようお願い申し上げ、報告といたします。



○議長(植木弘行君) 報告が終わりました。

 ただいまの報告について、質疑を許します。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(植木弘行君) 質疑がないようですので、質疑を終了することで異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(植木弘行君) 異議なしと認めます。

 本臨時会の会期は、ただいまの議会運営委員長報告のとおり本日1日限りとし、議案の取り扱い等についても議会運営委員長報告のとおりとすることで異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(植木弘行君) 異議なしと認めます。

 よって、本臨時会の会期は、本日1日限りと決しました。

 また、議案の取り扱い等についても、議会運営委員長報告のとおりといたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○議長(植木弘行君) お諮りいたします。

 本臨時会における議案上程の際の議案朗読は省略いたしたいと思いますが、異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(植木弘行君) 異議ありませんので、本臨時会における議案上程の際の議案朗読は省略いたします。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△報告第18号の上程、説明



○議長(植木弘行君) 次に、日程第3、報告第18号 専決処分の報告についてを議題といたします。

 本案について報告説明を求めます。

 副市長。



◎副市長(折井正幸君) おはようございます。

 報告第18号につきましては、地方自治法の規定により、損害賠償の額の決定及び和解について専決処分いたしましたので、ご報告申し上げるものであります。

 議案書は2ページから3ページとなります。議案資料はございません。

 本件は、平成20年5月25日、那須塩原市下厚崎地内の市道298号下厚崎豊浦線において発生した車両事故に関し、損害賠償の額を決定し、和解したものであります。

 事故の状況につきましては、市道を走行中の車両が側溝側に寄ったところ、側溝のふたが破損し、助手席側の後輪が破損したものであります。

 両者協議の結果、市側100%の過失割合で示談が成立し、市から相手方に損害賠償金8,988円を支払い、今後この件に関し双方決して異議を申し立てないことで和解が成立いたしました。

 以上、報告を申し上げます。



○議長(植木弘行君) 報告説明が終わりました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議案第52号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(植木弘行君) 次に、日程第4、議案第52号 契約の締結についてを議題といたします。

 本案について提案理由の説明を求めます。

 市長。

   〔市長 栗川 仁君登壇〕



◎市長(栗川仁君) 議案第52号 契約の締結について、提案の説明を申し上げます。

 議案書1ページ、議案資料1、2ページでございます。

 本案は西那須野駅西口広場ペデストリアンデッキの新設工事の契約の締結について、議会の議決を求めるものであります。

 本工事は、県道西那須野下石上線を横断し、橋上駅であるJR西那須野駅と西那須野駅西口広場及び駅前公園を結ぶ歩道橋を設置するものであります。本工事により、広場内における通過車両の平面交差を避けることができ、安全で安心な歩行空間の実現が図られます。

 施設の概要は、延長40m、幅員3m、一部中央部で7m、階段部分で1.5mの鋼製桁及び鋼製橋脚構造でございます。

 契約につきましては、平成20年7月18日、指名競争入札を行った結果、1億8,879万円で落札をいたしました川田建設株式会社栃木営業所と契約するものであります。

 よろしくご審議の上、ご決定くださいますようお願い申し上げ、提案の説明といたします。



○議長(植木弘行君) 説明が終わりました。

 本案について質疑を許します。

 12番、早乙女順子君。



◆12番(早乙女順子君) まずこの工事、随意契約になっておりますけれども、まずこの契約の予定価格を教えていただけないでしょうか。

 それとあと、随意契約となるまでの経過を先ほどの提案説明ではわからなかったので、その経緯を詳しく説明してください。



○議長(植木弘行君) 総務部長。



◎総務部長(千本木武則君) まず、この契約につきましては、入札を行った結果でありまして、随意契約ではない、指名競争入札による契約となっております。

 ただ、議案資料の中で指名・入札・随意契約状況調書とありまして、そのすべてのものに対応する様式となっている様式名になっておりますので、ご理解いただきたいと思います。

 それでは、経過について説明を申し上げます。

 まず、このペデストリアンデッキの工事につきましては、2回条件つき一般競争入札を行いました。1度は県内にも支店、営業所などがある業者、その応札予定が1者だったために、規定により入札を中止しました。2回目は、関東エリアまでその業者をふやしました。しかし、同様に入札参加が1者ということで2度目、条件つき一般競争入札を中止いたしました。2度条件つき一般競争入札が成立しなかったということで、3回目につきましては、指名競争入札に切りかえたわけです。自治法上競争入札は、一般競争入札、条件つき一般競争入札、そして指名競争入札、さらに随契というふうにいろんな契約の手段があるわけですけれども、2度の一般競争入札で契約ができなかったために、一般競争入札に付することが適当でないというふうに判断いたしまして、3回目は指名競争入札で実施したわけです。指名競争入札の結果、議案資料にあるとおり2者が応札し、入札が成立したというふうな経過をとっております。

 もう一つ、予定価格につきましては、議案資料の一番下、8番、予定価格1億9,335万円となっております。



○議長(植木弘行君) 12番、早乙女順子君。



◆12番(早乙女順子君) 私、勘違いして、入札が不調に終わったということで、要するに条件つき一般競争入札が2回不調に終わったので、指名競争入札にしたということで、それでそのときに予定価格を聞いたのは、その不調になったときの予定価格と、今回の指名競争入札にしたときの予定価格というのは変えなくても大丈夫だったという理解でよろしいですか。

 それで、予定価格を聞いてしまったんですけれども、よく今、県内いろんなところで工事を発注すると、ほとんどこういう状態になって成立しないという状態になっているので、予定価格自体を変えて、要するに上げてということでやっているところも出てきているというふうに聞いたものですから、それはやらないで、今回は当初の予定価格のまま指名競争入札までいったという理解でよろしいでしょうか。



○議長(植木弘行君) 総務部長。



◎総務部長(千本木武則君) 一般競争入札のときの予定価格に関する資料は持っておりませんので、具体的な数字は申し上げられませんけれども、1回目の条件つき一般競争入札が成立しなかった後、当然設計も見直しております。ですから、2回目の入札価格を設定するときには、設計価格が変わっておりますので、基本的には具体的な数字は、先ほど言いましたように資料を持っておりませんので、具体的な数字は申し上げられませんけれども、予定価格についての考え方に変更は持っておりません。

 つまり、入札されないでしょうから高くしようとか、そういう意図が働いた予定価格の設定ではないというふうに認識をしております。



○議長(植木弘行君) 12番、早乙女順子君。



◆12番(早乙女順子君) では要するに、条件つき一般競争入札が不調に終わったので、それで予定価格を上げるということではなくて、設計自体を変えたので価格が変わっているかもしれないと、かもしれないじゃなくて、それを取り扱ったところどこかがあるわけですから、どこかがどういうふうに変わったのかが把握している所管はありますよね。ということは、その設計自体を変えた、なぜ一般競争入札でやって、それで設計を変える理由になったのは何という、不調になったという部分のところのつけた条件がだめで不調になったのか、それとも、単価の高い工事になってしまうところを少し設計を見直せばいいという、その辺のところを詳しくちょっと説明していただきたいということが一つと、この結果を見ると、辞退がすごく多いんですね。この辞退した理由というのがどういう理由で辞退されたのか、聞きたいということと、実際に札を入れたところが2者だけだということで、今、割と不調になっているということを利用して、談合ではないんですけれども、特定のところが落札する、みんな辞退していってしまうというようなことが起きてはいないのかどうか、そういうことを考えたときに予防として何かこの2者しかなかったという部分への適正な価格で落札されたかどうかという部分のところを見きわめるような何か執行機関のところで検討をなさったのか、その点について聞かせてください。



○議長(植木弘行君) 建設部長。



◎建設部長(向井明君) 設計単価のほうにつきましてご説明申し上げます。

 第1回目の条件つき一般競争入札の設計額でございますが、これは消費税とかそういったものを含めてでございますが、1億9,930万500円という価格で設定いたしました。不調ということになりましたので、鉱鋼材の値上げ等もございまして、今までの8月1日までに4回ほど鋼材の価格改定がございました。そういったことも含めまして、設計の見直しを行いまして、第2回目の設計額といたしましては、2億657万7,000円の設計額でございます。

 そして、2回目も不調という形に終わりましたので、再度設計額を見直しいたしまして、その結果、第3回目の設計額といたしましては、2億694万4,500円という形になってございます。



○議長(植木弘行君) 総務部長。



◎総務部長(千本木武則君) それから、辞退をした業者の理由はというふうなことでありますけれども、正確なアンケート調査とか、そういうものを行っているわけではありませんけれども、一部業者からの聞き取り、あるいは辞退なさるときの業者の意見というものの中では、今建設部長のお話しに出た、鋼材の値上がり、鋼材の調達といったものに自信が持てないというふうなものが大きな理由であったというふうにお話しを聞きました。



○議長(植木弘行君) 17番、中村芳隆君。



◆17番(中村芳隆君) 大体、早乙女議員と同じようなことを聞こうと思ってボタンを押したんですが、大体今日の応札までの経過はわかりました。

 そんな中で、私が一番疑問に思うのは、二度、三度入札されましても、日本を代表するような企業が指名を入れたにもかかわらず、辞退されているということは、正直に申しまして建設資材関係の高騰、非常に日本全国で不調に終わっているケースもございますので、そういったものの見直し等々今やったということでお聞きしましたので理解はしますが、それについて辞退が多いということは、法規等について何らかの不安があって、この契約内容を見ますと、21年3月19日までとなっておりますが、そんなものも考慮しながら入札をされたかどうか、ちょっとお聞きしたいと思います。



○議長(植木弘行君) 建設部長。



◎建設部長(向井明君) 工期の点についてお問い合わせがございましたが、工期につきましては、当初の計画は5月30日が入札予定日だったんですが、2回不調に終わったということございまして、その間2カ月間見てございます。

 そういった事情ございますので、今後、業者のほうの方とよく話し合いをするとともに、今後の鋼材等の値上げ、そういったものも設計変更等もございますので、そういったことも含めまして今後考慮したいと思っております。



○議長(植木弘行君) 17番、中村芳隆君。



◆17番(中村芳隆君) わかりました。

 近隣の市町におかれましても、本当に入札が不調ということで、今皆さん入札執行する場合には、工期が決まっておりますので、即座に速やかな入札を考えて工期を組んでおられると思いますので、このようになって2カ月、3カ月おくれますと、当然工程にも響くと思いますので、市を挙げての大きな事業でございますので、せっかくこういうふうに厳しい中でも応札をし、安い価格でやっていただける業者が決まりましたので、準備万端よろしくお願いしたいと思っております。



○議長(植木弘行君) 総務部長。



◎総務部長(千本木武則君) それでは、1回目、2回目の予定価格についてお話しを申し上げます。

 1回目の予定価格が1億8,601万3,000円、2回目の予定価格が1億9,300万円、3回目がさっきここに書いてありますとおり1億9,335万円ということであります。



○議長(植木弘行君) ほかにございませんか。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(植木弘行君) ないようですので、質疑を終了することで異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(植木弘行君) 異議なしと認めます。

 よって、質疑を終了し、討論を許します。

   〔「なし」と言う人あり〕



○議長(植木弘行君) 討論がないようですので、討論を終結することで異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(植木弘行君) 異議なしと認め、討論を終結いたします。

 これより採決いたします。

 議案第52号については、原案のとおり決することで異議ございませんか。

   〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(植木弘行君) 異議なしと認めます。

 よって、本案は原案のとおり可決されました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△市長あいさつ



○議長(植木弘行君) 以上で、平成20年第3回那須塩原市議会臨時会の議案はすべて終了いたしました。

 閉会に当たり市長からあいさつがあります。

 市長。

   〔市長 栗川 仁君登壇〕



◎市長(栗川仁君) 平成20年第3回那須塩原市議会臨時会の閉会に当たりまして一言ごあいさつを申し上げます。

 本日提案を申し上げました契約の締結についての議案及び事故報告に伴う専決処分に関する案件につきましては、慎重審議を賜り、原案のとおりご決定をいただきまして、誠にありがとうございました。

 また6月30日から開会し、9日間にわたって開催をしておりました市政懇談会も本日午後7時からの西那須野庁舎の会場をもって最終日となります。この間、議員各位におかれましては、ご多用中にもかかわらずご出席を賜り、厚く御礼を申し上げます。提出されましたご意見、ご要望につきましては、十分に検討し、市政に取り入れまして、開かれた市政運営に努めてまいります。

 去る8月5日に県北部一帯で発生いたしました雷雨による豪雨被害につきましては、本市におきましても一部の土地改良施設等に被害が発生をいたしました。これらの復旧に関する経費の算定のほか、復旧工事などにつきましては、今後適宜適切な対応を講じてまいります。

 また、今年6月末と7月末の2度にわたる大きな地震に見舞われました東北地方の被災地の一日も早い復興を心から祈念を申し上げるところでございます。

 さらに、本市におきましては、那須水害から10年が経過をし、当時の記憶を風化させず、いついかなるときでも、万一の事態に備えられるよう平成10年8月の豪雨災害被災者の追悼式並びに総合防災訓練を8月23日に実施をいたします。市議会議員の皆さんにおかれましては、当日ご参加をいただけますようお願いを申し上げます。

 これから残暑が厳しくなります。議員の皆さんにおかれましては、健康管理に十分留意をされ、ご活躍されますことをご祈念申し上げまして、第3回那須塩原市議会臨時会の閉会のごあいさつとさせていただきます。

 誠にありがとうございました。



○議長(植木弘行君) 市長のあいさつが終わりました。

 −−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△閉会の宣告



○議長(植木弘行君) 閉会に当たり、ごあいさつを申し上げます。

 本日開催されました平成20年第3回那須塩原市議会臨時会は、提出されました議案につきまして慎重に審議を尽くされ、また議会運営につきましてもご協力いただき、ここに審議を終了することができました。各位のご協力に対して御礼を申し上げます。

 以上をもちまして本臨時会を閉会とさせていただきます。

 大変ご苦労さまでした。



△閉会 午前10時28分

上記会議録を証するため下記署名する。

 平成20年8月11日

     議長      植木弘行

     署名議員    眞壁俊郎

     署名議員    高久好一