議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 矢板市

平成17年  9月 定例会(第272回) 09月02日−01号




平成17年  9月 定例会(第272回) − 09月02日−01号







平成17年  9月 定例会(第272回)



◯議事日程                  (9月2日〔金〕午前10時開会)

第1 会議録署名議員の指名について

第2 会期の決定について

第3 各議案に対する提案理由説明について

第4 議案第46号及び議案第47号について

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯本日の会議に付した事件

 議事日程のとおり

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯出席議員(22名)

     1番  中村久信君       2番  宮本妙子君

     3番  村上金郎君       4番  中村有子君

     5番  石井侑男君       6番  山口司郎君

     7番  山本元之君       8番  守田浩樹君

     9番  大谷 勇君      10番  渡邊孝一君

    11番  関  清君      12番  大貫雄二君

    13番  大島文男君      14番  今井勝巳君

    15番  斎藤宇一君      16番  関谷秀雄君

    17番  大森義仁君      18番  石塚和正君

    19番  宮沢昭夫君      20番  高瀬和夫君

    21番  野滝庄平君      22番  室井 祐君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯欠席議員(なし)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯説明のための出席者(12名)

          市長        遠藤 忠君

          助役        吉澤恒雄君

          教育長       大森 敏君

          秘書政策室長    佐藤 勤君

          総務部長      佐藤通芳君

          市民福祉部長    池田公夫君

          経済建設部長    鈴木哲雄君

          教育次長      坂井隆雄君

          上下水道事務所長  川島基義君

          財政課長      富川 薫君

          総務課長      兼崎公治君

          監査委員      森山昌孝君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

◯事務局職員出席者(3名)

          事務局長      江面和彦

          主幹        村上乃文

          主査        佐藤賢一

              午後1時00分 開会



○議長(関谷秀雄君) ただいまの出席議員は22名で、定足数に達していますから、会議は成立しております。

 ただいまから第272回矢板市議会定例会を開会いたします。

 これより直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(関谷秀雄君) この際、諸般の報告事項がありますので、報告いたします。

 本定例会の議事運営につきましては、8月25日、議会運営委員会が開催され、その結果報告書が議長のもとに提出されております。写しをお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

 次に、本定例会に地方自治法第121条の規定により説明のため出席を求めた者の職氏名は、お手元に配付のとおりであります。

 次に、監査委員から現金出納検査の結果報告が3件あり、その写しをお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

 次に、市長から提出された議案は、補正予算関係5件、決算の認定関係11件、条例関係29件、人事案件2件、その他4件の計51件であります。

 次に、陳情については、お手元に配付の陳情文書表のとおりであります。

 次に、議長会等の概要について報告いたします。

 平成17年6月2日から8月24日までの報告をお手元に配付しておきましたので、ご了承願います。

 次に、市長から報告1件が提出されております。朗読を省略して、市長の報告を求めます。

 市長、遠藤忠君。

          〔市長遠藤 忠君登壇〕



◎市長(遠藤忠君) 第272回矢板市議会定例会に報告いたします事項についてご説明申し上げます。

 報告第1号 市長の専決処分事項報告については、専決第6号 平成17年度矢板市一般会計補正予算(第1号)であります。衆議院議員総選挙の執行に伴うもので、歳入においては県支出金を増額し、歳出においては総務費に選挙費として1,930万円を追加補正したものであり、歳入歳出予算総額は114億2,930万円となります。

 緊急執行を要し、議会を招集するいとまがなかったので、法の定めるところにより専決処分をいたしました。

 以上でございます。



○議長(関谷秀雄君) 以上で諸般の報告を終わります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(関谷秀雄君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。

 事務局長をして朗読いたさせます。

 事務局長。

          〔事務局長朗読〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会議録署名議員の指名



○議長(関谷秀雄君) これより日程第1、会議録署名議員の指名についてを議題といたします。

 本件については、会議規則第81条の規定により、議長より指名いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(関谷秀雄君) ご異議なしと認め、指名いたします。

  5番   石井侑男君

 19番   宮沢昭夫君

 以上、会議録署名議員を指名いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△会期の決定



○議長(関谷秀雄君) 次に、日程第2、会期の決定についてを議題といたします。

 本件については、議会運営委員長より委員会の審査経過及び結果の報告を求めます。

 議会運営委員長、大森義仁君。

          〔議会運営委員長大森義仁君登壇〕



◆議会運営委員長(大森義仁君) ご報告申し上げます。

 第272回矢板市議会定例会の議会運営につきましては、議長から会期、議案の取り扱い等について協議をしていただきたい旨の諮問があり、去る8月25日午前10時から第2委員会室において、議会運営委員会を開催いたしました。

 説明のため、当局から市長、助役、関係部課長等の出席を求め、提出議案の件数並びに議長のもとに提出された一般質問通告者数と陳情受理件数とその取り扱い等については、慎重に審査をした結果、本定例会の会期は本日から22日までの21日間と決定いたしました。

 何とぞ議員各位のご協賛を賜りますようお願い申し上げまして、報告を終わります。



○議長(関谷秀雄君) ただいま議会運営委員長報告のとおり、本定例会の会期は本日から9月22日までの21日間とすることにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(関谷秀雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、本定例会の会期は本日から9月22日までの21日間と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△各議案に対する提案理由説明について



○議長(関谷秀雄君) 次に、日程第3、各議案に対し市長より提案理由の説明を求めます。

 市長、遠藤忠君。

          〔市長遠藤 忠君登壇〕



◎市長(遠藤忠君) 第272回矢板市議会定例会に提出いたしました議案について、提案の理由をご説明申し上げます。

 今回の定例会に提出いたしました議案は、補正予算関係5件、決算の認定11件、条例の制定関係1件、条例の全部改正関係9件、条例の一部改正関係18件、条例の廃止関係1件、人事案件2件、その他4件の計51件であります。

 議案第1号 平成17年度矢板市一般会計補正予算(第2号)については、歳入歳出にそれぞれ3億4,580万円を追加計上し、予算総額を117億7,510万円に補正しようとするものであります。

 以下、その概要につきまして、歳出からご説明申し上げます。

 総務費におきましては、行政管理費に係る経費を追加計上いたしました。

 民生費におきましては、温泉センター施設事業、高齢者生きがい総合推進事業に係る経費を追加計上し、衛生費におきましては、保健総務費に係る経費を追加計上いたしました。

 農林水産業費におきましては、畜産振興事業、生産調整推進対策事業、団体営農道整備事業等に係る経費を追加計上いたしました。

 商工費におきましては、工業振興費、観光施設費に係る経費を追加計上いたしました。

 土木費におきましては、市道維持管理費、市道舗装修繕費、道路新設改良費、木幡通り整備事業、公共下水道事業特別会計繰出金、駅東第二土地区画整理事業に係る経費を追加計上いたしました。

 消防費におきましては、消防施設等整備事業等に係る経費を追加計上いたしました。

 教育費におきましては、学校一般管理費、社会教育振興費等に係る経費を追加計上いたしました。

 以上が、歳出補正予算の概要でありますが、これらに係る財源につきましては、地方特例交付金、地方交付税、国庫支出金、県支出金、繰入金、諸収入及び市債を追加計上いたしました。

 あわせまして、地方債につきましても、所要の補正をしようとするものであります。

 議案第2号 平成17年度矢板市介護保険特別会計補正予算(第1号)については、歳入歳出にそれぞれ5,229万6,000円を追加計上し、予算総額を15億2,199万6,000円に補正しようとするものであります。

 歳入には、繰越金を追加計上いたしまして、歳出には総務費を追加計上いたしました。

 議案第3号 平成17年度矢板市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)については、歳入歳出にそれぞれ456万2,000円を追加計上し、予算総額を5,686万2,000円に補正しようとするものであります。

 歳入には、繰越金を追加計上し、歳出には総務費を追加計上いたしました。

 議案第4号 平成17年度矢板市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)については、歳入歳出にそれぞれ3,970万2,000円を追加計上し、予算総額を11億5,320万2,000円に補正しようとするものであります。

 歳入には、国庫支出金、繰入金、繰越金及び市債を追加計上し、歳出には下水道管理費及び下水道建設費を追加計上いたしました。

 あわせまして、地方債につきましても、所要の補正をしようとするものであります。

 議案第5号 平成17年度矢板市水道事業会計補正予算(第2号)については、収益的収入及び支出において、収入では営業外収益を610万円増額し、水道事業収益総額を7億7,060万円に補正し、資本的収入及び支出において、支出では建設改良費を2,300万円追加計上し、資本的支出総額を5億4,580万円に補正しようとするものであります。

 議案第6号から議案第16号までの11議案については、平成16年度の一般会計及び各特別会計の歳入歳出決算並びに水道事業会計の決算の認定についてであり、法の定めるところにより監査委員の意見を付して、それぞれ議会の認定に付すものであります。

 議案第17号 矢板市公の施設に係る指定管理者の指定の手続等に関する条例の制定については、地方自治法の改正により公の施設の管理について、地方公共団体が出資している法人等に限定して委託することが可能であった「管理委託制度」が廃止され、地方公共団体が指定する指定管理者に管理を代行させる「指定管理者制度」が導入されたことに伴い、指定管理者の指定の手続等について必要な事項を定めるため、新たに条例を制定するものであります。

 議案第18号 矢板市体育施設設置及び管理条例の全部改正について、議案第19号 矢板市勤労青少年ホーム条例の全部改正について、議案第20号 矢板市児童館設置及び管理条例の全部改正について、議案第21号 矢板市学童保育館設置及び管理条例の全部改正について、議案第22号 矢板市はつらつ館設置条例の全部改正について、議案第23号 矢板市障害者福祉作業所設置及び管理条例の全部改正について、議案第24号 矢板市城の湯やすらぎの里設置及び管理条例の全部改正について、議案第25号 矢板市農業者トレーニングセンター設置、管理及び使用料条例の全部改正について及び議案第26号 矢板市八方ヶ原交流促進センター設置及び管理条例の全部改正については、地方自治法の改正により指定管理者制度の導入に伴い、公の施設の管理を指定管理者に行わせることについて必要な事項を定めるため、条例の全部を改正するものであります。

 議案第27号 矢板市個人情報保護条例の一部改正については、地方自治法の改正による指定管理者制度の導入に伴い、指定管理者の個人情報の保護について受託業者と同程度の義務を課し、罰則を適用させるため条例の一部を改正するものであります。

 議案第28号 公益法人等への職員の派遣等に関する条例の一部改正について、議案第30号 矢板市長等の給与及び旅費に関する条例の一部改正について、議案第31号 矢板市教育委員会教育長の給与及び旅費並びに勤務時間等に関する条例の一部改正について、議案第32号 単純労務職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について、議案第44号 矢板市企業職員の給与の種類及び基準に関する条例の一部改正について及び議案第45号 矢板市職員の寒冷地手当の支給に関する条例の廃止については、平成18年度から寒冷地手当を廃止することについて所要の整備をするため、関係条例の一部を改正または廃止するものであります。

 議案第29号 外国の地方公共団体の機関等に派遣される職員の処遇等に関する条例の一部改正については、外国の地方公共団体の機関等に派遣される一般職の地方公務員の処遇等に関する法律の一部が改正されたことに伴い、所要の整備をするため条例の一部を改正するものであります。

 議案第33号 矢板市公民館設置条例の一部改正について、議案第34号 矢板市文化会館条例の一部改正について、議案第36号 矢板市農村環境改善センター設置、管理及び使用料条例の一部改正について、議案第37号 矢板市農業集落排水処理施設条例の一部改正について、議案第38号 矢板市八方ヶ原牧場設置、管理及び使用料条例の一部改正について、議案第41号 矢板市営駐車場条例の一部改正について、議案第42号 矢板市自転車駐車場設置及び管理条例の一部改正について及び議案第43号 矢板市都市公園条例の一部改正については、地方自治法の改正により、管理委託制度が廃止されたことに伴い、所要の整備をするため条例の一部を改正するものであります。

 議案第35号 矢板市在宅ねたきり老人等介護手当支給条例の一部改正については、国において「痴呆」にかわる用語として「認知症」を用いることになったので、所要の整備をするため、条例の一部を改正するものであります。

 議案第39号 矢板市企業誘致条例の一部改正については、積極的な企業誘致活動のさらなる推進を図ることに伴い、新たな奨励金制度を設けるため、条例の一部を改正するものであります。

 議案第40号 矢板市公設地方卸売市場条例の一部改正については、卸売市場法及び栃木県卸売市場条例の一部が改正されたことに伴い、所要の整備をするため条例の一部を改正するものであります。

 議案第46号 教育委員会委員の任命同意については、本市教育委員であります今平美代子氏が平成17年9月30日をもって任期が満了になりますので、後任の委員に同氏を再任することを最も適当と認め、その任命について法の定めるところにより議会の同意を求めるものであります。

 議案第47号 固定資産評価審査委員会委員の選任同意については、本市固定資産評価審査委員会委員であります分田健介氏が平成17年9月30日をもって任期が満了になりますので、後任の委員に同氏を再任することを最も適当と認め、その選任について法の定めるところにより議会の同意を求めるものであります。

 議案第48号 21世紀矢板市総合計画の改定基本構想については、後期基本計画を策定する上で、現行の21世紀矢板市総合計画が策定時以降、社会経済状況が大きく変化し、厳しい財政状況にあるとともに、少子化などにより人口は減少傾向にあり、総合計画上の人口フレームと大きくかけ離れた状況になっているため、現行の総合計画の将来像である「人・郷土・産業が調和した つつじの郷・やいた」を踏襲しつつ、新たなまちづくりの指針として改定基本構想を定める必要があるので、法の定めるところにより議会の議決を求めるものであります。

 議案第49号 栃木県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び栃木県市町村職員退職手当組合規約の変更については、平成17年10月1日から、湯津上村及び黒羽町を廃し、その区域を大田原市に編入し、これに伴い湯津上村及び黒羽町で組織する黒羽湯津上環境整備組合が解散し、また南那須町及び烏山町を廃し、その区域をもって新たに那須烏山市を設置し、馬頭町及び小川町を廃し、その区域をもって新たに那珂川町を設置することに伴い、栃木県市町村職員退職手当組合を組織する地方公共団体の数の減少及び組合規約の変更をすることについて協議したいので、法の定めるところにより議会の議決を求めるものであります。

 議案第50号 栃木県市町村消防災害補償等組合を組織する地方公共団体の数の減少については、平成17年10月1日から、湯津上村及び黒羽町を廃し、その区域を大田原市に編入し、南那須町及び烏山町を廃し、その区域をもって那須烏山市を設置し、馬頭町及び小川町を廃し、その区域をもって那珂川町を設置することに伴い、栃木県市町村消防災害補償等組合を組織する地方公共団体の数を44から40に減少することについて協議したいので、法の定めるところにより議会の議決を求めるものであります。

 議案第51号 下水道資源化工場施設の建設及び維持管理に関する事務の委託に関する規約の変更については、平成17年10月1日から、湯津上村及び黒羽町を廃し、その区域を大田原市に編入することに伴い、規約の一部変更について法の定めるところにより議会の議決を求めるものであります。

 以上が、今定例会に提出いたしました議案の概要であります。何とぞ慎重ご審議の上、議決されますようお願い申し上げます。

 以上でございます。



○議長(関谷秀雄君) 以上で提案理由の説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(議案第46号)及び(議案第47号)の委員会付託省略



○議長(関谷秀雄君) 次に、日程第4、議案第46号及び議案第47号について一括議題といたします。

 お諮りいたします。

 本案については、会議規則第37条第2項の規定により、委員会付託を省略し、直ちに審議いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(関谷秀雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、委員会付託を省略することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△(議案第46号)及び(議案第47号)に対する質疑、討論省略



○議長(関谷秀雄君) これより直ちに審議に入るわけでありますが、人事に関する案件でありますので、質疑、討論を省略して採決いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(関谷秀雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、質疑、討論を終結いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△採決



○議長(関谷秀雄君) これより採決いたします。

 議案第46号について採決いたします。

 議案第46号の原案に賛成の諸君の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(関谷秀雄君) 起立全員であります。

 よって、議案第46号は原案のとおり同意することに決しました。

 次に、議案第47号について採決いたします。

 議案第47号の原案に賛成の諸君の起立を求めます。

          〔起立全員〕



○議長(関谷秀雄君) 起立全員であります。

 よって、議案第47号は原案のとおり同意することに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△休会について



○議長(関谷秀雄君) 以上で、本日の議事日程は全部終了いたしました。

 この際、お諮りいたします。

 9月3日及び4日は、土曜日及び日曜日のため休会にいたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          〔「異議なし」と言う者あり〕



○議長(関谷秀雄君) ご異議なしと認めます。

 よって、9月3日及び4日は休会とすることに決しました。

 なお、9月5日午前10時から本会議を開きますので、ご参集願います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(関谷秀雄君) 本日はこれにて散会いたします。

 ご苦労さまでした。

              午後1時29分 散会