議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 真岡市

平成15年  6月 定例会(第3回) 06月27日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号




平成15年  6月 定例会(第3回) − 06月27日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号







平成15年  6月 定例会(第3回)





    平成15年
 
        真岡市議会定例会会議録 (第4号)
 
    第 3 回                          
 議 事 日 程 (第4号)

                       開 議 平成15年6月27日 午前10時

日程第1 議案第42号から議案第47号まで                      
日程第2 選挙管理委員及び補充員の選挙                        

本日の会議に付した事件
議案第42号 真岡市長等の給与及び旅費に関する条例の一部改正について         
議案第43号 真岡市手数料徴収条例の一部改正について                 
議案第44号 消防ポンプ自動車の取得について                     
議案第45号 工事請負契約について                          
議案第46号 工事請負契約について                          
議案第47号 土地の処分について                           

6月27日(金曜日)
 出 席 議 員 (26名)
    1番 斉 藤 重 一 君
    2番 荒 川 洋 子 君
    3番 中 村 和 彦 君
    4番 大根田 悦 夫 君
    5番 白 滝   裕 君
    6番 布 施   實 君
    7番 古 橋 修 一 君
    8番 鶴 見   真 君
    9番 上 野 玄 一 君
   10番 大根田 幹 夫 君
   11番 飯 塚   正 君
   12番 佐 藤 和 夫 君
   13番 大田和 正 一 君
   14番 稲 見 幸一郎 君
   15番 染 谷   功 君
   16番 大 滝   盛 君
   17番 浅 山 俊 夫 君
   18番 蕎麦田 公 一 君
   19番 田 上   稔 君
   20番 細 谷   進 君
   21番 西 田 一 之 君
   22番 仙 波 恒 雄 君
   23番 豊 田   守 君
   24番 飯 野   守 君
   25番 鈴 木 俊 夫 君
   26番 上 野 仁 治 君

 欠 席 議 員 (なし)

 地方自治法第121条の規定に基づき出席した者の職氏名
 市     長  福 田 武 隼 君
 助     役  細 谷 勝 實 君
 収  入  役  坂 入 弘 國 君
 教  育  長  沼 生 圭 市 君
 総 務 部 長  柴 山 時 男 君

 保 健 福祉部長  中 里 朋 三 君
(兼福祉事務所長)

 産 業 環境部長  仁 平 松 夫 君

 企 業 誘 致  井 田 ? 一 君
 推 進 部 長

 建 設 部 長  池 田   敏 君
(併 水 道 部 長)

 教 育 次 長  塩野谷   武 君
 教 育 指導次長  田 宮 與四郎 君
 秘 書 課 長  小 松 廣 志 君
 企 画 課 長  馬 場 照 夫 君

 総 務 課 長  増 田 宗 弘 君
(兼 三 つ子の魂
 育 成 推進室長)

 福 祉 課 長  竹 澤   信 君
 農 政 課 長  大 塚 哲 雄 君
 企 業 誘致課長  山 口 嘉 治 君
 建 設 課 長  薄 井 慶 二 君
 教 務 課 長  石 塚 光 清 君
 消  防  長  櫻 井 光 邦 君

 本会議に出席した事務局職員
 事 務 局 長  伊 藤 芳 夫

 事務局議事課長  椎 貝 省 市
 兼 庶 務 係 長

 議  事  課  田 口   司
 議 事 調査係長

 書     記  上 野 公 男







△開議の宣告



   午前10時01分 開議



○議長(浅山俊夫君) ただいまの出席議員数は26名であります。

  これより本日の会議を開きます。

  直ちに会議に入ります。

  この際、特に申し上げたいことがあります。それは、去る6月4日の東京都において開催されました関東市議会議長会定期総会並びに6月19日東京都において開催されました全国市議会議長会定期総会において、それぞれその表彰規定に基づき、永年在職議員として飯田一郎様、大滝弘明様、田上稔議員、細谷進議員が表彰されましたので、ご報告申し上げます。

  関東市議会議長会、全国市議会議長会定期総会には私が出席いたしましたので、代理で表彰を受け、表彰状並びに記念品を預かってまいりました。ここでご伝達申し上げます。



◎事務局長(伊藤芳夫君) 関東市議会議長会表彰の伝達を行います。

  議員在職20年表彰、大滝弘明様。



○議長(浅山俊夫君) 

     表 彰 状

              真岡市

               大滝弘明殿

  あなたは、市議会議員の職にあること20年、よく地方自治の伸長発展と市勢の向上振興に貢献された功績はまことに多大であります。よって、ここに表彰します。

     平成15年6月4日

          関東市議会議長会会長

               萩生田富司

             (代読)

   (表彰状授与)



◎事務局長(伊藤芳夫君) 田上稔議員。



○議長(浅山俊夫君) 

     表 彰 状

              真岡市

               田上 稔殿

  あなたは、市議会議員の職にあること20年、よく地方自治の伸長発展と市勢の向上振興に貢献された功績はまことに多大であります。よって、ここに表彰します。

     平成15年6月4日

          関東市議会議長会会長

               萩生田富司

             (代読)

   (表彰状授与)



◎事務局長(伊藤芳夫君) 細谷進議員。



○議長(浅山俊夫君) 

     表 彰 状

              真岡市

               細谷 進殿

  あなたは、市議会議員の職にあること20年、よく地方自治の伸長発展と市勢の向上振興に貢献された功績はまことに多大であります。よって、ここに表彰します。

     平成15年6月4日

          関東市議会議長会会長

               萩生田富司

             (代読)

   (表彰状授与)



◎事務局長(伊藤芳夫君) 次に、全国市議会議長会表彰の伝達を行います。

  議員在職20年表彰、大滝弘明様。



○議長(浅山俊夫君) 

     表 彰 状

              真岡市

               大滝弘明殿

  あなたは市議会議員として20年の長きにわたって市勢の発展に尽くされ、その功績は特に著しいものがありますので、第79回定期総会に当たり、本会表彰規程によって特別表彰をいたします。

     平成15年6月19日

          全国市議会議長会会長

                片山 ?

             (代読)

   (表彰状授与)



◎事務局長(伊藤芳夫君) 田上稔議員。



○議長(浅山俊夫君) 

     表 彰 状

              真岡市

               田上 稔殿

  あなたは市議会議員として20年の長きにわたって市勢の発展に尽くされ、その功績は特に著しいものがありますので、第79回定期総会に当たり、本会表彰規程によって特別表彰をいたします。

     平成15年6月19日

          全国市議会議長会会長

                片山 ?

             (代読)

   (表彰状授与)



◎事務局長(伊藤芳夫君) 細谷進議員。



○議長(浅山俊夫君) 

     表 彰 状

              真岡市

               細谷 進殿

  あなたは市議会議員として20年の長きにわたって市勢の発展に尽くされ、その功績は特に著しいものがありますので、第79回定期総会に当たり、本会表彰規程によって特別表彰をいたします。

     平成15年6月19日

          全国市議会議長会会長

                片山 ?

             (代読)

   (表彰状授与)



◎事務局長(伊藤芳夫君) なお、飯田一郎様には本日欠席のため後日伝達いたします。

  以上で伝達を終わります。





△議案第42号〜議案第47号の委員長報告、質疑、討論、採決





○議長(浅山俊夫君) これより日程に入ります。

  日程第1、議案第42号から議案第47号まで、以上6案を一括議題といたします。

  順次委員長の報告を求めます。

  初めに、総務常任委員会委員長、白滝裕君。

   (総務常任委員会委員長 白滝

    裕君登壇)



◆総務常任委員会委員長(白滝裕君) 総務常任委員会に付託になりました議案第42号 真岡市長等の給与及び旅費に関する条例の一部改正について、議案第43号 真岡市手数料徴収条例の一部改正について、議案第44号 消防ポンプ自動車の取得について、以上3案につきまして、本委員会の審査の経過及び結果をご報告いたします。

  議案第42号につきましては、職員による不正流用に関する不祥事に伴い、市長等の給料を減額するが、市が預かる団体等の事務局体制をどう改善するのかとの質疑に対し、公金、団体の管理体制については通帳と印鑑を同じ職員が管理することがないよう指示するとともに、印鑑の管理は課長が行うよう周知徹底し、団体については、状況を把握し、通帳を極力団体に管理してもらうなど改善を図っていくとの答弁でありました。

  次に、議案第43号につきましては、住民基本台帳ネットワークシステムのカード発行手数料は1人500円であるが、作成するのに1人幾らかかり、国からの財政支援はあるのか、また来年以降はどうなるのかとの質疑に対し、カード作成には約1,500円かかり、発行手数料が500円であると今年度はその差額1,000円について、国の特別地方交付税の中でその分が補てんされるが、来年度以降は不明であるので、国に要望していくとの答弁でありました。

  また、ネットワークシステムに参加しない自治体はどうなるのかとの質疑に対し、参加しない自治体の住民は他の自治体で住民票等の交付が受けられず、またその自治体ではカードでの住民票等の交付が受けられないとの答弁でありました。

  以上のような審査経過に基づき、採決の結果、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、本委員会の報告といたします。



○議長(浅山俊夫君) 次に、民生産業常任委員会委員長、古橋修一君。

   (民生産業常任委員会委員長

    古橋修一君登壇)



◆民生産業常任委員会委員長(古橋修一君) 民生産業常任委員会に付託になりました議案第45号 工事請負契約について、議案第46号 工事請負契約について、議案第47号 土地の処分について、以上3案につきまして、本委員会の審査の経過及び結果をご報告いたします。

  まず、議案第45号及び議案第46号につきましては、発注については今までも第1工区、第2工区と2本に分けていたのかとの質疑に対し、東大島、東郷地区においては処理槽と管理棟の分割発注であり、今回分離発注は初めてであるとの答弁でありました。

  また、分離発注の場合、工事費が割高とならないのか、どのくらいの価格差があったのか、なぜ分離発注したのかとの質疑に対し、栃木県土地改良事業団体連合会に設計委託しているが、その設計委託費において約150万円の差があった。土木建築工事については、地元業者でも県内においての工事実績のある業者がいるため土木建築工事ができることから、地元業者育成のためにも分離発注へと方向を転換したとの答弁でありました。

  また、入札での設計額は幾らかとの質疑に対し、消費税抜きで、予定価格で第1工区1億6,472万円、第2工区1億5,090万円であるとの答弁でありました。

  次に、議案第47号につきましては、支払いが終わらないと土地の使用ができないのかとの質疑に対し、資材置き場等には使用できるが、建物は5年間は建てられない制約となっている。なお、5年以内に全額の支払いが終わればその制約がなくなるとの答弁でありました。

  また、今後価格が下がった場合、1平方メートル当たり単価はどうなるかとの質疑に対し、実勢価格を割った形で売ることは難しいが、ほかとの価格競争や経済状況によっては検討する必要があるとの答弁でありました。

  以上のような審査経過に基づき、採決の結果、いずれも全員異議なく原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、本委員会の報告といたします。



○議長(浅山俊夫君) 以上で各委員長の報告は終了いたしました。

  これより委員長報告に対する質疑を行います。

  別に質疑はありませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(浅山俊夫君) 質疑なしと認めます。

  討論の通告がありますので、発言を許します。

  11番、飯塚正君。



◆11番(飯塚正君) 日本共産党の飯塚正です。私は、議案第43号 真岡市手数料徴収条例の一部改正について、反対の立場から討論を行うものであります。

  この条例の一部改正は、住民基本台帳の改正に伴い、広域交付住民票及び住民基本台帳カードの交付手数料を1件500円と規定するとともに、住民基本台帳の一部写しの閲覧手数料を1件100円と改正するとしておりますが、今回の反対の理由は市民に対して新たな負担を強いるという点から反対するというだけではありません。住民基本台帳ネットワークシステムとの関連でこのシステム導入が住民基本台帳を利用し、全国民に10けたの識別番号をつけ、自治体と国の行政機関を結び、個人情報を利用するコンピューターネットワーク化という国民のプライバシーの保護問題やシステムのコストの負担、関連事務費や人件費の負担という経費の増大につながっている問題ありのシステム運営体制であるからであります。

  去る4月22日、衆議院個人情報保護特別委員会の審議で自衛隊が自衛官募集のために市町村から住民基本台帳の4情報、つまり氏名、住所、性別、生年月日というように健康状態、職業などの情報まで集めていたことが明らかになりました。防衛庁長官の報告では794市町村から情報提供を受け、うち332市町村から住民基本台帳法で閲覧可能な情報以外の個人情報が提供されていたとしております。4情報についても、閲覧可能であっても自治体が特に閲覧以外の方法で自衛隊に情報を提供することは法的根拠なしに特別な便宜を提供するものであり、重大な問題であります。

  また、自衛隊は集めた情報をコンピューターでファイル化していたこともわかりました。自衛隊は、自治体が提供したリストを電算処理し、あて名、ラベルなどを作成して新規中卒者などを対象に自衛官募集の文書を送付していました。行政の電算処理個人情報保護法では、コンピューターで作成した個人情報ファイルは総務大臣に届け出なければならないことになっており、これに違反しております。

  また、新規中卒者への文書募集についても、国の各機関に新規中卒者を対象にした文書募集はしないよう求めた文部科学省、厚生労働省の通達に違反しています。

  こうした点から見て、今回発覚した自衛隊への情報提供は、違法行為そのものであります。日本共産党は、住民基本台帳ネットワーク施行に際し、現行の行政機関保有個人情報保護法がプライバシーの保護という点で多くの問題を含んでいるとして反対を表明してきたところであります。真岡市に対しても今からでも中止を求めるものであります。今回の事態でこの指摘の正しさが具体的に明らかになりました。住基ネットの存在自体が問われる問題であります。

  また、6月6日強行された有事法制との関係でも自治体や国民を動員する際の基礎となる情報が自衛隊に流出し、集積されているということであり、断じて許されません。

  市民の個人情報保護の立場から住民基本台帳ネットワークシステムの中止を求めることとあわせて反対の討論といたします。



○議長(浅山俊夫君) 以上で通告による討論は終わりました。

  ほかに討論はありませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(浅山俊夫君) ほかに討論はないものと認めます。

  よって、これにて討論を終結いたします。

  これより採決いたします。

  議案第42号 真岡市長等の給与及び旅費に関する条例の一部改正について、本案は起立により採決いたします。

  本案に対する委員長の報告は原案を可とするものであります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(浅山俊夫君) 起立全員。

  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

  次に、議案第43号 真岡市手数料徴収条例の一部改正について、本案は起立により採決いたします。

  本案に対する委員長の報告は、原案を可とするものであります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(浅山俊夫君) 起立多数。

  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

  次に、議案第44号 消防ポンプ自動車の取得について、議案第45号 工事請負契約について、議案第46号 工事請負契約について、議案第47号 土地の処分について、以上4案は一括して起立により採決いたします。

  以上4案に対する各委員長の報告は、いずれも原案を可とするものであります。本4案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(浅山俊夫君) 起立全員。

  よって、本4案は委員長報告のとおり可決されました。





△選挙管理委員及び補充員の選挙





○議長(浅山俊夫君) 日程第2、選挙第7号 選挙管理委員及び補充員の選挙を行います。

  お諮りいたします。この選挙は、投票の煩を省くため議長において指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(浅山俊夫君) ご異議なしと認めます。

  よって、指名いたします。

  局長をして朗読いたさせます。



◎事務局長(伊藤芳夫君) 朗読いたします。敬称は略させていただきます。

  選挙管理委員、真岡市台町2424番地、塚田治弘、真岡市島2番地9、亀田和夫、真岡市下籠谷2873番地1、野澤孝、真岡市寺内1387番地2、堀田千之助。次に、補充員、真岡市白布ケ丘8番地7、佐藤弘、真岡市西田井2048番地2、石川守衛、真岡市田島222番地、舘野房子、真岡市中219番地1、鈴木道子。

  以上でございます。



○議長(浅山俊夫君) ただいまの朗読のとおり決定することにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(浅山俊夫君) ご異議なしと認めます。

  よって、選挙管理委員及び補充員は以上の諸君が当選されました。





△閉会中の継続調査の申し出





○議長(浅山俊夫君) 次に、各常任委員会委員長から、目下委員会において調査中の各特定事件について、会議規則第102条の規定により、お手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。

  お諮りいたします。各常任委員会委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(浅山俊夫君) ご異議なしと認めます。

  よって、各常任委員会委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決しました。





△閉会中の継続審査の申し出





○議長(浅山俊夫君) 次に、議会運営委員会委員長から、委員会において審査中の事件について、会議規則第102条の規定により、お手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(浅山俊夫君) ご異議なしと認めます。

  よって、委員長から申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。





△閉会の宣告





○議長(浅山俊夫君) 以上で今期定例会に付議されました事件は全部議了いたしました。

  これをもって第3回真岡市議会定例会を閉会いたします。

   午前10時32分 閉会