議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 真岡市

平成11年  6月 定例会(第3回) 06月04日−議案説明−01号




平成11年  6月 定例会(第3回) − 06月04日−議案説明−01号







平成11年  6月 定例会(第3回)





    平成11年
 
        真岡市議会定例会会議録 (第1号)
 
    第 3 回                          
 議 事 日 程 (第1号)

                        開 議 平成11年6月4日 午前10時

日程第1 会議録署名議員の指名
日程第2 会期の決定
日程第3 議案第37号から議案第41号まで及び報告第1号から報告第5号まで

本日の会議に付した事件
議案第37号 真岡市固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについて  
議案第38号 真岡市固定資産評価審査委員会条例の一部改正について           
議案第39号 真岡市介護認定審査会の委員の定数等を定める条例の制定について      
議案第40号 工事請負契約について                          
議案第41号 平成11年度真岡市一般会計補正予算(第1号)              
報告第 1号 平成10年度真岡市繰越明許費繰越計算書の報告について          
報告第 2号 平成11年度もおか鬼怒公園開発株式会社営業計画及び予算書の提出について 
報告第 3号 平成11年度真岡市土地開発公社事業計画及び収支予算書の提出について   
報告第 4号 平成11年度財団法人真岡市農業公社事業計画及び収支予算書の提出について 
報告第 5号 議会の委任による専決処分事項の報告について               

6月4日(金曜日)
 出 席 議 員 (28名)
    1番 古 橋 修 一 君
    2番 白 滝   裕 君
    3番 布 施   實 君
    4番 大根田 幹 夫 君
    5番 上 野 玄 一 君
    6番 佐 藤 和 夫 君
    7番 鶴 見   真 君
    8番 大田和 正 一 君
    9番 稲 見 幸一郎 君
   10番 染 谷   功 君
   11番 小 野 聖 義 君
   12番 浅 山 俊 夫 君
   13番 堀 口 和 男 君
   14番 手 塚 廉 一 君
   15番 大 滝   盛 君
   16番 村 田 弘 之 君
   17番 蕎麦田 公 一 君
   18番 細 谷   進 君
   19番 飯 田 一 郎 君
   20番 田 上   稔 君
   21番 大 滝 弘 明 君
   22番 西 田 一 之 君
   23番 豊 田   守 君
   24番 仙 波 恒 雄 君
   25番 鈴 木 俊 夫 君
   26番 飯 野   守 君
   27番 橋 本 寛 治 君
   28番 上 野 仁 治 君
 
 欠 席 議 員 (なし)

 地方自治法第121条の規定に基づき出席した者の職氏名
 市     長  菊 地 恒三郎 君
 助     役  田 上 進 一 君
 収  入  役  行 川 至 孝 君
 教  育  長  岡 本   博 君
 総 務 部 長  篠 崎   章 君
 保 健 福祉部長  一ノ瀬 只 光 君

 建 設 部 長  野 沢   登 君
(併 水 道 部 長)

 教 育 次 長  仁 平 松 夫 君
 教 育 指導次長  沼 生 圭 市 君
 秘 書 課 長  高 橋   恒 君

 企 画 課 長  篠 崎 邦 夫 君
 兼  情  報
 セ ン ター所長
 兼高等教育機関
 設 立 準備室長

 総 務 課 長  井 田 ? 一 君
 兼 勤 労者研修
 交 流 施設開設
 準 備 室 長

 税 務 課 長  高 松 利 久 君
 市 民 課 長  鈴 木 正 明 君
 検 査 室 長  浜 野 修 一 君
 会 計 課 長  飯 塚 征 司 君
 健 康 増進課長  風 山 善 司 君
 保 険 年金課長  大 滝   仁 君
 社 会 福祉課長  石 塚 光 清 君
 高 齢 福祉課長  瀬 尾 隆 昭 君
 商 工 観光課長  久 保 益 雄 君
 農 政 課 長  増 田 宗 弘 君
 農 村 整備課長  伊 藤 芳 夫 君
 環 境 課 長  細 谷   繁 君
 建 設 課 長  大 塚 哲 雄 君
 都 市 計画課長  直 井 欽 司 君
 み ど りの課長  柴 山 子太郎 君
 区 画 整理課長  広 瀬 國 昭 君
 下 水 道 課 長  金 子 典 夫 君
 水 道 課 長  中 里 朋 三 君
 教 務 課 長  福 村 典 正 君

 社 会 教育課長  坂 入 弘 國 君
(兼 美 術館建設
 準 備 室 長)

 社 会 体育課長  鶴 見 勲 夫 君

 学 校 給 食  広 沢 与 一 君
 セ ン ター所長

 公 民 館 長  橋 本 利 雄 君
 兼 市 民会館長
 兼 少 年 指 導
 セ ン ター所長

 図 書 館 長  荒 井 宗 明 君

 自 然 教 育  小 堀 悠 次 君
 セ ン ター所長
 兼 根 本山自然
 観 察 センター
 所     長

 科 学 教 育  後 藤 盛 雄 君
 セ ン ター所長

 農 業 委 員 会  仙 波 勝 衛 君
 事 務 局 長

 監 査 委 員  竹 澤   信 君
 事 務 局 長
(併 選 挙 管 理
 委 員 会書記長)

 消  防  長  柴 山 裕 功 君

 本会議に出席した事務局職員
 事 務 局 長  柴 山 時 男

 事務局長補佐兼  川 上 英 男
 庶 務 係 長

 議 事 調査係長  田 口   司
 書     記  仁 平 忠 一







△開会及び開議の宣告



   午前10時00分 開会



○議長(田上稔君) 開議に先立ちまして一言ごあいさつを申し上げたいと存じます。

  今定例会改選後初めての定例会でございます。本年度の予算も既に執行をされております。そうした中で、新たに議員になられた皆さん、そしてまた継続して議員になられた皆さん、もう既に継続をして議員になられた皆さんはこの予算につきましては、予算の審議の中で十分審議をされております。そして、新たに今回議席を得られた議員の皆さんにつきましては、予算審議には加わっておりませんでしたけれども、今定例会初めての定例会でございます。245億5,000万円余の一般会計、そして特別会計を含めて441億6,000万円を超える予算、慎重な中にも活発な議論の展開を期待をするところでございます。どうか今定例会意義のある定例会になりますよう期待を申し上げまして、ごあいさつにかえたいと思います。

  ただいまの出席議員数は28名であります。

  これより平成11年第3回真岡市議会定例会を開会いたします。

  直ちに会議に入ります。





△議会運営委員会委員長報告





○議長(田上稔君) 日程に入る前に、議会運営委員長の報告を求めます。

  委員長、小野聖義君。

   (議会運営委員会委員長 小野

    聖義君登壇)



◆議会運営委員会委員長(小野聖義君) おはようございます。

  第3回市議会定例会の運営につきまして、本委員会の協議決定いたしました事項をご報告いたします。

  その内容につきましては、お手元に配付いたしました報告書によって既にご了解をいただけたことと存じますが、若干説明を加えましてご賛同をお願いを申し上げます。

  まず、会期でありますが、会期は本日から6月21日までの18日間と決定いたしました。その内容は、6月4日、すなわち本日は提出されました全議案などを一括上程いたしまして、提案理由の説明を聞くのみで散会をするものであります。

  次に、5日と6日及び12日と13日は市の休日のため、7日から11日までは議案等調査のためそれぞれ休会といたしました。

  次に、14日と15日の2日間は、全議案等に対する質疑及び一般質問を行うことにいたしました。質疑及び一般質問が終了したならば、即決案件は即決し、付託案件はそれぞれ所管の委員会に付託いたしまして、散会をするものであります。

  次に、16日と17日の2日間は、常任委員会を開くことにいたしました。常任委員会の日割りでありますが、16日は文教常任委員会と民生産業常任委員会、17日は総務常任委員会と建設常任委員会、以上のようにそれぞれの開催をお願いをするものであります。

  次に、18日は議事等整理のため、19日と20日は市の休日のためそれぞれ休会といたしました。

  次に、21日の最終日において各常任委員会委員長の報告を求め、討論の後採決して閉会するものであります。

  以上が会期の内容であります。

  次に、議事日程でありますが、これは既にお手元に配付になっているとおりであります。

  次に、議案の取り扱い及び審議の方法につきまして申し上げます。提出されました5議案のうち、議案第37号 真岡市固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについては、質疑の段階で十分なるご審議をいただき、15日の質疑、一般質問終了後即決すべきものと決しました。

  なお、議案第38号から議案第41号までの4議案につきましては、15日の質疑、一般質問終了後、報告書にもありますとおり、それぞれ所管の委員会に付託をするものであります。

  次に、議案に対する質疑と一般質問の通告期限でありますが、6月8日午前11時までといたしました。通告につきましては、通告書によりまして質疑と一般質問を区分し、期限を厳守の上提出くださるようお願い申し上げます。

  なお、通告の趣旨に沿って要旨を具体的に記入されるよう特にお願いを申し上げるものであります。

  以上が本委員会の協議決定いたしました事項であります。各位におかれましては、何かとご多忙のこととは存じますが、円滑なる議会運営に特段のご協力をお願いを申し上げまして、ご報告といたします。





△諸般の報告





○議長(田上稔君) 次に、諸般の報告を行います。

  初めに、監査委員からお手元に配付のとおり出納検査及び監査の結果報告が提出されております。この報告書は会議録に登載いたしますから、朗読は省略いたします。ご了承願います。

                   

              真監第 9号

          平成11年5月25日

   出納検査の結果報告について

                   

              真監第10号

          平成11年5月27日

   監査の結果報告について

                   

              真監第11号

          平成11年5月27日

   監査の結果報告について

                   



○議長(田上稔君) 次に、地方自治法第121条の規定により、説明のため出席を求めました者の職氏名は、お手元に配付いたしましたとおりであります。

  次に、出席要求した者のうち、本日産業環境部長、竹澤新一郎君から所用のため欠席したい旨通知がありました。ご了承願います。

  次に、この際特にご報告申し上げたいことがあります。それは、去る6月3日に水戸市において開催されました関東市議会議長会定期総会において、その表彰規程に基づきまして永年在職議員として野澤守様、石野一雄様、川又健一様、西田一之議員、豊田守議員、仙波恒雄議員、飯野守議員が表彰されましたので、ご報告申し上げます。

  表彰状並びに記念品を預かっておりますので、ここでご伝達申し上げます。



◎事務局長(柴山時男君) 関東市議会議長会表彰の伝達を行います。

  野澤守様。

     表 彰 状

             真岡市

               野澤 守殿

  あなたは市議会議員の職にあること20年、よく地方自治の伸長発展と市政の向上振興に貢献された功績はまことに多大であります。よって、ここに表彰します。

     平成11年6月3日

          関東市議会議長会会長

                高橋丈夫

             (代読)

   (表彰状授与)



◎事務局長(柴山時男君) 西田一之議員。

     表 彰 状

             真岡市

               西田一之殿

  あなたは市議会議員の職にあること20年、よく地方自治の伸長発展と市政の向上振興に貢献された功績はまことに多大であります。よって、ここに表彰します。

     平成11年6月3日

          関東市議会議長会会長

                高橋丈夫

             (代読)

   (表彰状授与)



◎事務局長(柴山時男君) 豊田守議員。

     表 彰 状

             真岡市

               豊田 守殿

  あなたは市議会議員の職にあること20年、よく地方自治の伸長発展と市政の向上振興に貢献された功績はまことに多大であります。よって、ここに表彰します。

     平成11年6月3日

          関東市議会議長会会長

                高橋丈夫

             (代読)

   (表彰状授与)



◎事務局長(柴山時男君) 仙波恒雄議員。

     表 彰 状

             真岡市

               仙波恒雄殿

  あなたは市議会議員の職にあること20年、よく地方自治の伸長発展と市政の向上振興に貢献された功績はまことに多大であります。よって、ここに表彰します。

     平成11年6月3日

          関東市議会議長会会長

                高橋丈夫

             (代読)

   (表彰状授与)



◎事務局長(柴山時男君) 飯野守議員。

     表 彰 状

             真岡市

               飯野 守殿

  あなたは市議会議員の職にあること20年、よく地方自治の伸長発展と市政の向上振興に貢献された功績はまことに多大であります。よって、ここに表彰します。

     平成11年6月3日

          関東市議会議長会会長

                高橋丈夫

             (代読)

   (表彰状授与)



◎事務局長(柴山時男君) なお、石野一雄様、川又健一様には本日欠席のため、後日伝達したいと思います。

  以上で伝達を終わります。





△会議録署名議員の指名





○議長(田上稔君) これより日程に入ります。

  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

    2番 白 滝   裕 君

   27番 橋 本 寛 治 君

  以上指名いたしました。





△会期の決定





○議長(田上稔君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

  お諮りいたします。今期定例市議会の会期は、先ほどの議会運営委員会委員長の報告のとおり、本日から6月21日までの18日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田上稔君) ご異議なしと認めます。

  よって、会期は本日から6月21日までの18日間と決定いたしました。





△議案第37号〜議案第41号及び報告第1号〜報告第5号の上程、説明





○議長(田上稔君) 日程第3、議案第37号から議案第41号まで及び報告第1号から報告第5号までを一括議題といたします。

  提案者の説明を求めます。

  市長、菊地恒三郎君。

   (市長 菊地恒三郎君登壇)



◎市長(菊地恒三郎君) 本日ここに第3回市議会定例会を招集いたしましたところ、ご参集をいただきましてありがとうございます。

  今定例会に提出いたしました議案等は、人事案件1件、条例の制定、一部改正2件、工事請負契約1件、補正予算1件、報告事項5件の10件であります。

  それでは、上程になりました議案等についてご説明申し上げます。

  まず、議案第37号 真岡市固定資産評価審査委員会委員の選任につき同意を求めることについてであります。現委員、鶴見昭平氏は本年6月19日をもって任期満了となりますので、引き続き選任いたしたく提案するものであります。鶴見氏は、平成8年に就任以来、3年間審査委員としてご尽力をいただいてきました。氏の豊富な経験と卓越した識見等が審査委員として適任であると認め、ここに同意を求めるものであります。

  次に、議案第38号 真岡市固定資産評価審査委員会条例の一部改正であります。これは、地方税法の一部改正に伴い、固定資産の価格等にかかわる審査申出制度に改正されたことにより、審査申出人の口頭による意見陳述の規定を設けるとともに、字句の整理を行うものであります。なお、施行期日は平成12年1月1日であります。

  次に、議案第39号 真岡市介護認定審査会の委員の定数等を定める条例の制定であります。平成12年4月1日から介護保険法が施行されることに先立ち、本年10月から要介護認定申請者に対する介護認定審査会における審査及び判定にかかわる事務が開始されることに伴い、介護認定審査会の委員の定数等を定めるものであります。委員の定数は45人以内とし、その他審査会に関し必要な事項は規則で定めることとしております。また、委員は真岡市の非常勤特別職となりますので、その報酬額を日額1万600円とするものであります。

  次に、議案第40号 工事請負契約についてであります。5月25日に(仮称)真岡市勤労者研修交流施設新築建築工事の指名競争入札を実施した結果、請負契約の金額が議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に該当いたしますので、議決を求めるものであります。本工事の施行に当たりましては、建設業者13社を指名し、入札いたしましたところ、契約金額5億4,915万円で小山市横倉新田街道北509番地の小松建設工業株式会社小山営業所に決定いたしました。工事の内容は、鉄筋コンクリートづくり4階建て、延べ床面積2,462.96平方メートルの勤労者研修交流施設を建設するものであります。

  次に、議案第41号 平成11年度真岡市一般会計補正予算についてご説明申し上げます。別冊1となっております補正予算書をごらんください。歳入歳出それぞれ1億8,845万7,000円を追加し、予算総額を247億3,845万7,000円とするものであります。

  それでは、歳出からご説明申し上げますので、8ページをごらんください。民生費は、500万円の追加であります。これは、介護保険準備のために高齢福祉課事務室が手狭となるので、プレハブづくり事務室の設置費を補正するものであります。

  9ページ、土木費は、1億8,000万円の追加であります。これは当初予算以上の国庫補助内示がありました下籠谷大前線立体交差事業を補正するものであります。

  10ページ、消防費は、95万7,000円の追加であります。これは、国道121号道路改良工事に伴う防災行政無線の移設費を補正するものであります。

  11ページ、教育費は、250万円の追加であります。これは、財団法人自治総合センターの助成を受け、地域公民館において一般コミュニティー活動を行うための設備器具等を購入するための補助金を補正するものであります。その内訳は、田町、島東部及び小林第7公民館のテレビ、ビデオ、並木町及び赤羽第1公民館の放送設備、台町公民館の祭りはんてん、太鼓、西田井中央公民館の炊飯器、なべ、コンロ、新境、宿中公民館のマッサージ機、飯貝経塚及び八木岡公民館のテント、加倉公民館の太鼓等を購入するものであります。以上で歳出についての説明を終わります。

  続きまして、歳入についてご説明いたしますので、前に戻りまして5ページをごらんください。国庫支出金は、下籠谷・大前線立体交差事業の補助金を補正するものであります。

  6ページ、諸収入は、財団法人自治総合センターからの助成金と防災無線の移設補償費を、7ページ、市債は、下籠谷大前線立体交差事業債をそれぞれ補正するものであります。

  次に、前に戻りまして、3ページ、第2表、地方債の補正は、下籠谷大前線立体交差事業及び臨時地方道路整備事業の借り入れ限度額をそれぞれそれぞれ補正するものであります。

  次に、報告第1号 平成10年度真岡市繰越明許費繰越計算書の報告は、地方自治法施行令第146条第2項の規定に基づき報告するものでありますが、国の景気浮揚のための補正予算に伴う工期との関係、用地取得の遅れなどから繰り越したものであります。

  次に、報告第2号 平成11年度もおか鬼怒公園開発株式会社営業計画及び予算書の提出、報告第3号 平成11年度真岡市土地開発公社事業計画及び収支予算書の提出、報告第4号 平成11年度財団法人真岡市農業公社事業計画及び収支予算書の提出は、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき提出するもので、その内容につきましては、それぞれ別冊2、別冊3及び別冊4のとおりであります。

  次に、報告第5号 議会の委任による専決処分事項の報告であります。内容は、交通事故にかかわる損害賠償額の決定及び和解につきまして、議会の委任により専決処分したものであります。去る4月6日、荒町四丁目地内の国道294号において、市職員が運転する小型貨物車が宮通り街並整備街路灯協議会の所有管理する街路灯に衝突する事故を起こしたものであります。この事故につきましては、街路灯の復旧費45万4,000円を支払い、和解したものであります。なお、今回の事故にかかわる賠償金は、全額が保険で補てんされるものであります。

  以上で説明を終わります。よろしくご審議の上、議決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(田上稔君) 以上で提案者の説明は終了いたしました。

  以上10案に対する質疑は、6月14日及び15日に行うことといたします。





△次回日程の報告





○議長(田上稔君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

  次回の会議は、6月14日午前10時からといたします。





△散会の宣告





○議長(田上稔君) 本日はこれにて散会いたします。

   午前10時25分 散会