議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 真岡市

平成12年  5月 臨時会(第2回) 05月17日−議案説明、質疑、討論、採決、議長の選挙、副議長の選挙−




平成12年  5月 臨時会(第2回) − 05月17日−議案説明、質疑、討論、採決、議長の選挙、副議長の選挙−







平成12年  5月 臨時会(第2回)





    平成12年
 
        真岡市議会臨時会会議録 (第1号)
 
    第 2 回                          
 議 事 日 程 (第1号)

                       開 議 平成12年5月17日 午前10時

日程第1 会議録署名議員の指名                            
日程第2 会期の決定                                 
日程第3 議案第51号及び議案第52号                        

本日の会議に付した事件
議案第51号 市長の専決処分事項の承認について                    
議案第52号 工事委託契約について                          
選挙第 1号 議長の選挙                               
選挙第 2号 副議長の選挙                              
議案第53号 議員のうちから選任する監査委員の選任につき同意を求めることについて   
       常任委員会の所属変更について                      
       議会運営委員の辞任について                       
       議会運営委員の選任                           
       特別委員会委員の辞任について                      
       特別委員会委員の選任                          
選挙第 3号 芳賀地区広域行政事務組合議会の議員の選挙について            
選挙第 4号 真岡・二宮地区清掃事務組合議会の議員の選挙について           
推薦第 1号 真岡市表彰審査委員会委員の推薦について                 

5月17日(水曜日)
 出 席 議 員 (28名)
    1番 古 橋 修 一 君
    2番 白 滝   裕 君
    3番 布 施   實 君
    4番 大根田 幹 夫 君
    5番 上 野 玄 一 君
    6番 佐 藤 和 夫 君
    7番 鶴 見   真 君
    8番 大田和 正 一 君
    9番 稲 見 幸一郎 君
   10番 染 谷   功 君
   11番 小 野 聖 義 君
   12番 浅 山 俊 夫 君
   13番 堀 口 和 男 君
   14番 手 塚 廉 一 君
   15番 大 滝   盛 君
   16番 村 田 弘 之 君
   17番 蕎麦田 公 一 君
   18番 細 谷   進 君
   19番 飯 田 一 郎 君
   20番 田 上   稔 君
   21番 大 滝 弘 明 君
   22番 西 田 一 之 君
   23番 豊 田   守 君
   24番 仙 波 恒 雄 君
   25番 鈴 木 俊 夫 君
   26番 飯 野   守 君
   27番 橋 本 寛 治 君
   28番 上 野 仁 治 君

 欠 席 議 員 (なし)

 地方自治法第121条の規定に基づき出席した者の職氏名
 市     長  菊 地 恒三郎 君
 助     役  田 上 進 一 君
 収  入  役  行 川 至 孝 君
 教  育  長  岡 本   博 君
 総 務 部 長  細 谷 勝 實 君
 保 健 福祉部長  篠 崎 邦 夫 君
 産 業 環境部長  竹 澤 新一郎 君
 建 設 部 長  柴 山 時 男 君
 水 道 部 長  中 里 朋 三 君
 教 育 次 長  高 橋   恒 君
 教 育 指導次長  沼 生 圭 市 君
 秘 書 課 長  小 松 廣 志 君

 企 画 課 長  馬 場 照 夫 君
(兼  情  報
 セ ン ター所長
 兼高等教育機関
 設 立 準備室長)

 総 務 課 長  高 松 利 久 君
(兼 勤 労者研修
 交 流 施設開設
 準 備 室 長
 兼 三 つ子の魂
 育 成 推進室長)

 税 務 課 長  直 井 欽 司 君
 市 民 課 長  細 島 靖 一 君
 検 査 室 長  松 本   操 君
 電 算 室 長  日下田 富 義 君
 会 計 課 長  飯 塚 征 司 君
 健 康 増進課長  金 子 典 夫 君
 保 険 年金課長  大 滝   仁 君
 社 会 福祉課長  石 塚 光 清 君
 高 齢 福祉課長  瀬 尾 隆 昭 君
 商 工 観光課長  久 保 益 雄 君
 農 政 課 長  大 塚 哲 雄 君
 農 村 整備課長  大 塚 政 行 君
 環 境 課 長  竹 澤   信 君
 建 設 課 長  薄 井 慶 二 君
 都 市 計画課長  細 谷 勇 一 君
 み ど りの課長  柴 山 子太郎 君
 区 画 整理課長  広 瀬 國 昭 君
 下 水 道 課 長  濱 野 修 一 君

 真 岡 インター  増 田 宗 弘 君
 チ ェ ンジ周辺
 開 発 事務所長

 教 務 課 長  福 村 典 正 君

 社 会 教育課長  細 谷   繁 君
(兼 美 術館建設
 準 備 室 長)

 社 会 体育課長  鶴 見 勲 夫 君

 学 校 給 食  永 井 忠 彦 君
 セ ン ター所長

 公 民 館 長  橋 本 利 雄 君
(兼 市 民会館長
 兼 少 年 指 導
 セ ン ター所長)

 図 書 館 長  荒 井 宗 明 君

 自 然 教 育  小 堀 悠 次 君
 セ ン ター所長
(兼 根 本山自然
 観 察 センター
 所     長)

 科 学 教 育  後 藤 盛 雄 君
 セ ン ター所長

 農 業 委 員 会  仙 波 勝 衛 君
 事 務 局 長

 監 査 委 員  椎 貝 省 市 君
 事 務 局 長
(併 選 挙 管 理
 委 員 会書記長)

 消  防  長  柴 山 裕 功 君

 本会議に出席した事務局職員
 事 務 局 長  伊 藤 芳 夫

 事務局長補佐兼  川 上 英 男
 庶 務 係 長

 議 事 調査係長  田 口   司
 書     記  上 野 公 男







△開会及び開議の宣告



   午前10時13分 開会



○議長(田上稔君) 今年度初めての本会議でありますが、本日は臨時議会ということでございます。本年平成12年の第2回真岡市議会臨時会をただいまから開催をするわけでございますが、議員各位には大変このお忙しい中をご参集くださいまして、まことにありがとうございました。これより会議に入りたいと思います。よろしく最後までご協力のほどお願い申し上げます。

  ただいまの出席議員数は28名であります。

  これより平成12年第2回真岡市議会臨時会を開会いたします。

  直ちに会議に入ります。





△議会運営委員会委員長報告





○議長(田上稔君) 日程に入る前に、議会運営委員会委員長の報告を求めます。

  委員長、小野聖義君。

   (議会運営委員会委員長 小野

    聖義君登壇)



◆議会運営委員会委員長(小野聖義君) おはようございます。

  第2回市議会臨時会の運営につきまして、本委員会の協議決定いたしました事項をご報告いたします。

  まず、会期でありますが、会期は本日1日と決定いたしました。

  次に、議事日程でありますが、これは既にお手元に配付になっているとおりであります。

  次に、議案の取り扱い及び審議の方法につきまして申し上げます。その内容は、市長の専決処分事項の承認1件、工事委託契約1件の都合2件であります。本委員会は、これらの案件の取り扱いにつきまして慎重に協議いたしました結果、本会議における質疑の段階で十分ご審議をいただきまして、委員会の付託を省略し、即決すべきものと決しました。議員各位におかれましては、この点ご了承賜り、ご審議くださるようお願い申し上げます。

  以上簡単でありますが、本委員会のご報告といたします。





△諸般の報告





○議長(田上稔君) 次に、諸般の報告を行います。

  初めに、監査委員からお手元に配付のとおり定期監査及び出納検査の結果報告が提出されております。この報告書は、会議録に登載いたしますから朗読は省略いたします。ご了承願います。

                   

              真監第65号

          平成12年3月27日

   出納検査の結果報告について

                   

               真監第3号

          平成12年4月20日

   定期監査の結果報告について

                   

               真監第4号

          平成12年4月20日

   定期監査の結果報告について

                   

               真監第5号

          平成12年4月26日

   出納検査の結果報告について

                   



○議長(田上稔君) 次に、地方自治法第121条の規定により説明のため出席を求めました者の職氏名は、お手元に配付いたしましたとおりであります。

  次に、この際、特にご報告申し上げたいことがあります。それは、去る4月27日に浦和市において開催されました関東市議会議長会定期総会において、その表彰規程に基づきまして、永年在職議員として橋本寛治議員、上野仁治議員が表彰されましたので、ご報告申し上げます。

  関東市議会議長会定期総会には私が出席いたしましたので、代理で表彰を受け、表彰状並びに記念品を預かってまいりました。ここでご伝達申し上げます。



◎事務局長(伊藤芳夫君) 関東市議会議長会表彰の伝達を行います。

  議員在職25年表彰、橋本寛治議員。



○議長(田上稔君) 

    表 彰 状

              真岡市

橋本寛治殿

  あなたは市議会議員の職にあること25年、よく地方自治の伸長発展と市政の向上振興に貢献された功績はまことに多大であります。よって、ここに表彰します。

   平成12年4月27日

関東市議会議長会会長

今野忠雄

             (代読)

  (表彰状授与)



◎事務局長(伊藤芳夫君) 上野仁治議員。



○議長(田上稔君) 

    表 彰 状

              真岡市

上野仁治殿

  あなたは市議会議員の職にあること25年、よく地方自治の伸長発展と市政の向上振興に貢献された功績はまことに多大であります。よって、ここに表彰します。

   平成12年4月27日

関東市議会議長会会長

今野忠雄

             (代読)

  (表彰状授与)



◎事務局長(伊藤芳夫君) 以上で伝達を終わります。





△会議録署名議員の指名





○議長(田上稔君) これより日程に入ります。

  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

    6番 佐 藤 和 夫 君

   23番 豊 田   守 君

  以上指名いたしました。





△会期の決定





○議長(田上稔君) 日程第2、会期の決定、これを議題といたします。

  お諮りいたします。今臨時会の会期は、先ほどの議会運営委員会委員長の報告のとおり、本日1日にいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田上稔君) ご異議なしと認めます。

  よって、会期は本日1日と決定いたしました。





△議案第51号、議案第52号の上程、説明、質疑、討論、採決



○議長(田上稔君) 日程第3、議案第51号及び議案第52号、以上2案を一括議題といたします。

  提案者の説明を求めます。

  市長、菊地恒三郎君。

   (市長 菊地恒三郎君登壇)



◎市長(菊地恒三郎君) 本日ここに第2回市議会臨時会を招集いたしましたところ、ご参集をいただきまして、ありがとうございます。

  今臨時会に提出いたしました議案は、専決処分事項の承認1件、工事委託契約1件の合わせて2件であります。

  それでは、上程になりました議案についてご説明申し上げます。

  まず、議案第51号 市長の専決処分事項の承認についてであります。内容は、地方税法の一部改正に伴う条例の一部改正4件、補正予算2件の合わせて6件であります。税関係の条例につきましては、地方税法等の一部を改正する法律が去る3月29日をもって公布、4月1日から施行されましたが、議会を招集するいとまがなく、課税上の都合から専決処分を行ったものであります。

  また、補正予算につきましては、予算執行上年度末に処理する必要がありましたので、専決処分したものであります。

  まず、専決第2号 真岡市税条例の一部改正についてご説明申し上げます。個人市民税にかかわる改正の第1点は、所得割及び均等割の非課税限度額の引き上げであります。内容は、所得割の非課税限度額の加算額を31万円から32万円に、均等割の非課税限度額の加算額を15万円から16万円にそれぞれ引き上げるものであります。

  改正の第2点は、肉用牛の売却による事業所得にかかわる所得割の課税の特例の適用期間を、平成18年度まで延長したものであります。

  第3点は、特定中小会社で発行した株式にかかわる譲渡所得の課税の特例制度の創設であります。内容は、当該株式の譲渡所得の金額は譲渡所得の金額の2分の1に相当する金額とするものであります。

  次に、固定資産税にかかわる改正について申し上げます。平成12年度の固定資産税の評価替えに伴い、土地にかかわる固定資産税について引き続き負担の調整措置を講じることとしたものであります。

  次に、軽自動車税にかかわる改正であります。日本赤十字社が所有する軽自動車税の非課税措置は、救急用のものに限られていたしましたが、その他これに類するものについても非課税とするようにしたものであります。

  次に、特別土地保有税にかかわる改正であります。特別土地保有税につきましても、固定資産税の負担調整措置と同様の措置を引き続き講ずるものであります。

  次に、専決第3号 真岡市都市計画税条例の一部改正であります。都市計画税につきましても、固定資産税の負担調整措置と同様の措置を講ずるものであります。

  次に、専決第4号 真岡市固定資産評価審査委員会条例の一部改正であります。これは、口頭審理の際の口述書提出に当たっての関係者を特定するために、字句の整理を行ったものであります。

  次に、専決第5号 真岡市国民健康保険税条例の一部改正であります。国民健康保険税につきましては、新たに介護保険にかかわる介護納付金を賦課することとなることに伴い、基礎課税額の限度額を52万円、介護納付金課税額の限度額を7万円としたものであります。

  次に、専決第6号 平成11年度真岡市一般会計補正予算についてご説明申し上げます。別紙1となっております補正予算書をごらんください。公営住宅建設事業につきまして、150万円を翌年度に繰り越すものであります。これは、市営三宮団地の駐車場工事が11年度中に事業完了いたしませんでしたので、12年度に繰り越すものであります。

  次に、専決第7号 平成11年度真岡市国民健康保険特別会計補正予算についてご説明申し上げます。別冊2となっております補正予算書をごらんください。歳入歳出それぞれ543万5,000円を追加し、予算総額を38億729万2,000円としたものであります。これは、療養給付費が見込みより増加したため、歳入においては国庫補助金の普通調整交付金を、歳出においては一般被保険者療養給付費を、それぞれ543万5,000円を追加したものであります。

  次に、議案第52号 工事委託契約についてご説明申し上げます。委託しようとする工事は、水処理センター水処理第3系列設備工事であります。本案は契約金額が議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に該当いたしますので、議決を求めるものであります。工事内容は、水処理第3系列のエアレーションタンク設備、最終沈殿池設備等の機械設備工事及び水処理運転操作設備等の電気設備と、これに伴う最初沈殿池の建設工事を行うものであります。工事期間は平成13年度までの2カ年であり、契約金額は総額3億5,300万円であります。契約相手は、地方公共団体の要請に基づいて下水道の根幹的施設の建設、設計監理、技術援助等行う公法人日本下水道事業団であります。

  以上で説明を終わります。よろしくご審議の上、議決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(田上稔君) 以上で提案者の説明は終了いたしました。

  これより本2案に対する質疑を行います。別に質疑はありませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田上稔君) 質疑はないものと認めます。

  お諮りいたします。議案第51号 市長の専決処分事項の承認について、議案第52号工事委託契約について、本2案は委員会の付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(田上稔君) ご異議なしと認めます。

  よって、本2案は委員会の付託を省略し、採決することに決しました。

  本2案に対する討論の通告はありません。

  よって、直ちに採決いたします。

  初めに、議案第51号 市長の専決処分事項の承認について、本案は起立により採決いたします。

  本案を承認することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(田上稔君) 起立全員。

  よって、本案は承認することに決しました。

  次に、議案第52号 工事委託契約について、本案は起立により採決いたします。

  本案を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(田上稔君) 起立多数。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。





△日程の追加





○議長(田上稔君) この際、ご報告申し上げることがございます。

  それは、私の一身上のことでありますので、副議長と交代いたします。

   (議長、副議長と交代)



○副議長(浅山俊夫君) 議長を交代いたしました。よろしくお願いいたします。

  ご報告いたします。ただいま議長、田上稔君から議長辞職願が提出されました。

  お諮りいたします。この際、議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(浅山俊夫君) ご異議なしと認めます。

  よって、この際議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。





△議長辞職の件





○副議長(浅山俊夫君) 地方自治法第117条の規定により、田上稔君の退席を求めます。

   (20番 田上 稔君退席)



○副議長(浅山俊夫君) まず、その辞職願を朗読いたさせます。



◎事務局長(伊藤芳夫君) 朗読いたします。

     辞  職  願

  今般、一身上の都合により議長の職を辞したいので、許可くださるようお願いします。

  平成12年5月17日

  真岡市議会副議長 浅山俊夫殿

      真岡市議会議長 田上 稔



○副議長(浅山俊夫君) お諮りいたします。

  田上稔君の議長辞職を許可することにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(浅山俊夫君) ご異議なしと認めます。

  よって、田上稔君の議長辞職を許可することに決しました。

  田上稔君の入場を許します。

   (20番 田上 稔君入場)





△議長退任のあいさつ





○副議長(浅山俊夫君) この際、田上稔君のごあいさつがあります。

   (20番 田上 稔君登壇)



◆20番(田上稔君) 議長辞職に当たりまして、一言ごあいさつを申し上げたいと思います。

  ただいまは、私の議長職辞職につきまして、全議員の皆さんが辞職することを許可してくださいました。まことにありがとうございました。

  思い起こせば、昨年の統一選挙後初めての議会におきまして、議員各位の指名推選という大変名誉な形で議長職に就任させていただきました。皆様方のご協力に大変感謝を申し上げておるところでございます。自来1年間、議長として職務を遂行しておったわけでございますが、その間議員各位あるいは執行部の皆さんにもいろいろなご指導、ご支援を賜りながら、その職責を進めてまいったわけでございますが、私なりにつつがなく、大過なく、この職務を遂行できたものと自負をしておるわけでございます。時あたかも平成2000年、20世紀最後の年というときも、この私が在職中でございました。平成2000年といいますと、ミレニアム千年紀、1,000年に1度という大変名誉な時期に、議長職をさせていただきました。大変私にとりましても、名誉な議長職そしてまた年であったと、このように深く感謝を申し上げているところでございます。

  これから世界も、そしてまた日本も、そしてまた我々地方も、大変大きな変革期に来ておる時期でございました。特に国においても地方分権法一括法案が4月から施行され、あるいは介護保険法も4月から施行されたと、こういうふうな大変政治的にも過度期なときであったのかなと、このようにも感じております。これから、一議員としてこれからも政治活動を続けるつもりでございますけれども、今まで培った議員活動、そしてまた議会議長として市民の各界各層の皆さんと多く接することができまして、いろんな要望あるいはご要請等もあったわけでございますが、それらを糧に、これからもますます政治の場で勉強していきたい、かように考えております。大変1年間皆様方にお世話になりましたことをここに感謝を申し上げまして、またこれからますます真岡市政が進展することをご期待ご祈念申し上げまして、簡単でございますが、御礼のごあいさつにかえたいと思います。本当にありがとうございました。(拍手)





△日程の追加





○副議長(浅山俊夫君) ただいま議長が欠員となりましたので、この際議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(浅山俊夫君) ご異議なしと認めます。

  よって、この際議長の選挙を日程に追加し、選挙を行います。





△議長の選挙





○副議長(浅山俊夫君) お諮りいたします。

  選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(浅山俊夫君) ご異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選によることに決しました。

  お諮りいたします。議長において指名することにいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(浅山俊夫君) ご異議なしと認めます。

  よって、議長において指名することに決しました。

  議長に西田一之君を指名いたします。

  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました西田一之君を、議長の当選人と定めることにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(浅山俊夫君) ご異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました西田一之君が議長に当選されました。

  ただいま議長に当選されました西田一之君が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。西田一之君、議長に当選されました。





△議長就任のあいさつ





○副議長(浅山俊夫君) 議長に当選されました西田一之君のごあいさつを願います。

   (22番 西田一之君登壇)



◆22番(西田一之君) 一言ごあいさつを申し上げたいと思います。

  その前に、ただいま議長を辞任されました田上稔議員が、1年にわたりまして大変立派な足跡を残していただきました。心から感謝を申し上げ、またお礼を申し上げます。私自身もただいま皆さん方のご推挙をいただきまして、指名推選ということで議長職に任命をいただきました。前議長の足跡をしっかり見詰め、そしてかみしめながら、皆さん方のご指名に、ご厚意にこたえてまいりたいと思います。

  もとより私自身、議員としてこの席をいただきましてから、多くの先輩議員の皆さん方、そして同僚議員の皆さん方にご指導いただき、あるいはまたともに学ばせていただきながら、みずからはできれば多くの皆さん方に支持をいただいて議席をいただいたことを忘れずに、土台石の一つにでもなれればということで、小さな努力を重ねてきたものでございます。したがいまして、今回こういう形で議長に選任をいただきましたが、ただいま申し上げましたように、私自身のそういう小さな歩みでございますので、議長という重責が大変まぶしいものがございます。しかし、今回私の議長選任についていろんな思いをお持ちの方々もあります。皆さん方のお気持ちを一つ一つ胸に畳んで、先輩議長方の足跡をまた思い出しながら、みずからむち打って微力を尽くしてまいりたいと思います。どうぞこれから、皆さん方の引き続いてのご支援とご鞭撻、そしてまた議長としての職責遂行に当たりましてのご鞭撻やご協力を、伏してお願いをいたしまして、議長就任のごあいさつにさせていただきます。よろしくお願いします。

  ありがとうございました。(拍手)



○副議長(浅山俊夫君) 西田一之議長、議長席にお着き願います。

   (副議長、議長と交代)



○議長(西田一之君) それでは、議長席に着かせていただきます。よろしくお願いします。議長を交代いたしました。





△日程の追加





○議長(西田一之君) この際、ご報告申し上げます。

  副議長、浅山俊夫君から私あて副議長辞職願が提出されました。

  お諮りいたします。この際、副議長辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、この際副議長辞職の件を日程に追加し、議題といたします。





△副議長辞職の件





○議長(西田一之君) 地方自治法第117条の規定により、浅山俊夫君の退席を求めます。

   (12番 浅山俊夫君退席)



○議長(西田一之君) まず、その辞職願を朗読いたさせます。



◎事務局長(伊藤芳夫君) 朗読いたします。

     辞  職  願

  今般、一身上の都合により副議長の職を辞したいので、許可くださるようお願いします。

  平成12年5月17日

  真岡市議会議長 西田一之殿

      真岡市議会副議長 浅山俊夫



○議長(西田一之君) お諮りいたします。

  浅山俊夫君の副議長辞職を許可することにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、浅山俊夫君の副議長辞職を許可することに決しました。

  浅山俊夫君の入場を許します。

   (12番 浅山俊夫君入場)





△副議長退任のあいさつ





○議長(西田一之君) この際、浅山俊夫君のごあいさつがあります。

   (12番 浅山俊夫君登壇)



◆12番(浅山俊夫君) 副議長辞職に当たりまして、一言ごあいさつ申し上げたいと思います。

  昨年、改選後最初の臨時議会におきまして、指名推選という形で議長とともに副議長職に就任させていただきました。大変光栄でありました。その間、私は議会の円満な運営と市政の進展に努力してまいりましたが、これもひとえに議員皆様方のご指導とご協力があったからこそと、深く感謝申し上げております。おかげさまで、大過なくその職責が全うできましたことにつきまして、厚く御礼を申し上げます。ありがとうございました。

  1年間を振り返ってみまして、昨年は本市におきましても、情報公開制度が制定されまして、年度途中から実施に移されまして、開かれた市政の展開が求められるようになりました。また、10月からは介護認定作業が始まりまして、実質的には介護保険制度が昨年の10月から始まったと思っております。また、地方分権に向けた各種の法整備がなされた年でもございました。これから、ますます増大する行政需要、そして多様化する市民のニーズにこたえるため、今後とも一議員として努力していく所存でございますので、どうぞ今後ともご指導ご鞭撻をよろしくお願いいたします。

  最後になりましたが、この1年間議員皆様方と市長初め執行部の皆様方のご指導ご協力に対しまして、厚く御礼申し上げまして、一言ごあいさつといたします。

  ありがとうございました。(拍手)





△日程の追加





○議長(西田一之君) ただいま副議長が欠員となりましたので、この際副議長の選挙を日程に追加し、直ちに選挙を行いたいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、この際副議長の選挙を日程に追加して、選挙を行います。





△副議長の選挙





○議長(西田一之君) お諮りいたします。

  選挙の方法につきましては、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選によりたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、選挙の方法は指名推選によることに決定いたしました。

  お諮りいたします。議長において指名することにしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、議長において指名することに決しました。

  副議長に小野聖義君を指名いたします。

  お諮りいたします。ただいま議長において指名いたしました小野聖義君を、副議長の当選人に定めることにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしました小野聖義君が副議長に当選されました。

  ただいま副議長に当選されました小野聖義君が議場におられますので、本席から会議規則第31条第2項の規定により告知をいたします。小野聖義君、副議長に当選されました。





△副議長就任のあいさつ





○議長(西田一之君) 副議長に当選されました小野聖義君のごあいさつをお願いします。

   (11番 小野聖義君登壇)



◆11番(小野聖義君) 副議長就任に当たりまして、一言ごあいさつを述べさせていただきたいと思います。

  ただいまこの臨時議会におきまして、議員皆様方のご推挙によりまして、しかもまた温かいご配慮によりまして指名推選という名のもと副議長という大役を仰せつかったところであります。議員皆様方のご厚意に対しまして、心より御礼を申し上げますと同時に、責任の重大さを痛感しているところでございます。もとより浅学非才の身でございますので、この副議長という大役、無事務まるかどうか不安を持っているところでございますが、議長の女房役としまして、精いっぱい頑張っていくつもりでございますので、どうか今後とも議員皆さん方のご指導、そしてご鞭撻などよろしくお願いを申し上げまして、簡単ではございますが、就任のあいさつにさせていただきたいと思います。

  本当にいろいろとありがとうございました。(拍手)



○議長(西田一之君) この際、暫時休憩いたします。再開は午前11時15分といたします。

   午前10時55分 休憩



   午前11時15分 再開



○議長(西田一之君) 出席議員数を報告いたします。ただいまの出席議員数は28名であります。

  休憩前に引き続き会議を開きます。





△日程の追加





○議長(西田一之君) お諮りいたします。

  ただいま市長から急を要する要件として、議案第53号 議員のうちから選任する監査委員の選任につき同意を求めることについて提案されました。

  この際、これを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、この際議案第53号 議員のうちから選任する監査委員の選任につき同意を求めることについてを日程に追加し、議題とすることに決しました。





△議案第53号の上程、説明、質疑、討論、採決





○議長(西田一之君) 議案第53号 議員のうちから選任する監査委員の選任につき同意を求めることについてを議題といたします。

  地方自治法第117条の規定により、豊田守君の退席を求めます。

   (23番 豊田 守君退席)



○議長(西田一之君) 提案者の説明を求めます。

  市長、菊地恒三郎君。

   (市長 菊地恒三郎君登壇)



◎市長(菊地恒三郎君) ただいま上程になりました議案第53号 議員のうちから選任する監査委員の選任につき同意を求めることについてご説明申し上げます。

  議員のうちから選任する監査委員については欠員となっておりますので、今回ここに豊田守氏を選任いたしたく、提案するものであります。

  豊田氏は、議員として6期目を迎え、議長、総務常任委員会委員長を経験され、その技量、識見ともにすぐれ、監査委員として適任であると認め、ここに選任いたしたく議会の同意を求めるものであります。

  以上で説明を終わります。よろしくご審議の上、議決賜りますようよろしくお願い申し上げます。



○議長(西田一之君) 以上で提案者の説明は終了いたしました。

  これより本案に対する質疑を行います。

  別に質疑はありませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) 質疑はないものと認めます。

  お諮りいたします。本案は委員会の付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、本案は委員会の付託を省略し、採決することに決しました。

  本案に対する討論の通告はありません。

  よって、直ちに採決いたします。

  議案第53号 議員のうちから選任する監査委員の選任につき同意を求めることについて、本案は起立により採決いたします。

  本案を原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(西田一之君) 起立多数。

  よって、本案は原案のとおり同意することに決しました。

  豊田守君の入場を許します。

   (23番 豊田 守君入場)





△日程の追加





○議長(西田一之君) ご報告申し上げます。

  この際、議会関係の案件6件を日程に追加いたしたいと思います。

  お諮りいたします。追加付議事件6件を日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、以上6件は日程に追加し、議題とすることに決しました。





△常任委員会の所属変更について





○議長(西田一之君) まず、常任委員会の所属変更について、これを議題といたします。

  所属変更の申し出は、局長をして朗読いたさせます。



◎事務局長(伊藤芳夫君) 常任委員会所属変更について朗読いたします。

  総務常任委員会、西田一之議員、民生産業常任委員会、小野聖義議員、建設常任委員会、浅山俊夫議員、田上稔議員。

  以上でございます。



○議長(西田一之君) お諮りいたします。

  申し出のとおり、委員会の所属を変更することにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、申し出のとおり変更することに決定いたしました。





△議会運営委員の辞任について





○議長(西田一之君) 次に、議会運営委員の辞任についてを議題といたします。

  地方自治法第117条の規定により、小野聖義君、豊田守君の退席を求めます。

   (11番 小野聖義君、23番 豊

    田 守君退席)



○議長(西田一之君) 小野聖義君、豊田守君の議会運営委員の辞任を許可することにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、小野聖義君、豊田守君の議会運営委員の辞任を許可することに決しました。

  退席した両君の入場を許します。

   (11番 小野聖義君、23番 豊

    田 守君入場)





△日程の追加





○議長(西田一之君) お諮りいたします。

  ただいま議会運営委員が欠員となりましたので、この際議会運営委員の選任を日程に追加し、直ちに指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、この際議会運営委員の選任を日程に追加し、委員会条例第5条第1項の規定により指名いたしたいと思います。





△議会運営委員の選任





○議長(西田一之君) 局長をして朗読いたさせます。



◎事務局長(伊藤芳夫君) 朗読いたします。

  議会運営委員、大滝盛議員、大滝弘明議員。

  以上でございます。



○議長(西田一之君) お諮りいたします。

  以上のとおり指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしましたとおり議会運営委員に選任することに決定いたしました。

  議事の都合により暫時休憩いたします。

   午前11時19分 休憩



   午前11時34分 再開



○議長(西田一之君) 出席議員数を報告いたします。ただいまの出席議員数は28名であります。

  休憩前に引き続き会議を開きます。





△議会運営委員会正副委員長の互選





○議長(西田一之君) この際、議会運営委員会の正副委員長が決定した旨通知がありましたので、局長をして報告いたさせます。



◎事務局長(伊藤芳夫君) ご報告いたします。

  議会運営委員会委員長、手塚廉一議員、副委員長、大滝弘明議員。

  以上でございます。





△特別委員会委員の辞任について





○議長(西田一之君) 次に、特別委員会委員の辞任についてを議題といたします。

  地方自治法第117条の規定により、蕎麦田公一君、手塚廉一君、大滝盛君の退席を求めます。

   (17番 蕎麦田公一君、14番 

    手塚廉一君、15番 大滝 盛

    君退席)



○議長(西田一之君) 中心市街地活性化調査特別委員会委員、蕎麦田公一君、第三セクター公社等調査特別委員会委員、手塚廉一君、環境問題等調査特別委員会委員、大滝盛君の辞任を許可することにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、蕎麦田公一君、手塚廉一君、大滝盛君の各特別委員会委員の辞任を許可することに決しました。

  退席した諸君の入場を許します。

   (17番 蕎麦田公一君、14番 

    手塚廉一君、15番 大滝 盛

    君入場)



○議長(西田一之君) ここで議長を交代いたします。

   (議長、副議長と交代)



○副議長(小野聖義君) 議長を交代いたしました。よろしくお願いをいたします。

  地方自治法第117条の規定により、西田一之君の退席を求めます。

   (22番 西田一之君退席)



○副議長(小野聖義君) 西田一之君の環境問題等調査特別委員会委員の辞任を許可することにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○副議長(小野聖義君) ご異議なしと認めます。

  よって、西田一之君の環境問題等調査特別委員会委員の辞任を許可することに決しました。

  西田一之君の入場を許します。

   (22番 西田一之君入場)





△日程の追加





○副議長(小野聖義君) 議長を交代いたします。

   (副議長、議長と交代)



○議長(西田一之君) 議長を交代いたしました。よろしくお願いいたします。

  ただいま特別委員会委員が欠員となりましたので、この際特別委員会委員の選任を日程に追加し、直ちに指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、この際特別委員会委員の選任を日程に追加し、委員会条例第5条第1項の規定により、指名いたしたいと思います。





△特別委員会委員の選任





○議長(西田一之君) 局長をして朗読いたさせます。



◎事務局長(伊藤芳夫君) 朗読いたします。

  中心市街地活性化調査特別委員会、西田一之議員、第三セクター公社等調査特別委員会、大滝盛議員、環境問題等調査特別委員会、手塚廉一議員、蕎麦田公一議員。

  以上でございます。



○議長(西田一之君) お諮りいたします。

  以上のとおり指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、ただいま指名いたしましたとおり特別委員会委員に選任することに決定いたしました。

  議事の都合により、暫時休憩いたします。

   午前11時38分 休憩



   午前11時43分 再開



○議長(西田一之君) 出席議員数を報告いたします。ただいまの出席議員数は28名であります。

  休憩前に引き続き会議を開きます。





△特別委員会委員長の互選





○議長(西田一之君) この際、特別委員会の委員長が決定した旨通知がありましたので、局長をして報告いたさせます。



◎事務局長(伊藤芳夫君) ご報告いたします。

  第三セクター公社等調査特別委員会委員長、大滝盛議員、環境問題等調査特別委員会委員長、蕎麦田公一議員。

  以上でございます。



○議長(西田一之君) 以上の変更に伴う常任委員会、議会運営委員会及び特別委員会等の名簿は、後刻印刷物をして配付いたさせますので、ご了承願いたいと思います。





△芳賀地区広域行政事務組合議会議員の選挙





○議長(西田一之君) 次に、選挙第3号 芳賀地区広域行政事務組合議会の議員の欠員による選挙を行います。

  お諮りいたします。この組合議会の議員の選出方法につきましては、投票の煩を省くため、議長において指名いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、指名いたします。

  局長をして朗読いたさせます。



◎事務局長(伊藤芳夫君) 朗読いたします。

  芳賀地区広域行政事務組合議会の議員、小野聖義議員、西田一之議員。

  以上でございます。



○議長(西田一之君) 以上のとおり決定することにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、芳賀地区広域行政事務組合議会の議員は以上のとおり決しました。





△真岡・二宮地区清掃事務組合議会議員の選挙





○議長(西田一之君) 次に、選挙第4号 真岡・二宮地区清掃事務組合議会の議員の欠員による選挙を行います。

  お諮りいたします。この組合議会の議員の選挙の方法につきましては、投票の煩を省くため、議長において指名いたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、指名いたします。

  局長をして朗読いたさせます。



◎事務局長(伊藤芳夫君) 朗読いたします。

  真岡・二宮地区清掃事務組合議会の議員に小野聖義議員、西田一之議員。

  以上でございます。



○議長(西田一之君) 以上のとおり決定することにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、真岡・二宮地区清掃事務組合議会の議員は以上のとおり決定いたしました。





△真岡市表彰審査委員会委員の推薦





○議長(西田一之君) 次に、推薦第1号 真岡市表彰審査委員会委員の欠員による推薦を行います。

  お諮りいたします。この表彰審査委員の推薦の方法につきましては、議長において指名いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、指名いたします。

  局長をして朗読いたさせます。



◎事務局長(伊藤芳夫君) 朗読いたします。

  真岡市表彰審査委員会委員、浅山俊夫議員。

  以上でございます。



○議長(西田一之君) 以上のとおり決定することにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、真岡市表彰審査委員会の委員はさよう決しました。





△閉会の宣告





○議長(西田一之君) 以上で今臨時市議会に付議されました事件は全部議了いたしました。

  これをもって第2回真岡市議会臨時会を閉会いたします。

   午前11時47分 閉会