議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 真岡市

平成21年  9月定例会 一般質問 質疑・一般質問通告書




平成21年  9月定例会 一般質問 − 質疑・一般質問通告書








質 疑 ・ 一 般 質 問 通 告 書


順序
議席
発 言 者
大項目(件 名)
中項目(要 旨)
具体的な質問内容

答 弁 を
求める者



21
佐 藤 和 夫
(一般質問)
1.インフルエンザ対策について

?真岡市民に対して

?市民に対して今後どのように啓蒙活動をするのか
?ワクチン不足が予想されているがどの様に対応するのか
?児童に対しての予防接種補助制度はいつから始めるのか。今年2月議会の答弁で方向性が示されているが
?庁舎入口及び各課に消毒薬を配備できないか

 31

市   長


?児童・生徒に対して
?どのように指導しているのか
?学級閉鎖、学年閉鎖、休校の基準はどのようになっているのか
?校舎の玄関及び教室の出入口に消毒薬を配備できないか
 33
教 育 長


2.住宅瑕疵担保履行法について
?市民に対して
・この制度が10月より施行されるが市民に対してどのように啓蒙活動をするのか
 33
市   長


?入札業者に対して
・入札参加業者及び落札業者にどのように説明してあるのか


3.ブロードバンド計画について
・計画内容は
?高速インターネットが市内全域で構築できるのか
?いちごテレビが全域で視聴できるのか
?IP電話が全域で可能になるのか
?将来WiMAXとの連携も計画に入っているのか
?中心市街地の無料公衆無線LANを構築できるのか
 34
市   長


4.多重債務者に対しての対応について
?相談について
・どのように対応しているのか
 35
市   長


?消費者金融に対して
・グレーゾーン金利で払った過払いを取り戻し、国民健康保険税等の滞納に充当してはどうか


5.妊産婦補助について
・少子化対策として
?タクシー券を発行できないか
?妊娠中毒症等入院医療費助成制度を創設できないか
?応急小口資金制度を創設できないか
 36
市   長


6.ランドセルについて
・有効再利用策として
・6年間の思い出が詰まっているので処分できないでいる。しかし、ノートや鉛筆をランドセルに詰めて、買う事のできない世界中の子どもたちに送る運動が注目を集めている。真岡市が窓口になって運動展開ができないか
 37
市   長



12
大根田 悦 夫
(一般質問)
1.もおか鬼怒公園開発(株)について

?ゴルフ場について
(借入金の返済について)

・法人税の支払いよりも借入金を返した方が良いのではないか

 45

市   長


?井頭温泉について
?赤字額の決算の結果、取締役会より意見はあったのか
?赤字の対策、施策はあるのか
?一年前に私は1,000万円の赤字が出ると言っていたが、どのように検討したのか
?仕入、売上とも減少傾向にあるので、今後入館者など、進捗状況と対策はあるのか


2.井頭周辺振興策について
・この地域の資源を活用した市長の振興策は。井田カラーを伺いたい
?堀内のごみの処理施設候補地の進捗状況は
?真岡コンピュータ・カレッジの進捗状況は
?井頭公園と一万人プールの今後の課題について
?一万人プール東側の駐車場について
?真岡井頭温泉及び井頭温泉チャットパレスについて
?宇大農場、真岡北陵高校と連携した活性化は
 47
市   長




木 村 寿 雄
(一般質問)
1.私達の住む街が安全で安心して生活できる環境づくり

?防火水槽の現在の設置数はいくつあるのか

・今後必要と考えられる目標数はどのくらいなのか

 59

市   長
関係部課長


?集落地域の農道拡幅の推進を
・救急車や消防自動車が進入することができない大和田地区の道路拡幅について


?防犯灯の設置状況について
・本年度の防犯灯設置の要望の状況はどうであったか。スクールゾーンには極力地域の理解を求め、なお一層の促進を図っていただきたい



14
齊 藤 重 一
(一般質問)
1.第4期介護保険事業計画の推進について

・介護サービスの基盤整備について

?介護老人福祉施設、地域密着型介護老人福祉施設、介護老人保健施設、グループホーム、それぞれの施設の真岡市民の待機者数及び総数は現在何人いるのか
?現在、整備しようとしている施設はどのような施設なのか。また、整備地域の考え方はあるのか。より具体的に伺いたい
?どのような日程で整備法人事業者を選定し、その整備法人に対して、どのくらいの国、県、市から整備事業の支援がなされるのか

 62

市   長


2.環境行政について
・地球温暖化対策について
・エコカー購入補助制度の導入について
 63
市   長


3.指定管理者制度について
?現在真岡市が導入している8施設の運営状況について
?適切な運営管理が行われているか
?市民サービスの向上は図られているか
?市として、利用者の意見・ニーズを把握するために何を行っているか
 64
市   長


?外部評価委員制度の導入について
・現在指定管理者制度を導入している施設に対して、第三者(利用者等)を含めた外部評価委員制度を導入してはどうか


4.教育行政について
・学校規模の適正化について
・市内の学校に大規模と小規模の格差があるが、どのように今後対応する考えなのか
 65
教 育 長



13
荒 川 洋 子
(一般質問)
1.期日前投票の手続き簡略化について

・近年仕事や様々な所用で期日前投票をされる方が増加傾向にある

・投票所入場券に宣誓書を印刷して郵送することによって、自宅などで前もって記入でき、投票時間の短縮と事務手続きの簡素化につながる。

 70

関係部課長


2.市施設内の自動販売機の設置について
・平成18年6月の地方自治法改正で、市有財産の余裕スペースの貸付が可能になった
・市有財産の有効活用策の一環として、収入増につながる設置方法に転換してはどうか提案する
 70
関係部課長


3.ひとり親家庭(父子)手当の創設について
・ひとり親家庭のうち、低所得の母子家庭への経済的な支援策としては、国の児童扶養手当がある。しかし、同じ条件の父子家庭への国の支援策は設けられていない。本市の父子家庭世帯数は
・経済不況の中、子どもを抱えての十分な生活費を得ることは、難しいものと察する。父子家庭に対する経済支援の必要性があるのではないか。所得に応じた支援制度創設に着手していただきたい
 71
関係部課長


4.ヒブワクチンの予防接種助成について
・乳幼児の細菌性髄膜炎の原因となるインフルエンザ菌b型(Hib)を予防するヒブワクチンが販売・供給開始されたが、任意接種である
・接種費用に対する公的助成を行う市独自の支援策で幼い命を守る迅速な対応を
 71
関係部課長


5.高齢者ドライバーの免許返納支援策について
・高齢者の運転免許証返納についてと返納しやすい環境づくりについて、昨年の6月に質問しているが、その後の進捗状況と返納者数、65歳以上、75歳以上の免許保有者数は
・高齢ドライバーの免許返納の動機付けとなる魅力ある特典と公共交通機関の利用を結びつける施策を、今、正に社会全体で考える時期に来ていると思うが、本市としてどのように捉え、どのような施策を考えているのか
 72
市   長


6.スクール・ニューディール構想について
・政府が今年度補正予算に、学校のエコ化、耐震化、情報化を大胆に進めるスクール・ニューディール構想を盛り込んだが、学校施設は各地域において、住民に最も身近な公共施設の一つであり、安全かつ安心で環境にやさしい学校づくりを進めることは、子どもたちだけでなく地域や社会にとっても重要な課題である
・本市においては、このスクール・ニューディール構想にどれだけの予算を計上し、耐震化対策をとられたか。また、どのような物を配備・設置されるのか。同構想のどの点に重点を置き、教育環境の整備が進められているか、その対応策を伺う。
 73
教 育 長



16
飯 塚   正
(一般質問)
1.市長の政治姿勢について

・8月30日投開票された第45回総選挙の結果をうけて。民主党の大勝で自公政権の交代による今後の市政の方向について

?総選挙の結果について、市長はどう受けとめているか
?民主党のマニフェストから次の点についてどう思うか
・後期高齢者医療制度の廃止について
・障害者自立支援制度の廃止について
・子ども手当てについて
・公立高校の授業料の無償化について
・生活保護者の母子加算の復活について
・日米自由貿易協定の促進について
・高速道路の無料化について
・憲法改正について
・国家公務員の人件費削減について
・国会議員の削減について
?民主党政権によって来年度政府予算編成に見直しの方向が出ようとしている。当市としての来年度予算編成の見直しの影響はどうか
?新政権によって今年度の政府予算の補正の追加が予想される。市としてどう対応していくのか

 83

市   長
関係部課長


2.福祉行政について
・2011年6月からの地上デジタル化に伴う対策について
・高齢者世帯への地上デジタル機器設置は、一般より遅れる可能性が大きい。対策として設置費用に対する助成をしていく必要があるのではないか
 84
市   長


3.商工行政について
・真岡コンピュータ・カレッジについて
・当カレッジは、「生徒数の減少で平成23年3月に廃校とする。」と打ち出したが、存続の声が寄せられているので、再検討する必要があるのではないか
 85
市   長


4.市民安全行政について
・道路交通の安全について
?大谷新町のガソリンスタンド前の交差点の信号機は歩行者の安全をふまえての機能であるが、運転手は、そのことを知らずに信号が変わったとたん進行し、急ブレーキをかけ事故になりそうになっているので対応を求める
?市内における交差点の信号機の改善を求める(右折の矢印信号の設置を)
 ・荒町地内の「芳賀地区連合」の事務所前
 ・元ホクエーショッピングセンター前
 ・並木町の宇都宮証券事務所前
 ・熊倉地域のうな源西の交差点
 85
関係部課長




野 沢   達
(一般質問)
1.真岡市・二宮町合併協議会事務事業について

・合併協議会合併後の調整について

・現在の進捗状況及び合併後調整された事業内容は

 93

市   長


2.北関東自動車道について
?騒音について
?北関東自動車道の近隣住民の騒音苦情はあるか
?市として対策・対応はされているか
 94
市   長
関係部課長


?側道及び交差する道路の安全性について
?側道及び交差する道路における安全性の確保のため、止まれ・一時停止等の標識の設置はあるか
?北関東自動車道と側道の境及びトンネル内に草が生い茂る場所があるが、管理はどのようにしているのか


3.いちご情報舘について
?整備の概要について
・道の駅「にのみや」に、栃木県が今年度整備を予定している、「いちご情報舘」の整備概要はどのようなものか
 94
市   長
関係部課長


?いちご生産高「日本一」の情報発信について
・いちご生産高「日本一」の真岡市、合わせて栃木県産のいちごを、どのようにアピールされるのか


?施設の完成時期について
・施設の完成はいつ頃になる見通しか


?施設整備の効果について
・施設の整備によって、真岡市のいちご生産に、どのような効果が期待できるか




七 海 朱 美
(一般質問)
1.男女共同参画社会の推進について

?平成12年度に設置した「男女共同参画社会づくり市民会議」の進捗状況について

?「男女共同参画社会づくり市民会議」の設立から今日までの実施(または活動)状況と、その成果について
?「真岡市男女共同参画社会づくり計画」後期実施計画(平成19年度〜23年度)の策定内容について

 99

市   長
関係部課長


?真岡市における男女共同参画推進条例の制定について
・条例制定の着手について


?男女共同参画推進課あるいは、女性課なる部署の設置について
・今後の設置について


?栃木県男女共同参画地域推進員について
・活動内容について


2.真岡コンピュータ・カレッジについて
・現状と今後の対応について
?閉校の原因について
 ・生徒数
 ・経費
?閉校後の使途について
 ・市あるいは県として有効利用はできるのか
 ・民間に売却の見込みはあるのか
?職員の今後の処遇について
100
市   長
関係部課長


3.不妊治療費助成事業について
・第2子までの不妊治療費の助成について
・現在、すでに第2子の不妊治療を行っている家庭への助成について
101
市   長
関係部課長


4.真岡市内における防災対策について
・土石流危険地域について
?危険地域・箇所の把握について
?地域住民の防災意識・災害時非難対策の周知について
?避難勧告等の指示系統について
?国が今回の経済危機対策に掲げている「全国瞬時警報システム」への本市の対応について
101
市   長
関係部課長


5.真岡市の経済(景気)対策について
?本事業費について
・真岡市内の業者によって本事業は遂行可能であるか
102
市   長
関係部課長


?学校防犯カメラ設置事業について
?防犯カメラの機能について
?各学校の設置台数と予算について
?録画可能の場合、録画ソフトの管理について(情報の保管・処理方法について)




? 橋   昇
(一般質問)
1.公約について

?安心できる地域経済について

?コマツの撤退や自動車関連企業の業績悪化に伴う地場企業の支援策について
?企業誘致を推進し、雇用の場の確保・創出について

111

市   長


?安心できる子育てと教育について
?子どもの医療費の現状と今後について
?インフルエンザ感染防止策について


?安心できる福祉と環境について
?現在の介護施設・待機者状況と、その具体的な対策はあるのか
?感染性医療廃棄物処理施設計画の進捗状況は
?広域ごみ処理施設計画の進捗状況は
?広域ごみの減量化の目標と軽減策はあるのか
?市長選挙での焦点であった施設建設についてどう考えているのか。建設地の見直し論をどう考えるか


?安心できる行政運営について
?市長のあて職を市民から登用とあるが現在の状況は
?財政の健全化について現状の税収減の状況、また、歳入の穴埋めはどのように対処するのか
?情報公開の現状は、また、付属機関等への市民参加の現状はどうか
?二宮地区の防災、消防施設を拡充とあるが、旧真岡市との格差解消にどのくらいかかるのか


2.市長の政治姿勢について
?各選挙について
?市長選挙について
?衆議院選挙について
?今後の選挙について
113
市   長


?今後の政治姿勢について
・政権が交代したなか、市政の運営をどの様に舵取りをしていくのか


10
11
中 村 和 彦
(質  疑)
1.議案第99号 真岡市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例等の一部改正について
 

?市職員の給与等に変更はあるのか
?窓口対応等の市民サービスに変更はあるのか
?県内他市の状況は

125

市   長
関係部課長


(一般質問)
1.市民と行政の協働によるまちづくりについて

?自治基本条例について

・協動のまちづくりを進める上で、市民・行政双方の権利や責務等を明文化することは不可欠の課題と考えるが

126

市   長


?行政の事務事業評価について
・外部評価の採用について、検討は進んでいるのか


?市民討議会について
?8月2日に真岡市で初めての市
 民討議会が開催されたが、どのような印象・感想を抱いたか
?参加した市民の意見について、市政に反映させていく考えはあるのか
?今回の市民討議会を踏まえて、今後どのように協働の仕組み・制度を充実させるのか


2.環境政策について
?ごみの減量化について
?雑紙の回収・リサイクルについて、今後どのような取り組みを行う考えなのか
?旧二宮町や益子町で実施した「雑誌・雑紙ボックス」の一般家庭への配布も、雑紙のリサイクルを推進する一つの方法と考えるが
?廃プラスチックの資源化等について。市として検討を行っているのか
127
市   長


?「ゼロウェイスト(ごみゼロ)宣言」について
・真岡市でも宣言を検討してはどうか


?各自治会での取り組みについて
・市内自治会に対して「環境共生モデル地域」のようなものを公募選定し、ごみ減量化や自然景観の保全・再生等を推奨してはどうか


3.教育関係の諸課題について
?真岡市独自の取り組みについて
?各地で取り組まれている「生活改善・学力向上プロジェクト」や「ライフスキル教育プログラム」等について、真岡市でも実施してはどうか
?今後、真岡市が独自に実施したいと考えている教育施策は何かあるのか
129
教 育 長


?「ゆとり教育」に対する評価について
・学習指導要領が昨年3月に改訂されたが、これまでの「ゆとり教育」については、どのように総括・評価をしているのか