議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 真岡市

平成21年 12月 定例会(第6回) 11月30日−議案説明−01号




平成21年 12月 定例会(第6回) − 11月30日−議案説明−01号







平成21年 12月 定例会(第6回)





    平成21年
 
        真岡市議会定例会会議録 (第1号)
 
    第 6 回                          
 議 事 日 程 (第1号)

                      開 議 平成21年11月30日 午前10時

日程第1 会議録署名議員の指名                            
日程第2 会期の決定                                 
日程第3 議案第117号から議案第128号まで                    

本日の会議に付した事件
議案第117号 真岡市一般職の給与に関する条例等の一部改正について          
議案第118号 真岡市長等の給与及び旅費に関する条例の一部改正について        
議案第119号 真岡市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について
議案第120号 真岡市副市長の選任につき同意を求めることについて           
議案第121号 真岡市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改
        正について                              
議案第122号 真岡市長等の給与及び旅費に関する条例等の一部改正について       
議案第123号 真岡市国民健康保険税条例の一部改正について              
議案第124号 真岡市奨学資金貸与条例の一部改正について               
議案第125号 市勢発展長期計画基本構想について                   
議案第126号 平成21年度真岡市一般会計補正予算(第5号)             
議案第127号 平成21年度真岡市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)       
議案第128号 平成21年度真岡市水道事業会計補正予算(第3号)           

11月30日(月曜日)
 出 席 議 員 (27名)
    1番 苅 部 正 夫 君
    2番 木 村 寿 雄 君
    3番 海老原 宏 至 君
    4番 星 野   守 君
    5番 柴     惠 君
    6番 野 沢   達 君
    7番 七 海 朱 美 君
    8番 ? 橋   昇 君
    9番 入 江 巡 一 君
   10番 春 山 則 子 君
   11番 中 村 和 彦 君
   12番 大根田 悦 夫 君
   13番 荒 川 洋 子 君
   14番 齊 藤 重 一 君
   15番 白 滝   裕 君
   16番 飯 塚   正 君
   17番 上 野 玄 一 君
   18番 古 橋 修 一 君
   19番 鶴 見   真 君
   20番 布 施   實 君
   21番 佐 藤 和 夫 君
   22番 大根田 幹 夫 君
   23番 大 滝   盛 君
   24番 浅 山 俊 夫 君
   25番 蕎麦田 公 一 君
   27番 西 田 一 之 君
   28番 鈴 木 俊 夫 君

 欠 席 議 員 (1名)
   26番 田 上   稔 君

 地方自治法第121条の規定に基づき出席した者の職氏名
 市     長  井 田 ? 一 君
 教  育  長  佐 藤   務 君
 総 務 部 長  内 田 龍 雄 君
 市 民 生活部長  村 松 晃 一 君

 健 康 福祉部長  中 村 勝 博 君
(兼福祉事務所長)

 産 業 環境部長  黒 川 一 巳 君

 企 業 誘致推進  薄 根   孝 君
 部     長
(兼 企 業 誘 致
 課 長 事務取扱)

 建 設 部 長  薄 井 慶 二 君
(併 水 道 部 長)

 会 計 管 理 者  ? 田 恵 一 君
(兼 会 計 課 長
 事 務 取 扱)

 教 育 次 長  田 中 修 二 君

 二宮コミュニティ 佐 藤   正 君
 セ ン タ ー 長

 消  防  長  野 澤   博 君
 秘 書 課 長  日下田 道 弘 君
 企 画 課 長  中 里   滋 君
 総 務 課 長  飯 島 眞 一 君
 安 全 安心課長  佐 藤 恵 保 君
 福 祉 課 長  仙 波 茂 夫 君
 農 政 課 長  生 井 宏 一 君
 建 設 課 長  古谷野   斉 君
 学 校 教育課長  石 田 一 行 君

 本会議に出席した事務局職員
 事 務 局 長  矢板橋 文 夫

 議 事 課 長  野 澤   廣
 兼 庶 務 係 長

 議  事  課  仁 平 忠 一
 議 事 調査係長

 書     記  金 田 幸 司







△議長のあいさつ





○議長(白滝裕君) 皆さん、おはようございます。

  本日より第6回市議会定例会が開会されますが、議員皆様方には活発な議論と慎重なる審議をお願い申し上げます。





△開会及び開議の宣告



   午前10時00分 開会



○議長(白滝裕君) ただいまの出席議員数は27名であります。

  これより平成21年第6回真岡市議会定例会を開会いたします。

  直ちに会議に入ります。





△議会運営委員会委員長報告





○議長(白滝裕君) 日程に入る前に、議会運営委員会委員長の報告を求めます。

  委員長、野沢達君。

   (議会運営委員会委員長 野沢

    達君登壇)



◆議会運営委員会委員長(野沢達君) 皆さん、おはようございます。第6回市議会定例会の運営につきまして、本委員会の協議決定いたしました事項をご報告いたします。

  その内容につきましては、お手元に配付いたしました報告書によって既にご了解をいただけたことと存じますが、若干説明を加えまして、ご賛同をお願い申し上げます。

  まず、会期でありますが、会期は本日から12月15日までの16日間と決定いたしました。その内容は、11月30日、すなわち本日は提出されました全議案を一括上程いたしまして、提案理由の説明を聞き、その後即決案件を即決し、散会するものであります。

  次に、12月7日から9日の3日間は、全議案に対する質疑及び一般質問を行うことにいたしました。なお、9日は予備日といたしました。質疑及び一般質問が終了しましたならば、即決案件は即決し、付託案件はそれぞれ所管の委員会に付託するものであります。

  各常任委員会の日割りでありますが、10日は文教常任委員会と民生産業常任委員会、11日は総務常任委員会と建設常任委員会をそれぞれ開催するものであります。

  15日の最終日において、各常任委員会委員長の報告を求め、討論の後、採決して閉会するものであります。

  以上が会期の内容であります。

  次に、議事日程でありますが、これは既にお手元に配付になっているとおりであります。

  次に、議案の取り扱い及び審議の方法について申し上げます。提出されました12議案のうち、議案第117号 真岡市一般職の給与に関する条例等の一部改正について、議案第118号 真岡市長等の給与及び旅費に関する条例の一部改正について、議案第119号 真岡市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について、以上3案につきましては、質疑の段階で十分なるご審議をいただき、本日提案理由説明の終了後、即決すべきものと決しました。

  次に、議案第120号 真岡市副市長の選任につき同意を求めることについて、本案につきましては、質疑の段階で十分なるご審議をいただき、質疑及び一般質問終了後、即決すべきものと決しました。

  なお、議案第121号から議案第128号までの8議案につきましては、質疑及び一般質問終了後、報告書に記載のとおり、それぞれ所管の常任委員会に付託するものであります。

  次に、議案に対する質疑及び一般質問の通告期限でありますが、11月30日、すなわち本日の午後2時までといたしました。通告につきましては、通告書によりまして質疑と一般質問を区分し、期限を厳守の上、提出くださるようお願い申し上げます。

  なお、通告の趣旨に沿って質問の内容を具体的に記入されるよう、特にお願い申し上げます。また、執行部におかれましても簡潔、的確な答弁をお願い申し上げます。

  以上が本委員会の協議決定いたしました事項であります。各位におかれましては、何かとご多忙のところとは存じますが、円滑なる議会運営に特段のご協力をお願い申し上げまして、ご報告といたします。





△諸般の報告





○議長(白滝裕君) 次に、諸般の報告を行います。

  初めに、監査委員からお手元に配付のとおり出納検査及び定期監査の結果報告書が提出されております。この報告書は会議録に登載いたしましたから、朗読は省略いたします。ご了承願います。

                   

             真監第16号

         平成21年9月28日

   定期監査の結果報告について

                   

             真監第17号

         平成21年9月28日

   定期監査の結果報告について

                   

             真監第18号

         平成21年9月28日

   出納検査の結果報告について

                   

             真監第21号

        平成21年10月23日

   定期監査の結果報告について

                   

             真監第22号

        平成21年10月23日

   定期監査の結果報告について

                   

             真監第23号

        平成21年10月23日

   出納検査の結果報告について

                   



○議長(白滝裕君) 次に、地方自治法第121条の規定により、説明のため出席を求めました者の職氏名は、お手元に配付いたしましたとおりであります。





△会議録署名議員の指名





○議長(白滝裕君) これより日程に入ります。

  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

    6番 野 沢   達 君

   23番 大 滝   盛 君

  以上指名いたしました。





△会期の決定





○議長(白滝裕君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

  お諮りいたします。今期定例市議会の会期は、先ほどの議会運営委員会委員長の報告のとおり、本日から12月15日までの16日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(白滝裕君) ご異議なしと認めます。

  よって、会期は本日から12月15日までの16日間と決定いたしました。





△議案第117号〜議案第128号の上程、説明





○議長(白滝裕君) 日程第3、議案第117号から議案第128号までを一括議題といたします。

  提案者の説明を求めます。

  市長、井田?一君。

   (市長 井田?一君登壇)



◎市長(井田?一君) 皆さん、おはようございます。

  本日ここに第6回市議会定例会を招集いたしましたところ、ご参集をいただきまして、ありがとうございます。

  今定例会に提出いたしました議案等は、人事案件1件、条例の一部改正7件、市勢発展長期計画基本構想1件、補正予算3件の合わせて12件であります。

  それでは、上程になりました議案等につきまして順次ご説明を申し上げます。初めに、議案第117号 真岡市一般職の給与に関する条例等の一部改正について、議案第118号 真岡市長等の給与及び旅費に関する条例の一部改正について、議案第119号真岡市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についてでありますが、それぞれ関連がありますので、一括してご説明を申し上げます。これら3条例の一部改正は、いずれも給与改定に係るものであります。本市の一般職の給料、諸手当等は、国家公務員に準じて定められておりますが、今回人事院の勧告に基づく国家公務員の給与改定に即して改正をしようとするものであります。また、市長等及び市議会の議員につきましても同様の改正を行おうとするものであります。

  まず、一般職の改正の内容について申し上げますと、第1点は、官民給与の格差である0.22%を是正するための給料月額の改定であります。第2点は、自宅に係る住居手当について廃止するものであります。第3点は、期末・勤勉手当の年間支給月数を4.50月分から4.15月分とするものであります。平成21年度は、既に6月期の期末・勤勉手当で0.20月分引き下げを実施しておりますので、12月期において0.15月分の引き下げを行うものであります。

  以上が改正の内容でありますが、この改正は平成21年4月1日にさかのぼり調整を行うものであります。

  次に、特別職の期末手当についてであります。これは、期末手当の年間支給月数を3.35月分から3.10月分とするものであります。これも既に6月期の期末手当で0.15月分の引き下げを実施しておりますので、12月期において0.10月分の引き下げを行うものであります。これらの改正は、期末・勤勉手当の基準日が12月1日であることから、同日までに改正、施行が必要なものであります。

  次に、議案第120号 真岡市副市長の選任につき同意を求めることについてであります。これは、副市長として内田龍雄氏を選任いたしたく、ここに同意を求めるものであります。

  内田氏は、昭和47年に真岡市役所に奉職し、企業誘致課長、総務課長、教育次長、そして平成21年から総務部長と要職を歴任し、市政の発展のために尽力されているところであります。行政課題が山積する今日において、技量、識見ともにすぐれ、行政職員として豊富な知識と経験を備えた内田氏が副市長に最適任であると認め、ここに提案するものであります。

  次に、議案第121号 真岡市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の一部改正についてであります。これは、雇用保険法等の一部改正に伴い、地方公務員である船員のうち再任用短時間勤務職員について、地方公務員災害補償法の規定が適用されることとなったため、条例を一部改正するものであります。

  次に、議案第122号 真岡市長等の給与及び旅費に関する条例等の一部改正についてであります。市長、副市長及び教育長の給与について、本年1月1日から12月31日まで特例措置として給料月額を減額しておりますが、財政状況等を考慮し、この特例措置を来年1年間さらに継続するものであります。

  次に、議案第123号 真岡市国民健康保険税条例の一部改正についてであります。これは、地方税法の一部改正により、上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等に係る国民健康保険税の課税の特例を定めるものであります。

  次に、議案第124号 真岡市奨学資金貸与条例の一部改正についてであります。これは、短期大学、大学等の学生に対する奨学金を月額3万5,000円以内から4万円以内に引き上げ、返還期間を貸与年数の2倍から2.5倍に延長するものであります。

  次に、議案第125号 市勢発展長期計画基本構想についてであります。現行の基本構想が平成27年度、基本計画が平成22年度までを目標としておりましたが、平成21年3月23日、二宮町との合併により新真岡市が誕生したことから、新たな時代に適合した市政を推進していくための指針として、平成22年度から平成31年度までの10カ年を目標とする基本構想を策定するものであります。基本構想は、第1章、真岡市の未来像、第2章、都市像、第3章、まちづくりの基本方針、第4章、まちづくりの基本戦略、第5章、人口・世帯、第6章、政策の大綱の全6章から構成されており、今後10年間の本市の目指すべき方向性を明らかにしたものであります。策定に当たりましては、合併後のまちづくりの基本方針などを示した新市基本計画を踏まえつつ、本市の現況や課題を的確にとらえ、少子高齢社会の進行、市民の価値観の多様化、情報化の進展、地球環境といった社会的、経済的な状況にも配慮しながら、市民意向調査、市民フォーラム、市民討議会、第10次市勢発展長期計画策定市民会議、パブリックコメント、政策審議会を通し、市民の皆様のご意見、ご要望を取り入れた市民との協働による計画といたしました。そして、本市の都市像を「市民だれもが“ほっと”できるまち真岡」の実現を目指し、責任ある市政運営に当たってまいるものであります。

  それでは、各章ごとの概略をご説明を申し上げます。別冊1となっております基本構想の2ページをごらんください。第1章、真岡市の未来像でありますが、これまでの抒情詩的なスタイルを踏襲し、真岡市のあるべき未来をイメージしたものといたしました。

  5ページをごらんください。第2章の都市像につきましては、物と心、都市と農村、自然と人間、産業、それぞれが調和する「市民だれもが“ほっと”できるまち真岡」を都市像といたしました。

  6ページをごらんください。第3章のまちづくりの基本方針につきましては、健康と福祉のまちづくり、教育のまちづくり、産業の振興による活力に満ちたまちづくり、安全、安心のまちづくり、人と自然が共生する環境都市づくり、市民と協働のまちづくりの6つを掲げ、これらを柱として各種施策を積極的に推進してまいります。

  8ページをごらんください。第4章のまちづくりの基本戦略につきましては、安心できる子育てと教育、安心できる地場産業の振興、安心できる福祉と環境、安心できる行政運営の4つの安心を掲げ、まちづくりの基本戦略と位置づけ、各施策の中で重点的に取り組みます。

  10ページをごらんください。第5章の人口・世帯でありますが、人口につきましては、少子化の傾向は今後も続くと予想されますが、工業団地やインターチェンジ周辺開発による新規就業人口や社会増などを見込んで、平成31年を8万5,000人、将来の人口を10万人と想定し、各施策を展開してまいる考えであります。

  また、世帯につきましては3万2,600世帯と推計をいたしました。

  14ページをごらんください。第6章の政策の大綱につきましては、「暮らしやすさが実感できるまちづくり」、「学びと歴史・文化が豊かな心を育むまちづくり」、「思いやりと安心に満ちたみんな元気なまちづくり」、「自然と潤いがある安全快適なまちづくり」、「地域と産業が調和する活力あるまちづくり」、「市民の知恵と夢で拓くみんなのまちづくり」、「効率的で市民にわかりやすいまちづくり」の7つの政策として掲げるとともに、各政策別に本市が今後10年間取り組んでいく行政課題を44の施策に整理、体系化し、本市の目指すべき方向性を明らかにしたものであります。

  次に、議案第126号 平成21年度真岡市一般会計補正予算についてであります。別冊2となっております補正予算書の1ページをごらんください。歳入歳出それぞれ5億6,743万5,000円を追加し、予算総額を311億5,944万2,000円とするものであります。

  初めに、人件費の補正についてご説明を申し上げますので、46ページの補正予算給与費明細書をごらんください。給与費においては、議案第117号でご説明を申し上げましたとおり、給与改定等により給料で205万9,000円、職員手当で5,646万4,000円、合計で5,852万3,000円を減額するものであります。また、共済費においては、栃木県市町村職員組合への負担金が増加したため、5,916万7,000円を追加するものであります。給与費、共済費の差し引き合計では64万4,000円の追加となるものであります。

  続きまして、歳出からご説明を申し上げますので、22ページから23ページをごらんください。議会費は、45万9,000円の減額であり、職員費を補正するものであります。

  24ページ、25ページをごらんください。総務費は、6,209万7,000円の追加であります。総務管理費は、職員費及び過誤納還付金を補正するものであります。徴税費、戸籍住民基本台帳費、選挙費、統計調査費、監査委員費においては、それぞれ職員費を補正するものであります。

  28及び29ページをごらんください。民生費は、2億4,241万7,000円の追加であります。社会福祉費は、職員費、障がい者自立支援給付事業費、国民健康保険特別会計繰出金を補正するものであります。児童福祉費は、職員費を補正するものであります。生活保護費は、職員費、生活保護総務事務費、扶助費を補正するものであります。

  30ページ及び31ページをごらんください。衛生費は、5,863万円の追加であります。これは、保健衛生費において職員費、新型インフルエンザ予防接種費、住宅用太陽光発電システム設置補助金を、清掃費において職員費をそれぞれ補正するものであります。

  32及び33ページをごらんください。農林水産業費は、1,781万7,000円の減額であります。これは、農業費において職員費を補正するものであります。

  34及び35ページをごらんください。商工費は、3,080万7,000円の減額であり、職員費及び真岡木綿会館駐車場用地取得事業費を補正するものであります。

  36及び37ページをごらんください。土木費は、670万1,000円の追加であります。これは、土木管理費、道路橋梁費、都市計画費において職員費を補正するものであります。

  38、39ページをごらんください。消防費は、469万9,000円の追加であり、職員費及び消防施設整備費を補正するものであります。

  40及び41ページをごらんください。教育費は、1億7,367万1,000円の追加であります。教育総務費は、職員費を補正するものであります。小学校費は、職員費及び真岡東小学校水泳プール改修事業費を補正するものであります。中学校費は、職員費及び真岡西中学校エレベーター増築事業費を補正するものであります。社会教育費は、職員費、二宮文化会館屋根改修事業費、図書館空調設備改修事業費を補正するものであります。保健体育費は、職員費を補正するものであります。

  44及び45ページをごらんください。公債費は、6,830万3,000円の追加であります。これは、公的資金繰上償還元金を補正するものであります。

  続きまして、歳入についてご説明を申し上げますので、前に戻りまして12及び13ページをごらんください。国庫支出金は、障がい者福祉サービス費、生活保護費に係る民生費国庫負担金を補正し、国庫補助金は、まちづくり交付金事業費に係る土木費国庫補助金、地域活力基盤創造交付金に係る商工費国庫補助金をそれぞれ補正するものであります。

  14ページ及び15ページをごらんください。県支出金は、障がい者福祉サービス費に係る民生費県負担金を補正し、県補助金は、新型インフルエンザ予防接種費に係る衛生費県補助金、消防施設整備費に係る消防費県補助金をそれぞれ補正するものであります。

  16及び17ページをごらんください。繰入金は、学校建設基金繰入金を補正するものであります。

  18及び19ページをごらんください。繰越金は、前年度繰越金を補正するものであります。

  20及び21ページをごらんください。市債は、真岡木綿会館駐車場用地取得事業債、街路整備事業債、公園整備事業債、公的資金借換債、臨時財政対策債を補正するものであります。

  次に、さらに前に戻りまして8ページ、第2表、繰越明許費をごらんください。これは、小学校費における真岡東小学校水泳プール改修事業、中学校費における真岡西中学校エレベーター増築事業、社会教育費における二宮文化会館屋根改修事業、図書館空調設備改修事業について、翌年度に繰り越して事業が実施できるように予算措置を行うものであります。

  次に、同じく8ページの第3表、債務負担行為補正をごらんください。これは、学校給食センター調理等業務委託について債務負担行為を追加するものであります。

  次に、9ページ、第4表、地方債補正は、街路整備事業、公園整備事業、公的資金借りかえ、臨時財政対策債において借り入れ限度額をそれぞれ変更し、真岡木綿会館駐車場用地取得事業債を廃止するものであります。

  次に、議案第127号 平成21年度真岡市国民健康保険特別会計補正予算についてであります。49ページをごらんください。歳入歳出それぞれ7,189万8,000円を追加し、予算総額を87億4,687万2,000円とするものであります。歳出につきましては、職員費、後期高齢者支援金、国民健康保険財政調整基金積立金並びに償還金、利子及び割引料を補正するものであります。歳入につきましては、国庫支出金において療養給付費等負担金、財政調整交付金を、県支出金において財政調整交付金を、繰入金において職員給与費等繰入金を、繰越金において前年度繰越金をそれぞれ補正するものであります。

  最後に、議案第128号 平成21年度真岡市水道事業会計補正予算についてであります。73ページをごらんください。これは、資本的収入において企業債1,440万円を、資本的支出において企業債償還金1,445万8,000円をそれぞれ追加し、公的資金借換債を補正するものであります。

  以上で説明終わります。よろしくご審議の上、議決賜りますようお願いを申し上げます。

  以上で提案者の説明は終了いたしました。





△議案第117号〜議案第119号の質疑、討論、採決





○議長(白滝裕君) これより議案第117号、議案第118号及び議案第119号に対する質疑を行いますが、ただいまのところ通告はありません。別に質疑はありませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(白滝裕君) 質疑はないものと認めます。

  お諮りいたします。本3案は、会議規則第36条第3項の規定により、委員会の付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(白滝裕君) ご異議なしと認めます。

  よって、本3案は委員会の付託を省略し、採決することに決しました。

  本3案に対する討論の通告はありません。

  よって、直ちに採決いたします。

  議案第117号 真岡市一般職の給与に関する条例等の一部改正について、本案は起立により採決いたします。

  本案を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(白滝裕君) 起立多数。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  次に、議案第118号 真岡市長等の給与及び旅費に関する条例の一部改正について、本案は起立により採決いたします。

  本案を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(白滝裕君) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  次に、議案第119号 真岡市議会の議員の議員報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正について、本案は起立により採決いたします。

  本案を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(白滝裕君) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  議案第120号から議案第128号までの9件に対する質疑は、12月7日から9日に行うことといたします。

  なお、9日は予備日といたします。





△次回日程の報告





○議長(白滝裕君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

  次回の会議は、12月7日午前10時からといたします。





△散会の宣告





○議長(白滝裕君) 本日はこれにて散会いたします。

   午前10時34分 散会