議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 真岡市

平成20年 12月 定例会(第5回) 12月15日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号




平成20年 12月 定例会(第5回) − 12月15日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号







平成20年 12月 定例会(第5回)





    平成20年
 
        真岡市議会定例会会議録 (第4号)
 
    第 5 回                          
 議 事 日 程 (第4号)

                      開 議 平成20年12月15日 午前10時

日程第1 議案第79号から議案第102号まで                     
日程第2 議員案第6号及び議員案第7号                        

本日の会議に付した事件
議案第 79号 真岡市公平委員会設置条例の制定について                
議案第 80号 真岡市公平委員会の委員の服務の宣誓に関する条例の制定について     
議案第 81号 真岡市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改
        正について                              
議案第 82号 証人等の実費弁償に関する条例の一部改正について            
議案第 83号 真岡市公平委員会の設置に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について 
議案第 84号 真岡市職員団体の登録に関する条例の制定について            
議案第 85号 真岡市長等の給与及び旅費に関する条例等の一部改正について       
議案第 86号 真岡市税条例の一部改正について                    
議案第 87号 真岡市重度心身障害者医療費助成条例の一部改正について         
議案第 88号 真岡市国民健康保険条例の一部改正について               
議案第 89号 指定管理者の指定について                       
議案第 90号 指定管理者の指定について                       
議案第 91号 指定管理者の指定について                       
議案第 92号 市道路線の廃止について                        
議案第 93号 市道路線の認定について                        
議案第 94号 土地の処分について                          
議案第 95号 損害賠償額の決定及び和解について                   
議案第 96号 真岡市と栃木県との間の公平委員会の事務の委託の廃止について      
議案第 97号 平成20年度真岡市一般会計補正予算(第3号)             
議案第 98号 平成20年度真岡市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)       
議案第 99号 平成20年度真岡市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)      
議案第100号 平成20年度真岡市介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号) 
議案第101号 平成20年度真岡市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)     
議案第102号 平成20年度真岡市水道事業会計補正予算(第2号)           
議員案第 6号 真岡市議会政務調査費の交付に関する条例の一部を改正する条例      
議員案第 7号 地方議会議員の年金制度に関する意見書                 

12月15日(月曜日)
 出 席 議 員 (22名)
    1番 七 海 朱 美 君
    2番 ? 橋   昇 君
    3番 入 江 巡 一 君
    4番 春 山 則 子 君
    5番 中 村 和 彦 君
    6番 大根田 悦 夫 君
    7番 荒 川 洋 子 君
    8番 齊 藤 重 一 君
    9番 白 滝   裕 君
   10番 飯 塚   正 君
   11番 上 野 玄 一 君
   12番 古 橋 修 一 君
   13番 鶴 見   真 君
   14番 布 施   實 君
   15番 佐 藤 和 夫 君
   16番 大根田 幹 夫 君
   17番 大 滝   盛 君
   18番 浅 山 俊 夫 君
   19番 蕎麦田 公 一 君
   20番 田 上   稔 君
   21番 西 田 一 之 君
   22番 鈴 木 俊 夫 君

 欠 席 議 員 (なし)

 地方自治法第121条の規定に基づき出席した者の職氏名
 市     長  福 田 武 隼 君
 副  市  長  井 田 ? 一 君
 教  育  長  佐 藤   務 君
 総 務 部 長  小 松 廣 志 君

 保 健 福祉部長  手 塚   仁 君
(兼福祉事務所長)

 産 業 環境部長  馬 場 照 夫 君

 企 業 誘致推進  薄 根   孝 君
 部     長
(兼 企 業 誘 致
 課 長 事務取扱)

 建 設 部 長  薄 井 慶 二 君
(併 水 道 部 長)

 会 計 管 理 者  椎 貝 省 市 君
 教 育 次 長  内 田 龍 雄 君
 消  防  長  野 澤   博 君
 秘 書 課 長  田 中 修 二 君
 企 画 課 長  村 松 晃 一 君
 総 務 課 長  黒 川 一 巳 君
 福 祉 課 長  中 里   滋 君
 農 政 課 長  石 田 一 行 君
 建 設 課 長  古谷野   斉 君
 教 務 課 長  中 村 勝 博 君

 本会議に出席した事務局職員
 事 務 局 長  ? 田 恵 一

 事務局議事課長  矢板橋 文 夫
 兼 庶 務 係 長

 議  事  課  仁 平 忠 一
 議 事 調査係長

 書     記  金 田 幸 司
 書     記  天 川 幸 子







△開議の宣告



   午前10時00分 開議



○議長(古橋修一君) ただいまの出席議員数は22名であります。

  これより本日の会議を開きます。

  直ちに会議に入ります。





△議案第79号〜議案第102号の委員長報告、質疑、討論、採決





○議長(古橋修一君) これより日程に入ります。

  日程第1、議案第79号から議案第102号まで、以上24案を一括議題といたします。

  順次委員長の報告を求めます。

  初めに、総務常任委員会委員長、中村和彦君。

   (総務常任委員会委員長 中村

    和彦君登壇)



◆総務常任委員会委員長(中村和彦君) 皆さん、おはようございます。総務常任委員会に付託になりました議案第79号 真岡市公平委員会設置条例の制定について、議案第80号 真岡市公平委員会の委員の服務の宣誓に関する条例の制定について、議案第81号 真岡市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について、議案第82号 証人等の実費弁償に関する条例の一部改正について、議案第83号 真岡市公平委員会の設置に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について、議案第84号 真岡市職員団体の登録に関する条例の制定について、議案第85号 真岡市長等の給与及び旅費に関する条例等の一部改正について、議案第86号 真岡市税条例の一部改正について、議案第96号 真岡市と栃木県との間の公平委員会の事務の委託の廃止について、議案第97号 平成20年度真岡市一般会計補正予算(第3号)、以上10案につきまして本委員会の審査の経過及び結果をご報告いたします。

  まず、議案第79号につきましては、真岡市公平委員会は議員、市職員以外の3名の委員により構成されるとのことであるが、どのような人物を考えているのかとの質疑に対し、委員の任命については2月の市議会定例会に人事案件として提出するため、議決後に準備を進める考えであるが、ほかの市では市職員OB、弁護士等にお願いしている事例もあるので、今後これらを参考にしながら進めていきたいとの答弁でありました。

  次に、議案第84号につきましては、真岡市公平委員会に登録する職員団体は、真岡市職員労働組合及び真岡市教職員協議会とのことであるが、真岡市教職員協議会は栃木県人事委員会ではなく、真岡市公平委員会に登録になるのかとの質疑に対し、教職員の採用及び給与支払いは栃木県教育委員会であるが、真岡市教職員協議会は本市公平委員会の登録団体となるとの答弁でありました。

  次に、議案第97号につきましては、合併にかかわる道路台帳整備費は二宮町の道路台帳が整備されていないため補正するものなのかとの質疑に対し、二宮町自体の道路台帳は整備されているが、道路台帳の統合とあわせ、路線の再編をするものであるとの答弁でありました。

  次に、法人市民税は今回5億6,000万円減額すれば予算どおりの歳入は確保できる見込みなのか、また企業の下期決算の影響はないのかとの質疑に対し、平成20年度の法人市民税補正後の予算額は確保できると見込んでいる。3月決算の企業は6月が法人市民税の申告となるので、平成21年度の納付となるが、場合によっては還付が発生する可能性はあるとの答弁でありました。

  次に、固定資産税2億円の増額補正の内訳はとの質疑に対し、土地が6,000万円、家屋が2,000万円、償却資産が1億2,000万円であるとの答弁でありました。

  続いて、土地の評価額は下落している中にあってどのような理由で増額となったのかとの質疑に対し、地目の変更が主な理由であり、畑となっていた土地を宅地化したことが多くなった結果であるとの答弁でありました。

  以上のような審査経過に基づき、採決の結果、いずれも全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、本委員会の報告といたします。



○議長(古橋修一君) 次に、文教常任委員会委員長、布施實君。

   (文教常任委員会委員長 布施

    實君登壇)



◆文教常任委員会委員長(布施實君) 皆さん、おはようございます。文教常任委員会に付託になりました議案第91号 指定管理者の指定について、本案につきまして本委員会の審査の経過及び結果をご報告いたします。

  まず、経費はこれまでと比較し年間でどの程度削減になるのかとの質疑に対し、人件費等の削減により、平成19年度の比較では約1,000万円程度の削減となるとの答弁でありました。また、経費が削減されるとのことであるが、市民サービスの向上は図れるのかとの質疑に対し、開館日数の増加、開館時間の延長のほか、館内に休憩コーナー、自動販売機を設けるなど、より市民サービスが向上されるよう提案がなされているとの答弁でありました。また、職員の雇用はどのようになるのかとの質疑に対し、館長など幹部職員は図書館流通センターから派遣されるが、その他の職員に関して人数は確定していないが、地元から公募し、採用すると聞いているとの答弁でありました。

  以上のような審査経過に基づき、採決の結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、本委員会の報告といたします。



○議長(古橋修一君) 次に、民生産業常任委員会委員長、大根田幹夫君。

   (民生産業常任委員会委員長 

    大根田幹夫君登壇)



◆民生産業常任委員会委員長(大根田幹夫君) 皆さん、おはようございます。ちょっと声がよくなりました。それでは、民生産業常任委員会に付託になりました議案第87号 真岡市重度心身障害者医療費助成条例の一部改正について、議案第88号 真岡市国民健康保険条例の一部改正について、議案第89号 指定管理者の指定について、議案第90号 指定管理者の指定について、議案第98号 平成20年度真岡市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)、議案第99号 平成20年度真岡市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)、議案第100号 平成20年度真岡市介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)、以上7案につきまして本委員会の審査の経過及び結果をご報告いたします。

  まず、議案第88号につきましては、現在産院での通常分娩の費用はどのくらいかかるのかとの質疑に対し、出産育児一時金の委任払いの場合については、産院によって請求金額に多少の差はあるが、いずれも30万円を超え、以前より上がっているとの答弁でありました。

  次に、議案第89号につきましては、指定管理者の指定に当たり、審査する指定委員会の委員はどのようになっているのか、また制度導入によって管理経費の削減が期待できるということであるが、どのぐらいの削減を計画しているのかとの質疑に対し、選定委員会の委員構成については、真岡市公の施設指定管理者選定委員会設置要綱に基づき委員長が副市長、委員は総務部長、保健福祉部長、産業環境部長、建設部長、教育次長である。また、経費の削減についてはもおか鬼怒公園株式会社は、指定管理者のさらなる体制強化とサービス向上に向けて、平成20年度から24年度までの中期計画を立てて運営を進めており、この計画の中で人件費の抑制やスタッフの効率的な配置並びに食材原価率の軽減などを図っていくとのことであるとの答弁でありました。

  続いて、議案第99号につきましては、合併にかかわる後期高齢者医療システムの変更とはどのようなものなのかとの質疑に対し、後期高齢者医療システムにおいては栃木県後期高齢者医療広域連合と県内市町はLGWAN回線で結んだネットワークを使用している。合併に伴い、栃木県高齢者医療広域連合と二宮町とのLGWAN回線が廃止となるため、新しく二宮と真岡をつなぐネットワークを構築する。その際にパソコンの設定変更を専門業者に委託するものであるとの答弁でありました。

  以上のような審査経過に基づき、採決の結果、いずれも全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、本委員会の報告といたします。



○議長(古橋修一君) 次に、建設常任委員会委員長、荒川洋子君。

   (建設常任委員会委員長 荒川

    洋子君登壇)



◆建設常任委員会委員長(荒川洋子君) おはようございます。建設常任委員会に付託になりました議案第92号 市道路線の廃止について、議案第93号 市道路線の認定について、議案第94号 土地の処分について、議案第95号 損害賠償額の決定及び和解について、議案第101号 平成20年度真岡市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)、議案第102号 平成20年度真岡市水道事業会計補正予算(第2号)、以上6案につきまして、本委員会の審査経過及び結果をご報告いたします。

  議案第94号 土地の処分につきましては、今回売却予定の株式会社内山製作所の主な取引先はどこかとの質疑に対し、当企業は農業機械のギアボックス等の部品を製造しており、主な取引先はクボタであるとの答弁でありました。また、今回の分譲で第5工業団地の分譲率は58.21%になるとのことであるが、企業数は何社になるのかとの質疑に対し、今回の企業を含めて企業数は22社になるとの答弁でありました。

  次に、議案第95号 損害賠償額の決定及び和解について及び議案第101号 平成20年度真岡市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、事故現場の詳細はとの質疑に対し、県道真岡・岩瀬線から鹿島神社東側の南高岡公民館へ行く道路で、道路の勾配がきついところである上に、道路横断勾配が低くなったところで悪条件が重なり合ってしまい、車の下をこすってしまった状況である。さらに車もホイルベースの長い日産プレジデントであったことも要因と推察されるとの答弁でありました。また、今後の道路の管理面で舗装の改善策が必要ではないのかとの質疑に対し、今後関係機関と調整しながら実施していくとの答弁でありました。

  以上のような審査経過に基づき、採決の結果、議案第92号及び議案第93号については挙手多数により、その他の議案については全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、本委員会の報告といたします。



○議長(古橋修一君) 以上で各委員長の報告は終了いたしました。

  これより委員長報告に対する質疑を行います。

  別に質疑はありませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古橋修一君) 質疑なしと認めます。

  これより討論に入ります。討論の通告がありますので、発言を許します。

  6番、大根田悦夫君。

   (6番 大根田悦夫君登壇)



◆6番(大根田悦夫君) おはようございます。議席番号6番、大根田悦夫です。議案第89号、指定管理者の指定について反対討論を申し上げます。

  私は、井頭温泉を指定管理者、もおか鬼怒公園開発株式会社に5年間継続する件に反対します。反対する意見を申し上げます。

  私は、もおか鬼怒公園開発に任せるのは構いませんが、市執行者側からのプロセスがおかしい。すなわち手順、方法、過程、道程、道順が違っていると。民生産業常任委員会に議案審議の中で、委員の人から中期計画の提出、5年で幾ら経費削減の計画があるのかと、また行財政検討委員会のメンバーはなどの意見がありましたが、中期計画はあるが出せない。委員から見るだけでもという意見にはできませんと、情報公開、数字目標、中期計画なしてどう審議するのか、どう評価するのか、大変疑問に思います。

  井頭温泉からは計画書類など市に提出してあると聞いております。この件は民生産業常任委員会軽視、また議会無視、制度あっても機能していない状況と思われます。

  この本は我々議員全部に配付されている本です。この中に書いてあることをちょっと読ませてもらいます。この本に指定管理者制度の再指定に向けた運用の留意点についての問題点があります。この施設の管理について適正かつ効率的な運営を図ることを目的として、1番、民間事業者の活力を活用した住民サービスの向上、2番目に施設管理における費用対効果の向上等の観点から次期指定管理者制度の再指定に向けた運用改善の必要性を増していると。3番目に選定委員には行政サービス等に応じた外部有識者を確保し、透明性があり、説明責任が果たせる体質を整備するべきだという声が多いと。4番目になりますが、公募と非公募とのどちらかによるのは本市の政策判断にゆだねられていますが、非公募のときは合理的な理由や客観的な基準が求められるため、非公募案件の明確な基準設定が必要です。5番目には、指定における選定委員会の自治体真岡市職員のみで構成されていると。本市の選定委員会、すなわち行財政検討委員会で十分検討されていないのではないかと私は思っております。

  そこでメンバーは先ほども常任委員長が言っているように、メンバーは副市長を委員長として各部長及び部内幹事課長で構成されています。市民サービス向上、安定した収益が期待できる管理経費の縮減も期待できるという、あやふやな言葉で事業計画を民生産業常任委員会に提出しないのはおかしい。どう審議検討しろというのか、私は大変疑問に思っています。私はそういう中でプロセスがおかしいから反対です。

  時間がありますので、参考資料を申し上げます。平成17年度から19年度、前回の指定管理者の内容なのですが、指定管理者もおか鬼怒公園開発の3年間、17年度から19年の経営改善計画の概要の基本方針は、1番、お客様中心の経営、2番目に地域社会に根づいた経営、3番目に人間尊重の経営であり、その具体的アクションプランは1、経営3強化のための体制づくり、1つ3部門による具体的プラン実施と効果測定。1つ、人事制度及び経費見直しによる居住手当の廃止。1つ、旅費、日当の見直しなど計上してあります。今期20年度から24年まで5年間継続する事業計画書、中期計画書が市議会に提出できないのは問題があると私は思っているし、何をもって検討するのか私にはわかりません。

  以上、反対討論です。



○議長(古橋修一君) 以上で通告による討論は終わりました。

  ほかに討論はありませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古橋修一君) 討論はないものと認めます。

  よって、これにて討論を終結いたします。

  これより採決いたします。

  議案第79号 真岡市公平委員会設置条例の制定について、議案第80号 真岡市公平委員会の委員の服務の宣誓に関する条例の制定について、議案第81号 真岡市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について、議案第82号 証人等の実費弁償に関する条例の一部改正について、議案第83号 真岡市公平委員会の設置に伴う関係条例の整理に関する条例の制定について、議案第84号 真岡市職員団体の登録に関する条例の制定について、議案第85号 真岡市長等の給与及び旅費に関する条例等の一部改正について、議案第86号 真岡市税条例の一部改正について、議案第87号 真岡市重度心身障害者医療費助成条例の一部改正について、議案第88号 真岡市国民健康保険条例の一部改正について、以上10案は一括して起立により採決いたします。

  本10案に対する委員長の報告は、いずれも原案を可とするものであります。本10案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(古橋修一君) 起立全員。

  よって、本10案は委員長報告のとおり可決されました。

  次に、議案第89号 指定管理者の指定について、本案は起立により採決いたします。

  本案に対する委員長の報告は、原案を可とするものであります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(古橋修一君) 起立多数。

  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

  次に、議案第90号 指定管理者の指定について、本案は起立により採決いたします。

  本案に対する委員長の報告は、原案を可とするものであります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(古橋修一君) 起立全員。

  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

  次に、議案第91号 指定管理者の指定について、本案は起立により採決いたします。

  本案に対する委員長の報告は、原案を可とするものであります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(古橋修一君) 起立多数。

  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

  次に、議案第92号 市道路線の廃止について、議案第93号 市道路線の認定について、以上2案は一括して起立により採決いたします。

  本2案に対する委員長の報告は、いずれも原案を可とするものであります。本2案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(古橋修一君) 起立全員。

  よって、本2案は委員長報告のとおり可決されました。

  次に、議案第94号 土地の処分について、議案第95号 損害賠償額の決定及び和解について、議案第96号 真岡市と栃木県との間の公平委員会の事務の委託の廃止について、以上3案は一括して起立により採決いたします。

  本3案に対する委員長の報告は、いずれも原案を可とするものであります。本3案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(古橋修一君) 起立全員。

  よって、本3案は委員長報告のとおり可決されました。

  次に、議案第97号 平成20年度真岡市一般会計補正予算(第3号)、議案第98号 平成20年度真岡市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)、議案第99号 平成20年度真岡市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)、議案第100号 平成20年度真岡市介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)、議案第101号 平成20年度真岡市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)、議案第102号 平成20年度真岡市水道事業会計補正予算(第2号)、以上6案は一括して起立により採決いたします。

  本6案に対する委員長の報告は、いずれも原案を可とするものであります。本6案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(古橋修一君) 起立全員。

  よって、本6案は委員長報告のとおり可決されました。





△議員案第6号、議員案第7号の上程、質疑、討論、採決





○議長(古橋修一君) 日程第2、議員案第6号及び議員案第7号を議題といたします。

  既にお手元に配付してありますとおり、齊藤重一君外4名からその案が提出されております。

  この際、印刷物の朗読は省略いたします。

  お諮りいたします。本2案は会議規則第36条第3項の規定により、提案者の説明を省略したいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古橋修一君) ご異議なしと認めます。

  よって、本2案は提案者の説明を省略することに決しました。

  これより本2案に対する質疑を行います。

  別に質疑はありませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古橋修一君) 質疑なしと認めます。

  お諮りいたします。本2案は、会議規則第36条第3項の規定により委員会の付託を省略し、直ちに採決したいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古橋修一君) ご異議なしと認めます。

  よって、本2案は委員会の付託を省略し、採決することに決しました。

  本2案に対する討論の通告はありません。

  よって、直ちに採決いたします。

  議員案第6号 真岡市議会政務調査費の交付に関する条例の一部改正について、議員案第7号 地方議会議員の年金制度に関する意見書、以上2案は一括して起立により採決いたします。

  本2案を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(古橋修一君) 起立多数。

  よって、本2案は原案のとおり可決されました。





△閉会中の継続審査の申し出





○議長(古橋修一君) 次に、議会運営委員会委員長から、委員会において審査中の事件について、会議規則第102条の規定により、お手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。

  委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(古橋修一君) 異議なしと認めます。

  よって、委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。





△閉会の宣告





○議長(古橋修一君) 以上で今期定例会に付議されました事件は全部議了いたしました。

  これをもって平成20年第5回真岡市議会定例会を閉会いたします。

   午前10時35分 閉会