議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 真岡市

平成19年  6月 定例会(第3回) 06月18日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号




平成19年  6月 定例会(第3回) − 06月18日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号







平成19年  6月 定例会(第3回)





    平成19年
 
        真岡市議会定例会会議録 (第4号)
 
    第 3 回                          
 議 事 日 程 (第4号)

                       開 議 平成19年6月18日 午前10時

日程第1 議案第46号から議案第54号まで
日程第2 選挙管理委員及び補充員の選挙
日程第3 陳情第5号
日程第4 議員案第6号

本日の会議に付した事件
       佐々木重信君の議員辞職の件について                   
議案第46号 真岡市長等の給与及び旅費に関する条例等の一部改正について        
議案第47号 真岡市有墓地使用条例の一部改正について                 
議案第48号 市道路線の廃止について                         
議案第49号 市道路線の認定について                         
議案第50号 消防ポンプ自動車の取得について                     
議案第51号 土地の取得について                           
議案第52号 土地の処分について                           
議案第53号 土地の処分について                           
議案第54号 土地の処分の変更について                        
陳情第 5号 医師・看護師不足対策に関する陳情書                   
議員案第6号 医師・看護師不足対策に関する意見書                   

6月18日(月曜日)
 出 席 議 員 (20名)
    1番 七 海 朱 美 君
    2番 ? 橋   昇 君
    3番 入 江 巡 一 君
    4番 春 山 則 子 君
    5番 中 村 和 彦 君
    6番 大根田 悦 夫 君
    7番 荒 川 洋 子 君
    8番 齊 藤 重 一 君
    9番 白 滝   裕 君
   10番 飯 塚   正 君
   11番 上 野 玄 一 君
   12番 古 橋 修 一 君
   14番 布 施   實 君
   15番 佐 藤 和 夫 君
   16番 大根田 幹 夫 君
   17番 大 滝   盛 君
   18番 浅 山 俊 夫 君
   20番 田 上   稔 君
   21番 西 田 一 之 君
   22番 鈴 木 俊 夫 君

 欠 席 議 員 (2名)
   13番 佐々木 重 信 君
   19番 蕎麦田 公 一 君

 地方自治法第121条の規定に基づき出席した者の職氏名
 市     長  福 田 武 隼 君
 副  市  長  井 田 ? 一 君
 教  育  長  佐 藤   務 君

 総 務 部 長  小 松 廣 志 君
(兼 市 民 課 長
 事 務 取 扱)

 保 健 福祉部長  手 塚   仁 君
(兼福祉事務所長)

 産 業 環境部長  馬 場 照 夫 君

 企 業 誘致推進  薄 井 慶 二 君
 部     長

 建 設 部 長  松 本   操 君
(併 水 道 部 長)

 会 計 管 理 者  椎 貝 省 市 君
 教 育 次 長  内 田 龍 雄 君
 消  防  長  石 崎 洋 治 君
 秘 書 課 長  田 中 修 二 君
 企 画 課 長  村 松 晃 一 君
 総 務 課 長  黒 川 一 巳 君
 福 祉 課 長  天 川   充 君
 農 政 課 長  柳 田 恵 一 君
 企 業 誘致課長  薄 根   孝 君
 建 設 課 長  古谷野   斉 君
 教 務 課 長  中 村 勝 博 君

 本会議に出席した事務局職員
 事 務 局 長  久 保 文 康

 事務局議事課長  矢板橋 文 夫
 兼 庶 務 係 長

 議  事  課  小 池 敏 之
 議 事 調査係長

 書     記  金 田 幸 司







△開議の宣告



   午前10時00分 開議



○議長(西田一之君) ただいまの出席議員数は20名であります。

  これより本日の会議を開きます。

  直ちに会議に入ります。





△日程の追加





○議長(西田一之君) これより日程に入ります。

  ご報告いたします。佐々木重信君から議員の辞職願が提出されております。

  お諮りいたします。この際、佐々木重信君の議員の辞職の件を日程に追加し、議題とすることにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、この際、佐々木重信君の議員の辞職の件を日程に追加し、議題といたします。





△議員辞職の件





○議長(西田一之君) まず、その辞職願を朗読いたさせます。



◎事務局長(久保文康君) 

  真岡市議会議長 西田一之様

  平成19年6月14日

     辞  任  届

  私儀、一身上の都合により、真岡市議会議員を辞任したくお届けいたします。

  栃木県真岡市熊倉町4795番地1、真岡市議会議員、佐々木重信

  以上でございます。



○議長(西田一之君) お諮りいたします。

  佐々木重信君の議員の辞職を許可することにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、佐々木重信君の議員の辞職を許可することに決しました。





△議案第46号〜議案第54号の委員長報告、質疑、討論、採決





○議長(西田一之君) 次に、日程第1、議案第46号から議案第54号まで、以上9案を一括議題といたします。

  順次委員長の報告を求めます。

  初めに、総務常任委員会委員長、中村和彦君。

   (総務常任委員会委員長 中村

    和彦君登壇)



◆総務常任委員会委員長(中村和彦君) 皆様、おはようございます。総務常任委員会に付託になりました議案第46号 真岡市長等の給与及び旅費に関する条例等の一部改正について、議案第50号 消防ポンプ自動車の取得について、以上2案につきまして本委員会の審査の経過及び結果をご報告いたします。

  まず、議案第46号 真岡市長等の給与及び旅費に関する条例等の一部改正についてでありますが、3カ月間市長と副市長の給与10%、教育長の給与5%を減額するとのことであるが、これは先例等何か根拠はあるのかとの質疑に対し、市長等の特別職の給与を減額する事案等は少ないが、他市の状況や今回の社会的な影響の問題等を総合的に勘案し、みずから給与を減額するものであるとの答弁でありました。

  次に、議案第50号 消防ポンプ自動車の取得については、取得の相手方が昨年と異なっているが、今回の取得相手方はどのような概要の会社なのか。また、今回の入札では何社の業者を指名したのかとの質疑に対し、消防ポンプ自動車を製作している会社は全国に11社あり、うち2社は栃木県内にある。今回の取得相手方の会社はその1社であり、消防ポンプ自動車の生産では国内3位の会社である。また、入札には5社を指名したとの答弁でありました。

  以上のような審査経過に基づき、2案に対する採決の結果は、いずれも全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、本委員会の報告といたします。



○議長(西田一之君) 次に、民生産業常任委員会委員長、上野玄一君。

   (民生産業常任委員会委員長 

    上野玄一君登壇)



◆民生産業常任委員会委員長(上野玄一君) 民生産業常任委員会に付託になりました議案第47号 真岡市有墓地使用条例の一部改正についてにつきましては、本委員会の審査の経過及び結果をご報告いたします。

  これら審査に当たりましては、慎重に審査いたしました結果、全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、簡単ではありますが、本委員会の報告といたします。



○議長(西田一之君) 次に、建設常任委員会委員長、荒川洋子君。

   (建設常任委員会委員長 荒川

    洋子君登壇)



◆建設常任委員会委員長(荒川洋子君) おはようございます。建常任委員会に付託になりました議案第48号 市道路線の廃止について、議案第49号 市道路線の認定について、議案第51号 土地の取得について、議案第52号 土地の処分について、議案第53号 土地の処分について、議案第54号 土地の処分の変更について、以上6案につきまして本委員会の審査の経過及び結果をご報告いたします。

  まず、議案第49号につきまして、真岡インターチェンジ周辺開発事業により、新設される市道第1903号線及び市道第1911号線の幅員は何メートルなのかとの質疑に対し、幅員は9メートルであるとの答弁でありました。

  また、市道第1912号線はもともと路地だったのか、市有地だったのかとの質疑に対し、もともと赤道が走っていたが、総合体育館の駐車場用地と一体として利用されていたものであるとの答弁でありました。

  次に、議案第51号及び議案第52号につきまして、土地の取得価格と売却額に差があるのはなぜかとの質疑に対し、土地の取得価格については土地開発公社が先行買収した時点の額であり、売却価格については区画整理による造成後の価格であるためであるとの答弁でありました。

  以上のような審査経過に基づき、採決の結果、いずれも全員異議なく、原案のとおり可決すべきものと決しました。

  以上、本委員会の報告といたします。



○議長(西田一之君) 以上で各委員長の報告は終了いたしました。

  これより委員長報告に対する質疑を行います。

  別に質疑はありませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) 質疑なしと認めます。

  これより本9案に対する討論の通告はありません。

  よって、直ちに採決いたします。

  議案第46号 真岡市長等の給与及び旅費に関する条例等の一部改正について、本案は起立により採決いたします。

  本案に対する委員長の報告は原案を可とするものであります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(西田一之君) 起立全員。

  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

  次に、議案第47号 真岡市有墓地使用条例の一部改正について、本案は起立により採決いたします。

  本案に対する委員長の報告は原案を可とするものであります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(西田一之君) 起立全員。

  よって、本案は委員長の報告のとおり可決されました。

  次に、議案第48号 市道路線の廃止について、議案第49号 市道路線の認定について、以上2案は一括して起立により採決いたします。

  以上2案に対する各委員長の報告はいずれも原案を可とするものであります。本2案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(西田一之君) 起立全員。

  よって、本2案は委員長報告のとおり可決されました。

  次に、議案第50号 消防ポンプ自動車の取得について、本案は起立により採決いたします。

  本案に対する委員長の報告は原案を可とするものであります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(西田一之君) 起立全員。

  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。

  次に、議案第51号 土地の取得について、議案第52号 土地の処分について、議案第53号 土地の処分についての以上3案は一括して起立により採決いたします。

  以上3案に対する各委員長の報告はいずれも原案を可とするものであります。本3案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(西田一之君) 起立全員。

  よって、本3案は委員長報告のとおり可決されました。

  次に、議案第54号 土地の処分の変更について、本案は起立により採決いたします。

  本案に対する委員長の報告は原案を可とするものであります。本案を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(西田一之君) 起立全員。

  よって、本案は委員長報告のとおり可決されました。





△選挙管理委員及び補充員の選挙





○議長(西田一之君) 日程第2、選挙第5号 選挙管理委員及び補充員の選挙を行います。

  お諮りいたします。この選挙は投票の煩を省くため、議長において指名したいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、指名いたします。

  局長をもって朗読いたさせます。



◎事務局長(久保文康君) 朗読いたします。

  敬称は略させていただきます。

  選挙管理委員、真岡市台町2424番地、塚田治弘、真岡市島2番地9、亀田和夫、真岡市田島222番地、舘野房子、真岡市寺内1387番地2、堀田千之助。

  次に、補充員、真岡市熊倉三丁目17番地6、森島正満、真岡市西田井2048番地2、石川守衛、真岡市清水71番地、赤羽昭、真岡市中219番地1、鈴木道子、以上でございます。



○議長(西田一之君) お諮りいたします。

  ただいまの朗読のとおり決定することにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、選挙管理委員及び補充員は以上の諸君が当選されました。





△陳情第5号の委員長報告、質疑、討論、採決





○議長(西田一之君) 日程第3、陳情第5号、これを議題といたします。

  委員長の報告を求めます。

  民生産業常任委員長、上野玄一君。

   (民生産業常任委員会委員長 

    上野玄一君登壇)



◆民生産業常任委員会委員長(上野玄一君) 民生産業常任委員会に付託になりました陳情第5号 医師・看護師不足対策に関する陳情につきまして、本委員会の審査の経過及び結果をご報告いたします。

  本陳情につきましては、栃木県医療労働組合連合会執行委員長、出井充氏から提出されたものであります。

  審査に当たりましては、陳情の内容を確認するとともに、質疑応答の後、各委員による審査を行ったところであります。

  審査の状況を申し上げますと、近年、医師、看護師不足が全国的に深刻な状況となっており、とりわけ産科、小児科の確保問題は緊急を要している。根本的原因は、医師や看護師の絶対数が少ないことや、現場の過酷な労働実態にあるとの陳情内容に対し、身近なところでも子育て等で一度やめると復帰できない現状などがある。また、看護師の労働条件を改善することが最良の解決策と思うなどの意見が出され、国に対して要望すべきとの意見が出されたところであります。

  以上のような審査経過に基づき、採決した結果、願意妥当と認め、全員異議なく採決すべきものと決しました。

  以上、簡単でありますが、審査結果の報告といたします。



○議長(西田一之君) 以上で委員長の報告は終了いたしました。

  これより委員長報告に対する質疑を行います。

  別に質疑はありませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) 質疑なしと認めます。

  本案に対する討論の通告はありません。

  よって、直ちに採決いたします。

  陳情第5号 医師・看護師不足対策に関する陳情書については、本件は起立により採決いたします。

  本件に対する委員長の報告は、採択を可とするものであります。本件を委員長報告のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(西田一之君) 起立全員。

  よって、本件は委員長の報告のとおり採択することと決しました。





△議員案第6号の上程、質疑、討論、採決





○議長(西田一之君) 日程第4、議員案第6号、これを議題といたします。

  既にお手元に配付になっておりますとおり、齊藤重一君外4名からその案が提出されております。

  この際、印刷物の朗読は省略いたします。

  お諮りいたします。本案につきましては、会議規則第36条第3項の規定により、提案者の説明を省略したいと思います。これに異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、本案については提案者の説明は省略することに決しました。

  これより質疑を行います。

  質疑はありませんか。

   (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) 質疑なしと認めます。

  お諮りいたします。本案は委員会の付託を省略し、直ちに採決いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、本案は委員会の付託を省略し、採決することに決しました。

  本案に対する討論の通告はありません。

  よって、直ちに採決いたします。

  議員案第6号 医師・看護師不足に関する意見書について、本案は起立により採決いたします。

  本案を原案のとおり決することに賛成の諸君の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(西田一之君) 起立全員。

  よって、本案は原案のとおり可決されました。

  お諮りいたします。ただいま可決されました意見書の関係機関への提出方法につきましては、議長にご一任いただきたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、さよう決しました。





△閉会中の継続調査の申し出





○議長(西田一之君) 次に、各常任委員会委員長から、目下委員会において調査中の各特定事件について、会議規則第102条の規定により、お手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出があります。

  お諮りいたします。各常任委員会委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、各常任委員会委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査に付することに決しました。





△閉会中の継続審査の申し出





○議長(西田一之君) 次に、議会運営委員会委員長から、委員会において審査中の事件について、会議規則第102条の規定により、お手元に配付いたしました申出書のとおり、閉会中の継続審査の申し出があります。

  委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(西田一之君) ご異議なしと認めます。

  よって、委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続審査に付することに決しました。





△閉会の宣告





○議長(西田一之君) 以上で今期定例会に付議されました事件は全部議了いたしました。

  これをもって第3回真岡市議会定例会を閉会いたします。

   午前10時23分 閉会