議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 真岡市

平成18年  9月 定例会(第4回) 09月01日−議案説明−01号




平成18年  9月 定例会(第4回) − 09月01日−議案説明−01号







平成18年  9月 定例会(第4回)





    平成18年
 
        真岡市議会定例会会議録 (第1号)
 
    第 4 回                          
 議 事 日 程 (第1号)

                        開 議 平成18年9月1日 午前10時

日程第1 会議録署名議員の指名                            
日程第2 会期の決定                                 
日程第3 議案第57号から議案第77号まで及び報告第8号から報告第10号まで     

本日の会議に付した事件
議案第57号 市長の専決処分事項の承認について                    
議案第58号 真岡市教育委員会委員の選任につき同意を求めることについて        
議案第59号 人権擁護委員の候補者の推薦について                   
議案第60号 人権擁護委員の候補者の推薦について                   
議案第61号 公益法人等への真岡市職員の派遣等に関する条例の一部改正について     
議案第62号 真岡市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部改正について    
議案第63号 真岡市農業委員会の選挙による委員の選挙区及び各選挙区における委員の定数に
       関する条例の一部改正について                      
議案第64号 健康保険法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の
       制定について                              
議案第65号 真岡市在宅重度心身障害者デイケアセンターの設置及び管理条例の廃止について
議案第66号 真岡市国民健康保険条例の一部改正について                
議案第67号 真岡市消防団設置条例及び真岡市消防団員の身分、給与等に関する条例の一部改
       正について                               
議案第68号 真岡市営光徳キャンプ場の設置、管理及び使用条例の廃止について      
議案第69号 市道路線の認定について                         
議案第70号 消防ポンプ自動車の取得について                     
議案第71号 土地の取得について                           
議案第72号 平成18年度真岡市一般会計補正予算(第2号)              
議案第73号 平成18年度真岡市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)        
議案第74号 平成18年度真岡市介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第1号)  
議案第75号 平成18年度真岡市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)      
議案第76号 平成17年度真岡市一般会計決算及び国民健康保険特別会計ほか7件の特別会計
       決算の認定について                           
議案第77号 平成17年度真岡市水道事業会計決算の認定について            
報告第 8号 平成17年度もおか鬼怒公園開発株式会社営業報告及び決算書の提出について 
報告第 9号 平成17年度真岡市土地開発公社事業報告及び決算書の提出について     
報告第10号 平成17年度財団法人真岡市農業公社事業報告及び決算書の提出について   

9月1日(金曜日)
 出 席 議 員 (24名)
    1番 斉 藤 重 一 君
    2番 荒 川 洋 子 君
    3番 中 村 和 彦 君
    4番 大根田 悦 夫 君
    5番 白 滝   裕 君
    6番 布 施   實 君
    7番 古 橋 修 一 君
    8番 鶴 見   真 君
    9番 上 野 玄 一 君
   10番 大根田 幹 夫 君
   11番 飯 塚   正 君
   12番 佐 藤 和 夫 君
   13番 大田和 正 一 君
   15番 染 谷   功 君
   16番 大 滝   盛 君
   17番 浅 山 俊 夫 君
   18番 蕎麦田 公 一 君
   19番 田 上   稔 君
   20番 細 谷   進 君
   21番 西 田 一 之 君
   22番 仙 波 恒 雄 君
   23番 豊 田   守 君
   24番 飯 野   守 君
   25番 鈴 木 俊 夫 君

 欠 席 議 員 (1名)
   26番 上 野 仁 治 君

 地方自治法第121条の規定に基づき出席した者の職氏名
 市     長  福 田 武 隼 君
 助     役  井 田 ? 一 君
 教  育  長  佐 藤   務 君
 総 務 部 長  小 松 廣 志 君

 保 健 福祉部長  高 橋   恒 君
(兼福祉事務所長)

 産 業 環境部長  馬 場 照 夫 君

 企 業 誘致推進  増 田 宗 弘 君
 部     長

 建 設 部 長  松 本   操 君
(併 水 道 部 長)

 教 育 次 長  手 塚   仁 君
 消  防  長  石 崎 洋 治 君
 秘 書 課 長  田 中 修 二 君
 企 画 課 長  黒 川 一 巳 君
 総 務 課 長  内 田 龍 雄 君
 福 祉 課 長  天 川   充 君
 農 政 課 長  柳 田 恵 一 君
 企 業 誘致課長  薄 根   孝 君
 建 設 課 長  薄 井 慶 二 君
 教 務 課 長  川 上 英 男 君

 監 査 委 員  大根田 三 郎 君
 事 務 局 長
(併 選 挙 管 理
 委 員 会書記長)

 監 査 委 員  魚 住 昭 義 君

 本会議に出席した事務局職員
 事 務 局 長  久 保 文 康

 事務局議事課長  矢板橋 文 夫
 兼 庶 務 係 長

 議  事  課  小 池 敏 之
 議 事 調査係長

 書     記  金 田 幸 司
 書     記  大 足 弘 巳







△議長のあいさつ





○議長(蕎麦田公一君) 会議に先立ちまして、一言ごあいさつ申し上げます。

  きょうから第4回定例議会が始まるわけでありますが、ご承知のとおり今定例議会は平成17年度の決算を審査する議会でもあります。議員皆様方には活発な議論、そして慎重な審査をお願いいたしまして、あいさつといたします。





△開会及び開議の宣告



   午前10時00分 開会



○議長(蕎麦田公一君) ただいまの出席議員数は24名であります。

  これより平成18年第4回真岡市議会定例会を開会いたします。

  直ちに会議に入ります。





△議会運営委員会委員長報告





○議長(蕎麦田公一君) 日程に入る前に、議会運営委員会委員長の報告を求めます。

  委員長、豊田守君。

   (議会運営委員会委員長 豊田 

    守君登壇)



◆議会運営委員会委員長(豊田守君) 第4回市議会定例会の運営につきまして、本委員会の協議決定いたしました事項をご報告いたします。

  その内容につきましては、お手元に配付いたしました報告書によって既にご了解をいただけたことと存じますが、若干説明を加えまして、ご賛同をお願い申し上げます。

  まず、会期でありますが、会期は本日から9月27日までの27日間と決定いたしました。その内容は、9月1日、すなわち本日は提出されました全議案等を一括上程いたしまして、提案理由の説明を聞くのみで散会することといたします。

  2日から10日までは議案等調査及び市の休日のため、それぞれ休会といたしました。

  11日と12日の2日間は、全議案等に対する質疑及び一般質問を行うことといたしました。質疑及び一般質問が終了しましたならば、即決案件は即決し、付託案件はそれぞれ所管の委員会に付託いたしまして、散会するものであります。

  13日から15日までと19日の4日間は、常任委員会を開くことといたしました。各常任委員会の日割りでありますが、13日と14日は文教常任委員会と民生産業常任委員会、15日と19日は総務常任委員会と建設常任委員会、以上のようにそれぞれの開催をお願いするものであります。

  16日から18日までと20日から24日まで及び26日は議事等整理及び市の休日のため、それぞれ休会とするものであります。

  25日は、決算審査特別委員会を開くことといたしました。

  27日の最終日において、各常任委員会委員長並びに決算審査特別委員会委員長の報告を求め、討論の後採決して閉会するものであります。

  以上が会期の内容であります。

  次に、議事日程でありますが、これは既にお手元に配付になっているとおりであります。

  次に、議案の取り扱い及び審議の方法について申し上げます。提出されました21議案のうち議案第57号 市長の専決処分事項の承認について、議案第58号 真岡市教育委員会委員の選任につき同意を求めることについて、議案第59号及び議案第60号 人権擁護委員の候補者の推薦についての4案は、質疑の段階で十分なるご審議をいただき、12日の質疑、一般質問終了後、即決すべきものと決しました。

  なお、議案第61号から議案第75号までの15議案につきましては、12日の質疑、一般質問終了後、報告書にもありますとおり、それぞれ所管の委員会に付託するものであります。

  次に、議案第76号及び議案第77号の決算審査の方法について申し上げます。決算審査の方法は、例年のとおりであります。すなわち、平成17年度決算は本日上程いたしまして説明を求め、その後監査委員から審査結果の報告を求めるものであります。

  次に、12日の質疑、一般質問終了後、全員で構成する決算審査特別委員会を設置いたしまして、これに付託するものであります。

  なお、決算審査特別委員会の正副委員長の互選につきましては、設置した当日、本会議終了後直ちに行うものであります。また、特別委員会は、各常任委員会にその所管に応じて審査を依託するものであります。各常任委員会の審査が終了したならば、25日に決算審査特別委員会を開きまして、各常任委員会からその結果の報告を求め、その後全員で総括的に審査をするものであります。

  総括審査の結果につきましては、最終日の本会議において決算審査特別委員会委員長が報告するわけでありますが、ご案内のとおり特別委員会は全員で構成し、かつ審査するものでありますので、委員長報告は省略し、文書による審査報告書をもってこれにかえるものであります。

  次に、議案に対する質疑と一般質問の通告期限でありますが、9月4日の午前9時までといたしました。通告につきましては、通告書によりまして質疑と一般質問を区分し、期限を厳守の上、提出くださるようお願い申し上げます。

  なお、通告の趣旨に沿って要旨を具体的に記入されるよう特にお願いを申し上げるものであります。

  次に、決算審査特別委員会の質疑の通告期限でありますが、9月20日午前10時までといたしました。通告に当たっては、一般質問等に準じて要旨を具体的に記入されるようお願いいたします。

  以上が本委員会の協議決定いたしました事項であります。各位におかれましては、何かとご多忙のこととは存じますが、円滑なる議会運営に特段のご協力をお願い申し上げまして、ご報告といたします。





△諸般の報告





○議長(蕎麦田公一君) 次に、諸般の報告を行います。

  初めに、監査委員からお手元に配付のとおり出納検査及び定期監査の結果報告書が提出されております。この報告書は会議録に登載いたしますから、朗読は省略いたします。ご了承願います。

                   

              真監第14号

          平成18年6月23日

   定期監査の結果報告について

                   

              真監第15号

          平成18年6月23日

   定期監査の結果報告について

                   

              真監第16号

          平成18年6月23日

   出納検査の結果報告について

                   

              真監第17号

          平成18年7月20日

   出納検査の結果報告について

                   

              真監第19号

          平成18年8月25日

   定期監査の結果報告について

                   

              真監第20号

          平成18年8月25日

   定期監査の結果報告について

                   

              真監第21号

          平成18年8月25日

   定期監査の結果報告について

                   

              真監第22号

          平成18年8月25日

   出納検査の結果報告について

                   



○議長(蕎麦田公一君) 次に、地方自治法第121条の規定により、説明のため出席を求めました者の職氏名は、お手元に配付いたしましたとおりであります。





△会議録署名議員の指名





○議長(蕎麦田公一君) これより日程に入ります。

  日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

    9番 上 野 玄 一 君

   16番 大 滝   盛 君

  以上指名いたしました。





△会期の決定





○議長(蕎麦田公一君) 日程第2、会期の決定を議題といたします。

  お諮りいたします。今期定例市議会の会期は、先ほどの議会運営委員会委員長の報告のとおり、本日から9月27日までの27日間といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(蕎麦田公一君) ご異議なしと認めます。

  よって、会期は本日から9月27日までの27日間と決定いたしました。





△議案第57号〜議案第77号及び報告第8号〜報告第10号の上程、説明





○議長(蕎麦田公一君) 日程第3、議案第57号から議案第77号まで及び報告第8号から報告第10号までを一括議題といたします。

  提案者の説明を求めます。

  市長、福田武隼君。

   (市長 福田武隼君登壇)



◎市長(福田武隼君) おはようございます。本日ここに第4回市議会定例会を招集いたしましたところ、ご参集をいただきましてありがとうございます。

  今定例会に提出いたしました議案等は、専決処分事項の承認1件、人事案件3件、条例の制定、条例の一部改正、条例の廃止8件、市道路線の認定1件、消防ポンプ自動車の取得1件、土地の取得1件、補正予算4件、決算の認定2件、報告事項3件の合わせて24件であります。

  それでは、上程になりました議案等につきまして順次ご説明申し上げます。

  まず、議案第57号 市長の専決処分事項の承認についてであります。別冊1、別冊2をあわせてごらんください。専決第11号平成18年度真岡市公共下水道事業特別会計補正予算、専決第12号 平成18年度真岡市水道事業会計補正予算は、公共下水道事業高資本費対策及び水道事業高料金対策として、年利6%以上で借りている市債の借りかえが認められたため、その借りかえ額を歳入歳出においてそれぞれ追加したものであります。これらは、借りかえの時期がいずれも7月中となりますので、市長の専決処分により補正したものであります。なお、借りかえ後の利率は2.5%であります。

  次に、議案第58号 真岡市教育委員会委員の選任につき同意を求めることについてであります。現委員石?輝夫氏は、本年9月30日をもって任期満了となりますので、その後任として関昌弘氏を選任いたしたく提案するものであります。関氏は、東日本くみあい飼料株式会社を3月31日をもって部長職で退職され、現在嘱託として引き続き勤務されており、豊富な経験と卓越した識見から教育委員として適任であると認め、ここに同意を求めるものであります。

  なお、今般退任されます石?氏には、平成14年から1期4年にわたりご尽力をいただきました。石?氏の在任中のご労苦に対し、この席をおかりして心から感謝を申し上げる次第であります。

  次に、議案第59号 人権擁護委員の候補者の推薦についてであります。委員横松恭子氏は、本年7月31日付で辞任されましたので、その後任として寺内1387番地2の堀田令子氏を推薦いたしたく提案するものであります。堀田氏は、昭和42年4月に物部中学校に奉職されて以来、本年3月に真岡東中学校を退職されるまで39年間教員として勤務され、人柄と識見が高く、人権擁護委員として適任であると認め、ここに諮問するものであります。

  次に、議案第60号 人権擁護委員の候補者の推薦についてであります。現委員の古谷勝氏につきましては、本年12月31日をもって任期満了となりますので、引き続き推薦いたしたく提案するものであります。古谷氏は、平成16年1月から1期3年にわたり人権擁護の啓発、宣伝と自由人権思想の普及、高揚のために活躍されており、人権擁護委員として適任であると認め、ここに諮問するものであります。

  次に、議案第61号 公益法人等への真岡市職員の派遣等に関する条例の一部改正についてであります。会社法及び会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行による有限会社法の廃止に伴い、本条例中の「又は有限会社」の字句を削除するものであります。

  次に、議案第62号 真岡市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部改正についてであります。障害者自立支援法の施行により身体障害者療護施設等の障害者を支援する施設の名称が障害者支援施設に改められたことに伴い、字句の整理を行うものであります。

  なお、施行日は10月1日からとしております。

  次に、議案第63号 真岡市農業委員会の選挙による委員の選挙区及び各選挙区における委員の定数に関する条例の一部改正についてであります。下高間木土地区画整理事業の換地処分に伴い、下高間木一丁目、下高間木二丁目の新しい町名が設定されましたので、農業委員会の選挙による委員の選挙区に新たな町名を加えるものであります。

  次に、議案第64号 健康保険法等の一部を改正する法律の施行に伴う関係条例の整理に関する条例の制定についてであります。健康保険法等の一部を改正する法律の施行に伴い、健康保険等の保険給付の一つである特定療養費が廃止され、新たに保険外併用療養費が支給されることにより、関係条例中の字句を改正するものであります。真岡市こども医療費助成条例、真岡市ひとり親家庭医療費助成条例、真岡市重度心身障害者医療費助成条例、真岡市妊産婦医療費助成条例につきまして、条文中の「特定療養費」を「保険外併用療養費」に改めるものであります。

  なお、施行日は10月1日としております。

  次に、議案第65号 真岡市在宅重度心身障害者デイケアセンターの設置及び管理条例の廃止についてであります。平成6年度に設立されました真岡市在宅重度心身障害者デイケアセンターにつきましては、機能訓練等のデイケア事業を実施しており、現在4名の方が通所している状況にあります。しかしながら、障害者自立支援法の施行に伴い、20名以上の利用者の確保、指導員等の大幅な増員、医者、看護職員、理学療法士等の設置、入浴等の新たな設備を含む施設の建設などが当施設を運営していく上で必要となること、類似の施設が当施設の周辺で整備されてきたこと、利用保護者の方との同意が調ったことなどの理由により、当施設を本年9月30日をもって廃止することになりましたので、それに伴い本条例を廃止するものであります。

  次に、議案第66号 真岡市国民健康保険条例の一部改正についてであります。健康保険法施行令の一部改正に倣い、出産一時金を現行の30万円から35万円に引き上げ、葬祭費を6万円から5万円に引き下げるものであります。

  なお、施行日は10月1日としております。

  次に、議案第67号 真岡市消防団設置条例及び真岡市消防団員の身分、給与等に関する条例の一部改正についてであります。それぞれ条文で引用しており、消防組織法が一部改正され、引用条項にずれが生じますので、整理するものであります。

  次に、議案第68号 真岡市営光徳キャンプ場の設置、管理及び使用条例の廃止についてであります。真岡市営光徳キャンプ場につきましては、平成10年7月から運営してまいりましたが、利用者の減少、また県内に多くのキャンプ場があること、本市の自然教育センターについてもキャンプ場があることなどの理由により、本年8月31日をもって閉鎖をしたことにより本条例を廃止するものであります。

  次に、議案第69号 市道路線の認定についてであります。今回市道として認定しようとする路線は、議案に添付してあります略図にその箇所を示しておりますとおり、常総宇都宮東部連絡道路一般国道408号真岡バイパス、通称鬼怒テクノ通り整備事業関連の道路ほか計3路線、437メートルであります。

  次に、議案第70号 消防ポンプ自動車の取得についてであります。消防団の消防ポンプ自動車2台につきまして、消防団消防車両整備計画に基づき、老朽車両を更新するものであります。去る6月22日に指名競争入札を実施した結果、鹿沼市茂呂1170番地1の日本造機株式会社から2,152万5,000円で購入するものであります。

  次に、議案第71号 土地の取得についてであります。取得しようとする土地は堀内地内の運動場用地で、面積2万1,922平方メートルを真岡市土地開発公社から5,925万28円で取得するものであります。議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定に該当いたしますので、議決を求めるものであります。

  次に、議案第72号 平成18年度真岡市一般会計補正予算についてであります。別冊3となっておりますので、補正予算書の1ページをごらんください。歳入歳出それぞれ5,205万2,000円を追加し、予算総額を211億590万2,000円とするものであります。

  それでは、歳出からご説明申し上げますので、12ページ及び13ページをごらんください。民生費は822万3,000円の追加であります。内訳として、まず社会福祉総務費において172万3,000円の追加であります。これは、郡内1市5町が共同で実施する障害者支援を目的とした地域活動支援センター運営のための補助金について補正するものであります。

  次に、児童措置費において650万円の追加であります。これは、受給者の増加に伴い児童扶養手当支給事業費を補正するものであります。

  14ページ及び15ページの土木費は3,000万円の追加であります。道路新設改良費は地方道路臨時交付金、市道第1867号線・井頭西郷線道路新設事業において事業費の予算額1億円に対して1億3,000万円の補助事業が国において採択されたことに伴い、不足額3,000万円を補正するものであります。

  16ページ及び17ページの教育費は1,382万9,000円の追加であります。小学校費及び中学校費のうちの学校管理費において校舎、体育館の耐震診断委託料として施設管理費を補正するものであります。

  以上で歳出についての説明を終わります。

  続きまして、歳入についてご説明申し上げますので、前に戻りまして6ページ及び7ページをごらんください。国庫支出金は、障害者地域生活支援事業費に係る民生費国庫補助金及び道路整備事業費に係る土木費国庫補助金を補正するものであります。

  8ページ及び9ページの県支出金は、児童扶養手当給付費に係る民生費県負担金及び障害者地域生活支援事業費に係る民生費県補助金を補正するものであります。

  10ページ及び11ページの繰越金は、前年度繰越金を補正するものであります。

  次に、議案第73号 平成18年度真岡市国民健康保険特別会計補正予算についてであります。同じく別冊3となっております補正予算書の19ページをごらんください。歳入歳出それぞれ2億7,192万1,000円を追加し、予算総額を57億6,416万6,000円とするものであります。これは、歳出において1件当たり30万円を超える医療費に関する保険者の互助を目的とした保険財政共同安定化事業が本年10月から施行されることに伴い、事業主体であります国保連合会への負担金として共同安定化事業拠出金を補正するものであり、歳入において共同安定化事業交付金を補正するものであります。

  次に、議案第74号 平成18年度真岡市介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算についてであります。同じく別冊3となっております補正予算書の29ページをごらんください。歳入歳出それぞれ4,904万5,000円を追加し、予算総額を25億8,380万7,000円とするものであります。これは、歳出において介護給付費準備基金積立金及び介護給付費国庫負担金等の償還金を補正するものであり、歳入において前年度繰越金を補正するものであります。

  次に、議案第75号 平成18年度真岡市農業集落排水事業特別会計補正予算についてであります。同じく別冊3となっております補正予算書の41ページをごらんください。歳入歳出それぞれ300万円を追加し、予算総額を3億1,593万5,000円とするものであります。これは、歳出において、大沼地区、東郷地区、東大島地区における農業集落排水処理設備の修繕を要するため補正するものであり、歳入において前年度繰越金を補正するものであります。

  次に、議案第76号 平成17年度真岡市一般会計決算及び国民健康保険特別会計ほか7件の特別会計決算の認定について、議案第77号 平成17年度真岡市水道事業会計決算の認定についてをあわせてご説明申し上げます。

  それでは、各会計の決算状況につきまして、別冊6となっておりますので、事業概要報告書をもとに、主要な事業についてご説明申し上げます。

  1ページ及び2ページをごらんください。まず、一般会計でありますが、収入済額は226億3,917万6,000円で、予算現額に対して101.4%の収入であります。一方、支出済額は209億2,138万4,000円で、予算現額に対して93.7%の支出であります。

  それでは、11ページから24ページまでの総務費の主な事業についてご説明申し上げます。平成17年度から20年度までの4年間の事業期間であるはつらつ地域づくり事業の実施や平成18年度から22年度を計画期間とする第9次市勢発展長期計画を策定したほか、809件の事務事業評価と44施策の評価を行って18年度予算に反映させた行政評価システム構築事業や真岡ケーブルテレビのデジタル放送機器整備事業を支援、補助しました。

  次に、25ページから44ページまでの民生費であります。福祉事業につきましては、支援費制度により障害者が施設やサービスの利用をみずから選択、決定することができる障害者福祉事業や介護認定非該当者を対象としたデイサービス事業、各種の保健福祉サービスの総合的な支援を実施する在宅介護支援センター運営事業等、福祉の推進に努めてまいりました。子育て支援事業につきましては、児童の健全な育成を図るため、児童手当や児童扶養手当の給付等を実施しました。また、高齢者の健康増進と生きがいづくりに寄与することを目的に真岡井頭温泉の利用料の一部を助成した健康増進施設利用助成事業や介護予防筋力トレーニング事業などを実施しました。

  次に、45ページから58ページまでの衛生費であります。まず、保健事業では1次救急の機能を担う芳賀地区急患センターの平成18年4月1日開設に向けての準備を進めるとともに、2次救急病院に対する助成の実施等による夜間や休日の救急診療により多様化する医療需要に対応してまいりました。また、少子化対策として不妊治療助成事業を実施しました。環境対策では、環境基本計画に位置づけされた環境保全活動を推進するための市民、事業者、行政の協働による真岡環境パートナーシップ会議を設立するとともに、根本山自然観察センター及び鬼怒水辺観察センターの有効利用を図りました。さらに、環境衛生対策、公害対策、ごみの不法投棄防止や資源化、減量化対策を実施し、生活環境の整備に努めてまいりました。真岡井頭温泉については、老朽化した施設の更新修繕を実施してまいりました。

  次に、59ページから60ページまでの労働費であります。勤労者対策事業として宅地、住宅資金や生活資金の貸付制度の充実に努め、勤労者の意欲と福祉の向上を図るため、優秀社員、技能検定試験合格者の表彰や中小企業元気アップ支援事業を行い、また勤労者の声を市政に反映できるよう勤労者懇談会を実施いたしました。

  次に、61ページから74ページまでの農林水産業費であります。地域農業の振興を図るため、国が決定した品目横断的経営安定対策についての説明会を開催するとともに、認定農業者の育成と確保及び集落営農の推進に努めました。また、市単農地保有合理化事業により担い手の農地の集積を推進しました。また、県単首都圏農業パワーアップ推進事業においてイチゴ、ナス、ニラの作付拡大を図り、競争力の高い産地づくりの推進に努めました。さらに、基盤整備促進事業による油川の改修など農業水利施設の基盤整備に努めました。

  次に、75ページから78ページまでの商工費であります。商工業の振興につきましては、空き店舗を活用したベンチャーオフィスモップ21運営事業等や各種商業活性化の支援に努めるとともに、商工振興資金融資制度の利用促進を図りました。また、企業立地促進事業等を実施いたしました。消費者行政につきましては、消費生活センターにおいて複雑多様化する消費者問題の未然防止のためさまざまな啓発等を実施し、情報ネットワークの活用により相談者の利便性に努めてまいりました。観光対策につきましては、観光協会ホームページの内容充実や誘客のための各種イベント等を実施するとともに、真岡木綿について工房見学、機織り体験等の実施により販売促進を図るとともに、新製品の開発に努めてまいりました。

  次に、79ページから86ページまでの土木費であります。市道の新設改良及び維持管理に努めるとともに、河川事業として大久保川河川環境保全事業などを実施しました。また、土地区画整理事業では保留地の販売促進と各組合への積極的な支援を行いました。公園整備事業では、東光寺土地区画整理事業地内に東光寺公園、鏡田公園を整備しました。さらに、松田屋本店跡地を多目的広場として整備しました。

  次に、87ページから90ページまでの消防費であります。市民から公募したもおかコットン債を財源として防災行政無線の親局整備一式及び屋外拡声子局98基の更新を行うとともに、難聴地域解消のため新たに10カ所の子局を増設しました。また、老朽化した消防団の消防ポンプ自動車2台を更新しました。

  次に、91ページから122ページまでの教育費であります。幼児教育では就園奨励補助や第2子、第3子に対する保育料の減免等を行い、学校教育においては複数担任制のための非常勤講師の配置、中学校における教育国際交流事業やマイチャレンジ事業を実施したほか、不登校対策として心の教室相談員を配置し、学校、家庭、関係機関が連帯したスクーリング・サポートネットワーク整備事業を実施することにより教育相談の充実に努めました。地域ぐるみの学校安全体制整備推進事業につきましては、スクールガードリーダーを配置し、地域社会全体で学校安全に取り組む体制の整備に努めました。また、小中学校の校舎や施設整備の改修、改善等を行い、教育環境の充実に努めました。生涯学習の推進につきましては、各種講座、教室等を開設し、青少年健全育成では15小学区を中心とした地域ぐるみの事業などを展開し、男女共同参画社会づくり事業では地域座談会等を通じて意識の高揚に努めました。また、第11回全国報徳サミット真岡市大会を開催し、二宮尊徳ゆかりの地26市町村の関係者が集まりました。自然教育センター、科学教育センターは、本市独自の教育施設として児童生徒の活動の場としてだけでなくて広く市民に利用され、十分な成果を上げることができました。学校給食では、地場産物や子供たちのニーズを取り入れた給食を実施し、老朽化した施設の整備や作業能率の改善を図りました。

  以上で一般会計の説明を終わり、続きまして特別会計についてご説明申し上げます。

  まず、123ページからの国民健康保険特別会計であります。収入済額は53億1,912万6,000円で、予算現額に対して96.9%の収入であり、支出済額は52億4,120万6,000円で、予算現額に対して95.5%の支出であります。疾病予防のための保健事業やレセプト点検などを実施し、健全な運営に努めてまいりました。

  次に、129ページからの老人保健特別会計であります。収入済額は38億9,921万6,000円で、予算現額に対して94.3%の収入であり、支出済額は38億3,596万3,000円で、予算現額に対して92.8%の支出であります。



○議長(蕎麦田公一君) 暫時休憩いたします。

  開会は11時にいたします。

   午前10時41分 休憩



   午前11時00分 再開



○議長(蕎麦田公一君) 出席議員数を報告いたします。ただいまの出席議員数は24名であります。

  休憩前に引き続き会議を開きます。

  提案者の説明を求めます。

  市長、福田武隼君。

   (市長 福田武隼君登壇)



◎市長(福田武隼君) 老人保健特別会計からご説明をさせてもらいます。

  収入済額は38億9,921万6,000円で、予算現額に対して94.3%の収入であり、支出済額は38億3,596万3,000円で、予算現額に対して92.8%の支出であります。73歳以上の高齢者、65歳以上の寝たきり高齢者等に対して医療給付を行ってまいりました。

  次に、133ページからの介護保険特別会計であります。収入済額は24億3,330万4,000円で、予算現額に対して102.2%の収入であり、支出済額は23億2,223万5,000円で、予算現額に対して97.6%の支出であります。要介護認定につきましては、74回の認定審査会を開催し、延べ1,225人を認定いたしました。

  次に、141ページからの工業団地造成事業特別会計であります。収入済額が10億9,707万5,000円で、予算現額に対して100%の収入であり、支出済額は10億9,383万9,000円で、予算現額に対して99.7%の支出であります。早期完売を目指し、5社と約4.4ヘクタールの契約締結を行い、17年度末の分譲率で93.03%となったところであります。

  次に、145ページからのインターチェンジ周辺開発事業特別会計であります。収入済額は20億6,611万7,000円で、予算現額に対して85.5%の収入であり、支出済額は18億6,855万円で、予算現額に対して77.3%の支出であります。道路築造及び雨水管渠工事等を実施するとともに、建物、工作物等の移転補償を行い、事業の推進を図ってまいりました。

  次に、149ページからの公共下水道事業特別会計であります。収入済額は23億8,967万4,000円で、予算現額に対して95.1%の収入であり、支出済額は22億7,657万6,000円で、予算現額に対して90.6%の支出であります。全体計画面積1,300ヘクタールのうち、950ヘクタールの整備が完了し、公共下水道普及率は53.8%となり、水洗化率については94.6%であります。

  次に、155ページからの農業集落排水事業特別会計であります。収入済額は3億760万7,000円で、予算現額に対して107.8%の収入であり、支出済額は2億6,458万4,000円で、予算現額に対して92.7%の支出であります。農村の生活環境の改善を図り、農業用排水の水質保全を目的として8地区における施設の適正な維持管理を実施しました。

  次に、159ページからの真岡鐡道経営対策事業基金特別会計であります。収入済額、支出済額ともに4,955万5,000円であります。その内容は、経常損失金の補てん、鉄道軌道近代化設備整備費の補助及び基金利子の積み立てであります。

  以上で特別会計の説明を終わります。

  次に、163ページ及び164ページをごらんください。平成18年3月31日現在のバランスシートを掲載してありますので、参考にしていただきたいと存じます。

  次に、別冊8となっております水道事業会計であります。8ページをごらんください。17年度末における給水戸数は2万309戸、給水人口は6万406人となり、普及率は90.9%となりました。収益的収入は12億7,320万8,000円で、収益的支出は12億4,410万3,000円で、差し引き2,910万5,000円の純利益となりました。また、資本的収入は2億8,199万4,000円で、資本的支出は8億7,744万8,000円で、差し引き不足分の5億9,545万4,000円は、当年度及び過年度分損益勘定留保資金等で補てんいたしました。

  以上で平成17年度決算についての説明を終わりますが、財政状況の厳しい中、財源の確保に努めることはもちろんのこと、歳出においても人件費、経常経費などの削減に努めた結果、年度当初に掲げた事業等については、目的どおり事業執行できたものと考えております。

  最後に、報告第8号 平成17年度もおか鬼怒公園開発株式会社営業報告及び決算書の提出について、報告第9号 平成17年度真岡市土地開発公社事業報告及び決算書の提出について、報告第10号 平成17年度財団法人真岡市農業公社事業報告及び決算書の提出については、地方自治法第243条の3第2項の規定に基づき提出するもので、その内容につきましてはそれぞれ別冊の10、別冊11、別冊12のとおりであります。

  以上で説明を終わります。よろしくご審議の上、議決賜りますようお願い申し上げます。



○議長(蕎麦田公一君) 次に、議案第76号平成17年度真岡市一般会計決算及び国民健康保険特別会計ほか7件の特別会計決算の認定について並びに議案第77号 平成17年度真岡市水道事業会計決算の認定について、監査委員から審査結果の報告を求めます。

  監査委員、魚住昭義君。

   (監査委員 魚住昭義君登壇)



◎監査委員(魚住昭義君) おはようございます。監査委員の魚住でございます。それでは、ただいまから平成17年度真岡市一般会計及び特別会計決算並びに基金の運用状況の審査結果について、また真岡市水道事業会計決算審査の結果について報告を求められましたので、ここにご報告いたします。

  審査の結果及び内容につきましては、市長あてに提出し、その意見書の写しが別冊7及び別冊9で配付されておりますので、その概要につきご説明いたします。

  まず、一般会計、特別会計並びに基金の運用状況の審査については、本審査は地方自治法第233条第2項及び第241条第5項の規定に基づいて実施したものであります。

  審査の結果は、別冊7の2ページにありますように、各会計の歳入歳出決算額はいずれも関係法令に準拠して作成され、計数は符合し、正確であり、その内容は適正に執行されていることが認められました。当年度の一般会計と特別会計を合わせた歳入総額は、これ3ページにありますように402億85万円で、歳出総額は378億7,389万2,000円であり、差し引きの23億2,695万8,000円を翌年度に繰り越しております。この歳入歳出の総額を前年度に比較しますと、歳入は2.5%の減少であり、歳出も2.1%の減少であります。

  次に、4ページにありますように、一般会計の歳入決算額は226億3,917万6,000円で、予算現額に対し3億563万5,000円の増収で、調定額に対しましては95.1%の収入率となっております。この歳入決算額を前年度に比較いたしますと4.1%の減収となっております。また、歳入決算額の財源別構成比率は、自主財源が71.8%、依存財源が28.2%となっており、自主財源が5.1ポイント増加しております。

  以上、歳入予算の執行は適正に行われていることが認められました。それから、各款ごとの歳入状況は5ページ以降をごらんいただき、説明を省略させていただきます。

  次に、16ページにありますように、一般会計の歳出決算額は209億2,138万4,000円で、予算現額に対し14億1,215万7,000円の減少となっております。また、歳出決算額を前年度と比較いたしますと3.9%の減少となっております。不用額は12億8,597万9,000円で、前年度に比較しまして4.6%の減少であり、いずれもやむを得ないものと認められました。

  以上、歳出予算の執行は適正に行われていることが認められましたが、今後とも効率的な執行に留意されるとともに、経費の削減にも努力されるよう望みます。各款ごとの歳出状況は、18ページ以降をごらんいただき、ここで説明は省略させていただきます。

  次に、特別会計について説明いたします。これは、42ページの歳入歳出決算総括表にありますように、特別会計の歳入決算額はこの小計の欄に書いてありますが、175億6,167万4,000円で、歳出決算額は同じく169億5,250万8,000円であり、差し引き6億916万6,000円を翌年度に繰り越しております。

  以上、特別会計は歳入歳出とも予算の執行は適正に行われたものと認められました。各特別会計につきましては、26ページ以降をごらんいただきまして、ここでは説明は省略させていただきます。

  次に、37ページの財産の状況及び38ページの基金の状況につきましては、公有財産、物品、債権及び基金ともに設置目的に従い効率的に管理運用され、適正に行われていることが認められました。

  以上のように、平成17年度の真岡市一般会計及び特別会計の決算は、厳しい財政状況の中にあって、積極的な財源確保を図るとともに、執行に当たっては投資的経費の削減に努め、また人件費、物件費などの経常経費の節減に努められ、25ページの財政力をあらわす主要指数であります経常収支比率、これは25ページです。及び公債費比率はともに前年度実績対比では改善傾向が見られました。ただし、これは一般会計だけの数値でありますから、特別会計を連結しますと数値は当然変わってまいります。これはつけ加えておきます。

  なお、当年度の一般会計と特別会計及び水道事業会計を合わせました歳入総額は415億2,622万9,000円、これに対し当年度末の一般会計と特別会計及び水道事業会計を合わせた長期借入金残高は水道事業の企業債を含めまして474億2,017万3,000円を計上して、歳入総額に対します長期借入金残高は前年度に引き続き高い水準にあり、今後の長期借入金の金利の上昇等を考慮に入れましたときに、今後の健全な財政を築いていくためには、明日の財政力を豊かにする目的で投資されてきました建設投資の効果を最大限に引き出す努力を行い、追加投資は極力抑え、資金管理にも力を入れ、長期借入金の償還の促進を図っていただきたいと思います。

  今後市税収入を含めた一般財源総額の伸びが期待できず、都市基盤整備や財政基盤強化のための大型事業を取り巻く環境は引き続き厳しい状況が続くものと思われ、今後の財政負担等によっては財政構造の硬直化が心配されます。そのような状況下にあって、市税、使用料、負担金等々の収入未済額が一般会計で10億7,996万9,000円、前年度対比で1億574万2,000円の増加、また特別会計で9億7,328万2,000円、これは前年度対比1億2,616万4,000円の増加と、厳しい社会経済状況を反映して年々増加しており、大変憂慮すべきことであると思います。これらの回収につきましては、担当職員初め部課長合同による懸命の努力をされておりますが、公平負担、受益者負担の原則から考えてもここで根本的な収納対策を検討すべきだと考えます。また、不納欠損金につきましては一般会計で7,976万6,000円、前年度対比1,291万3,000円の減となっておりますが、今後も法令に基づき適切に処理されるようお願いしておきます。

  また、行政需要の多様化に伴う財政需要はますます増加するものと思われます。これにこたえるためには健全かつ計画的な財政運営が不可欠であります。あわせて職員の教育が一段と重要性を増してくるものと思われます。この対策としましては、失敗を恐れず新しいものに意欲的にチャレンジして必ず成果に結びつける責任感の強い人材をぜひ教育していただきたいというふうに思います。

  今後の事務事業の選定、実施に当たっては、市民意識及び経済の動向を的確に把握し、費用対効果、緊急性及び財政負担等を十分検討するとともに、市勢発展長期計画との整合性を図りながら第4次行政改革大綱実施計画の推進や行政評価による事務事業の効率化を図り、厳しい中にも温かみのある市民福祉の向上に寄与されるよう強く望んでおきます。

  それでは、続きまして真岡市水道事業会計決算審査の結果につきましてご報告いたします。この決算審査は、地方公営企業法第30条第2項の規定に基づいて実施したものであります。審査の結果は、これは別冊の9でございますけれども、9の1ページにありますように、審査に付された決算書及び関係書類はいずれも関係法令の規定に準拠して作成されており、それぞれ計数は正確で、その事務処理も適正であり、当年度の企業経営についても地方公営企業法第3条の規定に基づいて運営がなされていることが認められました。

  まず、2ページの事業概要の中の業務実績でありますが、給水人口6万406人、普及率90.9%、年間総配水量は640万5,945立方メートルで、有収率、すなわち総配水量に対します有収水量は86.8%であり、前年度の有収率実績を0.8ポイント下回っております。

  次に、2ページにありますように、昭和59年度から実施の第3次水道拡張事業につきましては、ちょっと飛びますが、8ページの最後の結びに書いてありますが、当年度は第4回変更計画2年目に当たり、施設の拡充と改良事業に取り組み、2億8,554万円の執行でございます。

  2ページに戻りますが、予算の執行状況につきましては、収益的収入の決算額は13億2,537万9,000円、コストに当たります収益的支出の決算額は12億8,404万1,000円となっており、以上の収入支出の差し引きは4,133万8,000円であり、2,910万5,000円が当年度の純利益となっております。ただし、収益的収入の中に一般会計からの負担金が前年度に引き続き2億1,731万1,000円が計上されて、この負担金で当年度の純利益が計上できております。公営企業にありましては独立採算が原則でありますので、一般会計からの負担金はできるだけ回避すべきであると考えますが、しかし公共福祉の観点から水道料金の大幅な値上げはまず難しく、また簡単に水道需要の増加が図れない現状におきましては、根本的なここで収益改善の対策を急ぎ検討すべきではないかと、かように考えます。

  また、3ページの資本的収入の決算額は2億8,199万4,000円で、収入の主なものは工事負担金が1億6,789万3,000円ほかで、予算額に対して74%の執行率でございます。一方、資本的支出の決算額は8億7,744万8,000円で、支出の主なものは建設改良費と企業債償還金で、予算額に対し89.3%の執行率となっております。

  なお、資本的収入が資本的支出に対しまして大きく5億9,545万4,000円の収入不足となっております。この原因は、ここにもいろいろ書いてはおきましたが、事業収入が伸びていない中で借入金依存による建設投資を進めてまいりますと設備の償却負担で利益計上が非常に厳しくなります。さらには、企業債償還金の負担金で結果的には資本の収入、支出のバランスが崩れていくのは、これは当然のことであると考えます。

  次に、財政状況につきましては、資産については6ページ、負債、資本及び企業債については7ページをごらんいただき、ここでは説明は省略させていただきます。

  最後に、8ページにありますように、当水道事業は、事業開始以来42年の長い過程の中で普及率90.9%、有収率86.8%の実績を上げて、給水人口及び給水戸数もわずかではありますが、年々改善されておりますが、将来の水需要の増加に対処して昭和59年から実施されている建設投資にかかわる減価償却費及び企業債利息負担金が12ページの別紙3にありますように当年度の給水収益が、これは給水収益9億5,042万7,000円、これに対して75.6%を減価償却費、それから企業債利息負担金で占めている現状におきましては、さきに述べましたように水道事業経営は厳しい私は岐路に立たされているのではないかと心配しております。

  なお、決算審査を通しての所感を一言申し上げておきますと、地方公営企業法では企業債、すなわち長期借入金の取り扱いがこれは借り入れ資本金としまして資本金の分に計上されておりますが、これは私たち民間事業経営にありましては間違いなく長期借入金として固定負債に処理すべき性格のものであり、このことからしましても公営企業の水道事業経営の難しさを改めて痛感しているところでございます。率直に言いますと、国の法律で資本金として認められている以上は、私は借入金としての返済を急ぐ必要はないのではないかと思います。そのかわり経営の立て直しが私は先ではないかと、そういうふうに感じております。

  以上、地方自治の本旨を十分に踏まえ、最少の経費で最大の効果を上げるよう、一層の緊張感と使命感を持って創意工夫に満ち、職務に精励されるよう望みまして、決算審査の報告といたします。失礼いたしました。



○議長(蕎麦田公一君) 以上で説明並びに報告は終了いたしました。

  以上、21件に対する質疑は9月11日及び12日に行うことといたします。





△次回日程の報告





○議長(蕎麦田公一君) 以上で本日の日程は全部終了いたしました。

  次回の会議は、9月11日午前10時からといたします。





△散会の宣告





○議長(蕎麦田公一君) 本日はこれにて散会いたします。

   午前11時34分 散会