議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 日光市

平成28年 第5回定例会(12月) 12月19日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号




平成28年 第5回定例会(12月) − 12月19日−委員長報告、質疑、討論、採決−06号









平成28年 第5回定例会(12月)





            平成28年第5回日光市議会定例会

議 事 日 程 (第6号)

                           平成28年12月19日(月)午前10時開議

日程第1 議案第96号、議案第102号、議案第109号、議案第111号及び議案第120号について
日程第2 議案第97号、議案第98号、議案第108号、議案第110号、議案第115号から議案第
     118号まで及び議案第126号について                        
日程第3 議案第103号から議案第105号まで、議案第107号、議案第112号から議案第114号
     まで及び議案第125号について                            
日程第4 議案第106号及び議案第119号について                       
日程第5 議案第124号について                                
日程第6 陳情第2号について                                  
                      [追 加]                     
日程第7 議員議案第5号について                                

出席議員(28名)
     1番   野  沢  一  敏         2番   大  門  陽  利
     3番   阿  部  和  子         4番   齊  藤  正  三
     5番   小 久 保  光  雄         6番   齋  藤  文  明
     7番   粉  川  昭  一         8番   荒  川  礼  子
     9番   青  田  兆  史        10番   瀬  高  哲  雄
    11番   福  田  悦  子        12番   加  藤     優
    13番   手  塚  雅  己        14番   山  越  梯  一
    15番   斎  藤  伸  幸        16番   福  田  道  夫
    17番   斎  藤  敏  夫        18番   生  井  一  郎
    19番   加  藤  雄  次        20番   佐  藤  和  之
    21番   田  村  耕  作        22番   山  越  一  治
    23番   川  村  寿  利        24番   筒  井     巌
    25番   和  田  公  伸        26番   斎  藤  信  夫
    27番   鷹  觜  孝  委        28番   三  好  國  章

欠席議員(なし)
                                              
地方自治法第121条の規定による出席要求によって出席した者の職氏名
  市   長   斎  藤  文  夫      副 市 長   湯  澤  光  明

  教 育 長   前  田     博      総 合 政策   宮  本  悦  雄
                          部   長

  地 域 振興   上  中  哲  也      行 政 経営   阿 久 津     正
  部   長                   部   長

  市 民 生活   大  橋  富  昭      健 康 福祉   安  西  義  治
  部   長                   部   長

  観 光 部長   長  南  哲  生      産 業 環境   青  木  一  明
                          部   長

  建 設 部長   阿  部     勤      上 下 水道   福  田  浩  二
                          部   長

  会計管理者   菊  地  美  榮      教 育 次長   川  田  盛  雄
  消 防 長   富 久 田  民  一      総 務 課長   近  藤     好
                                              
本会議に出席した事務局職員
  事 務 局長   関  根  情  司      議 事 課長   高  橋  敏  明

  議 事 課長   和  気  一  夫      議 事 課   齋  藤  千  恵
  補   佐                   副 主 幹

  議 事 課   茂  木  一  哉
  副 主 幹



                                              



△開議の宣告



○田村耕作議長 ただいまの出席議員27名であります。

  これより本日の会議を開きます。

                                      (午前10時00分)

                                              



△議事日程の報告



○田村耕作議長 本日の議事日程について、事務局長に朗読させます。



◎関根情司事務局長 議事日程第6号を申し上げます。

  日程第1 議案第96号、議案第102号、議案第109号、議案第111号及び議案第120号につ

       いて                                       

  日程第2 議案第97号、議案第98号、議案第108号、議案第110号、議案第115号から議案

       第118号まで及び議案第126号について                     

  日程第3 議案第103号から議案第105号まで、議案第107号、議案第112号から議案第114

       号まで及び議案第125号について                         

  日程第4 議案第106号及び議案第119号について                     

  日程第5 議案第124号について                              

  日程第6 陳情第2号について                                

  以上であります。

                                              



△議案第96号、議案第102号、議案第109号、議案第111号及び議案第120号の委員会審査結果報告、質疑、討論、採決



○田村耕作議長 日程第1、議案第96号、議案第102号、議案第109号、議案第111号及び議案第120号についてを一括議題とし、総務常任委員会の審査結果について報告を求めます。

  総務常任委員長。

                 〔斎藤伸幸総務常任委員長登壇〕



◎斎藤伸幸総務常任委員長 おはようございます。総務常任委員会の審査結果についてご報告申し上げます。

  本委員会に付託された事件は、議案第96号「日光市民活動支援センター条例の制定について」、議案第102号「日光市特別会計条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第109号「日光市合併振興基金条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第111号「日光市民活動支援センターの指定管理者の指定について」及び議案第120号「字の廃止及び字の区域の変更について[大室地区]」についての5件であります。

  審査は去る12月7日、市長、副市長、教育長及び関係部課長等の出席のもと行いました。

  初めに、議案第96号について、地域振興部長から説明を受け、質疑を行いました。その主なものについて申し上げます。「市民活動支援センターの使用時間が午前(  部分、発言訂正あり。―P.176参照)11時までとなっているが、利用時間の意識調査は行ったのか」との質疑に対し、「県内にある同じような施設の終了時間は主に午前(  部分、発言訂正あり。発言中最下段参照)9時だが、日光市では使用時間を長くすることが市民活動につながるということから、以前の施設と同じ午後11時としている。登録市民団体にもアンケート調査を行ったところ、約7割が今までどおりがよいとの回答であった」との答弁がありました。また、「人員配置に係るコストは」との質疑に対し、「以前は正職員が1名、臨時職員が3名、指定管理人件費算定上では772万9,000円を見込んでいた。今回は、平成27年度に策定した協働のまちづくり推進行動計画に位置づけている市民活動支援センター機能充実のため、正職員を2名配置するとともに、午前(  部分、発言訂正あり。発言中最下段参照)11時までの体制を整えることから臨時職員5名の体制を考えており、人件費は1,249万円と見込んでいる」との答弁がありました。

  討論の後、採決を行った結果は全会一致で原案可決であります。

  次に、議案第102号については総務常任委員会及び市民福祉常任委員会との連合審査会を行いました。行政経営部長から説明を受け、質疑、討論の後、採決を行った結果は全会一致で原案可決であります。

  次に、議案第109号について行政経営部長から説明を受け、質疑、討論の後、採決を行った結果は全会一致で原案可決であります。

  次に、議案第111号について地域振興部長から説明を受け、質疑、討論の後、採決を行った結果は全会一致で原案可決であります。

  最後に、議案第120号について行政経営部長から説明を受け、質疑、討論の後、採決を行った結果は全会一致で原案可決であります。

  以上で総務常任委員会の審査結果についての報告を終わります。

  大変失礼いたしました。先ほどの議案第96号の報告の中で「午前」という発言をしてしまいました。「午後」に訂正をお願いいたします。

                                   〔4番 齊藤正三議員着席〕



○田村耕作議長 委員長の報告が終わりました。

  これより委員長報告に対する一括質疑を行います。

  質疑はありませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○田村耕作議長 質疑なしと認め、一括討論を行います。

  本案については、討論の通告がありますので、議案第96号について発言を許可いたします。

  3番、阿部和子議員。

                 〔3番 阿部和子議員登壇〕



◆3番(阿部和子議員) 3番、市民フォーラム志向の阿部和子です。私は、議案第96号「日光市民活動支援センター条例の制定について」反対の立場から討論に参加します。

  条例の第6条、(1)、使用時間午前9時から午後11時まで、(2)、休所日12月29日から翌年1月3日までとなっていますが、そこまでセンター運営を市民団体が望んでいるか疑問です。先ほどの報告にありましたが、市民団体の方々が現行どおり今までの方が7割という報告がありましたが、それはこの中に変更の点について説明がなかったからだと思われます。今まで市民活動支援センターが23時まで管理室を開放できたのは、利用する市民団体が鍵を預かり自主管理していたことで、スタッフの夜間人件費がかからず運営できたということが大きな要因になっております。しかし、(仮称)文化創造館に移転することになり、鍵の自主管理方式は市の意向でなくなりました。そのため、23時までスタッフを配置することになりました。そのため、運営費が606万円アップになっています。7月に利用団体に意向調査として、さきのような形でとられましたが、やはり変更の設問が、1、このままでいい、2、変更してほしい、そのようなアバウトな回答では、やはりこのまま7割がいいという形になったと思います。このような人件費アップということの説明もなされていませんでした。そうしますと、受託団体に対しましても大変負担がかかる運営となります。そういった説明があったならば、この回答も違ったものになったかと思われます。そして、休所日ですが、アンケートの中にも休所日をふやしたほうがいいとの回答もありました。しかし、確かに夜間使用に関して不安だとの少数意見もありました。しかし、今まで鍵を管理してもらって、事故等もありません。

  市民活動支援センターは市民が提案し、2001年7月にできた箕面市の市民活動支援センター設立準備をモデルとして設立されたものです。建物の設計は市民が使うのだから自分たちでと言われ、今の現行の建物のレイアウトは市民団体が考えました。鍵の自主管理も今受託されているおおきな木さんからの提案があり、利用団体の協力のもと実現し、コストダウンに成功しております。このように市民が主役で運営されてきたのがセンターですが、今は違うのではないでしょうか。そもそも文化創造館になるに当たり、利用者の団体に意見を聞かれたのでしょうか。おおきな木さんからは経緯の説明をしてほしいと要望を出されながら実施されず、私のほうから要望させていただき、説明会が実施されました。しかしながら、説明会では主役は市です。そこがもう違うのではないかと思っております。市民団体の意見が反映できていません。センターの主役は市民団体です。今回のコストアップがなされた上でどう自分たちが工夫できるのか、そういった意見が言える場がなく、条例自体知らされていないのではないでしょうか。これでは市民が主役のまちづくりとは言えると思いません。そして、さきに述べた箕面市の中で自主的運営の原則というものがありますので、ご紹介します。センター運営者とセンター利用者がサービスを提供する側、利用する側という対向的関係ではなく、ともに広く、市民活動を進める同志としての共同的関係とするため、利用者の代表などがセンター経営団体の運営委員会に参加できるようにするとともに、利用者とセンター運営者が意見交換できる運営協議会などの場も定期的に開き、センター事業、自治的、創造的に推進できるよう体制を整備する。センター設立のときにこのような提案も既になされております。このような形でもう一度主役の市民団体の方々と協議の上制定されるべきと思い、私は今回反対討論をさせていただきました。どうぞ議員各位の皆様、お考えいただいて、賛同いただければと思います。

  以上です。



○田村耕作議長 討論を終結し、これより採決いたします。

  議案第96号「日光市民活動支援センター条例の制定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立多数〕



○田村耕作議長 起立多数であります。

  よって、議案第96号は原案のとおり可決されました。

  議案第102号「日光市特別会計条例の一部を改正する条例の制定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第102号は原案のとおり可決されました。

  議案第109号「日光市合併振興基金条例の一部を改正する条例の制定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長の報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第109号は原案のとおり可決されました。

  議案第111号「日光市民活動支援センターの指定管理者の指定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第111号は原案のとおり可決されました。

  議案第120号「字の廃止及び字の区域の変更について[大室地区]」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第120号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第97号、議案第98号、議案第108号、議案第110号、議案第115号から議案第118号まで及び議案第126号の委員会審査結果報告、質疑、討論、採決



○田村耕作議長 日程第2、議案第97号、議案第98号、議案第108号、議案第110号、議案第115号から議案第118号まで及び議案第126号についてを一括議題とし、産業観光常任委員会の審査結果について報告を求めます。

  産業観光常任委員長。

                 〔川村寿利産業観光常任委員長登壇〕



◎川村寿利産業観光常任委員長 産業観光常任委員会の審査結果についてご報告申し上げます。

  本委員会に付託された事件は、議案第97号「日光市中小企業・小規模企業振興基本条例の制定について」、議案第98号「日光市繁殖牛集中管理センター条例の制定について」、議案第108号「日光市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第110号「日光市公設地方卸売市場条例を廃止する条例の制定について」、議案第115号「日光市営浴場「川治温泉薬師の湯」の指定管理者の指定について」、議案第116号「日光市交流促進センターの指定管理者の指定について」、議案第117号「日光市小倉山森林公園の指定管理者の指定について」、議案第118号「日光市繁殖牛集中管理センターの指定管理者の指定について」及び議案第126号「平成28年度(2016年度)日光市温泉事業特別会計補正予算(第1号)について」の9件です。

  去る12月8日に市長、副市長、教育長及び関係部課長等の出席のもと審査を行いました。

  議案第97号については、産業環境部長から説明を受け、質疑を行いました。その主なものについて申し上げます。「この条例は理念条例として制定されると思うが、中小企業・小規模企業の振興に向けた具体的な施策の取り組みについて及び平成28年7月に策定された日光市商工業振興計画との関係は」との質疑に対し、「各種金融機関の融資制度や空き店舗の利活用の助成制度など、金融機関や企業と連携しながらこの理念に基づいて市の施策に取り組んでいく。日光市商工業振興計画は日光市総合計画に基づき策定されたものであり、その中の各重点事業についてもこの条例のもとで展開していくことになる」との答弁がありました。

  討論の後、採決を行った結果は全会一致で原案可決であります。

  次に、議案第98号については産業環境部長から説明を受け、質疑、討論の後、採決を行った結果は全会一致で原案可決であります。

  次に、議案第108号については産業環境部長から説明を受け、質疑を行いました。その主なものについてを申し上げます。「11月25日に開催した議会報告会では、指定袋の大きさは45リットルまでであるが、もっと大きな袋ができないかという意見が出された。条例の施行後、再度見直す予定はあるのか」との質疑に対し、「毎年ごみの減量効果、排出状況などを検証していく予定であり、状況によってはごみ袋の大きさ等について検討が必要になるかもしれない。制度開始前の市民への説明会の中でも十分に説明したい」との答弁がありました。

  討論の後、採決を行った結果は全会一致で原案可決であります。

  次に、議案第110号については産業環境部長から説明を受け、質疑、討論の後、採決を行った結果は全会一致で原案可決であります。

  次に、議案第115号については観光部長から説明を受け、質疑、討論の後、採決を行った結果は全会一致で原案可決であります。

  次に、議案第116号については観光部長から説明を受け、質疑、討論の後、採決を行った結果は賛成多数で原案可決であります。

  次に、議案第117号及び議案第118号についてはそれぞれ産業環境部長から説明を受け、質疑、討論の後、採決を行った結果はいずれも全会一致で原案可決であります。

  最後に、議案第126号については栗山観光課長から説明を受け、質疑、討論の後、採決を行った結果は全会一致で原案可決であります。

  以上で産業観光常任委員会の審査結果についてのご報告を終わります。



○田村耕作議長 委員長の報告が終わりました。

  これより委員長報告に対する一括質疑を行います。

  質疑はありませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○田村耕作議長 質疑なしと認め、一括討論を行います。

  本案については、討論の通告がありますので、議案第108号について発言を許可いたします。

  16番、福田道夫議員。

                 〔16番 福田道夫議員登壇〕



◆16番(福田道夫議員) 16番、日本共産党の福田道夫です。日本共産党市議団を代表し、議案第108号「日光市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例の制定について」反対の立場から討論に参加します。

  家庭ごみ等有料化基本方針は、平成30年、2018年4月からごみ袋の有料化を導入する方針ですが、なぜ平成28年12月定例会でこのごみ袋の料金を決める必要があるのでしょうか。この間、議会報告会が開かれました。産業観光班では、家庭ごみ有料化方針について参加された市民から多くの意見、要望があったと聞いています。現時点で市民から寄せられる意見を生かして、家庭ごみ有料化の内容を検討することが求められると思います。しかし、本議案の条例制定は、これからの約1年間は決まったことなので、この方針で進めますということになり、市民の声が届きません。産業観光常任委員会に付託された本議案の討議の中の疑問点は解決されていません。基本方針では、ごみ袋の手数料の設定に当たっては大幅な負担となる価格を設定した場合、適正な排出を阻害し、不法投棄の増加につながると思われます。有料化の手数料の水準としてはごみ経費の一定割合の負担を求めることを基本としつつ、ごみ減量化への道義づけが失われない程度の単価設定並びに市民負担、近隣市町における料金水準を考慮して、ごみ袋の容量表示1リットル当たり1円の購入価格としますと決めましたが、ごみ減量化への動機づけが失われない程度の単価設定とは近隣市町と同じくらいなのですか。合併前はごみ指定袋制度は足尾町、藤原町、栗山村で実施していました。45リットルのごみ袋1枚足尾が15円、藤原、栗山が10円でした。今回の改正は、今までの価格より4倍の設定になります。10年で4倍のごみ袋の料金は高いという声が寄せられるのは当然です。足利市は、平成20年、2008年に45リットル1枚60円で導入しましたが、2年後に1枚15円に値下げしています。当市の家庭ごみ有料化方針は市民参加と検討プロセスの透明性の確保が重要としていますが、方針はどうなったのですか。日本共産党市議団は、9月の議会の一般質問でも主張したように、市民参加で家庭ごみの減量化をさらに図ることに引き続き努力すべきであり、市民負担が増す家庭ごみの有料化に反対の立場を改めて表明し、反対討論といたします。



○田村耕作議長 討論を終結し、これより採決いたします。

  議案第97号「日光市中小企業・小規模企業振興基本条例の制定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第97号は原案のとおり可決されました。

  議案第98号「日光市繁殖牛集中管理センター条例の制定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第98号は原案のとおり可決されました。

  議案第108号「日光市廃棄物の処理及び清掃に関する条例の一部を改正する条例の制定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立多数〕



○田村耕作議長 起立多数であります。

  よって、議案第108号は原案のとおり可決されました。

  議案第110号「日光市公設地方卸売市場条例を廃止する条例の制定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第110号は原案のとおり可決されました。

  議案第115号「日光市営浴場「川治温泉薬師の湯」の指定管理者の指定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第115号は原案のとおり可決されました。

  議案第116号「日光市交流促進センターの指定管理者の指定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第116号は原案のとおり可決されました。

  議案第117号「日光市小倉山森林公園の指定管理者の指定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第117号は原案のとおり可決されました。

  議案第118号「日光市繁殖牛集中管理センターの指定管理者の指定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第118号は原案のとおり可決されました。

  議案第126号「平成28年度(2016年度)日光市温泉事業特別会計補正予算(第1号)について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第126号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第103号から議案第105号まで、議案第107号、議案第112号から議案第114号まで及び議案第125号の委員会審査結果報告、質疑、討論、採決



○田村耕作議長 日程第3、議案第103号から議案第105号まで、議案第107号、議案第112号から議案第114号まで及び議案第125号についてを一括議題とし、市民福祉常任委員会の審査結果について報告を求めます。

  市民福祉常任委員長。

                 〔瀬高哲雄市民福祉常任委員長登壇〕



◎瀬高哲雄市民福祉常任委員長 市民福祉常任委員会の審査結果についてご報告を申し上げます。

  本委員会に付託された事件は、議案第103号「日光市税条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第104号「日光市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第105号「日光市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第107号「日光市小来川診療所条例の一部を改正する条例の制定について」、議案第112号「日光市立奥日光診療所の指定管理者の指定について」、議案第113号「日光市立小来川診療所の指定管理者の指定について」、議案第114号「日光市立三依診療所の指定管理者の指定について」及び議案第125号「平成28年度(2016年度)日光市診療所事業特別会計補正予算(第2号)について」の8件です。

  去る12月7日に、市長、副市長、教育長及び関係部課長等の出席のもと審査を行いました。

  初めに、議案第103号につきましては市民生活部長から説明を受け、質疑、討論の後、採決を行った結果は全会一致で原案可決であります。

  次に、議案第104号につきましては市民生活部長から説明を受け、質疑を行いました。その主なものについて申し上げます。「今回の条例改正による国民健康保険税の変化は」との質疑があり、「調査の結果、日光市においては条例改正に係る該当者はいない。主に空港や港湾において運輸や貿易関係で事務所や倉庫を置いている企業に勤めている台湾籍の方がこれに該当するのではないかということを国から聞いている。今後台湾籍の方が観光業等で日光市に来て滞在することになれば、この条例に該当してくる」との答弁がありました。

  討論の後、採決を行った結果は全会一致で原案可決であります。

  次に、議案第105号につきましては市民生活部長から説明を受け、質疑、討論の後、採決を行った結果は全会一致で原案可決であります。

  次に、議案第107号、議案第112号から議案第114号、議案第125号につきましては、それぞれ健康福祉部長から説明を受け、質疑、討論の後、採決を行った結果はいずれも全会一致で原案可決であります。

  以上で市民福祉常任委員会の審査結果についてご報告を終わります。



○田村耕作議長 委員長の報告が終わりました。

  これより委員長報告に対する一括質疑を行います。

  質疑はありませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○田村耕作議長 質疑なしと認め、一括討論を行います。

  本案については、討論の通告がありませんので、これより採決いたします。

  議案第103号「日光市税条例の一部を改正する条例の制定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第103号は原案のとおり可決されました。

  議案第104号「日光市国民健康保険税条例の一部を改正する条例の制定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第104号は原案のとおり可決されました。

  議案第105号「日光市都市計画税条例の一部を改正する条例の制定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第105号は原案のとおり可決されました。

  議案第107号「日光市立小来川診療所条例の一部を改正する条例の制定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第107号は原案のとおり可決されました。

  議案第112号「日光市立奥日光診療所の指定管理者の指定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第112号は原案のとおり可決されました。

  議案第113号「日光市立小来川診療所の指定管理者の指定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第113号は原案のとおり可決されました。

  議案第114号「日光市立三依診療所の指定管理者の指定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第114号は原案のとおり可決されました。

  議案第125号「平成28年度(2016年度)日光市診療所事業特別会計補正予算(第2号)について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第125号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第106号及び議案第119号の委員会審査結果報告、質疑、討論、採決



○田村耕作議長 日程第4、議案第106号及び議案第119号についてを一括議題とし、教育建設水道常任委員会の審査結果について報告を求めます。

  教育建設水道常任委員長。

                 〔和田公伸教育建設水道常任委員長登壇〕



◎和田公伸教育建設水道常任委員長 教育建設水道常任委員会の審査結果についてご報告申し上げます。

  本委員会に付託された事件は、議案第106号「日光市歴史民俗資料館条例の一部を改正する条例の制定について」及び議案第119号「公の施設の区域外設置に関する協議について」の2件です。

  去る12月8日に、市長、副市長、教育長及び関係部課長等の出席のもと審査を行いました。

  初めに、議案第106号については教育次長から説明を受け、質疑を行いました。その主なものとして、「二宮尊徳記念館について、以前の施設の名称は報徳今市振興会館であったが、新しい施設にこの名前をつけた理由は」との質疑に対し、「市民委員会を設けて館の名前や運営などについて協議を重ねた。以前の名前を残すべきとの意見もあったが、話し合う中で、新しい施設なので新しい名前をつけるべきとなった」との答弁がありました。

  討論の後、採決を行った結果は全会一致で原案可決であります。

  次に、議案第119号については上下水道部長から説明を受け、質疑を行いました。その主なものとして、「具体的な費用負担の想定や事業費の見込みは。また、設置後に全戸加入するのか」との質疑に対し、「塩谷町佐貫地区に給水した事例の負担率が2分の1であり、今回もそれを参考に協議したい。事業費は1億2,000万円と試算している。また、現段階で全戸加入の内諾を得ている」との答弁がありました。

  さらに、「板荷の一部に給水とのことで、同じ板荷で水道未整備の地域から要望があれば、日光市として引き続き検討するか」との質疑に対し、「既に布設済みの導水管を利用して給水できる区域が今回の板荷の一部の地域になる。ご指摘の場所は、導水管そのものを布設しなければならず、市としてはその地域において区域を延ばす予定はない」との答弁がありました。

  討論の後、採決を行った結果は全会一致で原案可決であります。

  以上で教育建設水道常任委員会の審査結果についてのご報告を終わります。



○田村耕作議長 委員長の報告が終わりました。

  これより委員長報告に対する一括質疑を行います。

  質疑はありませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○田村耕作議長 質疑なしと認め、一括討論を行います。

  本案については、討論の通告がありませんので、これより採決をいたします。

  議案第106号「日光市歴史民俗資料館条例の一部を改正する条例の制定について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第106号は原案のとおり可決されました。

  議案第119号「公の施設の区域外設置に関する協議について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立全員〕



○田村耕作議長 起立全員であります。

  よって、議案第119号は原案のとおり可決されました。

                                              



△議案第124号の委員会審査結果報告、質疑、討論、採決



○田村耕作議長 日程第5、議案第124号についてを議題とし、予算審査特別委員会の審査結果について報告を求めます。

  予算審査特別委員長。

                 〔佐藤和之予算審査特別委員長登壇〕



◎佐藤和之予算審査特別委員長 予算審査特別委員会の審査結果についてご報告申し上げます。

  本委員会に付託された事件は、議案第124号「平成28年度(2016年度)日光市一般会計補正予算(第3号)について」の1件であります。

  審査は、去る12月7日、市長、副市長、教育長及び関係部課長等の出席のもと行いました。

  審査の方法は、まず歳入について説明、質疑を行い、その後歳出について説明、質疑とし、歳入、歳出それぞれ財政課長から説明を受けました。

  質疑の主なものについて申し上げます。歳出2款1項12目地域まちづくり事業について、「今回9地域・地区の検討会から提案された16事業の補正予算が計上された。初めての事業だが、そのプロセスも含め見解を」との質疑に対し、「各検討会の考え方を極力尊重しながら庁内での検討を経て16事業の補正予算を計上した。今後は、評価検証委員会を立ち上げ、地域・地区間の情報交換、課題の評価、検証等を行いながら制度の充実を図っていきたい」との答弁がありました。

  また、4款1項3目こども医療対策費について、「利用実態はどうか。歳出の抑制と子育て支援との兼ね合いについての考え方は」との質疑に対し、「対象となる子供の数は微減だが、こども医療費は若干ふえている。抑制するような指導を行うことは考えていない。もう少しこのまま推移を見守りたい」との答弁がありました。

  さらに、10款2項3目及び4目小学校校舎維持管理費及び中学校校舎維持管理費について、「国庫補助の採択によりトイレ改修工事を前倒しで実施するとのことだが、どのように事業を進めるのか」との質疑に対し、「平成26年度から計画的にトイレ改修工事を実施している。平成29年度の前倒しとして小学校5校、中学校1校について平成28年度に設計、平成29年度に工事を実施する」との答弁がありました。

  このほかにも活発な質疑が展開をされ、討論の後、採決を行った結果、賛成多数で原案可決であります。

  以上で審査結果について報告を終わります。



○田村耕作議長 委員長の報告が終わりました。

  これより委員長報告に対する質疑を行います。

  質疑はありませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○田村耕作議長 質疑なしと認め、討論を行います。

  本案については、討論の通告がありませんので、これより採決をいたします。

  議案第124号「平成28年度(2016年度)日光市一般会計補正予算(第3号)について」の委員長報告は原案可決であります。委員長報告のとおり決することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立多数〕



○田村耕作議長 起立多数であります。

  よって、議案第124号は原案のとおり可決されました。

                                              



△陳情第2号の委員会審査結果報告、質疑、討論、採決



○田村耕作議長 日程第6、陳情第2号についてを議題とし、産業観光常任委員会の審査結果について報告を求めます。

  産業観光常任委員長。

                 〔川村寿利産業観光常任委員長登壇〕



◎川村寿利産業観光常任委員長 産業観光常任委員会に付託されました陳情第2号「「森林・林業基本計画」の推進を求める陳情」の審査結果についてご報告申し上げます。

  本陳情は、去る12月8日に審査を行いました。審査においては、「山に木を植えることによる治山が大切である。しかし、間伐の整備が進んでいない。まず、人工林の間伐から始め、山を守るべきであり、願意妥当」との意見や、「日光市においては、木質バイオマスエネルギーについて放射能汚染が懸念されているが、森林・林業基本計画の推進ということで、全体的な問題ととらえられる」との意見、「日光市は、森林資源が豊富にあり、2020年の東京オリンピック・パラリンピックの関連施設への地域材の利用促進や、山村地域における雇用の拡大ということも重要であり、願意妥当」との意見がありました。

  本陳情の採択について採決を行った結果、全会一致で採決すべきもの(  部分、発言訂正あり。発言中最下段参照)と決定いたしました。

  以上で産業観光常任委員会の陳情第2号に係る審査結果についてのご報告を終わります。

  済みません。先ほど本陳情の採択の結果につきまして「全会一致で採決すべきもの」と言ってしまいました。これは、「採択すべきもの」ということで訂正願います。失礼しました。



○田村耕作議長 委員長の報告が終わりました。

  これより委員長報告に対する質疑を行います。

  質疑はありませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○田村耕作議長 質疑なしと認め、討論を行います。

  本案については、討論の通告がありませんので、これより採決をいたします。

  陳情第2号「「森林・林業基本計画」の推進を求める陳情」の委員長報告は採択であります。委員長報告のとおり本陳情を採択することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立多数〕



○田村耕作議長 起立多数であります。

  よって、陳情第2号は採択とすることに決まりました。

  ここで暫時休憩をいたします。

                                      (午前10時46分)

                                              



○田村耕作議長 休憩前に引き続き会議を開きます。

                                      (午前11時00分)

                                              



△日程の追加



○田村耕作議長 お諮りいたします。

  ただいまお手元に配付いたしましたとおり議員議案第5号が提出されました。

  この際、これを本日の日程に追加し、審議したいと思います。これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○田村耕作議長 ご異議なしと認めます。

  よって、お手元に配付いたしましたとおり議員議案第5号を日程第7とし、日程に追加し、審議することに決まりました。

                                              



△議員議案第5号の上程、説明、質疑、討論、採決



○田村耕作議長 日程第7、議員議案第5号についてを議題とし、事務局長に朗読させます。

  なお、意見書の朗読は省略いたします。

                 〔事務局長朗読〕



○田村耕作議長 上程議案について提出者の説明を求めます。

  23番、川村寿利議員。

                 〔23番 川村寿利議員登壇〕



◎23番(川村寿利議員) 議員議案第5号の提案理由について申し上げます。

  森林は、食料や水、木材・エネルギー等の供給や二酸化炭素の吸収など、国民の安全・安心・国土・環境を守る重要な国民共通の財産であります。我が国の森林・林業施策の基本方針を定める森林・林業基本計画は、おおむね5年ごとに変更することとされており、平成28年5月24日に新たな森林・林業基本計画が閣議決定されました。今回の基本計画では、本格的な利用期を迎えた森林資源を生かし、需要・供給の両面において林業・木材産業の成長産業化を図ることとしており、これまでに講じられてきた路網整備、施業集約化、国産材の安定供給体制の構築等の一層の推進はもとより、主伐後の確実な再造林、国産材需要拡大等の施策の確立が重要と考えられます。このような背景を踏まえ、国における森林資源の循環利用の確立を初めとする森林・林業施策の推進、平成29年度予算概算要求で計上された予算額の確保等について、具体的進展が図られるよう意見書を提出いたします。

  議員各位のご賛同をいただきますようよろしくお願い申し上げ、提案理由の説明といたします。



○田村耕作議長 提出者の説明が終わりました。

  議員議案第5号については、質疑、討論の後採決したいと思いますが、これにご異議ありませんか。

                 〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕



○田村耕作議長 ご異議なしと認め、これより質疑を行います。

  質疑はありませんか。

                 〔「なし」と呼ぶ者あり〕



○田村耕作議長 質疑なしと認め、討論を行います。

                 〔「原案賛成」と呼ぶ者あり〕



○田村耕作議長 討論を終結し、これより採決いたします。

  議員議案第5号「「森林・林業基本計画」の推進を求める意見書の提出について」は原案のとおり提出することに賛成の議員の起立を求めます。

                 〔起立多数〕



○田村耕作議長 起立多数であります。

  よって、議員議案第5号は原案のとおり提出することに決まりました。

                                              



△閉会の宣告



○田村耕作議長 以上で今定例会に付議された事件は全て議了いたしました。

  これをもちまして平成28年第5回日光市議会定例会を閉会いたします。

                                      (午前11時05分)