議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 鹿沼市

平成21年第2回定例会(第1日 3月 3日)




平成21年第2回定例会(第1日 3月 3日)




     平成21年第2回鹿沼市議会定例会会議録(第1日)





開  会  平成21年3月3日(火)午前10時






 日程第 1 会期の決定


 日程第 2 会議録署名議員の指名


 日程第 3 報告第1号から報告第10号まで、及び議案第7号から議案第57号まで


       について(提案理由の説明)


 日程第 4 議案第33号から議案第35号まで及び議案第39号について


       (質疑、採決)


 日程第 5 議案第56号について(採決)


 日程第 6 議案第57号について(採決)





会議事件


 報告第 1号 専決処分事項の報告について(損害賠償の額の決定及び和解)


 報告第 2号 専決処分事項の報告について(損害賠償の額の決定及び和解)


 報告第 3号 専決処分事項の報告について(工事請負契約の変更)


 報告第 4号 専決処分事項の報告について(損害賠償の額の決定及び和解)


 報告第 5号 平成20事業年度財団法人鹿沼市農業公社事業及び決算の報告について


 報告第 6号 平成21事業年度財団法人鹿沼市農業公社事業計画及び予算の報告につ


        いて


 報告第 7号 平成20事業年度財団法人鹿沼市花木センター公社事業及び決算の報告


        について


 報告第 8号 平成21事業年度財団法人鹿沼市花木センター公社事業計画及び予算の


        報告について


 報告第 9号 平成20事業年度有限会社農業生産法人かぬま事業及び決算の報告につ


        いて


 報告第10号 平成21事業年度有限会社農業生産法人かぬま事業計画及び予算の報告


        について


 議案第 7号 平成21年度鹿沼市一般会計予算について


 議案第 8号 平成21年度鹿沼市国民健康保険特別会計予算について


 議案第 9号 平成21年度鹿沼市公共下水道事業費特別会計予算について


 議案第10号 平成21年度鹿沼市簡易水道事業費特別会計予算について


 議案第11号 平成21年度鹿沼市公設地方卸売市場事業費特別会計予算について


 議案第12号 平成21年度鹿沼市見笹霊園事業費特別会計予算について


 議案第13号 平成21年度鹿沼市老人保健特別会計予算について


 議案第14号 平成21年度鹿沼市農業集落排水事業費特別会計予算について


 議案第15号 平成21年度鹿沼市介護保険特別会計(保険勘定)予算について


 議案第16号 平成21年度鹿沼市介護保険特別会計(サービス勘定)予算について


 議案第17号 平成21年度鹿沼市後期高齢者医療特別会計予算について


 議案第18号 平成21年度鹿沼市財産区管理会特別会計予算について


 議案第19号 平成21年度鹿沼市水道事業会計予算について


 議案第20号 平成20年度鹿沼市一般会計補正予算(第3号)について


 議案第21号 平成20年度鹿沼市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について


 議案第22号 平成20年度鹿沼市公共下水道事業費特別会計補正予算(第3号)につ


        いて


 議案第23号 平成20年度鹿沼市簡易水道事業費特別会計補正予算(第3号)につい


        て


 議案第24号 平成20年度鹿沼市見笹霊園事業費特別会計補正予算(第2号)につい


        て


 議案第25号 平成20年度鹿沼市老人保健特別会計補正予算(第3号)について


 議案第26号 平成20年度鹿沼市農業集落排水事業費特別会計補正予算(第3号)に


        ついて


 議案第27号 平成20年度鹿沼市介護保険特別会計(保険勘定)補正予算(第2号)


        について


 議案第28号 平成20年度鹿沼市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)につい


        て


 議案第29号 平成20年度鹿沼市財産区管理会特別会計補正予算(第2号)について


 議案第30号 財産の取得の変更について


 議案第31号 辺地に係る総合整備計画の変更について


 議案第32号 上久我辺地に係る総合整備計画の策定について


 議案第33号 栃木県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び栃木


        県市町村総合事務組合規約の変更について


 議案第34号 二宮町が栃木県市町村総合事務組合から脱退することに伴う財産処分に


        ついて


 議案第35号 栃木県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び


        栃木県後期高齢者医療広域連合規約の変更について


 議案第36号 市町の境界変更について


 議案第37号 字の廃止及び町の区域の変更について


 議案第38号 鹿沼市指定金融機関の指定について


 議案第39号 鹿沼市部設置条例の一部改正について


 議案第40号 鹿沼市個人情報保護条例の一部改正について


 議案第41号 鹿沼市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部改正について


 議案第42号 鹿沼市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部改正について


 議案第43号 鹿沼市長等の給与の特例に関する条例の制定について


 議案第44号 鹿沼市有財産の交換、譲与、無償貸付等に関する条例の一部改正につい


        て


 議案第45号 基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部改正について


 議案第46号 鹿沼市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定について


 議案第47号 鹿沼市手数料条例の一部改正について


 議案第48号 鹿沼市適応指導教室条例の制定について


 議案第49号 鹿沼市敬老年金条例の一部改正について


 議案第50号 鹿沼市介護保険条例の一部改正について


 議案第51号 鹿沼市勤労青少年ホーム条例の廃止について


 議案第52号 鹿沼市道路占用料条例の一部改正について


 議案第53号 鹿沼市準用河川占用料条例の一部改正について


 議案第54号 鹿沼市市営住宅条例の一部改正について


 議案第55号 鹿沼市都市公園条例の一部改正について


 議案第56号 人権擁護委員候補者の推薦について


 議案第57号 人権擁護委員候補者の推薦について





出席議員(27名)


   1番   瓦  井  伸  一


   2番   谷  中  恵  子


   3番   小  島     実


   4番   大  越  正  啓


   5番   筧     則  男


   6番   湯  澤  英  之


   8番   増  渕  靖  弘


   9番   横  尾  武  男


  10番   関  口  正  一


  11番   鰕  原  一  男


  12番   大  島  久  幸


  13番   赤  坂  日 出 男


  14番   橋  本  正  男


  15番   大  貫  武  男


  16番   冨 久 田  耕  平


  17番   鈴  木  章  由


  18番   塩  入  佳  子


  19番   飯  塚  正  人


  20番   小  松  英  夫


  21番   阿  見  英  博


  22番   荒  井  令  子


  23番   小  川  清  正


  24番   小 野 口  幸  司


  25番   鈴  木     貢


  26番   寄  川  フ ユ 子


  27番   船  生  哲  夫


  28番   芳  田  利  雄





欠席議員(なし)





地方自治法第121条の規定による出席要求によって出席した者


 市 長    佐  藤     信     総務部長   金  子  孝  之


 副市長    福  田  康  行     市民生活部長 宇 賀 神  正  雄


 副市長    宮  本  秀  夫     保健福祉部長 柴  垣  重  司


 企画部長   上  田  良  一     経済部長   高  田  久  男


 環境対策部長 出  張  千  史     消防長    岩  出  勝  美


 都市建設部長 石  川  政  明     教育長    小  林     守


 水道部長   襲  田  利  夫     教育次長   大 久 保  憲  治





事務局職員出席者


 事務局長   福  田     孝     事務局次長  高  田  良  男








○議長(小松英夫君) ただいまから平成21年第2回鹿沼市議会定例会を開会いたします。


 (午前10時00分)


○議長(小松英夫君) これから本日の会議を開きます。


 現在出席している議員は27名であります。


 日程に入ります前に、市長から発言を求められておりますので、これを許します。


 市長、佐藤君。


○市長(佐藤 信君) おはようございます。きょうから23日まで20日間の長丁場になりますけれども、どうぞよろしくお願いを申し上げたいと思います。


 ただいま議長のほうからお許しを得ましたので、環境マネジメントシステムISO14001の拡大認証及び本市独自のシステム構築、運用について報告をさせていただきます。


 環境マネジメントシステムの国際規格ISO14001につきましては、本年度消防本部消防署及び粟野地域の施設等に適用範囲の拡大を進めてまいりましたが、過日行われました更新・拡大審査の結果、2月24日付で登録維持及び拡大認証取得となりました。配付いたしました資料の1ページをごらんください。


 まず、ISO14001の取得目的といたしまして、1つは、効率的で良好な市民サービスの提供と環境対策に率先して取り組む市役所を目指すこと、2つ目は、公共施設における事務事業を見直し、環境負荷を軽減することにより、将来に向けて持続可能な環境改善システムの構築を目指すために実施しております。


 次に、適用範囲施設ですが、今回の拡大認証により、消防本部消防署及び粟野地域の施設等を含む全部門が適用範囲となりました。


 続きまして、資料2ページをごらんください。平成20年度の認証拡大の経過につきましては、5月以降新たに対象となる施設の職員に対しての初任者研修の実施や各施設での業務調査などを行い、10月から運用開始となりました。その後、内部監査を行い、平成21年1月に審査登録機関である財団法人ベターリビングによる本審査を受審した結果、システムの構築及び運用状況が良好であるとの評価をいただき、今回の拡大認証となりました。


 今後の展開といたしましては、平成19年度に全部門における認証取得を終了しているISO9001とあわせ、全職員がISOの精神や手法を理解し、習得していることから、ISOの認証にはこだわらず、その精神や手法を引き継ぐ形で本市独自のシステムを構築、運用してまいりたいと考えております。


 今後とも議員並びに市民の皆様方の絶大なるご理解とご協力をお願いいたしまして、ご報告とさせていただきます。


○議長(小松英夫君) 市長の発言は終わりました。


 それでは、本日の議事日程を事務局長に朗読させます。


○事務局長(福田 孝君) 議事日程を朗読。


○議長(小松英夫君) 日程の朗読は終わりました。


 日程第1、会期の決定を議題といたします。


 お諮りいたします。この定例会の会期を本日から3月23日までの21日間といたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


 (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小松英夫君) ご異議なしと認めます。


 したがって、そのように決定いたしました。


 続いて、日程第2、会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員に、11番、鰕原一男君、17番、鈴木章由君を指名いたします。


 続いて、日程第3、報告第1号 専決処分事項の報告について(損害賠償の額の決定及び和解)から報告第10号 平成21事業年度有限会社農業生産法人かぬま事業計画及び予算の報告についてまで、及び議案第7号 平成21年度鹿沼市一般会計予算についてから議案第57号 人権擁護委員候補者の推薦についてまでを議題といたします。


 市長から提案理由の説明を求めます。


 市長、佐藤君。


○市長(佐藤 信君) 平成21年第2回鹿沼市議会定例会の開催に当たり、市政運営に臨む私の基本的な考え方を述べさせていただきます。


 本市は、昨年、市制施行60周年を迎え、21世紀における新たな歩みを始めました。これまでの歴史の中で先人の築いてきた輝かしい成果を礎として、よりよいまちづくりを推進するため、市民の皆様とスクラムを組み、ともに汗を流し、さらなる努力を積み重ねていきたいと考えております。


 昨年は、原油その他の原材料や食料価格等の急激な高騰が企業活動や家計を直撃する状況のさなか、米国のサブプライムローンに端を発した金融危機が発生し、瞬く間に全世界に波及してまいりました。これらの影響が我が国実体経済の悪化をもたらすとともに、国民生活にも暗い影を落としており、今なお収束の見えない状況が続いております。


 このような中、海外では、変革と再生を訴えたオバマ氏が黒人としては史上初めてアメリカ合衆国大統領に選出されました。オバマ新大統領の登場は新たな時代の幕あけを実感させるものとして象徴的な出来事であり、彼の主張する「困難な時代へ挑戦」していこうとする強い「意志」や、「相互理解と尊重」の精神は、今まさに私たちに求められているものと相通ずるのではないかと共感しているところであります。


 一方、昨年8月に中国で開催された北京オリンピックでは、金メダルを獲得した水泳の北島選手やソフトボールの上野選手の活躍が大きく報道されましたが、本市出身で卓球代表の平野早矢香選手やホッケー代表の筑井利江選手も大健闘し、市民の期待にこたえてくれました。また、昨年10月には、我が国から物理、化学の分野で一挙に4人の方がノーベル賞を受賞され、国民に日本の底力を思い起こさせてくれました。


 私も昨年6月、多くの方々のご支持をいただき、6代目の市長として就任させていただきました。大変困難な時代の中で重責を担うことになり、身の引き締まる思いではありますが、皆様の期待におこたえできるよう、市民の生活を守り、住みよい地域社会の形成に向け、全力を挙げて市政のかじ取りに邁進してまいりたいと考えております。


 平成21年度における市の行財政の運営全般についてでありますが、諸施策の推進に当たりましては、市民の声に十分耳を傾けながら、市の財政基盤の安定化を図りつつ、諸施策の具現化を図っていきたいと考えております。


 このため、後年、市民に多大な負担を残す大型の公共事業につきましては、必要性や効率性等について十分な検証を重ね、ゼロベースから再構築いたします。一方、市民生活に密着した福祉、環境、教育にかかわる諸問題につきましては、市民の目線に立ってきめ細かな施策展開に取り組んでいきたいと思います。


 このような視点に立ち、これらの施策を整理した「新・まちづくり実行プラン」を策定いたしました。この「新・プラン」は、昨年の市長選において私が市民の皆様に訴えてきた内容を中心にまとめたものであり、現在の第5次鹿沼市総合計画「KANUMA“ステップ・アップ”ビジョン」の追加・修正版としての意味合いを持つものであります。円熟期を迎えた現代日本の状況等を考慮し、かつての高度成長期のような開発主導、物質優先主義ではなく、発想の原点を本来まちづくりの主役である「人」を中心に据え、市民がいかに生きがいを持って、安心し、生き生きとした生活を営むことができるかという視点に立ち、これから取り組んでいく施策の具体的な進め方につきましてお示しするものであります。


 プラン全体は、その「人」をテーマに、5つの基本目標で整理いたしましたので、この基本目標に沿って平成21年度の市政推進の概要をご説明したいと思います。


 まず、基本目標1の「人に優しいまちづくり」につきましては、「“ステップ・アップ”ビジョン」に位置づけられている福祉施策を着実に推進するとともに、高齢者や障害者が住みなれた地域で安心して日々の生活を送れるよう、支援策の充実を図ります。また、市民の命と健康を守る医療体制の整備や、保健、医療サービスの充実と医療費の縮減に努め、市民が安全、安心な暮らしを送れるまちづくりを推進いたします。


 地域医療につきましては、医療機関との連携により医療体制を堅持していくための検討を進めるほか、救急救命士の計画的な養成などにより救急医療の強化を図ります。また、妊産婦健康診査や不妊治療への支援など、出産に関する助成を拡大、拡充してまいります。


 高齢者の福祉につきましては、引き続き千寿荘改築事業に取り組むほか、介護予防事業や総合相談支援を包括的に行う拠点として、包括支援センターを西部地域に1か所増設し、高齢者が安心して暮らせる社会づくりを目指します。


 また、50床の特別養護老人ホームの整備事業者を公募し、特養入所待機者の解消を図るとともに、要介護状態となっても住みなれた地域での生活が継続できるよう、グループホーム等の地域密着型サービスの整備を進めます。


 次に、“健康都市かぬま”として、市民の健康を守り、生活習慣病の予防を啓発するため、新たに40歳未満の市民に対しても節目検診を実施してまいります。


 さらに、市民の利便性向上のため、地域の実情に応じた公共交通ネットワークを整備し、現在のリーバスの運行形態を見直すとともに、粟野地域からの直行便運行の実現に努めてまいります。


 昨年は、突然の集中豪雨のため、道路冠水箇所での車両水没による死亡事故が市内において発生してしまいました。故人のご冥福を心からお祈りしますとともに、その反省と教訓の上に立ち、予期せぬ災害や火災、犯罪等の防止と迅速な対応を図るため、国、県等とも十分な連携を図り、安全・安心なまちづくりを実現するためのさまざまな取り組みを進めてまいります。


 次に、基本目標2の「人の力を活かすまちづくり」につきましては、「“ステップ・アップ”ビジョン」における第5章「開かれた交流都市づくり」の推進に加え、「協働のまちづくり」、「人づくり」、「コミュニティづくり」に関する施策を強化するとともに、「透明で健全な行政経営」を推進し、健全な財政運営に努めてまいります。


 具体的には、市民参加による自治基本条例づくりや市民協働事業提案制度の推進を図るため、庁内に市民活動支援課を新設するとともに、市政情報の共有化を図り、地域ボランティアやNPO等の活動を支援してまいります。また、単位自治会の組織を強化し、地域の伝統行事等への支援を図るとともに、旧市内地区のコミュニティ担当や粟野地域担当を配置し、地域のサポート体制を強化していきたいと思います。


 次に、透明で健全な行政経営についてでありますが、まず市民に親しみやすい市役所とするため、組織機構の再編や名称等の変更を実施いたします。また、各地区における車座集会や出前講座等の開催により、市民との意見交換を充実してまいります。さらに、財政の健全化による安定した市政運営を図るため、さきに述べましたとおり、大型公共事業の見直しや、評価制度と連動した予算編成等を推進してまいります。


 次に、人や物を大切にする心を育て、それらの持つ本来の価値、能力を十分生かしていくため、「もったいない運動」を推進してまいります。このため、まず市が率先してできることから始め、啓発活動を推進していくことにより、市民運動としても盛り上げていきたいと考えております。


 次に、基本目標3の「人が輝くまちづくり」につきましては、「“ステップ・アップ”ビジョン」における第2章「活力ある産業都市づくり」を着実に推進しながら、産学公民の連携により地域産業の振興を図ります。


 まず、「かぬまの特性を活かした農業の振興」を図るため、担い手の育成に努め、園芸作物への支援等を継続して実施していくとともに、小規模農家への支援や飼料用米の普及促進への支援を拡充していきます。


 次に、商工業等の振興を図るため、制度融資の内容を拡充して中小企業への支援を強化してまいります。また、展示会出展に対する支援制度を新たに創設し、ものづくりの強化に努めます。さらに、地場産品の普及、拡大を図るため、公共施設等の木造、木質化や地産地消を推進し、あわせて「かぬまブランド」や鹿沼そばの普及拡大を進めます。


 なお、現下の厳しい経済情勢に対応するため、昨年末、庁内に鹿沼市緊急経済対策本部を設置し、融資相談窓口の臨時開設や緊急の雇用対策、解雇労働者の住宅対策等に当たることといたしました。今後も引き続き、公共工事の前倒し発注や市制度融資の条件緩和等を実施するほか、国の制度として打ち出された「ふるさと雇用再生特別交付金事業」や「緊急地域雇用創出特別交付金事業」に基づく対策をまとめ、速やかに実施してまいります。


 次に、基本目標4の「人の温もりのあるまちづくり」につきましては、「“ステップ・アップ”ビジョン」に位置づけられた「環境の保全」、「人権の尊重と男女共同参画社会づくり」、「交流と連携」等の施策を着実に推進していくとともに、「花と緑と清流のまち」の創造を目指します。このため、「庭園のまちづくり(ガーデンシティ)」事業を推進し、フラワーロードの整備等を進めるほか、富士山公園を市民が四季を通して気軽に親しめる公園となるよう、植栽等を考慮した再整備を進めてまいります。


 次に、環境に配慮したまちづくりを進めるため、もったいない運動を展開するとともに、ごみの減量化を進めますが、ごみ袋の値下げにより家庭のごみ処理手数料の負担は軽減してまいりますので、これまで以上に市民の皆様のご理解とご協力を改めてお願いしたいと思います。


 人権の尊重と男女共同参画社会づくりにつきましては、人権擁護委員を増員するとともに、啓発活動の充実に努めてまいります。


 都市交流や国際交流の推進につきましては、友好都市である足立区のほか、本市とも関連の深い墨田区や台東区、春日部市等との交流を促進するとともに、アンテナショップの活用等も視野に入れ、拡大していきたいと考えております。


 次に、基本目標5の「人を育むまちづくり」につきましては、「“ステップ・アップ”ビジョン」の第4章「磨きあう文化都市づくり」に位置づけられた施策の着実な推進を図るとともに、少子化が加速する現在の社会状況を踏まえ、総合的な子育て支援策を推進していくとともに、一人一人の子供に目が行き届くような教育環境づくりを進めてまいります。


 具体的には、こども支援課を新たに創設して、ワンストップサービスを整備し、市民の皆様がさまざまな制度の案内や相談等に気軽に利用できるよう配慮してまいります。また、より多くの方を対象として制度を活用していただけるよう、これまでの第3子対策を見直し、1人目からの子育て支援にも目を向けた取り組みをしてまいります。


 次に、次代を担う子供たちの教育の充実と向上を図るため、「鹿沼市教育ビジョン」の策定に着手し、本市教育のあり方を追求してまいります。


 また、学校選択制度につきましては、これまで指摘されてきた問題点等の分析を急ぎ、地域の実情に合わせた制度として見直しをいたします。


 自然生活体験学習につきましても、これまでの事業の成果や課題等の検証を進め、実施方法等について再構築いたします。


 次に、さまざまな市民活動をサポートしていくため、生涯学習や公民館活動の充実、スポーツの振興等を図り、今回の機構改革に反映させてまいります。博物館の整備につきましては、既存施設の状況等を十分調査し、基本計画の策定を進めていきたいと考えております。


 このほか、総合計画にのっとり、新鹿沼駅周辺の整備や道路交通網、上下水道の整備、公共施設のバリアフリー化等の市民生活を向上させるためのさまざまな事業を着実に進めるとともに、きめ細かな行政サービスの実現と、公平、公正で風通しのよい市政運営を推進してまいります。


 現在は、世界の経済情勢とともに、本市においても非常に厳しい財政状況の中ではありますが、将来にわたり安定した財政運営を行うため、「第3期財政健全化推進計画」の推進に努め、引き続き歳出全般にわたる徹底した見直しを行い、真に必要な事業を選別するとともに、整備水準や事業分野ごとのメリハリを見きわめ、財源配分の効率化、重点化を進めていくとともに、「第4期行政改革大綱」に基づき、行政のスリム化を目指していきたいと考えております。


 平成21年度予算案は、予算規模において、一般会計で386億8,000万円で、対前年度比1.4%増の堅実型予算といたしました。水道事業会計を除く特別会計総額は205億6,625万円で、対前年度比6%の減であります。今後も引き続き行財政計画に積極的に取り組みつつ、諸施策の着実な推進を図ってまいります。


 本市は、交通の便もよく、首都圏にも近い恵まれた地理的条件を有するとともに、美しく豊富な自然を持つポテンシャルの高い住みよいまちであると思います。私たちの暮らすこのまちを「花と緑と清流のまち」、「笑顔あふれる優しいまち」として、誇りを持って次の世代へと引き継いでいけるよう、市民の皆様一人一人の声を尊重し、市民との協働により新たなステージを切り開いていきたいと考えております。


 以上で平成21年度を迎えるに当たり市政運営に臨む私の基本的な考えといたします。


 引き続きまして、提出議案についてご説明を申し上げます。


 今回提出いたしました議案は、予算23件、条例17件、人事2件、その他9件の計51件であります。このほか、報告10件であります。報告第1号から報告第4号までにつきましては、専決処分事項の報告であります。


 まず、報告第1号は、平成20年12月13日、鹿沼市深津2136番2地先市道0006号線東北自動車道陸橋下において、消防本部職員の運転する救助工作車が議案書記載の市内在住者所有の軽貨物自動車に接触し破損させたことに対し、損害賠償の額12万560円を支払い、和解したものであります。


 次に、報告第2号は、平成20年12月4日、鹿沼市下永野506番地先市道ナ290号線上において、環境対策部職員が運転するごみ収集車が議案書記載の市内在住者所有の軽貨物車に接触し破損させたことに対し、損害賠償の額1万6,800円を支払い、和解したものであります。


 報告第3号は、平成20年12月19日、第110号議案として議決された千渡雨水調整池建設工事その6がその後一部設計変更等により1億8,007万5,000円となるので、契約の金額を変更したものであります。


 報告第4号は、平成21年1月12日、鹿沼市樅山町82番地先市道3010号線上において、議案書記載の市内在住者運転の小型乗用自動車が走行中、グレーチングふたがはね上がり破損させたことに対し、損害賠償の額27万6,000円を支払い、和解したものであります。


 報告第5号から報告第10号までにつきましては、財団法人鹿沼市農業公社、財団法人鹿沼市花木センター公社及び有限会社農業生産法人かぬまの平成20事業年度における事業及び決算並びに平成21事業年度における事業計画及び予算に関する書類を法の定めるところにより提出するものであります。


 次に、議案第7号 平成21年度鹿沼市一般会計予算について申し上げます。


 我が国経済は、急速な景気の悪化により、企業収益の大幅な減少や雇用情勢の悪化など、極めて深刻な状況にあります。このような状況において、国は当面、景気対策を最優先で進めるため、「生活対策」及び「生活防衛のための緊急対策」を実施するための平成20年度第2次補正予算を編成しました。また、新年度の予算編成におきましては、「経済財政運営と構造改革に関する基本方針2006」で示した歳出・歳入一体改革を進め、財源の重点的配分を行うこととしております。


 一方、市財政は、収入の根幹である市税収入が地価の下落や企業収益の悪化等により伸びが期待できないことや、地方交付税、国県支出金、各種交付金などの依存財源につきましても引き続き予断を許さない状況にあり、さらに公債費や扶助費等の義務的経費が増大するなど、極めて厳しい状況にあります。


 このような中、平成21年度は、「KANUMA“ステップ・アップ”ビジョン」ファーストステージの中間年に当たることから、計画に盛り込まれた諸施策を検証し、必要な事業を着実に推進するとともに、長期的で安定した財政運営を行うために、「第3期財政健全化推進計画」の推進に努め、引き続き歳出全般にわたる徹底した見直しを行い、財源配分の効率化、重点化をより一層推進することとし、予算編成を行ったものであります。


 予算規模につきましては、一般会計において386億8,000万円、前年度比1.4%増、借換債を除く実質的な伸び率は0.7%増で、「堅実型予算」としたものであります。


 歳入につきましては、自主財源の根幹である市税の減収が見込まれるほか、使用料及び手数料、財産収入におきましても減収が見込まれるため、各基金からおのおのその目的に応じて繰り入れを行い、基金の効率的な活用を図るなど、財源の確保に努めたところであります。


 次に、依存財源につきましては、地方交付税、地方消費税交付金等につきましては、前年度決算見込額や国の動向を勘案し、国県支出金につきましては、障害者自立支援事業費、児童手当費、土地区画整理事業費、都市計画道路整備事業費、千寿荘改築事業費、中央小学校整備事業費等が主なものであります。


 さらに、市債につきましては、コミュニティセンター整備事業等18事業に係る建設事業債を計上し、後年度の財政運営への影響を考慮し、対象事業の厳選に努めたものであります。


 一方、歳出につきましては、子育て支援事業、千寿荘改築事業、小中学校整備事業、市営住宅建設事業、交通安全対策事業、地域経済活性化対策事業に重点的に取り組むほか、ハード事業として、新規に地域情報化推進事業、放課後児童健全育成事業、雨水処理対策事業等を計上し、継続事業として、まちの駅“新・鹿沼宿”整備事業、コミュニティセンター整備事業、新鹿沼駅前広場整備事業等を計上し、教育、福祉施策の充実や都市基盤の整備促進を積極的に図るものであります。


 新規ソフト事業では、自治基本条例づくり、元気なまちづくり推進事業、高齢者くらしのお手伝い事業、感染症予防費、生活習慣病予防対策費、鹿沼ものづくり強化支援事業等を計上し、継続事業として、心の教育推進事業、包括的支援事業等を計上したものであります。


 なお、継続費、債務負担行為及び地方債につきましては、それぞれ第2表、第3表及び第4表のとおりであります。


 議案第8号 平成21年度鹿沼市国民健康保険特別会計予算につきましては、療養諸費、高額療養費、後期高齢者支援金等、介護納付金、共同事業拠出金等の必要経費を計上し、この財源として、国民健康保険税、国県支出金、前期高齢者交付金、一般会計及び基金からの繰入金等を充て、予算総額を100億8,950万円とするものであります。


 議案第9号 平成21年度鹿沼市公共下水道事業費特別会計予算につきましては、管渠建設事業費、終末処理場建設事業費、西沢特定環境保全公共下水道建設事業費等を計上し、この財源として使用料、国県支出金、市債、一般会計からの繰入金等を充て、予算総額を37億3,100万円とするものであります。


 なお、地方債につきましては、第2表のとおりであります。


 議案第10号 平成21年度鹿沼市簡易水道事業費特別会計予算につきましては、簡易水道建設事業費、簡易水道施設管理費等を計上し、この財源として、使用料、国県支出金、市債、一般会計からの繰入金等を充て、予算総額を3億1,990万円とするものであります。


 なお、地方債につきましては、第2表のとおりであります。


 議案第11号 平成21年度鹿沼市公設地方卸売市場事業費特別会計予算につきましては、公設地方卸売市場施設維持管理費等を計上し、この財源として、使用料、諸収入等を充て、予算総額を1,820万円とするものであります。


 議案第12号 平成21年度鹿沼市見笹霊園事業費特別会計予算につきましては、見笹霊園管理費、見笹霊園整備事業費等を計上し、この財源として、使用料及び手数料等を充て、予算総額を2,400万円とするものであります。


 議案第13号 平成21年度鹿沼市老人保健特別会計予算につきましては、医療給付費、審査支払手数料等を計上し、この財源として、支払基金交付金、国県支出金、一般会計からの繰入金等を充て、予算総額を4,930万円とするものであります。


 議案第14号 平成21年度鹿沼市農業集落排水事業費特別会計予算につきましては、農業集落排水処理施設管理費、農業集落排水建設事業費等を計上し、この財源として、使用料、市債、一般会計からの繰入金等を充て、予算総額を2億5,030万円とするものであります。


 なお、地方債につきましては、第2表のとおりであります。


 議案第15号 平成21年度鹿沼市介護保険特別会計(保険勘定)予算につきましては、居宅介護サービス給付費、施設介護サービス給付費、居宅介護予防サービス給付費等を計上し、この財源として、介護保険料、国県支出金、支払基金交付金、一般会計からの繰入金等を充て、予算総額を53億860万円とするものであります。


 議案第16号 平成21年度鹿沼市介護保険特別会計(サービス勘定)予算につきましては、介護予防支援事業費等を計上し、その財源として、サービス収入等を充て、予算総額を30万円とするものであります。


 議案第17号 平成21年度鹿沼市後期高齢者医療特別会計予算につきましては、後期高齢者医療広域連合納付金、健診事業費等を計上し、この財源として、後期高齢者医療保険料、一般会計からの繰入金等を充て、予算総額を7億6,950万円とするものであります。


 議案第18号 平成21年度鹿沼市財産区管理会特別会計予算につきましては、各財産区の管理会費、財産管理費等を計上し、その財源として、県支出金、基金からの繰入金等を充て、予算総額を565万円とするものであります。


 議案第19号 平成21年度鹿沼市水道事業会計予算につきましては、収益的収入及び支出につきましては、収入総額を13億1,301万5,000円、支出総額を10億6,728万4,000円計上し、資本的収入及び支出におきましては、収入総額を2億3,315万1,000円、支出総額を6億2,139万2,000円計上するものであります。


 議案第20号 平成20年度鹿沼市一般会計補正予算(第3号)につきましては、平成20年度一般会計予算の総仕上げとして、歳入歳出のおおむね確定したものを計上したほか、緊急経済対策事業として、国の平成20年度第2次補正予算に対応した所要の補正を行うものであります。


 歳入につきましては、市税、国県支出金、市債等の増減額を計上し、歳出につきましては、各事業の実績に基づくもののほか、定額給付金給付事業費、子育て応援特別手当費、公共事業の前倒しとして、広域・一般道路新設改良事業費、道路維持管理費等の増額を計上したもので、その補正額を17億2,370万3,000円の増とし、予算総額を402億744万2,000円とするものであります。


 なお、継続費、繰越明許費、債務負担行為及び地方債の補正につきましては、それぞれ第2表、第3表、第4表、第5表の1及び第5表の2のとおりであります。


 議案第21号から議案第29号までにつきましては、平成20年度特別会計予算の総仕上げとして、各特別会計の歳入歳出全般に検討を加え、調整したもので、国民健康保険特別会計につきましては、国民健康保険税、国庫支出金、保険給付費等の増減額を計上し、公共下水道事業費特別会計につきましては、繰入金、公共下水道管理費等の増減額を計上し、簡易水道事業費特別会計につきましては、分担金及び負担金、簡易水道建設費等の増減額を計上し、見笹霊園事業費特別会計につきましては、使用料及び手数料、見笹霊園事業費の増減額を計上し、老人保健特別会計につきましては、国庫支出金、諸支出金の増額を計上し、農業集落排水事業費特別会計につきましては、県支出金、繰入金、公債費等の増減額を計上し、介護保険特別会計(保険勘定)につきましては、国県支出金、支払基金交付金、保険給付費、基金積立金等の増減額を計上し、後期高齢者医療特別会計につきましては、繰入金、国庫支出金、後期高齢者医療広域連合納付金等の増額を計上し、財産区管理会特別会計につきましては、財産収入、財産費の増額を計上するなどの所要の補正を行うものであります。


 なお、後期高齢者医療特別会計に係る繰越明許費につきましては、第2表のとおりであります。


 議案第30号 財産の取得の変更につきましては、平成18年9月28日第116号議案として議決された中心市街地新拠点整備用地としての財産の取得について、その後借入金の利子等が確定したことに伴い、取得予定価格を変更するためのものであります。


 議案第31号 辺地に係る総合整備計画の変更につきましては、平成20年7月28日第64号議案として議決された西大芦辺地、入粟野辺地、上・中粕尾辺地及び永野辺地に係るそれぞれの総合整備計画について、辺地における新たな事業の追加及び計画事業の変更を行うためのものであります。


 議案第32号 上久我辺地に係る総合整備計画の策定につきましては、第5次鹿沼市総合計画等に基づき、平成21年度から平成25年度までにかけて予定する辺地内の公共的施設の整備に必要な財源を確保するため、上久我辺地に係る総合整備計画を策定するためのものであります。


 議案第33号 栃木県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び栃木県市町村総合事務組合規約の変更につきましては、平成21年3月23日から二宮町を廃し、その区域を真岡市に編入することに伴い、栃木県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数を減少し、同組合の規約を変更することについて、関係地方公共団体と協議するためのものであります。


 議案第34号 二宮町が栃木県市町村総合事務組合から脱退することに伴う財産処分につきましては、二宮町が栃木県市町村総合事務組合から脱退することに伴う議員の公務災害補償に関する事務に係る財産処分について、関係地方公共団体と協議するためのものであります。


 議案第35号 栃木県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び栃木県後期高齢者医療広域連合規約の変更につきましては、平成21年3月23日から二宮町を廃し、その区域を真岡市に編入することに伴い、栃木県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数を減少し、同広域連合規約を変更することについて、関係地方公共団体と協議するためのものであります。


 議案第36号 市町の境界変更につきましては、県が施行する壬生町羽生田地区用地造成事業(産業団地造成事業)のエリアの一部に当たる本市の土地を壬生町の土地と等積交換することにより、事業エリア全域を壬生町の土地とするためのものであります。


 議案第37号 字の廃止及び町の区域の変更につきましては、県営北赤塚1地区土地改良事業施行の結果、事業実施後の現況に符合しない町及び字の区域が生じたので、その区域を全面的に変更するとともに、その区域の字を廃止するためのものであります。


 議案第38号 鹿沼市指定金融機関の指定につきましては、本市指定金融機関株式会社足利銀行に対する指定期間が平成21年3月31日をもって満了となるので、引き続き同銀行を指定するためのものであります。


 議案第39号 鹿沼市部設置条例の一部改正につきましては、第5次鹿沼市総合計画及び新・まちづくり実行プランを推進するため、機構改革を行うためのものであります。


 議案第40号 鹿沼市個人情報保護条例の一部改正につきましては、統計法の全部改正及び統計報告調整法の廃止に伴い、引用する用語を整理するとともに、個人情報の開示請求があった場合の非開示情報の範囲を、情報公開制度に合わせて見直すためのものであります。


 議案第41号 鹿沼市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の一部改正につきましては、裁判員の参加する刑事裁判に関する法律の施行に伴い、裁判員等として従事する職員の特別休暇を新設するためのものであります。


 議案第42号 鹿沼市職員の自己啓発等休業に関する条例の一部改正につきましては、独立行政法人国際協力機構法の一部改正に伴い、引用する条項を整理するためのものであります。


 議案第43号 鹿沼市長等の給与の特例に関する条例の制定につきましては、本市の財政状況を考慮し、平成21年4月から平成22年3月までの間、市長の給料月額につきましては100分の10、副市長の給料月額につきましては100分の7、教育長の給料月額については100分の5に相当する額をそれぞれ減額し、当面の適切な財政運営に資するためのものであります。


 議案第44号 鹿沼市有財産の交換、譲与、無償貸与等に関する条例の一部改正につきましては、地方自治法の一部改正に伴い、庁舎等の空きスペースを無償または時価よりも低い価額で貸し付けることを可能にするためのものであります。


 議案第45号 基金の設置、管理及び処分に関する条例の一部改正につきましては、平成21年3月31日をもって簡易水道施設整備基金を廃止するためのものであります。


 議案第46号 鹿沼市介護従事者処遇改善臨時特例基金条例の制定につきましては、介護報酬の改定に伴い、介護保険料の急激な上昇の抑制を目的に国から交付される介護従事者処遇改善臨時特例交付金の適正な管理運営を図るため、基金を設置するためのものであります。


 議案第47号 鹿沼市手数料条例の一部改正につきましては、平成21年4月から栃木県屋外広告物条例に基づく屋外広告物の許可に関する事務が本市に移譲されることに伴い、許可の申請に対する審査手数料を定めるものであります。


 議案第48号 鹿沼市適応指導教室条例の制定につきましては、既存の勤労青少年ホームの施設を、不登校である児童生徒の自立心を培い、学校生活への復帰に向けて必要な指導、援助等を行うための適応指導教室として位置づけるためのものであります。


 議案第49号 鹿沼市敬老年金条例の一部改正につきましては、高齢化の進展に伴い、支給対象者が増加する現状を踏まえ、敬老年金の支給額を引き下げるためのものであります。


 議案第50号 鹿沼市介護保険条例の一部改正につきましては、介護保険事業計画の策定に伴い、平成21年度から平成23年度までの介護保険料の額を定めるためのものであります。


 議案第51号 鹿沼市勤労青少年ホーム条例の廃止につきましては、平成21年3月31日をもって勤労青少年ホームを廃止するためのものであります。


 議案第52号 鹿沼市道路占用料条例の一部改正につきましては、道路法施行令及び栃木県道路占用料徴収条例の一部改正に伴い、国道及び県道の道路占用料に準じて市道の占用料の額を見直すためのものであります。


 議案第53号 鹿沼市準用河川占用料条例の一部改正につきましては、県の管理する河川の占用料に準じて本市の管理する準用河川の占用料の額を見直すためのものであります。


 議案第54号 鹿沼市市営住宅条例の一部改正につきましては、公益法人制度改革に伴い、社会福祉事業等を行うために市営住宅の使用を許可することができる公益法人に関する規定を整備するためのものであります。


 議案第55号 鹿沼市都市公園条例の一部改正につきましては、貝島町地内に沖公園及びやすらぎ公園を設置するとともに、千手山公園の老朽化した遊戯施設を廃止するためのものであります。


 議案第56号及び議案第57号につきましては、人権擁護委員候補者の推薦であります。


 まず、議案第56号は、人権擁護委員矢島貞昌氏が平成21年6月30日をもって任期満了となるので、引き続き同氏を推薦するためのものであります。


 次に、議案第57号は、人権擁護委員?橋久美子氏が平成21年6月30日をもって任期満了となるので、引き続き同氏を推薦するためのものであります。


 以上で説明を終わります。


○議長(小松英夫君) 提案理由の説明は終わりました。


 続いて、日程第4、議案第33号 栃木県市町村総合事務組合を組織する地方公共団体の数の減少及び栃木県市町村総合事務組合規約の変更についてから議案第35号 栃木県後期高齢者医療広域連合を組織する地方公共団体の数の減少及び栃木県後期高齢者医療広域連合規約の変更について及び議案第39号 鹿沼市部設置条例の一部改正についてを議題といたします。


 議案調査のため、暫時休憩をいたします。


 (午前10時54分)


○議長(小松英夫君) 休憩前に引き続きまして再開をいたします。


 (午前11時05分)


○議長(小松英夫君) これから質疑に入るわけでありますが、この件につきましては、発言通告をとっておりませんので、質疑のある方は順次発言を許します。


 (「なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小松英夫君) 別段質疑もないようでありますので、議案に対する質疑を終結いたします。


 お諮りいたします。本件については、委員会付託、討論を省略し、直ちに一括採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


 (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小松英夫君) ご異議なしと認めます。


 したがって、直ちに一括採決いたします。


 お諮りいたします。議案第33号から議案第35号まで及び議案第39号については、原案どおり決することにご異議ありませんか。


 (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小松英夫君) ご異議なしと認めます。


 したがって、議案第33号から議案第35号まで及び議案第39号については原案どおり決しました。


 続いて、日程第5、議案第56号 人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。


 お諮りいたします。本件については、人事案件でありますので、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


 (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小松英夫君) ご異議なしと認めます。


 したがって、直ちに採決いたします。


 お諮りいたします。議案第56号については、原案どおり矢島貞昌氏の推薦に同意することにご異議ありませんか。


 (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小松英夫君) ご異議なしと認めます。


 したがって、議案第56号については原案に同意することに決しました。


 続いて、日程第6、議案第57号 人権擁護委員候補者の推薦についてを議題といたします。


 お諮りいたします。本件については、人事案件でありますので、質疑、委員会付託、討論を省略し、直ちに採決をしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


 (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小松英夫君) ご異議なしと認めます。


 したがって、直ちに採決いたします。


 お諮りいたします。議案第57号については、原案どおり?橋久美子氏の推薦に同意することにご異議ありませんか。


 (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小松英夫君) ご異議なしと認めます。


 したがって、議案第57号については原案に同意することに決しました。


 以上で本日の日程は全部終了いたしました。


 お諮りいたします。明日4日から6日まで、及び9日、10日を議案調査のため休会いたしたいと思いますが、ご異議ありませんか。


 (「異議なし」と呼ぶ者あり)


○議長(小松英夫君) ご異議なしと認めます。


 したがって、そのように決定をいたしました。


 なお、11日は、定刻から本会議を開き、議案に対する質疑並びに市政一般質問を行います。


 本日はこれで散会いたします。


 (午前11時09分)