議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 佐野市

平成 7年  2月 定例会(第1回) 02月17日−議案上程・説明−01号




平成 7年  2月 定例会(第1回) − 02月17日−議案上程・説明−01号







平成 7年  2月 定例会(第1回)



             平成7年第1回佐野市議会定例会会議録(第1号)
 
2月17日(金曜日)
 出席議員(31名)
    1 番   荒  居     聰  君       2 番   島  田  昭  雄  君
    3 番   島  田  一  男  君       4 番   野  城  平 四 郎  君
    5 番   野  口  仙  一  君       6 番   仲  山  勝  夫  君
    8 番   森  下  光  子  君       9 番   仲  山  太  一  君
   10 番   金  子     裕  君      11 番   飯  塚  昭  和  君
   12 番   久  保  廣  志  君      13 番   和  田  暢  裕  君
   14 番   金  井     弘  君      15 番   林     邦  英  君
   16 番   寺  内  冨 士 夫  君      17 番   五 十 部  武  二  君
   18 番   横  塚  光  夫  君      19 番   小  菅  良  男  君
   20 番   新  井  重  光  君      21 番   嶋  田  金  次  君
   22 番   小  野  一  郎  君      23 番   岡  野  秀  鼡  君
   24 番   篠  崎  貞 一 郎  君      25 番   柿  沼  誠  二  君
   26 番   寺  島  勝  豊  君      27 番   高  橋  孝  之  君
   28 番   丸  山  正  平  君      29 番   新  井  作  二  君
   30 番   小 荷 田     寛  君      31 番   小  暮  欣  一  君
   32 番   金  子  和  衛  君
 
 欠席議員(なし)
 

 地方自治法第121条の規定に基づき出席要求による出席者
  市   長   毛  塚  吉 太 郎  君    助   役   古  橋  亮  一  君
  収 入 役   横  田  勲  夫  君    企画部長    青  木     隆  君
  総務部長    五 百 部     修  君    市 民 部長   川  嶋  一  雄  君
  経済部長    関  口     清  君    建 設 部長   石  塚     奠  君
  都   市   鈴  木  正  男  君    福   祉   遠  藤  紀  夫  君
  開発部長                     事務所長

  水道局長    大  石  武  一  君    消 防 長   坂  原     哲  君
  監査委員    新  村  貢  一  君    教 育 長   細  谷     要  君
  事務局長

  教育次長    船 渡 川     實  君    農業委員会   野  城  良  弘  君
                           事務局長 

 事務局職員出席者
  事務局長    竹  石  庄  平  君     議 事 課 長   椎  名  勇  平  君


 議事日程第1号
  日程第1  会期の決定について
  日程第2  会議録署名議員の指名について
  日程第3  陳情第8号の取り下げについて
  日程第4  議案第 1号 佐野市議会議員選挙における選挙公報の発行に関する条例及び佐野市長選挙におけ
               る選挙公報の発行に関する条例の改正について
   〃   議案第 2号 佐野市議会議員及び佐野市長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の改
               正について
   〃   議案第 3号 佐野市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の制定について
   〃   議案第 4号 佐野市職員の給与に関する条例の改正について
   〃   議案第 5号 佐野市職員の特殊勤務手当に関する条例の改正について
   〃   議案第 6号 佐野市職員の退職手当に関する条例の改正について
   〃   議案第 7号 佐野市職員等公務災害見舞金支給条例の制定について
   〃   議案第 8号 佐野市保育所条例の改正について
   〃   議案第 9号 佐野市国民健康保険条例の改正について
   〃   議案第10号 佐野市企業職員の給与の種類および基準に関する条例の改正について
   〃   議案第11号 佐野市青少年教育キャンプ場設置条例等の改正について
   〃   議案第12号 佐野市市民保養施設条例の制定について
   〃   議案第13号 佐野市指定金融機関の指定について
   〃   議案第14号 平成6年度佐野市一般会計補正予算(第4号)
   〃   議案第15号 平成6年度佐野市国民健康保険事業費特別会計補正予算(第2号)
   〃   議案第16号 平成6年度佐野市公共下水道事業費特別会計補正予算(第3号)
   〃   議案第17号 平成6年度佐野市農業集落排水事業費特別会計補正予算(第1号)
   〃   議案第18号 平成6年度佐野市市民保養施設(仮称)事業費特別会計補正予算(第1号)
   〃   議案第19号 平成7年度佐野市一般会計予算
   〃   議案第20号 平成7年度佐野市国民健康保険事業費特別会計予算
   〃   議案第21号 平成7年度佐野市公共下水道事業費特別会計予算
   〃   議案第22号 平成7年度佐野市老人保健事業費特別会計予算
   〃   議案第23号 平成7年度佐野市農業集落排水事業費特別会計予算
   〃   議案第24号 平成7年度佐野市市民保養施設事業費特別会計予算
   〃   議案第25号 平成7年度佐野市水道事業会計予算
 
 本日の会議に付した事件
  日程第1  会期の決定について
        (平成7年2月17日〜3月9日)21日間
  日程第2  会議録署名議員の指名について
        (3番 島田一男君、27番 高橋孝之君)
  日程第3  陳情第8号の取り下げについて
  日程第4  議案第1号から第25号までについて
        (提案説明)







 



○議長(小暮欣一君) 開会に先立ち、事務局長をして出席議員数並びに本日の議事日程について報告いたさせます。局長。



◎事務局長(竹石庄平君) ご報告申し上げます。

 ただいまの出席議員数並びに本日の議事日程についてご報告を申し上げます。

 ただいまの出席議員数は31名全員でございます。

 なお、本日の議事日程につきましては、お手元に配付してございます議事日程第1号のとおりでございます。日程第1、会期の決定について、日程第2、会議録署名議員の指名について、日程第3、陳情第8号の取り下げについて、日程第4、議案第1号から第25号までについて、以上のとおりでございます。

 次に、本日お手元に配付いたしました文書につきましては、ただいまご報告を申し上げました議事日程のほか、陳情第8号の取り下げ申請についての文書の写し、会議予定表、事務報告書、地方自治法第121条の規定に基づき出席を要求した者の職氏名一覧表、一般質問通告一覧表、佐野市振興計画、実施計画書でございますので、お改めをいただきたいと思います。

 以上で報告終わります。



         午前10時08分開会



○議長(小暮欣一君) ただいまより平成7年第1回佐野市議会定例会を開会いたします。

 これより本日の会議を開きます。





△議会運営委員会委員長報告



○議長(小暮欣一君) 本定例会開会に当たり、2月13日議会運営委員会を開催いたしました。よって、その結果を委員長より報告を求めることにいたします。

 議会運営委員会委員長、島田昭雄君。



◎議会運営委員会委員長(島田昭雄君) おはようございます。

 平成7年第1回佐野市議会定例会開会に当たり、去る2月13日に開催されました議会運営委員会の結果についてご報告を申し上げます。

 まず、陳情第8号の取り下げについてでございますが、提出者より取り下げたい旨の申請書が提出をされました。そのことによって、先例により質疑及び討論を省略し、承認するか、即決願うことに決定をいたしました。

 次に、議案の取り扱いについてでございますが、議案第1号から第13号まで及び議案第15号から第18号までは、いずれも所管の常任委員会に付託し、議案第14号の一般会計補正予算(第4号)については、関係部分を所管の常任委員会に分割付託して、それぞれ審査をお願いすることに決定をいたしました。また、議案第19号から第25号まで、以上7件の平成7年度一般会計、各特別会計及び水道事業会計予算案については、先例により議員全員をもって構成する予算審査特別委員会を設置し、これに付託して審査をお願いすることに決定をいたしました。

 会議予定、議事日程につきましては、本日お手元に配付してありますとおりでございます。

 以上を勘案して、今期定例会は本日から3月9日までの都合21日間と決定した次第でございます。

 以上、当委員会の決定に対し議員各位のご賛同を賜りますようお願いを申し上げまして、報告といたします。

 以上でございます。



○議長(小暮欣一君) 以上で議会運営委員会委員長の報告は終わりました。ご了承願います。





△諸般の報告



○議長(小暮欣一君) この際、日程に入るに先立ち、事務局長をして諸般にわたり報告いたさせます。局長。



◎事務局長(竹石庄平君) ご報告申し上げます。

 平成6年第5回佐野市議会定例会以降の事務取り扱いにつきましては、お手元に差し上げてございます事務報告書のとおりでございますので、朗読を省略させていただきまして、本報告書をもってご了承いただきたいと思います。

 次に、地方自治法第121条の規定により、説明のため議場に出席を求めました職氏名につきましては、お手元に配付してございます一覧表のとおりでございますので、ご了承をいただきたいと思います。

 以上で報告を終わります。



                     事 務 報 告 書

                                   佐 野 市 議 会

 平成6年12月2日開会し、12月26日閉会した平成6年第5回佐野市議会定例会以降の取扱事項を次のとおり報告します。

                         記

1、議長会議等について

 ・2月16日、17日 真岡市において第224回栃木県市議会議長会議が開催され、報告事項のあと会長提出議案「栃木県市議会議長会等の役員の輪番制について」外2件について協議されました。

2、報告受理について

  監査委員から次のとおり報告を受理しました。

 ・平成6年度11月分及び12月分例月出納検査結果報告

 ・平成6年度11月分及び12月分例月出納検査結果報告(水道事業会計)

 ・平成6年度定例監査結果報告

佐野小学校、植野小学校、赤見小学校、石塚小学校、城東中学校、西中学校

教育委員会(管理課、学校教育課、教育センター、第1、第2学校給食センター、生涯学習課、少年指導センター、図書館、公民館管理室、公民館、中央公民館建設準備室、文化課、郷土博物館、体育課、文化会館)

議会事務局、出納室、選挙管理委員会、公平委員会

建設部(監理室、建設課、建築課、下水道課、水質浄化センター、用地課)

都市開発部(都市計画課、区画整理課、公園緑地課、万葉の里城山記念館、運動公園管理事務所、駅南土地区画整理事務所、新都市開発事務所)

3、他市議会議員が次のとおり来庁されました。

 ・1月19日 群馬県大泉町議会議員一行    6名

                                             (以  上)





△会期の決定



○議長(小暮欣一君) これより日程に入ります。

 日程第1、会期の決定を議題といたします。

 お諮りいたします。今期定例会の会期は本日から3月9日まで21日間にいたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小暮欣一君) ご異議なしと認めます。

 よって、会期は21日間と決定いたしました。





△会議録署名議員の指名



○議長(小暮欣一君) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

 会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、3番、島田一男君、27番、高橋孝之君を指名いたします。

 以上のとおりお願いいたします。





△陳情第8号の取り下げ



○議長(小暮欣一君) 日程第3、陳情第8号の取り下げについてを議題といたします。

 陳情第8号 「やっぱり食べたい日本のお米」「大いに米を作ろう」の国民の声を実現するための陳情書について、提出者、上三川町多功2522番地106、農民運動栃木県連合会会長鶴見和也氏より、1月31日付をもって取り下げたい旨の申請書が文書をもって議長あてに提出されております。本件はこの際朗読を省略し、要旨を会議録に登載のことといたします。



    写

       「やっぱり食べたい日本のお米」「大いに米を作ろう」の

       国民の声を実現するための陳情書について

 

 平成6年8月22日付で提出いたしました上記の陳情書については、都合により取り下げいたしたいので、よろしくお取計くださるよう申請いたします。

 

 平成7年1月31日

 

佐野市議会議長 小 暮 欣 一 様

 

                              陳情人 住所 上三川町多功2522-106

                                     農民運動栃木県連合会

                                  氏名 会長 鶴 見 和 也 印





○議長(小暮欣一君) お諮りいたします。

 本件に対する質疑及び討論はこれを省略したいと思います。ご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小暮欣一君) ご異議なしと認めます。

 よって、さよう決定いたしました。

 お諮りいたします。本件の取り下げについてはこれを承認することにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小暮欣一君) ご異議なしと認めます。

 よって、陳情第8号の取り下げについてはこれを承認することに決定いたしました。





△市長提出議案第1号から第25号まで



○議長(小暮欣一君) 日程第4、市長提出議案第1号から第25号まで、以上25件を一括して議題といたします。

 当局の提案理由の説明を求めます。

 市長、毛塚吉太郎君。

         (市長 毛塚君登壇)



◎市長(毛塚吉太郎君) それでは、議案第1号から第25号まで、順次ご説明を申し上げます。

 まず、議案第1号 佐野市議会議員選挙における選挙公報の発行に関する条例及び佐野市長選挙における選挙公報の発行に関する条例の改正についてでございますが、公職選挙法の一部を改正する法律が施行されたことに伴いまして、佐野市議会議員選挙における選挙公報の発行に関する条例及び佐野市長選挙における選挙公報の発行に関する条例について関係条文の整理等を行うため、提案するものでございます。

 次に、議案第2号 佐野市議会議員及び佐野市長の選挙における選挙運動の公費負担に関する条例の改正についてでございますが、本案につきましても公職選挙法の一部を改正する法律の施行に伴うものでございまして、関係条文の整理を行うため、提案するものでございます。

 次に、議案第3号 佐野市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の制定についてでございますが、国家公務員の一般職の職員の勤務時間、休暇等に関する法律の施行に伴いまして、佐野市職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例の全文を改正したく提案するものでございます。

 次に、議案第4号 佐野市職員の給与に関する条例の改正についてでございますが、本案につきましても国家公務員の一般職の職員の勤務時間、休暇等に関する法律の施行に伴い、本条例を改正したく提案するものでございます。

 次に、議案第5号 佐野市職員の特殊勤務手当に関する条例の改正についてでございますが、水質浄化センターを栃木県に処分することに伴い、本条例を改正したく提案するものでございます。

 次に、議案第6号 佐野市職員の退職手当に関する条例の改正についてでございますが、雇用保険法等の一部を改正する法律の施行に伴いまして、関係条文の整理を行いたく提案するものでございます。

 次に、議案第7号 佐野市職員等公務災害見舞金支給条例の制定についてでございますが、本市の職員等が公務上の災害等を受けた場合に、公務災害見舞金を支給するため、本条例を制定したく提案するものでございます。

 次に、議案第8号 佐野市保育所条例の改正についてでございますが、赤坂保育園の改築移転に伴いその位置を変更するため、本条例を改正したく提案するものでございます。

 次に、議案第9号 佐野市国民健康保険条例の改正についてでございますが、健康保険法等の一部を改正する法律の施行に伴い、本条例を改正したく提案するものでございます。

 次に、議案第10号 佐野市企業職員の給与の種類および基準に関する条例の改正についてでございますが、本案につきましても国家公務員の一般職の職員の勤務時間、休暇等に関する法律の施行に伴い、本条例を改正したく提案するものでございます。

 次に、議案第11号 佐野市青少年教育キャンプ場設置条例等の改正についてでございますが、両毛広域都市圏内の住民による圏域内公共施設の相互利用を行うため、佐野市青少年教育キャンプ場設置条例、佐野市文化会館、佐野市体育施設設置及び管理条例を改正したく提案するものでございます。

 次に、議案第12号 佐野市市民保養施設条例の制定についてでございますが、日光市に建設を進めております市民保養施設の設置に伴い、本条例を制定したく提案するものでございます。

 次に、議案第13号 佐野市指定金融機関の指定についてでございますが、現在本市の指定金融機関であります株式会社足利銀行佐野支店との指定契約期間が本年3月31日をもって満了となりますので、今後3年間の指定金融機関として、引き続き株式会社足利銀行佐野支店を指定したく提案するものでございます。

 次に、議案第14号 平成6年度佐野市一般会計補正予算(第4号)について説明を申し上げます。第1条、歳入歳出予算の補正といたしましては、2ページから5ページにかけての第1表、歳入歳出予算補正のとおり、2億2,406万7,000円の減額をお願いするものでございます。

 第2条、継続費の補正といたしましては、6ページ、第2表、継続費補正のとおり、米山団地(高層2号棟)建設事業外1件について変更をお願いするものでございます。

 第3条、繰越明許費の補正といたしましては、6ページ、第3表、繰越明許費補正のとおり、朱雀土地区画整理事業外1件について追加をお願いするものでございます。

 第4条、債務負担行為の補正といたしましては、7ページ、第4表、債務負担行為補正のとおり、佐野市運動公園整備事業について追加をお願いするものでございます。

 第5条、地方債の補正といたしましては、7ページから8ページにかけての第5表、地方債補正のとおり、市道16号線新設事業費について追加、また厚生福祉施設整備事業費外11件について変更をお願いするものでございます。

 それでは、11ページの歳入から説明を申し上げます。2款地方譲与税といたしましては8,800万円の増額でございます。

 次に、3款利子割交付金1億3,000万円の増額、12ページに移りまして、6款自動車取得税交付金4,000万円の増額につきましては、これまでの収入状況等により見込んだものでございます。

 次に、7款地方交付税3億7,756万6,000円の増額につきましては、普通交付税の確定に伴い、補正をお願いするものでございます。

 次に、13ページ、11款国庫支出金でございますが、3,161万6,000円の減額でございます。内容につきましては、説明欄に記載のとおりでございます。

 次に、14ページの12款県支出金でございますが、1,445万円の減額でございます。内容につきましては、説明欄に記載のとおりでありますが、減額の主なものといたしましては、3項1目総務費委託金の県税徴収委託金1,750万円の減でございます。

 次に、15ページの13款財産収入でございますが、財政調整基金外3件の基金利子の増加と土地売払収入の減額をお願いするものでございます。

 次に、14款寄附金につきましては、指定寄附金518万7,000円の追加計上でございます。

 次に、16ページの15款繰入金でございますが、財政調整基金繰入金1億3,770万9,000円の減額、減債基金繰入金4億5,074万7,000円の減額、住宅新築資金等貸付基金繰入金95万5,000円の追加計上でございます。

 次に、16款繰越金でございますが、前年度からの繰越金を今回4,017万4,000円の追加計上をするものでございます。

 次に、17ページの17款諸収入につきましては593万6,000円の追加でございます。内容につきましては、住宅新築資金等貸付金元利収入でございます。

 次に、17ページから18ページにかけての18款市債でございますが、起債対象事業費の確定による増減と減収補てん債を各事業に振り分けての追加計上、さらに市民税等減税補てん債の確定による減額でございます。

 次に、19ページからの歳出について説明を申し上げます。まず、2款総務費でございますが、5,080万8,000円の追加計上でございます。主な内容といたしますと、退職手当5,844万8,000円の追加計上と住宅新築資金等貸付事業費1,870万円の減額でございます。

 次に、20ページ、3款民生費でございますが、1,891万9,000円の減額でございます。主な内容につきましては、国民健康保険事業費特別会計繰出金3,136万2,000円と市民保養施設(仮称)事業費特別会計繰出金740万円の追加計上でございます。なお、赤坂デイサービスセンター建設事業費1,125万9,000円と保育所改築事業費5,812万9,000円は減額補正でございます。

 次に、21ページ、4款衛生費でございますが、1,457万9,000円の追加計上でございまして、内容につきましては、休日・夜間診療所運営交付金と過年度分の国・県支出金の精算確定に伴う返納金及び合併処理浄化槽設置費整備事業費の増額でございます。

 次に、22ページ、6款農林水産業費でございますが、368万3,000円の追加計上でございます。主な内容といたしましては、かんがい排水事業費795万円の増額、農業集落排水事業費特別会計繰出金672万8,000円の減額でございます。

 次に、7款商工費でございますが、4,142万2,000円の減額でございます。内容につきましては、万葉自然公園かたくりの里整備事業費の減でございます。

 次に、23ページから24ページにかけての8款土木費でございますが、2億3,507万6,000円の減額でございまして、主に国庫補助事業費等の確定に伴い減額補正をお願いするものでございます。

 次に、25ページ、9款消防費でございますが、265万4,000円の追加計上でございます。内容につきましては、消防団活動諸費でございます。

 次に、25ページから26ページにかけての10款教育費でございますが、1,376万7,000円の減額でございます。内容につきましては、説明欄に記載のとおりでございますが、主なものいたしましては、退職手当2,955万円の追加と学校体育館大規模改造事業費1,489万5,000円の減、並びに中央兼佐野地区公民館(仮称)建設事業費3,487万7,000円の減額でございます。

 次に、27ページ、12款公債費でございますが、1,339万3,000円の追加計上でございます。主な内容につきましては、住宅新築基金等貸付金の繰上償還及び利子分の見込みに伴うものでございます。

 次に、議案第15号 平成6年度佐野市国民健康保険事業費特別会計補正予算(第2号)について説明を申し上げます。第1条、歳入歳出予算の補正といたしましては、34ページから35ページにかけての第1表、歳入歳出予算補正のとおり6,916万9,000円の増額をお願いするものでございます。

 それでは、38ページの歳入から説明を申し上げます。まず、4款国庫支出金でございますが、2,047万3,000円の追加計上でございます。内容につきましては、現年度療養給付費等負担金でございます。

 次に、8款財産収入でございますが、430万9,000円の追加計上でございます。内容につきましては、預金利子でございます。

 次に、39ページ、10款繰入金でございますが、3,136万2,000円の追加計上で、内容につきましては、一般会計からの繰入金でございます。

 次に、11款繰越金でございますが、1,302万5,000円の追加計上でございます。主な内容につきましては、前年度からの繰越金を今回1,402万5,000円の追加計上するものでございます。

 次に、40ページからの歳出でございますが、3款老人保健拠出金は5,149万8,000円の追加計上でございます。内容は、老人保健医療費拠出金並びに老人保健事務費拠出金でございます。

 次に、6款積立金でございますが、430万9,000円の追加計上でございます。内容は、国民健康保険財政調整基金積立金でございます。

 次に、41ページ、8款諸支出金でございますが、1,336万2,000円の追加計上でございます。内容は、償還金でございます。

 次に、議案第16号 平成6年度佐野市公共下水道事業費特別会計補正予算(第3号)について説明を申し上げます。第1条、歳入歳出予算の補正といたしましては、44ページから45ページにかけての第1表、歳入歳出予算補正のとおり、3億3,500万円の減額をお願いするものでございます。

 第2条、地方債の補正といたしましては、45ページの第2表、地方債補正のとおり、公共下水道事業費について変更をお願いするものでございます。

 それでは、48ページの歳入から説明を申し上げます。1款分担金及び負担金でございますが、2,000万円の減額でございます。内容は、下水道事業費負担金でございます。

 次に、3款国庫支出金でございますが、1億4,270万円の減額でございます。内容は、公共下水道事業費補助金でございます。

 次に、49ページ、6款繰入金でございますが、6,227万6,000円の減額でございます。内容は、一般会計繰入金でございます。

 次に、7款繰越金でございますが、前年度からの繰越金を今回4,817万6,000円を追加計上するものでございます。

 次に、50ページ、9款市債でございますが、1億5,820万円の減額でございます。内容は、公共下水道事業債でございます。

 次に、歳出でございますが、2款公共下水道施設管理費につきましては2,500万円の減額でございます。内容は、管渠維持管理費でございます。

 次に、51ページ、3款公共下水道建設費でございますが、3億1,000万円の減額でございます。内容は、管渠等建設費及び流域下水道建設負担金でございます。

 次に、議案第17号 平成6年度佐野市農業集落排水事業費特別会計補正予算(第1号)について説明を申し上げます。第1条、歳入予算の補正といたしましては、54ページの第1表、歳入予算補正のとおり、歳入予算の補正のみでございます。

 それでは、55ページをお開きいただきます。2款使用料及び手数料でございますが、331万3,000円の減額でございます。内容は、農業集落排水使用料でございます。

 次に、56ページ、3款繰入金でございますが、672万8,000円の減額でございます。内容は、一般会計繰入金でございます。

 次に、4款繰越金でございますが、1,004万1,000円の追加計上でございます。内容は、前年度からの繰越金でございます。

 次に、議案第18号 平成6年度佐野市市民保養施設(仮称)事業費特別会計補正予算(第1号)について説明を申し上げます。第1条、歳入歳出予算の補正といたしましては、58ページの第1表、歳入歳出予算補正のとおり、9,220万円の減額をお願いするものでございます。

 第2条、継続費の補正といたしましては、59ページ、第2表、継続費補正のとおり、市民保養施設(仮称)建設事業費について変更をお願いするものでございます。

 第3条、地方債の補正といたしまして、59ページ、第3表、地方債補正のとおり、市民保養施設(仮称)建設事業費について変更をお願いするものでございます。

 それでは、62ページの歳入から説明を申し上げます。1款繰入金でございますが、740万円の追加計上でございます。内容は、一般会計繰入金でございます。

 次に、2款市債でございますが、9,960万円の減額でございます。内容は、市民保養施設(仮称)事業債でございます。

 次に、63ページの歳出でございますが、1款市民保養施設(仮称)建設事業費が9,225万円の減額でございます。内容は、市民保養施設(仮称)建設事業費でございます。

 次に、2款公債費でございますが、5万円の追加計上でございます。内容は、当初の登録手数料でございます。

 次に、議案第19号 平成7年度佐野市一般会計予算から議案第25号 平成7年度佐野市水道事業会計予算までにつきましては、既にお配りしてあります平成7年度予算案の大綱についてを朗読し、提案に当たっての説明とさせていただきます。

 議案第19号から議案第25号までの平成7年度一般会計、各特別会計及び公営企業会計の予算(案)を提出するに当たり、その大綱を申し上げ、議員各位のご理解とご協力を心からお願いするものでございます。

 平成7年度の当初予算の規模は、一般会計255億8,500万円、特別会計135億2,030万円、水道事業会計につきましては、収入18億901万7,000円、支出22億9,736万9,000円でございます。

 国の内外で政治や経済が激動しているなか、国民は多様な価値観をもちながら、豊かさとゆとりが実感できるライフスタイルを求めています。

 このような状況下、市民の期待にこたえ、市民生活に密着した施策や地域の特色を生かした福祉の充実、産業・教育・文化の振興を推進するために、地方公共団体は21世紀へ向けての新たな取り組みが緊急の課題となっております。

 平成6年度は、時代の潮流であります国際化にふさわしくアメリカ合衆国ペンシルバニア州ランカスター市と姉妹都市を提携し、さらに教育、文化、経済、スポーツ等各分野にわたる交流が新たな幕を開けた年でございました。また、「楽習のまち佐野」の都市宣言をより具現化するため生涯学習のセンター的役割を持ちます中央兼佐野地区公民館と、観光と地場産業の振興としての観光物産会館のふたつの機能を備えた「さのふれあいセンター」が完成し、今春には開館の運びとなっているところでもございます。

 さて、平成7年度につきましては第3次佐野市振興計画の後期基本計画の最終年度にあたり、豊かな美しい自然環境と優れた歴史・文化の調和する「人間・環境都市」の目標に向かって、諸施策の実施に全力を傾注していきたいと考えております。

 本市は、緑豊かな自然と首都圏に位置しているという立地条件に恵まれ、また東北自動車道や国道50号などの道路網に加え、近い将来には市北部に北関東自動車道のインターチェンジが予定されているなど、交通の要衝の地として期待されておるところでもございます。

 このような条件を生かしながら市民の皆さまが住んでよかったと幸せを感じる街、訪れた方が住みたくなる魅力ある佐野市の実現に向け、議員の皆さまのご協力を得ながら、市民の皆さまと力を合わせ邁進しているところでございます。

 さて、国の経済は所得税減税や昨夏の猛暑によって個人消費がもち直し、やや明るいきざしが見え、緩やかながら回復の方向に向かっておりますが、為替相場の動向や設備投資の遅れ、加えて亡くなった方が5,200人を超える大惨事となりました阪神大震災の影響により、その足どりは重く、本格的な回復は不透明な状況になっております。国の平成7年度予算(政府案)におきましても、国債依存度が依然として高水準で推移し、国債残高が平成7年度末で210兆円を突破する見込みとなり、財政構造はさらに厳しい状況になっており、さらに阪神大震災の復興財源によって地方財政にも影響が出てくるものと考えられます。

 このような経済状況の中で、平成7年度の予算を編成したわけでありますが、市政執行の大命題は「市民福祉の向上」であります。どのような経済環境でも行政水準の低下を来すことのないように、健全財政を堅持しながら市民のニーズに合った施策を積極的、総合的に展開していきたいと考えております。

 それでは、平成7年度予算(案)の概要等につきまして説明を申し上げます。

 まず、基礎的条件の整備でございますが、21世紀を展望した本市のメインプロジェクトであります新都市開発整備事業を、より積極的に推進してまいります。

 次に、中心市街地の活性化対策であります佐野駅南土地区画整理事業につきましては、予算を増額して計上し、進捗を図ってまいりたいと思っております。また、JR佐野駅前に自転車駐車場を整備すべく計画策定委託費を計上したところでもございます。

 次に、周辺市街地の開発、整備でございますが、優良なニュータウンづくりのため朱雀土地区画整理事業や高萩土地区画整理事業などにつきましても所要の予算を計上し推進を図っていきたいと思っております。

 次に、日常生活に緑とゆとりをもたらす公園の整備につきましては、運動公園を初め、他の公園につきましても充実を図るとともに、地域の人々が安心して遊び、集い、語り合うコミュニティ空間としての街区公園整備事業費を新たに計上いたしました。

 次に、生活環境の整備でございますが、現在、社会問題となっております、ごみ処理対策につきましては、引き続きごみ焼却委託事業費を計上いたしまして増大し多様化するごみに対応するほか、資源のリサイクルや環境保護のため、資源ごみ集団回収報償金制度事業費の増額や、ごみ減量推進モデル町会事業費を新たに計上いたしました。さらに、地球的規模で問題となっておりますフロンガスにつきましても回収事業費を新たに計上いたしました。なお、将来の新しいごみ処理施設の建設調査事業費も継続して計上いたしております。

 また、合併処理浄化槽設置整備事業につきましても、多くの市民からの要望を取り入れ、充実を図ったところでもございます。このほか、阪神大震災を教訓に佐野市の防災対策をより推進する事業や、市民生活に密着する下水道事業についても所要額を計上いたしました。

 次に、公営住宅の整備につきましては平成6年度に完成する米山住宅高層2号棟に引き続き、同じく米山住宅中層7号棟及び8号棟の建設に着手するほか、石塚住宅においては外壁改修事業を順次行い、良質な住宅と良好な住環境を提供していきたいと思っております。

 次に、深刻化する交通事故につきましては、事故撲滅のため各種施策を行っておりますが、新規に交通安全まちづくり推進事業費を計上し、交通事故の減少を目指していきたいと思います。

 次に、福祉の向上と保健医療の充実でございますが、改築されました赤坂保育園に併設のデイサービスセンターが運営を開始いたします。また、福祉の拠点の一つでもあります茂呂山福祉会館に体の不自由な方々のためにリフトつきバスを新規購入し、大いに利用していただくつもりでもございます。

 さらに、お年寄りや障害者の方々のために引き続き福祉タクシー券の給付事業費も計上したほか、重度心身障害児者の方々のためにデイケアセンターを移設し施設整備の充実を図りたいと思います。

 このほか、本市は全国に先駆け「こどもの街」宣言をして動く天文台アストロカー「シリウス」の導入など諸施策を展開しておりますが、さらに予算を増額して事業を推進するほか、学童保育施設を新たに増設する留守家庭児童保育対策事業や児童の健全育成と親子のふれ合い等を促進するための総合児童センター(仮称)の建設調査事業にも所要額を計上いたしました。

 また、高齢化社会を迎えた今日、寝たきりで歯科治療が受けられないお年寄りのために老人歯科保健事業実現に向けてスタートをさせます。

 このほか、最近問題になっております婦人に多い骨粗鬆症を予防し健康を守る事業や、在宅医療の充実と推進を図る訪問看護ステーション事業も新規で計上したところでございます。

 次に、教育、文化及びスポーツ、レクリエーションの施設及び振興につきましては、昨年度に引き続き学校プール改築や学校の会議室に空調設備を年次計画で整備するほか、ランカスター市より英語指導助手を招き、本市の英語教育の充実に一役かっていただくことになっております。

 また、新規といたしましては柔剣道場新築事業や、初めての試みといたしまして市民に学校の教室を活用していただく学校教室開放事業、さらに子供たちにごみの減量化とリサイクルの精神を高めてもらう、生ごみ処理機設置事業費も計上したところでございます。

 社会教育関係といたしましては、「文化の国体」と呼ばれます第10回国民文化祭開催事業費を計上して成功を期するほか、新都市開発整備事業をスムーズに進めるための佐野新都市埋蔵文化財発掘調査事業費を計上いたしました。このほか、本市の芸術・文化の振興を図るとともに文化財の保護・活用をする市民文化振興事業団育成事業にも所要額を計上いたしましたほか、田中正造翁を顕彰する遺墨集の作成事業、さらには文化会館や赤見地区公民館などの維持補修にも意を用いたところでございます。

 次に、社会体育関係といたしましては、新規に平成8年度に本市で行われる全国ソフトバレー・ファミリーフェスティバルの開催準備事業費を計上いたしましたほか、お年寄りにゲートボールを雨天等でも楽しんでいただけるように屋内ゲートボール場の建設調査事業費、並びに根強いファンの多い弓道につきましても弓道場の建設調査事業費をそれぞれ計上させていただきました。

 次に、産業の振興対策でございますが、3月に設立が予定されます農業公社の運営支援事業費を計上したほか、農業者の育成・従事者の確保を推進する農業者地域就業確立支援対策事業費を充実いたしました。

 また、農道整備事業につきましては、新規にふるさと農道緊急整備事業費(並木町大門地区)や、県単独農道整備事業費(飯田地区)などを計上いたしました。

 このほか、地場産業を側面から支える制度融資や、勤労者の持ち家や増改築を促進する住宅資金貸付預託事業等も充実して計上いたしました。

 次に、観光関係につきましては前段で触れておりますとおり観光物産会館の運営事業や、唐沢山をより観光資源として整備を図る唐沢山フレッシュアップ整備事業費も新たに計上させていただきました。

 次に、その他といたしましては「県民の日」が平成7年度は本市がメイン会場になるため、記念行事開催事業費、またお年寄りや体の不自由な方々の交通手段を確保するための路線バス対策調査事業費も計上してございます。さらに、行財政運営の合理化とOA化を推進するため、総合的行政情報システム事業費を新規に計上いたしました。

 以上が平成7年度予算(案)の大綱でございます。なお、総体といたしますと、景気はやや回復傾向に向かっているものの、依然、基調は厳しい経済環境に変わりはございません。

 その中で、引き続き行政の簡素化、効率化と経常経費の節減を常に念頭に置き、さらに事業費におきましても、既存事業につきましては事業内容などを見直し、新規事業については市民の要望等を取り入れ、その結果、福祉、教育など各分野にきめ細かく予算計上させていただいたものでございます。

 また、年々、市民の意欲が高まりつつあります生涯学習につきましては、平成7年度も積極的に取り組んでいくと同時に、潤いと安らぎの場の施設として日光市中禅寺湖畔に建設中の市民保養施設も10月にはオープンし、生涯学習の場のひとつとして、大いに機能が発揮できるものと考えております。

 以上の施策の実施に当たりましては、市民の皆さまの深いご理解とご協力が必要でございます。私は、職員と心をひとつにいたしまして創意と工夫と熱意で、厳しい社会経済の難局を乗りきり、なお一層、ぬくもりと愛情が感じられる佐野市実現のため全力を傾ける所存でございますので、議員各位並びに市民の皆さまの特段のご指導、ご協力を心からお願い申し上げて予算大綱の説明とさせていただきます。

 最後に付け加えさせていただきますが、このたびの阪神・淡路大震災に際しましては、多くの市民の皆さまや各種団体、事業所から物資や義援金を大変多くいただきまして本当にありがたいと感謝申し上げると同時に、早速被災地へ送らせていただいたことをご報告をさせていただきますが、実は今朝ほど、栃木県の中華環境衛生同業組合が昨日、県の支部長会議が開かれたそうでございますが、その席上、15日の日に全国の中華環境衛生同業組合の支部長さんの会議で、これ東京で開催されたのだそうですが、その席上、兵庫県の支部長から、阪神・淡路大震災に際し全国から支援が寄せられているそうでありますが、特に栃木県佐野市という遠方の方からめん類の炊き出し隊が来られ、西宮市民を慰問していただいている。これは1月30日、31日、2月の1日、3日間でございましたけれども、大変この3日間はみぞれまじりの寒い1日だったそうでございますけれども、大変ありがたかったということが報告をされたようでございます。私どもの方にもそのようなお話が入ってまいりまして、ぜひよろしくというお話をいただいております。

 以上が議案25件についての内容でございます。何とぞよろしくご審議の上、原案どおりお認めいただきますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(小暮欣一君) 以上をもって当局の説明は終わりました。

 この際、お諮りいたします。ただいま上程中の案件は審議を中止し、事後の審議に繰り延べたいと思います。これにご異議ありませんか。

         (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(小暮欣一君) ご異議なしと認めます。

 よって、本日程の審議を繰り延べ、改めて議題とすることに決定いたしました。

 この際、申し上げます。明2月18日は休日のため、19日は日曜日のため休会といたします。

 以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。

 次回は2月20日月曜日午前10時より本会議を開きます。ご了承願います。

 本日はこれをもって散会いたします。

         午前10時59分散会