議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 佐野市

平成18年  9月 定例会(第3回) 09月01日−議案説明・質疑・委員会付託・表決−01号




平成18年  9月 定例会(第3回) − 09月01日−議案説明・質疑・委員会付託・表決−01号







平成18年  9月 定例会(第3回)






        平成18年第3回佐野市議会定例会会議録(第1号)

9月1日(金曜日)
 出席議員(31名)
    1 番   岡  村  恵  子          2 番   鶴  見  義  明
    3 番   大  川  圭  吾          4 番   本  郷  淳  一
    5 番   若 田 部  治  彦          6 番   春  山  敏  明
    7 番   金  子  保  利          8 番   蓼  沼  一  弘
    9 番   平  塚  敏  夫         10 番   藤  倉  義  雄
   11 番   荒  井  仁  市         12 番   飯  田  昌  弘
   13 番   篠  原  一  世         14 番   山  菅  直  己
   15 番   荒  居     聰         16 番   山  口     孝
   17 番   寺  内  冨 士 夫         18 番   内  田  清  美
   19 番   義  本  美 智 江         20 番   林     敬  忠
   21 番   赤  坂     孜         23 番   岩  崎  俊  道
   24 番   飯  塚  昭  和         25 番   野  口  仙  一
   26 番   山  越  密  雄         27 番   青  木  栄  吉
   28 番   笠  原  敏  夫         29 番   亀  田     清
   30 番   長  島  明  二         31 番   高  橋     功
   32 番   寺  内  一  夫

 欠席議員(1名)
   22 番   佐  瀬     實

 地方自治法第121条の規定に基づく出席要求による出席者
  市   長   岡  部  正  英        助   役   倉  持  和  司

  収 入 役   石  田  正  已        総   合   萩  原     進
                            政 策 部長

  行   政   須  藤  作  次        市   民   飯  田  眞  一
  経 営 部長                     生 活 部長

  健   康   佐  藤  宣  雄        産   業   落  合  昭  雄
  福 祉 部長                     文 化 部長

  都   市   佐  野     博        田   沼   立  川  栄 次 郎
  建 設 部長                     総 合 行政
                            センター長

  葛   生   森  下  伸  夫        市民病院長   門  脇     淳
  総 合 行政
  センター長

  市 民 病院   中  里  博  行        水 道 局長   小  林     晋
  事 務 部長

  消 防 長   田  村  浩  史        教 育 長   落  合  一  義
  教   育   竹  川  常  光        生   涯   落  合     潔
  総 務 部長                     学 習 部長

  監 査 委員   小  暮  敏  夫        農業委員会   柿  沼  一  男
  事 務 局長                     事 務 局長

 事務局職員出席者
  事 務 局長   嶋  田  修  一        議 事 課長   大  川     勇

 議事日程第1号
  日程第1  会期の決定について                                    
  日程第2  会議録署名議員の指名について                               
  日程第3  報告第 13号 株式会社どまんなかたぬまの経営状況を説明する書類の提出について      
    〃    報告第 14号 財団法人両毛地区勤労者福祉共済会の経営状況を説明する書類の提出について  
    〃    報告第 15号 市長の専決処分事項報告について                      
    〃    報告第 16号 市長の専決処分事項報告について                      
  日程第4  議案第 79号 市長の専決処分事項承認について                      
    〃    議案第 80号 市長の専決処分事項承認について                      
  日程第5  議案第 81号 人権擁護委員候補者の推薦について                     
  日程第6  議案第 82号 人権擁護委員候補者の推薦について                     
  日程第7  議案第 83号 人権擁護委員候補者の推薦について                     
  日程第8  議案第 84号 人権擁護委員候補者の推薦について                     
  日程第9  議案第 85号 佐野市監査委員条例の改正について                     
    〃    議案第 86号 佐野市公益法人等への職員の派遣等に関する条例の改正について        
    〃    議案第 87号 佐野市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の改正につい
                て                                    
    〃    議案第 88号 佐野市葛生あくとプラザ条例の制定について                 
    〃    議案第 89号 佐野市国民健康保険条例の改正について                   
    〃    議案第 90号 佐野共同高等産業技術学校条例の制定について                
    〃    議案第 91号 字の廃止並びに町及び字の区域の変更について                
    〃    議案第 92号 市道路線の認定について                          
    〃    議案第 93号 市道路線の廃止について                          
    〃    議案第 94号 市道路線の変更について                          
    〃    議案第 95号 平成17年度佐野市一般会計歳入歳出決算の認定について           
    〃    議案第 96号 平成17年度佐野市国民健康保険事業特別会計(事業勘定)歳入歳出決算の認定に
                ついて                                  
    〃    議案第 97号 平成17年度佐野市国民健康保険事業特別会計(直営診療施設勘定)歳入歳出決算
                の認定について                              
    〃    議案第 98号 平成17年度佐野市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算の認定について    
    〃    議案第 99号 平成17年度佐野市老人保健事業特別会計歳入歳出決算の認定について     
    〃    議案第100号 平成17年度佐野市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算の認定について   
    〃    議案第101号 平成17年度佐野市自家用有償バス事業特別会計歳入歳出決算の認定について  
    〃    議案第102号 平成17年度佐野市市民保養施設事業特別会計歳入歳出決算の認定について   
    〃    議案第103号 平成17年度佐野市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)歳入歳出決算の認定に
                ついて                                  
    〃    議案第104号 平成17年度佐野市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)歳入歳出決算
                の認定について                              
    〃    議案第105号 平成17年度佐野市水道事業会計決算の認定について             
    〃    議案第106号 平成17年度佐野市病院事業会計決算の認定について             
    〃    議案第107号 平成18年度佐野市一般会計補正予算(第3号)               
    〃    議案第108号 平成18年度佐野市国民健康保険事業特別会計(事業勘定)補正予算(第1号) 
    〃    議案第109号 平成18年度佐野市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)        
    〃    議案第110号 平成18年度佐野市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)         
    〃    議案第111号 平成18年度佐野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)       
    〃    議案第112号 平成18年度佐野市自家用有償バス事業特別会計補正予算(第1号)      
    〃    議案第113号 平成18年度佐野市市民保養施設事業特別会計補正予算(第1号)       
    〃    議案第114号 平成18年度佐野市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号) 
    〃    議案第115号 平成18年度佐野市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)補正予算(第
                1号)                                  
    〃    議案第116号 平成18年度佐野市病院事業会計補正予算(第1号)             

 本日の会議に付議した事件
  日程第1  会期の決定について
        (平成18年9月1日〜9月22日)22日間
  日程第2  会議録署名議員の指名について
        (6番 春山敏明議員、25番 野口仙一議員)
  日程第3  報告第13号から第16号までについて
        (説明、質疑)
  日程第4  議案第79号及び議案第80号について
        (提案説明、質疑、討論、表決)
  日程第5  議案第81号について
        (提案説明、質疑、表決)
  日程第6  議案第82号について
        (提案説明、質疑、表決)
  日程第7  議案第83号について
        (提案説明、質疑、表決)
  日程第8  議案第84号について
        (提案説明、質疑、表決)
  日程第9  議案第85号から第116号までについて
        (提案説明)
  追加日程  報告第17号 市長の専決処分事項報告について
    〃    陳情第4号 正しい申告と租税の期限内完納の宣言に関する陳情








○議長(山越密雄) 開会に先立ち、事務局長をして出席議員数並びに本日の議事日程について報告いたさせます。

  事務局長。



◎事務局長(嶋田修一) ご報告申し上げます。

  ただいまの出席議員数並びに本日の議事日程についてご報告申し上げます。

  ただいまの出席議員数は31名でございます。

  なお、本日の議事日程につきましては、お手元に配布してございます議事日程第1号のとおりでございます。日程第1、会期の決定について、日程第2、会議録署名議員の指名について、日程第3、報告第13号から第16号までについて、日程第4、議案第79号及び議案第80号について、日程第5、議案第81号について、日程第6、議案第82号について、日程第7、議案第83号について、日程第8、議案第84号について、日程第9、議案第85号から第116号までについて、以上のとおりでございます。

  次に、本日お手元に配布いたしました文書につきましては、ただいまご報告を申し上げました議事日程のほか、会議予定表、付議事件表(その2)、事務報告書、地方自治法第121条の規定に基づく出席要求による出席者一覧表、一般質問通告一覧表及び正誤表でございますので、お改めをいただきたいと思います。

  なお、議案第106号 平成17年度佐野市病院事業会計決算書のうち建設工事の請負業者名及び議案第116号 平成18年度佐野市病院事業会計補正予算書(第1号)のうち明細書の目に誤りがありましたので、正誤表のとおりご訂正をお願いいたします。

  以上で報告を終わります。

                                                   

          午前10時05分開会



○議長(山越密雄) ただいまより平成18年第3回佐野市議会定例会を開会いたします。

  これより本日の会議を開きます。

                                                   



○議長(山越密雄) 本定例会開会に当たり、8月25日及び本日、議会運営委員会を開催いたしました。よって、その結果を委員長より報告を求めることにいたします。

  議会運営委員会委員長、平塚敏夫議員。

          (委員長 平塚議員登壇)



◎議会運営委員会委員長(平塚敏夫) 平成18年第3回佐野市議会定例会開会に当たり、去る8月25日に開催されました議会運営委員会の結果についてご報告申し上げます。

  まず、議案の取り扱いでございますが、報告第13号から第16号までについては、先例により説明、質疑をもって終わらせていただきます。

  次に、議案第79号及び議案第80号の市長の専決処分事項承認については、先例により提案理由の説明、質疑の後、委員会の付託は省略し、即決願うことに決定いたしました。

  次に、議案第81号から第84号までについては、人事に関する案件でございますので、提案理由の説明、質疑の後、先例により委員会の付託、討論を省略して即決することに決定いたしました。

  次に、議案第85号から第94号まで及び議案第108号から第116号までについては、提案理由の説明、質疑の後、いずれも所管の常任委員会に付託して審査をお願いし、議案第107号の一般会計補正予算(第3号)については、関係部分を所管の常任委員会に分割付託して審査をお願いすることに決定いたしました。

  次に、議案第95号から第106号まで、以上12件の平成17年度一般会計及び各特別会計歳入歳出決算並びに水道事業会計及び病院事業会計決算の認定については、提案理由の説明、質疑の後、議員全員をもって構成する決算審査特別委員会を設置し、これに付託して審査をお願いすることに決定いたしました。

  次に、今期定例会に陳情1件が提出されております。この取り扱いについては、本日の日程に追加し、所管の常任委員会に付託して審査することに決定いたしました。

  会議予定、議事日程については、本日お手元に配布してありますとおりでございます。

  以上を勘案して、今期定例会は本日から9月22日までの都合22日間と決定した次第でございます。

  引き続いて、本日本会議開会前に開かれました議会運営委員会の協議の結果についてご報告を申し上げます。今期定例会に報告1件が追加提出されました。この取り扱いについては、本日の日程に追加して議題とし、説明、質疑をもって終わらせていただくものでございます。

  以上、当委員会の決定に対し、議員各位のご賛同を賜りますようお願い申し上げまして、報告といたします。



○議長(山越密雄) 以上で議会運営委員会委員長の報告は終わりました。ご了承願います。

                                                   



○議長(山越密雄) この際、日程に入るに先立ち、事務局長をして諸般にわたり報告をいたさせます。

  事務局長。



◎事務局長(嶋田修一) ご報告申し上げます。

  平成18年第2回佐野市議会定例会以降の事務取り扱いにつきましては、お手元に差し上げてございます事務報告書のとおりでございますので、朗読を省略させていただきまして、本報告書をもってご了承いただきたいと思います。

  次に、地方自治法第121条の規定に基づく出席要求による出席者につきましては、お手元に配布してございます一覧表のとおりでございますので、ご了承をいただきたいと思います。

  以上で報告を終わります。

                                                   

                    事 務 報 告 書

                                     佐 野 市 議 会

  平成18年6月2日開会し、6月16日閉会した平成18年第2回佐野市議会定例会以降の取扱事項を次のとおり報告します。

 1 議長会議について

  ・6月29日 太田市において両毛五市議会議長会臨時会が開催され、「みどり市の加入について」外1件について協議され、みどり市の加入を承認し、「両毛六市議会議長会」と名称が改められました。

   同日、両毛六市議会議長会定例会が開催され、「平成17年度両毛五市議会議長会事業報告について」外3件について協議されました。引き続き役員改選が行われ、会長に佐野市議会議長、副会長に桐生市議会議長、監事に太田市議会議長がそれぞれ選出されました。

  ・7月13日 小山市において第261回栃木県市議会議長会議が開催され、報告事項のあと会長提出議案「議長会議運営上の申し合わせ事項について」外1件が協議されました。また、同会主催による講演会が開催され、白鴎大学教授福岡政行氏による「自民党総裁選と政局について」と題した講演が行われました。

  ・7月18日 岩舟町において佐野地区市町議会議長会が開催され、「平成17年度事業報告について」外3件が協議されました。

  ・8月17日 佐野市において栃木県南5市議会議長会定例会が開催され、会長から報告事項について説明がありました。また、同会主催による研修会が開催され、?サンシャインシティ代表取締役社長 島田勝久氏による「地域と共に進める街づくり〜横浜ランドマークタワー・プレミアムアウトレットについて」と題した講演が行われました。

 2 報告受理について

  監査委員から次のとおり報告を受理しました。

  ・平成17年度5月分及び平成18年度5月分から7月分までの例月出納検査結果報告

  ・平成18年度5月分から7月分までの例月出納検査結果報告(水道事業会計)

  ・平成18年度5月分から7月分までの例月出納検査結果報告(病院事業会計)

 3 常任委員会の行政視察について

  ・総務常任委員会

   視察期日 7月26日〜28日

   視察都市 山口県山口市、萩市

   参加委員 林委員長、内田副委員長、平塚、篠原、荒居、山口、山越、寺内(一)各委員

  ・厚生常任委員会

   視察期日 7月24日〜26日

   視察都市 愛媛県松山市、広島県呉市

   参加委員 大川委員長、飯田副委員長、岡村、本郷、春山、荒井、飯塚、青木各委員

  ・経済文教常任委員会

   視察期日 7月24日〜26日

   視察都市 徳島県徳島市、高知県高知市

   参加委員 山菅委員長、鶴見副委員長、金子、義本、赤坂、佐瀬、笠原、高橋各委員

  ・建設常任委員会

   視察期日 7月26日〜28日

   視察都市 石川県小松市、富山県富山市

   参加委員 蓼沼委員長、若田部副委員長、藤倉、寺内(冨)、岩崎、野口、亀田、長島各委員

 4 他市議会議員が次のとおり来庁されました。

  ・7月4日 宮崎県宮崎市議会議員一行    10名

  ・7月6日 兵庫県明石市議会議員一行    1名

  ・7月13日 香川県坂出市議会議員一行    6名

  ・8月2日 徳島県鳴門市議会議員一行    4名

(以  上)

                                                   



○議長(山越密雄) これより日程に入ります。

  日程第1、会期の決定を議題といたします。

  お諮りいたします。今期定例会の会期については、本日から9月22日までの22日間といたしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山越密雄) ご異議なしと認めます。

  よって、会期は22日間と決定いたしました。

                                                   



○議長(山越密雄) 日程第2、会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第80条の規定により、6番、春山敏明議員、25番、野口仙一議員を指名いたします。

  以上のとおりお願いいたします。

                                                   



○議長(山越密雄) 日程第3、報告第13号から第16号まで、以上4件を一括して議題といたします。

  当局の説明を求めます。

  市長。

          (市長 登壇)



◎市長(岡部正英) それでは、報告第13号から報告第16号までについて説明を申し上げます。

  報告第13号は、株式会社どまんなかたぬまの経営状況を説明する書類の提出についてでございます。内容につきましては、同社の平成18年度の予算及び平成17年度の営業報告でございます。地方自治法第243条の3第2項の規定により、提出するものでございます。

  次に、報告第14号は、財団法人両毛地区勤労者福祉共済会の経営状況を説明する書類の提出についてでございます。内容につきましては、同共済会の平成18年度の事業計画及び予算並びに平成17年度の決算でございます。地方自治法第243条の3第2項の規定により提出するものでございます。

  次に、報告第15号は、市長の専決処分事項の報告についてでございます。本件は、平成18年8月2日付の専決処分をした事項の報告でございます。内容につきましては、議会において指定されている専決処分でございまして、損害賠償の額の決定及び和解について、報告書記載のとおり報告するものでございます。

  次に、報告第16号は市長の専決処分事項報告についてでございます。本件は、平成18年8月9日付で専決処分をした事項の報告でございます。内容につきましては、議会において指定されている専決処分でございまして、損害賠償の額の決定及び和解について報告書記載のとおり報告するものでございます。

  以上、報告4件について説明を申し上げました。よろしくお願いを申し上げます。



○議長(山越密雄) 以上をもって当局の説明は終わりました。

  これより質疑に入ります。

  質疑の通告がありますので、発言を許します。

  17番、寺内冨士夫議員。

          (17番 寺内議員登壇)



◆17番(寺内冨士夫) おはようございます。それでは、報告第13号 株式会社どまんなかたぬまの経営状況を説明する書類の提出について、この中から何点か質疑を申し上げたいと思います。

  5ページに損益計算書というのが出されております。この中に、売上高というところに施設の使用料収入380万7,117円ということで金額が載っておりますが、金額が随分これ大きいので、これは中に入っている業者さんの施設の使用料かなというふうに思うのですが、たしかどまんなかたぬまの中には大きな会議室、そういうものもあったかと思います。大きな会議室と普通の中ぐらいの会議室、そういうあの会議室の使用料というのはこの中に入っているのかどうか、その辺の内訳と中身がわかりましたらお願いをしたいと思います。なぜ私がこれ聞くかといいますと、どまんなかたぬまができたときは、当時町長だった小玉さんが社長で、現在も引き続き成績優秀だということで、市長のお墨つきをもらって引き続き社長をやっておるわけです。そういう関係かどうか、そういう関係だと私は思うのですけれども、どうも政治家の集まりみたいなような会議が多いのではないかなと、私が現場見たわけではありませんけれども、そういう話が時々飛び込んでくるのです。ですから、これはたとえうわさにしても火のないところに煙は立たないと昔からよく言うわけですけれども、そういうものを聞きつけた以上は、これ確認しておく必要があるのかなというふうに私は思うのです。例えば政治家、市長なり県会議員なり市会議員なり、そういう人たちが利用する率、そういうのもあるかと思うのですけれども、そういうのはどのぐらい利用されておるのか。それとまた過去、これも例えば市長選の前に五者会談といって町長さんと県会議員があそこへ集まって次の市長の候補を決めたというものも流れております。ですから、そういう場所にあのどまんなかたぬまという施設が使われているのかどうか、それが現実なのかどうか、そしてまたそれらの会議を開いたときの使用料というのは払っているのか、それとも無料なのか、そういうことで市民から見たらば非常に不明朗といいますか、どういう施設、あの施策はどういうのだろうという疑いを持つような部分もあるようなので、はっきりとそういうことをしていただきたいということと、それと来年は統一地方選、市長選と市会議員の場合は合併で選挙が早まりましたから、私どもの選挙は2年半後なのですが、来年は県会議員の選挙もあるわけで、そういう中であの人が出る、この人が出ると、かなり市会議員の中にも名前の上がっている人もいるようですけれども、現在の株式会社どまんなかたぬまの社長も時々私は耳にするのです。ですから、それが本当かどうかといっても私は確認していませんから、これはわかりません。しかし、うわさだけなら別にどうってことないだろうということにもなるかと思うのですが、先ほども言いましたように、もしそういうことが現実の問題として来年候補者になったような場合に、そういう方が大駐車場つきで会議室もある、そういうところを自由に使えるということになったら、これは不公平な話だという声が出てくると思うのです。ですから、そういうことがなければないでいいのですけれども、そういう話を担当者は耳にしたことがあるかどうか、これらも含めておきたいと思います。

  これは、一応そういうものが出ているので、やはりそのときになってこれはおかしいなんていうことだと、これは議員は何やっているのだなんてことを言われますので、その前にそういう話も出ていますよと、どういうのでしょうかということで耳に入った時点で私は聞いているということで、ぜひ確実にその人から出るとか出ないとかと聞いたとか、そういうことで聞いているのではありませんので、その辺はひとつ誤解のないようにお願いしたいわけですが、そういうことでその辺のところを確認の意味で質疑をいたしまして、第1回目の質疑にいたしたいと思います。

  どうぞよろしくお願いいたします。



○議長(山越密雄) 当局の答弁を求めます。

  産業文化部長。

          (産業文化部長 登壇)



◎産業文化部長(落合昭雄) 寺内冨士夫議員のご質疑にお答えをいたします。

  どまんなかたぬまの有料施設の利用状況ということで、5ページにございます第3期営業報告書の損益計算書施設使用料収入でございますけれども、議員ご質疑の施設使用料につきましては、すべてホール、会議室等の使用料でございまして、380万7,117円、記載のとおりでございます。17年度の会議室等の利用状況につきましては、個人が178件、団体からの申請が112件、合計290件ございました。このうち多目的ホール、大きなホールにつきましては86件、会議室の利用は204件でございました。この利用料金につきましては、道の駅どまんなかたぬま条例の第9条によりまして、利用時間、曜日、入場料、物品販売等の有無によりまして細かく利用料金が決まっておりまして、どまんなかたぬまの収入となっております。減免につきましては、役所関係、それと健康福祉センター、また警察等19団体が利用されておりますので、これについては減免をしているところでございます。

  それと、2点目の政治的な利用についての件でございますけれども、ご質疑の趣旨のような件については、私どもの耳には入っていない状況でございます。諸課題が生じた場合、必要に応じまして、上司と相談しながら対応してまいりたいと思っておりますので、よろしくお願いしたいと思います。

  以上、答弁とさせていただきます。よろしくお願いします。



○議長(山越密雄) 以上で通告による質疑は終わりました。ほかに質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山越密雄) これをもって質疑を終結いたします。

  以上をもって報告第13号から第16号まで、以上4件についての報告を終わります。ご了承願います。

                                                   



○議長(山越密雄) 日程第4、市長提出議案第79号及び議案第80号、以上2件を一括して議題といたします。

  本案は、いずれも市長の専決処分事項につき、議会の承認を求める案件であります。

  当局の説明を求めます。

  市長。

          (市長 登壇)



◎市長(岡部正英) それでは、議案第79号及び議案第80号について提案理由の説明を申し上げます。

  議案第79号及び議案第80号の2件につきましては、いずれも地方自治法第179条第1項の規定に基づきまして、7月13日付で専決処分したものでございまして、同条第3項の規定により、議会の承認をお願いするものでございます。

  初めに、議案第79号は平成18年度佐野市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてでございます。内容につきましては、補正予算書1ページの第1条、歳入歳出予算の補正のとおり5,070万円の追加をしたものでございます。高金利対策借り換えによるものでございます。

  次に、議案第80号は平成18年度佐野市水道事業会計補正予算(第2号)についてでございます。内容につきましては、補正予算書1ページの第2条、収入支出予算の補正のとおり1,020万円の追加をしたものでございます。高金利対策借り換えによるものでございます。

  以上が議案2件についての概要でございます。何とぞよろしくご審議の上、ご承認いただきますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(山越密雄) 以上をもって当局の説明は終わりました。

  これより質疑に入ります。質疑はございませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山越密雄) 質疑なしと認めます。

  この際、お諮りいたします。ただいま議題となっております本案は、委員会の付託を省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山越密雄) ご異議なしと認めます。

  よって、本案は委員会の付託を省略することに決定いたしました。

  これより討論に入ります。

  ただいまのところ通告はありません。討論はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山越密雄) 討論なしと認めます。

  これより議案第79号及び議案第80号、以上2件を一括して採決いたします。

  本案は、いずれも原案のとおり承認することに賛成の議員の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(山越密雄) 起立全員であります。

  よって、議案第79号及び議案第80号、以上2件はいずれも原案のとおり承認することに決定いたしました。

                                                   



○議長(山越密雄) 日程第5、市長提出議案第81号を議題といたします。

  本案は、人権擁護委員候補者の推薦について議会の意見を求める案件であります。

  これより当局の提案理由の説明を求めます。

  市長。

          (市長 登壇)



◎市長(岡部正英) それでは、議案第81号について提案理由の説明を申し上げます。

  本案は、人権擁護委員候補者の推薦について議会の意見を求める案件でございます。本市の人権擁護委員、亀田四郎様は、本年12月31日をもって任期満了となりますので、その後任者を推薦する必要があるわけでございます。人権擁護委員は、人格、識見高く、広く社会の実情に通じている方を推薦するわけでございます。亀田四郎様は、豊かな経験と識見を有し、まことに適任であると考え、ここに提案するものでございます。

  何とぞよろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(山越密雄) 以上をもって当局の説明は終わりました。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山越密雄) 質疑なしと認めます。

  この際、お諮りいたします。ただいま議題となっております本案は、人事に関する案件でありますので、委員会の付託及び討論はこれを省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山越密雄) ご異議なしと認めます。

  よって、本案は委員会の付託及び討論は省略することに決定いたしました。

  これより議案第81号を採決いたします。

  本案は、同意することに賛成の議員の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(山越密雄) 起立全員であります。

  よって、議案第81号は同意することに決定いたしました。

                                                   



○議長(山越密雄) 日程第6、市長提出議案第82号を議題といたします。

  本案は、人権擁護委員候補者の推薦について議会の意見を求める案件であります。

  これより当局の提案理由の説明を求めます。

  市長。

          (市長 登壇)



◎市長(岡部正英) それでは、議案第82号について提案理由の説明を申し上げます。

  本案は、人権擁護委員候補者の推薦について議会の意見を求める案件でございます。本市の人権擁護委員、鎌田悦子様は、本年12月31日をもって任期満了となりますので、その後任者を推薦する必要があるわけでございます。人権擁護委員は、人格、識見高く、広く社会の実情に通じている方を推薦するわけでございます。加藤敏子様は、豊かな経験と識見を有し、まことに適任であると考え、ここに提案するものでございます。

  何とぞよろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(山越密雄) 以上をもって当局の説明は終わりました。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山越密雄) 質疑なしと認めます。

  この際、お諮りいたします。ただいま議題となっております本案は、人事に関する案件でありますので、委員会の付託及び討論はこれを省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山越密雄) ご異議なしと認めます。

  よって、本案は委員会の付託及び討論は省略することに決定いたしました。

  これより議案第82号を採決いたします。

  本案は、同意することに賛成の議員の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(山越密雄) 起立全員であります。

  よって、議案第82号は同意することに決定いたしました。

                                                   



○議長(山越密雄) 日程第7、市長提出議案第83号を議題といたします。

  本案は、人権擁護委員候補者の推薦について議会の意見を求める案件であります。

  これより当局の提案理由の説明を求めます。

  市長。

          (市長 登壇)



◎市長(岡部正英) それでは、議案第83号について提案理由の説明を申し上げます。

  本案は、人権擁護委員候補者の推薦について議会の意見を求める案件でございます。本市の人権擁護委員、田所陽子様は、本年12月31日をもって任期満了となりますので、その後任者を推薦する必要があるわけでございます。人権擁護委員は、人格、識見高く、広く社会の実情に通じている方を推薦するわけでございます。山崎光子様は、豊かな経験と識見を有し、まことに適任であると考え、ここに提案するものでございます。

  何とぞよろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(山越密雄) 以上をもって当局の説明は終わりました。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山越密雄) 質疑なしと認めます。

  この際、お諮りいたします。ただいま議題となっております本案は、人事に関する案件でありますので、委員会の付託及び討論はこれを省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山越密雄) ご異議なしと認めます。

  よって、本案は委員会の付託及び討論は省略することに決定いたしました。

  これより議案第83号を採決いたします。

  本案は、同意することに賛成の議員の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(山越密雄) 起立全員であります。

  よって、議案第83号は同意することに決定いたしました。

                                                   



○議長(山越密雄) 日程第8、市長提出議案第84号を議題といたします。

  本案は、人権擁護委員候補者の推薦について議会の意見を求める案件であります。

  これより当局の提案理由の説明を求めます。

  市長。

          (市長 登壇)



◎市長(岡部正英) それでは、議案第84号について提案理由の説明を申し上げます。

  本案は、人権擁護委員候補者の推薦について議会の意見を求める案件でございます。本市の人権擁護委員、小林恒男様は、本年12月31日をもって任期満了となりますので、その後任者を推薦する必要があるわけでございます。人権擁護委員は、人格、識見高く、広く社会の実情に通じている方を推薦するわけでございます。野尻真弓様は、豊かな経験と識見を有し、まことに適任であると考え、ここに提案するものでございます。

  何とぞよろしくご審議の上、ご賛同賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(山越密雄) 以上をもって当局の説明は終わりました。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山越密雄) 質疑なしと認めます。

  この際、お諮りいたします。ただいま議題となっております本案は、人事に関する案件でありますので、委員会の付託及び討論はこれを省略いたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山越密雄) ご異議なしと認めます。

  よって、本案は委員会の付託及び討論は省略することに決定いたしました。

  これより議案第84号を採決いたします。

  本案は、同意することに賛成の議員の起立を求めます。

          (賛成者起立)



○議長(山越密雄) 起立全員であります。

  よって、議案第84号は同意することに決定いたしました。

                                                   



○議長(山越密雄) 日程第9、市長提出議案第85号から第116号まで、以上32件を一括して議題といたします。

  当局の提案理由の説明を求めます。

  市長。

          (市長 登壇)



◎市長(岡部正英) それでは、議案第85号から議案第116号までについて順次提案理由の説明を申し上げます。

  初めに、議案第85号 佐野市監査委員条例の改正についてでございます。地方自治法一部改正に伴い、本条例を改正したいので提案するものでございます。

  次に、議案第86号 佐野市公益法人等への職員の派遣等に関する条例の改正についてでございますが、会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律により、有限会社法の廃止に伴い所要の規定を整備するため、本条例を改正したいので提案するものでございます。

  次に、議案第87号 佐野市議会の議員その他非常勤の職員の公務災害補償等に関する条例の改正についてでございますが、地方公務員災害補償法の一部改正に伴い、通勤の範囲内を改め、及び所要の規定を整備するため、本条例を改正したいので提案するものでございます。

  次に、議案第88号 佐野市葛生あくとプラザ条例の制定についてでございますが、佐野市葛生あくとプラザの管理を指定管理者に行わせるため、本条例を改正したいので提案するものでございます。

  次に、議案第89号 佐野市国民健康保険条例の改正についてでございますが、出産育児一時金の額を改定するため、本条例を改正したいので提案するものでございます。

  次に、議案第90号 佐野共同高等産業技術学校条例の制定についてでございますが、佐野共同高等産業技術学校の管理を指定管理者に行わせるため、本条例を改正したいので提案するものでございます。

  次に、議案第91号 字の廃止並びに町及び字の区域の変更についてでございますが、足利佐野都市計画事業佐野新都市土地区画整理事業の施行に伴い、事業区域内の区画形状が変わるため、字の廃止並びに町及び字の区域を変更したいので提案するものでございます。

  次に、議案第92号 市道路線の認定についてでございますが、佐野市高萩南部土地区画整理事業の施行により整備された道路及び移管される県道を市道として認定したいので提案するものでございます。

  次に、議案第93号 市道路線の廃止についてでございますが、(仮称)田之入公園整備事業、佐野新都市土地区画整理事業及び佐野市高萩南部地区土地区画整理事業の施行に伴い、市道路線の全部または一部を廃止したいので提案するものでございます。

  次に、議案第94号 市道路線の変更についてでございますが、佐野新都市土地区画整理事業及び佐野市高萩南部土地区画整理事業の施行並びに県道の移管により、市道路線を変更したいので提案するものでございます。

  次に、議案第95号から議案第106号までの12議案については、平成17年度佐野市一般会計及び各特別会計の歳入歳出決算並びに平成17年度佐野市水道事業会計及び病院事業会計決算の認定でございます。平成17年度の各会計の決算については、内容を十分に点検し、関係証拠書類をもとに監査委員の審査をお願いいたしましたところ、慎重な審査が行われ、その結果、別添のとおり決算審査意見書が提出されております。なお、一般会計及び各特別会計の決算内容については決算書及び決算に関する説明書に、水道事業及び病院事業会計については決算書にそれぞれ詳細に掲載したもので、よろしくご審議をいただき、ご認定くださいますようお願いを申し上げます。

  次に、別添平成18年度佐野市補正予算書の1ページをお開きください。初めに、議案第107号 平成18年度佐野市一般会計補正予算(第3号)について説明を申し上げます。第1条、歳入歳出予算の補正といたしましては、2ページから5ページにかけての第1表、歳入歳出予算補正のとおり、1,831万2,000円の減額をお願いするものでございます。

  第2条、債務負担行為の補正といたしましては、6ページから7ページにかけて、第2表、債務負担行為補正のとおり、余熱利用施設建設事業に伴うアドバイザリー事業委託料等について追加をお願いするものでございます。

  第3条、地方債の補正といたしましては、6ページから7ページにかけて第3表、地方債補正のとおり、地域総合整備事業費等について変更をお願いするものでございます。

  それでは、12ページをお開きください。歳入から説明を申し上げます。9款地方特例交付金でございますが、5,305万7,000円の減額でございます。内容は、地方特例交付金でございます。

  次に、10款地方交付税でございますが、4億1,710万1,000円の追加でございます。内容は、普通交付税でございます。

  次に、14款国庫支出金でございますが、209万4,000円の追加でございます。内容は、介護給付・訓練等給付費負担金及び地域生活支援事業費補助金でございます。

  次に、15款県支出金でございますが、886万4,000円の追加でございます。主な内容は、地域生活支援事業費補助金でございます。

  14ページをお開きください。17款寄附金でございますが、500万円の追加でございます。内容は、育英基金寄附金及び農山村振興事業費寄附金でございます。

  次に、18款繰入金でございますが、9億6,839万7,000円の減額でございます。内容は、減債基金繰入金及び老人保健事業特別会計繰入金でございます。

  次に、19款繰越金でございますが、6億1,535万円の追加でございます。内容は、前年度繰越金でございます。

  次に、20款諸収入でございますが、363万3,000円の追加でございます。主な内容は、若松アンダー流末整備受託事業収入でございます。

  16ページをお開きください。21款市債でございますが、4,890万円の減額でございます。主な内容は、減税補てん債でございます。

  18ページをお開きください。歳出について説明を申し上げます。1款議会費でございますが、106万2,000円の追加でございます。内容は、本会議用音響設備機器購入費及び全国自治体病院経営都市議会協議会参画事業でございます。

  次に、2款総務費でございますが、283万7,000円の減額でございます。主な内容は、自家用有償バス事業特別会計繰出金でございます。

  次に、21ページにかけての3款民生費でございますが、3,245万2,000円の減額でございます。主な内容は、老人保健事業特別会計繰出金でございます。

  次に、23ページにかけての4款衛生費でございますが、4,875万2,000円の追加でございます。主な内容は、余熱利用施設建設事業費でございます。

  次に、6款農林水産業費でございますが、694万2,000円の減額でございます。主な内容は、農業集落排水事業特別会計繰出金でございます。

  次に、7款商工費でございますが、1,686万3,000円の追加でございます。内容は、佐野新都市バス事業連絡協議会負担金及び唐沢山周辺整備事業費でございます。

  次に、25ページにかけての8款土木費でございますが、8,404万3,000円の減額でございます。主な内容は、公共下水道事業特別会計繰出金でございます。

  次に、27ページにかけての10款教育費でございますが、4,128万5,000円の追加でございます。主な内容は、小中学校用務員配置事業費でございます。

  33ページをお開きください。議案第108号 平成18年度佐野市国民健康保険事業特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)について説明を申し上げます。第1条、歳入歳出予算の補正といたしましては、34ページから35ページにかけての第1表、歳入歳出予算補正のとおり、6億3,805万4,000円の追加をお願いするものでございます。

  それでは、40ページをお開きください。歳入から説明を申し上げます。7款共同事業交付金でございますが、6億3,205万4,000円の追加でございます。内容は、保険財政共同安定化事業交付金でございます。

  次に、10款繰入金でございますが、400万円の追加でございます。内容は、一般会計繰入金でございます。

  次に、11款繰越金でございますが、200万円の追加でございます。内容は、その他の繰越金でございます。

  42ページをお開きください。歳出について説明を申し上げます。2款保険給付費でございますが、600万円の追加でございます。内容は、出産育児給付費でございます。

  次に、5款共同事業拠出金でございますが、6億3,205万4,000円の追加でございます。内容は、保険財政共同安定化事業拠出金でございます。

  45ページをお開きください。議案第109号 平成18年度佐野市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)について説明を申し上げます。第1条、歳入予算の補正といたしましては、46ページから47ページにかけての第1表、歳入予算補正のとおりでございます。

  それでは、50ページをお開きください。歳入について説明を申し上げます。4款繰入金でございますけれども、8,703万7,000円の減額でございます。内容は、一般会計繰入金でございます。

  次に、5款繰越金でございますが、8,703万7,000円の追加でございます。内容は、前年度繰越金でございます。

  次に、53ページをお開きください。議案第110号 平成18年度佐野市老人保健事業特別会計補正予算(第1号)について説明を申し上げます。第1条、歳入歳出予算の補正といたしましては、54ページから55ページにかけての第1表、歳入歳出予算補正のとおりでございます。3,592万6,000円の追加をお願いするものでございます。

  それでは、60ページをお開きください。歳入から説明を申し上げます。2款国庫支出金でございますけれども、6,168万8,000円の追加でございます。内容は、医療費負担金の過年度分でございます。

  次に、4款繰入金でございますが、2,576万2,000円の減額でございます。内容は、一般会計繰入金でございます。

  歳出について説明を申し上げます。3款諸支出金でございますが、3,592万6,000円の追加でございます。内容は、償還金及び一般会計繰出金でございます。

  63ページをお開きください。議案第111号 平成18年度佐野市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)について説明を申し上げます。第1条、歳入予算の補正といたしましては、64ページから65ページにかけての第1表、歳入予算補正のとおりでございます。

  それでは、68ページをお開きください。歳入について説明を申し上げます。3款繰入金でございますが、1,568万9,000円の減額でございます。内容は、一般会計繰入金でございます。

  次に、4款繰越金でございますが、1,568万9,000円の追加でございます。内容は、前年度繰越金でございます。

  71ページをお開きください。議案第112号 平成18年度佐野市自家用有償バス事業特別会計補正予算(第1号)について説明を申し上げます。第1条、歳入予算の補正といたしましては、72ページから73ページにかけて第1表、歳入予算補正のとおりでございます。

  それでは、76ページをお開きください。歳入について説明を申し上げます。4款繰入金でございますが、505万8,000円の減額でございます。内容は、一般会計繰入金でございます。

  次に、5款繰越金でございますが、505万8,000円の追加でございます。内容は、前年度繰越金でございます。

  79ページをお開きください。議案第113号 平成18年度佐野市市民保養施設事業特別会計補正予算(第1号)について説明を申し上げます。第1条、歳入歳出予算の補正といたしましては、80ページから81ページにかけての第1表、歳入歳出予算補正のとおりでございます。773万3,000円の追加をお願いするものでございます。

  それでは、86ページをお開きください。歳入から説明を申し上げます。1款使用料及び手数料でございますが、241万5,000円の追加でございます。内容は、保養施設使用料でございます。

  次に、2款繰入金でございますが、111万9,000円の減額でございます。内容は、一般会計繰入金でございます。

  次に、3款繰越金でございますが、243万7,000円の追加でございます。内容は、前年度繰越金でございます。

  次に、4款諸収入でございますが、400万円の追加でございます。内容は、施設賄収入及び奉仕料でございます。

  88ページをお開きください。歳出について説明を申し上げます。1款市民保養施設管理費でございますが、773万3,000円の追加でございます。内容は、市民保養施設運営事業費でございます。

  91ページをお開きください。議案第114号 平成18年度佐野市介護保険事業特別会計(保険事業勘定)補正予算(第2号)について説明を申し上げます。第1条、歳入歳出予算の補正といたしましては、92ページから93ページにかけての第1表、歳入歳出予算補正のとおり、1億5,235万円の追加をお願いするものでございます。

  それでは、98ページをお開きください。歳入から説明を申し上げます。9款繰越金でございますが、1億5,235万円の追加でございます。内容は、前年度繰越金でございます。

  歳出について説明を申し上げます。1款総務費でございますが、1万4,000円の追加でございます。内容は、介護保険料徴収事業費でございます。

  次に、6款基金積立金でございますが、6,824万3,000円の追加でございます。内容は、介護給付費準備基金積立金でございます。

  次に、8款諸支出金でございますが、8,409万3,000円の追加でございます。内容は、償還金でございます。

  101ページをお開きください。議案第115号 平成18年度佐野市介護保険事業特別会計(介護サービス事業勘定)補正予算(第1号)について説明を申し上げます。第1条、歳入予算の補正といたしましては、102ページから103ページにかけての第1表、歳入予算補正のとおりでございます。

  それでは、106ページをお開きください。歳入について説明を申し上げます。3款繰入金でございますが、1,716万円の減額でございます。内容は、一般会計繰入金でございます。

  次に、4款繰越金でございますが、1,716万円の追加でございます。内容は、前年度繰越金でございます。

  続いて、別冊の佐野市病院事業会計補正予算書により説明を申し上げます。議案第116号 平成18年度佐野市病院事業会計補正予算(第1号)について説明を申し上げます。第2条は、収益的収入及び支出の補正でございまして、1,860万8,000円の減額をお願いするものでございます。

  2ページをお開きください。収入から説明を申し上げます。1款病院事業収益でございますが、1,860万8,000円の減額でございます。内容は、1項医業収益、予防給付費収益の減額でございます。

  支出について説明を申し上げます。1款病院事業費用でございますが、1,860万8,000円の減額でございます。主な内容は、1項医業費用予防プラン作成委託件数の減による委託料の減額でございます。

  以上が議案32件についての概要でございます。どうぞよろしくご審議をいただき、原案のとおりお認めくださいますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(山越密雄) 以上をもって当局の説明は終わりました。

  この際、お諮りいたします。ただいま上程中の案件は審議を中止し、事後の審議に繰り延べたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山越密雄) ご異議なしと認めます。

  よって、本日程の審議を繰り延べ、改めて議題とすることに決定いたしました。

                                                   



○議長(山越密雄) この際、申し上げます。

  ただいま市長から報告が追加提出されました。

  この際、職員をして報告第17号を配布させます。

          (職員配布)



○議長(山越密雄) お諮りいたします。

  この際、これを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山越密雄) ご異議なしと認めます。

  よって、報告第17号を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

  報告第17号を議題といたします。

  当局の説明を求めます。

  市長。

          (市長 登壇)



◎市長(岡部正英) それでは、報告第17号について説明を申し上げます。

  報告第17号は、市長の専決処分事項報告についてでございます。本件は、平成18年8月29日付で専決処分した事項の報告でございます。内容につきましては、議会において指定されている専決処分でございまして、損害賠償の額の決定及び和解について、報告書記載のとおり報告するものでございます。

  以上、説明を申し上げました。よろしくお願い申し上げます。



○議長(山越密雄) 以上をもって当局の説明は終わりました。

  これより質疑に入ります。質疑はありませんか。

  1番、岡村恵子議員。

          (1番 岡村議員登壇)



◆1番(岡村恵子) それでは、報告17号につきまして幾つか質疑をさせていただきます。

  今市長から細かい説明はございませんでしたけれども、いただいた資料によりますと、佐野市こどもの国総合こどもセンターの1階ロビーにおきまして、パネルが倒れて、そして子供の左側頭部を直撃したと、そういう傷害の事故だったということでした。これ資料に基づいて今見た範囲なのですけれども、まずこの事故の概要につきまして、改めましてもう少し詳しくご説明をしていただきたいというふうに思います。こどもの国において、このような何歳の、8歳という情報ですけれども、お子さんが事故があってしまったということは、とても残念なことだというふうに思うのですけれども、その概要やそれからその後どのような調査をしてきたのか、そしてやはり二度とこのような事故が起きないようにするために、その対策をこどもの国全体についてだというふうに思うのですけれども、その辺どのような協議をしてとってきたのか、お聞きしておきたいというふうに思います。

  そして、このパネルにつきましてはどのぐらい、左側頭部の頭を直撃したということですが、やはり場合によったら大変な事故になってしまった、もっと、というふうに思うのですが、その辺のけがの状況などにつきましてもお聞きしておきたいというふうに思います。

  それから、事故起きたのが昨年の5月28日ということで、そして和解日が1年後の先日の18年8月29日ということで、1年3カ月が、大変長い期間が経過をしているというふうに思います。この辺につきまして、市側とそれから相手側との間ですぐに和解にならなかった、さまざまな事情があるかというふうに思うのですが、その辺相手方に対しまして誠意ある態度が市の方でとられてきたのかどうか、そしてその治療費や慰謝料などにつきましても、やはり相手が納得いく形で進められてきたのかどうか、その辺につきましてお聞きしておきたいというふうに思います。

  まず、ご答弁をよろしくお願いいたします。



○議長(山越密雄) 当局の答弁を求めます。

  健康福祉部長。

          (健康福祉部長 登壇)



◎健康福祉部長(佐藤宣雄) 岡村恵子議員の質疑にお答え申し上げます。

  まずは、概要、それから経過、それから解決方法、その後の対処の方法、その他一括して説明させていただきますので、よろしくお願い申し上げます。内容でございますけれども、記載のとおりですけれども、平成17年5月28日土曜日の午後5時ごろ、こどもの国の総合こどもセンターの1階ロビーにおきまして、切り絵の額2枚を展示するために設置しておりました、重さ約20キロの展示パネルが窓から吹き込んだ強い風により転倒しまして、そばのソファーに座っていた子供の頭部左側に直接当たりまして、縫合する裂傷を負ったものでございます。約20キロの展示パネルの転倒防止につきまして、固定するなど措置をとらなかったことが傷害事故の原因で、市が賠償責任を負ったところでございます。

  事故発生が平成17年5月28日で解決まで1年と3カ月要したということでございますけれども、解決のおくれた原因でございますけれども、事故の処理の不手際ということでございまして、3点ほどの反省点というか、問題点がございました。そういう中で、1点目につきましては、事故直後の謝罪とお見舞いという一般的な礼を欠いたというところでございます。2点目につきましては、加入している保険制度の振り替えにより、見舞い金の説明せず、事故の責任を逃れているような印象を与えてしまったということでございます。3点目につきましては、治療日数が記載された診断書を被害者の了解なく医師からとったという不手際でございます。そういうことで、事態が硬直状態で推移していましたところ、加入している保険会社の協議に対しまして、損害保険会社と顧問契約を結んでおります弁護士さんに相談しまして、被害者の交渉をお願いした結果でございます。その結果につきまして、平成18年8月18日に被害者との和解が成立したということでございます。損害賠償の額につきましては、記載のとおり治療費が2万6,400円、それから慰謝料が35万円の合計37万6,400円でございます。解決日に専決の処分したということでございます。このような不手際がないように、各施設には事故防止を始め不審者の対応など、昨年末から機会ごとに指導しているところでございます。今後繰り返さないように努めてまいりたいので、ご理解いただきたいと思います。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(山越密雄) 1番、岡村恵子議員。

          (1番 岡村議員登壇)



◆1番(岡村恵子) 今1度目のご答弁がありました。大事なのは、これらの事故の教訓に基づいて、やはりこの施設内指導している、強めていきたいということでしたが、中の施設の職員の間でその対策、この部分だけではなくて、やはりどれだけの協議が見直しがされてきたかということがとても重要ではないかというふうに思うのですが、その辺につきましても改めてお聞きしておきたいというふうに思います。

  それから、そのお子さんの1年3カ月たったわけですけれども、その後頭部ということで、市も和解をしたけれども、その後のけがについては完治できたのかどうか、その辺やはりきちんと見守っていくことが重要だというふうに思うのですが、その辺改めてお聞きしておきたいというふうに思います。

  それから、謝罪や見舞いがすぐされなかったということで、市側のやはり対応の不手際があったということですが、これらは本当にあってはならないことだというふうに思うのです。なぜこのような形でおくれてしまったのか、それから保険制度につきましてもなぜ説明が不足していたのか、相手との関係でやはりその辺の市の対応のまずさがあらわれているのではないかというふうに思いますので、その辺なぜそのようなことがあったのか、そしてその辺につきましてもどのように協議をしてきているのか、改めてその辺をお聞きしたいというふうに思います。

  それから、和解をしたわけですけれども、相手が本当に納得をして現在いるのかどうか、その辺につきましてもやはり改めてお聞きしておきたいというふうに思います。



○議長(山越密雄) 当局の答弁を求めます。

  健康福祉部長。

          (健康福祉部長 登壇)



◎健康福祉部長(佐藤宣雄) 再質疑にお答え申し上げます。

  まず、施設の管理、職員の協議内容でございますけれども、十分職員の間ではこういうことを二度と起こしてはならないということで協議してございます。施設につきましても、毎日点検するように実施をしているところでございます。また、頭部の傷でございますけれども、側頭部に1センチほど、約5針縫った程度でございます。ただ、本人の希望でございまして、将来的にはげが残るのではないかとか、いろんな懸念されますので、そういった状況の中での長引いた状況もございます。そういう中で、医者の話を聞きながら、また弁護士さん交えながら、十分協議され、和解されたと思っているところでございます。今後このようなことのないように十分注意したいと思っていますので、よろしく御理解いただきたいと思います。

          (何事か呼ぶ者あり)



◎健康福祉部長(佐藤宣雄) 相手の関係でございますけれども、電話等では7回とか8回とか、かなりの量で対応しているところでございますけれども、最初の時点では相手はかなり興奮していまして、そういう状況の中で対応しているところでございまして、事あるごとに電話入れたりして連絡とりながら進めておったところでございます。そういう中で協議されたことでございますので、ご理解いただきたいと思います。



○議長(山越密雄) ほかに質疑はありませんか。

  17番、寺内冨士夫議員。

          (17番 寺内議員登壇)



◆17番(寺内冨士夫) それでは、何点か質疑をさせていただきたいと思いますけれども、20キロのパネルが風によって倒れたということですが、これは想定できなかったことなのかどうか。風で倒れる程度のパネルなのか、それとも特別に強風でも吹いたのか、その辺はお伺いをしたいと思います。

  それと、こどもの国関係では、今までもこういう事故とか、そういうものはあったのかどうか。

  それと、けがもさることながら、先ほどのやりとりを聞いていますと、当局の最初の初動に責任を逃れるとか、謝罪しなかったとかということですが、これはこのことだけではなくて、当局の体質だと思うのです、これは。昨年から私も議会でいろいろと、この人が興奮したとか何とかということだけれども、私も昨年以来興奮しっ放しでずっと議会でやってきたのは、当局の対応が悪いのです、何にしても、これだけではなくて。ですから、ただごまかそう、ごまかそう、逃げよう、逃げようとしている体質で、素直に申しわけないという気持ちが相手に伝わらない。私なんか何回慰謝料請求したいかわからないほど怒っているのです、ずっと。ですから、そういう体質を変えない限り、これは繰り返しこういうことは起こります。事故というのは、どこでも起こると思うのですけれども、問題はその後どういう対応をするかということで、私はそういう意味で言ったらば、これは大変反省しなくてはいけないのではないかなというふうに思います。福岡市でしたか、何か酔っぱらい運転で車にぶつかって、幼子3人命を落としたとか、あそこが酔っぱらいで捕まっている職員が物すごくいるわけです。ですから、何回言ってもだめなのです。それとか、流れるプールで子供が吸い込まれて亡くなったところの市もありました。やはり事故が起きると言い逃れとかそういうのばかりしていると。ですから、私は怖いなと、まだこれが命にかかわる問題ではなかったから、テレビに大きなことで出なかったからよかったわけですけれども、そういうことで私は佐野市全体に例えば事故が起こったときはどういう対応をするかとか、そういう初歩的なものができていないのかなと。これつきものでしょう、子供がいる場所ですから、けがとか何とか。ですから、そういうもし子供がけがをしたらばどういう対応をするとか、そういうものはないのかどうか、なかったのかどうか、そういうことを今やりとりを聞いていて、非常にこれは親の立場に立てば、市の対応というのはだからそういうことでいけば一般では通用しないのです、そういう責任逃れとか、そういうことばかりやっているとかということは。ですから、やはりそういうものがもろに出たなというふうに思いましたので、ぜひ私が今聞いたことについてお答えを願いたいと思います。



○議長(山越密雄) 当局の答弁を求めます。

  健康福祉部長。

          (健康福祉部長 登壇)



◎健康福祉部長(佐藤宣雄) 寺内冨士夫議員の質疑にお答え申し上げます。

  まず、全体的な話の中で説明させていただきますので、ご了解いただきたいと思います。まず、こどもの国の1階ロビーに東側窓口付近に設置した展示パネルでございますけれども、それの転倒防止措置をせずに展示物を数多くの子供たちが遊ぶロビーに提示したということが原因でございます。そういう中で、安全で安心できる施設として、利用者の安全確保を第一とした意識が徹底されなかったということで、深く反省しているところでございます。そういう中で、今後はこどもの国の運営に当たりましては、十分意を用いて施設管理を行いたいと思っているところでございます。そういう中で、こどもの国のこれまでの事故等でございますけれども、施設管理上の問題となる事故は余りなかったことでございますけれども、転んだとか、けがをしたとか、それから子供たちがボール投げして遊んでぶつけられたとか、そういった細かいけがはございます。そういう中では、必ずきちんと処理するようにということで指導しているところでございます。いずれにしろ職員の意識高揚が大切かと思っているところでございますので、これからも安全、安心を第一に検討していきたいと考えておりますので、よろしくご理解いただきたいと思います。

  以上、答弁とさせていただきます。



○議長(山越密雄) ほかに質疑はありませんか。

          (「なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山越密雄) これをもって質疑を終結いたします。

  以上をもって報告第17号についての報告を終わりました。ご了承願います。

                                                   



○議長(山越密雄) お諮りいたします。

  今期定例会に陳情1件が提出されております。提出された陳情文書表及び陳情を職員をして配布させます。

          (職員配布)



○議長(山越密雄) この際、これを日程に追加し、議題といたしたいと思います。これにご異議ありませんか。

          (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(山越密雄) ご異議なしと認めます。

  よって、この際これを日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

  これより陳情第4号を議題といたします。

  この際、陳情文書表の朗読はこれを省略し、要旨を会議録に登載することといたします。

                                                   


              陳   情   文   書   表
                                   平成18年第3回佐野市議会定例会 
┌──────┬───────────────┬────────────────┬─────┬─────┐
│種    別│   要       旨   │     提出者住所氏名    │受理年月日│関係委員会│
├──────┼───────────────┼────────────────┼─────┼─────┤
│      │               │佐野市大和町2603      │     │     │
│      │               │                │     │     │
│      │正しい申告と租税の期限内完納の│「正しい申告と租税の期限内完納宣│平成   │     │
│陳情第 4号│               │                │     │総   務│
│      │宣言に関する陳情       │言の市」推進協議会       │18.9.1│     │
│      │               │                │     │     │
│      │               │会長 藤 波 一 博 外11名 │     │     │
└──────┴───────────────┴────────────────┴─────┴─────┘




                                                   



○議長(山越密雄) 本件は、お手元に配布の陳情文書表のとおり、所管の常任委員会に付託いたします。

                                                   



○議長(山越密雄) この際、申し上げます。

  明9月2日及び3日は休日のため休会といたします。

  以上をもって本日の日程は全部終了いたしました。

  次回は、9月4日月曜日午前10時より本会議を開きます。ご了承願います。

  本日は、これをもって散会いたします。

          午前11時17分散会