議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 足利市

平成26年  6月 定例会(第2回) 06月20日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号




平成26年  6月 定例会(第2回) − 06月20日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号







平成26年  6月 定例会(第2回)





            平成26年
            足利市議会定例会会議録(第4号)
            第 2 回
                                        

6月20日(金曜日)
 出 席 議 員 (24名)
         1番 杉 田   光           13番 中 島 由美子
         2番 金 子 裕 美           14番 小 林 克 之
         3番 小 林 雅 明           15番 渡 辺   悟
         4番 小 林 貴 浩           16番 尾 関 栄 子
         5番 横 山 育 男           17番 黒 川 貫 男
         6番 吉 田 晴 信           18番 中 山 富 夫
         7番 冨 永 悦 子           19番 河 内 利 雄
         8番 大 島   綾           20番 酉 田 智 男
         9番 栗 原   収           21番 藤 生 智 弘
        10番 荻 原 久 雄           22番 平 塚   茂
        11番 柳   収一郎           23番 常 見   登
        12番 塩 田   等           24番 石 川 博 康

 欠 席 議 員 (なし)

 地方自治法第121条の規定による会議事件の説明のため出席要求によって出席した者
    市     長  和 泉   聡       上 下 水道部長  田部井 俊 勝
    副  市  長  池 澤   昭       消  防  長  室 岡 茂 夫
    総 務 部 長  早 川 文 英       教  育  長  ? 木 弘 志
    政 策 推進部長  塚 原 達 哉       教 育 次 長  大 滝 康 裕

    福 祉 部 長  横 塚 光 一       教 育 次 長 ・  村 田 正 幸
                           学 校 教育課長

    生 活 環境部長  阿 部   勝       行 政 委 員 会  提 箸 昌 和
                           事 務 局 長

    産 業 観光部長  岡 田 智 之       農 業 委 員 会  岡 田 稔 男
                           事 務 局 長

    都 市 建設部長  相 川 建 司       経 営 管理課長  平 山   忍
    会 計 管 理 者  萩 原 正 弘       秘 書 課 長  岡 田 和 之

 議会事務局職員出席者
    事 務 局 長  福 田 保 雄       議 事 調査担当  渡 邊 賢 介
                           副  主  幹

    議 事 課 長  新 井   弘       書     記  藤 本   昇

 本日の会議に付した事件
( 1) 議案第39号 職員の配偶者同行休業に関する条例の制定について
( 2) 議案第40号 財産の取得について
( 3) 議案第41号 足利市火災予防条例の改正について
( 4) 議案第42号 足利市営住宅条例の改正について
( 5) 議案第44号 工事請負契約について
( 6) 議案第45号 固定資産評価審査委員会委員の選任について
( 7) 議案第46号 平成26年度足利市一般会計補正予算(第2号)について
( 8) 報告第14号 市長専決処分事項報告について
( 9) 意見書案第2号 精神障害者相談員の法制化を求める意見書について
(10) 決定案第4号 人権養護委員候補者の推薦に関する意見答申について
(11) 決定案第5号 農業委員会の選任委員の推薦について
(12) 平成26年請願第1号 精神障害者相談員の法制化を求める意見書採択に関する請願





    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



◎事務局長(福田保雄) 報告いたします。

  ただいまの出席議員24名、全員であります。

  次に、本日の議事日程を申し上げます。

  日程第1 議案第39号から第42号まで及び第44

       号について             

  日程第2 平成26年請願第1号について    

  日程第3 報告第14号について        

  日程第4 議案第45号について        

  日程第5 議案第46号について        

  日程第6 決定案第4号について        

  日程第7 決定案第5号について        

  以上であります。               

                        

   開議 午後2時00分



○議長(藤生智弘) ただいまから本日の会議を開きます。

  この際、事務局長から諸般にわたり報告をいたさせます。



◎事務局長(福田保雄) 報告いたします。

 1 会派所属議員の異動について

  〇 5月30日付をもって、柳 収一郎議員が市議会自民ネクストに入会、同会派所属の荻原久雄議員が会派を脱会した旨、届出がありました。

 2 会派役員の変更について

  〇 5月30日付をもって、市議会自民ネクストから

   次のとおり会派役員を変更した旨届出がありました。

    政務調査会長 柳 収一郎

 3 監査委員からの報告について

  〇 平成25年度平成26年4月分及び平成26年度4月分例月現金出納検査結果報告

  以上のとおり報告を受理いたしました。



○議長(藤生智弘) 日程第1 議案第39号から第42号まで及び第44号についてを議題といたします。

  委員会付託の各案については、お手元に配付のとおり審査報告書が提出されておりますので、朗読を省略して会議録に登載のことといたします。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    審 査 報 告 書

  本議会において、平成26年6月11日総務企画防災常任委員会に付託された案件は、審査の結果、次のとおり決しましたから報告します。

   平成26年6月13日

  足利市議会

        藤 生 智 弘 様

  議   長

         足利市議会総務企画防災常任委員会

           委員長  栗 原   収

          記

 1 審査事件

  (1) 議案第39号 職員の配偶者同行休業に関する

           条例の制定について     

  (2) 議案第40号 財産の取得について     

  (3) 議案第41号 足利市火災予防条例の改正につ

           いて            

  (4) 議案第44号 工事請負契約について    

 2 結  果

  いずれも原案を可とする。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    審 査 報 告 書

  本議会において、平成26年6月11日教育経済建設常任委員会に付託された案件は、審査の結果、次のとおり決しましたから報告します。

   平成26年6月17日

  足利市議会

        藤 生 智 弘 様

  議   長

         足利市議会教育経済建設常任委員会

           委員長  大 島   綾

          記

 1 審査事件

  (1) 議案第42号 足利市営住宅条例の改正につい

           て             

 2 結  果

  原案を可とする。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(藤生智弘) これより委員長の報告を求めます。

  総務企画防災常任委員会委員長、栗原 収議員。

   (総務企画防災常任委員会委員長

    栗原 収議員登壇)



◎総務企画防災常任委員会委員長(栗原収) 総務企画防災常任委員会に付託されました案件の審査の概要について御報告申し上げます。

  本委員会に付託されました案件は4件でありまして、去る6月13日委員会を開催し、慎重な審査の結果、いずれも原案を可とすることに決定いたしました。

  以下、その審査の概要について申し上げます。

  まず、議案第39号 職員の配偶者同行休業に関する条例の制定についてでありますが、本案は、地方公務員法の改正により職員が外国で勤務等をする配偶者と生活を共にすることを可能とする配偶者同行休業制度の導入に伴い関係する条例の整備を行うため、条例を制定しようとするものであります。

  審査の過程におきましては、「本市職員が制度を利用する事例はどの程度見込んでいるのか。」との質疑に対し、当局から「グローバル化の中で海外勤務をする方もふえているので、そのような事例はふえていくと思う。」との答弁がありました。

  また、「制度の利用促進の方法は考えているのか。」との質疑に対し、当局から「職員に対しては、制度の詳細などについて周知徹底を図っていきたい。」との答弁がありました。

  その他、休業の承認や職務復帰後の号給についてなど、活発な質疑応答が交わされましたが、討論なく、原案を可とすることに決定いたしました。

  次に、議案第40号 財産の取得についてでありますが、本案は、災害対応特殊化学消防ポンプ自動車1台を購入することについて、議会の議決を求めるものであります。

  審査の過程におきましては、「応札業者は何社あったのか。」との質疑に対し、当局から「今回は12社を指名して入札を行った。」との答弁がありました。

  また、「今回は四輪駆動車の導入であるが、小俣の山林火災を受けて、今後、四輪駆動車をふやしていく考えはあるのか。」との質疑に対し、当局から「小俣の山林火災を一つの教訓として研究していきたい。」との答弁がありました。

  その他、化学消防ポンプ自動車の稼働率や使い方の研修についてなど、活発な質疑応答が交わされましたが、討論なく、原案を可とすることに決定いたしました。

  次に、議案第41号 足利市火災予防条例の改正についてでありますが、本案は、屋外における催しの防火管理体制の構築を図ることを目的に大規模な催しの主催者に対して、防火担当者の選任、火災予防上必要な業務計画の作成等を義務付けるため、条例を改正しようとするものであります。

  審査の過程におきましては、「大規模な催しとして、本市で想定されるイベントは何か。」との質疑に対し、当局から「現在のところ、足利花火大会と西宮の恵比寿講を想定している。」との答弁がありました。

  また、「足利花火大会は今年が100回目で、非常に多くの方が見え、露店の数も多くなると思うが、安全対策について聞きたい。」との質疑に対し、当局から「消防としては、普段の警備よりも安全のため、午後3時から2人1組の班編成で露天商組合を査察し、花火打ち上げ中もまた違った人員で警備を行い、火災予防について指導する。」との答弁がありました。

  その他、本条例の周知の方法や指導の方法についてなど、活発な質疑応答が交わされましたが、討論なく、原案を可とすることに決定いたしました。

  次に、議案第44号 工事請負契約についてでありますが、本案は、道整備交付金事業市道鹿島山下通り道路改良工事の工事請負契約について、その予定価格が議会の議決に付さなければならない予定価格である1億5,000万円以上となるので、議会の議決を求めるものであります。

  審査の過程におきましては、「市道鹿島山下通り道路改良工事はアンダーパスの工事であり、先日、冠水した山川アンダーと同じ形態をとるが、安全性について聞きたい。」との質疑に対し、当局から「山川アンダーについては、ポンプ操作室に水が入り、排水ポンプが作動しなくなったが、今回はポンプ操作室を地上に設置する。また、想定以上の雨が入ってきてしまった場合には、早急に通行止めの措置を講じるなど冠水事故が起こらないように万全を期していきたい。」との答弁がありました。

  また、「完成後の排水ポンプ等の管理・点検について聞きたい。」との質疑に対し、当局から「業者に委託するのか、職員が点検するのか、供用を開始するまでに万全の態勢で臨めるよう研究を進めていきたい。」との答弁がありました。

  その他、工事の進捗状況や完成時期など、活発な質疑応答が交わされましたが、討論なく、原案を可とすることに決定いたしました。

  以上が本委員会に付託されました案件の審査の概要であります。

  よろしく御審議の上、本委員会決定のとおり御賛同くださるよう希望いたしまして、私の報告を終わります。



○議長(藤生智弘) 教育経済建設常任委員会委員長、大島 綾議員。

   (教育経済建設常任委員会委員長

    大島 綾議員登壇)



◎教育経済建設常任委員会委員長(大島綾) 教育経済建設常任委員会に付託されました案件の審査の概要について御報告申し上げます。

  本委員会に付託されました案件は1件でありまして、去る6月17日委員会を開催し、慎重な審査の結果、原案を可とすることに決定いたしました。

  以下、その審査の概要について申し上げます。

  議案第42号 足利市営住宅条例の改正についてでありますが、本案は、中橋ハイツの家賃について、近傍家賃との乖離を解消し、入居率の向上を図ることを目的に、不動産評価の結果に基づき家賃を引き下げるほか、引用規定の整理を行うため、条例を改正しようとするものであります。

  審査の過程におきましては、「中橋ハイツの入居状況はどうなっているのか。」との質疑に対し、当局から「6月現在で64戸のうち35戸が入居しており、入居率は約55%である。」との答弁がありました。

  また、「市営住宅の入居率が低下する中、中橋ハイツだけではなく、ほかの市営住宅も同様に見直す必要性があるのではないか。」との質疑に対し、当局から「市営住宅の家賃は公営住宅法等に基づき算定しているため、家賃の引き下げは国の法改正を待たなければできないが、高齢者や障がい者などの福祉面に配慮した市営住宅のあり方について、今後検討していく。」との答弁がありました。

  また、「入居率を上げるには、いかにPRしていくかが大事であるが、方法等はあるのか。」との質疑に対し、当局から「広報あしかがみやホームページでのPRに加え、中橋ハイツの指定管理者であるとちぎ県南不動産業協同組合の加盟業者へのPRと入居仲介の依頼を考えている。」との答弁がありました。

  また、「一般に市営住宅は、民間のアパートなどに比べ、公共の施設ということで家賃が若干安目に設定されている。中橋ハイツの建築経緯もあるのだろうが、少しでも割安感を持たせることはできないのか。」との質疑に対し、当局から「今回の家賃の引き下げは、市営住宅条例を根拠としており、民間と比較して同レベルに定めることが基本と考え、不動産評価の結果を尊重して見直しを行うものである。」との答弁がありました。

  その他、活発な質疑応答が交わされましたが、討論なく、原案を可とすることに決定いたしました。

  以上が本委員会に付託されました案件の審査の概要であります。

  よろしく御審議の上、本委員会決定のとおり御賛同くださるようお願いいたしまして、私の報告を終わります。



○議長(藤生智弘) 以上で委員長報告を終結いたします。

  これより委員長報告に対する質疑を行います。

  ただいまのところ通告はありませんので、質疑なしと認めます。

  これより討論に入ります。

  ただいまのところ通告はありませんので、討論なしと認めます。

  これより表決に入ります。

  議案第39号から第42号まで及び第44号について採決いたします。

  議案第39号 職員の配偶者同行休業に関する条例

         の制定について         

  議案第40号 財産の取得について       

  議案第41号 足利市火災予防条例の改正について

  議案第42号 足利市営住宅条例の改正について 

  議案第44号 工事請負契約について      

  以上、各案に対する委員長報告は、いずれも原案を可とする報告であります。

  委員長報告のとおり可決することに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(藤生智弘) 御異議なしと認めます。

  よって各案は、いずれも委員長報告のとおり可決されました。

  日程第2 平成26年請願第1号についてを議題と いたします。

  委員会付託の本請願については、お手元に配付のとおり審査報告書が提出されておりますので、朗読を省略して会議録に登載のことといたします。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    審 査 報 告 書

  本議会において、平成26年6月11日民生環境水道常任委員会に付託された案件は、審査の結果、次のとおり決しましたから報告します。

   平成26年6月16日

  足利市議会

        藤 生 智 弘 様

  議   長

         足利市議会民生環境水道常任委員会

           委員長  常 見   登

          記

 1 審査事件

  (1) 平成26年請願第1号 精神障害者相談員の法制化を求める意見書採択に関する請願

 2 結  果

  採択して意見書を送付すべきものとする。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(藤生智弘) お諮りいたします。

  ただいま議題となっております本請願については、委員長報告、報告に対する質疑及び討論を省略し、直ちに表決に付したいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(藤生智弘) 御異議なしと認めます。

  よって、委員長報告、報告に対する質疑及び討論を省略し、直ちに表決に付することに決定いたしました。

  これより表決に入ります。

  平成26年請願第1号について採決いたします。

  平成26年請願第1号 精神障害者相談員の法制化

             を求める意見書採択に関す

             る請願

  本請願に対する委員会の審査報告は、採択とすべき ものとする報告であります。

  委員会の審査報告のとおり、採択することに決し、御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(藤生智弘) 御異議なしと認めます。

  よって、平成26年請願第1号については、委員会の審査報告のとおり、採択することに決定いたしました。

  この際、暫時休憩いたします。

   休憩 午後2時17分

                        

   再開 午後2時18分



○議長(藤生智弘) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  ただいま23番、常見 登議員ほか7名から意見書案第2号 精神障害者相談員の法制化を求める意見書についてが提出されました。 

  お諮りいたします。

  この際、意見書案第2号についてを日程に追加し、直ちに議題といたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(藤生智弘) 御異議なしと認めます。

  よって意見書案第2号についてを日程に追加し、直ちに議題とすることに決定いたしました。

  これより意見書案第2号についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。

  23番、常見 登議員。

   (23番 常見 登議員登壇)



◆23番議員(常見登) 意見書案第2号 精神障害者相談員の法制化を求める意見書について、提出者を代表いたしまして提案理由を御説明申し上げます。

  障害者の相談等を市民等に委託する障害者相談員制度については、身体障害者相談員が昭和42年に身体障害者福祉法に規定され、また、知的障害者相談員については、昭和43年に知的障害者福祉法に規定されました。

  しかし、精神障害者相談員については、いまだに精神障害者福祉法に規定が設けられていません。

  精神障害に関する相談は、現在精神保健福祉センターなどの精神保健福祉相談員等が対応していることや、精神医療などの専門知識が必要であることなどから規定されていないものと考えられております。

  しかしながら、専門知識に基づく相談とともに同じ体験を持つ精神障害者本人や家族であるからこそ応えられる相談も多くあります。

  よって、国に対し、精神障害者相談員を精神障害者福祉法に規定するため、同法を改正するよう強く要望するため、地方自治法第99条の規定により意見書を提出しようとするものであります。

  以上で提案説明を終わります。



○議長(藤生智弘) 本案については、お手元に配付のとおり意見書案が提出されておりますので、朗読を省略して会議録に登載のことといたします。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

                  意見書案第2号

   精神障害者相談員の法制化を求める意見書

   について

  地方自治法第99条による別紙意見書を会議規則第14条により提出する。

  平成26年6月20日 提出

  提出者 足利市議会議員     常 見   登

   同              小 林 雅 明

   同              金 子 裕 美

   同              冨 永 悦 子

   同              荻 原 久 雄

   同              尾 関 栄 子

   同              黒 川 貫 男

   同              酉 田 智 男

                        

   精神障害者相談員の法制化を求める意見書

  障がい者の相談等を市民等に委託して行う障害者相談員制度については、身体障害者相談員が昭和42年に身体障害者福祉法に、知的障害者相談員が昭和43年に知的障害者福祉法にそれぞれ規定されたが、精神障害者相談員については精神保健及び精神障害者福祉に関する法律(以下「精神障害者福祉法」という。)に規定が設けられていない。

  精神障がいに関する相談については、現在、精神保健福祉センターや保健所等の精神保健福祉相談員等が対応していることに加え、精神医療や精神保健福祉等の専門知識が必要であることなどから規定されていないものと考えられる。しかしながら、専門知識に基づく相談とともに、同じ体験を持つ精神障がい者本人や家族だからこそ応えられる相談も多くある。

  よって、国においては、精神障害者相談員を精神障害者福祉法に規定するため、同法を改正されるよう強く要望する。

  以上、地方自治法第99条の規定により意見書を提出する。

   平成26年6月20日

                足 利 市 議 会

内閣総理大臣

総 務 大 臣

        あて

厚生労働大臣

衆参両院議長

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(藤生智弘) お諮りいたします。

  本案は、質疑、委員会への付託及び討論を省略し、直ちに表決に付したいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(藤生智弘) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、質疑、委員会への付託及び討論を省略し、直ちに表決に付することに決定いたしました。

  これより表決に入ります。

  意見書案第2号について採決いたします。

  意見書案第2号 精神障害者相談員の法制化を求め

          る意見書について

  本案は案のとおり可決することに御異議ありません か。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(藤生智弘) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、案のとおり可決されました。

  日程第3 報告第14号についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。

  和泉 聡市長。

   (和泉 聡市長登壇)



◎市長(和泉聡) ただいま上程されました報告第14号 市長専決処分事項報告について御説明します。

  本報告は、平成26年2月4日、五十部町地内で発生した、交通事故に係る和解及び損害賠償の額の決定に関する専決処分の報告です。

  以上で説明を終わります。

  よろしくお願いします。



○議長(藤生智弘) これより質疑に入ります。

  ただいまのところ通告はありませんので、質疑なしと認めます。

  よって、ただいま議題となっております報告第14号については、質疑を終わりましたので、受理となりました。

  日程第4 議案第45号についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。

  和泉 聡市長。

   (和泉 聡市長登壇)



◎市長(和泉聡) ただいま上程されました議案第45号 固定資産評価審査委員会委員の選任について、御説明します。

  本案は、本市固定資産評価審査委員会委員のうち、堀越弘夫委員の任期が平成26年6月23日に満了となることに伴い、同委員を再任しようとするものです。

  堀越弘夫委員は、平成20年6月24日に就任して以来、2期6年にわたり、本市税務行政の推進に御尽力されていることは、御案内のとおりです。

  つきましては、堀越弘夫委員を引き続き固定資産評価審査委員会委員として選任することについて、御同意を賜りますようお願いを申し上げ、提案の説明を終わります。



○議長(藤生智弘) これより質疑に入ります。

  ただいまのところ通告はありませんので、質疑なしと認めます。

  お諮りいたします。

  ただいま議題となっております本案は、委員会への付託を省略いたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(藤生智弘) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、委員会への付託を省略することに決定いたしました。

  これより討論に入ります。

  ただいまのところ通告はありませんので、討論なしと認めます。

  これより表決に入ります。

  議案第45号について採決いたします。

  議案第45号 固定資産評価審査委員会委員の選任

         について

  本案は、これに同意することに決し、御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(藤生智弘) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、これに同意することに決定いたしました。

  日程第5 議案第46号についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。

  和泉 聡市長。

   (和泉 聡市長登壇)



◎市長(和泉聡) ただいま上程されました議案第46号 平成26年度足利市一般会計補正予算(第2号)について御説明します。

  今回の補正は、屋内子ども遊び場運営費補助金に係る債務負担行為の追加を内容とするもので、平成26年度から平成31年度まで、1億6,000万円の債務を新たに設定しようとするものです。

  よろしく御審議の上、議決を賜りますようお願い申し上げて、提案の説明を終わります。



○議長(藤生智弘) これより質疑に入ります。

  ただいまのところ通告はありませんので、質疑なしと認めます。

  お諮りいたします。

  ただいま議題となっております本案は、委員会への付託を省略いたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(藤生智弘) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、委員会への付託を省略することに決定いたしました。

  これより討論に入ります。

  ただいまのところ通告はありませんので、討論なしと認めます。

  これより表決に入ります。

  議案第46号について採決いたします。

  議案第46号 平成26年度足利市一般会計補正予

         算(第2号)について

  本案は、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(藤生智弘) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、原案のとおり可決されました。

  日程第6 決定案第4号についてを議題といたします。

  本案は、足利市大月町795番地 阿由葉榮二氏を人権擁護委員候補者として推薦することにつき、市長から意見を求められたものであります。

  お諮りいたします。

  本案は、説明、質疑、委員会への付託及び討論を省略し、直ちに表決に付したいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(藤生智弘) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、説明、質疑、委員会への付託及び討論を省略することに決定いたしました。

  これより表決に入ります。

  決定案第4号について採決いたします。

  決定案第4号 人権擁護委員候補者の推薦に関する

         意見答申について

  本案は、案のとおり答申することに決し、御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(藤生智弘) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、案のとおり答申することに決定いたしました。

  日程第7 決定案第5号についてを議題といたします。

  地方自治法第117条の規定により、中島由美子議員、小林克之議員の退席を求めます。

   (13番 中島由美子議員、14番 小林克之議員退席)



○議長(藤生智弘) お諮りいたします。

  本案は、説明、質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに表決に付したいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(藤生智弘) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、説明、質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに表決に付することに決定いたしました。

  これより表決に入ります。

  決定案第5号について採決いたします。

  決定案第5号 農業委員会の選任委員の推薦について

  本案は、案のとおり、足利市本城一丁目1601番地 中島由美子議員、足利市八幡町二丁目21番地2 小林克之議員、足利市藤本町540番地 三田照子氏、足利市寺岡町53番地2 本嶋ミチ子氏を推薦することに決し、御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(藤生智弘) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、案のとおり推薦することに決定いたしました。

  中島由美子議員、小林克之議員の出席を求めます。

   (13番 中島由美子議員、14番 小林克之議員出席)



○議長(藤生智弘) 以上で本日の日程は全部終了し、今期定例会に提出された全案件を議了いたしました。

  これをもって、平成26年第2回市議会定例会を閉会いたします。

   閉会 午後2時33分