議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 足利市

平成24年  9月 定例会(第4回) 08月30日−議案提案説明−01号




平成24年  9月 定例会(第4回) − 08月30日−議案提案説明−01号







平成24年  9月 定例会(第4回)





            平成24年
            足利市議会定例会会議録(第1号)
            第 4 回
                                        

8月30日(木曜日)
 出 席 議 員 (24名)
         1番 杉 田   光           13番 中 島 由美子
         2番 金 子 裕 美           14番 小 林 克 之
         3番 小 林 雅 明           15番 渡 辺   悟
         4番 小 林 貴 浩           16番 尾 関 栄 子
         5番 横 山 育 男           17番 黒 川 貫 男
         6番 吉 田 晴 信           18番 中 山 富 夫
         7番 冨 永 悦 子           19番 河 内 利 雄
         8番 大 島   綾           20番 酉 田 智 男
         9番 栗 原   収           21番 藤 生 智 弘
        10番 荻 原 久 雄           22番 平 塚   茂
        11番 柳   収一郎           23番 常 見   登
        12番 塩 田   等           24番 石 川 博 康

 欠 席 議 員 (なし)

 地方自治法第121条の規定による会議事件の説明のため出席要求によって出席した者
    市     長  大豆生田  実       上 下 水道部長  横 塚 光 一
    副  市  長  松 澤 一 廣       消  防  長  森 田 政 雄
    総 務 部 長  大 垣 栄 治       教  育  長  岩 田   昭
    政 策 推進部長  ? 木 弘 志       教 育 次 長  川 田 陽 一

    福 祉 部 長  松 山 善 弘       行 政 委 員 会  小 船 喜久男
                           事 務 局 長

    生 活 環境部長  早 川 文 英       農 業 委 員 会  前 原 弘 一
                           事 務 局 長

    産 業 観光部長  坂 上   隆       秘 書 広報課長  岡 田 和 之
    都 市 建設部長  篠 原 正 美       経 営 管理課長  平 澤 敏 明
    会 計 管 理 者  福 田 保 雄

 議会事務局職員出席者
    事 務 局 長  塚 原 達 哉       議 事 調査担当  渡 邊 賢 介
                           副  主  幹

    議 事 課 長  安 田 浩 一       書     記  澁 澤 尚 也

 本日の会議に付した事件
( 1) 会期の決定について
( 2) 会議録署名議員の指名について
( 3) 議会運営委員の定数の変更及び委員の選任について
( 4) 議案第63号 足利市防災会議条例及び足利市災害対策本部条例の改正について
( 5) 議案第64号 平成24年度足利市一般会計補正予算(第2号)について
( 6) 議案第65号 平成24年度足利市介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第1号)について
( 7) 議案第66号 足利市遺児手当支給条例の改正について
( 8) 議案第67号 足利市金券基金条例の制定について
( 9) 議案第68号 足利おおいわいこいの広場条例の廃止について
(10) 議案第69号 工事委託契約の変更について
(11) 議案第70号 平成23年度足利市一般会計決算について
(12) 議案第71号 平成23年度足利市介護保険特別会計(保険事業勘定)決算について
(13) 議案第72号 平成23年度足利市介護保険特別会計(介護サービス事業勘定)決算について
(14) 議案第73号 平成23年度足利市国民健康保険特別会計(事業勘定)決算について
(15) 議案第74号 平成23年度足利市後期高齢者医療特別会計決算について
(16) 議案第75号 平成23年度足利市公設地方卸売市場事業特別会計決算について
(17) 議案第76号 平成23年度足利市農業集落排水事業特別会計決算について
(18) 議案第77号 平成23年度足利市公共下水道事業特別会計決算について
(19) 議案第78号 平成23年度足利市堀里ニュータウン下水処理事業特別会計決算について
(20) 議案第79号 平成23年度足利市水道事業会計利益の処分及び決算について
(21) 議案第80号 平成23年度足利市工業用水道事業会計利益の処分及び決算について
(22) 報告第16号 市長専決処分事項報告について
(23) 報告第17号 市長専決処分事項報告について
(24) 報告第18号 市長専決処分事項報告について
(25) 報告第19号 平成23年度足利市土地開発公社の経営状況を説明する書類について
(26) 報告第20号 平成23年度財団法人足利市みどりと文化・スポーツ財団の経営状況を説明する書類について
(27) 報告第21号 平成23年度財団法人足利市民文化財団の経営状況を説明する書類について
(28) 報告第22号 平成23年度財団法人栃木県南地域地場産業振興センターの経営状況を説明する書類について





    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



◎事務局長(塚原達哉) 報告いたします。     

  ただいまの出席議員24名、全員であります。

  次に、本日の議事日程を申し上げます。

  日程第1 会期の決定について         

  日程第2 会議録署名議員の指名について    

  日程第3 議会運営委員の定数の変更及び委員の選

       任について             

  日程第4 報告第16号から第22号までについて

  日程第5 議案第63号から第80号までについて

  以上であります。

                        

   開会 午後2時00分



○議長(河内利雄) 開会に先立ちまして、足利市民憲章の唱和を行います。全員御起立願います。

   (一同起立)

   (足利市民憲章を全員で唱和)



○議長(河内利雄) 御着席ください。

  ただいまから平成24年第4回市議会定例会を開会し、直ちに本日の会議を開きます。

  この際、事務局長から諸般にわたり報告いたさせます。



◎事務局長(塚原達哉) 報告いたします。

 1 会派の解散について

  〇 6月21日付をもって、市議会公明党議員会から会派を解散した旨、届け出がありました。   

 2 会派所属議員の異動について

  〇 6月21日付をもって、渡辺 悟議員が市議会自民ネクストに入会した旨、届け出がありました。

 3 監査委員からの報告について

  〇 平成23年度平成24年5月分、平成24年度5月分、6月分及び7月分例月現金出納検査結果報告

  〇 出先機関等監査結果報告(わたらせ保育所、御厨公民館)

  以上のとおり報告を受理いたしました。



○議長(河内利雄) 今議会を通じ、地方自治法第121条の規定に基づき、説明のため市長等の出席を要求いたしましたので、御承知願います。

  日程第1 会期の決定についてを議題といたします。

  お諮りいたします。

  今期定例会の会期は、本日から9月24日までの26日間といたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河内利雄) 御異議なしと認めます。

  よって会期は、26日間と決定いたしました。

  日程第2 会議録署名議員の指名を行います。

  会議録署名議員は、会議規則第82条の規定により、8番大島 綾議員、23番常見 登議員を指名いたします。

  日程第3 議会運営委員の定数の変更及び委員の選任についてを議題といたします。

  お諮りいたします。

  足利市議会委員会条例の第4条第2項の規定に基づき、議会運営委員会の委員の定数を6人といたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河内利雄) 御異議なしと認めます。

  よって議会運営委員会の委員の定数を6人とすることに決定いたしました。

  つきましては議会運営委員1人が欠員となりましたので、この際お諮りいたします。

  足利市議会委員会条例第8条第1項の規定により議会運営委員に新たに栗原 収議員を指名いたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河内利雄) 御異議なしと認めます。

  よって栗原 収議員を議会運営委員に選任することに決定いたしました。

  日程第4 報告第16号から第22号までについてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。

  大豆生田 実市長。

   (大豆生田 実市長登壇)



◎市長(大豆生田実) ただいま上程されました各報告について、順次御説明いたします。

  まず、報告第16号 市長専決処分事項報告についてでございますが、本報告は、平成24年6月28日、岩井町地内で発生いたしました、市有自動車による交通事故に係る和解及び損害賠償の額の決定に関する専決処分の報告でありまして、平成24年7月13日に、地方自治法第180条第1項の規定に基づく議会の委任による市長の専決処分によって措置いたしましたので、同条第2項の規定により御報告申し上げるものでございます。

  次に、報告第17号 市長専決処分事項報告についてですが、本報告は、平成24年6月1日、借宿町地内で発生いたしました、道路管理瑕疵による事故に係る和解及び損害賠償の額の決定に関する専決処分の報告でありまして、平成24年8月2日に、地方自治法第180条第1項の規定に基づく議会の委任による市長の専決処分によって措置いたしましたので、同条第2項の規定により御報告申し上げるものであります。

  次に、報告第18号 市長専決処分事項報告についてですが、本報告は、平成24年6月22日、下渋垂町地内で発生いたしました、道路管理瑕疵による事故に係る和解及び損害賠償の額の決定に関する専決処分の報告でありまして、平成24年8月2日に、地方自治法第180条第1項の規定に基づく議会の委任による市長の専決処分によって措置いたしましたので、同条第2項の規定により御報告申し上げるものであります。

  次に、報告第19号 平成23年度足利市土地開発公社の経営状況を説明する書類についてでありますが、本報告は、公有地の拡大の推進に関する法律に基づいて設置をしております足利市土地開発公社の平成23年度における事業報告などでありまして、その事業内容は道路用地の取得事業で、406.61平方メートルの用地を899万6,081円で取得いたしました。

  また、処分事業では317.41平方メートルの用地を1,735万6,974円で処分いたしました。その結果、決算額において44万1,304円の当期損失を生じた次第であります。

  次に、報告第20号 平成23年度財団法人足利市みどりと文化・スボーツ財団の経営状況を説明する書類についてでありますが、本報告は、市民の健全な心身の発達と潤いのある文化的な生活の形成その他公益の増進に寄与することを目的として設置されております、財団法人足利市みどりと文化・スボーツ財団の平成23年度における事業報告などでありまして、その事業内容は、本市の指定管理者として文化・スポーツ・レクリエーション施設及び公園緑地等施設に財団所有施設を加えた127施設の施設管理事業を行うとともに、その管理施設を拠点とした緑化推進、文化振興及びスポーツ振興に関する278の各種事業をそれぞれの施設で実施したもので、決算額において、その支出合計は11億5,666万3,126円となり、当年度3,765万6,686円の次期繰越収支差額を生じた次第であります。

  次に、報告第21号 平成23年度財団法人足利市民文化財団の経営状況を説明する書類についてでありますが、本報告は、芸術、文化の振興や文化的環境整備の促進を図ることなどを目的として設置されております、足利市民文化財団の平成23年度における事業報告などでありまして、財団設立の趣旨の普及、自然的・歴史的環境保護事業、芸術品・文化財等保護事業、地域文化の振興を目指した各種事業を行うとともに財団資産の確保に努め、決算額において、その支出合計は734万5,545円となり、当年度1,078万9,835円の次期繰越収支差額を生じた次第であります。

  次に、報告第22号 平成23年度財団法人栃木県南地域地場産業振興センターの経営状況を説明する書類についてでありますが、本報告は栃木県南地域4市1町の地場産業の振興を目的としております、同財団の平成23年度における事業報告などでありまして、新製品・新商品の研究、開発及び調査に関する事業、情報収集・提供事業、販路開拓事業などの各種事業の強化を図るとともに、施設利用の促進や利用者へのサービスに努めるなど、財団の設立目的に沿った管理運営を行った支出合計は8,953万744円でありまして、その結果、当年度1,427万284円の次期繰越収支差額を生じた次第であります。

  以上で、各報告の説明を終わりますが、よろしくお願いを申し上げます。



○議長(河内利雄) これより質疑に入ります。

  ただいまのところ通告はありませんので、質疑なしと認めます。

  よって、ただいま議題となっております報告第16号から第22号までについては質疑を終わりましたので、受理となりました。

  日程第5 議案第63号から第80号までについてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。

  大豆生田 実市長。

   (大豆生田 実市長登壇)



◎市長(大豆生田実) ただいま上程されました各号議案について、順次御説明いたします。

  まず、議案第63号 足利市防災会議条例及び足利市災害対策本部条例の改正についてでありますが、本案は、災害対策基本法の改正に伴う関係規定について所要の整備等を行うため、条例を改正しようとするものであります。

  次に、議案第64号 平成24年度足利市一般会計補正予算(第2号)についてでありますが、今回の補正は、単独事業及び補助整合を図るための、歳入歳出予算及び地方債の補正を内容とするもので、歳入歳出予算に1億2,900万円を追加し、予算総額を500億4,500万円にしようとするものであります。

  歳入歳出予算の概要について申し上げます。まず歳出についてでありますが、民生費は、要保護児童対策推進費及び老人保健医療事業費、衛生費は、斎場の管理運営費、農林水産業費は、かんがい排水事業費補助金及び里山林整備事業費を、それぞれ追加するものであります。

  商工費は、足利市金券発行事業費を新規に計上するとともに観光施設整備事業費を追加するものであります。

  土木費は、道路改良事業費、舗装改良事業費、橋りょう整備事業費、教育費は、市民会館施設整備費、災害復旧費は、道路災害復旧単独事業費を、それぞれ追加するものであります。

  次に、歳入についてでありますが、歳出に連動する国庫支出金、県支出金を追加し、繰越金は歳出補正に伴う所要額を追加するものであります。

  地方債の補正は、市債追加に伴い、起債の限度額の変更をしようとするものであります。

  次に、議案第65号 平成24年度足利市介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第1号)についてでありますが、今回の補正は、国庫支出金等の精算による償還金の追加を内容とするもので、歳入歳出予算に3,670万円を追加し、予算総額を110億7,570万円にしようとするものであります。

  次に、議案第66号 足利市遺児手当支給条例の改正についてでありますが、本案は、平成22年度税制改正において年少扶養控除等が廃止されたことに伴い、市民税額が増額となることにより遺児手当の受給対象者が影響を受けることのないようにするため、条例を改正しようとするものであります。

  次に、議案第67号 足利市金券基金条例の制定についてでありますが、本案は、足利市が発行する金券の換金に必要な経費の財源に充てることを目的とする基金を設置するため、条例を制定しようとするものであります。

  次に、議案第68号 足利おおいわいこいの広場条例の廃止についてでありますが、本案は、足利おおいわいこいの広場を平成24年10月29日に閉鎖することに伴い条例を廃止しようとするものであります。

  次に、議案第69号 工事委託契約の変更についてでありますが、本案は、平成22年6月議会において議決を得て委託契約を締結いたしました公共下水道足利市水処理センター改築更新工事について、その契約金額を減額するため議会の議決を求めるものであります。

  続いて、平成23年度足利市一般会計決算を初め、特別会計決算及び企業会計決算について御説明いたします。

  まず、議案第70号 平成23年度足利市一般会計決算についてでありますが、平成23年度における我が国の経済は、歴史的円高やデフレの影響、原油価格の上昇、電力不足による電力供給の制約、さらには雇用情勢への懸念が続くなど厳しい状況にある中で、国は、復旧復興対策として補正予算を含む各種政策を実施し、復興需要を背景とした景気の持ち直しの動きがありました。このような中、本年度決算額は、前年度決算対比で歳入は0.6%、歳出は1.4%の減となりました。

  歳入においては、国の復旧復興対策による地方交付税や県支出金などが増加したものの、景気悪化の影響等により市税収入が4年続けて減少しました。

  歳出においては、子ども手当や生活保護費などの扶助費や予防接種費、災害復旧事業費などが増加しましたが、職員数の削減により人件費が減少したほか、経済危機対策及びきめ細かな臨時交付金事業費や特別会計への繰出金などが減少しました。

  この結果、歳入歳出差引24億3,764万7,000円の剰余金を生じ、翌年度への繰越財源を控除した実質収支額は、22億8,983万4,000円となり、この実質収支額のうち、8億円を財政調整基金、7億円を減債基金に積み立て、残額の7億8,983万4,000円を翌年度繰越金といたしました。

  なお、平成23年度に実施いたしました主な事業の内容など、詳細につきましては、お手元にお配りいたしました市政年報並びに決算報告書をご覧いただきたいと存じます。

  次に、議案第71号 平成23年度足利市介護保険特別会計(保険事業勘定)決算についてでありますが、要介護認定者などへの介護サービス費用等を給付しました。

  歳入決算額は、101億5,981万6,000円で、予算現額に対する執行率は95.1%、5億2,378万4,000円の減、歳出決算額は、101億1,857万5,000円で、予算現額に対する執行率は94.7%、不用額は5億6,502万5,000円となっております。

  次に、議案第72号 平成23年度足利市介護保険特別会計(介護サービス事業勘定)決算についてでありますが、直営の地域包括支援センターで実施する介護予防支援業務の会計処理を行ってきましたが、平成23年10月に直営の地域包括支援センターを廃止したことに伴い、平成24年3月31日をもって特別会計を廃止し、廃止に伴う剰余金を一般会計に繰出して精算いたしました。

  歳入決算額は、857万8,000円で、予算現額に対する執行率は95.8%、37万2,000円の減、歳出決算額は、857万8,000円で、予算現額に対する執行率は95.8%、不用額は、37万2,000円で歳入と同額となっております。

  次に、議案第73号 平成23年度足利市国民健康保険特別会計(事業勘定)決算についてでありますが、国民健康保険は、加入者の年齢構成が高く、低所得者層の割合が高いという構造的な問題を抱えており、歳出の主体をなす保険給付費は前年度に比較して増加しております。

  歳入決算額は177億955万6,000円で、予算現額に対する執行率は102.3%、3億9,625万6,000円の増、歳出決算額は170億4,470万9,000円で、予算現額に対する執行率は98.4%、不用額は2億6,859万1,000円となっております。

  次に、議案第74号 平成23年度足利市後期高齢者医療特別会計決算についてでありますが、75歳以上の高齢者と65歳から74歳までの障害の認定を受けた方を被保険者として、保険料を賦課し療養の給付を行うものであり、歳入決算額は12億4,172万4,000円で、予算現額に対する執行率は99.3%、927万6,000円の減、歳出決算額は12億3,843万8,000円で、予算現額に対する執行率は99.0%、不用額は1,256万2,000円となっております。

  次に、議案第75号 平成23年度足利市公設地方卸売市場事業特別会計決算についてでありますが、年間取扱金額は、青果、水産物、花卉ともに減少したため、前年度に比較し、13億2,645万2,000円、12.8%減少しました。

  歳入決算額は2億4,869万1,000円で、予算現額に対する執行率は91.4%、2,330万9,000円の減、歳出決算額は、2億4,869万円で、予算現額に対する執行率は91.4%、不用額は2,331万円となっております。

  次に、議案第76号 平成23年度足利市農業集落排水事業特別会計決算についてでありますが、歳入決算額は2,025万9,000円で、予算現額に対する執行率は92.1%、174万1,000円の減、歳出決算額は2,025万9,000円で、予算現額に対する執行率は92.1%、不用額は174万1,000円となっております。

  次に、議案第77号 平成23年度足利市公共下水道事業特別会計決算についてでありますが、管渠事業は、補助事業及び単独事業による面的整備を実施し、平成23年度末の公共下水道普及率は74.4%となりました。

  歳入決算額は57億9,358万6,000円で、予算現額に対する執行率は96.0%、2億4,291万7,000円の減、歳出決算額は57億9,304万円で、予算現額に対する執行率は96.0%、不用額は、2億4,346万3,000円となっております。

  次に、議案第78号 平成23年度足利市堀里ニュータウン下水処理事業特別会計決算についてでありますが、歳入決算額は1,436万7,000円で、予算現額に対する執行率は103.4%、46万7,000円の増、歳出決算額は1,334万9,000円で、予算現額に対する執行率は96.0%、不用額は55万1,000円となっております。

  次に、議案第79号 平成23年度足利市水道事業会計利益の処分及び決算についてでありますが、まず、損益勘定における収入の主要財源であります営業収益は、消費税込みで、24億2,211万7,000円、事業収益総額では24億6,002万2,000円となり、予算に対する執行率は100.8%となりました。

  また、事業費用は22億490万1,000円となり、収入支出の差し引きは消費税込みで2億5,512万1,000円となりました。この結果、消費税抜きの純利益は2億2,538万9,000円となり、この純利益のうち、1,127万円を減債積立金、残額の2億1,411万9,000円を建設改良積立金に積み立てるものであります。

  次に、資本勘定でありますが、収入は企業債等2億6,875万6,000円で、支出は平成20年度から開始した老朽鋳鉄管の布設替事業などを実施し、11億5,715万5,000円となり、8億8,839万9,000円の収入不足を生じましたが、損益勘定留保資金等により補てんいたしました。

  次に、議案第80号 平成23年度足利市工業用水道事業会計利益の処分及び決算についてでありますが、損益勘定における収入の主要財源であります営業収益は、消費税込みで1億4,872万4,000円、事業収益総額では、1億5,653万3,000円となり、予算に対する執行率は99.1%となりました。

  また、事業費用は、1億1,136万9,000円で、収入支出差し引きは、消費税込みで4,516万4,000円となりました。この結果、消費税抜きの純利益は4,369万5,000円となり、この純利益全額を建設改良積立金に積み立てるものであります。

  次に、資本勘定でありますが、収入はなく、支出は田中水源滝の宮計装盤改良工事などを実施し、3,748万6,000円で、支出と同額の収入不足額3,748万6,000円は、損益勘定留保資金等で補てんいたしました。

  以上、各号議案について御説明いたしましたが、平成23年度足利市一般会計決算を初め、特別会計及び企業会計の決算認定等をお願いするに当たり、平成23年度は、景気悪化等の影響を受けて、市税収入が減少するなど、厳しい財政状況のもとではありましたが、市政全般にわたり、諸施策を推進できましたことは、市議会並びに市民各位の深い御理解と御協力のたまものであり、深く感謝申し上げます。

  よろしく御審議の上、議決及び認定を賜りますようお願い申し上げまして、提案の説明を終わります。



○議長(河内利雄) お諮りいたします。

  議案調査のため8月31日、9月3日から7日までは休会いたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(河内利雄) 御異議なしと認め、そのように決定いたしました。 

  以上で、本日の日程は全部終了いたしました。

  次の本会議は、9月10日定刻午前10時から開きます。

  本日は、これをもって散会いたします。

   散会 午後2時32分