議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 足利市

平成22年  6月 定例会(第3回) 06月22日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号




平成22年  6月 定例会(第3回) − 06月22日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号







平成22年  6月 定例会(第3回)





            平成22年
            足利市議会定例会会議録(第4号)
            第 3 回
                                        

6月22日(火曜日)
 出 席 議 員 (27名)
         1番 大 島   綾           15番 松 村 和 久
         2番 栗 原   収           17番 中 山 富 夫
         3番 荻 原 久 雄           18番 河 内 利 雄
         4番 大須賀 幸 雄           19番 酉 田 智 男
         5番 柳   収一郎           20番 藤 生 智 弘
         6番 織 原 義 明           21番 平 塚   茂
         7番 塩 田   等           22番 渋 沢 克 博
         8番 中 島 由美子           23番 帆 足   章
         9番 小 林 克 之           24番 嶋 田 政 芳
        10番 杉 田   勉           25番 常 見   登
        11番 加 藤 正 一           26番 石 川 博 康
        12番 渡 辺   悟           27番 長 岡 正 幸
        13番 尾 関 栄 子           28番 石 原 弁 治
        14番 黒 川 貫 男                      

 欠 席 議 員 (1名)
        16番 斎 藤 好 江

 地方自治法第121条の規定による会議事件の説明のため出席要求によって出席した者
    市     長  大豆生田  実       会 計 管 理 者  菊 地 一 彦
    副  市  長  松 澤 一 廣       上 下 水道部長  柴 田 正 幸
    改革推進担当監  ? 木 弘 志       消  防  長  山 ? 康 次
    政 策 推進部長  川 島   茂       教  育  長  岩 田   昭
    総 務 部 長  茂 木 俊 彦       教 育 次 長  本 山 文 男

    福 祉 部 長  八 長 清 隆       行 政 委 員 会  金 井   博
                           事 務 局 長         

    生 活 環境部長  大 垣 栄 治       農 業 委 員 会  山 口 幸 雄
                           事 務 局 長         

    産 業 観光部長  武 井 範 夫       秘 書 広報課長  森 田 政 雄
    都 市 建設部長  泉   正 樹       経 営 管理課長  松 山 善 弘

 議会事務局職員出席者
    事 務 局 長  飯 塚 利 明       議 事 課 長  橋 本 敏 博

    議 事 調査担当  大 橋 道 夫       書     記  藤 谷 繁 朗
    主     幹

    書     記  澁 澤 尚 也

 本日の会議に付した事件
( 1) 議案第39号 足利市職員の育児休業等に関する条例等の改正について 
( 2) 議案第40号 足利市税条例及び足利市国民健康保険条例の改正について
( 3) 議案第41号 工事委託契約について
( 4) 議案第42号 足利市火災予防条例の改正について
( 5) 議案第43号 足利市議会議員定数条例の改正について
( 6) 決定案第3号 副議長の辞職について
( 7) 決定案第4号 競馬場跡地活用調査特別委員の選任について
( 8) 決定案第5号 議会運営委員の定数の変更について
( 9) 決定案第6号 農業委員会の選任委員の解任請求について 
(10) 決定案第7号 農業委員会の選任委員の推薦について
(11) 選挙第 1号 副議長の選挙








    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



◎事務局長(飯塚利明) 報告いたします。

  ただいまの出席議員27名、欠席議員1名、16番、斎藤好江議員であります。   

  次に、本日の議事日程を申し上げます。

  日程第1 議案第39号から第42号までについて

  日程第2 議案第43号について        

  以上であります。

                        

   開議 午後2時00分



○議長(中山富夫) ただいまから本日の会議を開きます。

  日程第1 議案第39号から第42号までについてを議題といたします。

  委員会付託の各案については、お手元に配付のとおり審査報告書が提出されておりますので、朗読を省略して会議録に登載のことといたします。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    審 査 報 告 書

  本議会において、平成22年6月11日総務企画常任委員会に付託された案件は、審査の結果、次のとおり決しましたから報告します。

   平成22年6月15日

  足利市議会

        中 山 富 夫 様

  議   長

           足利市議会総務企画常任委員会

           委員長  杉 田   勉

          記

 1 審査事件

  (1) 議案第39号 足利市職員の育児休業等に関す

           る条例等の改正について   

  (2) 議案第40号 足利市税条例及び足利市国民健

           康保険条例の改正について  

 2 結  果

  いずれも原案を可とする。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    審 査 報 告 書

  本議会において、平成22年6月11日建設防災常任委員会に付託された案件は、審査の結果、次のとおり決しましたから報告します。

   平成22年6月16日

  足利市議会

        中 山 富 夫 様

  議   長

           足利市議会建設防災常任委員会

           委員長  平 塚   茂

          記

 1 審査事件

  (1) 議案第41号 工事委託契約について    

  (2) 議案第42号 足利市火災予防条例の改正につ

           いて            

 2 結  果

  いずれも原案を可とする。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(中山富夫) これより委員長報告を求めます。

  総務企画常任委員会委員長、杉田 勉議員。

   (総務企画常任委員会委員長

    杉田 勉議員登壇)



◎総務企画常任委員会委員長(杉田勉) 総務企画常任委員会に付託されました案件の審査の概要について御報告申し上げます。

  本委員会に付託されました案件は2件でありまして、去る6月15日委員会を開催し、慎重な審査の結果、いずれも原案を可とすることに決定した次第であります。

  以下、その審査の概要について申し上げます。

  まず、議案第39号 足利市職員の育児休業等に関する条例等の改正についてでありますが、本案は、地方公務員の育児休業等に関する法律及び育児休業、介護休業等育児又は家族介護を行う労働者の福祉に関する法律の改正に伴い、育児または介護を行う職員の両立支援を推進するための所要の規定を整備するものであります。

  審査の過程におきましては、「今回の条例改正について、県内各市及び本市と類似する都市などでは、どのような対応を行うのか。」との質疑に対し、当局から「県内及び周辺市町村、また全国の類似団体とも、今回の法改正により、それぞれが条例改正を行うこととなっている。」との答弁がありました。

  また、「男性職員の育児休業についてであるが、夫婦がともに市の職員である場合には、2人同時に育児休業を取得することができるのか。」との質疑に対し、当局から「これまでは、同時に取得することはできなかったが、今回の改正により、例えば、奥さんが育児休業をとっている場合であっても、夫が育児休業を取得することが可能となるものである。」との答弁がありました。

  さらに、「現在の育児休業の取得状況はどのようになっているのか。また、休業中でも給与は支給されるのか。」との質疑に対して、当局から「平成21年度では31名が取得しており、取得期間の平均は約1年半である。また、育児休業中の給与は無給となっているが、健康保険組合から子どもが1歳になるまでの間については、給与の50%が支給される制度がある。」との答弁がありました。

  その他、男性職員の育児休業の取得の実態や、市職員への周知及び市民に対するPRの徹底などについて、活発な質疑応答が交わされましたが、討論なく、原案を可とすることに決定いたしました。

  次に、議案第40号 足利市税条例及び足利市国民健康保険条例の改正についてでありますが、本案は、子ども手当の支給に伴い、平成24年度から16歳未満の扶養親族に係る扶養控除が廃止されるが、個人住民税においては、扶養親族の数等により非課税限度額を算定しているため、扶養控除申告書等を提出するものについて、扶養親族に関する事項を記載した申告書を提出してもらうこととなった。また、非課税口座内の少額上場株式等に係る配当所得及び譲渡所得等の非課税措置の創設、また、市町村たばこ税の税率の引き上げなどに伴い、所要の規定を整備するため、関係する条例を改正しようとするものであります。

  審査の過程におきましては、「今回の税制改正の背景について、また、今後の見通しについて聞きたい。」との質疑に対し、当局から「今回の税制改正は、現内閣のもとに行われた改正であり、今後もこの改正に沿って進むものと考えているが、扶養控除の廃止については、子ども手当が満額支給された場合に廃止されるものであり、今の政局の中で、子ども手当の満額支給は困難ではないかとの意見もあるため、今後の推移を見きわめていきたい。」との答弁がありました。

  また、「平成23年1月1日から扶養親族に関する申告書を提出してもらうこととなるが、仮に、子ども手当の満額支給が実施されず、扶養控除がもとに戻った場合には、この手続は、全く無駄なものになってしまうのか。」との質疑に対し、当局から「平成23年に申告が始まり、平成24年度から課税するわけであるが、平成23年度中に再度法改正が行われ、扶養控除がもとに戻ることになれば、その申告手続は無駄になってしまう。しかし、今回の法改正の後、またすぐに法改正されるとなると、市税システムの改修などもあり、公正な課税を行うことに支障を来すおそれもあるため、できれば、そのようなことがないことを望んでいる。」との答弁がありました。

  その他、市町村たばこ税の税率の引き上げの内容などについて、活発な質疑応答が交わされましたが、討論なく、原案を可とすることに決定いたしました。

  以上が本委員会に付託されました案件の審査の概要であります。

  よろしく御審議の上、本委員会決定のとおり御賛同くださるよう希望いたしまして、私の報告を終わります。



○議長(中山富夫) 建設防災常任委員会委員長、平塚 茂議員。

   (建設防災常任委員会委員長

    平塚 茂議員登壇)



◎建設防災常任委員会委員長(平塚茂) 建設防災常任委員会に付託されました案件の審査の概要について報告いたします。

  本委員会に付託されました案件は2件でありまして、去る6月16日委員会を開催し、慎重な審査の結果、いずれも原案を可とすることに決定した次第であります。

  以下、その審査の概要について申し上げます。

  まず、議案第41号 工事委託契約についてでありますが、本案は、足利市水処理センターにおける受変電設備及び汚泥焼却設備にかかわる改築更新工事の工事委託契約であり、日本下水道事業団と12億円で委託契約を締結したく、法の定めるところにより、議会の議決を求めるものであります。

  審査の過程におきましては、「今回、改築更新工事を予定している受変電設備は、昭和52年の建設とかなりの期間が経過しているが、これまで改築工事は行ってきたのか。」との質疑に対し、当局から「これまで大規模な改築工事は行っていないが、消耗品や部品等の交換など経年的な維持管理は行ってきた。しかし、供用を開始してから33年が経過し、修理用部品の在庫がなくなってきているなどの理由から、設備の改築更新工事を行うものである。」との答弁がありました。

  また、「委託金額12億円のうち、国の補助もあるとのことだが、国と市の負担はどのくらいの割合となるのか。」との質疑に対し、当局から「この事業は国庫補助の対象で、水処理施設関係の工事は、大部分が通常より高い補助率となっており、55%が国庫補助の対象で、残りの45%が市の負担となり、そのうち40%は起債の対象となっている。」との答弁がありました。

  また、「日本下水道事業団は、最先端の技術やノウハウを持っているとのことだが、管理監督等を事業団に委託して、実際の工事は直接市が民間の企業に発注することはできないか。」との質疑に対し、当局から「今回の改築更新工事は規模が大きいので、事業団とすれば設計と工事の実施は一体で考えている。本市としても、管理監督同様、設計・積算にも最先端のプラント技術を要することから、事業団に委託せざるを得ないと考えている。」との答弁がありました。

  また、「市が直接発注する場合と事業団に委託する場合の明確な基準はあるのか。」との質疑に対し、当局から「下水処理の根幹にかかわる大規模な改築更新工事については、事業団の力をかりて行っているが、市で実績のある小規模な更新工事等については、市で直接発注している。」との答弁がありました。

  また、「今回の改築更新工事に当たり、地元業者の活用について事業団と話し合うべきではないか。」との質疑に対し、当局から「事業団が発注する入札の特記仕様書に、地元業者に配慮するとの文言を入れてもらうことなど、必要なことは要請していきたいと考えている。」との答弁がありました。

  その他、設備の耐用年数に関することなど質疑応答が活発に交わされましたが、討論なく、原案を可とすることに決定いたしました。

  次に、議案第42号 足利市火災予防条例の改正についてでありますが、本案は、カラオケボックス等の個室型店舗における避難通路を確保するため、当該店舗の遊興の用に供する個室が避難通路に面する場合における、当該個室に設ける外開き戸について、自動的に閉鎖できる措置等を講ずること、その他関係政令等の改正による所要の規定を整備するため、条例を改正しようとするものであります。

  審査の過程におきましては、「足利市内に個室型店舗は幾つあるのか。また、今回の条例改正により、外開き戸を設置しなければならない店舗は、そのうち幾つあるのか。」との質疑に対し、当局から「足利市内に個室型店舗は7店舗あり、そのうち2店舗が外開き戸に自動閉鎖の措置を講じなければならない。」との答弁がありました。

  また、「1年間の猶予期間内に外開き戸を設置しなかった場合の罰則はあるのか。」との質疑に対し、当局から「条例には罰則の規定はないが、消防法第5条に基づき罰則を科すことになる。」との答弁がありましたが、討論なく、原案を可とすることに決定いたしました。

  以上が本委員会に付託されました案件の審査概要であります。

  よろしく御審議の上、本委員会決定のとおり御賛同くださるよう希望いたしまして、私の報告を終わります。



○議長(中山富夫) 以上で委員長報告を終結いたします。

  これより委員長報告に対する質疑を行います。

  ただいまのところ通告はありませんので、質疑なしと認めます。

  これより討論に入ります。

  討論の通告がありますので、順次発言を許します。

  13番、尾関栄子議員。

   (13番 尾関栄子議員登壇)



◆13番議員(尾関栄子) 議案第40号 足利市税条例及び足利市国民健康保険条例の改正について、反対の立場で討論を行います。

  この条例改正は、所得税法、地方税法等の改正により主な改正項目は、個人市民税にかかわる扶養親族申告書の提出、個人住民税の年少扶養控除廃止後の親族の把握できる規定などと市たばこ税の引き上げ、証券の非課税口座創設などです。

  子ども手当の実施や高校授業料の財源に充てるため、扶養控除のうち15歳以下の子供を対象とする年少控除と16歳から18歳までの特定扶養親族に対する特定扶養控除の上乗せ部分が廃止されます。

  市民への影響は、個人市民税の15歳以下の年少控除の影響は1万9,000人で、増税見込額は3億7,000万円、16歳から18歳まで増税見込みです。特定扶養控除の上乗せ分の影響は4,000人で、2,800万円の増税見込みとなります。実施は、2011年1月1日からとなります。

  今回、子ども手当創設に合わせて所得制限のある児童手当が廃止されるため、子育てへの影響は複雑です。年収が700万円の世帯で、最も恩恵が薄くなる試算も出ています。そのほかに保育料は、所得税額で保育料の区分を分けているために、増税により区分が上がれば保育料の負担がふえます。

  高校の無償化も、公立高校は入学納付金約6,000円のほかは全額が公費負担となりますが、私立高校の負担は、就学支援金は出ますが、保護者負担は、ある試算では49万円もかかり、公立高校との格差が広がりました。

  高所得者に多大な利益を与えてきた証券優遇税制は、本則税率20%を10%にする軽減措置は期限となる2011年12月31日まで継続されています。その後2012年1月から新たに年間100万円以下の上場株式等への投資については、非課税口座を設けた場合、その口座内の配当、譲渡所得については個人住民税が非課税になります。この優遇措置は、3年間の時限措置ですが、最大で300万円までの投資に対する優遇措置になります。配当及び譲渡益、最大10年間非課税にするということです。税制の優遇措置により、株式投資を促進させるねらいです。

  本市への影響は、2013年から適用となるということですが、影響は予想困難という回答でした。証券優遇税制は廃止し、多くの国々で実施している総合課税に踏み込むべきです。

  国に対して働きかけることを強く要望いたしまして、以上の理由から議案第40号 足利市税条例及び足利市国民健康保険条例の改正について反対の討論とします。



○議長(中山富夫) 23番、帆足 章議員。

   (23番 帆足 章議員登壇)



◆23番議員(帆足章) ただいま日本共産党を代表する13番、尾関栄子議員から、議案第40号 足利市税条例及び足利市国民健康保険条例の改正について反対の討論がありましたが、私は視点を変えまして賛成の立場から意見を述べるものであります。

  このたびの平成22年度税制改正に伴う足利市税条例の改正について、その内容を見てみますと、主な項目として個人の市民税における平成24年度からの16歳未満の扶養親族にかかわる扶養控除の廃止に伴う所要の手続、平成25年度からの非課税口座内の少額上場株式等にかかわる譲渡所得等の非課税措置の創設、法人の市民税における完全支配関係がある法人間の取引等にかかわる税制についての所要の措置、また市町村たばこ税の税率引き上げ等であります。

  これらは、いずれも我が国の税制という大きな枠組みの中での地方税制の改正であり、地方税も租税である限り、租税法定主義の原理に基づき、地方の責務として足利市税条例の一部を改正するものであります。

  特に個人市民税における16歳未満の扶養親族にかかわる扶養控除の廃止は、子供は社会の宝として社会全体で責任を持って育てる体制をつくり、少子化に歯どめをかけることを目指す方策の一つとして、所得控除から手当へとの考え方によるものであり、また非課税口座内の少額上場株式等にかかわる譲渡所得等の非課税措置の創設は、少子高齢社会が進展する中で、国民一人一人が豊かさを実感できる仕組みを構築するため、広く国民に投資機会を提供することにより、貯蓄から投資への流れを一層推進しようとするものであります。

  さらには、市たばこ税の引き上げにつきましては、国民の健康の視点から地方税法の改正に盛り込まれたものであり、それらに伴い条例を改正することとなったものであります。

  以上のような視点から、今回の足利市税条例及び足利市国民健康保険条例の改正について、賛成の立場で述べさせていただきましたが、その趣旨をお酌み取り願い、御賛同くださるようお願いを申し上げまして、私の賛成討論といたします。



○議長(中山富夫) 以上で、通告による討論を終わりましたので、これをもって討論を終結いたします。

  これより表決に入ります。

  まず、議案第40号について起立により採決いたします。

  議案第40号 足利市税条例及び足利市国民健康保

         険条例の改正について      

  本案に対する委員長報告は、原案を可とする報告であります。

  報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(中山富夫) 起立多数であります。

  よって本案は、委員長報告のとおり可決されました。

  続いて、残余の議案を一括して採決いたします。

  議案第39号 足利市職員の育児休業等に関する条

         例等の改正について       

  議案第41号 工事委託契約について      

  議案第42号 足利市火災予防条例の改正について

  以上、各案に対する委員長報告は、いずれも原案を可とする報告であります。

  委員長報告のとおり可決することに御異議あませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって各案は、いずれも委員長報告のとおり可決されました。

  日程第2 議案第43号についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。

  5番、柳 収一郎議員。

   (5番 柳 収一郎議員登壇)



◆5番議員(柳収一郎) ただいま議題となりました議案第43号 足利市議会議員定数条例の改正について、提出者を代表いたしまして、提案理由を申し上げます。

  御案内のとおり、市町村議会につきましては、地方自治法で規定されているところであり、この中で、議員定数は、議会みずからが、条例により、自主的に定めるべきこととされております。

  足利市議会では、平成10年に、全議員で構成する足利市議会改革推進協議会を設置し、以後、議員定数の削減を初め、さまざまな改革を進めてまいりました。

  この第22期の市議会におきましても、主体的に改革を積み重ねているところであり、特に、最重要課題である議員定数につきましては、議会改革推進協議会において、慎重に検討を重ねた結果、現在の条例定数である28人から4人を減じ、24人とすることに決定したものであります。

  今回の提案は、日ごろ民意を強く肌身に感じ、足利市の社会情勢を勘案するにつけ、議会が率先して改革に取り組むことが何より肝要であるとの議員各位の認識の上に立ったものであり、我々第22期の市議会として出した結論であります。

  何とぞ慎重な御審議の上、原案どおりの議決を賜りますようお願い申し上げまして、提案理由の説明といたします。



○議長(中山富夫) これより質疑に入ります。

  質疑の通告がありますので、発言を許します。

  13番、尾関栄子議員。

   (13番 尾関栄子議員登壇)



◆13番議員(尾関栄子) 通告に従い、議案第43号 足利市議会議員定数条例の改正についてお尋ねいたします。

  議員定数を4名削減する理由は何でしょうか。議員定数の削減は、1人当たりのエリアや有権者数がふえ、市民の声にこたえられるのでしょうか。議会の基本的な役割である、さまざまな市民の意思に基づく行政監視機能は、低下しないのでしょうか。

  また、議員定数削減による当選ラインの上昇は、候補者と有権者との関係を希薄化し、投票率の低下はないのでしょうかお尋ねいたします。



○議長(中山富夫) 5番、柳 収一郎議員。

   (5番 柳 収一郎議員登壇)



◆5番議員(柳収一郎) ただいまの尾関議員からの質疑にお答えを申し上げたいと思います。

  質問は、4点かと思います。まず、第1点目ですけれども、議員定数を4名削減する理由と、こういうことでございますが、先ほど申し上げました第22期市議会においても、議長を除く全議員で構成する議会改革推進協議会を設置し、今期の最重要課題であります議員定数の見直しについて検討に検討を重ねた結果、現状の社会情勢を考慮し、議会としても率先して本市の行財政改革に取り組むためにはみずからが範を示すべきであり、市民の声もある中で総合的に判断をいたしまして、議員定数を4人削減とすることとしたものであります。

  2点目でございますが、議員定数は1人当たりのエリアや有権者数はふえ、市民の声にこたえられるのかと、こういうことでございますが、議員定数を減らすことになれば、選挙において従前より多くの支持を必要とすることになりますが、逆にそれだけ広域的なものの考え方をするようになるのではないかと、このように思います。

  3点目でございますが、議会の基本的な役割であるさまざまな市民の意思に基づく行政監視機能の低下はないかと、こういう質問でございますが、より多くの議員がいたほうがより多様な民意の反映につながるという意見もあることは承知をしております。この議員定数の問題については、いかに市民の意向を反映した議案審議と行政に対するチェック機能を果たしていけるかという点を配慮しなくてはならないことは言うまでもないことであります。

  しかし、今やインターネット等の普及により審議に必要な情報が瞬時に収集できます。また、政務調査活動を積極的に行うなど、各議員が自己研さんを積むことによって、行政の監視と評価を適正に行い得ることや、全国的に見ましても議会基本条例の制定に向けた動きも出ていることなどを考えれば、市民の意向を的確にとらえ、政策提言していくことは可能であると考えます。

  以上で答弁といたします。

   (「投票率の低下ということで質問してい

     るんですけど、具体的に話がなかった

     と思うんですけど」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 5番、柳 収一郎議員、再度お答えいただきます。

   (5番 柳 収一郎議員登壇)



◆5番議員(柳収一郎) 失礼いたしました。

  4点目の質問でございますが、議員定数の削減による当選ラインの上昇は、候補者と有権者との関係を希薄化し、投票率の低下はないのかと、こういうことでございますが、これは議員定数を削減することにより、我々は大変厳しい状況に置かれると思いますけれども、かえって投票率は有権者の関心が高まるものと、こういうふうにとらえています。投票率の低下を招かないように、我々はその声に真正面から立ち向かい、市民の負託にこたえられるよう、より高い次元を目指して活動をしなければならないと考えております。

  以上です。



○議長(中山富夫) 13番、尾関栄子議員。

   (13番 尾関栄子議員登壇)



◆13番議員(尾関栄子) はっきりとした理由ということで、今期の最重要課題を総合的に判断するということで、2つ目の広域的な考え、さまざまな多くの意見、チェック機能の配慮ということですけれども、インターネットで瞬時にわかる、政務調査費などで聞けば、視察したりやれば大丈夫、議員の削減により有権者の関心は高まるということでおっしゃいましたけれども、社会情勢を考慮して民意を反映するということの具体的な中身をお願いします。

  そして、この間、議員定数の削減が、政務調査費や議員報酬とか議員に対する費用の削減ということが民意ではかなり言われてきました。財源を言うのであれば、議会全体の支出を、全体の見直しを議員削減よりも考えることはしないのか。

  そして、最近ですけれども、平成15年、平成19年と議員定数を2名ずつ削減しています。定数が36名だった昭和26年は96%の投票率が、定数削減に連動して28名となった平成19年では60%へと、36%も大幅に低下しています。ここのところずっと減っています。

  今回の4名の削減は、さらに市民の関心が薄れ、市民の声が届けられるのでしょうかお尋ねいたします。



○議長(中山富夫) 5番、柳 収一郎議員。

   (5番 柳 収一郎議員登壇)



◆5番議員(柳収一郎) 再質問でございますけれども、まず投票率、過去の例を今お話しいたしましたけれども、過去と現在は随分違うわけです。いわゆる国政への関心度を見ても、物すごく国民が関心を持ってきています。今回の参議院議員選挙、間もなく行われますけれども、投票に行くと考えている人が大変多くなってきています。ですから、私は、このことによって投票率がこの時点で下がるということはちょっと考えにくいわけでございます。

  例えば人数の件でございますけれども、一般論であります。1委員会当たりの委員の数は、議論できる会議の最低構成人数ということで6、7人と言われている話があります。そうすると現在4つの常任委員会に7人ずつ委員がおりますけれども、各1名を削減し、1委員会6名として最低構成人員を確保することとなるわけでございまして、これは今までと同様、市議会の場においての民意の反映は今までと同じように、あるいはより以上にできるかもしれないと、こういうふうにとらえております。

  以上でございます。

   (「あと、削減の報酬、議員報酬とか委員

     定数削減よりもいろいろな政務調査費

     とか報酬とか削減する考えはないのか

     ということをお願いします」と呼ぶ者

     あり)



◆5番議員(柳収一郎) それにつきましては、引き続き議会改革推進協議会で検討をしてまいりたいと思っております。

  以上です。



○議長(中山富夫) 以上で、通告による質疑を終わりましたので、これをもって、質疑を終結いたします。

  お諮りいたします。

  ただいま議題となっております本案は、委員会への付託を省略いたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、委員会への付託を省略することに決定いたしました。

  これより討論に入ります。

  討論の通告がありますので、順次発言を許します。

  13番、尾関栄子議員。

   (13番 尾関栄子議員登壇)



◆13番議員(尾関栄子) 議案第43号 足利市議会議員定数条例の改正について、反対の立場で討論を行います。

  議員定数の削減は、行政のチェック機能としての議会の弱体化につながります。

  まず第1に、議員定数の削減により議員が減れば、議員1人当たりの有権者数やエリアがふえ、地域や市民の声にこたえられなくなります。議会や行政とのパイプ役として市民に最も身近な存在である議員は、日々地域や市民の声を議会や行政に届け、さまざまな問題の解決に力を注いでいますが、この機能が弱まります。

  2つ目に、議員定数が減れば、議会の基本的機能である行政へのチェック機能が弱くなります。多様な市民の意思を代表する少数派議員が排除され、議会の総与党化が起きやすくなります。行政が行う事業の予算、執行の適正な監視を行うには、地方自治法で定められた議員定数上限34名にふやす検討も必要です。

  3つ目に、議員定数削減による当選ラインの上昇は、候補者と有権者との関係を希薄化し、投票率の低下を招いています。投票率の低下は、議会の信頼性や政党を脅かすことにもなりかねません。財政難対策は、安易な定数削減ではなく、議員報酬を含む議会にかかわる支出全体の見直しにより行うべきです。

  以上の理由から、議案第43号に反対し、討論といたします。



○議長(中山富夫) 18番、河内利雄議員。

   (18番 河内利雄議員登壇)



◆18番議員(河内利雄) ただいま13番議員から議員定数削減について反対の討論がありましたが、私は、賛成の立場から意見を述べさせていただきます。

  市町村議会議員の定数については、それぞれの自治体の議会が、民意を踏まえた上で適正な定数を自主的に条例で定めるべきであるという、地域主権の考え方を踏まえ、現行の人口段階別の上限数の制限を廃止する方向で、現在、地方自治法の改正が国会で進められております。

  反対討論では、定数を削減することにより住民意思が反映されにくくなるとのことでありますが、定数を削減しても、個々の議員が少数精鋭の議員となり、市民のために精いっぱいの努力を尽くすことにより、住民意思は十二分に反映されると確信しております。

  足利市議会では、10年以上前から最少の経費で最大の効果を上げるため議員みずからが議会改革を論じ、報酬や政務調査費の減額等を含め、さまざまな改革を手がけてきておるところであります。

  議会は、市民の負託を受けた議員がさまざまな意見や考え方を持ち寄り、議論を重ね、その中から最善の意思決定をしていくものであります。

  今回の議員の定数条例の改正は、現在の厳しい社会経済情勢や市民の意向を踏まえて、全議員で構成する足利市議会改革推進協議会で慎重な議論を重ね、導き出された一つの意思決定であります。

  我が足利市議会は、常々議会改革を続けてきており、この改革の意思は今後も引き継がれていくものと確信をしているところであります。議会みずからの改革によって市当局と切磋琢磨していくことが、市民の望む我々議員に託された使命であると信じて疑いません。

今こそ、さらなる改革の一歩を踏み出すときであります。先輩議員や我々が取り組んできた議会改革の強い意思が今後も継続されるよう、その大きな道しるべとなる4名削減の議員定数条例の改正に御賛同くださるようお願いをし、私の賛成討論といたします。



○議長(中山富夫) 以上で、通告による討論を終わりましたので、これをもって討論を終結いたします。

  これより表決に入ります。

  議案第43号について起立により採決いたします。

  議案第43号 足利市議会議員定数条例の改正につ

         いて              

  本案は、原案のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(中山富夫) 起立多数であります。

  よって本案は、原案のとおり可決されました。

   (20番 藤生智弘議員退席)



○議長(中山富夫) 20番藤生智弘議員退席いたしました。

  副議長藤生智弘議員から副議長の辞職願が提出されておりますので、お諮りいたします。

  この際、副議長の辞職についてを日程に追加し、議題といたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって、副議長の辞職についてを日程に追加し、議題といたします。

  まず、辞職願を事務局長に朗読させます。

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

   (事務局長朗読)

      辞  職  願

  私儀、このたび、一身上の都合により市議会副議長の職を辞職いたしたいので、御許可くださいますようお願い申し上げます。

    平成22年6月22日

       足利市議会副議長 藤生智弘(印)

  足利市議会議長 様

  〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(中山富夫) お諮りいたします。

  藤生智弘議員の副議長の辞職を許可することに賛成の議員の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(中山富夫) 起立多数であります。

  よって、藤生智弘議員の副議長の辞職を許可することに決定いたしました。

  20番藤生智弘議員の出席を求めます。

   (20番 藤生智弘議員出席)



○議長(中山富夫) ただいま副議長が欠員となりましたので、お諮りいたします。

  この際、副議長の選挙を日程に追加し、選挙を行いたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって、これより副議長の選挙を日程に追加し、行います。

  この選挙は、投票により行います。

  議場の出入口を閉鎖いたします。

   (議場閉鎖)



○議長(中山富夫) ただいまの出席議員は27人であります。

  投票用紙を配付させます。

   (書記 投票用紙配付)



○議長(中山富夫) 投票用紙の配付漏れはありませんか。                   

  配付漏れなしと認めます。

  投票箱を改めさせます。

   (書記 投票箱提示)



○議長(中山富夫) 異状なしと認めます。

  念のため申し上げます。投票は、単記無記名であります。投票用紙に選挙すべき者の氏名を記載の上、点呼に応じて順次投票を願います。

  事務局長に点呼を命じます。

   (事務局長議席番号及び氏名を点呼)

   (点呼に応じて各議員投票)



○議長(中山富夫) 投票漏れはありませんか。 

  投票漏れなしと認め、投票を終了いたします。

  議場の閉鎖を解き、これより開票を行います。

   (議場開鎖)



○議長(中山富夫) 会議規則第31条第2項の規定により、立会人に11番加藤正一議員及び14番黒川貫男議員を指名いたします。

  よって、両議員の立ち会いを願います。

   (立会人立ち会いのもとに書記開票)



○議長(中山富夫) 開票を完了いたしました。

  選挙の結果を事務局長から報告いたさせます。



◎事務局長(飯塚利明) 報告いたします。

  投票人員  27人

  投票総数  27票

   内 有効投票  27票

     無効投票  0票

  有効投票の内訳

   渋 沢 克 博 議員  15票

   渡 辺   悟 議員  11票

   尾 関 栄 子 議員  1票

  以上であります。



○議長(中山富夫) この選挙の法定得票数は7票であります。

  よって、渋沢克博議員が副議長に当選されました。

  ただいま副議長に当選されました渋沢克博議員が議場におられますので、本席から会議規則第32条第2項の規定により告知をいたします。

  副議長に当選されました渋沢克博議員からあいさつがありますので、これを許します。

  22番、渋沢克博議員。

   (22番 渋沢克博議員登壇)



◆22番議員(渋沢克博) 発言の機会を与えられましたので、一言ごあいさつを申し上げます。

  このたび、議員各位の御推挙をいただき、第64代市議会副議長に選ばれましたことは、この上もない光栄と存じており、感激をいたしております。また、同時にその任務の重大さを痛感するものであります。

  御案内のとおり、現在、我が国では、景気は回復局面に入りつつあると言われておりますが、中小零細企業の多い本市の経済は、依然として厳しい状況にあります。

  また、ごみ減量化を初めとする環境問題や少子高齢化の進展、さらには、市税収入の落ち込みなど、本市は、さまざまな課題に直面しております。

  こうした中、現在、平成23年度が初年度となる、第6次総合計画後期基本計画が策定されようとする重要な時期に当たり、副議長に選ばれた以上は、その責任の重大さを認識し、公正無私に専心、議長を補佐いたしまして、公正、円滑なる議会運営に全力を傾注する所存でございます。

  今後とも、議員各位の御指導、御協力、並びに市長初め執行部、報道機関の皆様の御支援、御協力を心よりお願い申し上げ、副議長就任のあいさつといたします。

  ありがとうございました。(拍手)



○議長(中山富夫) この際、発言の通告がありますので、これを許します。

  25番、常見 登議員。

   (25番 常見 登議員登壇)



◆25番議員(常見登) 発言の機会をいただきましたので、緑風会及び同僚議員の皆様を代表いたしまして、副議長に就任されました渋沢克博議員に対しまして、お祝いの言葉を申し上げます。

  ただいま就任のごあいさつがございましたように、現在の市政を取り巻く状況は依然として厳しく、前途多難であります。

  このような厳しい時期に副議長に就任されました渋沢議員には、多様化する市民の要望を厳粛に受けとめ、議会の代表者として、その責任の重要性にかんがみ、職務の遂行に当たられることを期待するものであります。

  さて、渋沢克博副議長におかれましては、5たび市民の信託を得られ、その間、民生環境、教育経済の各常任委員会委員長など、要職を歴任され、明朗闊達な人柄とその卓越した行動力は定評のあるところであります。

  特に本人は平成3年当選以来、市民と議会を結ぶパイプとして議会活動報告を74回発行し、議会を市民のものに、身近にする行動をとっており、まさにこれからの伝統ある足利市議会の副議長として最適任者であると確信をしておるところであります。

  どうか、これからも、正副議長が一体となり、議会の代表者としての認識を深めていただき、未来に羽ばたく希望に満ちた足利市を目指し、より一層の御尽力を期待するところであります。

  最後になりましたが、健康にはくれぐれも御留意され、今後ますます御活躍されることをお祈り申し上げ、お祝いの言葉といたします。本日は本当におめでとうございます。(拍手)



○議長(中山富夫) この際、競馬場跡地活用調査特別委員の渋沢克博議員から委員の辞任の申し出がありましたので、議長においてこれを許可いたしました。

  つきましては、競馬場跡地活用調査特別委員の選任についてを日程に追加し、行いたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって、競馬場跡地活用調査特別委員の選任についてを日程に追加し、行います。

  お諮りいたします。

  競馬場跡地活用調査特別委員の選任については、委員会条例第8条第1項の規定により、20番藤生智弘議員を指名いたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって、藤生智弘議員を競馬場跡地活用調査特別委員に選任することに決定いたしました。

  この際、暫時休憩いたします。

   休憩 午後3時06分

                        

   再開 午後3時50分



○議長(中山富夫) 休憩前に引き続き会議を開きます。

  この際、議会運営委員の織原義明議員から委員の辞任の申し出がありましたので、議長においてこれを許可いたしました。

  つきましては、議会運営委員の定数の変更についてを日程に追加し、議題といたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって、議会運営委員の定数の変更についてを日程に追加し、議題といたします。

  お諮りいたします。

  議会運営委員の定数は、委員会条例第4条第2項の規定により、6人といたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって、議会運営委員の定数は、6人とすることに決定いたしました。

  お諮りいたします。

  ただいま荻原久雄議員ほか5名から決定案第6号 農業委員会の選任委員の解任請求についてが提出されましたので、この際、決定案第6号を日程に追加し、議題といたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって、決定案第6号を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

  これより決定案第6号についてを議題といたします。

  地方自治法第117条の規定により、22番渋沢克博議員の退席を求めます。

   (22番 渋沢克博議員退席)



○議長(中山富夫) お諮りいたします。

  本案は、説明、質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに表決に付したいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、説明、質疑、委員会付託及び討論を省略し、直ちに表決に付することに決定いたしました。

  これより表決に入ります。

  決定案第6号について採決いたします。

  決定案第6号 農業委員会の選任委員の解任請求に

         ついて             

  本案は、案のとおり請求することに決し、御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、案のとおり請求することに決定いたしました。

  22番渋沢克博議員の出席を求めます。

   (22番渋沢克博議員出席)



○議長(中山富夫) お諮りいたします。

  農業委員会の選任委員のうち、市議会が推薦する委員1人について、今回改めて推薦いたしたいと思います。

  ついては、農業委員会の選任委員の推薦についてを日程に追加し、議題といたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって、農業委員会の選任委員の推薦についてを日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。

  これより農業委員会の選任委員の推薦についてを議題といたします。

  地方自治法第117条の規定により、14番黒川貫男議員の退席を求めます。

   (14番 黒川貫男議員退席)



○議長(中山富夫) 推薦すべき委員の数は1人であります。

  お諮りいたします。

  本件については、便宜、私から案をお示しいたしたいと思います。

   これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって、私から案を示すことに決定いたしました。

  これより案をお示しいたします。

  農業委員会の選任委員のうち、市議会が推薦する委員に、足利市葉鹿町304番地1、黒川貫男議員を推薦いたしたいと思います。

  お諮りいたします。

  ただいまお示しした案のとおり推薦することに決し、御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって、案のとおり推薦することに決定いたしました。

  14番黒川貫男議員の出席を求めます。

   (14番黒川貫男議員出席)



○議長(中山富夫) 以上で、本日の日程は全部終了し、今期定例会に提出された全案件を議了いたしました。

  これをもって平成22年第3回市議会定例会を閉会いたします。

   閉会 午後3時54分