議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 足利市

平成21年  9月 定例会(第4回) 09月18日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号




平成21年  9月 定例会(第4回) − 09月18日−委員長報告・質疑・討論・採決−04号







平成21年  9月 定例会(第4回)





            平成21年
            足利市議会定例会会議録(第4号)
            第 4 回
                                        

9月18日(金曜日)
 出 席 議 員 (28名)
         1番 大 島   綾           15番 松 村 和 久
         2番 栗 原   収           16番 斎 藤 好 江
         3番 荻 原 久 雄           17番 中 山 富 夫
         4番 大須賀 幸 雄           18番 河 内 利 雄
         5番 柳   収一郎           19番 酉 田 智 男
         6番 織 原 義 明           20番 藤 生 智 弘
         7番 塩 田   等           21番 平 塚   茂
         8番 中 島 由美子           22番 渋 沢 克 博
         9番 小 林 克 之           23番 帆 足   章
        10番 杉 田   勉           24番 嶋 田 政 芳
        11番 加 藤 正 一           25番 常 見   登
        12番 渡 辺   悟           26番 石 川 博 康
        13番 尾 関 栄 子           27番 長 岡 正 幸
        14番 黒 川 貫 男           28番 石 原 弁 治

 欠 席 議 員 (なし)

 地方自治法第121条の規定による会議事件の説明のため出席要求によって出席した者
    市     長  大豆生田  実       上 下 水道部長  小 山   勉

    医 療 福祉拠点  武 井 範 夫       消  防  長  山 ? 康 次
    整 備 担 当 監

    総 務 部 長  川 島   茂       教  育  長  岩 田   昭
    理 財 部 長  初 谷 貴 夫       教 育 次 長  本 山 文 男

    市 民 福祉部長  斎 藤 重 男       行 政 委 員 会  藤 沼 輝 夫
                           事 務 局 長

    生 活 環境部長  柳 沢 利 夫       農 業 委 員 会  齋 藤 修一郎
                           事 務 局 長

    産 業 振興部長  嶋 田   清       秘 書 課 長  森 田 政 雄
    都 市 建設部長  坂 本 高 啓       行 政 経営課長  菊 地 一 彦
    会 計 管 理 者  小 林 正 敏

 議会事務局職員出席者
    事 務 局 長  柏 瀬 充 志       議 事 調査係長  大 橋 道 夫
    議 事 課 長  橋 本 敏 博       書     記  澁 澤 尚 也

 本日の会議に付した事件
( 1) 議案第59号 職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例等の改正について
( 2) 議案第60号 足利市手数料条例の改正について
( 3) 議案第61号 平成21年度足利市一般会計補正予算(第3号)について
( 4) 議案第62号 平成21年度足利市介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第1号)について
( 5) 議案第63号 足利市国民健康保険条例の改正について 
( 6) 議案第64号 平成21年度足利市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)について
( 7) 議案第65号 平成21年度足利市老人保健特別会計補正予算(第1号)について
( 8) 議案第66号 平成21年度足利市水道事業会計補正予算(第1号)について
( 9) 議案第67号 平成20年度足利市一般会計決算について
(10) 議案第68号 平成20年度足利市介護保険特別会計(保険事業勘定)決算について
(11) 議案第69号 平成20年度足利市介護保険特別会計(介護サービス事業勘定)決算について
(12) 議案第70号 平成20年度足利市国民健康保険特別会計(事業勘定)決算について
(13) 議案第71号 平成20年度足利市老人保健特別会計決算について
(14) 議案第72号 平成20年度足利市後期高齢者医療特別会計決算について
(15) 議案第73号 平成20年度足利市公設地方卸売市場事業特別会計決算について
(16) 議案第74号 平成20年度足利市農業集落排水事業特別会計決算について
(17) 議案第75号 平成20年度足利市公共下水道事業特別会計決算について
(18) 議案第76号 平成20年度足利市堀里ニュータウン下水処理事業特別会計決算について
(19) 議案第77号 平成20年度足利市水道事業会計決算について
(20) 議案第78号 平成20年度足利市工業用水道事業会計決算について
(21) 議案第79号 副市長の選任について
(22) 議案第80号 特別職の職員等の給与に関する条例の改正について
(23) 議案第81号 教育委員会委員の任命について
(24) 議案第82号 固定資産評価審査委員会委員の選任について
(25) 報告第19号 平成20年度足利市決算に係る健全化判断比率及び資金不足比率について
    〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜







◎事務局長(柏瀬充志) 報告いたします。

  ただいまの出席議員28名、全員であります。   

  次に本日の議事日程              

  日程第1 議案第59号から第78号までについて

  日程第2 報告第19号について        

  日程第3 議案第79号について        

  日程第4 議案第80号について        

  日程第5 議案第81号について        

  日程第6 議案第82号について        

  以上であります。               

                        

   開議 午後2時00分



○議長(中山富夫) ただいまから本日の会議を開きます。

  この際、事務局長から諸般にわたり報告いたさせます。



◎事務局長(柏瀬充志) 報告いたします。

 1 会派役員の変更について

  〇 9月15日付をもって、市議会朋友会から次のと  おり会派役員を変更した旨届出がありました。

    会 長 嶋田政芳

    幹事長 塩田 等

  以上のとおり報告を受理いたしました。



○議長(中山富夫) 日程第1 議案第59号から第78号までについてを議題といたします。

  委員会付託の各案については、お手元に配付のとおり審査報告書が提出されておりますので、朗読を省略して会議録に登載のことといたします。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    審 査 報 告 書

  本議会において、平成21年9月8日総務企画常任委員会に付託された案件は、審査の結果、次のとおり決しましたから報告します。

   平成21年9月10日

  足利市議会

        中 山 富 夫 様

  議   長

           足利市議会総務企画常任委員会

           委 員 長  杉 田   勉

          記

 1 審査事件

  (1) 議案第59号 職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例等の改正について

  (2) 議案第60号 足利市手数料条例の改正について

  (3) 議案第61号 平成21年度足利市一般会計補正予算(第3号)について

 2 結  果

  いずれも原案を可とする。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    審 査 報 告 書

  本議会において、平成21年9月8日民生教育常任委員会に付託された案件は、審査の結果、次のとおり決しましたから報告します。

   平成21年9月11日

  足利市議会

        中 山 富 夫 様

  議   長

           足利市議会民生教育常任委員会

           委 員 長  中 島 由美子

          記

 1 審査事件

  (1) 議案第62号 平成21年度足利市介護保険特

           別会計(保険事業勘定)補正予

           算(第1号)について    

  (2) 議案第63号 足利市国民健康保険条例の改正

           について          

  (3) 議案第64号 平成21年度足利市国民健康保

           険特別会計(事業勘定)補正予

           算(第1号)について    

  (4) 議案第65号 平成21年度足利市老人保健特

           別会計補正予算(第1号)につ

           いて            

 2 結 果

  いずれも原案を可とする。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    審 査 報 告 書

  本議会において、平成21年9月8日建設防災常任委員会に付託された案件は、審査の結果、次のとおり決しましたから報告します。

   平成21年9月10日

  足利市議会

        中 山 富 夫 様

  議   長

           足利市議会建設防災常任委員会

           委 員 長  平 塚   茂

          記

 1 審査事件

  (1) 議案第66号 平成21年度足利市水道事業会

           計補正予算(第1号)について

 2 結  果

  原案を可とする。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜

    審 査 報 告 書

  本議会において、平成21年9月8日決算審査特別委員会に付託された案件は、審査の結果、次のとおり決しましたから報告します。

   平成21年9月15日

  足利市議会

        中 山 富 夫 様

  議   長

           足利市議会決算審査特別委員会

           委 員 長  藤 生 智 弘

          記

 1 審査事件

  (1) 議案第67号 平成20年度足利市一般会計決

           算について         

  (2) 議案第68号 平成20年度足利市介護保険特

           別会計(保険事業勘定)決算に

           ついて           

  (3) 議案第69号 平成20年度足利市介護保険特

           別会計(介護サービス事業勘定)

           決算について        

  (4) 議案第70号 平成20年度足利市国民健康保

           険特別会計(事業勘定)決算に

           ついて           

  (5) 議案第71号 平成20年度足利市老人保健特

           別会計決算について     

  (6) 議案第72号 平成20年度足利市後期高齢者

           医療特別会計決算について  

  (7) 議案第73号 平成20年度足利市公設地方卸

           売市場事業特別会計決算につい

           て             

  (8) 議案第74号 平成20年度足利市農業集落排

           水事業特別会計決算について 

  (9) 議案第75号 平成20年度足利市公共下水道

           事業特別会計決算について  

  (10) 議案第76号 平成20年度足利市堀里ニュー

           タウン下水処理事業特別会計決

           算について         

  (11) 議案第77号 平成20年度足利市水道事業会

           計決算について       

  (12) 議案第78号 平成20年度足利市工業用水道

           事業会計決算について    

 2 結  果

  いずれも認定するものとする。

 〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜



○議長(中山富夫) これより委員長の報告を求めます。

  総務企画常任委員会委員長、杉田 勉議員。

   (総務企画常任委員会委員長

    杉田 勉議員登壇)



◎総務企画常任委員会委員長(杉田勉) 総務企画常任委員会に付託されました案件の審査の概要について御報告申し上げます。

  本委員会に付託されました案件は3件でありまして、去る9月10日委員会を開催し、慎重な審査の結果、いずれも原案を可とすることに決定した次第であります。

  以下、その審査の概要について申し上げます。

  まず、議案第59号 職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例等の改正についてでありますが、本案は、国家公務員に準じ、職員の勤務時間の短縮及び病気休暇制度の適正化を図るため、関係条例を改正しようとするものであります。

  審査の過程におきましては、「病気休暇が180日以内から90日以内となるということは、傷病者にとっては改悪ではないのか。」との質疑に対し、当局から「県の準則にあわせて条例改正を行い、原則90日にしようとするものであるが、規則で定める悪性新生物、精神的な病、糖尿病、循環器系疾患、高血圧性疾患などについては必要であれば180日以内休めることになる。」との答弁がありました。

  その他、時間外勤務手当の取り扱い、育児休暇取得者の状況などについて質疑応答が交わされましたが、討論なく原案を可とすることに決定いたしました。

  次に、議案第60号 足利市手数料条例の改正についてでありますが、本案は、長期優良住宅建築等計画に関する認定申請手数料について、登録住宅性能評価機関が作成した技術的審査適合証を提出した場合の手数料の額を新たに規定するため条例を改正しようとするものであります。

  審査の過程におきましては、「群馬県の近隣市においては、この条例の施行は6月に行われたとのことであるが、本市の条例改正が遅れた理由を聞きたい。」との質疑に対し、当局から「当初、認定申請は直接足利市に提出されるものと想定していたが、登録住宅性能評価機関の技術的審査を利用する方が見込みより多かったためである。」との答弁がありました。

  また、「登録住宅性能評価機関とはどのような機関で、どのくらいあるのか。」との質疑に対し、当局から「長期優良住宅の普及促進に関する法律に基づき、所管行政庁が行う長期優良住宅建築等計画の認定を支援するため、認定申請に先立ち申請者の依頼に応じて当該計画に関わる技術的審査を行い、申請者に対して適合証を交付する国の登録を受けた機関である。全国で90機関あり、そのうち足利市を業務区域としているのは28機関であり、近隣では太田市に出張所がある。」との答弁がありましたが、討論なく、原案を可とすることに決定いたしました。

  次に、議案第61号 平成21年度足利市一般会計補正予算(第3号)についてでありますが、本案は、補助事業及び単独事業の追加などによる歳入歳出予算を内容とするもので、現計予算額に2億7,000万円を追加し、予算総額を484億6,800万円にしようとするものであります。

  審査の過程におきましては、「緊急雇用創出事業のうち足利市路線現況調査及び公園台帳の平面図電子化事業については、専門的知識や技能が必要ではないか。」との質疑に対し、当局から「足利市路線現況調査は市内の全路線の幅員、舗装の状況、歩道の有無などの単純な現況把握であり、専門的知識は必要としない。また、公園台帳の平面図電子化事業は、CADソフトを利用して紙ベースの平面図を電子化するもので、パソコンのワード、エクセル程度ができることが条件である。」との答弁がありました。

  また、「児童福祉総務費の子育て応援特別手当について、どのような申請手続きになるのか。」との質疑に対し、当局から「現在までに県から来ている情報を踏まえて考えると、10月1日を基準日とし、2カ月間はDV被害調査を行い、12月から一般申請を受け、支給を開始するという予定であるが、今後も国の動向を見守る必要がある。」との答弁がありました。

  その他、雇用対策事業のすこやか支援員配置事業、市内山林の不法投棄物等の撤去・回収事業について質疑応答が交わされましたが、討論なく原案を可とすることに決定いたしました。

  以上が本委員会に付託されました案件の審査の概要であります。

  よろしく御審議の上、本委員会決定のとおり御賛同くださるよう希望いたしまして、私の報告を終わります。



○議長(中山富夫) 民生教育常任委員会委員長、中島由美子議員。

   (民生教育常任委員会委員長

    中島由美子議員登壇)



◎民生教育常任委員会委員長(中島由美子) 民生教育常任委員会に付託されました案件の審査の概要について御報告申し上げます。

  本委員会に付託されました案件は4件でありまして、去る9月11日委員会を開催し、審査を行った結果、いずれも原案を可とすることに決定した次第であります。

  以下、その審査の概要について申し上げます。

  まず、議案第62号 平成21年度足利市介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第1号)についてでありますが、本案は、歳入歳出予算の総額にそれぞれ5,050万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ93億6,050万円にしようとするものであります。

  この補正につきましては、平成20年度の介護給付費交付金等の精算に伴う超過交付分の返還を内容とするものであります。

  当局から説明を聴取後、質疑、討論なく、原案を可とすることに決定いたしました。

  次に、議案第63号 足利市国民健康保険条例の改正についてでありますが、本案は、地方税法の改正により、上場株式等に係る譲渡損失と配当所得を損益通算できる特例等の創設に伴う条文等の整備及び健康保険法施行令等の改正により、現行の出産育児一時金の額を4万円引き上げるため、条例を改正しようとするものであります。

  審査の過程におきましては、「条文の改正で、出産育児一時金35万円を39万円とするとあるが、出産した分娩機関が産科医療補償制度に加入しているか、いないかによる出産育児一時金の差額については、従来の条文第7条第1項の但し書きにある3万円を上限とする加算によることでよいのか。」との質疑に対し、当局から、「従来どおりの但し書きによることとし、産科医療補償制度に加入している分娩機関での出産には、3万円が加算され支給額は42万円となる。」との答弁がありました。

  また、「10月1日からの出産育児一時金の引き上げについては、子育て支援としてとらえた市民へのPRの仕方もあるが、どのようにPRしていくのか。」との質疑に対し、当局から「子育て支援の1つとして、広報あしかがみ10月1日号や市のホームページでPRするほか、国から交付されている母子手帳貼付シールの配付により周知したい。」との答弁がありました。

  その他、上場株式等に係る課税の特例、産科医療補償制度、出産育児一時金の給付に関する質疑応答が交わされましたが、討論なく、原案を可とすることに決定いたしました。

  次に、議案第64号 平成21年度足利市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)についてでありますが、本案は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,490万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ167億6,490万円にしようとするものであります。

  この補正につきましては、介護従事者の処遇改善のため、国から臨時特例交付金が交付されたことにより、介護納付金への追加を行うものであります。

  審査の過程におきましては、「介護従事者処遇改善臨時特例交付金は、いつまでの臨時措置なのか。」との質疑に対し、当局から「4月から介護報酬を3%引き上げたことに伴うもので、平成22年度までの臨時措置である。」との答弁がありました。

  その他、臨時措置がなくなることによる国民健康保険税への影響と、その後の政策的な見込みに関する質疑応答が交わされましたが、討論なく、原案を可とすることに決定いたしました。

  次に、議案第65号 平成21年度足利市老人保健特別会計補正予算(第1号)についてでありますが、本案は、歳入歳出予算の総額に歳入歳出それぞれ1,160万円を追加し、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1億2,960万円にしようとするものであります。

  この補正につきましては、平成20年度の医療給付費等支払基金交付金及び老人保健医療費県負担金の精算により、償還金を追加するものであります。

  当局から説明を聴取後、質疑、討論なく、原案を可とすることに決定いたしました。

  以上が本委員会に付託されました案件の審査の概要であります。

  よろしく御審議の上、本委員会決定のとおり御賛同くださるよう希望いたしまして、私の報告を終わります。



○議長(中山富夫) 建設防災常任委員会委員長、平塚 茂議員。

   (建設防災常任委員会委員長

    平塚 茂議員登壇)



◎建設防災常任委員会委員長(平塚茂) 建設防災常任委員会に付託されました案件の審査の概要について御報告申し上げます。

  本委員会に付託されました案件は1件でありまして、去る9月10日委員会を開催し、審査を行った結果、原案を可とすることに決定した次第であります。

  以下、その審査の概要について申し上げます。

  議案第66号 平成21年度足利市水道事業会計補正予算(第1号)についてでありますが、本案は、資本的収入の予定額の補正であり、企業債を現計予算から3,250万円減額し、2億1,750万円とするものであります。

  また、国庫補助金を新たに設け、同額の3,250万円を追加するものであります。

  この補正につきましては、国の新たな経済対策に伴い補助採択基準が緩和され、老朽管の布設替事業の補助が受けられることが可能となったものであります。

  審査の過程におきましては、「今回の補正は、国の経済対策に伴うものであるとのことだが、今後もこのような補助採択基準の緩和があるのか。」との質疑に対し、当局から「平成22年度以降については、その補助採択基準の緩和があるのかどうか、国の方針が出ていないので不明である。」との答弁がありましたが、討論なく、原案を可とすることに決定いたしました。

  以上が本委員会に付託されました案件の審査の概要であります。

  よろしく御審議の上、本委員会決定のとおり御賛同くださるよう希望いたしまして、私の報告を終わります。



○議長(中山富夫) お諮りいたします。

  議案第67号から第78号までの審査のために設けられた決算審査特別委員会の審査状況については、議員全員が構成員となり、既に承知されておりますので、委員長報告を省略いたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって、決算審査特別委員会の委員長報告は、省略することに決定いたしました。

  以上で、委員長報告を終結いたします。

  これより委員長報告に対する質疑を行います。

  ただいまのところ通告はありませんので質疑なしと認めます。

  これより議案第59号から第78号までについて討論を行います。

  討論の通告がありますので、順次発言を許します。

  13番、尾関栄子議員。

   (13番 尾関栄子議員登壇)



◆13番議員(尾関栄子) 議案第63号 足利市国民健康保険条例の改正について反対し、議案第67号 平成20年度足利市一般会計決算について、議案第68号 平成20年度足利市介護保険特別会計(保険事業勘定)決算について、議案第69号 平成20年度足利市介護保険特別会計(介護サービス事業勘定)決算について、議案第70号 平成20年度足利市国民健康保険特別会計(事業勘定)決算について、議案第71号 平成20年度足利市老人保健特別会計決算について、議案第72号 平成20年度足利市後期高齢者医療特別会計決算についての6議案の認定に反対の立場で討論を行います。

  まず、議案第63号 足利市国民健康保険条例の改正については、国民健康保険加入の納税義務者が総合課税か申告分離課税を申告できる制度が創設され、申告分離課税を選択した場合は、上場株式等の譲渡損失と配当所得の損益通算ができる特例が創設されました。国民健康保険税収入に、影響額ははっきりしませんが、一部の高額所得者を優遇する制度であり、分離課税という課税の優遇制度はやめて、収入に見合った総合課税に統一すべきではないでしょうか。

  平成20年は、医療、年金、介護など社会保障費を2,200億円も削減され、自民、公明政権が2006年に強行した高齢者と現役世代に負担と差別医療を押しつける後期高齢者医療制度が4月から実施されました。その上、世界的な金融危機が大きな影響を及ぼし、日本は大企業の身勝手な行動で、世界の中でも異常な経済不況に陥りました。大企業は、労働者を機械の調整弁のように使い捨てにして、失業者を大量に出しました。

  足利市でも、中小企業の業者の皆さんの仕事が激減し、中小企業を存亡の危機に直面させ、今も経済不況が続いています。このようなときに平成20年度の予算が市民のためにどのように使われ、ふさわしい使われ方になったのか問われています。自治体の仕事は、福祉の増進を図ることです。ここに重点が置かれてきたでしょうか。

  議案第67号 平成20年度足利市一般会計決算については、歳入総額、約494億円で、うち個人市民税は約75億円で、所得が減る中で定率減税の全廃で、平成19年度よりさらに1億円の増税、法人税は約16億円で、前年より約3億5,600万円、何と18.1%もの減収になりました。

  資料によりますと、市内の企業数は、平成19年度と平成20年度を比較すると175社も減り、特に有限会社が減少しています。

  地方交付税は、約57億円で1.5%の微増です。市民や中小企業に対する適切な対策がとられてきたでしょうか。

  市民への使用料、手数料では、事業所系の可燃ごみ処理手数料の引き上げで約8,800万円、22.3%の負担増です。指定袋収集処理手数料として2億8,800万円もの負担増を押しつけました。税金の二重取りです。

  歳出は480億円で、民生費は、福祉タクシー券の超過券を削減、影響額は約650万円です。高齢者に大変喜ばれてきました敬老年金を祝金に名称を変えて、約1,884万円削減、介護者にこれも大変喜ばれてきました介護激励金を名称を慰労金に変えて、該当条件を後退させて約1,955万円削減、合わせて約4,500万円も削減しています。

  衛生費は、ごみ袋指定制事業費を約1億1,100万円計上しています。ごみ袋有料化にならなければ負担のない経費です。

  商工費は、中小企業に対する支援は融資対策が中心です。融資だけでは、既に中小企業は守れない状況に陥っています。西久保田工業団地や足利インター・ビジネスパークなどへの誘致企業に対する不公平な優遇措置は約2億円にもなります。

  土木費は、大久保町87号線道路改良事業、繰り越しも含めて約6億5,000万円、鹿島橋山下線、繰り越しも含めて約1億4,000万円などの幹線道路は、住民にとって一番に進めるべき道路でしょうか。生活道路優先の道路行政に改めるべきではないでしょうか。

  教育費は、学校給食費で調理の民設民営委託が平成16年、平成19年と2カ所となり、調理配送業務委託費が約3億3,500万円となりました。直営の職員給与費などを合わせますと約5億7,000万円です。10年前の平成11年度は約4億9,000万円で、児童生徒数を比較してみますと、平成11年は約2万3,800人、平成20年度は約2万1,200人で、約2,600人も減少する中、経費が約8,000万円もふえました。民間委託では、経費の節減にならないのではないでしょうか。

  議案第68号、議案第69号については、介護保険料は約4,400万円、2.6%負担増、介護サービスは、受給者はふえていますが、受給率は50%台です。介護度は認定が厳しく、平成19年度と比較しますと、要介護1から要支援2に認定が軽くなっています。介護報酬も介護度に見当たった報酬になっていないために、事業所も悲鳴を上げています。

  議案第70号、議案第71号、議案第72号については、国民健康保険から後期高齢者が別建てとなり、後期高齢者支援金捻出のため、当初試算によりますと約3億6,500万円収入減と称して、所得に関係のない国民健康保険税1人当たり1万200円、世帯当たり1,400円と大幅に引き上げました。

  保険給付費は、7億円以上、予算より減少しました。4億6,000万円の黒字決算となり、基金への積み立てを2億円計上しました。そして、基金は合計で7億5,000万円となります。保険税の引き下げや一部負担金の減免制度など基金の積み立て方法に、市としての最善の努力が見られません。

  後期高齢者医療制度は、介護保険料は約8億7,400万円で、広域連合への納付金は10億8,500万円です。保険料を年金から天引きされ、全国の高齢者から怒りの声が上がり、一定の軽減措置が平成20年、平成21年とありますが、高過ぎて払い切れないと悲鳴が上がっています。

  なお、国会では、参議院でこの後期高齢者医療制度廃止法案が可決されています。

  以上の理由から、一つの議案には反対し、6つの議案に対して、認定に反対して討論といたします。



○議長(中山富夫) 28番、石原弁治議員。

   (28番 石原弁治議員登壇)



◆28番議員(石原弁治) 議案第67号 平成20年度足利市一般会計決算についての賛成の討論を展開させていただきます。

  ただいま13番、尾関栄子議員から議案第67号に対する反対討論がありましたが、私は同志諸君と相諮って賛成の立場から意見を申し上げるわけでございます。

  議案第67号 平成20年度足利市一般会計決算についてでありますが、当局から提出された決算報告書によれば、アメリカに端を発し、世界じゅうが経済不況に陥った昨今の状況からして、景気悪化が日本にも覆いかぶさったわけでございます。

  御案内のとおり歳入においては、主要財源である市税収入が4年ぶりに減少をいたしました。加えて地方消費税交付金も、大幅に減少したことは事実でございます。

  歳出においては、補助費が増加するなど厳しい財政状況の中でも、市立小中学校校舎と耐震診断及び実施設計、さらには医療福祉拠点整備等々が最重要課題であり、安全で安心で、そして心安らかに暮らせるまちづくりの推進に努めた結果が、うかがい知ることができるわけでございます。

  また、市債残高は、前年度決算に比べ、約25億円減少をいたしたほか、地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づく健全化判断比率は、いずれも平成20年より引き続き長期健全化基準を大きく下回り、名実ともに健全との判断がなされたわけでございます。

  事業の執行面を見ると、第6次総合計画で将来都市象の具現化のため、北郷学校通り、大久保町87号線道路改良など都市基盤の整備、さらには融資預託や信用保証料補助に当たる中小企業支援、市民プラザを初めとする公共施設のトイレの改修など、きめの細かいサービスを実施していることが、うかがい知ることができるわけでございます。

  さらには、軽自動車税のコンビニでの取り扱い開始、これ等も非常に市民とコンビニとの相対関係、納税、その他もろもろの行政の窓口には、利用しやすい雰囲気を醸し出されて実績が上がったものと思われます。

  また、優秀な監査委員の審査意見書では、経済不況による市税等の伸びが期待しにくい中で、不可欠な投資と行政サービスの水準が維持され、収支の均衡が保持されていると、かような評価もあるわけでございます。御苦労の多い財政運営であったろうと推察して余りあるものがございます。

  以上のようなことから、私ども同志は、平成20年度一般会計決算は適正な予算執行の結果であると判断をいたすものでございます。

  当局におかれましては、今後も市税等の収入未済の解消など、財源確保に全力で取り組んで、市民の公平化をさらに促進をしていただきたいことと存じます。真に市民にとって何が必要かを基準として、事業の絞り込みと財源の重点的配分を行い、市民が活力と夢を持てるようにまちづくりを推進するよう大いに期待をするものでございます。

  以上、議案第67号については、賛成大綱といたしまして申し上げたわけでございますが、その趣旨をお酌み取りをいただきまして、私が御提案申し上げます同意に関して、御賛意を得られるよう伏してお願いを申し上げて結びといたします。

  以上。



○議長(中山富夫) 5番、柳 収一郎議員。

   (5番 柳 収一郎議員登壇)



◆5番議員(柳収一郎) ただいま13番、尾関栄子議員から、議案第68号 平成20年度足利市介護保険特別会計(保険事業勘定)決算、議案第69号 平成20年度足利市介護保険特別会計(介護サービス事業勘定)決算、議案第70号 平成20年度足利市国民健康保険特別会計(事業勘定)決算、議案第71号 平成20年度足利市老人保健特別会計決算、議案第72号 平成20年度足利市後期高齢者医療特別会計決算についての反対討論がありましたが、私は賛成の立場から意見を述べるものであります。

  議案第68号 平成20年度足利市介護保険特別会計(保険事業勘定)決算についてでありますが、平成20年度はゴールドプラン21、第3期計画の最終年度に当たりまして、歳入においては、負担能力に配慮した保険料設定を行うなど、低所得者に十分配慮したものになっており、歳出におきましても、保険給付費などおおむね適正な支出となっております。また、介護給付費準備基金につきましては、文字どおり給付費の増嵩に備え、積み立てを行ったものでありまして、適正な運用と考えるものであります。

  次に、議案第69号 平成20年度足利市介護保険特別会計(介護サービス事業勘定)決算についてでありますが、歳入におきましては、足利市地域包括支援センターにおける介護予防サービス計画費収入でありまして、歳出においても、介護予防対象者への介護予防計画作成費が主なもので、適正な支出となっております。

  次に、議案第70号 平成20年度足利市国民健康保険特別会計(事業勘定)決算については、国県支出金など主要財源の確保が図られているほか、歳出面では、保険事業の中でかねてから準備を進めてきた生活習慣病の予防、改善を目的とした特定健康診査、特定保健事業の実施や医療費適正化対策などに取り組んでおりまして、適正な予算執行であると考えるものであります。

  次に、議案第71号 平成20年度足利市老人保健特別会計決算についてでありますが、平成20年度から後期高齢者医療制度が実施されたことから、歳出は平成20年3月、診療の1カ月分の医療費支払いとなりまして、歳入は、老人保健法の定めるところにより社会保険診療報酬支払基金交付金などで賄われ、適正な予算執行であると認められものであります。

  次に、議案第72号 平成20年度足利市後期高齢者医療特別会計決算についてでありますが、この特別会計においては、保険料を徴収し、一般会計からの保険基盤安定繰入金と合わせまして、栃木県後期高齢者医療広域連合へ納付しておりまして、歳出の主体は、この広域連合納付金となっております。また、歳入につきましては、後期高齢者医療保険料、一般会計繰入金等で賄われておりまして、適正な予算執行であると認められるものであります。

  以上、議案第68号、議案第69号、議案第70号、議案第71号及び議案第72号の賛成理由を申し上げましたが、その趣旨をお酌み取りいただきまして、御賛同くださるようお願い申し上げまして、私の賛成討論といたします。



○議長(中山富夫) 23番、帆足 章議員。

   (23番 帆足 章議員登壇)



◆23番議員(帆足章) ただいま13番、尾関栄子議員から、議案第63号の足利市国民健康保険条例の改正についての反対討論がありましたけれども、私は賛成の立場から意見を述べるものであります。

  議案第63号の足利市国民健康保険条例の改正については、1点目が国の緊急経済対策としての地方税法の改正に伴い、国民健康保険税の算定方法を改めるものであり、公平公正な税負担を求める観点から必要と私は考えております。

  また、2点目の出産育児一時金の引き上げにつきましては、国の緊急少子化対策として出産に係る経済負担の軽減、安心して出産できるようにするため、本市国民健康保険でも引き上げるものであり、必要な改正と考えるものであります。13番議員は女性議員として、日ごろ少子化対策には熱心な議員ではございますけれども、この63号には出産育児一時金の引き上げという大きな焦点もございまして、これに反対をするというのは、到底私どもでは考えられないものであります。

  以上、議案第63号の賛成理由を申し上げましたけれども、私も足利市の国民健康保険運営協議会会長としても、ぜひこの趣旨をお酌み取りをいただきまして、議員各位の御賛同を賜るようお願いを申し上げまして、私の賛成討論といたします。



○議長(中山富夫) 以上で、通告による討論を終わりましたので、これをもって討論を終結いたします。

  これより表決に入ります。

  まず、議案第67号から第72号までについて起立により一括して採決いたします。

  議案第67号 平成20年度足利市一般会計決算について

  議案第68号 平成20年度足利市介護保険特別会計(保険事業勘定)決算について 

  議案第69号 平成20年度足利市介護保険特別会計(介護サービス事業勘定)決算について

  議案第70号 平成20年度足利市国民健康保険特別会計(事業勘定)決算について

  議案第71号 平成20年度足利市老人保健特別会計決算について

  議案第72号 平成20年度足利市後期高齢者医療特別会計決算について

  以上、各案に対する委員会の審査報告は、認定すべきものとする報告であります。

  委員会の審査報告のとおり認定することに賛成の議員の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(中山富夫) 起立多数であります。

  よって各案は、委員会の審査報告のとおり認定することに決定いたしました。

  次に、議案第73号から第78号までについて一括して採決いたします。

  議案第73号 平成20年度足利市公設地方卸売市場事業特別会計決算について

  議案第74号 平成20年度足利市農業集落排水事業特別会計決算について

  議案第75号 平成20年度足利市公共下水道事業特別会計決算について

  議案第76号 平成20年度足利市堀里ニュータウン下水処理事業特別会計決算について

  議案第77号 平成20年度足利市水道事業会計決算について

  議案第78号 平成20年度足利市工業用水道事業会計決算について

  以上、各案に対する委員会の審査報告は、いずれも認定すべきものとする報告であります。

  委員会の審査報告のとおり認定することに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって各案は、いずれも委員会の審査報告のとおり認定することに決定いたしました。

  次に、議案第63号について起立により採決いたします。

  議案第63号 足利市国民健康保険条例の改正について

  本案に対する委員長報告は、原案を可とする報告であります。

  委員長報告のとおり可決することに賛成の議員の起立を求めます。

   (賛成者起立)



○議長(中山富夫) 起立多数であります。

  よって本案は、委員長報告のとおり可決されました。

  続いて、残余の議案を一括して採決いたします。

  議案第59号 職員の勤務時間、休日及び休暇に関する条例等の改正について

  議案第60号 足利市手数料条例の改正について 

  議案第61号 平成21年度足利市一般会計補正予算(第3号)について

  議案第62号 平成21年度足利市介護保険特別会計(保険事業勘定)補正予算(第1号)について

  議案第64号 平成21年度足利市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)について

  議案第65号 平成21年度足利市老人保健特別会計補正予算(第1号)について  

  議案第66号 平成21年度足利市水道事業会計補正予算(第1号)について    

  以上、各案に対する委員長報告は、いずれも原案を可とする報告であります。

  委員長報告のとおり可決することに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって各案は、いずれも委員長報告のとおり可決されました。

  日程第2 報告第19号についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。

  大豆生田 実市長。

   (大豆生田 実市長登壇)



◎市長(大豆生田実) ただいま上程されました、報告第19号 平成20年度足利市決算に係る健全化判断比率及び資金不足比率について、御説明いたします。 本報告は、地方公共団体の財政の健全化に関する法律に基づき、平成20年度の本市決算に係る実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率及び将来負担比率並びに公営企業の資金不足比率について御報告するものであります。

  以上で説明を終わりますが、よろしくお願いいたします。



○議長(中山富夫) これより質疑に入ります。

  ただいまのところ通告はありませんので、質疑なしと認めます。

  よって、ただいま議題となっております報告第19号 平成20年度足利市決算に係る健全化判断比率及び資金不足比率については、質疑を終わりましたので、受理となりました。

  日程第3 議案第79号についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。

  大豆生田 実市長。

   (大豆生田 実市長登壇)



◎市長(大豆生田実) ただいま上程されました、議案第79号 副市長の選任について、御説明申し上げます。

  本案は、欠員となっておりました、本市の副市長の選任について議会の同意を求めるものであります。

  副市長として、足利市西砂原後町1199番地 松澤一廣氏を本年9月24日付けで選任いたしたく御提案申し上げるものでございます。

  同氏は昭和52年に本市職員として採用され、以来30年余りにわたり勤務し、その間、行政経営課長、税務課長、企画政策課長等を歴任し、その卓越した手腕力量をもって職務を全うしてまいりましたことは、既に御案内のとおりであります。

  また、人柄も温厚篤実で職員の信望も厚く、本市の副市長として十分その職責を全うし得るものと確信しておりますので、何とぞ原案のとおり御同意を賜りますようお願い申し上げます。



○議長(中山富夫) これより質疑に入ります。

  ただいまのところ通告はありませんので、質疑なしと認めます。

  お諮りいたします。

  ただいま議題となっております本案は、委員会への付託を省略いたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、委員会への付託を省略することに決定いたしました。

  これより討論に入ります。

  ただいまのところ通告はありませんので、討論なしと認めます。

  これより表決に入ります。

  議案第79号について採決いたします。

  議案第79号 副市長の選任について

  本案は、これに同意することに決し、御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、これに同意することに決定いたしました。

  日程第4 議案第80号についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。

  大豆生田 実市長。

   (大豆生田 実市長登壇)



◎市長(大豆生田実) ただいま上程されました、議案第80号 特別職の職員等の給与に関する条例の改正について、御説明申し上げます。

  本案は、市長の給料が削減されている期間において、副市長の給料を削減するため、条例を改正しようとするものであります。

  よろしく御審議の上、議決を賜りますようお願いを申し上げ、提案の説明を終わります。



○議長(中山富夫) これより質疑に入ります。

  ただいまのところ通告はありませんので、質疑なしと認めます。

  お諮りいたします。

  ただいま議題となっております本案は、委員会への付託を省略いたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、委員会への付託を省略することに決定いたしました。

  これより討論に入ります。

  ただいまのところ通告はありませんので、討論なしと認めます。

  これより表決に入ります。

  議案第80号について採決いたします。

  議案第80号 特別職の職員等の給与に関する条例

         の改正について         

  本案は、原案のとおり可決することに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、原案のとおり可決することに決定いたしました。

  日程第5 議案第81号についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。

  大豆生田 実市長。

   (大豆生田 実市長登壇)



◎市長(大豆生田実) ただいま上程されました議案第81号 教育委員会委員の任命について御説明いたします。

  本案は、本市教育委員会委員のうち、賀川治美委員の任期が本年10月7日に満了となりますので、その後任の委員として、足利市借宿町281番地、福田茂夫氏を任命いたしたいと存じます。

  福田茂夫氏は、仕事の傍ら、ボランティア活動への参加も積極的で、日本を美しくする会「足利掃除に学ぶ会」、「全日本論語素読会」を発足するなどまちづくりや人づくりへの熱意を持っておられ、人格も温厚篤実であります。

  同氏を本市教育委員会委員として任命することによって、今後の本市の教育行政の発展に大なる期待ができると思料するものであります。

  原案のとおり御同意を賜りますようお願い申し上げますとともに、任期を満了されます、賀川治美委員の御功績に対し、深く感謝を申し上げまして、提案の説明を終わります。



○議長(中山富夫) これより質疑に入ります。

  ただいまのところ通告はありませんので、質疑なしと認めます。

  お諮りいたします。

  ただいま議題となっております本案は、委員会への付託を省略いたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、委員会への付託を省略することに決定いたしました。

  これより討論に入ります。

  ただいまのところ通告はありませんので、討論なしと認めます。

  これより表決に入ります。

  議案第81号について採決いたします。

  議案第81号 教育委員会委員の任命について  

  本案は、これに同意することに決し、御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、これに同意することに決定いたしました。

  日程第6 議案第82号についてを議題といたします。

  提出者の説明を求めます。

  大豆生田 実市長。

   (大豆生田 実市長登壇)



◎市長(大豆生田実) ただいま上程されました議案第82号 固定資産評価審査委員会委員の選任について、御説明いたします。

  本案は、本市固定資産評価審査委員会委員のうち、村松道弘委員の任期が本年10月7日に満了となりますが、同委員は、平成3年10月8日に就任して以来、6期18年にわたり、本市税務行政の推進に御尽力されておりますことは、御案内のとおりであります。

  つきましては、村松道弘委員を引き続き固定資産評価審査委員会委員として選任いたしたいと存じます。

  原案のとおり御同意を賜りますようお願いを申し上げます。



○議長(中山富夫) これより質疑に入ります。

  ただいまのところ通告はありませんので、質疑なしと認めます。

  お諮りいたします。

  ただいま議題となっております本案は、委員会への付託を省略いたしたいと思います。

  これに御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、委員会への付託を省略することに決定いたしました。

  これより討論に入ります。

  ただいまのところ通告はありませんので、討論なしと認めます。

  これより表決に入ります。

  議案第82号について採決いたします。

  議案第82号 固定資産評価審査委員会委員の選任について

  本案は、これに同意することに決し、御異議ありませんか。

   (「異議なし」と呼ぶ者あり)



○議長(中山富夫) 御異議なしと認めます。

  よって本案は、これに同意することに決定いたしました。

  以上で本日の日程は全部終了し、今期定例会に提出された全案件を議了いたしました。

  これをもって、平成21年第4回市議会定例会を閉会いたします。

   閉会 午後3時00分