議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 宇都宮市

平成17年第7回定例会(第1日目12月 6日)




平成17年第7回定例会(第1日目12月 6日)





 
平成17年  第7回  宇都宮市議会定例会会議録(第1号)





 12月6日(火曜日)


  出 席 議 員 (45名)


   1番 山 本 直 由 君    24番 大 竹 清 作 君


   2番 山 口 恒 夫 君    25番 小 林 睦 男 君


   3番 渡 辺 通 子 君    26番 今 井 恭 男 君


   4番 金 沢   力 君    27番 藤 井 弘 一 君


   5番 半 貫 光 芳 君    28番 工 藤 正 志 君


   6番 中 島   宏 君    29番 山 本 正 人 君


   7番 阿久津   均 君    30番 阿久津 善 一 君


   8番 塚 田 典 功 君    31番 大 貫 隆 久 君


   9番 熊 本 和 夫 君    32番 岡 本 治 房 君


   10番 渡 辺 道 仁 君    33番 今 井 昭 男 君


   11番 小 倉 一 智 君    34番 小野里   豊 君


   12番 杵 渕   広 君    35番 黒 後   久 君


   13番 遠 藤 和 信 君    36番 篠 崎 光 男 君


   14番 西   房 美 君    37番 福 田 浩 二 君


   15番 福 田 久美子 君    38番 金 田 貞 夫 君


   16番 荒 川 恒 男 君    39番 山 崎 美 高 君


   17番 塚 原 毅 繁 君    40番 諏 訪 利 夫 君


   18番 真 壁 英 敏 君    41番 細 谷 美 夫 君


   19番 小 林 秀 明 君    42番 中 山 勝 二 君


   20番 綱 河 秀 二 君    43番 山 崎 守 男 君


   21番 金 子 和 義 君    44番 高 橋 森 一 君


   22番 南 木 清 一 君    45番 鎌 倉 三 郎 君


   23番 浅 川 信 明 君





  欠 席 議 員


      な   し





 地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者


市     長  佐 藤 栄 一 君  商 工 部 長  沼 尾 博 行 君


助     役  高 梨 眞佐岐 君  農 務 部 長  渡 辺 政 行 君


収  入  役  五十畑 伸 一 君  建 設 部 長  森   賢一郎 君


上下水道事業   今 井 利 男 君  都市開発部長   野 澤 省 一 君


管理者                 消  防  長  坂 本   浩 君


総合政策部長   栗 田 幹 晴 君  行政経営部次長  浜 崎 道 夫 君


行政経営部長   永 沼 憲 雄 君


理 財 部 長  五井渕 治 夫 君


自治振興部長   横 松   薫 君


市民生活部長   木 村 光 男 君


保健福祉部長   加 藤 俊 夫 君  教  育  長  伊 藤 文 雄 君


環 境 部 長  橋 本 正 志 君  代表監査委員   須 田 章 市 君





事務局職員出席者


事 務 局 長  溝 口 博 司 君  事務局副参事   佐 藤 守 男 君


事務局次長    平 石 邦 昭 君  議 事 課 長  小 林 一 雄 君


総務課長兼務








○議長(諏訪利夫君) おはようございます。平成17年第7回宇都宮市議会定例会はここに開会される運びとなりました。


 この定例会には、市長から、条例案、補正予算案、事件議決案が提出されることになっているほか、市民から陳情書が提出されております。


 慎重に審議を尽くされ、市民の負託にこたえられますよう期待いたしますとともに、議会運営につきましても御協力をお願い申し上げまして、開会のあいさつといたします。


─────────────────────────


   午前10時 開会


○議長(諏訪利夫君) ただいまから平成17年第7回宇都宮市議会定例会を開会いたします。


 本日の会議を開きます。


 ただいま出席している議員は45名であります。


─────────────────────────


○議長(諏訪利夫君) 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員に


  15番  福 田 久美子 君


  16番  荒 川 恒 男 君


  17番  塚 原 毅 繁 君


を指名いたします。


─────────────────────────


○議長(諏訪利夫君) 日程に入る前に報告いたします。


 最初に、地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めました者の名簿は、お手元に配付のとおりであります。


 次に、監査委員から報告書が提出されております。お手元に配付のとおりであります。


 以上で報告を終わります。


─────────────────────────


○議長(諏訪利夫君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。事務局長に朗読させます。


  〔事務局長 朗読〕


日程第1 会期の決定について


日程第2 議案第158号から第176号まで、第178号から第181号まで、第183号から第185号まで、第187号から第211号までと第213号から第236号までについて


日程第3 陳情第38号について


─────────────────────────


○議長(諏訪利夫君) それでは日程第1、会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。この定例会の会期は、本日から12月22日までの17日間とすることに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(諏訪利夫君) 御異議ありませんので、そのように決定いたしました。


─────────────────────────


○議長(諏訪利夫君) 次に日程第2と第3、議案第158号から第176号まで、第178号から第181号まで、第183号から第185号まで、第187号から第211号まで、第213号から第236号までと陳情第38号の議案75件と陳情1件を一括して議題といたします。


 日程第2について、市長の提案理由の説明を求めます。


  〔市長佐藤栄一君 登壇〕


○市長(佐藤栄一君) ただいま議題となりました議案第158号から第176号まで、第178号から第181号まで、第183号から第185号まで、第187号から第211号まで及び第213号から第236号までの議案75件につきまして、順次提案の理由を御説明いたします。


 まず、議案第158号平成17年度宇都宮市一般会計補正予算(第6号)についてでありますが、今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ2億6,613万7,000円を追加計上し、予算総額を1,492億8,520万7,000円に補正しようとするものであります。


 以下、その概要につきまして、歳出から御説明いたします。


 まず、第10款総務費におきましては、地域集会所等建設費補助金の申請件数が当初見込みを上回ったことに伴う自治振興費及び法人市民税の中間納付に対する還付金等の増加に伴う過誤納還付金を追加計上いたしました。


 第15款民生費におきましては、生きがい対応型デイサービス事業の利用人数が当初見込みを上回ったことに伴う老人いきがい対策費、障害者自立支援法の制定に伴う電算システム修正のための社会福祉事業費、国民健康保険特別会計の補正に伴う同会計への繰出金その他を追加計上したほか、国庫補助金の交付決定に伴う老人福祉施設運営等助成費を減額いたしました。


 第20款衛生費におきましては、食品衛生法の改正に伴う食品残留農薬検査機器購入のための試験検査費、市有施設のアスベスト対策の実施に伴うダイオキシン等調査対策費を追加計上いたしました。


 第30款農林水産業費におきましては、農道舗装事業に対する県補助金の交付決定に伴う土地改良費を追加計上いたしました。


 第40款土木費におきましては、国庫補助金の交付決定に伴う総合公園建設費、道路新設改良費、下水道事業会計の補正に伴う同会計への補助金その他を追加計上したほか、宇都宮城址公園整備事業の事業費の確定に伴う宇都宮城址公園整備費その他を減額いたしました。


 第50款教育費におきましては、小中学校の校舎耐震補強実施設計の実施に伴う学校建設費、アスベスト対策の実施に伴う校舎等維持修繕費その他を追加計上いたしました。


 以上が歳出予算の補正の概要でありますが、これらの経費支出に必要な歳入につきましては、市税、国庫支出金、県支出金その他を追加計上したほか、繰入金及び市債を減額いたしました。


 次に、債務負担行為につきましては、指定管理者制度の導入に伴う茂原健康交流センター管理業務ほか7件について新たに設定するとともに、協定の変更に伴う準用河川流川JR日光線交差部工事負担金及び都市計画道路泉が丘線JR宇都宮線立体交差工事負担金の期間または限度額を変更しようとするものであります。


 また、地方債につきましては、今回の補正に伴い、道路整備費ほか5件の限度額を変更しようとするものであります。


 次に、議案第159号から第162号まで平成17年度宇都宮市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)ほか3件の特別会計補正予算についてでありますが、国民健康保険特別会計補正予算(第2号)につきましては、歳入歳出それぞれ311万5,000円を追加計上し、予算総額を369億7,668万4,000円に補正しようとするものであります。


 歳出におきましては、乳幼児医療費助成制度の改正に伴う電算システム修正委託のための一般事務費を追加計上し、歳入におきまして、繰入金を追加計上いたしました。


 母子寡婦福祉資金貸付事業特別会計補正予算(第1号)につきましては、歳入歳出それぞれ601万5,000円を追加計上し、予算総額を1億3,924万円に補正しようとするものであります。


 歳出におきまして、貸付金の増加に伴う母子福祉資金貸付事業費を追加計上し、歳入におきまして、繰入金及び市債を追加計上したほか、貸付金収入及び繰越金を減額いたしました。


 地方債につきましては、今回の補正に伴い、母子寡婦福祉資金貸付事業費を追加しようとするものであります。


 駐車場特別会計補正予算(第1号)につきましては、債務負担行為におきまして、指定管理者制度の導入に伴う駐車場管理業務を新たに設定するものであります。


 下水道事業会計補正予算(第4号)につきましては、収益的支出におきまして449万4,000円を、資本的支出におきまして2,166万7,000円をそれぞれ追加計上し、予算総額を237億964万8,000円に補正しようとするものであります。


 まず、収益的支出におきまして、田川処理場及び川田処理場における水処理施設等運転管理業務委託の実施に伴う処理場費を追加計上し、収益的収入におきまして、一般会計補助金を追加計上いたしました。


 また、資本的支出におきまして、下水道資源化工場建設事業の前倒し実施に伴う公共下水道建設費を追加計上し、資本的収入におきまして、企業債及び一般会計出資金を追加計上いたしました。


 債務負担行為につきましては、運転業務の実施に伴う田川処理場水処理施設等運転管理業務委託及び川田処理場水処理施設等運転管理業務委託について新たに設定するとともに、事業費の確定に伴う平成17年度下水道資源化工場焼却施設建設工事委託の限度額を変更しようとするものであります。


 また、企業債につきましては、今回の補正に伴い、公共下水道建設費の限度額を変更しようとするものであります。


 次に、議案第163号から第175号までの議案13件は、条例の制定、一部改正及び廃止についての案件でありますが、宇都宮市国民保護協議会条例ほか2件の条例を制定するとともに、宇都宮市一般職の職員の旅費に関する条例等ほか8件の条例の一部を改正するほか、宇都宮市老人介護支援センター条例を廃止しようとするものであります。


 次に、議案第176号、第178号から第181号まで、第183号から第185号まで、第187号から第211号まで及び第213号から第222号までの議案43件は、指定管理者の指定についてでありますが、中央地域コミュニティセンターほか42件に係る指定管理者の指定をしようとするものであります。


 次に、議案第223号宇都宮地区広域行政推進協議会を組織する地方公共団体の数の減少及び同協議会規約の一部変更に係る協議についてでありますが、平成18年1月10日の下野市の新設合併に伴い、宇都宮地区広域行政推進協議会を組織する石橋町が廃止されることから、当該協議会を組織する地方公共団体の数を6から5に減少させるとともに、同協議会規約の一部を変更することについて、当該協議会を組織する地方公共団体と協議しようとするものであります。


 次に、議案第224号財産の取得についてでありますが、仮称総合運動公園用地を取得しようとするものであります。


 次に、議案第225号斎場の利用に係る協議についてでありますが、下野市の新設合併に伴い、宇都宮市斎場を下野市における旧石橋町区域の住民の利用に供させることについて、下野市と協議しようとするものであります。


 次に、議案第226号斎場の利用に関する協定書の一部変更に係る協議についてでありますが、下野市の新設合併に伴い、関係団体である石橋町が廃止されることから、斎場の利用に関する協定書の一部を変更することについて、上三川町、上河内町、河内町及び壬生町と協議しようとするものであります。


 次に、議案第227号宇都宮市と下野市との間の住民票の写し等の交付等に関する事務の委託に係る協議についてでありますが、下野市の新設合併に伴い、住民票の写し及び戸籍の謄本または抄本の交付等に関する事務を相互に委託することについて、下野市と協議しようとするものであります。


 次に、議案第228号ごみ処理に関する事務の委託及び健康交流センターの利用に係る協議についてでありますが、下野市の新設合併に伴い、下野市から旧石橋町区域のごみ処理に関する事務の委託を受けるとともに、茂原健康交流センターを下野市の住民の利用に供させることについて、下野市と協議しようとするものであります。


 次に、議案第229号ごみ処理に関する事務の委託及び公の施設の利用に関する規約の一部変更に係る協議についてでありますが、下野市の新設合併に伴い、関係団体である石橋町が廃止されることから、ごみ処理に関する事務の委託及び公の施設の利用に関する規約の一部を変更することについて、上三川町と協議しようとするものであります。


 次に、議案第230号市道路線の認定及び廃止についてでありますが、土地改良事業の施行等に伴い、新たに81路線を市道として認定し、19路線を廃止しようとするものであります。


 次に、議案第231号工事委託契約の締結についてでありますが、都市計画道路泉が丘線JR宇都宮線立体交差工事に係る委託契約を締結しようとするものであります。


 次に、議案第232号町及び字の区域の変更についてでありますが、戸祭第五土地区画整理事業の施行に伴い、施行区域内の町及び字の区域を変更しようとするものであります。


 次に、議案第233号から第235号までの議案3件は、栃木県市町村消防災害補償等組合を組織する地方公共団体の数の減少に係る協議についてでありますが、平成18年1月1日の鹿沼市の編入合併に伴い、粟野町が廃止されることから、栃木県市町村消防災害補償等組合を組織する地方公共団体の数を40から39に減少させることについて、同月10日の下野市の新設合併に伴い、南河内町、石橋町及び国分寺町が廃止されることから、当該組合を組織する地方公共団体の数を39から37に減少させることについて、同年3月20日の日光市の新設合併に伴い、日光市、今市市、足尾町、栗山村及び藤原町が廃止されることから、当該組合を組織する地方公共団体の数を37から33に減少させることについて、当該組合を組織する地方公共団体と協議しようとするものであります。


 次に、議案第236号公共下水道北原汚水幹線の利用に係る協議についてでありますが、下野市の新設合併に伴い、本市の住民が下野市の公共下水道北原汚水幹線を利用することについて、下野市と協議しようとするものであります。


 以上が今回提出いたしました付議案件の概要でありますが、何とぞよろしくお願いいたします。


○議長(諏訪利夫君) 提案理由の説明は終わりました。


 お諮りいたします。本日の会議はこれで延会したいと思います。御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(諏訪利夫君) 御異議ありませんので、そのように決定いたしました。


 次にお諮りいたします。12月7日から11日までは、議案調査等のため休会したいと思います。御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(諏訪利夫君) 御異議ありませんので、そのように決定いたしました。


 なお、12月12日午前10時から本会議を開きます。


 本日はこれで延会いたします。


   午前10時19分 延会