議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 宇都宮市

平成17年環境経済常任委員会(第1日目 7月15日)




平成17年環境経済常任委員会(第1日目 7月15日)





            環境経済常任委員会会議記録





 
■会 議 日 時


平成17年7月15日(金曜日)


開会 午前10時14分     閉会 午前10時30分


■開 会 場 所


第3委員会室


■出 席 委 員(9名)


委員長  渡 辺 通 子     副委員長  小 倉 一 智


委 員  遠 藤 和 信     委  員  福 田 久美子


同    浅 川 信 明     同     阿久津 善 一


同    小野里   豊     同     山 崎 美 高


同    中 山 勝 二


■欠 席 委 員(0名)


■説 明 員


農務部長        渡辺 政行    農務部次長        渡辺 孝夫


農務部総務担当主幹   福田  徹    土地改良課長       浜崎 克司


■欠 席 者(0名)


■事務局職員出席者


総括主査        大久保敦子    主任書記         田中 淳一


■傍 聴 人 数(0名)


■審査(調査)案件・結果


1 審査(調査)案件


・議案第114号 平成17年度宇都宮市一般会計補正予算(第2号)の所管


         に関係する部分----------------------------------------2(可決)


・議案第115号 平成17年度宇都宮市農業集落排水事業特別会計補正予算


         (第1号)--------------------------------------------2(可決)


■提 出 資 料


・資料No.1 平成17年第4回市議会臨時会議案関係資料








              開会 午前10時14分





○委員長(渡辺通子)  ただいまから環境経済常任委員会を開会いたします。


 本日の説明員につきましては,議案に関係する部課長等のみとしておりますので御了承願います。


 それでは会議に入ります。


 今回本委員会に付託されました議案は,一般会計補正予算案と特別会計補正予算案の2件であります。


 最初にお諮りいたします。今回付託されました議案第114号と議案第115号は関連がありますので,一括議題といたしたいと思います。御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○委員長(渡辺通子)  御異議ありませんので,そのように決定いたしました。


 それでは,議案の審査に入ります。


 議案第114号平成17年度宇都宮市一般会計補正予算(第2号)の所管に関係する部分についてと,議案第115号平成17年度宇都宮市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)の議案2件を一括して議題といたします。


 執行部の説明を求めます。





○土地改良課長(浜崎克司)  それでは,ただいま議題となりました議案第114号及び議案第115号につきまして御説明いたしたいと思います。


 まず議案を説明する前に,議案関係資料におきまして,補正の概要を御説明いたします。議案関係資料の裏側をごらんください。市債の借りかえに伴う補正予算についてというところであります。1の補正の概要でありますが,公営企業金融公庫から借り入れた市債の金利負担の軽減を図るため,借りかえに必要となる経費を追加計上するとともに,一般会計において,特別会計の補正に伴う他会計繰出金などの減額補正をしようとするものであります。


 2の(2)の借りかえの内容及び効果でありますが,当委員会の所管であります農業集落排水事業につきましては,3,000万円余を借りかえることにより1,000万円余の利子の軽減が図られ,全体としましては30億3,000万円の借りかえで9億円余の利子の軽減を図るところであります。


 以上で議案関係の説明を終わらせていただきます。


 それでは,議案第114号平成17年度宇都宮市一般会計補正予算(第2号)につきまして御説明いたします。


 議案書の第114号,9ページをお開き願いたいと思います。一般会計歳出及び当委員会所管であります30款5項25目農地費でありますが,農業集落排水事業特別会計の繰出金を47万円減額するものであります。これは,農業集落排水事業債の借りかえに伴い,支払い利子が減額されたことによるものであります。


 続きまして,議案第115号平成17年度宇都宮市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)につきまして御説明いたします。


 議案第115号をごらんください。歳入歳出予算の補正でありますが,第1条に記載のとおり,歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ3,043万円を減額し,歳入歳出予算の総額を,歳入歳出それぞれ5億9,415万9,000円とするものであります。第2項の歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は,後ほど歳入歳出補正予算事項別明細書により御説明いたします。


 次に,第2条地方債の補正でありますが,議案第115号の4ページ,第2表地方債をごらんください。これは,地方債の借りかえに伴い,市債の目的,限度額を3,090万円までと定めるところであります。


 それでは,歳入歳出補正予算事項別明細書に基づき,歳入歳出各項目を含めて御説明いたします。


 まず歳入について御説明いたしますが,議案第115号の8ページをお開き願います。10款5項5目一般会計繰入金でありますが,47万円を減額するものであります。減額の理由でありますが,農業集落排水事業債の借りかえに伴う償還金利子の軽減によるものであります。次に25款5項5目農業集落排水事業債でありますが,3,000万円余を増額するものであります。これは,借りかえに伴う地方債収入であります。


 続きまして,歳出について御説明いたします。議案第115号の10ページをお開きください。15款5項2目元金でありますが,3,100万円余を増額するものであります。これは,高い金利で借り入れをしております農業集落排水事業債を繰り上げ償還するなどのために計上したものであります。次に5目利子でありますが,93万円余を減額するものであります。これは,農業集落排水事業債借りかえに伴い,支払い利子の軽減によるものであります。


 以上で,議案第114号及び議案第115号の説明を終わります。





○委員長(渡辺通子)  説明は終わりました。委員の皆様から御質疑,御意見等がありましたらお願いいたします。





○委員(福田久美子)  1点だけ伺いたいんですけれども,今回の農業集落排水事業の,措置の対象になる部分というのがどのぐらいあったのですか。資料の方に,要望額が0.4億円,実際に借換額が0.3億円ということで載っていますが,今回対象になる部分は,要望ということで出してあるんでしょうか。その辺をお聞きしたい。





○土地改良課長(浜崎克司)  今回,7%以上の高資本費対策の借りかえができる利率が6%以上に緩和されたことに伴い,6.7%以上のうち,7%以内の農業集落排水の借りかえの部分の,3,096万2,000円が対象となっておりますので,端数を切りまして3,090万円ということになっております。





○委員長(渡辺通子)  ほかに御質疑等はありますか。





○委員(遠藤和信)  全体的な話で,その中での農業集落排水事業の位置づけという観点で質問を確認したいのですが,例えば,節減の効果からしますと,農業集落排水事業は,3,000万円で約1,000万円の効果がありますと。一方,同じ枠になっている下水道事業の方は,23億円の借りかえで8億円の効果がある。そうすると,効果から言うと下水道事業の方を,例えば今回農業集落排水事業の3,000万円を,下水道事業の要望額がふえているので,多分そちらの方へ回した方が,宇都宮市全体としてはもっと効果が上がったのではないだろうかと推測されるんですが,その辺,どのように調整しているのかお聞かせください。





○土地改良課長(浜崎克司)  財政については,所管ではないので,財政との打ち合わせの結果,借りかえの利子の分ですけれども,公営企業公庫債というのは,下水道と農業集落排水は一緒のところから借りています。その借りている中で,利子が7%以上から6%以上に緩和されたため,下水道と農業集落排水の返済期間が同じですので,順番としては,対象となる高い金額を全部借りかえるという方法もありますが,高い順番ということで要望したところです。





○委員(遠藤和信)  利子ではなくて,私が聞いているのは効果なんですが。例えば,その効果の順位で,順位からいって,下水道と農業集落排水のいろんな市債がありますよね。それは期間と利率の順位があるわけですよ。その中で,高いからといっても,あと一,二年で終わるなら,これは効果が少ないから,もっと下の方の効果の高いものが今度上に上がるとかいうふうになっていると思うんです。だから,そういう判断をして,実際に農業集落排水と下水道を決定しないとわからないんじゃないんですか。





○委員(小野里豊)  財政でなくちゃわからない。





○委員(遠藤和信)  でも現実に扱っている。





○委員(小野里豊)  高いか低いかについては,財政で決まったものを決めている。





○委員(遠藤和信)  もちろんそうだと思いますが,その説明を受けて,多分,執行部は,この順番でいこうとか,いや,もっとうちは減らしてもいいとか,ふやすのは0.4億ぐらいで,ほんのちょっとしかありませんが,そういう話をしていないとおかしいと思うんですよ。だから,効果が一番高いものからやっていくと,そういうふうになっているんですか。なるほど,執行部はいろいろ効果の高い順からきちっとやっていくんだというのを知りたいわけです。





○土地改良課長(浜崎克司)  効果があるということを認識して,高いものについてやるということで考えたものですから,それにつきまして,財政課が控えていますので,その辺を,今,調べます。





○委員(小野里豊)  だから農務部としては,農業集落排水は一番適切だという判断だったんじゃないの。





○委員(遠藤和信)  ただ,農業集落排水と下水道は同じところで,同じ枠なんです。だから,その中で,よくバランスをとってやったのかどうか。





○委員(中山勝二)  遠藤委員が言っている意味は,私もわかるんだけれども,全部はここではわからないよ。





○委員長(渡辺通子)  遠藤委員,後で調べていただくことでよろしいでしょうか。





○委員(遠藤和信)  はい。





○委員長(渡辺通子)  ほかにありませんか。


  〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○委員長(渡辺通子)  ほかに御質疑,御意見等はないようですので,採決いたします。


 議案第114号平成17年度宇都宮市一般会計補正予算(第2号)の所管に関係する部分は,原案のとおり可決することに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○委員長(渡辺通子)  御異議なしと認めます。したがって,ただいまの議案は原案のとおり可決されました。


 次に,議案第115号平成17年度宇都宮市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)は,原案のとおり可決することに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○委員長(渡辺通子)  御異議なしと認めます。したがって,ただいまの議案は原案のとおり可決されました。


 以上で付託議案の審査は終了いたしました。


 お諮りいたします。委員長報告については,正副委員長に御一任願いたいと思いますが,御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○委員長(渡辺通子)  御異議ありませんので,そのようにさせていただきます。


 これをもちまして,環境経済常任委員会を閉会いたします。御苦労さまでした。





              閉会 午前10時30分