議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 宇都宮市

平成17年文教消防水道常任委員会(第1日目 7月15日)




平成17年文教消防水道常任委員会(第1日目 7月15日)





           文教消防水道常任委員会会議記録





 
■会 議 日 時


平成17年7月15日(金曜日)


開会 午前10時14分     閉会 午前10時45分


■開 会 場 所


第5委員会室


■出 席 委 員(8名)


委員長  小 林 秀 明     副委員長  半 貫 光 芳


委 員  山 口 恒 夫     委  員  杵 渕   広


同    小 林 睦 男     同     藤 井 弘 一


同    岡 本 治 房     同     黒 後   久


■欠 席 委 員(1名)


委 員  山 崎 守 男


■説 明 員


上下水道事業管理者   今井 利男    上下水道局経営担当次長  鈴木 敬一


上下水道局技術担当次長 津田 利幸    経営企画課長       桜井 鉄也


上下水道局企業出納員  小林 一美


■事務局職員出席者


総括主査        増渕 和典    議事グループリーダー   青木 容子


書記          茂木 建史


■傍 聴 人 数(0名)


■審査(調査)案件・結果


1 審査(調査)案件


・議案第114号 平成17年度宇都宮市一般会計補正予算(第2号)の


         所管に関係する部分---------------------------------- 2(可決)


・同 第116号 平成17年度宇都宮市水道事業会計補正予算(第1号)-- 2(可決)


・同 第117号 平成17年度宇都宮市下水道事業会計補正予算


         (第1号)------------------------------------------ 2(可決)


■提 出 資 料


・資料?1 平成17年第4回市議会臨時会議案関係資料





              開会 午前10時14分





○委員長(小林秀明)  おはようございます。ただいまから文教消防水道常任委員会を開会いたします。


 初めに,山崎守男委員から,都合により欠席する旨の届け出がありましたので,御報告いたします。


 なお,本日は,議案に関係する説明員のみの出席としておりますので,御了承願いたいと思います。


 それでは,会議に入ります。今回は,分割付託を含め,補正予算案3件が本委員会に付託されております。


 最初にお諮りいたします。


 今回付託された議案第114号と議案第116号,そして議案第117号は,関連がありますので一括議題としたいと思いますが,御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○委員長(小林秀明)  御異議ありませんので,そのように決定いたしました。


 それでは,議案の審査に入ります。


 議案第114号平成17年度宇都宮市一般会計補正予算(第2号)の所管に関係する部分についてと,議案第116号平成17年度宇都宮市水道事業会計補正予算(第1号)について,そして,議案第117号平成17年度宇都宮市下水道事業会計補正予算(第1号)についての議案3件を一括して議題といたします。


 執行部の説明を求めます。





○経営企画課長(桜井鉄也)(?1)  ただいま議題となりました議案第114号平成17年度宇都宮市一般会計補正予算(第2号)の所管に関係する部分,議案第116号平成17年度宇都宮市水道事業会計補正予算(第1号)及び議案第117号平成17年度宇都宮市下水道事業会計補正予算(第1号)につきまして,一括して御説明いたします。


 初めに,議案に入ります前に,今回の補正の概要につきまして,議案関係資料に基づいて御説明いたします。議案関係資料の市債の借りかえに伴う補正予算についてをごらんください。1ページになります。


 まず,1の補正の概要についてでありますが,今回の補正につきましては,公営企業金融公庫から過去に借り入れました企業債の金利負担の軽減を図るために,農業集落排水事業特別会計予算,水道事業会計予算及び下水道事業会計予算におきまして,借りかえを実施するに当たりまして,借りかえに必要となる経費を追加計上するとともに,一般会計におきまして,特別会計の補正に伴う他会計繰出金などの減額補正をしようとするものであります。


 次に,2の借りかえの概要のうち(1)の経過についてでありますが,国におきましては,公営企業金融公庫資金に係る借りかえにつきまして,高金利対策の特例措置の創設や,高資本費対策の要件の緩和などによりまして,借りかえ枠の拡大を図ったところであります。


 内容でありますが,まず,アの高金利対策につきましては,今年度の臨時特例措置といたしまして,利率7.5%以上の企業債を有する事業につきまして借りかえを認めるものでして,全国で1,000億円の枠が設定されたところであります。


 次に,イの高資本費対策につきましては,使用料や資本費単価が全国平均を上回っている事業のうち,利率6.0%以上の企業債を有する事業につきまして借りかえを認めるものでありまして,同じく全国で1,000億円の枠が設定されたところであります。この高資本費対策につきましては,本年度,要件が緩和されまして,平成16年度の基準が利率7.0%以上でありましたものを,1%引き下げまして,6.0%以上にされたところであります。


 次に,(2)の借りかえの内容及び効果でありますが,内容につきましては,表記載のとおり,農業集落排水事業を初めとする3事業でありますが,特に水道事業におきましては,今回,高金利対策に該当いたしまして,8億円要望しましたところ,約7億円の借りかえが認められたところであります。現在借り入れております利率8.1%での今後の支払利子の総額は1億5,000万円であるのに対しまして,借りかえの予想利率であります1.95%で借りかえました場合の支払利子の総額は7,000万円となり,差し引き8,000万円の支払利子が軽減されることとなります。


 また,下水道事業におきましては,高資本費対策に該当いたしまして,61億7,000万円を要望しましたところ,約23億円の借りかえが認められました。現在の利率6.3%から6.7%で推移します今後の支払利子の総額は12億5,000万円であるのに対しまして,1.95%で借りかえた場合の支払利子の総額は4億4,000万円となり,差し引き8億1,000万円の支払利子が軽減されることとなります。


 これらによりまして,市全体といたしましては,9億円の支払利子の軽減効果があるものであります。


 次に,(3)の借換日でありますが,公営企業金融公庫が指定をしております今月7月29日の借りかえを予定しております。


 3の補正予算総括表につきましては,議案の中で御説明をいたしますので,ここでの説明は省略させていただきます。


 それでは,議案の説明をさせていただきます。


 初めに,議案第114号をお開きください。議案第114号平成17年度宇都宮市一般会計補正予算(第2号)でありますが,まず,第1条歳入歳出予算の補正でありますが,歳入歳出予算の総額から歳入歳出それぞれ2,833万8,000円を減額し,歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ1,490億3,101万4,000円としようとするものであります。


 次に,歳入歳出予算の補正の款項の区分及び当該区分ごとの金額並びに補正後の歳入歳出予算の金額は第1表歳入歳出予算補正によりますが,内容につきましては,事項別明細書により御説明をいたします。9ページ,10ページをお開きください。款の区分で,上から2段目です。40款土木費20項都市計画費25目公共下水道費についてでありますが,2,786万8,000円減額いたしまして,59億740万8,000円としようとするものであります。今回の補正につきましては,議案第117号平成17年度宇都宮市下水道事業会計補正予算(第1号)による補正に伴うものでして,下水道事業会計における収益的収支及び資本的収支の補正に伴い,一般会計繰出金の補正を行おうとするものであります。


 右側節欄でございますが,まず19節負担金,補助及び交付金につきまして,今回の企業債の借りかえに伴いまして,企業債利息が減となりますことから,6,625万3,000円減額するものであります。次に,24節投資及び出資金につきましては,企業債償還金が増となりますことから,3,838万5,000円増額しようとするものであります。内容につきましては,右側説明欄に記載のとおり,下水道事業会計補助金を6,625万3,000円減額,同出資金を3,838万5,000円増額しようとするものであります。


 以上が,議案第114号平成17年度宇都宮市一般会計補正予算(第2号)の所管に関係する部分の内容であります。


 引き続きまして,議案第116号をお開きください。議案第116号平成17年度宇都宮市水道事業会計補正予算(第1号)です。


 今回の補正は,企業債借りかえに伴いまして,収益的支出,資本的収入及び支出におきまして,それぞれ予定額の補正を行おうとするものであります。


 第1条は総則でして,次に,第2条収益的収入及び支出でありますが,収益的支出におきまして,第1款水道事業費を2,516万8,000円減額いたしまして,104億3,730万9,000円としようとするものであります。その内訳といたしましては,第2項の営業外費用で同額減額いたしまして,26億1,732万6,000円とするものであります。


 次に,第3条資本的収入及び支出でありますが,まず,収入につきまして,第1款資本的収入を7億110万円増額いたしまして,34億3,712万6,000円とするものであります。内訳といたしまして,第1項企業債を同額増額いたしまして,24億7,150万円とするものであります。


 次に,支出でありますが,第1款資本的支出を6億8,102万円増額いたしまして,83億3,089万2,000円とするものであります。内訳といたしましては,第2項企業債償還金を同額増額いたしまして,41億7,324万8,000円としようとするものであります。また,第3条本文中に記載しておりますが,資本的収入額が資本的支出額に不足する額につきましては48億9,376万6,000円となりますが,これに伴いまして,補てん金内訳当年度分損益勘定留保資金を9億925万5,000円に改めようとするものであります。


 次に,第4条企業債であります。2ページですが,今回の補正に伴いまして,新たに上水道高金利対策借換債を追加いたし,限度額を7億110万円とし,起債の方法,利率及び償還方法を定めようとするものであります。補正の内容につきましては,明細書に基づき御説明をいたします。


 12ページ,13ページをお開きください。補正予算の明細書でありますが,収益的支出から御説明をいたします。内容につきましては,御説明いたしましたが,1款水道事業費2項営業外費用1目支払利息でありますが,企業債利息につきまして,2,516万8,000円減額し,2項の営業外費用を26億1,732万6,000円とし,収益的支出合計を104億3,730万9,000円としようとするものであります。


 次の14,15ページをごらんください。次は,資本的収入及び支出でありますが,まず,資本的収入についてでありますが,1款資本的収入1項企業債1目企業債におきまして,上水道高金利対策借換債を新たに追加し,7億110万円を追加計上しようとするものであります。この結果,1項企業債を24億7,150万円に,資本的収入合計を34億3,712万6,000円としようとするものであります。


 次の16,17ページをお開きください。下の表,資本的支出でありますが,1款資本的支出2項企業債償還金1目企業債償還金で,元金につきまして6億8,102万円増額しようとするものであります。この結果,2項の企業債償還金を41億7,324万8,000円に,資本的支出合計を83億3,089万2,000円にしようとするものであります。


 以上がそれぞれの内容ですが,これらを総括いたしましたのが,10ページ,11ページに記載してございます。改めて御説明いたしますと,上の表が収益的収支でありますが,合計欄,収益的収入計116億6,381万6,000円,収益的支出計104億3,730万9,000円,差し引き12億2,650万7,000円となります。なお,消費税等を調整いたしますと,本年度分純利益は10億7,400万円余を予定しております。


 次,下の表,資本的収支でありますが,下から2行目,資本的収入計34億3,712万6,000円,資本的支出計83億3,089万2,000円,差し引きマイナス48億9,376万6,000円となりまして,最下段,それぞれの計です。収入合計151億94万2,000円,支出合計187億6,820万1,000円,差し引きマイナス36億6,725万9,000円となるものであります。


 なお,今回の補正後の資金状況,財政状況を記載いたしました資金計画及び貸借対照表の詳細の説明は,省略させていただきます。


 以上が,議案第116号平成17年度宇都宮市水道事業会計補正予算(第1号)の内容であります。


 引き続きまして,議案第117号をお開きください。議案第117号平成17年度宇都宮市下水道事業会計補正予算(第1号)であります。今回の補正は,水道事業会計同様,借りかえに伴いまして,収益的収入及び支出,資本的収入及び支出におきまして,それぞれの予定額の補正を行おうとするものであります。


 第1条は総則でありまして,次に第2条収益的収入及び支出でありますが,収益的収入におきまして,第1款下水道事業収益を6,625万3,000円減額いたしまして,114億3,648万7,000円としようとするものであります。内訳といたしまして,第2項営業外収益を同額減額いたしまして,8,527万1,000円としようとするものであります。


 収益的支出につきまして,第1款下水道事業費を6,625万3,000円減額いたしまして,113億4,016万8,000円としようとするものであります。内訳といたしまして,第2項営業外費用を同額減額いたしまして,39億3,630万1,000円としようとするものであります。


 次に,第3条資本的収入及び支出でありますが,まず収入につきまして,第1款資本的収入を23億678万5,000円増額いたしまして,81億6,396万6,000円としようとするものであります。内訳といたしまして,第1項企業債を22億6,840万円増額いたしまして,43億8,580万円,第3項出資金を3,838万5,000円増額いたしまして,9億7,319万5,000円としようとするものであります。


 次に,支出でありますが,第1款資本的支出を23億678万5,000円増額いたしまして,123億4,963万5,000円としようとするものであります。その内訳といたしまして,第2項企業債償還金を同額増額いたしまして,74億5,972万4,000円としようとするものであります。


 第4条企業債でありますが,次のページをごらんいただきたいと思います。今回の補正に伴いまして,企業債起債の限度額を,公共下水道建設費を31億5,490万円に,特定環境保全公共下水道建設費を11億9,930万円に変更しようとするものであります。


 第5条であります。他会計からの補助金につきましては,59億740万8,000円としようとするものであります。内容につきましては,明細書により御説明をいたします。


 12,13ページをお開きください。補正予算の明細書であります。まず,収益的収入及び支出から御説明いたしますが,まず収益的収入でありますが,御説明いたしましたが,1款下水道事業収益2項営業外収益,3項他会計補助金でありますが,企業債利息が減となりますことから,一般会計補助金を6,625万3,000円減額しようとするものであります。これによりまして,2項の営業外収益を8,527万1,000円とし,収益的収入合計を114億3,648万7,000円としようとするものであります。


 続きまして,下の表の収益的支出についてでありますが,1款下水道事業費2項営業外費用1目支払利息でありますが,企業債利息につきまして,6,625万3,000円を減額しようとするものであります。これによりまして,2項営業外費用を39億3,630万1,000円とし,収益的支出合計を113億4,016万8,000円としようとするものであります。


 次の14,15ページをごらんください。次に,資本的収入及び支出でありますが,まず,資本的収入でありますが,1款資本的収入1項企業債1目企業債におきまして,企業債の借りかえに伴い,合計で22億6,840万円を増額するものでありますが,内訳といたしまして,公共下水道事業債を20億9,370万円,特定環境保全公共下水道事業債を1億7,470万円と,それぞれ増額しようとするものであります。次に,3項出資金1目出資金でありますが,一般会計出資金につきまして,3,838万5,000円増額しようとするものであります。これらの結果,資本的収入合計を23億678万5,000円増額いたしまして,81億6,396万6,000円としようとするものであります。


 続きまして,下の表,資本的支出についてでありますが,1款資本的支出2項企業債償還金1目企業債償還金で,元金につきまして,23億678万5,000円増額しようとするものであります。この結果,資本的支出合計を123億4,963万5,000円としようとするものであります。


 これらが明細ですが,それらを総括表にしましたのが10ページ,11ページです。下水道事業会計のそれぞれの合計ですが,上の表,収益的収入計114億3,648万7,000円,収益的支出計113億4,016万8,000円,差し引き9,631万9,000円となりますが,消費税等を調整いたしますと,当年度純利益は,現在のところゼロと見込んでおります。


 下の表でありますが,資本的収支でありますが,下から2行目,資本的収入計81億6,396万6,000円,資本的支出計123億4,963万5,000円,差し引きマイナス41億8,566万9,000円となります。したがいまして,最下段ですが,収入合計196億45万3,000円,支出合計236億8,980万3,000円,差し引きマイナス40億8,935万円となるところであります。


 なお,今回の補正後の資金状況,財政状況を記載いたしました資金計画及び貸借対照表の詳細な内容の説明につきましては省略させていただき,以上が,議案第117号平成17年度宇都宮市下水道事業会計補正予算(第1号)の内容であります。


 以上をもちまして,議案第114号平成17年度宇都宮市一般会計補正予算(第2号)の所管に関係する部分,議案第116号平成17年度宇都宮市水道事業会計補正予算(第1号)及び議案第117号平成17年度宇都宮市下水道事業会計補正予算(第1号)の説明を終わらせていただきます。何とぞよろしくお願いいたします。





○委員長(小林秀明)  説明は終わりました。委員の皆さんから御質疑,御意見等ありましたら,お願いいたします。





○委員(小林睦男)  何点か質問させていただきます。


 基本的には,借りかえが進むこと自体に,異議を唱えることはありませんけれども,これは,決算の特別委員会などでも利率が高いということで指摘されておりました。まず水道事業と下水道事業,それぞれ公営企業金融公庫から借入残額が幾らあるのか,教えてください。


 それと,要望額,水道事業8億円,下水道事業61.7億円という部分は,高金利対策と高資本費対策というものに当たるもののすべてを要望額として出したのか,この2点についてお伺いいたします。





○経営企画課長(桜井鉄也)  現在,水道事業会計及び下水道事業会計のそれぞれの公営企業金融公庫からの借入残高ですが,まず,水道事業会計ですが,235億7,100万円余です。次に,下水道事業会計ですが,364億200万円余となっております。


 今回の要望額についてですが,本年4月に入りまして,県から借りかえ基準の詳細の内容が示されまして,宇都宮市として,それらに該当するものとして,これらの起債の額を借りかえの要望額としたところであります。結果として,記載のとおり7億円と23億円の借りかえが認められたという内容です。





○委員(小林睦男)  要望額というのは,該当するものをとりあえず全部出して,その中で宇都宮市としてはこれだけは認められたということで,わかりました。


 先ほど,全体の額ということをお聞きしたんですけれども,これは,決算の委員会などで出ていますけれども,当然,この8.1%というのは,今の借り入れからすれば高いと言われているわけですよね。


 この借りかえ後の1.95%ということがまさしく示していますように,実際2%か3%ぐらいにしなくちゃいけないというか,これは,宇都宮市だけでできるものではないので,全国的にもっと運動を強めていっていただかないと。全部の自治体からしても,これで満額じゃないわけですよね。そうすると,例えば7%,6%,こういうのがまだまだ残っています。


 ですから,本当に国が地方自治体のことを考えているのであれば,今までの5%,6%なんかも含めて,全部3%ぐらいにしようとか,そういうような形にしない限り,負担が大変だと思いますので,ぜひ,今回の要望がすべて実現しても,まだまだですから,適正な金利になるように,そのために公営企業金融公庫があるわけですので,時節柄の相場の金利になるように,全国の水道だけではなく,下水道も含めて,ぜひ国に強く要望をしていただきたいなと思います。


 私もいろんなところで,こういう部分の削減で,何億,何十億という形で,将来的に,財政的な負担が少なくなってきますので,話をしていきたいと思いますので,ぜひ宇都宮市挙げて,県内の自治体とともに,強く引き下げを要望していただきたいなと思います。





○委員長(小林秀明)  要望ですね。


 ほかにありませんか。


  〔「なし」と呼ぶ者あり〕





○委員長(小林秀明)  ほかに御意見等がないようですので,採決をしたいと思います。


 議案第114号平成17年度宇都宮市一般会計補正予算(第2号)の所管に関係する部分は,原案のとおり可決することに御異議ございませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○委員長(小林秀明)  御異議なしと認めます。したがって,ただいまの議案は原案のとおり可決されました。


 次に,議案第116号平成17年度宇都宮市水道事業会計補正予算(第1号)は,原案のとおり可決することに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○委員長(小林秀明)  御異議なしと認めます。したがって,ただいまの議案は原案のとおり可決されました。


 次に,議案第117号平成17年度宇都宮市下水道事業会計補正予算(第1号)は,原案のとおり可決することに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○委員長(小林秀明)  御異議なしと認めます。したがって,ただいまの議案は原案のとおり可決されました。


 以上で,付託議案の審査は終了いたしました。


 お諮りいたします。


 委員長報告については,正副委員長に御一任願いたいと思いますが,御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕





○委員長(小林秀明)  御異議ありませんので,そのように決定いたしました。


 この後は,委員会内部のことになりますので,説明員,市政記者の方は退出願います。御苦労さまでした。


  〔説明員,市政記者退席〕


  〔水源地調査につき協議,調査日程については正副委員長に一任することに決定。〕





○委員長(小林秀明)  以上で文教消防水道常任委員会を閉会いたします。御苦労さまでした。





              閉会 午前10時45分