議事ロックス -地方議会議事録検索-


栃木県 宇都宮市

平成17年第1回臨時会(第1日目 1月19日)




平成17年第1回臨時会(第1日目 1月19日)





 
平成17年  第1回  宇都宮市議会臨時会会議録





 1月19日(水曜日)


  出 席 議 員 (45名)


   1番 山 本 直 由 君    24番 大 竹 清 作 君


   2番 山 口 恒 夫 君    25番 小 林 睦 男 君


   3番 渡 辺 通 子 君    26番 今 井 恭 男 君


   4番 金 沢   力 君    27番 藤 井 弘 一 君


   5番 半 貫 光 芳 君    28番 工 藤 正 志 君


   6番 中 島   宏 君    29番 山 本 正 人 君


   7番 阿久津   均 君    30番 阿久津 善 一 君


   8番 塚 田 典 功 君    31番 大 貫 隆 久 君


   9番 熊 本 和 夫 君    32番 岡 本 治 房 君


  10番 渡 辺 道 仁 君    33番 今 井 昭 男 君


  11番 小 倉 一 智 君    34番 小野里   豊 君


  12番 杵 渕   広 君    35番 黒 後   久 君


  13番 遠 藤 和 信 君    36番 篠 崎 光 男 君


  14番 西   房 美 君    37番 福 田 浩 二 君


  15番 福 田 久美子 君    38番 金 田 貞 夫 君


  16番 荒 川 恒 男 君    39番 山 崎 美 高 君


  17番 塚 原 毅 繁 君    40番 諏 訪 利 夫 君


  18番 真 壁 英 敏 君    41番 細 谷 美 夫 君


  19番 小 林 秀 明 君    42番 中 山 勝 二 君


  20番 綱 河 秀 二 君    43番 山 崎 守 男 君


  21番 金 子 和 義 君    44番 高 橋 森 一 君


  22番 南 木 清 一 君    45番 鎌 倉 三 郎 君


  23番 浅 川 信 明 君





  欠 席 議 員


      な   し





 地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めた者


市     長  佐 藤 栄 一 君  農 務 部 長  渡 辺 政 行 君


助     役  高 梨 眞佐岐 君  建 設 部 長  金 子 達 男 君


収  入  役  五十畑 伸 一 君  都市開発部長   森   賢一郎 君


上下水道事業   今 井 利 男 君  消  防  長  坂 本   浩 君


管理者                 行政経営部次長  加 藤 俊 夫 君


総合政策部長   栗 田 幹 晴 君


行政経営部長   河 原 正 明 君


理 財 部 長  永 沼 憲 雄 君


市民生活部長   横 堀 杉 生 君


保健福祉部長   橿 渕   清 君


環 境 部 長  橋 本 正 志 君  教  育  長  伊 藤 文 雄 君


商 工 部 長  沼 尾 博 行 君  代表監査委員   須 田 章 市 君





 事務局職員出席者


事 務 局 長  五井渕 治 夫 君  事務局副参事   渡 辺   良 君


事務局次長    平 石 邦 昭 君  議事課長     佐 藤 守 男 君


総務課長兼務








○議長(小野里豊君) おはようございます。平成17年第1回宇都宮市議会臨時会はここに開会される運びとなりました。


 慎重に審議を尽くされ、市民の負託にこたえられますよう期待いたしますとともに、議会運営につきましても御協力をお願い申し上げまして、開会のごあいさつといたします。


─────────────────────────


  午前10時 開会


○議長(小野里豊君) ただいまから平成17年第1回宇都宮市議会臨時会を開会いたします。


 本日の会議を開きます。


 ただいま出席している議員は45名であります。


─────────────────────────


○議長(小野里豊君) 会議録署名議員の指名を行います。


 会議録署名議員に


  42番  中 山 勝 二 君


  43番  山 崎 守 男 君


  44番  高 橋 森 一 君


を指名いたします。


─────────────────────────


○議長(小野里豊君) 日程に入る前に報告いたします。


 最初に、地方自治法第121条の規定に基づき出席を求めました者の名簿は、お手元に配付のとおりであります。


 次に、監査委員から報告書が提出されております。お手元に配付のとおりであります。


 次に、市長から報告第1号が提出されております。市長の報告を求めます。


  〔市長佐藤栄一君 登壇〕


○市長(佐藤栄一君) 御報告いたします。


 報告第1号専決処分の報告についてでありますが、交通事故2件に係る損害賠償の額の決定及び和解につきましては、議会の委任により専決処分いたしましたので、報告をするものであります。


○議長(小野里豊君) 以上で報告を終わります。


─────────────────────────


○議長(小野里豊君) 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりであります。事務局長に朗読させます。


  〔事務局長 朗読〕


日程第1 会期の決定について


日程第2 議案第1号について


日程第3 議案第2号から第4号までについて


─────────────────────────


○議長(小野里豊君) それでは日程第1、会期の決定についてを議題といたします。


 お諮りいたします。この臨時会の会期は、本日1日とすることに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小野里豊君) 御異議ありませんので、そのように決定いたしました。


─────────────────────────


○議長(小野里豊君) 次に日程第2、議案第1号についてを議題といたします。


 市長の提案理由の説明を求めます。


  〔市長佐藤栄一君 登壇〕


○市長(佐藤栄一君) ただいま議題となりました議案第1号専決処分した事件の承認についてでありますが、平成17年1月1日に新設された那須塩原市から栃木県が新たに下水道資源化工場施設の建設及び維持管理に関する事務の委託を受けることに伴う規約の一部変更につきましては、議会を招集するいとまがないと認め、専決処分いたしましたので、これを報告し、承認を求めるものであります。何とぞよろしくお願いいたします。


○議長(小野里豊君) 提案理由の説明は終わりました。


 ただいま議題となっております議案第1号は、専決処分承認案件でありますので、質疑、委員会付託、討論を省略し、採決したいと思います。御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小野里豊君) 御異議なしと認めます。


 それでは、議案第1号について採決いたします。


 ただいまの議案を原案のとおり承認することに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小野里豊君) 御異議なしと認めます。したがって、ただいまの議案は原案のとおり承認されました。


─────────────────────────


○議長(小野里豊君) 次に日程第3、議案第2号から第4号までの議案3件を一括して議題といたします。


 市長の提案理由の説明を求めます。


  〔市長佐藤栄一君 登壇〕


○市長(佐藤栄一君) ただいま議題となりました議案第2号から第4号までの議案3件につきまして、順次提案の理由を御説明いたします。


 まず、議案第2号平成16年度宇都宮市一般会計補正予算(第5号)についてでありますが、今回の補正予算は、歳入歳出それぞれ1,090万2,000円を追加計上し、予算総額を1,605億6,576万1,000円に補正しようとするものであります。


 歳出につきましては、第15款民生費におきまして、国民健康保険特別会計の補正に伴う同会計への繰出金を追加計上いたしました。この経費支出に必要な歳入につきましては、繰越金を追加計上いたしました。


 次に、議案第3号平成16年度宇都宮市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)についてでありますが、この補正予算につきましては、歳入歳出それぞれ1,090万2,000円を追加計上し、予算総額を343億723万1,000円に補正しようとするものであります。


 歳出におきましては、保険税率の改定に伴う電算システム修正のための賦課徴収費を追加計上し、歳入におきましては、一般会計繰入金を追加計上いたしました。


 次に、議案第4号宇都宮市国民健康保険税条例の一部改正についてでありますが、国民健康保険事業の安定した事業を確保するため、国民健康保険税について、税率及び賦課限度額を改定するほか、低所得者世帯に対する軽減措置において基礎課税額から減額する額を引き上げるとともに、対象世帯を拡大しようとするものであります。


 以上が今回提出いたしました付議案件の概要でありますが、何とぞよろしくお願いをいたします。


○議長(小野里豊君) 提案理由の説明は終わりました。


 それでは、ただいま議題となっております議案第2号から第4号までの議案3件について、質疑の通告はありませんので、所管の常任委員会に付託いたします。


 まず、議案第2号のうち歳入部分を総務常任委員会に、次に、議案第2号のうち歳出部分、議案第3号と第4号を厚生常任委員会にそれぞれ付託いたします。


 この際、暫時休憩いたします。


  午前10時07分 休憩


────────────


  午前11時50分 再開


○議長(小野里豊君) ただいまから会議を再開いたします。


 先ほど、本会議で総務、厚生の各常任委員会に付託されました議案第2号から第4号までの議案3件は、審査が終わり、議長に報告書が提出されました。


 お諮りいたします。この際、これを日程に追加し、直ちに議題とすることに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小野里豊君) 御異議なしと認めます。したがって、議案第2号から第4号までの議案3件を本日の日程に追加し、議題といたします。


 各常任委員会委員長の報告を求めます。


 最初に、総務常任委員会委員長金子和義君。


  〔総務常任委員会委員長金子和義君 登壇〕


○総務常任委員会委員長(金子和義君) 総務常任委員会に付託されました議案につきまして、審査の経過と結果を報告いたします。


 議案第2号平成16年度宇都宮市一般会計補正予算(第5号)のうち、本委員会に関係する部分についてでありますが、この議案は、第1条歳入歳出予算の補正におきまして、歳入歳出それぞれ1,090万2,000円を追加計上し、予算総額を1,605億6,576万1,000円に補正しようとするものであります。


 歳入につきましては、国民健康保険特別会計への繰出金の支出に必要な繰越金を追加計上しようとするものであります。


 この議案につきましては、「一般会計から特別会計へ財源を繰り出すことについては、特別会計の将来のビジョンを踏まえた上で決定しなければならないと考える。一般会計の繰り入れについても、特別会計からの要求に対し、十分に議論し、全庁的な対応を明確にする必要がある」との意見があり、起立採決の結果、原案のとおり可決いたしました。


 これをもちまして、総務常任委員会委員長報告を終わります。


○議長(小野里豊君) 総務常任委員会委員長報告は終わりました。


 次に、厚生常任委員会委員長杵渕広君。


  〔厚生常任委員会委員長杵渕広君 登壇〕


○厚生常任委員会委員長(杵渕広君) 厚生常任委員会に付託されました議案につきまして、審査の経過と結果を報告いたします。


 最初に、議案第2号平成16年度宇都宮市一般会計補正予算(第5号)のうち、本委員会に関係する部分についてでありますが、第1条歳入歳出予算の補正中、歳出第15款民生費におきまして、国民健康保険特別会計の補正に伴う同会計への繰出金を追加計上しようとするものであります。


 次に、議案第3号平成16年度宇都宮市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)についてでありますが、この議案は、歳出につきましては、保険税率の改定に伴う電算システム修正のための賦課徴収費を追加計上し、歳入につきましては、一般会計繰入金を追加計上し、歳入歳出それぞれ1,090万2,000円を増額して、予算総額を343億723万1,000円に補正しようとするものであります。


 次に、議案第4号宇都宮市国民健康保険税条例の一部改正についてでありますが、この議案は、国民健康保険事業の安定した運営を確保するため、国民健康保険税について、税率と賦課限度額を改定するほか、低所得者世帯に対する軽減措置において基礎課税額から減額する額を引き上げるとともに、対象世帯を拡大しようとするものであります。


 この議案につきましては、「国民健康保険加入世帯のうち、年間所得額200万円以下の世帯が約60%を占める中で、今回の改定では、軽減該当とならない低所得者世帯の負担増が一番大きいことから、一般会計からの繰入金の増額により現在の保険制度を維持すべきであり、今回の条例改正には反対である」との意見がありましたが、「医療制度の改革に伴い、老人保健該当者が70歳から75歳に引き上げられ、この年齢層が前期高齢者として国民健康保険の給付対象者となり、保険給付費は大幅な増加となっていること。また、長引く景気の低迷と少子・高齢化社会が急速に進展する中で、保険税収入が伸び悩んでいることなどにより国民健康保険事業運営は逼迫している。この解消には、保険税率の改定もしくは一般会計からの繰り入れが考えられるが、今回の改定では、低所得者への配慮として、軽減割合の引き上げや軽減対象者の拡大なども行われ、一般会計からの繰入金も一定額が確保されており、やむを得ない措置であり、この議案には賛成である」との意見がありました。


 以上の議案3件は、起立採決の結果、原案のとおり可決いたしました。


 これをもちまして、厚生常任委員会委員長報告を終わります。


○議長(小野里豊君) 厚生常任委員会委員長報告は終わりました。


 質疑の通告はありません。


 ただいま議題となっております議案第2号から第4号までの議案3件について、討論の通告はありませんので、採決したいと思います。御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小野里豊君) 御異議なしと認めます。


 それでは、議案第2号から第4号までの議案3件を一括して採決いたします。


 ただいまの議案について、総務、厚生の各常任委員会委員長報告のとおり、原案を可決することに賛成する諸君の起立を求めます。


  〔賛成者 起立〕


○議長(小野里豊君) 起立多数であります。したがって、ただいまの議案は原案のとおり可決されました。


 お諮りいたします。


 本臨時会を閉じることに御異議ありませんか。


  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕


○議長(小野里豊君) 御異議なしと認めます。


 以上で、平成17年第1回宇都宮市議会臨時会を閉会いたします。


   午前11時58分 閉会


─────────────────────────


○議長(小野里豊君) 平成17年第1回宇都宮市議会臨時会は、ただいま閉会になりました。


 執行部は、本日、特に臨時会を開いて議決した意義を十分に踏まえ、市政に取り組まれますよう要望いたしまして、閉会のごあいさつといたします。