議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 大子町

平成26年  6月 定例会 06月09日−02号




平成26年  6月 定例会 − 06月09日−02号







平成26年  6月 定例会



          平成26年第2回大子町議会定例会

議事日程(第2号)

                    平成26年6月9日(月)午前10時開議

 日程第1 一般質問

本日の会議に付した事件

 議事日程のとおり

出席議員(15名)

      1番  菊池靖一君     2番  櫻岡義信君

      3番  中郡一彦君     4番  岡田敏克君

      5番  大森勝夫君     6番  金澤眞人君

      7番  齋藤忠一君     8番  佐藤正弘君

      9番  鈴木陸郎君    10番  藤田友晴君

     11番  藤田 稔君    12番  野内健一君

     13番  藤田 健君    14番  吉成好信君

     15番  小林秀次君

欠席議員(なし)

地方自治法第121条の規定により説明のため出席した者の職氏名

   町長         益子英明君   副町長        圷 文男君

   教育長        都筑 積君   会計管理者兼会計課長 飯村由美子君

   総務課長       笠井喜好君   まちづくり課長    深谷雄一君

   財政課長       石井 收君   税務課長       神長 敏君

   農林課長兼農委局長  藤田芳洋君   観光商工課長     椎名信一君

   建設課長       沼田一男君   福祉課長       塚田洋一君

   健康増進課長     吉成正雄君   環境課長       菊池 智君

   町民課長       栗田嘉文君   学校教育課長     菊池敏幸君

   生涯学習課長     齋藤裕也君   水道課長       益子啓明君

   消防長        石井 修君

職務のため出席した者の職氏名

   事務局長       永山公一    次長         嘉成信夫



△開議 午前10時00分



△開議の宣告



○議長(吉成好信君) おはようございます。

 本日の議会一般質問に際し、大子町高齢者大学の皆様が傍聴にいらしております。

 議員並びに執行部一同、心より歓迎をいたします。議会並びに町政に対しまして、高い関心を寄せられていますことに感謝を申し上げる次第であります。ご苦労さまです。

 ご報告いたします。ただいまの出席議員数は15人です。

 定足数に達していますので、直ちに本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(吉成好信君) 地方自治法第121条第1項の規定により、町長、副町長、教育長、会計管理者、総務課長ほか関係各課長、局長、消防長の出席を求めています。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程の報告



○議長(吉成好信君) 日程はお配りしたとおりです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△一般質問



○議長(吉成好信君) 一般質問を許します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△藤田友晴君



○議長(吉成好信君) 10番、藤田友晴君。

     〔10番 藤田友晴君 登壇〕



◆10番(藤田友晴君) 皆さん、おはようございます。議席番号10番の藤田友晴でございます。

 本日は大学生の皆さん、そして傍聴席の皆さん、本当に足元の悪い中、大変お疲れ様でございます。

 きょうから一般質問ということで、私から質問に入っていきたいと思うんですが、本日は活力あるまちづくりというようなことで幾つかの質問をしたいと思います。

 私のほうから何なんですけれども、本日、首長の益子町長におかれましては、ちょっと首を痛めたということなんです。私のほうも首を縦になるべく振らせないようなことで、心は通じ合っていると思うんで、よろしく町長、ご返答をお願いしたいと思います。

 まず初めにですが、余談ではございますけれども、皆さん、映画なんかはごらんになるでしょうか。この辺の映画館でいうと、ひたちなかであったり水戸であったり、そして私の家は依上なので黒磯のフォーラムなんていうのが40分くらいで行けるんで、私もたまに娘とかと映画を見に行っているんですけれども、現在映画界では「アナと雪の女王」、この映画が大ヒット中だそうです。これまでに1,673万4,000人を動員して、興業収入は212億円、歴代3位だそうです。ちなみに、歴代1位は「千と千尋の神隠し」、2位は「タイタニック」だそうです。

 その大ヒット映画「アナと雪の女王」の影になり、なかなか話題には上っていないと思うんですけれども、私にとって大ヒットは「WOOD JOB!(ウッジョブ)〜神去なあなあ日常〜」という映画です。ウッドジョブ、ウッド、木です。ジョブ、仕事です。木の仕事の映画でございます。映画監督は、男子シンクロナイズドスイミングなんかの「ウォーターボーイズ」やブラスバンドの「スウィングガールズ」等でおなじみかと思うんですけれども、矢口史靖監督、キャストに染谷将太、長澤まさみ、伊藤英明、柄本明が出演しております。

 ストーリーは、毎日お気楽に過ごしていたちゃらんぽらんな男子、勇気(染谷将太)は大学受験に失敗し、彼女にも振られ、さんざんな状態で高校の卒業式を迎える。そんなとき、ふと目にしたパンフレット、表紙でほほ笑む美女につられ、町から逃げ出すように、1年間の林業研修プログラムに参加することに。ローカル線を乗り継ぎおり立ったのは、携帯の電波も届かぬ超がつく田舎、神去村。鹿やら蛇やら虫だらけの山、同じ人間だと思えない凶暴で野性的な先輩、ヨキ(伊藤英明)、命が幾つあっても足りない苛酷な林業の現場、耐え切れず逃げ出そうとする勇気だったが、例の表紙の美女、直紀(長澤まさみ)が村に住んでいると知り、とどまることを決意する。休む間もなくやってくる新体験、野趣あふれる田舎暮らし、底なしに魅力的な村人に囲まれ、勇気は少しずつ変化していく。果たして勇気と直紀の恋の行方は、勇気は無事に帰ってこられるのか、抱腹絶倒、ワイルド過ぎる青春エンターテインメントの幕が今上がる。さあ始まり、始まり。

 きょうの一般質問、この映画の宣伝に来ているわけではないんですけれども、この映画は農林水産省林野庁後援、全国森林組合連合会等林業団体も応援している映画でございます。山の仕事を通じて青年の成長と、そして人間模様、そういったものが描かれております。舞台は、過疎に悩む山村地域、大子町のように豊富な森林資源、林業という日本古来の伝統的な職業を題材にし、また、都会の若者が魅力を感じる山村地域を描いております。

 この映画を通じ、当町も抱えている問題点や課題点が見えてくるのではないかと思っております。山の仕事にこの映画を通じて魅力を感じ、そして林業を志す若者もふえてくるのではないかと期待はしております。

 現在、緑の雇用などの担い手対策のための新規就労の研修プログラムで、大子町でも数十人の若年の林業従事者が育ってきております。青森県や栃木県、関西からも林業従事者ということで、この大子町に住んでおります。農業でも、新規就農ということで、他地域からの農業従事者も多くいると。くしくも先日は、地域おこし協力隊の5名の方たちもこの大子町に来ていただき、今後の活躍が期待されるところでございます。

 この地域だからできること、都会にないこの地域にしかできないこと、いま一度見詰め直し、町政を積極的に進めていただきたく、1本目の質問をさせていただこうと思います。

 では、第1番目の質問でございます。

 昨年、関係機関によると、2040年の26年後には大子町の人口が半減するという報道がございました。大変心配され、そして将来への不安の声が数多く聞かれたと思っております。26年後というと、私は現在若くは見えると思うんですが、48歳でございます。26年後だと75歳。私のかわいい娘が16歳、17歳でいるんですが、そのころには42歳、43歳になります。参考までに、金澤眞人議員は昭和27年たつ年生まれということで今62歳、2040年には88歳になるという情報があります。

 それに追い打ちをかけるように先日、5月の上旬、ショッキングな人口減少推計、これが出されました。それによると、大子町の20歳から39歳までの若年の女性減少率が72.6%。今1,335人いるそうなんですが、その方が366人に減ってしまうという発表がされました。茨城県内ではその70%を超えるのは大子町だけでした。この消滅可能性自治体、消滅可能性都市と言われておりますが、その言葉については私も何かこう、心に思うことがあって、使いたくないような言葉でございますけれども、いずれにしても、そういうお話が出されたということで、町としてどういう認識で捉えているのか、そして危機感はあるのか、また、対策等を伺いたいと思います。

 次の質問からは質問席でお願いしたいと思います。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 藤田友晴議員のご質問にお答えをいたします。

 消滅可能性自治体という位置づけについて、その認識、危機感、対策はどうしていくのかという質問でありますが、日本創成会議の人口減少問題検討分科会の発表によりますと、全国1,800市区町村の半数に当たる896自治体を消滅可能性都市と位置づけ、このうち523自治体は2040年の人口が1万人を割り、消滅の可能性が高いと推計をされております。

 大子町の人口は9,503人と推計され、消滅の可能性が高い自治体となっております。今のままの人口流出が続くことを前提に推計されたものでありますが、大変ショッキングであり、危機感を感じております。

 町では少子化、未婚・晩婚化、若者の流出などによる人口減少に歯どめをかけるため、子育て支援、結婚支援、企業誘致等を重要案件として早くから取り組んでいるところであり、今年度は結婚活動支援事業や結婚シンポジウム等の結婚支援事業、また、企業用地等情報提供事業や企業立地成功報奨金制度等の企業誘致事業など新規事業を加え、取り組んでおります。今後も各種事業の充実を図り、時代に即した内容で検討を進め、積極的に取り組んでいきたいと考えております。

 以上です。



○議長(吉成好信君) 10番、藤田友晴君。



◆10番(藤田友晴君) せっかくなので教育長、教育の立場から人口が減るということをどういうことで捉まえておるか、意見があればお伺いしたいと思います。



○議長(吉成好信君) 教育長。



◎教育長(都筑積君) 町長と同じように大変危機感を持っておりますが、これは大子町に限ったことではないという、日本の国で起こっている大きな社会問題だと捉えております。人口が減ることによって、やっぱり活力が失われるというのが一番の心配でありまして、次世代に引き継ぐ私たちはたくさんのものを持っておりますので、子供たちにしっかりと郷土の教育を授けて、次世代に引き継ぎたいと考えています。

 以上です。



○議長(吉成好信君) 10番、藤田友晴君。



◆10番(藤田友晴君) 先ほど、町長からも答弁のあったとおり、今、大子町としても本当に真剣に受けとめるという中で、子育て支援についても、結婚にしても、企業関連にしてもやられるということでございます。

 1番目と2番目と3番目と4番目、全部つながるものなので、続けて質問しながら進めていきたいと思うんですけれども、2番目にも書いております6月下旬に閣議決定する経済財政運営基本方針、いわゆる骨太方針では、人口減問題の克服が位置づけられております。少子・高齢化問題は重要課題だとされております。大子町としても今、町長が話されました子育て支援策といろいろ出されておりますけれども、さらに一層強化すべきというふうに思っております。今回の案件については、本当に私どももショックであると同時に、やはりというような感もあったのかなというふうに思っております。

 全国を見れば、大子町より確かにその減少率が高い自治体はあると思うんですけれども、ほかと比較して安心するのではなくて、やっぱり県内でも1位、そして北部、そういったところでもかなりの自治体がこの数字に近いような数字が出されておりますので、やはり大子町としても、若年人口の流出を防いで、若者の人口を呼び込めるような大胆な少子化対策とか、若年世代、子育て世代の政策をいま一度議論してもらって、また、ここまででいいんだとか、そういうのはないと思うんで、ぜひ進めていっていただきたいと思うんですけれども、それについて町長もいろいろ考えていることがあると思うんで、どんどん出してもらいたいと思うんですが、どうでしょうか。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 子育て支援など若年層の対策を強化すべきだという質問でありますけれども、町では昨今の出生者数の減少、若者の町外への流出等、町の将来に大きな危機感を抱く極めて深刻な状況であることを認識をしております。若者の定住化促進を柱とした少子化対策に取り組んでいるところであります。

 子育て支援については、保育料や学校給食費、町営住宅使用料の軽減化、医療費の無料化など、経済的支援を行っております。また、保育所事業、放課後児童クラブや子ども教室、子育て支援センターの開設など、子育て環境整備の推進をしております。

 国においては、抜本的な少子化対策を進め、人口減問題の克服を最大のハードルと位置づけた経済財政運営の基本方針の原案が示されましたが、具体的な施策については、今後検討されることになっております。

 町としましても、今後示される国の施策を最大限に生かし、少子化に歯どめをかけられるようなさらなる努力をしていきたいと考えております。

 現在、大子町では今年度、地域少子化対策強化交付金を活用しまして、少子化対策実態調査事業など4事業を進める予定であります。これまでも町としましては、子育て支援を推進をしてまいりましたが、どのような子育て支援を住民は望んでいるのか、あるいは支援をできる内容においても精査をしまして、子育て世代に対する支援を厚くして進めていきたいと考えております。

 過日に開催されました中心市街地活性化シンポジウムの講演をいただいた茨城大学の教授の齋藤先生のお話の中にもありましたが、子育て支援というお話は、あくまでもこれは上から目線になってしまうのではないか、そういうお話がありました。やはり子育てを自分でしてみたい、子供をたくさん産んでみたい、そういう子育てを楽しむ、そういった環境づくり、そういったものが大事なのではないかなと、このように考えておりまして、そういった環境づくりにも努めていくべきと考えております。今後ともそういった点を配慮しまして、さまざまな子育て支援の推進に努めていきたいと、このように考えております。



○議長(吉成好信君) 10番、藤田友晴君。



◆10番(藤田友晴君) 今、町長より数々の子育て支援のお話がありまして、やっぱりその環境づくりが大切なんだというお話がありました。私もそう思うところでございますけれども、先ほどお話ししました映画のシーンの中で、こういうせりふがありました。農業は食べた人がうまかったで満足するが、林業は木を植えて育てて、結果が出るのが50年先、100年先、子や孫に誇れるものを引き継いでいかなければというせりふがありました。そのせりふのように、やっぱりこの子育ての政策についても、子供たちの将来、私たちの将来、そして大子町の将来のためにも、再度、過疎化と人口減問題を深刻な問題として捉えて、30年先を見据えた対策、こういったものを考えるべきだというふうに思っています。今、町長もそれに向けての施策が数々出されておりました。

 以前、学校給食費の問題ということが話がなりましたけれども、その中でやっぱりまだそれは問題ではないかということで方向転換というのをされてきたと思うんですが、やはり子育て支援、あるいは地域の人口を何とかふやしていくのには、あしたあさってに結果が出るわけではないと思うんです。そういうこともあって、給食費の問題は別にしましても、子育て支援、今まいた種が将来的に、30年後にどういうふうになるのかということを見据えながら、ぜひ政策を進めてもらいたいと思っております。よろしくお願いします。

 アンケート調査等々、調査を今後するということなんですけれども、今支援されているものについてもいろいろな意見がやっぱり出ると思うんです。子育て世代の人たちの率直な意見とか問題点とか出ると思うんで、そのいろんな情報に耳を傾けていただいて、ぜひお願いしたいと思います。

 それで、今回の20代から39歳女性の減少率の発表の後、いろいろな自治体でそれに対するプロジェクトチームというのを立てて動いているというお話もあったんですが、大子町については今いろいろな子育ての施策の中でそういう動き、町長のお話からわかるんですけれども、町行政、役場の中で、そしたら、じゃ、それに対応するプロジェクトチームを発足しながらそういう活動しようよというような機運というか、動きというのはあるんでしょうか。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 先ほども答弁をさせていただきましたけれども、今年度の地域少子化対策強化交付金を活用しまして、まず一つ、少子化対策実態調査事業これを進めます。そして次に、結婚よろず相談員育成事業これを進めます。続きまして、結婚シンポジウム事業、続きまして、結婚よろず相談事業、計4つを進めていって、少しでも少子化解消に努めていきたいと考えております。



○議長(吉成好信君) 10番、藤田友晴君。



◆10番(藤田友晴君) 町長もご存じのように、今、政府は骨太方針の中で、早期に出生率を回復されねばならないという意見が一致しているということでございまして、例えば子供を産み育てるのか、女性が社会進出を選ぶのかは二者択一ではないというお話がございます。無理なく両方が選択できる環境整備に取り組みたいというようなことで政府も言っているとおり、先ほど町長も環境整備に取り組みたいという前向きなお話があるので、今言われました交付金を活用した実態調査、結婚相談員等々、前向きに取り組んでいくというお話でありましたので、ぜひよろしくお願いしたいというふうに思っております。

 また関連する質問になってしまいますが、3番目の八溝山周辺地域定住自立圏協定での具体策はどう進むのか、また、地域おこし協力隊の支援策、活動状況はどうなのかという質問をさせてもらいました。

 まず、八溝山周辺地域定住自立圏協定での具体策はどう進むのかというようなことでご質問したいと思います。

 このことは、大田原市が中心市として、そして那須塩原市、那須町、那珂川町、福島で言えば矢祭町、塙町、棚倉町、そして我が大子町というような2市6町で構成している自立圏でございます。きょう、町長と津久井市長の握手している写真持ってくるわけだったんですけれども、忘れてしまいました。すみません。2人で握手している写真がとてもきれいに撮れていたので見せたかったんですが。

 先般、八溝山周辺地域定住自立圏の形成に関する協定が結ばれました。国では、3大都市圏も地方圏も人口が減少する過密なき過疎の時代というようなことが言われています。その中にあって、地方圏はさらに厳しいものである実情だという中で、市町村が機能的連携を図ることによって、人口の流出から地域住民の生活を守り、個性的で創意豊かな地域をつくると。それにより定住に結びつく人口の確保を図り、持続的で魅力的な形成を進めるというようなことで、我が益子町長と津久井市長が協定を結びました。その中身なんですけれども、今後その定住自立圏協定の具体策、いろいろなメニューがあると思うんですけれども、それがどういった形で進んでいくのか。国のほうで出された文の中には、首長さんがみんな集まって、最低でも年に1回会議を持ちなさいというような文書が来ていると思うんですけれども、かなり益子町長と津久井市長が太いパイプを持っているということで、今後どういうふうな具体策を進めていくのかというのをまず1点、聞いていきたいと思います。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) まず、八溝山周辺地域定住自立圏協定の具体策はどう進むのかといった質問でありますけれども、大田原市と連携市町との間で締結をしました協定に基づき、圏域の将来像や具体的な取り組みについて記載をした共生ビジョンの策定を今年度の11月に予定をしております。

 共生ビジョンには、個々の事業内容、成果、事業費、関係市町の役割分担などが明記をされており、26年度の特別交付税措置を受けるためには、共生ビジョン策定のほかに該当事業が予算措置をされていることが要件となります。また、ビジョン策定に当たっては、民間や地域の関係者を構成員として開催する共生ビジョン懇談会に諮る必要があることから、6月から10月にかけて、3回程度、当該懇談会の開催を予定をしております。なお、本町からは商工会長と観光協会長を懇談会委員として推薦をいたしております。

 現在、大田原市を中心とした構成市町において、共生ビジョンの素案を策定しておりますが、圏域全体の活性化が図れるような事業を盛り込んでいきたいと考えております。



○議長(吉成好信君) 10番、藤田友晴君。



◆10番(藤田友晴君) 先日、益子町長、津久井市長と何か打ち合わせをしたみたいなんですけれども、例えば先ほど町長からもお話ありました交付金を活用した結婚の相談員とか、結婚をさせる事業もこれからやっていくんだというお話でございますけれども、大田原市と益子大子町長との打ち合わせの中で、例えば男女の出会いの場、今までは大子町で主催して大子町でやっていましたけれども、それを大田原とやることで、例えば大田原の人は女性限定とかで、こっちは男性という。大田原市にはかなり若い女性も多いそうなので、その辺の結婚の、何て言うんですか、そういうのは皆さん、合コンというか、そういう場ができればいいなと思うので、そういったことも進めていただきたいと思いますし、例えば大田原市と大子町間での就職相談会とか、大田原にはかなりの働くところがあるみたいな話も聞いておりますので、そういうことも一つのメニューとして進めてもらいたいと思いますし、インフラの整備、道の整備等々とか、茨城県だからとか栃木県だからではなくて、そこは昔から栃木県とは生活圏でもありますし、人との交流もかなりありますので、その辺の整備も、一市町との契約だと思うので、その辺は具体策を出しながら具体的な行動ができるのではないかと思っていますが、今の町長の綿密なパイプで進めていただきたいと、そういうメニューも思いますが、どうでしょうか。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 過日、大田原市の市長さんと面会をしまして、いろんなお話をしてまいりました。まず、今大子町では大変広域において被害をもたらしておりますイノシシ問題、これを2市6町で、この八溝周辺の促進会議に加盟している協定を結んだ団体2市6町全部でイノシシの退治をやろうと、そういう話の会議を設けようというお話が一つ。そして、大田原には医療大学があります。そこで、大子町の医師、あるいは看護師等の確保にも大きく寄与するのではないかということで、市長名で大子町の子供を推薦してくれないかというようなお話をさせていただいております。そしてまた、先ほどの藤田議員のお話のありました大子清流高校のお子さんを、やはり厳しいと、仕事を見つける場合、大変な労力が必要だということで、その職場の確保も何とかならないのかというような、この3点についてお話をしてまいりましたが、この3つとも、この3点について、それぞれ市長からは協力しましょうと、ぜひそういうことを進めていきたいというようなお話をいただきました。町のほうから、これからは事務方のほうで進めていっていただくような考えでおります。

 議員のお話のように、若い女性が大田原市にはたくさんいるということで、その結婚に関する問題ですけれども、今回地域少子化対策強化交付金を活用した中で、そういったものも大子町独自でできるもの等も考えておりますし、そのほかに定住圏内でそういったお見合いパーティーというんでしょうか、合コンというのは私わからないものですから、そういう活動を通して男女のめぐり会う機会を設けたいなというような考えでおります。

 以上です。



○議長(吉成好信君) 10番、藤田友晴君。



◆10番(藤田友晴君) 今、結構具体的な行動をこれからからやっていくというようなお話しされました。

 もう一つなんですけれども、今の部分で、観光のほうもぜひ進めてもらいたいと思っているのは、たまたま観光のほうで調べたら、今、日本が世界ではナンバーワンの満足度旅行先だそうですね、日本の東京が。2位がアメリカのニューヨークで、3位がスペインのバルセロナということで、中身を読んでみますと、おもてなしとか、そういう対応がいいんだということで、日本の東京がナンバーワンですと。それは、トリップアドバイザーという旅行サイトなんですけれども、国内のフォートラベルの茨城県内調査では、1位が国営ひたちなか海浜公園、2位が偕楽園、そして3位に袋田の滝でした。それで、同団体の町内調査、大子町内ではどこが人気があるんですかという中では、やっぱり1位は袋田の滝、2位が月待の滝、3位が森林の温泉という結果が出たとおり、茨城県内でも、当然袋田の滝はそうなんですけれども、大子町もいろいろな観光資源がありますし、先日この大子町でもSLバスというのが走りまして、いろいろな地域からそのバスを見ながら乗って楽しんでいる人たちもいます。そういうバスを有効活用して、例えば大田原市の市役所前に行って、大田原市の人を募集をかけて乗ってもらって大子町に来るとか、茶の里公園に寄りながら袋田の滝まで回るとか、そういったSLバスというのはかなり着目されていて、例えば福島の方とかいろいろなお話をすると、いや、すばらしいね、あれはいいねなんていう話でありますから、それを何か観光の目玉として、そういうルートというか、観光あれもつくってはいかがかなと思うんですけれども、どうでしょうか。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 路線バスとしては運行はできないかと思うんですけれども、貸し切りバスの場合は運行できますので。ただ、貸し切りバスだけで定期的に大子と大田原を走らせる場合というと、今度は町の交通会議、その中で議論をしていただかないと問題をクリアできませんので、まずそちらのほうの問題をクリアしなければならないのではないかなと思いますけれども、貸し切りによる運行は可能であります。



○議長(吉成好信君) 10番、藤田友晴君。



◆10番(藤田友晴君) 貸し切りでの運行が自由だということありますので、その辺もちょっと調べさせていただいて、何かの団体とか、団体との交流の中で提案していきたいと思いますので、よろしくお願いしたいと思います。

 それで、同じ質問の中で、地域おこし協力隊、町おこし協力隊とか書いてあるんですけれども、地域おこし協力隊の方が5名来ました。皆さん、高い志を持ってこの大子町で活躍されることに私たち町民は本当に、ようこそ大子町へというような気持ちではないだろうかというふうに思っています。町内の各地域がその人たちが来たことによって温かく迎え入れ、そして地域活性化の期待感にもあふれていると思っております。しかしながら、現実的にはなかなかいろいろ厳しい面も出てくるのかなというような心配もされます。その協力隊の方たちに大子町がいかに事業を継続していただけるか、そして、いかにその事業が成功していただけるかというような支援策があれば、どういうような支援をしているかということをお聞きしたいと思います。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 町おこし協力隊の支援策、活動状況についてでありますが、町では5月1日に任命式を行い、現在5名の地域おこし協力隊員が活動をしております。協力隊への支援としましては、地域の空き家を町が借り上げ、隊員の住居として提供しているほか、公用車を1人1台貸与しております。また、隊員の活動拠点を旧筑波銀行常陸大子駅前支店に整備をいたしました。

 今後は、町内関係者への顔合わせや町内外イベントへの参加などを通じ、各隊員の起業、事業おこしに不可欠な人脈の構築及び活動の周知を図って、地域おこし事業を支援していきたいと考えております。

 現在の活動状況としましては、各隊員がそれぞれ関係団体と調整を行い、クライミング普及のためのプログラムの企画、占いを生かしたまちおこし、大学生と町民との交流事業の企画、奥久慈茶、リンゴ、ワサビ、その他の特産品を使った加工品の開発・販売といった事業の実現に向け準備を進めているところであります。また、地域行事や学校行事、町内イベントにも積極的に参加をし、地域の方との交流を図るとともに、地域おこし協力隊事務所を町民に開かれたスペースとするため、事務所の内装工事も進めております。

 以上です。



○議長(吉成好信君) 10番、藤田友晴君。



◆10番(藤田友晴君) せっかく大子町に来ていただいて、志半ばで夢砕けてと、いろいろ、これまでも来てもらった人がなかなか生活できないとかありました。町で最大限のバックアップをしていただいて、その人たちを成功に導いていただきたいと思います。そのことがまたほかの地域にも波及して、ほかの人たちもまた来るというようないい相乗効果が生まれればいいと思っています。

 若年層の定住とか、都市部からの若者の定住とか、いろいろな場面で訴えられていると思うんですけれども、やっぱり若者をこの過疎地域に受け入れるためには、来てくれ、来てくれだけではなくて、その後のアフターケアというんですか、例えば雇用であったり、安定した生活ができる、そういうことであれば、みんなずっといてここで生活してくれると思うんですけれども、その雇用も労働もなければ、なかなか夢半ばというお話もございます。そういうことなものですから、やっぱりそういう、先ほども起業のお話、結婚のお話、いろいろありましたけれども、最大限よろしくお願いしたいと思っております。

 次の質問に移らせていただきます。4番になります。

 屋内競技キンボールスポーツの普及と茨城県初の支部設立を図ってはどうか。幅広い年齢層の競技参加や他県競技者の来町、滞在が期待されるがという質問を上げさせていただきました。

 これについては1986年、今から28年前にカナダを発祥に、アメリカでも多くの学校や地域で採用され、特に我が国日本の組織的手法、これをモデルにベルギー、フランス、ドイツ、スペインなどヨーロッパやマレーシア、ブラジルなどにも広まり、500万人以上のワールドゲームに発展しているというお話でございます。日本でも17年前から日本キンボールスポーツ連盟として活動し、1万8,000名に上る登録者で活動をしているということでございます。

 大森勝夫議員にも言われているんですけれども、キンボールのキンは何なんだと言われるんですけれども、キンボールのキンは、英語のキネシスの略で、運動感覚と言うんだそうです。直径122センチ、重さ1キロのボールを使い、1チーム4人、3チームで競うと。幅広い年齢層の選手が参加できるそうです。都道府県支部では、茨城県はまだ設置しておらず、設立されれば県内初の支部ということで、県内はもちろんでございますけれども、県外からもその競技者、来町者がふえ、当町の経済効果が期待される。県内初というのが重要だと思いますけれども、これについてどうお考えでしょうか。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 現在、大子町ではテニスや卓球、ソフトボールやグラウンド・ゴルフなど、さまざまなスポーツの大会を開催をしております。これらの大会の開催や運営につきましては、それぞれ体育協会に加盟をしている団体が主となって実施をしているわけであります。

 藤田議員から提案のございましたキンボールスポーツにつきましては、まずスポーツ教室や講習会等を開催をし、普及と競技人口の増加を図ることから、それらが必要なのではないかと考えます。キンボールスポーツを楽しむ方々がふえれば、活動者によるグループ構成していただき、後に体育協会に加盟をしていただくような道筋が考えられますし、スポーツを通した交流人口の増加も図ることができるのではないかと、このように考えております。



○議長(吉成好信君) 10番、藤田友晴君。



◆10番(藤田友晴君) このキンボールスポーツについては、年齢層の幅が広いという特色がありまして、今の各地区の老人会での活動が停止しているという地域も多々あると思うんですけれども、今後さらにその地区での活動が薄れてくる中で、例えばキンボールというのを活用しながら地域との交流、そういったものもできるかなと思っております。

 ぜひ今の町長が言われましたスポーツ教室等々を開催するというようなお話も徐々に出てくるのかなと思っていますが、もしそういう動きがあれば、いろいろな意味で支援とか協力をお願いしたいと思っています。そういうことでよろしいでしょうか。すみません。もとい、きょうは余り首を縦に振らせないということで言ったんで、そういうことなんで、よろしくお願いします。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) まずは、先ほども申しましたように、キンボールスポーツについての講習会、あるいはスポーツ教室といったものを開催をしていただくのが先なのかなと、このように考えております。そういったものが周知された後に、町として支援はできるものと考えております。



○議長(吉成好信君) 10番、藤田友晴君。



◆10番(藤田友晴君) よろしくお願いしたいと思います。

 続きまして、遊休農地解消と発生防止を目的に各自治体で農地バンクがスタートしておりますけれども、当町ではどのようになっているのかという質問でございます。

 皆さんもご存じのとおり、町内各地域、地区でふえ続けております遊休農地が問題になっております。あと5年先はどうなってしまうのか、農業の後継者問題、営農意欲の低迷等、喫緊の課題であるというふうに思っております。

 農林水産省の人・農地プラン、地域農業マスタープランでは、農業が厳しい状況に直面している中で、持続可能な力強い農業を実現するためには、基本となる人と農地の問題を一体的に解決していく必要がある。それぞれの集落・地域において徹底的に話し合いを行い、合意形成を図るというお話もございます。

 先般は大子町でも、人・農地プラン策定検討委員会においてプランが策定され、積極的な営農の取り組みができると町長が話されておりました。4名の新規就農者給付金、1社の大型機械導入補助ということで取り組まれているそうでございます。

 その後の遊休農地の現状認識、そういったものについて考えていることがあれば、1点、まずは質問したいと思います。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 通称、これは農地バンク、農地中間管理機構につきましては、茨城県がことし4月に担い手の農地集積・集約化を図るために、広域社団法人茨城県農林振興公社に対し、農地中間管理機構に指定をしました。機構では、事業の周知を図りながら、各市町村との業務委託契約を進めていくことになっております。現在は、県が開催する各説明会に参加して事業内容の把握をしている状況であります。

 町の今後の対応としましては、大規模受託農家を対象に、農地中間管理機構の役割を理解してもらうとともに、機構を利用するかどうかの聞き取りを行っていきたいと考えております。



○議長(吉成好信君) 10番、藤田友晴君。



◆10番(藤田友晴君) 各地域が本当に遊休農地対策に頭を痛めているところでございまして、今お話しされた農地の中間管理機構、農地バンクは、今まで農地をつくっていた人が借りてくれる組織に貸し出すということで、例えば0.5ヘクタール1個30万円とか、0.5ヘクタールから2ヘクタール以下であれば50万円とか、いろいろ今までつくったんだけれどもつくらなくなったということで、土地を貸したことによってお金が入るというシステムだと思うんです。やっぱり土地の有効活用、今言われました大規模農家さんとか、その人たちに集約してもらって、もうつくらなくなったところはそういうところに貸していくような施策を、今、県の説明会の状況だという話でございますから、今後進めていっていただきたいと思っております。

 それから6番目、最後になりますが、イノシシによる農作物の被害が深刻化しているというお話で上げさせていただきました。

 余談でございますが、昭和14年生まれの私の母がかわいい孫に食べさせたいと去年、カボチャを植えました。すくすくと育つカボチャをほほ笑みながら毎日過ごしておりました。やっと収穫時期になり、足取りも軽く畑に行くと、きのう実っていたカボチャがなくなっておりました。近くには1つだけころころと1つ転がっておりました。孫に食べさせたいと額に汗して育てたカボチャを誰が持っていったんだ、何でこんなことに。駐在さんに相談した結果、犯人はイノシシでした。その後、カインズホームで電柵を買って電柵を回したところなんでございますけれども、国内ではやっぱり野生鳥獣の生育数の増大とともに、分布域が拡大し、農作物被害金額は、何と年間約200億円だと言われております。

 大子町でもイノシシによる農作物の被害が深刻化し、相当な被害額だと思っております。今のその状況認識と今後の対応はどうするのか、また、緩衝帯の整備や狩猟のための支援はふやせないのかということについて質問いたしたいと思います。お願いします。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) まず、平成25年度1年間のイノシシの捕獲頭数は、有害鳥獣捕獲120頭、狩猟期310頭の合計430頭を捕獲いたしました。これは前年度と比較しまして100頭増加をしております。しかしながら、高齢化等により、山林と農地の間の部分が耕作放棄地となり、イノシシにとって生息しやすい環境が拡大をしているため、農作物の被害は一向に減少しない状況であります。

 今後の対応といたしましては、八溝山周辺地域定住自立圏推進協議会や茨城栃木鳥獣害広域対策協議会などと連携し、有効な手だてなどを模索していきたいと思っております。なお、従来の補助事業である有害捕獲では、イノシシ1頭当たり1万2,000円の町の捕獲奨励金に加えまして、国の鳥獣被害防止緊急捕獲等対策事業を活用し、イノシシ1頭当たり8,000円の国の捕獲奨励金の上乗せを今年度から実施をしております。狩猟期におきましても、イノシシ1頭当たり1万5,000円の捕獲奨励金の制度を引き続き実施をしていく予定であります。

 茨城県内は現在もイノシシ肉の出荷制限がかかっており、捕獲しても販売ができなく、捕獲意欲の減退を招いているため、狩猟者の確保は切実な問題となっております。

 また、緩衝帯の整備につきましては、耕作放棄地の解消と同じでありまして、高齢化に伴う労働力の低下により、緩衝帯となるべき土地が耕作放棄地となっているのが現状であります。対策としましては、個人所有の土地でありますので、所有者が管理していただくのが原則でありますが、それ以外での有効な対策について検討していきたいと考えております。

 なお、イノシシによる農作物の被害等に関しましては、集計はされていないのが現状です。



○議長(吉成好信君) 10番、藤田友晴君。



◆10番(藤田友晴君) 数々の政策がされるということで、今後2万円の捕獲奨励金も出るというようなお話もございました。これは先ほどもお話しありましたけれども、まずはイノシシをとる人もかなり減っているということでございますし、肉の関係もなかなか流通ができない等、いろいろな悩みがありますけれども、ぜひふやしていただきたいと思いますし、今、町長がお話しされたとおり、山林と農地との間ということで、今の環境税の中でも身近な緑森林整備事業とかというのがいろいろあると思うんで、森林については隣接森林についてはそういうやつで、例えば10メーターでも20メーターでもずっと整備してもらうというようなことも必要かなと思っていますので、農林課長に後でいろいろお願いしたいと思います。

 それで、本当に最後になりますけれども、先ほどもお話しありましたけれども、狩猟実施者の高齢化等で狩猟者が減っているということなんですけれども、わなというのがかなり効果的だというお話がございます。このわなの資格取得の支援など、そういうようなものは現在やっているんでしょうかというのをお伺いしたいと思います。



○議長(吉成好信君) 農林課長。



◎農林課長兼農委局長(藤田芳洋君) 農林課です。

 わなにつきましては、現在、大子町で24個の箱わなを所有しております。これにつきましては、4班ありまして、各班6個ずつ所有しているということになっております。イノシシの捕獲の9割はわなで捕獲をしているという状況になっております。

 以上です。



○議長(吉成好信君) 10番、藤田友晴君。



◆10番(藤田友晴君) 今、農林課長からご報告があったとおりだと思うんですけれども、その資格取得、資格を持っていないとそれはできないんですよね。何か何種類か資格があると思うんですけれども、そういった資格取得するための支援というのはできないものでしょうか。



○議長(吉成好信君) 農林課長。



◎農林課長兼農委局長(藤田芳洋君) 県で実施しておりますわなの取得講習会等がございますので、そこに参加をしたいという意見も農林課のほうに寄せられております。ですから、これをまとめまして、何らかの補助等ができればというふうに今、検討しております。



○議長(吉成好信君) 10番、藤田友晴君。



◆10番(藤田友晴君) 今後何らかの補助を検討するという答弁をいただいたので、これで私の一般質問を終わらせたいと思います。ありがとうございました。



○議長(吉成好信君) 10番、藤田友晴君の一般質問は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△中郡一彦君



○議長(吉成好信君) 次に、3番、中郡一彦君の一般質問を許します。

     〔3番 中郡一彦君 登壇〕



◆3番(中郡一彦君) 皆さん、こんにちは。議席番号3番、中郡一彦です。

 ただいま、議長のほうから質問の許可を得ましたので、通告書に従いまして質問のほうさせていただきます。

 また本日は、高齢者大学の皆様、議会傍聴、大変ご苦労さまでございます。高齢者というのはちょっと抵抗あるんですが、皆さん若々しくて元気があって、何か夢のあるふさわしいネーミングがないかなと今、感じたところでございます。よろしくお願いいたします。

 さて、今回の質問でございますが、まず1点目、地域活性化についてお聞きをいたします。そして、2点目は中心市街地活性化構想について質問というか、ご提案をさせていただきます。3点目ですが、国民体育大会に向けての取り組みについて、また、東京オリンピックについても積極的なアピールが必要ではないかというような観点から質問をさせていただきます。

 質問のほうは質問席で行います。よろしくお願いいたします。



○議長(吉成好信君) 3番、中郡一彦君。



◆3番(中郡一彦君) 早速、質問のほうなんですが、先ほど藤田議員からもお話があったように、ちょっと重なる部分もあると思うんですが、やはり人口が大変減少しておりまして、去る6月5日の新聞に日本人の動態統計調査というのが出ました。

 これは死亡数から出生数を引いたものでございますが、全国で23万8,650人が減少したと。といいますと、これは10年間というと、230万以上になるわけですが、そうしますと、この辺で言いますと、宮城県の人口とか新潟県あたりの人口がその辺でございますので、それが10年間でなくなってしまうというようなことでございます。また、茨城県でも月に約1,000人ぐらいの方が減少しているというような数字が出ております。

 本町におきましては、年間自然減少で280名前後が減少しております。これは先ほどお話がありましたが、全国的な傾向でございまして、本町だけの問題ではございませんけれども、大変先が心配されるわけでございます。本町の人口はピーク時には4万3,124人おったわけでございます。現在は26年4月でございますが、1万9,349人ということになっております。しかしながら、世帯数、これを見てみますと、世帯数はピーク時は7,779戸であったんですけれども、これは世帯数は余り減っていないんですね。現在では7,140戸、国勢調査の統計であると7,671戸ということで、500戸前後しか戸数的には減っていないということなんですね。人口は半分以下2万4,000人減ったにもかかわらず、戸数は余り減っていないということでございます。

 山間地ほど核家族化が大変進みまして、高齢者だけの家庭、あるいはひとり暮らしのお年寄りの家庭がふえているあかしであるというように考えるわけでございます。このような状況を踏まえまして、今後行政が施策をどういったふうに進めていくのか、どういった方向に進めるのかこれからの大きな問題でございまして、すぐどうこうということはできないと思うんですが、長期的な展望でどういった方向に地域の活性化、地域の方向性を持っていくのか、まずその点についてお伺いをいたします。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 各地域の活性化についてでありますけれども、町の施策としまして、地域の方々の発想による地域づくりが重要であると考えております。町民一人一人の自助努力、地域における共助、町等における公助、それぞれが役割分担をして、うまく絡み合っていくことで地域活性化が図れるものと考えております。町では、平成24年度から町民発想地域づくり助成事業を行っております。これは地域の特性を生かし、地域活動の維持、活性化を図るため、町民みずからが地域の課題を解決をし、地域の活力を生み出そうとする地域の事業を支援するものであります。

 また、平成26年度からは地域おこし協力隊事業に取り組み、地域事業の支援や地域資源を活用した事業おこしにおいて地域の振興を図る狙いがあります。

 少子・高齢化が進行する中、各地域の諸問題の解決や活性化においては、地域における共助・協働が一番大切な組織であると考えておりますので、それに対しいろいろな形で町が支援していく方向で取り組んでいきたいと考えております。



○議長(吉成好信君) 3番、中郡一彦君。



◆3番(中郡一彦君) やはり地域を活性化するのは人だと思うんですよ。町では、企業の誘致、雇用の場の確保等、大変働きかけを行っておりますが、やはり立地条件など、なかなか企業誘致には結びついておりません。ならば、やはり大子町に住んでいただくというような観点から、住んでいただくための施策、例えば私の地域、上小川の地域でございます。車で常陸大宮には20分で行けます。水戸へは50分ぐらいで行けます。各工業団地などへの通勤圏でございます。これももちろん奥久慈でございますから、自然環境のよさは、これは折り紙つきでございまして、あとは福祉の面、あるいは税制の面で大胆な施策を行っていただければ、大子町に家を建て子供を育てて定住していただけるのではないかと。先ほど町長さんおっしゃいました結婚対策とか、いろいろ子育てに対する対策はしておりますが、やはりまずはこの大子町に住んでいただかなければどうにもならないわけでございまして、大子町に来てよかった、家を建ててよかった、住んでよかったと言われるような思い切った施策はないものでしょうかね。いかがでしょうか。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) やはり、少子化そして大子町の人口減少、そういった問題を解決するための民間から応援をしてもらうという内部に考えがありまして、今それを進めている段階でありますけれども、詳細については近日中にお話をしたいと思います。



○議長(吉成好信君) 3番、中郡一彦君。



◆3番(中郡一彦君) ただいま町長さんから近日中にそういった重大な施策の発表があるということでございますが、本議会では発表はできないということでございましょうか。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 支援をお願いしている機関との関係がありますので、近いうちにプレス発表なりをしたいと思います。



◆3番(中郡一彦君) わかりました。



○議長(吉成好信君) 3番、中郡一彦君。



◆3番(中郡一彦君) ただいま町長さんのほうから大変楽しみなというか、期待を持てるお話があったわけでございます。6月中ということでございますので、注視をしていきたいというように考えております。よろしくお願いをいたします。

 次でございますが、ボランティア団体等に助成や補助はできないかと、こういった質問でございます。今、大子町各地域におきまして、ボランティア団体等がたくさんできております。地域の環境保全や環境整備に一役を担っておるわけでございます。人口減少や高齢化などによって、ますます地域の保全と整備に活躍の場が広がっていくのかなというように考えております。先ほどお話がございましたけれども、町民発想地域づくり事業、あるいは遊休農地等景観整備事業など、一定の条件をクリアすれば補助金や助成金がいただけるという事業がございます。

 しかし、やはり町長さんがよく言われます自助、共助、自分の地域は自分で守るんだよという観点からすれば、これからやはり多種多様な活動が予想されると思うんです。本来、行政が行わなければならない事業もあると思うんです。それはもちろん軽微な事業でございます。町や行政にお願いするほどではない。しかし、お年寄りでは手に負えないと、そういったいろいろとあると思うんです。そういったことで、このような事業のボランティア団体に対して余り条件をきつくしないで縛りの緩い助成、あるいは補助ができないかなというように考えているわけでございます。

 また、これもちろん各地域には区がございまして、区長さんがおります。この区との連携というのも大事かなと思うんですが、今まで区に対する助成や補助など余り聞いていないんですが、これからやはりボランティア団体とも関連して、こういうことも考える時期が来るのではないかなと思うんです。その辺、町としてどういった考えを持っているかお聞きいたします。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 町からの各種ボランティア団体への補助、助成というものはどういうことかという質問かと思いますけれども、ボランティア、いろいろな団体があろうかと思います。一概に、こういうものを対象にしてやりますというような話は、この場ではお話ができないかと思いますけれども、やはり公平性というものも考えますと、各地域に沿ったボランティアがいろいろあろうかと思います。それらに対してどういった支援の方法ができるのか、例えば除草作業をする、そういった場合に草払い機の刃を提供とか、燃料代を提供するとか、そういった金額でやる、あるいは品物でやる、いろいろあろうかと思いますけれども、そういった支援の方法もあろうかと思います。

 そしてまた、先ほど議員からお話のありました町民発想の地域づくりの事業でありますけれども、これは主にハード面を支援しているのが今の内容になっておりますけれども、今後はハード面だけでなくてソフト面、例えばこの地域で結婚の、先ほど藤田友晴議員もお話ししておりましたけれども、そういった男女の婚活の場を、そういうのを設けてやっていきたいと、そういう地域おこしをやりたいという方があれば、そういったものにも対応するようにしていきたいなと考えております。



○議長(吉成好信君) 3番、中郡一彦君。



◆3番(中郡一彦君) わかりました。これからやはりそういった面では、ボランティアといっても地域の人間がやるわけですから、もちろん区の中の人間ですから、そういった面を考えると、やはり区にそういった助成とかそういうものをして、ボランティア団体も区のほうから要請されてこれもやりましょう、あれもやりましょう、そういうこともそのほうがやりやすいと思うんですよね、地域を整備するのには。これからそういった区に対する助成のようなものは、お考えはどうでしょうか。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 先ほどもお話ししましたけれども、その区によって、地域によっては、例えば草刈りをほとんどしなくて済む地域も区もございます。そういったことを考えますと、やはり公平性というものが失われますので、やはり全体的にどういった項目で支援ができるのかということを協議をしていきたいと考えております。



○議長(吉成好信君) 3番、中郡一彦君。



◆3番(中郡一彦君) わかりました。

 それでは、次の2点目になります。

 中心市街地活性化構想についてお伺いをいたします。

 今回は町の中ではなく、湯の里公園、旧グランドホテルの跡ですが、この活用についてちょっとお話をしたいと思います。ここは久慈川と押川が合流する、大子町でも景観のいい、本当に一等地だと思うんです。ここに川が合流するということで、川が出会う、川が交わる、そういったことにあやかりまして、男女の出会いのスポットとして整備をしたらどうかなというご提案でございます。

 中心市街地活性化構想の中でも、温泉を生かした健康やすらぎのスポット、また、水辺を生かし、飛び石で押川を渡るなど計画が予定をされております。ここに出会いのスポットを整備して、若者の交流の場を提供してはどうかなということでございます。できれば合流地点の突端のほうに何かこうモニュメントのようなものを立てるとか、あとは鐘でもつけるような施設をつくるとか、そんなことをして男女が集えるような場所を提供してはどうかなと思います。また、温泉もこれはありますね。温泉なども利用して、足湯なども整備したらどうかなと。お風呂なら裸のつき合いということになるんですが、足湯ですので、はだしのつき合いというようなことで、そんなものもどうなのかなと思っております。これも単なるご提案でございますので、感想としてはいかがでしょうか。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 昨年度、町が策定しました中心市街地活性化基本構想におきまして、町なかの魅力向上に向けた7つの整備方針をお示しをいたしました。その中の1つに町堀と水辺を生かした景観整備がございます。

 具体的な整備内容としては、川沿いの散策ができる遊歩道の整備や、湯の里公園から対岸に渡る飛び石を設置するなど、現在の観光スポットである道の駅や観光やな等を観光客が回遊できるような仕組みを考えております。これらの整備については、6月から開催をしますまちづくりワークショップにおいて、町民の方々にご検討いただくことにしております。

 今回ご提案いただいた出会いのスポット整備につきましても、本ワークショップにて提示をさせていただき、その中で検討をさせていただきたいと思います。

 なお、今年度の事業計画の中にあります町内のイルミネーション事業でありますけれども、この湯の里公園周辺、あるいは押川、久慈川の堤防周辺も利用してイルミネーション、あるいはライトアップの事業を起こす予定になっております。



○議長(吉成好信君) 3番、中郡一彦君。



◆3番(中郡一彦君) そんなことでございますが、次に、これをさらに盛り上げるために押川、久慈川の右岸側、向こう側、こののり面がずっと長くありますよね。やっぱりこれもすばらしい景観なんですが、前回の質問で堤防ののり面に桜を植えてはどうかなというご提案をしましたところ、やはり地元の住民の皆さんから、ちょっと木なので、いろいろと虫がついたりして苦情が寄せられていると、だから樹木の植木はちょっと難しいよという町長さんのご答弁がございました。それで、花ではどうかなと。こののり面一体に例えばシバザクラのようなものをばっと植えまして、そしてそれにふさわしい何かこう絵文字でも入れて、見事だと思うんですね。いかがでしょうか。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 押川の対岸の堤防ののり面に草花を植えて、出会いのスポットとしての効果を高めるべきだという質問でありますけれども、押川沿いに花を植えることについて、基本構想の整備事例には具体的にはのせておりませんが、ことしの3月から4月にかけて募集しました基本構想に対する提案の中で、堤防でなくて市街地に草花を植えてはどうかというものが幾つかございました。また、先日行われたまちづくりシンポジウムでの茨城大の齋藤先生の講演の中では、香川県小豆島の縁結びスポットであるエンジェルロードの紹介がありました。海が干潮になるとあらわれる道を町長が名づけたことによって、今では多くのカップルがここを訪れているそうであります。

 今回提案いただいた案につきましても、まちづくりワークショップにおいて提示をさせていただいて、その中で検討をさせていただきたいと思います。



○議長(吉成好信君) 3番、中郡一彦君。



◆3番(中郡一彦君) 今回はこれはご提案ということでお聞きいただければ幸いかなと思います。

 それでは、次に移りたいと思います。

 3点目でございます。国民体育大会や東京オリンピック・パラリンピック、これについて伺います。

 まず、国民体育大会、いわゆる茨城国体でございます。2019年に茨城国体が開催され、大子町はカヌー競技の開催地として正式に決定したところでございます。しかし、まだ早いと思うかもしれませんが、どういった対応をとっていくのか、例えば専門の準備委員会などを設置するのかとか、あと、全国各地から来町する選手、あるいは関係者、観光客、大変多くなると思うんですね。これに対する対応などがあります。これは早急に準備が必要かと思います。町としての考え方をお伺いします。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 議員もご承知のとおり、5年後に開催をされます茨城国体については、当町ではカヌー競技の開催地に決定をしております。昨年11月には、国体中央競技団体の正規視察が行われ、候補地の袋田所谷地内の旧キャンプ場周辺の久慈川を案内したところ、大変すばらしい環境であるという評価をいただきました。

 ご承知のとおり、国民体育大会は全国各地から選手や競技関係者が集まって開催される大きな大会であります。当然のことながら、当町におきましても、選手や関係者が来町し、カヌー競技が開催されるわけでありますから、コースや駐車場の整備等を初めとし、今後解決すべき課題が山積をしております。今後、当町においては早急に町の国体準備委員会を設置し、当該地区の地権者の方々を初めとし、地区民の方々、河川に関係する機関の方々、道路に関係する機関の方々等との協議を密にし、各種調整が必要になるものと考えております。

 また、開催後の跡地の利活用等につきましても、地権者の方々の意見、地元地区民の方々の意見等を十分に尊重し、計画的に進めていきたいと考えているところであります。

 以上です。



○議長(吉成好信君) 3番、中郡一彦君。



◆3番(中郡一彦君) この国体の準備委員会、これはいつごろ立ち上げるのでしょうか。



○議長(吉成好信君) 生涯学習課長。



◎生涯学習課長(齋藤裕也君) 国体の準備委員会の設立でありますが、早急にという、今、町長から答弁しましたが、今年度中に、できれば秋ごろまでには準備委員会を設立していきたいと考えております。

 以上です。



○議長(吉成好信君) 3番、中郡一彦君。



◆3番(中郡一彦君) わかりました。

 これは地権者などと用地交渉とか、いろいろなことを考えますと、早急な準備が必要ではないかなと思います。

 今、ブラジルで始まりますワールドカップのように、開催されるのに、まだ施設ができていないと、そういうことはあり得ないと思うんですが、そういうことにならないように早目の準備をお願いしたいと思います。

 それから、大会終了後の跡地、今、町長さんもおっしゃいましたけれども、有効利用ということでございますが、どういった施設というか、物ができる予定なんでしょうか、その辺は。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) カヌーの跡地利用といいましょうか、後々まで残す場合は、町が負担をしなければならない、そして、仮設の場合は県が助成してくれる、そういう仕組みになっております。そして、今、カヌーの観客席というんですか、それを町では仮設でつくる考えでありますけれども、せっかく町で2年前から所谷の整備をしたということもありますので、民地になっておりますが、地元の地区民にご協力をいただいて遊歩道を延長してぐるっとこう道路の上まで上がれるようなものができればなと。

 まだ設計をしている段階でもありませんので、今現在こういうものをつくる考えであるというようなものは持ち合わせておりません。



○議長(吉成好信君) 3番、中郡一彦君。



◆3番(中郡一彦君) わかりました。早目がいいと思うんで、よろしくお願いをしたいと思います。

 次に、東京オリンピックの対応についても伺いたいと思います。

 2020年に開催されます東京オリンピックでありますが、幸い大子町では窓口がありまして、いち早く、昨年9月ですか、オリンピック組織委員会を表敬訪問してIOCの水野委員にお会いをしてきたわけでございます。大子町としてこのオリンピックについてどのような考えを持って進めていくのか、まずお伺いをいたします。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 東京オリンピックについてでありますけれども、ことし5月12日、茨城県東京オリンピック・パラリンピック推進本部が設置をされました。現在、その事務局から町に対し、取り組みに関する意向調査があり、町としては、事前キャンプ地等の誘致や聖火ランナーの誘致について取り組んでいきたい旨の回答をしたところであります。

 今回の議会における補正予算において、情報収集や誘致活動のための旅費及び需用費、バス借り上げ料等の予算を計上をしております。現在のところ具体的な計画はありませんが、県の推進本部との連携を密にし、かつ東京オリンピック・パラリンピック競技大会組織委員会からの情報収集に努め、迅速な誘致活動を進めていきたいと考えております。



○議長(吉成好信君) 3番、中郡一彦君。



◆3番(中郡一彦君) これはやはり茨城県オリンピック推進本部ということで、そっちのほうの意向もあるとは思うんですが、そういうことで勝手に動くというのはなかなか難しい部分があると思うんです。しかし、やはり大子町としての独自の大子町のアピール、これはいいのではないかなと思うんですよね。例えば前に日韓で開催されましたワールドカップ、このときには大分県の本当の山村の中津江村でしたか、アフリカのカメルーンのチームを村に迎えて一躍有名になった町村もございます。こういった事例もございますので、こういった、いわゆる町を売り込むというか、セールスしてアピールする、こういった活動は早いうちに積極的にしてはどうかなと思うんですよ。この点はいかがでしょうか。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 今現在、茨城県の県庁の中に推進本部が設置をされたところでありますので、それらの動きを注視して、もしそういったもので個別にできるものがあれば進めていきたいと考えております。



○議長(吉成好信君) 3番、中郡一彦君。



◆3番(中郡一彦君) これまで教育の面でも非常にいいことではないかなというんですね、こういった活動は。子供たちの国際感覚とか、スポーツ習慣の立場という点から、子供たちのためにもなるのではないかと思うんですが、教育長さんに伺いたいと思いますが、いかがでしょうか。



○議長(吉成好信君) 教育長。



◎教育長(都筑積君) お答えします。

 今、町長が答弁いたしました一つの国を一つの市町村が応援をするというワールドカップの成功例は、私の記憶ですと、長野オリンピックのときに、長野市のある市町村は世界の各国の選手を応援するという1校1国運動というのを展開したというふうに記憶しております。したがいまして、茨城国体が当大子町でカヌー競技を開催するときにも、一つの学校がある県の選手を応援するという、そういうことはとても大切なことかなと思います。お客様をお迎えすると同時に、その県の歴史とか文化とかいうことを理解するのは、大子町にとってもメリットがあるというふうに考えております。

 それから、やはりそういう大会で大子町出身の子供たちがもしかして選手として活躍できるようになったら、それはとても町の活力というか、元気づくりにつながるなと思っています。したがいまして、機会を捉えてそういう選手が育つような環境整備を教育委員会としても支援していきたい、バックアップをしていきたいと考えています。

 以上です。



○議長(吉成好信君) 3番、中郡一彦君。



◆3番(中郡一彦君) 教育の面からそういった答えでございましたが、そういった、いわゆるどこかの国を個別に大子町として応援するといったことは、お考えはどうでしょうか。オリンピック。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 一つの国を各学校ごとに、どこどこ小学校はどこどこの国を応援しようとか、オリンピックの場合はちょっと難しい面があるのではないかなと思いますよね。応援に東京まで足を運ぶというようなことはできませんけれども、ただ、国体のときのカヌーの選手に対してだったら、そういうことはできるのではないかなと思いますけれども、ただ、大子でやる、開催されるカヌーの競技というのは、個人の種目が多いのではないかなと思うものですから、なかなか応援しにくいのかなと思う面もあろうかと思います。できるのであれば、学校で、教育長もやりたいと考えているみたいですので、それを進めていただきたいなと思います。

 以上です。



○議長(吉成好信君) 3番、中郡一彦君。



◆3番(中郡一彦君) こういったことも大事かなと。これはやはり町の活性化とか、そういうものにつながるものでございますから、ぜひお願いをしたいなと思うわけでございます。

 またそして、先ほど国体のように、準備機関を立ち上げるとは思うんですが、そんなとき、せっかく東京オリンピック組織委員会とのパイプができているわけです。本年度も予算でバスの借り上げ料とかあって、組織委員会のほうに足を向けられるのかなという気もいたすんですが、やはりそのとき、せっかく組織委員会とつながっているわけですから、県として、今言ったように大子独自の積極的な活用を進めてもらいたいと思うんです。

 そんなことで、2020年ですから、まだまだ早いのではないかというようなお話もあると思うんですが、やはり時間がかかる事柄もあると思うんですね。ですから、やっぱり早目の立ち上げというのが大事かと、こういうように思うわけです。今後そういう積極的な早目の対応をよろしくお願いしたいと思います。

 それで、一応、私のほうの大通りの質問は終わったわけでございますが、最後に町長さんにお伺いをしたいと思います。これは通告書にはないんでございますけれども、ただいま質問のように、茨城国体やオリンピック、そして中心市街地活性化構想など、大きなイベントや事業が道半ばなわけでございます。また、町長就任後、直後には東日本大震災、そして原発事故等発生いたしまして、この対応も大変だと思いました。これも対応に追われました。もちろんその間にもいろいろと事業を展開してきたわけですが、その事業の展開もすばらしい幾つか事業もたくさんあるんですけれども、まだまだ益子町政としての絵が描けていない。まだスケッチしたぐらいの段階ではないかなというような気がするわけでございます。

 そういうことで、引き続き町政に携わって、絵を描いて色をつけて、そして完成させなければならないのではないかなというような感じを持っております。町長さんのお考えを伺いたいと思います。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 急な質問にない質問が出ましたので戸惑っておりますけれども、これは率直なところは、答弁は控えさせていただきたいと思います。ただ、今現在、私の後援会の方々と近日中に会合を開いてそういったお話をする用意がありますので、その後公式に発表をしたいと思います。当然前向きにそういった色、カラーを出していきたいと、このように考えております。

 以上です。



○議長(吉成好信君) 3番、中郡一彦君。



◆3番(中郡一彦君) 今そういうお話を伺ったんですが、後援会というのもあるということなんですが、個人的にはどういうお考えか。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) これも質問に、通告にありませんでしたので、それに対しても控えさせていただきたいと思いますけれども、それなりに考えております。



○議長(吉成好信君) 3番、中郡一彦君。



◆3番(中郡一彦君) そういった前向きで考えているという想像ですが、そういう感じで捉えました。

 以上で私の質問は終わります。ありがとうございました。



○議長(吉成好信君) 3番、中郡一彦君の一般質問は終わりました。

 午後1時まで休憩とします。



△休憩 午前11時44分



△再開 午後1時00分



○議長(吉成好信君) 休憩前に引き続き会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△野内健一君



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君の一般質問を許します。

     〔12番 野内健一君 登壇〕



◆12番(野内健一君) それでは、議長からの許可が出ましたので、通告書に従いまして質問をいたしたいと思います。

 今回は、大きく2つの項目に分かれているんですが、ちょっと内容的に多いのかもしれませんので、なるべく時間内で終わらせるように努力してまいりたいと思います。

 1つは、前回3月の定例議会でも質問いたしました地域包括ケアシステム、この構築という第2弾に今回なります。今回はその課題のほうがちょっと多いのかもしれませんけれども、その課題について問いたいと思います。あともう一つは、大子コミュニティーFM放送の活用と、あと、新たに5月1日からスタートしているんですが、受信相談センターについて確認していきたいと思っております。

 それでは、質問は質問席のほうで行います。よろしくお願いします。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) それでは、第1項目といたしまして、地域包括ケアシステムの構築とその課題ということで、実際問題として地域包括ケアシステムの根本となっておりますのが介護保険全般でございますので、それについての質問がこの中に多く入ってくるかと思いますので、どうぞよろしくお願いいたします。

 まず、最初に質問いたしたいのは、この地域包括ケアシステムの目指すもの、改善されてきた中で一番最新のシステムという部分なんですが、この目指すものとしては、いわゆる住みなれた地域で自分らしい暮らし、これを人生の最後まで続けることができるようにということで、医療と、それから介護面と、介護予防と、生活の支援と、住まいということを一体的に提供しなければならないだろうという結論に至った部分なんですが、それが地域包括ケアシステムを構築しましょうという部分になりました。そのためには、この地域包括支援センター、大子町にもございますけれども、中心となって推進するこの大子町の地域ケア会議の活用であろうと思っています。多分、その問題提起にしろ、大子町でもひどいですから、各地域で出てくるいろいろな分野の部分の問題点、それから個人的なものの改善していった過去のデータとか、そういう部分を細かく会議の中でこねていきまして、それをどこの地域にも同じようなケースが出た場合、使っていきましょうという部分がこのケア会議の、いわゆる旨とするところであろうと思っておりますので、一体、今までこの活用されてきた、いわゆるケアシステムをつくりますよという形の段階から地域ケア会議とするのではなくて、今までも介護についてのいろいろな諸問題というのは提起されておりまして、それを解決するために、もしくは介護を実施する家族の方とか、それから施設の方とか、医療の方とか、こういう形の中でそれぞれ出てきた問題点をこういった形の会議と持たなくても、打ち合わせ等でも、また小さな範囲でもいろいろやってきているかなと思いますんですが、これについて大子町としてどういうふうに、今までは今までで活用されてきたのかなという形の質問を、まず第1回目にさせていただきたいと思います。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 野内議員の質問にお答えをいたしたいと思います。

 地域包括ケアシステムの構築の一つとして、地域ケア会議の充実が制度改正で示されております。制度化することによりまして機能強化し、他の職種との連携、地域のニーズや社会資源を的確に把握し、地域課題への取り組みを推進、高齢者が地域で生活しやすい環境の実現につながるものであります。今年度策定を予定しております第6期介護保険事業計画の中に位置づけて、個別課題の解決、地域包括支援ネットワークの構築、地域課題の発見、地域づくり、資源開発、政策の形成につながるような体制の構築をしていきたいと考えております。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) それでは、この大子町としての地域ケア会議で今まで、いわゆる地域ケア会議という名前を使わなくとも、それぞれの事案に対して、もしくは長い目で見てそれを解決するためにということで何年もかけての打ち合わせ、専門的な打ち合わせとか、そういうのも実質的には実施している、私も聞いています、実施しているんですが、それを今度の地域包括ケアシステムだよということで実際的にスタートするときに、例えばケアマネだけの打ち合わせというのもそれに入ってくるかなと思っておるんですが、この活用って町のほうで、全てが、会議の内容が町の保険関係、福祉関係のほうに入ってきてという部分ではないような気もするんですが、今までどうなんでしょうか、そういう活用、その会議の内容というのは活用に至っていたんでしょうか。何か事例があれば、一つでもお聞かせいただければなと思うんですけれども。



○議長(吉成好信君) 健康増進課長。



◎健康増進課長(吉成正雄君) 今まで大子町では、地域ケアシステム推進事業という会議を開催して進めているところでございます。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) その会議を持たれて、その結果、改善されていったという部分は、細かく1点1点ではなくて、こういうのが会議の中で出て改善されていって、もしくはこの大子町全体に同じような事例が確かにあるねという確認されていきながら、こういう部分はその会議をうまく活用して、次の、例えば大子町は大子町の制度の中で生きていったんだというような事例ってございますか。



○議長(吉成好信君) 健康増進課長。



◎健康増進課長(吉成正雄君) 今までその会議の中では個々のケースなもんですから、その中でちょっと検討して、こういう事業はこういう形ということで、個々のやつで、積み重ねの段階で進めているような状況でございます。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) じゃ、その個々のケースは個々のケースで解決したらば終わりですねと、次はこのケースですねという形での打ち合わせという部分ですかね。そうすると、今後その地域包括ケアシステムの中で、地域ケア会議という形で持たれる場合は、その内容、至った結論と言ったほうがいいですね、個々の事例の結論について共有していきましょうという部分で今後進めていくという部分があるのかもしれませんけれども、今まではその個々の事案の中で解決された内容は、その終わった段階でほかの方、同じような部分については生かされていっていないという結論でいいんですか。それとも、いや、そうじゃないよと、それはいろいろな地域から集まっていろいろな事業者がその中には入っているから、それは生かされているのではないかという形の思いをお持ちでしょうかね。



○議長(吉成好信君) 健康増進課長。



◎健康増進課長(吉成正雄君) 今までのケースの中は小さいケースなんですけれども、そのやつを基礎に生かされていると思っております。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) わかりました。今までも確かに医療のチームって余りいなかったかもしれませんけれども、その介護に携わっている人たちの職員間での事業種を超えた打ち合わせというのはやっていますよというのは聞いたことはあるんです。ただ、それが直接行政にはね返ってくるかどうかという部分は、あるときとないときが存在していたみたいです。行政のほうもそれを知っている。もしくは、このケースについては実質的に携わっている人たちが打ち合わせ、各事業所から何人か代表で来て打ち合わせしたりという形での会議というか、そういう部分を持っていた部分があるらしいんですが、介護を受ける高齢者に対する支援の充実という部分でこの解決を図ってきた会議というか打ち合わせなんですが、今まで幾つぐらいこういうのがあるという部分で把握されてらっしゃいますか。



○議長(吉成好信君) 健康増進課長。



◎健康増進課長(吉成正雄君) すみません、何件ケースがあるというのは細かくは、今ちょっとお答えできないで申しわけありません。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) それでは、じゃ、個々にいきますけれども、地域包括支援センターって今活躍していらっしゃいますよね、大子町で。大変人数が、少人数なんでかわいそうなぐらい事案がたくさん入っていて、また新しい制度ができますよってことで、また勉強したり、各介護事業所でもまた地域包括ケアシステムの中身がよくわからないところもたくさん出ているということですから、そういうのも、いわゆる問い合わせが来た場合はお知らせするという部分の仕事もされていて、少人数でちょっとかわいそうなような形なんですが、そういった会議でケアマネジャーだけの会議が多分持たれているというのは私も聞いたことがあるんですが、これは行政のほうに内容的に行っているのか、それとも、自分たちの任されている仕事を、もっと有益にと言ったほうがいいのかな、それをするために、その内容はケアマネさんだけの知識、いわゆる経験知の中で生かされている部分なのか、それを役場まで、いわゆる役場の行政機関まで巻き込んでは多分ないのかなという部分があるんですけれども、私が書いたのは、その打ち合わせの中で包括支援担当職員が入って、役場の福祉関係の職員もそこに入って、ケアマネジャーなんかも、各事業所のケアマネジャー全員が出なくても1人くらい出て、あと何とかといろいろありますね、大子も幾つか。特養も、それから老健もあるし、そういったところの事業者、その代表でなくても、施設長さんでいいと思うんで、そういう方も出たり、あとは今度行政のほうになってくると、国関係でいうと民生委員さんたち、それから医師ですね、大子町。どこかの医師とその介護事業者が提携しているところもあるし、その医師とか、あと歯医者とか、薬剤師とか、それから病院の看護師とかというような形で、全部ではなくても、1つ2つの団体がこの介護の一つ一つの事例に対して、こういうのがあったとか、じゃ、次こういうのがあったときはこうしましょうかというような形で打ち合わせを持たれているというのはお聞きにはなっていらっしゃいませんか、行政としては。



○議長(吉成好信君) 健康増進課長。



◎健康増進課長(吉成正雄君) 今の打ち合わせ会議のほうの報告は全部受けております。それで、要支援1、2の方からの相談とか、そういう一つのケアの報告等が各担当者と、あと病院の先生と、あと各施設の施設長なり担当者なりとの打ち合わせ等は行っております。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) その会議の内容というのをここで教えてということではなくて、その会議で決まったことというのは、ほかの、例えば欠席された部門、例えばケアマネさんだけちょっと来なかったんだねという部分について、こういう内容ですよということで伝達するようなことに今なっているんでしょうか。それとも、その会議に出なかったからしようがないねという部分なのか、会議録、議会録なんかを渡して、こういう形がありましたけれども皆さんでこういうふうにしたらいいのではないかという結論まで出ましたよという部分の報告なんかはされていらっしゃるんでしょうか。それは行政にやってということではないんですけれども、そういうのはどうですか。会議があったというのは今わかりましたので。



○議長(吉成好信君) 健康増進課長。



◎健康増進課長(吉成正雄君) その辺は、うちのほうの議事録とか打ち合わせ会議資料等に記載しておきまして、あと、担当者のほうからの連絡等で調整をしているような段階でございます。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) それでは、今までのことを今お聞きして、今後、多分今、説明書のほうが、この地域包括ケアシステムのこういうふうになっていきますよという概要なんかは、もうお手元に多分届いているのかなと思うんですが、その中でこの地域ケアシステムを、いわゆる有効に生かすために、大子町の地域ケア会議というものをまず最初につくっていきましょうねという部分、こうだという部分ではないと思うんですが、こういう構成でもって、その内容はこういうふうに伝達していきましょうという部分については、今後というか、今ちょっと思っていないかもしれませんが、こうしたいなというのは、どこかからの団体から出ている部分はあるんでしょうか。



○議長(吉成好信君) 健康増進課長。



◎健康増進課長(吉成正雄君) 今の段階で、今、第6期介護保険事業の計画の中で位置づけをしていまして、その中で包括の職員とか、ケアマネジャーとかという形の、病院の先生とかも入ってもらった段階でつくるような形に今、検討の段階でございます。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) そうしますと、第6期の計画の中でそれをうたっていきますという部分だろうと思うんですが、そうすると各、何というか、分担された事業所、例えば包括支援担当職員はもちろん、役場職員もそういうのを知っているからもちろん、いわゆる各事業所のケアマネさんに対して、それから介護事業所を経営する方、もしくは管理する方、あとは民生委員さんとか、医師とか、薬剤師さんとか、歯科医師さんとか、看護師さんとか、その他もっと必要な部分、例えば区長さんとかという部分もその中に入れてもいいというか、入れてもオーケーなんですけれども、そういう部分を今後そのような形で進めようと思っているのか、まだ決定ではなくても進めようと思っていらっしゃるのか、もしくはその団体の方にお話しして理解されそうな部分って今、心の中で、理解されそうなというか、出席してくださいと言ったとき、いや、忙しいからという部分が出てきてしまう実情って何かありますでしょうか。予想されますでしょうか。



○議長(吉成好信君) 健康増進課長。



◎健康増進課長(吉成正雄君) お医者さんとの関係がありますので、ちょっとその辺はお医者さんの都合、時間等の都合もありますので、その辺はなかなか難しいのかなと思うんですけれども、そのほか地域の民生委員さんとか、そういう形になると、今でもやっているような形でできるかなとは思っております。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) じゃ、最後にこのケア会議について、これで最後にしますけれども、医師というのは、今までこういった会議には参加を促したんですけれども、忙しいという部分で応じてくれなかったという現実はあるんでしょうかね。その部分だけお願いします。



○議長(吉成好信君) 健康増進課長。



◎健康増進課長(吉成正雄君) 今までお医者さんの都合に合わせて会議等も開催しておりますので、出なかったということはありません。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) はい、ありがとうございます。多分今後は、来年度からがその第6期の計画が出てきたら本格的になるんでしょうけれども、このケア会議が何かとても最初の段階としては大変重要というか、いろいろな介護をしていく中でのケースが発見されてきてこういう問題、それに対して社会資本といいますか、町としてこういうものも本来は用意しなければならないのかなという部分とか、これ介護保険法の中に入ってるのというような形のものとか、いろいろなケースが今後出てくるかと思うんですが、提示した医師の団体の方たちにご理解をいただくというか、ほかの自治体だと反対に医師のほうがこういうことでという提案をして開かれるという会議も、今、実際は個々ではあるのかなという部分聞いてるんですが、大変難しい部分の団体というと、実際大子町では医師の皆さんなのかなという部分は思うんですが、医療機関でも、いわゆる自分のところで系列の介護施設というのをお持ちなんですよ。お持ちなんですけれども、それとはまたちょっと、確かに介護保険法であれば、切り離した別の団体という意味ではそれなんでしょうけれども、どうかご理解をいただくような形で、全部そろえろということではないんですが、医師は何か私とても、この大子町見た中で大変必要なのかなという部分があります。

 今後、最も疎遠におかれてみたいな、歯科医師の方も、今私ちょっと各施設、各施設と言ったって細かくは歩いていないんですけれども、いろいろ入っている中の皆さんにお聞きしたら、やっぱり歯が悪くなると部分でそしゃくできなくなったりということで、その改善には定期的に歯医者さんにこちらから行くのか、歯医者さんの時間をつくってもらって来てもらうのかという部分で、随分歯の部分での健康管理というのも大変重要な部分になってきているのかなと。今後、最も改善しなければならないのかなと。そしゃくして食べて、自分の体の中に栄養分を補うということ自体が介護予防にもつながるのかなという部分の考えをこの間持ちまして、いわゆるこの地域包括ケアシステムの構築の中のちょっと文書を読んでみたら、やっぱり歯医者さんという部分が載っていたものですから。多分、大子では今まで、じゃ、もう一つすみません、これ、もしわからなければ、歯医者さんはその中に入っていらっしゃらなかったのかなと思うんですが、いかがなのかなと思います。じゃ、すみません、最後と言いながら、これ最後、申しわけない、最後の最後なんですが。



○議長(吉成好信君) 健康増進課長。



◎健康増進課長(吉成正雄君) 歯科医師会として入っているか、ちょっとそこのところは確認はちょっとできないんですけれども、これからは入れていかなくてはならないのかなとは思っております。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) 私もつい最近まで気づきませんで、歯科医師というより、普通の医師という部分で思っていたんですけれども、何かほかの自治体だと、やはり歯科医師を入れていきましょうかという部分の重点策のほうが、国のほうも歯科医師入れてくれと書いてあるので、そんな質問させていただきました。

 ぜひお声をかけていただいて、どうしても忙しければ仕方がない部分はあるんですが、歯科医師の方も入れていただければなという感じを持っております。

 それでは、次の質問に移りますけれども、そういった形で今また新たな地域包括ケアシステムをスタートさせる上で、実質的にはスタートしているんだけれども、それを形づくっていく上で、地域包括支援センターという今置かれていました、さっきちょっと話しましたけれども、少人数でもって大変忙しく今動いているところがあるんですが、その機能強化って今後していくんでしょうけれども、どのように機能強化ってされていくのか、今の段階でいいですよ。それもまた第6期計画のときに入れるから、まだ決定でないから話せないということであれば仕方がないんですが、ただ、絶対地域包括支援センターが中心的に大子町の場合は動かないとまずい部分がいっぱい出てくるのかなと思いますので、人員的な問題もそうですし、予算的な問題もそうなんですが、その機能強化という点について、今どのようなお考えなのかお聞かせいただければと思います。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 現在、地域包括支援センターの事業は、介護予防事業と介護予防ケアマネジメント事業、総合相談支援・権利擁護業務、包括的・継続的ケアマネジメント支援業務等、地域支援事業と要支援認定者に対するケアマネジメント業務を行う指定介護予防事業を行っております。

 平成27年度の介護保険制度の改正に伴いまして、地域支援事業を充実させていくことが必要となることから、地域包括支援センターの機能強化が必要と考えております。

 地域包括支援センターの業務は現在、指定介護予防事業におけるケアマネジメント業務が大きな役割を占めております。地域包括支援センターの機能強化につきましては、職員の配置数もありますので、第6期介護保険事業計画の策定と町の実情を考慮し、総合的に判断していきたいと考えております。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) それでは、すみません。現状をお聞きいたします。今、大子町の中で健康増進課の中に入っております地域包括支援センターで実質的にご担当されている職員の方というのは、何名という形で、ちょっと簡単で申しわけない、何名で実際はやられているんでしょうか。



○議長(吉成好信君) 健康増進課長。



◎健康増進課長(吉成正雄君) 現在、4名で行っております。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) 現在は4名と、今、町長のほうから第6期の計画の中で示していくでしょうけれども、強化をしなければならないという部分が示されておりますけれども、実際は今何名くらいが、それ聞いていらっしゃらないかもしれませんけれども、課長として、実際何名くらい本来は必要なのではないかなと思ってらっしゃるか。思いだけでいいですよ。



○議長(吉成好信君) 健康増進課長。



◎健康増進課長(吉成正雄君) 今の状況からいいますと、これからどんどん60歳以上の方がふえてきますので、その対応をするのにはある程度、今度身内調査なんかも行いますので、そういう中での調整をしていかなくてはならないのかなと思っております。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) 人数的には難しいですよね。あと何人欲しいとかいうのはね、人員的にね。多分、4名でやっていらっしゃいますけれども、ほかの何かお仕事もお手伝いしたりなんかしている部分があるみたいですから、その健康増進課という大きな部分、それから保健センターという部分の中で人員的には割り振りしなければならない部分があるんだろうなと思うんです。というのは、今回質問の中に入っています地域包括ケアシステムをこの大子町で展開していく中で、多分今までよりさらに倍増か、それとも3倍増かわかりませんけれども、相当大きな範囲の仕事が回ってくるものと私は思っているし、ほかの別な課でそれも手伝いながらやりますよという部分もあるんでしょうけれども、そうすると、地域包括支援センターとしてのさっき聞きました機能強化という中で、やはり人員的に完全に私、間に合っていかないのかなという部分は思っております。少なくとも倍増と言いたいんですけれども、あと最低でも3人くらいは欲しいのではないかなという部分があります。それはマネジメントされるのは課長であり、さらにその上の町長でございますので、うまく運営のマネジメントを組み立てていただければなと思います。というのは、例えば高齢者の、今さっき課長が言った個別の、個々のケースを把握して解決に至るまでのデータというのを、間違いなく大子町全域に、全体へ利用するような一つの流れをつくっていかなければならないのかなと。今もできているのかもしれませんけれども、それをうまく、本当は今、4名であれば4名でこなしていかなければならない部分を、各介護予防事業所、もしくは各家庭同じようなケースで悩まれているところの解決のためにそのデータを使っていかなければならない。今まで以上だろうと思います、これは。

 それからまた、大子町の広い地域全体の課題を解決するために社会的な基盤、例えばここまで道路行くのに大変、私一つ覚えているのは何年か前、ちょっと何年かあれですけれども、雪の降った日に電話いただいたことがありました。雪道でその場所へ行けない。道かきをしなければならない、雪の道かきを。山の中腹でした。私えっと思って私のところへせっかく電話来たんだからと思って、私もスパイク履いていましたので、あのころは。結構昔ですね、ですから。行きまして、そのころは地域包括支援センターではなくて保健担当、事業所の形、頼まれたら事業所の方が行くという。道路の整備をするために、介護されている方を支援するためというか、介護をするために頼まれた方が行かなければならないけれども行けない。そういった道路的な事情なんかも社会整備の中に入ってくるし、もしくは今後出てくるであろう24時間介護に、完全なるではなくても夜間介護のためには暗かったり、ですから1軒のためになんですけれども、介護のためにそこに何かの明かりとか、そういう部分を設置しなければならない部分があったり。あと、道が狭いために車を長時間とめておけるのかどうかという部分の困難さもあって、少し道を所有者にお願いして削ってもらってとめる部分をつくれないかどうかと。ちょっとした社会基盤の整備です。もう少し、もっと大きく言えば、今度はお住まいの方、介護を受けているお住まいの方がもっと便利になるような形で、夜間介護の場合ですと、いわゆるドアをもう一つつけて、実際家族の方にわからないような形で深夜介護に行かなければならないといった部分で、それを社会整備、基盤整備の中に入れなければならない補助的なものも必要かと思うんですが、そういう部分のところまでこの範囲が、何かあの文書を読んでいるとついてくるんですが、こういう部分については、やっぱり第6期計画の中で明らかにしますという部分なんでしょうけれども、現実問題、今どうなんでしょうか、そういう部分のこの地域包括支援センターの中に全て問題として提起された場合、解決に至らなければならないのかな、どうなのかなと思うんですが、課長としては今、考えでいいですけれども、どう思ってらっしゃいますか。



○議長(吉成好信君) 健康増進課長。



◎健康増進課長(吉成正雄君) 総合相談窓口ということで、そういうもろもろのことが今も行っているような状況ですので、そういう形で受けていかなくてはならないのかなとは思っております。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) では、今までの過去形でいきますと、その総合相談窓口へ、例えば介護を受けていらっしゃる方からのご相談や、親に介護を受けさせようとする方の相談以外で、介護事業所のほうから通所で介護職員を行かせたいんだけれども、道路の状況がどうもあの辺が大変難しいんだとなったとき、行政の手をかりてそこの整備できないでしょうかという形になったとき、そういう相談って今までありましたか。多分なかったかとなと思うんですが、どうですか。



○議長(吉成好信君) 健康増進課長。



◎健康増進課長(吉成正雄君) 今までにはその辺はないかなと思うんですけれども。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) すみません。そこまで集中的に地域包括支援センターへ集めなきゃという部分ではないんですけれども、そういう部分も考えなければならない部分なのかな。それがいわゆる地域包括支援センターがこれから機能として持つ部分に入ってこなければならなくなってしまうような、もしくは大子方式というのがあっていいわけで、大子は地域包括支援センター以外でも介護についての相談を個々で受けますよという部分で持ってもいいわけなんで、そういう仕事の分担、行政もあらゆるところ全体をまとめて、相談の窓口として持っていく仕事の分担という部分の考えも、多分ケア会議の中で出てくるかもしれない。そうすると、そのケア会議を主催する地域包括支援センターの職員の皆さんはそこまで考えながら対処をしなければならない。大変な仕事が今後出てきてしまうのかなと思いますので。

 人員だけが勝負ではないんでしょうけれども、でも、今実施されている地域包括支援センターご担当の方の少しの間のお話の中でも大変さというのは本当に身にしみるもんですから、本格的にこのケアシステムが動き出しますよとなったとき、本当に強化というのは必要なのかなと考えております。

 どうぞその点を町長も含め議会の皆様、各部署の部署長さん、きょう集まっての議会でございますので、最も今後大子町が、いわゆる必要とする部分、強化しなければならない部分の一つだろうと思いますので、皆さんも自分のものだという形の考えていただければ、お願いしたいなと思います。

 このケアシステム、大子町で本当にうまく運用されて、ほかの自治体から注目浴びなくてもいいんです。この大子町の住んでいる住民の皆様、介護を受けようとする皆様、介護を受ける方をお持ちの家族の皆様お一人お一人が本当に安心してできる安心したまちづくり、これもまちづくりだと思いますので、何とぞその中では中心的な地域包括支援センターの職員の皆様方の機能強化というのも、人員増を含めた機能強化というのをどうぞよろしくお願いしたいと思います。

 それでは、次は4番目にいきます。

 今度は、介護サービスを受けた利用者負担についてお尋ねしてみたいと思います。今、自己負担割合って、介護保険制度を使って一律そのサービスを受けられると1割で、お支払いをすればほかの9割については、いわゆるその保険を利用した行政側の持ち出し金という形にはなっているんですが、これが条件がひょっとしたら、地域包括ケアシステムを運用する中で一定の所得者、いわゆる単身、ひとり身であれば年収が280万円以上、それから、ご夫婦で受けている場合は360万円以上の、ただし、これは月額に上限ありなんですが、一定所得者のみ2割にというような形、また、収入だけではなくて、施設に入所していることについて、今度は預金の総額とか、不動産実勢価格で今どのくらいでという部分で財産お持ちですかという基準が単身で大体約1,000万、夫婦世帯で2,000万円を、これはまだ想定という形で私言っています。でも、それに何か決まりそうなんでちょっとあれなんですが、大子町というのは、その場合どのくらいの方がこれは影響を受けられるんでしょうかと、それを私の今の質問といたします。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 介護保険制度が発足をして現在まで介護サービスに対しての自己負担割合は一律1割負担でしたが、介護保険全体の給付額が増大し、国は介護保険制度維持継続のために介護保険制度の改正を提案しております。

 その一つとして、一定所得者に対して自己負担割合を2割にするという改正の内容であります。影響を受ける人数については把握はしておりませんが、国の試算では、実際に影響を受けるのは、在宅サービスの利用者のうち15%程度、そして特養入所者の5%程度と推計をしております。また、施設入所者に対する食費及び居住費の補足給付費につきましては、一定額の預貯金や配偶者の所得等が勘案され、該当者は補足給付の対象外となります。こちらも人数は把握しておりませんが、少なからず影響はあるものと考えております。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) 国のほうでおおよそ平均をとってというのは、例えば特養に入所されている方の5%くらいですねという部分なんですが、いわゆる施設入所者の財産を調べるという部分ではないんですが、預貯金で1,000万、この部分と今、いわゆるずっと昔から土地を得て耕してきた部分の不動産の多寡というか、山もありますし、その中に木も植わっている、それも財産化してという部分で細かく見ていくのでは大変だなと思って、細かくは多分私は見られないだろうと思うんですが、預金ばかりでなくて、その中には株券も入って、いわゆる実勢価格でもっての株の収入という部分があるみたいですし、例えば旦那さんが亡くなられて保険金がどどっと入ってきましたと、一時期に所得が超えてしまいましたと、それは継続ですか、それとも来年度はまた復活ですかという、多分復活という形になる初年度についてその財産をどのような展開で持っていくか、もしくはお子さんがいらっしゃって、旦那さんが亡くなって旦那さんの保険金で、それを今度は子供たちへ相続していく部分もあるでしょう、奥様も相続されるでしょう。そういうのを決定してからという部分で、こういう形のものが想定されるんですかという部分を聞いてみたんですが、それは町のほうではどのような、例えば説明されていますか。私が質問して答えを受けたのと違う可能性も出てきている。ちょっと時間があいてしまっているもんですから、これについて、どのような説明を受けてこられたのか、お聞きしたいんですが。



○議長(吉成好信君) 福祉課長。



◎福祉課長(塚田洋一君) ただいまの質問にお答えします。

 今、議員のおっしゃっている内容につきましては、今回の介護保険制度改正の中での費用負担のお話かと思います。所得や資産のある人の利用者負担の見直しという中で、今質問にありました補足給付の見直し、資産等の勘案ということかと思いますが、私ども今現在受けている情報としましては、先ほどの質問の中にもありましたように、一定額の預貯金ということで、これにつきましては申告制だということ、それから不動産資産の話になりますが、これにつきましても本人の申告、もしくは固定資産税等の情報で把握をしろというところでございまして、現状ではその程度の情報しかまだ持ち合わせておりません。

 以上です。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) わかりました。私もそう答えは聞いていたんで、あれだ。そうしたら、相続関係については、何かその中で補足としては説明はあったんでしょうか。



○議長(吉成好信君) 福祉課長。



◎福祉課長(塚田洋一君) 相続関係の判断の仕方等についても、詳細についてはまだ説明等受けておりません。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) わかりました。内容的に私も勉強会みたいなのがあったとき、その質問をしてみたんですけれども、今後すぐにそれは決定させますというような話だったんですけれども、どういうふうに決定していくのかなと私も不安になってしまって。そこまで各個人の財産の決定の中で、最初の説明は申告されましたね。あの段階で私はいいと思ったんですけれども、本来、社会福祉の制度の中でそんなに細かく自分で、この後に出てきますけれども、応益性というか、利益を受けるから払っていく中で、それが応能性に移っていって、能力があるから高くなるからという部分で、どんどん高くなる部分の範囲を広げる必要があるのかな。明らかにわかれば高くお支払いしていただきますけれどもという部分で私はとめておくのが一番いいのかなと思っているんですが、これは多分、地方の声が必要だろうと思いますよ。細かく何から何までという部分になりますと、相続放棄とか、財産放棄とか、いわゆる全部子供に、そうしたら、子供まで同じ世帯で今度は計算しますからねという制度になってくると、親子関係まで何か変になるような感じがしてしようがないんで、せっかく消費税も上げたことですから、それをうまく利用していただければ、このような、いわゆる介護についての福祉の中に細かく入らなくてもいいのかなと思っているんですが。すみません、これは私の感想でした。

 では、今後多分、細かい補足も何段階になって説明になってくるのかなとは思うんですが、もしそういうのがわかりましたら、後でここにいる議員の皆様にご報告いただければなと。多分、一番今後この新しいシステムになるということになると、必ずこう、全部がうまくいっている、今まで過去の経験からいってないもんですから、そういうのはちょっと心配になるというか、一番影響を受けるのは、本当に大子町のような介護を受ける方がどんどんふえていく地域の私たちだし、皆さん方、お年をこれから召していく中で、家族の方に迷惑かけるかもしれない部分の皆さん方だし私であるし。なので、この制度を完全に100%うまく運用できないかもしれませんけれども、なるべくそれに近づけるためにはやはり今のうちに言っておかないとという部分があるのではないかなと思います。どうぞよろしくお願いいたします。

 では、次にいきます。

 今度は、要支援2までの方と3以上の方という形で、この新しい介護システムが運用されますよという部分で、例えば要支援が今の段階で1から2の方というのは、例えば訪問介護、それから福祉用具を介護予防給付として手当てしていきます。そして訪問介護ですね、介護でなくて、訪問介護と通所介護は市町村がこれから各地域で、皆様方の力でシステムをつくり上げて、地域支援事業とすると。財源としては国支出とするんですけれども、この今出た第6期計画に入るでしょうけれども、この中でうまく計画をつくり上げていく部分で間違いなく改善される点が出てくると思うんです、今後。この計画が、私見ていませんので、すばらしい計画かもしれませんけれども、この第6期計画の中でもそれをうたっていかなければならないのかもしれませんけれども、いわゆる市町村が実際的にその事業を担当していくという部分を示されましたけれども、これをどういうふうにするんですかという質問ではなくて、どう思われますか。うまくやっていく自信というか、自信がないとは言えないでしょうけれども、うまくやっていかなければならないんですけれども、今現在、この点は大変だねという部分があるんであれば、ちょっとお聞きしたいなと思っているんですが。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) サービスの種類、内容、人員基準、運営基準、単価等がまだ全国一律となっている予防給付のうち、訪問介護、通所介護について、市町村が地域の実情に応じ多様な主体による柔軟な取り組みにより、効果的かつ効率的にサービスを提供できるよう、市町村が取り組む地域支援事業に移行することになります。町としましても、現在行っているサービスは当然継続していかなければならないと考えております。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) しなければならない部分なんですけれども、この市町村、いわゆる大子町が担当する地域支援事業なんですけれども、これも答えは第6期計画の中に全てあるんだという部分なんでしょうけれども、どういう部分が変わってきますか。変わってきましたかって、この事業はこうなんだけどという変わり方じゃなくて、この大子町、例えば今の介護事業所がありますね、それから介護を受けている方もいらっしゃいますね。その方たちへの影響で一番これは変わるんじゃないのと思われるのは何かございますか、課長、両課長、どちらでも構いません。

     〔「通告ないものの答弁もしますけれども、通告にない部分でのお話をなさると、なかなか議員の求める答弁ができないで、苦しいです」と言う人あり〕



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) では、大子町が担当する地域支援事業ということだと思いますが、どう今思われていますか。

     〔「今お答えしました」と言う人あり〕



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) 今、町長のお答えがあったので、じゃ、そういう形で事業はされるんですけれども、未来の話ですが、今後どういうのがやるという形の部分で始まるんですけれども、こういうのが大変だな、大変だなというか、難しいなというのは、この大子町はどうなんですか。ありますか。ないならないで構いません。もううまくやっていくんだというんだったら、それでいいんです。



○議長(吉成好信君) 福祉課長。



◎福祉課長(塚田洋一君) 地域支援事業は移行するということですが、まず、大子町は今、介護保険の給付の中でこの事業を行って、事業所さんにお願いをしてサービスを提供していると。これが地域の実情に合わせた形でということになりますと、既存の事業所ももちろんですが、NPOさん、さらには民間事業者の育成、さらにはボランティアの参加というようなことも考えられます。ただ、現在の状況を見ますと、町内においてはNPOの活動、ボランティアの活動、都市部と比べますと、少し活動が顕著にあらわれていない部分がありますので、今後この分について地域支援サービスに移るということになれば、少し不安なところがあるのが現状でございます。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君。



◆12番(野内健一君) わかりました。

 多分、そこだろうと私も思います。本当にそうです、今、課長おっしゃったとおり、大子町で多分、今少ないのは、NPOなり、他の個人的な企業なりがそこに参入する段階が大子町はちょっと今少ないかも、今後も少ないかもしれないと思っています。そういうのを行政のほうでこれであればこれは民間で皆さんが志を高くして事業を興して、この介護の中でよりよくしようということで、収益を上げながらその介護事業の中に参入していくというのが多分理想なんです。だけど、ほかの自治体に、都市部の自治体とか農村の自治体は本当に難しいんですけれども、大子町それを少しでもこう活性化させるといいますか、そういう部分が最も今後やらなければならないのかなと思っておりますので、どうぞよろしくお願いします。

 あとは、最後といいますか、地域包括ケアシステムの最後の中で、この中で各種保険利用等となっていますけれども、これは各種保険の制度と直したほうがいいのかもしれません。その制度の中で、金額決定というのが応益主義というか、これ応益負担と言ったほうがいいのかもしれません。応能負担に、応益から応能に切りかわる方向と書いてしまいましたが、中を読んでいるとそういうふうに見えるんで、どう見ても応能主義に変わってくる。福祉ですから、実際は最初から応能主義でやるんであるのかなと思っていたら、この介護保険について。国民健康保険と同じような形で転嫁していこうという部分になってしまっていたんですけれども。応益というのは、いわゆるサービス利用そのものが利用者にとって受益だから、そのサービスの負担に費用が積み重なっていくのは、それは自己負担だろうという部分の考え方というのは当然だねという考え方がこの応益負担なんだろうと思うんですが、いわゆる負担能力を無視した受益者負担といったらいいんですか、サービス利用する必要があるのに、お金がないからサービスが利用できない方が実際はいらっしゃるのではないか。それから、1割負担分が家計の維持の負担になってしまっている。サービスを受けなければならないんだけれども、これ抑制しようと、利用しないようにしようということで、家族の負担、今度は施設に入らないで家族で見るようにという部分について、今度は介護負担が家族のストレスになってきてしまう部分の発生も、今現在、発生している部分があるんではないかなという部分が見られるんですが、すみません、この点についてはもう時間切れになるかと思いますので、改めて、すみません、今の質問は申しわけありません。ただ、その私は応益より応能のほうが福祉として定着しやすい、定着というのは、もともと福祉の事業というのは応能ではないかなと私は思っていたんです、応益ではなくて。それについてどう思われますか。その1点だけでいいです。



○議長(吉成好信君) 町長。



◎町長(益子英明君) 現在の介護保険の保険料の金額につきましては、総給付見込額を想定後、被保険者の所得に応じて保険料の額を決定をしております。今後も制度そのものの形態は大きく変わることはないと思われます。

 今回の制度改正の中に保険料の負担の増大の抑制のため、低所得者の保険料の軽減強化が提案され、5割軽減から7割軽減に拡大されております。町としましても、第6期介護保険事業計画を策定する中で、今後の給付見込額の把握をしまして、適切な介護保険料の設定を考えております。町民の皆様には介護保険制度の趣旨を説明しながら制度そのものの重要性、さらに制度継続を目指す必要性を丁寧に説明し、理解を深めていきたいと考えております。



○議長(吉成好信君) それでは、先ほどの答弁の中で、健康増進課長のほうから改めて訂正の発言がありますので、よろしくお願いします。

 健康増進課長。



◎健康増進課長(吉成正雄君) すみません。訂正申し上げます。

 先ほど、介護職種のみの打ち合わせ会議ということで、要支援者に係るサービス担当者会議の内容の報告がありましたが、それ以外の報告では把握していませんので、申しわけありません。

 あと、もう一点なんですけれども、歯科医師会議の出席ですが、地域包括支援センター運営協議会の委員として歯科医師さんのほうで出席されております。その会議のほかには歯科医師さんは入っておりませんので、訂正させていただきます。



○議長(吉成好信君) 12番、野内健一君の一般質問は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(吉成好信君) 以上で本日の日程は全部終了しました。

 本日はこれにて散会します。

 ご苦労さまでした。



△散会 午後2時02分