議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 東海村

平成28年  2月 臨時会(第1回) 02月09日−01号




平成28年  2月 臨時会(第1回) − 02月09日−01号









平成28年  2月 臨時会(第1回)



東海村告示第5号

 平成28年第1回東海村議会臨時会を次のとおり招集する。

  平成28年2月1日

                            東海村長 山田 修

1 期日  平成28年2月9日

2 場所  東海村議場

3 付議事件

 (1) 第1回臨時会の会期及び議事日程について

 (2) 議席について

 (3) 議長の選挙

 (4) 副議長の選挙

 (5) 常任委員会委員の選任

 (6) 議会運営委員会委員の選任

 (7) 茨城北農業共済事務組合議会議員の選挙

 (8) ひたちなか・東海広域事務組合議会議員の選挙

 (9) 茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙

 (10) 閉会中の継続調査申し出

 (11) 専決処分の承認を求めることについて

 (12) 東海村監査委員の選任について

          平成28年第1回東海村議会臨時会

                会期日程



日次
月日
曜日
開議時刻
区分
摘要


第1日
2月9日

午前10時
本会議
仮議席の指定
議長の選挙
議席の指定
会議録署名議員の指名
会期の決定
副議長の選挙
常任委員会委員の選任
議会運営委員会委員の選任
茨城北農業共済事務組合議会議員の選挙
ひたちなか・東海広域事務組合議会議員の選挙
茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙
議案上程及び議案説明
議案審議
閉会中の継続調査申し出



          平成28年第1回東海村議会臨時会

                       平成28年2月9日(火曜日)

1.議事日程(第1号 その1)

   第1 仮議席の指定

   第2 議長の選挙

  議事日程(第1号 その2)

   第1 議席の指定

   第2 会議録署名議員の指名

   第3 会期の決定

   第4 副議長の選挙

   第5 常任委員会委員の選任

   第6 議会運営委員会委員の選任

   第7 茨城北農業共済事務組合議会議員の選挙

   第8 ひたちなか・東海広域事務組合議会議員の選挙

   第9 茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙

   第10 議案上程及び議案説明

   第11 議案審議

   第12 閉会中の継続調査申し出

2.会議に付議した事件

   (第1号その1)

   議事日程第1 仮議席の指定

   議事日程第2 議長の選挙

    議選第1号(別掲)

   (第1号その2)

   議事日程第1 議席の指定

   議事日程第2 会議録署名議員の指名

    1番 新垣麻依子議員 2番 清宮寿子議員 3番 笹嶋士郎議員

   議事日程第3 会期の決定

    2月9日の1日間

   議事日程第4 副議長の選挙

    議選第2号(別掲)

   議事日程第5 常任委員会委員の選任

    選任第1号(別掲)

   追加日程第1 建設農政委員会委員の辞任

   追加日程第2 特別会計予算決算委員会委員の辞任

   議事日程第6 議会運営委員会委員の選任

    選任第2号(別掲)

   議事日程第7 茨城北農業共済事務組合議会議員の選挙

    議選第3号(別掲)

   議事日程第8 ひたちなか・東海広域事務組合議会議員の選挙

    議選第4号(別掲)

   議事日程第9 茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙

    議選第5号(別掲)

   議事日程第10 議案上程及び議案説明

    承認第1号(別掲)

    同意第1号(別掲)

   議事日程第11 議案審議

    承認第1号

    同意第1号

   議事日程第12 閉会中の継続調査申し出

3.出席議員は次のとおりである。(20名)

    1番  新垣麻依子議員      2番  清宮寿子議員

    3番  笹嶋士郎議員       4番  寺門定範議員

    5番  阿部功志議員       6番  村上 孝議員

    7番  植木伸寿議員       8番  岡崎 悟議員

    9番  舛井文夫議員      10番  吉田充宏議員

   11番  武部愼一議員      12番  恵利いつ議員

   13番  江田五六議員      14番  大名美恵子議員

   15番  河野健一議員      16番  越智辰哉議員

   17番  大内則夫議員      18番  村上邦男議員

   19番  飛田静幸議員      20番  鈴木 昇議員

4.欠席議員は次のとおりである。(0名)

5.説明のため会議に出席した者は次のとおりである。

 村長      山田 修       副村長     設樂隆久

 教育長     川崎松男       村長公室長   萩谷浩康

 総務部長    江幡和彦       村民生活部長  川崎明彦

 福祉部長    中村正美       建設農政部長  荒川直之

 会計管理者   永井 明       教育次長    佐藤文昭

 監査委員               農業委員会

         川崎秀雄               大内伸二

 事務局長               事務局長

6.本会議の書記は次のとおりである。

 議会事務局長  河野通則       次長      三瓶 剛

 係長      関田砂織       主事      佐藤直哉



△開会 午前10時00分



◎河野通則議会事務局長 おはようございます。ご参集お疲れさまです。事務局長の河野です。

 議員の皆様におかれましては、過般の選挙におきまして当選の栄を得ましたこと、心からお祝い申し上げます。

 本臨時会は一般選挙後の最初の議会であります。議長が選出されるまでの間、地方自治法第107条の規定によりまして、出席議員の中で年長の議員が臨時に議長の職を行うことになっております。年長の議員は村上孝議員でありますので、議長が決まるまでの間、臨時議長を務めていただきたいと思います。

 村上孝議員、議長席までおいでください。

 なお、写真撮影の申し出がありましたので、これを許可しております。

     〔村上孝議員、議長席へ着席〕



◎河野通則議会事務局長 村上孝議員からご挨拶があります。よろしくお願いします。



○村上孝臨時議長 ただいま年長であるとのことで指名をされました村上孝でございます。

 事務局長が申したとおり、地方自治法第107条の規定によって、これよりしばらくの間、臨時に議長の職務を務めさせていただきます。どうか議長選挙が終わるまで、ご協力をよろしくお願いいたします。

 ここでお諮りいたします。

 このたびの一般選挙におきまして、お互いに当選の栄を得まして、この議場に座る名誉に輝いたのでありますが、初対面の方もおいでになりますので、議員と執行部への挨拶を兼ねて自己紹介をお願いしたいと思いますが、いかがでしょうか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 それでは、ご異議ないようでございますので、ただいまから自己紹介をお願いいたします。お名前とお住まいの地区で結構かと思いますが、私から向かって左前列、新垣麻依子議員からお願いいたします。

 それでは、よろしくお願いいたします。



◆1番(新垣麻依子議員) 皆様おはようございます。豊白に在住しています新垣麻依子と申します。職業は看護師をしております。一番の若手ですが、精いっぱい頑張って務めさせていただきたいと思います。よろしくお願いいたします。



◆2番(清宮寿子議員) おはようございます。舟石川1区から出ました清宮寿子と申します。かなり70に近い年で立候補させていただいて、皆様のご支持をいただきまして、これからも本当に精いっぱい議会活動、議員活動を頑張るつもりでおりますので、今後ともよろしくお願いいたします。職業は一応会社役員をしております。よろしくお願いいたします。



◆3番(笹嶋士郎議員) おはようございます。須和間地区から来ました笹嶋士郎と申します。1月前まで行政の皆様と同じ東海村の役場のほう勤めさせていただきました。私のほうも、これから議会議員としてしっかりしていきたいと思いますので、ご協力またよろしくお願いいたします。よろしくお願いします。



◆4番(寺門定範議員) おはようございます。石神外宿の寺門定範と申します。よろしくお願いいたします。職業のほうは会社員、原電のほうに勤めております。よろしくお願いします。



◆5番(阿部功志議員) 白方中央の阿部功志です。より開かれた議会、村民と議会、村民と村とをより密接に結びつけるような仕事をこれからしていきたいと思います。よろしくお願いいたします。



◆7番(植木伸寿議員) 舟石川1区在住の植木伸寿でございます。しっかりと頑張ってまいります。どうぞよろしくお願い申し上げます。



◆8番(岡崎悟議員) 白方の岡崎悟でございます。今後ともよろしくお願いいたします。お世話になります。



◆9番(舛井文夫議員) 舟石川1区から選出されて4期目になります。もとは県庁職員ということで県で仕事をしておりました。昭和4年に舛井の宗家から分家しまして、私で3代目でございます。水呑み百姓の小せがれでございます。



◆10番(吉田充宏議員) おはようございます。白方の吉田でございます。また4年間、どうぞよろしくお願いします。



◆11番(武部愼一議員) 村松北、武部愼一です。これからもよろしくお願いいたします。



◆12番(恵利いつ議員) おはようございます。真崎区在住の恵利でございます。これまでの8年の経験を生かし、しっかりと次の4年頑張りますので、またよろしくお願いいたします。



◆13番(江田五六議員) 内宿在住の江田五六でございます。これから4年間よろしくお願いいたします。



◆14番(大名美恵子議員) おはようございます。村松の中でも押延というところに住んでおります大名美恵子です。これからも住民の皆さんと一緒に取り組む議会活動、進めていきたいと思っております。どうぞよろしくお願いいたします。



◆15番(河野健一議員) 白方在住の河野健一です。今後4年間よろしくお願いいたします。



◆16番(越智辰哉議員) 須和間区在住の越智辰哉です。3期目になりました。どうぞよろしくお願いします。



◆17番(大内則夫議員) おはようございます。真崎の大内でございます。これから4年間またお世話になります。よろしくお願いします。



◆18番(村上邦男議員) おはようございます。石神内宿の村上でございます。4年間一生懸命頑張らせてもらいます。よろしくお願いします。



◆19番(飛田静幸議員) おはようございます。舟石川駅西在住の飛田静幸です。どうぞよろしくお願いいたします。



◆20番(鈴木昇議員) 照沼の鈴木昇です。よろしくお願いします。



○村上孝臨時議長 最後に、私、村上孝であります。石神内宿に住んでおります。よろしくお願いいたします。

 以上で議員の自己紹介は終わりました。

 続きまして、村長の挨拶の後、本日出席している執行部各位も自己紹介をお願いいたします。

 まず、村長お願いいたします。



◎山田修村長 (登壇)改めまして、おはようございます。平成28年第1回東海村議会臨時会の開催に当たりまして、一言ご挨拶を申し上げます。

 議員各位には、去る1月24日に行われました東海村議会議員選挙におきまして、村民の負託をお受けになり、めでたく当選の栄に浴されましたことを心からお祝い申し上げます。

 議会は住民の意思を代表する機関でありますので、議員と執行部がそれぞれの立場により議論を尽くして、ともに歩みを進めながら、住民福祉の向上のためにご活躍いただきますようお願い申し上げます。

 さて、現在の村政について幾つかご説明させていただきます。

 まず村政運営の基本的な考え方ですが、平成23年度からスタートしています東海村第5次総合計画に掲げられた基本構想に基づき、前期と後期に分けた基本計画を策定した上で分野ごとに政策を推進しているところであります。平成28年度からは後期基本計画をベースにしながら、アクションプランとして取りまとめた実施計画に基づき、着実に各種施策に取り組んでまいりたいと考えております。

 次に、まち・ひと・しごと創生についてですが、本格的な人口減少社会を迎える中で、本村においても地方創生は喫緊の課題であると認識しており、昨年10月末に人口ビジョンと総合計画を策定したところです。本村が目指す将来の人口規模としまして、2040年の総人口を3万8,000人と展望し、若い世代の定住化促進に向けて、雇用の創出や希望の持てる子育て環境を実現するため、積極的な取り組みを進めてまいりたいと考えております。

 さらに、原子力政策についてですが、東海第二発電所は現在、新規制基準に基づく適合性審査が継続されているところであり、今後の動向は不透明でありますが、引き続き慎重に丁寧に対応してまいりたいと考えております。

 なお、地域防災計画上の広域避難計画につきましては、ガイドブックの作成とあわせて今後、住民の皆様への説明を行いながら、実効性のある計画策定に努めてまいりたいと考えております。

 以上、申し上げましたもの以外にも村政にはさまざまな課題がありますが、議員各位におかれましては、東海村発展のため引き続きご尽力いただきますとともに、執行部に対してのご指導もあわせてお願い申し上げ、私の挨拶といたします。



○村上孝臨時議長 それでは、副村長より順に自己紹介をお願いいたします。



◎設樂隆久副村長 おはようございます。副村長の設樂隆久でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



◎川崎松男教育長 おはようございます。教育長の川崎松男です。よろしくお願いいたします。



◎萩谷浩康村長公室長 おはようございます。村長公室長の萩谷浩康でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



◎江幡和彦総務部長 おはようございます。総務部長の江幡和彦でございます。どうぞよろしくお願い申し上げます。



◎川崎明彦村民生活部長 おはようございます。村民生活部長の川崎明彦でございます。よろしくお願いいたします。



◎中村正美福祉部長 おはようございます。福祉部長の中村正美でございます。よろしくお願いいたします。



◎荒川直之建設農政部長 おはようございます。建設農政部長の荒川直之でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



◎佐藤文昭教育次長 おはようございます。教育次長の佐藤文昭と申します。よろしくお願いいたします。



◎永井明会計管理者 おはようございます。会計管理者兼会計課長の永井明といいます。どうぞよろしくお願いします。



◎川崎秀雄監査委員事務局長 監査委員事務局長の川崎秀雄と申します。どうぞよろしくお願いします。



◎大内伸二農業委員会事務局長 農業委員会事務局長の大内伸二でございます。どうぞよろしくお願いいたします。



○村上孝臨時議長 以上で執行部の紹介は終わりました。

 これより平成28年第1回東海村議会臨時会を開会いたします。

 ただいまの出席議員は20名であり、定足数に達しておりますので、平成28年第1回東海村議会臨時会は成立いたしました。

 議事を進める順序につきましては、お手元に議事日程(第1号その1)が配付されていると思います。この順序に従って議事を進めることにいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程(その1)第1 仮議席の指定



○村上孝臨時議長 日程第1、仮議席の指定を行います。

 仮議席は、ただいま議員各位が着席しておりますその席を仮議席といたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程(その1)第2 議長の選挙



○村上孝臨時議長 日程第2、議長の選挙を行います。

 選挙の方法は投票により行います。

 議場の出入り口を閉鎖します。

     〔議場閉鎖〕



○村上孝臨時議長 ただいまの出席議員数は20名であります。

 次に、立会人を指名します。東海村議会会議規則第32条第2項の規定によって、立会人に1番、新垣麻依子議員、2番、清宮寿子議員、3番、笹嶋士郎議員の以上3名を指名いたします。

 これより投票用紙を配付いたします。

     〔投票用紙配付〕



○村上孝臨時議長 念のために申し上げます。投票は単記無記名であります。

 なお、投票の効力は、白票及び同姓の議員2名以上の場合、姓のみの記載は無効となりますので、姓名をご記入してください。

 では、投票用紙の配付漏れはございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 配付漏れはなしと認めます。

 それでは、先ほど指名された3名の方、投票箱の確認をお願いいたします。

 どうぞ、前に来てください。

     〔投票箱点検〕



○村上孝臨時議長 投票箱については異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票をお願いいたします。

     〔事務局長点呼・投票〕



○村上孝臨時議長 投票漏れはございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 投票漏れはなしと認めます。

 投票を終わります。

 ただいまより開票を行います。

 3名の立会人は開票の立ち会いをお願いいたします。

     〔開票〕



○村上孝臨時議長 選挙の結果を事務局長から報告させます。



◎河野通則議会事務局長 報告いたします。

 投票総数 20票

 有効投票 20票

 無効投票  0票です。

 有効投票のうち、舛井文夫議員   14票

         村上 孝議員    5票

         大名美恵子議員   1票

 以上でございます。



○村上孝臨時議長 報告は終わりました。

 この選挙の法定得票数は5票であります。

 したがって、舛井文夫議員が議長に当選されました。

 ここで議場の出入り口を開きます。

     〔議場開鎖〕



○村上孝臨時議長 ただいま議長に当選いたしました舛井文夫議員に対し、東海村議会会議規則第33条第2項の規定により、本席から当選の告知をいたします。

 議長に当選されました舛井文夫議員より、ご挨拶があります。



○舛井文夫議長 (登壇)ありがとうございます。村松村と石神村が合併して東海村となった60年目の節目の年、東海村議会発足以来第33代目の議長に就任することになりましたが、推挙していただいた同士の皆様に心からお礼申し上げます。

 さんさんとは輝きませんが、議長の職務に一意専心することを誓います。

 さて、このたびの第16回目の村議会議員選挙の投票率は過去最低の57.98%であり、現職議員で票を増やした議員3名を除いて全て票を減らすという、我々4年間の村議会活動に対する厳しい村民の審判がありました。

 一方、新人議員5名は15位以内で上位で当選し、村民から大きな期待を受けており、今後のご活躍にエールを送ります。

 私は4年前に当選した際に、通年議会と東海村議会史の編さんを主張しましたが、多数の意見とはならず、日の目を見ることはありませんでした。村長の招集により、年4回の本会議会が開催されるのではなく、議会の判断で、いつでも本会議が開催できるようにすることが議会活性化になるものと思います。本県でも、先の水害を受けた常総市や守谷市では既に実施しております。来年から実施できるよう議会運営委員会にて検討されるよう、議長より特にお願い申し上げます。

 また、東海村議会史の編さんについては、過去60年の村議会においては当初予算の否決が2回、百条委員会の設置や発言取り消しなどがありましたが、現在では事務局の職員も知らないといった状況でございます。村議会には予算も人材も資料もなく、村長部局の協力なしには何もできません。村長も東海村60年の実体験はなく、11期や9期、8期のベテランの元議員が健在のうちに、エピソードや体験談を含めた議会史にしたいと思いますので、村長の協力をぜひお願いします。

 最後に、私こと6月で70歳の古希を迎えます。村民や住民の声は届くのですが、人の声が加齢により聞きにくくなっております。内緒話やひそひそ話はできませんので、1オクターブ上げて高い声で話をしてくれることをお願いしまして、議長就任の挨拶といたします。(拍手)



○村上孝臨時議長 ただいま議長就任の挨拶が終わりました。

 これをもちまして、臨時議長としての職務は終わりました。

 ここで新しい議長と交代します。ご協力ありがとうございました。(拍手)

     〔舛井文夫議長、議長席へ着席〕



○舛井文夫議長 ここで休憩といたします。



△休憩 午前10時32分



△再開 午前10時46分



○舛井文夫議長 休憩前に引き続き再開いたします。

 それでは、これからの議事はお手元に配付しました議事日程(第1号その2)のとおり進めます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程(その2)第1 議席の指定



○舛井文夫議長 日程第1、議席の指定を議題といたします。

 議席は、東海村議会会議規則第4条第1項の規定により、ただいま着席している席をそのまま議席として指定します。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程(その2)第2 会議録署名議員の指名



○舛井文夫議長 日程第2、会議録署名議員の指名を議題といたします。

 本臨時会の会議録署名議員は、東海村議会会議規則第126条の規定により3名を指名します。

 1番、新垣麻依子議員、2番、清宮寿子議員、3番、笹嶋士郎議員。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程(その2)第3 会期の決定



○舛井文夫議長 日程第3、会期の決定の件を議題とします。

 お諮りします。

 本臨時会の会期につきましては、お手元に配付いたしました会期日程案により、本日1日としたいと思いますが、ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認め、本臨時会の会期は本日1日と決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程(その2)第4 副議長の選挙



○舛井文夫議長 日程第4、副議長の選挙を行います。

 選挙の方法は投票により行います。

 議場の出入り口を閉鎖します。

     〔議場閉鎖〕



○舛井文夫議長 ただいまの出席議員数は20名であります。

 次に、立会人を指名します。東海村議会会議規則第32条第2項の規定により、立会人に1番、新垣麻依子議員、2番、清宮寿子議員、3番、笹嶋士郎議員の以上3名を指名いたします。

 これより投票用紙を配付いたします。

     〔投票用紙配付〕



○舛井文夫議長 念のため申し上げます。投票は単記無記名であります。

 なお、投票の効力は、白票及び同姓の議員2名以上の場合、姓のみの記載は無効となりますので、姓名をご記入ください。

 投票用紙の配付漏れはございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 配付漏れなしと認めます。

 それでは、先ほど指名された3名の方、投票箱の確認をお願いいたします。

     〔投票箱点検〕



○舛井文夫議長 投票箱については異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票をお願いします。

     〔事務局長点呼・投票〕



○舛井文夫議長 投票漏れはございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終わります。

 開票を行います。

 3名の立会人は開票の立ち会いをお願いします。

     〔開票〕



○舛井文夫議長 選挙の結果を事務局長から報告させます。



◎河野通則議会事務局長 報告いたします。

 投票総数 20票

 有効投票 20票

 無効投票  0票です。

 有効投票のうち、岡崎 悟議員   14票

         江田五六議員    4票

         大名美恵子議員   1票

         村上 孝議員    1票

 以上であります。



○舛井文夫議長 報告は終わりました。

 この選挙の法定得票数は5票であります。

 したがいまして、岡崎悟議員が副議長に当選されました。

 ここで議場の出入り口を開きます。

     〔議場開鎖〕



○舛井文夫議長 ただいま副議長に当選いたしました岡崎悟議員に対し、東海村議会会議規則第33条第2項の規定により、本席からの当選の告知をいたします。

 副議長に当選されました岡崎議員より、ご挨拶があります。



◆岡崎悟副議長 (登壇)ただいまご推挙を賜り、副議長の重責を拝しました岡崎悟でございます。

 舛井議長のもと、これまでの東海村の議員諸先輩の皆様が議会の中で築かれてこられた歴史と伝統に恥じることのないよう懸命に職務を全うしてまいりたいと考えております。

 今、東海村はまさしく地方の時代に入り、東海村発信の情報の発信、そしてまた東海村は村独自の課題が山積しております。今後も皆様の声をいただき、また村長はじめ村執行部の皆様とともに「住んでよかった東海村」を築いてまいるよう舛井議長ともどもに、また舛井議長のもとしっかりと働かせていただく所存でございます。

 このような席をいただきまして、ありがとうございます。今後もしっかり働いてまいります。ありがとうございます。よろしくお願い申します。(拍手)

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程(その2)第5 常任委員会委員の選任



○舛井文夫議長 日程第5、常任委員会委員の選任を行います。

 お諮りいたします。

 常任委員会委員の選任については、東海村議会委員会条例第5条第1項の規定により、お手元に配付しました名簿のとおり指名したいと思いますが、ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。

 したがいまして、常任委員会委員はお手元に配付しました名簿のとおり選任することに決定しました。

 それでは、これから各常任委員会を開催して、委員長、副委員長の選任をお願いします。

 ここで休憩いたします。委員会が終了次第、再開いたします。



△休憩 午前10時55分



△再開 午前11時13分



○岡崎悟副議長 休憩前に引き続き再開いたします。

 議長を交代します。

 それでは、各常任委員会委員長並びに副委員長選出の結果について事務局長から報告させます。



◎河野通則議会事務局長 それでは、報告いたします。

 総務委員会ですが、委員長に越智辰哉議員、副委員長に武部愼一議員。文教厚生委員長に河野健一議員、副委員長に大名美恵子議員。建設農政委員会、委員長に吉田充宏議員、副委員長に植木伸寿議員。一般会計予算決算委員会、委員長に岡崎悟議員、副委員長に恵利いつ議員。特別会計予算決算委員会、委員長に鈴木昇議員、副委員長に江田五六議員であります。

 以上です。



○岡崎悟副議長 ただいま議長である舛井文夫議員から、建設農政委員会委員辞任願及び特別会計予算決算委員会辞任願が提出されました。

 お諮りいたします。

 建設農政委員会委員辞任願及び特別会計予算決算委員会委員辞任願の件を日程に追加し、議題としたいと思いますが、ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認め、建設農政委員会委員辞任及び特別会計予算決算委員会委員辞任の件を日程に追加し、追加日程第1及び追加日程第2として議題とすることに決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第1 建設農政委員会委員の辞任



○岡崎悟副議長 追加日程第1、建設農政委員会委員辞任の件を議題とします。

 地方自治法第117条の規定により、舛井文夫議員の退場を求めます。

     〔舛井文夫議員、退場〕



○岡崎悟副議長 事務局長に辞任願を朗読させます。



◎河野通則議会事務局長 朗読いたします。

 建設農政委員会委員辞任願。

 東海村議会副議長、岡崎悟様。平成28年2月9日、東海村議会議長、舛井文夫。

 このたび議長就任に伴い、建設農政委員会委員を辞任したいので、許可されるよう願い出ます。

 以上でございます。



○岡崎悟副議長 お諮りいたします。

 舛井文夫議員から申し出があった建設農政委員会委員の辞任を許可することにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認め、舛井文夫議員の建設農政委員会委員の辞任を許可することに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△追加日程第2 特別会計予算決算委員会委員の辞任



○岡崎悟副議長 続きまして、追加日程第2、特別会計予算決算委員会委員の辞任の件を議題とします。

 事務局長に辞任願を朗読させます。



◎河野通則議会事務局長 辞任願。

 東海村議会副議長、岡崎悟様。平成28年2月9日、東海村議会議長、舛井文夫。

 このたび議長就任に伴い、特別会計予算決算委員会委員を辞任したいので、許可されるよう願い出ます。

 以上でございます。



○岡崎悟副議長 お諮りいたします。

 舛井文夫議員から申し出のあった特別会計予算決算委員会委員の辞任を許可することに異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認め、舛井文夫議員の特別会計予算決算委員会委員の辞任を許可することに決定しました。

 舛井文夫議員の入場を認めます。

     〔舛井文夫議員、入場〕



○岡崎悟副議長 議長の交代をいたします。

     〔議長、副議長と交代〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程(その2)第6 議会運営委員会委員の選任



○舛井文夫議長 日程第6、議会運営委員会委員の選任を行います。

 お諮りします。

 議会運営委員会委員の選任については、東海村議会委員会条例第5条第1項の規定により、お手元に配付しました名簿のとおり指名したいと思いますが、ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認めます。

 したがいまして、議会運営委員会委員はお手元に配付しました名簿のとおり選任することに決定いたしました。

 それでは、これから議会運営委員会を開催して、委員長、副委員長の選出をお願いいたします。

 ここで休憩いたします。



△休憩 午前11時20分



△再開 午前11時26分



○舛井文夫議長 休憩前に引き続き再開いたします。

 それでは、議会運営委員会の委員長、副委員長の選出結果について事務局長から報告させます。



◎河野通則議会事務局長 報告いたします。

 議会運営委員会委員長に大内則夫議員、副委員長に飛田静幸議員が選出されました。

 以上でございます。



○舛井文夫議長 報告は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程(その2)第7 茨城北農業共済事務組合議会議員の選挙



○舛井文夫議長 日程第7、茨城北農業共済事務組合議会議員の選挙の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により行いたいと思いますが、ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認め、選挙の方法は指名推選により行うことに決定いたしました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、議長において指名することにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認め、茨城北農業共済事務組合議会議員に吉田充宏議員を指名したいと思いますが、ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認め、ただいま指名した吉田充宏議員を茨城北農業共済事務組合議会議員の当選者とすることに決定いたしました。

 資料配りますので、暫時休憩します。



△休憩 午前11時27分



△再開 午前11時29分



○舛井文夫議長 休憩前に引き続き再開いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程(その2)第8 ひたちなか・東海広域事務組合議会議員の選挙



○舛井文夫議長 日程第8、ひたちなか・東海広域事務組合議会議員の選挙の件を議題といたします。

 お諮りいたします。

 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により、指名推選により行いたいと思いますが、ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認め、選挙の方法は指名推選により行うことに決定いたしました。

 お諮りいたします。

 指名の方法については、議長において指名することにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認め、ひたちなか・東海広域事務組合議会議員に鈴木昇議員、江田五六議員及び阿部功志議員を指名したいと思いますが、ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認め、ただいま指名した鈴木昇議員、江田五六議員及び阿部功志議員をひたちなか・東海広域事務組合議会議員の当選者とすることに決定いたしました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程(その2)第9 茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙



○舛井文夫議長 日程第9、茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員の選挙を行います。

 選挙の方法は投票により行います。

 議場の出入り口を閉鎖します。

     〔議場閉鎖〕



○舛井文夫議長 ただいまの出席議員数は20名であります。

 次に、立会人を指名します。東海村議会会議規則第32条第2項の規定により、立会人に1番、新垣麻依子議員、2番、清宮寿子議員、3番、笹嶋士郎議員の以上3名を指名いたします。

 これより投票用紙を配付いたします。

     〔投票用紙配付〕



○舛井文夫議長 投票前に念のため申します。投票は単記無記名であります。

 なお、投票の効力は、白票及び同姓の議員2名以上の場合、姓のみの記載は無効となりますので、姓名を記入してください。

 投票用紙の配付漏れはございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 配付漏れなしと認めます。

 それでは、先ほど指名された3名の方、投票箱の確認をお願いいたします。

     〔投票箱点検〕



○舛井文夫議長 投票箱については異状なしと認めます。

 ただいまから投票を行います。

 事務局長が議席番号と氏名を呼び上げますので、順番に投票をお願いします。

     〔事務局長点呼・投票〕



○舛井文夫議長 投票漏れはございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 投票漏れなしと認めます。

 投票を終わります。

 開票を行います。

 3名の立会人は開票の立ち会いをお願いします。

     〔開票〕



○舛井文夫議長 選挙の結果を事務局長から報告させます。



◎河野通則議会事務局長 報告いたします。

 投票総数 20票

 有効投票 20票

 無効投票  0票です。

 有効投票のうち、岡崎 悟議員   10票

         大名美恵子議員   7票

         鈴木 昇議員    1票

         河野健一議員    1票

         清宮寿子議員    1票であります。



○舛井文夫議長 報告は終わりました。

 この選挙の法定得票数は5票であります。

 したがって、岡崎悟議員が茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選されました。

 ここで議場の出入り口を開きます。

     〔議場開鎖〕



○舛井文夫議長 ただいま茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選しました岡崎悟議員に対し、東海村議会会議規則第33条第2項の規定により、本席から当選の告知をいたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程(その2)第10 議案上程及び議案説明



○舛井文夫議長 日程第10、議案上程及び議案説明を議題とします。

 本臨時会に提出された議案につきましては、お手元に配付しました村長提出議案等一覧表のとおりであります。

 上程議案の提案理由説明を求めます。

 村長。



◎山田修村長 (登壇)平成28年第1回東海村議会臨時会に当たり、提出いたしました議案の概要についてご説明申し上げます。

 今回提出いたしました議案は、専決処分の承認1件、人事案件1件の合計2件でございます。

 承認第1号 東海村税条例等の一部を改正する条例の一部を改正する条例の専決処分の承認につきましては、平成28年度税制改正の大綱において、行政手続における特定の個人を識別するための番号の利用等に関する法律に係る一部の手続における個人番号の利用の取り扱いを見直す方針が示されたことを受け、東海村税条例等の一部を改正する条例を改正する必要が生じたため、専決処分をしましたので、地方自治法第179条第3項の規定により報告し、承認を求めるものでございます。

 同意第1号 東海村監査委員の選任につきましては、このたびの議会改選に伴い、新たに議員選出監査委員として飛田静幸氏を選任したいので、地方自治法第196条第1項の規定により、議会の同意を求めるものでございます。

 以上、提出いたしました議案について概要を申し上げましたが、詳細につきましては、お手元の議案書等によりご審議の上、適切なる議決を賜りますようお願い申し上げます。

 以上で提案理由の説明を終わらせていただきます。



○舛井文夫議長 上程議案の提案理由説明は終わりました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程(その2)第11 議案審議



○舛井文夫議長 日程第11、議案審議を行います。

 承認第1号 専決処分の承認を求めることについて質疑を行います。

 質疑ございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 質疑なしと認めます。

 これで質疑を終了します。

 これから討論を行います。

 討論はございませんか。

 大名議員。



◆14番(大名美恵子議員) (登壇)日本共産党の大名美恵子です。承認第1号 東海村税条例等の一部を改正する条例の一部を改正する条例に反対の立場から討論を行います。

 赤ちゃんからお年寄りまで、日本に住む人に一人残らず12桁の番号を割り振って、国が管理するマイナンバー制度の利用が始まりました。初期費用だけで約3,000億円も投じ、国民にも、自治体、企業にも多大な負担と労力を求めるマイナンバー制度ですが、国民には政府が宣伝するようなメリットはありません。

 マイナンバーによって、現在は各機関で管理されている年金、税金、住民票などの個人情報が容易に1つに結びつけられることになります。そのことにより、年金申請や転居のときの行政手続が簡単になると政府は売り込みます。しかし、そんな手続は日常生活では頻繁にはありません。むしろ個人情報を簡単に引き出せるマイナンバーを他人に見られないようにしたり、紛失しないようにしたりする手間が大変です。個人情報は分散して管理をしたほうがリスクは低くなるのに、マイナンバーのように一元化するやり方は個人情報を格段に危険にさらす逆行でしかありません。

 しかも、政府・与党はマイナンバーを銀行口座や健康診断などの情報にも結びつける方針です。健康保険証や図書館の貸し出しに使う案まで検討しています。利用範囲を野放図に広げる意向が官民から続出していることは、「利用対象を限っているから安全」という政府の安全神話が全く成り立たないことを示しています。

 マイナンバーは国民の願いから生まれたのではありません。国民の所得、資産を厳格につかみ、徴税、社会保険料徴収の強化などを効率よく実施、管理したい政府と、マイナンバーをビジネスチャンスにしたい大企業の長年の要求から出発したものです。このような狙いの制度で、国民のプライバシーが侵害されていいはずがありません。

 今回の税条例改正は、申告時または申告後に行う減免申請に関して、管理負担をほんの一部軽減するもので、市民、自治体、企業の多大な負担と労力はほとんど変わりません。負担の軽減を語るなら、このまま突き進むのではなく、凍結、中止こそ行うべきです。村においては村民生活をよく踏まえ、凍結中止の主体的判断が求められていました。一部の見直しでマイナンバー制度を推進するものであり、条例案に反対します。

 以上述べまして、承認第1号に反対する討論といたします。



○舛井文夫議長 ほかに討論はございませんか。

     〔「なし」と呼ぶ者あり〕

 討論なしと認めます。

 これで討論を終了します。

 これから承認第1号について採決します。

 本案に賛成の方は起立願います。

     〔起立多数〕

 起立多数。

 よって、承認第1号は原案のとおり承認することに決しました。



○舛井文夫議長 同意第1号 東海村監査委員の選任について。

 飛田静幸議員の退場を求めます。

     〔飛田静幸議員、退場〕

 本件は人事案件でありますので、質疑、討論を省略し、採決したいと思いますが、ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認め、採決することに決しました。

 本案に賛成の方の起立を願います。

     〔起立多数〕

 起立多数。

 よって、同意第1号については原案のとおり同意することに決しました。

 飛田静幸議員の入場を求めます。

     〔飛田静幸議員、入場〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△議事日程(その2)第12 閉会中の継続調査申し出



○舛井文夫議長 日程第12、閉会中の継続調査申し出の件を議題とします。

 議会運営委員長から、お手元に配付しました申出書のとおり、閉会中の継続調査の申し出がありました。

 お諮りします。

 委員長からの申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕

 異議なしと認め、申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決定しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



○舛井文夫議長 以上をもちまして、本臨時会に付議された事件は全て終了いたしました。

 これをもちまして、平成28年第1回東海村議会臨時会を閉会いたします。

 ご苦労さまでした。



△閉会 午前11時46分

地方自治法第123条第2項の規定により下記に署名する。

  平成28年2月9日

   東海村議会臨時議長 村上 孝

   東海村議会議長   舛井文夫

   東海村議会副議長  岡崎 悟

   署名議員      新垣麻依子

   署名議員      清宮寿子

   署名議員      笹嶋士郎