議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 神栖市

平成22年 12月 定例会(第4回) P.1  12月14日−01号




平成22年 12月 定例会(第4回) − 12月14日−01号









平成22年 12月 定例会(第4回)



               招集告示

神栖市告示第129号

    平成22年第4回神栖市議会定例会を、次のとおり招集する。

       平成22年11月25日

                            神栖市長 保立一男

     1 期日  平成22年12月14日

     2 場所  神栖市議会議場

          平成22年第4回神栖市議会定例会会期日程

                               (会期11日間)



月日
曜日
議事
備考


12.14

本会議(開会・提案理由説明)
 


15

本会議(一般質問)
 


16

本会議(議案質疑)
 


17

休会(各常任委員会)
 


18

休会
 


19

休会
 


20

休会(議事整理)
 


21

休会(議事整理)
 


22

休会(議事整理)
 


23

休会
 


24

本会議(委員長報告・討論・採決・閉会)
 



          平成22年第4回神栖市議会定例会会議録

議事日程(第1号)

  平成22年12月14日(火)午前10時開会

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期の件

日程第3 議案第1号 神栖市税条例の一部を改正する条例

     議案第2号 平成22年度神栖市一般会計補正予算(第4号)

     議案第3号 平成22年度神栖市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)

     議案第4号 平成22年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第5号 平成22年度神栖市介護保険特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)

     議案第6号 平成22年度神栖市水道事業会計補正予算(第1号)

     議案第7号 神栖市道路線の認定について

     議案第8号 神栖市道路線の廃止について

           〔市長提案理由説明〕

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

本日の会議に付した案件

日程第1 会議録署名議員の指名

日程第2 会期の件

日程第3 議案第1号 神栖市税条例の一部を改正する条例

     議案第2号 平成22年度神栖市一般会計補正予算(第4号)

     議案第3号 平成22年度神栖市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)

     議案第4号 平成22年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

     議案第5号 平成22年度神栖市介護保険特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)

     議案第6号 平成22年度神栖市水道事業会計補正予算(第1号)

     議案第7号 神栖市道路線の認定について

     議案第8号 神栖市道路線の廃止について

           〔市長提案理由説明〕

出席議員(25人)

 議長 26番  長谷川 隆君  副議長 13番  大槻邦夫君

     1番  遠藤貴之君        2番  野口文孝君

     3番  後藤潤一郎君       5番  五十嵐清美君

     6番  佐藤節子君        7番  安藤昌義君

     8番  飯田耕造君        9番  伊藤 大君

    10番  古徳 等君       11番  神崎 清君

    12番  木内敏之君       14番  山中正一君

    15番  野口一洋君       17番  泉 純一郎君

    18番  三好 忠君       19番  柳堀 弘君

    20番  宮川一郎君       21番  藤田昭泰君

    22番  山本 守君       23番  長谷川治吉君

    25番  梅原 章君       27番  中村勇司君

    28番  山本源一郎君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

欠席議員(1名)

    16番  小山茂雄君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

説明のため出席した者

       市長          保立一男君

       副市長         鈴木 誠君

       教育長         新谷茂生君

       総務部長兼秘書課長   阿部文雄君

       企画部長        野口芳夫君

       波崎総合支所長     菅谷利雄君

       健康福祉部長      坂本義勝君

       生活環境部長      石神 貴君

       都市整備部長      五十嵐俊雄君

       産業経済部長      関川克美君

       会計管理者       仲本 守君

       教育部長        大槻俊雄君

       参事兼総務課長     大槻幸一君

       参事兼教育総務課長   池田 明君

       参事兼学務課長     内山 三君

       参事兼監査委員事務局長 石井由春君

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

議会事務局出席者

       議会事務局長      根本善博

       議事課長        斎藤邦夫

       議事課副参事兼課長補佐 高安永夫



△開会 午前10時00分



△開会の宣告



○議長(長谷川隆君) ただいまから平成22年第4回神栖市議会定例会を開会いたします。

 これから本日の会議を開きます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△諸般の報告



○議長(長谷川隆君) 諸般の報告をいたします。

 まず、各常任委員会委員長並びに議会運営委員会委員長から、先般実施した所管事務調査報告書が提出されましたので、その写しをお手元に配付してあります。

 次に、茨城県市議会議長会主催の議員研修会について、派遣議員から研修報告書が提出されましたので、その写しをお手元に配付してあります。

 次に、閉会中における委員会の開催については、お手元に配付しました委員会活動状況一覧表のとおりであります。

 次に、5件の陳情が提出されておりますので、請願・陳情文書表とあわせ、その写しをお手元に配付してあります。

 次に、市長から地方自治法第180条第2項の規定により、2件の専決処分についての報告及び主要施策等報告がありましたので、その写しをお手元に配付してあります。

 次に、監査委員から地方自治法第235条の2第3項の規定により、平成22年8月分ないし10月分の一般会計、各特別会計及び水道事業会計の出納検査の結果報告がありましたので、その写しをお手元に配付してあります。

 次に、地方自治法第121条の規定により、説明のため本定例会の会議に出席を求めた者の職、氏名はお手元に配付してあります説明員名簿のとおりであります。

 それぞれごらんおきいただきたいと存じます。

 次に、さきの第3回定例会から、インターネットによる本会議の映像配信を開始いたしておりますが、今定例会から生中継と録画配信を実施いたしましたので、ご承知おき願います。

 次に、執行部にお願いを申し上げます。議案書に誤謬箇所が多く見受けられます。さらに慎重なる取り扱いをお願いいたします。

 以上で、諸般の報告を終了いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第1 会議録署名議員の指名



○議長(長谷川隆君) これより議事日程に入ります。

 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。

 神栖市議会会議規則第81条の規定により、

 15番 野口一洋議員

 17番 泉 純一郎議員

 18番 三好 忠議員

 をそれぞれ指名いたします。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第2 会期の件



○議長(長谷川隆君) 日程第2、会期の件を議題といたします。

 本件につきましては、去る12月1日、議会運営委員会を開催いたしております。その協議の結果について、同委員長から報告を求めます。

 9番、伊藤大議員。

     〔議会運営委員会委員長 伊藤 大君 登壇〕



◆議会運営委員会委員長(伊藤大君) 議長のご指名をいただきましたので、平成22年第4回定例会の会期日程案等についてご説明をいたします。

 議会運営委員会は、去る12月1日に委員会を開催し、本定例会の運営について協議をいたしました。その内容につきまして順次申し上げます。

 まず、一般質問ですが、通告順に行い、12月15日に3人と申し合わせをいたしました。

 次に、本定例会に提案されます議案は条例関係議案1件、予算関係議案5件、その他の議案2件の計8件であります。これらの議案審査の方法は、本会議での質疑終了後、所管の各常任委員会へ付託をして審査することとし、最終日に委員長の報告を行うことに申し合わせ決定をいたしました。

 次に、会期日程等については、本日から24日までの11日間とし、日程については、お手元に配付してあります平成22年第4回神栖市議会定例会会期日程案のとおりであります。

 最後に、鹿行農民組合から提出された2件の陳情及び全日本年金者組合から提出された3件の陳情につきましては、議場に配付のみとすることに申し合わせ決定をいたしました。

 以上が、本定例会の運営についての委員会の協議結果でございます。本定例会が円滑に運営されますよう各位のご協力をお願い申し上げ、報告を終わります。



○議長(長谷川隆君) 以上で委員長報告を終わります。

 これより委員長報告に対する質疑に入ります。−−質疑がないようですから、質疑を終結いたします。

 これより討論に入ります。−−討論なしと認め、討論を終結いたします。

 これより日程第2、会期の件を採決いたします。

 お諮りいたします。

 議会運営委員会の委員長報告のとおり、本定例会の会期を本日から12月24日までの11日間としたいと思いますが、ご異議ございませんか。

     〔「異議なし」と言う人あり〕



○議長(長谷川隆君) 異議なしと認め、今定例会の会期は本日から12月24日までの11日間と決しました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△日程第3 議案第1号 神栖市税条例の一部を改正する条例



△議案第2号 平成22年度神栖市一般会計補正予算(第4号)



△議案第3号 平成22年度神栖市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)



△議案第4号 平成22年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)



△議案第5号 平成22年度神栖市介護保険特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)



△議案第6号 平成22年度神栖市水道事業会計補正予算(第1号)



△議案第7号 神栖市道路線の認定について



△議案第8号 神栖市道路線の廃止について



○議長(長谷川隆君) 日程第3、議案第1号ないし議案第8号を一括して議題といたします。

 市長から提案理由の説明を求めます。

 市長。

     〔市長 保立一男君 登壇〕



◎市長(保立一男君) 平成22年第4回神栖市議会定例会の開会に当たり、提出いたしました議案の説明に先立ち、主要施策等の経過についてご報告申し上げます。

 最初に、行政改革についてでございますが、平成18年度に策定いたしました行政改革大綱及び集中改革プランに基づき、税の収納率向上、競争入札制度の見直しや職員定数の適正化など、79項目にわたり取り組んでまいりました。

 この成果としましては、平成21年度までの4年間で約80億4,000万円の財政効果がありました。

 一方、去る11月5日に行財政改革推進委員会から提出された提言書において、行政改革に対する取り組みに際しましては、市民みずからの意識改革もさることながら、とりわけ行政事にかかわる関係者全員の意識改革なくして、神栖市のさらなる発展はあり得ないとの提言をいただいたところであります。

 この提言を生かしながら、現在、平成22年度を初年度とする第2次行政改革大綱と実行プランの策定を進めているところであり、将来にわたって安定した行財政運営が可能となるよう市民と行政が一体となり、行財政改革を積極的に推進してまいります。

 次に、行政評価についてでございますが、市が実施している施策及び事務事業を客観的に評価し、その結果を施策の展開、事務事業の実施等に反映させるため、昨年度までの試行、研修等を踏まえて、今年度からおおむね全事業を対象として行政評価を本格実施いたしました。

 この評価に当たっては、客観性や公平で適正な評価を実施するため、公募委員及び推薦委員、計6人からなる外部評価委員会において30事業を選定して評価を実施いたしました。その外部評価委員会の意見を踏まえ、去る10月18日に副市長を中心に庁内評価会議を開催し、最終評価及び市の対応方針を取りまとめたところであります。

 また、教育委員会においては、「地方教育行政の組織及び運営に関する法律」に基づき、21事業について教育に関する事務の管理及び執行状況の点検及び評価を実施いたしました。

 これらの評価結果及び市の対応方針等につきましては、今月中にホームページ等を通じて公表する予定であります。

 次に、神栖済生会病院の支援についてでございますが、昨年度、神栖済生会病院から病院経営健全化計画書を添えて経営支援病院認定申請があったことから、医療支援助成審査会の意見を踏まえ補助対象病院と認定し、3年間に限り財政支援を行っております。

 しかし、このような広域的医療に関する問題は、1自治体が支援するのではなく、茨城県が中心となって抜本的経営改善策及びその支援策について取り組む必要があると考えております。

 こうした趣旨の要望につきましては、これまでも行ってきたところでありますが、去る11月16日に、鹿行保健医療圏の地域医療の中核をなす、神栖済生会病院の危機回避に向けた対策についての早急な取り組みを山口副知事に再度強く要望してまいりました。

 今後ともこの地域の医療を守るため、機会あるごとに茨城県が主導で支援するよう要望してまいります。

 次に、警察署誘致活動についてでございますが、市民が安心して生活していくためには、神栖市に警察署は必要不可欠であることから、誘致活動に取り組んでいるところでございます。

 去る10月23日には、中央公民館において各種団体の代表など市民約300人が集まり、神栖市に警察署を誘致する市民集会を開催し、警察署の設置を地域住民が一丸となって積極的に推進していくことを決議いたしました。

 あわせて、茨城県知事と茨城県警察本部長に対し、設置要望のはがきを出すことにより、市民の声を直接伝えることを決定するとともに、参加者全員でのぼり旗や横断幕を手にしてパレードを行い、神栖警察署の必要性を訴えました。

 また、11月15日には、市民の代表43人とともに県庁と県警本部を訪問し、「9万人を超える人口で警察署がないのは神栖市だけ」、「安全・安心なまちづくりには神栖市に警察署が必要である」と橋本知事と杵淵警察本部長に強く要望してまいりました。

 今後とも警察署設置が実現できるよう粘り強く要望してまいります。

 次に、廃食用油回収事業についてでございますが、この事業は家庭からの不要になった食用油を資源として回収しリサイクルすることで、ごみの減量と水質汚濁防止を図ろうという目的で、本年10月から市の施設13カ所で使用済み食用油の回収を開始いたしました。実績といたしましては、11月末までの2カ月間で約600リットルの廃食用油が回収され、一定の成果を得てスタートを切ることができました。

 市民の皆様のご理解とご協力に感謝しますとともに、今後、この事業が定着するようリサイクルの啓発に努め、一層のごみの減量と水質浄化を目指してまいります。

 最後に、神栖市立学校適正規模適正配置基本計画についてでございますが、学校の適正規模及び適正配置を推進するため、去る11月22日に平成22年度からおおむね10カ年における神栖市立学校適正規模適正配置基本計画を策定いたしました。

 この基本計画は、児童・生徒のよりよい教育環境の整備と教育の質のさらなる充実を目的としております。

 今後の取り組みといたしましては、学校の適正化の実施に当たって具体的な方策としての実施計画を定め、その計画に沿って、早期に改善を図る必要のある小規模小学校について、平成24年度を目標に統廃合の準備を進めてまいります。

 以上をもちまして、主要施策事業等の報告をいたしました。

 引き続き、平成22年第4回神栖市議会定例会に提出いたしました議案につきましてご説明いたします。

 今回の提出案件は条例に関するもの1件、予算に関するもの5件、市道路線に関するもの2件でございます。

 議案第1号につきましては、神栖市税条例の一部を改正する条例についてであり、国際観光の振興に寄与する登録ホテルに対し、国際観光ホテル整備法第32条及び地方税法第6条第2項の規定に基づく固定資産税の軽減税率の適応期間を延長するため所要の改正を行うものであります。

 議案第2号につきましては、平成22年度神栖市一般会計補正予算(第4号)についてであり、補正は歳入歳出それぞれ3億6,014万7,000円を追加し、補正後の予算規模を363億629万6,000円とするものであります。

 補正の主な内容につきましては、待機児童解消を目的とする保育所定員枠基準の見直しによる保育所運営委託料、生活保護世帯の増加に伴う生活保護の扶助経費のほか、不法投棄監視体制の強化を図るため、移動式監視カメラの購入、松くい虫対策としての堆砂垣設置及び植栽工事費、交付申請の増加に伴う住宅リフォーム助成金等について増額補正するものであります。

 また、人事院勧告等に基づき人件費を減額するものであります。

 議案第3号につきましては、平成22年度神栖市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)についてであり、補正は歳入歳出それぞれ797万5,000円を減額し、補正後の予算規模を97億5,889万1,000円とするものであります。

 補正の主な内容につきましては、一般被保険者療養費、審査支払手数料、葬祭費等を増額補正するための財源として、一般被保険者療養給付費等を減額するものであります。

 議案第4号につきましては、平成22年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてであり、補正は歳入歳出それぞれ590万円を減額し、補正後の予算規模を18億7,440万1,000円とするものであります。

 補正の内容につきましては、人事院勧告等に基づき、人件費を減額するものであります。

 議案第5号につきましては、平成22年度神栖市介護保険特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)についてであり、補正は歳入歳出それぞれ2,130万円を減額し、補正後の予算規模を34億6,838万3,000円とするものであります。

 補正の内容につきましては、人事院勧告等に基づき、人件費を減額するものであります。

 議案第6号につきましては、平成22年度神栖市水道事業会計補正予算(第1号)についてであり、補正は収益的支出の予算額として260万円を減額するものであります。

 補正の内容につきましては、収益的支出として人事院勧告等に基づき人件費を減額するものであります。

 議案第7号につきましては、神栖市道路線の認定についてであり、開発行為に伴う新設道路、農道からの用途変更、茨城県からの譲与等による13路線について、市道として一般の用に供するため、道路法第8条第2項の規定に基づき、議会の議決を求めるものであります。

 議案第8号につきましては、神栖市道路線の廃止についてであり、(仮称)南浜緩衝緑地公園整備に伴い市道として一般の用に供する必要がなくなった1路線について、道路法第10条第3項の規定に基づき議会の議決を求めるものであります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−



△散会の宣告



○議長(長谷川隆君) 以上で、本日の日程は全部終了いたしました。

 次会は、明日15日午前10時から本会議を開き、一般質問を行います。

 本日はこれにて散会いたします。

 ご苦労さまでした。



△散会 午前10時21分

◯朗読を省略した議長の報告

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

                            総第59号

                            平成22年12月14日

神栖市議会

 議長 長谷川 隆様

                            神栖市長  保立一男

            議案の送付について

 平成22年第4回神栖市議会定例会に提出するため、下記議案を送付します。

                    記

議案第1号 神栖市税条例の一部を改正する条例

議案第2号 平成22年度神栖市一般会計補正予算(第4号)

議案第3号 平成22年度神栖市国民健康保険特別会計(事業勘定)補正予算(第3号)

議案第4号 平成22年度神栖市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)

議案第5号 平成22年度神栖市介護保険特別会計(事業勘定)補正予算(第1号)

議案第6号 平成22年度神栖市水道事業会計補正予算(第1号)

議案第7号 神栖市道路線の認定について

議案第8号 神栖市道路線の廃止について

            例月出納検査報告書

 平成22年8月分の例月検査を実施した結果を地方自治法第235条の2第3項の規定によって報告する。

1 検査対象

    平成22年度 神栖市一般会計

    平成22年度 神栖市国民健康保険特別会計

    平成22年度 神栖市公共下水道事業特別会計

    平成22年度 神栖市老人保健特別会計

    平成22年度 神栖市介護保険特別会計

    平成22年度 神栖市後期高齢者医療特別会計

    平成22年度 神栖市水道事業会計

2 検査実施日

   平成22年9月29日

3 検査の結果

  (一般会計、各特別会計)

 平成22年8月分の出納について、提出された諸表を中心として、当月分の計数を出納関係諸帳簿、証拠書類、残高証明書、証券等と照合した結果、誤りのないことを確認した。

  (水道事業会計)

 平成22年8月分の出納について、提出された試算表、資金予算表を中心に出納関係諸帳簿、証拠書類等と照合した結果、誤りのないことを確認した。

    平成22年9月29日

                         神栖市監査委員

                           草野 學

                         神栖市監査委員

                           泉 純一郎

神栖市議会議長  長谷川 隆様

            例月出納検査報告書

 平成22年9月分の例月検査を実施した結果を地方自治法第235条の2第3項の規定によって報告する。

1 検査対象

    平成22年度 神栖市一般会計

    平成22年度 神栖市国民健康保険特別会計

    平成22年度 神栖市公共下水道事業特別会計

    平成22年度 神栖市老人保健特別会計

    平成22年度 神栖市介護保険特別会計

    平成22年度 神栖市後期高齢者医療特別会計

    平成22年度 神栖市水道事業会計

2 検査実施日

   平成22年10月27日

3 検査の結果

  (一般会計、各特別会計)

 平成22年9月分の出納について、提出された諸表を中心として、当月分の計数を出納関係諸帳簿、証拠書類、残高証明書、証券等と照合した結果、誤りのないことを確認した。

  (水道事業会計)

 平成22年9月分の出納について、提出された試算表、資金予算表を中心に出納関係諸帳簿、証拠書類等と照合した結果、誤りのないことを確認した。

    平成22年10月27日

                         神栖市監査委員

                           草野 學

                         神栖市監査委員

                           泉 純一郎

神栖市議会議長  長谷川 隆様

            例月出納検査報告書

 平成22年10月分の例月検査を実施した結果を地方自治法第235条の2第3項の規定によって報告する。

1 検査対象

    平成22年度 神栖市一般会計

    平成22年度 神栖市国民健康保険特別会計

    平成22年度 神栖市公共下水道事業特別会計

    平成22年度 神栖市老人保健特別会計

    平成22年度 神栖市介護保険特別会計

    平成22年度 神栖市後期高齢者医療特別会計

    平成22年度 神栖市水道事業会計

2 検査実施日

   平成22年11月29日

3 検査の結果

  (一般会計、各特別会計)

 平成22年10月分の出納について、提出された諸表を中心として、当月分の計数を出納関係諸帳簿、証拠書類、残高証明書、証券等と照合した結果、誤りのないことを確認した。

  (水道事業会計)

 平成22年10月分の出納について、提出された試算表、資金予算表を中心に出納関係諸帳簿、証拠書類等と照合した結果、誤りのないことを確認した。

    平成22年11月29日

                         神栖市監査委員

                           草野 學

                         神栖市監査委員

                           泉 純一郎

神栖市議会議長  長谷川 隆様

          閉会中における委員会活動状況一覧表

               (平成22年9月22日〜平成22年12月13日)

 1 委員会の開催



委員会名
招集期日
場所
案件


議会運営委員会
11月1日
第2委員会室
平成22年第2回臨時会について
(1)議案の取り扱いについて
(2)会期について


11月30日
第2委員会室
平成22年第3回臨時会について
(1)議案の取り扱いについて
(2)会期について


12月1日
第2委員会室
(1)平成22年第4回定例会について
(2)陳情の取り扱いについて
(3)閉会中の継続審査について
(4)閉会中の所管事務調査の取扱いについて
(5)閉会中の所管事務調査について



 2 委員会の事務調査



委員会名
区分
調査月日
場所
調査内容


総務企画委員会
県外調査
10月28日
 〜29日
静岡県
御殿場市
三島市
・地域振興について


健康福祉委員会
県外調査
10月28日
 〜29日
宮城県
富谷町
・老人福祉について


教育環境委員会
県外調査
10月19日
 〜20日
山梨県
山梨市
・環境行政について


都市産業委員会
県外調査
11月4日
 〜5日
福島県
喜多方市
・商工観光行政について
・農業行政について


議会運営委員会
県外調査
10月13日
 〜14日
長野県
佐久市
・議会運営に関する事項について