議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 稲敷市

平成24年第 3回定例会−09月04日-01号




平成24年第 3回定例会

稲敷市告示第111号

 平成24年第3回稲敷市議会定例会を下記のとおり招集する。

  平成24年8月17日

                         稲敷市長  田 口 久 克

                     記

1.期  日  平成24年9月4日(火)

2.場  所  稲敷市役所東庁舎議会議場



           平成24年第3回稲敷市議会定例会会期日程表
┌────┬──┬────┬─────┬─────────────────────┐
│ 期 日 │曜日│開議時間│ 会議種別 │      議      事       │
├────┼──┼────┼─────┼─────────────────────┤
│9月4日│ 火 │午前10時│ 本 会 議 │◎開会                  │
│    │  │    │     │◎市長提案理由の説明           │
│    │  │    │     │◎請願第1号〜請願第2号 上程及び付託  │
│    │  │    │     │◎決算審査特別委員会の設置        │
├────┼──┼────┼─────┼─────────────────────┤
│9月5日│ 水 │    │ 休  会 │議案調査日                │
│    │  │    │     │議案等質疑通告締切(正午)        │
├────┼──┼────┼─────┼─────────────────────┤
│9月6日│ 木 │午前10時│ 本 会 議 │◎一般質問                │
│    │  │    │     │◎発言通告による議案質疑         │
│    │  │    │     │◎常任委員会議案付託           │
├────┼──┼────┼─────┼─────────────────────┤
│9月7日│ 金 │    │ 休  会 │議事整理                 │
├────┼──┼────┼─────┼─────────────────────┤
│9月8日│ 土 │    │ 休  会 │                     │
├────┼──┼────┼─────┼─────────────────────┤
│9月9日│ 日 │    │ 休  会 │                     │
├────┼──┼────┼─────┼─────┬───────────────┤
│9月10日│ 月 │午前9時│ 委 員 会 │決算審査 │午前:江戸崎庁舎 所管     │
│    │  │    │     │     ├───────────────┤
│    │  │    │     │特別委員会│午後:東庁舎、上下水道部 所管 │
├────┼──┼────┼─────┼─────┼───────────────┤
│9月11日│ 火 │午前9時│ 委 員 会 │決算審査 │午前:桜川庁舎 所管      │
│    │  │    │     │     ├───────────────┤
│    │  │    │     │特別委員会│午後:新利根庁舎 所管     │
├────┼──┼────┼─────┼─────┴───────────────┤
│9月12日│ 水 │    │ 休  会 │議事整理(決算審査特別委員会 審査 予備日)│
├────┼──┼────┼─────┼─────────────────────┤
│9月13日│ 木 │    │ 休  会 │議事整理                 │
├────┼──┼────┼─────┼─────────────────────┤
│9月14日│ 金 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(産業建設常任委員会) │
├────┼──┼────┼─────┼─────────────────────┤
│9月15日│ 土 │    │ 休  会 │                     │
├────┼──┼────┼─────┼─────────────────────┤
│9月16日│ 日 │    │ 休  会 │                     │
├────┼──┼────┼─────┼─────────────────────┤
│9月17日│ 月 │    │ 休  会 │(敬老の日)               │
├────┼──┼────┼─────┼─────────────────────┤
│9月18日│ 火 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(総務教育常任委員会) │
├────┼──┼────┼─────┼─────────────────────┤
│9月19日│ 水 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(市民福祉常任委員会) │
├────┼──┼────┼─────┼─────────────────────┤
│9月20日│ 木 │    │ 休  会 │議事整理 (常任委員会 審査 予備日)   │
├────┼──┼────┼─────┼─────────────────────┤
│9月21日│ 金 │    │ 休  会 │議事整理                 │
├────┼──┼────┼─────┼─────────────────────┤
│9月22日│ 土 │    │ 休  会 │(秋分の日)               │
├────┼──┼────┼─────┼─────────────────────┤
│9月23日│ 日 │    │ 休  会 │                     │
├────┼──┼────┼─────┼─────────────────────┤
│9月24日│ 月 │午前10時│ 本 会 議 │◎委員長報告、質疑、討論、採決      │
│    │  │    │     │◎閉会                  │
└────┴──┴────┴─────┴─────────────────────┘



               一 般 質 問 通 告 書
                                平成24年第3回定例会
┌─────┬────────┬───────────────────┬──────┐
│ 質問者 │  質問事項  │      質 問 要 旨      │ 答 弁 者 │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│根本  保│ 今後の市政への│?「稲敷たから音頭」が発表されて3年に│市長    │
│議員   │取組について  │ なります。市民がひびき合う、実感でき│      │
│     │        │ る街づくりをどのように進めるべきか。│      │
│     │        │?東日本大震災からの復旧事業が今年末に│      │
│     │        │ は完了する見通しとなった。今後は復興│      │
│     │        │ と同時に小学校の再編問題、優良企業の│      │
│     │        │ 「誘致」等、本格的に取組まなければな│      │
│     │        │ らない諸課題が山積している。どのよう│      │
│     │        │ な優先順位で進めようとしているのか伺│      │
│     │        │ いたい。              │      │
│     │        │?田口市政の残任期間も、あと半年余とな│      │
│     │        │ った。これまで決められない政治が多々│      │
│     │        │ ありました。厳しい政治状況の中ではあ│      │
│     │        │ るが、今後の打開策について伺いたい。│      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│山口 清吉│1.生活保護行政│?有名芸能人の母親の生活保護利用をきっ│市長    │
│議員   │ について   │ かけとした生活保護バッシングをどう思│      │
│     │        │ うか。               │      │
│     │        │?生活保護申請の親族に実効性の無い扶養│      │
│     │        │ 義務を強要しないこと。       │      │
│     ├────────┼───────────────────┤      │
│     │2.空き家対策に│ 江戸崎地区を中心にいわゆる管理不全の│      │
│     │ ついて    │空き家が目立ちます。防犯上、景観上問題│      │
│     │        │です。空き家の適正管理と有効活用のため│      │
│     │        │の対策を。牛久市では条例化され、つくば│      │
│     │        │市では条例化をめざしている。     │      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│     │3.震災ガレキの│ 7月31日をもって震災ガレキの受け入れ│      │
│     │ 処理について │は終了となった。しかし、未だに処理が済│      │
│     │        │んでいない方がいる。今後の震災ガレキの│      │
│     │        │処理については、「補助金」を支給する考│      │
│     │        │えはないか。             │      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│松戸 千秋│1.「脳脊髄液減│ 日常生活の中で起こりうる身近な病気で│市長    │
│議員   │ 少症」の取組に│あるにもかかわらず、社会的認知度の低い│教育長   │
│     │ ついて    │病気です。市民の生命と健康を守るために│      │
│     │        │市として正しい情報提供また教育現場にお│      │
│     │        │いての取り組みをお伺いいたします。  │      │
│     ├────────┼───────────────────┼──────┤
│     │2.「介護支援ボ│ 昨年12月、一般質問させていただいた際│市長    │
│     │ ランティア制 │市長より「制度導入に当たっての課題など│      │
│     │ 度」取り組みの│を整理しまして早急に検討作業に入りた │      │
│     │ 進捗状況につい│い。」とのご答弁をいただきました。その│      │
│     │ て      │後の経過についてお伺いいたします。  │      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│山本 彰治│ 再生可能エネル│ 電力事情の変化、社会的な要望の高まり│市長    │
│議員   │ギーについて  │によって、大きな注目を集めている再生可│市民生活部長│
│     │        │能エネルギー、特に太陽光発電は企業にお│総務部長  │
│     │        │いても、一般家庭においても大きな脚光を│      │
│     │        │浴びている。市の再生可能エネルギーに対│      │
│     │        │する考え支援は、現在どうなっているのか│      │
│     │        │。                  │      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│大湖金四郎│1.太陽光発電設│ 国の制度では、新規設置の住宅を対象に│市長    │
│議員   │ 置に対する市の│平均的な3キロワットの設備で3万円程度│市民生活部長│
│     │ 補助金制度は │補助を出している。さらに県内24市町村で│      │
│     │        │は独自に上乗せ補助金を用意しているが稲│      │
│     │        │敷市ではどのようになっているのか伺いた│      │
│     │        │い。                 │      │
│     ├────────┼───────────────────┼──────┤
│     │2.いじめに対す│ 大津市の中2男子自殺をきっかけに学校│教育長   │
│     │ る対策は   │や教育委員会の対応が問題になったが、稲│      │
│     │        │敷市においての取り組みを伺いたい。  │      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│浅野 信行│ 買い物弱者対策│ 少子高齢化や飲食料品店の減少などの状│市長    │
│議員   │について    │況の下、生活のための基本的な買い物にも│      │
│     │        │困るという「買い物弱者」が増えていま │      │
│     │        │す。全国では600万人程度にもなるそうで │      │
│     │        │す。問題を解消するため各自治体等で様々│      │
│     │        │な取り組みをしているそうです。また、農│      │
│     │        │水省では食料品の購入や飲食に不便や苦労│      │
│     │        │を感じる状況を「食料品アクセス問題」と│      │
│     │        │し、この問題への対応を図るため様々な点│      │
│     │        │から分析し不便や苦労を軽減するために必│      │
│     │        │要な取組を推進しているそうです。問題解│      │
│     │        │消へ自治体がリーダーシップを取り地域に│      │
│     │        │あった対策が必要だと考えられますが、市│      │
│     │        │長のご初見をお伺いします。      │      │
└─────┴────────┴───────────────────┴──────┘



                 平成24年第3回
              稲敷市議会定例会会議録 第1号
        ─────────────────────────
           平成24年9月4日 午前10時00分開会
        ─────────────────────────
1.出席議員  21名
       1番  岡 沢 亮 一 君     2番  篠 田 純 一 君
       3番  松 戸 千 秋 君     4番  山 本 彰 治 君
       5番  根 本 光 治 君     6番  伊 藤   均 君
       7番  大 湖 金四郎 君     8番  関 川 初 子 君
       9番  高 野 貴世志 君    10番  柳 町 政 広 君
     11番  篠 崎 力 夫 君    12番  浅 野 信 行 君
     13番  木 内 義 延 君    14番  坂 本   源 君
     15番  根 本   保 君    16番  山 下 恭 一 君
     17番  堀 口 正 良 君    18番  長 坂 太 郎 君
     20番  黒 田   正 君    21番  遠 藤 一 行 君
     22番  山 口 清 吉 君

1.欠席議員
     19番  根 本 勝 利 君

1.出席説明員
       市長                田 口 久 克 君
       副市長               坂 本   進 君
       教育長               坂 本   繁 君
       市長公室長             沼 崎 忠 夫 君
       総務部長              親 見 清 志 君
       市民生活部長            栗 山 照 夫 君
       保健福祉部長            飯 田 光 男 君
       産業建設部長            大 竹 克 己 君
       上下水道部長            内 田 恒 雄 君
       教育部長              水 飼 良 一 君
       会計管理者             大 島   功 君
       農業委員会事務局長         森 川 春 樹 君
       監査委員事務局長          川 崎 忠 博 君
       秘書広聴課長            高 山   久 君
       企画課長              宮 本   昭 君
       総務課長              川 上 俊 夫 君
       監査委員              平 野 正 雄 君

1.出席事務局職員
       議会事務局長            津 本 義 衛
       書記                坂 本 浩 一
       書記                中 村 秀 一

1.会議録署名議員
      4番  山 本 彰 治 君
      5番  根 本 光 治 君

1.議事日程
        ─────────────────────────
               議 事 日 程 第 1 号
                             平成24年9月4日(火曜日)
                                 午前10時00分開会

日程第1 会議録署名議員の指名について
日程第2 会期の決定について
日程第3 報告第7号 平成23年度稲敷市一般会計継続費精算報告書について
     報告第8号 健全化判断比率の報告について
     報告第9号 稲敷市農業集落排水事業特別会計の資金不足比率の報告について
     報告第10号 稲敷市公共下水道事業特別会計の資金不足比率の報告について
     報告第11号 稲敷市水道事業会計の資金不足比率の報告について
     報告第12号 稲敷市工業用水道事業会計の資金不足比率の報告について
日程第4 議案第63号 稲敷市立学校体育施設開放条例の制定について
     議案第64号 茨城県後期高齢者医療広域連合規約の一部変更に関する協議について
     議案第65号 平成24年度稲敷市一般会計補正予算(第3号)
     議案第66号 平成24年度稲敷市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
     議案第67号 平成24年度稲敷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)
     議案第68号 平成24年度稲敷市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
     議案第69号 平成24年度稲敷市介護保険特別会計補正予算(第1号)
     議案第70号 平成24年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計補正予算(第1号)
     議案第71号 平成23年度稲敷市一般会計歳入歳出決算認定について
     議案第72号 平成23年度稲敷市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第73号 平成23年度稲敷市,稲敷郡町村及び一部事務組合公平委員会特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第74号 平成23年度稲敷市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第75号 平成23年度稲敷市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第76号 平成23年度稲敷市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第77号 平成23年度稲敷市浮島財産区特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第78号 平成23年度稲敷市古渡財産区特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第79号 平成23年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第80号 平成23年度稲敷市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第81号 平成23年度稲敷市水道事業会計決算認定について
     議案第82号 平成23年度稲敷市工業用水道事業会計決算認定について
     議案第83号 市道路線の認定について
     議案第84号 市道路線の変更について
     議案第85号 市道路線の廃止について
     議案第86号 動産の買入れについて
     議案第87号 工事請負契約の締結について
     議案第88号 工事請負契約の締結について
     議案第89号 工事請負契約の締結について
日程第5 請願第1号 東海第二原発の再稼働に反対する意見書の提出を求める請願書
     請願第2号 東海第二原発の廃炉に向け意見書提出を求める請願
日程第6 決算審査特別委員会設置について
     決算審査特別委員会委員の選任について
     決算審査特別委員会正副委員長の互選について

1.本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名について
 日程第2 会期の決定について
 日程第3 報告第7号
      報告第8号
      報告第9号
      報告第10号
      報告第11号
      報告第12号
 日程第4 議案第63号
      議案第64号
      議案第65号
      議案第66号
      議案第67号
      議案第68号
      議案第69号
      議案第70号
      議案第71号
      議案第72号
      議案第73号
      議案第74号
      議案第75号
      議案第76号
      議案第77号
      議案第78号
      議案第79号
      議案第80号
      議案第81号
      議案第82号
      議案第83号
      議案第84号
      議案第85号
      議案第86号
      議案第87号
      議案第88号
      議案第89号
 日程第5 請願第1号
      請願第2号
 日程第6 決算審査特別委員会設置について
      決算審査特別委員会委員の選任について
      決算審査特別委員会正副委員長の互選について
        ─────────────────────────
                午前10時00分開会
○議長(長坂太郎君) おはようございます。
 ただいまから平成24年第3回稲敷市議会定例会を開会いたします。
 ただいまの出席議員は21名です。欠席議員は、19番根本勝利議員です。地方自治法第113条の規定により定足数に達しておりますので、会議は成立いたします。
 なお、本日の会議は、上着の着脱を自由といたします。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりでございます。
        ─────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、
      4番  山 本 彰 治 君
      5番  根 本 光 治 君
 をそれぞれ指名いたします。
        ─────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。
 お諮りする前に、過日、議会運営委員会を開いておりますので、委員長から会期等について委員会の結果を報告願います。
 議会運営委員長木内義延君。
            〔議会運営委員長木内義延君登壇〕
◎議会運営委員長(木内義延君) おはようございます。
 ただいま議長より指名を受けましたので、議会運営委員会で決定しました会期日程等についてご報告をいたします。
 去る8月28日に開催しました会議には委員6名が出席し、稲敷市議会委員会条例第16条の規定により会議は成立いたしました。
 付託されました平成24年第3回稲敷市議会定例会の議会運営についてを議題とし、執行部より田口市長、親見総務部長、川上総務課長に出席をいただき、協議をいたしました。
 それでは、お手元に配付されております資料に基づき、ご説明いたします。
 本定例会の会期日程は、本日4日から24日までの21日間であります。
 まず、本日4日は、報告第7号から報告第12号までの6案件について市長より報告を求めます。次に、議案第63号から議案第89号までの27案件を一括上程し、市長が提案理由の説明を行います。次に、日程第5で請願第1号、請願第2号を議題とし、日程第6で決算審査特別委員会の設置について、並びに決算審査特別委員会委員の選任についてを議題とします。
 5日は、議案調査のため休会とし、6日午前10時、本会議を再開いたします。
 6日は、市政一般に関する通告質問を行います。今回の一般質問通告者は6名でありますので、初めに、6名の議員が一般質問を行います。次に、議案第63号から議案第89号までに対する発言通告による質疑を行います。
 質疑終了後、議案第63号から議案第70号まで及び議案第83号から議案第89号までを各所管の常任委員会へ、議案第71号から議案第82号までを決算審査特別委員会へ付託を行う予定であります。
 10日、11日は、決算審査特別委員会を開催し、付託された案件の審査を行います。
 12日は、決算審査委員会の予備日とします。
 14日及び18日、19日は、各常任委員会を開催し、付託された案件の審査を行います。
 7日、13日、20日、21日は、議事整理のため休会とします。
 24日、本定例会の最終日であります。午前10時に開会し、委員会に付託されました議案の審査結果を報告し、質疑・討論を行い、採決となります。
 なお、追加議案等がある場合は、随時審査を行ってまいります。
 以上のとおりでありますので、議会運営委員会で決まりました事項等に対しましては、ぜひとも議員の皆様方にご賛同をいただきたく、お願いを申し上げまして報告といたします。
○議長(長坂太郎君) 委員長の報告が終わりました。
 お諮りいたします。
 本定例会の会期は、ただいま委員長から報告のあったとおり、本日から24日までの21日間にいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(長坂太郎君) ご異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は、本日4日から24日までの21日間と決しました。
        ─────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第3、報告第7号から報告第12号までの6案件について、市長より報告を求めます。
 なお、市長より議案説明の前に行政報告をしたいとの申し出がありますので、これを許します。
 市長より行政報告並びに報告議案の説明を求めます。
 市長田口久克君。
              〔市長田口久克君登壇〕
◎市長(田口久克君) おはようございます。
 本日、平成24年第3回稲敷市議会定例会を招集いたしましたところ、議員各位におかれましては、ご多忙にもかかわらず、ご出席を賜り厚くお礼を申し上げます。
 提案理由の説明に先立ちまして、若干のご報告をさせていただきます。
 まず、通学路の安全確保についてご報告申し上げます。
 本市教育委員会では、日ごろから関係機関、団体のご協力を得ながら通学路の安全確保を図っておりますが、痛ましい事故が本市で発生しないよう、校長会などで再度通学路の安全性が確保されているか点検するように指示したところであります。
 その後、直ちに関係機関と協議を行い、路側帯や横断歩道などの白線が消えかかっている箇所は直ちに改善するなど速やかに対応し、また早急な対応が必要な箇所につきましても、関係機関に改善措置を求めたところであります。
 今後とも通学路の安全確保に努めてまいる所存であります。
 次に、小学校の再編整備について申し上げます。
 喫緊の課題でありました新利根地区新設小学校建設工事については、平成26年4月開校に向け、去る8月31日、入札を執行し、今期定例会に契約案件として上程をさせていただいたところであります。
 ご承知のとおり、新利根地区小学校3校の再編により新設小学校が誕生いたしますが、根本小学校、柴崎小学校、太田小学校には、それぞれ長い歴史と伝統があり、新しい学校は、その歴史と伝統を生かしたすばらしい学校にしなければなりません。
 そのためには、開校に向けての準備会を設置し、新しい学校の名称や通学方法など、さまざまなご意見、ご議論をいただきたいと考えております。
 また、市内各小学校では、地域の特色を生かした魅力ある学校づくりに取り組んでいるところでありますが、さらに、よりよい教育環境をつくっていくためには、複式学級の解消などに取り組まなければないと考えております。
 子供たちの健やかな育ちを支えたいとの願いから再編に取り組むものであり、次代を担う子供たちに、新しい時代を開く能力と豊かな心を育成できる教育環境を目指してまいりたいと思います。
 次に、防災対策について申し上げます。
 市では、地域防災計画の見直し作業に着手しております。
 東日本大震災で得た教訓を盛り込むことはもちろん、地域との連携、特に区長会との連絡体制を強化しなければならないと考えております。
 また、稲敷市職員の災害時初動マニュアルについても見直しを行いましたが、刻々と変化する現場の状況の中では、マニュアルどおりの運営では力を発揮できないこともあります。想定にとらわれず、その状況下で最善を尽くすことができるよう、日ごろからの訓練などを積極的に取り入れてまいりたいと思います。
 今後は、国、県の防災計画の見直し状況を見きわめながら、放射線対策や、複合型災害の予防対策、応急対策など、計画策定に向けて作業を進めてまいりたいと思います。
 それでは、今期定例会に提案をいたしました議案でございますが、報告案件6件、条例制定案件1件、規約の改正案件1件、各会計補正予算案件6件、平成23年度各会計決算案件12件、市道路線の認定・変更・廃止案件3件、動産の買い入れ案件1件、工事請負契約の締結案件3件の33案件であります。
 初めに、報告第7号 平成23年度稲敷市一般会計継続費精算報告書についてであります。
 本報告は、継続費に係る継続年度が平成23年度に終了した事業の精算について、地方自治法施行令第145条第2項の規定により行うものであります。
 一般会計における対象事業につきましては、総合計画後期基本計画策定委託及び新庁舎建設基本・実施設計業務委託の二つの事業となっており、各事業の年割額及び支出済額等につきましては、別記のとおりであります。
 次に、報告第8号 健全化判断比率の報告についてであります。
 本報告は、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定に基づき行うもので、平成23年度の決算をもとに、実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率及び将来負担比率の四つの比率について算定し、監査委員の審査を経て議会に報告するものであります。
 各比率につきましては議案書に記載したとおりでありますが、四つの比率のすべてにおいて早期健全化基準を下回っていることを申し添えさせていただきます。
 次に、報告第9号、報告第10号、報告第11号、報告第12号、資金不足比率の報告についてであります。
 報告第9号から第12号につきましては、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定に基づき、農業集落排水事業特別会計、公共下水道事業特別会計、水道事業会計及び工業用水道事業会計の四つの公営企業会計について、平成23年度の決算をもとに資金不足比率を算定し、監査委員の審査を経て議会に報告するものであります。
 なお、詳細につきましては議案書に記載したとおりですが、すべての公営企業会計において資金不足額がないことを申し添えさせていただきます。
○議長(長坂太郎君) 以上で、報告は終了いたしました。
        ─────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第4、議案第63号から議案第89号までの27案件を一括して議題といたします。
 市長より提案理由の説明を求めます。
 市長田口久克君。
              〔市長田口久克君登壇〕
◎市長(田口久克君) それでは、議案第63号 稲敷市立学校体育施設開放条例の制定について、ご説明申し上げます。
 本案は、スポーツ活動に関する市民要望を考慮し、学校体育施設開放事業を一層促進するため、あわせて、社会体育施設の利用との均衡を図るため、使用料に関する規定を定めたものであります。
 次に、議案第64号 茨城県後期高齢者医療広域連合規約の一部変更に関する協議についてであります。
 本案は、住民基本台帳法の一部改正等により、外国人住民が住民基本台帳法の適用対象に加えられることに伴い、茨城県後期高齢者医療広域連合規約の一部変更に関する協議について、地方自治法第291条の11の規定により議会の議決を求めるものであります。
 次に、議案第65号 平成24年度稲敷市一般会計補正予算(第3号)についてであります。
 本案は、既定の予算額に8,797万円を追加し、歳入歳出予算の総額を209億2,951万6,000円とするものであります。
 歳出補正の主なものにつきましては、まず、民生費に2,348万1,000円を追加するもので、障害者自立支援給付費等が確定したことによる返還金等であります。
 次に、農林水産費に5,617万9,000円を追加するもので、県営土地改良事業の事業費が増額されたことによる市負担金の増額と、農地の集積に係る補助金等であります。
 次に、歳入補正の主なものについてでありますが、繰入金を3,863万7,000円増額することとしておりますが、財政調整基金からの繰入金を1億1,480万5,000円減額する一方で、各特別会計からの前年度繰出金の精算に係る繰入金を1億5,344万2,000円計上したことによるものであります。
 歳入につきましては、このほかに、県支出金1,423万3,000円、災害援護貸付事業等における市債3,510万円を計上しております。
 次に、議案第66号 平成24年度稲敷市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてであります。
 本案は、既定の予算額に歳入歳出それぞれ147万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を56億2,939万6,000円とするものであります。
 歳入につきましては、前年度繰越金147万4,000円であります。
 一方、歳出につきましては、賃金として114万7,000円、備品購入費として18万8,000円、出産育児一時交付額確定による償還金13万9,000円であります。
 次に、議案第67号 平成24年度稲敷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。
 本案は、既定の予算額にそれぞれ4,227万3,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を4億4,354万2,000円とするものであります。
 補正の主な内容につきましては、農業集落排水処理施設管理費で、霞ケ浦の浄化を目的として、森林湖沼環境税を活用した排水処理施設りん除去支援事業が霞ケ浦周辺市町村40農集排施設で新規事業化されており、当市におきましても8処理施設が該当しております。その事業を行うための費用でございます。
 補正の財源につきましては、県支出金、一般会計繰入金を充てるものであります。
 また、前年度における一般会計からの繰入金の精算として3,809万6,000円を一般会計へ繰り出すものであります。
 補正の財源につきましては、前年度繰越金を充てるものであります。
 次に、議案第68号 平成24年度稲敷市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。
 本案は、既定の予算額にそれぞれ9,194万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を19億6,693万円とするものであります。
 補正の主な内容につきましては、前年度における一般会計からの繰出金の精算として9,149万9,000円を一般会計へ繰り出しするものであります。
 補正の財源につきましては、前年度繰越金を充てるものであります。
 次に、議案第69号 平成24年度稲敷市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてであります。
 本案は、既定の予算額に3,570万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を31億3,724万2,000円とするものであります。
 内容につきましては、平成23年度決算における国、県等負担金の精算に基づくものであります。
 歳入でございますが、支払基金交付金320万9,000円を増額しておりますが、前年度の精算に伴い追加交付を受けるものであります。
 また、繰越金3,249万5,000円を増額して財源としております。
 次に、歳出でございますが、諸支出金3,570万4,000円を増額しておりますが、前年度の精算に伴う、国、県等負担金の返還金及び一般会計への繰出金であります。
 次に、議案第70号 平成24年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。
 本案は、既定の予算額にそれぞれ89万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を1億2,939万6,000円とするものであります。
 歳入で、前年度繰越金を89万5,000円計上しまして、歳出で前年度繰入金の精算として89万5,000円を一般会計へ繰り出すものであります。
○議長(長坂太郎君) ここで休憩いたします。
               午前10時24分休憩
         ──────────────────────
               午前10時35分開議
○議長(長坂太郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 引き続き市長より提案理由の説明を求めます。
 市長田口久克君。
              〔市長田口久克君登壇〕
◎市長(田口久克君) それでは、議案第71号 平成23年度稲敷市一般会計歳入歳出決算認定についてであります。
 本案は、地方自治法第233条第3項の規定に基づき、平成23年度一般会計の歳入歳出決算について監査委員の意見をつけて議会の認定に付するものであります。
 歳入決算額は226億4,813万990円で、対前年度比で19億8,256万6,354円増加し、9.6%の増加率となりました。
 一方、歳出決算額は205億1,431万2,534円で、対前年度比で9億6,062万1,310円増加し、増加率は4.9%となりました。
 歳入歳出差引額から翌年度へ繰り越すべき財源を控除した額である実質収支額は8億7,055万9,456円の黒字となっております。
 次に、主要な歳入の決算状況についてでありますが、市税の決算額は50億2,790万7,345円で、震災による家屋等の被災者に対し税の減免措置を講じたことなどにより、個人市民税と固定資産税が減少しましたが、法人市民税の増加額がこれらの減少額を上回り、前年度に対し0.7%増加しました。
 地方交付税は82億2,323万8,000円で、災害復旧事業などの財源とするための震災復興特別交付税が交付されたことにより32.6%増加したところであります。
 国庫支出金は22億7,013万875円で、社会資本整備総合交付金や安全安心な学校づくり交付金などを財源とする事業が前年度に終了したことと、事業規模が縮小したことが主な要因となって18.8%の減少となりました。
 県支出金は16億4,311万2,047円で、農地及び農業用施設災害復旧事業に係る国の補助金が県の会計を経由して交付されたことが要因となって92.6%という高い増加率となりました。
 市債は17億2,517万2,000円で、臨時財政対策債発行額の減少及び学校教育施設整備事業債充当事業の終了により26.8%減少しました。
 続きまして、主な歳出の決算状況について申し上げます。
 農林水産業費は11億6,582万8,751円で、19.4%増加しました。
 液状化の被害にあった稲作農家に対する所得補償や農業集落排水施設の応急復旧のための繰り出しを行ったことなど、震災に起因する経費の増加が影響したものであります。
 消防費は11億5,392万5,508円で、震災によって発生した瓦れきの処理や放射線対策に取り組んだことにより18%増加しました。
 教育費は23億3,708万1,744円で、25.4%減少しておりますが、前年度に、安全安心な学校づくり交付金や公共投資臨時交付金などを活用した公立学校の耐震補強事業や太陽光発電設備整備事業などを行ったことが影響したものであります。
 災害復旧事業費は15億9,864万3,735円で、平成23年度に皆増、つまり新たにふえたことが一般会計の歳出決算額をかつてない規模に増加させた最大の要因となっております。
 以上が、平成23年度一般会計の歳入歳出決算の概要であります。
 次に、議案第72号 平成23年度稲敷市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定についてであります。
 歳入歳出の決算額は、歳入総額62億6,572万5,873円、歳出総額58億3,589万7,750円で、歳入歳出差引額4億2,982万8,123円を平成24年度稲敷市国民健康保険特別会計へ繰り越すものであります。
 歳入の主なものにつきましては、国民健康保険税12億5,869万7,136円、国庫支出金16億6,846万2,001円、療養給付費交付金3億6,729万7,243円、前期高齢者交付金7億9,665万2,337円、県支出金2億7,872万9,389円であります。
 歳入全体に占める構成比は69.7%となっております。
 歳出の主なものにつきましては、保険給付費37億5,289万983円、後期高齢者支援金等7億1,254万6,110円、前期高齢者納付金等211万3,884円、介護納付金3億4,930万6,996円、共同事業拠出金6億3,798万3,940円であります。
 歳出全体に占める構成比は93.4%となっております。
 次に、議案第73号 平成23年度稲敷市、稲敷郡町村及び一部事務組合公平委員会特別会計歳入歳出決算認定についてであります。
 歳入歳出決算額は、歳入総額26万5,917円、歳出総額14万9,600円で、歳入歳出差引額は11万6,317円となるものであります。
 次に、議案第74号 平成23年度稲敷市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定についてであります。
 歳入歳出決算額は、歳入総額6億8,756万559円、歳出総額6億4,946万3,060円で、歳入歳出差引額は3,809万7,499円となるものであります。
 次に、議案第75号 平成23年度稲敷市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定についてであります。
 歳入歳出決算額は、歳入総額24億5,963万4,118円、歳出総額23億5,881万7,230円で、歳入歳出差引額は1億81万6,888円となるものであります。
 次に、議案第76号 平成23年度稲敷市介護保険特別会計歳入歳出決算認定についてであります。
 歳入歳出決算額は、歳入総額28億642万4,071円、歳出総額26億7,494万9,548円となり、歳入歳出差引額は1億3,147万4,523円となるものであります。
 歳入の主なものでございますが、介護保険料4億2,668万5,081円、国庫支出金6億5,456万8,540円、支払基金交付金7億4,476万1,005円、県支出金3億7,715万5,300円、繰入金5億685万936円となっており、歳入全体の96.6%を占めております。
 次に、歳出でございますが、介護保険事業の特性上、保険給付費が歳出全体の約92.6%を占めており、24億7,816万2,382円となっております。
 次に、議案第77号 平成23年度稲敷市浮島財産区特別会計歳入歳出決算認定についてであります。
 歳入歳出決算額は、歳入総額135万1,588円、歳出総額104万8,974円となり、歳入歳出差引額は30万2,614円であります。
 歳入の主なものは、財産貸付収入で113万4,380円、構成比の約83.9%を占めております。
 歳出では、委託料が41万6,850円で、構成比、約39.7%を占めております。
 次に、議案第78号 平成23年度稲敷市古渡財産区特別会計歳入歳出決算認定についてであります。
 歳入歳出決算額は、歳入総額403万7,420円、歳出総額339万7,400円となり、歳入歳出差引額は64万20円であります。
 歳入の主なものは、財産貸付収入の341万1,950円で、構成比の約84.5%を占めております。
 歳出では、負担金補助及び交付金が204万1,800円で、構成比、約60.1%を占めております。
 次に、議案第79号 平成23年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計歳入歳出決算認定についてであります。
 歳入歳出決算額は、歳入総額1億4,275万7,544円、歳出総額1億4,186万1,129円となり、歳入歳出差引額は89万6,415円になります。
 歳入の主なものは、地元分担金1,330万円、河内町負担金665万8,512円、県支出金7,980万円、繰入金4,216万円となっており、これらが構成比の約99.4%を占めています。
 歳出では、基幹水利施設管理事業費1億4,102万2,129円となっており、構成比の約99.4%を占めています。
 次に、議案第80号 平成23年度稲敷市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定についてであります。
 歳入歳出決算額は、歳入総額8億1,360万6,990円、歳出総額8億474万8,144円で、歳入歳出差引額885万8,846円を平成24年度稲敷市後期高齢者医療特別会計へ繰り越すものであります。
 次に、議案第81号 平成23年度稲敷市水道事業会計決算認定についてであります。
 収益的収支につきましては、総収益9億4,556万348円に対し、総費用9億656万4,510円で、収支差引3,899万5,838円の純利益となります。
 また、資本的収支につきましては、収入総額1,713万2,000円に対し、支出総額3億7,115万6,469円となります。収入不足額3億5,402万4,469円の補てん財源は、過年度分損益勘定留保資金3億3,574万8,005円、当年度分損益勘定留保資金1,430万7,612円、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額396万8,852円であります。
 次に、議案第82号 平成23年度稲敷市工業用水道事業会計決算認定についてであります。
 収益的収支につきましては、総収益807万4,324円に対し、総費用706万7,492円で、収支差引100万6,832円の純利益となります。
 また、資本的支出につきましては483万円となり、資本的収入は、過年度分損益勘定留保資金460万円、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額23万円で補てんしております。
 次に、議案第83号 市道路線の認定についてであります。
 本案は、市道・江戸崎3570号線、市道・江戸崎3571号線の2路線を認定することについて、道路法第8条第2項の規定により議会の議決を求めるものであります。
 認定する2路線は、江戸崎工業団地内の幹線道路として整備中であり、認定するものであります。
 次に、議案第84号 市道路線の変更についてであります。
 本案は、市道・江戸崎2212号線、市道・江戸崎3074号線、市道・江戸崎3347号線の3路線を変更することについて、道路法第10条第3項の規定により議会の議決を求めるものであります。
 変更する路線でありますが、市道・江戸崎2212号線につきましては、路線の一部が道路としての機能を喪失しているため、市道の起点終点を変更するものであります。
 次に、市道・江戸崎3074号線につきましては、路線の一部が道路としての機能が喪失しており、延長が短くなるため、市道の終点を変更するものであります。
 次に、市道・江戸崎3347号線につきましては、江戸崎工業団地内の整備中である準幹線道路と接道し、延長が伸びるため、市道の終点を変更するものであります。
 次に、議案第85号 市道路線の廃止についてであります。
 本案は、市道・江戸崎3102号線、市道・新利根573号線の2路線を廃止することについて、道路法第10条第3項の規定により議会の議決を求めるものであります。
 廃止する路線は、道路としての機能が喪失しており、市道として管理する必要がなくなったため廃止する路線であります。
 次に、議案第86号 動産の買入れについてであります。
 本案は、稲敷市情報系システム機器更新一式調達について、下記のとおり買い入れ契約を締結したいので、地方自治法第96条第1項第8号並びに議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるものであります。
 契約の方法でございますが、指名競争入札で、契約金は4,882万5,000円、契約の相手方につきましては、茨城県つくば市竹園1−6−1、株式会社富士通エフサス筑波支店、支店長、土谷宣行であります。
 次に、議案第87号 工事請負契約の締結についてであります。
 本案は、稲敷市新利根地区新設小学校校舎等建設工事について、請負契約を締結したいので、地方自治法第96条第1項第5号並びに議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるものであります。
 契約の方法でございますが、一般競争入札で、契約金額は17億7,450万円、契約の相手方につきましては、茨城県水戸市泉町3丁目4番28号、りんかい日産建設株式会社水戸支店、支店長、永山健次であります。
 次に、議案第88号 工事請負契約の締結についてであります。
 本案は、稲敷市新利根地区新設小学校電気設備工事について、請負契約を締結したいので、地方自治法第96条第1項第5号並びに議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるものであります。
 契約の方法でございますが、一般競争入札で、契約金額は2億8,998万9,000円、契約の相手方につきましては、茨城県稲敷市上之島1006番地、浅野電設株式会社、代表取締役、浅野晃司であります。
 次に、議案第89号 工事請負契約の締結についてであります。
 本案は、稲敷市新利根地区新設小学校機械設備工事について、請負契約を締結したいので、地方自治法第96条第1項第5号並びに議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定により議会の議決を求めるものでございます。
 契約の方法でございますが、一般競争入札で、契約金額は2億60万2,500円、契約の相手方につきましては、茨城県龍ケ崎市馴柴町367番地2、株式会社関東エルエンジニアリング、代表取締役、阿部信男でございます。
 以上、各議案の提案理由についての説明をさせていただきました。ご審議の上、適正なるご決定を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。
○議長(長坂太郎君) 以上で市長の説明が終わりました。
 次に、監査委員より、議案第71号から議案第82号までの12案件について、決算審査結果の報告を求めます。
 代表監査委員平野正雄君。
            〔代表監査委員平野正雄君登壇〕
◎代表監査委員(平野正雄君) 監査委員の平野でございます。
 平成23年度の稲敷市決算審査におきましては、関係各課のご協力を受けまして滞りなく終了することができました。この場をお借りしまして、協力いただきました各課に対し御礼を申し上げます。
 それでは、稲敷市決算審査結果につきまして報告をいたします。
 市長より審査に付されましたのは、平成23年度稲敷市一般会計及び特別会計歳入歳出決算並びに定額基金運用状況、平成23年度稲敷市水道事業及び工業用水道事業会計決算、平成23年度稲敷市財政における健全化判断比率・資金不足比率についてであります。
 初めに、平成23年度稲敷市一般会計及び特別会計歳入歳出決算並びに定額基金運用状況についての審査結果でございます。
 平成23年度一般会計及び特別会計の歳入歳出決算書並びにその他政令で定める書類等は、いずれも法令に準拠して作成されており、関係諸帳簿等を精査照合した結果、計数に誤りはなく、正確に処理されていたことを確認いたしました。
 また、予算の計画的かつ効率的な執行、会計処理、財産の管理等につきましては、一部に留意または改善を要する事項も見受けられましたが、おおむね適正に処理されているものと認められました。
 しかしながら、予算の執行、支出事務、補助金交付事務、契約事務等の一部において、法令や規則に遵守されていない不適切と思われる処理も見受けられたため、今後、適正かつ正確な財務関係事務の執行を図るべく、より一層の改善に努めるようお願いいたします。
 なお、審査の結果、留意改善を要する事項として、皆様のお手元に配付されております決算審査意見書、8ページから11ページにおきまして、また、要望に関する事項として、11ページから13ページに、それぞれ記載をさせていただきました。
 一方、23年度においては、市職員による不詳事案の続発により、市の信頼を著しく損ねるといった事態も生じました。再び、こうした事案が起こることのないよう、組織的なチェック機能をなお一層高めつつ、意識改善の徹底や厳正な服務規律のもと、全庁を挙げて信頼回復に向けた取り組みを推進していただきたいと思います。
 そのためにも、組織内の横断的な連携を進めつつ、意思決定機関及び監督機関、そのほか職員一人一人が自覚と緊張感を持ち、健全で将来にわたり持続可能な行政運営を確立させていただくことを強く望みます。
 現在、市政全般において、健全な財政運営のもと、さまざまな施策を展開されておりますことは大いに評価できます。
 市民に最も身近な基礎自治体として、その自立性を高め、市民だれもが安心して暮らし、稲敷市に住んでよかったと実感できるような運営に努めていただきたいと思っています。
 市の将来像である「みんなが住みたいすてきなまち」の実現に向け、まちづくりを力強く推進されることを期待しております。
 次に、定額基金運用状況についての審査結果でございます。
 平成23年度稲敷市土地開発基金、平成23年度稲敷市奨学基金、平成23年度稲敷市印紙等購買基金について審査した結果、係数は正確であり、いずれも、基金設置の目的に従い適正に運用されているものと認められました。
 続きまして、平成23年度稲敷市水道事業及び工業用水道事業会計の決算についての審査結果でございます。
 審査に付されました各事業の決算書類及び証書類、事業報告書、その他、決算附属書類は、いずれも地方公営企業法及び関係法令の規定に準拠して作成されており、その係数に誤りはなく、決算諸表は、2事業の財政状況など経営成績を適正に表示されているものと認められました。
 また、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定に基づき審査に付されました平成23年度稲敷市の健全化判断比率の審査結果でございますが、平成23年度決算に基づく健全化判断比率は、関係法令等に準拠して適正に算定されており、その基礎となる事項が記載された書類とも符合し、正確であると認められました。
 実質赤字比率及び連結実質赤字比率にあっては、実質赤字額及び連結実質赤字額は算定されず、実質公債費比率及び将来負担比率にあっても、これらの比率における健全化基準を下回っていることから、本市における財政の健全化は良好に保たれているものと判断できました。
 さらに、平成23年度稲敷市の資金不足比率の審査結果でございますが、審査に付されました資金不足比率は、関係法令等に準拠して適正に算定されており、その基礎となる事項が記載された書類とも符合し、正確であると認められました。
 農業集落排水事業特別会計、公共下水道事業特別会計、水道事業会計及び工業用水道事業会計の4会計における資金不足比率は、資金不足額がなく算定されませんでした。よって、事業経営の健全性は良好に保たれているものと判断できました。
 以上、平成23年度稲敷市決算審査等の結果につきまして、ご報告をさせていただきました。審査の結果の詳細につきましては、お手元の意見書をごらんいただきたいと思います。
 以上でございます。
○議長(長坂太郎君) 以上で、監査委員の報告が終わりました。
        ─────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 次に、日程第5、請願第1号 東海第二原発の再稼働に反対する意見書の提出を求める請願書、請願第2号 東海第二原発の廃炉に向け意見書提出を求める請願を議題といたします。
 請願につきましては、お手元に配付の文書表のとおりであります。
 これを所管の市民福祉常任委員会へ付託いたします。
        ─────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第6、決算審査特別委員会の設置について、並びに決算審査特別委員会委員の選任についてを議題といたします。
 ここで、今期定例会において、お手元に配付のとおり、議長及び議会選出監査委員を除く全議員を委員とする決算審査特別委員会を設置したいと思います。
 これにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(長坂太郎君) ご異議なしと認めます。よって、今期定例会において、議長及び議会選出監査委員を除く20名を委員とする決算審査特別委員会を設置することに決しました。
 この後、休憩中に第1委員会室において決算審査特別委員会を開催します。
 ここで休憩いたします。
               午前11時11分休憩
         ──────────────────────
               午前11時25分開議
○議長(長坂太郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 さきに設置いたしました決算審査特別委員会の委員長及び副委員長の互選の結果につきましてご報告いたします。
 決算審査特別委員会委員長に高野貴世志君、副委員長に浅野信行君がそれぞれ選任されましたので、ご報告いたします。
        ─────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 以上をもちまして、本日の日程は終了いたしました。
 次の本会議は、6日午前10時に本議場において再開いたします。
 なお、議案質疑の発言通告は、あす5日正午までに議長あて提出願います。
 本日はこれにて散会いたします。大変ご苦労さまでした。
               午前11時26分散会