議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 稲敷市

平成24年第 1回定例会−02月28日-01号




平成24年第 1回定例会

稲敷市告示第7号

 平成24年第1回稲敷市議会定例会を下記のとおり招集する。

  平成24年2月14日

                         稲敷市長  田 口 久 克

                    記

1.期  日  平成24年2月28日(火)

2.場  所  稲敷市役所東庁舎議会議場



          平成24年第1回稲敷市議会定例会会期日程表
┌────┬──┬────┬─────┬────────────────────┐
│ 期 日 │曜日│開議時間│ 会議種別 │      議      事      │
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│2月28日│ 火 │午前10時│ 本 会 議 │◎開会                 │
│    │  │    │     │◎市長提案理由の説明          │
│    │  │    │     │◎諮問第1号〜3号表決         │
│    │  │    │     │◎陳情第2号上程            │
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│2月29日│ 水 │    │ 休  会 │議案調査日               │
│    │  │    │     │議案等質疑通告締切(正午)       │
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│3月1日│ 木 │午前10時│ 本 会 議 │◎一般質問               │
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│3月2日│ 金 │午前10時│ 本 会 議 │◎一般質問               │
│    │  │    │     │◎発言通告による議案質疑        │
│    │  │    │     │◎常任委員会議案付託          │
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│3月3日│ 土 │    │ 休  会 │                    │
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│3月4日│ 日 │    │ 休  会 │                    │
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│3月5日│ 月 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(総務教育常任委員会)│
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│3月6日│ 火 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(総務教育常任委員会)│
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│3月7日│ 水 │    │ 休  会 │議事整理                │
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│3月8日│ 木 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(市民福祉常任委員会)│
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│3月9日│ 金 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(市民福祉常任委員会)│
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│3月10日│ 土 │    │ 休  会 │                    │
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│3月11日│ 日 │    │ 休  会 │                    │
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│3月12日│ 月 │    │ 休  会 │議事整理(市立中学校卒業式)      │
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│3月13日│ 火 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(産業建設常任委員会)│
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│3月14日│ 水 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(産業建設常任委員会)│
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│3月15日│ 木 │    │ 休  会 │議事整理                │
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│3月16日│ 金 │    │ 休  会 │議事整理(市立幼稚園・認定こども園卒園式)│
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│3月17日│ 土 │    │ 休  会 │                    │
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│3月18日│ 日 │    │ 休  会 │                    │
├────┼──┼────┼─────┼──┬─────────────────┤
│3月19日│ 月 │午前10時│ 協 議 会 │午前│市民生活部、産業建設部、農業委員 │
│    │  │    │(全体審査)│  │会、水道局            │
│    │  │    │     ├──┼─────────────────┤
│    │  │    │     │午後│市長公室、総務部、監査委員、会計課、│
│    │  │    │     │  │議会事務局、教育委員会、保健福祉部│
├────┼──┼────┼─────┼──┴─────────────────┤
│3月20日│ 火 │    │ 休  会 │(春分の日)              │
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│3月21日│ 水 │    │ 休  会 │議事整理(市立小学校卒業式)      │
├────┼──┼────┼─────┼────────────────────┤
│3月22日│ 木 │午前10時│ 本 会 議 │◎委員長報告、質疑、討論、表決     │
│    │  │    │     │◎入札情報漏えい調査特別委員会委員長報告│
│    │  │    │     │◎閉会                 │
└────┴──┴────┴─────┴────────────────────┘



               一 般 質 問 通 告 書
                                平成24年第1回定例会
┌─────┬────────┬───────────────────┬──────┐
│ 質問者 │  質問事項  │      質 問 要 旨      │ 答 弁 者 │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│伊藤  均│ 新庁舎建設につ│?昨年9月定例会の私の一般質問で、新庁│市長    │
│議員   │いて      │ 舎建設について事業再開の方針である、│市長公室長 │
│     │        │ との答弁がありました。       │      │
│     │        │ その後、3月までの半年間での基本設計│      │
│     │        │ 等、事業の進捗状況をお伺いします。 │      │
│     │        │?平成26年度内完成を目指した、今後の事│      │
│     │        │ 業の具体的な工程表をお示し願います。│      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│関川 初子│1.職員窓口業務│ 近隣の自治体では、住民に対して親切・│市長    │
│議員   │ 等での対応につ│丁寧な対応をしていると聞くが、稲敷市で│      │
│     │ いて     │は職員に対して、窓口、電話応対等の指導│      │
│     │        │や研修をしているのか。        │      │
│     ├────────┼───────────────────┼──────┤
│     │2.公共施設内で│ 子どもからお年寄りまで、大勢の市民が│市長    │
│     │ の受動喫煙防止│訪れる公共施設で、どのような受動喫煙防│      │
│     │ 対策について │止対策を取っているのか。       │      │
│     │        │ また、模範となるべき職員にはどのよう│      │
│     │        │な指導をしているのか。        │      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│堀口 正良│ 人事評価制度に│ 人事評価制度の効能と顛末に関すること│総務部長  │
│議員   │ついて     │                   │市長    │
│     │        │                   │副市長   │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│篠田 純一│ 稲敷市の学校給│ 稲敷市はこれまでに、学校給食に関して│教育長   │
│議員   │食への取り組みに│様々な取り組みを行い、食育を推進してき│教育部長  │
│     │ついて     │た。                 │      │
│     │        │ それらの学校給食について再確認する。│      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│松戸 千秋│1.市民の健康確│ 当市では、いち早く「クレアチニン検 │市長    │
│議員   │ 保について  │査」を導入し、市民の健康確保に取り組ん│保健福祉部長│
│     │        │でいるところですが、検診率は低い状態で│      │
│     │        │す。                 │      │
│     │        │ 人工透析を未然に防ぐ、極めて重要な検│      │
│     │        │査に位置づけられると考えますが、検診率│      │
│     │        │向上のご一考をお聞かせ下さい。    │      │
│     ├────────┼───────────────────┼──────┤
│     │2.「いのちを守│ “ストレス社会”といわれる現代、自分│市長    │
│     │ る」心の健康対│でも気づかぬうちにストレスを抱えている│保健福祉部長│
│     │ 策について  │場合があります。           │      │
│     │        │ 最悪の悲劇を防止するために、自分のス│      │
│     │        │トレス度や落ち込み度がいつでもチェック│      │
│     │        │できる「こころの体温計」早期導入すべき│      │
│     │        │と考えますが、ご見解をお聞かせ下さい。│      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│高野貴世志│1.下太田第二工│?昨年の9月頃に千葉県の企業が下太田第│市長    │
│議員   │ 業団地、一般公│ 二工業団地の分譲地を政策審議室に買い│      │
│     │ 募受付拒否につ│ 付けの意思表示をしたところ、その受付│      │
│     │ いて     │ そのものを拒否したとの事であるが、何│      │
│     │        │ の根拠をもって拒否したのか。    │      │
│     │        │?市のホームページに従い、前述の業社が│      │
│     │        │ 一般公募に応じ申請したところ、急遽ホ│      │
│     │        │ ームページの掲載を削除しているが、そ│      │
│     │        │ の理由を説明願いたい。       │      │
│     │        │?受付を拒否された業社が、その理由の開│      │
│     │        │ 示を求めて情報公開請求を行ったが、こ│      │
│     │        │ れもまた、窓口で受付を拒否したとのこ│      │
│     │        │ とであるが、その理由を説明願いたい。│      │
│     │        │  行政手続法では、いかなる理由があっ│      │
│     │        │ ても通称「門前払い」は出来ないはずで│      │
│     │        │ あるが、何か別の解釈が存在するのであ│      │
│     │        │ れば、ご教示願いたい。       │      │
│     ├────────┼───────────────────┼──────┤
│     │2.公有財産の無│?昨年の8月に浮島地区の公有財産を無償│市長    │
│     │ 償譲渡について│ 譲渡したことが発覚したが、その後、議│      │
│     │        │ 会側には正式な報告をされていない。 │      │
│     │        │  その無償譲渡の経緯を詳細に説明して│      │
│     │        │ いただきたい。           │      │
│     │        │?昨年8月の全員協議会の時点では、部長│      │
│     │        │ が「議会報告をする必要がない案件」で│      │
│     │        │ あるとの説明を行ったが、金額要件であ│      │
│     │        │ る2千万円以上の物件については、当然│      │
│     │        │ 議会の承認が必要である。今回の事例は│      │
│     │        │ 、不動産鑑定も行っていないとのことで│      │
│     │        │ あるが、その場合は適正な評価をしてい│      │
│     │        │ るとは考えられない。        │      │
│     │        │  また、議会承認をしないで無償譲渡し│      │
│     │        │ た場合はその行為そのものが無効と考え│      │
│     │        │ られるが、その点についてどのように解│      │
│     │        │ 釈しているのか、執行部の解釈を説明い│      │
│     │        │ ただきたい。            │      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│山口 清吉│1.放射能対策に│?通学路の放射能測定について     │教育長   │
│議員   │ ついて    │?学校給食まるごとの放射能測定について│教育部長  │
│     │        │?現在、放射能廃棄物が一時保管されてい│      │
│     │        │ るが、仮置き場に移す必要があるのでは│      │
│     │        │ ないか。              │      │
│     ├────────┼───────────────────┼──────┤
│     │2.防犯灯の設置│?防犯灯、外灯のLED化について   │市長    │
│     │ について   │?住宅地内の防犯灯の設置について   │市民生活部長│
│     ├────────┼───────────────────┼──────┤
│     │3.再生可能エネ│ ソーラー発電設備への補助金を設ける考│市長    │
│     │ ルギーの活用に│えはないか。             │市民生活部長│
│     │ ついて    │                   │      │
│     ├────────┼───────────────────┼──────┤
│     │4.公共交通対策│?沼里地区、君賀地区の運行について  │市長    │
│     │ について   │?コミュニティバス運行の市民への宣伝に│市長公室長 │
│     │        │ ついて               │      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│大湖金四郎│ 公共施設の跡地│ 公共施設再編計画による統廃合でできた│市長    │
│議員   │について    │保育所や幼稚園の跡地及び、今後の学校や│      │
│     │        │新利根給食センター、新庁舎完成後の庁舎│      │
│     │        │の跡地について、どのような管理運営につ│      │
│     │        │いての計画があるのか伺いたい。    │      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│山本 彰治│ 公共交通につい│ 昨年から大幅に路線が増えた公共交通に│市長    │
│議員   │て       │ついて                │      │
│     │        │?そのトータル的なビジョンは、どういう│      │
│     │        │ ものか具体的に示していただきたい。 │      │
│     │        │?まだ多くある空白地域の補完はどうする│      │
│     │        │ のか。市内のみでなく、市外へのアクセ│      │
│     │        │ スはどんな予定であるのか。     │      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│浅野 信行│1.教科書バリア│?平成20年に「障害のある児童及び生徒の│教育長   │
│議員   │ フリー法につい│ ための教科用特定図書等の普及の促進等│      │
│     │ て      │ に関する法律」いわゆる教科書バリアフ│      │
│     │        │ リー法が施行されました。      │      │
│     │        │  この法に基づいた市の対応は。   │      │
│     │        │?平成21年より「マルチメディアデイジー│      │
│     │        │ 教科書」の提供が開始された。    │      │
│     │        │  市の取り組みをお伺いします。   │      │
│     ├────────┼───────────────────┼──────┤
│     │2.青年就農給付│ 平成24年度から、農水省では毎年2万人│市長    │
│     │ 金について  │の青年新規就農者の定着を目指し、新規就│      │
│     │        │農総合支援事業を開始します。     │      │
│     │        │ その柱となるのが「青年就農給付金」で│      │
│     │        │す。                 │      │
│     │        │ 就農前後の経営の安定性を高めること │      │
│     │        │で、若い世代の就農意欲を高め、就農後の│      │
│     │        │定着率を上げる事が狙いだそうです。  │      │
│     │        │ この制度を活用し、力強い農業づくりを│      │
│     │        │目指してはいかがでしょうか。市長の所見│      │
│     │        │をお伺いします。           │      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│根本 光治│ 震災への総括に│ 行政に求められる最重要課題の一つが市│市長    │
│議員   │ついて     │民の生命財産を保持し、公共福祉の拡充を│      │
│     │        │図りながら豊かな生活を営むことの実現で│      │
│     │        │はないかと考える。          │      │
│     │        │ 東日本大震災では、その市民の生命財産│      │
│     │        │が突発的な危機にさらされ、平穏な生活が│      │
│     │        │長期にわたって奪われ続けている市民もい│      │
│     │        │るのが現状です。           │      │
│     │        │ 再び昨年と同規模程度の大地震の発生が│      │
│     │        │危惧されている状況下にあって、当市では│      │
│     │        │、昨年の災害時の初動態勢、市民の安全確│      │
│     │        │保や避難誘導、復旧復興事業の優先付け │      │
│     │        │等、大きな教訓下に置いて学び体験した │      │
│     │        │様々な経験を、いかに今後の災害発生に向│      │
│     │        │けて活かしていくのか。        │      │
│     │        │ 先の震災の反省・課題を検証し、どのよ│      │
│     │        │うな強化を図っていくのか問いたい。  │      │
└─────┴────────┴───────────────────┴──────┘



                 平成24年第1回
             稲敷市議会定例会会議録 第1号
        ─────────────────────────
          平成24年2月28日 午前10時00分開会
        ─────────────────────────
1.出席議員  22名
      1番  岡 沢 亮 一 君     2番  篠 田 純 一 君
      3番  松 戸 千 秋 君     4番  山 本 彰 治 君
      5番  根 本 光 治 君     6番  伊 藤   均 君
      7番  大 湖 金四郎 君     8番  関 川 初 子 君
      9番  高 野 貴世志 君    10番  柳 町 政 広 君
     11番  篠 崎 力 夫 君    12番  浅 野 信 行 君
     13番  木 内 義 延 君    14番  坂 本   源 君
     15番  根 本   保 君    16番  山 下 恭 一 君
     17番  堀 口 正 良 君    18番  長 坂 太 郎 君
     19番  根 本 勝 利 君    20番  黒 田   正 君
     21番  遠 藤 一 行 君    22番  山 口 清 吉 君

1.欠席議員
       な  し

1.出席説明員
       市長                田 口 久 克 君
       副市長               坂 本   進 君
       教育長               坂 本   繁 君
       市長公室長             沼 崎 忠 夫 君
       総務部長              親 見 清 志 君
       市民生活部長            栗 山 照 夫 君
       保健福祉部長            大 島   功 君
       産業建設部長            大 竹 克 己 君
       教育部長              飯 田 光 男 君
       会計管理者             内 田 恒 雄 君
       農業委員会事務局長         森 川 春 樹 君
       監査委員事務局長          上 山 成 夫 君
       秘書広聴課長            高 山   久 君
       企画課長              川 崎 忠 博 君
       総務課長              川 上 俊 夫 君
       水道局業務課長           仲 川 一 夫 君

1.出席事務局職員
       議会事務局長            津 本 義 衛
       書記                坂 本 浩 一
       書記                萩 原 隆 行

1.会議録署名議員
     16番  山 下 恭 一 君
     19番  根 本 勝 利 君

1.議事日程
        ─────────────────────────
              議 事 日 程 第 1 号
                          平成24年2月28日(火曜日)
                               午前10時00分開会

日程第1 会議録署名議員の指名について
日程第2 会期の決定について
日程第3 議案第4号 稲敷市職員の自己啓発等休業及び修学部分休業に関する条例の制定について
     議案第5号 稲敷市江戸崎工業団地企業立地促進助成金準備基金条例の制定について
     議案第6号 稲敷市墓地、埋葬等に関する条例の制定について
     議案第7号 稲敷市部設置条例の一部改正について
     議案第8号 稲敷市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正について
     議案第9号 稲敷市税条例の一部改正について
     議案第10号 稲敷市産業活動の活性化及び雇用機会の創出のための固定資産税の特別措置に関する条例の一部改正について
     議案第11号 稲敷市公民館設置、管理及び職員に関する条例の一部改正について
     議案第12号 稲敷市立図書館の設置及び管理等に関する条例の一部改正について
     議案第13号 稲敷市介護保険条例の一部改正について
     議案第14号 稲敷市江戸崎工業団地企業立地促進条例の一部改正について
     議案第15号 稲敷市水道事業の設置等に関する条例及び稲敷市工業用水道事業の設置等に関する条例の一部改正について
     議案第16号 稲敷市土地開発基金条例の廃止について
     議案第17号 平成23年度稲敷市一般会計補正予算(第6号)
     議案第18号 平成23年度稲敷市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
     議案第19号 平成23年度稲敷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第5号)
     議案第20号 平成23年度稲敷市公共下水道事業特別会計補正予算(第6号)
     議案第21号 平成23年度稲敷市介護保険特別会計補正予算(第2号)
     議案第22号 平成23年度稲敷市浮島財産区特別会計補正予算(第1号)
     議案第23号 平成23年度稲敷市古渡財産区特別会計補正予算(第1号)
     議案第24号 平成23年度稲敷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
     議案第25号 平成23年度稲敷市水道事業会計補正予算(第4号)
     議案第26号 平成24年度稲敷市一般会計予算
     議案第27号 平成24年度稲敷市国民健康保険特別会計予算
     議案第28号 平成24年度稲敷市、稲敷郡町村及び一部事務組合公平委員会特別会計予算
     議案第29号 平成24年度稲敷市農業集落排水事業特別会計予算
     議案第30号 平成24年度稲敷市公共下水道事業特別会計予算
     議案第31号 平成24年度稲敷市介護保険特別会計予算
     議案第32号 平成24年度稲敷市浮島財産区特別会計予算
     議案第33号 平成24年度稲敷市古渡財産区特別会計予算
     議案第34号 平成24年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計予算
     議案第35号 平成24年度稲敷市後期高齢者医療特別会計予算
     議案第36号 平成24年度稲敷市水道事業会計予算
     議案第37号 平成24年度稲敷市工業用水道事業会計予算
     議案第38号 指定管理者の指定について
     議案第39号 市道路線の認定について
     議案第40号 市道路線の変更について
     議案第41号 市道路線の廃止について
日程第4 諮問第1号 人権擁護委員候補者の推薦について
     諮問第2号 人権擁護委員候補者の推薦について
     諮問第3号 人権擁護委員候補者の推薦について
日程第5 陳情第1号 利根川の管理を国の責任で行うことを求める陳情

1.本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名について
 日程第2 会期の決定について
 日程第3 議案第4号
      議案第5号
      議案第6号
      議案第7号
      議案第8号
      議案第9号
      議案第10号
      議案第11号
      議案第12号
      議案第13号
      議案第14号
      議案第15号
      議案第16号
      議案第17号
      議案第18号
      議案第19号
      議案第20号
      議案第21号
      議案第22号
      議案第23号
      議案第24号
      議案第25号
      議案第26号
      議案第27号
      議案第28号
      議案第29号
      議案第30号
      議案第31号
      議案第32号
      議案第33号
      議案第34号
      議案第35号
      議案第36号
      議案第37号
      議案第38号
      議案第39号
      議案第40号
      議案第41号
 日程第4 諮問第1号
      諮問第2号
      諮問第3号
 日程第5 陳情第1号
        ─────────────────────────
                午前10時00分開会
○議長(長坂太郎君) 会議に先立ちましてお願いいたします。
 来月3月11日をもって東日本大震災の発生から1年になりますので、東日本大震災で亡くなられた方々のご冥福を祈り、1分間の黙祷をささげたいと存じます。本来でしたら、3月11日に行うところですが、休会となりますので、本日黙祷をささげたいと思います。
 それでは、全員ご起立お願いいたします。傍聴者の方もお願いいたします。
                  〔総員起立〕
○議長(長坂太郎君) 黙祷
                   〔黙 祷〕
○議長(長坂太郎君) ありがとうございました。ご着席ください。
                  〔総員着席〕
○議長(長坂太郎君) ただいまから、平成24年第1回稲敷市議会定例会を開会いたします。
 ただいまの出席議員は22名であります。地方自治法第113条の規定により定足数に達しておりますので、会議は成立いたします。
 なお、水道局長が欠員のため、仲川一夫水道局業務課長を局長代行として今期定例会においての出席を認めます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりでございます。
        ─────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、
      16番  山 下 恭 一 君
      19番  根 本 勝 利 君
 をそれぞれ指名いたします。
        ─────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。
 お諮りする前に、過日、議会運営委員会を開いておりますので、委員長から会期等について委員会の結果を報告願います。
 議会運営委員長木内義延君。
            〔議会運営委員長木内義延君登壇〕
◎議会運営委員長(木内義延君) ただいま議長より指名を受けましたので、議会運営委員会で決定しました会期日程等についてご報告いたします。
 去る2月21日に開催しました会議には委員6名が出席し、稲敷市議会委員会条例第16条の規定により、会議は成立いたしました。
 付託されました平成24年第1回稲敷市議会定例会の議会運営についてを議題とし、執行部より田口市長、親見総務部長、川上総務課長に出席をいただき、協議をいたしました。
 それでは、お手元に配付されております資料に基づき、ご説明いたします。
 本定例会の会期日程は、本日2月28日から3月22日までの24日間であります。
 まず、本日28日は、議案第4号から議案第41号までの38案件を一括上程し、市長が提案理由の説明を行います。次に、諮問第1号から諮問第3号までの3案件を一括上程し、市長より提案理由の説明を求め、採決を行います。
 29日は議案調査のため休会とし、3月1日午前10時、本会議を再開いたします。
 1日、2日は、市政一般に関する通告質問を行います。今回の一般質問通告者は11名であります。
 なお、1日は6名の議員が一般質問を行います。
 2日は、初めに一般質問を5名の議員が行います。次に、議案第4号から議案第41号までに対する発言通告による質疑を行います。質疑終了後、議案第4号から議案第41号までを各所管の常任委員会へ付託を行う予定であります。
 5日から14日までは、各常任委員会を開催し、付託された案件の審査を行います。
 19日は、全体審査会を開催し、午前中は市民生活部、産業建設部、水道局、農業委員会、午後は市長公室、総務部、保健福祉部、教育委員会、会計課、監査委員事務局所管の当初予算に対する審査を行う予定であります。
 7日、12日、15日、16日、21日は議事整理のため休会とします。
 22日、本定例会の最終日であります。委員会に付託されました議案の審査結果を報告し、質疑、討論を行い、採決となります。また、入札情報漏えい問題調査特別委員長からの最終報告を行います。
 なお、追加議案等がある場合は随時審査を行ってまいります。
 以上のとおりでありますので、議会運営委員会で決まりました事項等に対しましては、ぜひとも議員の皆様方にご賛同をいただきたくお願いを申し上げまして、報告といたします。
○議長(長坂太郎君) 委員長の報告が終わりました。
 お諮りいたします。
 本定例会の会期は、ただいま委員長から報告のあったとおり、本日から3月22日までの24日間にいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
              〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(長坂太郎君) ご異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は本日2月28日から3月22日までの24日間と決しました。
        ─────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第3、議案第4号から議案第41号までの38案件を一括して議題といたします。
 なお、市長より提案理由の前に市政方針を行いたいとの申し出がありましたので、これを許します。
 市長より、施政方針並びに提案理由の説明を求めます。
 市長田口久克君。
                〔市長田口久克君登壇〕
◎市長(田口久克君) 平成24年第1回稲敷市議会定例会が開催され、提案をいたしました平成24年度予算案を初め、各種案件のご審議をいただくに当たり、市政運営についての所信の一端を申し述べますとともに、提出議案の対応と当面する諸課題への取り組みについてご説明を申し上げます。
 開会前に議場内で黙祷をさせていただきましたが、間もなく東日本大震災の発生から、はや1年が過ぎようとしております。
 改めて、震災で亡くなられた方々とそのご家族の皆様に対しまして心よりご冥福を申し上げますとともに、被災された方々、そしていまだ避難生活を強いられている皆様に心よりお見舞いを申し上げます。
 未曽有の国難と言うべき東日本大震災の発生により、日本全体が危機に直面するとともに、震災以降は、電力需給の逼迫、歴史的な円高の進行、産業空洞化の懸念、さらには国際的な経済不安などの問題が次々と生じ、今なお不安定な社会経済情勢が続いております。
 稲敷市におきましても、東地区を中心に住宅の倒壊や道路、上下水道などのインフラの損壊、さらに農地、農業施設においては液状化により茨城県下最大の被害を受けました。
 このような中、現在、国や県など関係機関と密接に連携し、全職員が一丸となり、震災からの復旧・復興に取り組んでおり、特に農地、農業施設の復旧につきましては、ことしの米の作付に間に合うよう全力で工事を推進しているところであります。
 このような状況の中、場所によっては、国庫補助における計画変更申請の承認を待っていてはことしの米の作付に間に合わなくなるおそのあるところもありました。工事によっては国の補助金が認められなくなり、市単独事業になる可能性もありますが、国の承認前でも工事着工することにより、農地、農業施設の復旧を推進しているところであります。
 震災により厳しい状況に置かれた稲敷市ではありますが、昨年末には江戸崎工業団地への株式会社コメリの物流センターの立地が決定されました。今回の優良企業の立地は、多くの市民の皆様に勇気を与えるとともに、震災で疲弊した地域経済の再興が期待され、復興のシンボルとなるものであります。
 また、昨年来誘致を進めておりましたNHK「のど自慢」の、6月24日江戸崎体育館での開催が決定されました。市内で初めて開催されましたのが、昭和41年の江戸崎高校体育館であり、二度目が昭和61年の東中学校体育館でありました。市民の皆様も、あのときの感動は忘れていないと思います。
 いなしきチューリップ祭り、いなしき夏祭り花火大会、そして今回のNHK「のど自慢」を稲敷市復興の三大イベントと位置づけ、関係団体並びに市民の皆様のご協力を得ながら、稲敷市、そして稲敷市民が元気になるような企画運営に努めてまいります。
 平成24年度は、今後5年間のまちづくりの方向性を定める総合計画後期基本計画のスタートの年でもあります。これまで着実に積み上げてきた施策の成果を踏まえ、今後5年間の市政運営の方向性を示し、震災からの復旧・復興はもとより、町村合併後懸案となっていた重要政策についても、この5年の間に重点投資し、整備を推進しなければならないと考えております。
 平成24年度の稲敷市の置かれている現状、そして「今」という時期の重要性を認識し、市民が考えていること、求めていることを敏感に感じ取り、市民を主役とした行政運営、このことを常に意識しながら、情熱を持って市政運営に取り組んでまいる覚悟であります。
 議員各位、並びに市民の皆様のご理解、ご支援のほどよろしくお願い申し上げます。
 昨年12月に閣議決定された国の平成24年度予算編成の基本方針では、平成24年度を日本再生元年と位置づけ、経済成長と財政健全化の両立を一体的に実現し、元気な日本を復活させるための礎を築いていく方針とされております。
 地方財政においては、財政運営戦略の中長期財政フレームにおいて、国の歳出見直しの取り組みと基調を合わせることを前提に、安定的な財政運営に必要となる一般財源総額については、実質的に平成23年度の水準を下回らないよう確保されております。
 しかしながら、今後、さらに補助金等の一括交付金化が加速されることや、別枠とされている震災復興財源等の動向は慎重に見きわめていく必要があります。
 稲敷市におきましても、地域経済の持ち直しを実感できる状況にはいまだほど遠く、東日本大震災の発生以降、原発事故に伴う風評被害の影響等により、商工業や農業等も含め、地域経済全体に深刻な影響が及んでいることから、復興への取り組みを加速させることが喫緊の課題であります。
 この平時でない困難な状況を乗り越え、ふるさと稲敷を復興再生に導くとともに、新たな未来を切り開いていくためには、厳しい財政状況にあっても、前例にとらわれることなく、市議会や市民とともに、何をすべきかを真摯に考え、行動することが重要であります。このことこそが、震災前の状態への復興ではなく、新しい未来への創造へとつながっていくものであります。
 これらのことを踏まえて、新年度の予算編成を行った結果、一般会計の予算規模は207億3,800万円、前年度と比較し20億8,000万円の増額、率にして11.1%の増加となりました。
 増加の主な要因でありますが、震災復興再生ビジョンに基づく災害復旧・復興関連事業費に重点投資を図ったほか、喫緊の課題であった新利根地区新設小学校建設事業費及び市内小学校の屋内運動場耐震補強工事を予算計上したことによるものであります。
 また、地域振興策として、優良企業の誘致促進を図るため、江戸崎工業団地企業立地促進助成金準備基金を造成したことが主な要因であります。
 一方、歳入ではありますが、基幹財源である市税については、震災の影響等により、法人市民税及び固定資産税の大幅な減収が見込まれます。
 また、もう一つの歳入の柱である地方交付税については、前年度と同程度の額を見込むとともに、震災復興特別交付税が措置されることから大幅な増収を見込み、収支の均衡を図ったものであります。
 それでは、平成24年度主要施策の概要についてご説明を申し上げます。
 重点施策の第1点としては、市民の安全・安心の確保、震災からの復旧・復興を最優先課題とし、加えて、新たな地域づくりと地域活力の再生を実現させるという視点で、国の災害査定スケジュールの関係で平成23年度に予算計上できなかった道路の震災復旧工事に予算の重点配分を行い、すべてのインフラ施設の復旧工事を平成24年度中に完了させることとしております。
 また、多くの市民の皆様からご要望があった震災瓦れき処理を半年間延長することといたしました。
 さらに、いまだ収束していない放射線対策といたしましては、昨年12月に設置いたしました放射線対策室で、市民の皆様からの放射線問題に関する相談対応や情報の提供、除染計画に基づく除染工事の実施、保育所、幼稚園、学校給食材料の検査を行うなど、安全・安心な生活の早期回復に努めてまいります。
 被災者の皆様に対する支援といたしましては、罹災証明において一部損壊の判定となっている方が住宅修繕を行う場合、法的支援が受けられないことから、新たに市独自の助成制度を創設し、きめ細かな被災者支援を行うものであります。
 中小企業の支援策といたしましては、震災等の影響により経営環境の悪化が予測されることから、中小企業に対する融資制度を継続することとし、さらに、地域経済を活性化させるため、スーパープレミアム商品券発行事業を引き続き実施してまいります。
 発行される地域商品券が完売となり広く地域活性化につながるよう、多くの店舗にご参加いただくとともに、多くの市民の皆様にご購入いただき、ご利用願いたいと思います。
 また、中心市街地商店街の活気を取り戻すため、本年3月に竣工する「えどさき笑遊館」の管理運営に対する支援を拡大し、商工会、地元商店街、市民団体の協働により、中心市街地のにぎわいを創出してまいります。
 次に、イベント関連経費といたしましては、昨年は東日本大震災の関係で中止とさせていただいたチューリップ祭り、いなしき夏祭り花火大会を復活させるとともに、開催が決定したNHK「のど自慢」を復興三大イベントと位置づけ、実施してまいります。
 今後、本市の復興・再生に当たりましては、市民、地域、行政がそれぞれの立場と役割を認識し、お互いに連携し取り組まなければ、なし遂げられないものであります。議員各位、並びに市民の皆様のご支援、ご協力をお願い申し上げます。
 次に、小学校の再編整備について申し上げます。
 喫緊の課題でありました新利根地区新設小学校建設事業については、平成24年度、平成25年度の2カ年継続事業とし、平成26年4月開校を目指し事業に着手いたします。
 ご承知のとおり、新利根地区小学校3校の再編により新設小学校が誕生いたしますが、根本小学校、柴崎小学校、太田小学校にはそれぞれ長い歴史と伝統があり、新しい学校はその歴史と伝統を生かしたすばらしい学校にしなければなりません。
 子供たちの健やかな育ちを支えたいとの願いから再編に取り組むものであり、次代を担う子供たちに新しい時代を開く能力と豊かな心を育成できる教育環境を目指してまいりたいと思います。そのためには、開校のための協議会を設置し、新しい学校の名称や通学方法など、さまざまな議論をいただきたいと考えております。
 最終的には教育委員会で決定することになりますが、地域や学校、保護者、子供たちのご要望を尊重してまいりたいと考えております。
 次に、学校教育の充実を図る取り組みについて申し上げます。
 国は、新学習指導要領の改訂を小学校は平成23年度から、中学校は平成24年度から行います。改訂内容は、「生きる力」をはぐくむ理念は変わりませんが、標準授業の時間数を増加し、言語活動や理数教育、道徳教育及び外国語教育などを充実させるために改善が行われております。
 市教育委員会では、新学習指導要領への対応はもとより、学校、家庭、地域がより一体となり、学校の教育力の向上、信頼される学校づくりに取り組んでいるところであります。
 次に、少子化対策・子育て環境の充実について申し上げます。
 まず、ファミリーサポートセンター事業についてでありますが、本事業は、子育てを応援してほしい方と応援したい方を結ぶ事業であり、市民と行政の協働事業として今年度から事業を実施しております。現在、50人を超える方が会員に登録しており、母親が通院する際のお子さんの一時預かりなどにご利用いただいております。新年度からは、利用者の負担軽減を図るため、利用料金の値下げを実施したいと考えております。
 また、少子化対策の一環として、不妊治療費に対する助成を行ってまいります。新年度から、県が助成を行っている特定不妊治療費に対して市が上乗せをして、1回当たり5万円を上限に初年度は3回までとし、次年度以降は年2回を限度とした新たな助成をしたいと考えております。
 次に、雇用対策について申し上げます。
 新年度において、江戸崎地区、東地区の都市計画図のデジタル化作業に着手いたします。
 本事業は、国の重点分野雇用創出事業を確保することにより、市内の震災による被災者を含め、震災等の影響による失業者を積極的に雇用することで100%補助が受けられる有利な補助金を活用し、震災による離職者の雇用を図るものであります。
 次に、公共交通対策事業について申し上げます。
 市内公共交通体系の整備といたしましては、昨年10月から、江戸崎総合高等学校から新利根ふれあいセンター間の路線バスを新規開設するなど、ほか3路線を拡充したことにより、国、県道を初めとする主要道路及び公共施設や大型ショッピングセンターなどへのアクセスが可能になりました。昨年10月の利用者数を比較しますと、約200人増加してきている状況であります。新年度は、さらなる利用者の利便性を図るため、特に要望が多い江戸崎地区内を循環する地域補完交通網を整備してまいりたいと考えております。
 次に、道路基盤整備について申し上げます。
 首都圏中央連絡自動車道につきましては、稲敷インターから大栄ジャンクションまでの土地収用法に基づく事業認定申請がなされたところであり、遅くとも平成26年度には供用が図れるものと考えております。本市としては、(仮称)あずまインターチェンジの早期供用開始に向けて、引き続き要望活動を積極的に行ってまいります。
 また、国道125号バイパス、県道竜ケ崎潮来線バイパスにつきましても、圏央道の供用開始に合わせた整備が図れるよう、議員各位のお力添えを賜りながら要望活動を行ってまいりたいと思います。
 最後になりますが、環境問題や少子高齢化問題等、かねてから認識されている社会問題はより一層深刻さを増し、待ったなしの対応が迫られる状況となっております。また、世界的な金融・経済危機に伴う経済の悪化や資源エネルギー問題等、新たな課題も顕在化してきております。今は、こうした多様な課題が同時期に押し迫ってくる大きな歴史の転換期であり、まさに疾風怒濤の時代であります。
 日本は、戦後、高度経済成長を続け、我々は長く右肩上がりの時代を過ごしてきました。しかし、今、確実に少子高齢化は進み、総人口は減少し始めており、それにつれてさまざまな分野で成長力や競争力は低下しつつあります。これまでの考え方やシステムを、大胆な発想と行動力で変革させていかなければならない時期に入ったものと思います。
 私は、マニフェストの中で、市民と協働によるまちづくりを強く訴えてきました。このような時代にあってこそ、市民総ぐるみの協働を進め、地域の底力を高めることが、自立した地域による真の地域主権改革であると確信しております。
 我々が先人から受け継いだ稲敷市が、これからの地域主権時代にふさわしい地域力と行政力を蓄えつつ、次の時代にも一層輝き続けることができるよう、さらなる発展を目指して全力で市政運営に取り組んでまいります。
 議員各位、並びに4万6,000市民のご理解とご協力を重ねて衷心よりお願いを申し上げ、私の施政方針といたします。
 それでは、今期定例会に提案をいたしております議案でございますが、条例制定案件3件、条例改正案件9件、条例廃止案件1件、各会計補正予算案件9件、平成24年度各会計予算案件12件、指定管理者の指定について1件、市道の認定、変更、廃止案件3件、諮問が3件の41案件でございます。
 それでは、議案第4号から議案第25号の提案理由をご説明申し上げます。
 初めに、議案第4号 稲敷市職員の自己啓発等休業及び修学部分休業に関する条例の制定についてであります。
 本案は、地方公務員法第26条の5及び26条の2の規定に基づき、自己啓発に関すること及び修学に関する休業制度を導入するため、条例を制定するものであります。
 自己啓発等休業とは、職員の身分を保有したまま大学等における履修及び国際貢献活動のため最大3年間の休業を認めるものであり、修学部分休業とは、大学等における履修のため最大2年間、1週間の勤務時間の半分以下の時間の休業を認めるものであります。
 次に、議案第5号 稲敷市江戸崎工業団地企業立地促進助成金準備基金条例の制定についてであります。
 本案は、稲敷市江戸崎工業団地企業立地促進条例に規定する奨励措置を講じるための財源を確保し企業立地促進を円滑に推進することを目的とする稲敷市江戸崎工業団地企業立地促進助成金準備基金を創設するため、条例を制定するものであります。
 次に、議案第6号 稲敷市墓地、埋葬等に関する条例の制定についてであります。
 本案は、墓地、埋葬等に関する法律第10条の規定による墓地、納骨堂、または火葬場の経営等の許可について、これまで県条例に基づき許可事務を行っていましたが、地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律に基づき、平成24年4月1日から市に権限移譲されることに伴い、新たに条例を制定するものであります。
 次に、議案第7号 稲敷市部設置条例の一部改正についてであります。
 本案は、行政改革大綱、行政改革実施計画による職員の定員管理を実現するため、平成24年4月1日より、水道局と産業建設部下水道課を統合いたしまして、上下水道部を新設するものであります。このことにより、上下水道料金の徴収業務の統合及び組織の管理体制の統合により事務の効率化を図るものであります。
 次に、議案第8号 稲敷市特別職の職員で常勤のものの給与及び旅費に関する条例の一部改正についてであります。
 本案は、市職員が引き起こした一連の不祥事に対し、市の最高責任者としてみずから戒め、副市長も含め、給料の減額をするものであります。市長給料を4月から3カ月間給料月額の10分の1を、副市長の給料を4月から2カ月間給料月額の10分の1を、それぞれ減額するものであります。
 次に、議案第9号 稲敷市税条例の一部改正についてであります。
 本案は、地方税法の一部改正に伴い、稲敷市税条例の一部を改正するものであります。
 主な改正点については、たばこ税が県からの一部移譲により増額となりますこと、市民税にかかわる退職所得の10%税額控除が廃止となりますこと、平成26年度から平成35年まで個人市民税の均等割額が500円の増額となりますことの3点であります。
 次に、議案第10号 稲敷市産業活動の活性化及び雇用機会の創出のための固定資産税の特別措置に関する条例の一部改正についてであります。
 本案は、市内における産業活動の活性化及び雇用機会の創出を図ることを目的としており、現行条例の適用期間は平成24年3月31日限りとなっております。しかしながら、市内の雇用情勢や経済情勢は依然として厳しさが残る状況にあることから、引き続き市内産業活動の活性化と雇用機会の創出のさらなる促進を図るため、適用期間を3年延長するものであります。
 次に、議案第11号 稲敷市公民館設置、管理及び職員に関する条例の一部改正についてであります。
 本案は、社会教育法第30条の改正により、公民館運営審議会委員の委嘱の基準について文部科学省令で定められたことに伴い第4条第2項及び第4項を改正するものであります。
 次に、議案第12号 稲敷市立図書館の設置及び管理等に関する条例の一部改正についてであります。
 本案は、平成23年8月30日に公布され、平成24年4月1日施行の地域の自主性及び自立性を高めるための改革の推進を図るための関係法律の整備に関する法律により図書館法の一部改正が行われたことにより、図書館協議会委員の任命の基準を明文化したことにより、条例の一部改正をするものであります。
 次に、議案第13号 稲敷市介護保険条例の一部改正についてであります。
 本案は、介護保険料が3カ年ごとに事業運営期間の財政の状況を勘案して設定されることから、第5期介護保険事業計画で見込まれる介護保険の受給者数、介護サービス量等に基づき、平成24年度から平成26年度までの保険料率を定めること及び東日本大震災により罹災した被保険者に係ります介護保険料の減免対象期間を平成23年度の保険料全体に拡充すること、並びに延滞金の算出方法を明文化することに伴い、必要な改正をするものであります。
 次に、議案第14号 稲敷市江戸崎工業団地企業立地促進条例の一部改正についてであります。
 本案は、江戸崎工業団地区域内における企業の立地をさらに促進し、雇用機会の拡大等を図る目的で、必要な奨励措置の対象範囲を拡大し、「小売業」の企業者を追加するものであります。
 次に、議案第15号 稲敷市水道事業の設置等に関する条例及び稲敷市工業用水道事業の設置等に関する条例の一部改正についてであります。
 本案は、稲敷市行政改革実施計画に基づく組織再編に伴い、上下水道部を新設するため、条例の一部改正を行うものであります。
 次に、議案第16号 稲敷市土地開発基金条例の廃止についてであります。
 本案は、稲敷市土地開発基金を廃止するための条例を制定するものでございます。
 この土地開発基金は、地価上昇が激しかった年代に、公共用地の先行取得を弾力的に行い公共事業を円滑に推進するため創設された基金でございます。昨今の社会情勢の変化、特に地価の下落傾向により、その実効性、必要性は希薄なものとなっていることから、これを廃止し、基金財産の有効活用を図ろうとするものです。
 次に、議案第17号 平成23年度稲敷市一般会計補正予算(第6号)についてであります。
 本案は、既定の予算額から11億3,612万円を減額し、歳入歳出予算の総額を225億1,271万9,000円とするほか、継続費、繰越明許費、地方債の補正を行うものです。
 歳出につきましては、災害復旧費における上水道施設災害復旧の出資金及び負担金の増額等により6,269万7,000円を計上しており、諸支出金については、各基金への積立金等により505万3,000円を増額するものとしております。
 次に、歳入において増額補正する主なものは、たばこ税の増収分等により市税5,190万7,000円、地方交付税3億9,839万円、復興まちづくり支援事業費補助金交付等により県支出金1億2,483万7,000円及び繰越金3億774万円となっております。
 減額補正する主なものにつきましては、子ども手当負担金の減少等により国庫支出金1億5,540万3,000円、財政調整基金の取り崩し額を減額すること等により繰入金15億5,548万6,000円及び臨時財政対策債の確定等により市債3億932万8,000円となっております。
 継続費、繰越明許費及び地方債の補正につきましては、第2表から第4表のとおりですが、継続費の変更を行うものが1事業、繰越明許費の設定を行うものが8事業、地方債の変更を行うものが11事業となっております。
 なお、東日本大震災に伴う災害復旧事業及び災害対策事業の財源となる国県支出金及び特別交付税については、現在、国及び県において被災市町村に交付する額の調整が行われている段階にあるため、財源が確定次第、専決処分にて財源内訳の補正予算を計上させていただくものであります。
 次に、議案第18号 平成23年度稲敷市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)についてであります。
 本案は、既定の予算額に6,511万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を59億5,598万6,000円とするものであります。
 歳入の主なものにつきましては、国民健康保険税が5,260万7,000円の減額、国庫支出金2,262万7,000円の増額、共同事業交付金2,641万8,000円の増額、繰越金6,697万7,000円の増額となります。
 一方、歳出の主なものにつきましては、保険給付費1億660万8,000円の増額、共同事業拠出金4,249万2,000円の減などが主な内容であります。
 なお、内容につきましては、去る2月23日開催の国保運営協議会において承認いただいたことをご報告申し上げます。
 次に、議案第19号 平成23年度稲敷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第5号)についてであります。
 本案は、既定の予算額からそれぞれ1,248万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を8億6,030万8,000円とするものであります。
 補正の内容につきましては、歳入予算としまして、東日本大震災被害の影響から使用料1,259万6,000円を減額し、下水道排水施設維持管理基金利子3,000円、一般会計からの繰入金10万7,000円をそれぞれ増額するものであります。
 歳出予算としまして、一般管理費で職員給与関係経費44万1,000円、農業集落排水処理施設管理費で各処理施設の維持管理に要する経費執行見込みによりまして1,230万円を減額するとともに、上下水道料金統一に係る農業集落排水データ提供経費25万2,000円、下水道排水施設維持管理基金の利子増額による3,000円を増額するものでございます。
 補正の財源につきましては、農業集落排水施設使用料を減額するとともに、利子及び配当金、一般会計繰入金を増額するものであります。
 次に、議案第20号 平成23年度稲敷市公共下水道事業特別会計補正予算(第6号)についてであります。
 本案は、既定の予算額からそれぞれ4,014万円を減額し、歳入歳出予算の総額を27億5,962万2,000円とするものであります。
 補正の内容につきましては、歳入予算としまして、新規整備地区の受益者負担金666万1,000円、市債130万円を増額するとともに、東日本大震災被害の影響から受益者分担金1,022万9,000円、使用料2,645万9,000円、一般会計からの繰入金1,141万3,000円をそれぞれ減額するものであります。
 歳出予算としまして、一般管理費で、職員給与関係経費901万6,000円、排水設備設置補助金500万円を減額し、上下水道料金統一に係る公共下水道データ提供経費25万2,000円を増額するものでございます。
 また、下水道施設管理費で、各処理施設の維持管理に要する経費執行見込みによりまして2,640万円を減額するものであります。
 下水道整備費で、電柱等移転に係る補償金163万円を減額し、霞ケ浦城南流域下水道整備事業負担金165万4,000円を増額するものであります。
 補正の財源につきましては、分担金及び負担金、下水道使用料、一般会計繰入金をそれぞれ減額するとともに、市債を増額するものであります。
 次に、議案第21号 平成23年度稲敷市介護保険特別会計補正予算(第2号)についてであります。
 本案は、既定の予算額から1億1,036万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を28億653万円とするものであります。
 歳入についてでありますが、減額補正する主なものが、介護保険料835万8,000円、国庫支出金4,991万9,000円、支払基金交付金6,690万1,000円、県支出金2,724万7,000円、繰入金2,951万4,000円で、増額補正が繰越金7,162万8,000円となっております。
 次に、歳出の主なものでございますが、総務費で職員給与関係経費の減などにより1,247万9,000円の減額、保険給付費で介護サービス諸費等の減により1億13万2,000円の減額、諸支出金では災害臨時特例サービス費の増により230万円の増額を計上するものであります。
 次に、議案第22号 平成23年度稲敷市浮島財産特別会計補正予算(第1号)についてであります。
 本案は、既定の予算額に10万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を135万2,000円とするもので、繰越金の増額分10万7,000円を基金積立金として補正させていただくものでございます。
 次に、議案第23号 平成23年度稲敷市古渡財産区特別会計補正予算(第1号)についてであります。
 本案は、既定の予算額に49万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を403万8,000円とするもので、繰越金の増額分49万1,000円を基金積立金として補正させていただくものであります。
 次に、議案第24号 平成23年度稲敷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)についてであります。
 本案は、既定の予算額から2,417万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を8億1,099万1,000円とするものであります。
 歳入につきましては、後期高齢者医療保険料1,630万1,000円の減額、一般会計繰入金598万6,000円の減額、受託事業収入188万7,000円の減額となります。
 一方、歳出につきましては、総務費99万5,000円の減額、後期高齢者医療広域連合納付金2,064万8,000円の減額、保健事業費203万1,000円の減額、諸支出金50万円の減額であります。
 次に、議案第25号 平成23年度稲敷市水道事業会計補正予算(第4号)についてであります。
 本案は、収益的収入及び支出の予定額をそれぞれ1億3,733万1,000円減額し、9億8,112万1,000円とするものであります。
 収入につきましては、震災の影響及び災害復旧経費の執行見込みから水道料金7,300万円、一般会計補助金6,163万3,000円をそれぞれ減額とし、支出につきましては、災害復旧経費1億1,080万円、職員給与関係経費1,329万8,000円をそれぞれ減額としております。
 次に、資本的収入及び支出でございますが、資本的収入の予定額を535万3,000円減額し3億6,864万5,000円に、資本的支出の予定額を1億1,866万2,000円減額し7億1,265万9,000円とするものであります。
 収入につきましては、災害復旧事業等の執行見込みから企業債1,300万円、一般会計出資金4,596万2,000円をそれぞれ増額し、国庫補助金6,552万3,000円を減額としております。
 支出につきましては、配水管布設事業費1億1,990万円を減額し、水資源機構に対する災害復旧負担金123万8,000円を増額するものであります。
○議長(長坂太郎君) ここで休憩いたします。
                午前10時54分休憩
        ─────────────────────────
                午前11時10分開議
○議長(長坂太郎君) 会議を再開いたします。
 議案第26号から議案第41号までの16案件について、市長より説明を求めます。
 市長田口久克君。
                〔市長田口久克君登壇〕
◎市長(田口久克君) それでは、議案第26号 平成24年度稲敷市一般会計についてご説明申し上げます。
 本案は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ207億3,800万円とするもので、前年度と比較いたしますと、20億8,000万円、11.1%の増となります。災害復旧事業費や普通建設事業費の増加が主な要因となっております。
 歳入の主なものでございますが、市税につきましては、市税全体で45億7,435万8,000円となり、特に固定資産税が、土地家屋の評価替えや震災に伴う税の減免措置による減収見込みが要因となり、前年度に対しまして5.5%減となっております。
 地方交付税につきましては、本年度震災復興特別交付税が措置されることを見込み66億6,900万円となり、前年度に対しまして10.7%の増となっております。
 地方譲与税、各種交付金につきましては、前年度実績に基づき計上しております。
 国庫支出金につきましては25億990万2,000円となり、公共土木施設災害復旧費負担金、公立学校施設整備費負担金及び学校施設環境改善交付金などの増加により、前年度に対しまして35.1%の増となっております。
 県支出金につきましては9億2,510万6,000円となり、介護基盤整備事業補助金及び保育所整備事業補助金などの減少により、前年度に対しまして1.7%の減となっております。
 繰入金につきましては、土地開発基金などの取り崩しで11億2,549万円を計上しており、前年度に対しまして154.3%の増となっております。
 市債につきましては27億8,590万円となり、新利根地区新設小学校建設事業や小学校屋内運動場耐震補強事業等による合併特例事業債の増額及び道路橋梁災害復旧事業による災害復旧事業債の増額により、前年度に対しまして25.7%の増となっております。
 次に、歳出でございますが、議会費は2億3,874万7,000円で、議員共済負担金の減少などにより、前年度に対しまして11.4%の減となっております。
 総務費は19億9,321万2,000円で、バス路線拡充に伴う公共交通運行補助金の増額がありますが、庁舎建設事業及び職員給与関係経費の減額などが要因となり、前年度に対しまして11.7%の減となっております。
 新規事業といたしましては、地域間交流の促進や地域産業の復興、圏央道を生かした地域づくりを目的として取り組むまちづくり活性化支援事業費で1,100万円、旧新利根公民館解体事業で781万2,000円を計上しております。
 民生費は59億7,130万2,000円で、子ども手当支給額の改正や幸田保育園整備事業の完了などにより、前年度に対しまして2.2%の減となっております。
 新規事業といたしましては、母子家庭の生活の安定に資するため、高等技能訓練を促進し資格の習得を図ることを目的とした母子家庭高等技能訓練促進事業費で146万円、震災による被災者に対する生活立て直しを目的した災害救護資金貸付事業費を350万円、災害により借家住まいを余儀なくされている世帯に対して家賃の公費負担を行う災害援護事業費を954万円計上しております。
 衛生費は15億7,288万7,000円で、龍ケ崎地方衛生組合負担金の減少などにより、前年度に対しまして3.8%の減となっております。
 新たな住民サービスとして、不妊治療費助成費を母子保健事業に、高齢者肺炎球菌ワクチン接種助成費を予防接種事業に加えております。
 農林水産業費は10億2,862万4,000円で、震災等対応のために農業集落排水事業特別会計への繰出金を増額したことなどにより、前年度に対しまして3.3%の増となっております。
 主な事業といたしまして、水田活用作物所得補償事業1億8,646万3,000円、農産物振興事業742万5,000円、土地改良振興事業1億8,402万3,000円、農地・水保全管理支払事業4,452万4,000円を計上しており、農業経営の基盤強化や生産基盤の整備を図ります。
 商工費は1億3,338万9,000円で、職員給与関係経費や商工業振興事務費における中小企業信用保証料などの減額が要因となり、前年度に対しまして12.5%の減となっております。
 新規事業といたしまして、笑遊館指定管理委託費及びお笑いを取り入れたまちおこし活動に対する補助金を新規計上しておりますが、これらは旧まちづくり交付金事業を活用して開始した江戸崎商店街の自主的なまちづくり活動に対する支援を継続していくための予算であります。
 土木費は21億2,655万4,000円で、災害復旧事業優先に伴う道路新設改良事業の縮減やまちづくり交付金事業の完了により、前年度に対しまして15.8%の減となっております。
 新規事業といたしましては、新利根地区新設小学校建設と並行して実施する通学路及び道路排水整備工事費7,238万4,000円、震災による離職者の雇用対策事業を活用して実施する都市計画図作成業務に係る委託費7,442万4,000円、東日本大震災において一部損壊の判定となっている罹災者が住宅を修繕した際の経費について、その一部を市が単独で支援することを目的とした被災住宅修繕助成事業費9,156万円を計上しております。
 消防費は11億894万1,000円で、震災によって発生する瓦れきの受け入れ処理に要する経費を主体とした東日本大震災対策費1億2,512万1,000円、放射線測定及び放射能を除染する経費1,649万2,000円を計上したことにより、前年度に対しまして13.9%の増となっております。
 主な事業といたしまして、消防自動車管理費6,126万2,000円、消防施設整備事業5,063万3,000円を計上しております。
 また、災害時における情報伝達確保をより強化するために、携帯型無線機借上料として94万2,000円を新規計上しております。
 教育費は36億5,448万6,000円で、新利根地区新設小学校建設事業に係る本体工事費などを計上していることにより、前年度に対しまして56.4%の増となっております。
 新規事業といたしまして、江戸崎地区、桜川地区、東地区の学校等適正配置計画策定事業費として500万円、小学校屋内運動場耐震補強事業費4億2,222万円、東地区給食調理業務の民間委託費2,836万2,000円を計上しております。
 災害復旧費につきましては、昨年発生した東日本大震災に伴う道路橋梁災害復旧事業の過年度災害復旧事業費8億3,000万2,000円を計上しております。
 公債費につきましては13億8,417万1,000円で、前年度と同程度の予算となっております。内訳は、元金償還費11億1,415万5,000円、利子償還費2億7,001万6,000円であります。
 諸支出金は6億6,568万5,000円で、江戸崎工業団地企業立地促進助成金準備基金への積立金を新規計上していることなどにより、前年度を大幅に上回る額になっております。
 続きまして、第2表の継続費につきましては、新利根地区新設小学校建設事業について新たに設定したものであります。
 第3表の地方債につきましては、14の事業について、総額で27億8,590万円の限度額を設定するものであります。
 次に、議案第27号 平成24年度稲敷市国民健康保険特別会計予算についてであります。
 本案は、予算の総額を歳入歳出それぞれ56億2,792万2,000円とするものであります。前年度と比較しますと1億1,890万6,000円の増額となり、前年度対比で2.2%の増となります。
 歳入の主なものとしましては、国民健康保険税12億5,478万2,000円、国庫支出金15億2,839万5,000円、療養給付費等交付金2億7,683万4,000円、前期高齢者交付金7億9,691万6,000円、県支出金2億7,483万円、共同事業交付金6億7,381万8,000円、繰入金7億9,205万円でございます。
 一方、歳出の主なものとしましては、保険給付費36億9,878万6,000円、後期高齢者支援金等7億1,686万2,000円、介護納付金3億5,352万4,000円、共同事業拠出金6億7,382万9,000円であります。
 なお、これらにつきましては、去る2月23日開催の国保運営協議会において承認されておりますことをご報告申し上げます。
 次に、議案第28号 平成24年度稲敷市、稲敷郡町村及び一部事務組合公平委員会特別会計予算についてであります。
 本案は、予算の総額を歳入歳出それぞれ17万7,000円とするもので、前年度に比較いたしまして9,000円、5.4%の増となっております。
 歳入では、構成町村等の負担金及び市繰入金、繰越金で17万5,000円となり、総額の98.9%を占め、歳出では、公平委員会運営費が17万1,000円で、総額の96.6%を占めております。
 次に、議案第29号 平成24年度稲敷市農業集落排水事業特別会計予算についてであります。
 本案は、予算の総額を歳入歳出それぞれ4億126万9,000円とするもので、前年度に比較いたしまして1,795万5,000円、4.7%増の予算となります。
 歳入の主なものは、使用料及び手数料9,032万6,000円、県支出金302万7,000円及び一般会計繰入金3億750万2,000円であります。
 歳出の主なものは、農業集落排水事業費1億6,620万3,000円と公債費2億2,202万8,000円であります。
 次に、議案第30号 平成24年度稲敷市公共下水道事業特別会計予算についてであります。
 本案は、予算の総額を歳入歳出それぞれ18億7,498万5,000円とするもので、前年度に比較いたしまして4,097万6,000円、2.2%増の予算となります。
 歳入の主なものは、使用料及び手数料1億5,423万5,000円、建設事業に係る国庫支出金4億4,600万円と、市債5億2,720万円及び一般会計繰入金7億1,115万7,000円であります。
 歳出の主なものは、下水道管理費2億4,112万8,000円、下水道建設費9億9,591万1,000円及び公債費6億2,794万5,000円であります。
 次に、議案第31号 平成24年度稲敷市介護保険特別会計予算についてであります。
 本案は、予算の総額を歳入歳出それぞれ31億153万8,000円とするもので、前年度と比較しますと2億3,683万6,000円、8.3%の増となり、保険給付費の増が要因となっております。
 歳入の主なものでありますが、介護保険料5億6,622万円、国庫支出金7億2,677万5,000円、支払基金交付金8億5,453万2,000円、県支出金4億5,260万7,000円、繰入金5億111万円であります。
 次に、歳出の主なものでありますが、総務費1億1,170万5,000円、保険給付費29億1,313万1,000円、地域支援事業費6,092万2,000円となっております。
 次に、議案第32号 平成24年度稲敷市浮島財産区特別会計予算についてであります。
 本案は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ124万3,000円とするもので、前年度と比較すると2,000円、0.16%の減となります。
 歳入では浮島財産区が保有する土地の貸付料、歳出においては財産区の管理に要する経費と基金積立金であります。
 次に、議案第33号 平成24年度稲敷市古渡財産区特別会計予算についてであります。
 本案は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ353万7,000円とするもので、前年度と比較すると1万円、0.28%の減となります。
 歳入は古渡財産区が保有する土地の貸付料、歳出においては財産区の管理に要する経費と基金積立金であります。
 次に、議案第34号 平成24年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計予算についてであります。
 本案は、予算額を歳入歳出それぞれ1億2,850万1,000円とするもので、前年度と比較いたしますと1,342万円、9.5%の減となっております。
 歳入の主なものは、分担金及び負担金1,920万8,000円、県支出金7,680万円、一般会計繰入金3,249万円であります。
 歳出の主なものは、基幹水利施設管理事業費1億2,800万円、予備費50万円であります。
 次に、議案第35号 平成24年度稲敷市後期高齢者医療特別会計予算についてであります。
 本案は、歳入歳出予算の総額を8億3,061万8,000円とするものであり、前年度と比較しますと1,819万4,000円の増額、前年度対比で2.2%の増となります。
 歳入の主なものとしましては、後期高齢者医療保険料2億1,318万7,000円、繰入金6億1,397万1,000円、諸収入337万9,000円であります。
 一方、歳出の主なものとしましては、総務費3,487万円、後期高齢者医療広域連合納付金7億8,321万8,000円、保健事業費852万8,000円、諸支出金100万2,000円であります。
 次に、議案第36号 平成24年度稲敷市水道事業会計予算についてであります。
 本案は、収益的収入及び支出の予定額をそれぞれ9億5,504万6,000円とするもので、前年度と比較いたしまして760万6,000円、0.8%の減となります。
 次に、資本的収入及び支出の予定額ですが、収入を8,263万円に、支出を5億7,309万3,000円とするものであります。前年度と比較いたしまして、収入は6,103万4,000円、282.6%の増、支出は1億1,343万1,000円、24.7%の増となります。
 なお、収入額が支出額に対し不足する額4億9,046万3,000円につきましては、過年度分損益勘定留保資金2億8,076万2,000円、当年度分損益勘定留保資金1億8,064万8,000円、建設改良積立金1,495万2,000円、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額1,410万1,000円で補てんするものであります。
 次に、議案第37号 平成24年度稲敷市工業用水道事業会計予算についてであります。
 本案は、収益的収入及び支出の予定額をそれぞれ896万4,000円とするもので、前年度と比較しまして120万3,000円、15.5%の増となります。
 次に、議案第38号 指定管理者の指定についてであります。
 本案は、稲敷市えどさき笑遊館の増築及び改修に伴い、管理運営を指定管理者に行わせるため、地方自治法第244条の2第6項の規定により議会の議決を求めるものであります。公の施設の名称は稲敷市えどさき笑遊館、指定管理者となる団体の名称は稲敷市江戸崎甲548番地3、稲敷市商工会、指定の期間は平成24年4月1日から平成29年3月31日までとするものであります。
 次に、議案第39号 市道路線の認定についてであります。
 本案は、市道江戸崎3552号線から市道江戸崎3569号線、市道新利根1373号線、市道新利根1374号線及び市道東1703号線、市道東1704号線、市道東1705号線の23路線を認定することについて、道路法第8条第2項の規定により議会の議決を求めるものであります。
 認定路線でありますが、市道江戸崎3552号線から市道路線江戸崎3569号線の18路線につきましては、圏央道建設により路線変更が必要となった市道と機能補償道路として移管される道路を認定するものであります。
 次に、市道新利根1373号線、市道新利根1374号線の2路線につきましては、寄附された道路を認定するものであります。
 次に、市道東1703号線、市道東1704号線、市道東1705号線の3路線につきましては、主要地方道取手東線、一般県道江戸崎神崎線の交差点改良工事により整備された道路を認定するものであります。
 次に、議案第40号 市道路線の変更についてであります。
 本案は、市道江戸崎1266号線ほか21路線、市道東598号線、合わせて23路線を変更することについて、道路法第10条第3項の規定により議会の議決を求めるものであります。
 変更する路線でありますが、市道江戸崎1266号線ほか21路線につきましては、圏央道建設により起点、終点の変更が必要となった市道路線を変更するものであります。
 次に、市道東598号線につきましては、路線の一部が現況宅地となっている市道の起点を変更するものであります。
 次に、議案第41号 市道路線の廃止についてであります。
 本案は、市道江戸崎3101号線、市道江戸崎3422号線、市道江戸崎3478号線の3路線を廃止することについて、道路法第10条第3項の規定により議会の議決を求めるものでございます。廃止する路線は、圏央道建設により道路としての機能が喪失し、市道として管理する必要性がなくなったため、廃止するものであります。
 以上、各議案の提案理由について説明をさせていただきました。ご審議の上、適正なるご決定を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。
○議長(長坂太郎君) 以上で、市長の説明が終わりました。
        ─────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第4、諮問第1号から諮問第3号までの人権擁護委員候補者の推薦についてを一括して議題といたします。
 提出議案について提案理由の説明を求めます。
 市長田口久克君。
                〔市長田口久克君登壇〕
◎市長(田口久克君) 諮問第1号から諮問第3号までの人権擁護委員候補者の推薦についてご説明を申し上げます。
 初めに、諮問第1号についてでありますが、本案は、次の者を人権擁護委員候補者として推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものであります。
 氏  名 南井純雄
 住  所 稲敷市江戸崎甲2718番地
 生年月日 昭和15年3月1日
でございます。
 それでは、提案理由を申し上げます。
 現委員であります南井純雄氏が、平成24年6月30日付をもって任期満了となりますことから、引き続き選任するものであります。
 次に、諮問第2号についてでありますが、本案は、次の者を人権擁護委員候補者として推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものであります。
 氏  名 林崎美代子
 住  所 稲敷市桑山483番地
 生年月日 昭和19年2月6日
でございます。
 それでは、提案理由を申し上げます。
 現委員であります林崎美代子氏が、平成24年6月30日付をもって任期満了となりますことから、引き続き選任するものであります。
 次に、諮問第3号についてでありますが、本案は、次の者を人権擁護委員候補者として推薦したいので、人権擁護委員法第6条第3項の規定により議会の意見を求めるものであります。
 氏  名 人見みどり
 住  所 稲敷市浮島3619番地1
 生年月日 昭和23年7月22日
でございます。
 それでは、提案理由を申し上げます。
 現委員であります人見みどり氏が、平成24年6月30日付をもって任期満了となりますことから、引き続き選任するものであります。
 以上、諮問第1号から諮問第3号までの提案理由をご説明申し上げました。
 ご審議の上、適切なるご決定を賜りますようお願い申し上げます。
○議長(長坂太郎君) 市長の説明が終わりました。
 本案は、質疑、討論を省略し、1案件ごとに採決いたします。
 初めに、諮問第1号を採決いたします。
 本案は、原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
                  〔賛成者起立〕
○議長(長坂太郎君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり同意することに決定いたしました。
 次に、諮問第2号を採決いたします。
 本案は、原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
                  〔賛成者起立〕
○議長(長坂太郎君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり同意することに決定いたしました。
 次に、諮問第3号を採決いたします。
 本案は、原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
                  〔賛成者起立〕
○議長(長坂太郎君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり同意することに決定いたしました。
        ─────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 次に、日程第5、陳情第1号 利根川の管理を国の責任で行うことを求める陳情を議題といたします。
 陳情書につきましては、お手元に配付の文書表のとおりであります。
 これを所管の産業建設常任委員会へ付託いたします。
        ─────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 以上をもちまして、本日の日程は終了いたしました。
 次の本会議は、3月1日午前10時に本議場において再開いたします。
 なお、議案質疑の発言通告は、あす2月29日正午までに議長あて提出願います。
 本日はこれにて散会いたします。
                午前11時44分散会