議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 稲敷市

平成23年第 4回定例会−12月06日-01号




平成23年第 4回定例会

稲敷市告示第163号

 平成23年第4回稲敷市議会定例会を下記のとおり招集する。

  平成23年11月18日

                      稲敷市長  田 口 久 克


                   記

1.期  日  平成23年12月6日(火)

2.場  所  稲敷市役所東庁舎議会議場



           平成23年第4回稲敷市議会定例会会期日程表
┌────┬──┬────┬─────┬───────────────────┐
│ 期 日 │曜日│開議時間│ 会議種別 │      議     事      │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│12月6日│ 火 │午前10時│ 本 会 議 │◎開会                │
│    │  │    │     │◎市長提案理由の説明         │
│    │  │    │     │◎議案第89号審議           │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│12月7日│ 水 │    │ 休  会 │議案調査日              │
│    │  │    │     │議案等質疑通告締切(正午)      │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│ 2月8日│ 木 │午前10時│ 本 会 議 │◎一般質問              │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│12月9日│ 金 │午前10時│ 本 会 議 │◎一般質問              │
│    │  │    │     │◎発言通告による議案質疑       │
│    │  │    │     │◎常任委員会議案付託         │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│ 2月10日│ 土 │    │ 休  会 │                   │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│ 2月11日│ 日 │    │ 休  会 │                   │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│ 2月12日│ 月 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(産業建設)    │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│ 2月13日│ 火 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(市民福祉)    │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│ 2月14日│ 水 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(総務教育)    │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│ 2月15日│ 木 │    │ 休  会 │議事整理               │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│12月16日│ 金 │午前10時│ 本 会 議 │◎委員長報告、質疑、討論、採決    │
│    │  │    │     │◎追加議案審議            │
│    │  │    │     │◎閉会                │
└────┴──┴────┴─────┴───────────────────┘



               一 般 質 問 通 告 書
                                平成23年第4回定例会
┌─────┬────────┬───────────────────┬──────┐
│ 質問者 │  質問事項  │      質 問 要 旨      │ 答 弁 者 │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│木内 義延│ 東日本大震災に│?現在の工事の発注と、その進行状況につ│産業建設部長│
│議   員│よる被災農地の復│ いて                │市長    │
│     │旧工事について │?24年度の作付けが、例年どおり実施でき│      │
│     │        │ るのか。              │      │
│     │        │?工事の大幅な遅延等が発生した場合の対│      │
│     │        │ 策と責任について          │      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│岡沢 亮一│ AEDについて│ AEDの配置推進、計画的配置と活用に│保健福祉部長│
│議   員│        │ ついて、どのように認識し、取り組んで│      │
│     │        │ 進めていくのか。          │      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│堀口 正良│1.行政執行部の│ 訓令第18号             │副市長   │
│議   員│ 監督管理責任の│ 稲敷市職員分限懲戒等審査委員会規定の│市長    │
│     │ 所在について │解釈に関わることについて       │      │
│     ├────────┼───────────────────┼──────┤
│     │2.副市長の自己│ 改めて、副市長就任来の自らの評価と、│副市長   │
│     │ 評価及び自己採│今後の職務に対しての抱負と課題について│      │
│     │ 点について  │                   │      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│大湖金四郎│1.小型巡回バス│ 小型巡回バスの運行を一日も早く実現し│市長    │
│議   員│ の運行とバス廃│てほしいとの声が多くあります。また、江│市長公室長 │
│     │ 止路線について│戸崎荒川沖バス路線が廃止になり、東京方│      │
│     │        │面への足がなくなり通勤や通学者に負担が│      │
│     │        │かかっている。            │      │
│     │        │ 今後の計画を伺いたい。       │      │
│     ├────────┼───────────────────┼──────┤
│     │2.歩道延長につ│ 市道江戸崎3001号線。沼里小学校から稲│市長    │
│     │ いて     │敷インターへ向かう途中800m位の区間に │産業建設部長│
│     │        │歩道がなく、道路幅も狭いため歩行者や通│      │
│     │        │学者が危険にさらされている。     │      │
│     │        │ 安全の確保のためにも、歩道を延長すべ│      │
│     │        │きと考えるが、市としての対応を伺いた │      │
│     │        │い。                 │      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│根本  保│ 東日本大震災か│?ライフラインの復旧状況と今後の取り組│市長    │
│議   員│ら9ケ月が経過し│ みについて             │産業建設部長│
│     │ましたが、市の対│ 液状化した地域の下水道管埋設工事等及│      │
│     │応策について  │ び水田の管路埋設は、地中の状態に即応│      │
│     │        │ した工法を認めるべきである。    │      │
│     │        │?大震災により派生した住宅の「ガレキ」│市民生活部長│
│     │        │ 受け入れについては、当分の間、期限を│      │
│     │        │ 設けず随時受け入れるべきである。  │      │
│     │        │?被災した独居(老人)家族の支援策につ│保健福祉部長│
│     │        │ いて                │      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│松戸 千秋│1.循環型社会形│ 私たちの最も身近であるごみの減量化は│市長    │
│議   員│ 成推進のための│関心ごとの一つであります。      │市民生活部長│
│     │ 当市の現状と今│ 今後の具体的な取り組みについて伺いま│      │
│     │ 後の取り組みに│す。                 │      │
│     │ ついて    │                   │      │
│     ├────────┼───────────────────┼──────┤
│     │2.介護支援ボラ│ 長生きされる高齢者の方が増えている中│市長    │
│     │ ンティア制度に│、高齢期の過ごし方が大きな課題となって│保健福祉部長│
│     │ ついて    │います。希望を持って元気に過ごしていく│      │
│     │        │ためにも、ボランティアポイント制度は大│      │
│     │        │変重要と考えますが、導入のお考えはある│      │
│     │        │か伺います。             │      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│篠田 純一│1.入札制度につ│ 稲敷市では、これまでに入札の透明性・│市長    │
│議   員│ いて     │公平性・競争性を高めるために制度改正に│      │
│     │        │取り組んできた。           │      │
│     │        │ その現在の入札制度について問う。  │      │
│     ├────────┼───────────────────┼──────┤
│     │2.入札の方法に│ 電子入札システムを導入してみてはどう│市長    │
│     │ ついて    │か。                 │総務部長  │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│山口 清吉│1.成田空港離発│?成田空港年間離発着22万回から30万回に│市長    │
│議   員│ 着飛行機による│ 向けて、AB滑走路同時離発着が10月20│市民生活部長│
│     │ 騒音対策につい│ 日から実施されている。このことについ│      │
│     │ て      │ て、成田空港(株)と事前の協議は行っ│      │
│     │        │ たのか。              │      │
│     │        │?今後、離発着時間を現行の午前6時から│      │
│     │        │ 午後11時の運用から、午前5時から午前│      │
│     │        │ 0時へと延長する動きもある。絶対反対│      │
│     │        │ を貫くこと             │      │
│     │        │?千葉県側は、飛行コースを外れると便名│      │
│     │        │ の公表と国交省から指導・監督が行われ│      │
│     │        │ ているが、茨城県側は自由勝手に飛んで│      │
│     │        │ いる。コースを飛ぶよう指導されるべき│      │
│     │        │ ではないか。            │      │
│     │        │?稲敷市は騒防法の規制外ということで、│      │
│     │        │ 個人への防音対策は何もない。実感から│      │
│     │        │ 言うと河内町と変わりはない。A滑走路│      │
│     │        │ 、B滑走路の離着陸路の真下になってい│      │
│     │        │ る地域については、防音対策をやらせる│      │
│     │        │ べきではないか。          │      │
│     ├────────┼───────────────────┼──────┤
│     │2.大震災による│ 社会資本整備総合交付金の一部を充当す│市長    │
│     │ 一部損壊住宅へ│る考えはないか。           │産業建設部長│
│     │ の修繕助成につ│ 国土交通省住宅総合整備課では、この資│      │
│     │ いて     │金は十分余裕があるので検討してほしいと│      │
│     │        │言っている。             │      │
│     │        │ 現在、一部損壊住宅への修繕費助成を行│      │
│     │        │っている団体は、6団体である。    │      │
│     │        │ 日立市10万円、常陸太田市20万円、  │      │
│     │        │ 高萩市10万円、北茨城市10万円、   │      │
│     │        │ 神栖市3万円、大洗町10万円。    │      │
│     │        │ 付け加えると、さらに住宅リフォーム助│      │
│     │        │成を行っている団体は10団体である。  │      │
│     │        │ 古河市、結城市、下妻市、北茨城市、 │      │
│     │        │ 常陸太田市、筑西市、坂東市、大洗町、│      │
│     │        │ 城里町、境町。           │      │
│     ├────────┼───────────────────┼──────┤
│     │3.放射線対策に│?11月14日測定の鳩崎小学校、江戸崎中学│市長    │
│     │ ついて    │ 校、江戸崎みどり幼稚園では高い測定値│教育長   │
│     │        │ を示している。ホットスポットではもっ│      │
│     │        │ と高い値が予想できる。こういう施設の│      │
│     │        │ 除染の計画はどうなっているか。   │      │
│     │        │?学校給食の食材の放射性物質の検査はど│教育長   │
│     │        │ のようにしてすすめるか。高いベクレル│      │
│     │        │ 値が測定された時の対応は。     │      │
│     │        │?稲敷市で生産されている食品の放射能測│産業建設部長│
│     │        │ 定を、生産者団体はもちろん個々の分も│      │
│     │        │ 測定すること。           │      │
│     │        │?風評被害対策はどのように考えている │産業建設部長│
│     │        │ か。                │      │
│     │        │?市民の不安解消に十分答えられるだけの│市民生活部長│
│     │        │ 放射線量、放射能測定器を確保するこ │      │
│     │        │ と。                │      │
│     │        │?放射線対策室が十分機能を発揮できるよ│市民生活部長│
│     │        │ うにすること。           │      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│山本 彰治│1.放射線対策に│ 12月に対策室が設置されましたが、今後│市長    │
│議   員│ ついて    │の市民に対しての情報の提供方法や除染計│市民生活部長│
│     │        │画等の方針について          │      │
│     ├────────┼───────────────────┼──────┤
│     │2.下水道につい│ 今後の計画地域等について、市民に十分│市長    │
│     │ て      │な情報が示されているかを伺いたい。  │産業建設部長│
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│浅野 信行│ 地域ブランドに│ 農林水産物・食品は、気候などの自然条│市長    │
│議   員│ついて     │件や地域性を「強み」にできることから、│      │
│     │        │これまで各地で「地域ブランド化」の取り│      │
│     │        │組みが行われてきました。稲敷市としての│      │
│     │        │「地域ブランド化」の取り組みの現状と、│      │
│     │        │これからの新たな取り組みをお伺いしま │      │
│     │        │す。                 │      │
│     │        │(新事業創出、人材育成事業、食文化活用│      │
│     │        │、創造事業など)           │      │
├─────┼────────┼───────────────────┼──────┤
│黒田 正 │1.人口減少問題│ 人口減少問題について、以下の項目を伺│市長    │
│議   員│ について   │う。                 │総務部長  │
│     │        │?市外に居住する市職員の現状について、│      │
│     │        │ どのように把握し、どのようにとらえて│      │
│     │        │ いるのか。             │      │
│     │        │?これまで、人口減少に対してどのような│      │
│     │        │ 取り組みを行ってきたのか。     │      │
│     │        │?今後、人口減少についてどのような対応│      │
│     │        │ 策を講じていくのか。        │      │
│     ├────────┼───────────────────┼──────┤
│     │2.情報伝達のあ│ 稲敷市の明るい未来を望むのは、二元代│市長    │
│     │ り方について │表制である議会も同じである。     │総務部長  │
│     │        │ 相互協力のための情報伝達及び事前相談│      │
│     │        │など、執行部からの積極的な対応を期待す│      │
│     │        │るものだが、説明責任について、今後の対│      │
│     │        │応をどのように考えているのか。    │      │
└─────┴────────┴───────────────────┴──────┘



                平成23年第4回
            稲敷市議会定例会会議録 第1号
       ─────────────────────────
         平成23年12月6日 午前10時00分開会
       ─────────────────────────
1.出席議員  22名
      1番  岡 沢 亮 一 君    2番  篠 田 純 一 君
      3番  松 戸 千 秋 君    4番  山 本 彰 治 君
      5番  根 本 光 治 君    6番  伊 藤   均 君
      7番  大 湖 金四郎 君    8番  関 川 初 子 君
      9番  高 野 貴世志 君   10番  柳 町 政 広 君
     11番  篠 崎 力 夫 君   12番  浅 野 信 行 君
     13番  木 内 義 延 君   14番  坂 本   源 君
     15番  根 本   保 君   16番  山 下 恭 一 君
     17番  堀 口 正 良 君   18番  長 坂 太 郎 君
     19番  根 本 勝 利 君   20番  黒 田   正 君
     21番  遠 藤 一 行 君   22番  山 口 清 吉 君

1.欠席議員
       な  し

1.出席説明員
       市長               田 口 久 克 君
       副市長              坂 本   進 君
       教育長              坂 本   繁 君
       市長公室長            沼 崎 忠 夫 君
       総務部長             親 見 清 志 君
       市民生活部長           栗 山 照 夫 君
       保健福祉部長           大 島   功 君
       産業建設部長           大 竹 克 己 君
       教育部長             飯 田 光 男 君
       会計管理者            内 田 恒 雄 君
       農業委員会事務局長        森 川 春 樹 君
       監査委員事務局長         上 山 成 夫 君
       秘書広聴課長           高 山   久 君
       企画課長             川 崎 忠 博 君
       総務課長             川 上 俊 夫 君
       水道局業務課長          仲 川 一 夫 君

1.出席事務局職員
       議会事務局長           津 本 義 衛
       書記               坂 本 浩 一
       書記               萩 原 隆 行

1.会議録署名議員
      13番  木 内 義 延 君
      14番  坂 本   源 君

1.議事日程
       ──────────────────────────
              議 事 日 程 第 1 号
                        平成23年12月6日(火曜日)
                             午前10時00分開会

日程第1 会議録署名議員の指名について
日程第2 会期の決定について
日程第3 諸般の報告
日程第4 議案第79号 稲敷市えどさき笑遊館の設置及び管理に関する条例の制定について
     議案第80号 稲敷市公共施設の暴力団等排除に関する条例の一部改正について
     議案第81号 平成23年度稲敷市一般会計補正予算(第4号)
     議案第82号 平成23年度稲敷市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
     議案第83号 平成23年度稲敷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)
     議案第84号 平成23年度稲敷市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)
     議案第85号 平成23年度稲敷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
     議案第86号 平成23年度稲敷市水道事業会計補正予算(第3号)
     議案第87号 市道路線の認定について
     議案第88号 市道路線の廃止について
日程第5 議案第89号 監査委員の選任について

1.本日の会議に付した事件
 日程第1 一般質問
 日程第2 会期の決定について
 日程第3 諸般の報告
 日程第4 議案第79号
      議案第80号
      議案第81号
      議案第82号
      議案第83号
      議案第84号
      議案第85号
      議案第86号
      議案第87号
      議案第88号
 日程第5 議案第89号
       ──────────────────────────
                午前10時00分開会
○議長(長坂太郎君) 改めましておはようございます。
 ただいまから平成23年第4回稲敷市議会定例会を開会いたします。
 ただいまの出席議員は22名であります。地方自治法第113条の規定により定足数に達しておりますので、会議は成立いたします。
 なお、水道局長が欠員のため、仲川一夫水道局業務課長を局長代行として今期定例会においての出席を認めます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりでございます。
       ──────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、
      13番  木 内 義 延 君
      14番  坂 本   源 君
をそれぞれ指名いたします。
       ──────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。
 お諮りする前に、過日、議会運営委員会を開いておりますので、委員長から会期等について委員会の結果を報告願います。
 議会運営委員長木内義延君。
            〔議会運営委員長木内義延君登壇〕
◎議会運営委員長(木内義延君) おはようございます。
 ただいま議長より指名を受けましたので、議会運営委員会で決定しました会期日程等についてご報告いたします。
 去る11月28日に開催しました会議には委員6名が出席し、稲敷市議会委員会条例第16条の規定により、会議は成立いたしました。
 付託されました平成23年第4回稲敷市議会定例会の議会運営についてを議題とし、執行部より田口市長、親見総務部長、川上総務課長に出席をいただき、協議をいたしました。
 それでは、お手元に配付されております資料に基づき、ご説明いたします。
 本定例会の会期日程は、本日6日から16日までの11日間であります。
 まず、本日6日は、議案第79号から議案第88号までの10案件を一括上程し、市長が提案理由の説明を行います。次に、日程第5で議案第89号を上程し、市長より提案理由の説明を求め、採決を行います。
 7日は議案調査のため休会とし、8日午前10時、本会議を再開いたします。
 8日、9日は市政一般に関する通告質問を行います。今回の一般質問通告者は11名であります。
 8日は、6名の議員が一般質問を行います。
 9日は、初めに5名の議員が一般質問を行います。次に、議案第79号から議案第88号までに対する発言通告による質疑を行います。質疑終了後、議案第79号から議案第88号までを各所管の常任委員会へ付託を行う予定であります。
 12日、13日、14日は各常任委員会を開催し、付託された案件の審査を行います。
 15日は議事整理のため休会とし、16日、本定例会の最終日でありますが、委員会に付託されました議案の審査結果を報告し、質疑・討論を行い、採決となります。
 なお、追加議案等がある場合は、随時審査を行ってまいります。
 以上のとおりでありますので、議会運営委員会で決まりました事項等に対しましては、ぜひとも議員の皆様方にご賛同をいただきたく、お願いを申し上げまして報告といたします。
○議長(長坂太郎君) 委員長の報告が終わりました。
 お諮りいたします。
 本定例会の会期は、ただいま委員長から報告のあったとおり、本日から16日までの11日間にいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(長坂太郎君) ご異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は、本日6日から16日までの11日間と決しました。
       ──────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第3、諸般の報告を行います。
 議会閉会中において、会議規則第160条第1項ただし書の規定により、お手元に配付してありますとおり議員を派遣いたしましたので報告いたします。
 以上で、諸般の報告を終わります。
       ──────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第4、議案第79号から議案第88号までの10案件を一括して議題といたします。
 なお、市長より提案理由の前に、市政の重点課題について報告をしたいとの申し出がありましたので、これを許可します。
 市長より重点課題の報告並びに提案理由の説明を求めます。
 市長田口久克君。
               〔市長田口久克君登壇〕
◎市長(田口久克君) 改めましておはようございます。
 平成23年第4回稲敷市議会定例会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましては、ご多忙の中、ご参集を賜り、まことにありがとうございます。
 提案理由の説明に先立ちまして、市政の重要課題の進捗状況や経過について、議員各位並びに市民の皆様に対し、ご報告を申し上げます。
 まず、首都圏中央連絡自動車道について申し上げます。
 圏央道につきましては、平成22年3月22日に、常磐道ジャンクションから稲敷インターチェンジまでが開通し、稲敷インターチェンジから千葉県・大栄ジャンクション間については、平成24年度に開通させることを目標に鋭意事業が進められてきたところであります。
 しかしながら、稲敷地内と千葉県にまたがる未開通区間の一部に用地の未買収案件が約20件あることから、国土交通省では土地収用法の事業認定の手続に入ったところであります。
 国土交通省では、任意での用地買収を引き続き行っておりますが、土地収用を適用する場合には期間を最短で2年間と見ており、この場合、当初の開通目標が平成24年度から平成26年度に先延ばしとなる見込みであります。
 なお、用地全体では99%の用地が取得済みであることから、工事可能な箇所は順次整備が進められており、12月1日には圏央道利根川橋の橋げた工事の安全祈願祭が行われたところであります。
 今後も一日も早い供用開始に向け精いっぱい取り組んでまいりますので、議員各位のご支援、ご協力を賜りますようお願いを申し上げます。
 次に、東日本大震災液状化対策について申し上げます。
 去る10月31日、液状化被害を受けた1都6県、81市区町村の自治体首長による連絡会が発足され、同日、内閣総理大臣及び官房長官に液状化被害への対応に関する要望書を提出いたしました。
 現在、国土交通省では、今般の国の3次補正に宅地の液状化対策推進事業を盛り込むなど、所要の財政支援策を進めているところであります。
 また、今回の3次補正で予算化された復興交付金は、著しい被害を受けた地域の復興地域づくりを支援することを目的としており、地域づくりに必要なハード事業を一括した基幹事業と、ハード、ソフトいずれの事業にも資金を自由に使える効果促進事業があります。被災自治体がみずからの復興プランのもとに進める地域づくりを支援し、復興を加速させるものであります。
 現在、国、県と事業採択のためのヒアリングを行っており、本市としても今後5年間程度で、復旧復興に向けて整備を図るべき事業については極力復興交付金を活用し、積極的にまちづくりを進めてまいりたいと考えております。
 次に、放射線対策室の設置についてご報告を申し上げます。
 東京電力福島第一原子力発電所の事故に伴う放射性物質の飛散に関する問題は、対応分野が広範囲であり、かつ情報が錯綜していることから、市民の皆様の間に不安が広がっている状況が今なお続いております。
 このことから、本市としては12月1日から市民生活部生活環境課内に放射線対策室を設置することといたしました。
 体制の強化により、市民の皆様の安全安心な生活の早期回復に努めてまいりたいと考えております。ご理解のほどよろしくお願いを申し上げます。
 それでは、今期定例会に提案をいたしました議案でございますが、条例制定案件1件、条例改正案件1件、各会計補正予算案件6件、市道路線の認定案件1件、市道路線の廃止案件1件、監査委員の選任について1件の11案件であります。
 初めに議案第79号 稲敷市えどさき笑遊館の設置及び管理に関する条例の制定についてであります。
 本案は、江戸崎地区中心市街地活性化事業として、平成21年度から着手したえどさき笑遊館の増築改修工事が平成24年3月に竣工予定であるため、その設置及び管理に関して必要な事項を定めるものであります。
 えどさき笑遊館のリニューアルオープンは、地域住民によるまちづくりの活動拠点として、さらに市内外の来訪者への情報発信拠点として機能強化が図れるものであります。
 次に、議案第80号 稲敷市公共施設の暴力団等排除に関する条例の一部改正についてであります。
 本案は、稲敷市公共施設の暴力団等排除に関する条例に定める暴力団等の利用を制限する公共施設として、新たに稲敷市えどさき笑遊館を加え、管理者が使用の制限に関する調査を行う場合の警察署との連携に関する条文を新たに追加するものであります。
 次に、議案第81号 平成23年度稲敷市一般会計補正予算(第4号)についてであります。
 本案は、既定の予算額に1億8,438万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を236億4,815万円とするものであります。
 まず歳出の主なものからご説明いたします。
 民生費では、医療扶助費等が増加する見込みのため、生活保護費を7,099万5,000円増額しております。
 消防費では、龍ケ崎消防署新河分署の建設及び化学消防自動車購入により、稲敷地方広域市町村圏事務組合への負担金を4,679万8,000円増額しております。なお、この歳出には、成田国際空港周辺対策特別交付金として同額を歳入補正しております。
 災害復旧費では、公共下水道施設災害復旧事業のための繰出金2,056万3,000円を増額しております。
 次に、歳入の主なものについて説明します。
 国庫支出金は、生活保護費過年度精算負担金の増により2,377万9,000円増額しております。
 繰入金は、後期高齢者医療特別会計の前年度精算金により2,244万2,000円増額しております。
 このほかの歳入補正としましては、繰越金を5,023万2,000円、諸収入として茨城県市町村振興協会災害対策支援金3,771万円を増額しております。
 次に、議案第82号 平成23年度稲敷市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてであります。
 本案は、既定の予算額に歳入歳出それぞれ2億2,810万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を58億9,087万2,000円とするものであります。
 歳出の主なものにつきましては、保険給付費6,950万円、後期高齢者支援金等7,963万3,000円、諸支出金として療養給付費等負担金の国への精算金7,530万1,000円であります。
 一方、歳入につきましては、増額するものとしては、療養給付費交付金1億1,367万8,000円、一般会計繰入金55万円、前年度繰越金1億7,692万2,000円であります。
 減額するものとしては、前期高齢者交付金6,304万5,000円となっております。
 次に、議案第83号 平成23年度稲敷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第4号)についてであります。
 本案は、既定の予算額にそれぞれ33万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を8億7,279万4,000円とするものであります。
 補正の内容につきましては、一般管理費で、下水道の普及促進と接続率向上等に要する経費を増額するものであります。
 補正の財源につきましては、一般会計繰入金を充てるものであります。
 次に、議案第84号 平成23年度稲敷市公共下水道事業特別会計補正予算(第4号)についてであります。
 本案は、既定の予算額にそれぞれ1億1,368万円を追加し、歳入歳出予算の総額を27億9,976万2,000円とするものであります。
 補正の内容につきましては、下水道費で、江戸崎処理区整備事業における調査測量及び設計監理委託料2,650万2,000円を減額し、管渠敷設工事費6,650万2,000円を増額するものであります。
 また、災害復旧費で、災害復旧工事費7,200万円を増額し、電柱等移転に係る補償金168万円を新たに計上するものであります。
 補正の財源につきましては、国庫支出金、一般会計繰入金、市債を充てるものであります。
 次に、議案第85号 平成23年度稲敷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてであります。
 本案は、既定の予算額に歳入歳出それぞれ2,274万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を8億3,516万5,000円とするものであります。
 歳出につきましては、後期高齢者医療広域連合納付金の保険料精算による償還金29万9,000円、一般会計繰入金の前年度精算金として2,244万2,000円であります。
 歳入につきましては、前年度繰越金1,616万円、療養給付費負担金精算による返還金658万1,000円であります。
 次に、議案第86号 平成23年度稲敷市水道事業会計補正予算(第3号)についてであります。
 本案は、資本的支出の予算額を1,921万6,000円増額し、支出総額を8億3,132万1,000円とするものであります。
 補正の内容につきましては、東日本大震災に係る災害復旧事業費で、委託料1,161万4,000円、工事請負費760万2,000円を増額するものであります。
 補正財源につきましては、当年度分損益勘定留保資金1,830万1,000円、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額91万5,000円で補てんするものであります。
 次に、議案第87号 市道路線の認定についてであります。
 本案は、市道江戸崎1450号線、市道江戸崎1451号線、市道江戸崎1452号線、市道江戸崎1453号線、市道江戸崎1454号線の5路線を認定することについて、道路法第8条第2項の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 認定する路線でありますが、市道江戸崎1450号線、市道江戸崎1451号線の2路線につきましては、現在、市街化区域内の道路として供用されている路線を認定するものであります。
 次に、市道江戸崎1452号線、市道江戸崎1453号線、市道江戸崎1454号線の3路線につきましては、稲波干拓地内の道路であり、旧江戸崎地区と旧桜川地区の市道認定に係る整合性を図るため認定するものであります。
 次に、議案第88号 市道路線の廃止についてであります。
 本案は、市道江戸崎3320号線、市道桜川1248号線を廃止することについて、道路法第10条第3項の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 廃止する路線は、道路としての機能が喪失し、市道として管理する必要性がなくなったため廃止する路線であります。
 以上が、議案第79号から議案第88号までのご提案申し上げました各議案の概要でございます。ご審議のほど、よろしくお願いを申し上げます。
○議長(長坂太郎君) 以上で市長の説明が終わりました。
       ──────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第5、議案第89号 監査委員の選任についてを議題といたします。
 ここで、地方自治法第117条の規定によって、堀口正良君の退場を求めます。
               〔17番堀口正良君退場〕
○議長(長坂太郎君) 市長より提案理由の説明を求めます。
 市長田口久克君。
               〔市長田口久克君登壇〕
◎市長(田口久克君) 議案第89号 監査委員の選任についてご説明を申し上げます。
 本案は、地方自治法第196条第1項の規定により、稲敷市監査委員の選任について、議会の同意を求めるものであります。
 住所、稲敷市伊佐部945番地、氏名、堀口正良、生年月日、昭和28年5月16日生まれであります。
 それでは、提案理由をご説明申し上げます。
 前任の遠藤一行氏が11月2日付をもって辞職したことから、後任に堀口正良氏を議会選出の監査委員として任命いたしたく、議会の同意をお願いするものであります。
 ご審議の上、適切なるご決定を賜りますようお願いを申し上げます。
○議長(長坂太郎君) 市長の説明が終わりました。
 本件は、質疑討論を省略し、直ちに採決いたします。
 本件は、原案のとおり同意することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(長坂太郎君) 起立全員であります。よって、本件は同意することに決定いたしました。
 堀口正良君の入場を許します。
               〔17番堀口正良君入場〕
       ──────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 以上をもちまして本日の日程は終了いたしました。
 次の本会議は8日、午前10時に本議場において再開いたします。
 なお、議案質疑の発言通告は、明日7日正午までに議長あてに提出願います。
 本日はこれにて散会いたします。
 ご苦労さまでした。
                午前10時32分散会