議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 稲敷市

平成23年第 3回定例会−09月06日-01号




平成23年第 3回定例会

稲敷市告示第92号

 平成23年第3回稲敷市議会定例会を下記のとおり招集する。

  平成23年8月19日

                      稲敷市長  田 口 久 克


                   記

1.期  日  平成23年9月6日(火)

2.場  所  稲敷市役所東庁舎議会議場



          平成23年第3回稲敷市議会定例会会期日程表
┌────┬──┬────┬─────┬───────────────────┐
│ 期 日 │曜日│開議時間│ 会議種別 │      議     事      │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│    │  │    │     │◎開会                │
│    │  │    │     │◎市長提案理由の説明         │
│9月6日│ 火 │午前10時│ 本 会 議 │                   │
│    │  │    │     │◎請願第6号、7号 上程及び付託   │
│    │  │    │     │◎決算審査特別委員会の設置      │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│    │  │    │     │議案調査日              │
│9月7日│ 水 │    │ 休  会 │                   │
│    │  │    │     │議案等質疑通告締切(正午)      │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│9月8日│ 木 │午前10時│ 本 会 議 │◎一般質問              │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│    │  │    │     │◎一般質問              │
│9月9日│ 金 │午前10時│ 本 会 議 │◎発言通告による議案質疑       │
│    │  │    │     │◎常任委員会議案付託         │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│9月10日│ 土 │    │ 休  会 │                   │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│9月11日│ 日 │    │ 休  会 │                   │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│9月12日│ 月 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(産業建設)     │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│9月13日│ 火 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(市民福祉)     │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│9月14日│ 水 │    │ 休  会 │議事整理               │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│9月15日│ 木 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(総務教育)     │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│9月16日│ 金 │    │ 休  会 │議事整理 (常任委員会 審査 予備日) │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│9月17日│ 土 │    │ 休  会 │                   │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│9月18日│ 日 │    │ 休  会 │                   │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│9月19日│ 月 │    │ 休  会 │(敬老の日)             │
├────┼──┼────┼─────┼─────┬─────────────┤
│    │  │    │     │決算審査 │午前:江戸崎庁舎 所管   │
│9月20日│ 火 │午前9時│ 委 員 会 │     │             │
│    │  │    │     │特別委員会│午後:東庁舎, 水道局 所管 │
├────┼──┼────┼─────┼─────┼─────────────┤
│    │  │    │     │決算審査 │午前:桜川庁舎  所管   │
│9月21日│ 水 │午前9時│ 委 員 会 │     │             │
│    │  │    │     │特別委員会│午後:新利根庁舎 所管   │
├────┼──┼────┼─────┼─────┴─────────────┤
│    │  │    │     │議事整理               │
│9月22日│ 木 │    │ 休  会 │                   │
│    │  │    │     │(決算審査特別委員会 審査 予備日)  │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│9月23日│ 金 │    │ 休  会 │(秋分の日)             │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│9月24日│ 土 │    │ 休  会 │                   │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│9月25日│ 日 │    │ 休  会 │                   │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│9月26日│ 月 │    │ 休  会 │議事整理               │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│    │  │    │     │◎委員長報告、質疑、討論、採決    │
│9月27日│ 火 │午前10時│ 本 会 議 │                   │
│    │  │    │     │◎閉会                │
└────┴──┴────┴─────┴───────────────────┘



             一 般 質 問 通 告 書
                             平成23年第3回定例会
┌─────┬───────┬─────────────────┬──────┐
│ 質問者 │ 質問事項  │    質 問 要 旨      │ 答 弁 者 │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│伊藤  均│ 新庁舎建設に│?東日本大震災後の復旧事業に伴い、│市長    │
│議   員│ついて    │ 棚上げとなっている新庁舎建設の今│      │
│     │       │ 後の方針と取り組みについて伺いま│      │
│     │       │ す。              │      │
│     │       │?平成21年9月議会において、合併特│      │
│     │       │ 例債の期限内に建設すること等、新│      │
│     │       │ 庁舎建設の早期推進を求めたところ│      │
│     │       │ ですが、その決議について改めて市│      │
│     │       │ 長のお考えを伺います。     │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│松戸 千秋│1.当市の放射│?農産物の放射性物質検査の現状と今│市長    │
│議   員│ 線対策につい│ 後の対策について        │産業建設部長│
│     │ て     │?学校や教育施設の校庭・運動場の放│教育長   │
│     │       │ 射線測定ポイントの拡大及び除染作│教育部長  │
│     │       │ 業を実施する考えはあるか伺いた │      │
│     │       │ い。              │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │2.高齢者、障│ 高齢化が進む中、緊急時に救急活動│市長    │
│     │ がい者福祉サ│が迅速に行えるよう、「救急医療情報│保健福祉部長│
│     │ ービスについ│キット」が大変有効と考えます。  │      │
│     │ て     │ 一日も早い導入に取り組むべきと思│      │
│     │       │いますが、市長の考えを伺いたい。 │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│山口 清吉│1.住宅リフォ│ 第2回定例会で、        │市長    │
│議   員│ ーム助成制度│?地域経済の活性化につながる助成制│産業建設部長│
│     │ 実施について│ 度について検討していきたい。  │      │
│     │       │?震災での家屋一部破損の補修に対す│      │
│     │       │ る助成も公益性が確保できる制度に│      │
│     │       │ ついて検討していきたい。    │      │
│     │       │という答弁でした。        │      │
│     │       │ 震災の屋根瓦の修理や住宅保障費の│      │
│     │       │補てんとして助成することが望まれて│      │
│     │       │いる。              │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │2.原発事故に│?小・中・保育・幼稚園・通学路・公│市長    │
│     │ 伴う放射線対│ 園など、公共施設のきめ細かな放射│教育長   │
│     │ 策について │ 線量の測定を行うこと。     │各担当部長 │
│     │       │ 基準を超えた個所は除染を行うこ │      │
│     │       │ と。              │      │
│     │       │?各学校に放射線測定器を配布するこ│      │
│     │       │ と。              │      │
│     │       │?食料品のベクレル値が測定できる測│      │
│     │       │ 定器を、市独自で複数台設置し、農│      │
│     │       │ 家や市民の測定希望をかなえるこ │      │
│     │       │ と。              │      │
│     │       │?各家庭における放射線量の測定の推│      │
│     │       │ 進を図るとともに、各家庭用手引書│      │
│     │       │ を作成、配布し、各家庭でできる対│      │
│     │       │ 策を徹底すること。       │      │
│     │       │ 測定器は市が貸し出すこと。   │      │
│     │       │?放射線対策に要した費用は、すべて│      │
│     │       │ 東電に請求し、賠償させること。 │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │3.水道料金に│?水道料金の値下げをする考えはない│市長    │
│     │ ついて   │ か。              │水道局長  │
│     │       │?基本水量を引き下げる考えはない │      │
│     │       │ か。              │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│高野貴世志│1.市職員の人│ 以前に一般質問で、他市との人事交│市長    │
│議   員│ 事交流につい│流の一般質問をしましたが、その後の│総務部長  │
│     │ て     │進捗状況をお聞きします。     │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │2.稲敷の防災│ 東日本大震災後の稲敷市の災害対策│市長    │
│     │ 対策について│本部の反省点と、今後の対応策はどの│副市長   │
│     │       │ようになっているのか。      │市民生活部長│
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │3.新庁舎建設│?東日本大震災後の庁舎建設は、どの│市長    │
│     │ について  │ ような計画になったのか。    │市長公室長 │
│     │       │?23年度4月には、基本設計が出来上│      │
│     │       │ がるとの報告でしたが、その後、基│      │
│     │       │ 本設計は出来上がったのか。   │      │
│     │       │?今までに、新庁舎建設に使われた費│      │
│     │       │ 用はどのくらいか。       │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│篠田 純一│ 合併特例債の│ 合併特例債を活用する事業を、今後│市長    │
│議   員│実施計画につい│どのような計画で実施していくのか。│教育長   │
│     │て      │                 │市長公室長 │
│     │       │                 │教育部長  │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│柳町 政広│ 学童保育につ│?稲敷市における実状       │市長    │
│議   員│いて     │?少子化対策の観点からの実情と今後│教育長   │
│     │       │ の対応             │保健福祉部長│
│     │       │?学校教育行政からの実情・特に学校│      │
│     │       │ 内施設利用時の保安警備について │      │
│     │       │?東日本大震災時における、一般児童│      │
│     │       │ や学童児童の下校時の帰宅対応につ│      │
│     │       │ いて              │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│山本 彰治│1.学校の安心│ 福島の原発事故以来、放射性物質の│市長    │
│議   員│ ・安全につい│恐怖が続いています。子どもにとって│教育長   │
│     │ て     │は特に大きいものです。そして8月22│      │
│     │       │日から市内小学校で試験的に校舎の表│      │
│     │       │面除去作業をしました。      │      │
│     │       │ その効果と除去された土の処分方 │      │
│     │       │法、今後の対応についてお伺いしま │      │
│     │       │す。               │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │2.オオヒシク│ 毎年、稲波干拓地に飛来してくるオ│市長    │
│     │ イについて │オヒシクイですが、これまでは圏央道│      │
│     │       │の建設のこともあり、保護政策が中心│      │
│     │       │でした。             │      │
│     │       │ しかし、この頃では関東唯一の越冬│      │
│     │       │地ということが広く知られるようにな│      │
│     │       │り、県外から来る人が少なくありませ│      │
│     │       │ん。その際のマナーの悪さも耳にする│      │
│     │       │ようにもなりました。       │      │
│     │       │ 対外的な周知も含めた、今後のオオ│      │
│     │       │ヒシクイに対する考え方を示していた│      │
│     │       │だきたい。            │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│根本 光治│ 清掃業務委託│ 市発注の清掃業務委託の指名競争入│副市長   │
│議   員│指名競争入札の│札で、入札に参加する指名業者を決め│      │
│     │漏えい問題につ│る入札審査会前に、その業者名が外部│      │
│     │いて     │へ漏れていたとの疑いがあった。  │      │
│     │       │ これまでこの問題について、副市長│      │
│     │       │から「偶然ではあり得ない」、「しっ│      │
│     │       │かりと調査を行う」と言われた。  │      │
│     │       │ また、市長は8月19日の議会全員協│      │
│     │       │議会の中で、「漏えいはあったと思 │      │
│     │       │う」との発言があった。そこで、下記│      │
│     │       │のことについて伺います。     │      │
│     │       │?これまでの間に、どのような調査を│      │
│     │       │ されたのか。(時系列で)    │      │
│     │       │?入札審査会前に、入札指名業者を知│      │
│     │       │ り得る関係者は誰か。(具体的に)│      │
│     │       │?その調査結果は。        │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│大湖金四郎│1.「被災者支│ このシステムは、あらかじめ住民基│市長    │
│議   員│ 援システム」│本台帳や災害時要支援者名簿など、様│      │
│     │ の導入につい│々な情報をコンピューター上で一元管│      │
│     │ て     │理し、災害時には罹災証明書の発行や│      │
│     │       │義援金の支給などに必要な情報の検 │      │
│     │       │索、閲覧、被災状況などの登録や更新│      │
│     │       │を各端末で可能にするものです。  │      │
│     │       │ 各端末で名前を入力すれば被災関連│      │
│     │       │情報を瞬時に探すことができ、各台帳│      │
│     │       │を照合しなくてもすみ、手続きがスム│      │
│     │       │ーズになる。           │      │
│     │       │ 行政サービスの面からも、このシス│      │
│     │       │テムの導入を総務省で促しており、是│      │
│     │       │非、当市でも導入すべきと考えるが、│      │
│     │       │市長の所見を伺いたい。      │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │2.放射能測定│ 先日の新聞によると、当市でも放射│市長    │
│     │ 機購入につい│能測定機を購入するとありましたが、│      │
│     │ て     │システムの内容とスピーディな対応で│      │
│     │       │あったのか伺いたい。       │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│浅野 信行│ 空き家再生等│ 近年、全国的に空き家が増加してお│市長    │
│議   員│推進事業の活用│り、防災、防犯上の観点から問題にな│      │
│     │について   │っています。           │      │
│     │       │ 現在、地方公共団体や民間事業者な│      │
│     │       │どが、空き家を宿泊施設や地域コミュ│      │
│     │       │ニティスペースに造り変えて再利用す│      │
│     │       │る場合や、防犯上危険な廃屋を撤去す│      │
│     │       │る場合などに国や地方公共団体が費用│      │
│     │       │を補助する「空き家再生等推進事業」│      │
│     │       │(平成20年創設)が活用されている稲│      │
│     │       │敷市として、空き家対策への取り組み│      │
│     │       │をお伺いします。         │      │
│     │       │ また所沢市では、空き家などが管理│      │
│     │       │不全な状態となることを未然に防ぐこ│      │
│     │       │とにより、環境保全及び防犯の価値づ│      │
│     │       │くりに寄与することを目的とした「空│      │
│     │       │き家等の適正管理に関する条例」を制│      │
│     │       │定しました。稲敷市も稲敷市にあった│      │
│     │       │条例を制定してはどうか、市長のご所│      │
│     │       │見をお伺いします。        │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│山下 恭一│1.市税徴収に│ 今日までの不況により、税の大幅な│市長    │
│議   員│ ついて   │減少がみられるが、税の公平性からも│市民生活部長│
│     │       │徴収は大切であると考えます。しか │      │
│     │       │し、一部徴収のやり方については疑問│      │
│     │       │が感じられます。         │      │
│     │       │ 市長または、担当課はどのような考│      │
│     │       │えで徴収を行っているのか、伺いま │      │
│     │       │す。               │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │2.障がいのあ│ 障がいのある人、それぞれにその後│保健福祉部長│
│     │ る人への市の│どのような内容を持って対応されてい│      │
│     │ 対応や具体的│るのか、お伺いします。      │      │
│     │ な取り組みに│                 │      │
│     │ ついて   │                 │      │
│     │ (災害対策等│                 │      │
│     │ 含めた対応な│                 │      │
│     │ ど)    │                 │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │3.職員の人材│ 経済情勢の変化や厳しい財政状況の│市長    │
│     │ 育成について│中、市民満足度を高め、また活力ある│副市長   │
│     │ (その後) │行政であり続けるためには、人材育成│      │
│     │       │は重要な施策であると考えます。  │      │
│     │       │ 前回の質問に対してどのように取り│      │
│     │       │組み、または対応しているのか、お伺│      │
│     │       │いします。            │      │
└─────┴───────┴─────────────────┴──────┘



                平成23年第3回
             稲敷市議会定例会会議録 第1号
       ─────────────────────────
          平成23年9月6日 午前10時00分開会
       ─────────────────────────
1.出席議員  22名
      1番  岡 沢 亮 一 君    2番  篠 田 純 一 君
      3番  松 戸 千 秋 君    4番  山 本 彰 治 君
      5番  根 本 光 治 君    6番  伊 藤   均 君
      7番  大 湖 金四郎 君    8番  関 川 初 子 君
      9番  高 野 貴世志 君   10番  柳 町 政 広 君
     11番  篠 崎 力 夫 君   12番  浅 野 信 行 君
     13番  木 内 義 延 君   14番  坂 本   源 君
     15番  根 本   保 君   16番  山 下 恭 一 君
     17番  堀 口 正 良 君   18番  長 坂 太 郎 君
     19番  根 本 勝 利 君   20番  黒 田   正 君
     21番  遠 藤 一 行 君   22番  山 口 清 吉 君

1.欠席議員
       な  し

1.出席説明員
       市長               田 口 久 克 君
       副市長              坂 本   進 君
       教育長              坂 本   繁 君
       市長公室長            沼 崎 忠 夫 君
       総務部長             親 見 清 志 君
       保健福祉部長           大 島   功 君
       産業建設部長           大 竹 克 己 君
       教育部長             飯 田 光 男 君
       水道局長             内 田 恒 雄 君
       会計管理者            栗 山 照 夫 君
       農業委員会事務局長        森 川 春 樹 君
       監査委員事務局長         上 山 成 夫 君
       秘書広聴課長           高 山   久 君
       企画課長             川 崎 忠 博 君
       総務課長             川 上 俊 夫 君
       市民課長             玉 造 新 一 君
       監査委員             平 野 正 雄 君

1.出席事務局職員
       議会事務局長           津 本 義 衛
       書記               坂 本 浩 一
       書記               萩 原 隆 行

1.会議録署名議員
      9番  高 野 貴世志 君
     10番  柳 町 政 広 君

1.議事日程
       ──────────────────────────
              議 事 日 程 第 1 号
                         平成23年9月6日(火曜日)
                             午前10時00分開会

日程第1 会議録署名議員の指名について
日程第2 会期の決定について
日程第3 諸般の報告
日程第4 報告第 8号 平成22年度稲敷市公共下水道事業特別会計継続費精算報告書について
     報告第 9号 健全化判断比率の報告について
     報告第10号 稲敷市農業集落排水事業特別会計の資金不足比率の報告について
     報告第11号 稲敷市公共下水道事業特別会計の資金不足比率の報告について
     報告第12号 稲敷市水道事業会計の資金不足比率の報告について
     報告第13号 稲敷市工業用水道事業会計の資金不足比率の報告について
日程第5 議案第53号 専決処分の承認を求めることについて
            (稲敷市税条例等の一部を改正する条例)
     議案第54号 専決処分の承認を求めることについて
            (稲敷市介護保険条例の一部を改正する条例)
     議案第55号 稲敷市暴力団排除条例の制定について
     議案第56号 稲敷市江戸崎工業団地企業立地促進条例の制定について
     議案第57号 稲敷市企業立地の促進等によにる地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律第10条第1項の規定に基づく準則を定める条例の制定について
     議案第58号 稲敷市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について
     議案第59号 平成23年度稲敷市一般会計補正予算(第3号)
     議案第60号 平成23年度稲敷市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
     議案第61号 平成23年度稲敷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)
     議案第62号 平成23年度稲敷市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)
     議案第63号 平成23年度稲敷市介護保険特別会計補正予算(第1号)
     議案第64号 平成23年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計補正予算(第1号)
     議案第65号 平成22年度稲敷市一般会計歳入歳出決算認定について
     議案第66号 平成22年度稲敷市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第67号 平成22年度稲敷市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第68号 平成22年度稲敷市、稲敷郡町村及び一部事務組合公平委員会特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第69号 平成22年度稲敷市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第70号 平成22年度稲敷市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第71号 平成22年度稲敷市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第72号 平成22年度稲敷市浮島財産区特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第73号 平成22年度稲敷市古渡財産区特別会計歳入歳出決算認定につい

     議案第74号 平成22年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第75号 平成22年度稲敷市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第76号 平成22年度稲敷市水道事業会計決算認定について
     議案第77号 平成22年度稲敷市工業用水道事業会計決算認定について
日程第6 請願第 6号 早期の学校耐震化及び教育振興を求める請願
     請願第 7号 教育予算の拡充を求める請願
日程第7 決算特別委員会設置について
     決算特別委員会委員の選任について
     決算特別委員会正副委員長の互選について

1.本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名について
 日程第2 会期の決定について
 日程第3 諸般の報告
 日程第4 報告第 8号
      報告第 9号
      報告第10号
      報告第11号
      報告第12号
      報告第13号
 日程第5 議案第53号
      議案第54号
      議案第55号
      議案第56号
      議案第57号
      議案第58号
      議案第59号
      議案第60号
      議案第61号
      議案第62号
      議案第63号
      議案第64号
      議案第65号
      議案第66号
      議案第67号
      議案第68号
      議案第69号
      議案第70号
      議案第71号
      議案第72号
      議案第73号
      議案第74号
      議案第75号
      議案第76号
      議案第77号
 日程第6 請願第 6号
      請願第 7号
 日程第7 決算特別委員会設置について
      決算特別委員会委員の選任について
      決算特別委員会正副委員長の互選について
       ──────────────────────────
               午前10時00分開会
○議長(長坂太郎君) おはようございます。
 ただいまから平成23年第3回稲敷市議会定例会を開会いたします。
 ただいまの出席議員は22名であります。地方自治法第113条の規定により定足数に達しておりますので、会議は成立いたします。
 なお、市民生活部川嶋部長が欠席のため、玉造新一市民課長が出席しております。
 本日の会議は、上着の着脱を自由といたします。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりでございます。
       ──────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、
        9番  高 野 貴世志 君
       10番  柳 町 政 広 君
をそれぞれ指名いたします。
       ──────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。
 お諮りする前に、過日、議会運営委員会を開いておりますので、委員長から会期等について委員会の結果を報告願います。
 議会運営委員長木内義延君。
            〔議会運営委員長木内義延君登壇〕
◎議会運営委員長(木内義延君) おはようございます。
 ただいま議長より指名を受けましたので、議会運営委員会で決定しました会期日程等についてご報告いたします。
 去る8月30日に開催しました会議には委員5名が出席し、稲敷市議会委員会条例第16条の規定により会議は成立いたしました。
 付託されました平成23年第3回稲敷市議会定例会の議会運営についてを議題とし、執行部より田口市長、親見総務部長、川上総務課長に出席をいただき、協議をいたしました。
 それでは、お手元に配付されております資料に基づき、ご説明いたします。
 本定例会の会期日程は、本日6日から27日までの22日間であります。
 まず、本日6日は、報告第8号から報告第13号までの6案件について市長より報告を求めます。次に、議案第53号から議案第77号までの25案件を一括上程し、市長が提案理由の説明を行います。次に、日程第6で請願第6号、請願第7号を議題とし、日程第7で決算審査特別委員会の設置について、並びに決算審査特別委員会委員の選任についてを議題とします。
 7日は議案調査のため休会とし、8日午前10時、本会議を再開いたします。
 8日、9日は市政一般に関する通告質問を行います。今回の一般質問通告者は11名であります。
 8日は、6名の議員が一般質問を行います。9日は、初めに一般質問を5名の議員が行います。次に、議案第53号から議案第77号までに対する発言通告による質疑を行います。
 質疑終了後、議案第53号から議案第64号までを各所管の常任委員会へ、議案第65号から議案第77号までを決算審査特別委員会へ付託を行う予定であります。
 12日、13日及び15日は、各常任委員会を開催し、付託された案件の審査を行います。
 14日、16日は議事整理のため休会とし、20日、21日は決算審査委員会を開催し、付託された案件の審査を行います。
 22日は、決算審査委員会の予備日とします。
 26日は議事整理のため休会とし、27日、本定例会の最終日であります。午前10時に開会し、委員会に付託されました議案の審査結果を報告し、質疑・討論を行い、採決となります。
 なお、追加議案等がある場合は、随時審査を行ってまいります。
 以上のとおりでありますので、議会運営委員会で決まりました事項等に対しましては、ぜひとも議員の皆様方にご賛同をいただきたく、お願いを申し上げまして報告といたします。
○議長(長坂太郎君) 委員長の報告が終わりました。
 お諮りいたします。
 本定例会の会期は、ただいま委員長から報告のあったとおり、本日から27日までの22日間にいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(長坂太郎君) ご異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は、本日6日から27日までの22日間と決しました。
       ──────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第3、諸般の報告を行います。
 初めに、平成23年第2回定例会において議決されました「TPP交渉参加反対に関する意見書」は、去る6月17日に内閣総理大臣ほか政府関係機関あて送付しましたので、報告します。
 次に、過日の議会運営委員会において、市長に対し、お手元に配付の「議会への説明責任及び市長の発言に対する抗議文書」を提出することが決定され、9月2日に市長へ抗議文書を提出しましたので、報告します。
 以上で、諸般の報告を終わります。
       ──────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第4、報告第8号から報告第13号までの6案件について、市長より報告を求めます。
 市長田口久克君。
               〔市長田口久克君登壇〕
◎市長(田口久克君) おはようございます。
 本日、平成23年第3回定例議会を招集いたしましたところ、議員の皆様におかれましては、公私ご多用の中、ご参集をいただきまして、まことにありがとうございます。
 さて、このたびの大雨及び台風12号の影響で、和歌山県や奈良県などで土砂崩れなどの被害が相次ぎ、全国でこれまでに37人が死亡、56人が行方不明となっております。被災された方々に心からお見舞いを申し上げます。
 それでは、ご報告申し上げます。
 8月26日夜、市内幼稚園勤務の40代男性職員が、自宅で飲酒後に車を運転し、警察署に酒気帯び運転で摘発されました。酒気帯び運転という不祥事は著しく公務員としての信用を失墜させる行為であります。心よりおわびを申し上げます。
 今後におきましては、さらなる服務規律の遵守及び飲酒運転は犯罪であることの周知徹底を図るとともに、指導のあり方をいま一度総点検し、二度とこのような不祥事が起きないよう努めていく所存であります。
 次に、新米の放射性物質検査結果についてでございます。
 先月23日に緊急で記者発表いたしましたが、稲敷市では市内14カ所において8月17日から19日までに採取した新米の放射性物質の検査を実施し、その結果、すべての玄米から放射性物質は検出されませんでした。市長名で稲敷米の安全性が確認されたという証明書を発行いたしました。生産者の皆様には、安心して出荷をしていただき、また消費者の皆様には安心して稲敷産の新米を召し上がっていただきたいと思います。
 また、安全性を訴えるパンフレット、ポスターなどを作成し、新米キャンペーンを、全農、JA稲敷とタイアップし、9月12日、東京銀座で開催する予定であります。また、安全宣言シールを30万枚作成し、生産者に配布する予定であります。ご理解のほど、よろしくお願いを申し上げます。
 それでは、今期定例会に提案をいたしております議案でございますが、報告案件6件、専決処分案件2件、条例制定案件3件、条例改正案件1件、各会計補正予算案件6件、平成22年度各会計決算案件13件の31案件でございます。
 災害復旧経費を初め、それぞれ稲敷市を元気にしていくために重要な案件でありますので、議員各位並びに市民の皆様のご理解ご協力をお願い申し上げます。
 初めに、報告第8号 平成22年度稲敷市公共下水道事業特別会計継続費精算報告書についてであります。
 本報告は、継続費に係る継続年度が平成22年度に終了した事業の精算について、地方自治法施行令第145条第2項の規定により行うものであります。
 事業の内容は、下水道建設費における東処理区終末処理施設水処理・汚泥処理設備増設に係るもので、本事業の年割額及び支出済額等につきましては別記のとおりであります。
 次に、報告第9号 健全化判断比率の報告についてであります。
 本報告は、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第3条第1項の規定に基づき行うもので、平成22年度の決算をもとに、実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率及び将来負担比率の四つの比率について算定し、監査委員の審査を経て議会に報告するものであります。各比率につきましては、議案書に記載したとおりでありますが、四つの比率のいずれもが早期健全化基準を下回っていることを申し添えさせていただきます。
 次に、報告第10号、報告第11号、報告第12号、報告第13号、資金不足比率の報告についてであります。
 報告第10号から第13号につきましては、地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定に基づき、農業集落排水事業特別会計、公共下水道事業特別会計、水道事業会計及び工業用水道事業会計の四つの公営企業会計について、平成22年度の決算をもとに資金不足比率を算定し、監査委員の審査を経て議会に報告するものであります。
 なお、詳細は議案書に記載したとおりでありますが、すべての公営企業会計において資金不足額がないことを申し添えさせていただきます。
 以上、報告第8号から報告第13号までをご報告申し上げました。よろしくお願いを申し上げます。
○議長(長坂太郎君) 以上で報告は終了いたしました。
       ──────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第5、議案第53号から議案第77号までの25案件を一括して議題といたします。
 市長より提案理由の説明を求めます。
 市長田口久克君。
               〔市長田口久克君登壇〕
◎市長(田口久克君) それでは、議案第53号 専決処分の承認を求めることについて(稲敷市税条例等の一部を改正する条例)についてであります。
 本案は、地方税法等の一部を改正する法律及び政令・省令が平成23年6月30日に公布されて、同日から施行されることに伴い、稲敷市税条例の一部に改正が生じたため、地方自治法第179条第1項の規定により、平成23年6月30日に専決処分をさせていただきましたので、これを報告し、承認を求めるものであります。
 改正の内容は、個人住民税の寄附金控除の適用下限額の引き下げを行ったこと、諸税の不申告等に関する過料の見直しを行ったことなどであります。
 次に、議案第54号 専決処分の承認を求めることについて(稲敷市介護保険条例の一部を改正する条例)についてであります。
 本案は、東日本大震災により被害を受けた被保険者に係る介護保険料の減免の特例を定めるものでございます。改正の内容は、減免申請日以降に係る保険料減免を拡充して、減免申請日にかかわらず、平成23年度の年間保険料を減免対象とするものであります。
 次に、議案第55号 稲敷市暴力団排除条例の制定についてであります。
 本案は、暴力団の排除に関し、基本理念を定め、市及び市民等の責務及び施策等を定めることにより暴力団排除を推進し、市民の平穏な生活の確保、社会経済の健全な発展に寄与することを目的とするものであります。
 次に、議案第56号 稲敷市江戸崎工業団地企業立地促進条例の制定についてであります。
 本案は、江戸崎工業団地区域内に立地した企業が工場等を新設するに当たって、本条例に定める交付要件を満たす場合に、当該用地取得価格に100分の5を乗じて得た額以内の助成金を交付するものであります。
 市独自の奨励措置を講ずることにより、企業立地の促進、産業の振興及び雇用機会の拡大を図るものであります。
 次に、議案第57号 稲敷市企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律第10条第1項の規定に基づく準則を定める条例の制定についてであります。
 本案は、企業立地の促進等による地域における産業集積の形成及び活性化に関する法律に基づく産業集積の形成または産業集積の活性化に関する基本計画において定めた重点促進区域について、国の同意が得られたため、同計画で指定された市内五つの工業団地について工場立地法の特例として緑地率等を緩和し、企業の規模拡大及び新規参入の促進を図るものであります。
 次に、議案第58号 稲敷市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてであります。
 本案は、児童扶養手当障害認定医設置規則及び社会資本整備総合交付金評価委員会設置規則が平成23年10月1日から施行されることに伴い、認定医及び委員のそれぞれの報酬と費用弁償を定めるものであります。あわせて、非常勤特別職の公務旅行における費用弁償の規定を一般職員に準じて整備するものであります。
 次に、議案第59号 平成23年度稲敷市一般会計補正予算(第3号)についてであります。
 本案は、既定の予算額に20億7,574万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を234億6,376万1,000円とするもので、主に東日本大震災に伴う災害復旧及び被災者支援などに係る予算を追加補正するものでございます。
 歳出補正の主なものにつきましては、まず災害復旧費に18億9,985万8,000円を追加するもので、事業別補正額の内訳は、農地災害復旧事業費7億6,432万6,000円、農業用施設災害復旧事業費10億9,417万7,000円、市営住宅災害復旧事業費4,135万5,000円となっております。
 次に、被災者支援のための事業としまして、農林水産業費に被災農家経営再開支援事業費5,600万円を新規に計上しております。
 さらに、今後発生し得る地震等の災害に際し、子供の安全を確保するための対策としまして、保育所、放課後児童クラブ、幼稚園、小中学校の全施設に、各施設の定員に応じた数のヘルメットなどを購入するための経費を、総額で2,019万円計上しているところでございます。
 次に、歳入補正の主なものについてですが、市税は住宅被災者に対する災害特例措置に基づき市税の減免措置を講じることとしているため、4,967万9,000円の減額補正を行うものとしております。国庫支出金は3億374万3,000円の減額となっておりますが、6月補正時に計上しました農林水産施設災害復旧費負担金が国から直接交付されるのではなく、県の予算に計上された上で交付されることが判明したため、これを県支出金に組みかえたことが主な要因となっております。
 県支出金は13億8,328万6,000円増額するものとしておりますが、農林水産施設災害復旧費補助金13億1,358万5,000円、及び被災農家経営再開支援事業費補助金5,600万円が主なものでございます。
 市債は6億2,690万円の増額を行うものとしておりますが、起債目的の内訳につきましては、農地災害復旧事業2億1,750万円、農業用施設災害復旧事業3億4,220万円、公営住宅災害復旧事業1,760万円、市税の減免措置に伴う減収を補てんするための歳入欠陥債4,960万円となっております。
 次に、議案第60号 平成23年度稲敷市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)についてであります。
 本案は、既定の予算額に歳入歳出それぞれ1億5,375万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を56億6,276万7,000円とするものであります。
 歳出の主なものにつきましては、平成22年度国庫補助金の出産育児一時金実績による償還金43万9,000円、一般会計繰入金の事務費等の精算分として一般会計繰出金1億5,278万7,000円であります。
 一方、歳入の主なものにつきましては、増額するものとしては、前年度繰越金1億4,709万8,000円、国民健康保険災害臨時特例補助金1,915万7,000円でございます。減額するものとしては、一般被保険者国民健康保険税1,893万2,000円となっております。
 次に、議案第61号 平成23年度稲敷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)についてであります。
 本案は、既定の予算額にそれぞれ2,414万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を8億7,246万2,000円とするものでございます。
 補正の内容につきましては、前年度における一般会計からの繰入金の精算として2,414万8,000円を一般会計へ繰り出すものでございます。
 補正の財源につきましては、前年度繰越金を充てるものでございます。
 次に、議案第62号 平成23年度稲敷市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてであります。
 本案は、既定の予算額にそれぞれ3,272万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を26億8,608万2,000円とするものでございます。
 補正の内容につきましては、前年度における一般会計からの繰入金の精算として3,272万8,000円を一般会計へ繰り出しするものでございます。
 補正の財源につきましては、前年度繰越金を充てるものでございます。
 次に、議案第63号 平成23年度稲敷市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてであります。
 本案は、既定の予算額に5,218万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を29億1,689万1,000円とするものであります。
 歳入の主なものでございますが、介護保険料834万8,000円の減額、国庫支出金3,503万円を増額しておりますが、東日本大震災の被災者支援に伴うものであります。
 また、繰越金2,248万7,000円を増額して財源としております。
 次に、歳出の主なものでございますが、保険給付費1,198万2,000円、諸支出金3,886万円を増額しておりますが、東日本大震災の被災者支援と平成22年度保険給付費の精算に伴うものであります。
 次に、議案第64号 平成23年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計補正予算(第1号)についてであります。
 本案は、既定の予算額にそれぞれ83万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を1億4,275万9,000円とするものでございます。
 歳入で、前年度繰越金を83万8,000円計上しまして、歳出で前年度繰入金の精算として83万8,000円を一般会計へ繰り出すものでございます。
 以上、議案第53号から議案第64号までをご説明申し上げました。
○議長(長坂太郎君) 休憩いたします。
               午前10時34分休憩
         ──────────────────────
               午前10時50分開議
○議長(長坂太郎君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 なお、19番根本勝利議員から早退の申し出があり許可しましたので報告します。
 議案第65号から議案第77号までの13案件について、市長より提案理由の説明を求めます。
 市長田口久克君。
               〔市長田口久克君登壇〕
◎市長(田口久克君) それでは、議案第65号 平成22年度稲敷市一般会計歳入歳出決算認定についてであります。
 本案は、地方自治法第233条第3項の既定に基づき、監査委員の意見を付しまして議会の認定を求めるものであります。
 歳入歳出の決算額は、歳入決算額206億6,556万4,636円となり、前年度比較で11億1,554万9,776円、5.7%の増でございます。
 次に、歳出決算額ですが、195億5,369万1,224円となり、前年度比較で10億5,204万709円、5.7%の増でございます。
 決算規模が歳入歳出とも前年度を上回りましたが、これは前年度からの繰越事業であります安全・安心な学校づくり交付金事業及び国の経済危機対策関係交付金事業や子ども手当支給事業等の実施が主な要因となっております。
 なお、歳入歳出差引額は11億1,187万3,412円となりますが、平成23年度への繰越事業の財源として4億4,357万8,000円を充当するため、実質収支額は6億6,829万5,412円となり、前年度と比較すると、1億9,689万5,933円の減となっております。
 歳入の主なものでございますが、市税は49億9,293万867円で、個人市民税の減収等が要因となり、1億3,935万5,975円の減となっております。
 地方交付税は62億152万1,000円で、普通交付税における国の緊急総合経済対策による増、及び景気低迷に伴う個人市民税の収入額の減が要因となり、5億1,202万1,000円の増となっております。
 国庫支出金は27億9,527万5,549円で、子ども手当負担金と地域活性化各種臨時交付金の影響により3億9,079万4,734円の増となっております。
 市債は23億5,671万9,000円で、臨時財政対策債と教育債の増が要因となり、4億4,017万円の増となっております。
 また、歳入に占める財源割合は、自主財源が71億614万5,060円で、全体の34.4%、依存財源が135億5,941万9,576円で、全体の65.6%となっています。
 次に、歳出の主なものでございますが、総務費は20億7,877万8,246円で、定額給付金事業の終了などにより7億6,270万8,462円の減となっております。
 民生費は57億3,406万1,289円で、子ども手当支給事業の実施や特別会計への繰出金などにより11億6,890万487円の増となっております。
 土木費は25億3,534万7,192円で、きめ細かな臨時交付金道路補修事業やまちづくり交付金道路改良事業・公園整備事業などの実施により1,984万2,218円の増となっております。
 教育費は31億3,164万7,441円で、江戸崎小、沼田小学校の校舎耐震補強工事や新利根中学校の校舎及び屋内運動場耐震補強工事などにより4億1,409万2,604円の増となっております。
 次に、議案第66号 平成22年度稲敷市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定についてであります。
 歳入歳出決算額は、歳入総額58億93万5,239円、歳出総額53億8,993万7,293円で、歳入歳出差引額4億1,099万7,946円を平成23年度稲敷市国民健康保険特別会計へ繰り越すものであります。
 歳入の主なものにつきましては、国民健康保険税13億2,642万7,738円、国庫支出金16億4,648万2,952円、療養給付費交付金2億2,536万7,000円、前期高齢者交付金4億7,875万3,025円、県支出金2億8,245万8,498円であります。
 歳入全体に占める構成比は、68.3%となっております。
 歳出の主なものにつきましては、保険給付費35億8,022万7,026円、後期高齢者支援金等6億3,533万3,324円、老人保健拠出金358万172円、介護納付金3億1,776万4,343円、共同事業拠出金6億5,316万925円、歳出全体に占める構成比は96.3%であります。
 次に、議案第67号 平成22年度稲敷市老人保健特別会計歳入歳出決算認定についてであります。
 歳入歳出決算額は、歳入総額654万4,653円、歳出総額654万4,653円で、歳入歳出差引残額はございません。
 次に、議案第68号 平成22年度稲敷市、稲敷郡町村及び一部事務組合公平委員会特別会計歳入歳出決算認定についてであります。
 歳入歳出決算額は、歳入総額35万4,759円、歳出総額19万7,380円で、歳入歳出差引額は15万7,379円となるものであります。
 次に、議案第69号 平成22年度稲敷市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定についてであります。
 歳入歳出決算額は、歳入総額4億8,106万5,732円、歳出総額4億5,691万6,189円で、歳入歳出差引額2,414万9,543円となるものであります。
 次に、議案第70号 平成22年度稲敷市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定についてであります。
 歳入歳出決算額は、歳入総額22億6,458万8,953円、歳出総額22億2,121万8,773円で、歳入歳出差引額は4,337万180円となるものであります。
 次に、議案第71号 平成22年度稲敷市介護保険特別会計歳入歳出決算認定についてであります。
 歳入歳出決算額は、歳入総額26億2,122万3,501円、歳出総額25億2,710万7,386円となり、歳入歳出差引額は9,411万6,115円となるものであります。
 歳入の主なものでありますが、介護保険料4億3,680万7,935円、国庫支出金5億7,940万2,856円、支払基金交付金7億342万2,000円、県支出金3億5,828万2,225円、繰入金4億6,501万6,181円となっております。
 次に、歳出でございますが、介護保険事業の特性上、保険給付費が歳出全体の約92%を占めており、23億2,463万5,398円となっております。
 次に、議案第72号 平成22年度稲敷市浮島財産区特別会計歳入歳出決算認定についてであります。
 平成22年度の決算額は、歳入総額160万1,416円、歳出総額139万4,305円となり、歳入歳出差引額は20万7,111円でございます。
 歳入の主なものは、財産貸付収入で113万4,380円、構成比の約70.8%を占めております。
 歳出では、基金積立金が49万4,000円で、構成比の約35.4%を占めております。
 次に、議案第73号 平成22年度稲敷市古渡財産区特別会計歳入歳出決算認定についてであります。
 平成22年度の決算額は、歳入総額381万7,791円、歳出総額322万6,485円となり、歳入歳出差引額は59万1,306円でございます。
 歳入の主なものは、財産貸付収入の341万1,950円で、構成比の約89.4%を占めております。
 歳出では、負担金補助及び交付金が212万1,885円で、構成比の約65.8%を占めております。
 次に、議案第74号 平成22年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計歳入歳出決算認定についてであります。
 平成22年度の決算額は、歳入総額1億2,173万8,174円、歳出総額1億2,089万9,142円となり、歳入歳出差引額は83万9,032円となります。
 歳入の主なものは、地元分担金及び河内町負担金1,682万5,000円、県支出金6,727万2,000円、繰入金3,693万円となっており、これらが構成比の約99.4%を占めております。
 歳出では、基幹水利施設管理事業費1億2,018万9,142円となっており、構成比の約99.4%を占めています。
 次に、議案第75号 平成22年度稲敷市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定についてであります。
 歳入歳出決算額は、歳入総額7億9,804万851円、歳出総額7億8,188万368円で、歳入歳出差引額1,616万483円を平成23年度稲敷市後期高齢者医療特別会計へ繰り越すものであります。
 次に、議案第76号 平成22年度稲敷市水道事業会計決算認定についてであります。
 収益的収支につきましては、総収益9億2,436万5,225円に対し、総費用9億1,650万187円で、収支差引786万5,038円の純利益でございます。
 また、資本的収支につきましては、収入総額1,610万7,000円に対し、支出総額3億3,087万6,986円であります。収入不足額3億1,476万9,986円の補てん財源は、過年度分損益勘定留保資金3億1,274万7,151円、当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額202万2,835円であります。
 次に、議案第77号 平成22年度稲敷市工業用水道事業会計決算認定についてであります。
 収益的収支につきましては、総収益762万8,399円に対し、総費用714万6,005円で、収支差引48万2,394円の純利益であります。
 以上が、議案第53号から議案第77号までのご提案申し上げました各議案の概要でございます。
 ご審議の上、適切なる決定を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。
○議長(長坂太郎君) 以上で市長の説明が終わりました。
 次に、監査委員より、議案第65号から議案第77号までの13案件について、決算審査結果の報告を求めます。
 代表監査委員平野正雄君。
             〔代表監査委員平野正雄君登壇〕
◎代表監査委員(平野正雄君) 監査委員の平野でございます。
 市長より、本年7月5日付で審査に付されました一般会計及び特別会計歳入歳出決算の審査を、去る7月15日より8月15日の期間で実施をいたしました。
 また、公営企業会計決算、稲敷市の健全化判断比率、資金不足比率につきましても審査をしておりますので、それらの結果につきまして結果をご報告いたします。
 まず、一般会計及び特別会計につきましては、審査に付されました各会計の決算書及びその他政令で定める書類等はいずれも法令に準拠して作成されており、関係諸帳簿等を精査した結果、計数に誤りはなく、かつ予算の執行も適正であると認められました。
 基金の運用状況については、基金の設置目的に従って適正に運用管理されており、計数も正確であると認められました。
 次に、水道事業会計の決算については、決算書類、事業報告書、その他決算附属書類は、地方公営企業法及び関係法令の規定に準拠して作成されており、予算の執行状況、経営成績及び財政状態も適正に表示しているものと認められました。
 平成22年度決算に基づく四つの健全化判断比率、四つの公営企業会計における資金不足比率は、会計法令に準拠して適正に算定されており、その算定の基礎となる事項を記載した書類とも符合し、正確であると認められました。
 以上でございます。
○議長(長坂太郎君) 以上で監査委員の報告が終わりました。
       ──────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 次に、日程第6、請願第6号 早期の学校耐震化及び教育復興を求める請願、請願第7号 教育予算の拡充を求める請願を議題といたします。
 請願につきましては、お手元に配付の文書表のとおりであります。
 これを所管の総務教育常任委員会へ付託いたします。
       ─────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第7、決算審査特別委員会の設置について、並びに決算審査特別委員会委員の選任についてを議題といたします。
 ここで、今期定例会において、議長及び議会選出監査委員を除く全議員を委員とする決算審査特別委員会を設置したいと思います。
 これにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(長坂太郎君) ご異議なしと認めます。よって、今期定例会において、議長及び議会選出監査委員を除く20名を委員とする決算審査特別委員会を設置することに決しました。
 この後、休憩中に第1委員会室において決算審査特別委員会を開催します。
 休憩いたします。
               午前11時16分休憩
         ──────────────────────
               午前11時26分開議
○議長(長坂太郎君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
 さきに設置いたしました決算審査特別委員会の委員長及び副委員長の互選の結果につきましてご報告いたします。
 決算審査特別委員長に堀口正良君、副委員長に大湖金四郎君がそれぞれ選任されましたので、ご報告いたします。
○議長(長坂太郎君) 以上をもちまして本日の日程は終了いたしました。
 次の本会議は、8日、午前10時に本議場において再開いたします。
 なお、議案質疑の発言通告は、明日7日正午までに議長あて提出願います。
 本日はこれにて散会いたします。ご苦労さまでした。
               午前11時27分散会