議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 稲敷市

平成23年第 1回定例会−03月01日-01号




平成23年第 1回定例会

稲敷市告示第12号

 平成23年第1回稲敷市議会定例会を下記のとおり招集する。

  平成23年2月10日

                      稲敷市長  田 口 久 克


                   記

1.期  日  平成23年3月1日(火)

2.場  所  稲敷市役所東庁舎議会議場

          平成23年第1回稲敷市議会定例会会期日程表
┌────┬──┬────┬─────┬───────────────────┐
│ 期 日 │曜日│開議時間│ 会議種別 │      議     事      │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│    │  │    │     │◎開会                │
│3月1日│ 火 │午前10時│ 本 会 議 │◎市長提案理由の説明         │
│    │  │    │     │◎選挙第1号 茨城県後期高齢者医療広域│
│    │  │    │     │       連合議会議員一般選挙  │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│    │  │    │     │議案調査日              │
│3月2日│ 水 │    │ 休  会 │                   │
│    │  │    │     │議案等質疑通告締切(正午)      │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月3日│ 木 │午前10時│ 本 会 議 │◎一般質問              │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│    │  │    │     │◎一般質問              │
│3月4日│ 金 │午前10時│ 本 会 議 │◎発言通告による質疑         │
│    │  │    │     │◎常任委員会議案付託         │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月5日│ 土 │    │ 休  会 │                   │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月6日│ 日 │    │ 休  会 │                   │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月7日│ 月 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(総務教育)     │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月8日│ 火 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(総務教育)     │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月9日│ 水 │    │ 休  会 │議事整理(市内中学校卒業式)     │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月10日│ 木 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(市民福祉)     │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月11日│ 金 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(市民福祉)     │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月12日│ 土 │    │ 休  会 │                   │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月13日│ 日 │    │ 休  会 │                   │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月14日│ 月 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(産業建設)     │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月15日│ 火 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(産業建設)     │
├────┼──┼────┼─────┼──┬────────────────┤
│    │  │    │     │  │市長公室、総務部、監査委員、会計課、│
│    │  │    │     │午前│                │
│    │  │    │ 協 議 会 │  │議会事務局、教育委員会、保健福祉部│
│3月16日│ 水 │午前10時│     ├──┼────────────────┤
│    │  │    │(全体審査)│  │市民生活部、産業建設部、農業委員会│
│    │  │    │     │午後│                │
│    │  │    │     │  │水道局             │
├────┼──┼────┼─────┼──┴────────────────┤
│    │  │    │     │議事整理               │
│3月17日│ 木 │    │ 休  会 │                   │
│    │  │    │     │(市立幼稚園・認定こども園卒園式)  │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月18日│ 金 │    │ 休  会 │議事整理(市立小学校卒業式)     │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月19日│ 土 │    │ 休  会 │                   │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月20日│ 日 │    │ 休  会 │                   │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月21日│ 月 │    │ 休  会 │(春分の日)             │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│    │  │    │     │◎委員長報告、質疑、討論、採決    │
│3月22日│ 火 │午前10時│ 本 会 議 │                   │
│    │  │    │     │◎閉会                │
└────┴──┴────┴─────┴───────────────────┘


*3月11日の東日本大震災の発生を受け、以降の会期日程を以下のとおり変更した。

┌────┬──┬────┬─────┬───────────────────┐
│ 期 日 │曜日│開議時間│ 会議種別 │      議     事      │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月11日│ 金 │午前10時│ 委 員 会 │◎常任委員会 審査(市民福祉) 震災後中断│
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月12日│ 土 │    │ 休  会 │                   │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月13日│ 日 │    │ 休  会 │                   │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月14日│ 月 │    │ 休  会 │                   │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│    │  │    │ 協 議 会 │                   │
│    │  │午前9時│     │震災による被災状況現地確認      │
│    │  │    │(全体審査)│                   │
│3月15日│ 火 │    │     │                   │
│    │  ├────┼─────┼───────────────────┤
│    │  │午後2時│ 委 員 会 │議会運営委員会            │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月16日│ 水 │    │ 休  会 │議事整理               │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│    │  │    │     │議事整理               │
│3月17日│ 木 │    │ 休  会 │                   │
│    │  │    │     │ (市立幼稚園・認定こども園卒園式) │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月18日│ 金 │    │ 休  会 │議事整理(市立小学校卒業式)     │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月19日│ 土 │    │ 休  会 │                   │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月20日│ 日 │    │ 休  会 │                   │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│3月21日│ 月 │    │ 休  会 │(春分の日)             │
├────┼──┼────┼─────┼───────────────────┤
│    │  │    │     │◎常任委員会 審査           │
│    │  │午前10時│ 委 員 会 │                   │
│    │  │    │     │  (総務教育、市民福祉、産業建設) │
│    │  ├────┼─────┼───────────────────┤
│3月22日│ 火 │    │     │◎委員長報告、質疑、討論、採決    │
│    │  │委 員 会│     │                   │
│    │  │    │ 本 会 議 │◎追加議案審議            │
│    │  │終 了 後│     │                   │
│    │  │    │     │◎閉会                │
└────┴──┴────┴─────┴───────────────────┘



             一 般 質 問 通 告 書
                             平成23年第1回定例会
┌─────┬───────┬─────────────────┬──────┐
│ 質問者 │ 質問事項  │    質 問 要 旨      │ 答 弁 者 │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│根本  保│1.市長公用車│ 現在、庁舎内においては多くの事務│市長    │
│議   員│ をめぐる「民│部門で外部への業務委託が行われてい│      │
│     │ 活」利用につ│ます。財政体質の強化を図る意味から│      │
│     │ いて    │も、市長自らが身の回りの「民活」い│      │
│     │       │わゆる公用車のリース化等を推し進め│      │
│     │       │るべきだと思うが、市長のお考えを伺│      │
│     │       │いたい。             │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │2.入札制度の│ 先頃、国交省から地域産業育成のた│      │
│     │ 現状と今後の│めと、指名競争入札制度の導入見直し│      │
│     │ 取り組みにつ│等の方針が示されました。     │      │
│     │ いて    │?当市においても、地元産業を元気づ│市長    │
│     │       │ ける為にも、指名入札導入、大型工│総務部長  │
│     │       │ 事における部分入札の積極的導入を│      │
│     │       │ 図ってはどうか。        │      │
│     │       │?採算割れした入札の現状と、今後の│      │
│     │       │ 取り組みについて、またその防止策│      │
│     │       │ について。           │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│松戸 千秋│1.放課後児童│ 近年、全国的に治安情勢が悪化し、│市長    │
│議   員│ クラブの拡充│特に県内では凶悪な子どもを巻き込む│      │
│     │ について  │犯罪が多発しております。したがいま│      │
│     │       │して、今まで以上に子ども達を守るた│      │
│     │       │めの安全の強化を推進していくことが│      │
│     │       │必至であります。また、就労する家族│      │
│     │       │が増え、両親が共に働く家庭では、放│      │
│     │       │課後の子どもの安全を強化すべきと考│      │
│     │       │えます。             │      │
│     │       │ さて、当市におきましては、原則小│      │
│     │       │学校1年生から3年生の児童が入所対│      │
│     │       │象となっております。しかしながら入│      │
│     │       │所対象をさらに拡充してほしいとの声│      │
│     │       │が保護者の皆様から多く寄せられてお│      │
│     │       │ります。そこで、以下の3点について│      │
│     │       │お伺いいたします。        │      │
│     │       │?現在の放課後児童クラブの運営状況│      │
│     │       │ をお聞きします。        │      │
│     │       │?入所対象を全学校で6年生まで拡充│      │
│     │       │ すべきと考えますが、いかがでしょ│      │
│     │       │ うか。             │      │
│     │       │?開所時間の延長についての考えはあ│      │
│     │       │ るのか。            │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │2.中学体育の│ 平成24年度から必修となる武道につ│教育長   │
│     │ 武道必修化に│いて、指導教員の育成、授業の進め方│      │
│     │ 向けての進捗│など、市の方針をお伺いいたします。│      │
│     │ 状況について│                 │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│山本 彰治│ 保育所の環境│ 平成23年度の保育所の子育て環境に│市長    │
│議   員│整備について │おいて、人材の確保などの環境整備に│      │
│     │       │ついて伺いたい。         │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│浅野 信行│1.新利根給食│ 旧施設を有効利用できないか。  │市長    │
│議   員│ センターにつ│                 │      │
│     │ いて    │                 │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │2.子育て支援│ 児童クラブや保育所の現況、待機児│市長    │
│     │ について  │童対策について、市としての取り組み│      │
│     │       │は。市長の見解をお伺いします。  │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│山口 清吉│1.新庁舎建設│?市長になる前は建設反対・凍結と言│市長    │
│議   員│ について  │ っていたが、市長になるとたった4│      │
│     │       │ ケ月で建設に舵を切った理由は。 │      │
│     │       │?稲敷市の北の端に新庁舎を建設する│      │
│     │       │ ことになった理由は。      │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │2.国民健康保│?H22年度の国民健康保険税の滞納世│市長    │
│     │ 険税の引き下│ 帯状況は。           │      │
│     │ げについて │?年収200万円の収入の人の国保税  │      │
│     │       │ 額はいくらか。(41歳・7万円の固定│      │
│     │       │ 資産税)            │      │
│     │       │?失業・病気で年収が著しく減少した│      │
│     │       │ 場合、どのような手だてを講じてい│      │
│     │       │ るか。             │      │
│     │       │?一般会計からの法定外繰入金を増や│      │
│     │       │ して、国保税の引き下げを。   │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │3.市内公共交│ 市民の交通弱者の足は、市が保障す│市長    │
│     │ 通体系の整備│るという立場に立って、      │      │
│     │ を     │ 面(コミュニティバス・循環バス)│      │
│     │       │ 線(路線バス・桜東バスなど)  │      │
│     │       │ 点(デマンドタクシー・タクシー助│      │
│     │       │   成事業)          │      │
│     │       │体系をつくる必要があるのではないで│      │
│     │       │しょうか。            │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│大湖金四郎│1.小型バスの│ 昨年6月の定例会で、小型バス等の│市長    │
│議   員│ 運行について│運行について質問をしましたが、現在│      │
│     │       │までの経緯を伺いたい。      │      │
│     │       │?路線の構想は。         │      │
│     │       │?運行開始はいつ頃を目指しているの│      │
│     │       │ か。              │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │2.養豚場のし│ 昨年1月後半、市民からの苦情によ│市長    │
│     │ 尿処理につい│り問題発覚。未だに解決されていな │市民生活部長│
│     │ て     │い。今も垂れ流しが続いている状況で│産業建設部長│
│     │       │す。               │      │
│     │       │ 今日までの対応と、今後の対策を伺│      │
│     │       │いたい。             │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│根本 光治│ 新庁舎建設に│ これまで議会との協議を何度か行っ│市長    │
│議   員│ついて    │てきたが、未だに不十分である中で、│      │
│     │       │新聞報道等で一方的に新庁舎建設案が│      │
│     │       │公に示され、新年度当初予算で旧江戸│      │
│     │       │崎西高等学校校舎の解体工事費が計上│      │
│     │       │される予定である。        │      │
│     │       │ 以下の件について市長の見解を伺 │      │
│     │       │う。               │      │
│     │       │?新庁舎建設でのこれまでの協議の進│      │
│     │       │ め方について、どうとらえているの│      │
│     │       │ か。              │      │
│     │       │?コンパクトな新庁舎建設方針は理解│      │
│     │       │ できるが、長期的視野で考えた場 │      │
│     │       │ 合、約40年経過した西校校舎を利用│      │
│     │       │ するよりも、西校校舎分を含めた規│      │
│     │       │ 模での新庁舎建設の方が、総費用が│      │
│     │       │ 低く抑えられると考えられるが、市│      │
│     │       │ 長はどう判断するのか。     │      │
└─────┴───────┴─────────────────┴──────┘




                平成23年第1回
             稲敷市議会定例会会議録 第1号
       ─────────────────────────
          平成23年3月1日 午前10時00分開会
       ─────────────────────────
1.出席議員  22名
      1番  岡 沢 亮 一 君    2番  篠 田 純 一 君
      3番  松 戸 千 秋 君    4番  山 本 彰 治 君
      5番  根 本 光 治 君    6番  伊 藤   均 君
      7番  大 湖 金四郎 君    8番  関 川 初 子 君
      9番  高 野 貴世志 君   10番  柳 町 政 広 君
     11番  篠 崎 力 夫 君   12番  浅 野 信 行 君
     13番  木 内 義 延 君   14番  坂 本   源 君
     15番  根 本   保 君   16番  山 下 恭 一 君
     17番  堀 口 正 良 君   18番  長 坂 太 郎 君
     19番  根 本 勝 利 君   20番  黒 田   正 君
     21番  遠 藤 一 行 君   22番  山 口 清 吉 君

1.欠席議員
       な  し

1.出席説明員
       市長               田 口 久 克 君
       副市長              坂 本   進 君
       教育長              坂 本   繁 君
       市長公室長            川 嶋   修 君
       総務部長             親 見 清 志 君
       市民生活部長           久保木 善 信 君
       保健福祉部長           大 島   功 君
       産業建設部長           大 竹 克 己 君
       教育部長             中 澤 幸 一 君
       水道局長             沼 崎 忠 夫 君
       会計管理者            大 西 孝 司 君
       農業委員会事務局長        内 田 和 雄 君
       監査委員事務局長         上 山 成 夫 君
       秘書広聴課長           高 山   久 君
       企画課長             飯 田 光 男 君
       総務課長             栗 山 照 夫 君

1.出席事務局職員
       議会事務局長           三ツ井 洋 平
       書記               坂 本 浩 一
       書記               萩 原 隆 行

1.会議録署名議員
      5番  根 本 光 治 君
      6番  伊 藤   均 君

1.議事日程
       ──────────────────────────
              議 事 日 程 第 1 号
                         平成23年3月1日(火曜日)
                             午前10時00分開会

日程第1 会議録署名議員の指名について
日程第2 会期の決定について
日程第3 諸般の報告
日程第4 議案第3号 稲敷市社会体育施設条例の一部改正について
     議案第4号 稲敷市道路占用料徴収条例及び稲敷市法定外公共物管理条例の一部改正について
     議案第5号 稲敷市都市公園条例の一部改正について
     議案第6号 平成22年度稲敷市一般会計補正予算(第6号)
     議案第7号 平成22年度稲敷市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
     議案第8号 平成22年度稲敷市老人保健特別会計補正予算(第2号)
     議案第9号 平成22年度稲敷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第5号)
     議案第10号 平成22年度稲敷市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)
     議案第11号 平成22年度稲敷市介護保険特別会計補正予算(第3号)
     議案第12号 平成22年度稲敷市浮島財産区特別会計補正予算(第1号)
     議案第13号 平成22年度稲敷市古渡財産区特別会計補正予算(第1号)
     議案第14号 平成22年度稲敷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)
     議案第15号 平成22年度稲敷市水道事業会計補正予算(第1号)
     議案第16号 平成23年度稲敷市一般会計予算
     議案第17号 平成23年度稲敷市国民健康保険特別会計予算
     議案第18号 平成23年度稲敷市、稲敷郡町村及び一部事務組合公平委員会特別会計予算
     議案第19号 平成23年度稲敷市農業集落排水事業特別会計予算
     議案第20号 平成23年度稲敷市公共下水道事業特別会計予算
     議案第21号 平成23年度稲敷市介護保険特別会計予算
     議案第22号 平成23年度稲敷市浮島財産区特別会計予算
     議案第23号 平成23年度稲敷市古渡財産区特別会計予算
     議案第24号 平成23年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計予算
     議案第25号 平成23年度稲敷市後期高齢者医療特別会計予算
     議案第26号 平成23年度稲敷市水道事業会計予算
     議案第27号 平成23年度稲敷市工業用水道事業会計予算
     議案第28号 字の区域の変更及び設定について
日程第5 選挙第1号 茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員一般選挙について

1.本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名について
 日程第2 会期の決定について
 日程第3 諸般の報告
 日程第4 議案第3号
      議案第4号
      議案第5号
      議案第6号
      議案第7号
      議案第8号
      議案第9号
      議案第10号
      議案第11号
      議案第12号
      議案第13号
      議案第14号
      議案第15号
      議案第16号
      議案第17号
      議案第18号
      議案第19号
      議案第20号
      議案第21号
      議案第22号
      議案第23号
      議案第24号
      議案第25号
      議案第26号
      議案第27号
      議案第28号
 日程第5 選挙第1号
       ──────────────────────────
               午前10時00分開会
○議長(長坂太郎君) おはようございます。
 平成23年第1回稲敷市議会定例会の会議に先立ちまして、感謝状の伝達を行います。
 去る1月20日開催の茨城県市議会議長会定例会及び2月15日開催の茨城県南市議会議長会定例会において、堀口正良議員、山下恭一議員がそれぞれ表彰を受けられました。
 受賞者の功績をたたえ、お一人ずつ伝達をいたします。
◎議会事務局長(三ツ井洋平君) 堀口正良議員、山下恭一議員、書記席の前方にお進み願います。
 初めに、茨城県市議会議長会の表彰を行います。
○議長(長坂太郎君)
 感謝状
 前稲敷市議会議長 堀口正良殿
 あなたは、本会の運営と地方自治の伸長発展に尽瘁し、市政の向上振興に貢献された功績はまことに顕著であります。よって、ここに感謝状を贈呈して、深甚な謝意を表します。
 平成23年1月20日
                    茨城県市議会議長会会長 袴塚孝雄(代読)
             〔感謝状及び記念品授与・拍手〕
◎議会事務局長(三ツ井洋平君) 続きまして、茨城県南市議会議長会表彰を行います。
 初めに、堀口正良議員、お願いいたします。
○議長(長坂太郎君)
 感謝状
 前稲敷市議会議長 堀口正良殿
 あなたは、本会の運営と地方自治の進展に努力され、市民福祉の向上に貢献された功績はまことに著しいものがあります。よって、ここに深甚なる感謝の意を表します。
 平成23年2月15日
                   茨城県南市議会議長会会長 折本 明(代読)
             〔感謝状及び記念品授与・拍手〕
◎議会事務局長(三ツ井洋平君) おめでとうございました。
 堀口議員は、自席にお戻りいただきたいと存じます。
 続きまして、山下恭一議員、お願いします。
○議長(長坂太郎君)
 感謝状
 前稲敷市議会副議長 山下恭一殿
 あなたは、本会の運営と地方自治の進展に努力され、市民福祉の向上に貢献された功績はまことに著しいものがあります。よって、ここに深甚なる感謝の意を表します。
 平成23年2月15日
                   茨城県南市議会議長会会長 折本 明(代読)
           〔感謝状及び記念品授与・拍手〕
◎議会事務局長(三ツ井洋平君) おめでとうございました。
 山下議員は、自席にお戻りいただきたいと存じます。
○議長(長坂太郎君) 以上で、感謝状の伝達を終わりにします。
 ただいまから平成23年第1回稲敷市議会定例会を開会いたします。
 ただいまの出席議員は22名であります。地方自治法第113条の規定により定足数に達しておりますので、会議は成立いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりでございます。
       ──────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、
        5番  根 本 光 治 君
        6番  伊 藤   均 君
をそれぞれ指名いたします。
       ──────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。
 お諮りする前に、過日、議会運営委員会を開いておりますので、委員長から会期等について委員会の結果を報告願います。
 議会運営委員長木内義延君。
            〔議会運営委員長木内義延君登壇〕
◎議会運営委員長(木内義延君) おはようございます。
 ただいま議長より指名を受けましたので、議会運営委員会で決定しました会期日程等についてご報告いたします。
 去る2月22日に開催しました会議には、委員6名が出席し、稲敷市議会委員会条例第16条の規定により会議は成立いたしました。
 付託されました平成23年第1回稲敷市議会定例会の議会運営についてを議題とし、執行部より田口市長、親見総務部長、栗山総務課長に出席をいただき、協議をいたしました。
 それでは、お手元に配付されております資料に基づき、ご説明いたします。
 本定例会の会期日程は、本日1日から22日までの22日間であります。
 まず、本日1日は、議案第3号から議案第28号までの26案件を一括上程し、市長が提案理由の説明を行います。次に、茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員一般選挙を行います。
 2日は、議案調査のため休会とし、3日午前10時本会議を再開いたします。
 3日、4日は、市政一般に関する通告質問を行います。今回の一般質問通告者は7名であります。なお、3日は5名の議員が一般質問を行います。4日は、初めに一般質問を2名の議員が行います。次に、議案第3号から議案第28号までに対する発言通告による質疑を行います。質疑終了後、議案第3号から議案第28号までを各所管の常任委員会へ付託を行う予定であります。
 7日から15日までは、各常任委員会を開催し、付託された案件の審査を行います。
 16日は、全体審査会を開催し、午前中は総務部門、保健福祉部門及び教育部門、午後は市民生活部門、産業建設部門及び水道局の当初予算に対する審査を行う予定であります。
 17日及び18日は、議事整理のため休会とし、22日が本定例会の最終日であります。委員会に付託されました議案の審査結果を報告し、質疑、討論を行い、採決となります。
 なお、追加議案等がある場合は、随時審査を行ってまいります。
 以上のとおりでありますので、議会運営委員会で決まりました事項等に対しましては、ぜひとも議員の皆様方にご賛同をいただきたくお願いを申し上げまして、報告といたします。
○議長(長坂太郎君) 委員長の報告が終わりました。
 お諮りいたします。
 本定例会の会期は、ただいま委員長から報告のあったとおり、本日から22日までの22日間にいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(長坂太郎君) ご異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は本日1日から22日までの22日間と決しました。
       ──────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第3、諸般の報告を行います。
 初めに、議会閉会中において、会議規則第160条第1項ただし書の規定により、お手元に配付してありますとおり議員を派遣いたしましたので報告いたします。
 次に、今期定例会において本日までに受理した請願は、お手元に配付いたしました請願文書表のとおり、それぞれの所管の常任委員会へ付託いたしましたので報告いたします。
 以上で諸般の報告を終わります。
       ──────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第4、議案第3号から議案第28号までの26案件を一括して議題といたします。
 市長より提案理由の説明を求めます。
 市長田口久克君。
               〔市長田口久克君登壇〕
◎市長(田口久克君) おはようございます。
 第1回稲敷市議会定例会の開会に当たり、議員各位のご健勝を心からお喜び申し上げますとともに、市政の推進にご尽力をいただいておりますことに対しまして、衷心より感謝を申し上げます。
 ただいま茨城県市議会議長会及び茨城県南市議会議長会におきまして、堀口正良議員、山下恭一議員がそれぞれ表彰を受けられまして、心からお祝いを申し上げます。今後ともご健勝でご活躍されますことをお祈り申し上げます。
 それでは、平成23年度当初予算を初め、重要案件のご審議をお願いするに当たり、市政に取り組む所信の一端を申し述べ、議員各位を初め、市民の皆様のご理解とご支援を賜りたいと存じます。
 現在、我が国は、将来に対する有効な手立てが見出せないまま、社会全体に閉塞感が漂っております。私は、こうした困難なときこそ、市民の皆様が安心と希望を持って暮らしていただけるよう、市政に最も身近な基礎自治体の長として全力で取り組んでまいる所存であります。
 さて、日本の経済は円高やデフレの長期化、失業率の急激な悪化など、景気の二番底も懸念されております。今、日本は歩んできた右肩上がりの道のりが終わり、バブル崩壊から失われた20年と呼ばれるような経済の停滞の中で、国際的な地位の低下も危惧されるなど、重大な岐路に立っております。
 また、地方自治体を取り巻く状況は、三位一体の改革、国や地方財政における多額の債務残高、さらに保険、年金、医療、子育て、教育、環境問題など、難問が山積しております。
 地域経済においても、商店街の空洞化が進み、中小企業の受注や資金繰りも一段と厳しさを増しております。私は、財政規律に配慮しながら、地域社会が早く元気に回復できるよう、市民生活を守るための施策を迅速に展開する決意であります。地域社会の安定に軸足を置いた市政運営が今求められていると思うからであります。
 市役所は、市民に対する地域最大のサービス業であり、その根幹をなすのは顧客を重視する市政であります。顧客である市民の視点で考え、より質の高いサービスを提供するとともに、情報の共有により市民の参画・協働による市政運営を進めていくことが重要であります。
 新年度は、次の三つの基本姿勢に沿って行政経営に当たってまいります。
 一つ目といたしましては、人口減少時代における自治体の発展であります。
 我が国は、少子高齢化に伴う人口減少社会へ突入しました。昨年実施されました国勢調査結果によると、本市の平成17年から平成22年の人口減少率はマイナス5.6%と、茨城県内の市では上位4番目の減少率でありました。今後、稲敷といたしましては、総合計画に掲げる「みんなが住みたい素敵なまち」を理念として、さらに、まちの魅力向上を図っていく必要があります。
 同時に、訪れたいまちとして稲敷が好きだ、ふるさとだと感じる人をふやすことも大切であります。特に、揚げもち自慢大会を初めとするまちの魅力アップによる交流人口の拡大は必要不可欠であると考えております。
 また、市内の歴史ある神社仏閣や、地域で行われている祭りも含め、広く文化の持つ力に着目し、地域の価値を高めていくことも重要であります。文化は、人とまちを元気にしていく新たなエネルギーの源と考えております。
 二つ目として、新庁舎建設を礎にした、さらなる行政サービスの向上であります。
 新年度は、新庁舎建設事業に着手させていただきたいと考えております。庁舎は、その威容を誇るものでも職員のためにあるものでもありません。市民サービスの拠点として誇りを持って将来に引き継ぐことのできる貴重な財産であります。新庁舎建設に当たりましては、常に市民の視点に立った行政を心がけ、既存校舎を活用しながら、信頼される市政運営のシンボルとなるよう努めてまいりたいと考えております。
 三つ目として、職員の意識改革であります。
 組織にとって人は最大の財産であり、人材育成の取り組みは市民サービス向上へとつながっております。私のまちづくりの基本理念、市民の暮らしやすさの向上も市民との対話と職員の現場感覚が織りなす構想力があってこそ、なし得るものと考えます。職員は市民の視点で物事を見ることをしっかりと自覚する必要があります。こうした職員の視点、立ち位置を吟味し、変えることが、実際の発想や行動に大きな変化をもたらし、サービスの高度化に役立つことと確信をしております。
 以上、市政運営の基本的な方針を述べさせていただきました。
 それでは、稲敷市の新年度予算の概要をご説明申し上げます。
 一般会計の財政規模は186億5,800万円としました。前年度に比べ、率で1.4%、金額では2億5,100万円増の予算規模となりました。増加の主な要因でありますが、庁舎建設経費のほか、民間保育所整備経費、新利根地区新設小学校建設経費などの投資的経費や、子ども手当支給事業経費、生活保護経費、障害者自立支援給付経費など、民生費の伸びによるものであります。一方、歳入ですが、先ほども触れましたが、基幹財源である市税については、固定資産税が減収見込みでありますが、法人市民税及びたばこ税の増収見込みにより前年度に比べ1.2%増収見込みであります。また、もう一つの歳入の柱である地方交付税については、地方財政計画における収入見込額に基づき試算した結果、前年度に比べ7.2%の増収を見込んでおります。
 このような状況の中、市債発行を22億円余り、基金の取り崩しを4億4,000万円余りとし、収支の均衡を図ったところであります。
 それでは、新年度における主な施策を申し述べます。
 第1の柱は、生活者の目線での市役所改革の実行についてであります。
 市役所改革は、合併した市町村においては最大の課題の一つであります。本市においても、合併特例債期限である平成26年度や、地方交付税の合併算定がえ期限である平成31年度などを見据え、早急に取り組むべき分野であります。構造改革を初め、職員意識や行政サービスの向上、市民とのコミュニケーション、市民参画をさらに進めなければならないと考えております。
 新たな取り組みとして、地域と行政との連携支援を目的に、地域担当専門員の設置を検討したいと考えております。まずは、地域要望事項等を職員が出向いて聴取することなどから取り組んでまいりたいと考えております。
 次に、部局長マニフェストの作成であります。
 平成23年度は総合計画の後期基本計画の見直し年度であることもあり、各課等の所管する分野の動向や課題を整理するとともに、その分野の目指すべき方向性や具体的な取り組みなどの活動方針を明確にしていく必要があります。
 次に、二つ目の柱は、市民との協働による元気なまちづくりについてであります。
 住民参画は、今後の行政運営に不可欠な重要分野であります。本市の住民参画は取り組み始めたばかりですが、既に総合計画や庁舎建設100人市民会議など、各種計画づくりに住民の参画を図っているところであります。平成23年度は商工会青年部やマリッジサポーターの皆さんを中心とした結婚相談事業の積極的な展開を図ってまいります。さらに、昨年、市民音頭として作成しました「稲敷たから音頭」についても、市のPRツールの一つとして位置づけ、その普及活動に取り組んでまいります。
 次に、三つ目の柱として、健やかな人を育む教育・スポーツのまちづくりであります。
 教育・文化分野においては、次世代の子供たちの健全な教育環境を提供するため、その最も基本となる市内16小学校の再編整備推進が本市の最重要課題の一つとなっております。小学校の再編整備については、平成31年度までの10年間での再編スケジュール等を示した学校再編整備計画を策定し、公表しているところですが、予想以上に本市の少子化の進展は著しく、子供たちの健全な育成を図るための教育そのものにも大きな影響を与えることが懸念される状況であります。
 一方では、地域によっては校舎の老朽化が著しい地域もございます。したがって、小学校の再編整備については現在の学校再編整備計画を基本としつつも、その実施時期については地域住民のコンセンサスを形成しながら、早期実現により早い段階でのよりよい教育環境の提供を図るための各種調整等に着手いたします。
 次に四つ目の柱、お互いに助け合う心安らぐまちづくりであります。
 次世代を担う子供たちの健全な育成を図るためには、教育という側面だけでなく、福祉の側面からの支援も大切であります。特に、本市においては急速に進展している少子化という問題解決のため、子供だけでなく、その保護者や地域における子育て環境づくりが大切になってまいります。これまで継続的に取り組んでいる子育て支援の充実を図っていくため、平成23年度から開始予定のファミリーサポートセンターのサポーターの募集、育成等を進めてまいります。また、平成22年度に作成している子育てハンドブックと連携した形の子育て支援ポータルサイト設置についても、保護者協力のもと検討を進めてまいります。
 次に五つ目の柱です。地域産業や商業・農業が元気な都市づくりであります。
 農業振興につきましては、チームいなしき推進事業に基づき、本年度の各種活動を精査した上で、市、関係機関、生産者、加工業者などの連携体制を強化し、稲敷の総合力を持って農業の6次産業化等を目指します。
 また、圏央道・江戸崎地内に設置予定の、仮称でありますが、江戸崎パーキングエリアにおいて、地元稲敷の特産物の販売など、その利活用について国土交通省との一部調整に着手しております。平成23年度は実施に向けた本格的な協議、調整を図るため、国土交通省、茨城県、稲敷市などによる(仮称)江戸崎パーキングエリア活用検討チームを設置し、具体的な作業に着手いたします。
 企業誘致の展開につきましては、江戸崎工業団地も第一期分譲に向けての準備が整い、また誘致の目玉であると考えられる圏央道の開通も2年後に控えております。現在の誘致活動は、江戸崎工業団地事業推進連絡協議会等を初め、県との連携の中で進めているところであります。
 さらに、本市としては、江戸崎工業団地のみならず、筑波東部工業団地や下太田第二工業団地にも積極的な誘致活動を進めているところでございます。そのため、企業への営業活動においても、まずは稲敷市を知ってもらい、行政への信頼感を持っていただくための創意工夫に努めながら、明確なターゲットを絞り込んだ上で積極的な誘致活動を展開していくことといたします。
 次に、六つ目の柱、災害や犯罪に強い安全・安心なまちづくりであります。
 本市では、平成19年度に地域防災計画を策定し、昨年11月には大規模災害を想定した実践訓練を実施いたしました。市内でも人口密度の高い江戸崎においては、市民参加による防災訓練を実施し、今後もこういった訓練を継続してまいりたいと考えております。
 次に七つ目の柱です。人にやさしい文化都市づくりであります。
 地球環境を初め、環境政策は非常に高いポテンシャルを秘めた分野であります。今後、地域間競争の中で生き残っていくためには、未開拓な分野での生き残り策を含めて、先行的な取り組みを行っていく必要があります。
 そこで、本市の豊かな緑や水辺の自然環境の潜在的なポテンシャルを活用し、農業を初めとする地域産業も含めたトータルな環境政策の中で、クリーンな稲敷市を形成していくことこそが今後の地域間競争の中でほかの地域に誇ることができる新たな成長戦略の一つであると考えられます。
 以上、平成23年度の市政運営の基本方針を述べさせていただきました。
 これからのまちづくりは、行政指導ではなく、行政、市民そして地域の皆さんがそれぞれの役割を分担することによりすばらしいまちづくりが可能になってくるものと考えております。私たちは、いま一度原点に立ち返り、公共サービスの顧客である市民の満足度を重視しながら、それぞれの業務遂行の目標を持って取り組んでまいります。
 どうか、議員各位におかれましては、今後の市政運営につきまして格別のご理解と、そしてなお一層のご協力を賜りますようお願いを申し上げまして、施政方針とさせていただきます。
 それでは、今期定例会に提案をさせていただきました議案でございますが、条例の改正案件3件、各会計補正予算案件10件、平成23年度各会計予算案件12件、字の区域の変更及び設定案件1件の26案件でございます。
 それでは、各議案についてご説明を申し上げます。
 初めに、議案第3号 稲敷市社会体育施設条例の一部改正についてであります。
 本案は、江戸崎総合運動公園テニスコート改修工事が完了したことにより、桜川総合運動公園のテニスコート利用料金体系及び同施設の夜間照明施設の利用料金も改正し、市内のテニスコート利用料金等の統一を図るものであります。
 次に、議案第4号 稲敷市道路占用料徴収条例及び稲敷市法定外公共物管理条例の一部改正についてであります。
 本案は、道路法施行令の一部を改正する政令が公布されたことに伴い、稲敷市道路占用料徴収条例及び稲敷市法定外公共物管理条例の一部を改正することについて、議会の議決を求めるものでございます。
 次に、議案第5号 稲敷市都市公園条例の一部改正についてであります。
 本案は、江戸崎総合運動公園のテニスコートの改修工事が完了したことにより、同施設の利用料金を改正し、及び新利根総合運動公園テニスコートの利用料金等を改正し、市内テニスコートの利用料金体系の統一を図るものであります。
 次に、議案第6号 平成22年度稲敷市一般会計補正予算(第6号)についてであります。
 本案は、既定の予算額に1億713万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を193億2,715万6,000円とするほか、継続費、繰越明許費、地方債の補正を行うものです。
 歳入歳出予算のうち、歳出につきましては、各事業等の最終執行額を見込んで補正を行うもので、諸支出金を除くすべての款において既定の予算を減額するものとしております。諸支出金については、公共公用施設整備基金への積立金5億50万円、及び減債基金への積立金2億2,384万3,000円などを計上したことにより7億4,653万7,000円を増額するものとしております。
 次に歳入についてですが、いずれの款も歳入確定額、または歳入決算見込額に組みかえるための補正となっております。増額補正する主なものは、市税1億2,911万円、地方交付税1億1,972万9,000円、及び繰越金4億617万7,000円で、減額補正する主なものが国庫支出金2億2,390万3,000円、及び市債1億9,820万円となっております。継続費、繰越明許費及び地方債の補正につきましては、第2表から第4表のとおりですが、継続費の変更を行うものが1事業、繰越明許費の追加を行うものが12事業、繰越明許費の変更を行うものが1事業、地方債の変更を行うものが8事業、地方債を廃止するものが2事業となっております。
 次に、議案第7号 平成22年度稲敷市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)についてであります。
 本案は、既定の予算額に1,645万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を55億7,344万7,000円とするものであります。
 歳入の主なものにつきましては、国民健康保険税1億50万円の減額、国庫支出金1億5,088万8,000円の増額、前期高齢者交付金3億3,802万4,000円の減額、繰入金2億1,269万4,000円の増額、繰越金9,142万1,000円の増額となります。
 一方、歳出の主なものにつきましては、職員給与関係費1,076万4,000円の減額、保険給付費9,979万5,000円の増額、後期高齢者支援金等7,555万7,000円の減額などが主な内容であります。
 次に、議案第8号 平成22年度稲敷市老人保健特別会計補正予算(第2号)についてであります。
 本案は、既定の予算額から817万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を824万6,000円とするものでございます。
 歳入の主なものにつきましては、支払基金交付金532万4,000円の減額、国庫支出金291万8,000円の減額、県支出金73万円の減額、繰入金80万円の増額となります。
 一方、歳出の主なものにつきましては、医療諸費817万2,000円の減額でございます。
 次に、議案第9号 平成22年度稲敷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第5号)についてであります。
 本案は、既定の予算額から509万5,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を5億925万8,000円とするものでございます。
 歳入につきましては、使用料の増収見込みにより127万2,000円を増額し、建設事業費の確定により国庫補助金を328万2,000円、市債を230万円、それぞれ減額するものであります。また、農業集落排水事業全体の決算見込みにより一般会計からの繰入金を78万5,000円減額するものであります。
 歳出につきましては、職員給与関係経費及び汚泥処理施設管理費の決算見込みにより農業集落排水管理費を352万4,000円減額し、処理場改修事業費の確定により農業集落排水建設費を138万3,000円減額するものであります。また、企業債に係る元利償還金が確定したことにより、公債費を18万8,000円減額するものでございます。
 次に、議案第10号 平成22年度稲敷市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてであります。
 本案は、既定の予算額から3,541万4,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を19億6,287万円とするものであります。
 歳入につきましては、受益者負担金に係る賦課件数の減により432万5,000円を減額、使用料の増収見込みにより376万9,000円を増額、建設事業費の決算見込みにより県補助金を280万円減額、市債を1,120万円増額、消費税還付金の確定により諸収入を1,222万9,000円減額するものであります。また、公共下水道事業全体の決算見込みにより一般会計からの繰入金を3,102万9,000円減額するものであります。
 歳出につきましては、職員給与関係経費及び各処理施設に要する維持管理経費等の決算見込みなどにより下水道管理費を2,536万1,000円減額、処理場建設及び管渠整備事業費の執行見込みにより下水道建設費を547万5,000円減額するものでございます。また、企業債に係る元利償還金が確定したことにより、公債費を457万8,000円減額するものであります。
 なお、第2表繰越明許費のとおり、下水道建設費のうち1億4,695万2,000円を翌年度に繰り越して実施するものであります。
 次に、議案第11号 平成22年度稲敷市介護保険特別会計補正予算(第3号)についてであります。
 本案は、既定の予算額から9,663万1,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を26億2,367万3,000円とするものであります。
 歳入で主なものでございますが、介護保険料491万1,000円の減額、国庫支出金4,140万5,000円の減額、支払基金交付金5,446万3,000円の減額、県支出金2,574万3,000円の減額、繰入金576万2,000円の減額、繰越金3,571万3,000円の増額を計上するものであります。
 歳出の主なものでございますが、介護認定審査費の減などにより総務費275万円の減額、介護サービス諸費等の減により保険給付費9,070万円の減額、介護予防事業費等の減により地域支援事業費312万1,000円の減額を計上するものであります。
 次に、議案第12号 平成22年度稲敷市浮島財産区特別会計補正予算(第1号)についてであります。
 本案は、既定の予算額に34万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を160万3,000円とするもので、基金積立金として補正するものであります。
 次に、議案第13号 平成22年度稲敷市古渡財産区特別会計補正予算(第1号)についてであります。
 本案は、既定の予算額に20万円を追加し、歳入歳出予算の総額を381万7,000円とするもので、基金積立金として補正するものであります。
 次に、議案第14号 平成22年度稲敷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)についてであります。
 本案は、既定の予算額から1,947万円を減額し、歳入歳出予算の総額を7億9,944万7,000円とするものでございます。
 歳入の主なものにつきましては、後期高齢者医療保険料1,500万円の減額、一般会計繰入金447万円の減額となります。
 一方、歳出の主なものにつきましては、総務費293万6,000円の減額、後期高齢者医療広域連合納付金1,653万4,000円の減額であります。
 次に、議案第15号 平成22年度稲敷市水道事業会計補正予算(第1号)についてであります。
 本案は、既定の予算額のうち、収益的支出では、水道事業費用内の増減を行い、補正の内容につきましては、営業費用で200万円を増額し、営業外費用で200万円を減額するものです。さらに、資本的支出では、1,984万1,000円減額を行い、補正の内容につきましては、建設改良費で2,041万7,000円を減額し、企業債償還金で57万6,000円を増額するものであります。
○議長(長坂太郎君) 休憩いたします。
               午前10時49分休憩
         ──────────────────────
               午前11時10分開議
○議長(長坂太郎君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 引き続き、提案理由の説明を求めます。
 市長田口久克君。
               〔市長田口久克君登壇〕
◎市長(田口久克君) それでは、議案第16号から議案第28号までの各議案につきましてご説明申し上げます。
 まず、議案第16号 平成23年度稲敷市一般会計予算についてであります。
 本案は、予算の総額を歳入歳出それぞれ186億5,800万円とするもので、前年度と比較いたしますと2億5,100万円、1.4%の増となりますが、社会保障関係経費の増が主な要因となっております。
 歳入の主なものでございますが、市税につきましては、市税全体で48億4,124万7,000円となり、企業収益の回復等を反映して、法人市民税の増収見込みとたばこ税の税率改正の影響による増収見込みが要因となり、前年度に対しまして1.2%増となっております。
 地方交付税につきましては、国の地方財政計画の伸び率等により試算しておりますが、60億2,200万円となり、前年度に対しまして7.2%の増となっております。
 地方譲与税、各種交付金につきましては、地方財政計画に基づき計上しております。
 国庫支出金につきましては、18億5,811万8,000円となり、社会保障関係経費負担金が増大していますが、社会資本整備交付金及び安心・安全な学校づくり交付金の活用完了などにより、前年度に対しまして8.7%の減となっております。
 県支出金につきましては9億4,121万円となり、選挙費委託金、国勢調査委託金の減がありますが、保育所整備事業補助金及び社会保障関係経費負担金等の増により、前年度に対しまして9.6%の増となっております。
 繰入金につきましては、財政調整基金及び新庁舎建設基金などの取り崩しで4億4,250万6,000円を計上しており、前年度に対しまして52.4%の増となっております。
 市債につきましては22億1,590万円となり、臨時財政対策債の減により、前年度に対しまして9.9%の減となっております。合併特例事業債は対象事業の変更がありますが、ほぼ前年度と同額を計上しております。
 次に、歳出でございますが、議会費は2億6,952万1,000円で、議員共済負担金の増額により、前年度に対しまして20.6%の増となっております。
 総務費は22億5,633万9,000円で、庁舎建設事業の事業費の増額、バス路線維持費の路線拡充による増額がありますが、選挙執行経費、国勢調査費、及び職員給与関係経費の減が要因となり、前年度に対しまして2.1%の減となっております。
 主な事業といたしまして、庁舎建設事業で2億8,846万6,000円、バス路線維持費で地域基幹交通の充実を図るため5,873万8,000円を計上しております。まちづくり事業につきましては、事業別に各款ごとに予算計上しておりますが、総務費では、住民参画の事業展開のため、プロジェクトチームの支援費と江戸崎まちなか商店街の活性化支援費などで1,000万円を計上しております。また、継続してスーパープレミアム商品券発行事業、チームいなしき推進事業・経営戦力会議設置事業、総合計画後期基本計画策定業務の経費を計上しており、効率的な行政運営に努めます。
 民生費は、61億423万3,000円で、障害者自立支援給付事業、特別会計繰出金の増額及び保育所整備事業の新規計上などにより、前年度に対しまして7.7%の増となっております。
 保育所整備事業につきましては、老朽化に伴う幸田保育園の改築工事の助成経費であり、子育て支援センターの開設と合わせて子育て支援の充実を図ります。
 扶助費は、障害者福祉費で5億3,632万1,000円、医療福祉費で3億3,620万円、児童福祉費で13億8,632万3,000円、生活保護費では7億3,152万円と、総額30億5,193万7,000円を計上しております。
 衛生費は16億3,463万4,000円で、新規の予防接種を取り入れた予防接種事業の拡充が要因となり、前年度に対しまして7.3%の増となっております。
 主な事業といたしまして、市民の健康維持と救急医療体制、地域医療体制の充実を図るため、予防接種事業に4,208万9,000円、在宅当番医制、病院群輪番制、小児救急輪番制による休日診療事業に4,115万5,000円を計上しております。
 また、母子保健事業と成人保健事業で9,187万7,000円を計上し、健康診査や相談体制の充実による疾病予防と早期発見の両面から市民の健康づくりを支援します。
 農林水産業費は9億9,562万4,000円で、事業ごとの若干の増減はありますが、ほぼ前年度と同額の0.8%の減となっております。
 主な事業といたしまして、水田利活用作物所得補償事業で、水田利活用作物振興事業補助金、転作関連補助金などで1億7,100万8,000円、農産物振興事業で、銘柄化の推進、生産団体への補助金など749万4,000円、土地改良振興事業では、農業生産基盤整備事業費負担金など1億8,431万9,000円を計上しております。
 また、平成19年度から開始されました農地・水・環境保全管理支払事業で3,942万円を計上しており、農業経営の基盤強化や生産基盤の整備を図ります。
 新規事業としましては、耕作放棄地の再生利用等の取り組みを支援するため、耕作放棄地利活用促進事業補助金150万円を計上しております。
 商工費は1億5,247万8,000円で、まちづくりセンター事業による、えどさき笑遊館改修工事の完了が要因となり、前年度に対しまして47.3%の減となっております。
 雇用対策では、県の基金事業を活用して、総額で1,180万円を計上しました。
 土木費は25億2,546万1,000円で、新規に計上しました公共サイン整備事業及び道路新設改良事業の増額でありますが、道路、公園整備のまちづくり事業の減額が要因となり、前年度に対しまして1.3%の減となっております。
 主な事業といたしまして、道路関連では、道路維持費で、単独での維持補修事業2億3,718万5,000円を計上しております。道路新設改良費では、単独での新設改良事業4億1,713万3,000円、まちづくり道路整備事業9,044万9,000円、合併市町村幹線道路緊急整備事業に位置づけられる沼田西町線整備事業1億8,462万円と、全体で6億9,220万2,000円を計上しております。
 まちづくり公園整備事業では、改修事業が最終年度を迎えるリバーサイド公園・和田公園整備事業として2億8,585万円を計上しております。
 また、新規事業といたしまして、地域の一体感の醸成や地域間のスムーズな移動、来訪者への情報提供と歓迎の意をあらわす案内板の設置等の公共サイン整備事業8,990万円を計上しております。
 消防費は9億7,398万5,000円で、稲敷広域事務組合消防費負担金の増が要因となり、前年度に対しまして7.3%の増となっております。
 主な事業といたしまして、消防施設費で、消防自動車の維持・更新経費6,105万7,000円及び消火栓設置、分団機庫建設工事などの消防施設整備事業で3,270万4,000円を計上しております。
 教育費は23億3,671万円で、新利根中学校屋内運動場耐震補強事業の完了が要因となり、前年度に対しまして6.7%の減となっております。
 主な事業といたしまして、新規に学校適正化配置計画の本格的な取り組みとして、新利根地区新設小学校建設事業1億3,938万7,000円を計上しております。また、安心・安全な教育環境の整備を図るため、小学校、中学校、幼稚園の施設維持管理費8,764万円、生涯学習施設の環境整備を図るため、江戸崎公民館改修工事と江戸崎体育館改修工事で2,961万1,000円を計上しております。
 公債費につきましては13億6,993万1,000円で、ほぼ前年度と同額の0.8%の減となっております。内訳は、元金償還費11億413万円、利子償還費2億6,580万1,000円であります。
 諸支出金は908万1,000円で、主に各基金の運用益を積み立てるものであります。
 続きまして、第2表の地方債につきましては、全体で13件の起債の目的ごとに総額22億1,590万円の限度額を設定するものであります。
 以上が、平成23年度稲敷市一般会計予算の概要であります。
 次に、議案第17号 平成23年度稲敷市国民健康保険特別会計予算についてであります。
 本案は、予算の総額を歳入歳出それぞれ55億901万6,000円とするもので、前年度と比較しますと、1,110万9,000円の増額で、前年度対比で0.2%の増となります。
 歳入の主なものとしましては、国民健康保険税13億925万7,000円、国庫支出金14億1,082万3,000円、療養給付費等交付金2億1,462万1,000円、前期高齢者交付金8億5,969万8,000円、県支出金2億6,233万2,000円、共同事業交付金6億8,059万円、繰入金7億4,238万7,000円であります。
 一方、歳出の主なものとしましては、保険給付費36億6,465万2,000円、後期高齢者支援金等6億3,303万円、介護納付金3億4,452万円、共同事業拠出金6億8,059万9,000円であります。
 次に、議案第18号 平成23年度稲敷市、稲敷郡町村及び一部事務組合公平委員会特別会計予算についてであります。
 本案は、予算の総額を歳入歳出それぞれ16万8,000円とするもので、前年度に比較いたしまして10万6,000円、38.7%の減となっております。
 歳入では、構成町村等の負担金及び市繰入金、繰越金で16万6,000円となり、総額の98.8%を占め、歳出では、公平委員会運営費が16万2,000円で、総額の96.4%を占めております。
 次に、議案第19号 平成23年度稲敷市農業集落排水事業特別会計予算についてであります。
 本案は、予算の総額を歳入歳出それぞれ3億8,331万4,000円とするもので、前年度に比較いたしまして7,360万1,000円、16.1%減の予算となります。
 歳入の主なものは、使用料9,058万2,000円、県補助金307万8,000円、及び一般会計繰入金2億8,915万9,000円であります。
 歳出の主なものは、農業集落排水管理費1億5,378万1,000円、公債費2億2,444万1,000円であります。
 次に、議案第20号 平成23年度稲敷市公共下水道事業特別会計予算についてであります。
 本案は、予算の総額を歳入歳出それぞれ18億3,400万9,000円とするもので、前年度に比較いたしまして1億2,178万円、6.2%減の予算となります。
 歳入の主なものは、使用料1億5,109万6,000円、建設事業に係る国庫補助金4億2,500万円と市債4億8,670万円、及び一般会計繰入金7億2,441万7,000円であります。
 歳出の主なものは、下水道管理費2億5,905万5,000円、下水道建設費9億3,445万9,000円、及び公債費6億3,849万4,000円でございます。
 次に、議案第21号 平成23年度稲敷市介護保険特別会計予算についてであります。
 本案は、予算の総額を歳入歳出それぞれ28億6,470万2,000円とするもので、前年度と比較しますと1億8,865万6,000円の増額、7%の増となっております。
 それでは、歳入の主なものについて申し上げます。
 介護保険料4億4,072万4,000円、国庫支出金6億7,172万1,000円、支払基金交付金8億1,086万3,000円、県支出金4億440万5,000円、繰入金5億3,658万4,000円であります。
 歳出の主なものにつきまして、総務費1億2,627万5,000円、保険給付費26億7,927万7,000円、地域支援事業費5,683万5,000円、予備費100万円を計上するものであります。
 次に、議案第22号 平成23年度稲敷市浮島財産区特別会計予算についてであります。
 本案は、予算の総額を歳入歳出それぞれ124万5,000円とするもので、前年度と比較すると1万7,000円減額、1.3%の減となります。
 歳入では、浮島財産区が保有する土地の貸付料、歳出においては財産区の管理に要する経費と基金積立金であります。
 次に、議案第23号 平成23年度稲敷市古渡財産区特別会計予算についてであります。
 本案は、予算の総額を歳入歳出それぞれ354万7,000円とするもので、前年度と比較すると7万円の減額、2.0%の減となります。
 歳入は古渡財産区が保有する土地の貸付料、歳出においては財産区の管理に要する経費と基金積立金でございます。
 次に、議案第24号 平成23年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計予算についてであります。
 本案は、予算の総額を歳入歳出それぞれ1億4,192万1,000円とするもので、前年度と比較いたしますと2,211万円、18.5%の増となっております。
 歳入の主なものは、分担金及び負担金1,995万8,000円、県支出金7,980万円、一般会計繰入金4,216万円であります。
 歳出の主なものは、基幹水利施設管理事業費1億4,142万円、予備費50万円であります。
 次に、議案第25号 平成23年度稲敷市後期高齢者医療特別会計予算についてであります。
 本案は、予算の総額を歳入歳出それぞれ8億1,242万4,000円とするもので、前年度と比較しますと2,198万4,000円の増額で、2.8%の増となります。
 歳入の主なものとしましては、後期高齢者医療保険料2億1,040万9,000円、繰入金5億9,747万7,000円、諸収入445万7,000円であります。
 歳出では、総務費3,539万1,000円、後期高齢者医療広域連合納付金7億6,467万7,000円、保健事業費835万4,000円、諸支出金100万2,000円、予備費300万円であります。
 次に、議案第26号 平成23年度稲敷市水道事業会計予算についてであります。
 本案は、収益的収支予算の収入支出総額をそれぞれ9億6,265万2,000円とするもので、前年度と比較いたしまして2,588万4,000円の減額、率にして2.6%の減とするものであります。
 次に、資本的収支予算ですが、収入総額2,159万6,000円とするもので、前年度と比較いたしまして547万9,000円の増額、率にして34%の増とするものです。
 支出総額につきましては4億5,966万2,000円とするもので、前年度と比較いたしまして4,802万2,000円の増額、率にして11.6%の増となるものであります。
 次に、議案第27号 平成23年度稲敷市工業用水道事業会計予算についてであります。
 本案は、収益的収支予算の収入支出総額をそれぞれ776万1,000円とするもので、前年度と比較いたしまして91万2,000円の減額、率にして10.5%の減とするものであります。
 次に、本年度の資本的支出予算でありますが、支出総額を505万1,000円とし、支出に対して不足額は補てん財源で補うものであります。
 次に、議案第28号 字の区域の変更及び設定についてであります。
 本案は、地方自治法第260条第1項の規定により、本市内の字の区域を変更・設定するものについて議会の議決を求めるものでございます。
 この区域は、茨城県企業局が整備を進めている江戸崎工業団地約43ヘクタールで、稲敷市小羽賀、時崎、羽賀の一部を稲敷市江戸崎みらいとするものです。
 以上、各議案の提案理由についての説明をさせていただきました。ご審議の上、適正なるご決定を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。
○議長(長坂太郎君) 市長の説明が終わりました。
       ──────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 日程第5、選挙第1号 茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員一般選挙を行います。
 本件については、平成23年3月19日に任期満了を迎えることにより、茨城県後期高齢者医療広域連合規約第8条第1項の規定によって、広域連合議会議員1人を選挙するものであります。
 お諮りいたします。
 選挙の方法については、地方自治法第118条第2項の規定により指名推薦にいたしたいと思います。
 これにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(長坂太郎君) ご異議なしと認めます。
 したがって、選挙の方法は指名推薦で行うことに決定いたしました。
 お諮りいたします。
 被選挙人の指名の方法については、議長において指名することにしたいと思います。これにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(長坂太郎君) ご異議なしと認めます。したがって、議長が指名することに決定いたしました。
 茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員として、長坂太郎を指名します。
 お諮りいたします。
 ただいま議長が指名しました長坂太郎を当選人と定めることにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(長坂太郎君) ご異議なしと認めます。したがって、自分が茨城県後期高齢者医療広域連合議会議員に当選しました。
       ──────────────────────────
○議長(長坂太郎君) 以上をもちまして、本日の日程は終了いたしました。
 次の本会議は、明後日3日午前10時に本議場において再開いたします。
 なお、議案質疑の発言通告は、明日2日正午までに議長あて提出願います。
 本日はこれにて散会いたします。ご苦労さまでした。
               午前11時40分散会