議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 稲敷市

平成22年第 1回定例会−03月02日-01号




平成22年第 1回定例会

稲敷市告示第7号

 平成22年第1回稲敷市議会定例会を下記のとおり招集する。

  平成22年2月12日

                      稲敷市長  田 口 久 克


                   記

1.期  日  平成22年3月2日(火)

2.場  所  稲敷市役所東庁舎議会議場



          平成22年第1回稲敷市議会定例会会期日程表
┌────┬──┬────┬────┬────────────────────┐
│ 期 日 │曜日│開議時間│会議種別│      議      事      │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│    │  │    │    │◎開会                 │
│3月2日│ 火 │午前10時│本会議 │                    │
│    │  │    │    │◎市長提案理由の説明          │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│    │  │    │    │議案調査日               │
│3月3日│ 水 │    │休  会│                    │
│    │  │    │    │議案等質疑通告締切(正午)       │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│3月4日│ 木 │午前10時│本会議 │◎一般質問               │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│    │  │    │    │◎一般質問               │
│3月5日│ 金 │午前10時│本会議 │◎発言通告による質疑          │
│    │  │    │    │◎常任委員会議案付託          │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│3月6日│ 土 │    │休  会│                    │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│3月7日│ 日 │    │休  会│                    │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│3月8日│ 月 │午前10時│委員会 │◎常任委員会 審査(総務、教育福祉)   │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│3月9日│ 火 │午前10時│委員会 │◎常任委員会 審査(総務、教育福祉)   │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│3月10日│ 水 │    │休  会│議事整理(市内中学校卒業式)      │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│3月11日│ 木 │午前10時│委員会 │◎常任委員会 審査(市民生活、産業建設) │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│3月12日│ 金 │午前10時│委員会 │◎常任委員会 審査(市民生活、産業建設) │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│3月13日│ 土 │    │休  会│                    │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│3月14日│ 日 │    │休  会│                    │
├────┼──┼────┼────┼─────┬──────────────┤
│    │  │    │    │     │午前:総務常任委員会所管  │
│    │  │    │    │     │   教育福祉常任委員会所管│
│3月15日│ 月 │午前10時│協議会 │全体審査会├──────────────┤
│    │  │    │    │     │午後:市民生活常任委員会所管│
│    │  │    │    │     │   産業建設常任委員会所管│
├────┼──┼────┼────┼─────┴──────────────┤
│3月16日│ 火 │    │休  会│議事整理                │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│3月17日│ 水 │    │休  会│議事整理                │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│    │  │午  前│    │(市内幼稚園卒園式)          │
│    │  ├────┼────┼────────────────────┤
│3月18日│ 木 │    │    │◎委員長報告、質疑、討論、採決     │
│    │  │午後1時│本会議 │                    │
│    │  │    │    │◎閉会                 │
└────┴──┴────┴────┴────────────────────┘



             一 般 質 問 通 告 書
                             平成22年第1回定例会
┌─────┬───────┬─────────────────┬──────┐
│ 質問者 │ 質 問 事 項 │    質  問  要  旨    │ 答 弁 者 │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│根本  保│1.入札業務に│?市内各地区ごとの企業、ランク別の│市長    │
│議   員│ おいては、透│ 割合(A〜D)は、どのようになっ│総務部長  │
│     │ 明性を確保し│ ているか。           │      │
│     │ て地場産業の│?入札参加資格の必須条件とは、どの│      │
│     │ 育成に努める│ ようになっているか。      │      │
│     │ べきではない│?入札審査に関わる情報の開示は、ど│      │
│     │ か     │ のようになっており、どこまで可能│      │
│     │       │ なのか。            │      │
│     │       │?それぞれの地域の工事は可能な限 │      │
│     │       │ り、地域と共にある企業に任せては│      │
│     │       │ どうか。            │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │2.男女平等参│?現業職(係長以下)の男女構成比に│副市長   │
│     │ 画社会をめざ│ ついて             │総務部長  │
│     │ し、女性管理│?管理職における、理想的な男女構成│      │
│     │ 職の積極的な│ 比について           │      │
│     │ 登用を推し進│?女性管理職の数が極端に少ない現状│      │
│     │ める考えはあ│ は、どこに起因しているのか。  │      │
│     │ るか    │                 │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│木内 義延│1.稲敷市の財│?財政の現況について       │市長    │
│議   員│ 政について │?財政の将来予測について     │総務部長  │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │2.市内各施設│委託の状況とその見直しについて  │市長    │
│     │ の解体工事に│                 │総務部長  │
│     │ ついて   │                 │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│平山  寧│1.議員処遇に│?現在、日本は経済情勢の悪化と雇用│市長    │
│議   員│ ついて   │ 不安、失業者の増加で、官民ともに│      │
│     │       │ 苦しい状況にあります。それらを踏│      │
│     │       │ まえ、議員報酬を引き下げるべきと│      │
│     │       │ 私は判断します。6月の定例会に、│      │
│     │       │ 議員報酬改定の条例案を出してほし│      │
│     │       │ いと考えますが、市長にはどのよう│      │
│     │       │ な感想をお持ちか、お尋ねいたしま│      │
│     │       │ す。              │      │
│     │       │??で述べた事情から、議員に対する│      │
│     │       │ 費用弁償も廃止すべきと私は判断し│      │
│     │       │ ますが、市長はどのような感想をお│      │
│     │       │ 持ちか、お尋ねいたします。   │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │2.道路拡張に│ 江戸崎体育館に通じる道路幅が狭 │産業建設部長│
│     │ ついて   │く、バスや車の出入りで危険性が高い│      │
│     │       │と私は認識しています。担当課の認識│      │
│     │       │はいかがか、また道路拡張の計画はあ│      │
│     │       │るか、お尋ねいたします。     │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│高野貴世志│1.経費削減の│?稲敷市の庁舎内の情報通信機器及 │市長    │
│議   員│ ためのITコ│ び、ソフト関連は、年間でどれくら│市長公室長 │
│     │ ーディネータ│ いの経費がかかっているのか。  │      │
│     │ ー導入につい│?契約方法は、どのような方式で行っ│      │
│     │ て     │ ているのか。          │      │
│     │       │?経費削減の努力はしているのか。ま│      │
│     │       │ た、経費削減のために、ITコーデ│      │
│     │       │ ィネーター導入を検討したことがあ│      │
│     │       │ るのか。            │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │2.稲敷市職員│?今現在、何名の稲敷市職員を、県及│市長    │
│     │ の他市への派│ び県の出先機関等に派遣をしている│総務部長  │
│     │ 遣、または人│ のか。             │      │
│     │ 事交流につい│?近隣の市への派遣、または人事交流│      │
│     │ て     │ などの計画はあるのか。     │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│大湖金四郎│1.農家の戸別│ 政府の進める農家への戸別所得補償│産業建設部長│
│議   員│ 所得補償制度│制度が、モデル対策として4月からス│      │
│     │ について  │タート。             │      │
│     │       │ 平成23年度からは本格実施となって│      │
│     │       │いますが、内容も複雑であり、分かり│      │
│     │       │にくい。             │      │
│     │       │ 市としての説明・対応等を伺いた │      │
│     │       │い。               │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │  取り下げ  │                 │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│井戸賀吉男│ 若者の大都市│?農商業を支える人口は高齢化が進 │市長    │
│議   員│への流出が進 │ み、今後の生活経済はますます冷え│      │
│     │み、地域を支え│ 込んでいます。その対策と対応につ│      │
│     │る人口はますま│ いて              │      │
│     │す弱体化してい│?少子、高齢化が進行している現況 │      │
│     │ます。その対応│ を、どうとらえているか。    │      │
│     │と対策について│?地域を支えるのは人であり、その人│      │
│     │       │ を増やす課題は、どこの市町村でも│      │
│     │       │ 悩んでいる。本市としては、どのよ│      │
│     │       │ うな対策と対応をしようと考えてい│      │
│     │       │ るか。             │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│伊藤  均│ 幼保一元化に│?認定こども園えどさき開園後、半年│市長    │
│議   員│ついて    │ 間の経緯と、その中での課題とその│保健福祉部長│
│     │       │ 対応。             │      │
│     │       │?来年度からの本格運用の内容と、取│      │
│     │       │ り組み方針について       │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│根本 光治│ 市職員の昇任│?昨年度まで実施されていた「昇任試│市長    │
│議   員│制度および、職│ 験」が、今年度においては「昇任候│総務部長  │
│     │員の意識改革に│ 補者推薦」というものに変わった │      │
│     │ついて    │ が、どういう内容のものなのか、ま│      │
│     │       │ た2つの違いについて伺いたい。 │      │
│     │       │?市の例規集には「昇任試験に関する│      │
│     │       │ 規程」が記載されているが、今年度│      │
│     │       │ 実施された「昇任候補者推薦」はこ│      │
│     │       │ れに該当しない。規程の整合性をど│      │
│     │       │ う考えるのか。         │      │
│     │       │?当初1月上旬に「昇任試験」とし │      │
│     │       │ て、全職員に対して連絡・周知した│      │
│     │       │ にもかかわらず、8日後には「昇任│      │
│     │       │ 候補者推薦」に変更された理由を伺│      │
│     │       │ いたい。            │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│黒田  正│1.今後の施政│?現在の財政状況をどう認識している│市長    │
│議   員│ 方針について│ のか。             │      │
│     │       │?合併特例事業や助成制度など、各事│      │
│     │       │ 業の施策について        │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │2.副市長の職│ どのような決意のもとに、市政に携│副市長   │
│     │ 務について │わっていくのか、所信を伺いたい。 │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│浅野 信行│1.認知症サポ│?稲敷市の認知症の現況は。    │市長    │
│議   員│ ーター100  │?今後の認知症高齢者の出現率を考え│保健福祉部長│
│     │ 万人キャラバ│ ると、「認知症サポーター100万  │      │
│     │ ンについて │ 人キャラバン」に対する積極的な取│      │
│     │       │ り組みが急務ではないか、ご所見を│      │
│     │       │ 伺いたい。           │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │2.介護支援ボ│ 稲敷市の制度が有名であり、全国的│市長    │
│     │ ランティア制│な広がりを見せている。高齢者が地域│保健福祉部長│
│     │ 度について │で活躍できる環境づくり、元気な高齢│      │
│     │       │者が支え手になる取り組みが必要と考│      │
│     │       │えるが、ご所見を伺いたい。    │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│山本 祐子│1.平和市長会│ 「非核平和茨城県宣言」(H21年12│市長    │
│議   員│ 議への加盟に│月9日)が県議会で決議されました。│      │
│     │ ついて   │県内の加盟は17市村です。当市として│      │
│     │       │も早急に加盟するべきです。市長の見│      │
│     │       │解をお聞かせください。      │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │2.救急安心情│ 急病や事故に備える情報カードは、│市長    │
│     │ 報カードにつ│血液型や緊急連絡先、既往、現病歴な│      │
│     │ いて    │どを事前に記入してもらい、駆けつけ│      │
│     │       │た救急隊員が的確に情報を把握し、速│      │
│     │       │やかに医療機関に搬送し、適切な処置│      │
│     │       │ができるようにするものです。   │      │
│     │       │ 市長の見解をお聞かせください。 │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│山下 恭一│1.高齢者の生│?高齢者が毎日元気に目標を持って活│市長    │
│議   員│ きがいづくり│ 動できるために、行政が今行ってい│保健福祉部長│
│     │ について  │ る対応は。           │      │
│     │       │?健康で自立した高齢者に農作物作り│      │
│     │       │ で、体を動かして元気になっていた│      │
│     │       │ だき、農業を活かした地域振興を図│      │
│     │       │ る考えはないか。        │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │2.雇用支援に│ 現在の大変厳しい雇用情勢の中、高│市長    │
│     │ ついて   │校、短大、大学卒業者に、市として雇│産業建設部長│
│     │       │用確保対策を講ずる考えはないか。 │      │
└─────┴───────┴─────────────────┴──────┘



                平成22年第1回
             稲敷市議会定例会会議録 第1号
       ──────────────────────────
          平成22年3月2日 午前10時00分開会
       ──────────────────────────
1.出席議員  25名
      1番  根 本 光 治 君    2番  伊 藤   均 君
      3番  大 湖 金四郎 君    4番  関 川 初 子 君
      5番  平 山   寧 君    6番  山 下 恭 一 君
      7番  高 野 貴世志 君    8番  浅 野 信 行 君
      9番  柳 町 政 広 君   10番  山 本 祐 子 君
     11番  篠 崎 力 夫 君   12番  木 内 義 延 君
     13番  坂 本   源 君   14番  根 本   保 君
     15番  本 橋 秀 夫 君   16番  堀 口 正 良 君
     17番  長 坂 太 郎 君   18番  根 本 勝 利 君
     19番  河 内 喜 和 君   20番  宮 本 隆 典 君
     21番  井戸賀 吉 男 君   22番  黒 田   正 君
     23番  埜 口 正 雄 君   24番  遠 藤 一 行 君
     25番  池 田 忠 雄 君

1.欠席議員
     26番  山 口 勝 夫 君

1.出席説明員
       市長               田 口 久 克 君
       副市長              坂 本   進 君
       教育長              小 川   孝 君
       市長公室長            川 嶋   修 君
       総務部長             岩 瀬 和 男 君
       市民生活部長           卯 月 好 男 君
       保健福祉部長           大 島   功 君
       産業建設部長           久保木 善 信 君
       教育部長             中 澤 幸 一 君
       水道局長             大 竹 克 己 君
       会計管理者            秋 本   隆 君
       農業委員会事務局長        内 田 和 雄 君
       監査委員事務局長         上 山 成 夫 君
       企画課長             飯 田 光 男 君
       総務課長             沼 崎 忠 夫 君

1.出席事務局職員
       議会事務局長           三ツ井 洋 平
       書記               坂 本 浩 一
       書記               萩 原 隆 行

1.会議録署名議員
      9番  柳 町 政 広 君
     10番  山 本 祐 子 君

1.議事日程
       ──────────────────────────
              議 事 日 程 第 1 号
                         平成22年3月2日(火曜日)
                             午前10時00分開会

日程第1 会議録署名議員の指名について
日程第2 会期の決定について
日程第3 議案第1号 専決処分の承認を求めることについて
(訴えの提起について)
     議案第2号 稲敷市経営戦略会議設置条例の制定について
     議案第3号 稲敷市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について
     議案第4号 稲敷市産業活動の活性化及び雇用機会の創出のための固定資産税の特別措置に関する条例の一部改正等について
     議案第5号 稲敷市医療福祉費支給に関する条例の一部改正について
     議案第6号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第5号)
     議案第7号 平成21年度稲敷市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)
     議案第8号 平成21年度稲敷市老人保健特別会計補正予算(第2号)
     議案第9号 平成21年度稲敷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)
     議案第10号 平成21年度稲敷市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)
     議案第11号 平成21年度稲敷市介護保険特別会計補正予算(第3号)
     議案第12号 平成21年度稲敷市浮島財産区特別会計補正予算(第2号)
     議案第13号 平成21年度稲敷市古渡財産区特別会計補正予算(第1号)
     議案第14号 平成21年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計補正予算(第2号)
     議案第15号 平成21年度稲敷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)
     議案第16号 平成22年度稲敷市一般会計予算
     議案第17号 平成22年度稲敷市国民健康保険特別会計予算
     議案第18号 平成22年度稲敷市老人保健特別会計予算
     議案第19号 平成22年度稲敷市、稲敷郡町村及び一部事務組合公平委員会特別会計予算
     議案第20号 平成22年度稲敷市農業集落排水事業特別会計予算
     議案第21号 平成22年度稲敷市公共下水道事業特別会計予算
     議案第22号 平成22年度稲敷市介護保険特別会計予算
     議案第23号 平成22年度稲敷市浮島財産区特別会計予算
     議案第24号 平成22年度稲敷市古渡財産区特別会計予算
     議案第25号 平成22年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計予算
     議案第26号 平成22年度稲敷市後期高齢者医療特別会計予算
     議案第27号 平成22年度稲敷市水道事業会計予算
     議案第28号 平成22年度稲敷市工業用水道事業会計予算
     議案第29号 動産の買入れについて
     議案第30号 訴えの提起について
     議案第31号 損害賠償額の決定及び和解について
日程第4 陳情第1号 核兵器の廃絶と恒久平和実現に関する意見書の決議について

1.本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名について
 日程第2 会期の決定について
 日程第3 議案第1号
      議案第2号
      議案第3号
      議案第4号
      議案第5号
      議案第6号
      議案第7号
      議案第8号
      議案第9号
      議案第10号
      議案第11号
      議案第12号
      議案第13号
      議案第14号
      議案第15号
      議案第16号
      議案第17号
      議案第18号
      議案第19号
      議案第20号
      議案第21号
      議案第22号
      議案第23号
      議案第24号
      議案第25号
      議案第26号
      議案第27号
      議案第28号
      議案第29号
      議案第30号
      議案第31号
 日程第4 陳情第1号
       ──────────────────────────
               午前10時00分開会
○議長(堀口正良君) 改めまして、おはようございます。
 開会前に申し上げます。
 議案第6号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第5号)の一部に誤りがあったため、市長より訂正の申し出がありました。議案第6号の正誤表をお手元に配付しておきましたので、訂正を願います。
 暦の上では、本日は大安でありますが、暦注では三隣亡で、この日に建築すれば火災を起こし、近隣3軒を滅ぼすという忌日でもあります。ご案内のとおり、地球の裏側チリで発生したマグニチュード8.8の大地震による余波で、我が国にも津波警報が発せられ、太平洋沿岸を震撼させました。がしかし、幸いにも最小限の被害でとどまり、安堵したものでありますが、それは1960年の同じチリ大地震にての津波の大災害での教訓が生かされ、警報の徹底、防波堤の構築等により未然に防がれていたのも看過できない要因でもあったわけであります。
 以上のことをかんがみれば、我が市の新庁舎の位置づけ、その意義は、行政の中枢のみならず、危機管理の司令塔、コマンドポストとしての役割は、備えあれば憂いなしの格言のごとく、市民の安心・安全を担保するための存在でなければならない側面をも兼ね備えていなければなりません。執行部におかれましては、平成22年度当初予算定例会をして果断に取り組み、また慎重を期して運営されますよう希求いたします。
 ただいまから平成22年第1回稲敷市議会定例会を開会いたします。
 ただいまの出席議員は25名であります。欠席議員は、26番山口勝夫議員の1名で、地方自治法第113条の規定により定足数に達しておりますので、会議は成立いたします。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりでございます。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、
        9番  柳 町 政 広 君
       10番  山 本 祐 子 君
をそれぞれ指名いたします。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。
 お諮りする前に、過日議会運営委員会を開いておりますので、委員長から会期等について委員会の結果を報告願います。
 議会運営委員長長坂太郎君。
            〔議会運営委員長長坂太郎君登壇〕
◎議会運営委員長(長坂太郎君) ただいま議長より指名を受けましたので、議会運営委員会で決定しました会期日程等についてご報告いたします。
 去る2月22日に開催しました会議には、委員7名が出席し、稲敷市議会委員会条例第16条の規定により会議は成立いたしました。
 付託されました平成22年第1回稲敷市議会定例会の議会運営についてを議題とし、執行部より田口市長、岩瀬総務部長、沼崎総務課長に出席をいただき、協議をいたしました。
 それでは、お手元に配付されております資料に基づき、ご説明いたします。
 本定例会の会期日程は、本日2日から18日までの17日間であります。
 まず、本日2日は、議案第1号から議案第31号まで31案件を一括上程し、市長が提案理由の説明を行います。次に、陳情第1号 核兵器の廃絶と恒久平和実現に関する意見書の決議を求める陳情案件について上程し、所管の委員会へ付託を行う予定であります。この陳情につきましては、当議会において核兵器廃絶平和都市宣言を採択していることにかんがみ、今期定例会で審議すべきものと決定したところであります。
 3日は、議案調査のため休会とし、4日午前10時本会議を再開いたします。
 4日、5日は、市政一般に関する通告質問を行います。今回の一般質問通告者は12名であります。なお、4日は6名の議員が一般質問を行います。5日は、初めに一般質問を6名の議員が行います。次に、議案第1号から議案第31号までに対する発言通告による質疑を行います。質疑終了後、議案第1号から議案第31号までを各所管の常任委員会へ付託を行う予定であります。
 8日から12日までは、各常任委員会を開催し、付託された案件の審査を行います。
 なお、10日は、市立中学校卒業式のため休会とする予定であります。
 15日は、全体審査会を開催し、午前中は総務、教育福祉常任委員会、午後は市民生活、産業建設常任委員会の所管の当初予算に対する審査を行う予定であります。
 16日、17日は、議事整理のため休会とし、18日、本定例会の最終日でありますが、午後1時に開会し、委員会に付託されました議案の審査結果を報告し、質疑、討論を行い、採決となります。
 なお、追加議案等がある場合は、随時審査を行ってまいります。
 以上のとおりでありますので、議会運営委員会で決まりました事項等に対しましては、ぜひとも議員の皆様方にご賛同をいただきたくお願い申し上げまして、報告といたします。
○議長(堀口正良君) 議会運営委員長の報告が終わりました。
 お諮りいたします。
 本定例会の会期は、ただいま委員長から報告のあったとおり、本日から18日までの17日間にいたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) ご異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は本日2日から18日までの17日間と決しました。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) 日程第3、議案第1号から議案第31号までの31案件を一括して議題といたします。
 市長より説明を求めます。
 市長田口久克君。
               〔市長田口久克君登壇〕
◎市長(田口久克君) 平成22年稲敷市議会第1回定例会において、平成22年度一般会計予算案を初め、各特別会計予算案、並びに諸案件を提案し、ご審議をお願いするに当たり、市政運営に取り組む所信の一端と施策の大綱をご説明申し上げ、市民の皆様、並びに議員各位のご理解とご協力を心よりお願い申し上げたいと存じます。
 日本経済は、100年に一度と言われた世界的な経済危機から徐々に立ち直りつつあるものの、高い失業率や下落傾向にある物価水準、そして円高や財政悪化に伴う長期金利の上昇など、依然として厳しい情勢にあります。
 しかし、このような中、稲敷市は、首都圏中央連絡自動車道全線開通に向けて高速道路の整備が着々と進められており、今後の企業誘致など、経済波及効果ははかり知れないものがあり、景気浮揚の起爆剤として期待が高まっております。企業誘致や雇用の確保、農産物の消費拡大など、新たな可能性をいかに引き寄せ、稲敷市に好循環の輪をつくるか、大きなチャンスの時を迎えております。
 また、新たに新政権が最重要施策として掲げた地域主権の確立に向けた動きがことしから本格化し、夏には、その基本指針となる地域主権戦略大綱が策定される見込みであり、その行方を全国の地方自治体が注目しております。
 私は、あるべき姿とは何か、そのためには何をすべきかを自分に問い、平成22年度を、稲敷市民の幸せづくりを進めるスタートの年にしたいと考えております。
 さて、稲敷市を取り巻くさまざまな社会経済情勢を踏まえ編成した、平成22年度予算の概要についてご説明申し上げます。
 厳しい経済情勢のもと、平成22年度の地方財政見通しとしては、地方交付税の原資となる国税収入などの収入が落ち込む一方、社会保障関係経費の増加や公債費が高い水準で推移することなどにより、財源不足が大幅に拡大されてきております。
 このため、安定的な財政運営に必要な地方税や地方交付税などの一般財源の総額確保を基本に、臨時財政対策債の活用を考えているところでございます。
 本市の財政状況は、合併後懸案であった新庁舎建設事業や学校の適正配置事業の事業化により、今後公債費の上昇が懸念され、さらに子ども手当や生活保護費等の扶助費が増加傾向にある一方、将来的には、江戸崎地方衛生土木組合の焼却炉建てかえによる相当額の支出が予想されるなど、厳しい状況が見込まれます。
 平成22年度の予算編成に当たっては、こうした状況を踏まえ、経常経費の削減により政策経費の確保に努めるべく、一般行政経費は、マイナスシーリング方式の予算手法を採用し削減いたしました。政策経費では、新たに新規政策事業の予算枠を確保した予算編成手法を導入し、所信表明や政策公約の実現に向けた新規事業や事業の拡充を対象に、市民の視点に立った事業や地域の課題解決を図る事業などを厳選し、真に必要な事業に重点的に配分することを基本として予算編成を行いました。
 以上に基づき予算を調製した結果、平成22年度当初予算の規模は、一般会計が、前年度予算対比3.4%増の184億700万円、国民健康保険特別会計など特別会計10件及び公営企業会計の予算総額を合わせると、前年度対比1%増の313億2,779万2,000円の予算規模となりました。
 次に、平成22年度市政運営の基本方針でございますが、三つの柱を基本に進めてまいりたいと考えております。三つの柱とは、産業の振興、定住促進、そして地域の自立であります。
 地方分権をめぐる進展や厳しい財政状況により、これからの基礎自治体は、自立的な経営体としてみずから成長戦略をしっかりと定める必要があります。そのため、自然資源や歴史的、文化的遺産、地理的優位性等、持てる資源のすべてを駆使して、地域の人材による地域のための産業おこしの強化が必要であると考えております。
 産業の振興は、雇用の場や税収減を地域内で確保し、地域活力を生み出す源であります。産業の振興を核として、福祉の充実など市民生活サポート体制の充実や、安心して暮らせる生活環境と社会資本の整備を進め、定住促進を図ってまいりたいと考えております。
 また、新政権は、地域主権国家を掲げ、地方分権から地域主権へと、地方の権限の改革に取り組んでいることから、地域がみずから考え、主体的に行動し、その行動と選択に責任を負えるよう、地域の自立を目指したいと考えております。このため、人材育成や個人の力を組織力に変えていく仕組みづくりに取り組んでまいります。
 私は、この三つの柱を基本に、平成22年度の市政のかじ取りをしてまいります。
 まず、産業の振興について申し上げます。
 産業は、雇用と、定住と、活力を生み出す原動力であり、この厳しい経済情勢の中にあって、最も力を注いでいかなければならない分野の一つであります。躍動の場を持つ人材や稲敷市に潜在する資源を地域活力へと変換させる仕組みと連携を確かなものにしていくこと、それが稲敷市の産業振興にとって大きな推進力になると考えております。
 初めに、農業についてでございますが、昨年の政権交代により、国では、これまで担い手に特化した所得補償から、原則全農家を対象とする所得補償に制度を変え、平成22年度には米の戸別所得補償制度に関するモデル対策を実施することにしております。
 稲敷市における新たな米政策への対応は、地域経済の発展を図っていく上で大変重要であります。今後も、認定農業者や農業生産法人が地域農業の中核を担っていく姿を目指し、新制度のメリットを最大限に引き出すためにも、生産効率の改善に対する支援と、米を初めとする農産物の販売促進に向け、市内関係団体と連携しながら取り組んでまいりたいと考えております。
 稲敷市では、新たな農業関連ビジネスを創出するため、農業生産者や関連団体、食品製造業者等による「チームいなしき推進協議会」を立ち上げ、東京市場などでの需要に対し稲敷市の豊富な食材を提供し、多様な販路や流通体制の整備を図ってまいりたいと考えております。
 さらには、広域観光への取り組みを進めるとともに、大都市圏での観光物産の開催など、稲敷市の観光と物産を積極的にPRしてまいりたいと考えております。
 次に、商業についてでございますが、経済状況の悪化により、中小企業者の資金繰りが大変厳しくなっていることから、22年度も引き続き中小企業者の皆様の円滑な資金繰りに迅速に対応できるよう、融資に関する情報提供の充実や体制強化に取り組んでまいります。
 一方、このように地域経済が低迷する中、若手商店主の皆様が中心となって、商店街の活性化を考える会議を立ち上げ、新たなイベントが開催されるなど、自発的な取り組みが出てきております。こうした活動を支援するとともに、各種支援事業のさらなる充実に努め、商店街のにぎわいづくりを図ってまいります。
 市政運営の二つ目の柱は、定住促進であります。
 産業の振興を核として、雇用や医療、教育、福祉など、次世代を担う子供たちや若者たちが希望を持って暮らしていけるまちづくりが重要なテーマであります。
 まず、教育の充実についてでございます。
 学校教育におきましては、たくましい体、豊かな心、すぐれた知性を備え、社会の変化に主体的に対応できる、心身ともに調和のとれた児童生徒の育成に努めてまいります。
 自立のための支援を基本理念に、幼稚園においては、小学校との交流を図りながら、生活習慣や望ましい人間関係の基礎をはぐくんでまいります。小学校におきましては、学力の向上を最優先に掲げ、学校と家庭での学習を着実に結びつける習熟度別学習により、個々に応じた学習が取り入れられるよう関係機関と協議いたしたいと考えております。
 また、将来の方向性として、義務教育を9年間のスパンとしてとらえ、一貫した教育を行っていくことが重要であることから、新利根地区新設小学校の建設に当たりましては、市の教育ビジョンを明確にし、保護者の皆様や学校関係者の皆様と十分協議をさせていただきながら事業を進めてまいりたいと考えております。
 次に、子育て支援などの福祉の充実であります。
 現在実施しております乳幼児等の医療費無料化は、県の制度に準じ、小学校入学前までを対象として実施しているものであります。新年度におきましては、これを中学校3年生まで拡大し、実施してまいります。この拡大は、県下の市町村に先駆けて取り組むものでありますが、現行の少子化対策としてだけでなく、100年に一度と言われる経済不況だからこそ、子育て世代の負担を少しでも軽減することが行政に求められるという考えから実施するものであります。
 また、仕事と子育ての両立支援、放課後児童等の健全育成対策として、放課後児童クラブや放課後子ども教室との連携を図り、地域社会の中で子供たちに安全な居場所を提供し、健やかに成長できるよう取り組んでまいります。
 次に、雇用の確保についてでございます。
 雇用の不安は生活不安に直結することから、緊急雇用創出事業に加え、ふるさと雇用再生特別基金事業を活用し、求職者スキルアップ就労支援事業に取り組むものであります。
 また、地元に新たな雇用の場を確保するため、来年度より、オーダーメード型の分譲を予定している江戸崎工業団地は、筑波研究学園都市と成田国際空港の中間に位置している点と、つくば−成田間の平成24年度の首都圏中央連絡自動車道路供用開始を見据え、その地理的優位性と利便性を強くアピールし、優良企業の誘致活動を積極的に展開いたします。
 三つ目の柱は、地域の自立であります。
 地域の自立は、そこに住む人々が支え合い、助け合いながら主体的に地域づくりにかかわり、一丸となって課題解決や共通の目標達成に取り組む連携から生み出されるものと考えております。
 地域の知恵と力を持ち寄り、目標を設定し、心を一つに束ね、みずからの意思と力で立っていく地域の自立を推進していくためには、人材育成と個人の力を組織力に変えていく仕組みづくりが必要であると考えます。地域の人材や地域内ネットワークを構築し、地域の潜在能力を発揮できるステージをつくり、その潜在力を開花させる取り組みを協働のまちづくりの中で進めてまいります。
 なお、今年度より実施しております市政報告会をより充実させることを目的に、引き続き来年度からも、市民の皆様の意見、提言を幅広く市政に反映させ、市民の皆様と直接意見交換を行う「ふれあい座談会」を実施いたします。
 また、市職員については、社会経済情勢や市民ニーズを的確にとらえ、いかに政策に結びつけていくかという気づき、そして行動に移していく実践力を持った人材育成が必要と考えております。これまでの職場内研修に加え、職員提案制度の導入を検討して、人づくりを進めてまいりたいと考えております。
 次に、協働のまちづくりについて申し上げます。
 私たちは、先人が守り育ててきた歴史や文化、地域特性を受け継ぎ、そして次代に引き継ぐ役割を担っております。地域のことは地域で話し合い、責任を持ち実践するという地域内分権の基本的な考えに基づき、地域住民の皆様が主体となって、その力を存分に発揮していただくステージになるのではないかと考えております。
 昨年9月定例議会において凍結されていた新庁舎建設について、これまでの経緯、アンケート結果を踏まえ、市民サービス向上を基軸とした市民共有型の新庁舎建設を進めるべきと判断させていただきました。
 新庁舎などの施設は、市民の皆様と共有すべき市民みんなの財産であり、市民サービスの質的な向上を図るためには、新庁舎建設に合わせて、旧4庁舎の利活用も含め、一人でも多くの市民の皆様と計画づくりを共有する仕組みをつくって進めてまいりたいと考えております。
 この市民共有型の新庁舎建設の中で、市民の皆様と計画づくりを共有する、に当たるものが庁舎建設100人市民会議であり、市民の皆様、行政、専門家のコラボレーションによる共同作業で計画を推進してまいりたいと考えております。
 稲敷の主要施策に掲げる協働が目指すまちの姿は、自治の実現であります。そのためには、市役所だけでなく、議会や市民、各種団体の皆さんがそれぞれ力を存分に発揮して、住みよいまちをつくっていくことが重要であります。
 以上、平成22年度市政運営に当たって、地域の中で生きる糧をしっかり得られる産業振興、安心して市民生活を送るための定住促進、そして地域がみずから考え主体的に行動する地域の自立、の三つの基本的な考えについて申し上げました。
 この激動の時代にあって、常にその動向を見据え、市民の皆様、議員の皆様とともにこの難局を乗り越えてまいりたいと存じます。ご理解とご協力をお願い申し上げ、施政方針とさせていただきます。
 それでは、本日提出いたしております議案のご審議をお願いするに当たりまして、各議案の提案理由を説明申し上げます。
 今期定例会に提案を予定しております議案でございますが、専決処分の承認1件、条例の制定案件1件、条例の改正案件3件、各会計補正予算案件10件、平成22年度各会計予算案件13件、動産の買い入れ案件1件、訴えの提起案件1件、損害賠償額の決定及び和解案件1件の31案件でございます。
 それでは、議案第1号から議案第15号までの各議案についてご説明申し上げます。
 初めに、議案第1号 専決処分の承認を求めることについてでございます。
 本案は、平成21年7月28日水戸地方裁判所龍ケ崎支部に提訴した事件において、差し押さえた訴外滞納者の有する支払い請求権が、事前に交わされた和解により取り立てが認められず、その後の和解金の差し押さえによる支払いにも応じないため、早急に取り立てる必要が生じたため、地方自治法第179条第1項の規定により専決処分としたものであります。
 次に、議案第2号 稲敷市経営戦略会議設置条例の制定についてでございます。
 本案は、本市の厳しい財政状況改善のため、市の経営基盤の強化と地域経済産業の活性を目標として、中長期的な経済戦略を提言いただくため経営戦略会議を設置するものでございます。委員には、学識経験を有する者、企業経営者、市民の代表者及びそのほか市長が適当と認める者の委員5名以内で構成され、地域経済活性化のための具体的アクションプランをご提言いただき、今後の地域活性化施策に反映させてまいりたいと考えております。
 次に、議案第3号 稲敷市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてでございます。
 本案は、平成22年4月1日から施行予定の稲敷市経営戦略会議設置に伴い、その委員の報酬及び費用弁償を制定するものでございます。委員の報酬及び費用弁償は、勤務のあった月のみ支給し、報酬額は月額2万円、費用弁償額は2,200円とするものであります。
 次に、議案第4号 稲敷市産業活動の活性化及び雇用機会の創出のための固定資産税の特別措置に関する条例の一部改正等についてでございます。
 本案は、租税特別措置法に基づき、農村地域工業等導入促進法第10条に規定する、設備を新設及び増設した者に課する固定資産税の課税免除の適用期限が平成21年10月31日で失効したため、稲敷市固定資産税の課税免除に関する条例を廃止し、稲敷市産業活動の活性化及び雇用機会の創出のための固定資産税の特別措置に関する条例にこの要件を加え、引き続き固定資産税の課税免除を行うものでございます。
 次に、議案第5号 稲敷市医療福祉費支給に関する条例の一部改正についてでございます。
 本案は、少子化、子育て支援対策の一環として、市独自で助成対象者の拡充を図るものであり、現在出生から就学前までの乳幼児を対象としているものを、中学3年生まで対象とするために改正するものであります。
 あわせて、身体障害者福祉法施行令及び茨城県医療福祉対策要綱の改正に伴い、引用条項の改正をするものであります。
 次に、議案第6号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第5号)についてでございます。
 本案は、既定の予算額から2億3,863万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を191億6,324万6,000円とするものであります。
 最初に、歳出補正についてですが、土木費は、国の第2次補正予算において創設された地域活性化・きめ細かな臨時交付金を活用して行う道路補修事業費2億4,150万円を新規に計上したことにより、既定の予算額を増額することとしております。
 また、諸支出金については、新庁舎建設基金への積立金を計上したことなどにより、5億2,349万5,000円を増額しております。
 そのほかの款につきましては、各事業の決算を見込んで補正するもので、既定の予算を減額するものが多くなっております。
 次に、歳入についてですが、増額補正するものとしましては、国庫支出金2億2,766万1,000円、繰越金3億6,927万円となっております。
 国庫支出金の主なものは、地域活性化・きめ細かな臨時交付金2億896万7,000円となっております。
 一方、減額補正の大きなものとしては、市税1億5,330万8,000円、繰入金2億5,188万2,000円、地方債3億3,470万円となっております。
 継続費の補正は、新庁舎建設基本実施設計業務の委託について、実施期間を1年間延長することに伴うもので、年度及び年割額を第2表のとおり変更するものであります。
 繰越明許費は、第3表のとおりでありますが、17の事業で総額12億727万9,000円を翌年度へ繰り越すことができるもので、国の補正予算に伴って実施することにした地域活性化・経済危機対策臨時交付金、公共投資臨時交付金、きめ細かな臨時交付金を活用して行う事業が大半を占めております。
 なお、繰越明許につきましては、本日正誤表をお配りさせていただきましたが、第3表を正誤表のとおり訂正させていただきます。よろしくお願いいたします。
 債務負担行為費は、第4表のとおりで、茨城医療センター救急・重症患者管理用機器整備費補助金について廃止するものであります。
 地方債の補正は、起債対象事業の決算見込みを踏まえ、地方債の発行限度額を第5表のとおり変更するものでございます。
 次に、議案第7号 平成21年度稲敷市国民健康保険特別会計補正予算(第4号)についてでございます。
 本案は、既定の予算額から歳入歳出それぞれ625万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を56億9,662万7,000円とするものであります。
 歳出の主なものにつきましては、保険給付費811万1,000円、保健事業費250万円を増額し、共同事業拠出金1,722万2,000円を減額しております。
 歳入につきましては、療養給付費交付金1,248万2,000円、繰入金1,764万1,000円及び繰越金377万4,000円を増額計上し、国庫支出金1,986万5,000円、共同事業交付金1,948万8,000円減額しております。
 次に、議案第8号 平成21年度稲敷市老人保健特別会計補正予算(第2号)についてでございます。
 本案は、既定の予算額から歳入歳出それぞれ1,593万2,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を5,052万4,000円とするものであります。
 歳出の主なものにつきましては、医療諸費2,500万円を減額し、一般会計繰出金906万8,000円を増額しております。
 歳入の主なものにつきましては、減額するものとしては、支払基金交付金1,439万8,000円、国庫支出金706万8,000円、県支出金176万7,000円、一般会計繰入金176万7,000円であります。増額するものとしては、諸収入906万8,000円であります。
 次に、議案第9号 平成21年度稲敷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第3号)についてでございます。
 本案は、既定の予算額から歳入歳出それぞれ2,725万円を減額し、歳入歳出予算の総額を4億8,535万7,000円とするものでございます。
 歳入の主なものにつきましては、建設事業費の確定から国庫支出金151万5,000円、市債150万円をそれぞれ減額し、農業集落排水事業全体の決算見込みにより一般会計からの繰入金を2,418万3,000円減額するものでございます。
 歳出の主なものにつきましては、各処理施設に要する維持管理経費の決算見込みなどにより農業集落排水管理費を2,067万1,000円減額、処理場改良事業費の確定により農業集落排水建設費を821万9,000円減額するものでございます。また、公的資金補償金免除繰上償還に伴い発行した借換債に係る元利償還金が確定したことにより、公債費を164万円増額するものでございます。
 次に、議案第10号 平成21年度稲敷市公共下水道事業特別会計補正予算(第3号)についてでございます。
 本案は、既定の予算額から歳入歳出それぞれ4,018万6,000円を減額し、歳入歳出予算の総額を21億6,613万6,000円とするものでございます。
 歳入の主なものにつきましては、分担金及び負担金を一括納付等の増加見込みから1,255万4,000円増額するとともに、公共下水道事業全体の決算見込みにより一般会計からの繰入金を5,143万3,000円減額するものでございます。
 歳出の主なものにつきましては、各処理施設に要する維持管理経費の決算見込みなどにより下水道管理費を3,363万3,000円減額、建設事業費の執行見込みにより下水道建設費を483万3,000円減額するものでございます。また、企業債に係る元利償還金が確定したことにより、公債費を172万円減額するものでございます。
 次に、議案第11号 平成21年度稲敷市介護保険特別会計補正予算(第3号)についてでございます。
 既定の予算額に389万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を25億2,199万3,000円とするものであります。
 歳入の主なものとしては、介護保険料1,873万8,000円、支払基金交付金891万4,000円を減額し、繰入金148万円、繰越金2,881万5,000円、諸収入155万2,000円を増額するものであります。
 歳出の主なものにつきましては、介護認定審査費の減などにより総務費585万6,000円、包括的支援事業費等の減により地域支援事業費1,072万2,000円、介護給付費準備基金費の減により基金積立金657万1,000円をそれぞれ減額し、介護サービス諸費の増等により保険給付費2,694万8,000円を増額するものであります。
 次に、議案第12号 平成21年度稲敷市浮島財産区特別会計補正予算(第2号)についてでございます。
 歳入歳出予算の総額にそれぞれ20万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を160万6,000円とするもので、基金積立金として補正させていただくものであります。
 次に、議案第13号 平成21年度稲敷市古渡財産区特別会計補正予算(第1号)についてでございます。
 歳入歳出予算の総額にそれぞれ6万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を376万4,000円とするもので、基金積立金として補正させていただくものであります。
 次に、議案第14号 平成21年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計補正予算(第2号)についてでございます。
 平成21年度基幹水利施設管理事業費の確定により、歳入においては地元負担金、河内町負担金、国、県補助金、一般会計繰入金を、歳出においては管理業務委託費を、既定の予算額からそれぞれ277万円減額し、歳入歳出予算の総額を1億1,517万1,000円とするものでございます。
 次に、議案第15号 平成21年度稲敷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第3号)についてでございます。
 既定の予算額から歳入歳出それぞれ5,106万7,000円を減額し、歳入歳出予算の総額7億5,836万円とするものであります。
 歳出の主なものにつきましては、総務費で528万7,000円を減額し、後期高齢者医療広域連合納付金についても4,578万円を減額するものであります。
 歳入の主なものは、減額するものとしては、後期高齢者医療保険料5,656万円であります。増額するものとしては、一般会計繰入金505万3,000円であります。
 以上、議案第1号から議案第15号までのご提案申し上げました各議案の概要でございます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
○議長(堀口正良君) ここで休憩いたします。
               午前10時53分休憩
         ──────────────────────
               午前11時15分開議
○議長(堀口正良君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 市長より提案理由の説明を求めます。
 市長田口久克君。
               〔市長田口久克君登壇〕
◎市長(田口久克君) それでは、議案第16号から議案第31号までの各議案につきましてご説明申し上げます。
 まず、議案第16号 平成22年度稲敷市一般会計予算についてでございます。
 本案は、歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ184億700万円とするもので、前年度と比較いたしますと、6億300万円、3.4%の増となりますが、子ども手当の支給による扶助費の増が主な要因となっております。
 歳入の主なものでございますが、市税につきましては、市税全体で47億8,337万4,000円となり、景気の低迷による個人所得の減少や企業収益の急激な悪化等の影響による個人・法人市民税の減収見込みが要因となり、前年度に対しまして7.6%減となっております。
 地方交付税につきましては、国の地方財政計画の伸び率により試算しておりますが、56億2,000万円となり、前年度に対しまして14.2%の増となっております。
 地方譲与税、各種交付金につきましては、地方財政計画に基づき計上しております。
 国庫支出金につきましては、20億3,571万5,000円となり、子ども手当の創設により国庫負担金の増と、まちづくり交付金事業の増大及び安心・安全な学校づくり交付金の活用などにより、前年度に対しまして85.9%の増となっております。
 県支出金につきましては、8億5,882万9,000円となり、国庫支出金と同様に子ども手当の創設による県負担金の増がありますが、合併支援措置である合併特例交付金が終了することにより、前年度に対しまして8.4%の減となっております。
 繰入金につきましては、財源不足を補うため、財政調整基金などの取り崩しで2億9,044万5,000円を計上しており、前年度に対しまして71.7%の減となっております。
 市債につきましては、24億6,000万円となり、合併特例事業の推進計画により合併特例事業債が減額になりますが、臨時財政対策債の増により、前年度に対しまして10.9%の増となっております。
 次に、歳出でございますが、議会費は2億2,357万1,000円で、議員報酬関係経費及び筆耕翻訳料などの減により、前年度に対しまして3.4%の減となっております。
 総務費は、23億484万9,000円で、庁舎建設事業における土地購入費及び行政情報ネットワーク事業の減が要因となり、前年度に対しまして2.4%の減となっております。
 主な事業といたしまして、庁舎建設事業費で基本実施設計委託費、市民会議経費などで1億1,716万3,000円を計上しており、まちづくり交付金事業につきましては、事業別に各款ごとに予算計上しておりますが、総務費の中では、住民参画の事業展開のため、プロジェクトチームの支援費と江戸崎まちなか商店街の活性化支援費としまして1,900万円を計上しております。
 また、新規事業といたしまして、広報紙ポスティング業務、チームいなしき推進事業、経営戦略会議設置事業、総合計画後期基本計画策定業務の経費を計上しており、効率的な行政運営に努めます。
 民生費は、56億6,589万8,000円で、子ども手当の支給が主な増額要因となり、前年度に対しまして21.5%の増となっております。さらに、医療助成制度の対象を中学3年生まで拡大するための政策経費を計上させていただいております。
 医療費の拡充につきましては、現在の小学校入学前から中学3年生までに対象年齢を拡大して平成22年7月から実施する予定で、市単独助成福祉医療費4,200万円を新規に計上しており、子育て支援の充実を図ります。
 扶助費経費は、障害者福祉費で4億3,379万3,000円、医療福祉費で3億4,620万円、児童福祉費で13億6,225万2,000円、生活保護費では6億3,678万円と、総額28億3,869万5,000円を計上しております。
 衛生費は、15億2,395万9,000円で、水道事業会計への運営費補助金が本新機場解体工事の完了などにより減額となったことが要因となり、前年度に対しまして1.4%の減となっております。
 主な事業といたしまして、救急医療体制、地域医療体制の充実を図るため、在宅当番医制、病院群輪番制、小児救急輪番制による休日診療事業に998万7,000円、予防接種事業に4,208万9,000円を計上しております。
 また、母子保健事業と成人保健事業で9,442万円を計上し、健康診査や相談体制の充実による疾病予防と早期発見の両面から、市民の健康づくりを支援します。
 不法投棄対策としましては、監視カメラの設置費やパトロールの委託費として1,395万9,000円を計上しております。
 農林水産業費は、10億414万9,000円で、農道整備事業、農村振興総合整備事業の事業費の減が要因となり、前年度に対して11.6%の減となっております。
 主な事業といたしまして、水田利活用自給力向上事業で、水田利活用作物振興事業補助金、転作関連補助金などで1億8,049万1,000円、農産物振興事業で、銘柄化の推進、生産団体への補助金など769万円、土地改良振興事業では、農業生産基盤整備事業費負担金など1億8,801万9,000円を計上しております。
 また、平成19年度から開始されました農地・水・環境保全向上対策事業で3,392万4,000円を計上しており、農業経営の基盤強化や生産基盤の整備を図ります。
 新規事業としましては、耕作放棄地の再生利用等の推進を図るため、耕作放棄地対策事業で150万円を計上しました。
 商工費は、2億8,944万6,000円で、まちづくり交付金事業による、えどさき笑遊館改修工事及び消費者の生活支援と地域経済の活性化を図るためのスーパープレミアム商品券発行事業の新規計上が要因となり、前年度に対しまして107.9%の増となっております。
 雇用対策事業としては、県の基金事業を活用して、総額で2,271万2,000円を計上しました。
 土木費は、25億5,842万9,000円で、まちづくり交付金事業の道路・公園整備事業の増大が要因となり、前年度に対しまして7.6%の増となっております。
 主な事業といたしまして、道路関連では、道路維持費で、単独での維持補修事業2億3,543万8,000円、まちづくり交付金道路改良事業1億4,000万円と、合計で3億7,543万8,000円を計上しております。
 道路新設改良費では、単独での新設改良事業2億4,731万1,000円、まちづくり交付金道路整備事業1億8,543万7,000円、合併市町村幹線道路緊急整備事業に位置づけられる沼田西町線整備事業といたしまして1億1,907万3,000円と、全体で5億5,182万1,000円を計上しております。
 まちづくり交付金公園整備事業では、改修事業が本格化するため、リバーサイド公園・和田公園整備事業として3億9,467万6,000円を計上しております。
 また、新規事業といたしまして、市営住宅の環境整備を図るため、阿波住宅の下水道接続工事とテレビデジタル化工事費2,828万円を計上しております。
 消防費は、9億740万5,000円で、稲敷広域事務組合消防費負担金の桜東分署特別負担金の減が要因となり、前年度に対しまして2.2%の減となっております。
 主な事業といたしまして、消防施設費で、消防自動車の維持・更新経費4,933万5,000円及び消火栓設置、分団機庫建設工事などの消防施設整備事業で2,862万4,000円を計上しております。
 教育費は、25億529万4,000円で、江戸崎地区幼保一元化施設整備事業の完了が要因となり、前年度に対しまして13%の減となっております。
 主な事業といたしまして、新規に、学校適正化配置計画の具体的な取り組みとして、新利根地区新設小学校基本設計委託費3,301万2,000円、安心・安全な教育環境の整備を図るため、新利根中学校屋内運動場耐震補強事業2億7,533万円を計上しております。
 また、児童生徒の通学支援対策と校外活動の支援を図るため、教育公用バス・スクールバス購入費1,217万円、生涯学習施設の環境整備を図るため、江戸崎総合運動公園テニスコート改修工事と桜川運動公園野球場改修工事で1,662万1,000円を計上しております。
 公債費につきましては、13億8,067万5,000円で、公的補償金免除繰上償還の終了が要因となり、前年度に対しまして6.7%の減となっております。内訳は、元金償還費11億2,479万9,000円、利子償還費2億5,587万6,000円であります。
 諸支出金は、1,332万2,000円で、主に各基金の運用益を積み立てるものであります。
 続きまして、第2表の継続費でありますが、総合計画後期基本計画策定業務委託につきまして、平成22年度から23年度までの2カ年の継続費を設定するものであります。
 第3表の地方債につきましては、全体で13件の起債の目的ごとに総額24億6,000万円の限度額を設定するものであります。
 次に、議案第17号 平成22年度稲敷市国民健康保険特別会計予算についてでございます。
 平成22年度稲敷市国民健康保険特別会計予算につきましては、歳入歳出の予算の総額は歳入歳出それぞれ54億9,790万7,000円とするもので、前年度の当初予算額と比較いたしますと、4,800万4,000円、0.9%の減であります。
 歳入の主なものは、国民健康保険税14億801万2,000円、国庫支出金13億5,211万8,000円、療養給付費交付金2億1,959万6,000円、前期高齢者交付金8億1,677万8,000円、県支出金2億7,236万円、共同事業交付金6億8,698万9,000円、歳入全体の構成比は86.5%となっております。
 歳出の主なものは、保険給付費35億7,051万6,000円、後期高齢者支援金等7億3,069万9,000円、老人保健拠出金510万円、介護納付金2億9,770万円、共同事業拠出金6億8,700万円、歳出全体の構成比は96.2%となっております。
 次に、議案第18号 平成22年度稲敷市老人保健特別会計予算についてでございます。
 平成22年度稲敷市老人保健特別会計予算につきましては、歳入歳出予算の総額は988万2,000円とするもので、後期高齢者医療制度への移行により生ずる平成20年3月診療分までの月おくれで請求される医療給付費のみであるため、前年度の当初予算と比較いたしますと、72%という大幅な減であります。
 歳入の主なものは、支払基金交付金532万6,000円、国庫支出金291万9,000円、県支出金73万1,000円、繰入金90万円であります。
 歳出では、医療諸費970万円であります。
 次に、議案第19号 平成22年度稲敷市稲敷郡町村及び一部事務組合公平委員会特別会計予算についてでございます。
 歳入歳出予算の総額を歳入歳出それぞれ27万4,000円とするもので、前年度に比較いたしまして、2万7,000円、10.9%の増となっております。
 歳入では、構成町村等の負担金及び市繰入金、繰越金で27万1,000円となり、総額の98.9%を占め、歳出では、公平委員会運営費が26万8,000円で、総額の97.8%を占めております。
 次に、議案第20号 平成22年度稲敷市農業集落排水事業特別会計予算についてでございます。
 本案は、予算額を歳入歳出それぞれ4億5,691万5,000円とするもので、前年度に比較いたしまして、4,528万5,000円、9%減の予算となります。
 歳入の主なものは、使用料及び手数料8,847万6,000円、国庫支出金3,535万円、一般会計繰入金2億9,594万7,000円、市債3,530万円であります。
 歳出の主なものは、農業集落排水事業費2億2,569万4,000円と公債費2億2,787万8,000円であります。
 次に、議案第21号 平成22年度稲敷市公共下水道事業特別会計予算についてでございます。
 本案は、予算額を歳入歳出それぞれ19億5,578万9,000円とするもので、前年度に比較いたしまして、2億5,068万8,000円、11.4%減の予算となります。
 歳入の主なものは、建設事業に係る補助金で、国庫支出金5億2,600万円、分担金負担金及び使用料手数料で1億9,897万円、一般会計繰入金7億2,491万7,000円、市債4億7,940万円であります。
 歳出の主なものは、下水道事業費13億1,659万5,000円と公債費6億3,719万3,000円であります。
 次に、議案第22号 平成22年度稲敷市介護保険特別会計予算についてでございます。
 本案は、歳入歳出26億7,604万6,000円とするもので、前年度当初予算と比較しますと、1億9,766万5,000円、8%の増となっております。
 歳入歳出の主なものについて申し上げます。
 まず、歳入でございますが、介護保険料4億4,098万2,000円、国庫支出金6億2,355万8,000円、支払基金交付金7億5,731万1,000円、県支出金3億8,354万7,000円、繰入金4億7,014万3,000円であります。
 歳出につきましては、総務費1億1,167万5,000円、保険給付費24億9,857万9,000円、地域支援事業費6,367万7,000円、予備費100万円であります。
 次に、議案第23号 平成22年度稲敷市浮島財産区特別会計についてでございます。
 歳入歳出予算総額は、歳入歳出それぞれ126万2,000円とするもので、前年度と比較すると、1万円、0.8%の減となります。
 歳入では、浮島財産区が保有する土地の貸付料、歳出においては財産区の管理に要する経費でございます。
 次に、議案第24号 平成22年度稲敷市古渡財産区特別会計についてでございます。
 歳入歳出予算の総額は、歳入歳出それぞれ361万7,000円とするもので、前年度と比較すると、8万6,000円、2.3%の減となります。
 歳入は、古渡財産区が保有する土地の貸付料、歳出においては、財産区の管理に要する経費と基金積立金でございます。
 次に、議案第25号 平成22年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計予算についてでございます。
 基幹水利施設管理事業は、農業生産基盤とされる用排水施設に環境、防災、国土保全等に資する機能をあわせ持たせ、この施設機能を適正に管理することを目的としています。
 平成22年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計予算については、平成22年度基幹水利施設管理事業計画に基づき、全体予算額を1億1,981万1,000円とし、歳入においては、地元分担金、河内町負担金、国、県補助金、一般会計繰入金を各負担割合に応じて計上し、歳出においては、職員給与関係経費、基幹水利施設管理業務委託費を計上するものであります。前年度と比較すると、243万1,000円の増となっております。
 次に、議案第26号 平成22年度稲敷市後期高齢者医療特別会計予算についてでございます。
 歳入歳出予算の総額を7億9,044万円とするもので、軽減世帯の保険料負担金の減などにより、前年度の当初予算と比較いたしますと0.3%の減でございます。
 歳入の主なものは、後期高齢者医療保険料2億1,855万7,000円、繰入金5億6,865万4,000円、諸収入322万7,000円となっております。
 歳出では、総務費3,813万円、後期高齢者医療広域連合納付金7億3,480万8,000円、保健事業費650万円、諸支出金100万2,000円、予備費1,000万円であります。
 次に、議案第27号 平成22年度稲敷市水道事業会計予算についてでございます。
 水道事業会計予算の概要につきましては、収益的収支予算の収入支出総額をそれぞれ9億8,853万6,000円とするもので、前年度と比較いたしまして、3,235万円、率にして3.21%の減額となるものでございます。
 次に、資本的収支予算でございますが、収入総額1,611万7,000円とするもので、前年度と比較いたしまして、1億778万6,000円、率にして87%の減額となるものでございます。
 支出総額につきましては、4億1,164万円とするもので、前年度と比較いたしまして、7,352万円、率にして15.2%の減額となるものでございます。
 次に、議案第28号 平成22年度稲敷市工業用水道事業会計予算についてでございます。
 予算の概要につきましては、収益的収支予算の収入支出総額をそれぞれ867万3,000円とするもので、前年度と比較いたしまして、7,000円、率にして0.1%の増額となるものでございます。
 次に、議案第29号 動産の買入れについてでございます。
 本案は、小型動力ポンプ付積載車9台について動産の買い入れをしたいので、地方自治法第96条第1項第8号、並びに議会の議決に付すべき契約及び財産の取得または処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 本消防車両は、江戸崎地区を担当する第1方面隊の分団車両ですが、ともに配備後20年を経過し、車両の老朽化及び積載ポンプの機能が低下したため、有事の際に支障を来すおそれがあるため更新するものであります。
 買い入れ物件、小型動力付積載車9台、契約の方法、指名競争入札、契約金額5,078万4,210円、契約の相手方、茨城県土浦市虫掛3314番地の1、株式会社土浦消防センター、代表取締役中島英雄。
 次に、議案第30号 訴えの提起についてでございます。
 本案は、リバーサイド公園内駐車場における放置車両について、車両の撤去を龍ケ崎簡易裁判所に提起するものであります。
 リバーサイド公園内駐車場は、稲敷市の市有地であり、この土地に平成21年8月ごろから車両が放置されたままになっております。現在は、リバーサイド公園改修工事の支障となるため、公園隣接地所有者の承諾を得、一時的に移動してあります。これまで何度も所有者に車両の撤去を依頼したものの、解決に至りませんでした。これは通常の駐車の範囲を超え、所有者が他県に転出しており、違法に車を放置していることが明らかなことから、稲敷市で法律相談をお願いしております磯山法律事務所と協議した結果、訴えを提起することで解決を図りたく、地方自治法第96条第1項第12号の規定により、議会の議決を求めるものであります。
 次に、議案第31号 損害賠償額の決定及び和解についてでございます。
 本案は、平成20年10月8日に執行した指名競争入札において、公正な価格を害して他の応札者と談合し落札したことを認めたため、損害賠償に関する和解条項について、地方自治第96条第1項第12号及び第13号の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 以上、各議案の提案理由についての説明をさせていただきました。ご審議の上、適正なるご決定を賜りますよう、よろしくお願いを申し上げます。
○議長(堀口正良君) 以上で、市長の今定例会でのすべての提案理由の説明が終わりました。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) 日程第4、陳情第1号 核兵器の廃絶と恒久平和実現に関する意見書の決議についてを議題といたします。
 陳情につきましては、お手元に配付の文書表のとおりであります。
 これを所管の総務常任委員会へ付託いたします。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) 以上をもちまして、本日の日程は終了いたしました。
 次の本会議は、4日午前10時に本議場において再開いたします。
 なお、議案質疑の発言通告は、明日3日正午までに議長あてに提出願います。
 散会後、全員協議会を13時より3階第1会議室で開催いたしますので、ご参集願います。
 本日はこれにて散会いたします。
               午前11時50分散会