議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 稲敷市

平成21年第 4回定例会−12月18日-04号




平成21年第 4回定例会

                 平成21年第4回
             稲敷市議会定例会会議録 第4号
       ──────────────────────────
         平成21年12月18日 午前10時00分開議
       ──────────────────────────
1.出席議員  25名
      1番  根 本 光 治 君    2番  伊 藤   均 君
      3番  大 湖 金四郎 君    4番  関 川 初 子 君
      5番  平 山   寧 君    6番  山 下 恭 一 君
      7番  高 野 貴世志 君    8番  浅 野 信 行 君
      9番  柳 町 政 広 君   10番  山 本 祐 子 君
     11番  篠 崎 力 夫 君   12番  木 内 義 延 君
     13番  坂 本   源 君   14番  根 本   保 君
     15番  本 橋 秀 夫 君   16番  堀 口 正 良 君
     17番  長 坂 太 郎 君   18番  根 本 勝 利 君
     19番  河 内 喜 和 君   21番  井戸賀 吉 男 君
     22番  黒 田   正 君   23番  埜 口 正 雄 君
     24番  遠 藤 一 行 君   25番  池 田 忠 雄 君
     26番  山 口 勝 夫 君

1.欠席議員 1名
     20番  宮 本 隆 典 君

1.出席説明員
       市長               田 口 久 克 君
       副市長              坂 本   進 君
       教育長              小 川   孝 君
       市長公室長            川 嶋   修 君
       総務部長             岩 瀬 和 男 君
       保健福祉部長           大 島   功 君
       産業建設部長           久保木 善 信 君
       教育部長             中 澤 幸 一 君
       水道局長             大 竹 克 己 君
       会計管理者            秋 本   隆 君
       農業委員会事務局長        内 田 和 雄 君
       監査委員事務局長         上 山 成 夫 君
       企画課長             飯 田 光 男 君
       総務課長             沼 崎 忠 夫 君
       市民課長             糸 賀 正 志 君

1.出席事務局職員
       議会事務局長           三ツ井 洋 平
       書記               坂 本 浩 一
       書記               萩 原 隆 行

1.議事日程
       ──────────────────────────
              議 事 日 程 第 4 号
                       平成21年12月18日(金曜日)
                             午前10時00分開議

日程第1 議案第 119号 稲敷市税条例等の一部改正について
     議案第 120号 稲敷市国民健康保険税条例の一部改正について
     議案第 121号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第4号)
     議案第 122号 平成21年度稲敷市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)
     議案第 123号 平成21年度稲敷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)
     議案第 124号 平成21年度稲敷市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)
     議案第 125号 平成21年度稲敷市介護保険特別会計補正予算(第2号)
     議案第 126号 平成21年度稲敷市浮島財産区特別会計補正予算(第1号)
     議案第 127号 平成21年度稲敷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)
     議案第 128号 不動産の買入れについて
     議案第 129号 訴えの提起について
     議案第 130号 あらたに生じた土地の確認について
     議案第 131号 字の区域の設定について
     議案第 132号 市道路線の認定について
     議案第 133号 市道路線の変更について
日程第2 議員派遣の件
日程第3 常任委員会の閉会中の所管事務調査の件
日程第4 議会運営委員会の閉会中の所管事務調査の件

1.本日の会議に付した事件
 日程第1 議案第 119号
      議案第 120号
      議案第 121号
      議案第 122号
      議案第 123号
      議案第 124号
      議案第 125号
      議案第 126号
      議案第 127号
      議案第 128号
      議案第 129号
      議案第 130号
      議案第 131号
      議案第 132号
      議案第 133号
 日程第2 議員派遣の件
 日程第3 常任委員会の閉会中の所管事務調査の件
 日程第4 議会運営委員会の閉会中の所管事務調査の件
       ──────────────────────────
               午前10時00分開議
○議長(堀口正良君) 本日の会議に先立ち、小川教育長より発言の申し出がありましたので、この際これを許します。
 教育長小川 孝君。
              〔教育長小川 孝君登壇〕
◎教育長(小川孝君) おはようございます。
 昨日、市内の学校におきまして大変うれしい受賞の報告がありましたので、開会前に申しわけございませんが、お時間をいただき紹介をさせていただきます。
 ソニー教育財団が行っております「ソニー子ども科学教育プログラム」におきまして、東中学校が最優秀プロジェクト校に入選をいたしました。この最優秀プロジェクト校は、全国1位の大変すばらしい賞でございます。
 このソニー子ども科学教育プログラムには、全国の小中学校からたくさんの応募がありまして、書類審査、それから現地調査及び最終審査と、厳正な審査を経た上でこの入選が決定します。
 この賞は1959年から始まり、ことしで50周年を迎える歴史と伝統のある、まさに理科教育の頂点とも言うべき大変名誉のある賞でございます。
 この賞の全国1位に東中学校が輝いたということは、稲敷市における理科教育の質の高さを全国的にも評価されたものと大変うれしく思っております。東中学校の実践がどのような評価のもとで最優秀賞の入選に至ったのか、審査講評の一部をちょっとご紹介させていただきます。
 「7年間にわたって継続的に科学が好きな子どもを育てることに取り組まれ、その実績に裏づけされた「わくわく授業」に代表される実践は質の高いものとなっています。生徒の自由な発想を大切にした探求的授業では、生徒が自主的に実践方法を考えて課題に取り組むなど、着実に科学が好きな子どもが育っていることが高く評価されました。」
 このような評価をいただいております。特に実践の質の高さと授業での取り組みが高く評価されていることを皆様にお伝えをしたいと思います。
 東中学校のほかにも、高田小学校が全国2位に該当する優秀プロジェクト校に入選、それからあずま北小学校、これが努力校に入選をいたしました。また、小中学校だけでなく、ゆたか幼稚園でもソニー幼児教育支援プログラムにおきまして全国2位に該当する優良プロジェクト園に入選しております。
 今年度、稲敷市から応募しました園とそれから小中学校はすべて何らかの賞を受賞することになり、まさに稲敷市の幼稚園、それから小学校、中学校における科学教育の着実な取り組みが全国的に見ても評価されているということのあかしであるのかな、そんなふうに思っております。
 最優秀賞を受賞した東中学校は、平成22年の秋に全国大会を開催することになります。最優秀賞の受賞を稲敷市の名誉としてみんなで喜び合い、全国大会の開催をみんなで全面的に盛り上げ、稲敷市のすばらしさを全国に発信する絶好の機会にできればと考えておりますので、皆様方のご理解とご協力をよろしくお願いいたします。
 今後、教育委員会といたしましても、将来の稲敷市を支える子供たちの育成のため、学ぶ楽しさを実感できる授業づくりを支援し、未来を担う子供たちが夢を持って何事にも挑戦していけるような学校づくりができるよう尽力していきたい、そんなふうに考えております。
 以上、ソニー子ども科学教育プログラムにおける東中学校の最優秀賞入選の報告をさせていただきました。
 これも議員の皆様初め、保護者の皆様、地域の皆様方のご尽力の賜物と感謝を申し上げます。
 本会議における貴重なお時間をいただきまして、本当にありがとうございました。失礼いたします。
○議長(堀口正良君) 教育長の報告が終わりました。
 ただいまの朗報に接し、その快挙に議会をし賞賛するものであります。なかんずく最優秀プロジェクト校に選ばれました東中学校に祝意と、先生方のご尽力、そしてその努力に対して感謝を申し上げる次第であります。
 改めましておはようございます。
 ただいまの出席議員は25名であります。欠席議員は20番宮本隆典議員の1名であります。よって、定足数に達しておりますので、これより本日の会議を開きます。
 なお、市民生活部卯月部長が欠席のため、糸賀正志市民課長が出席しております。
 本日の議事日程は、既にお手元に配付のとおりでございます。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) 日程第1、議案第119号から議案第133号までの15案件を一括議題といたします。
 これより、順次、各常任委員長報告に入ります。
 去る11日の本会議において各常任委員会に付託されました議案の審査経過と結果について、各委員長の報告を求めます。
 初めに、総務常任委員会委員長伊藤 均君。
            〔総務常任委員長伊藤 均君登壇〕
◎総務常任委員長(伊藤均君) おはようございます。
 ただいまより、総務常任委員会に付託されました議案5件に係る審査の経過並びに結果につきましてご報告申し上げます。
 当委員会では、付託された案件につきまして、12月14日に審査を行いました。執行部から岩瀬総務部長、川嶋市長公室長を初め、所管の各課長並びに担当職員の出席を求め、詳細な説明を受けました。
 初めに、議案第121号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第4号)のうち当委員会所管部分に係る審査状況についてであります。
 議会事務局所管では、職員給与関係経費の共済費について、市町村共済組合負担金率が上がることにより増額補正を計上したとの説明がありました。
 次に、総務課所管では、職員給与関係経費の職員共済組合、職員共済組合追加費用及び公務災害補償基金費の市町村共済組合負担金率が上がることにより増額補正を計上したとの説明がありました。文書管理費の備品購入費については、現在市内に公告掲示板を18カ所設置しているが、老朽化が激しい3カ所について交換する費用であるとの説明がありました。
 次に、財政課所管では、臨時交付金について詳細な説明がありました。地域活性化・経済危機対策臨時交付金については、既に交付税算定に基づき約4億6,700万円の交付限度額が示されております。しかし、地域活性化・公共投資臨時交付金については交付額が示されていない状況であります。公共投資臨時交付金を活用しての事業は、国からの補助金、起債、公共投資臨時交付金の三つの財源を合わせて事業を進めていくことになりますが、交付額が示されていない状況であるため、起債については今年度同意を得ておかなければ借りられないこともあり、起債の額を大きく、公共投資臨時交付金の額を少なくしております。今後、公共投資臨時交付金の額が確定した時点で、借入額を減らし公共投資臨時交付金を充当する考えであり、ほとんどの事業が繰り越しになるとの説明がありました。
 委員から、この交付金の額はいつごろ決まるのかとの質問があり、政権交代により不透明な部分があり、時期は明確ではないが、経済危機対策交付金から推測するとある程度の交付額を期待しているとの回答がありました。
 次に、管財課所管では、管財事務費について、主なものは各庁舎に設置してあるエアコン、給水管、キュービクル等の修繕に要する経費であるとの説明がありました。
 次に、秘書広聴課所管では、今年度中に県企業局と本市で江戸崎工業団地事業推進協議会を設置し、江戸崎工業団地事業の推進をより積極的に行うための負担金計上であるとの説明を受けました。
 委員から、企業誘致の件で市への相談をしても対応が遅いとの批判があるのではないかとの質問があり、企業誘致は業務範囲が広く、なるべく早く企業のニーズにこたえられるような体制を研究してそのようなことがないようにしていきたいとの回答がありました。
 審査の結果、全会一致により原案可決すべきものと決定いたしました。
 審査終了後、今般、新聞等で報道された問題で、管財課の入札契約事務に関し、談合情報のあったときの対応について質問があり、稲敷市談合情報対応要領があり、その手順に従って対応しているとの説明がありました。
 次に、議案第126号 平成21年度稲敷市浮島財産区特別会計補正予算(第1号)であります。
 管財課より、和田公園内の倒木処理運搬委託に要する経費であるとの説明がありました。
 委員から、所管課について見直しをすべきではないかとの意見が出され、管理する側も複数いるので今後精査していきたいとの回答がありました。
 審査の結果、全会一致により原案可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第128号 不動産の買入れについてであります。
 秘書広聴課より、稲敷市新庁舎建設用地として取得する旧茨城県立江戸崎西高等学校跡地について、土地、地籍、取得金額等詳細な説明がありました。また、11月30日に仮契約を締結し、議決後、本契約の効力が生ずる契約となっている内容で、来年1月に引き渡しを受けたいとの説明もありました。
 委員から、校舎解体費用について質問があり、本市の負担となる契約との説明がありました。
 審査の結果、全会一致により原案可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第130号 あらたに生じた土地の確認についてであります。
 総務課より、この土地は昭和29年度から30年度にかけて、当時の建設省利根川下流工事事務所が常陸利根川の放水路拡幅工事を行った際に、用地提供者に対する代替地として霞ケ浦の公有水面を埋め立てて造成された土地で、霞ケ浦における市町村境界が決定されたことなどから、本市の区域に新たに生じた土地として確認をするものとの説明がありました。
 審査の結果、全会一致により原案可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第131号 字の区域の設定についてであります。
 議案第131号は、地方自治法第260条第1項の規定により、議案第130号のあらたに生じた土地を確認した後、当該土地の所属する字を「稲敷市境島字西浦」とすることについて議会に同意を求めるものとの説明を受けました。
 審査の結果、全会一致により原案可決すべきものと決定いたしました。
 以上、当委員会の審査の経過と結果についてご報告申し上げます。当委員会による決定に対しましては、議員各位のご賛同をお願いいたしまして報告を終わります。
○議長(堀口正良君) 以上で、総務常任委員会、5案件についての委員長の報告が終わりました。
 次に、市民生活常任委員会委員長木内義延君。
           〔市民生活常任委員長木内義延君登壇〕
◎市民生活常任委員長(木内義延君) おはようございます。
 それでは、議長の命によりまして、ただいまより市民生活常任委員会に付託されました関係議案6件につきましての審査の経過と結果についてご報告いたします。
 市民生活常任委員会は、去る14日、第2委員会室において委員会を開催し、関係課所管ごとに審査を行いました。また、審査終了後、江戸崎地方衛生土木組合に対し、所管事務調査として視察研修を実施しました。詳細については、後日報告します。
 議案審査に当たっては、執行部からは、卯月市民生活部長のほか、所管課の課長及び担当職員の出席をいただきました。
 まず、付託されました各議案のうち、議案第119号 稲敷市税条例等の一部改正についてでありますが、本条例改正の概要について税務課より説明を受けました。
 今回の改正は、経済金融情勢の悪化に対する経済対策の一環として税制関係法が改正されたことを受け、条例改正を行うものであります。
 20年度で終了した住宅ローンに係る控除措置を本年度から5年間にわたって再度創設し、対象額を上限5,000万円に引き上げるほか、従来は所得税からのみ控除していたものを所得税から引き切れなくなる場合には上限を設けて住民税からも控除が受けられるように改正するものであることが説明されました。
 これに対し、委員から、上限額5,000万円の対象世帯に関する質問があり、現在当市では約2,000万円程度の対象世帯が多く、上限額での該当はほぼ見られないのではないかとの回答がありました。
 審査の結果、全会一致により原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第120号 稲敷市国民健康保険税条例の一部改正について、保険課からの説明を受け、審査を行いました。
 この条例改正は、地方税法の一部改正に伴うもので、上場株式等の配当及び譲渡益等に係る課税特例措置の創設並びに地方税法の引用条項を改めるという3項目を中心とするものであります。
 特に質疑事項はなく、全会一致により原案可決すべきものと決定いたしました。
 議案第121号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第4号)のうち、当委員会所管部分についてであります。
 主なもののうち、まず保険課所管では、所管する国民健康保険、後期高齢者医療の各特別会計における財源としての繰出金の歳出と、後期高齢者医療給付のうち保険税軽減分の県負担金の受け入れが主なものでありました。
 生活環境課では、衛生費において、既に360件を処理し不足が見込まれるスズメバチの巣の駆除委託経費や、各行政区で設置するごみ集積所の新設・更新の申請件数増加に伴う増額補正がありました。また、消防費では、小型ポンプ積載車9台の購入経費、分団消防機庫の解体・建設及び防火水槽工事等の施設整備、並びに全国瞬時警報システム対応のための自動起動システム等の変更に要する経費など、総額8,800万円を超える歳出予算が示されました。
 審査の中では、積載車の交換時期のほか、分団での複数台保有の状況等に関する質疑が交わされました。
 担当課からは、積載車は20年を目安に交換しており、分団当たりの積載車保有は1台を基本とし、複数台を保有する場合には2台目以降の維持管理は分団負担としていることなどの回答がありました。
 審査の結果、全会一致により原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第122号 平成21年度稲敷市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)について、保険課より説明を得た後、審査を行いました。
 歳入では、前期高齢者交付金の確定に伴う減額と、療養給付費交付金繰越金の増額、歳出では後期高齢者支援金、老人保健医療費拠出金の確定等による増額、介護納付金の減額等が主なものであり、審査の結果、全会一致により原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第127号 平成21年度稲敷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)についてであります。
 本特別会計の歳入は、療養給付費負担金に係る広域連合からの過年度分返還、及び一般会計からの繰入金の増額。歳出では、広域連合への納付金、過年度分返還金の一般会計への繰り出しであることが説明されました。
 問題事項はなく、全会一致により原案可決すべきものと決定いたしました。
 最後に、議案第129号 訴えの提起についての案件であります。
 訴えの提起に関する議案は本年4件目となり、従前同様に、市民税等の滞納者に消費者金融への法定利息以上の過払い金が存在し、返還請求を行ってもそれに応じないため、支払い請求権を市が差し押さえて消費者金融に対して訴えを行うものであることが説明されました。
 審査の結果、全会一致により原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 市民生活常任委員会に付託されました6案件に係る審査の経過並びに結果については以上のとおりでございますので、当委員会の決定に対し、議員各位のご賛同をお願い申し上げます。
○議長(堀口正良君) 以上で、市民生活常任委員会、議案6件について委員長の報告が終わりました。
 次に、教育福祉常任委員会委員長根本光治君。
           〔教育福祉常任委員長根本光治君登壇〕
◎教育福祉常任委員長(根本光治君) 改めましておはようございます。
 それでは、ただいまから教育福祉常任委員会の審査の経過と結果についてご報告いたします。
 さきの本会議におきまして当委員会に付託されました議案第121号及び議案第125号の2案件を審査するため、去る12月15日午前10時に委員会を招集し、審査に当たりました。
 執行部からは、小川教育長を初め、中澤教育部長、大島保健福祉部長のほか、関係所管の各課長及び担当職員の出席をいただきました。
 それでは、議案ごとに審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。
 議案第121号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第4号)のうち、当委員会付託部分についてであります。
 それでは、その主なものについて申し上げます。
 まず、教育総務課所管では、中学校施設維持管理費の備品購入費で計上されたブルーヒーター20台の積算根拠について質疑があり、リースやレンタルとの比較検討はせず購入として考えていましたとの答弁がありました。
 委員からは、消耗品費も同様だが、予算が厳しい状況の中でもう少し選択肢を幅広く考えていただきたい。またほかの委員からは、原価意識を考えて少しでも税金のむだ遣いをしない方法を考えた末ならわかるが、原価意識が非常に欠けている。来年には空調機器も修繕され使わなくなったとき、一つの学校で20台も所有していて今後の利活用をどう考えているのかとの意見が出されました。
 執行部からは、今後の予定として各小学校へ分配するなどの方法も内部で協議しているところですとの答弁がありました。
 また、国の補正予算を活用した小学校2校、中学校1校で実施される耐震補強工事について、委員からは、いろいろな場面で地元業者の育成については市長も話をされているので、来年度の予算からは理解できるような業者選定や物品の買いかえなど、原価意識、地元業者の育成等を常に考えて事業を推進してもらいたいとの意見が出されました。
 耐震補強工事に関連して、小学校の統廃合について質疑が出され、現在、平成20年9月に出された適正配置検討委員会からの答申を基本と考え、実施計画を策定しているところですとの説明があり、委員からは、こうして金額が計上され具体的に見えてきた。これからは今までの説明どおりの具体的な案や計画等が示されないままでは保護者の方々に納得されないと感じる。こういった大きな問題については、市のトップの考え、方向性をはっきりと示すことを最優先に考え、市長との協議を早急に行ってもらいたいとの意見が出されました。
 このほか、学校教育課では、幼稚園・小中学校メール配信システム導入事業について、社会福祉課保護室では、生活保護施行関係事務経費、システム移行の委託料について質疑があり、それぞれ詳細な答弁がありました。
 質疑終結後、討論はなく、採決の結果、全会一致により原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 審査終了後、委員から、保育所に関係することとして、平成22年度に予定している第一保育所の解体事業について質疑がありました。
 執行部からは、用途が廃止されたため普通財産として解体をしていきたい。方法については、直営での方法を検討したが、安全面等を考慮し、市の方針として業者委託としました。
 委員からは、厳しい財政状況を踏まえ、来年度予算へ向けての行政は経費削減及びそれぞれの事業に対する執行体制をどう考えていくかが問われている。用途が廃止されたというならば、第一保育所の解体工事については公有財産を所管する担当課の方で扱うべきであるとの意見が出されました。
 次に、議案第125号 平成21年度稲敷市介護保険特別会計補正予算(第2号)については、人件費の職員給与関係経費に関する補正で、共済年金の掛け率の改正により増額補正するものですという説明がありました。
 質疑終結後、討論はなく、採決の結果、全会一致により原案どおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上のとおり、教育福祉常任委員会に付託されました案件の審査の経過並びに結果についてご報告申し上げましたが、当委員会の決定に対し、議員各位のご賛同をお願い申し上げ報告といたします。失礼いたしました。
○議長(堀口正良君) 以上で、教育福祉常任委員会、議案2件についての委員長の報告が終わりました。
 次に、産業建設常任委員会委員長浅野信行君。
           〔産業建設常任委員長浅野信行君登壇〕
◎産業建設常任委員長(浅野信行君) 改めましておはようございます。
 ただいまから産業建設常任委員会における審査の経過と結果についてご報告いたします。
 去る11日の本会議において付託された関係議案5件につきまして、15日に第4委員会室において当常任委員会を開催し、審査を行いました。審査に当たり、執行部からは、久保木産業建設部長のほか所管担当課長及び各課担当職員の出席をいただきました。
 最初に議案第121号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第4号)のうち当委員会所管部分についての審査経過についてご説明します。
 今回の補正予算における当委員会の所管課は、農政課、商工観光課、道路維持課、都市計画課、下水道課であります。そのほか、建設課、農業委員会については、人件費のみの補正がありました。
 それでは、主な審査について申し上げます。
 まず農政課では、農業振興費、農地費等の増額補正が主であり、いずれの事業に関しても生産組合や農業者への補助のほか、農地有効利用支援として土地改良施設の簡易整備に交付される補助金等に係る補正である旨の説明がありました。
 審査の中では、エコ農業茨城推進事業にかかわる協定締結に基づく対象地域が市内全域となることの確認のほか、新政権下における麦・大豆等、助成金が下がる作物に対する市からの追加経費の投入等に関する質疑がありました。
 麦・大豆等に対して市から支援を行う場合には多大な市費が必要となり、ほかの作物やその他の各種補助金等の見直しによる財源確保も考える必要があること、また国からの農政補助金の行方は現時点では不確定であり、今後の動きに注視していきたいとの回答がありました。
 また、農業政策については、国の政策ありきではなく、周辺地域との連携を図って稲敷独自の農政の指針づくりを進めてほしいとの意見がありました。
 次に、商工観光課では、江戸崎地区まちづくり交付金センター事業として進められているえどさき笑遊館改修に係る調査経費等に関する補正予算であり、改修期間や2階部分の用途等に関して質疑がありました。
 都市計画課の審査では、公共施設周辺のボーリング調査データを電算保存するための委託等に関する質疑があり、耐震改修促進事業で進められている「ゆれやすさマップ」への活用については、公共施設がない地域では保有している調査データからの推測による値となるが、市内で甚大な差は生じていないとの回答がありました。
 道路維持課に関する部分では、新利根・伊佐津地区と江戸崎・鳩崎地区内での市道用地購入経費並びに江戸崎まちづくり交付金道路改良事業の設計経費であることが説明されました。
 審査の結果、当該補正予算案所管分につきましては全会一致により可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第123号 平成21年度稲敷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。
 本案は、農業集落排水事業に従事する職員の給与関係経費の変更とその財源としての一般会計からの繰入金に係る歳入のみであり、審査の結果、全会一致により可決すべきものと決定いたしました。
 続いて、議案第124号 平成21年度稲敷市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)についてであります。
 担当課から、東処理場の工事請負に係る入札差金等を減額し、江戸崎、新利根、東の各処理区の管渠敷設工事等の経費を増額する補正予算である旨の説明を受けました。
 審査の結果、全会一致により可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第132号 市道路線の認定についてであります。
 認定する路線は、市立江戸崎中学校正門からの進入路であり、来年度に予定する改良工事に伴って、今回、市道認定するものであるとの説明がありました。
 質疑、問題事項ともになく、審査の結果、全会一致により可決すべきものと決定いたしました。
 最後に議案第133号 市道路線の変更についてであります。
 変更する路線は、東・西代地区内の路線で、路線の終点より先にも道路の機能を有する部分があるため、終点位置の変更をするものである旨の説明がありました。
 審査の結果、全会一致により可決すべきものと決定いたしました。
 以上のとおり、今定例会において産業建設常任委員会に付託されました各議案に関する審査の経過並びに結果についてご報告を申し上げます。当委員会の決定に対しましては、議員各位のご賛同をお願い申し上げ、報告を終わります。
 以上です。
○議長(堀口正良君) 以上で、産業建設常任委員会、議案5件についての委員長報告が終わりました。
 これをもって議案の審査経過と結果について、各委員長からの報告が終わりました。
 ここで休憩いたします。
               午前10時39分休憩
         ──────────────────────
               午前10時56分開議
○議長(堀口正良君) 休憩前に引き続き会議を開きます。
 これより各議案についての討論、採決を行います。
 なお、本日、10番山本祐子君より採決を挙手により行いたいとの申し出があり、これを許可いたしましたので報告いたします。特例ですから。
 初めに、議案第119号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより、議案第119号 稲敷市税条例等の一部改正についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第120号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより、議案第120号 稲敷市国民健康保険税条例の一部改正についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第121号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより、議案第121号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第4号)を採決いたします。
 本案に対する各委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、各委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は各委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第122号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより、議案第122号 平成21年度稲敷市国民健康保険特別会計補正予算(第3号)を採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第123号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより、議案第123号 平成21年度稲敷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は委員長報告のとおり原案可決されました。
 暫時休憩します。
               午前11時01分休憩
         ──────────────────────
               午前11時01分開議
○議長(堀口正良君) 再開します。
 次に、議案第124号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより、議案第124号 平成21年度稲敷市公共下水道事業特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第125号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより、議案第125号 平成21年度稲敷市介護保険特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第126号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより、議案第126号 平成21年度稲敷市浮島財産区特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第127号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより、議案第127号 平成21年度稲敷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第2号)を採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第128号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより、議案第128号 不動産の買入れについてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は委員長報告のとおり原案可決されました。
 暫時休憩します。
               午前11時06分休憩
         ──────────────────────
               午前11時06分開議
○議長(堀口正良君) 再開します。
 次に、議案第129号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより、議案第129号 訴えの提起についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第130号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより、議案第130号 あらたに生じた土地の確認についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第131号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより、議案第131号 字の区域の設定についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第132号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより、議案第132号 市道路線の認定についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第133号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより、議案第133号 市道路線の変更についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は委員長報告のとおり原案可決されました。
 暫時休憩いたします。
               午前11時11分休憩
         ──────────────────────
               午前11時13分開議
○議長(堀口正良君) 休憩前に引き続き、会議を開きます。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) 12月8日に副市長選任の同意を与えました坂本 進君の入場をここで許可いたします。
 暫時休憩します。
               午前11時13分休憩
         ──────────────────────
               午前11時13分開議
○議長(堀口正良君) 再開いたします。
 ここで、坂本 進君より副市長就任のあいさつを求めます。
 副市長坂本 進君。
              〔副市長坂本 進君登壇〕
◎副市長(坂本進君) 坂本 進と申します。
 ごあいさつの機会をいただきまして、まことにありがとうございます。
 稲敷市議会の皆様方には、活発な議会活動を通じまして、稲敷市における地方自治の推進のために日ごろから格段のご尽力を賜っておりますこと、深く敬意を表する次第でございます。
 また、12月8日には、副市長選任の件につきましてご信任をくださいましてまことにありがとうございました。おかげさまで16日に任命辞令をちょうだいいたしまして、当日から勤務についているところでございます。
 今、稲敷市は、平成17年に3町1村が合併しまして新しい市として誕生し、あと数カ月で満5年を迎えるわけでございます。この間、新しい市のまちづくりのための基礎固めが着々と皆様方の手によって進められてきたものと思いますけれども、これからいよいよ自治体としてのまとまりを強化して、市民の皆さんの一体感のもとに充実、発展していく、そういう時期を迎えられているのかなと思っております。
 現在、国の内外の経済情勢、そして国、県、市町村の財政状況、非常に厳しい状況にございますが、皆様方、議会の皆様と、そして市民の皆様方のご指導、ご鞭撻をいただきながら、田口市長さんを初め、市役所の皆さんと力を合わせまして、私の郷土でございます稲敷市の市政の一層の発展のために精いっぱい努力してまいる所存でございます。何とぞよろしくお願い申し上げます。
 最後になりますが、稲敷市が稲敷という名前のとおり、緑と実りの豊かな住みよいさわやかなまちとしてますます発展していきますことを祈念しましてごあいさつといたします。どうぞよろしくお願いいたします。
○議長(堀口正良君) 副市長の就任あいさつが終わりました。
 職務傾注し精励されますよう、改めて議会をして希求いたします。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) 日程第2、議員派遣の件を議題といたします。
 お諮りいたします。
 議員派遣の件については、お手元に配付いたしました文書のとおり派遣することにいたしたいと存じます。これにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) ご異議なしと認めます。したがって、議員派遣の件はお手元に配付いたしました文書のとおり派遣することに決しました。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) 日程第3、常任委員会の閉会中の所管事務調査の件を議題といたします。
 各常任委員長から所管事務調査のうち、会議規則第104条の規定によって、お手元に配付いたしました所管事務の調査事項について閉会中の継続調査の申し出があります。
 お諮りいたします。
 各常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) ご異議なしと認めます。よって、各常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) 日程第4、議会運営委員会の閉会中の所管事務調査の件を議題といたします。
 議会運営委員長から、会議規則第104条の規定によって、お手元に配布いたしました本会議の会期日程等議会運営に関する事項について閉会中の継続調査の申し出があります。
 お諮りいたします。
 議会運営委員長から申し出のあったとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) ご異議なしと認めます。よって、議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。
 続いて、お諮りいたします。
 本定例会中の議案等の審議にかかわる文字、語句、数字、その他の整理を要する件については、会議規則第43条の規定により、その整理を私、議長に一任されたいと思います。これにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) ご異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) 以上で、今期定例会の日程はすべて終了いたしました。
 議員各位のご精励、ご協力に対し、心から厚く御礼申し上げる次第であります。また、市長を初め執行部各位のご協力に対して御礼を申し上げまして、平成21年第4回稲敷市議会定例会を閉会いたします。
 大変ご苦労さまでした。
               午前11時20分閉会


 地方自治法第123条第2項の規定により署名する


       稲敷市議会議長  堀 口 正 良


       議     員  高 野 貴世志


       議     員  浅 野 信 行