議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 稲敷市

平成21年第 3回定例会−09月08日-01号




平成21年第 3回定例会

稲敷市告示第65号

 平成21年第3回稲敷市議会定例会を下記のとおり招集する。

  平成21年8月20日

                      稲敷市長  田 口 久 克


                   記

1.期  日  平成21年9月8日(火)

2.場  所  稲敷市役所東庁舎議会議場



          平成21年第3回稲敷市議会定例会会期日程表
┌────┬──┬────┬────┬────────────────────┐
│ 期 日 │曜日│開議時間│会議種別│      議      事      │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│    │  │    │    │◎開会                 │
│9月8日│ 火 │午前10時│本 会 議│                    │
│    │  │    │    │◎市長提案理由の説明          │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│    │  │    │    │議案調査日               │
│9月9日│ 水 │    │休  会│                    │
│    │  │    │    │議案等質疑通告締切(正午)       │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│9月10日│ 木 │午前10時│本 会 議│◎一般質問               │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│    │  │    │    │◎一般質問               │
│9月11日│ 金 │午前10時│本 会 議│◎発言通告による議案質疑        │
│    │  │    │    │◎常任委員会議案付託          │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│9月12日│ 土 │    │休  会│                    │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│9月13日│ 日 │    │休  会│                    │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│9月14日│ 月 │午前10時│委 員 会│◎常任委員会 審査 (総務、教育福祉)   │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│9月15日│ 火 │午前10時│委 員 会│◎常任委員会 審査 (総務、教育福祉)   │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│9月16日│ 水 │午前10時│委 員 会│◎常任委員会 審査 (市民生活、産業建設) │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│9月17日│ 木 │午前10時│委 員 会│◎常任委員会 審査 (市民生活、産業建設) │
├────┼──┼────┼────┼─────┬──────────────┤
│    │  │    │    │     │午前:総務常任委員会所管  │
│    │  │    │    │     │   市民生活常任委員会所管│
│9月18日│ 金 │午前10時│協議会 │全体審査会├──────────────┤
│    │  │    │    │     │午後:教育福祉常任委員会所管│
│    │  │    │    │     │   産業建設常任委員会所管│
├────┼──┼────┼────┼─────┴──────────────┤
│9月19日│ 土 │    │休  会│                    │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│9月20日│ 日 │    │休  会│                    │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│9月21日│ 月 │    │休  会│敬老の日                │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│9月22日│ 火 │    │休  会│国民の休日               │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│9月23日│ 水 │    │休  会│秋分の日                │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│9月24日│ 木 │    │休  会│議事整理                │
├────┼──┼────┼────┼────────────────────┤
│    │  │    │    │◎委員長報告、質疑、討論、採決     │
│9月25日│ 金 │午前10時│本 会 議│                    │
│    │  │    │    │◎閉会                 │
└────┴──┴────┴────┴────────────────────┘


             一 般 質 問 通 告 書
                             平成21年第3回定例会
┌─────┬───────┬─────────────────┬──────┐
│ 質問者 │ 質 問 事 項 │    質  問  要  旨    │ 答 弁 者 │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│高野貴代志│ 新型インフル│ 稲敷市では今現在どのような対策を│市長    │
│議   員│エンザについて│しているのか、また感染者が増えた時│      │
│     │       │の対応策は考えているのかお伺いした│      │
│     │       │い。               │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│関川 初子│ 給食の食べ残│ 最近、給食の食べ残しが、かなりあ│教育部長  │
│議   員│しについて  │ると聞いております。学校給食は生徒│      │
│     │       │の発育・健康面を考えると、重要な問│      │
│     │       │題である。            │      │
│     │       │? 給食の食べ残しの現状はどうなの│      │
│     │       │ か。              │      │
│     │       │? 学校と給食センター等でどのよう│      │
│     │       │ に連携と対策をとっているのか。 │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │ 勤務時間内の│ 勤務時間内に喫煙に席を離れること│総務部長  │
│     │喫煙について │は、少なからず、仕事に影響を与える│      │
│     │       │ものと思われます。        │      │
│     │       │? 喫煙者の数(割合)はどの位か。│      │
│     │       │? 喫煙者と非喫煙では仕事上、公平│      │
│     │       │ 性から問題があると思いますが、今│      │
│     │       │ 後改善する考えはあるのか。   │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│大湖金四郎│ 市民の要望に│ 現在、区長を通して要望書を出して│市長    │
│議   員│ついて    │いるが、早く実現出来るものや、3年│      │
│     │       │以上経過しても出来ないでいるものも│      │
│     │       │ある。財政的、地権者の問題等さまざ│      │
│     │       │まな理由があると思うが、今日までの│      │
│     │       │取り組みを伺いたい。       │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │ 道路整備につ│ 市の貴重な税収源でもあるゴルフ │市長    │
│     │いて     │場。それに通ずる工場付近の道路が整│      │
│     │       │備されていない所がある。側溝もなく│      │
│     │       │舗装もされていない。その為ゴミを捨│      │
│     │       │てる者もいる。          │      │
│     │       │ 市のイメージダウン、観光、環境、│      │
│     │       │企業支援の意味からも、道路を整備す│      │
│     │       │べきと思うが、考えを聞きたい。  │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│平山  寧│1.地震対策に│? 8月中に3回静岡県沖、八丈島東│市民生活部長│
│議   員│ ついて   │ 方沖で大きな地震が発生しました。│教育部長  │
│     │       │ これに関して地震の専門家は(3 │      │
│     │       │ 名)9月末までに南関東に地震発生│      │
│     │       │ の可能性があると指摘している。 │      │
│     │       │ 稲敷市の防災は大丈夫か。(水道、│      │
│     │       │ 下水道、電気、被害情報把握、避難│      │
│     │       │ 場所の確保、トイレ確保など)  │      │
│     │       │? 江戸崎地区の緊急地震速報装置の│      │
│     │       │ 未設置状況は、その後どのように改│      │
│     │       │ 善されたか。          │      │
│     │       │? 緊急地震速報の放送は何度か聴い│      │
│     │       │ ているが、有効に活用するため、今│      │
│     │       │ 後どのように取り組むか説明を求め│      │
│     │       │ る。              │      │
│     │       │  幼稚園・小学校・中学校ではどの│      │
│     │       │ ように活用していくか説明を求め │      │
│     │       │ る。              │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │2.新庁舎建設│? 新庁舎建設計画にに先立ち、10社│市長    │
│     │ 計画とプロポ│ 参加のうち7社辞退、3社で行われ│市長公室長 │
│     │ ーザル(企画│ たプロポーザル(企画競争)に対し、│      │
│     │ 競争)の扱い│ その報酬1億3,400万円が支払わ  │      │
│     │ について  │ れたが、議会の承認を求めない理 │      │
│     │       │ 由、3社のプロポーザル内容の詳細│      │
│     │       │ な説明を議会に行わない理由は何 │      │
│     │       │ か。              │      │
│     │       │? 新庁舎建設計画作成に議員を参加│      │
│     │       │ させない理由は何か。      │      │
│     │       │? 新庁舎建設計画の中で議場はどの│      │
│     │       │ ように作られるのか。又、議員の要│      │
│     │       │ 望をどのように採用していくのか説│      │
│     │       │ 明を求める。          │      │
│     │       │? 傍聴席について、東庁舎の議場の│      │
│     │       │ 傍聴席は狭すぎます。現在の5倍以│      │
│     │       │ 上必要。又、議員席が傍聴席から見│      │
│     │       │ やすくするように配慮すべきと考え│      │
│     │       │ るが説明を求める。       │      │
│     │       │? 市長が変わったので新しい市長の│      │
│     │       │ 考え方もたくさん採用すべきと考え│      │
│     │       │ るが、現時点でどの程度採用されて│      │
│     │       │ いるか。            │      │
│     │       │? 庁舎建設の業者は今後どのように│      │
│     │       │ 決定していくか。もう既に決定して│      │
│     │       │ いるか、詳しい説明を求める。  │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│山本 祐子│ 改正消防法の│ 救急患者の「たらい回し」を防ぐた│市長    │
│議   員│成立について │め、地域ルール作りを義務付けた「改│      │
│     │       │正消防法」が本年4月に成立しまし │      │
│     │       │た。消防・医療の連携強化による救急│      │
│     │       │搬送の改善策の進捗状況をお伺いしま│      │
│     │       │す。               │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│浅野 信行│ 安全・安心な│ 環境保全や教育上の効果がある校庭│教育長   │
│議   員│学校づくりにつ│の芝生化について所見をお伺いしま │      │
│     │いて     │す。               │      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │ AEDについ│ AED(自動体外式除細動器)の設│保健福祉部長│
│     │て      │置と、救命講習の現況をお伺いしま │      │
│     │       │す。               │      │
├─────┼───────┼─────────────────┼──────┤
│山下 恭一│ 市の営業力強│? 各部局での営業に対する考え方を│市長    │
│議   員│化に対する考え│ 伺いたい。           │市長公室長 │
│     │方について  │? 工業団地への企業誘致の取り組み│      │
│     │       │ について。           │      │
│     │       │? 各種施策の市外へのPRについ │      │
│     │       │ て。              │      │
│     │       │? イベント等の宣伝活動について。│      │
│     ├───────┼─────────────────┼──────┤
│     │ 稲敷市の地域│? 稲敷市の地力(産業基盤・観光資│市長    │
│     │資源の発掘につ│ 源)をどのようにとらえているか。│産業建設部長│
│     │いて     │? そのなかで、不利な要素があると│      │
│     │       │ すれば、どのようにとらえているか│      │
│     │       │ 伺いたい。           │      │
└─────┴───────┴─────────────────┴──────┘



               平成21年第3回
            稲敷市議会定例会会議録 第1号
       ─────────────────────────
         平成21年9月8日 午前10時00分開会
       ─────────────────────────
1.出席議員  26名
      1番  根 本 光 治 君    2番  伊 藤   均 君
      3番  大 湖 金四郎 君    4番  関 川 初 子 君
      5番  平 山   寧 君    6番  山 下 恭 一 君
      7番  高 野 貴世志 君    8番  浅 野 信 行 君
      9番  柳 町 政 広 君   10番  山 本 祐 子 君
     11番  篠 崎 力 夫 君   12番  木 内 義 延 君
     13番  坂 本   源 君   14番  根 本   保 君
     15番  本 橋 秀 夫 君   16番  堀 口 正 良 君
     17番  長 坂 太 郎 君   18番  根 本 勝 利 君
     19番  河 内 喜 和 君   20番  宮 本 隆 典 君
     21番  井戸賀 吉 男 君   22番  黒 田   正 君
     23番  埜 口 正 雄 君   24番  遠 藤 一 行 君
     25番  池 田 忠 雄 君   26番  山 口 勝 夫 君

1.欠席議員
       な  し

1.出席説明員
       市長               田 口 久 克 君
       教育長              小 川   孝 君
       市長公室長            川 嶋   修 君
       総務部長             岩 瀬 和 男 君
       市民生活部長           卯 月 好 男 君
       保健福祉部長           大 島   功 君
       産業建設部長           久保木 善 信 君
       教育部長             中 澤 幸 一 君
       水道局長             大 竹 克 己 君
       会計管理者            秋 本   隆 君
       農業委員会事務局長        内 田 和 雄 君
       監査委員事務局長         上 山 成 夫 君
       企画課長             飯 田 光 男 君
       総務課長             沼 崎 忠 夫 君
       監査委員             平 野 正 雄 君

1.出席事務局職員
       議会事務局長           三ツ井 洋 平
       書記               坂 本 浩 一
       書記               萩 原 隆 行

1.会議録署名議員
     26番  山 口 勝 夫 君
      2番  伊 藤   均 君

1.議事日程
       ──────────────────────────
              議 事 日 程 第 1 号
                         平成21年9月8日(火曜日)
                             午前10時00分開会

日程第1 会議録署名議員の指名について
日程第2 会期の決定について
日程第3 報告第 5号 平成20年度稲敷市一般会計継続費精算報告書について
     報告第 6号 健全化判断比率の報告について
     報告第 7号 農業集落排水事業特別会計の資金不足比率の報告について
     報告第 8号 公共下水道事業特別会計の資金不足比率の報告について
     報告第 9号 水道事業会計の資金不足比率の報告について
     報告第 10号 工業用水道事業会計の資金不足比率の報告について
日程第4 議案第 80号 稲敷市立保育所一時保育事業実施条例の一部改正について
     議案第 81号 稲敷市国民健康保険条例の一部改正について
     議案第 82号 訴えの提起について
     議案第 83号 訴えの提起について
     議案第 84号 損害賠償額の決定及び和解について
     議案第 85号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第3号)
     議案第 86号 平成21年度稲敷市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)
     議案第 87号 平成21年度稲敷市老人保健特別会計補正予算(第1号)
     議案第 88号 平成21年度稲敷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)
     議案第 89号 平成21年度稲敷市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)
     議案第 90号 平成21年度稲敷市介護保険特別会計補正予算(第1号)
     議案第 91号 平成21年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計補正予算(第1号)
     議案第 92号 平成21年度稲敷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)
     議案第 93号 平成21年度稲敷市水道事業会計補正予算(第1号)
     議案第 94号 平成20年度稲敷市一般会計歳入歳出決算認定について
     議案第 95号 平成20年度稲敷市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第 96号 平成20年度稲敷市老人保健特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第 97号 平成20年度稲敷市、稲敷郡町村及び一部事務組合公平委員会特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第 98号 平成20年度稲敷市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第 99号 平成20年度稲敷市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第 100号 平成20年度稲敷市介護保険特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第 101号 平成20年度稲敷市浮島財産区特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第 102号 平成20年度稲敷市古渡財産区特別会計歳入歳出決算認定につい

     議案第 103号 平成20年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第 104号 平成20年度稲敷市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定について
     議案第 105号 平成20年度稲敷市水道事業会計決算認定について
     議案第 106号 平成20年度稲敷市工業用水道事業会計決算認定について
     議案第 107号 動産の買入れについて
     議案第 108号 市道路線の認定について
     議案第 109号 市道路線の変更について
     議案第 110号 市道路線の廃止について
     議案第 111号 損害賠償額の決定及び和解について

1.本日の会議に付した事件
 日程第1 会議録署名議員の指名について
 日程第2 会期の決定について
 日程第3 報告第 5号
      報告第 6号
      報告第 7号
      報告第 8号
      報告第 9号
      報告第 10号
 日程第4 議案第 80号
      議案第 81号
      議案第 82号
      議案第 83号
      議案第 84号
      議案第 85号
      議案第 86号
      議案第 87号
      議案第 88号
      議案第 89号
      議案第 90号
      議案第 91号
      議案第 92号
      議案第 93号
      議案第 94号
      議案第 95号
      議案第 96号
      議案第 97号
      議案第 98号
      議案第 99号
      議案第 100号
      議案第 101号
      議案第 102号
      議案第 103号
      議案第 104号
      議案第 105号
      議案第 106号
      議案第 107号
      議案第 108号
      議案第 109号
      議案第 110号
      議案第 111号
       ──────────────────────────
               午前10時00分開会
○議長(堀口正良君) おはようございます。
 9月の決算認定の定例会におきましては、皆さん、大変お忙しい中ご参集を賜りましてまことにご苦労さまでございます。
 開会前に申し上げます。
 議案第93号 平成21年度稲敷市水道事業会計補正予算(第1号)の一部に誤りがあったため、執行部より訂正の申し出がありました。
 議案第93号の正誤表をお手元に配付しておきましたので、訂正願います。
 次に、7月1日付で異動がありました幹部職員の紹介を総務部長よりお願いいたします。
 岩瀬総務部長。
              〔総務部長岩瀬和男君登壇〕
◎総務部長(岩瀬和男君) おはようございます。
 ただいま議長からご指摘がありましたように、提出いたしました議案の中に一部誤りがありました。今後、このようなことのないよう慎重を期するとともにお詫びし、訂正をさせていただきますので、よろしくお願いをいたします。
 それでは、異動のありました職員の紹介をいたします。
 大島 功保健福祉部長。
◎保健福祉部長(大島功君) おはようございます。大島です。よろしくお願いいたします。
◎総務部長(岩瀬和男君) 秋本 隆会計管理者兼会計課長。
◎会計管理者(秋本隆君) 秋本です。よろしくお願いいたします。
◎総務部長(岩瀬和男君) 以上でございます。よろしくお願いいたします。
○議長(堀口正良君) 以上で紹介が終わりました。
 一言申し上げます。
 結党以来、欲しいままに永年にわたり時の権勢を凌駕していた自由民主党による政権が国会ではこたびの総選挙において下馬評どおり瓦解しました。民主党に政権を交代することに支持した大勢の国民の審判がシビアに反映されたことは万人周知の事実であります。このことは、超然と内閣に反対し、二大政党の党首が交互につくこと、まさしく憲政の常道とみなす現実が民意によってもたらした象徴的な政治史となり得るでありましょう。
 しかしながら、我ら市町村及び市町村議会、いわゆる基礎自治体は、政局の混迷に惑わされることなく、国民の審判のごとく、それを真摯に受けとめ、健全な地方自治の確立のため、一つ高度な政治判断、一つ独自な施策の具現化、一つ行政と議会の連帯の構築を3本の柱として、あまねく稲敷市民の生活向上を目途として奮励研さんせねばならぬものと決意を新たにするものであります。よって、ご参会の諸君の同意を得るものとこれに対して確信するものであります。
 以上。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) ただいまから、平成21年第3回稲敷市議会定例会を開会いたします。
 ただいまの出席議員は26名であります。よって、地方自治法第113条の規定により、定足数に達しておりますので会議は成立いたします。
 本日の議事日程は、既にお手元に配付のとおりでございます。
 なお、読売新聞及び日本工業経済新聞から本会議の録音を行いたい旨の申し出があり、傍聴規則第8条の規定により許可いたしましたので、ご報告いたします。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。
 会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、
       26番  山 口 勝 夫 君
       2番  伊 藤   均 君
をそれぞれ指名いたします。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) 日程第2、会期の決定についてを議題といたします。
 お諮りする前に、過日、議会運営委員会を開いておりますので、議会運営委員長から会期等について委員会の結果を報告願います。
 議会運営委員長長坂太郎君。
            〔議会運営委員長長坂太郎君登壇〕
◎議会運営委員長(長坂太郎君) おはようございます。
 ただいま議長より指名を受けましたので、議会運営委員会で決定しました会期日程等についてご報告いたします。
 去る8月31日に開催しました会議には、委員8名が出席し、稲敷市議会委員会条例第16条の規定により、会議は成立いたしました。
 付託されました平成21年第3回稲敷市議会定例会の議会運営についてを議題とし、執行部より田口市長、岩瀬総務部長、沼崎総務課長に出席をいただき、協議をいたしました。
 それでは、お手元に配付されております資料に基づき、ご説明いたします。
 本定例会の会期日程は、本日8日から25日までの18日間であります。
 まず、本日8日は、報告第5号から報告第10号まで6案件を市長より報告を求めます。次に、議案第80号から議案第111号までの32案件を上程し、市長が提案理由の説明を行います。
 9日は議案調査のため休会といたし、10日午前10時、本会議を再開いたします。
 10日、11日は、市政一般に関する通告質問を行います。今回の一般質問通告者は7名であります。なお、10日は5名の議員が一般質問を行います。11日は、初めに一般質問を2名の議員が行います。次に、議案第80号から議案第111号までに対する発言通告による質疑を行います。質疑終了後、議案第80号から議案第111号までを各所管の常任委員会へ付託を行う予定であります。
 14日から17日まで各常任委員会を開催し、付託された案件の審査を行います。
 18日は全体審査会を開催し、歳入歳出決算認定に対する審査を行います。
 24日は議事整理のため休会とし、25日、本定例会の最終日でありますが、委員会に付託された議案の審査の経過と結果を報告し、質疑、討論を行い採決となります。
 なお、追加議案等がある場合は、随時審査を行ってまいります。
 次に、議会運営に関する件についてでございますが、今定例会から請願に対する紹介議員の説明を省略し、請願文書表により付託することに決定いたしました。
 また、お手元に配付してあります稲敷市議会危機管理時内部規定を定めましたので、ごらんをいただきたいと存じます。
 以上のとおりでありますので、議会運営委員会で決まりました事項等に対しましては、ぜひとも議員の皆様方にご賛同をいただきたくお願いを申し上げまして、報告といたします。
○議長(堀口正良君) 以上で、議会運営委員会委員長の報告が終わりました。
 お諮りいたします。
 本定例会の会期は、ただいま委員長から報告のあったとおり、本日から25日までの18日間といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) ご異議なしと認めます。よって、本定例会の会期は、本日8日から25日までの18日間とさよう決しました。
 上着の着脱は、それを許可いたします。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) 日程第3、報告第5号から報告第10号までの6案件を一括して上程いたします。
 市長より説明を求めます。
 市長田口久克君。
               〔市長田口久克君登壇〕
◎市長(田口久克君) 皆様おはようございます。
 平成21年第3回稲敷市議会定例会を招集申し上げましたところ、議員各位におかれましては、ご多忙の中ご参集を賜り、まことにありがとうございます。開会に当たりごあいさつと市政報告を申し述べさせていただきます。
 ことしの夏は梅雨明けが遅く、夏の天候が心配されていたところでありますが、8月は厳しい暑さが続いた時期もございましたが、ここに来て残暑はあるものの涼しさを感じる季節となっております。心配されました米の作況につきましては、全国的にはやや不良との見通しでありますが、茨城県では平年並みと発表されており、ひとまず安心しているところでございます。
 去る8月22日に行われましたいなしき夏まつり、花火大会は、今まで地域で育んできました伝統を継承し、さらには地域の若い力が加わったすばらしい花火大会でありました。企画運営に当たった実行委員会の皆様、並びに関係者の皆様には感謝の意を表するものでございます。
 私としては、このようなイベントを通じて、将来の稲敷市の多様性と創造性にあふれた市民本位の地域づくりを進めることが最も大切ではないかと考えているところでございます。
 今後も協働の輪を大切に、市民の皆様の参加を促進してまいりたいと思いますので、よろしくお願いを申し上げます。
 さて、先般行われました衆議院選挙の結果は、私はまさに将来への不安に対する意思表示と認識すべきものであると考えております。当然、年金問題を中心に、国に対する不信感を国民が抱いたことは間違いないと思いますが、さらに格差社会の増大に多くの人たちが、漠然としたものであっても、不安を感じ始めていることを如実に示した結果であると考えております。とりわけ、大都市と地方の格差が今後さらに広がっていくのではないかという不安でございます。
 一例ではございますが、医師不足による産婦人科、小児科医療環境の悪化や救急救命医療体制の地域格差増大は、地方の住民に大きな不安を与えていると感じております。これからの自治体は、税源配分問題も含めまして、格差拡大を防ぐために行動する自治体を目指さなければならないと思っております。
 今後の地方自治体によって本当に必要なことは自治行政権、自治財政権を十分に具備して活動することであり、国と対等の立場に立てる能力を備えた自治体となることであります。その受け皿づくりとみずからかち取るという気概と努力が必要であると思っております。
 さらに、今回の衆議院選挙の結果は、地方がいささかも切り捨てられるようなことがあってはならないという国に対する批判だけでなく、我々地方自治体に対する期待も大いに含まれていると私なりに解釈しているところでございます。
 今後、地方自治体の担うべき役割はますます重いものとなっていくことを改めて感じさせるものであり、私としても稲敷市勢発展のため、全身全霊を傾けて取り組んでまいる所存でございます。
 議員各位を初め、市民の皆様のご協力を改めてお願い申し上げる次第でございます。
 それでは、ここで懸案でございました新庁舎建設事業についての私の所見を申し述べさせていただきたいと存じます。
 本年4月に行われました市長選挙において、私は新庁舎の建設については一時凍結し、市民の意向を把握して、それに沿って方向性を決めたいとさせていただきました。
 このような中、7月に市民意向調査を筑波大学の教授に委託し、公平で客観的な市民の皆様の意向を把握することとしたわけでございます。アンケートの内容は、新庁舎の賛否を市民の皆様に問うとともに、新庁舎を建設する場合は市民が新庁舎にどのような希望を持っているのか等についても調査を行ったわけであります。
 集計結果につきまして、市民2,000名を対象とし、回収率は59.6%、1,177名の方々からの回答が得られました。特に、新庁舎建設の賛否の設問につきましては、市民意向を十分に反映する仕組みにしてコストを縮減しつつ計画を進めていくべきだが34%と最も多く、既存庁舎を利用し不足分を新庁舎で補うが18%、新庁舎を早く建てるべきが8%と、条件つきではありますが、いわゆる賛成が全体の60%を占めている反面、情報が不足しておりよくわからないが20%と全体の2割を占めるという結果でございました。
 アンケート全般からは、建設には賛成ではあるが、規模や機能、費用や財政負担の加重を避け、稲敷市の身の丈に合った新庁舎建設が望まれていると判断できます。しかしながら、庁舎を一カ所に集約するなど、行政事務の効率化という行政目線だけでは市民の皆様の理解が得られないと認識しております。本来、庁舎問題は新庁舎の建設だけでなく、出先機関等も含め、行政サービスのあり方の中で市民の皆様が望んでおられることを考慮しながら、検討、実行されるものであるべきと考えております。そのため、現在の庁舎機能のあり方を抜本的に見直した上で、建設に当たっては庁舎という器だけでなく、その中身となる行政組織機能についても市民目線での改革を進めなければなりません。
 私としては、これまでの経緯、アンケート結果を踏まえ、熟慮の結果、市民サービス向上を機軸とした市民共有型の庁舎建設を進めるべきと判断いたした次第でございます。今後におきましては、本質的な市民サービスを的確にとらえた上で、市民の皆様にわかりやすい情報発信を行い事業を進める所存でございますので、ご理解のほどよろしくお願いを申し上げます。
 決断をした以上、市民の皆様への説明責任を果たさなければならないと考えまして、本日ご説明をさせていただきました。今後もできる限り情報提供に努めてまいりたいと考えております。議会を初め、関係各位並びに市民の皆様のご理解とご協力を何とぞお願い申し上げる次第でございます。
 それでは、本定例会に提出いたしました各案件につきまして、ご説明申し上げます。
 本定例会に提出いたしました案件の内容は、報告案件6件、条例の改正案件2件、訴えの提起についての案件2件、損害賠償額の決定及び和解についての案件2件、各会計補正予算案件9件、平成20年度各会計決算認定案件13件、動産の買入れについて案件1件、市道路線の認定・変更・廃止についての案件3件の38案件でございます。
 それでは、初めに報告第5号 平成20年度稲敷市一般会計継続費精算報告書についてでございます。
 本報告は、継続費に係る継続年度が平成20年度に終了した事業の精算について行うものです。
 一般会計における対象事業につきましては、土地評価基準構築委託、固定資産管理支援システム統合事業、農業振興地域整備計画基礎調査委託、及び幼保一元化施設新築工事実施設計業務委託の4事業で、各事業の年割額及び支出済額等でございます。
 次に、報告第6号 健全化判断比率の報告についてでございます。
 本報告は、地方公共団体の財政の健全化に関する法律の規定に基づき行うもので、平成20年度決算等をベースに実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率、及び将来負担比率の四つの比率について算定し、監査委員の審査を経て議会に報告するものでございます。
 なお、各比率につきましては、いずれも早期健全化基準以下となっております。
 次に、報告第7号から10号は、資金不足比率の報告についてでございます。
 地方公共団体の財政の健全化に関する法律第22条第1項の規定により、農業集落排水事業特別会計、公共下水道事業特別会計、水道事業会計及び工業用水道事業会計の四つの公営企業会計について、平成20年度の決算等をベースに資金不足比率を算定し、監査委員の審査を経て議会に報告するものでございます。
 なお、すべての公営企業会計において資金不足額はございません。
 以上、ご報告申し上げます。よろしくご審議のほどお願い申し上げます。
○議長(堀口正良君) 以上で市長の説明が終わりました。
 これをもって、報告第5号から報告第10号までに対する報告を終了いたします。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) 日程第4、議案第80号から議案第111号までの32案件を一括上程いたします。
 提出議案について、提案理由の説明を求めます。
 市長田口久克君。
               〔市長田口久克君登壇〕
◎市長(田口久克君) それでは、議案第80号から議案第93号までの各議案につきましてご説明申し上げます。
 まず、議案第80号 稲敷市立保育所一時保育事業実施条例の一部改正についてでございます。
 本案は、児童福祉法等の一部を改正する法律の施行により、新たに一時預かり事業として児童福祉法に規定されたことに伴い本条例を改正するものでございます。
 次に、議案第81号 稲敷市国民健康保険条例の一部改正についてでございます。
 本案は、健康保険法施行令等の一部を改正する政令が公布、施行されたことに伴い、稲敷市国民健康保険条例の一部を改正するものでございます。
 改正の内容につきましては、附則部分の改正で、出産に係る被保険者等の経済的負担を軽減し安心して出産できるようにするため、平成21年10月1日から平成23年3月31日までの出産についての経過措置として、出産育児一時金の支給額を現行の35万円から39万円に改正するものでございます。
 次に、議案第82号 訴えの提起についてでございます。
 本案は、債権差し押さえについて第三債務者であるアコム株式会社が履行期限を経過しても支払いがないので取り立て請求を龍ケ崎簡易裁判所に提起し、解決を図りたく、議会の議決を求めるものでございます。
 次の議案第83号につきましても、訴えの提起についてでございます。
 本案は、債権差し押さえについて第三債務者であるアイフル株式会社が履行期限を経過しても支払いがないので取り立て請求を水戸地方裁判所龍ケ崎支部に提起し、解決を図りたく、議会の議決を求めるものでございます。
 次に、議案第84号 損害賠償額の決定及び和解についてでございます。
 本案は、平成20年12月4日、午後4時5分ごろ発生しました公用車によるいこいのプラザ送迎時の交通事故に伴う損害賠償に関し、当事者間において損害賠償額の合意に至りましたので議会の議決を求めるものでございます。和解内容につきましては、市が被害者に賠償する義務があることを認め、損害賠償額、支払い方法のほか、本件事故に関し何ら債権債務がないことを確認するものでございます。
 なお、損害賠償額につきましては、5,145万1,049円でございます。
 次に、議案第85号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第3号)についてでございます。
 本案は、既定の予算額にそれぞれ3億6,876万6,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を182億9,673万5,000円とするものでございます。
 今般、一般会計予算の補正を行う主な理由としましては、先に成立しております平成21年度国の第1次補正予算に計上された経済危機対策関係経費について予算化を図り、これに着手すること、及び普通交付税等の交付額が確定したことに伴い、歳入予算の内訳を変更するなどでございます。
 歳出補正の主な内容でございますが、総務費では地域コミュニティ活性化事業820万円、税還付金及び還付加算金1,489万円を計上しております。税の還付につきましては、市内法人の経営状態が予想を超えて悪化しているためで、6月補正に続き再度の増額となりますことをご理解いただきたくお願いいたします。
 次に、民生費では子育て応援特別手当給付事業費4,112万2,000円、及び住宅手当緊急特別措置事業費637万2,000円を計上しております。
 衛生費は、女性特有のがん検診関係経費を追加計上したため、成人保健事業費を490万7,000円、新型インフルエンザ対策事業費692万4,000円。商工費はスーパープレミアム商品券発行事業1,520万円を計上しております。
 土木費では、道路補修事業で9,315万円、教育費では小中学校費合わせて理科教育設備整備事業で4,110万円、学校図書館図書購入事業費1,018万8,000円、小中学校耐震実施設計3,131万6,000円を計上しております。なお、地域活性化・経済危機対策臨時交付金につきましては、当市は4億6,798万3,000円を限度額として交付される見込みとなっており、今般の補正におきましては1億279万7,000円を歳入に計上しておりますが、残りの3億6,518万6,000円を予算化することにつきましては、国の補助事業との調整を図る必要がありますので、今しばらくの時間をいただきたく、お願いを申し上げます。
 歳入の主なものとしましては、地方交付税5億7,168万4,000円、国庫支出金1億6,091万円、及び繰越金8,788万4,000円であります。国庫支出金の増額は地域活性化経済危機対策臨時交付金及び子育て応援特別手当給付事業費補助金などを計上したためでございます。
 地方債の補正については、第2表のとおりでありますが、まちづくり交付金事業の起債対象事業費の変更により、江戸崎地区710万円、桜川地区510万円をそれぞれ増額するものとするほか、臨時財政対策債の発行可能額が確定したことにより、同地方債を3,234万9,000円増額しております。
 次に、議案第86号 平成21年度稲敷市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてでございます。
 本案は、既定の予算額にそれぞれ2,257万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を55億6,915万2,000円とするものでございます。
 歳出補正の主な内容でございますが、平成20年度退職者医療給付費の実績による社会保険診療報酬支払基金への償還金188万7,000円、一般会計繰入金の事務費等の精算分として一般会計繰出金2,069万1,000円でございます。補正の財源は、介護従事者処遇改善臨時特例交付金498万4,000円、前年度繰越金1,759万4,000円を充てるものでございます。
 次に、議案第87号 平成21年度稲敷市老人保健特別会計補正予算(第1号)についてでございます。
 既定の予算額にそれぞれ3,117万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を6,645万6,000円とするものでございます。
 歳出補正の主な内容でございますが、前年度一般会計からの繰入金の精算として839万6,000円を一般会計へ繰り出し、償還金として国と県への返還金2,277万6,000円が生じたことに伴うものであり、補正の財源は支払基金交付金と前年度繰越金を充てるものでございます。
 次に、議案第88号 平成21年度稲敷市農業集落排水事業特別会計補正予算(第1号)についてでございます。
 本案は、既定の予算額にそれぞれ1,002万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を5億1,222万5,000円とするものでございます。
 歳出補正の主な内容でございますが、施設管理費で処理委託料24万円、修繕料45万5,000円を増額、また前年度一般会計からの繰入金の精算として986万円を一般会計へ繰り出すものでございます。補正の財源は、一般会計繰入金、前年度繰越金を充てるものでございます。
 次に、議案第89号 平成21年度稲敷市公共下水道事業特別会計補正予算(第1号)についてでございます。
 本案は、既定の予算額にそれぞれ2,954万2,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を22億3,601万9,000円とするものでございます。
 歳出補正の主な内容でございますが、施設等の維持管理に要する施設管理費で修繕料120万8,000円を増額、また前年度一般会計からの繰入金の精算として2,827万5,000円を一般会計へ繰り出すものでございます。補正の財源は一般会計繰入金、前年度繰越金を充てるものでございます。
 次に、議案第90号 平成21年度稲敷市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてでございます。
 既定の予算額にそれぞれ3,905万7,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を25億1,743万8,000円とするものでございます。
 歳出補正の内容でございますが、償還金及び還付加算金で、平成20年度の国県等の負担金精算に伴う返還金等で2,735万6,000円を計上し、一般会計からの繰入金の精算として1,170万1,000円を一般会計へ繰り出すものでございます。補正の財源は、前年度繰越金 3,905万7,000円を充てるものでございます。
 次に、議案第91号 平成21年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計補正予算(第1号)についてでございます。
 平成20年度における一般会計繰入金の精算のために、歳入においては繰越金を、歳出においては一般会計繰出金を、既定の予算額にそれぞれ56万1,000円を追加し、歳入歳出予算の総額を1億1,794万1,000円とするものでございます。
 次に、議案第92号 平成21年度稲敷市後期高齢者医療特別会計補正予算(第1号)についてでございます。
 既定の予算額にそれぞれ1,405万円を追加し、予算総額を8億663万5,000円とするものでございます。
 歳出補正予算の内容でございますけれども、前年度の精算による後期高齢者医療特別会計繰越金を一般会計へ繰り出すものでございます。補正の財源は、前年度繰越金を充てるものでございます。
 次に、議案第93号 平成21年度稲敷市水道事業会計補正予算(第1号)についてでございます。
 補正の内容につきましては、収益的支出の補正でございます。
 支出の主なものは、総係費で42万3,000円、企業債利息で496万4,000円を計上し、減価償却費で538万7,000円を減額するものでございます。
○議長(堀口正良君) 議案80号から議案第93号までの説明が終わりました。
 ここで休憩いたします。
 なお、議案第94号以降は、休憩後説明を求めます。
               午前10時46分休憩
         ──────────────────────
               午前11時10分開議
○議長(堀口正良君) これより再開いたします。
 議案第94号から議案第111号までの議案を一括説明願います。
 市長田口久克君。
               〔市長田口久克君登壇〕
◎市長(田口久克君) それでは、引き続きご説明を申し上げます。
 議案第94号から議案第106号につきましては、平成20年度稲敷市一般会計及び各特別会計、及び企業会計の歳入歳出決算に関する議案でございます。
 監査委員の意見を付しまして議会の認定を求めるものでございます。
 まず、議案第94号 平成20年度稲敷市一般会計歳入歳出決算認定についてでございます。
 歳入歳出決算額は、歳入決算額177億6,625万6,139円、歳出決算額168億8,212万4,378円となり、前年度と比較すると8億1,513万9,565円の減となりますが、合併特例事業の減、及び水道事業の統合が主な要因となっております。なお、歳入歳出差引額は8億8,413万1,761円となりますが、平成21年度への繰越事業の財源として5,673万3,000円を充当するため、実質収支額は8億2,739万8,761円となり、前年度と比較すると1億1,549万805円の増となっております。
 歳入の主なものでございますが、市税は55億4,302万3,518円となり、固定資産税の減収等が要因となり7,375万6,914円の減となります。地方交付税は53億1,961万2,000円となり、普通交付税における地域再生対策費の創設の影響により1,634万7,000円の増となります。市債は11億7,535万2,000円となり、合併特例事業債の減が要因となり3億543万7,000円の減となります。歳入に占める財源割合は、自主財源が77億7,951万5,806円で全体の43.8%、依存財源が99億8,674万333円で56.2%となります。
 次に、歳出の主なものでございますが、総務費は21億4,103万9,035円となり、1億6,855万2,770円の増になりますが、固定資産税電算管理システムの統合や、税源移譲に伴う税還付金が主な要因となっております。
 民生費は42億7,336万9,647円となり、5億2,027万3,826円の減となりますが、障害者自立支援センター建設事業の完了が主な要因となっております。
 教育費は、26億3,554万7,109円となり、2億9,531万6,390円の増となりますが、幼保一元化施設建設事業の工事着手が要因となっております。
 以上が平成20年度稲敷市一般会計歳入歳出決算の概要でございます。
 次に、議案第95号 平成20年度稲敷市国民健康保険特別会計歳入歳出決算認定についてでございます。
 決算額は、歳入総額で56億2,814万8,396円、歳出総額52億7,329万4,846円で、歳入歳出差引額3億5,485万3,550円となるものであります。
 歳入の主なものにつきましては、国民健康保険税14億6,073万5,814円、国庫支出金13億8,317万5,064円、療養給付費交付金3億1,180万2,535円、前期高齢者交付金9億6,141万1,858円、県支出金2億6,738万5,353円でございます。
 歳出の主なものにつきましては、保険給付費33億8,477万7,796円、後期高齢者支援金6億8,225万3,552円、老人保健拠出金1億1,036万2,631円、介護納付金3億962万8,356円でございます。
 次に、議案第96号 平成20年度稲敷市老人保健特別会計歳入歳出決算認定についてでございます。
 決算額は、歳入総額5億7,482万6,501円、歳出総額5億4,510万9,380円で、歳入歳出差引額2,971万7,121円となるものであります。
 次に、議案第97号 平成20年度稲敷市、稲敷郡町村及び一部事務組合公平委員会特別会計歳入歳出決算認定についてでございます。
 歳入歳出決算額は、歳入総額27万1,865円、歳出総額9万4,494円で、歳入歳出差引額は17万7,371円となるものでございます。
 次に、議案第98号 平成20年度稲敷市農業集落排水事業特別会計歳入歳出決算認定についてでございます。
 歳入総額5億1,722万3,732円、歳出総額5億736万1,735円で、歳入歳出差引額は986万1,997円となるものでございます。
 次に、議案第99号 平成20年度稲敷市公共下水道事業特別会計歳入歳出決算認定についてでございます。
 歳入総額21億5,819万8,345円、歳出総額21億2,975万1,757円で、歳入歳出差引額は2,844万6,588円となるものでございます。
 次に、議案第100号 平成20年度稲敷市介護保険特別会計歳入歳出決算認定についてでございます。
 歳入総額23億9,838万6,969円、歳出総額23億3,051万2,991円で、歳入歳出差引額は6,787万3,978円となるものでございます。
 次に、議案第101号 平成20年度稲敷市浮島財産区特別会計歳入歳出決算認定についてでございます。
 歳入総額267万3,604円、歳出総額226万8,375円、歳入歳出差引額は40万5,229円となるものでございます。
 次に、議案第102号 平成20年度稲敷市古渡財産区特別会計歳入歳出決算認定についてでございます。
 歳入総額482万3,756円、歳出総額468万6,550円、歳入歳出差引額は13万7,206円となるものでございます。
 次に、議案第103号 平成20年度稲敷市基幹水利施設管理事業特別会計歳入歳出決算認定についてでございます。
 歳入総額で1億1,029万8,585円、歳出総額で1億973万5,751円となり、差引額は56万2,834円となるものでございます。
 次に、議案第104号 平成20年度稲敷市後期高齢者医療特別会計歳入歳出決算認定についてでございます。
 歳入総額6億7,901万3,539円、歳出総額6億6,496万2,769円となり、差引額は1,405万770円となるものでございます。
 次に、議案第105号 平成20年度稲敷市水道事業会計決算認定についてでございます。
 収益的収支につきましては、総事業収益9億6,166万2,027円に対しまして、総費用は9億222万9,676円となり、総収支で5,943万2,351円の純利益となっております。
 次に、資本的収支でございますけれども、収入総額1億9,408万3,580円に対しまして支出総額は7億3,971万5,033円となり、収入額で5億4,563万1,453円の不足となりましたが、過年度分損益勘定留保資金及び当年度分消費税及び地方消費税資本的収支調整額で補てんをいたしております。
 次に、議案第106号 平成20年度稲敷市工業用水道事業会計決算認定についてでございます。
 収益的収支につきましては、総事業収益857万4,201円に対しまして総費用は809万9,229円となり、総収支で47万4,972円の純利益となっております。
 次に、議案第107号 動産の買入れについてでございます。
 本案は、ノートパソコン備品購入事業について動産の買入れをしたいので、地方自治法第96条第1項第8号並びに議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第3条の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 契約内容につきましては、買入れ物件、ノートパソコン200台、契約の方法、指名競争入札、契約金額2,120万7,312円、契約の相手方、茨城県つくば市春日2-26-3、リコー販売株式会社茨城支社、MA第2営業部部長大崎勝男でございます。
 次に、議案第108号 市道路線の認定についてでございます。
 本案は、市道(新)1372号線、(東)1695号線の2路線を認定することについて、道路法第8条第2項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 認定する路線でありますが、各路線とも寄附行為に伴い認定するものでございます。
 次に、議案第109号 市道路線の変更についてでございます。
 本案は、市道(桜)1272号線を変更することについて、道路法第10条第3項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 変更する路線でありますが、路線の一部において道路としての機能がない部分がありますので、起点位置の変更をするものでございます。
 次に、議案第110号 市道路線の廃止についてでございます。
 本案は、市道(東)117号線を廃止することについて、道路法第10条第3項の規定により、議会の議決を求めるものでございます。
 廃止する路線は、一般交通の用に供する道路ではないため、道路の廃止をするものでございます。
 次に、議案第111号 損害賠償額の決定及び和解についてでございます。
 本案は、平成20年12月4日、午後4時5分ごろ発生しました公用車によるいこいのプラザ送迎時の交通事故に伴う損害賠償に関し、当事者間において損害賠償額の合意に至りましたので、議会の議決を求めるものでございます。
 和解内容につきましては、市が被害者に賠償する義務があることを認め、損害賠償額、支払方法のほか、本件事故に関し何ら債権債務がないことを確認するものでございます。
 なお、損害賠償額につきましては4,305万9,790円でございます。
 以上が、議案第80号から議案第111号までのご提案を申し上げました各議案の概要でございます。
 ご審議の上、適切なるご決定を賜りますようお願いを申し上げまして、提案理由の説明といたします。
○議長(堀口正良君) 以上で、議案第80号から議案第111号までのすべての議案の説明が終わりました。
 次に、監査委員より、議案第94号から議案第106号までの13案件について決算審査結果の報告を求めます。
 代表監査委員平野正雄君。
              〔監査委員平野正雄君登壇〕
◎監査委員(平野正雄君) 監査委員の平野でございます。
 平成20年度の稲敷市各種会計決算審査意見を申し上げます。
 意見書につきましては、既に皆様のお手元に届けられていることと存じます。
 では簡潔に申し上げます。
 今回の審査は、関係職員のご協力を受けまして、6月12日から8月13日にかけまして実施をいたしました。審査は例年と同様でございまして、すべてが適正に処理されておりました。
 まず歳入決算の状況でございますが、一般会計は177億6,625万6,139円で、前年度に比べまして6億6,947万8,760円の減少でありました。特別会計におきましては120億7,386万5,292円で、前年度に比べまして39億2,917万8,117円減少しております。
 収入の収納率を申し上げますと、市税につきましては87.7%、分担金負担金91.3%、使用料及び手数料96.9%、諸収入75%、国民健康保険税64.8%、農業集落排水事業分担金15.2%、及び使用料85.1%、公共下水道事業分担金負担金65.4%、及び使用料91.8%、介護保険料95.4%でありました。
 歳出決算の状況について報告いたします。
 一般会計は168億8,212万4,378円で、前年度に比べますと8億1,513万9,565円の減少でありました。特別会計におきましては115億6,777万8,648円で、前年度に比べまして37億8,537万660円の減少でありました。
 財政運営に当たりましては、自主財源の確保に努められているとともに、経費の削減と予算の効率的執行をされるようお願いいたします。
 次に、公営企業決算について報告いたします。
 水道事業決算につきましては、まず業務実績については給水戸数が434戸増加しまして、1万284戸でありました。有収率については88.9%で、前年度に比べまして1.1ポイント上昇し、使用効率はよくなっておりました。
 水道事業の収支でありますが、営業利益509万479円、純利益5,943万2,351円でありますが、一般会計補助金1億722万8,000円を引きますと4,779万5,649円の赤字となっております。
 水道事業につきましては、市民に対して安心安全な水を安定的に供給するという視点から、企業の経済性の発揮と公共の福祉を増進することを踏まえて、計画的かつ適正な執行により健全な財政運営の確保に努めることをお願いいたします。
 次に工業用水道事業の決算について報告いたします。
 給水事業所数は、前年度と同数の8事業所でありました。工業用水道事業につきましては、配水量が前年度と比べて減少し、有収率も7ポイント減少しております。
 収支の状況につきましては、純利益47万4,972円、営業利益は6万2,270円の赤字となっております。前年度と比べまして、使用効率の低下や営業利益の赤字と悪い結果でありました。現状以上の工業用水道の需用を見込めないことでありますから、一層のコスト削減に取り組みまして、さらなる効率化を図っていくことを望むものであります。
 最後になりますが、健全化判断比率審査意見について報告をいたします。
 審査に付されました実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率、将来負担比率とも健全化判断比率及び算定の基礎となる事項を記載した書類は、いずれも適正に作成されていると認めました。
 以上でございます。
○議長(堀口正良君) 監査委員の報告が終了しました。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) 以上をもちまして、本日の日程は終了いたしました。
 次の本会議は、10日、午前10時に本議場において再開いたします。
 なお、議案質疑の発言通告書は、明日9日正午までに議長あてに提出願います。
 本日は、これにて散会いたします。
 ご苦労さまでした。
               午前11時38分散会