議事ロックス -地方議会議事録検索-


茨城県 稲敷市

平成21年第 2回定例会−06月19日-04号




平成21年第 2回定例会

                平成21年第2回
            稲敷市議会定例会会議録 第4号
       ─────────────────────────
         平成21年6月19日 午前10時00分開議
       ─────────────────────────
1.出席議員  26名
      1番  根 本 光 治 君    2番  伊 藤   均 君
      3番  大 湖 金四郎 君    4番  関 川 初 子 君
      5番  平 山   寧 君    6番  山 下 恭 一 君
      7番  高 野 貴世志 君    8番  浅 野 信 行 君
      9番  柳 町 政 広 君   10番  山 本 祐 子 君
     11番  篠 崎 力 夫 君   12番  木 内 義 延 君
     13番  坂 本   源 君   14番  根 本   保 君
     15番  本 橋 秀 夫 君   16番  堀 口 正 良 君
     17番  長 坂 太 郎 君   18番  根 本 勝 利 君
     19番  河 内 喜 和 君   20番  宮 本 隆 典 君
     21番  井戸賀 吉 男 君   22番  黒 田   正 君
     23番  埜 口 正 雄 君   24番  遠 藤 一 行 君
     25番  池 田 忠 雄 君   26番  山 口 勝 夫 君

1.欠席議員
       な  し

1.出席説明員
       市長               田 口 久 克 君
       教育長              小 川   孝 君
       市長公室長            川 嶋   修 君
       総務部長             岩 瀬 和 男 君
       市民生活部長           卯 月 好 男 君
       保健福祉部長           宇佐美 嘉 一 君
       産業建設部長           久保木 善 信 君
       教育部長             中 澤 幸 一 君
       水道局長             大 竹 克 己 君
       会計管理者            飯 塚 雅 江 君
       農業委員会事務局長        内 田 和 雄 君
       監査委員事務局長         上 山 成 夫 君
       企画課長             飯 田 光 男 君
       総務課長             沼 崎 忠 夫 君

1.出席事務局職員
       議会事務局長           三ツ井 洋 平
       書記               坂 本 浩 一
       書記               萩 原 隆 行

1.議事日程
       ──────────────────────────
             議 事 日 程 第 4 号
                        平成21年6月19日(金曜日)
                             午前10時00分開議

日程第1 議案第45号 稲敷市立認定こども園設置及び管理条例の制定について
     議案第46号 稲敷市公共施設の暴力団等排除に関する条例の一部改正について
     議案第47号 稲敷市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正について
     議案第48号 稲敷市保育所設置条例の一部改正について
     議案第49号 訴えの提起について
     議案第50号 損害賠償額の決定及び和解について
     議案第51号 損害賠償額の決定及び和解について
     議案第52号 損害賠償額の決定及び和解について
     議案第53号 損害賠償額の決定及び和解について
     議案第54号 損害賠償額の決定及び和解について
     議案第55号 損害賠償額の決定及び和解について
     議案第56号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第1号)
     議案第57号 平成21年度稲敷市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)
     議案第58号 動産の買入れ契約の締結について
     議案第59号 市道路線の認定について
     議案第60号 市道路線の変更について
     請願第1号 稲敷市政治倫理条例の制定に関する請願について
     請願第2号 稲敷市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についての請願について
     請願第3号 農地法の「改正」に反対する請願
     陳情第2号 介護型療養病床廃止中止を求める意見書採択を求める陳情
追加日程第1 議案第79号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第2号)
    第2 常任委員会の閉会中の所管事務調査の件
    第3 議会運営委員会の閉会中の所管事務調査の件

1.本日の会議に付した事件
 日程第1 議案第45号
      議案第46号
      議案第47号
      議案第48号
      議案第49号
      議案第50号
      議案第51号
      議案第52号
      議案第53号
      議案第54号
      議案第55号
      議案第56号
      議案第57号
      議案第58号
      議案第59号
      議案第60号
      請願第1号
      請願第2号
      請願第3号
      陳情第2号
 追加日程第1 議案第79号
     第2 常任委員会の閉会中の所管事務調査の件
     第3 議会運営委員会の閉会中の所管事務調査の件
       ──────────────────────────
               午前10時00分開議
○議長(堀口正良君) おはようございます。
 一言申し上げます。
 平成の合併に一区切りをつけるべきだとする答申を第29次地方制度調査会、いわゆる地制調が麻生太郎内閣総理大臣に提出したのは既に皆さんご存じかと思います。御多分に漏れず、茨城県内町村でも合併特例法施行6年間で、85の末端自治体が現在約半減の32市10町2村、44の地方自治体の数となり、これはあくまでもその合併における調印の数は28であります。これは都道府県別で全国一の合併数が茨城県であります。その合併に駆り立てた最大の要因は、バブル崩壊後の長期不況で自治体財政が疲弊を続けたところに、国が合併自治体に向け合併特例債というあめを用意した事情が大きかったからだというふうに思っております。
 過疎化や少子高齢化に悩む小規模町村にとっては合併は唯一の選択肢であったのでありますが、合併自治体にとって新しいまちづくりは道半ば、新市建設の財源として望みをつないだ合併特例債も三位一体の改革により地方交付税の大幅な削減でかじ取りするのは難しい状況下であるというのは皆さんもご存じだと思います。
 しかしながら、我が稲敷市においては、地域の将来を見据え、そして構想しつつ合併してよかったという感慨のもと取り組んでいかなければならないというのは皆さん周知のことだというふうに思っております。よって、執行者におかれては、創意工夫はもちろんのこと、果敢にあるいは果断にして精励されますよう、稲敷市議会をして改めて希求するものであります。
 以上、終わります。
 ただいまの出席議員は26名であります。
 これより本日の会議を開きます。
 本日の議事日程は、お手元に配付のとおりでございます。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) 日程第1、議案第45号から議案第60号まで、請願第1号から請願第3号まで及び陳情第2号を一括議題といたします。
 これより委員長報告に入ります。
 去る12日の本会議において、各常任委員会に付託されました議案の審査経過と結果について、各常任委員長の報告を求めます。
 初めに、総務常任委員会委員長伊藤 均君。
            〔総務常任委員長伊藤 均君登壇〕
◎総務常任委員長(伊藤均君) 皆さん、おはようございます。
 ただいまより、本定例会において総務常任委員会に付託されました議案10件、継続審査となっておりました請願案件1件につきましての審査の経過と結果についてご報告申し上げます。
 当委員会では、付託されました案件等につきまして、去る6月15日に第1委員会室において審査を行いました。執行部から岩瀬総務部長、川嶋市長公室長を初め、所管の各課長並びに担当職員の出席をいただきました。
 初めに、議案第46号 稲敷市公共施設の暴力団等排除に関する条例の一部改正についてであります。
 本案は、民生の安定と福祉増進のため、社会公共の利益に反することとなる暴力団等の公共施設利用を制限する条例に関し、昨年開設されました稲敷市障がい者センターハートピアいなしき及び本年9月1日開設予定の稲敷市立認定こども園えどさきの両施設についても、その使用の制限を追加するための変更であるとの説明を受け、審査の結果、全会一致により原案可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第47号 稲敷市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についての審査過程であります。
 本案は、当市が独自の施策として進める学校教育支援員配置事業に係る学校教育支援員の報酬額を、県が実施するTT特別配置事業の非常勤講師の報酬額と同額にするための変更であります。
 この説明を受け、委員から、学校教育支援員の現員数や雇用期間、TT非常勤講師との違い等に関する質疑があり、学校教育支援員配置事業は国の緊急雇用創出事業によるもので、半年契約で1年以上の雇用はできないという点でTT非常勤講師とは異なるが、業務内容や市内外の別なく採用が可能である点等については同様であるとの回答がありました。
 審査の結果、全会一致により原案可決すべきものと決定いたしました。
 続いて、議案第50号から議案第54号に係る損害賠償額の決定及び和解についての5案件につきましては、昨年12月に発生したいこいのプラザの事業送迎時における交通事故に起因する案件でございますので、管財課より一括して説明を受け、慎重な審査を行いました。
 委員から、和解等の案件については相手方の同意の意思に即応できるよう、臨時会招集等も考慮しながら議案提案時期に配慮するよう要望がありました。
 審査の結果、全会一致により原案可決すべきものと決定いたしました。
 引き続き、議案第55号 損害賠償額の決定及び和解について審査を行いました。
 本案は、市長公用車のリース契約を解除することに伴い生じる損害金380万8,743円の賠償義務を認めるものであります。
 審査の結果、特に質疑はなく、全会一致により原案可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第56号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第1号)のうち当委員会所管部分についてであります。
 企画課所管では、自治総合センターコミュニティ助成金を特定財源とする、コミュニティ助成金に係る歳入歳出の審査が行われました。
 委員から、助成金額と受益者負担金のかかわりに関する問題提起と本助成金交付に対しての規範づくり、並びに事業活用のための各課連携協力に対する要望がありました。
 財政課からは地方債を中心に説明があり、縁故債や借入金融機関、利率等についての質疑がありました。
 管財課所管部分では、議案第55号に関連する賠償金の新規計上と解約によるリース料の減額補正であり、審査の結果、いずれも全会一致により原案可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第58号 動産の買入れ契約の締結についてであります。
 本案は、幼保一元化施設認定こども園えどさきの9月開園に伴う備品一式の買入れ契約締結に関するものであり、管財課より詳細項目についての説明を受けました。開園所管の教育総務課と契約担当である管財課間での連絡調整を密にし、円滑な事務処理を喚起する意見が出されましたが、審査の結果、全会一致により原案可決すべきものと決定いたしました。
 次に、請願第2号 稲敷市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についての請願についてであります。
 本請願は、前回定例会において当委員会へ付託され継続審査を行ったものであります。
 委員からは、費用弁償を廃止もしくは減額してはどうかとの意見や、当市議会では政務調査費の制度がなく、今後も適正な調査研究を維持していく上からは現状を維持することが望ましいなどの意見が協議され、審査の結果、賛成少数により本請願は不採択とすべきものと決定いたしました。
 以上のとおり、総務常任委員会における審査の経過と結果についてご報告申し上げます。この決定に対しましては、議員各位のご賛同をお願いいたしまして、報告を終わります。
○議長(堀口正良君) 以上で、総務常任委員会委員長の報告が終わりました。
 次に、市民生活常任委員会委員長木内義延君。
           〔市民生活常任委員長木内義延君登壇〕
◎市民生活常任委員長(木内義延君) おはようございます。
 それでは、ただいまより議長の命によりまして、市民生活常任委員会に付託されました関係議案3件に関する審査の経過と結果についてご報告いたします。
 市民生活常任委員会は、去る16日、第2委員会室において委員会を開催し、関係課所管ごとに審査を行いました。執行部からは、卯月市民生活部長のほか、所管課長及び各課担当職員の出席をいただきました。
 まず、付託されました各議案のうち、議案第49号 訴えの提起についてであります。
 この訴えは、市が新たな滞納処分の取り組みとして行うものであります。概要としましては、昨年より滞納者が消費者金融、いわゆるサラ金等に利息制限法の定めを超えて支払った利息分の過払い金請求を行い、その返還金をもって滞納金回収に当たってきたところです。今回は、金融業者が支払いに応じないため、過払い金の取り立てを請求し、未納税額の回収を行うための差し押さえを実施し、取り立て請求の訴えを提起するものであることの説明がなされました。
 委員からは、裁判に勝訴しても業者の倒産などで実際に請求金額が回収可能なのかとの意見が出されましたが、担当課からは、裁判確定までは長期間を要するかもしれないが、兵庫県芦屋市や東京都羽村市などでは全面的勝訴判例があり勝訴できる見込みで進めているとの回答がありました。滞納処分の対策として有効な手段であるならばどんなことでも手がけてほしいとの要望もあり、審査の結果、全会一致により原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第56号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第1号)のうち、当委員会所管部分についてであります。
 まず、保険課所管では、国民健康保険特別会計の特定健康診査等事業費補正財源としての一般会計からの繰出金で、特定検診の事業概要についての質問がありました。
 次に、生活環境課所管では、マイバッグ運動の一環として全世帯に配布するエコバッグ購入費のほか、平成20年度の消防団員退職報奨金に関する歳入歳出について審査を行いました。エコバッグ配布時期の質問に関しては、市内スーパー等でのレジ袋無料配布の中止は7月1日からとなるが、エコバッグの配布は8月中旬ごろになるとの見込みが示されました。また、行政としてエコバッグに対する取り組みはいいことだが、実際に利用する主婦層の考えに即した取り組みに配慮してほしいとの意見がありました。
 消防関係では、団員数や婦人消防隊への応募状況に関する質問がありました。
 続いて、税務課では議案第49号関連の訴えの提起に係る経費補正であり、審査の結果、全会一致により原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第57号 平成21年度稲敷市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)に関して、特定健康診査等事業に関する歳入歳出補正であり、受診率向上を図るための新規加入者の抽出、受診券の作成経費であることの説明を受け、審査を行いました。
 審査の中では、特定検診と人間ドックの併用が認められないことについて、また受診券の交付や受診率の向上に関する質問があり、ほかにも実施初年度とはいえ受診率の低さが気になります、これは健康増進、医療費抑制ということからも受診率の向上を期待しますという意見がありました。
 審査の結果、全会一致により、原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 以上のとおり、市民生活常任委員会に付託されました3議案についての審査の経過並びに結果についてご報告申し上げました。当委員会の決定に対し、議員各位のご賛同をお願い申し上げ、報告を終わります。
○議長(堀口正良君) 以上で、市民生活常任委員会委員長の報告が終わりました。
 次に、教育福祉常任委員会委員長根本光治君。
           〔教育福祉常任委員長根本光治君登壇〕
◎教育福祉常任委員長(根本光治君) 改めまして、おはようございます。
 それでは、ただいまから教育福祉常任委員会の審査の経過と結果についてご報告いたします。
 さきの本会議におきまして当委員会に付託されました議案第45号ないし議案第56号まで、及び陳情第2号の計4案件を審査するため、去る6月15日、午前10時に委員会を招集し、審査に当たりました。執行部からは、小川教育長を初め、中澤教育部長、宇佐美保健福祉部長のほか、関係する所管の課長及び担当職員の出席をいただきました。
 それでは、議案ごとに審査の経過並びに結果についてご報告申し上げます。
 議案第45号 稲敷市立認定こども園設置及び管理条例の制定についてでは、名称の認定こども園えどさきについては、市内在住の椎名澪衣さん、6歳の方が応募されたもので、選考会に出席したプロジェクトチーム13名の全会一致により決定したものですとの説明がありました。
 委員会では、この条例を制定し、認定こども園が開園することに伴い、これまでも大きな問題となっている保育料の滞納について取り上げられ、今までに保育料の滞納が発生した状況を踏まえるならば、これからの徴収方法については現時点で見直すべきではないか、また幼稚園や保育園というものは慈善事業ではない、サービスを受けたならばその対価を払うのが社会のルールではないか、教育的配慮として滞納を猶予する形になることは間違っていると考える、きちっとしたルールを相手に伝えることも教育的配慮ではないか、滞納は保育料だけではなく給食費や税金などのいろいろな関連性があると聞いている、次の段階は処置の問題であり、悪質な部分の波及につながると感じていると、以上のように多数の委員から意見が出されました。
 執行部からは、稲敷市でも保育料滞納等実施要綱が制定されており、滞納についても差し押さえや不納欠損などすべて地方税法の例によって同じく取り扱いができることとなっています。今までは教育の指導上、差し押さえ等は行ってはいないが、今後は実施できるような方向性を十分検討したいと考えていますとの答弁がありました。
 質疑終結後、討論はなく、採決の結果、全会一致により原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第48号 稲敷市保育所設置条例の一部改正については、定数が200名となった経緯について質疑があり、幼稚園や私立の保育園等の状況調査や、将来における少子化の影響を踏まえ200名の定数となったとの説明がありました。
 質疑終結後、討論はなく、採決の結果、全会一致により原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第56号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第1号)のうち当委員会所管部分についてであります。
 まず、教育総務課では、小学校と幼稚園に計上した耐震診断委託料の補正について、これは古い構造基準で設計建築された校舎、園舎について実施するもので、今回の補正により市内すべての小中学校及び幼稚園に対する耐震診断の判定を完了させるものですとの説明がありました。
 次に学校教育課では、県の緊急雇用創出事業を活用したものとして、小学校学力向上支援事業の学校教育支援員6名に係る経費や、幼稚園、保育介助員7名に係る経費、またスクールガードリーダー3名に係る経費について説明がありました。
 また、新規となる県からの委託事業については、ゆたか幼稚園が指定を受け、畑や水田を利用した体験活動を通して生きる力を育てるための援助のあり方について調査研究を行う事業ですとの説明がありました。
 また、このほか生涯学習課、そして各保育所からそれぞれ詳細な説明がありました。
 質疑終結後、討論はなく、採決の結果、全会一致により原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、陳情第2号 介護型療養病床廃止中止を求める意見書採択を求める陳情についてであります。
 本陳情については、当市議会としても初めて取り上げる案件として上程され、当委員会に付託となったものです。初の陳情審査ということもあり、慎重な審査が行われましたが、内容については未確定な部分が多く判断が難しいとの意見が出され、採決の結果、賛成少数により、本陳情については不採択とすることに決定いたしました。
 以上のとおり、教育福祉常任委員会に付託されました案件の審査の経過並びに結果についてご報告申し上げましたが、当委員会の決定に対し、議員各位のご賛同をお願い申し上げ、報告といたします。
 以上です。
○議長(堀口正良君) 以上で、教育福祉常任委員会委員長の報告が終わりました。
 次に、産業建設常任委員会委員長浅野信行君。
           〔産業建設常任委員長浅野信行君登壇〕
◎産業建設常任委員長(浅野信行君) 改めまして、おはようございます。
 ただいまから、産業建設常任委員会における審査の経過と結果についてご報告いたします。
 当常任委員会には、去る9日の本会議において関係議案3件及び請願1件が付託され、16日、第4委員会室において審査を行いました。審査に当たり、執行部からは久保木産業建設部長のほか、所管担当課長及び各課担当職員の出席をいただきました。
 まず付託されました各議案のうち、議案第56号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第1号)のうち当委員会所管部分について審査を行いました。
 今回の補正予算中、当委員会所管では、商工観光課、建設課が対象となっております。
 商工観光課では、国の平成20年度第2次補正予算により成立したふるさと雇用再生特別交付金事業と緊急雇用創出事業を充当した事業で、商工業振興費で460万円、観光費で640万円の増額補正であります。補正予算の内容について申し上げます。商工業振興費では、市内企業・地域商店街活性化事業委託を行うためのものであります。現在、工業団地で操業している企業と商工会及び稲敷市とのかかわりがないため、連絡協議会等を設置し、企業と商店街等の連携を図るとともに、地域ブランド商品の開発や地場産業等の販売拡充及び商店街の活性化を図るための事業を実施し、あわせて企業等への就職支援を行うため、21年度から23年度までの3カ年事業で、本年度は2名分の人件費と消耗品の経費との説明がありました。
 次に、観光費では、観光ルート企画・周遊マップ作成事業委託を行うものであります。この事業は、現在、市内の観光レクリエーション施設へのアクセスを図る必要があり、観光客の利便性を高めることも求められているため、新たな観光資源の発掘を含め、観光ルートを企画するとともに周遊マップを作成し、観光推進体制の充実を図るため、23年度までの3カ年事業で行い、本年度は3名分の人件費と消耗品の経費であります。また、この二つの事業は、いずれも1年以上の雇用が原則であるため、商工会に委託して行うものとの説明がありました。
 委員から、商店街の活性化を図るための事業については、少しずつ事業を実施しても見ばえがしないので集中的に展開すべきではないかとの意見が出されました。
 次に、建設課ですが、道路新設改良費を2,361万円増額補正するものであります。補正予算の内容について申し上げます。沼田西町線改良工事に伴う埋蔵文化財発掘調査委託料と市道(新)704号線の拡幅工事に伴う土地購入費及び工作物等移転、立木等の補償金であるとの説明がありました。
 補償補填及び賠償金の積算方法について質疑があり、算定基準により算出しているとの回答がありました。また、沼田西町線の供用開始が24年度予定とのことでありますが、早期完成をするよう積極的に要望をお願いしたいとの意見がありました。
 審査の結果、全会一致により可決すべきものと決定いたしました。
 次に、議案第59号 市道路線の認定についてであります。認定する路線は3路線ともあずま東小学校東側に隣接する宅造地内の道路で、各路線とも寄附行為に伴い認定するものとの説明がありました。寄附行為の基準についての質疑があり、基本的には道路幅員4メートル以上、行き止まりでない路線であること、及び行き止まりでも車両転回所が設置してある路線との回答がありました。
 審査の結果、全会一致により原案のとおり可決すべきものと決定しました。
 次に、議案第60号 市道路線の変更についてであります。変更する路線は、市道(新)379号線で、路線の一部において道路として機能しない部分があり、終点位置を変更するものであるとの説明がありました。
 審査の結果、全会一致により原案のとおり可決すべきものと決定いたしました。
 次に、請願について申し上げます。
 請願第3号 農地法の「改正」に反対する請願につきましては、財力ある大企業に優良農地が集積され、認定農家や集落営農さえ、その存立を脅かされかねない、また農地制度を所有から利用に再構築すべきではないかとの活発な意見が出されました。
 採決の結果、賛成少数により不採択すべきものと決定いたしました。
 なお、この改正農地法でありますが、17日参議院本会議で賛成多数により可決成立いたしました。
 以上のとおり、産業建設常任委員会に付託されました各議案に関する審査の経過並びに結果についてご報告を申し上げました。当委員会の決定に対し、議員各位のご賛同をお願い申し上げ、報告を終わります。
 以上です。
○議長(堀口正良君) 以上で産業建設常任委員会委員長の報告が終わりました。
 これをもって各常任委員会の議案審査の経過と結果について、各委員長の報告が終了しました。
 次に、稲敷市政治倫理条例に関する調査特別委員会の報告を求めます。
 特別委員長山口勝夫君。
       〔政治倫理条例に関する調査特別委員長山口勝夫君登壇〕
◎政治倫理条例に関する調査特別委員長(山口勝夫君) おはようございます。
 ただいまより政治倫理条例に関する調査特別委員会に付託されました稲敷市政治倫理条例の制定に関する請願につきまして、その審査の経過並びに結果をご報告申し上げます。
 当委員会は、付託された案件につきまして、去る4月20日及び5月26日の2回にわたり、第4委員会室において審査を行いました。
 初めに4月20日に開催しました会議では、条例制定対象範囲が市長、副市長、収入役、教育長、市議会議員、職員等と記載されているので、市長の見解を確認することが必要であるとの結論に達しました。5月25日付で市長から堀口議長あて、市長、副市長、教育長を含めた条例制定に向けてさらにご考察をいただきたい旨の要望がありました。
 5月26日に会議を開き、市長からの要望等を踏まえた上で審査を行いました。
 審査の中で、収入役の職は地方自治法改正により、退職後は会計管理者が職務を行っている、また職員等については地方公務員法による行政倫理を遵守するもので政治倫理の対象に含めることはなじまないとする意見が出されました。
 審査の結果、条例の制定の対象として、収入役、職員等を含めること、また契約に関する自粛事項及び制定時期を除いた部分については願意妥当と認め、全会一致により一部採択することに決定いたしました。
 以上、当委員会の審査の経過と結果についてご報告申し上げます。この決定に対しまして、議員各位のご賛同をお願いいたしまして、報告を終わります。
 以上です。
○議長(堀口正良君) 以上で請願第1号に対する審査の経過と結果について稲敷市政治倫理条例に関する調査特別委員会委員長の報告が終わりました。
 ここで休憩をいたします。
 なお、休憩中に議会運営委員会を開催しますので、委員の方は第4委員会室へご参集願います。
               午前10時38分休憩
         ──────────────────────
               午前11時10分開議
○議長(堀口正良君) 休憩前に引き続き会議を再開いたします。
 これより各議案についての討論、採決を行います。
 初めに、議案第45号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより議案第45号 稲敷市立認定こども園設置及び管理条例の制定についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は、委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第46号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
             〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより議案第46号 稲敷市公共施設の暴力団等排除に関する条例の一部改正についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は、委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第47号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより議案第47号 稲敷市特別職の職員で非常勤のものの報酬及び費用弁償に関する条例の一部改正についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は、委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第48号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
             〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより議案第48号 稲敷市保育所設置条例の一部改正についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は、委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第49号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
             〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより議案第49号 訴えの提起についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は、委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第50号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより議案第50号 損害賠償額の決定及び和解についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は、委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第51号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
             〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより議案第51号 損害賠償額の決定及び和解についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は、委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第52号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
             〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより議案第52号 損害賠償額の決定及び和解についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は、委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第53号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより議案第53号 損害賠償額の決定及び和解についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は、委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第54号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより議案第54号 損害賠償額の決定及び和解についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は、委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第55号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより議案第55号 損害賠償額の決定及び和解についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は、委員長報告のとおり原案可決されました。
 暫時休憩します。
               午前11時20分休憩
         ──────────────────────
               午前11時20分開議
○議長(堀口正良君) 再開します。
 次に、議案第56号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
             〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより議案第56号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第1号)を採決いたします。
 本案に対する各委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、各委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は、各委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第57号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより議案第57号 平成21年度稲敷市国民健康保険特別会計補正予算(第1号)を採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は、委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第58号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより議案第58号 動産の買入れ契約の締結についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は、委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第59号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
             〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより議案第59号 市道路線の認定についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は、委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、議案第60号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより議案第60号 市道路線の変更についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は原案可決であります。
 本案は、委員長報告のとおり原案可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は、委員長報告のとおり原案可決されました。
 次に、請願第1号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより請願第1号 稲敷市政治倫理条例の制定に関する請願についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は一部採択であります。
 本案は、委員長報告のとおり一部採択することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立多数であります。よって、本案は、委員長報告のとおり一部採択することに決定いたしました。
 次に、請願第2号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより請願第2号 稲敷市議会議員の報酬及び費用弁償等に関する条例の一部改正についての請願についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は不採択であります。
 本案を採択することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立少数であります。よって、本案は、不採択とすることに決定いたしました。
 次に、請願第3号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
             〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより請願第3号 農地法の「改正」に反対する請願についてを採決いたします。
 本案に対する委員長報告は不採択であります。
 本案を採択することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立少数であります。よって、本案は不採択することに決定いたしました。
 次に、陳情第2号に対する討論を行います。
 討論はありませんか。
              〔「なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 これより陳情第2号 介護型療養病床廃止中止を求める意見書採択を求める陳情についてを採決いたします。
 本案に対する委員長の報告は不採択であります。
 本案を採択することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立少数であります。よって、本案は不採択することに決定いたしました。
 ここで暫時休憩いたします。
               午前11時30分休憩
         ──────────────────────
               午前11時30分開議
○議長(堀口正良君) 再開いたします。
 先ほど議会運営委員会開催の旨の命を下しましたので、その経過と結果について、議会運営委員長より報告を求めます。
 議会運営委員長長坂太郎君。
            〔議会運営委員長長坂太郎君登壇〕
◎議会運営委員長(長坂太郎君) 先ほど議会運営委員会を開きましたので、その結果について報告をいたします。
 市長より追加議案についての申し出がありましたので、その対応について協議をいたし、本日議題として審議することに決定いたしましたので、ご報告いたします。
○議長(堀口正良君) ただいま市長より、議案第79号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第2号)が提出されました。また、各常任委員長及び議会運営委員長から閉会中所管事務調査の件について、会議規則第104条の規定に基づき申し出がありました。
 この際、議会運営委員長報告のとおり、これを日程に追加し、議題といたしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) ご異議なしと認めます。
 したがって、議案第79号及び常任委員長及び議会運営委員長から申し出のあった閉会中所管事務調査の件を日程に追加し、議題とすることに決定いたしました。
 暫時休憩します。
               午前11時33分休憩
         ──────────────────────
               午前11時35分開議
○議長(堀口正良君) 再開します。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) これより追加日程に入ります。
 日程第1、議案第79号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第2号)を議題といたします。
 市長より提出議案の説明を求めます。
 市長田口久克君。
               〔市長田口久克君登壇〕
◎市長(田口久克君) 皆さん、おはようございます。
 引き続き、追加議案につきましてご審議を賜りますこと、厚くお礼を申し上げます。
 本日、追加議案として議案第79号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第2号)を提出いたしましたので、その提案理由についてご説明申し上げます。
 本案は、既定の予算額に1,500万円を追加し、歳入歳出予算の総額を179億2,796万9,000円とするものでございます。
 今回、歳出で補正させていただきますのは、徴税費の税還付金を増額するものでございます。ご承知のとおり、現在の金融不安や世界的な景気減速の影響により、平成21年度の法人市民税も前年度と比較し減収を見込んだところでございます。税還付金につきましては、平成21年度当初予算で1,315万円を計上しておりました。しかしながら、昨年秋以降の急激な景気悪化の影響により、前年度の予定納税や中間申告に対する多額の還付金が生じてきており、既に当初予算計上額を上回る状況であります。現在の予定納税額等に対する還付率から今後の還付額を試算した場合、当初予算計上額にさらに1,500万円の増額が必要なことから、増額補正をさせていただくものでございます。
 なお、歳入につきましては、前年度繰越金を見込んでおります。
 ご審議の上、適切なるご決定を賜りますようお願い申し上げます。
 以上です。
○議長(堀口正良君) 市長の説明が終わりました。
 これより質疑を許可します。
 質疑はありませんか。
             〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 質疑なしと認めます。
 質疑を終結いたします。
 お諮りいたします。
 本案につきましては、会議規則第37条第3項の規定により、委員会付託を省略したいと思います。これにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) ご異議なしと認めます。よって、委員会付託を省略することに決定いたしました。
 これより討論を行います。
 討論はありませんか。
             〔「ありません」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) 討論なしと認めます。
 以上で討論を終結いたします。
 これより、議案第79号 平成21年度稲敷市一般会計補正予算(第2号)を採決いたします。
 本案は、原案のとおり可決することに賛成の諸君の起立を求めます。
                 〔賛成者起立〕
○議長(堀口正良君) 起立全員であります。よって、本案は原案のとおり可決されました。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) 日程第2、常任委員会の閉会中の所管事務調査の件を議題といたします。
 各常任委員長から、所管事務調査のうち、会議規則第104条の規定によって、お手元に配付いたしました所管事務の調査事項について、閉会中の継続調査の申し出があります。
 お諮りいたします。
 各常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) ご異議なしと認めます。よって、各常任委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) 日程第3、議会運営委員会の閉会中の所管事務調査の件を議題といたします。
 議会運営委員長から、会議規則第104条の規定によって、お手元に配付いたしました本会議の会期日程等議会運営に関する事項について、閉会中の継続調査の申し出があります。
 お諮りいたします。
 議会運営委員長から申し出のあったとおり、閉会中の継続調査とすることにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) ご異議なしと認めます。よって、議会運営委員長から申し出のとおり、閉会中の継続調査とすることに決しました。
 続いてお諮りいたします。
 本定例会中の議案等の審議にかかわる字句、数字、その他の整理を要する件については、会議規則第43条の規定により、その整理を議長に一任されたいと思います。これにご異議ございませんか。
             〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕
○議長(堀口正良君) ご異議なしと認めます。よって、さよう決しました。
       ──────────────────────────
○議長(堀口正良君) 以上で、今期定例会の日程はすべて終了いたしました。
 議員各位のご精励、ご協力に対し心から厚く御礼を申し上げる次第であります。また、市長を初め、執行部各位のご協力に対し御礼を申しまして、平成21年第2回稲敷市議会定例会をただいまをもって閉会いたします。
 大変ご苦労さまでした。
               午前11時44分閉会


 地方自治法第123条第2項の規定により署名する


       稲敷市議会議長  堀 口 正 良


       議     員  池 田 忠 雄


       議     員  根 本 光 治